2019年10月17日

知事抹殺の真実

 2015年5月10日(日)「原発がこわい女たちの会」結成28年のつどいに元福島県知事・佐藤栄佐久氏をお迎えして「原発問題と地方の論理」の講演をしていただきました。
 2006年に汚職事件の追及で知事辞職。
 その後逮捕され2012年最高裁は検察、弁護側双方の上告棄却を決定、有罪が確定した。
 著書に「知事抹殺―つくられた福島県汚職事件(平凡社)「日本劣化の正体」(ビジネス社)等があります。


20150510
佐藤栄佐久氏「原発問題と地方の論理」in 和歌山市
https://www.youtube.com/watch?v=ssZPLw2nlc8

 5期18年務めた福島県の佐藤栄佐久元知事(77)が「謎の収賄事件」で突然、政治生命を絶たれてから10年。
 “冤罪”まがいの「収賄額0円」という前代未聞の有罪判決が確定しているが、なぜ佐藤がつぶされたのか。
 ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」(安孫子亘監督)が2016年11月中旬、福島県を皮切りに全国で上映される。

 佐藤は“福島のとげ”と言われ、地方分権、道州制、そして原発で国に物申す知事だった。
 とりわけ原発に関しては、原発立地県の知事として安全を最優先させ、東電や国に厳しい態度を取った。
 2003年には、トラブル隠しの東電では安全が確認できないとして、東電の原発全17基を稼働停止したこともあった。

 映画には佐藤自らが出演し、ありもしない嫌疑で、最初から“佐藤つぶし”ありきの国策捜査が行われた様子がテンポよく描かれている。

 2016年10月12日の試写会で佐藤は、
「(収監されていた)“巣鴨”から出てきた時以上の気持ちだ。皆さんの顔を見てエネルギーをいただいた。これから本当の戦いが始まる。政治活動などは考えていないが、私はどなたもできない経験をした。それを伝えていきたい」と話した。

 取り調べや裁判の再現、インタビュー中心の映画には、当時の新聞紙面がたくさん使われていたものの、ニュース映像はほとんどなかった。
 安孫子監督が事情を明かしてくれた。

「10年前の事件当時の映像が欲しかったが、貸してくれる放送局がなかった。この件には触れるなという“お達し”でもあるのか、一様に下を向いていた」

 国策捜査と報道の闇についてもよくわかる作品である。


[写真]
試写会であいさつをする佐藤栄佐久元福島県知事

日刊ゲンダイ、2016/10/17 04:37
映画「『知事抹殺』の真実」が描く国策捜査と報道の“闇”
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/191719/

原発事故のツケが電気料金値上げという国民負担に回される流れができつつあるが、福島県ではいまも復興の道筋が見えてこない。
県知事時代に国の原発政策に異議を唱えた佐藤栄佐久氏(77)に福島の“現在”を語ってもらった。

*  *  *

「たとえ千年かかっても2千年かかっても、元の福島に戻してもらいたい」

 佐藤氏は郡山市の自宅で静かな口調で語り始めた。

 福島県では現在も8万人以上が避難生活を余儀なくされ、福島第一原発の廃炉まで40年もの歳月を費やすと見られている。
 メルトダウンした核燃料(デブリ)の取り出しは困難をきわめ、賠償金や除染費用などの総額は21.5兆円の国の試算を上回る見方もある。

 それでも国は、ひたすら原発再稼働を追求している。
 だが、一方で政府の強硬姿勢にあらがうように鹿児島県と新潟県で“脱原発派知事”が誕生した。
 佐藤氏が力強いメッセージを送る。

「国や電力会社が何と言おうと、県民のための知事なのです。国策に振り回される必要はない。もし電力会社にコントロールされるような人だったら、県民は選ばなかったわけですから。ただし、“原子力ムラ”はすごい力でかかってきますから、そのときこそ、精神力と知事としての真価は試されます。『国といつでもけんかするよ』という意気込みが必要です」

 自らそうした姿勢を体現してきた佐藤氏は、参議院議員を経て1988年、福島県知事選に当選。
 以来、18年にわたって県政に携わってきた。
 しかし、2006年9月、実弟の会社が関与したとされる汚職事件の追及を受け、5期目の途中で辞任。
 同年10月に身に覚えのない“収賄事件”で東京地検特捜部に逮捕される。
 およそ3年間にわたる審理の末、東京高裁が認定したのは「収賄額0円」。
 それにもかかわらず、2012年に最高裁で懲役2年・執行猶予4年の有罪判決が確定した。
 玉虫色の司法判断に対して「国策捜査」ではないか、と疑問視する声が後を絶たなかった。

 事件後、佐藤氏は真相を明かす手記『知事抹殺―つくられた福島県汚職事件』(平凡社)を2009年に出版。
 その著書をもとに自ら出演したドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」が今秋完成し、来年2017年1月から全国で順次、上映会が実施される予定だ。

 映画では、捜査や裁判での尋問シーンが克明に再現されていく。

 佐藤氏や関係者への取り調べは過酷をきわめた。厳しい追及に堪えかねたのか、3人の関係者が自殺を図った。佐藤氏が続ける。

「私は一円のお金も受け取っていません。けれども検察官は自殺者が出たことを伝えてくる。私の支持者や部下がそのような取り調べを受けていると考えると、身を切られる思いがした。メディアも当局の見立てどおりに報じるばかり。検察官の巧妙な誘導もあって、私は虚偽自白をすることで早く事件を終わらせようと考えたのです」

 裁判では否認に転じ、検察側と争う。
 しかし、佐藤氏自身の金銭授受が認定されない収賄額0円の収賄罪で有罪となる。

「事件はあきらかに冤罪です。しかも、原発事故とは無関係ではないのです」

 今回の映画制作を企画した会社社長、三田公美子氏は語気を強める。

「復興とか再生とか言いながら、国は五輪招致に浮かれ、原発事故などまるでなかったかのように振る舞っています。原発にブレーキをかけた知事を辞職に追い込んでいったありさまを思えば、福島の原発事故は起こるべくして起きたのです。私たちは事故が風化することを何より懸念しています。仲間たちが知事のもとに集まり、映画を作ろうという話がまとまっていきました」

 佐藤氏は知事に就任してすぐに福島第二原発の事故に直面した。
 2011年の福島第一原発事故から20年以上も前のことだ。
 事故は隠されたまま、情報は東京電力から通産省(現・経済産業省)、資源エネルギー庁を経てようやく県に伝えられた。
 佐藤氏が振り返る。

「地元の自治体は目の前の原発に何の権限も持たず、情報伝達も一番後回しにされたのです。こんなことがあってはならない。私は『同じ目には二度と遭うまい』と心に誓ったのです」

 その後、東電のデータ改竄や事故隠しが相次ぎ、佐藤氏はプルサーマル許可を凍結。
 2003年4月には福島県内の原発10基が全停止する事態に至る。

「私は、大手メディアから“原発を止めたわがままな知事”に仕立て上げられていきました。首都圏大停電の恐怖をあおり、中央との対立の構図が作られていったのです。メディアも検察と同根です。これが伏線となり、国策捜査へとつながっていったのだと思います」

 佐藤氏の言葉を受け、この映画を監督した安孫子亘氏が語る。

「事件は、栄佐久さんを社会的に抹殺しただけでは済まない悲劇をもたらしました。映画を見て頂いた方に、この事件を裁いてほしい。そして事件がもたらした現実を直視して頂きたい」

 映画の中で、事件の取り調べ時に検察官が関係者に言ったとされる言葉が、象徴的に使われている。

知事は日本にとってよろしくない。抹殺する

 原発事故の責任は誰が負うべきなのか。
 その答えのありかを、この映画は暗示している。

※ 週刊朝日  2016年12月23日号


[写真]
佐藤栄佐久・元福島県知事

dot.asahi、2016.12.16 11:30
収賄額0円の収賄罪…“抹殺”された福島県元知事が“現在”を語る
https://dot.asahi.com/wa/2016121400206.html

 この知事を抹殺してほんとうによかったのか
 今さら言っても仕方がないけど、佐藤栄佐久さんが知事をそのまま続けていれば、原発事故への対応もちがっていたし、福島もいくらかは前に進めていたのに。
 時々福島に戻る僕に、福島の人が同じことを言う。
 いったい、誰が何のために栄佐久さんを抹殺したのかな。
 僕もそれが不思議でならない。
 だって栄佐久さんは原発政策の是非など言ってたこと、ないもの。
 栄佐久さんが繰り返し言っていたのは、
・ 何があっても県民の安全を第一にする、
・ 地方自治を確立して共生の社会を創る、
・ 福島の美しい自然を未来に手渡してゆく、
それだけだよ。
 今回の原発事故で、それこそ全部抹殺されたけどね。
(西田敏行)


ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」公式サイト
http://eisaku-movie.jp/

https://www.youtube.com/watch?v=ZC78mYQZaoQ

 ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」の佐藤栄佐久元福島県知事、安孫子亘監督、企画の三田公美子さんをお迎えして、映画について語っていただきます。

▼ゲスト:佐藤栄佐久(元福島県知事)
     安孫子亘(映画監督)
     三田公美子(企画室・コア代表取締役、下村満子生き方塾事務局長)
▼聞き手:下村満子(ジャーナリスト)


2017/02/21[知事抹殺]の真実
https://www.youtube.com/watch?v=PbWUyaihZiw

posted by fom_club at 07:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。