2011年08月09日

ペンタックス

 今日8月9日は長崎原爆の日、ヤッホー君はどぎまぎしているのです。
 まずはNHKニュースから:
長崎は9日、原爆投下から66年となる「原爆の日」を迎えました。
 長崎市の田上市長は東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、初めて、原発に依存した国のエネルギー政策の転換を求めました…
 ことしの式典では、原発事故が起きた福島県の子どもたちに原爆の被害を知ってもらうとともに、復興を遂げた街を見て希望を持ってもらおうと、長崎市がいわき市の中学生43人を招待しました。
 長崎では、9日夜も爆心地近くの川で灯ろうを流して犠牲者の冥福を祈る「万灯流し」などが行われ、一日、原爆の犠牲者を追悼し、平和への思いを新たにする祈りが続きます

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110809/t10014804611000.html

 精霊流しのお祭りは、静かなものとばっかり思っていましたが、日本赤十字社長崎原爆病院あたりの爆竹はすさまじいものですね:
http://www.youtube.com/watch?v=I82z8gP8o14&feature=related
 
 せんこう花火だとばっかり思っていました。1974年グレープの懐かしい歌声でどうぞ:
http://www.youtube.com/watch?v=rTyfRY-jT0U

 いや、その、原爆ではなくって、ヤッホー君が昼下がりのチョウ暑いひとときをモク拾いのため、腰をかがめ俯いてうろうろしていたのが、東武東上線「ときわ台駅」あたり。
 濃いピンクのキョウチクトウの街路樹を抜けるとペンタックスに出るはず。しかし、いまは旭光学もアサペンもないようで、ムカシ工場がたっていたあたりはHOYA株式会社で敷地造成中。
 いまはカメラよりもコンタクトレンズなのかなあ、と炎天下の狭い道に来たとき、ヤッホー君は飛び上がるほどに嬉しかったのです。
 それは工事用車両の出入りの交通整理をしていたヘルメットに制服をきたお姉ちゃまに『お気をつけてくださいね』と声をかけられたときでした。思わず下ばかり見て歩いていた顔をあげ、『暑い中、おつかれさまですう』と、こころをこめてお答え申しあげ、深々と一礼して、通りすぎました:

リコーは2011年7月1日、HOYAが「ペンタックス」ブランドで展開しているデジタルカメラ事業を10月に買収すると発表した。
 リコーはペンタックスの一眼レフの技術と販路を取り込み、新興国を中心にカメラ事業を拡大、事務機に次ぐ事業の柱に育成する。
 医療機器などに経営資源を集中させたいHOYAと思惑が一致した。
 価格競争の激化を背景にデジカメ業界の本格再編が幕を開けた。

 ペンタックスの前身の旭光学工業は、1952年に日本で初めて35ミリ一眼レフカメラを開発した。その光学技術には定評がある。
 HOYAは2007年に内視鏡など医療機器事業を強化するため、ペンタックスを買収。翌年には吸収合併したが、HOYAの鈴木洋最高経営責任者(CEO)は当初から、不採算のデジカメ部門に関して「単独では生き残れない」として売却を検討していた

(2011年7月1日20:54更新日本経済新聞:リコー、「ペンタックス」買収を発表 デジカメ強化)
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819696E2E3E2E7938DE2E3E2E5E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 そればかりではなく、リコー傘下になったところで、業績が伸びなかったら今度は中国かどこか外国の会社に売る…、転売する…、われわれの主食だったお米も、もう、穀物市場で値段が決められ投機の対象になる、そんなマネーゲームの世界にこの国の人びとも身を投じているようですよね:

パナソニックが完全子会社の三洋電機の洗濯機と冷蔵庫事業の大半を中国家電最大手のハイアールグループ(海爾集団)へ2011年度中に売却することが7月28日、分かった。午後に発表する。
 日本と東南アジアにある開発・製造・販売拠点をハイアールに譲渡し、重複事業を解消する。
 中国企業が日本の大手製造業の主力事業を買収する初のケースで、ハイアールは三洋の技術やブランドを活用し、事業拡大を図る。
 売却対象は日本と東南アジアにある三洋の洗濯機・冷蔵庫関連の子会社など約10社。世界全体で年間約900億円にのぼる同事業の売上高のうち700億円相当を売る。売却額は約100億円で、従業員約2000人の大半も転籍する見通し

(パナソニック:三洋の白物家電、中国ハイアールに売却 重複事業を解消 2011年7月28日毎日新聞東京夕刊)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110728dde007020003000c.html

 あの燃えるようなぎらぎら照りつける都心の太陽のなかでヤッホー君は、<マネーゲームでいいんだよ、もう暑いし、そのせいで気がふれてるんだよ、栄枯盛衰の理ありっていうじゃん、ほら、もう冷たいビールで喉を潤しな>という内心の声を、しかし8月9日、精一杯拒否することにしよう、と大いなる真昼の決心をしたところでした。
 あの海抜2500mの高さから見た本当の夏の青い空と白い雲にみちびかれ…

夏空.jpg

posted by fom_club at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック