2020年01月17日

“安倍首相の私兵”のような公安をはじめとする警察組織・・・

「朝の7時くらいでした。マンションの玄関からノックする音が聞こえて。早朝だし、あれ? なんだろうと思ったんですが、寝ぼけてボーッとしながらドアを開けたら、黒服や作業服っぽい男たちが立っていた。見たことのある顔が何人かいて。ヘイトデモのカウンターの場所で見覚えのある、警察の人でした」

 男性は、公安に突然逮捕された日のことをそう振り返る。
 この男性を、Mさんとしよう。
 今月2020年1月9日、警視庁公安部は、Mさんをいわゆる「車庫飛ばし」という“微罪”で逮捕。
 そして一部マスコミが、公安発表をそのまま垂れ流すかたちで逮捕を実名報道した。

〈右派系市民団体のデモへの抗議を繰り返す「レイシストをしばき隊」、現在の「対レイシスト行動集団」のメンバーの男が、所有するワゴン車の登録地を偽って申請したとして警視庁に逮捕されました〉
(TBS)

〈公安部によると、●●容疑者は、差別や憎悪をあおる「ヘイトスピーチ」などに抗議する団体の中心人物。車は活動資材の運搬に使用していた〉
(産経ニュース/注:記事は実名だがリテラ編集部で匿名にした)

 警察は勾留の延長を求めたが、裁判所は証拠隠滅や逃亡の可能性がないとして却下。
 Mさんは11日に保釈された。
 本サイトで報じたように、公安がMさんを“微罪逮捕”した狙いは、差別主義者に対するカウンター行動と、12日に新宿で行われた大規模な反安倍政権デモ「Occupy Shinjuku 0112」への“弾圧”とみられている。
https://lite-ra.com/2020/01/post-5205.html

 本サイトがMさんに取材を申し込むと、Mさんはカウンター行動やデモへの関わり方から、今回の逮捕、保釈にいたるまでの状況を克明に語ってくれた。
 Mさんの証言から明らかになったのは、「レイシストをしばき隊」やその後継団体「対レイシスト行動集団(C.R.A.C)」を狙い撃ちにし、団体や個人のプライバシー情報をかき集めるという公安の卑劣な手口だった。

「玄関で僕の名前を訊かれて、いきなり『車のことで令状があります』と。紙をパッと見せられ、何の令状かわかりませんでしたが、車庫飛ばしで捜査すると言われました。うすうす公安だと感づいていたので、『それって国土交通省とかじゃないんですか? そういうこと担当するんですか?』と聞いたんです。そしたら『これは電磁的公正証書原本不実記録・同供用の容疑で、ウチでも扱える』と、そこからもう有無を言わせない感じで。そうか、僕は逮捕されるのだな、と」
(Mさん)

 マンションに10人ほどの公安警察が入ってきた。
 携帯電話、もう使っていないスマートフォン、ノートパソコン、鍵束、免許証や保険証の類、キャッシュカードやクレジットカードなど、さらには仕事関係でもらった名刺の束まで押収された。
 公安は銀行の預金通帳も要求したという。

「『決まったことに従ってください』という感じで。人の繋がりやお金の流れを探ってるんだと僕にもわかりました」とMさんは語る。

 1時間半後、Mさんは警察のバンに乗せられ、車内で手錠をかけられた。
 管轄の署に着くと、した着まで脱がされて身体検査を受け、指紋採取や写真撮影が行われた。

「羞恥心というよりも、警察署に連れて行かれて、そこでいろいろ事態を飲み込んでいった感じですかね、従うしかないんだなと。3、4時間ほど刑事から取り調べを受けました。それが終わると、すぐに『これから本庁に移動します』と告げられて。ここで寝泊りするものだと思っていたので、ちょっと驚きました。それで、また車に乗せられて、エンジンがかかったとき、横に座っていた刑事が『報道きてますね』と言った。警察署の表のゲートのところは板で壁みたいになっていて、普通の人の背丈だと車内が見えないようになってるんですけど、その板の上から強いライトが光ってるのがわかった。それがTBSだったんでしょう。内心、警察がマスコミを呼んだんじゃないのかとは思いました。一応、顔は伏せておきましたが、車が壁の横から出るときに撮られたのだといまでは思います」
(Mさん)

公安は、カウンターを政治的な組織と思い込み、組織の構造や金の流れを尋問してきた

 TBSはこの映像を〈「対レイシスト行動集団」メンバー、“車庫飛ばし”で逮捕〉と題して放送した。
 移送される瞬間の映像を撮影できたのは、警察側からリークがあったからだとみて間違いない。
「警視庁がしばき隊・C.R.A.Cの中心メンバーを逮捕した」と大々的にアピールしたかったわけだ。

 ところが、実はこれ、その意味においては完全に“誤認逮捕”だった。
 Mさんによると、ヘイトへのカウンター行動には2013年から参加していたものの、「レイシストをしばき隊」や「C.R.A.C」のメンバーにはならなかった。
 SNSでの呼びかけ見て、個人としてカウンターへ行き、沿道からプラカードを掲げたり反差別の声をあげていた一人にすぎず、公安が得意げに喧伝している「しばき隊の中心人物」でもなんでもなかったのだ。

「しばき隊やC.R.A.Cを結成した野間(易通)さんとは昔からの個人的な友人ではあったんですが、しばき隊に入ろうとは思わなかった。一度、メンバーには誘われたけどお断りしたんですね。何か手伝えることがあれば野間さんが個人的に言ってください、と。カウンターには一人で行って一人で帰る感じ。僕はANTIFA(アンチファシズム運動)や東京給水クルー(安保法制反対デモでのプロテスターへの給水支援活動)を軸足にしてきたので、『メンバー』と言われるならそっちだと思います。だから報道で『しばき隊の中心メンバー逮捕』みたいになっているのを知ったときは、ちょっと苦笑いというか。ああ、公安はそう見せたいんだなと」
(Mさん)

 いかに公安が無能集団かがよくわかるというものだが、この“誤認逮捕”が「レイシストをしばき隊」や「C.R.A.C」をターゲットにしたものであることは、Mさんが警視庁で受けた取り調べ内容からもはっきりする。
 警察は「車庫飛ばし」の容疑とは無関係のことを根掘り葉掘り聞いてきたのだ。

「警察側に元からある程度の台本があって、文書を読みあげながら僕に『そうですよね』と同意をとろうとするんですが、その冒頭に『私は右派系団体に抗議する運動に参加しており、車両はその運動のために所有使用〜』みたいなことが書いてありました。いや、それは違うだろうと否定しましたけど、ようは、最初から決めつけられていたんです。さらに調書の読み上げと確認が終わると、警察は『カウンターとは組織なのか』と尋問してきました。『誰が主催しているのか』『何人くらいいるのか』『事務所はあるのか』『カウンターの上部構造にはどの政党がついているのか』と立て続けに聞いてくる。SNSを見て個人で参加したと言っても、まったく理解できないような顔をするんです」
(Mさん)

 このとき、自身の逮捕が公安マターの弾圧であることを確信したという。
 警察の取り調べからはツイッターのアカウントが細かく監視されていることもうかがえた。

「いずれにしても、車庫飛ばしの容疑とはまったく関係のない尋問ですよね。よくわかりました。公安は、カウンターを政治的な『組織』だと思い込んでいて、彼らの本命は、そのありもしない『組織』の構造や人脈、金の流れを探ることだったのだと」
(Mさん)

逮捕は「1・12安倍政権批判デモ」でサウンドカーの運転手として届け出ていたからか

 こうした公安のやり口は、完全に違法な別件逮捕のそれだ。
 しかし、なぜ「レイシストをしばき隊」や「C.R.A.C」のメンバーではないMさんを、その「中心人物」とみなして“微罪逮捕”するという、悪質かつ杜撰なことを公安はしたのか。

 Mさんは「車庫飛ばし」の疑いをかけられたワゴン車を仕事や日常生活で使っていた。
 安保法制デモでの給水支援等でもこのワゴン車を使用していたという。
 昨年2019年7月20日には、東京・JR秋葉原駅前で演説する安倍首相に対し、多くの市民から「安倍やめろ!」と声があがった。
 この日もMさんはワゴン車で抗議用の資材を運搬している。
 周囲には多くの公安が待ち構え、抗議する市民を撮影するなど監視体制を敷いていた。
 Mさんも「自分が警察から観察されているのは気づいていました」と証言するように、こうしたデモや抗議運動のなかで公安がワゴン車をマークし、「車庫飛ばし」という「別件」での“微罪逮捕”で狙い撃ちしたのではないか。

 そしてもうひとつ。
 前述のとおり、今月1月12日には新宿で“安倍政権批判”の大規模市民デモが行われたが、実は、Mさんはこのデモに参加する予定だった。
 事実、今月6日にはサウンドカーのドライバーとして東京都公安委員会に申請している。
 警視庁公安部も当然、Mさんがドライバーという役割でデモに参加することを知る立場にあったはずだ。
 Mさんの逮捕がデモの3日前だったというタイミングを踏まえれば、公安が安倍政権批判デモに“運転手不在”というダメージを与えるとともに、参加者を動揺・萎縮させる狙いもあったと考えるのが自然だろう。

「車の車種とかナンバーとかの情報は役所に登録されていても、その車がデモの現場にいたというような情報は公安でないと知り得ません。やっぱり、人の思想信条は心の内側の話ですけど、車みたいなモノは外から把握しやすいからこそ、僕のワゴンもマークされ、弾圧に利用されたのだと思っています。実相としては、SNSをベースにした個人的な参加だったり、単なる昔からの友だちだったりという繋がりでも、公安は無理やり『組織』みたいなものに仕立て上げる。僕に警察署で尋問したように、公安はモノがあるということはお金があり、政党なんかが背景にいると考える。そこから『組織』みたいなものを勝手に組み立てて、国の機関の管理下に置き、自由に政権批判やデモをさせないようにしたいのでしょう。それは強く感じました」
(Mさん)

 本サイトにそう語るMさん。
 押収されたパソコンはいまだ手元に戻ってこないという。
 違法な別件逮捕としか言いようのない取り調べが行われたことからしても、今回の警視庁公安部による“微罪逮捕”がいかに無茶苦茶なものであったかが明らかになっただろう。

 Mさんに起きたことは、決して他人事ではない。
 何度でも言うが、公安をはじめとする警察組織はいま、どんどん“安倍首相の私兵”のような性格を強めている。
 政権への抗議デモに参加したり、SNSで政権批判の声をあげただけで、当局から取り締まりの候補にされてしまうのだ。

 しかし、だからといって萎縮してしまえば、それこそ安倍政権の思う壺だ。
 ひとりひとりが声を大にして、おかしいものはおかしいと言う。
 そして、当局の虚偽宣伝に乗っかってフェイクを垂れ流したマスコミを強く批判し、目を覚めさせる必要がある。
 でなければ、同じような警察権の悪用が何度でも繰り返されてしまうからだ。

 これ以上、安倍首相に権力を私物化させてはならない。

[写真]
昨年2019年7月20日、秋葉原で応援演説をする安倍首相

リテラ、2020.01.15 07:59
警視庁公安部が「しばき隊」と誤認・微罪逮捕した男性が明かす取り調べの中身!
「どの政党がついているのかと尋問され…」

https://lite-ra.com/2020/01/post-5207.html

posted by fom_club at 10:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。