2016年07月01日

GPIF, World’s Biggest Pension Fund

Japan’s $1.3 trillion Government Pension Investment Fund is suing Toshiba Corp. for losses on its investments after an accounting scandal sent the conglomerate’s shares plunging.

GPIF is seeking damages of about 900 million yen ($8.6 million), said Shinichirou Mori, a spokesman for the fund. The losses relate to shares bought by GPIF’s external fund managers in 2009 through a secondary share offering, he said. The Wall Street Journal reported the news earlier on Thursday.

“We bought the shares seven years ago and that’s how much we’ve calculated our losses on those holdings to be,” Mori said on the phone on Thursday. GPIF has previously sued other companies including Seibu Railway Co. and Livedoor Inc., he said.

Toshiba has been plagued by record losses and executive resignations after unveiling years of padded profits at the conglomerate, which makes everything from computers to nuclear power equipment. Shares have tumbled more than 40 percent since April 2015, when it withdrew its earnings forecast and announced an accounting probe that was later expanded.

GPIF has sought to bolster its stewardship of the nation’s pension savings amid a broader push by Prime Minister Shinzo Abe to make investors more engaged with the companies that they invest in. The country introduced guidelines for shareholders in 2014, which GPIF has pledged to follow, and started a corporate governance code last year.

Pressure Others

“Having such a big presence behind this lawsuit is going to pressure others to follow, and also make company executives more aware of governance at their firms,” said Takashi Aoki, a fund manager at Mizuho Asset Management Co. “It’s also going to put off other institutional investors from buying Toshiba shares.”

Japan Trustee Services Bank Ltd., which holds the Toshiba stock on behalf of GPIF, filed the suit at the Tokyo District Court on May 6, Mori said. JTSB representatives attended the first hearing at the court on Tuesday, he said. Toshiba spokeswoman Yuu Takase confirmed that JTSB filed the suit and declined to comment further as the case is pending.

In 2005, GPIF sued Seibu Railway after shares slumped following revelations it falsified financial statements. The fund sought 18.5 billion yen in damages and won 14.2 billion yen in July last year, Mori said. The retirement manager also filed a suit against Livedoor in December 2006 and won 4.4 billion yen in March 2012, he said.

Toshiba shares climbed 0.7 percent on Thursday in Tokyo.


Bloomberg, Updated on June 23, 2016 − 2:48 PM HKT
World’s Biggest Pension Fund Sues Toshiba for Profit Scandal
GRIF makes move after plunge in share price.
By Anna Kitanaka, Kiyotaka Matsuda
http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-06-23/world-s-biggest-pension-fund-sues-toshiba-for-accounting-scandal

 2015年度の公的年金積立金の運用成績は、5兆円を超える損失となることが確定した。株安が影響したもので、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が30日の運用委員会で厚生労働省に報告した。だが、GPIFが公表するのは参院選後の7月29日で、野党は「損失隠しだ」と批判を強めている。

 GPIFは国民年金と厚生年金の積立金約140兆円を運用している。30日の運用委員会は非公開で開かれ、GPIFが15年度の財務諸表を報告。関係者によると、運用損は総額で5兆数千億円に上ったという。

 中国が人民元を切り下げて世界的な株安となった昨年8月の「チャイナ・ショック」が影響し、昨年11月に公表された7〜9月期の損失は7・8兆円だった。

 GPIFは将来の年金支給に必要な利益を確保するとして14年10月に運用基準を見直した。国内債券の比率を60%から35%に下げ、代わりに株式比率を50%に倍増。安倍政権は成長戦略にも位置づけたが、株価の影響は受けやすくなった。

 15年度の運用成績の公表日について、GPIFは3月末に7月29日と決めた。例年は7月上旬に公表しているが、今年はGPIF発足10年に合わせて保有株の銘柄なども新たに公表する予定で、その開示方法などを検討するのに時間がかかるためだと説明している。


朝日新聞デジタル 7月1日(金)7時35分配信
年金の運用損、昨年度5兆円超 GPIF公表は参院選後
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160701-00000015-asahi-pol


安倍政権は老後の生活を支える国民の財産である公的年金資金=GPIFの資金運用配分比率を変更する運用方針を2014年10月31日に大きく変更した。

年金資産の資金運用の資産別配分比率を大幅に変更したのである。

従来の資金配分比率である
国内債券60%、国内株式12%、外国債券11%、外国株式12%

国内債券35%、国内株式25%、外国債券15%、外国株式25%
の新しい資金配分比率に変更した。

国内株式の運用比率が12%から25%へと2倍強に引き上げられた。

外国証券の運用比率も23%から40%へと大幅に引き上げられた。

2015年12月末のGPIF運用資産残高は139兆8249億円、

この時点での日本配分比率23.35%を基準にすると、

日本株式残高は2015年12月末で32兆6491億円だった。

民進党の玉木雄一郎議員が仮定計算しているように、

昨年12月末の株価水準はTOPIXで1547.3。

6月27日のTOPIXは1225.76で、

日本株式が20.8%下落した。

この下落率を当てはめると、日本株式残高は25兆8664億円に減少していることになり、日本株式だけで、年初来、6兆7847億円の損失が生じたことになる。

日経平均株価は2012年11月14日に8664円の水準だった。

2014年10月31日の終値は16413円だった。

つまり、安倍政権は政権発足直前の水準から2年で、株価が約2倍の水準に暴騰した局面で、日本株式での運用比率を2倍に引き上げたのである。

8664円の水準だった2012年11月に日本株式の運用比率を2倍に引き上げて、株価が2倍になった2014年10月末に元の比率に戻したと言うなら適正だが、その逆をやった。

ところが、株価は2015年6月をピークに下落トレンドに転換した。

円安・株高の流れが円高・株安の流れに転じたのだ。

その結果、年金資産の損失が急拡大している。

また、外国証券の比率が40%に引き上げられているから、円安の局面では利益が生まれるが、円高の局面では損失が拡大する。

円高・株安のトレンドが生じるなかで、日本株式、外国証券偏重の資産配分は、国民に甚大な損害を与えており、その責任が問われるのは当然のことだ。

安倍政権は年金資金運用で巨大な損失を発生させているから、そのデータを参院選前に公表することを避けて、参院選後に公表期日を先送りした。

目的のためにはいかなる卑劣な手段でも用いるという、おぞましい姿だ。

野党関係者の発言については、マスメディアを総動員して総攻撃するくせに、自分の不正については一切の報道、論評を許さない。

文字通り、日本は暗黒国家への道を転げ落ちている。


2016年6月29日(水)、植草一秀の『知られざる真実』
2016年前半安倍政権損失が37兆円に達する疑い
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/201637-7c72.html



posted by fom_club at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック