2019年10月23日

東電旧経営陣無罪

<原発事故「無罪」>(上)
(この連載は、小野沢健太が担当します)

 未曽有の被害をもたらした原発事故の刑事責任について、司法は「無罪」と判断した。
 東京電力福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された勝俣恒久元会長(79)ら東電の旧経営陣三人に対する刑事裁判。
 本当に事故は防げなかったのか。刑事裁判が開かれた意義を考える。 

 「被告人三人は、いずれも無罪」

 2019年9月19日午後1時15分、永渕健一裁判長が読み上げる判決主文が、東京地裁の法廷内に響いた。
 証言台の前に並んだ勝俣元会長、武黒一郎元副社長(73)、武藤栄元副社長(69)の3人は判決が言い渡されると、そろって裁判長に向かって一礼。
 被告人席に戻った武藤元副社長は、着席と同時に軽く二度うなずき、二人は硬い表情を崩さなかった。

 無罪判決の一報を伝えようと、記者たちが一斉に席を立ち上がり慌ただしく出て行く。
 傍聴席からは「うそー」という叫び声が上がり、あちこちからため息が漏れた。

「(旧経営陣に津波対策の方針が了承された、とする元社員の供述調書は)推測で述べている可能性があり、疑義がある」

「(対策を指示しなかった)3人の対応は特異なものとは言えない

 永渕裁判長が、検察官役の指定弁護士側の主張を次々と否定していく。
 争点となっていた「最大15.7メートルの津波が原発を襲う可能性」を示す試算結果についても、その根拠となった国の地震予測「長期評価」について「事故前の時点では、十分な根拠を示していたとは言い難い」と信頼性に疑問を投げかけた。

 これまでの公判で、部下から試算の報告を受けながら対策工事などを指示しなかった武藤元副社長は、検察官役の指定弁護士から「対策の先送りだ」と批判されると「心外だ」と色をなして反論。
 武黒元副社長も試算通りの津波を想定しなかったのかと問われ「仮定の話に意味はない」と不快感を示し、勝俣元会長も「技術的なことは分からない」といら立ちをあらわにする場面があった。

 この日、裁判長が「長期評価の信頼性には限界があった」と読み上げると、それまで眼鏡を外してメモを取っていた武藤元副社長は軽くうなずき、顔を上げて勝俣元会長、武黒元副社長の様子を確認。
 再び眼鏡をかけ、深々といすの背にもたれ掛かった。
 勝俣元会長は、判決を読み上げる裁判長の姿を見つめ、武黒元副社長はうつむいたままだった。

 約2時間40分間続いた判決の読み上げの終盤、永渕裁判長は「事故前は、絶対的な安全確保は求められていなかった」とした上で、「3人の罪は認定できない」と締めくくった。

 裁判長が閉廷を宣告すると、3人は遺族もいる傍聴席には目を向けず、立ち止まることもなく、無表情のまま法廷を後にした。

「こんなの間違っている」

 傍聴人の悲鳴が、法廷にこだました。
 

[図表]
東電の無責任.jpg

東京新聞・朝刊、2019年9月20日
判決に表情変えず
遺族ら「うそー」悲鳴

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201909/CK2019092002000175.html

<原発事故「無罪」>(中)

 門扉を覆い隠すように雑草が生い茂っていた。
 2011年3月の東京電力福島第一原発事故後、避難が困難を極め多数の死者を出した福島県大熊町の「双葉病院」周辺は、時が止まったようにひっそりとしていた。

 原発から約4.5キロ、町の許可がなければ立ち入れない帰還困難区域を9月上旬に訪れた。
 病院は入り口も中庭も雑草ばかり。
 約300メートル離れた系列の老人介護施設「ドーヴィル双葉」の玄関内には、パンクした自転車や車いすが無造作に放置されているのが見えた。

 道路脇の茂みの放射線量は毎時0.89マイクロシーベルト。
 東京都内の30倍だった。
 入院患者らは当時、今よりはるかに高かった線量から逃れようとして命を落とした。

 事故時、両施設には計436人が入院や入所をしていた。
 医療設備のない観光バスで9時間半の移動を強いられるなどしたお年寄りたち。
 44人を死亡させるなどしたとして業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人は2019年9月19日、東京地裁で無罪判決を受けた。

「あのとき違った行動をしていれば」

 病院の向かいに住んでいた片倉勝子さん(77)=同県いわき市=は今も自責の念にかられる。

 地震の翌朝、避難を呼びかける町の防災無線を聞き表に出た。
 かつて看護師として勤めていた双葉病院の様子が気になり、玄関に向かうと、元同僚が慌てふためいていた。
 人手が足りていないと思い、「じゃあ私、手伝うわ」と声を掛けたが、「構わず避難して」と強く言われ、その場を後にした。

 それから数ヶ月後。
 一時帰宅した片倉さんは、病院前の路上に多くのベッドが置きっ放しになっているのを目にした。

「寝たきりのお年寄りたちが、こんな場所で避難バスを待つしかなかったなんて」

 涙が止まらなかった。

「病院に残って看護に当たっていれば、少しは違う結果になったかもしれない」

 立ち去ってしまったことへの後悔が消えない。

 病院から約2キロ離れた商店街。
 ガラス窓が割れた店舗が並ぶ中、シャッターが閉まったままの「かんの精肉店」があった。

 この店を営んでいた菅野正克さん(75)=水戸市=は、事故時に双葉病院に入院していた父健蔵さん=当時(99)=を長時間の避難の末に失った。

 判決公判を傍聴した菅野さんは、「旧経営陣の三人は『無罪は当然』という表情だった」と振り返る。
 旧経営陣は公判で、「知らない」「覚えていない」と繰り返した。
 菅野さんは「東電の無責任体質がよく分かった。刑事裁判が開かれた意義は大きい」と皮肉る。

私はおやじも古里も失った。それなのに事故を起こした張本人は誰も責任を取らないなんて、おかしいよ


[写真]
雑草が茂った双葉病院の入り口=福島県大熊町で

東京新聞・朝刊、2019年9月22日
後悔と怒り今も
双葉病院「東電 無責任体質分かった」

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201909/CK2019092202000114.html

<原発事故「無罪」>(下)

「やっぱりあるじゃないか」

 東京電力福島第一原発事故の避難者らが東電や国を相手取った損害賠償請求訴訟の代理人、栗山博史弁護士は今春、東電の旧経営陣3人が強制起訴された刑事裁判の記録を仲間の弁護士から見せられ、驚いた。

 民事訴訟の過程で、津波対策関連の報告資料がないか尋ねた際、国には「ない」、東電には「必要ない」と突っぱねられていた

 しかし、刑事裁判の証拠の中には数値や図面も載った詳細な報告資料があった。

「東電や国は都合の悪い資料を隠そうとしてきたが、刑事裁判になったことで検察当局が収集した証拠が公になった。公判が開かれた意義は大きい」と語る。

 複数の避難者訴訟を担当する林浩靖弁護士は、刑事裁判の証拠が訴訟の「武器」になると思い、訴訟の当事者として東京地裁から、東電社員らの証人尋問調書などを取り寄せた。

 刑罰を科すかを審理する刑事裁判は、紛争解決を目的とした民事訴訟よりも厳格な立証が求められるため、証拠も詳細になる。
 林弁護士は「東電の社内では津波対策が議論されていたにもかかわらず、何も対策を取らなかったことが刑事裁判で明らかになった。悪質性は高く、賠償責任が今までよりも重く認定される可能性がある」と期待を寄せる。

 千葉県南房総市の石井優(ゆたか)さん(72)は、仙台地裁で審理されている集団訴訟の原告。
 自身の訴訟で、東電と国の責任を明らかにしたいと強く思っている。

 千葉県で教諭として働いていた石井さんは退職後、自然に囲まれた暮らしを望んで、夫婦で福島県富岡町に移住した。
 近所の人は温かく、用事がなくても遊びに来てくれた。

「庭仕事も楽しく、すっかりなじんじゃってね」

 しかし、新たな古里は原発事故であっけなく失われた。

 事故後は夫婦で各地を転々。
 知人を頼って仙台市に避難していたとき、訴訟に加わった。
 弁護団は、避難生活による損害のほか「ふるさと喪失」に対する慰謝料も求めている。

 今月9月9日未明の台風15号で、自宅は10日間にわたって停電した。
 猛暑の中、エアコンが使えず、エンジンをかけた車の中で過ごす不自由な生活が続いた。
 東電は当初、停電は早期に復旧する見通しを示していたが、何度も延期し、そのたびに被災者を落胆させた。
「当事者意識が低く、見通しが甘い。原発事故から何も学んでいない」と憤る。

 東電の不誠実さは、刑事裁判での上層部の姿にもはっきりと表れていたと感じる。
 それだけに、無罪判決には納得がいかない。

「このまま責任逃れをさせてはいけない。刑事裁判で新たに分かったことを訴訟で突きつけ、私たち避難者や被災者のより一層の救済につなげたい」
 

[写真]
「東電の責任逃れは許さない」と話す石井優さん=千葉県南房総市で

東京新聞・朝刊、2019年9月23日
公判記録 民事の力に 賠償訴訟
避難者・被災者の救済期待

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201909/CK2019092302000117.html

 東京電力福島第一原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電の勝俣恒久元会長(79)ら旧経営陣3人について、検察官役の指定弁護士は2019年9月30日、3人を無罪とした19日の東京地裁判決を不服として、東京高裁に控訴した。
 原発事故の刑事責任が経営トップらにあるのか、あらためて審理される。 

 指定弁護士は「地裁判決は巨大津波襲来を示す具体的な試算結果などを全く無視した。到底納得できない。このまま確定させることは著しく正義に反する」とのコメントを出した。

 ほかに強制起訴されたのは、原発の安全対策の実質的責任者だった武藤栄元副社長(69)と、その上司だった武黒(たけくろ)一郎元副社長(73)。
 指定弁護士は、いずれも禁錮5年を求刑し、3人は無罪を訴えていた。

 一審の争点は、海抜10メートルの原発敷地を超える津波を予見し、事故を防げたか。
 東電は事故前、国の地震予測「長期評価」に基づくと最大15.7メートルの津波が原発を襲うとの試算を得ており、指定弁護士は「3人は大津波を予見できた」と主張した。

 地裁判決は、長期評価の信頼性を否定し、「事故を防ぐには原発の運転を止めるしかなかった。3人には運転停止義務を課すほどの予見可能性はなかった」と判断した。
 3人は、大津波を予見できたのに対策を怠り、原発事故で避難を余儀なくされた双葉病院(福島県大熊町)の入院患者ら44人を死亡させるなどしたとして強制起訴された。


東京新聞・朝刊、2019年10月1日
東電旧経営陣無罪で控訴
指定弁護士「正義に反する」

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201910/CK2019100102000146.html

posted by fom_club at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。