2015年05月06日

山、谷、峠そして人

 自由党が結成されたのは、1881(明治14)年であった。
 秩父に自由党の組織が誕生したのは、1882(明治15)年。
 最初の入党者は、禊教の教師でもあった下日野沢村の中庭蘭渓と、金沢村の若林真十郎だった。
 彼らを自由党に勧誘したのは、若林真十郎の実兄だった群馬県坂原村法久の新井愧三郎。
 秩父地方は、群馬県緑野・多胡・甘楽郡や長野県南・北佐久郡と、峠を介して経済的にも文化的にも、日常的に不可分の関係にあった。

(秩父事件研究顕彰協議会公式サイト)
http://www.chichibujiken.org/folder/post-9.html

 ほら、ね、でたでしょ「日野沢」!
 明治の14年、15年っていったら、夏目漱石14、15歳のころですよ!
 (実母千枝は、夏目漱石14歳になる年の1月に亡くなっています、前年には実家が火災に遭い、土蔵を残して焼失しています)
 あの日、といっても時代は下って2015年4月29日(水)、山歩クラブGW特別企画「皆野アルプス」山行で、ヤッホー君らが皆野駅から乗ったバスは、「日野沢」行き!
 帰ってからどうもそわそわ落ち着きがなかったのは、これも「土地の精霊」がヤッホー君を揺り動かすからでした。
 なぜでしょ、なぜでしょ、とヤッホー君のこのブログ、過去日記に遡って探しても見つからなかったのです、足跡。
 それもそのはず、2009年12月6日(日)月例山行でした。
 その日、といっても5年以上も前のこと、山歩クラブ専用バスでおじゃました山が城峯山1038m。
 帰りに「満願の湯」(秩父郡皆野町大字下日野沢4000 Tel 0494-62-3026)に立ち寄っていました。
 その秩父温泉前を、今回皆野駅からでた町営バスは走ったので、車窓を見ながら、あれっとは思ったのです。
 城峯山への山行時、われわれは登りに表参道コースを辿りました。
 2009年の専用バスは、道の駅「龍勢会館」(秩父市吉田久長32 Tel 0494-77-0333)にもトイレ休憩で朝、立ち寄っています。
 すっげえ〜名前だよね、なんだろ、へぇ〜と思った覚えがあるのです。
 資料館「井上伝蔵邸」も見学、映画『草の乱』で復元された施設、と聞いてへぇ〜と思った覚えがあるのです。
 そうするってぇ〜と、『草の乱』は、2004年公開(監督/神山征二郎)、秩父事件120周年を記念する作品というわけですから、今年は秩父事件からもうゆうに130年は経過、映画公開からだってもう10年は経ってしまったわけですね。
 はやっダッシュ(走り出すさま)

 1884(明治17)年に起きた困民党を名乗る人々の明治政府に対する戦いを描いた歴史ドラマ。
『大河の一滴』や『郡上一揆』と数々の大作や話題作を手掛けてきた神山征二郎監督が長年あたためた企画で、4億5千万の製作費はほとんどが秩父を中心とする市民出資でまかなわれたことも話題になった。
『郡上一揆』に続く神山監督作となる緒形直人を主演に、秩父困民党総理・田代栄助を林隆三が演じる。

(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/movie/T0002259

 埼玉映画文化協会:
http://www.geocities.jp/eibunkyou/

 ね、なんか足がむずむずしてきたヤッホー君、土地の精霊に揺り動かされるばかりでなく、土地の精霊に惹きつけられていくのを感じています。
 こりゃあ、もう一度行かないと気がすまないねって、地場野菜を求めて?
 いやぁ〜「秩父事件」という磁場!

 日本初の近代兵器、村田銃が最初に使われたのは、外国軍隊ではなく、本来国家が守るべき自国の庶民に対してであった。
 起訴され拷問的取り調べの末、死刑12名、処罰された者3812名。
 これほどの犠牲を出しながら困窮、圧政と闘った秩父事件を、板垣退助の自由党史は、単なる「暴徒」による「騒動」と片づけている…
 奥秩父の峠、なかでもぼくの大好きな十文字峠を歩くとき、敗走しながらも、いや、彼ら自身は最後まで「転戦」を思っていたかもしれないが、「必ず、この峠を逆に登りかえしてみせる」と誓った農民戦士たちの姿が思い浮かぶ。
 奥秩父の山麓に起きたこの類まれな農民蜂起を思いながら、十文字峠を歩くならば、この困民党の戦士たちの希望や不安、絶望や誇り、怒りなどたくさんの気配があちこちの景色のなかに感じられるはずだ。

…山田哲哉(1954年武蔵野市生まれ)『奥秩父、山、谷、峠そして人』(東京新聞、2011年12月)、265-267頁

 今日5月6日水曜日、立夏。
 ヤッホー君、日記の主題をまた急にGW特別企画第一弾に戻したのですが、どうしてかと言いますと今日、その第二弾があるんですって。
 またご報告しますねぇ、行ってきま〜すって、リュック背負いながら慌てて出て行っちゃいましたけど…


posted by fom_club at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック