2020年05月26日

NHK「ブラタモリ」

富士山富士宮口五合目〜六合目周辺のドローン空撮
https://www.youtube.com/watch?v=3LBZOCZvuoc

富士山スペシャル
https://www.nhk.jp/p/buratamori/ts/D8K46WY9MZ/episode/te/VN47GPLP9N/

 NHKの人気紀行バラエティー「ブラタモリ」(土曜後7:30)は2020年5月23日、桑子真帆アナウンサー(32)が出演した2015年10月10日初回放送の「富士山」、同24日の「富士山の美」、同31日の「富士山頂」の3回を1本に再構成してアンコール放送する。
 桑子アナは「ブラタモリ」卒業後、2017年4月から今年2020年3月まで「ニュースウオッチ9」(月〜金曜後9:00)を担当。歯切れのいい口調と人なつっこい笑顔で視聴者の人気を呼んだ。2017、2018年の紅白歌合戦では総合司会を任された。現在は「おはよう日本」(前4:30)のメインキャスター、大河ドラマ「麒麟がくる」(日曜後8:00)の番組最後に流れる「大河紀行」の語りを務めている。


サンスポ、2020.5.23 08:00
NHK「ブラタモリ」、桑子アナ出演の「富士山シリーズ」をアンコール放送
https://www.sanspo.com/geino/news/20200523/geo20052308000004-n1.html

 静岡県は2020年5月18日、県が管理する富士山の三登山道の五合目から頂上までを、開山期間に当たる7月10日〜9月10日の2ヶ月間、閉鎖すると発表した。
 登山客の密集による新型コロナウイルス感染を防止するためで、ルート上の全ての山小屋も休業する。

 山梨県は同県側の登山道「吉田ルート」も同時期に閉鎖すると5月15日に発表しており、富士山は夏山閉鎖が決まった。

 静岡、山梨両県によると、7〜9月の開山期間を通じて4つのルートが全て閉鎖されるのは、少なくとも静岡県が三登山道の管理を始めた1960年以降、初とみられる。
 コロナの影響で観光客が激減する中、追い打ちをかける形となり、静岡、山梨両県の観光関係者には落胆が広がった。

 静岡県は「御殿場ルート」「須走ルート」「富士宮ルート」の三登山道の閉鎖を決定。
 同県によると、昨夏の開山期間中の登山客数は計約23万5千人で、うち同県側の三ルートは約8万5千人だった。

 静岡県の川勝平太知事は18日、記者団に「この夏の富士山は仰ぎ見る存在としてほしい」と述べ、登山自粛を求めた。

 山頂で山小屋を経営する宮崎哲也さん(45)は「休業はみんなで決めたこと。今は我慢だ」と語ったが、今季の収入については「別に経営する寝具店でしのぐしかなく、厳しい」と打ち明けた。

 登山者の6割以上が利用する山梨県側への影響も深刻だ。
 富士五湖観光連盟(富士吉田市)の上野裕吉専務理事は「閉鎖というと、麓の観光全体が止まるように思えてしまう。コロナ対策を万全にして再開したとしても、客足が回復するか心配だ」と嘆く。

 山梨県は麓と五合目をつなぐ有料道路「富士スバルライン」を5月31日まで工事を理由に閉鎖中だ。
 県幹部は開通について「観光客の安全と観光業界、双方の立場を考慮した判断が必要だ」と指摘した。

 静岡県は、現在閉鎖中の山麓と五合目を結ぶ三県道について、閉鎖期間の延長も検討している。
 

[図]
富士.jpg

東京新聞・朝刊、2020年5月19日
<新型コロナ>
富士山、今夏の閉鎖決定
「今は我慢」「観光止まる」

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020051902000134.html

 NHKの「ブラタモリ」、外出は自粛だし、富士山も閉鎖だしと、テレビでアウトドアを楽しんでいる方も含め、たくさんの方がこの番組をご覧になったことと思います。
 タモリさんは本名が森田 一義(もりた かずよし、1945年生まれ)。
 富士登山の年はちょうど70歳!

 ところでこのタモリさん、奥日光にもきておられました:
「奥日光編」は2015年12月19日(土)に放送だったようですので、富士山のあとですね、タモリさんが訪れたのは。


 NHK番組のブラタモリ奥日光編で、タモリさん推奨の奥日光の歴史・地形を踏まえた観光ルートが紹介されました。
 この記事では、ブラタモリ奥日光編のルートを、アクセスなどの情報とともに紹介します。
 2018年11月2日に現地取材をし追記済みです。

 奥日光には、華厳の滝以外にも、竜頭の滝があります。横に流れるナメ滝型に分類され、全長は210mもあります。

[写真]
下から見た竜頭の滝

竜頭の滝へのアクセス
(下から見る場合)バス停・竜頭の滝下車すぐ。
(上から見る場合)バス停・滝上下車すぐ。上下間は遊歩道があり、5分程度で歩けます。
 火山岩からなる、華厳の滝付近の地層に対し、竜頭の滝付近はさらに柔らかい火砕流が固まったもの。
 そのため、非常に削れやすく、ナメ滝型の滝になったのです。

 ● 華厳の滝: やや崩れやすい火山岩の地中を通るため、地盤が崩れ、中禅寺湖の方向への後退が見られる。
 ● 竜頭の滝: 火山灰や軽石を含む、非常に崩れやすい火砕流が固まってできた場所のため、川のように横に流れる、ナメ滝型の滝の形成が見られる。

[写真]
横から見た竜頭の滝

[写真]
上から見た竜頭の滝

 上から見た竜頭の滝です。
 中禅寺湖が見えます。

 湯元温泉ー湯の湖 ー(湯滝) ー戦場ヶ原ー(竜頭の滝)ー 中禅寺湖 ー(華厳の滝)−日光市街

 日光の地形は3段構えとなっており、竜頭の滝は、1番上の湯元温泉、戦場ヶ原の一帯と、中禅寺湖の一帯を結ぶ場所となります。


【ブラタモリ奥日光】2019.11.09
奥日光の歴史・地形・観光ルートまとめ
https://service-news.tokyo/nikkou-buratamori-2-7056

posted by fom_club at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。