2013年04月28日

王城山1123m

 ゴールデンウイーク連休最初の日曜日、皆さんもきっと日本のどこかで(いや、もしかすると外国のどこかで…)、晴れやかにお過ごしだったことと存知おり候。
 山歩クラブは今日4月28日日曜日、先着4人の仲間のご希望者を乗せてマイカーお山歩会!
 25日木曜日朝8時の募集開始(「こんなのあるよ、行って見る会」出欠確認のヤツホー君メール)にもかかわらず、希望者多数となりました。
 さっそく山歩クラブがいっつもお世話になっているバス会社にお問い合わせしましたが、時すでに遅し。
 「5月6日まで人手不足なくらい仕事がつまっている」そうで慶賀に存知おり候。
 けっこう、にっこう、こけこっこう、結構毛だらけ猫灰だらけ、尻の周りはクソだらけってねぇ、言うじゃぁ、ありませんか、仕事があるのは大したもんです。

 そんなこんなで、結局は先着順とさせていただきました。
 もう朝の5時には関越道に入っておりました。
 向かう山域は、てぇ〜と:

渋川からのJR吾妻線の沿線に連なる山といえば、子持山1296m、小野子山1208m、岩櫃山802m、嵩山789mが有名である。
 しかし長野原町の東寄りの林集落北部には、古くから日本武尊にまつわる由緒ある信仰の山、王城山1123mがある

(山と渓谷社、分県登山ガイド『群馬県の山』(1994年)44頁)

 ナビ姉さんには「JR吾妻線長野原草津口駅までお願いします」と言ったはずなのですが、だんだんと走っていることを示す印に、道はありません… 霧ん中か、山ん中か、夢ん中か…
 これは噂の八ッ場ダム工事のせい。

 「コンクリートから人へ」なんて公約掲げて政権の座についた途端に有権者を騙した公約破りばかり、有権者の意思を踏みにじり、国民の政治不信を招いてしまった罪作りの場所の、その後の見聞登山行ともなったのでございました。
 いったん始めた事業は中止にできないお役所仕事! だって前政権が決定したその指示通りに動いて、融通のきかないのが、「行政のバカ役人共」の仕事だもん。
 結局、着々と進捗するダム工事現場、そして底に沈む集落の移転工事現場を横目に見ながらの番外編お山歩会となったのです。

 4人の仲間は、かたくりの自生地から王城山1123mを目指します。
 山頂は、晴天、春の美空で大、大展望台!
 冠雪した浅間山2542m、さらには同じく雪を被った2012夏合宿の舞台となった菅平高原と根子岳2207m、嬬恋村と四阿山2333m、そして本白根山2162mまでず、ず、ず〜いとパノラマが展する別天地でした!
 しかもわれわれだけ!
 山頂でのお弁当はなんとまあ、贅沢な…とっておきのレストランとなったのでございます。

 下山後は王城山神社里宮、そして源泉掛け流し「かたくりの湯」を満喫してきました。
 以上ご報告申上げます。
 写真は最初が鹿除け柵もなく伸び伸びと咲き誇るカタクリの山肌。
 次が王城山神社里宮ではい、ポーズ!頭上にはサクラexclamation×2

P4287361.jpg

P4287410.jpg

 次回を楽しみにしておりますexclamation×2

posted by fom_club at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック