2011年07月14日

パリ祭

 市川昆監督の1960年作品『おとうと』でお姉さん役を演じた岸恵子は、とっても良かったですね。
 あれから50年! 半世紀もたってまだお元気、彼女はパリ祭の今日、仙台にいるのかな。フクシマかな? いややっぱり東京かな?
 といいますのもフランス大使館情報では、今日のパリ祭は、東京は銀座界隈のシャンソニエではないようなんです:

Au cours de la journée du 14, il s’entretiendra avec plusieurs hautes personnalités japonaises, parmi lesquelles M. Yutaka Banno, Secrétaire d’Etat aux Affaires étrangères, M. Yuhei Sato, Gouverneur de la préfecture de Fukushima, M. Masao Hara, maire de Koriyama, ainsi que les nombreuses autres personnalités japonaises ayant fait le déplacement pour assister à la réception du 14 juillet à Koriyama.

La matinée du 15 sera essentiellement consacrée à une lecture du Ministre à l’Université du Tohoku, qui sera suivi d’un échange avec les étudiants sur le thème ≪ Regards croisés : le Japon vu par les Français, la France vue par les Japonais ≫. Le Ministre se rendra ensuite sur les zones sinistrées, à Arahama puis Yuriage, où il rendra hommage aux morts et disparus dans la catastrophe, en compagnie du maire de Natori.

Le Ministre présidera enfin en soirée une cérémonie de remise de décorations à la Résidence de France, durant laquelle l’actrice Keiko Kishi, l’artiste Reiko Kruk et les mangaka Jiro Taniguchi et Shin et Yuko Kibayashi seront décorés.

L’Ambassadeur a décidé cette année de célébrer la fête nationale du 14 juillet à Koriyama (Département de Fukushima) afin d’apporter un peu de réconfort à ceux qui en ont aujourd’hui le plus besoin et de montrer la solidarité de la France dans un moment difficile pour nos amis japonais. Cet événement, qui réunira plus de 1200 personnes - pour moitié des réfugiés victimes des catastrophes de mars, l’autre moitié étant composée d’officiels japonais du Tohoku et d’invités qui feront le déplacement depuis Tokyo – s’inscrit dans le cadre de l’opération ≪ France-Japon : Ensemble pour demain ≫, d’aide à la reconstruction du Tohoku

(http://www.ambafrance-jp.org/spip.php?article4878)

 地元のメディア河北新報の記事から目が離せません。それにしても、こんな記事が実は…、放射能入りステーキって、ぼくらのせいじゃないよ、ゲンパツがジコったとき、「チェルノブイリとは違います、安全です」ってお墨付きだったんじゃないかあ、モウって抗議しにきた、と思いません?皆の衆!
 マルセイユからパリへの行軍中の歌を、フクシマから東京まで行進するんだから習いに来たんだよって言っているのかも…邪魔するんじゃないって、ね。
http://ceron.jp/url/www.youtube.com/watch?v=GtoHs0Ua_Tg

東京電力福島第1原発事故で警戒区域に指定されている福島県楢葉町山田岡の国道6号で10日夜、巡回していた福島県警のパトカーめがけて牛2頭が突進、衝突し、パトカーが破損する「事故」があった。
 県警によると、現場はJR常磐線木戸駅近くの国道6号交差点。午後9時15分ごろ、パトカーを停車させたところ、牛5、6頭が現れ、取り囲まれたという。牛は耳にタグが付いており、飼い主の住民が避難した際、放し飼いにしたとみられる。
 2頭の牛にぶつかられ、パトカーの運転席側のドアなどがへこんだが、中の警察官2人は無事だった。
 原発事故で立ち入り禁止になり、無人になっている警戒区域内では牛などが放置され、野生化する恐れも指摘されている。
 県警広報課は「警戒区域内に一時帰宅する際には、不用意に牛に近づかないようにしてほしい」と注意を呼び掛けている

(2011年7月13日水曜日付け河北新報)

 さ、今晩はビストロ「ヤッホー君」だい、だってボジョレーのシャルドネ種の白ワインが手に入ったんだい、それにステーキはフクシマ産牛肉だい、おトモダチ作戦でもらったお中元のアメリカ産じゃ、ないやい、それにきっとフレデリック・ミッテラン文化・通信大臣だって食べてくれると思うよ。
 い・た・だ・き・ま・す!

posted by fom_club at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック