2019年10月14日

沖縄と東ティモール

 病床のハビビ元インドネシア大統領(Bacharuddin Jusuf Habibie、1936年6月25日 - 2019年9月11日、大統領在任:1998年 - 1999年)と、同国の支配から、2002年5月20日に独立式典を催した東ティモールの元大統領が交わした歴史的な抱擁について、語りたいと思います。

PK2019101302100070_size0.jpg

 7月、闘病中の元インドネシア大統領=当時(83)=を見舞ったグスマン元東ティモール大統領(73、ポルトガル語: Kay Rala Xanana Gusmão、José Alexandre Gusmão、1946年生まれ、大統領在任:2002年 - 2007年)が、何かささやきながら額にキスし、胸に頭を埋めました。
 ハビビ氏もグスマン氏の手を取り、口がかすかに動いていたように見えます。
 敵対してきた両国の元指導者の心が一つになったような光景でした=写真(上)。

◆ 死の50日前、病室で

 グスマン氏に同行し、ビデオの撮影に携わった東ティモールのカルロス駐インドネシア大使に許可をいただき、画像を掲載します。
 大使は、
「二人の偉大な指導者は、この抱擁で人間性と慈悲の心、謙虚さ、そして友愛のあるべき姿を示してくれました」
と振り返ります。

 ハビビ氏は約50日後、世を去りました。

 両国は、とても指導者同士が抱擁できるような関係ではありませんでした。
 ポルトガルの植民地だった東ティモールは、スハルト独裁政権下のインドネシアに1976年、武力で併合されました。
 放火、殺害、レイプ…。
 独立運動は徹底的に弾圧され、4半世紀で餓死を含め20万人が死亡したといわれます。

 その改善の糸口を示したのがハビビ氏でした。
 スハルト政権が瓦解(がかい)した1998年、副大統領から後継大統領に就いたハビビ氏は、半年余で東ティモール独立に道筋を付ける住民投票実施を決断します。

◆ 弾圧から解放への転換

 ずっと抑圧してきたのになぜ方向変換を? 諸説あります。
「国軍が住民投票しても独立派は少数と読んでいたため」
「独立派司教らがノーベル平和賞を受けて国際圧力が高まったため」
などです。
 そして、
「これ以上、強権的に支配してはならない」
という人道的な動機があったかもしれません。

 住民投票は翌1999年に行なわれました。
 国軍の見通しは外れ、独立派が78.5%を得て圧勝。
 3年後、東ティモールは21世紀最初の独立国としてよちよち歩きを始め、現在に至っています。

 ハビビ氏は在任500日ほどで、国会から不信任され退陣します。
 不人気でした。
 百数十億ドルともされるスハルト氏側の不正蓄財への追及が甘かったからと言われますが、「領土」を失った国民の失望もあったと指摘されます。

 東ティモールの独立派ゲリラとの闘争で、少なからぬインドネシア国軍兵士も斃(たお)れました。
 インドネシアからみれば、「命を張って守ってきた領土なのに、手放すチャンスを与えてしまった」のがハビビ大統領だったというわけです。

 その独立派ゲリラの中心人物で東ティモール内で英雄視されていたのが、グスマン氏でした。
 東ティモールの初代大統領として、独立国の揺籃期(ようらんき)を引っ張りました。

「独立はあなたの決断のおかげです」
「喜んでもらえてうれしい」−。
 カルロス大使は二人の会話を明かしてくれませんが、そんなやりとりがあったとしても、不思議ではありません。

 インドネシアの理不尽な併合で四半世紀も支配された東ティモール。
 独立後も残ったわだかまりをとろりと解かす抱擁でした。

 国と地方の指導者同士ということで想起されるのは、安倍晋三首相と故翁長雄志・前沖縄県知事のことです。
 記憶に残る写真はハビビ氏とグスマン氏の抱擁とはあまりにも対照的な一枚。
 2017年6月、同県糸満市での式典で翁長氏が首相に厳しい視線を投げかけたそれです=写真(下)。

PK2019101302100071_size0.jpg

 昨年の知事選では、翁長氏に続いて辺野古移設反対派の玉城デニー氏が当選。
 法的拘束力がないとはいえ、2019年2月の県民投票では移設反対票が72%でした。
 それでも辺野古埋め立ては続きます。

◆ 沖縄と東ティモール

 むろん、沖縄と東ティモールとは政治的に同列には論じられません。
 でも「中央に虐げられた島」として似た面があるようにもみえます。
 国と地方の指導者が互いに胸襟を開く勇気と寛容さを、南の島の元指導者たちは教えています。


東京新聞・社説、2019年10月13日
週のはじめに考える
歴史的な抱擁は教える

https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2019101302000153.html

posted by fom_club at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。