2011年07月16日

星守る犬

 Koriyama、福島県郡山市出身、といえば西田敏行(1947年生まれ)。

 『あなたを嫌いになったわけじゃないけど、あなたを支えていくほどの強い思いが、もうなくなったのよ
…不況で解雇され、妻からも三くだり半をたたきつけられた西田敏行扮する「おとうさん」は、飼い犬のハッピーとともに車上生活者となって、あてのない死出の旅にでて、福島県いわき市、宮城県東松島市、岩手県遠野市、青森県弘前市、そして北海道名寄市、と北に向かってさすらい続けます。
http://www.youtube.com/watch?v=Qiatr_9bknI&feature=related

★『東松島市では、旅館に泊まり、宿泊客の記念写真にハッピーを連れて乱入するというシーンを撮影しました。実は、その撮影に参加してくださったエキストラさんが、一人津波で亡くなられたんです。皆さん地元だったので、地震があった後は、「どうか無事で…」と祈り続けていたんですが、最後までその方だけ消息がわからず、最近亡くなられたことがわかりまして。とても胸が痛かったです
(美しい景観を津波によって奪われてしまったロケ地を思いながら、涙を浮かべた西田敏行と玉山鉄二。皮肉にも、この作品は震災が起こる前の東松島と、いわき市の姿を残した最後の作品となってしまった。そんな本作が描いたのは、何の因果か、まさに今日本の人々が求める“きずな”の物語だ。2人が作品に込めた願いは、きっと観た者の心に静かに、ゆっくりと届くはずだ)
http://www.cinematoday.jp/page/A0002948

★『必ず、皆さんがにっこり笑える幸せな日が来ます。この映画「星守る犬」では震災前のいわき市内にある永崎海岸の姿が、美しくおさめられています。私(西田)が小学校の頃、臨海学校で初めて来た海が永崎海岸の海でした。私は内陸に住んでたものですから、初めて水平線を見た海が永崎海岸です。きれいな海岸でした。そして、昨年の8月から9月にかけて、その海岸で撮影をさせてもらいました。劇中、犬のハッピーと一緒に泳いでいます。ここに来る前、その永崎海岸を見てきました。私の知っている永崎海岸からは姿が変わってしまっていて…、つらいなぁ。あの景色を取り戻しましょう。人が元気じゃないと街も元気になりません。一緒にがんばりましょう
(6月29日水曜日、と言えば山歩クラブでは安達太良山を歩いた日でしたが、西田敏行さんは福島県は福島県でも、いわき市に凱旋し、町おこしのキックオフイベントに参加しておりました)
http://toho.channel.yahoo.co.jp/index.php?catid=347

★『柳田国男の「遠野物語」発刊100年という記念の年で、震災がなければ遠野市は多くの観光客でにぎわっていたものと思われますが、観光客の姿はまばらでした。こんなところにも震災の影響がうかがえました。それにつけても、岩手の風景は宮沢賢治の「イーハトーブ」のイメージそのままです
…www.yuyunosato.or.jp/pdf/news/news096.pdf

★ 次の動画も。これは石狩浜でのロケの舞台裏です。このシーンは、もう北海道なのですが、ハッピーといっしょにきれいな夕陽が沈む海をいつまでもみつめ、カフェの店長にハッピーを託し、ひとりであの世へ旅立とうとするのですが、ハッピーが行っちゃだめ、一人ぼっちにしないでってワンワン吠える場面で使われています。
http://www.youtube.com/watch?v=4bIuhe4EZ-A&feature=related
 
 ヤッホー君のこのブログ、4月10日付け日記「白河市の小峰城」「We Love 東北!」など、なんどか西田敏行が怒っている、涙している、とお伝えしてきましたが、今日、7月16日土曜日、ヤッホー君は、とうとう『星守る犬』を友人を誘って見ることができました。
 新宿や日比谷の映画館ではもう夏休みモードにシフトしており、この映画『星守る犬』が午前中から見られる映画館は限られてきておりました。
 そこで、仲間を誘って立川駅まで足を延ばし、シネマシティ(立川市曙町2ー8ー5 Tel 042-525-1237)に入りました。
 映画を見た後は、魚力海鮮寿司、立川ルミネ店(立川市曙町2-1-1立川ルミネB1F Tel 042-526-1296)でランチをいただきました。
 帰りの電車、中央特快のなかでは、良い映画に何年ぶりかの美味しい寿司にヤッホー君はバクスイだったそうです! いやあ、山もいいけど、映画もいいですねってケイタイメールもしていたって…

posted by fom_club at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック