2011年07月11日

栃木の梅雨明け

 昨日の日曜日の栃木県、大変でございました。
 朝、われわれのバスが東北道を向かっているときには、「梅雨明け山行」とか車内で大騒ぎするほどの良い天気、車窓からは雲ひとつない夏空を仰いでいました。事実、
10日の県内最高気温(午後3時現在、気象庁発表。単位は℃)で、宇都宮35.4、佐野37.2、小山36.1、真岡36.9、鹿沼34.7、那須烏山34.9、今市32.6、大田原35.5、黒磯33.9、奥日光26.3※大田原は7月の観測史上最高気温、黒磯は今年最高気温
(7月10日15:16付け下野新聞)

 なのに一転して空がかきくもり、一陣の突風が吹き、空から突然、雹か飴か、大粒の雨が落ちてきたのですからびっくり。キスゲ平から小丸山への途中でした。さらに、その予兆はあったのでした。われわれは、ぜんぜん気にも留めずに歩いていましたが、キスゲ平までモウ一息、という原生林の間でのころになりますが、
10日午前9時57分ごろ、岩手県、宮城県、福島県で震度4の地震があった。
 北海道から近畿にかけての広い範囲で揺れを感じた。
 気象庁は岩手、宮城、福島3県の太平洋沿岸に津波注意報を発表したが、大きな津波は観測されず、1時間45分後に解除した。
 同庁によると、岩手県の大船渡と、福島県の相馬で10cmの津波を観測した。
 3.11東日本大震災以降で実際に津波が観測されたのは初めて。 震源地は三陸沖で、震源の深さは約34Km。地震の規模はマグニチュード(M)7.3と推定される

(2011年7月10日日曜日河北新報ニュース)

 バスドライバー梅津さんの証言では、バスも揺れ、そして豪雨。車中に缶詰めとなり、トイレにも行けなかったほどのもの凄さだったそうです。下野新聞報道では:

★ 宇都宮地方気象台は10日午後4時9分、大田原市、那須塩原市、那須町、日光市の大雨警報(土砂災害)を解除した。県内全域に大雨、雷注意報が、県南部には洪水注意報が出ている。(7月10日16:19)
★ 10日午後5時8分ごろ、佐野市戸奈良町の男性方に雷が落ち、シュロの木3本が燃えた。けが人は無かった。佐野署によると、男性がバケツで消火を試みたが消火できず、消防通報した。(7月10日18:37)

 濡れ鼠になってバスに戻ってきたわれわれは、お昼も取らずほうほうの体で、もう1時ころには立ち寄り湯に予定していた大江戸温泉物語「日光霧降」(日光市所野1535-1 Tel 0288-50-1212)に。
http://www.ooedoonsen.jp/shukuhaku/nikko/index.html
 しかしこの温泉は午後2時半にならないとお掃除が終わらず開場になりません。
 そこで開場を待つ間に6階のロビーに陣取って昼食会を開きました。
 これを見かねたのか、浴場の掃除も手際よくすすめてくださいまして、2時には入れるようにしていただきました、ありがとう、「大江戸温泉物語」のスタッフのかたがた、御礼を申し述べておきます。ただし、「さきほどの雷雨で外の露天風呂がまだ暖まっていないので冷たいかもしれませんのでご容赦ください」
 ン?
 
 どなたかは、さっそく「VIVAハワイアン」のポスターを見つけ、えっ霧降に「ハワイが…江戸だけじゃないんだ…」なんておっしゃっていましたが、すかさず、実は本物のダイヤモンドヘッドにも登りまして、とか実は本物のピタラス、もとぇ〜っ、ピラタスにも乗りまして、とか、相変わらず賑やかな山歩クラブの面々。

 帰路の車中での打ち上げ用お神酒は、東武日光駅前の「米源(日光市松原町9-5、Tel 0288-54-0300)」で仕入れました。
 このお店、1772(安永元)年創業の老舗蔵元でした。いまは酒卸を営み、栃木県内の地酒、地焼酎、ワインを販売しております。
 仕入れたお神酒は渡邊佐平商店(日光市今市450、Tel 0288-21-0007)醸造になる「清開」。
 この蔵元は、『1842(天保13)年の創業以来、日光山麓の清冽な名水を汲み、日光連山から吹き下ろす冬の寒気の中で、酒造りを続けています。
 また、「純米醸造酒こそ本来の地酒である」と考え、その製造に力を入れています。
 当社の全製造量中の約90%が、「純米醸造酒」です

http://www.watanabesahei.co.jp/

 さ、あとは矢でも鉄砲でも持ってきやがれってんだ、ガッテン承知の助、バスは事故渋滞をさけ鹿沼から左に折れ北関東自動車道に入って常磐道から下町に戻りましたが、大、清開!7時には帰京できました!実に良い気分。雨ん中の山行の記憶も遠ざかり、夢気分!

posted by fom_club at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック