2019年12月31日

カルロス・ゴーン被告 arrives in Lebanon by private plane from Turkey

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告が自身の広報を担当するフランスの企業を通じ声明を公表したことが31日、判明した。
 全文は以下の通り。

レバノンにいることを公表した日産自動車のゴーン元会長の声明文(31日)

「私は今、レバノンにいる。もはや、有罪が予想される日本の偏った司法制度の下でのとらわれの身ではなくなった。そこでは差別がまん延し人権が侵害され、日本が順守すべき国際法や条約が全くもって軽んじられていた」

「私は裁判から逃れたのではなく、不公平さと政治的な迫害から解き放たれた。ようやくメディアと自由にやりとりできる身となり、来週から始めるつもりだ」


日本経済新聞、2019/12/31 14:21
「私はレバノンにいる」
ゴーン元会長声明全文

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54000320R31C19A2I00000/

TOKYO − Nissan’s former Chairman Carlos Ghosn said Tuesday from Lebanon he was not fleeing justice but instead left Japan to avoid “injustice and political persecution” over financial misconduct allegations during his tenure leading the automaker.

Ghosn had been released on bail by a Tokyo court while awaiting trial but was not allowed to travel overseas. He disclosed his location in a statement through his representatives that did not describe how he left Japan, where he had been under surveillance. He promised to talk to reporters next week.

“I am now in Lebanon and will no longer be held hostage by a rigged Japanese justice system where guilt is presumed, discrimination is rampant, and basic human rights are denied, in flagrant disregard of Japan’s legal obligations under international law and treaties it is bound to uphold,” the statement said.

Japanese media quoted prosecutors speaking anonymously who said they did not know how Ghosn had left.

Ghosn, who is of Lebanese origin and holds French, Lebanese and Brazilian passports, was arrested in November 2018 and was expected to face trial in April 2020.

Prosecutors fought his release, but a court granted him bail with conditions that he be monitored and he could not meet with his wife Carole, who is also of Lebanese origin. Recently the court allowed them to speak by video calls.

Japan does not have an extradition treaty with Lebanon. It is unclear what steps the authorities might take.

Ghosn has repeatedly asserted his innocence, saying authorities trumped up charges to prevent a possible fuller merger between Nissan Motor Co. and alliance partner Renault SA.

He has been charged with under-reporting his future compensation and of breach of trust.

During his release on bail, Ghosn had been going daily to the office of his main lawyer Junichiro Hironaka to work on his case.

Hironaka told reporters Tuesday afternoon he was stunned that Ghosn had jumped bail and denied any involvement in or knowledge of the escape. He said the lawyers had all of Ghosn’s three passports and was puzzled by how he could have left the country.

The last time he spoke to Ghosn was on Christmas Day, and he has never been consulted about leaving for Lebanon, Hironaka told reporters outside his law office in Tokyo.

He said the lawyers still need to decide on their next action, besides filing a required report to the judicial authorities. His office was closed for New Year’s holidays in Japan.

“Maybe he thought he won’t get a fair trial,” Hironaka said, stressing he continues to believe Ghosn is innocent. “I can’t blame him for thinking that way.”

He called the circumstances of Ghosn’s arrest, the seizure of evidence and the strict bail conditions unfair.

Ghosn had posted $14 million bail on two separate releases. Ghosn had been rearrested on additional charges after an earlier release.

Earlier, Ricardo Karam, a television host and friend of Ghosn, told the Associated Press that Ghosn arrived in Lebanon on Monday morning.
“He is home,” Karam told the AP in a message. “It’s a big adventure.”

Karam declined to elaborate.

Lebanon-based newspaper Al-Joumhouriya said Ghosn arrived in Beirut from Turkey aboard a private jet.

The French government reacted with both surprise and confusion.

“Mr. Carlos Ghosn is not above the laws, be they French or Japanese,” said Agnes Pannier-Runacher, a junior finance minister. But she added that “he has French nationality and we owe him consular support, as we owe all French nationals.”

Speaking to broadcaster BFM-TV, she said: “I was surprised as you when I learned about this escape.”

Ghosn was credited with leading a spectacular turnaround at Nissan beginning in the late 1990s, rescuing the automaker from near-bankruptcy.

The Lebanese took special pride in the auto industry icon, who speaks fluent Arabic and visited regularly. Born in Brazil, where his Lebanese grandfather had sought his fortune, Ghosn grew up in Beirut, where he spent part of his childhood at a Jesuit school.

Before his fall from grace, Ghosn was also a celebrity in Japan, revered for his managerial acumen.

Nissan did not have immediate comment. The Japanese automaker of the March subcompact, Leaf electric car and Infiniti luxury models, has also been charged as a company in relation to Ghosn’s alleged financial crimes.

Japanese securities regulators recently recommended Nissan be fined 2.4 billion yen ($22 million) over disclosure documents from 2014 through 2017. Nissan has said it accepted the penalty and had corrected its securities documents in May.

Its sales and profits have tumbled and its brand image is tarnished. It has acknowledged lapses in its governance and has promised to improve its transparency.

Another Nissan former executive Greg Kelly, an American, was arrested at the same time as Ghosn and is awaiting trial. He has said he is innocent.

Hiroto Saikawa, who replaced Ghosn as head of Nissan, announced his resignation in September after financial misconduct allegations surfaced against him related to dubious income. He has not been charged with any crime.

The conviction rate in Japan exceeds 99% and winning an acquittal through a lengthy appeals process could take years. Rights activists in Japan and abroad say its judicial system does not presume innocence enough and relies heavily on long detentions that lead to false confessions.

The charges Ghosn faces carry a maximum penalty of 15 years in prison.

Ghosn’s case has drawn intense media attention in Japan. In one instance when he was released from custody in March, the former executive normally seen in luxury suits wore a surgical mask and dressed like a construction worker to avoid media scrutiny under the advice of one of his lawyers. Japanese media still spotted him and followed his car.


[photo-1]
Carlos Ghosn, Nissan’s former chairman.

[photo-2]
Junichiro Hironaka, a lawyer for former Nissan Chairman Carlos Ghosn, talks with reporters in Tokyo.

Los Angeles Times, Dec. 31, 2019 12:21 AM
Former Nissan chief Carlos Ghosn says he left Japan because of ‘injustice’
By Associated Press
https://www.latimes.com/world-nation/story/2019-12-31/ghosn-in-lebanon-says-he-left-japan-because-of-injustice

Former Nissan-Renault chairman Carlos Ghosn has arrived in Lebanon, sources told FRANCE 24 on Monday. It was unclear if Ghosn traveled in violation of a house arrest order in Japan or if a deal was struck for his release.

Ghosn arrived at Beirut's Rafic al-Hariri international airport on a private plane from Turkey, according to Lebanese media reports.

A member of Ghosn’s entourage told Europe 1 French radio that he is not seeking to evade justice but that the legal circumstances in Japan do not allow him to adequately defend himself.

The 65-year-old businessman was arrested in November 2018 as he stepped off his private jet at Tokyo airport over financial misconduct charges. Ghosn has maintained his innocence.

Ghosn has been charged with under-reporting his post-retirement compensation and breach of trust in diverting Nissan money and allegedly having it shoulder his personal investment losses.

A Brazilian-born Frenchman of Lebanese ancestry, Ghosn contends that the allegedly underreported compensation was never approved nor paid, and that the payments considered to be a breach of trust were legitimate.

Prosecutors are also looking into allegations that Ghosn funnelled funds from Nissan to a dealership in the Middle East and siphoned off around five million dollars for his personal use.

Ghosn was released in April after paying 500 million yen ($4.5 million) in bail. Ghosn was earlier released on bail in March, but re-arrested and detained again April 4 on new allegations.

His bail conditions included agreeing not to leave the country and living under surveillance.

Ghosn was sent to Japan by Renault in the late 1990s and is credited with turning around a then near-bankrupt Nissan and helping transform it into one of the world's top auto alliances.

His lawyers said in October that they had requested the financial misconduct charges against him be dismissed. The statement said they filed papers in Tokyo District Court alleging prosecutorial misconduct that would prevent Ghosn from having a fair trial.

The filings allege collusion between prosecutors, government officials and executives at Nissan Motor Company to drum up criminal allegations in order to remove him as chairman.


[video]
In this file photo taken on March 6, 2019 former Nissan Chairman Carlos Ghosn leaves his lawyer's office in Tokyo after he was released earlier in the day from a detention centre after posting bail.

FRANCE 24, 30/12/2019 - 22:13
Former Nissan chief Carlos Ghosn arrives in Lebanon despite house arrest in Japan
(FRANCE 24 with AP and AFP)
https://www.france24.com/en/20191230-former-nissan-chief-carlos-ghosn-arrives-in-lebanon-apparently-defying-house-arrest-in-japan

Former Nissan chief Carlos Ghosn said Tuesday he had fled to Lebanon to escape injustice in Japan, where he was on bail awaiting trial on financial misconduct charges.

The auto tycoon's abrupt departure was the latest twist in a rollercoaster journey that saw him fall from boardroom to detention centre and it sparked questions over an embarrassing security lapse in Japan.

In a statement, the 65-year-old tycoon said he would "no longer be held hostage by a rigged Japanese justice system, where guilt is presumed, discrimination is rampant, and basic human rights are denied."

"I have not fled justice -- I have escaped injustice and political persecution," said Ghosn, who vowed to communicate "freely" with the media "starting next week."

It is not clear how he managed to leave Japan, as his bail conditions prevent him from exiting the country he had been held in since his sudden arrest in November 2018 sent shockwaves through the business world.

He and his lawyers have repeatedly voiced fears over the impossibility of a fair trial in Japan and have called for the case to be thrown out, citing mis-steps by the prosecutors' office.

Lebanese media reported Ghosn had flown by private plane from Turkey to Lebanon, where his parents were born and where he spent most of his childhood, after arriving there as a toddler.

Many Lebanese view Ghosn as a symbol of their country's large diaspora, and a prime example of Lebanese entrepreneurial genius and have been shocked by his arrest.

But in Tokyo, the unexpected turn of events will spark questions about how he could apparently have given authorities the slip.

His Japanese lawyer Junichiro Hironaka said he was "dumbfounded" by the news and confirmed that lawyers were still in possession of Ghosn's passports.

"I don't even know if we can contact him. I don't know how we will proceed beyond that," Hironaka told reporters.

Public broadcaster NHK cited a foreign ministry official as saying: "He was not supposed to leave the country. Had we known about it beforehand, we would have reported that to proper law enforcement authorities."

Taichiro Motoe, a lawmaker from Shinzo Abe's ruling Liberal Democrat Party (LDP), said the news had come as a "shock."

"There have been so many flight cases in 2019 by criminally accused individuals on bail and by those facing imprisonment after their crimes have been confirmed," said Motoe, calling for "swift and effective" improvements.

- 'Conspiracy' -

His sudden departure from Japan is nearly as dramatic as his arrest out of the blue at a Tokyo airport.

Prosecutors stormed his private jet in scenes captured by a local paper, and whisked him off to a Tokyo detention centre where he spent more than 100 days in spartan conditions far removed from his sometimes extravagant lifestyle.

He eventually won bail, striding out of the detention centre disguised in a workman's uniform complete with mask and cap in an apparent bid to fool the world's media camped outside.

Then one morning in April, he was rearrested on another set of charges just days before he was due to give a hotly anticipated news conference.

He released a video apparently pre-recorded in which he accused "backstabbing" Nissan executives of a "conspiracy".

Later that month, he was released again on bail -- this time leaving in a business suit -- and he had been in Tokyo ever since preparing for his trial in "combative" mood, according to his lawyers.

He stands accused of two counts of under-reporting his salary to the tune of 9.23 billion yen ($85 million) from 2010 to 2018, deferring some of his pay and failing to declare this to shareholders.

Prosecutors also allege he attempted to get Nissan to cover around 1.85 billion yen in personal foreign exchange losses during the 2008 financial crisis.

The fourth charge against him is that he allegedly transferred millions from Nissan funds to a dealership in Oman, from which the executive supposedly skimmed off $5 million for his personal use.

He has consistently denied all charges against him, saying they are a "plot" by Nissan executives to get rid of him because they feared he was moving the Japanese firm to a closer tie-up with Renault.

In the meantime, Ghosn has lost the business empire he was once lauded for creating. Sacked from Nissan and Mitsubishi Motors, he resigned from Renault -- the third firm in the uneasy car alliance he forged.


[photo-1]
Once revered for rescuing the struggling car manufacturer, Ghosn was arrested at a Tokyo airport in a case that sent shockwaves through the business community

[photo-2]
Factfile on the arrest and charges against Carlos Ghosn, the former Nissan chief who unexpectedly turned up in Lebanon on December 30, according to a Lebanese security source.

[photo-3]
Carlos Ghosn's Japanese lawyer Junichiro Hironaka said he was "dumbfounded" by the news and confirmed lawyers were still in possession of Ghosn's passports

AFP, 31 Dec 2019
Bailed tycoon Ghosn 'escapes' to Lebanon from 'rigged' Japan
https://www.afp.com/en/news/15/bailed-tycoon-ghosn-escapes-lebanon-rigged-japan-doc-1nd41h25

・・・除夜の鐘がゴ〜ンと鳴る前に、ゴーンさんレバノン到着。
 検察も外務省もが〜ん。
 冗談を言っている場合じゃないな。
 レバノン政府がゴーンさんを受け入れるとすれば「日本の司法は信用できない」くらいのことは言うだろう。
 山口敬之氏の逮捕状もみ消し、検察審査会での不起訴などがその例になるかもね・・・

posted by fom_club at 19:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公金私物化と大企業、富裕層優遇と大軍拡はストップ!

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 先日、日本の出生数がついに90万人を割って大きな話題になりました。

★ 出生数86万人に急減、初の90万人割れ 2019年推計(日本経済新聞 2019/12/24)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53727740U9A221C1MM8000/

 とはいえ、これは、「明日降水確率が100%」という予想が出ていたところに「雨が降った」と報じているようなものです。

 これまでの出生数減少の流れの中で、いずれ90万人を割り込むことがわかっていました。
 もし来年多少増加したとしても、長期での減少トレンドは変わりません。
 そもそも子供を生む世代は昔より減少し、さらに出生率が低下しているのですから、当然の結果です。

 そしてもう、日本の人口は回復不能、ポイント・オブ・ノーリターンを超えており、これからはこんな出生数の変化に一喜一憂している場合ではなく、人口減少を前提とした社会運営をしなくてはならないというところまで追い詰められているのです。

 それよりも「なぜそうなったのか?」ということに全く触れない報道にも疑問があります。

 現在の日本社会は、本来であれば結婚し、子育てをする世代にどんどん負担ばかり押し付けているのです。
 給料は上がらず、むしろ下がり気味で、かつ「失われた30年」とも言われる経済的には挫折ばかりの平成を生きてきた世代。
 そんな人たちが結婚し、子供を生んで育てるために使うはずのわずかなお金さえも、うなぎのぼりの社会保険料などを通じて高齢者に回ってしまい、消えて終わっているのです。

 そもそも日本社会は、団塊ジュニアというある意味人口減少最後の砦だったボリュームゾーンを、非正規雇用や社会保険料負担でさんざん叩きまくってしまったのです。
 さらに共働きが基本になっている社会なのに、かつての専業主婦家庭前提のような長時間労働を皆に強いて、婚期は遅れ、未だに育休をとるとらないに文句をいう高齢者がたくさんいたら、結婚しても出産しない人が増加するのは当然でしょう。

 もし1990年代にちゃんとした子育て政策を展開していれば、と思いますが、時既に遅しです。

 今から何をやっても出生数は増えません。
 それでも生涯結婚しない人は非難され、結婚しても出産しないと非難され、かと言って未婚出産もまた非難される。
 金はむしり取られて、さらに非難されるのですからやっていられません。
 もはや現代の若者たちに出口なし。
 その結果が今なのです。

 30年間も平均給与のあがらない国で、社会保険料はぐんぐんあがり、手取り額が下がっている昨今、どうして若者に、将来の希望をもって早めに結婚して子供を生み育てろといえるのか、考えほしいものです。

 そんな中で、少子化対策みたいな話で、地方に若者を移住させれば出生率が改善するだとかいった愚かな政策を行ったり、意味不明な政策を展開するわけです。

 企業はまともな給料を払え!
 高齢者の資産家は同じ高齢者を支援しろ!
 そして社会保障費は子供に向けた予算に徹しろ!
 経済成長路線は大切だから、生産性の低い産業部門、企業はさっさと撤退させればよいものを、妙な補助金で支えたり、外国人労働者を入れて無理やりゾンビ企業を延命させるのをやめろ!

と吠えてみたところで、物事は変わらず、未だに過去の価値観を押し付けて、子供を生むのはあたりめーだくらいの話をしている爺たちが亡国の政策を進めているわけです。
 戦時下の竹槍だの特攻だのと同じで、若者を酷使して、どうにもならない結果を若者の責任だといって押し付けていくのです。
 結果、結局は年寄りはいずれ死ぬので、若者たちが負うことになるのです。

 それではどうして、上の世代の人びとは無邪気なまでに現代感覚が乏しいのか。
 それは戦後の良い時代を経験した世代と、平成以降の世代とでは生きている国が違うといっていいくらいに経済前提などが全く異なるからです。

給料が下がっていく時代

 最近の若者はお金がないとかそんなことばかり言ってまじめに働かない――そんな話題で盛り上がる高齢経営者が集まる国の会議に出るたびに嫌気が差すわけですが、この時代感覚の齟齬は、生きてきた時代の違いから発生していると言って間違いないでしょう。

 というのも、高齢経営者は本当に、最近の若者は単にわがままを言っていると思っていて、ゆとり教育がよくないだとか、根性が入っとらんだとか意味不明なことを念仏のように繰り返すのです。
 これは、想像力の欠如、事実と向き合う気がないということに起因しているように思います。

 それでは、こういう時代感覚の齟齬はどうして生まれるのか。

 大きく3つの問題があります。
 まず第一に「給料が上がらない」という問題です。
 以下のグラフと国税庁のデータをもとにしてグラフ化しているものです。

★ 税金の雑談:自分の年収は平均より上? 下? 給料の高い業種は? 国税庁の統計を見てみよう(奥川浩彦@アイピーアール 2018年3月9日)
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/1110709.html

 さてさて、注目すべきはこの中の平均給与の伸びグラフ(略)です。

 1950年代から働き始めた皆さん、ものすごいですよね。
 ぐいぐい給料があがっていきます。
 もちろん、今と比較すればお金はない時代ですが、毎年これだけ上がるわけですから、先の見通しは明るいでしょう。
 1945年生まれで中卒、高卒が当たり前で、15〜20歳前後から働き始めた方々が多くいた時代と考えられます。

 敗戦直後で厳しい子供時代を過ごしたとはいえ、働き始めるのが中学卒業直後16の春とすれば1960年代。
 平均値とはいえ給与は年間25万円程度でしょうか。
 そこから1965年にかけて年間50万円程度に上昇し、30代を迎える1970年代には年間100万円程度まで上昇していきます。

 中間管理職などでバリバリ働くような40代を迎える1980年代には年間300万円程度まで急上昇。
 さらにバブルを謳歌してエグゼクティブな年代を迎えるころには年間450万円という日本平均給与の最高値まで上がっています。

 スタートは厳しかったとしても、まさに人口急増、冷戦体制、平和産業への注力などによって、給与はうなぎのぼり、というのが今の高齢者たちの若い時代の感覚なけですね。

 このアゲアゲな時代の感覚は、今の若い世代には全く分からない世界です。

 例えば私は1982年生まれですから、小学校入った1989年にはバブル経済を迎えて日本のピークですぐにバブル崩壊。
 物心ついて経済ニュースなどが分かるようになる1990年代には、まさに「失われた30年」突入。
 その後は給料は下がり続ける、リストラが起こる、大きな会社がつぶれたり、非正規雇用が増加、就職氷河期世代の苦難というの暗いニュースを毎日のように見続け、徐々にその当事者世代になっていきます。

 団塊ジュニアである今の40代は、そういう意味では本当に厳しい世代です。
 就職時点でバブルが崩壊して雇用環境が冷え込み、就職したらしたでバブルを起こしてバブルで踊った世代の割を食わされる、戦後処理のような仕事という始末。

 挙句の果て、従来から働いている上の世代の雇用構造を守ったまま、人手はほしいものだから、非正規雇用という中途半端な雇用改革をし、低賃金化が加速します。
 やるなら全員の正社員構造を破壊しろよ、という話ですが、「自分たちは切られたくないけど、若者は仕方ないよね」という発想でやってしまったわけですね。

 かくいう私も氷河期末期の世代ですが、本当に自殺者が多く、暗い時代だったのを覚えています。

 結果として、日本の人口が再び急増するチャンスだった1990年代〜2000年代、団塊ジュニアの出産状況は冷え込みまくり、少子高齢化にターボエンジンをつけちゃったみたいな話になったわけです。

 少子高齢化がここまできたといって今さら大騒ぎするのは馬鹿げています。
 90年代のうちに本気で取り組むべきだったのです。
 それが最後のチャンスだったのです。

 今ごろになって人手不足ということもあり、40代を一部雇用しますとか救済措置みたいな話が出てきていますが、本当に、戦後の日本で一番いい思いをしたのは団塊の世代であり、そして一番割りを食ったのは団塊ジュニアではないでしょうか。

 そりゃ給料が毎年確実にあがっていくと思えば誰しも楽しく使えるでしょうが、今の世代は子供の頃から経済が冷え込みまくっていたのを知っているので、コンサバティブになるのは当然です。
 なのにその差異が全く伝わらないのです。

 とてつもなく給料があがっていた時代と、給料がどんどん下がっていく時代とでは、人の行動が変わるのは当然です。

社会保険料が15倍に増えている!

 2つ目の問題は「社会保険料の負担増加」です。

 さらにこの間、社会保険料もぐいぐいあがるのです。
 こちらのサイトで分かりやすく戦後時系列データで分析してくれていますのでご紹介します。

★ 60年あまりにわたる収入と税金の変化をグラフ化してみる(家計調査報告(家計収支編))(ガベージニュース 2019/03/16)
http://www.garbagenews.net/archives/2391955.html

 この中で注目すべきは、実収入に占める各種比率というこのグラフ(略)です。
 これは税金や社会保険料という非消費支出が家計に占める割合を示したものです。

 直接税こそ若干の軽減がなされていますので、表向きは「減税しています」という形になるわけですが、天引きされる社会保険料の割合がとんでもなくあがっています。
 給料はあがらないのに、社会保険料はがっぽりいかれています。
 税金と社会保険料をあわせると約20%程度が抜かれていくということです。

 社会保険料だけみれば、物価を考慮しても1953年には約4,000円しか世帯で負担をしていなかったものが、2016年には約60,000円になっています。
 つまりは15倍になっているわけです。
 これは年額かつ平均ですからね。

 給料があがらなくなった1990年代以降もこちらは上昇を続けており、「非消費支出」が増加していく原因になっているわけです。
 つまりは消費が冷え込むのは当然なんですよね。

 給料は下がり、非消費支出が増加しているのだから、消費支出が縮小するのは当然です。
 日本がバリバリ内需中心経済になっているのだから、肝心の経済成長さえも止まってしまい、すべての社会構造負担を軽減する仕掛けも機能しなくなってしまったわけです。

 若者に金を貯めろ、と言われても日々の生活で精一杯という人たちがたくさんいるのは当然と言えるでしょう。

 就職も困難だった団塊ジュニア世代がボリュームゾーンとして存在し、今や40代。
 給与は伸びず、むしろ減ってしまったりして、さらに社会保険料はうなぎのぼりで、手取りは減る一方。
 結婚だ、子育てだ、なんて余裕はないか、共働きでどうにかという方が多いのです。
 そしてこの後に団塊の世代の後期高齢者入りが控えていますから、社会保険料がどうなってしまうのか・・・もはや未知数です。

 まだまだ負担が増えそうだという恐怖感から、現役世代が消費や出産を控えるのも、当然のことです。

定期預金が年率5%だと!?

 さらに、たとえ、どうにかこうにか貯蓄したとしても、なかなか増えないのです。
 その理由である、3つ目の問題は「資産運用の環境の違い」、つまり金利の話です。
 
 昔の人は金ためて、郵便局や銀行に入れておけば自動的に増えたのです。
 今でこそゼロ金利時代、0.001%金利しかつかなかったりするわけですが、かつては全然違ったわけです。

 以下の記事でこのあたりは整理されています。

★ 預金復活なお遠く 運用金利で見る歴史(東京海上アセットマネジメント執行役員運用本部長・平山賢一 2018/8/7)
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO33624910R30C18A7000000/

 このように常にインフレ率を上回る金利が続いていたわけであり、資産は着実に形成されます。

 つまり、ちゃんと働いて金は銀行に預けておけば自動的に資産が増えたのです。
 もしも日本株で良いタイミングに投資でもしていたら、とんでもない金額になってしまうわけです。
 素晴らしい時代です。

★ 130年間の超長期株価チャートから分かること(The Capital Tribune Japan 2012年6月9日)
http://www.capital-tribune.com/archives/77

 ゆうちょの定期預金で年率5%とかになったりするんだから、そりゃあ預けておけばどんどん資産形成が進むわけです。
 100万円が10年後には160万円になるわけです。
 500万円預けたら10年で800万円ほどに増えるのです。
 しかもペイオフ前だから全額元本保証。
 すごい時代です。

★ 100年以上にわたる郵便貯金の金利推移をさぐる(不破雷蔵 2018/8/16)
https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20180816-00092752/

 ということでまさにこの時代を生きた人と、1990年代以降を生きた人とでは、同じ日本でも「違う国」といっても過言ではないレベルの違いだと言えます。
 同じ国でも生きる時代が違うと、こうも違うわけです。

 こうなれば、子育てに対するスタンスが異なるのも当然ですね。
 結婚するのにも、子育てするのにも保守的になるわけです。
 お金ないんだから仕方ないことです。
 働いても給料はあがらない、しかも将来的もあがらなさそうで、社会保険などの負担はどんどん拡大していくわけです。

 逆をみれば、1910年代〜1920年代に生まれた方などは、若い頃に従軍して亡くなられた方も多くいるわけです。
 本当に時代というか、生まれるタイミングというものは残酷なものです。

これ以上若者をいじめるな!

 そして今、このような結果として世代別の貯蓄額などを見ていくと、当然ながら、高齢世帯の資産額はずば抜けて高いわけです。
 というか、給与がバリバリ上がり、社会保険料は安く、金利がつきまくりな黄金時代に生きて、金が貯まらなかった、資産ありませんとかいっている人たちは何をやっていたのだろう・・・どこぞの番組みたいに「喝!!!」と言いたくなるところです。

 高齢世帯にはこういうラッキー世代として潤沢な資産を形成している人たちも多くいるわけで、人口も多い高齢者同士で資産を出し合って、可能な限り助け合って欲しいなと思うところです。

 若者が高齢者を支えるという仕組みが、昔はできたけど今はできないというのは、数字をみれば分かりきった話であります。
 これ以上若者をいじめると経済成長どころか、消費も出生率も低迷して、より一層厳しい経済状況になり、結果として高齢者の方々の生活不安も拡大していくことになりますからね。

 ていうか、出生数と出生率について言わせてもらえば、今の若い世代だけが子供を産まないと責められるいわれはなく、そもそも1970年代からどんどん産まなくなっているわけです。
 ま、「日本は人口が多すぎる。人口爆発問題」とかいっていた時代でもあり、国をあげて「明るい家族計画」とかいって人口減少促進政策をやってきた成果の賜物です。

 つまり日本はずっと人口減少政策をやっていたわけなのです。
 団塊の世代だって彼らの親世代のように5人だ8人だみたいな数は生んでいないわけです。
 そういう意味では、団塊の世代前からずっと出生数は減少していたのです。

 団塊の世代が生まれた1946年から1949年。
 団塊の世代がジュニアを生んだのが1973年のピーク。
 その後はだだ下がりで、本来の団塊ジュニアの出産時期のはずの1990年代がだだだだだだ下がりですからね。
 その要因は上に説明した通りです。

★ 日本の出生率と出生数をグラフ化してみる(最新)(ガベージニュース 2019/12/15)
http://www.garbagenews.net/archives/2013423.html

 データを見ない高齢者と話が合わないのは当然。
 怒らずに冷静にデータをみせながら時代感覚の違いを共に認識する、「世代ギャップを埋めようワークショップ」でもやってください。
 ロールプレイングゲームにして、若者が団塊役、団塊世代が若者役をやってみるというのもよいかもしれませんね。
 まあ、やりながら喧嘩になりそうですが……。

 ということで、老人と若者とで、なんでこうも話が噛み合わないのかというのは、生きた時代、その環境が「別の国」といっていいほど違いすぎるからなのです。
 同じ日本人だから通じるはずだ、なんてことは思わず、まさに偉い高齢の政治家の先生方には数字をみつめながら政策を考えていただきたいと思う次第であります。

現代ビジネス、2019.12.31
出生数低下・人口減少を止めたいなら、給料払って社会保険料下げろ!
戦後データでみる給与・社会保険・金利

(木下 斉)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69568

posted by fom_club at 18:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港デモ

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 2019年3月から続いている香港のデモ。
 6月9日には主催者発表で約100万人が参加した大規模デモへと発展した。
 その勢いは衰えておらず、12月のデモには約80万人が参加した。
 抗議者たちはいま何を考えているのか。
 このデモは今後どこに向かうのか。写真家の初沢亜利氏が現地で声を聞いた――。

デモの資金はどこから出ているのか

 12月19日、香港警察はデモ活動を支援するため、クラウドファンディングで資金を募っていた非営利組織「星火同盟」の4人を逮捕し、集められた約10億円を凍結した。

 香港の知人によると、星火だけでなく他の小規模な抗議者支援グループも12月に入り次々と運営休止になっているようだ。
 香港理工大学で多数の抗議者が逮捕され、抗議活動が弱体化した、と言われる中、彼らへの資金を遮断することで、抗議デモを根絶する狙いがうかがえる。

 半年以上続く香港デモのニュースを見る度に、「活動を支える資金はどこから出ているのか?」と疑問をもつ人は多いはずだ。

 親中派香港人が好む考えは、中国共産党を潰すための拠点としてアメリカが香港を利用し、デモ参加者にお金を流している、という類いの話。

 党派を問わず香港人がよく口にするのは、中国国内の反習近平派からの金の流れだ。
 香港の民主化を応援する台湾人が、金を渡している、という説もしばしば耳にする。

 実態は全く分からない。
 だからこそ陰謀論が渦巻くのだ。
 そんな中で1つだけ確かなことがある。
「金を出した」と認める人たちの話だ。
 9月、12月と香港で多くの民主派市民に会ったが、半年間で10万円以上クラウドファンディングで寄付した、と話す人が大勢いた。
 就職したての20代前半でさえ、月に1万円は出す、と話してくれた。

「最前線には行けないが、せめて怪我をした抗議者の治療費くらいはカンパしたい」
「逮捕された者の弁護士費用の足しにして欲しい」

 今回凍結された10億円は、1人1人の思いが集約された資金ではないのか。

4カ月ぶりの合法デモは平和的だった

 12月7日からの10日間、2カ月半ぶりに香港を訪れ、デモに参加する抗議者や市民の姿を取材した。

 入国の翌8日は、6月9日の100万人デモから半年を迎える週末で、80万人が香港島を東から西へと練り歩いた。

 約4カ月ぶりに香港警察の許可が下りた民陣(民間人権陣線)主催のデモ行進だったこともあり、平和的な市民が数多く参加した。

 午後3時にスタート地点、銅鑼湾(コーズウェイベイ)に集まった人たちは緊張に包まれていた。
 警察はこれまで幾度も終了時間を前倒しして、「この場にいる者は違法である」と理不尽な逮捕を繰り返してきた。

 この日も夜10時まで許可が下りていたが、誰も警察を信用していなかった。
 若い抗議者らは、秘匿性の高いSNSテレグラム内で「何時に短縮されるか」を巡り投票を行っていた。
 4時、6時を予想する投票が多かったようだ。

 結果として、その日は抗議者と警察の激しい衝突はなく、おおむね平和に1日が終わった。
 理由は幾つか考えられた。
 11月中旬、香港理工大学での抗議者による籠城で、多くの若者が逮捕され、前線に出る要員が大幅に不足したこと。
 この日のデモを主催した民陣と警察の交渉がギリギリのところで折り合いが付いたこと。

 11月24日の区議会選挙での民主派圧勝を受け、警察側が市民の声をある程度尊重した可能性もある。
 11月19日に香港警察トップがより強硬と言われる人に交代したことで、抗議者側が警察の出方を慎重に見極めた、という見方もできた。

民主主義のために闘った半年間

 週が明け、10人を超える若い抗議者にインタビューを行った。
 彼らの抗議活動への意欲は一様にトーンダウンしていた。
 第一に、皆疲れ切っていた。現場に出る回数は減り「今後の人生についても考え始めている」と口にする者が増えた。
 学業、仕事、余暇を犠牲にして、逮捕や負傷、命の危険も顧みず闘った半年だった。

 香港にこれまで存在した「自由」と「法の支配」が脅かされるのであれば、「民主主義」を手に入れるしかない。
「逃亡犯条例改正案」の撤回にとどまらない「5大訴求」を掲げ未来の香港人のために闘ってきた。

 家族、友人、恋人、さまざまな人間関係にも変化が生じた。
「親中派の親と激しくけんかし、家を出た」と嘆く若者もいれば、「あまり仲が良くなかったいとこと、安全確認のため頻繁に連絡を取り合い絆が増した」と語る若者もいた。

 最前線の勇武派で20代後半の男性に話を聞くことができた。
 カフェなどの公の場ではなく、警察が立ち寄る可能性の低い密室で、全身を隠すいでたちで向かい合った。会うことができたのは、知人の仲介でインタビューを申し出てから4日後のこと。
 こちらが普段どのような媒体で仕事をしているのか、といったことも事前に細かくチェックされた。

「民主派と勇武派の分断」は幻想だった

 警戒心には理由があった。

「警察は12月に入ってから懐柔策を取っている。公式のFacebookページを見ても、抗議者をなだめるような投稿が増えている。トップが変わり方針を変えたのだろう。しかし、水面下では仲間の逮捕が相次いでいます」

 香港理工大学の籠城では逮捕者以外も多数の若者がIDを登録させられた。
 監視カメラ映像、警官自身が現場で映す映像、交通機関やコンビニ、カフェなどで使えるオクトパスカードの記録など、さまざまな情報が警察に集約された可能性は高い。

 わざわざ衝突現場で大立ち回りして逮捕することは、警官にとっても危険を伴う。
「ある日突然帰宅した家の前で逮捕されるケースが増えている」と苦しい表情を浮かべた。
 一方、勇武派内に警察のスパイが紛れ込むケースもみられ、外部に情報を漏らしているのは誰なのか、互いに疑心暗鬼になっているようだ。
「警戒してすみません」と彼は何度も頭を下げた。

 半年間で自然発生的に生まれた標語は幾つもあるが、その一つに「各自が努力する。仲間割れはしない」という言葉がある。
 日本人には現在の香港デモをかつての学生運動になぞらえて見てしまう傾向がある。
 だから、「仲間割れしないはずがない」「平和主義的な民主派市民と勇武派との間で分断が起きている」と考えがちだ。
 しかし区議会選挙の結果、それに続く80万人デモは、分断が事実ではないことを内外に示すこととなった。

「中国の支配を排除し自由を維持したい。香港警察の過剰な暴力は許せない」

 シンプルな感情を土台にした闘いなのだ。
 そこには細かなイデオロギーも歴史観も存在しない。
 理論が細分化し対立する素地がないのだ。

「日本の報道が最も中国寄りだ」と感じる抗議者

 抗議者たちは、自分たちの活動が世界でどう受け止められているか、について敏感だった。

 今回の取材で数人に告げられたことがある。

「欧米、韓国などと比べると、日本の報道や、それを受けた日本国民のネット上のコメントが最も青い(中国寄り)と、抗議者の間で話題になっている」

「欧米メディアは、民主化を暴力で押さえ付ける政府、警察を絶対悪とし、軸がブレない。日本では抗議者と警察の暴力を併記した上で、市民は抗議者の暴力に批判的だ、と結論付ける報道が目立つ。中国メディアに近い報じ方です」

 あまり知られていないが、香港人が日本に渡航する割合は人口の4分の1に上り、その多くは年に3回、4回と通っている。
 世界一親日の国(地域)が香港なのだ。

 2019年10月の台風19号の被害に際し、抗議者たちは即座に街頭募金を行い100万香港ドル(約1400万円)を日本赤十字社を通じて寄付している。
 10月1日、4日と香港警察が実弾を発砲し、抗議者の怒りが頂点に達したさなかの行動だった。
「われわれは日本に片思いをしているようです」と、20代前半で抗議者の女性は寂しそうだった。

 10月くらいから抗議者や民主派市民に浸透し始めているスマホアプリがある。
 飲食店、雑貨店などが、民主派が黄、親中派が青と色分けされ、地図上で一目で分かるようになっている。
 青い店には金を落とさず、黄色い店を皆で応援する、との合意のもとに作られたアプリだ。

 私が滞在したホテル近くに静かで居心地の良いスターバックス(親中派)があった。
 抗議者数人が代わる代わる来てくださり話をうかがったが、誰一人飲み物を注文しなかった。
「親中派の飲食店に複数人が予約の電話を掛け、誰も行かない、というやり方もある」と聞かされた時は、さすがに閉口したが、時間をかけて親中派を追い込むさまざまな方法を日々編み出していることは分かった。

勇武派の行動にはしっかりとした根拠がある

 平和に年越しを迎える予感に包まれ、使用しなかった防毒マスクをスーツケースに詰め込んでいた帰国前夜、九龍半島旺角エリアで突如抗議者と警察の衝突が起き、急いで現場に駆け付けた。

 黒ずくめの抗議者は数えるほどだったが、警察は催涙弾を撃ちまくっていた。
 隣にいた香港人プレスも「残業代稼ぎとしか思えないな」とあきれていた。
 6月以降に警官1万1000人が受け取った残業代は133億円、一人当たり毎月20万円になる。

 交差点で抗議者がバリケードを築き始める中、タクシーが横切ろうとした。
 その前に黒いゴミ袋を置き、道をふさいだ抗議者に対し、怒った乗客が車から降り「子供が中にいるんだ。通してくれ」と語気を強めた。
 抗議者は即座にゴミ袋をどかし2人は和解し肩を組んだ。
 抗議者たちには、彼らなりの倫理観がある。
 年寄りと子供には迷惑をかけない。

 インタビューに応じた勇武派男性は「理由なき破壊は1つもない。自発的暴力ではなく、必要だったから行った暴力です。金や物も取りません。親中派の路面店舗に火を放つ時も、建物の上層階の住民の様子を見ながら慎重に行う」と、単なる暴徒ではないことを繰り返し主張した。
 半年間テレビ中継で勇武派の行為を眺めてきた市民の多くが、彼らを全面的に批判しないのは、攻撃対象と根拠を理解してのことだろう。

「抗議者の犯罪行為もちゃんと撮れ」という警官のメッセージ

 数の上で余りに非対称な夜の攻防だったが、深夜1時過ぎ、これまでに感じたことのない恐怖に襲われた。
 警官隊が見詰める大通りの100メートル先で抗議者数人がバリケードに火を放った。
 プレスと書かれた黄色いベストと防毒マスクを着用した私は、両者の間で警官隊寄りに1人で立ち、成り行きを見守った。
 火は勢いを増してきた。

 警官50人近くが突如私に向かって指や警棒をさし、広東語でわめき立てた。
 位置取りがまずかったかとキョロキョロしたが何しろ全く言葉が分からない。
 怒鳴り声へと声量は増した。
 警察のプレスへの暴行が相次いでいることもあり、全身に鳥肌が立った。
 ふと、燃え盛るバリケードにカメラを向けた。
 すると、警官から、今度は拍手が湧いた。
 振り返ると数人が親指を立てている。

「警察の暴力だけではなく、抗議者の犯罪行為もちゃんと撮れ!」という意味だったと気が付き、胸をなで下ろした。

「デモによる金融へのダメージはない」と言い切る関係者

 帰国当日、金融系の企業で働く2人の日本人にそれぞれ話を聞いた。

 彼らは一般的な予想に反する見解を述べた。
 半年のデモを経ても金融に関してはほとんどダメージがないと言い切る。

「香港経済はわずかに衰退傾向にあるが、米中経済戦争、中国経済の伸び悩みが主たる要因でデモの影響は、あって3番目の要因でしかない。香港ドルの価値は下がっていない。日本からの投資も減ってない。観光客が激減し観光業者や小売業者が苦境に立たされているのは事実ですが」

「日本から取材に来る、とりわけ経済ジャーナリストは、デモの影響で香港の国際金融センターとしての信頼は失墜し、次々とシンガポールに拠点を移し替えている、という筋書きに現実を当てはめようとするが、実態は全く違う」と念を押した。

 香港の最大の強みは、国際社会からの信用ではないのか?
 政府、警察の市民への弾圧は、法治の崩壊そのものを露呈した。
 香港経済が無傷で済むとは到底思えないのだが。

 抗議者たちが頻繁に使う標語の中に「死なば諸共」がある。
 香港経済もろとも破壊してしまえ、という意味だ。

 親中派の料理屋が廃業に追い込まれた、といった話は頻繁に聞くが、香港経済の土台が強固ならば、抗議者の戦略は貧する者同士のつぶし合いにしかならないのだろうか?
 慎重な取材を継続したいポイントだ。

陰で搾取する権力者に市民たちは気付いているか

 帰国途上の機内で、香港社会が抱える貧富の格差について考えた。
 この問題は世界各地で見られる、植民地主義がもたらした典型的な現象でもある。
 金融関係者は小さくつぶやいた。

「われわれの仲間は、このデモについて何一つ語りません」

 ここからは彼らが発した言葉ではなく、私の主観だ。
 抗議者たちは、「敵は中国だ、香港政府だ、警察だ、さらには、政府、警察を擁護する身内をもつ飲食チェーンだ」と怒りをぶつけてきた。
 一方、香港社会には沈黙を保ちながら、香港経済を牛耳り、市民を搾取する者たちがいる。
 自分たちに怒りの矛先が向かなければ怖くない。
 そう考えている不気味な支配者たちの像をイメージしてしまう。

 市民が権利を勝ち取り民主主義が採用されれば、福祉国家となり、今のような税率は必ずしも維持できなくなるのではないか。
「未来の香港人のために」と命がけで闘う若者たちの隣には、物言わぬ権力者が潜んでいるはずだ。

 2020年の香港情勢を予測することは難しい。
 抗議活動の勢いを見る限り、徐々に収束へと向かうのではないか、と感じている。

「結局何も変わらなかった」「闘いは無意味だった」と冷めた見方をする向きもあるだろう。

 最前線の抗議者はかみしめるように語っていた。

「われわれの暴力は必ずしも許されないだろう。しかし、デモをきっかけに、今まで政治に無関係だった多くの香港人が、歴史上初めて自分たちの置かれた政治的状況について深く考え、未来を見据えて議論を始める入り口に立ったと思う」

デモはこれからどこへ向かうのか

 このままデモは収束するのだろうか?
 彼らに問い掛けても、皆「分からない」と口にした。

「これまでと同じ闘い方では状況は変わらない。運動のコンテンツは正直に言うと飽和状態です。次なる方法をおのおのが模索しSNSで議論し道筋を付けていく。そのやり方は続けていく」

 目に見えて弱体化した勇武派が目指す先はどこか?

 われわれはまた日本の過去の記憶から連想してしまう。
 一部の先鋭化した若者がテロリズムに走るのでは?

 インタビューに応じた抗議者たちは、最前線だけが闘いではなく、役割は状況に応じて変化する、という。
 ある者はポスターを作り、別な者はインターネットに記事を書く。
 密室で向き合った勇武派男性の言葉が印象に残っている。

「周庭(アグネス・チョウ)さんの発言が最近おかしくなっている」

 とっさに仲間割れを疑ったが趣旨はこうだ。

「彼女は外国への発信力が強い。世界の民主主義国では、勇武派の暴力への懸念が増しています。なのに、彼女は勇武派を擁護する発言をしてしまう。それでは世界中の市民の共感を得られない。われわれの活動を否定した方がいい」

 各自が努力し、仲間割れをしない、という標語の真髄に触れたような気がした

「デモの原因は林鄭月娥の失策」が香港人の共通認識

 ところで、親中派も含めた香港人のほぼ全ての意見が一致する見解が1つだけある。
「逃亡犯条例改正案」問題に端を発し長期化した香港デモは、ひとえに林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の相次ぐ失策が原因である、という点だ。

 そもそも改正案に危機感を示したのは親中派富裕層だった。
 区議会選挙で民主派が圧勝したことで、親中派の行政長官への怒りは頂点に達したようだ。

「なぜ、こじれる前に手を打たなかったのか? なぜ、香港人の感情を逆なでばかりするのか?」

 党派を超えて、香港人は皆あきれ果てているようだ。

 年が明けると、1月中旬には香港政府常設の警察監視機関(IPCC)による調査結果の中間報告が行われる予定だ。
 警察の市民への暴力に対し、香港人が納得できる説明が行われる、とは考えにくい。
 5大訴求の1つ、独立調査委員会の設置を求める市民感情が再燃する可能性は否定できない。

 9月の立法会選挙に向けて、香港政府、民主派市民の攻防が続く1年になるだろう。

 引き続き現地に赴き、情勢の変化を見守っていきたい。

President Online、2019/12/28 11:00
「日本が最も親中」と肩を落とす香港デモ抗議者
日本に片思いをしているようです

(初沢亜利)
https://president.jp/articles/-/31854

・・・日本メディアは親中というより、民主主義=選挙でしかなく、直接抗議を民主主義として理解できないのだ。
「欧米メディアは民主化を暴力で押さえる政府を絶対悪とする。日本は抗議者と警察の暴力を併記し、市民は抗議者の暴力に批判的とする報道が目立つ。中国メディアに近い」・・・

posted by fom_club at 11:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

事件から70年近い「鹿地亘事件」

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

☆ 旧岩崎邸庭園

 三菱財閥・岩崎家の本邸として1896年に完成。かつては1万5000坪の敷地に20棟以上の建物があったが、今は3分の1ほどの面積に洋館、和館、撞球(ビリヤード)室が残る。

 西欧建築を日本に伝えた英国人建築家、ジョサイア・コンドルが設計した。

「こんな立派な明治の洋館が残っているのは珍しいんですよ」

 ボランティアガイドを務める「茅町コンドル会」の三村善美会長は胸を張る。

 しかし、財閥の華やかさとは異質の暗い時代もあった。戦後まもなくGHQが接収。「キャノン機関」と呼ばれる秘密機関が拠点にしたのだ。
 キャノン中佐が率いた同機関は、国鉄総裁が遺体で見つかった1949年の下山事件など戦後の不可解な事件で関与が噂された。真相は不明だが、ベールに包まれた姿が垣間見えたのが鹿地事件だ。

 1951年11月、神奈川県藤沢市の自宅付近を散歩中だった作家の鹿地亘が拉致された。
 翌年1952年12月の解放まで監禁場所は転々としたが、最初に連れてこられたのが旧岩崎邸だった。

「きみは人知れず死にたいか、それともぼくらに協力するか?」

 鹿地の手記「暗い航跡」に、すごむキャノンが描かれている。

 鹿地は戦時中に中国で反戦活動をした際、米側に協力。しかし、戦後はソ連のスパイの疑いをかけられていた。
 作家の松本清張は「日本の黒い霧」で、キャノン機関が拉致したのは「アメリカとの協力を裏切ってソ連の手先となった背信に怒ったためかもしれない」と書いている。

 旧岩崎邸に連れ込まれたのは鹿地だけではないという。
 サンフランシスコ講和条約で日本が独立を回復した後も、人知れずうごめく米国の秘密機関。
 戦後日本の闇を知っているのは白壁の洋館だけかもしれない。


日本経済新聞、2017/10/14 14:14
旧岩崎邸、戦後の闇見つめた白亜の館
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21876040U7A001C1CC0000/

◆ 軍隊の闇の部分、今に通じる問題

 戦後の占領下にあった1951年11月、神奈川県藤沢市で一人の日本人作家が拉致された。
 連合国軍総司令部(GHQ)直属の秘密工作機関「キャノン機関」による事件は、翌年1952年12月に被害者の鹿地亘(かじ わたる、1903〜1982)が解放され、国会でも取り上げられるなどして世に知られた。
 その救出を導いたのが当時20代前半の日本人青年。
 川崎市の監禁先で働いていた山田善二郎さん(1928年新潟生まれ、91歳)だった。

―― 事件から70年近い。「鹿地亘事件」とは。

 藤沢市の鵠沼海岸を散歩していた鹿地さんが数人の米国軍人に拉致、監禁され、文化人の立場で米軍に協力するよう強要された事件。
 当時は朝鮮戦争の最中。
 米軍の出撃基地となった日本では、平和を求める国民が米日二つの権力に弾圧される最中の事件でした。

―― 鹿地さんとの出会いは。

 私は九段中学(東京)で軍国主義に染まり、15歳で予科練に志願。
 三重海軍航空隊で飛行練習生でしたが、燃料が無くて訓練できずに終戦を迎えました。
 英語が少しできたので進駐軍の将校クラブで働き、その紹介で横浜にあった将校の家でコックに。
 その将校がキャノン機関のジャック・キャノンでした。
 キャノンは当初、私がどんな人間か警戒していましたが、ある日、私のいる台所に来て「おまえは朝鮮戦争をどう思う」と尋ねてきました。「北朝鮮の侵略軍に対し、日本も軍備を持たなくてはならない」と答えると、キャノンは満足そうに笑い「そのうち軍隊をつくってやる」と言いました。
 それ以降は米国のたばこをたくさんもらいました。
 信頼され、川崎市内にあった機関のアジトで、監禁された人と兵隊の食事を作ることに。
 私は米国側の人間となったのですが、兄が戦中に中国で消息を絶つなど私の家族は窮乏のどん底で。
 大切な収入でした。
 戦争孤児の少年とか何人も監禁されました。
「お客さん」と呼びました。
 1951年11月、二世のウイリアム・光田軍曹に「今度のお客さんは結核の重症患者だ。(消毒液の)クレゾールなどを購入してくれ」と言われました。
 それが鹿地さん。
 監禁された人には私が食事を運ぶ役でしたが、鹿地さんにだけは近づけさせず、光田が運びました。

―― なぜ助ける気持ちに。

 12月2日の朝、光田に鹿地さんの部屋に呼ばれました。
 でもベッドに姿がない。
 電灯が天井から落ち、ネクタイとタオルが結び付けられていました。
 自殺を図ったと気付きました。
 部屋にはトイレが二つ並んでいて、右のトイレからザーザーと呼吸音がしましたが、内側から鍵をかけられ開きません。
 私は左のトイレに入り、懸垂で仕切りの上の隙間から右側に入りました。
 クレゾールを飲んだらしく、鹿地さんの意識はありません。
 光田が見つけた紙切れに書かれた遺書には「信念を守って死にます」と書かれていました。
 その言葉、命を絶とうとした姿を見たら、「この人をなんとか助けたい」との思いに駆られていました。
 この自殺未遂以降、光田は怖がって。
 私が鹿地さんに食事を運び、鹿地さんとのおしゃべりも豊かになりました。
 日本人従業員を管理するロイ・尾崎に、鹿地さんのことを、プロレタリア文学運動に参加して国内で弾圧を受け、中国に亡命して反戦活動をした国際的な著名人だと聞きました。
「中国事情にも詳しいから米国の協力者に仕立てるため拉致、監禁したのか?」と考えると、「信念を守る」の意味が理解できました。
 光田も「お客さんは、俺たちに協力してくれないかなあ」と漏らしていました。
 鹿地さんが神奈川県茅ケ崎市の建物に移されると聞き、1952年2月、私が「これを機会に私はここを辞めたいから、ついでにご家族に連絡をとりましょう」と言いましたら、鹿地さんは非常に喜びました。
 ご家族への手紙は休日に、鹿地さんが遺書の宛先にしていた内山完造さんを介して届けました。
 日中文化交流の懸け橋と知られた書店主です。
 店に向かう途中で警察官に会いドキッとしました。
 留守でしたが弟さんが応対してくれました。

―― 監禁が外部に伝わった。

 二度目は内山さんに「鹿地君に子どもは元気だと伝えて」と言づてを頼まれました。
 内山さんの店にも警察がよく来るから、ヒソヒソ話です。
 伝えると鹿地さんは安堵(あんど)の表情で何度も「ありがとう」と言って。
「やって良かった」と思いましたが、不法監禁の事実を外部に漏らしたことが発覚すると自分はどうなるか、不安な日が続きました。
 スタッフのふるう暴力を理由にして1952年6月、私が辞めて両親のいる伊豆に戻る時、鹿地さんから娘さんへの遺書を託され、ボストンバッグの一番下に隠しました。
 ハワイ生まれのジェイムス・川田軍曹が車で送ってくれたのですが、まず逆方向の東へと走りだして。別の場所に連行されるのかとゾッとし、慌てて「方向が違う」と言いました。
 私はその後、横須賀の米海軍基地で働きましたが、9月に鹿地さんの監禁が英文の怪文書でマスコミに流れました。
 10月、光田が私の行方を追っていると知り、焦りました。
 11月には情報の出所として「山田とか言って伊豆に住んでいる」と週刊誌に書かれて。

―― 身に危険が及ぶのでは。

 そう。
 全身がガタガタ震えて。
 人生で一番怖かった。
 書いたマスコミが、鹿地事件の向こう側とツウツウになって私を威嚇しているんだと勘繰りました。
 でも別の新聞記者が、会社や下宿先に泊めてくれて。
 内山さんと相談してかくまってくれた。
 その時、社会党(当時)の衆院議員猪俣浩三さんに国会で事件を明るみに出してもらい、私を消す意味をなくそうと決めました。
 12月6日、内山さん、猪俣さんらと記者会見に臨んだ私は、やせこけた顔で、監禁の事実を訴えました。
 翌7日、鹿地さんが明治神宮外苑近くで解放され、帰宅しました。

―― 12月8日の衆院法務委員会の会議録に、そのことが残されていますね。

 はい。
 10日には鹿地さん自身も法務委で証言に立ち、「殴り倒されて、両手を後ろにねじ上げて車に引きずり込まれた」と拉致された状況を話しました。
 しかし、外相が当初「そんなことは考えられない」と答弁するなど米軍の犯罪を覆い隠すかのような政府の姿勢を見て。国内の日本人拉致事件でも相手により態度が違うんですね。
 このままではやはり消される、と不安になりました。
 その後も、鹿地さんをソ連(当時)のスパイだとでっちあげてまで、被害者を「犯罪者」に仕立てる動きがありましたが、1953年8月には法務委で鹿地事件を「不法監禁の疑いがある」と結論し、スパイの件は1969年6月に東京高裁で鹿地さんに無罪判決が出ました。

―― 鹿地亘事件の意味は。

「民主主義の国」米国の行為、隠された闇の部分を、いわば内側にいた私が暴露したことも、国会の場で究明されたことも、歴史的な役割があったと思います。
 でも、東京・中日新聞も報道してきたように、米中枢同時テロ(2001年)の後、米中央情報局(CIA)が確証もなしに「敵戦闘員」と見なした人びとを拉致、監禁して拷問したことなどは、同じことの繰り返しに見えますね。

 軍隊には特殊なスパイ組織がつくられる伝統があります。
 なのに国内では自衛隊を通常の「軍隊」「国防軍」にしようとする動きもあります。

 今につながる問題と知ってほしいのです。

◆ インタビューを終えて

 川崎市を拠点に社会問題にも切り込む劇団民芸のスタッフに「近くにすごい人がいる」と山田さんを紹介された。
 お年も考え、健康状態が良好な時を選んで複数回、ご自宅を訪ねた。
「キャノンも、猪俣先生も、鹿地さんも亡くなった。私はその分、長生きしなければ」と決意していた。
「アジト」の見取り図を描いてつまびらかに説明する姿に、その思いが表れる。
「鹿地さんは髪の毛を染めて国会に立ったことがある。そのままの姿でないと、当時は特に、疑いを持つ人も出たと思う。あれは良くない」とも話していた。
 フェアに、支えた人への批判も語る証言者であろうとしていた。
 かくありたい、と思う。


中日新聞、2019年12月27日
山田善二郎
「鹿地亘事件」生き証人

(山本哲正)
https://www.chunichi.co.jp/article/feature/anohito/list/CK2019122702000240.html

 戦前・戦中は李香蘭、戦後も国際女優として活躍した元参院議員の山口淑子(本名・大鷹淑子)さんが2014年9月7日、心不全のため死去した。
 享年94歳だった。告別式は親族で執り行われ、喪主名も公表されない、ひっそりとした最後だった。

 彼女の戦前戦後の芸能人としての活躍や、参院議員を3期務めたことなどはよく知られており、各紙は彼女の死を1面、社会面、文化面に評伝なども大きく掲載、「波乱の生涯」などと伝えた。

 しかし、彼女が戦後、父親と中国情報当局との関係などを指摘されて、連合国軍総司令部(GHQ)防諜部隊(CIC)の監視を受けていたことは伝えられなかった。
 筆者は約20年前、米国立公文書館で彼女のファイルを発見し、彼女自身にも取材した経験がある。

 父親に関する情報のほか、「山口は戦時中、中国大陸で日本のスパイ訓練を受けた」「山口は中国共産党の情報連絡員」「妹の1人は共産党員」などといった情報が集められていた。
 その中には確度が低い情報も含まれており、「山口はむしろ反共」といった友人の否定証言があったが、修正されないまま、ファイルには誤った情報も残された。

 彼女は中国大陸で、満州映画協会(満映)の看板女優として、事実上の文化プロパガンダ作戦に従事したことが「スパイ活動」とみられたようだ。
 他方、戦後対中情報工作に乗り出したCICが何らかの形で彼女を利用しようと考えた可能性もある。
 
 その美貌にひかれ、「情報収集」を名目にして、彼女に近づいたCIC情報将校も何人かいたようだ。
 その中に、特殊工作に従事していたジャック・キャノン中佐がいた。
 キャノンは「キャノン機関」を率いて、東京・本郷の岩崎邸に陣取り、対中国工作にも従事していた。
 キャノンは横浜市中区の米軍将校用住宅で頻繁にパーティーを開き、山口さんを招いたことがあった。
 キャノンは1949年の国鉄3大事件(下山、三鷹、松川)への関与が指摘されているが、確実な証拠はまだ見つかっていない。

 約15年前、筆者は山口さんに電話インタビューした。
 彼女はキャノン邸でのパーティーで「支那の夜」を歌ったこともある、と話してくれた。
 鎌倉で歌のレッスンを受けに行く、と言うと、ジープに乗せて送ってくれたこともあったという。
 しかし、「運転が荒っぽく、急ブレーキを掛けて停車し、鳥を撃ったりしたので、恐ろしくなった」。
 山口さんはそんな経験があったので、キャノンを遠ざけて、防諜担当の大尉と親しくなったところ、キャノンは彼を韓国に左遷した、という情報もファイルの中にはあった。

 1950年、彼女は訪米、ブロードウエーのミュージカル「マルコ・ポーロ」や映画「東は東」への出演が決まり、注目されたが、在米中は連邦捜査局(FBI)が彼女を監視した。
 ニューヨークではユル・ブリンナーらとも知り合い、画家・石垣栄太郎氏の紹介で彫刻家のイサム・ノグチと会って恋に落ち、結婚した。
 2人はしばらく鎌倉に住んだが、1953年ノグチが仕事のためニューヨークに戻ったところ、アメリカ政府は山口さんへのビザ発給を拒否した。
 当時は「赤狩り」の時代で、ビザの拒否は、戦前アメリカ共産党との関係を指摘された石垣氏、さらに「追放」されたチャーリー・チャップリンと接触した山口さん自身も疑われたためだった。

 山口さんはこうした疑いをすべて否定し、犬養健法相らが国務省に要請して、1954年9月ようやくビザは出たが、すれ違いが重なって、それから2年後離婚した。
 疑り深い米情報機関のせいで翻弄された戦後の半生だった。


HuffPost、2014年11月15日 19時12分 JST
キャノン中佐との恐ろしいデート:山口淑子さん追悼

戦前・戦中は李香蘭、戦後も国際女優として活躍した元参院議員の山口淑子(本名・大鷹淑子)さんが7日、心不全のため死去した。享年94歳だった。告別式は親族で執り行われ、喪主名も公表されない、ひっそりとした最後だった。

(春名幹男)
https://www.huffingtonpost.jp/foresight/memorial-writing_b_5827310.html

李香蘭・蘇州夜曲
https://www.youtube.com/watch?v=6iYKiOcLYWg

李香蘭・夜来香
https://www.youtube.com/watch?v=Dt7QJ9_nY38
https://www.youtube.com/watch?v=HLgvB3-j5z0
https://www.youtube.com/watch?v=NTQdRZZau6E

posted by fom_club at 09:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

ひめゆりの塔

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

「知らんぷりしていい問題ではない。どうしても基地が必要と言うなら、沖縄の痛みを他の県(本土)も引き受けないといけない。それが嫌だったら、沖縄にもつらい思いをさせてはいけない」――。

 辺野古新基地に象徴される安全保障の負担が押し付けられる沖縄の不条理を巡り、きっぱりと語るのは、「国民的スター」と称される女優・吉永小百合さん(74)だ。
 来年2020年1月5日に、音楽家の坂本龍一さんと共演するチャリティーコンサートを前に、沖縄への思いを熱く語った。
 1968年、映画「あゝひめゆりの塔」に出演して以来、沖縄戦の継承、米軍基地の過重な負担にあえぐ基地の島への思いを深め、自らの言葉で発信してきた。

「ひめゆりの塔」の「泣いてばかりいた」演技への反省と、本土の盾となった沖縄戦で多数の県民が犠牲になったことを学び、「沖縄には遊びには行けない」と思い込んでいた、という。

 プライベートの沖縄の旅がようやく実現したのは2018年6月。
 沖縄中が鎮魂に包まれる初夏、南部戦跡や米軍基地、新基地建設海域などを巡り、あらためて沖縄の現実に息をのんだ。

「驚くほどきれいな辺野古の海が無残な形にされていくこと」に胸を痛め、「(埋め立ては)本当に悲しい」と、沖縄の民意を無視して進む新基地工事に強い疑念を示す。

「忘れない、風化させない、なかったことにしないために」原爆詩や福島原発事故被害者の詩の朗読をライフワークとし、反戦平和、反核、反原発を明確に打ち出す発言をためらわない。

「自分にできることは表現者として声に出して伝えること」
「どう思われようと、自分の思ったことを伝えることが大事だ」

 かれんな笑顔から繰り出される眼光が鋭さを増した。

 首里城の焼失に衝撃を受け、県民が切望する再建に向けて「できる限りのサポートをしたい」と支援を誓った。
 坂本さんも県民へメッセージを寄せ「辺野古の基地建設工事の状況について、直接お話を伺いたい」と述べた。


[写真]
沖縄戦、基地負担などを巡り、琉球新報、沖縄タイムスのインタビューを受ける吉永小百合さん=17日、東京都内のホテル

琉球新報、2019年12月29日 05:00
吉永小百合さん
辺野古埋め立て「本当に悲しい」
沖縄戦、基地問題……思い語る

(松元剛)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1050201.html

映画「あゝ ひめゆりの塔」(1968)
https://www.youtube.com/watch?v=sc3OD-VpczM
https://www.youtube.com/watch?v=bOY_YsfAHTQ

 
ひめゆりの
 いしぶみ深くぬかづけば
 たいらぎをこいのむ 
 おとめらの声す

(歌碑 井伊文子)

山歩クラブ2019年5月17日「ひめゆり平和記念資料館」☟ 

ひめゆりの塔.JPG

posted by fom_club at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヘイトが蔓延する社会

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

厚労省キャリア官僚や年金機構職員までもが差別感情をあらわに

 今年3月のことだ。韓国・ソウルの金浦空港で酒に酔った日本人男性が叫んだ。
「アイ・ヘイト・コリアン!(韓国人が嫌いだ!)」
 この様子を撮影した動画には、空港職員に物を投げつけながらローキックを浴びせる男性の醜態がはっきりと映っていた。
 暴行容疑で韓国警察に現行犯逮捕されたのは、なんと厚生労働省のキャリア官僚だった。しかもこの人物、 逮捕当日の夜にはフェイスブックで「 なぜか警察に拘束されています」「変な国です」などと投稿。 反省どころか、居直ったのである。

 同じ頃、日本年金機構の世田谷年金事務所の所長が、匿名のツイッターアカウントで差別的な投稿を繰り返していたことが発覚した。
 韓国人を「卑怯な食糞民族」「属国根性」と中傷、さらには在日コリアンを「新規入国拒否」すると息巻いた上に、国会議員の実名を挙げて「帰化議員」といったデマ情報も流していた。
 差別書き込みの常態化、ヘイトの暴走、そして官民挙げての嫌韓感情。ここに記した二つの「風景」は、まさに2019年の”ヘイト模様”を如実に表したものだった。

底が抜けたワイドショーの「嫌韓」報道

 「戦後最悪」の更新を続ける日韓関係を材料に、メディアも悪乗りを繰り返した。特に日本が韓国を「輸出優遇国(ホワイト国)」から外すことを決めた夏以降、テレビのワイドショーは「嫌韓報道」で染まった。
 8月27日放送のTBS系『ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜』(CBCテレビ制作)では、コメンテーターの武田邦彦・中部大特任教授が「路上で日本人の女性観光客を襲うなんていうのは、世界で韓国しかありませんよ」「日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しないといかん」などと発言。
 これは韓国で起きた日本人女性への暴行事件を報じるなかで飛び出した発言だったが、「世界でも韓国しかありませんよ」といった物言いから浮かび上がるのは、韓国と韓国人に対する差別と偏見のまなざしだ。結局、番組は謝罪に追い込まれた。
 7月19日のテレビ朝日系『大下容子ワイド!スクランブル』で、日韓の国交断絶を呼びかけたのは、同番組のコメンテーター・黒鉄ヒロシ氏(漫画家)である。フリップに朝鮮出兵した豊臣秀吉のイラストを描き、その横に「断韓」と大書した。
「断韓」は、街頭におけるヘイトデモではおなじみの文言だ。「韓国人追放」などを訴えるデモでは、これを記したプラカードが林立することもある。以前はヘイトデモやネットの差別書き込みに限定されていた言葉が、堂々とテレビの地上波に乗せられる時代になった。
 韓国について「手首切るブスみたいなもん」と表現したのは作家の岩井志麻子氏だ。これは、関西テレビ(大阪市)制作のバラエティー番組『胸いっぱいサミット!』のなかで飛び出した。韓国人の気質を問われたことに対して答えたものだった。
 韓国人だけでなく、自殺を図る女性をも揶揄したもので、典型的な複合差別といえよう。しかも番組は生放送ではなく、事前収録。当然、番組考査を経たうえでの放送だった。
 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は、この発言を「放送倫理に抵触する疑いが大きい」として、現在審議中である。

 まさに「底が抜けた」といってもよいだろう。これら発言が、隣国への差別と偏見を煽るだけでなく、在日コリアンにも向けられてしまうといった”被害”に対して、いかに無頓着、無神経であるのか、おそらく制作者にはその自覚がない。いや、それとも、自らがヘイトの片棒を担いでいることに自覚的であるからこそ、こうした番組をつくり続けてきたのだろうか。
 あるテレビマンは私の取材に対してこう答えている。
「(嫌韓報道は)視聴者が望んだものだ」
 それが正しいものかどうかを論じる必要はないだろう。問題は、こうした時代だからこそ、憎悪の抑制に努めるべきメディアが、結果的にそれを扇動していることなのだ。

「売れればそれでいい」メディアが憎悪を煽る

 私が属する出版界も同様だ。保守系雑誌は毎号、「反日」糾弾記事を掲載し、大手週刊誌「週刊ポスト」(小学館・9月13日号)までもが、「韓国なんて要らない」と銘打った巻頭特集を組んだ。
 記事の中身も、韓国と比較して日本がいかに優れているのかといったお粗末なものだったが、新聞各紙に掲載された同誌広告だけでも、在日コリアンの多くに恐怖を与えたことは間違いない。
 作家の柳美里氏は、自身のツイッターに次のように書き込んだ。

<日本で暮らす韓国・朝鮮籍の子どもたち、日本国籍を有しているが朝鮮半島にルーツを持つ人たちが、この新聞広告を目にして何を感じるか、想像してみなかったのだろうか?想像出来ても、少数だから売れ行きには響かないと考えたのか?売れれば、いいのか、何をしても>

 そう、売れればよかった。数字が取れればよかった。一部の人に強いられる”被害”など念頭になかった。テレビも活字も、差別される側には興味も関心もなかった。
 そうした回路でメディアは動く。回る。
 だが、想像してほしい。メディアが差別を煽ることで、負の歴史がどれだけ積み上げられてきたのかを。

 1990年代半ば、ルワンダで起きた民族対立は、ラジオ放送が「敵を殺せ」と煽ったことで、大量虐殺につながった。
 日本も例外ではない。1923年、関東大震災直後には、朝鮮人であることだけが理由で、多くの人が殺された。新聞はガセ情報に基づき、裏どりもせずに記事を書き、虐殺の片棒を担いだ。
 ちなみに第二次世界大戦における日米開戦時、在米日本人、日系人が強制収容所送りとなった際、日本人への憎悪を煽ったのも米国の新聞だった。
 メディアの体質は、社会が危機に陥った時にこそ明らかとなる。

名古屋市長の扇動であいちトリエンナーレへの抗議は激化した

 今年は「ヘイトと表現の自由」に関しても議論が白熱した。
 話題となったのはあいちトリエンナーレの「表現の不自由展」。慰安婦をイメージした平和の少女像が出品されたことなどで抗議が殺到。なかにはテロまがいの脅迫もあったことから、開幕からわずか3日で一度は中止に追い込まれた。
 トリエンナ ーレ実行委員会事務局によると、開幕からの1ヶ月間だけで、 同事務局と愛知県庁が受けた抗議は11万379件にも及ぶ。
 抗議の9割は匿名で、そのうちの半数が少女像を問題としたものだったという。「電凸」と呼ばれる電話による抗議に関しては悪質なものが多く、「サリンをまく」「高性能な爆弾を仕掛けた」「愛知県職員を射殺する」といった殺戮予告もあった。
 逮捕者も出ている。「ガソリン携行缶持って館にお邪魔する」などと書いた書面を事務局にファックスで流した男性は、威力業務妨害の容疑で愛知県警に逮捕された。この男性が利用していたと思われるツイッターでは、フォロー先のなかに、人種差別団体として知られる「在特会」(在日特権を許さない市民の会)元幹部などの名前を見ることができた。
 かつてはその在特会とも連携し、地元愛知県で差別扇動活動を展開してきた右派グループも、閉幕まで連日、「不自由展」に対する抗議を続けた。
 よりにもよってそのような差別集団の隊列に加わってしまったのが、名古屋市の河村たかし市長だった。
 「不自由展」再開に抗議するため現地を訪ねた河村市長は、同集団メンバーらと一緒に座り込み、「公金不正使用を認めるな」とスピーチ。メンバーらが繰り返す「大村(愛知県知事)やめろ」のシュプレヒコールに合わせてこぶしを突き上げた。
 河村市長はこの集団が、これまで名古屋駅前などで”日韓断行”を訴える街頭宣伝を繰り返してきた他、地元在住の中国人が旧正月を祝う「春節祭」や、「韓国フェスティバル」の会場近くにも押し掛け、差別プラカードを掲げた妨害活動をおこなってきたことなどを知らなかったのだろうか。
 そもそも、トリエンナーレ開幕直後に少女像の展示が中止となった流れをつくったのも、河村市長だった。8月2日に「表現の不自由展」を視察した直後に、市長は「日本人の心を踏みにじるものだ。税金を使っているから、あたかも日本国全体がこれを認めたようにみえる」と発言。この犬笛に呼応したかのように、世間の一部は一斉に飛び掛かった。
 枯草に火を放ったようなものだった。抗議電話やメールが事務局に相次ぎ、ネット上では影響力のある著名人をも巻き込んで憎悪の書き込みが増えていく。

川崎市はヘイトを許さない姿勢を明確に示した

 一方、日本人(日本国)を貶める表現など許されないと積極的に行動した者たちの多くは、川崎市議会で年末に成立した「反ヘイトスピーチ条例」に関しては、「表現の自由の危機」だとして強く反発した。
 同条例は、市内の公共空間におけるヘイトスピーチを禁じたもの。警告などを無視して繰り返した場合には罰金(最大50万円)が科せられる。全国で初めて、ヘイトスピーチに刑事罰を適用した条例だ。
 市の担当部局には「表現が制限されてもいいのか」「日本人に対する差別は許されるのか」といった抗議が殺到した。
 では、 ヘイトは野放しでよいのか。被害が積み重なることを、傍観していてもよいのか。そもそも特定の人々を、その属性だけを理由に排除、抹殺しようとする言動が許されたままでよいのか。人間の尊厳を傷つけ、奪い取るような行為を、「表現」 として放置してもよいのか。
 外国籍住民の多い川崎ではこの数年間、 ヘイトデモが幾度も繰り返されてきた。市の選択は、ヘイターたちによって蹂躙された結果を踏まえての回答でもある。

 私は繰り返し主張してきた。

 ヘイトスピーチは、人間と、地域と、社会を壊していく。だからこそ、人間と地域と社会を守るためにこそ、ヘイトスピーチをなくしていかなければならないのだ。

 競うように差別と偏見、憎悪を扇動する者たちを許さない、そして、負けない。その意志を私は来年の希望につなげたい。


 なお、私がフリー編集者の野間易通氏と一緒にMCを務めるネット番組「NO HATE TV」では、今年最後の放送で恒例の「今年度ヘイトトップ10」を発表した。視聴者のネット投票などをもとに、ヘイト関連ニュースの上位10件を選定した。「令和」で浮かれた今年のもうひとつの「風景」である。参考にしていただきたい。

1.  川崎反ヘイト条例成立
2.  対韓輸出規制などによる韓国ヘイト
3.  あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」におけるヘイト騒動
4.  入国管理局による外国人収容者に対する人権無視の施策
5.  ヘイト選挙(選挙に名を借りたヘイトスピーチ)
6. 『ゴゴスマ』放送事件
7.  ミルクシェイク・チャレンジ(欧州でヘイト政治家に対してミルクシェイクを投げつける者が続出)
8.  アイヌ新法成立(初めてアイヌ民族が日本の先住民族であると明記された)
9.  厚生労働ヘイト省(金浦空港事件など)
10.  令和ナショナリズム


wezzy、2019.12.28
排外主義が日本を覆った2019年、ヘイトが蔓延する社会の片隅で見えた希望
(安田浩一)
https://wezz-y.com/archives/71697/

差別と貧困、声をあげた若者は「力」に押しつぶされた

 今年2月、韓国映画「金子文子と朴烈」(イ・ジュンイク監督)が日本公開された。朴烈と金子文子の「大逆事件」を正面から取り上げ、韓国では2年前に公開され、観客235万人を動員する大ヒット。日本でもミニシアター上映の韓国映画としては異例のヒットで、作品の評価も高かった。筆者も興味深く見たが、日本ではまず製作は無理な題材を映画化したことに感心した反面、2人は無政府主義者(アナーキスト)とされたのに、映画では「日本の植民地支配に抵抗し、独立を求める民族主義者」の面がより強調されて描かれていたのが気になった。

 確かに、朴烈は「俺は最初、民族的独立思想を抱いていた。次いで広義の社会主義に入り、その後無政府主義に変じ、さらに現在の虚無的思想を抱くようになったのだが、いまでも民族的独立思想を俺の心底からぬぐい去ることはできぬ」というような思想遍歴をたどった(予審尋問調書)。
 一方で、文子の獄中手記『何が私をこうさせたか』によれば、文子は2度目に会った時、朴に「あなたは民族主義者でしょうか?」と聞いている。自分は朝鮮人ではないから、「あなたがもし独立運動者でしたら、残念ですが、私はあなたと一緒になることができないんです」と。
 これに対して朴は「僕もかつては民族運動に加わろうとしたことがあります。けれど、いまはそうではありません」と明言している。尋問の中では2人とも「無政府主義ではなく虚無主義」とも強調している。どれが本当なのか。いずれにしろ、反日の流れが強い現在の韓国では、民族主義者の面を強調した方が国民に受けるのは間違いないのだろう。

今でもいくつかの謎が残る「朴烈事件」とは

 その点に限らず、この事件はナゾが多い。
 2人の「犯罪」は、関東大震災後の混乱の中で、さまざまな思惑から「大逆罪」をでっち上げられたというのが定説。2人に死刑判決を出した大審院の牧野菊之助裁判長は「十数年前幸徳秋水を出し、さらに難波大助が現れ、今また朴烈のような人間が出たことは誠に遺憾に堪えぬ」と語った=1926(大正15)年3月26日東京日日夕刊。
 そのいずれも「大逆事件」だが、他の2件は多少なりとも実行行為があった。しかし、朴烈事件はほとんど思いつきで爆弾入手を考えただけ。震災時の保護検束から始まって大逆罪まで、犯罪が“製造”された感が強い。
 弁護人の布施辰治弁護士は「いかなる大逆不逞の思想といえども、これを実行に移さない中は、最大最悪の不敬罪であっても、大逆の犯人とはならない」と雑誌『改造』上で述べた。
 事件そのものよりも、それを政治的に利用しようとするさまざまな動きが入り乱れたのが事実だった。その結果、差別と貧困の中から声をあげようとした若者2人が、政治やメディアなどの「力」に翻弄され、押しつぶされた印象が強い。
 翻って、格差と貧困など、数多くの問題を抱える現在の若者はどうなのだろうかと、考えてしまう。

「不快」か「なごやか」か 事件を象徴する怪写真の真偽

「両人が和服姿に晴れやかな微笑を浮かべ、朴がイスに座したる上に文子が腰を下ろし、一見春画を見る如き不快を感ぜしむるものである」

 1926年7月30日の報知新聞は、前日29日に政治家や報道関係に投げ込まれた怪文書に載った朴烈と文子の写真について、「朴烈と金子文子の奇怪な写真配布さる」の見出しで報じた。「これは偽写真だ」「偽ものと断言する」という刑務所長や法相の談話も。同じ写真を『明治百年100大事件』は「親しい関係の男女の愛情がこぼれるような、なごやかな写真である」と書いた。「不快」か「なごやか」かは大きな違いだが、見る側の先入観と意図で変わるのだろう。

 怪文書は「『大逆事件の共犯者である朴烈と文子の両人は男囚監と女囚監に別れて収容されているはずであるにもかかわらず、この二人の面会を許し、或は入浴等も自由にさせるなど、不当に好遇を与えている、これは刑務所の紀律が甚しく紊乱している証拠である』として政府の責任を追及したものであった」(『警視庁史 大正編』)。
 最初に報道した報知も「あまりに奇怪な写真であるがため、あるいはためにせんとする者の巧妙な偽造かとも思われる」が、本物であれば「司法当局空前の大失態で、当局の責任は到底軽微ではすまざるべく、必ずや重大な結果をもたらすであろう」と予測した。同紙は「あまりに醜怪な右の写真を国民の前に公にするに忍びず、あえて掲載しない」と写真を載せなかった。

政争を引き起こした大事件の末路

 当時は憲政会の第1次若槻礼次郎内閣。
 大正天皇の病状が日に日に悪化し、結果的に大正最後の年となったこの年は、大阪・松島遊郭移転に絡む疑獄事件と、陸軍機密費横領事件が表面化し、与党と野党政友会の間で足の引っ張り合いの泥仕合に。期待された「2大政党時代」は名ばかりになっていた。
 その中で「社会的反響が大きく、また政治的影響が最も大きかったのは朴烈怪写真事件だった」(筒井清忠『戦前日本のポピュリズム』)。「政友会が政府攻撃の具に供して政治問題化し、世に大きな波紋を投げたのであった」(『警視庁史 大正編』)。
 その後、怪写真は、本編(「朴烈文子大逆事件」https://bunshun.jp/articles/-/13072)に登場する立松懐清・予審判事が、2人が同席するのに便宜を図った上、自分で撮影。獄中の朴から人手を介して外部に出たことが分かった。連日、国会内外での追及と反撃、新聞の過熱報道が繰り広げられた揚げ句、立松判事は追い込まれて辞職。
 さらに8月末、首謀者として国家社会主義者の北一輝(二・二六事件で死刑)が検挙され、翌27年1月には内閣不信任案が提出されるなど、泥沼の政争の最大の原因となった。

[怪写真]
1926年に政界や報道関係者に公開された怪写真 「朴烈文子 怪写真の真相」より

 実は金子文子は怪写真が出る6日前の7月23日、収監されていた宇都宮刑務所栃木支所の監房で首つり自殺していた。23歳だった。

 新聞各社の報道は怪写真とほぼ同時。朝日の31日夕刊は1面トップで「鉄棒に麻糸をかけて朝の光の下で縊死 わづか十分間余の監視の眼を盗んで獄死を遂げた金子文子」と報じ、その右下2段で「怪文書犯人 大捜索を開始す」と警視庁の動きを伝えている。
 遺書などはなく、動機ははっきりしないが、想像はできる。
 本編(「朴烈文子大逆事件」https://bunshun.jp/articles/-/13072)にある「英雄主義」以上に、自分たちが否定していた天皇の名で恩赦を受けてまで生き延びたくなかったように思える。幼いころから父母に見捨てられて貧しく寂しい、砂をかむような人生を強いられた。特に、7年間にわたる朝鮮の叔母の家での「地獄」のような体験は、肉親による仕打ちだっただけに大きかったのではないか。それを本編(「朴烈文子大逆事件」https://bunshun.jp/articles/-/13072)のように「特異な性格」で片付けられるのか。
「今度の事件を具体化したような(ことを)未然に防ごうと(いう)思し召しなら、この際です。私を殺してしまわなければ駄目ですよ。私に何年でも牢獄生活をさせても、再び私を社会に出したなら、必ず必ずやり直してお目にかけますよ」と文子は立松判事に“宣言”している(予審尋問調書)。

「朴烈事件」を取り巻く”誤認”の数々

 その点に限らず、今回の本編(「朴烈文子大逆事件」https://bunshun.jp/articles/-/13072)には問題が多い。
 著者の江口渙氏は、1933年に虐殺された作家・小林多喜二と親交が深く、葬儀委員長も務めた左翼作家で、無政府主義にも理解があったが、朴烈事件との関わりは不明。記憶を基に書いたようだが、記述には誤りが多い。朴烈の生年は1902(明治35)年なのに、1899(明治32)年としている。文子の故郷も静岡県ではなく横浜。自殺も「6月のはじめ」ではない。文中「愛人金子文子」とあるが、2人は獄中で結婚している。特別裁判初公判の日付も誤っている。よくこういう原稿がチェックされずに掲載されたと思う。2人が大逆罪に問われた理由が関東大震災時の朝鮮人虐殺の理由づけだったことや、その罪状を2人が自分から引き受けた経緯は、作家らしい筆致で説得力があるが、いずれも1つの見方だろう。

 問題が多いといえば、この事件の新聞報道もそうだろう。
「事件」を最初に報じたのは、震災から約40日後の1923年10月10日の朝日夕刊か。検閲で文字が一部消えているが、1面2段で「大〇〇発覚 全国的に大捜査」の見出し。どうしてこの事件と分かるかというと、「急電を発して逮捕したるを初め市外代々木富ヶ谷某所から〇〇」とあるためだ。当時、朴烈、文子夫婦はそこに住んでいた。「内容は○○○〇の○○○〇よりなる○○○〇の大陰謀が発覚せるもので……」。特ダネを検閲でズタズタにしたのか。ただ、予審尋問での陳述状況と突き合わせると疑問もある。
 記事が全面解禁になったのはそれから2年以上たった1925年11月25日夕刊。「鮮人朴烈等にかかる恐るべき不敬事件 震災に際して計画された鮮人団の陰謀計画【本日記事差止め一部解除さる】」(朝日)、「震災渦中に暴露した朴烈一味の大逆事件 罪の裏に女!躍動する朴烈が内縁の妻金子ふみ」(東京日日)。朝日に「大逆罪」の記述がなく、東日は「金子ふみ」としているのが不思議。「鮮人」という差別語が大手を振って紙面に登場していた。大審院の特別裁判初公判は26年2月26日。「朴夫妻、朝鮮礼装で裁きの庭に晴れ姿 士扇を斜に得意げに入廷」(27日東日夕刊)。「鶴を織った紫の朝鮮服に黒の紗帽という礼装で、手に紗扇を持ち刺繍のある白靴を穿ち……」(同日時事新報)。
 本編(「朴烈文子大逆事件」https://bunshun.jp/articles/-/13072)で判決の日の服装のように書いたのは、この初公判の日のことだ。

後の「大本営発表」に通じるメディアの態度

 第一審で最終審である公判は4日連続で開かれたが、冒頭の6分以外は非公開。
 27日朝日朝刊は「聞くところによると、朴も文子も憎々しいまでに落ち着きはらって恐ろしい企てを述べたらしく」と先入観丸出し。28日の東日夕刊も、2人が2日目は和服だったことからか、「飽くまでも…お芝居気分……出廷した朴夫妻」の見出しを付けた。同年3月25日、判決。

「満廷を見渡していた金子文は淋しくひとみを落とし、何やら小さい声で口ずさみながら双手を動かし、続いて朴も『裁判長ッ……』と言いかけるや遅し、廷外に引き出され、さびしい後姿に一生の名残りをとどめて刑務所へ送られた」と26日朝日夕刊1面トップ記事は書く。
 これに限らず、紙面での2人の表情を「寂しい」と表現した記事が目立つ。
「天皇、皇太子を襲おうという、天人ともに許さざる不敬の重大犯罪だが、境遇には同情を禁じ得ない」という認識が記者にあったようにもとれるが、「本当は冤罪では?」という疑問が根底にひそんでいたのではないか。

 あざとさが表れたのは恩赦決定の場面。
「聖恩逆徒に及び朴烈夫妻は減刑」「仁慈に富ませられる雲上の思召(おぼしめし)はこの逆徒の上にも加えさせられて、特に減刑の恩命が降ることとなった」(3月26日東日朝刊)。
 そして、恩赦を言い渡した際の記事。
「『死から生へ』の輝く歓喜」「かねて死を覚悟していた彼らではあったが、出し抜けの恩命を拝した時は、死より生への歓喜がサッと走って、しばらくは感謝の眼をしばたたいていた」「再び監房に下げられる時の両名の足どりはさすがに軽かった」と4月7日東日夕刊は書く。刑務所長の談として「さすがにあるショックを感じたらしく、ヒョイと顔をあげ感謝の色を現わし、快くお受けして引き下がったが、文子は『ありがとう』と口ごもったようにも思った」と付け加えた。「文子は天皇からの特赦状を受け取るや、刑務所長の目の前で破り捨てた」という弁護士の証言とどちらが真実に近いのか。自殺という結果から見ても明らかだろう。文子は以前から短歌を作っており、判決を受けた時のことを、

我が心嬉しかりけり公判で死の宣告を受けし其の時
と詠んでいる。
「天皇の恩沢」を強調するとしても、ここまで書くか。
 メディアの態度はのちの大本営発表の受け売りにまでつながる。罪は重い。

出所後の朴が歩んだ社会運動家としての人生

 文子の死後、朴は4ヶ所の刑務所をたらい回しにされた。
 獄中で詠った短歌には、ある種の諦観と落ち着きが感じられる。

此の我が身秋の木の葉と散るならば春咲く花の肥やしともなれ

 日本の敗戦後の1945年10月27日、秋田刑務所大館支所から出獄。獄中にあったのは22年2カ月間で、政治犯として最長記録という。結成されたばかりの「在日本朝鮮人連盟」秋田県本部は大館駅前に1万7000人を動員。「朴烈出獄歓迎会」を開き、市内をパレードした。「祖国解放」のシンボルで「在日朝鮮人のスター」に祭り上げられたということだろう。その後、思想信条の違いなどから在日朝鮮人の間で対立が深まり、朴烈は一派に推されて「新朝鮮建設同盟」の委員長に就任。46年10月、改組された「在日本朝鮮居留民団」の初代団長となった。当時、大韓民国臨時政府の国務総理だった李承晩を支持し、同政府の国務委員にも就任した。

 しばらくして、年の離れた女性と再婚。一男一女が生まれた。しかし、長い獄中生活の影響は大きく、「彼は独断であり、憎愛が極端であり、偏狭性のために、多人数を統率する人格を欠いている」(金一勉『朴烈』)と長年の親友が語るように、偶像的人気はあったが、指導的人格は欠けていた。1949年の団長選挙に破れて組織を追われ、帰国。1950年の朝鮮戦争の際、逃げ遅れて北朝鮮に連行された。平壌で「南北平和統一委員会」の副委員長を務めたといわれる。
 1974年1月17日、死去。文子の死から48年がたっていた。
 満71歳のはずだが、1月18日の朝日夕刊に写真入りで載った「新亜=東京」の訃報は、「平壌放送が発表」とし、「77歳」としている。「『在北平和統一推進協会』の会長となっていた」とも。「大逆事件の首謀者」「民族独立運動の英雄」という「看板」を徹底的に利用され、自分も利用した後半生だったようだ。それだけ「朴烈大逆事件」のインパクトは強大だった。だが、それで本人は満足だったのだろうか。

「私は犬ころである」朴烈と金子文子の出会いから2人の関係

 東京の片隅で生きるために、朴がこなした仕事は本編にあるが、文子も仕事を転々とした。新聞の夕刊売り、夜店での粉石鹸売り、「女中」、印刷屋の植字工、女給、朝鮮ニンジン販売……。いまで言うなら、2人とも底辺の非正規労働者だった。文子は「犬ころ」という詩の作者として朴を知った。「私は犬ころである。空を見てほえる。月を見てほえる。しがない私は犬ころである……」。
 2人は文子が働いていた新宿のおでん屋で会い、意気投合。すぐ同棲生活に入った。「私の探しているもの、したがっている仕事、それはたしかに彼の中にある。彼こそ私の探しているものだ。彼こそ私の仕事を持っている」と文子は『何が私をこうさせたか』に書いている。この時、それぞれ朴は20歳、文子は19歳になったばかりだった。朴は「彼女の虚無思想的気持がおれのそれと一致しているのを知って、同志として共同生活をすることを決意した」。文子も「幾度か朴と主義思想を論じ合いましたが、朴はほとんど私と同様に権力に反逆して生物の絶滅を期する思想の持主でありました」と述べた(予審尋問調書)。

 朴は黒濤社の機関誌「黒濤」を2号出した後、1923年に「不逞社」を結成。機関誌「太い(ふてえ)鮮人」を出した。差別語を逆手にとったわけだ。創刊号で朴烈は「『太い鮮人』発刊に際して」と題し、「日本の社会でひどく誤解されている『不逞鮮人』が果して無暗に暗殺破壊、陰謀をたくらむものであるか、それともあくまで自由の念に燃えている生きた人間であるかを、我々と相類似せる境遇にある多くの日本の労働者諸君に告げるとともに」(以下、検閲で抹消)と述べている。
 これは建前ばかりだとは思えない。文子も第2号に「所謂不逞鮮人とは」の見出しでもっと戦闘的とみられる文章を書いているが、抹消部分が多く、完全には意味が読み取れない。ただ、2人の関係は終始、文子の方が“腰が据わっている”印象。本編(「朴烈文子大逆事件」https://bunshun.jp/articles/-/13072)で書いているように、実際も文子がリードする形で朴烈に覚悟を迫っていたのかもしれない。

現代にも通ずる”若者をとりまく絶望”にもがいた金子文子

 予審尋問調書や獄中手記を読んで驚くのは、金子文子の高い精神性と現代性だ。
 死後5年の1931年に出版された『何が私をこうさせたか』は、その3年前に発表された林芙美子の「放浪記」と好一対といっていい。事件報道解禁直後の1925年11月25日の東日朝刊では、朴と文子の短歌が紹介されている。
友と二人 職を求めてさすらいし 夏の銀座の石だたみかな
これ見よと いわんばかりの有名な 女にならんと思いしことあり
 これらの文子の歌は、朴の詩が萩原朔太郎の影響を受けているらしいのに対し、「啄木ばりであるのも面白い」と同紙に評された。その通り、
我が好きな歌人を若し探しなば夭(わか)くて逝きし石川啄木」という歌もある。
 そればかりでなく、私には、石川啄木が「時代閉塞の現状」で描いたのと同じような、若者を取り巻く絶望的な状況を文子も感じて、もがいていたように思える。
 文子は『何が私をこうさせたか』にこんなことも書いている。いまの若い世代が抱える問題意識とどこかで共通しているのではないだろうか。

私は人のために生きているのではない。私は私自身の真の満足と自由とを得なければならないのではないか。私は私自身でなければならぬ

【参考文献】
▽ 小松隆二編「続・現代史資料3 アナーキズム【オンデマンド版】」 みすず書房 2004年
▽ 金子文子「何が私をこうさせたか=獄中手記」 春秋社 1931年(岩波文庫、2017年12月) 
▽ 金一勉「朴烈」 合同出版 1973年
▽ 布施辰治「怪写真事件の主点と批判」 「改造」1926年10月号
▽ 筒井清忠「戦前日本のポピュリズム」 中公新書 2018年 
▽ 警視庁史編さん委員会「警視庁史 大正編」 警視庁 1960年
▽ 松本清張監修「明治百年100大事件」 三一新書 1968年
▽ 我妻栄ら「日本政治裁判史録 大正」 第一法規出版 1969年 
▽ 鈴木裕子編「女性=反逆と革命と抵抗と」 社会評論社 1990年
 

文春オンライン、2019/08/04
怪写真も残る謎多き「朴烈事件」2人の若者が叫び続けた”差別”と”貧困”のすべて
声をあげた若者は「力」に押しつぶされた

(小池新・解説)
※ 昭和初期に日本を揺るがせた35の大事件・怪事件のレポートを文藝春秋臨時増刊『 昭和の35大事件』(1955年刊行)より転載。ジャーナリスト・小池新氏による解説付き。
https://bunshun.jp/articles/-/13070

※ ヤッホーくんのこのブログ、2019年07月20日付け日記「日本がこれ以上分断しないため」もぜひお読みください。

posted by fom_club at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「丁寧に説明」とカンニングペーパーかプロンプターを読むだけ

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 先週の2015年6月4日、衆議院の憲法調査会で行われた参考人招致で、与党推薦を含む憲法学者3人が、政府が今国会に提出している「安保法制」(戦争法案)について、揃って憲法違反だとしたことが波紋を広げています。

憲法9条と閣議決定のねじれ

 今更ですが、憲法9条は次のように定めています。
[第二章第9条…略…]
 この憲法9条の下、つい1年前まで、我が国の政府は、海外での武力行使も、集団的自衛権(典型的には米軍が他国に攻撃されたときに日本国が反撃すること)の行使も、憲法違反として禁止する立場を取ってきました。
 ここで「禁止」とは、主権者である国民が憲法によって権力(今は安倍政権)に対して「やってはいけない」と命令している、ということです。
 このように国民が憲法によって国家権力を制限する考え方を立憲主義といいます。

 ところが安倍政権は、昨年2014年7月1日の閣議決定でこのような政府の憲法解釈を根底から変えてしまいました。
 すなわち、「後方支援」名目で主に米軍の兵站活動を行える範囲を大幅に拡大し、タリバン政権陥落後のアフガニスタンのようなところで治安維持名目で掃討作戦を行うことを容認し、さらには次の要件(いわゆる「新三要件」)を満たすときには自衛隊が海外での武力の行使と集団的自衛権行使ができることに(勝手に)してしまったのです。

 この7.1閣議決定に基づいて今の国会に提出されているのが一連の「安保法制」です。
 全体像を政府が作成した図で示すと以下の通りです。
[「平和安保法制」の主要事項の関係…略…]
 戦争を放棄し、武力の行使を否定した憲法9条の下で、結論において海外での戦争も武力行使も辞さない解釈をとることはおよそ無理があります。
 憲法9条と7.1閣議決定には大きなねじれがあると言えます。
 そして、いずれにせよ新三要件の下での武力行使は、この要件を文字通りに解釈するのか、これをさらに緩やかに解釈して行くのかで、許容される範囲が全く変わります。
 常識的な日本語の解釈では、他国が攻撃を受けて、日本国の存立が脅かされる事態はほとんど想定できないはずなのです。
[新三要件…略…]
7.1閣議決定と法案のねじれ

 ところが、国会論戦開始後の安倍政権は、むしろ「新三要件」すらも形骸化し、歯止めを設けない姿勢を明らかにしています。

「重要影響事態」における米軍に対する兵站活動(後方支援)については、中東やインド洋でも行えるとし(読売「後方支援可能は「中東とインド洋」…首相が示す」)、それを行うか否かの要件は、
(1)事態の発生場所や規模
(2)米軍の活動内容
(3)日本に戦禍が及ぶ可能性というもので(産経「首相、「重要影響事態」の判断基準例示」)、もはや憲法9条とは何の関係もない要件になっています。
「イスラム国」掃討作戦への兵站活動すら、法律上は可能とされます(日本テレビ「対「イスラム国」後方支援「法律上は可能」」)。

 国際的には「後方支援」などという用語はなく、これらはすべて兵站活動です。
 米軍の武力行使や戦争と不可分のものであり、当然、敵対勢力からは攻撃の対象となります。

 また、安倍首相は、タリバン政権陥落後のアフガニスタンにおける「ISAF」のような治安維持活動の名の下での掃討作戦への従事も否定しませんでした(しんぶん赤旗「ISAF(国際治安支援部隊)型への派兵 否定しない首相」)。
 これは掃討作戦といいつつ、実際は現地の新旧政権の権力闘争としての戦闘行為である可能性もあるわけで、治安維持活動が武力の行使になる可能性も十分にあります。

 米軍が攻撃を受けたときに自衛隊が反撃して武力行使する「武力攻撃事態」についても、相手方勢力が日本への攻撃を否定している場合でも行える、と明言しています(時事「攻撃意図否定でも可能=集団的自衛権行使−安倍首相」)。
 安倍首相は海外での武力行使の前提となる自衛隊派遣の要件について、
(1)日本の主体的判断
(2)自衛隊にふさわしい役割
(3)外交努力を尽くすこと
という要件を述べましたが(前掲産経)、これも憲法9条とはもはや何の関係もない要件になっています。
 第一次安倍政権で安全保障担当の内閣官房副長官補をつとめ、元防衛庁官房長の柳澤協二氏は、南沙諸島で中国と米国がつばぜり合いをするときに日本が巻き込まれていく可能性を指摘しています(「安保法制で事実上の戦争に巻き込まれる 柳澤協二さんの講演から」)。

 結局、安倍政権は、自ら閣議決定で「新三要件」を定立しながら、実際に国会に提出されている法案は、「我が国の存立が脅かされる」などという範囲をはるかに超え、米軍と一緒であれば海外での軍事活動は何でもあり、という様相を呈しています。
「安保法制」は、7.1閣議決定とすらねじれを起こしているのです。
 このような「法律上は何でもあり」の状況を推進派の産経新聞の社説がいみじくも述べています(産経「安保法制 法律と政策判断、混同で不可解に」)。
 産経新聞はこの社説で安倍政権を擁護しようとしているようですが、擁護になってないように見えるのは筆者だけでしょうか。

 このように、憲法9条と7.1閣議決定のねじれ、7.1閣議決定と「安保法制」のねじれ、という二重のねじれにより、国会での政府答弁は、もはや憲法9条とは関係のないものになっています。
 この問題に関する政府の国会答弁が著しくわかりにくいのは、誰がどう考えても憲法上許されないことを、曖昧な答弁で切り抜けようとしているからに他なりません。

憲法審査会での違憲発言の重み

 6月4日の衆院憲法審査会での三学者の意見発言は、このような国会論戦が行われる中でのものでした。
 発言要旨は以下の通りで、三人の憲法学者はいずれも安保法制を違憲としています。
長谷部恭男氏(早大教授)
「憲法違反だ。従来の政府見解の基本的枠組みでは説明がつかず、法的安定性を大きく揺るがす」「外国軍隊の武力行使と一体化する恐れが極めて強い」
小林節氏(慶大名誉教授)
「憲法9条は海外で軍事活動する法的資格を与えていない。仲間の国を助けるために海外に戦争に行くのは憲法違反だ」
笹田栄司氏(早大教授)
「内閣法制局と自民党が(憲法との整合性を)ガラス細工のようにぎりぎりで保ってきた。しかし今回、踏み越えてしまった」
出典:毎日新聞

 ダイジェスト版の動画も公開されているので、お時間のある方は本物をご覧下さい。

2015年6月4日 衆議院憲法審査会 集団的自衛権の行使は違憲
https://www.youtube.com/watch?v=N61Bv505D9U

 与党が推薦した長谷部氏が「違憲」と明言したところに強い覚悟を感じます。
 大学で憲法の勉強をしたことがある人なら大抵分かると思いますが、三人の教授は決して左派の学者ではありません。
 長谷部氏は東大系の正統派の憲法学者ですし、小林氏はむしろ明確な憲法9条改憲派です。
 しかし、小林氏は、憲法9条を改憲しないまま法律で現状を変えてしまうことに強い異議を唱えているのです。

 政府与党からは“代打”で招致した長谷部氏の人選について「誤り」という意見もあるようですが、では、本来、招致するはずだった京大系の正統派の学者である佐藤幸治氏がその後の6月7日の講演で何を言ったかというと、以下の通りで、安倍政権を名指しすらしないものの、改憲を目指す政権の動向を強く批判しています。
 引用は一部ですので、是非、記事全体をご覧下さい。
 基調講演で佐藤氏は、憲法の個別的な修正は否定しないとしつつ、「(憲法の)本体、根幹を安易に揺るがすことはしないという賢慮が大切。土台がどうなるかわからないところでは、政治も司法も立派な建物を建てられるはずはない」と強調。
 さらにイギリスやドイツ、米国でも憲法の根幹が変わったことはないとした上で「いつまで日本はそんなことをぐだぐだ言い続けるんですか」と強い調子で、日本国憲法の根幹にある立憲主義を脅かすような改憲の動きを批判した。
出典:毎日新聞

 この他も、近い過去に例えば安倍政権下で内閣法制局長から最高裁判事になった山本庸幸氏が就任時の記者会見で「法規範そのものが変わっていない中、解釈の変更で対応するのは非常に難しい。実現するには憲法改正が適切だろう」と述べたことが思い出されます(共同通信記事)。
 若干脱線して色々紹介しましたが、このように、我が国を代表する法律家らが、「安保法制」実現に突き進む安倍政権を一斉に批判しているのが今日の特徴です。

広がる波紋(政府与党の言い訳)

 三学者の“違憲表明”に対して、政権側は火消しに躍起になっています。
 まずは菅義偉官房長官が「法的安定性や論理的整合性は確保されている。全く違憲との指摘はあたらない」「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」などと述べました(産経)。
 しかし、これに対しては、ツイッター世代の憲法学者が突っ込みを入れます。
 長谷部恭男先生が憲法違反と指摘。 菅氏「全く違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」とのこと。その「著名な憲法学者」の名前を教えてほしい今日この頃。
出典:木村草太氏(首都大准教授)のツイッター
 菅官房長官によれば、「全く違憲でない」と言う「著名な」「憲法学者」が「たくさん」いるらしい。是非ご教示賜りたい。
出典:南野森氏(九州大学教授)のツイッター

 また、若手弁護士で作る「明日の自由を守る若手弁護士の会」も面白い図を作って菅官房長官を批判しています。
[合憲3人対違憲189人…略…]
 中谷元・防衛大臣は国会で「武力行使の新3要件というものをかぶせて、集団的自衛権は、あくまで、わが国の存立を全うし、国民を守るためのやむをえない自衛の措置として必要最小限度のものに限られる。他国の防衛それ自体を目的とする集団的自衛権を認めるものではなく、今回の法案は憲法の範囲内であるという認識に至った」などと述べました(NHK)。
 しかし、中谷氏については、過去に「私は、現在の憲法の解釈変更はすべきでないと考えている。解釈の変更は、もう限界に来ており、これ以上、解釈の幅を広げてしまうと、これまでの国会での議論は何だったのか、ということになり、憲法の信頼性が問われることになる」「政治家として解釈のテクニックで騙したくない。自分が閣僚として「集団的自衛権は行使できない」と言った以上は、「本当はできる」とは言えません。そこは条文を変えないと……」などと述べていたことを暴露されています(日刊ゲンダイ)。
 自民党の高村正彦副総裁は「憲法学者はどうしても(戦力不保持を定めた)憲法九条二項の字面に拘泥する」(東京新聞)と述べましたが、法の字面に拘泥しないでどうやって法治をするのでしょうか。日本の政治家の言葉がデタラメであることを自白するかのような醜い言い訳です。
 全体的に、政府・与党は、憲法学者の直言に対して全く答えを与えられていません。
 三学者の意見陳述の最大の功績は、政府・与党がやっていることが憲法違反であると、満天下に知らしめたことだと言えるでしょう。

ならぬものはならぬのです

 日本国憲法は我が国の国政上の絶対の価値観です。
 国政選挙にしろ、その前提となる解散にしろ、議会の運営にしろ、予算や法律の制定をはじめとする日々の政治にしろ、全て日本国憲法に基づいて行われています。
 憲法が一度破られれば、やがては人権条項だって無視されていくことになります。

 この点、明治憲法制定に関わった伊藤博文、森有礼らは立憲主義を深く理解していたと言われます。
 しかし、今の与党の政治家は下記のように立憲主義を丸々否定する発言を平気でします。
 私たちの選良たる国会議員たちのレベルはこと憲法に関して言えば明治以前なのです。
 時々、憲法改正草案に対して、「立憲主義」を理解していないという意味不明の批判を頂きます。
 この言葉は、Wikipediaにも載っていますが、学生時代の憲法講義では聴いたことがありません。
 昔からある学説なのでしょうか。
出典:礒崎陽輔参院議員(国家安全保障担当内閣総理大臣補佐官)のツイッター

 このような人びとが日本国憲法を冒しても罰則は、ありません。
 政治家が憲法を守ることは大前提で、憲法違反を平気でやることは想定されていないからです。

 そして、憲法違反についてただちに違憲確認訴訟を提起できる訳でもありません。
 さらに、最高裁判所は、国会の議員定数不均衡について「違憲状態」と言いながら選挙を無効としないようなことをくり返しているので、政治家に舐められています。
 今のような政治が続いたら、10年後くらいに最高裁がボソボソと「違憲」と言っても、もう政治は従わないかもしれません。
「裁判所が何とかしてくれる」という期待はあまりしない方が良いでしょう。

 昨年7月1日の閣議決定以降の憲法の危機状況は法律家の間では広く共有されていましたが、テレビ・新聞等の報道機関は、自らが憲法21条の恩恵を全面的に受けながら、「中立」報道をするばかりで、この絶対の価値観を前提に報道しなければならない、という認識が根本的に不足していました。
 しかし、政権が本気で憲法を破ろうとしているとき、そのような報道姿勢では間尺に合わないのは自明でしょう。
 報道機関が(例え改憲派であっても)憲法を前提にした報道をすることが何よりも求められます。

 最後に。
 このような状況の下、安倍政権を慌ててさせ、走らせているのは、日本国憲法による我が国の統治を承認する全ての国民であり、その力の源泉が日本国憲法なのです。
 政府与党の動揺振りは、日本国憲法が少なくともこの瞬間は正常に機能していることの現れと言えます。
 ツイッターでも、フェイスブックでも反対の声を上げていくことが重要でしょう。
 近いうちに、私たち日本国民が野田政権に対してしたように、国会前に大挙しなければならない日も来るかもしれません。
 とにかく、安倍政権の主人である国民が旗幟を鮮明にすることが重要なのです。
 安倍政権に「ならぬものはならぬのです」と言って聞かせましょう。


Yahoo Japan! News、2015/6/8(月) 2:30
憲法9条、安倍政権を走らす
(渡辺輝人、弁護士、京都弁護士会所属)
https://news.yahoo.co.jp/byline/watanabeteruhito/20150608-00046419/

 通常国会が2017年6月18日に閉会したところ、6月19日(月)18:00〜安倍首相が記者会見を行いました。
 各種世論調査で支持率の急落が伝えられた後なので注目はしていましたが、支持率急落の要因の一つにもなっていると思われる共謀罪(政府がテロ等準備罪と称するもの)法案が参議院の委員会採決すら省略されて本会議で可決される状況についてはほとんどテレビ中継しなかったNHKが首相の記者会見は丸々中継したので、その点をまず驚きました。

 記者会見の内容について、評価はさまざまでしょうが、筆者は報道機関各社の記者の質問の手ぬるさにとにかく驚きました。
 そう思っていたところ、ツイッター上で、安倍首相の発言には全部カンニングペーパーがあったのではないか、という旨の指摘を見つけたので、そんなことあるだろうか、と思って政府のサイトで安倍首相の記者会見の動画を見返してみました。
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2017/0619kaiken.html

 安倍首相の会見については政府自身が文字起こしをしており、何を発言したのかも分かります。

安倍首相がいつ原稿をめくっているか観察してみた

 安倍首相が原稿に目を落としている時間をカウントする気力はさすがにありませんでしたが、安倍首相がカニングペーパーと思われる原稿をめくっているタイミングを計測するのは比較的容易です。
 そこで、どのようなタイミングで原稿をめくっているのか、計ってみました。
[表…略…]
 表中、時刻は、政府が公表している安倍首相の記者会見の時刻を示します。安倍首相の発言は赤、カニングペーパー関係の動きをオレンジ色、司会の発言を緑、記者の質問を青で表してみました。
 記事に掲載できる画像サイズの関係で便宜的に前半と後半を分けます。

評価

 安倍首相は入室した時点で何ももっていないのに、演台上に黒ファイルの原稿(カンニングペーパーらしきもの)が用意されています。
 安倍首相はプロンプター(安倍首相の両脇にある、ドラえもんのタイムマシンの角部分のような形状をした透明のプラスチック板。原稿が投影されます。prompter)を用いた冒頭発言のあと、プロンプターを下げる演出をしています。
 なお、筆者は、細川護煕元首相がプロンプターを初めて使った首相と記憶しており、なにやら懐かしい道具です。
 安倍首相が冒頭発言中にやたら左右に見得を切るのも実はプロンプターを見るためと思われます。

 そして、記者の質問に移った後、質問をする記者はすべて政府の側の司会者が指名しました。
 安倍首相は素手で入室しており、冒頭発言の後にプロンプターをわざわざ下げているので、記者の質問にぶっつけ本番で答えているようにも見えます。
 ところが、良くみると確かに、かなりの割合で原稿に目を落として発言をしていますね。
 しかも、よく観察していると、上記の表で分かるように、安倍首相がカニングペーパーらしき原稿をめくるタイミングは、きれいに、
(1)安倍首相自身の発言の終了時、
(2)安倍首相の発言中に発言内容が次の話題に移行するとき、
(3)記者の質問がされているときであり、
要するに、次の安倍首相の発言に備えるべきタイミングです。
 成長戦略については、発言中に原稿をめくっていますが、これは、安倍首相の発言が長かったときに発言のかなり後半になってめくっており、カニングペーパーらしき原稿一枚に発言概要が収まらなかったからだとも考えられます。

 そして、カンニングペーパーらしき原稿は該当箇所を探すというより、めくる動作の度に一枚ずつ安定してめくっているように見えます。
 記者たちの質問が任意のぶっつけ本番のものである場合、安倍首相がこのようにタイミング良く、一枚ずつめくっていくことは中々考えがたいように思います。
 安倍首相自らの回答終了時にめくった原稿をその後の記者の質問でそのまま読んでいるように見える場面もあります。
 最後の場面などは、安倍首相がめくる動作をしたところ原稿に次のページがなくて、司会が終了を宣言する前なのに「ああ、終わった」感すら漂います(40:03)。
 そして司会の終了宣言のあとに黒ファイルを閉じます(40:07)。

 一方の記者からの質問について、幹事社の質問で驚いたのは、今国会を総括するような質問をしているのに、国会前半で大問題になった南スーダンPKOに関する防衛省の日報隠ぺい<註:訂正しました>問題について全く触れなかったことです。
 その後の質問も安倍首相を鋭く追及すると言うより、全体として、安倍首相の政策宣伝の場をアシストしているように見えました。
 要するに、記者たちの質問にもなにやら首相官邸との馴れ合い感が漂います。
 菅官房長官の記者会見で鋭い追及をして有名になった東京新聞の社会部の望月記者も現場にいたようですがそもそも指名されていません。

 率直に言って、安倍首相の記者会見は、記者との問答についても、官邸記者クラブとの談合で全て問答が最初から決まっており、結局、安倍首相は国民の疑問に答えているようで、徹頭徹尾、筋書きが作られた役柄を演じ、言いたいことを言っただけの可能性はないのでしょうか。
 そもそも、視聴者にこのような疑いをもたれる時点で、首相官邸の記者クラブに存在意義があるのか疑問が湧いてきます。
 そして、なるほど、都道府県知事の選挙など地方選で負けたり不戦敗をしたりを繰り返しているのに(当然ですが地方選挙に官邸記者クラブは直接関係ありません)、なぜか選挙に強い印象がある安倍政権の権力構造を見た気がしました。

さっそく裏切られた「丁寧に説明」

 安倍首相は、加計学園の獣医学部を今治市に設置することにかかる問題について、以下のように説明しました(太字強調は筆者)。

 国家戦略特区における獣医学部の新設につきましては、文書の問題をめぐって対応は二転三転し、国民の皆様の政府に対する不信を招いたことについては、率直に反省しなければならないと考えています。
 今後、何か指摘があれば、政府としてはその都度、真摯に説明責任を果たしてまいります。国会の開会・閉会にかかわらず、政府としては今後とも分かりやすく説明していく。その努力を積み重ねていく考えであります。
 今国会の論戦の反省の上に立って、国民の皆様の信頼を得ることができるように、冷静に、そして分かりやすく、一つ一つ丁寧に説明していきたいと思います。

 共謀罪の強行採決と並び安倍内閣の支持率低下の要因の一つと言われている加計学園問題等の政府中枢の不正疑惑について、国会に対して連帯して責任を負っている内閣が説明責任を果たすのは当然のことです。
 しかし、6月20日、自民党はさっそく、国会の閉会中審査を拒みました。
 自民党の竹下国対委員長は、民進党の山井国対委員長と電話会談し、民進が求めた閉会中審査開催を拒否した。
2017年6月20日共同通信

 一部には「安倍首相は総理として記者会見に臨んだのであり国会のことは国会が決めること」という意見もあるようですが、記者会見の記者の質問には都議選に関することもあり、自民党総裁でもある安倍首相はその質問に回答をしています。
 真摯に説明責任を果たす、といいながら、国会の閉会中審査を拒むのは、安倍首相は、記者会見で、また一つ虚偽の発言をしたことになると思います。

 そして、6月19日夜のNHKクローズアップ現代で、国家戦略特区諮問会議で、獣医学部の新設が決定された2016年11月9日より前の同年10月21日、萩生田光一内閣官房副長官が、
・ 四国に新設し愛媛大学との連携
・ 総理は「平成30年4月開学」とおしりを切っていた
・ 加計学園事務局長を浅野課長の所に行かせる
という内容を含む発言をしていた旨を文部科学省がまとめた「10/21萩生田副長官ご発言概要」というメモが曝露され、文科省はたまらず本物と認めました。
 これでは、萩生田副長官の国会答弁が大方虚偽であったことになってしまいます。
 萩生田副長官と言えば、国会の実質最終日の答弁で、安倍首相と加計孝太郎氏が「腹心の友」だったことを知らなかった旨の発言をした途端、自身のブログに、2013年5月5日撮影のものと思われる下記のような、安倍首相・加計孝太郎氏・萩生田副長官の三人で大変仲が良さそうに写っている写真を掲載していることが発覚しました。

 この写真についても、今国会で萩生田氏が説明する機会はありませんでした。

まとめ・野党は臨時国会の開催を求めてはどうか

 結局、安倍首相の記者会見は、反省している体で国民の疑念に答えるフリをして、自分の言いたいことだけを言う印象操作に他ならないと考えます。
 そして、「丁寧に説明」といいながら、結局、国会の閉会中審査すらせずに済まそうとするのは、現実からの逃亡と言われても仕方ないのではないでしょうか。

 日本国憲法53条は以下のように定めます。
 内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

 今、民進・共産・社民・自由の4党で、衆院の議席は4分の1以上あるようです。
 東京都議選も控えていますが、野党は早期に臨時国会の召集を要求して、一向に解決しない森友学園・加計学園・防衛省日報隠滅の三大疑惑を国会の場で追及してはどうかと思います。
 安倍政権はこの憲法の条項に基づく要求を受けたのに、国会召集を決定しないという憲法違反を犯した前科があるだけに、手を打つなら早い方がいいと思います。


[写真-1]
安倍首相とプロンプター

[写真-2]
はぎうだ光一の永田町見聞録 2013年5月10日の記事より引用

Yahoo Japan! Japan、2017/6/21(水)1:30
安倍首相の印象操作−
記者会見で黒ファイルを見るタイミング

渡辺輝人(渡辺輝人、弁護士、京都弁護士会所属)
https://news.yahoo.co.jp/byline/watanabeteruhito/20170621-00072349/

posted by fom_club at 08:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自衛隊中東派遣

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 安倍晋三政権が海外での武力行使を禁じた憲法9条の形骸化を進める政策に、また一歩踏み出した。

 政府はきのう、海上自衛隊の中東派遣を閣議決定した。
 日本関連船舶の安全確保に必要な情報収集態勢の強化が目的としている。

 船舶防護の緊急性は否定していながら、国会審議も経ず、あまりに拙速な決定で容認できない。

 米国はイラン近海での安全確保のため、自ら主導して結成した有志連合に参加するよう、日本に繰り返し求めてきた。

 有志連合への参加は見送りつつも、別の形で派遣を実現し、米国への同調をアピールする政府の狙いが透けて見える。

 国会軽視も甚だしい。

 閉幕後に閣議決定することで、派遣の必要性や武器の使用基準などに関する国会の熟議を避けた。

 対米追従ありきで、法的根拠も説得力を欠く。

 安倍政権は積極的平和主義の名の下、専守防衛から逸脱する政策を次々と遂行し、自衛隊と米軍の一体化を進めている。

 対米追従を優先し、国会論議は後回しにして、紛争の近接地域に自衛隊を出すことは、隊員を無用な危険にさらすだけだ。

■ 核合意復帰が最優先

 米国とイランの核問題を巡る対立で、中東海域の緊張は続いている。
 日本は中東に原油輸入の9割近くを依存しており、海上交通路の安全確保は欠かせない。

 安倍首相は先週、来日したイランのロウハニ大統領と会談した。
 有志連合への不参加や、イランに接するホルムズ海峡とペルシャ湾を活動地域から外したことを説明し「理解」を得たとしている。

 ただイランは経済制裁を続ける米国への反発を強めている。
 自衛隊派遣に積極的に賛同したわけでもない。

 一方、日本は米国と、中東での情報を密に交換するとしている。

 友好国であるイランに配慮した姿勢を見せながら、二枚舌のような対応では信頼を失いかねない。

 そもそも中東の緊張は、トランプ政権がイラン核合意から一方的に離脱したことに起因する。

 米主導の有志連合への参加は7カ国にとどまり、国際的な支持が広がっているとは言えない。

 首相が仲介外交を買って出るなら、親密さを強調するトランプ氏に、核合意への復帰を粘り強く求め続けることが最優先だ。

■ ご都合主義で法運用

 今回の閣議決定が、政権の都合のいいように法を解釈、運用していることも問題である。

 派遣は防衛省設置法の「調査・研究」に基づくとしている。

 政府が2001年の米中枢同時テロ後、海自艦船をインド洋に派遣する際にも適用した規定だ。

 ただこの条文は抽象的で、拡大解釈の余地が大きい。
 しかも防衛相の判断のみで実施できる。

 法の曖昧さを逆手に取って、海外派遣の既成事実を積む意図がのぞく。

 インド洋への派遣時は、テロ対策特別措置法を適用するまでの一時的な措置だったが、今回は1年単位の初の長期派遣となる。

 加えて問題なのは、船舶が攻撃されれば、武器が使用できる自衛隊法の海上警備行動に切り替えて対処するとしていることだ。

 防衛省設置法の下で地理的制約なく自衛隊の活動範囲を拡大しておいて、行った先で不測の事態が生じたら別の法律で対処する――。

 国会承認が必要のない法の規定を、政権の意図にかなうように組み合わせた、こんなやり方は不誠実だ。

■ 閣議の歯止め形だけ

 今回、政府は閣議決定という体裁をとり、国会報告を義務付けた。
 活動終了時や、閣議決定の内容を変更する際も国会で報告する。

 だが国会に派遣を中止させる権限はない。
 政権の判断で自由に延長でき、歯止めにはならない。

 現地には護衛艦1隻とP3C哨戒機、約260人の部隊が派遣される予定だ。
 早ければ来月から活動を始める。

 派遣海域はイランだけでなく、イエメンなども含む紛争が頻発する地域の沿岸だ。

 防衛省は「米軍からの防護要請は想定していない」とするが、米軍が自衛隊の眼前で攻撃され、防護を求めてくる可能性は否定しきれない。

 陸上自衛隊を南スーダンに派遣した際は、部隊の日報の隠蔽(いんぺい)が問題となった。
 後から公開された日報には「戦闘」の記述があった。

 自衛隊員に危険な任務を強いながら、国民の目を欺いて事実を隠すようなことが繰り返されてはならない。

 憲法解釈を覆し、集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法を強引に成立させた政権である。
 危惧は尽きない。
 通常国会で徹底的に論議すべきである。


北海道新聞・社説、2019/12/28 09:24
自衛隊中東派遣を決定 国会軽視の対米追従だ
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/379122

 政府は2019年12月27日、海上自衛隊の中東派遣を閣議決定した。

 護衛艦1隻を新たに派遣し、アフリカ・ソマリア沖で海賊対処活動に当たっているP3C哨戒機を活用するという。
 日本独自の派遣で期間は1年とし、延長の際は再び閣議決定するという。

 派遣の法的根拠は防衛省設置法の「調査・研究」である。
 防衛相の命令だけで実施でき、国会の事前承認を必要としない。

 所掌事務などを定めた法律を海外派遣に適用するのは拡大解釈というほかない。
 地理的な範囲の限定もなく適用が無制限に広がる懸念がある。

 閣議決定時と活動終了時の国会報告を義務付けたが、事後報告では歯止めになることはないだろう。

 自衛隊の活動中に不測の事態が生じた場合は、武器を使用できる海上警備行動を発令するとしているが、保護できるのは日本船籍だけである。
 日本人が乗船する外国船籍などについてどう対処するかは不明確だ。

 こんな状態で軍事衝突に発展した場合に自衛隊員の安全は保障できるのか。

 そもそも今年6月に日本の海運会社のタンカーなど2隻がイラン沖のホルムズ海峡付近で何者かに攻撃されて以来、日本船舶への被害は出ていない。

 菅義偉官房長官が記者会見で「日本関係船舶の防護の実施を直ちに要する状況にはない」と認めた通りである。

 そんな中で自衛隊を派遣する緊急性も必要性もないのは明らかではないか。

■ ■

 トランプ米大統領が2018年5月にイラン核合意から一方的に脱退。
 イランへの制裁を全面復活させたことに対し、イランが猛反発したのが両国の対立の発端である。

「自国の船舶は自国で守るべきだ」と要求するトランプ大統領はホルムズ海峡などの安全確保を目指す「有志連合」を11月に発足させた。

 安倍晋三首相は友好国イランを刺激するのを避けるため、有志連合への参加を見送る一方で、ロウハニ大統領と会談し理解を求めた。

 自衛隊の活動海域をオマーン湾やアラビア海北部、バベルマンデブ海峡東側の公海に限定。
 イランと接するホルムズ海峡やペルシャ湾を対象にしないのはこのためだ。

 米国の要求を受け入れると同時にイランとの対立を避けた形である。
 だが米軍とは情報共有する方針であり、イランから有志連合側と受け止められる恐れがある。

■ ■

 国会で十分な審議もなく、国会閉幕後に海外派遣を閣議決定するやり方は看過できない。

 なぜ、この時期に自衛隊を中東に派遣しなければならないのか、安倍首相が記者会見して国民に説明してしかるべきだが、それもない。

 閣議決定では「わが国は米国と同盟関係にあり、イランと長年良好な関係を維持する」と捉え、「これを生かし、中東の緊張緩和と情勢安定化に向け外交努力を行う」と明記している。

 日本がなすべきことは自衛隊派遣ではなく、米国とイランの対立を解くための橋渡し役にこそ徹するべきである。


沖縄タイムス、2019年12月28日 10:07
[自衛隊中東派遣]
「国会抜き」は許されぬ

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/515982

 2019年12月27日、日本政府は日本関係船舶の安全確保に必要な情報収集活動を目的として、護衛艦1隻及び海賊対策のためにソマリア沖に派遣中の固定翼哨戒機P−3C1機を、中東アデン湾等へ派遣することを閣議決定した。

 2018年5月に米国がイラン核合意を離脱後、ホルムズ海峡を通過するタンカーへの攻撃等が発生していることから、米国はホルムズ海峡の航行安全のため、日本を含む同盟国に対して有志連合方式による艦隊派遣を求めてきた。

 これに対し日本は、イランとの伝統的な友好関係に配慮し、米国の有志連合には参加せずに上記派遣を決定するに至った。

 今般の自衛隊の中東海域への派遣は、防衛省設置法第4条第1項第18号の「調査及び研究」を根拠としている。
 しかし、同条は防衛省のつかさどる事務として定めている。

 そもそも、自衛隊の任務、行動及び権限等は「自衛隊法の定めるところによる」とされている(防衛省設置法第5条)。
 自衛隊の調査研究に関しても、自衛隊法は個別規定により対象となる分野を限定的に定めている(第25条、第26条、第27条及び第27条の2など)。
 ところが、今般の自衛隊の中東海域への派遣は、自衛隊法に基づかずに実施されるものであり、防衛省設置法第5条に違反する疑いがある。

 日本国憲法は、平和的生存権保障(前文)、戦争放棄(第9条第1項)、戦力不保持・交戦権否認(第9条第2項)という徹底した恒久平和主義の下、自衛隊に認められる任務・権限を自衛隊法で定められているものに限定し、自衛隊法に定められていない任務・権限は認めないとすることで、自衛隊の活動を規制している。
 自衛隊法ではなく、防衛省設置法第4条第1項第18号の「調査及び研究」を自衛隊の活動の法的根拠とすることが許されるならば、自衛隊の活動に対する歯止めがなくなり、憲法で国家機関を縛るという立憲主義の趣旨に反する危険性がある

 しかも、今般の自衛隊の中東海域への派遣に関しては、「諸外国等と必要な意思疎通や連携を行う」としていることから米国等有志連合諸国の軍隊との間で情報共有が行われる可能性は否定できず、武力行使を許容されている有志連合諸国の軍隊に対して自衛隊が情報提供を行った場合には、日本国憲法第9条が禁じている「武力の行使」と一体化するおそれがある。
 また、今般の閣議決定では、日本関係船舶の安全確保に必要な情報の収集について、中東海域で不測の事態の発生など状況が変化する場合における日本関係船舶防護のための海上警備行動(自衛隊法第82条及び第93条)に関し、その要否に係る判断や発令時の円滑な実施に必要であるとしているが、海上警備行動や武器等防護(自衛隊法第95条及び第95条の2)での武器使用が国又は国に準ずる組織に対して行われた場合には、日本国憲法第9条の「武力の行使」の禁止に抵触し、更に戦闘行為に発展するおそれもある。

 このようなおそれのある活動を自衛隊法に基づかずに自衛隊員に行わせることには、重大な問題があると言わざるを得ない

 政府は、今回の措置について、活動期間を1年間とし、延長時には再び閣議決定を行い、閣議決定と活動終了時には国会報告を行うこととしている。
 しかし、今般の自衛隊の中東海域への派遣には憲法上重大な問題が含まれており、国会への事後報告等によりその問題が解消されるわけではない。
 中東海域における日本関係船舶の安全確保が日本政府として対処すべき課題であると認識するのであれば、政府は国会においてその対処の必要性や法的根拠について説明責任を果たし、十分に審議を行った上で、憲法上許容される対処措置が決められるべきである。

 よって、当連合会は、今般の自衛隊の中東海域への派遣について、防衛省設置法第5条や、恒久平和主義、立憲主義の趣旨に反するおそれがあるにもかかわらず、国会における審議すら十分になされずに閣議決定のみで自衛隊の海外派遣が決められたことに対して反対する。


2019年12月27日 日本弁護士連合会会長 菊地裕太郎

日本弁護士連合会、会長声明
中東海域への自衛隊派遣に反対する会長声明
https://www.nichibenren.or.jp/document/statement/year/2019/191227.html

posted by fom_club at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

ユニバーサルサービス

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 日本郵政グループ3社で保険の不正販売が発覚した問題で、金融庁と総務省が行政処分を発表した。

 保険の新規販売の3ヶ月間停止を命じたほか、経営責任の明確化や企業統治の強化などを求める業務改善命令も出した。
 これを受けて3社のトップは総退陣し、政府は日本郵政の社長に増田寛也(1951年生まれ)元総務相を起用する方針を固めている。

 高齢者に虚偽の説明をするなど、社員はノルマに追われ法令違反にまで手を染めた。
 しかし経営陣は現場の実情を掌握できず、不正の拡大を招いて郵便局に対する信頼を失墜させた。
 社長辞任は当然だ。

 しかしそれだけで、巨大企業の組織風土が刷新されるとは考えにくい。
 これまでメガバンクや大手メーカーの社長経験者が日本郵政の社長を務めながら、ノルマ体質を払拭(ふっしょく)できなかった。

 全国津々浦々にある郵便局が国民の信頼を取り戻し、必要なサービスを持続的に提供できる存在になるために、組織のあるべき姿から考え直すことが必要だ。

 金融庁は処分に際して、かんぽ生命と日本郵便を「顧客保護の意識を欠いた組織風土」と断じた。
 民営化の目的とおよそかけ離れている。

 日本郵政株は政府が57%を保有する。
 グループ4社の社長はいずれも民間出身だが、副社長は所管官庁の旧郵政省や旧大蔵省出身者が務めている。

 総務省の事務次官が、役所の先輩だった日本郵政の上級副社長に行政処分案の情報を漏えいしていたことも発覚した。
 守秘義務より役所内の先輩後輩の秩序を重視するのは、政や官の影響力が、今も色濃く残っている証しだ。

 政府は、株式を全て民間に売却する完全民営化をゴールに見据えている。
 しかし民業圧迫を避けるため、日本郵政グループの事業展開には制約がある。
 貯金や保険も全国の郵便局で扱うユニバーサルサービスが義務付けられている。

 経営の自由度が乏しいままでは、変化が激しい金融や物流の世界で生き残っていくのは容易ではない。
 結局は、従業員のノルマに依存する体質に回帰する可能性も否めない。

 小泉純一郎元首相が「行政改革の本丸」と位置づけ、世論の関心を引き付けた郵政民営化法の成立から、来年で15年になる。
 この間、法改正により日本郵政グループは5社から4社に集約された。

 しかし国民は、民営化のメリットをどれだけ享受できただろう。

 民営化の功罪や、当初目指した姿との乖離(かいり)が生じた要因などについては、政府が責任を持って検証する必要がある。


神戸新聞・社説、2019/12/28
日本郵政の処分
民営化の意義から再考を

https://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201912/0012995062.shtml 

郵政・通信―民営化による国民サービスの後退許さず、全国一律サービスの確保を
国民サービスを後退させないために郵政事業の抜本的見直しを


 日本共産党は郵政民営化について、ユニバーサルサービス(全国一律サービス)が守れないと反対してきました。

 郵政民営化は、その当初から簡易郵便局の相次ぐ閉鎖、郵貯ATMの撤去、各種手数料の引き上げ、時間外窓口の閉鎖、集配郵便局の統廃合など、国民サービスに大きな後退をもたらしてきました。
 ゆうパック(旧小包)事業と日通・ペリカン便の宅配便事業の統合失敗では、郵便事業に大きな損失を負こととなりました。

 また郵便局はがん保険を取り扱っていますが、民営化委員会で新事業・第三分野商品はアメリカ企業でと要求した当人がトップを務めるアフラックと提携しています。
 郵政職員に営業量を強制し、日本での契約件数を伸ばすために、異常な力の入れぶりとなっています。

 株式上場(2015年11月)後、はがきや定形外郵便の値上げ(17年6月)やゆうパックの値上げ(18年3月)を公表するなど、郵便は「なるべく安い料金で、あまねく、公平に提供」とした郵便法と逆行する事態がうまれています。
 しかも、トール社買収の失敗で大きな損失を生み出すなど、値上げの理由も国民に説明されたとはいえない状況です。

 上場のもと、日本郵政は収益拡大策として、いっそうの事業の多角化につきすすんでいます。
 そのもとでさらなる国民サービス後退をまねきかねない状況です。

 日本共産党は、民営化によって後退した郵政事業を再生するために、改めて公共の福祉の増進を目的とする公的事業体であることを明らかにしていくとともに、郵便貯金、簡易生命保険にユニバーサルサービスを義務付ける、分社化をやめて一社体制とする、という抜本的な見直しを求めます。

 また、郵政民営化とともにすすめられた郵便市場の規制緩和により、もうかる都市部へのメール便の「いいとこ取り参入」が進み、郵便市場は限界を超えたコスト競争にさらされています。
 郵便事業と民間宅配業で働く労働者の非正規雇用化や、長時間で過酷な労働、低賃金といった労働条件の悪化がまん延し、人員不足も深刻です。
 しかし、こうした雇用実態が社会的な問題となり、是正が課題となっています。

 郵便のユニバーサルサービスの維持・向上ためにも、郵便市場の規制緩和の見直しと非正規労働者の正社員化や均等待遇、有給休暇や手当など労働条件の格差是正の実現が問われています。
 日本共産党は、郵便市場の規制緩和の見直しと雇用改善を求めます。


日本共産党の政策、2017年10月
各分野政策(2017年)
https://www.jcp.or.jp/web_policy/2017/10/2017-26-yuusei-tuusin.html

はじめに

 日本の郵政事業は諸外国とは異なる展開を遂げてきた。日本では郵政3事業とは郵便サ ービス、(郵便)貯金サービス、および(簡易)保険サービスを意味するが、ヨーロッパでは郵便サービス、(郵便)貯金サービス、および電気通信サービスを意味するのが通常であ った。
 そのヨーロッパの郵政事業は1980年代から大きな変化を遂げ、日本でも21世紀に入り小泉純一郎首相(2001年4月〜2006年9月)のリーダーシップのもとで大きな変化が生じようとしている。
 郵政3事業を直営形式で掌ってきた郵政省は2001年1月の行政改革の一環として行われた省庁再編製で総務省に組み入れられ、企画立案と管理を行う郵政企画管理局と現場の郵政3事業サービスを行う郵政事業局に分けられた。その郵政事業局が2003年4月1日、日本郵政公社となったのである。
 2005年に民営化関連法案を提出するために2004年2月より経済財政諮問会議は日本郵政公社の再検討を開始し、9月10日に「郵政民営化の基本方針」が閣議決定された。もともと小泉純一郎氏は郵政3事業の民営化を唱えてきたが(小泉純一郎・梶原しげふみ『郵政民営化論』PHP 研究所、1999年)、郵便貯金と銀行は「100 年戦争」といわれるほどのライバル関係にあり、郵便貯金の民営化問題は第2次大戦後から論じられ、関連文献の枚挙にいとまのないほどである。しかしその民営化実現の可能性が高まったのは1980年代から 90年代にかけてヨーロッパをはじめ多くの国で郵政事業の分割・民営化が推進されたことに原因があると思われる。

 その場合、民営化の議論は「日本の郵政事業は諸外国と比べて効率的か」という観点から行なわれる事が多い。しかし経済学では「効率性」と「公平性」という 2つの観点から分析する必要があるという立場からすればこの実状には不満が残る。

 本論稿の目的は公平性という観点から諸外国との比較を行なうことである。
 その場合、「公平性」をどう測るかという問題が生じる。郵政事業における公平性は最近ではユニバーサルサービスという概念で表現される事が多い。
 具体的にはアメリカ合衆国法典第101条には、
「USPS(アメリカ郵便公社 United States Postal Service)はその基本的機能として個人的、教育的、文化的および企業的通信を通じて、国家を統合するために郵政事業を営む義務を負い、迅速で信頼性があり、効率的な義務をあらゆる地域に提供し、郵便業務をあらゆる地域共同体に付与するものとする」
との規定があり、これがUSPSに課されたユニ バーサルサービス義務条項であるとみなされている(全逓総合研究所(編)『変革期の郵政事業』日本評論社、2000年p.205)。
 日本の場合も、郵便法第1条に、
「郵便の役務をなるべく安い料金で、あまねく公平に提供する」
ことが定められ、郵便局に課されたユニ バーサルサービス義務条項であるとみなされている。

 それでは、その公平性が実現しているかどうかをどのように判定すべきであろうか。
 本論稿ではそのための1つの判定基準を提示し、この判定基準を用いて諸外国との比較を行なう。

 この判定基準を考えるに当って参考にしたのは課税制度としての「累進課税」である。
 所得が高くなればなるほど税率を高くするという累進課税は公平性を測る1つの尺度と考えられる。すなわち、課税の累進性が大きくなればなるほど公平な社会であるといえるであろう。

 本論稿では一国において地域が県や州といった行政単位に分かれている場合、貧しい県(州)になればなるほど手厚く郵政サービスが提供されていれば郵政サービスの観点から「公平である」と定義する。
 アメリカ合衆国法典第101条の精神を尊重しようとすればこのような状況が発生するのではないかと考えられるからである。
 具体的には統計処理を行なって平均所得(あるいはメジアン)が低い行政単位であればあるほど一人当たり郵便サービスが利用可能であると確認できればその国は郵政サービスの観点から「公平である」と定義する。

 筆者はこの立場から日本、アメリカ、ドイツ、イギリス、ニュージーランド、およびオ ーストラリアについて比較を試みた。
 最近はIT(information technology)時代を反映して各国の郵政事業当局は年次報告をインターネットのホームページに発表しているのでその情報を利用して公平性を
評価できた場合がある。その年次報告の情報を用いて分析できない場合,郵政事業当局(会社)に情報提供を依頼した。その場合、情報提供を拒否された場合もある。それは「公平性」が民営化により損なわれるのではないかとの批判に利用されることへの配慮であるかもしれない。
 本論稿で行なった国際比較では国のサンプル数が少ないので本論稿で行なう結論を一般化するのは危険が伴なうが、その危険性を承知で敢えて結論付けるとすれば民営化により 公平性は低下するといってよいであろう。

5 結論と課題

 本論稿の目的は限られた時間の中でできるだけ多くのデータを集め、公平性という観点から世界の郵政事業を比較することであった。
 この限られた時間内に調査した国は日本、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア、ドイツ、およびイギリスであった。
 もともと民営化路線で知られるニュージーランドにおいては公平性は成り立たないであろうとの予測をしていたが、実際、このことが確認された。
 最も興味があったのはドイツであったが、ドイツポストの返事を信ずれば公平性は成り立たないというものであった。
 従って、イギリスの官僚制の非効率による問題はあるが、最初の予測、「民営化に重点を置く国であればあるほど公平性は犠牲にされざるを得ない」はほぼ確認されたように思われる。

 そこで問題は現在の日本の郵政3事業の改革に本論稿をどう生かすかということである。
 日本の郵政3事業は効率性の観点から論じられる場合が多い。
 例外は、財部誠一・織坂濠『郵貯が危ない』(徳間文庫、2001年)であろう。
 この著書は John P. Caskey "Fringe Banking: Check-Cashing Outlets, Pawnshops, and the Poor"(Russell Sage Foundation, 1994)などに拠りながら、「公平性」の観点から日本の郵貯をライフライン銀行として位置付ける事を提案している。
 もし日本の金融サービスの国際化がイギリスやニュージーランドで見られるような「ウ ィンブルドン現象」をもたらすとすれば「効率性」重視の外国銀行の行動は financial exclusion をひき起こす恐れがある。
 その意味でライフライン銀行としての郵貯という議論は一考の価値があろう。
 ただ、世界的に郵政事業の赤字体質はオーストラリアの免許制郵便局の導入の動きに代表されるように各国で郵便政事業の直営方式から「請負」方式への転換が行なわれている。
 イギリスでも直営郵便局はサブ郵便局と比べコスト高であるとの判断から前者から後者への転換が図られている。
 このように「公平性」を維持しながら「効率性」を模索しているのが世界の郵政事業の現状であり、これは日本も考慮すべき点であろう。

 本論稿は時間の制約から「民営化」という観点で注目されているオランダ(『変革期の郵政事業』2000年、pp.222-3)についての分析を行なっていない。
 オランダをはじめフランスなどの郵政事業を吟味して「公平性」という観点から世界の郵便事業の比較を完成させることは将来の課題としたい。


郵政事業の国際比較:公平性の観点から
(広島大学経済学部 吹春俊隆)
https://home.hiroshima-u.ac.jp/fukito/postalservice.pdf

posted by fom_club at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小泉郵改革

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 かんぽ生命保険の不正販売問題から始まった日本郵政の大騒ぎは、郵政グループトップの総辞任でひとまず幕引きとなった。
 しかし、そもそも、なぜあのような不正が起きたのか。
 それは長門正貢(1948年生まれ)日本郵政社長の辞任の弁が端的に物語っている。
 厳しい現状の中で最善を尽くしたが力不足だったと。
 あしもと(現場)の把握が足りなかったと。

 民営化とは市場原理にさらされることだ。
 職員は収益を上げるためにノルマを課せられる。
 その結果としての不正だったことは既に報じられている通りだ。
 しかも、郵便にしても、金融・保険にしても、民間との過当競争ははじめから分かっていた。
 民間圧迫になるとさんざん言われた。

 なぜ郵政民営化をしなければいけなかったのか。

 それを強引に推し進めたのが小泉純一郎(1942年生まれ)首相だった。
 いまこそ小泉純一郎首相を引っ張り出して、郵政民営化は正しかったのか、その是非について議論をし直す時だ。
 誰もがそう思うだろう。
 しかし見事にメディアはそれを封印している。
 あの時メディアも一緒になって小泉郵改革を持ち上げたからだ。
 そう思っていたら、きのう12月27日の日経新聞に一段の小さな記事を見つけた。

 小泉純一郎首相が26日のテレビ番組で日本郵政グループの引責辞任についてこう語ったという。
「徹底した民営化の会社だという方向で立て直してもらいたい」と。
「改革を中途半端にしてしまった。国家でないと出来ない事業ではない」と。
 民営化の努力が足らないと言っているのだ。

 もちろん私はその番組を見ていないが、その時、司会者や出演者はどう反応したのだろうか。
 出演させるぐらいだから、おそらく小泉批判は封印されていたに違いない。
 今になっても小泉首相は批判されないのだ。
 安倍首相をここまで悪しざまに批判する野党や国民も、小泉純一郎首相は批判しない。
 そこで思い出すのが平成の最後に行った読売新聞の世論調査だ。
 平成の30年を振り返って一番印象に残る人物に、なんと天皇陛下(いまの上皇)を抜いて、ダントツが小泉純一郎首相だった。
 そのことを当時のメルマガで私は驚きをもって書いた。
 小泉純一郎にはかなわないと。
 元祖小泉批判の私が言うのだから間違いない。

 小泉純一郎の人気が続く限り小泉進次郎の人気は終わらない。
 小泉進次郎のスキャンダルを書いた週刊文春も、今度ばかりは売り上げを落としたに違いない。


天木直人のブログ、2019-12-28
誰も問わない小泉純一郎の責任
http://kenpo9.com/archives/6427

 日本社会が急激な劣化を始めたのは2001年からだ。

 小泉政権が誕生し、経済の弱肉強食化が推進された。
 経済的な勝者は決して「がんばった人」ではなかった。
 政治権力を不正に利用した「よこしまな人」が濡れ手に粟の不当利得を得る構造が構築されたのである。

「民営化」と表現すると聞こえは良いが、実態は公的事業の「営利化」、「利権強奪」である。
「民でできることは民に」のかけ声で推進された「郵政民営化」がどのようなものであったのか、現時点で総括する必要がある。

 郵政民営化法が制定される際に、「かんぽの宿」売却が法律に潜り込まされた。
「かんぽの宿」をオリックス不動産に破格の安値で払い下げるプロジェクトが密かに進行したのだ。
 かんぽの宿79施設をオリックス不動産が109億円で取得する寸前まで事態は進行した。
 売却される79施設の1施設に過ぎない「ラフレさいたま」だけで時価は100億円相当というものだった。
 詳細は割愛するが、はじめからオリックスに払い下げることを仕組んだ「出来レース」であった疑いが濃厚だ。
「民営化」の名の下に私腹を肥やそうとする勢力が蠢(うごめ)いていたと見て間違いないと判断できる。

 間一髪のところで不正払い下げは未遂で済んだ。
 この「かんぽの宿」払い下げを推進したのが日本郵政の「チーム西川」である。
 日本郵政社長に三井住友銀行の西川善文(1938年生まれ)頭取が起用された。
 西川氏とともに三井住友銀行から出向した者などが中心になって「チーム西川」が編成され、この不正払い下げ事案が推進された。
 その「チーム西川」の中心人物が横山邦男(1956年生まれ)氏だった。

 日本郵政における横山氏の「実績」はこれだけではない。
 日本郵便に900億円を超える損害を与えたJPEX事業(ゆうパック・ペリカン便の統合)失敗でも中核的役割を果たした。
 横山氏はこれらの「実績」をあげたのちに銀行に戻ったが、経営企画担当の専務執行役として日本郵政に勤務中も、横山氏は三井住友銀行の社宅に住んでいた。

 当時の日本郵政はまだ完全な公的機関である。
 その公的機関の要職にある者が一私企業の職員であれば、当然、重大な利益相反問題が発生し得る。
 横山氏は日本郵政に重大な損失を与えて銀行に戻ったが、第2次安倍内閣が発足して日本郵便社長に抜擢されたのだ。
 その日本郵便が保険販売で史上空前の不正を行ったことが明らかになっている。
 保険販売を担当したのは日本郵便の職員である。

 日本郵便社長の横山邦男氏が最大の責任を負う。
 横山氏が引責辞任に追い込まれるのは時間の問題と見られるが、これが「郵政民営化のなれの果て」なのだ。

 郵政民営化は、そもそも米国が、日本郵政グループが持つ有形無形の巨大資産に目をつけて、これを収奪するためのプログラムだった。
 この指令を受けたのが小泉純一郎氏である。
 米国はその執行役として米国のエージェントである人物(竹中平蔵)を郵政民営化担当相に指名した。
 米国は同時に日本の金融機関の収奪プロジェクトも進めていた。
 この件についても米国は、その執行役に米国のエージェントである人物を(竹中平蔵)金融担当相に指名したのだ。

 自己資本比率に関するルールを突然変更する方針が示されたときに、烈火のごとく怒りを示したのが三井住友銀行の西川善文氏だった。
 しかし、金融担当相は西川氏と米ゴールドマンサックス最高幹部を引き合わせて自己資本不足に対応する資金調達を斡旋した。
 この時点から西川氏の態度が一変した。
 小泉政権に正面から異論を唱えた人物が頭取を務めるりそな銀行が標的とされ、「風説の流布」、「株価操縦」、「インサイダー取引」という巨大な犯罪的行為によってりそな銀行が乗っ取られた。

 この悪魔のプロジェクトの邪魔になった関係者が2名も不審な死を遂げた。
郵政民営化なれの果て」の一つの断面がかんぽ生命保険不正販売事案である。
 日本郵便はすべての保険商品の販売を自粛したが、たったひとつの例外がある。
 米国アフラック生命の保険商品だけ、いまなお販売を続けているのだ。

 日本は完全に腐り切っている。


植草一秀の『知られざる真実』2019年8月22日 (木)
郵政民営化という名の究極売国政策を糺す
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-af6f0b.html

「郵政民営化」の見直し論議が活発化しているが、2005年9月の「狂気の郵政民営化選挙」の結果成立した「郵政民営化法」には「3年ごとの総合的な見直し」が明記されている。
「小泉竹中一家」が慌てふためいて「郵政民営化見直し」を阻止するための言動を示しているが、「郵政民営化を総合的に見直す」ことは法定事項であることを忘れてはならない。

「かんぽの宿」疑惑の核心は以下の点にある。
  
@「日本郵政株式会社法案」決定直前に「かんぽの宿」売却規定がすべり込むように盛り込まれた。この法案化を指示したのは竹中平蔵担当相(当時)であったことが国会答弁で確認されている。理由は「本業でない=コア業務でない」ことだと竹中氏は著書に明記している。

A 竹中氏はその後、東京駅前郵便局の再開発など、日本郵政が不動産事業に本格進出することを奨励する発言を示している。「不動産事業」は「本業=コア業務」ではない。駅前ビル事業の奨励と「かんぽの宿」売却とは完全に矛盾する。

B「かんぽの宿」79施設は2400億円の資金を投入して取得された貴重な国民資産である。79施設の固定資産税評価額は857億円である。一般に不動産の実勢売買価格は固定資産税評価額の1.3倍から1.5倍と言われている。「かんぽの宿」79施設は1000億円程度で売却されるのが順当と考えられるが、これがオリックス不動産に109億円で売却されることが決定された。

C 日本郵政は「かんぽの宿」売却を当初、「一般競争入札」によるものと説明したと見られるが、実際の売却先決定プロセスを見ると、事実上の「随意契約」であることが判明した。

D 日本郵政で「かんぽの宿」売却担当の責任者は横山邦男専務執行役と伊藤和博執行役であるが、横山氏は三井住友銀行から、伊藤氏はオリックスが出資する不動産会社「ザイマックス社」から西川義文社長が引き抜いた人物である。「かんぽの宿」売却決定は西川社長直轄の特命チームで行われた。

E「かんぽの宿」安値売却の根拠は、「かんぽの宿」の収支が赤字であることを背景とする、政府の財産評価委員会による著しく低い簿価決定にあるとされる。しかし、赤字は「かんぽの宿」が加入者福祉施設であることと巨額の原価償却負担が原因であり、この赤字を前提とした資産価値評価は適正でない。政府の財産評価委員会で資産価値鑑定の中心的役割を果たしたと考えられる奥田かつ枝委員はオリックス関係者であることが判明した。

F 今回の一括売却以前に日本郵政公社が「かんぽの宿」等の売却が実施されているが、このなかに1万円売却が6000万円転売事例や1000円売却が4900万円転売事例などが多数含まれている。これらの資産売却の全容解明も求められている。

 これらの疑惑が存在しており、国会で疑惑追及が進められているものの、全容解明には程遠いのが現状である。

 竹中平蔵氏は宮内義彦(1935年生まれ)氏が郵政民営化のプロセスには一切関与していないと発言しているが、そうではないとの証拠が残されている。

 宮内義彦氏は小泉政権時代、総合規制改革会議議長を務めていた。総合規制改革会議は政府の行政改革推進本部に設置された政府機関である。一方、「郵政民営化」について、竹中平蔵氏が小泉元首相から経済財政諮問会議での論議を指示されたのは、竹中氏の著書によると2003年6月25日である。2003年9月に総選挙が実施され、10月3日の経済財政諮問会議で「郵政民営化」が諮問会議の正式議題に設定された。

 この経済財政諮問会議の直後にあたる2003年10月7日に開かれたのが2003年度第5回総合規制改革会議である。この会議冒頭に金子一義(1942年生まれ)行政改革担当相が以下に示す発言を示している。
 本年夏以降、総合規制改革会議の委員の間では、郵政三事業の民営化などについて同会議で取り扱うべきとの議論があったと聞いている。一方、ご存知のとおり小泉総理からは、本件を経済財政諮問会議において集中的に取扱うこととし、そのとりまとめを竹中大臣にお願いしたいとの指示が公式にあった。
 そこで、こちらの会議との関係について、先週の閣議終了後、小泉総理と相談させていただいたが、総理は総合規制改革会議でそのような議論があったことについては、石原前大臣からも聞いていたとのことである。しかし、2箇所で検討を行うよりは1箇所に集中して、来年の秋までに基本方針をまとめるというスケジュール感をもって取り組んでいきたいので、経済財政諮問会議で一元的に検討させたいとのことであった。委員の皆様には何とぞご理解願いたい。

 金子行革相の発言を受けて、宮内義彦議長が次のように発言した。
 当会議と経済財政諮問会議とは、引き続きできる限り連携を保っていくことを考えているので、同会議から本件についていろいろな検討依頼がされることも想定できるのではないかと思うが、大臣が話された事情のとおり、当面、アクションプランの追加項目からは外すこととしたものである

 つまり、郵政民営化論議は経済財政諮問会議に一元化されることになったが、総合規制改革会議でも「郵政民営化」は論議されてきたのだ。さらに、2003年10月以降も、宮内義彦氏は総合規制改革会議と経済財政諮問会議とは「引き続きできる限り連携を保っていく」ことを明言しているのだ。宮内氏も「郵政民営化」について政府関係機関で論議した実績を有しており、竹中氏の発言は事実と異なっている。

 「かんぽの宿」疑惑の核心は、国民の貴重な財産が、一部の特定関係者によって「私物化されている」のではないかとの点にある。

 竹中氏は2007年10月1日に日本郵政株式会社が発足したことをもって「民営化」が実現したと判断しているようだ。竹中氏の考え方を端的に示しているのが、竹中氏の著書『構造改革の真実』239ページの以下の記述だ。
 辞書によると、民営化とは「民間の経営に任せること」とある。文字通り郵政民営化とは、郵政の経営を民間に任せることであり、政府はそれが可能なように、また効率的に行われるように枠組みを作ることである。これで西川氏に、経営のすべて、民営化のすべてが委ねられることになった

「民営化」された日本郵政の経営に、政治も行政も国民も、一切口を出すな、というのが竹中氏の主張のようである。竹中氏は株式会社経営に移行したのだから、西川善文社長の一存で、すべてを決定できると勘違いしているのだ。

 しかし、「かんぽの宿」一括売却のような行動が全面的に展開されたのでは国民の貴重な資産はぼろぼろにされる。「かんぽの宿」問題は国民に対する重大な背任行為である。重大な背任行為の疑いが生じた以上、日本郵政の経営の現状を全面的にチェックすることが不可欠だ。

 「かんぽの宿」疑惑が拡大すると、小泉元首相が「笑っちゃうくらいあきれている」と「笑っちゃうような」発言を示し、マスメディア報道が小泉元首相発言に集中した。その後は、小沢一郎民主党代表に対する「国策捜査」疑惑が表面化し、マスメディア報道は西松建設問題一色になった。

 小泉元首相が「政局から手を引く」発言を示したと同時に、鳩山総務相の日本郵政に対する態度が急激に軟化したように見える。鳩山総務相は自民党内「小泉竹中一家」による倒閣運動をけん制するために「かんぽの宿疑惑」を取り上げたと考えられなくもない。

 テレビ朝日、日本経済新聞は相変わらず、「郵政民営化」推進活動を展開し、テレビ朝日はクイズ番組「パネルクイズアタック25」、「徹子の部屋」に竹中平蔵氏を登場させる異様な対応を示している。

「かんぽの宿疑惑」を闇に葬ってはならない。
 田中真紀子(1944年生まれ)議員が示唆したように、政局の裏側にCIAと「小泉竹中一家」の連携が蠢(うごめ)いているように見える。
 ネットから真実を追求し、国会で野党勢力が問題の核心を追及してゆかなければならない。
 民主、社民、国民新党による「かんぽの宿」追及チームの一段の活躍が強く望まれる。


植草一秀の『知られざる真実』 2009年3月10日(火)
徹底追及「郵政民営化・かんぽの宿の闇を暴く」
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-0da3.html

posted by fom_club at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

時には母のない子のように もしくは déraciné

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 半世紀、50年も前のこと、

時には母の ない子のように
だまって海を みつめていたい
時には母の ない子のように
ひとりで旅に 出てみたい
だけど心は すぐかわる
母のない子に なったなら
だれにも愛を 話せない

時には母の ない子のように
長い手紙を 書いてみたい
時には母の ない子のように
大きな 声で呼んでみたい
だけど心は すぐかわる
母のない子に なったなら
だれにも愛を 話せない

時には母のない子のように……

「時には母のない子のように」作詞:寺山修司、作曲:田中 未知(ヤッホーくん注1)

カルメン マキ「時には母のない子のように」(1969)
https://www.youtube.com/watch?v=Iyf3Qy9Ro5I

 劇団「天井桟敷」に入団し、主宰者の寺山修司が作詞した「時には母のない子のように」を歌い、1969年に17歳で衝撃的なデビューを飾ったカルメン・マキさん。
 当時は作曲家の武満徹、詩人の谷川俊太郎、写真家の篠山紀信、画家(イラストレーター)の横尾忠則ら錚々たるメンバーに囲まれた。

「寺山さんのおかげというか、寺山さんの人望ですよね。今は偉くなっちゃった人達ばかりですけど、当時はまだ新人でした。」

 今でも寺山修二の作品はライブで朗読する。

「天井桟敷出身なので朗読は得意。ジャズミュージシャンなどの即興演奏をバックに寺山さんのエッセイや詩を読んでいます。長いお話を語るっていう感じ。ほとんど寺山さんの作品ですね。あとは自分の詩とか友達の作品です」

 マキさんにとって寺山修二はどのような存在だったのか。

「稀有な才能を持った方ですよね。最初は俳句とかから始まって、詩を書き、戯曲を書き物語を書き演出家になり、劇団を作って、競馬の評論家でもある。出会った当時、彼は30代ぐらいと思いますが、すごく大人に見えました。私が若かったせいかもしれませんけど…」

 その後も寺山修二が詩を書いた「戦争は知らない」などフォークソングを歌った。

 小さい頃から詩が好きだった。
 米国人の父親はマキさんが生後間もなく帰国。
 母子家庭で育ち、1人っ子だったので、おのずと自分と向き合う時間が多かった。
 読書したり、思いついたまま散文詩をノートに書いたりする少女だった。
 しかし、運動も大好きで中学時代は文芸部とバスケットボール部に入っていたという。

「私って二面性があるんですよね。歌も朗読などのアングラとロックというように静と動があります」

 マキさんの大きな転機になったのは、1970年頃。ジャニス・ジャップリンらに感化され、ロック転向を突然、表明した。

「デビューがソニーだったので会社に通っていると嫌でも洋楽LPがあるので、サンプル盤をたくさんもらうんですね。ソニーにはピンクのワイシャツに水玉のネクタイとかしている有名なディレクターがいて、洋楽の知識が豊富。『マキ、これがいい』とくれたものの中にジャニス、ジミ・ヘンドリックス、フリートウッド・マック、マイクブルームフィールドがあり、うちに帰って聞いて影響されました」

 紆余曲折を経て1972年にはロックバンド「カルメン・マキ&OZ」を結成。

 75年には自ら作詞した「私は風」を発表した。

<あぁ もう涙なんか枯れてしまった 明日からは身軽な私 風のように自由に生きるわ ひとりぼっちも あぁ気楽なものさ>

 この曲が収録されたアルバム『カルメン・マキ&OZ』は10万枚以上をセールスし、当時のロックアルバムとしては異例の大ヒット。
「私は風」は中森明菜・B’zなど多くのアーティストがカバーした。

「好き、惚れたとかのラブソングよりも、外に向かって書いてる詩が多いですね」

 マキさんが作詞作曲した『NORD〜北へ』は、サックス奏者の阿部薫と作家の鈴木いづみの破局的な恋を歌ったものだ。

「彼らは稲葉真弓さんの小説『エンドレス・ワルツ』でも描かれています。あの詞の『誰よりも早く 誰よりも遠く 誰よりも強く 誰よりも深く』は阿部薫が亡くなったときに彼のポケットの中に入っていた殴り書きなんです。これを発端に曲を作りました。彼らは絶対に南には行かず、極寒の地、北を目指すだろうと。真剣に向き合って作品を作った結果、破滅に向かうアーティス達の歌を作りたかった」

 2011年に東北大震災が起こった後、『デラシネ』(根無し草)という歌詞を書いた。

「3.11の事故によって故郷を失って帰るところのない人が日本中にあふれていると思い、デラシネという言葉が漠然と浮かびました。あの時、原発問題にちゃんと向き合わなければ、いけなかったのに結局、日本は何も変らなかった。今は思考停止し、人の体温のようなものがあまり感じられない世の中になってきていると思えてなりません」

 マキさんは3・11まで自分の胸のうちにある孤独、デラシネ感は個人なものと考えていた。

「生い立ちからなのか、やっぱり私は1人なんだという孤独が子どもの頃からずっとありましたから…」

 しかし、最近は五木寛之の「デラシネの時代」(角川新書)という本も出版されるなど社会現象化しつつある。

「今の時代は日本中、みんな孤独を抱え、いつ『デラシネ』になるかわからない危機の中で生きているような感じがします。これまで根無し草って特殊な人に対する言葉だったけど、今はそうではないと思います」

 マキさんの中にあったデラシネ感を決定的にしたのは一昨年春。

「母が亡くなり、もう誰もいなくなり、本物のデラシネになっちゃった。でも私のようなデラシネ、たくさんいるでしょうという思いを込めて、歌っています。絶望感はあっても生を全うしないといけないなと思っています」

 今年でデビュー50周年となる。

「17歳から社会に出て歌ってきたので。唄うことしかできない私ですが、私の歌を聴いてくれる人がいるおかげだと思います。まさか50年も続けられるとは…。当時、マスコミには一発屋と言われましたが、その悔しさもあって。ざまあみろだよね(笑)」

※ 週刊朝日5月3-10号より加筆


[写真]
カルメン・マキさん(撮影・大野洋介)。米国人の父と日本人の母との間に1951年、神奈川県で生まれる。デビュー曲「時には母のない子のように」はミリオンセラーとなり、NHK紅白歌合戦への出場も果たす。70年以降、ロックに転向、今はノンジャンルの音楽スタイル。「私は風」「閉ざされた町」「デラシネ」などの曲を発表。

dot.asahi.、2019.4.24 11:30
カルメン・マキが語るデラシネの時代
「歌って生き抜く」

(本誌 森下香枝)
https://dot.asahi.com/wa/2019042300059.html

美空ひばり- 時には母のない子のように
https://www.youtube.com/watch?v=4bNY8H4Uu3c

石原裕次郎- 時には母のない子のように 
https://www.youtube.com/watch?v=ErIyiYuBxFE

(ヤッホーくん注1)田中未知『寺山修司と生きて』(新書館、2007)

 そもそも田中未知が寺山修司と出会ったのは、彼女が20歳そこそこで西銀座デパートの一角にイラスト展を開いたとき、寺山が見に来てくれたことに始まっていた。
 寺山が30歳のときのこと、1966年だ。
 未知さんのお姉さんが買っていた寺山の『ひとりぼっちのあなたに』に記されていた住所に、イラスト展の案内状を送ってみたところ、寺山がひょっこり見に来ていたのだという。
 だからイラストレーションにも才能が光っていたのだが、この顛末は、実は未知さんを決定づけたものともなった。
 その話をついでに紹介しておく。

 翌年の1967年に、天井桟敷が結成されたのである。
 貧乏劇団は何でもしなければならない。
 劇団員は好きな芝居にかかわるために夜中の仕事や早朝のアルバイトをして、生活費と劇団費を稼ぐ。
 劇団側もつねに資金稼ぎをしなければ、食ってはいけない。
 そのための詩のサロンなども開いていて、あるとき未知さんもそこに出かけた。
 その帰り際、寺山が「劇団員になりませんか」と声をかけたのだ。

 これでうっかりメンバーになったのだが、旗揚げ公演の『青森県のせむし男』を見て、そのドロドロの雰囲気にあまりにも自分の肌にあわないものを感じ、「やめたい」と申し出た。
 ところがそこで寺山は意外なことを言ったのだ、「それなら秘書としてぼくの仕事を手伝ってくれませんか」。

 これが決定的だったようだ。
 それから16年、田中未知は「自分の職業は寺山修司である」と言い切るまでの日々を送っていく。
 寺山修司が47歳で死ぬまで、一番のそばにいつづけた。


松岡正剛の千夜千冊
https://1000ya.isis.ne.jp/1197.html

 もう一冊、ヤッホーくんお勧めなのがこちら:
「田中未知(作曲家)ここが約束の地
稲泉連『こんな家に住んできた、17人の越境者たち』(文藝春秋、2019年2月)所収

(ヤッホーくん注2)カルメン・マキ デラシネ
https://www.youtube.com/watch?v=537NsRVN1_0
https://www.youtube.com/watch?v=I_wUrTU4dIY
http://zicca-records.net/carmenmaki/

posted by fom_club at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放置国家なのか、法治国家なのか、秋元司逮捕から見えてくるもの

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

「あいうえお」の法則で当選、落選

 秋元司衆院議員はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)への日本参入を目指していた中国企業の外為法違反事件に関連し、便宜を図る見返りに現金数百万円を受け取った疑いが強まったとして、2019年12月25日、逮捕された。
 秋元氏は即座に自民党に離党届を提出、受理された。
 国交省副大臣としてIRを担当、職務権限を有していた秋元氏に対する贈収賄事件に発展、今後が注目される。
 さて、そもそも秋元司衆議院議員とはどんな人物なのだろうか。

 大物政治家の世襲議員でもなく、また大臣を経験した訳でもなく、地元の選挙区である東京15区(江東区)以外ではよっぽどの政治通でなければ顔を浮かべることはできないのではないだろうか。

 衆議院議員としては「3期生」。
 しかし、2012年で初当選したいわゆる「魔の3期生」とは違う。
 2004年から一期参議院議員を経験しているのだ。
 その際は自民党の比例代表候補として30万票以上を集め、竹中平蔵の次、つまりは自民党第2位で当選している。

 ところが、6年後の改選時には得票を22万票余り減らし8万票で落選。
 現職有利と言われる選挙。
 有力団体が他候補についた等の事情もあるだろうが、自民党関係者によればそれは秋元氏の実力ではなく、単に「あいうえおの法則」ではないかと言われていたという。

 選挙で「あいうえおの法則」と言うのは、全国比例名簿の名簿記載順と当選の因果関係のことだ。
 政党支持者で比例区では誰に入れていいかわからない人は自動的に最初に名簿に書かれた名前に投票するから、あ行の名前は有利という「法則」である。

 「秋元司(あきもとつかさ)」。

 確かに2004年、当選した際の候補者名簿では秋元氏が最も右側に記載された。
 2010年の落選時には「秋元司」の前に「赤石清美(あかいし清美)」がいた。
 赤石氏は10万票あまりを獲得、法則通りに最下位ながらも当選し、落選した秋元氏とは明暗を分けた。

「陳情さばき」が日常業務 「票田のトラクター」モデル

 2010年の参議院選挙で落選した秋元氏は、その後衆議院へと転出を図る。
 そして2012年、野田内閣での解散総選挙で当選。
 しかし、この時の衆議院選挙は民主党に逆風が吹いており、東京25小選挙区のうち22選挙区は自民党・公明党の現与党候補者が圧勝している。

 落としたのは長妻昭氏、長島昭久氏、柿沢未途氏がいる3選挙区だけだが、秋元司はまさに柿沢氏の選挙区で、重複立候補での比例復活当選だった。

 保守系議員にとって選挙が弱い、厳しいとなると、やることは一つである。

「(秋元氏だけでなく)自民党の議員はいかに陳情をさばくか。政策秘書や地元秘書を窓口に、支援してくれる企業と官庁の担当者をつなぎ恩を売ることは日常業務となっている」

 就職・縁談も含めた陳情をさばき、有権者と切っても切れない関係を作る…いわば古い自民党が行ってきた陳情政治を徹底的に行うことが今も奨励される。

 秋元氏は小林興起氏の秘書を学生時代から勤めたことからみても、平成以降も小沢一郎氏とその秘書たちがモデルと言われる漫画「票田のトラクター」に描かれた昭和の選挙を体験してきているだろうし、そこに違和感も感じることはなかっただろう。

 相手候補は先代からの地盤を引き継ぎ、都議、衆議院議員として時間を変えて選挙区を醸成してきている選挙巧者の柿沢氏である。
 飲酒運転等のマイナスがあっても復活できたのはそうした分厚い基盤の上での日常活動があってからのことだろう。

 それに対抗し、相手を超える票を集めるためにはそれなりの金が必要だ。

 それを端的に表しているのが「政治資金収支報告書」である。
 秋元氏は個人献金等もそこそこ集めているが、一方でその屋台骨は企業団体献金であることがわかる。
 秘書としての経験も生かしながら、率先して金集めに奮闘していただろうことがみて取れる。

職務権限=「口利き」「あっせん利得」の成立要件

 有権者からの「陳情」「要望」を聞き、その解決に向けて動くことは一国会議員としてはさして問題ではない。
 個人の問題にとどまらず社会化できることであれば、それは是としてとらえられる場合も多い。

 一方で、個人の益だけに閉じたものや、企業利益を目途にした陳情等はどうであろうか。
 一国会議員が職務権限なしに問い合わせ先や情報収集先として官僚等を紹介することはそう珍しいことではない。
 それがなぜ許されているかといえば、大前提として一議員には直接の「職務権限」がないからである。

 ただ、たとえば「職務権限」がないからといって、総理や官房長官から声がかかれば、何らかの厚遇をせねばならないと現場が感じてそう動く場合は往々にしてあるだろう。
 これがまさに「忖度」で、森友、加計の問題でも散々言われたところでもあるが、結局は口利きをした方に明確な「職務権限」があったか、なかったかと言うのは重要なポイントである。

 大物議員ほど「職務権限」には敏感で、これまでの付き合い等で口利きを頼まれても、正面から議員本人が乗り出すことはしないし、ある意味「忖度」されるよう外堀を埋めるのだ。
 数々の体験等の積み重ねの中でグレーゾーンの「キワ」を見極め、また疑いがかけられたときにどう言い逃れできるかを想定しながらどう攻めるのかを考えるのだ。

 秋元氏のように国交省副大臣になり自らが担当したIR案件で「口利き政治」を展開するなどといった初歩的ミスは、秋元氏が残念ながら小物で、また政治家になる過程で秘書として、議員として所詮そのレベルの教育しか受けてなかったということに尽きるのである。

 前述通り、選挙区で無理をしなければならなかった背景もあるだろうが、同僚議員の横のつながり等があれば逮捕にまでいく案件には手を出してはならない等の諫めを受けることもできたかもしれない。

 昨今、なかなか勝てない野党の選挙文化を見直す必要性があるとの流れの中で、前述の「票田のトラクター」で展開されたような過去の選挙スタイルに活路を見出そうとする向きがある。
 しかし、それはかなりの毒薬。
 陳情政治との裏表の関係を生み出し、その後に政治家が背負う政治文化が生み出す負の側面があるということも、あえて付け加えておきたい。

巨悪はなぜ捕まらないのか

 自民党には秋元氏同様、疑惑のある議員がたくさんいるではないか。
 なぜそこに捜査は及ばないのか――。
 多くの人々が持つ疑問であろう。

 最近でいえば、菅原一秀、河井克行・あんり夫妻。
「桜を見る会」でいえば安倍総理も含めてなぜ逃げおおせているのか、と。


 検察には、エリート集団で将来は検事総長を生み出す組織としての「赤れんが組」と、現場で地道に事件を追う「現場叩き上げ組」があり、時に反目し合いながら社会正義≠フ実現を目指している。

 政権に対する配慮や忖度等はなかったのか。
 今回の秋元司氏の一件に関しては、東京地検特捜部が捜査する中で十分に「証拠」が確保されたこと、十数年ぶりの贈収賄事件という、ある意味組織の威信を示せるチャンスでもあったというのが、政界関係者の大方の見方である。

 今後、他の議員への広がり等が見られないであろうことも、安心して立件できるということだったのかもしれない。
 秋元氏の個人的な話に閉じて広がらないのであれば、「忖度」の必要もないからである。

 ただ、東京地検特捜部はそう見られるのを否定するかのように秋元議員の贈収賄事件の関係先として、千葉県印西市にある自民党の白須賀貴樹衆院議員の地元事務所に家宅捜索に入った。
 こちらは「魔の3期生」でもある。

 一方でなぜ菅原、河井氏らについては警察・検察が積極的に動こうとしないのか。

 彼らの件は警察や検察主導ではなく、告発等があって初めて動くもの。
 検察等からすると証拠等の確保も含めて、基本的には他力案件なのである。

 前述通り、強い政治家ほど、不法行為と認識していても、ギリギリのところで疑惑を否定できるような担保はとる。
 公職選挙法や政治資金等の問題でも相手の政治家はすでに筋書きも用意していて「秘書がやった」で終わることも多く、取りざたされているような公職選挙法がらみの事件は、労多くして警察や検察にとって積極的にやりたい案件とは言えないのだ。


「グレー」部分の多い法律が「都市伝説」を生む

 ただ、もしかすると「桜を見る会」は例外になるかもしれないと思っている。

 というのも、ある意味、安倍政権にとってはそう重要視していない行事で、だからこそ「突っ込まれた時の備え」を全くしていなかったのである。

 ツギハギだらけの答弁、資料等の隠蔽、抹消はさらなる疑惑を生む。
 もしもどこかのタイミングでそれに付随して思わぬ疑惑が発覚、政治案件として警察・検察主導型で特捜部案件、つまりは「事件」となる展開にならないとも限らない。

 ただ、「疑惑」から「事件」に発展する途中では詰まり、滞りが幾多もある。
 それをどうほぐしていくのかが課題となる。
 政権に近ければ近いほど誰が見ても「クロ」でなければ公判等が持たないからである。
 つまり少しでも「グレー」である限りは負ける可能性があるということだ。

 政治家がらみの法律=公職選挙法等は、その言い訳が効くように、作ってあると言っても過言ではない。
 それが今回のあまりにわかりやすい「職務権限」案件である秋元事件との違いである。

 ちなみに、よしんば「クロ」となってもその努力がちゃぶ台返しということも起こりうる世界でもある。
 どんなに検察が頑張っても最後は法務大臣の指揮権発動で事件は止めることができるのだ。

 指揮権発動については、1954(昭和29)年の造船疑惑がある。

 自由党幹事長佐藤栄作に対する収賄容疑による逮捕許諾の請求を行ったが、犬養健法相が吉田茂首相の意向を受け、指揮権を発動し拒否した。
 以後、捜査は挫折、構造汚職事件の追及は阻止されたが、65年前の事件に思いをはせなければならないほど、政治の世界に流れる水は出口を失い、よどみの中にある。

「巨悪は捕まらない」
「権力の近くにいれば、要件に満たなくとも学校設立ができる」
「レイプをしても捕まらない」
「普通の人がいけない場にも招待される」
・・・それはまるで「都市伝説」のように私たちの中でもはや「自明」のものとなっている。

 ことの本質を見極めて、健全な流れを生み出し、「巨悪」が正当に裁かれる状況にするためには、結局は政治に緊張を持たせることしかないのだ。

 それは「都市伝説」ではなく、「犯罪」。
 単純明快にそう言い切れる2020年にせねばならない。


[写真-1]
秋元司衆院議員の地元事務所から段ボール箱を運び出す東京地検特捜部の係官ら=2019年12月19日、東京都江東区

[写真-2]
カジノ解禁法案が採決された衆院内閣委員会で、委員長を務めた秋元司衆院議員=2016年12月2日

[写真-3]
秋元司衆院議員の自宅があるマンションには、報道陣が集まった=2019年12月25日、東京都江東区

[写真-4]
辞表提出後の記者会見を終え、国会を出る菅原一秀経産相(左)=2019年10月25日

[写真-5]
造船疑獄事件で犬養健法相は1954年4月21日、佐藤栄作自由党幹事長に対する逮捕状請求を延期するよう指揮権を発動した。指揮権発動で逮捕を免れ、国会内で記者団と会見する佐藤栄作自由党幹事長=1954年2月21日

朝日新聞・論座、2019年12月26日
「巨悪は捕まらない」は都市伝説か? 
数々の疑惑のなか、秋元司逮捕で見えるもの

(井戸まさえ、ジャーナリスト・元衆議院議員)
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019122500007.html

※ ヤッホーくんのこのブログ、2018年07月10日付け日記「カジノ法案は、安倍首相からトランプ大統領への“貢ぎ物”」は、ぜひともお読みください。

posted by fom_club at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生きづらさを抱える日本

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 社員の自殺が相次ぐ三菱電機で、3年前に自殺した男性新入社員(当時25)と、今年2019年8月に自殺した20代の男性新入社員が同じ社員寮に入っていた。
 どちらも、職場での上司とのやりとりを記したメモを残していた。遺族側は、三菱電機の再発防止策に不備があったとみて詳しい説明を求める構えだ。

 3年前に自殺したのは、この年2016年4月に入社した新入社員。
 通信機製作所(兵庫県尼崎市)に配属され、ソフトウェア開発を担当していた。
 同年11月、鉄道などを使って1時間ほどの距離にある兵庫県三田(さんだ)市の社員寮で自殺し、遺族が翌2017年9月に損害賠償を求めて同社を提訴した。
 今年2019年、自殺した社員も同製作所と同じ敷地内にある生産技術センターに配属され、同じ社員寮に入寮。
 寮の近くの公園で自ら命を絶った。

 3年前に自殺した社員が書き残し、遺族側が2017年9月の提訴時に公開したメモには、複数の上司や先輩が質問にまともに答えず、同僚の前で激しく非難したことなどが記されていた。

「5年10年やってる先輩上司が非難しかしないことに絶望しました」
「家族との別れがつらいですが、人格を否定してくる三菱で○○(先輩の名前)と一緒に働き続けるほうがツライので私は死を選びます」
「私を死に追いやった関係者には罰を受けて欲しいです」
とも書かれていた。
「三菱は私のことを一生忘れないで欲しいです」
との記述もあった。

 今年自殺した社員の上司だった30代男性は自殺教唆の疑いで書類送検された。
 この上司から、
「次 同じ質問して答えられんかったら殺すからな」
「お前が飛び降りるのにちょうどいい窓あるで、死んどいた方がいいんちゃう?」
「自殺しろ」
などと言われたと記したメモが残っていた。

 遺族側代理人は今月12月18日の記者会見で、
「(遺族は)きちんと謝罪を受けていないし、納得できるような説明も受けていない」
としたうえで、新入社員の自殺が繰り返されたことについて、
「法的責任を前提として説明を受けたいと思っている」
と述べた。

 三菱電機は「再発防止には取り組んだが、具体的な内容は、当局が捜査中のためコメントできない」(広報)としている。
 上司の書類送検が報じられた直後から、「ニクイねぇ!三菱」のセリフで知られる家電などのテレビCMの放映を中止している。

 三菱電機の労務管理や、情報開示に後ろ向きな姿勢に対して、疑問の声が広がっている。
 関係者によると、遺族側代理人の会見後、三菱電機は新入社員の自殺と上司の書類送検について職場単位で社員に説明したが、報道の範囲を超える内容はなく、報道機関からの取材に一切応じないよう求めているという。
「労務案件」を理由に、来年2020年1月末まで社内外の宴席を自粛するよう通知も出した。
 50代の男性社員は、
「会社は力を入れるべき点をはき違えている。問題を隠蔽(いんぺい)しようとするのでなく、可能な範囲で説明して再発防止につなげるべきなのに」
と憤る。

 労働組合の中央組織・連合の神津(こうづ)里季生(りきお)会長は今月12月19日の会見で、三菱電機で社員の自殺や労働問題が相次ぐことについて、「対策を相当講じてきたと言われていたが、(対策が)現場にどう適用され、浸透が図られていたのかを考えると重大な疑問を持たざるをえない」と指摘した。
 三菱電機の元社長が副会長を務める経団連の中西宏明会長も23日の会見で、新入社員の自殺や書類送検について「個社の経営にごちゃごちゃ言ったらおかしくなる」としたうえで「そういう事象は誠に残念です」と述べた。


朝日新聞、2019年12月27日05時00分
三菱電機の新入社員自殺、3年前も同じ寮で
メモも残す

(内藤尚志)
https://digital.asahi.com/articles/ASMDV5DPLMDVULFA01R.html

 ことし2019年8月に起きたある事件。
 50代の女性が軽乗用車に92歳の母親の遺体を放置したとして逮捕されました。
 女性は家族3人で1年にわたって車上生活をしていました。
 “家族で車上生活”
 いったい家族に何があったのか。
 なぜ、そうした生活を送っていたのか。
 事件の背景に迫ろうと、私たちは取材を進めました。

車上生活家族の死体遺棄事件

 お盆休みも終わった8月20日。
 群馬県内では、最高気温が30度を超える暑さが続いていました。
 この日、群馬県警がある事件について発表しました。

死体遺棄被疑者の逮捕

 これが、すべてのきっかけでした。
 内容は「50代の女性が92歳の母親とみられる女性が死亡しているにもかかわらず、遺体を軽乗用車に放置した」というものでした。
 これだけでは、ニュースの原稿にするための情報が不足していたため、後輩の警察担当の記者が警察署の幹部に取材しました。
 すると「逮捕した女性が、母親と息子、家族3人で1年にわたり軽乗用車の中で生活していた」ことがわかりました。

家族で車上生活をしていた?
路上生活者とはどう違うの?
しかも、家族で?

 私たちの疑問は膨らみました。
 警察の発表で、女性の出身地が大まかにわかったので、私たちは取材班を組んで周辺を回りました。
 しかし、家族がどこで車上生活を送っていたか具体的な手がかりはつかめませんでした。
 私たちは、車上生活の拠点は自由に駐車することができて、トイレが利用できる「道の駅」ではないかと仮説を立てました。
 この時点では“勘”です。

近くに「道の駅」はないか

 取材でたどりついた女性の住んでいた家から車で10分ほどのところに広大な駐車場つきの「道の駅」がありました。
 当然、トイレは24時間使用できます。

 8月末、ある日の夕方、道の駅の駐車場の隅に車を止め、様子をうかがいました。
 店舗が閉まった午後7時。
 まだ空に明るさが残っていました。
 そして、1時間後の午後8時、空は真っ暗に。
 駐車場には、わずかな街灯しか明かりはありません。
「1台2台・・・・10台」
 一定の距離を置いて車が止まっていて、動く気配はまったくありません。
 中には、外から見えないように目張りをしている車もありました。
 明らかにキャンプやレジャーのためではない雰囲気を感じました。
あの家族と同じように、車の中で生活する人ではないか
 この日は、状況だけを確認し、引き上げることにしました。
 捜査関係者に、“勘” だけを頼りに、家族がいたのは「道の駅」ではないかと聞き続け、9月6日、ある道の駅の名前をつぶやいてくれました。
 ついに現場がわかりました。
 私たちが状況を確認した道の駅とは場所が違い、少しがっかりしましたが…。

家族が生活していた道の駅

 翌日、私たちは、家族が生活していたという道の駅を訪ねてみました。
 道の駅は、駐車場やトイレが24時間開放されていて食事をとることもできます。
 道の駅にある店舗では、地元産の野菜などが販売されていて、日中は家族連れでにぎわっていました。
 店舗の営業が終了し、人の姿がなくなった午後9時。
 この道の駅でも、駐車場には、動く気配がない車が数台止まっていました。
 車の中で生活する人たちが、ここにもいました。
 道の駅の従業員や頻繁に利用している運転手などに話を聞くと、この家族と見られる人たちを目撃していました。

 9月9日、逮捕された女性が不起訴となりました。
 これによって公開の法廷で裁判が行われないことになり、なぜ家族で「車上生活」を続けてきたのかは、詳しいことはわかりませんでした。
 事件としては、ここで区切りとなりました。

各地の道の駅に車上生活者が

 私たちはここであきらめず、取材を続けました。
 ほかの道の駅にも、同じように車上生活をしている人たちがいるのではないかと考えたからです。
 関東地方のすべての道の駅132か所に、記者とディレクターあわせて4人で電話取材したところ、驚くべきことがわかりました。
「車で生活している人がいた」と答えた道の駅が全体の36%にのぼったのです。

 さらに、車上生活をしていたとみられる人が少なくとも9人亡くなっていたこともわかりました。
 ある道の駅の従業員は、「駐車場の出入り口にある看板の近くで、脳梗塞と見られる症状で突然倒れたり、熱中症みたいな症状で救急車を呼んだりしたことが何度もあった。きっと声をかけて話ができていれば、死ななくて済んだかも知れない」と話してくれました。
 さらに、こうつぶやきました。

道の駅で亡くなっているのを、珍しく思わなくなっている自分がいる

 衝撃的なことばでした。
 これは、いったいどういうことなのか。
 私たちは、社会の“新たな断面”と捉え、さらに取材を進めることにしました。

厳しい車上生活

 9月に入り、私たちは、事件の取材と並行しながら、群馬県内の「道の駅」を1ヶ所1ヶ所、毎晩のように回りました。
 車上生活をしている人が乗っていそうな車を見つけては声をかけ続けました。
 群馬県内には32か所の道の駅があります。
 各地の道の駅の従業員に車上生活をしている人がいるか尋ねると「あそこにいるよ」と即答してくれますが、車上生活をしている人とは、ほとんど接点はありませんでした。
 従業員たちは、車を自由に駐車できる場所に止めているので、黙認しているというのが現状でした。
 私たちは道の駅で車上生活をしている人たちに取材を申し込みましたが、話を聞かせてくれる人はなかなかいませんでした。
 わかってはいましたが…。

 取材を始めておよそ2週間、群馬県内のある「道の駅」で66歳の男性に出会いました。
 軽乗用車の中で1年近く生活を続けているといいます。
 最初は取材を断られましたが、2週間通い、ようやく取材に応じてくれました。
 男性は、車の中を見せてくれました。

 車のドアを開けると、生活用品がぎっしりと詰め込まれていました。
 後部座席の後ろにはカセットコンロ、座席の背もたれ部分には鍋のふたが2つ掛けられていました。
 食材があれば調理することもあるといいます。
 後部座席のシートの上には座いすが置いてあり、毎日、ここで寝ているそうです。
 あおむけに足を伸ばして眠ることはできない広さでした。

 男性は、少しかすれた声で話し始めました。

この生活を始める前は体重が70キロほどあったが、40キロぐらいまで落ちた

“生活保護を受けようと考えないのか”。素朴な疑問をぶつけてみました。
 男性は、少し憤った口調でこう話しました。

知らない人は、こんな生活をしているのだったら、生活保護でも受けたらいいと簡単に言うよね。でも、1回市役所に行って聞いたら“車、持ってんでしょ”と言われ却下された。パッと切られて終わり

 厚生労働省によると、車は資産とみなされるため、原則、車を持っていると生活保護は受けられないということです。

車を手放さない理由は

 男性は去年、トラック運転手を辞め、生活が行き詰まるようになりました。
 新たな仕事を探すためには、車が必要だと考え、手放すことは考えなかったといいます。
 さらに生活費の収支にも、手放さない理由がありました。

 男性の現在の収入は、月に10万円の年金だけ。
 アパートで暮らすと家賃4万円に加え、食費や光熱費などもかかるため支出はあわせて14万円。
 毎月4万円ほどの赤字になります。

 車上生活では、家賃、光熱費がかからなくなり、支出は年金の範囲内で済みます。
 しかし、冷蔵庫がなく、その都度食材を買うため、食費がかさみ、ギリギリの生活です。

 私たちは取材の中で、男性の半生について聞いているとき、あることに気づきました。

 車を「手放さない」のではなく「手放せない」のではないか。

 男性は、私たちにあるものを見せてくれました。
 妻の写真です。
 長年連れ添った妻を7年前に亡くしていました。
 旅行に行って、妻と腕を組んでいる写真。
 手をつないで正面を向いた笑顔の写真もありました。
 男性には、子どもはおらず、この車でドライブに出かけるのが夫婦の楽しみでした。
 妻との思い出が詰まった車を手放せないのです。
 男性が、絞り出すように私たちに発したことば。

いなくなるとがっかりだよね。夢も希望もなくなっちゃった

 車という小さな空間に、男性の人生やプライド、思い出までも詰まっているように感じました。

頼る人がいない親子も

 家族関係のトラブルから車上生活を余儀なくされた家族もいました。
 出会ったのは、幼い子どもを連れている30代の女性。
 今は、行政の支援を受け、夫と3人の子どもとアパートで暮らしています。

 車上生活をしていたのは3年前の冬。
 当時、長女は1歳、長男を妊娠中でした。
 女性は、当時の生活を切々と語りました。

車がなかったら野宿するしかないので、雨風をしのげる唯一の場所だった。インターネットカフェは子どもがいたらダメで、どうしようもなかった

 なぜ家族で車上生活に。

 夫婦とも両親とは疎遠で、きっかけは同居していた親戚とのトラブルでした。
 日雇いの仕事をしていた夫婦の収入は、月10万円ほど。
 アパートを借りる余裕はありませんでした。
 女性は、車上生活を送っていたときの子どもへの思いを口にしました。

仕事は夫婦でどちらかが交代で行って、空いている方が子どもを寝かせる。永遠にこの生活かと思った。車上生活で一番つらかったのは、子どもが泣いたとき。寒い中、外であやしていた、ごめんねって

全国の車上生活者

 私たち取材班は3ヶ月にわたり、全国で50人を超える「車で生活する人」や「過去に車で生活していた人」を取材しました。
 車上生活は「貧困」の問題としてひとくくりにはできない難しさがあります。

 小さい頃から家族に虐待を受けるなどした影響で人を避けるようになった20代の男性。
 70代の男性は、認知症の妻がはいかいして近所に迷惑をかけないかと心配し、夫婦でアパートを出たケースもありました。
 失業や家族間のトラブルなど、ふとしたきっかけで「車上生活」を余儀なくされる人たちが多くいました。

 取材を通して、車が、社会に居場所が見つからない人の逃げ場になっているのではないかと感じました。


NHK WEB特集、2019年12月25日 18時08分
“車上生活” 漂うわけは
(前橋放送局記者 渡邉亜沙)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191225/k10012226861000.html

posted by fom_club at 08:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

進次郎大臣「人妻セクシー不倫」報道

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 2019年8月8日、小泉進次郎衆議院議員とタレントの滝川クリステルさんは婚姻届を提出した。
 滝川さんは妊娠中で来年2020年1月に出産予定とされる。

 小泉議員が育休を取るか否か等、今から注目されているが、その前に二人が直面するのは出生届だ。
 民法の規定をそのまま当てはめれば小泉進次郎議員は「父ではない」ということになる。

小泉進次郎が「父ではない」理由

 詳しく説明しよう。

 クリステルさんの出産日予定日は1月。
 たとえば1月31日だとして、婚姻から177日目となる。

 日本の親子関係を規定する民法772条2項によれば「姻後200日」を経過していないため、小泉氏は父とは推定されず、夫婦は婚姻しているにもかかわらず、子の出生届の父欄は「空欄」で提出するのが法に則った正式な届け出となるのだ。

 というのも、民法の規定は「婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定する」のであって、婚姻前に懐胎した場合は夫の子であるかは推定の外、わからないとしているのだ。

 夫の子か否かわからない以上、その疑わしさを排除するために「婚姻後200日」後でないと父とはしないという規定が設けられているのだ。
 つまり、平たく言えばこの規定は夫がいわゆる「托卵」、つまり他人の子を自分の子と思い込んで育てることのリスクを排除するために置かれた規定で、200日=妊娠から6ヵ月以上が経てば流石にお腹が目立ってきて隠せないだろう。

 他の人の子を妊娠している女性が身重であることを隠して結婚することができなくなるための期間であり、夫側が妻に騙されないための規定だったのだ。

「そんな失礼な、父親は自分以外にいない」

 小泉氏だけでなく、「できちゃった婚」での夫たちがそう主張しても、これは民法の規定である。
 明治民法以来、変わっていない。

できちゃった婚のリスク

 もっとも、こうした「できちゃった婚」「授かり婚」に対しては第二次世界大戦前の昭和15年の民事局長通達で200日経っていなくとも婚姻した夫の名を記したことを「認知準正」として、瞬時に「非嫡出子」→「嫡出子」とトランスフォームする戸籍実務上の措置が取られている。

 明治民法制定時から戦前は慣習として「祝言」をあげたら世間に夫婦として認識され、役所に届け出を出すことはそれほど重要視されていなかったという背景もある。

 ただ繰り返しになるが、民法に照らせば婚姻後200日以内に生まれた場合は父欄に夫の名前を書くことができず「非嫡出子」となると子どもが差別の対象となるという事情もあり、「婚姻後200日以内」に生まれた子どもでも親が婚姻している場合はそれに先んじて内縁関係が生じていたと解され、法的手続きを踏まなくとも、出生届の父欄に夫の名前を記入すれば「嫡出子」として届け出が可能となったのだ。

「誰が父か」は子にとって、また親にも最も重要な話だが、その変更が法改正でなく、「民事局長」が出したペラ一枚の通達によって変わる適当さは、面倒臭い議論は先送りしようという「法治(放置?)国家」日本らしいとも言える。

 ただ、認知準正は必ずしもしなくても良い。
「婚姻後200日」経たないで出生した子の出生届の父欄を「空欄」で出す選択肢は母には残っている。
 クリステルさんもそのような選択をしようと思えばできる。

 実際、事実上の父親と婚姻した父が違う場合はあるわけで、そうした場合は事実上の父が子を認知し、夫婦の戸籍に別の男性の名前が戸籍に入ってくることもあるのだ。

 出産までに何かあった場合は、子どもの戸籍作成に一手間かかる。
 婚姻後200日以降に生まれた嫡出子とは違い、死後認知を3年以内に申請しないと父は確定しない。
「できちゃった婚」のリスクとも言えよう。

小泉純一郎氏は離婚後300日規定の典型例

 一方、小泉進次郎議員の父純一郎氏は、報道によれば、進次郎氏の母である妻が第三子を妊娠中に離婚している。

 生まれた三男は「離婚後300日以内に出産」しているため、離婚しても父欄には小泉純一郎氏の名前が入る。

 もし、この規定がなければ、父親が小泉氏であることが明らかであっても、出産後速やかに父を確定し、養育費等も含めた扶養や相続の権利を得ることができなかったかもしれない。

 まさに明治時代、民法が作られた当時の趣旨――夫が離婚した妻の子どもを自分の子どもと認めず、義務を放棄しないよう、母親と子どもを守る――が発揮された事例であろう。

 ただ、この規定も「300日」は長すぎる。

 そもそもこの規定ができた19世紀後半は血液型さえ発見されていない時代だ。
 妊娠期間も明確ではなかった。

 現代医学では最終月経日から40週、懐胎していない2週間を含めて280日を基準とする。
 予定日に生まれても266日目で、早産ならもっと早くなる。

 このため300日規定を適用すると、離婚して1ヵ月後に別の男性との間に受胎して子どもが生まれた場合、その子は前夫の子どもになるという奇妙な事態が発生し、社会問題となっている1万人以上とも言われる無戸籍児・無戸籍者を生み出しているのだ。

明治以来の民法改正の中身

 こうして奇しくも政治家一家の小泉親子が経験することとなった民法772条の「嫡出推定」規定が今、見直されようとしている。

 山下貴司法相は参議院選挙に入る前の2019年6月、民法のうち、「嫡出推定」と「監護権」の改正に関して法制審議会に諮問、これに先立ち昨年から開催されていた研究会の最終報告書をベースに今、改正議論が進んでいる。

 その最終報告書の内容は、婚姻後200日規定については、妊娠をきっかけに結婚する夫婦が増え、結婚後200日以内に生まれた子も出産時点で再婚していれば、「例外規定」として現夫の子とすべきだと提案している。
 ただし200日規定は残り、「空欄」での出生届も認められることになるような制度設計が検討されている。

 一方で社会問題ともなっている「無戸籍問題」を生む主原因の離婚後300日規定については出生時に母親が元夫以外の男性と再婚していた場合などは、元夫の子とみなさないとしている。

「300日」「200日」が残るわけ

 ちょっと待った。

 明治以来120年ぶり、初の改正というのに、民法772条の「200日」「300日」と言った医学的な根拠のない数値はそのまま残すということなのだろうか?
 日本の英知を集めた研究会や法制審議会で、抜本的な議論に至らない理由はなんなのだろうか?

「婚姻後200日」とか「離婚後300日」に合理性がないことがわかりながらも、撤廃の議論もされないということは、暗黙の「数字縛り」にそれなりの意味を感じているということになる。

 つまり、「婚前交渉はするな」「離婚後は女性は反省して性交渉は控えろ」と言った一方的で懲罰的な「道徳律メッセージ」である。

 逆に言えば、この国は女性を信用しておらず、女性に対する男性の支配力を正当化する言い訳としてこの規定が使われてきたとも言える。

 そうではないというのであれば300日規定も、200日規定も今すぐ撤廃できるはずなのに……。

 小泉議員は、育児休暇を取得することも検討中という。

 子どもの寝顔や泣き顔を見ながら、すでに医学的にも否定されていることが法の中ではいまだに父子関係が決まっていることの理不尽さを、父親の一人として感じ、考えてほしいとも思う。

 真実の父を父とする権利が子から遠ざけられ、父も我が子を我が子とできない規定という側面を残すことで、日本社会に生きている人の具体的な人権、特に子どもの人権が脅かされている国、日本。

 小泉氏は来週にも行われるであろう内閣改造では入閣も取りざたされているが、責任ある立場に立つのであればなおのこと、日本人として生まれるすべての子どもが人生に出会う法律=民法772条を妥当なものに変えることに、「当事者」として、真っ先に取り組んでもらいたい。


現代ビジネス、2019-09-05
小泉進次郎は「父ではない」…できちゃった婚の「意外なリスク」
小泉親子孫三代も直面する明治民法の壁
(井戸 まさえ)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67001

 小泉進次郎環境相(38)の資金管理団体「泉進会」および、小泉氏が代表をつとめる「自由民主党神奈川県第11選挙区支部」から4300万円以上の政治資金が、実態のない“幽霊会社”に支出されていることが「週刊文春」の取材でわかった。
 税金を原資とする政党交付金も支出されており、小泉環境相の説明が求められそうだ。

「泉進会」と「第11選挙区支部」の政治資金収支報告書を「週刊文春」が調査したところ、両団体からエムズクリエ(以下エムズ社)に対し、 2012年から2018年までで ポスター代や印刷代などの名目として約4300万円が支出されていた。

 小泉氏のポスターに〈印刷者〉として記載されているエムズ社の住所は、千葉県野田市。
「週刊文春」取材班がこの住所を訪れると、そこには一軒家が建っていた。
 エムズ社の表札などはなく、世帯主としてM氏の名前が掲げられているだけ。
 周辺にも印刷工場はなかった。
 地方法務局に問い合わせたが、エムズ社の法人登記はされていなかった。

 M氏の知人によると、「M氏は長年B社という老舗の印刷会社に勤める営業マン。永田町担当でしたが、すでに退職している」という。
 B社の社長が取材に応じ、次のように答えた。

「元々ウチは純一郎さんの代から小泉事務所と取引していました。そのときからMは小泉事務所の担当でした。エムズ社の名前は聞いたことはないが、そもそもBは営業担当だからポスターのデザインや製作なんてできない」

 さらに、続けてB社の社長は「個人で請け負っている割には受注額が高すぎるように感じる」と指摘する。
 たとえば2017年の衆院選における支出。
「選挙運動用ポスター印刷」1200枚分としてその代金116万円が計上されている。

「ポスター1200枚であればせいぜい30〜40万円が相場です。腕のいいデザイナーを使って高く見積もっても70〜80万円。なぜ小泉事務所は幽霊会社にわざわざ相場より高い値段で発注しているのか。もしかしたら、発注額のうち何割かをキックバックされている可能性もあるのでは」

 また、エムズ社の下請け業者はこう明かす。

「エムズ社って何もしていないですよ。うちの会社みたいなところに全部投げて、手数料をとっていくだけ」

当事者のM氏を直撃すると……

 エムズ社のM氏を直撃した。

―― エムズ社は法人登記していない?
「法人登記というより、個人事業主として登録していて、税務申告も毎年しています。小泉事務所サイドからは『株式会社じゃないとダメだよ』と言われましたが」

―― 実際の製作は外注している?
「看板、たすき、街宣車は同じ会社に発注していて、ポスターは別の会社にお願いしている。まあ昔風に言えば、ブローカーってやつだね」

―― 受注額が相場より高いと言われているが?
「選挙はキワモノなんです。高いか安いかは、お客さんの判断です」

 飄々と取材に応じていたM氏だが、記者が「キックバックはしていないのか?」と尋ねると、語気を強めて、こう答えた。
「そういうことは一切していない」

 このエムズ社への約4300万円の支出には、税金を原資とする政党交付金が支出されている。
「第11選挙区支部」の現在閲覧できる2014年〜2018年の「政党交付金使途等報告書」を調べると、エムズ社への支出のうち、約9割(約1200万円)が、税金を原資とする政党交付金から拠出されているのだ。

 なぜ、小泉事務所は、実態のない会社に巨額の発注をするのか。
 キックバックはないのか。
 質問状を送ったが、期限までに回答はなかった。

 政治資金に詳しい神戸学院大学教授の上脇博之氏はこう指摘する。

エムズ社への支出額には、血税が原資となる多額の政党交付金が含まれています。この異常に高額の税金が登記されていない幽霊会社に流れていることは、政治資金の適切な使い方とは到底いえない。キックバックなどの疑いをもたれても仕方ない状況を自ら招いている。きちんと説明するべきです

 実は、小泉環境相の不明朗な政治資金の支出はこれだけではない。

「週刊文春」12月26日(木)発売号では、
・ 交際していた人妻実業家との「不倫ホテル代」を政治資金から支払っていた問題、
・ 4度の衆院選で約3600万円の余剰金が消えている問題、
など、総額約8000万円となる小泉氏の政治資金に関する疑惑を6ページにわたり報じている。

※ 週刊文春 2020年1月2・9日号


[写真-1]小泉環境相

[写真-2]ポスターには「エムズ社」が明記されている

[写真-3]お洒落なポスターだが

[写真-4]滝沢クリステル

文春オンライン、2019/12/25
小泉進次郎環境相 “幽霊会社”に高額発注で政治資金4300万円を支出
(「週刊文春」編集部)
https://bunshun.jp/articles/-/22184

 週刊文春が26日発売の最新号で、小泉進次郎環境相が「幽霊会社に高額発注で政治資金4300万円を支出していた」という疑惑と、「交際していた人妻実業家との不倫ホテル代を政治資金から支払っていた」という疑惑について報じている。

小泉環境相、幽霊会社に政治資金を流用か

 記事によると、小泉進次郎環境相の資金管理団体「泉進会」および、小泉氏が代表をつとめる「自由民主党神奈川県第11選挙区支部」がエムズクリエ(以下エムズ社)に対し、 2012年から2018年までで ポスター代や印刷代などの名目として約4300万円が支出されていたという。
 週刊文春が取材したところ、エムズ社の所在地とされる千葉県野田市の該当地へ出向いたが、エムズ社の表札などはなく、地方法務局に問い合わせても、エムズ社の法人登記はされておらず、実態のない幽霊会社ではないかと記事では伝えている。

 実際にエムズ社の当事者とされる男性に話を聞いたところ、「法人登記というより、個人事業主として登録していて、税務申告も毎年している」とし、受注額が相場より高いのではという記者の質問に対しては、「選挙はキワモノなんです。高いか安いかは、お客さんの判断です」と答えたという。
 さらに「キックバックはしていないのか?」との問いに、「そういうことは一切していない」と語気を強めて答えたと伝えている。

 週刊文春が「実態のない会社に巨額の発注をするのか。キックバックはないのか」という質問状を送ったが、期限までに回答はなかったという。

小泉環境相に「セクシー不倫疑惑」

 また、週刊文春が記事の中で報じているのはこれだけではない。
 何と過去に不倫関係に陥り交際をしていたという人妻実業家との不倫ホテル代を政治資金から支払っていた疑惑があるというのだ。
 果たしてこの報道は真実なのか?
 そして小泉進次郎環境相はこの疑惑に対してどう説明するのか?

 26日に発売される記事では、4度の衆院選で約3600万円の余剰金が消えている問題や、総額約8000万円となる小泉氏の政治資金に関する疑惑など6ページにわたり報じているという。

ネットで広がる小泉環境相に失望の声

 今年8月にフリーアナウンサーの滝川クリステルさんとの結婚を発表、翌9月には環境大臣にも任命され、小泉氏にとっては大きな節目となった2019年。
 しかし、その年を締めくくるこの年末に、思わぬクリスマスプレゼントとなってしまったようだ。
 ネット上ではさまざまな声が挙がっている。


MAG2 NEWS、2019.12.25
政治資金でホテル代を捻出?
進次郎大臣「人妻セクシー不倫」報道

(編集部サトシュウ)
https://www.mag2.com/p/news/432670

・・・グレタさんに「大人を糾弾するだけではダメだ」と言っといてこれですか……
 政治資金でホテル代を捻出?進次郎大臣「人妻セクシー不倫」報道 - まぐまぐニュース!・・・

・・・ちょっと前まで、この小泉進次郎が次期首相候補のトップにいたわけだ。
 この国に相応しいリーダーは、こんなのしかいないのか。安倍晋三の次は、こんなのかと思うと、うんざりする。マスコミの世論誘導もあるのだろうが、こんなのを次のリーダーに担ごうとする国民の未熟性が問題だ。
 これは進次郎個人の問題というよりも、国民の側の問題なのだ・・・

・・・ただバカなだけかと思っていたら、普通に薄汚い自民党議員だった・・・

posted by fom_club at 17:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公金に対して身綺麗であること、真摯に向きあうこと

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 安倍政府は2012年12月の発足後、初外遊先となったベトナムで466億円の円借款を表明したのを皮切りに、精力的なばらまき外交を展開してきた。
 約4年半でのべ百数十ヶ国を訪れ、ODA支援や諸諸のインフラ投資を総計すれば100兆円をはるかにこす。
 最近もインドに総額で5兆円を超す支援を約束し、イギリスが日立から買う原発に2兆円規模の政府補償まで検討し始めた。
 ばらまき癖はエスカレートする一方だが、いったいどのようなばらまきがやられ、だれが利益を得ているのか。
「カネがない」はずの国家財政のどこからばく大な「ばらまき資金」を捻出しているのか。
 その実態を見てみた。

[表参照]☟

バラマキ一覧.jpg

 安倍首相は2017年9月14日にインドを訪問し、モディ首相と会談した。
 日本の新幹線方式を導入する高速鉄道の建設支援などに約1900億円の円借款を供与すると表明するためだ。
 日本はすでに2016年度までにインドへ5.3兆円の円借款を供与しており、今回の円借款も加えるとその規模は5.5兆円規模にふくれ上がる。
 これは日本が円借款を供与する国のなかで最大規模である。

 ムンバイ〜アーメダバード間の約500`を結ぶ高速鉄道建設は総額2兆円規模で、両駅間には線路とともに12駅をつくる予定だ。
 すでに双日、三井物産、日立製作所などの日本企業が軌道敷設工事を受注し、JR東日本や川崎重工は企業連合をつくって、車両建設、車両部品供給、土木・建築・軌道・電気・信号・運行管理システム・旅客サービス設備・一定期間のメンテナンスなどに食い込むため暗躍してきた。
 インドへのばく大な円借款はこうした企業の海外進出・ビジネスを全面支援することが最大眼目である。
 日印間でかわした調印内容は償還期間は50年で金利は0.1%(各事業ごとに償還条件は違う)、調達条件は「タイド」(調達先は円借款供与国限定)で、大半がひも付き事業である。
 こうして日本からインドに供与された円借款はインド政府の手を通って、最終的にはインドの高速鉄道事業を受注した日本の大企業がつかみどりし、ため込んでいく構図になっている。

 しかも今回の円借款は「プログラミング(課題解決型)ローン」と呼ばれ、日系企業のニーズの高い港湾や道路などのインフラのなかから、メニューを選ぶもので、「インドの支援」は建前でしかない。
 国内の製造拠点を足蹴にして海外へ進出する日本企業のために尽くすことが目的だ。

 インドではホンダが二輪車の工場を構え、スズキも四輪車の生産を始めている。
 スズキは第2、第3の工場稼働を計画し、豊田通商など自動車向け部品会社の進出も加速している。
 こうした日本企業が多数進出するインド西部のグジャラート州に合計250億円規模の円借款を出すことも明るみに出た。
 これも道路や電力、水道などのインフラを整備し、企業活動の環境整備に使われる。
 ここには日本語教師を今後5年間で1000人養成し、人材育成する計画も含んでいる。

 ODAや円借款で現地政府に貸し付けた資金が数十年後に帰ってくるメドはない。
 途中で「日本に戻さなくてもいいです」といって帳消しにする「債務救済措置」(公的債務免除)が横行しているからだ。
 そうしたケースは企業進出が活発な東南アジアやアフリカに多い。
 2003年から2016年の13年間で2兆2848億円(のべ94ヶ国)もの貸付が帳消しになっている。

英原発建設に政府補償

 さらに国民を驚愕させたのは、日立製作所がイギリスで進める原発建設計画をめぐって、日本政府が全額補償の検討を開始したことだ。
 日立は現在、2012年に買収した英電力会社ホライズン・ニュークリア・パワー社を通じ英中部で原発2基の新設計画を進めている。
 事業費は2兆円を超す規模といわれ、2020年代前半の稼働をめざしている。

 だが原発をめぐる情勢は2011年の福島原発事故で大きく変化した。
 ベトナムでの新設計画が中止になるなど世界で新設計画はストップし、日本での新設計画は軒並み破綻した。
 発電コストは高すぎるし、事故リスクは甚大であり、欧米の原子力メーカーは早くから原発事業から足を洗っていった。
 ところが日立はそれを「チャンス」と位置づけて英電力会社・ホライズン社を買収し、英国での原発建設に乗り出した。
 しかも日本政府はそれを国際協力銀行(JBIC)や日本政策投資銀行が投融資し、全事業費の4割に及ぶ1兆円規模の援助をする計画を打ち出した。
 今回はこの政府系金融機関を通じた支援に加え、メガバンクが融資する資金も含め政府が全額補償すること、すなわち2兆円規模の原発建設資金をみな日本政府が肩代わりすることを検討し、年末に結論を出すとしている。

 福島原発事故で住民に多大な被害を与え、いまだに事故の全貌も掴めず、終息すらできないのが東電である。
 さらに米原発事業の巨額損失で債務超過に転落し破綻したのが東芝である。
 こうしたなかで日本だけが、日米原子力協定による原子力産業の維持の責任を負わされて、原発輸出に奔走し、しまいには他国に建設する原発費用まで政府が肩代わりするところまできた。
 東芝は原発事業から逃げ遅れ、米原子力メーカーに巨額の損失をかぶせられた。
 日立の原発も同様の損失を抱える危険をはらんでおり、完成後に事故を起こせば、その補償額も計り知れない額になる。
 それを見越した政府補償であり、単なる2兆円規模のばらまきで終わるとは限らない。
 今後のばく大な巨額損失、国家財政からの補償まで、場合によっては国民がかぶらなければならないという破滅的な仕組みでもある。

 近年でもっとも巨額なばらまきは、トランプが大統領になって初めての日米首脳会談で安倍首相が約束した「51兆円のインフラ投資」である。
 日本政府はなにも要求されていないのに、アメリカで70万人の雇用を創出することをうたったインフラ整備の資金拠出(10年間で51兆円の投資)を表明した。
 この内訳は、
@ 米国でのインフラ投資に17兆円、
A 世界のインフラ投資で連携する事業に22兆円、
B ロボットと人工知能(AI)の連携に6兆円、
C サイバー・宇宙空間での協力に6兆円
というものだ。
 しかもそこに老後の生活のために積み立ててきた年金積立金を注ぎ込もうとしていることも表面化した。
 アメリカとの関係でいえばオバマ前大統領のとき、リニアモーターカー整備にかかる5000億円(総工費1兆円の半額)の融資をみずから買って出たのも安倍首相だった。

原資は郵貯や年金など

 問題はこのような資金がいったいどこから出ているのかである。
 通常、公表される一般会計の予算は90兆円規模で、このうち外務省のODA予算は年間5000億円規模だ。
 第2次安倍政府登場後、ODA予算は2012年=4180億円、2014年=4230億円、2016年=4342億円と推移し、2018年度の概算要求では4903億円を要求した。
 ODA予算の額が大幅に増えたのは確かだが、とても100兆円規模のばらまきを続ける資金額には届かない。

 だがODA資金の詳細を見ると、外務省が公表しているODA事業予算は総額2兆1000億円にのぼり、外務省のODA予算はODA事業予算全体の4分の1に過ぎない。
 ちなみに2017年度ODA事業予算の財源構成は、外務省のODA予算を含む一般会計が5527億円、特別会計が14億円、出資・拠出国債(交付国債の一種で日本が国際機関へ加盟する際に、出資・拠出する現金の代わりに発行する国債)が2312億円で、もっとも大きいのは郵貯資金や年金資金で構成する財政投融資等の1兆3147億円だった。

 2012年度のODA事業予算は総額1兆7016億円で、このとき財政投融資等は8768億円だった。
 それが安倍政府登場以後、財政投融資等のODA事業費に占める額が伸びていき、この5年間で4000億円以上も増加した。
 焦げ付いたり、目減りしようがお構いなく、国民資産の郵貯・年金資金を海外にばらまく原資に使い、大企業に奉仕する姿が浮き彫りになっている。

 さらにもう一つの原資には、特定の歳入と特定の歳出をもつ特別会計が絡んでいる。
 これは税収以外の年金を扱う年金特別会計や労働保険特別会計など14の特別会計で構成している。
 2017年度の特別会計の総計は196.8兆円で一般会計よりはるかに大きい。
 年金資金や外貨準備高などとり扱っている資金額が大きいのも特徴だ。
 しかし一般会計予算と違って全貌はほとんど明らかにされたことがなく、「ブラックボックス」ともいわれる予算である。

 このなかに約130兆円規模の外貨準備高を運用する外国為替資金特別会計があり、これも海外へのばらまきに運用されている。
 同特別会計は2013年4月にこれまでの「円高対応緊急ファシリティ」を「海外展開支援融資ファシリティ」に改変した。
 それは日本企業の海外展開支援に外貨準備高など、外為特会の資産を積極的に運用するための制度改定だった。
 2015年度末の「海外展開支援融資ファシリティ」は564億j(約6.7兆円)にのぼる。

 こうしてあまり表に出ない200兆円を超す規模の特別会計、120兆円規模の外貨準備、150兆円規模の年金資金、280兆円規模の郵貯資金など、国民の金融資産1800兆円に裏付けされた資産が回り回った形となって、吐き出されている。

 国民生活とかかわっては増税につぐ増税で、介護、医療費の自己負担の増加を押しつけ、介護苦による殺人や自殺が絶えない。
 3万人規模の自殺者が毎年出て、家族にも近所の人にも発見されずに孤独死したり餓死する悲劇がよそごとでない事態になっている。
 失業や貧困、生命の再生産すらできない少子高齢化が進み、日本の人口が1億人以下に落ち込むことも現実味を帯びている。
 ご飯を食べることができない子どもたちが増えすぎて、子ども食堂をつくらなければならない事態にもなった。
 このなかで海外に数十兆円もばらまきながら一方では「カネがない」と搾りあげていく国民収奪政治が横行している。

 国内に富を反映させるのではなく、多国籍化した大企業に利益誘導し、彼らの懐に富を移転していく経済構造、政治構造のもとでは、生活の改善も景気回復もあり得ないことを示している。
 国家を私物化し、社会と国民に寄生して暴利をむさぼる一握りの勢力と、まともな社会を求める圧倒的多数の国民との矛盾は非和解的なものといえる。
 一方が富を独り占めする以上、巻き上げられる側におこぼれが滴り落ちてくるようなものではなく、トリクルダウンなど人欺しである。
 森友や加計どころでない資金を国家財政からかすめとっている独占企業の存在にも光を当てなければならない。


長周新聞、2017年9月20日
日本社会を打ち出の小槌にするな
バラマキ外交の原資はどこから?

https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/4788

 下関市議会12月定例会の17日の一般質問のなかで、本紙がこの間、「飲み会帰りのタクシー代を公金で支払っているのではないか? 下関市長、市議会議長等の公務用タクシー券使用について」を連載してきたこととかかわって、当事者である戸澤昭夫前議長がはじめて公式の場でみずからの見解をのべ、議場で執行部に対して「今後、執行部はこの新聞(長周新聞)を庁舎で読むことをやめましょう」と要求する一幕があった。

 質問通告にはなかった議題だったが、もう一人の当事者である林透議長は笑みを浮かべて同じ会派に所属する前議長の振舞を制止することなく黙認し、翌日の議会冒頭になって「不適切な発言があったため、議長が精査して対応する」として、「今後、執行部はこの新聞を庁舎で読むことをやめましょう」の発言部分のみ議事録から削除する顛末となった。

 戸澤昭夫前議長をはじめ、議会トップが公務の証明もできない状態で何十万円ものタクシー代を浪費している問題は、下関市民のなかで驚きをもって受け止められ、同時に「どうしてこんなことが許されるのか」と議会の有り様が問題視されてきた。
 そして、当事者である議員たちはもちろん、下関市議会としてどのように対応をとるのか、市議会で自浄作用は働くのかが注目されてきた。
 しかし、いまのところ何をどう改めるのかはっきりとした見解は見られず、公務が証明できない使用分を返金するのか否かも釈然としない。
 林透現議長も本紙の取材を拒否し続けている状態だ。
 そんななかでの戸澤昭夫前議長の見解を以下に全文紹介する。
 多くの下関市民の皆様に、彼らの現時点での心象を映し出すものとして、是非とも精査していただきたい。
 議事録から削除された「今後、執行部はこの新聞を庁舎で読むことはやめましょう」の部分以外が以下の通り。
戸澤
 時間がまだあるので独り言をしたいと思う。
 私は9月定例議会の終盤に、歪んだ目と歪曲編集が得意なある地元紙に、議長時代のタクシーチケットの使用について頼んでもいないのにとりあげていただいた。
 いかにも不正使用したかのごとく印象編集し、連載もされた。
 これまでのルールを逸脱してもいないし、私の前の議長との比較も事務局でしてもらったが大差なく、問題なしと確認もされた。
 なぜ今になって私の議長時代のことをとりあげたのか不可解で不名誉で、何よりも不愉快だ。
 まったく不正はない。
 しかも私の住んでいる周辺や市内の広範囲にわたりポスティングをしたり、市役所内にも無料配布をしている。
 悪意による行為としか思えない。
 また上田中庁舎では私がいるにもかかわらず、私の目前で配布するデリカシーのなさだ。
 自分たちでポスティング行為や無料配布をするほどの、価値のない紙面だと私は思っている。

 以上が戸澤昭夫前議長の発言である。

 主として長周新聞への文句及び不満のようで、中心問題である「飲み会帰りのタクシー代を公金で払っているのではないか?」の全市民が抱いている疑問について、真摯に向き合う姿勢が見られなかったことは残念であった。
 なお、関谷元議長の使い方と同じなので問題ない、ではなく、関谷元議長の使い方も同じだったなら、それもおおいに問題があるので、下関市議会全体としてタクシーチケットの使用について過去にさかのぼってメスを入れ、その実態を市民に公表すること、公務の証明ができないような夜中の使用分については、関谷も戸澤も林も分け隔てなくみんなで返金するなり、改める方向に進むべきといえる。
 戸澤前議長及び林透議長がすべきは、下関市議会をまとめる議長ならば市民の不信を払拭する対応ができるか否かである。
 現状では議会内外で「関谷がやっていたから僕らも許される」などといっているところが、ちょっと情けないを通りこして、だいぶ情けない印象を与えており、なによりも公金に対して身綺麗であること、真摯に向きあうことが求められている。

 なお、この問題について住民監査請求をした場合、当事者である亀田前副議長は監査委員として監査に加わることができない模様。


[写真]戸澤昭夫・前議長

長周新聞、2019年12月21日
戸澤前議長が本紙の購読中止を呼びかけ
公務用タクシーチケット乱用問題追及への反応

https://www.chosyu-journal.jp/yamaguchi/14892

posted by fom_club at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

誰も置き去りにしない年末年始を!

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

「ヤッホーくん、『年越し派遣村』や『もやい』に取材に行ったことがありました、あれからもう10年も経つのですかぁ〜」(2019年06月29日付け日記でのつぶやき)。
 ほかにも・・・ヤッホーくんのこのブログ、2019年02月21日付け日記「年越し派遣村から10年」など、関連日記をお読みください。

 今日はクリスマス、そしてサンタクロースを求めているのは子どもだけではないのです:

「ふだんは派遣の仕事をしながらネットカフェで寝泊まりをしているが、年末年始の休みに入って収入がなくなり、路上生活になった。途方に暮れて、サンシャインシティの中をうろうろしていたら、窓越しに下の公園で炊き出しをやっているのが見えたので、おそるおそるのぞいてみました」

「仕事がなくなる年末年始に備えて、1週間分のネットカフェ代を貯めてきたが、マクドナルドの店内でウトウトしている間に、スリに遭ってしまった。どうしたらいいのか、わからない」

 年末年始になると、このような相談が私たちホームレス支援団体のもとに寄せられるようになる。普段は仕事をしながら、ネットカフェ等に暮らしている人たちの中から、所持金が尽き、この時期だけ野宿をせざるをえない人が出てくるのだ。

 2017年に実施された東京都の調査では、都内のネットカフェ、漫画喫茶、カプセルホテル、サウナ、24時間営業の飲食店等に暮らしている人は約4000人と推計されている。
 そのうち約3000人が派遣、契約、パート・アルバイト等で働く非正規労働者で、働いている人の平均月収は約12万円である。
 東京で賃貸住宅を借りて、家賃を毎月払うのは難しい金額だ。

お金が尽き、年末年始に「人生初の野宿」を経験する人が続出

 私はこれまで多くの「ネットカフェ難民」の相談を受けてきた。
 その年齢層はさまざまだが、共通しているのは、日払いや週払いの仕事をしながら、働いて得た収入からネットカフェ等の「その日の宿代」を払うという自転車操業的な生活を余儀なくさせられている人が多いという点だった。

 そのため、仕事が数日間休みになる年末年始やゴールデンウィークの時期には、お金が尽きてネットカフェにも泊まれなくなり、「人生初の野宿」を経験せざるをえない人が続出する。

 特に寒さが厳しくなる年末年始に屋外で寝ることは体力的に厳しいものがある。
 また、年末には帰省をして家族と正月を過ごすという慣習がある日本社会において、一人きりで路上で年を越さなければならないことがもたらす絶望感は想像に難くない。

 こうした事態を避けるため、年末年始を乗り切るためのお金を貯めている人もいるが、節約のため、ネットカフェではなく、ファストフード店で夜を過ごしていたところ、窃盗被害に遭ったという人にも会ったことがある。

公的支援は事実上、機能を停止

 生活困窮者にとって最後の頼みの綱である公的な支援は、この時期、事実上、機能を停止する。
 役所が閉庁している期間であったとしても、各自治体の夜間・休日窓口で生活保護の申請書を提出したり、ファクスで申請書を送付したりすることは可能だが、各自治体が独自の対策を行わない限り、期間中に宿泊の支援や一時的な生活費の貸し付けを受けることはできない。

 東京では民間によって「年越し派遣村」が行われた一年後にあたる2009年の年末から翌2010年の年始にかけて、都が国立オリンピック記念青少年総合センターの宿泊棟を借り上げて、生活困窮者への宿泊支援を実施したことがあるが、それ以降は年末年始の特別な公的支援は実施されていない。

 ホームレス支援団体の中には、この時期、各地の公園で連日の炊き出しや医療・福祉相談等、集中的な支援活動を実施しているところが多い。
 私の経験では、12月30日、31日と年越しが近づくにつれて、普段の炊き出しの場では見かけない顔が増えてくるという印象がある。
 ネットカフェ等から押し出されるように路上に出てくる人が増えていくのだ。

 だが、冒頭で紹介した発言に「おそるおそるのぞいてみました」という言葉があったように、「人生初の野宿」という事態に直面した人がホームレス支援団体に助けを求めるには、心理的なハードルを越える必要があるだろう。

仙台で始まった「大人食堂」の取り組み

 ネットカフェ等に暮らすワーキングプアの人たちが、野宿に至る前の段階で気軽に立ち寄れる場を作れないか。
 そんなことを私は自分が代表を務める「つくろい東京ファンド」のスタッフと共に考えるようになった。

 そんな中、今年のゴールデンウィークから仙台で「大人食堂」という取り組みが始まったのを知った。

 「大人食堂」は、若者の労働問題に取り組むNPO法人POSSEの仙台支部と仙台けやきユニオンが中心となった取り組みである。
 18歳〜65歳の労働者や失業者、その家族を対象に無料で食事を提供するとともに、弁護士や労働組合相談員による労働・生活・住居の無料相談会や、仕事や生活の悩みなどを気軽に話せる談話会も同時に開催している。

 2019年5月の初回開催から、すでに8回開催され、12月27日には第9回が予定されている。

「大人食堂」というネーミングは、全国に広がる「こども食堂」を意識したものだろう。
 子どもが気軽に行くことのできる「こども食堂」の取り組みが今の日本社会に必要であったのと同様に、大人にも居場所と支援は必要である。

東京でも「年越し大人食堂」を開催

 そこで、仙台の取り組みに見習って、東京でも年末年始に「年越し大人食堂」を開催することにした。

 今冬の年末年始は9連休になる予定である。
 安定した住まいを失っていなくても、「無事に年を越せるのか」と不安に思っている人は少なくないだろう。
「年越し大人食堂」は、そうした大人たちに開かれた場にしていきたい。

「年越し大人食堂」は、NPO法人POSSEと「つくろい東京ファンド」が中心になり準備を進めている。
 食材はパルシステム連合会、調理は料理研究家の枝元なほみさんが、それぞれ全面的に支援してくれることになっている。

 宿泊の支援が必要な人には、今春に設立した「東京アンブレラ基金」から1人あたり1泊3000円の宿泊費を支援する。
 同基金による緊急宿泊支援は通常4泊までだが、この年末年始に限り、9泊まで延長を可能にする。

「年越し大人食堂」だけでなく、年末年始の期間も孤立する人びとを支援する民間団体は少なくない。
「東京アンブレラ基金」では、「誰も置き去りにしない年末年始を!」を合言葉に各団体の活動をバックアップする寄付キャンペーンを始めている。

 ぜひ多くの方々のご支援をお願いしたい。

※「年越し大人食堂」等、東京都内の各団体の年末年始(2019年12月28日〜2020年1月5日)相談支援スケジュール

■「年越し大人食堂」(つくろい東京ファンド・POSSE)
開催日@:12月31日(火)12時半〜19時半・会場[東京都新宿区四谷4-29-12 the Moto B1]
開催日A:1月4日(土)12時〜20時頃・会場[東京都新宿区大久保2丁目2−6 パルシステム連合会ビル 2F 多目的ルーム]
できること:働きながらも社会的に孤立していたり困窮状態にある方々へ、無料の食堂開催と無料の労働・生活相談
■ NPO法人POSSE
実施日程:12月28日(土)〜1月5日(日)
電話受付時間:13時〜17時
電話番号:03-6699-9359
できること:労働・生活相談
■ 一般社団法人Colabo
できること:十代の女の子を対象としたバスカフェ&緊急相談
実施日程@:12月25日(水)18:00〜22:00 [新宿]東京都新宿区歌舞伎町1丁目4 新宿区役所 本庁舎
実施日程A:1月2日(木)11:00〜17:00頃 [渋谷]東京都渋谷区神宮前6丁目21 神宮前6丁目22-8 渋谷神宮通公園
※中止・変更の可能性があります。最新情報はTwitterを確認ください。
■ NPO法人TENOHASI
開催日:12月30日(月)1月1日(水)1月3日(金)1月5日(日)
時間:医療・生活福祉相談 17:00〜18:30 配食 18:00〜
場所:東池袋中央公園
■ NPO法人 豊島子どもWAKUWAKUネットワーク
実施日程:12月28日(土)〜1月5日(日)
電話受付時間:11時〜18時
電話番号:090-3519-3745
できること:豊島区近辺の子どもや親についての相談対応や、緊急宿泊支援
■ NPO法人 ピッコラーレ
実施日程:年中無休
電話受付時間:16:00〜24:00(受付は23:00まで)
電話番号:03-4285-9870
メール(フォーム)での相談:24時間受付
できること:妊娠葛藤相談。にんしんにまつわる全ての「困った」「どうしよう」への対応。
■ 府中緊急派遣村
実施日程:12月28日(土)〜1月5日(日)
電話受付時間:11時〜18時
電話番号:090−3085−7557(松野)
メール:t.matsu.194927@gmail.com
できること:府中市近郊で、生活や食べるものに困った方への緊急ご相談と対応。


[写真]
東池袋中央公園で行われた炊き出し=2014年12月27日、東京都豊島区

※ 誰も置き去りにしない年末年始を!アンブレラ基金年越しプロジェクト2020にご協力を!(東京アンブレラ基金)

朝日新聞・論座、2019年12月24日
貧困の現場から
「無事に年が越せる」安心をすべての人に
「年越し大人食堂」開催へ

(稲葉剛、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授)
https://webronza.asahi.com/national/articles/2019122200002.html

山本太郎が新党「れいわ新選組」を立ち上げ、参院選に臨んだのが2019年春のこと。
過労死など労働環境の取材を続け、『過労死:その仕事、命より大切ですか』の著書もある牧内昇平(1981年生まれ)氏は、最初は訝しく思いながらも、「生きづらさ」を感じる人びとが山本氏に希望を託していると実感するようになった。
そこから、なぜこの「れいわ現象」は起きたのか、という視点で取材をし、まとめたのが『「れいわ現象」の正体』(ポプラ新書)だ。
社会学者の橋本健二(1959年生まれ)早稲田大学教授は著書『アンダークラス 新たな下層階級の出現』で、非正規労働者の現実を伝えている。
では橋本氏は山本氏を支持する人たちや山本氏に対してどのような意見を持っているのか。
そして、社会はどうしたらよくなるのか。
牧内氏が橋本氏にインタビューした部分を、『「れいわ現象」の正体』より抜粋掲載する。

れいわ支持者の取材で思い出した『アンダークラス』

 れいわ支持者たちの取材を続けながら、わたしは一冊の本のことを思い出していた。
 社会学者の橋本健二・早稲田大学教授が書いた『アンダークラス 新たな下層階級の出現』(ちくま新書)である。
 橋本氏はこの本で専門・管理職やパート主婦をのぞいた非正規労働者を「アンダークラス」と呼んだ。
 日本には低賃金のアンダークラスたちが約930万人いて、正社員への道は険しいため、ほとんど階級のように固定化しているという。
 
 わたしが興味をおぼえたのは、この本がアンダークラスの過酷さを認識しつつ、そのなかに希望の光を見いだしていた点だ。
 橋本氏はアンダークラスの人びとのことを「日本の現状を変える社会勢力の中心となり得る」と評していた。
 アンダークラスの多くは現状に不満を感じ、心の中では格差対策を切実に求めている。
 だが一方で政治への関心が薄く、選挙があっても投票に行かない。
 このため、実際には格差是正がいっこうに進まない。
 それが現実だが、逆にアンダークラスが政治に関心をもち、この層を主な支持基盤とする政治勢力が生まれれば、世の中は変わる――。
 橋本氏の本からは、このような主張が読み取れる。

れいわはアンダークラスを代表する政党になるか

 れいわ新選組が橋本氏の言う「アンダークラス」の受け皿になるのではないか。
 取材をはじめた頃からわたしにはそういう期待があった。
 2019年6月半ば、橋本氏に直接聞いてみた。
 都内のマンションの一室にある彼の私用オフィスは、図書館のように部屋中に本棚が並び、「知の隠れ家」といった感じだった。
 以下はそのときのインタビューである。
(中略)
貧困は自己責任じゃない !

 いわゆる自己責任論についても橋本氏の考えを聞いた。
 
 世の中にはいまだに「貧困=自己責任論」がはびこっている。
 貧しいのは本人の責任。
 努力しなかった本人が悪い。
 こんな考え方が広く行き渡ってしまった感がある。
 タチが悪いのは、「貧しい人びと自身がその考えに浸っている」という言説である。
 たしかに意識調査をすれば、貧困層にも自己責任論が広がっている。
 だが、新聞などのメディアがそれをそのまま報じてはいけない。
「本人がそう思っているのなら仕方ない」となるからだ。
 貧困層が自己責任論に傾いてしまう「理由」を深掘りすべきである。

―― 世の中に貧困を自己責任とする考え方が広まっているようで、残念です。

橋本「ものごとを選択する余地がある場合に限り、人びとは責任を問われるべきです。アンダークラスの人びとに自己責任論は成立しません。低賃金で不安定な仕事を社会的に強制されているのです」

―― でも、生活が苦しい人たちの中にも、自己責任論を受け入れる人たちがいますよね。

橋本「たしかに、自己責任論はアンダークラスの人びとにもある程度まで浸透しています。『貧乏な自分』という現実がある中で、自分は努力している、自分には能力があると思い続けるのは難しいことです。矛盾と葛藤を抱え込むことになるからです。しかし、自分は努力しなかったし能力がないんだからしかたがないと考えてしまえば、現実を静かに受け入れることが可能になります。そのように自分を納得させてしまう人びとが、アンダークラスの中に一定程度いるのは事実でしょう」

――アンダークラスの人びとがすすんで自己責任論に賛成しているわけではない。むしろ貧困の現状に折り合いをつけるため、「自己責任だ」と考えざるを得ない人びとがいる、ということですね。

橋本「そうです。一方で、自分は努力している、自分には能力があると思い続けるなら、社会が間違っているという認識にたどり着く可能性が大きくなります。やはりセルフリスペクトが大切です」

エリートたちの自己責任論をいかに崩すか

 れいわから話が少し離れるが、大事だと思うので書いておきたい。
 当然のことながら自己責任論は、貧困層よりも金持ち階級の方が信じている割合が高い。
 大企業のエリートサラリーマン、橋本氏が「新中間階級」と呼ぶ人びとにも深く浸透している。
 この層の人びとに自己責任論から脱却してもらうには、どんな言葉が必要なのか。

―― 新中間階級の人びとに自己責任論が広がっているのですか。

橋本「新中間階級に自己責任論の傾向が強まっていったのは、ここ20 年のことだと思います。わたしが関わっている調査によると、1995年まではかろうじて新中間階級はリベラルだった。不公平がこの世の中にあることをはっきり認識していた人が多くて、富裕層から貧しい人にお金を回す『所得再分配』にも割と好意的でした。ところが2005年からアレっという結果が出るようになりました」

―― なぜ、2000年代から新中間階級に自己責任論者が増えてきたのでしょうか?

橋本「戦後民主主義の成果と言えるのか分からないですが、これまでは弱者との連帯、弱者への共感という心性があったのかもしれません。そうしたものの見方が、高学歴な高所得者から急激に失われてきたと感じています」

―― なぜ新中間階級で目立つのでしょうか?

橋本「自己責任論には表と裏、プラスとマイナスのふたつの側面があります。プラスは『自分が恵まれているのは自分のおかげだ』、『自分が努力し、能力があったからだ』という側面です。これがマイナスにはたらくと、『自分が貧乏なのは自分のせいだ』となります。これは表裏一体の関係です。新中間階級はこれまで勉強や仕事で成功してきた人たちです。この人たちはまず、自身の成功を プラスの側面で考える。『自分の地位や財産は自分で築いたものだ』という見方です。
 そしてこの層の人びとは論理的にものを考えますから、いま世の中にある貧困についても同様の考え方をする。『貧しいのは本人の責任だ』。そうしておかないと論理整合性がとれないのです。こうして、強固な自己責任論が成り立ちます」

―― 論理を大事にする人びとに自己責任論から脱却し、貧困対策に積極的に なってもらうには、どうすればいいですか?

橋本「正義や倫理だけで多くの人が一斉に動くとは考えられない。わたしは『自分の利益にもなりますよ』と伝えることが必要だと思っています。いまは恵まれていても、子どもがアンダークラスに入る可能性は低くありません。大学を出てもいい仕事に就けるとは限りません。だとしたら、アンダークラスが生まれないような社会の方がいいし、仮にアンダークラスになったとしても、最低賃金で1500円もらえる社会の方がいいわけですよね。1500円だったら子どもがフリーターになってもそんなに絶望する必要はない。
 子どもだけでなく、いま新中間階級の人たち自身が老後に転落することもあり得ます。退職金は減っているし、年金の水準も下がっていきます。よほどの大企業に勤めている人のほかはアンダークラスに転落する可能性があります。いくらか貯金があっても大きな病気をしたら1千万円くらい簡単になくなるでしょう」

―― 新中間階級の人びともいつ生活が苦しくなるか分からない、ということ ですね。

橋本「もう一つ言いたいのは、格差の大きい社会とは不健康な社会であるというこ とです。貧困に直面している人びとだけでなく、それ以外の人びとにもさまざまな悪影響がある。格差の大きい社会ではストレスが高まり、病気になる確率が増える。追いつめられて犯罪をおかしてしまう人が増えるので、犯罪被害にあう確率も高まる。社会全体から連帯感が失われていき、助け合いによって問題解決する雰囲気がなくなります」
 
…… 説得力のある言葉だった。
 貧困・格差はすべての人びとを息苦しくさせるのだ。
 社会全体で貧困・格差をなくす努力を続けねばならない。
 そのためにも声を大にして言いたい。
 自己責任論をふりかざすのは間違っている。
 これからも 自己責任論・撲滅キャンペーンを張っていく。


[写真-1]
生活に余裕がないと政治に関心も持てない。しかし政治が変わらないと生活は変わらない

[写真-2]
自分の生活に苦しんでいなかがら、沖縄の基地建設問題のことまで頭が回らない。それも当然のこと

[写真-3]
2017年6月、新宿で演説をしたときの山本太郎氏。「生きててくれよ !  死にたくなるような世の中やめたいんですよ !」2019年参院選でのスピーチが多くの人の心を打った

[写真-4]
普通の学校に通う7人に1人は貧困と言われている。その状況は、自己責任で片付けられるものでは決してない

[写真-5]
わずかなきっかけで、アンダークラスになってしまうことのある状況。それが現実の日本だ

現代ビジネス、2019-12-21
社会学者・橋本健二氏が語る「アンダークラス」と山本太郎の関係
自己責任論はすべての人を追い詰める理由

(牧内昇平)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69315

posted by fom_club at 11:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キム・ソギョンさん、キム・ウンソンさん夫妻

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、
日韓の政府間対立が続いています。
日本の芸術祭では今年、慰安婦をモチーフにした作品展示に「反日だ」との批判も。
戦争と植民地支配の歴史にどうアプローチすればいいのでしょう。
作家・高橋源一郎(1951年生まれ)さんが韓国を訪ねました。
寄稿を掲載します。

 戦後を代表する詩人、茨木のり子(1926 - 2006)の代表作「自分の感受性くらい」に、こんな一節がある。

「駄目なことの一切を/時代のせいにはするな/わずかに光る尊厳の放棄 自分の感受性くらい/自分で守れ/ばかものよ」

 いい詩だと思う。
 そしてその後、胸に手をあてて考えたくなる。

 その茨木のり子に「ハングルへの旅」という本がある。
 50歳になった茨木は突然、韓国語を学びはじめた。
 すると、周りのみんなが異口同音にこういったのだ。

「また、どうしたわけで?」

 明治以降、目は西洋に向け、東洋は切り捨てる。
 こんな国家の方針に、人びとは何の疑いもなく従ってきた。
 だからこそ「また、どうしたわけで?」となるのだろう。
 そう嘆きながら、茨木は、自分が韓国語を学び始めた理由を、いくつもあげていき、最後にこういうのである。

「隣の国のことばですもの」

 本の中に、強い印象を残すエピソードが一つ。
 同年代の韓国の女性詩人に会って、「日本語がお上手ですね」とその流暢(りゅうちょう)さに感嘆すると、彼女はこう返した。

「学生時代はずっと日本語教育されましたもの」

 植民地時代、日本語教育を強いられた彼女は、戦後になって「改めてじぶんたちの母国語を学び直した世代」だったのだ。

 自分の無知さに茨木は身をよじる。
 いちばん近い国なのに、ほんとうは何も知らない。
 知らないことさえ知らなかったのだ。

 ソウル市内、日本大使館に向けて設置された「平和の少女像」を見に行った。
 それは、わたしたちの国と「隣の国」の間に深刻な亀裂を生み出したものの一つだ。

 その「亀裂」はなぜ生まれ、そして、修復は可能なのか。

 それを知りたくて、わたしは出かけた。
 行けば少しはわかるのではないかと思った。
 いろんなことが。
 何より自分が何を知らないかを。

 冷たい雨が降る中、レインコートをはおった像は、毛で編まれた靴下をはいていた。
 銅製の足と座台の間に隙間がなく、だからその靴下は、ある日本人によって現場で編まれた、と聞いた。

 わたしは傘をさして、その像の傍らに立ち、その像の視線が指す方向を見つめながら、いくつかのことを考えた。

「彼女」の「正しい」名前は「慰安婦像」ではなく、「平和の少女像」(もしくは「平和の碑」)だ。
 女の子が椅子に座っている。
 そこにあるのは、ただ、それだけの彫像だ。
 髪は、一見おかっぱのようにも見えるけれど、よく見れば、髪の先が不揃(ふぞろ)いであることがわかる。
 もしかしたら、無理やり、切られたのかもしれない。

 韓国には、わたしたちの国にはない「民衆美術」のぶあつい歴史がある。
 それは、自国の軍事独裁政権と「美術」を武器にして戦って来た歴史だ。
 いつの間にか、敗戦によって軍による支配が終わっていたわたしたちの国とは異なる「戦後史」をこの国は持っている。
 自国の軍隊や政府と戦いながら、歴史を作ってきた彼らは、作品に強い政治的メッセージを載せることを拒まない。
 その感覚は、わたしたちにはないのである。

 慰安婦たちの「奪われた少女時代」を象徴しているという、その「像」は、もっと別の何かを象徴しているようにも見えた。
 それが、何なのか、わたしにはうまくいうことができない。
 そこに置かれているのは、どんな「ことば」でも載せることができる、ただの硬い金属製の彫像だからだ。

 人びとが行き交う大通りに面して、夥(おびただ)しい写真や横断幕に囲まれるように置かれたその少女像の横には、若い学生たちが守るように待機しているテントがあった。

 その情景を見ながら、わたしは、その前日に済州島で見た、もう一つの像のことを思い出した。

 ベトナム人の母子の像(「ベトナムのピエタ」像)は、済州島の南、江汀(カンジョン)村の聖フランシスコ平和センターの敷地の隅に、ひっそりと置かれていた。
 その像は、ベトナム戦争での韓国軍の民間人虐殺を記憶し犠牲者を鎮魂するために作られた。
 愛(いと)おしむように赤ん坊に頬を寄せる母親の周りを、土地の花と水牛が囲んでいる。
 この自国の加害責任を問いかける像の作者は、実は日本大使館の前の少女像と同じキム・ソギョンさん、キム・ウンソンさん夫妻だ。

 この像を設置する場所を求めて、キム夫妻は済州島にたどり着いた。
「少女像」とは異なり、自国の歴史的加害責任を問う像を喜んで受け入れてくれる場所を見つけることは難しかったのである。

 ふたつの像は、同じ作者(たち)の手で作られた。
 片方は、植民地支配と戦争の犠牲者に、もう片方は、戦争や軍隊の直接的な犠牲者に、それぞれ寄り添って。
 どちらもおそらくは同じ目的で、つまり、国家や権力という強いものに蹂躙(じゅうりん)される弱き存在の側に立つことを目指して作られた。

 けれども、ふたつの像は切り離され、片方を支持するものの多くは、もう片方を見ないようにしたのである。
 このことの意味も考えたい、とわたしは思った。

 済州島は、自民族が南北に分断されることに抗した島民を韓国軍と警察が弾圧・虐殺した「四・三事件」で知られる。
 日本にとっての敗戦、朝鮮半島の人たちにとっての解放から間もない1948年に起こり、50年代半ばまで続いた一連の悲劇で虐殺された島民は数万人といわれる。
 韓国政府がこの暗い記憶に立ち向かい、軍・警察が公式に謝罪したのは、事件発生後半世紀以上たつ今年だった。
 島民の気持ちの奥底には国家や軍への懐疑がいまもあるように思えた。
「ピエタ像」がこの島で可能だったのは、そのせいなのかもしれない。

 その像から、車を少し走らせた広大な畑の真ん中に、軍用機を攻撃から守るためにコンクリートで造った掩体壕(えんたいごう)跡がある。
 戦争中、ここには日本軍の戦闘機が収納され「決戦の日」を待っていた。
 この国が日本の植民地であった時代の遺物である。
 そんな場所があることを、わたしたち日本人の大半は知らないだろう。

 いまは、戦闘機の骨組みの形をしたモニュメントが静かに眠り、そこを訪れた人たちがハングルで書き記した短冊が結びつけられている。
 わたしは、通訳の担当者に訳してもらい、複雑な思いで、そのことばを読んだ。
 そこを訪れる人たちにとって、過去は終わってはいないのである。

 ふたつの像が、「弱き者たち」を象徴しているのだとしたら、それは、隣の国の人たちにとって、支配され、ことばも奪われていた植民地時代の自分たちの肖像にも繋(つな)がるのだろう。

 では、わたしたちは、「弱き者たち」をどう見ているのだろう。

 いま、わたしたちの社会は、声をあげる「弱き者たち」をうとましく思ってはいないだろうか。

 ただ佇(たたず)むだけの「像」たちは、ことばを持たない。
 だが、そのことによって、わたしたちからことばを引き出す力を持っている。
 もしかしたら、それは、怒りや憎しみや蔑(さげす)みに満ちた、わたしたち自身の社会が発することばなのかもしれない。

■ ともに歩いて

 ベトナムの母子像は支持されていますか。
 高橋源一郎さんの質問に聖フランシスコ平和センター幹部は「軍が謝罪すべきだと言う住民は済州島でも少数派だろう」。
 自国の負の歴史に光を当てる作業の難しさが伝わりました。
 済州島は軍基地建設への反対運動が続く島でもありました。
 同センターで車に「Heoko, NO(辺野古ノー)」というステッカーが貼られているのを見つけたのは高橋さんでした。


[写真-1]
韓国・済州島に残る旧日本軍の掩体壕跡の一つ。ゼロ戦を模したアート作品が置かれ、作品には無数の短冊が結びつけられていた

[写真-2]
済州島南部にある聖フランシスコ平和センターの敷地内に置かれたベトナム人の母子像

[写真-3]
ソウルの日本大使館近くの歩道に設置された平和の少女像

朝日新聞、2019年12月19日05時00分
高橋源一郎の「歩きながら、考える」
隣の国のことを知らない私たち
(編集委員・塩倉裕)
https://digital.asahi.com/articles/DA3S14299716.html

28年にわたり韓国ソウルの日本大使館前で「慰安婦」問題の解決を目指したたかってきた被害者の若かりし日をモチーフにつくられた「平和の碑」(少女像)。
制作した韓国の彫刻家キム・ソギョンさんとキム・ウンソンさん夫妻に、「少女像」に込めた思いや、展示が中断された国際芸術祭・あいちトリエンナーレの「表現の不自由展・その後」について聞きました。

手を取り被害想像して

 少女像は1992年1月から現在も毎週行われている「慰安婦」問題解決のための水曜行動が、1000回を迎えたことを記念して2011年12月に建てられました。
 日本の一部の政治家や保守系のメディアは、少女像を「反日の象徴」などといいますが、それは違います。
「慰安婦」被害の歴史を記憶し、人権のためにたたかい続けるハルモニ(おばあさん)をたたえ、運動を継承するためのものです。

 少女像には、ハルモニの苦しく長かった人生や未来への夢など、すべてを込めました。

韓国社会の問題も

 少女の後ろに伸びている影は、ハルモニの姿になっています。
 少女の時代に動員され、謝罪を受けることのないまま年を重ねたハルモニの悲しみを表現しました。
 肩に乗っている小鳥は、平和と自由を象徴し、いまもこの地でたたかい続けているハルモニと亡くなって天にのぼったハルモニをつなぐ絆です。

 被害に遭った当時、朝鮮の女性は長い髪を三つ編みにするのが一般的でしたが、あえて短く、毛先のそろっていないおかっぱ頭にしました。
 それは大切な家族や故郷から無残に引き離されたことを意味します。
 当初そっと重ねようと考えていた両手は、日本政府が建立を妨害していると聞き、ハルモニのたたかいを表す握り拳にしました。

 擦り切れているはだしの足は、彼女たちの歩んできた人生の険しさを表しました。
 その足は少し、かかとが浮いています。
 これは被害者たちを受け入れることをしなかった韓国社会の偏見と、無策だった韓国政府の無責任さを表しています。

 韓国は、大家族の家父長制でした。
 被害を受けたことが恥ずかしく、解放後も故郷に戻れなかった人がいます。
 帰ることができても、家族や親せきにさえ疎まれ、再び故郷を去らざるを得なかった人もいる。
 被害者が、罪人のようにひっそりと生きていかなければならなかったのです。

 金学順(キム・ハクスン)さんが実名を公表し、被害を告発したのは1991年8月でした。
 その時、私たちは、その事実に心を痛めつつも、被害者がいて加害者もはっきりしている、解決はそう遠くないだろうと考えていました。

 しかし2011年1月、水曜集会に遭遇しました。
 まだ解決していなかったのかという驚きと、そのことを知らなかったという申し訳なさが募りました。
 集会の主催団体を探し訪ねると、支援者から寄付を募り「平和の碑」建立プロジェクトが進行中で、芸術家としてできることをやろうと決意しました。

再展示求める声に希望

 芸術家たちの表現の自由が守られることは民主主義の基本です。
「表現の不自由展」で、少女像が最後まで展示することができれば、日本に民主主義があるということが証明されると考えていましたが、そうはなりませんでした。
 短い時間でしたが、私が会場にいて感じたのは、日本の市民の成熟した姿勢です。
 説明を熱心に読みメモをとる人や、ハルモニたちの境遇を思って涙しながら鑑賞する人もいました。
 多くの人から「展示してくれてありがとう」「反日の象徴だと誤解していた」と声をかけられました。
 中断している「不自由展」の再開を求め行動する市民もいて、被害者の人権を無視している安倍政権とは違うと感じ、本当にうれしく思いました。

反日ではなく共感

 少女像の隣には誰も座っていない椅子を置きました。
 亡くなったハルモニたちが隣で見守っているよ、という意味があります。
 そして通りかかった人が、なぜここに椅子があるのかと考え、座って少女像の手を握り、ハルモニが夢見る平和を想像したとき、この作品は完成します。

 少女像を訪れた人は、暑い日には帽子をかぶせたり、寒い日にはマフラーをまいたりします。
 手紙を書いてくる人もいます。
 そこにあるのは「反日」ではなく、つらい人生を歩んできた被害者への「共感」です。

 安倍政権は憲法9条を変えて戦争ができる「普通の国家」になろうとしていますよね。

 いま、戦争は絶対にダメだという日韓の市民の連帯が大事だと思います。

 少女像が、その懸け橋になることを願います。
 一人ひとりの小さな行動、その小さな炎が、大きな歴史をつくるはずです。


[写真-1]
彫刻家のキム・ソギョンさん(左)とキム・ウンソンさん

[写真-2]
ソウルの平和路に設置された「少女像」

[写真-3]
「少女像」と影

[写真-4]
握りしめた拳

しんぶん赤旗、2019年8月28日(水)
「表現の不自由」考える
「少女像」日韓の懸け橋に
制作の彫刻家キム・ソギョンさん キム・ウンソンさん語る

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-08-28/2019082803_01_0.html

posted by fom_club at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

富士には、月見草がよく似合ふ。

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 太宰治と山歩クラブの縁・・・はですね、曽我梅林へのお散歩会にまでさかのぼるんじゃないかな、とヤッホーくん。

 太宰治と太田静子、つまり「斜陽の家」は山歩クラブの面々、前を通っているのです。不審火で焼失する2009年の前。

 2003年2月8日(土)朝一番の小田急ロマンスカーに乗って曽我の里を散策してきました。
 JR御殿場線の下曽我駅をでると、小田原ボランティア協会の方がおられ、里の史跡を案内していただきました。
 歩きながら、二宮尊徳の「積少為大(せきしょういだい)」について教えていただきました:
(注略)
 文学散歩にもなりました。
 尾崎一雄文学碑があります。なぜでしょうか?
 尾崎一雄(1899 - 1983)は、祖父の代まで小田原-下曽我の宗我神社の神官をつとめた家の長男として、1899(明治32)年12月25日に生まれました。
 小田原中学在学中の1916(大正5)年、志賀直哉(1883 - 1971)の「大津順吉」を読み深く感動、作家を志す契機となりました。
 やがて当時新設の早稲田高等学院に進み、1927(昭和2)年、早稲田大学国文科を卒業、この間、数々の同人雑誌や「早稲田文学」に作品を発表していきます。
 長い雌伏の時代を経た1937(昭和12)年、短篇集『暢気眼鏡』で第5回芥川賞を受賞、出世作となりました。
 1944(昭和19)年、44歳のとき大病の療養を機に下曽我に帰郷して以後は、この父祖以来の地で執筆を続け、「虫のいろいろ」「まぼろしの記」「虫も樹も」など数多くの心境小説、自伝的作品を生み出していきます。
 晩年に至っても長大な自伝的文壇史「あの日この日」(正・続)を著すなど、83年の生涯の最後まで衰えることのない筆力を示しました。

 そして、城前寺には高浜虚子(1874 - 1959)の句碑「宗我神社 曽我村役場 梅の中」もあるのです。
 尾崎一雄が早稲田を卒業して10年たった春のことでした。
 梅といえば、今日では曽我の里が知れわたっている。
 2月、曽我梅林では3万本の梅が咲き揃い、春の到来を告げる。
「今の世の 曽我村はたゞ 梅白し」と詠じたのは、1937(昭和12)年2月にここを訪れた高浜虚子だった。
 ホトトギス一門26人がその日の吟行に参加した

のだそうです。
 さらにはびっくり、この里は太宰治とも縁があったのだす。
 ホトトギス一門が訪れてから10年後の1947年(昭和22)年、自殺する前年の38歳のことだす。
 下曽我の大雄山荘に疎開していた太田静子は、戦後すぐに母親が亡くなったこともあり、太宰に手紙を出します。
 太宰からは雑用山積のため手紙を出せなかったことを詫び、「いま『ヴィヨンの妻』という100枚見当の小説にとりかかっている、仕事部屋を借りて仕事をしているが、よかったらそこに来ないか、来るときには前日に電報をよこすように、正月5日間は客が多いから6日すぎがよい」との返事をもらい、期待を持って1947(昭和22)年1月6日三鷹に太宰を訪ねます。
 そして1ヶ月後の2月21日、今度は『斜陽』を書くために太宰が下曽我に来て、5日間滞在。
 太田静子の日記を下曽我の大雄山荘で借ります。
『斜陽』はその後、伊豆の三津浜に行き、『斜陽』として起稿され、3月上旬までかかって第1、2章を書き上げる。
 4月、三鷹の仕事部屋で『斜陽』を書き続け、6月に完成します。
 なお、この2月の出会いで太田静子は身ごもり、5月24日太田静子は子供のことで太宰と相談するため再び三鷹を訪ねます。
 11月、太田静子との間に、治子が誕生。
 太宰は認知書を書いています。


 写真は城前寺の前で。
 
城前寺.jpg

 中央に金時山、矢倉岳をしたがえた富士山が見えます。
 このお寺は曽我兄弟の菩提寺。
 仇を討った後、叔父の宇佐美禅師がその遺骨を携えてこの地に庵を結び、兄弟の菩提を弔ったのが寺の始まりと伝えられている。
 兄弟の討ち入りの時、暗夜だったので、傘を燃やして松明とした故事から、仇討ちの日に当たる5月28日には境内で「傘焼き祭り」が行なわれる。

・・・山歩クラブ会報「こまくさ No. 2」、2003年4月12日発行・・・

 ヤッホーくんのこのブログ、2015年05月18日付け日記「河口の森」で前日のお山歩会、天下茶屋から御坂山1596mを経て御坂峠越えをする山歩きの報告記事がつづられています。
 2015年05月25日付け日記「新金沢八景」あたりまで続くのかな……、

 その前の年、2014年5月11日日曜日は、山歩クラブのお山歩会で三つ峠山1785.2mに富士見山行。23人で向かっています。
 2014年05月15日付け日記「太宰治『新樹の言葉』」、翌日の日記「太宰治『富嶽百景』」、翌々日の「富士山」などもどうぞ、振り返ってみてくださいな。

 ヤッホーくん、どうして富士山と月見草を対比させていたのかな、中心と周縁?上級と下級?出世と落ちこぼれ?選民と貧民?もっと、もっと?考えていきたいんだって、それで『富嶽百景』から四つのエピソードを書き写しておくんだって、忘備録?襤褸の繕い?
 だって、クリスマスイヴだというのにヤッホーくんのところに、ケーキもなければ、がぶがぶ飲む酒もない。

 東京の、アパートの窓から見る富士は、くるしい。
 冬には、はつきり、よく見える。
 小さい、真白い三角が、地平線にちよこんと出てゐて、それが富士だ。
 なんのことはない、クリスマスの飾り菓子である。
 しかも左のはうに、肩が傾いて心細く、船尾のはうからだんだん沈没しかけてゆく軍艦の姿に似てゐる。
 三年まへの冬、私は或る人から、意外の事実を打ち明けられ、途方に暮れた。
 その夜、アパートの一室で、ひとりで、がぶがぶ酒のんだ。
 一睡もせず、酒のんだ。
 あかつき、小用に立つて、アパートの便所の金網張られた四角い窓から、富士が見えた。
 小さく、真白で、左のはうにちよつと傾いて、あの富士を忘れない。
 窓の下のアスファルト路を、さかなやの自転車が疾駆(しつく)し、おう、けさは、やけに富士がはつきり見えるぢやねえか、めつぽふ寒いや、など呟(つぶや)きのこして、私は、暗い便所の中に立ちつくし、窓の金網撫でながら、じめじめ泣いて、あんな思ひは、二度と繰りかへしたくない。
(中略)
 井伏氏は、ちやんと登山服着て居られて、軽快の姿であつたが、私には登山服の持ち合せがなく、ドテラ姿であつた。
 茶屋のドテラは短く、私の毛臑(けづね)は、一尺以上も露出して、しかもそれに茶屋の老爺から借りたゴム底の地下足袋をはいたので、われながらむさ苦しく、少し工夫して、角帯をしめ、茶屋の壁にかかつてゐた古い麦藁帽(むぎわらばう)をかぶつてみたのであるが、いよいよ変で、井伏氏は、人のなりふりを決して軽蔑しない人であるが、このときだけは流石(さすが)に少し、気の毒さうな顔をして、男は、しかし、身なりなんか気にしないはうがいい、と小声で呟いて私をいたはつてくれたのを、私は忘れない。
 とかくして頂上についたのであるが、急に濃い霧が吹き流れて来て、頂上のパノラマ台といふ、断崖(だんがい)の縁(へり)に立つてみても、いつかうに眺望がきかない。
 何も見えない。
 井伏氏は、濃い霧の底、岩に腰をおろし、ゆつくり煙草を吸ひながら、放屁なされた。
 いかにも、つまらなさうであつた。
(中略)
 私には、誇るべき何もない。
 学問もない。
 才能もない。
 肉体よごれて、心もまづしい。
 けれども、苦悩だけは、その青年たちに、先生、と言はれて、だまつてそれを受けていいくらゐの、苦悩は、経て来た。
 たつたそれだけ。
 藁(わら)一すぢの自負である。
 けれども、私は、この自負だけは、はつきり持つてゐたいと思つてゐる。
(中略)
 私のとなりの御隠居は、胸に深い憂悶(いうもん)でもあるのか、他の遊覧客とちがつて、富士には一瞥(いちべつ)も与へず、かへつて富士と反対側の、山路に沿つた断崖をじつと見つめて、私にはその様が、からだがしびれるほど快く感ぜられ、私もまた、富士なんか、あんな俗な山、見度くもないといふ、高尚な虚無の心を、その老婆に見せてやりたく思つて、あなたのお苦しみ、わびしさ、みなよくわかる、と頼まれもせぬのに、共鳴の素振りを見せてあげたく、老婆に甘えかかるやうに、そつとすり寄つて、老婆とおなじ姿勢で、ぼんやり崖の方を、眺めてやつた。
 老婆も何かしら、私に安心してゐたところがあつたのだらう、ぼんやりひとこと、
「おや、月見草。」
 さう言つて、細い指でもつて、路傍の一箇所をゆびさした。
 さつと、バスは過ぎてゆき、私の目には、いま、ちらとひとめ見た黄金色の月見草の花ひとつ、花弁もあざやかに消えず残つた。
 三七七八米の富士の山と、立派に相対峙(あひたいぢ)し、みぢんもゆるがず、なんと言ふのか、金剛力草とでも言ひたいくらゐ、けなげにすつくと立つてゐたあの月見草は、よかつた。
 富士には、月見草がよく似合ふ。


青空文庫、1999年1月9日公開
富嶽百景
(太宰治)
(底本「筑摩現代文学大系59太宰治集」筑摩書房、1975(昭和50)年9月
(初出「文体」1939(昭和14)年2、3月)
https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/270_14914.html

posted by fom_club at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雄山荘、10年前に不審火で焼失

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

「君に、出来るものか。」少年は、力弱く笑った。
「出来るとも。出来るよ。」とむきになって言い切った。
 それから一時間のち、私は少年と共に、渋谷の神宮通りを歩いていた。
 ばかばかしい行為である。
 私は、ことし32歳である。
 自重しなければならぬ。
 けれども私は、この少年に、口さきばかり、と思われたくないばかりに、こうして共に歩いている。
 所詮は私も、自分の幼い潔癖に甘えていたのかも知れない。
 私は自分の不安な此(こ)の行動に、少年救済という美名を附して、わずかに自分で救われていた。
 溺れかけている少年を目前に見た時は、よし自分が泳げなくとも、救助に飛び込まなければならぬ。
 それが市民としての義務だ、と無理矢理自分に思い込ませるように努力していた。
 全く、単に話の行きがかりから、私は少年の代りに一夜だけ、高等学校の制服制帽で、葉山家に出かけて行かなければならなくなったのである。
 佐伯五一郎の友人として、きょうは佐伯が病気ゆえ、代りに僕が参りましたと挨拶して、「早春の北海道」というその愚にもつかぬ映画を面白おかしく説明しなければならなくなった。
 私には、もとより制服も制帽も無い。
 佐伯にも無い。
 きのう迄は、あったんだけれど、靴もろとも売ってしまったというのである。
 借りに行かなければならぬ。
 佐伯は私の実行力を疑い、この企画に躊躇(ちゅうちょ)していたようであったが、私は、少年の逡巡(しゅんじゅん)の様を見て、かえって猛(たけ)りたち、佐伯の手を引かんばかりにして井の頭の茶店を立ち出で、途中三鷹の私の家に寄って素早く鬚(ひげ)を剃(そ)り大いに若がえって、こんどは可成りの額の小遣銭(こづかいせん)を懐中して、さて、君の友人はどこにいるか、制服制帽を貸してくれるような親しい友人はいないか、と少年に問い、渋谷に、ひとりいるという答を得て、ただちに吉祥寺駅から、帝都電鉄に乗り、渋谷に着いた。
 私は少し狂っていたようである。


青空文庫、2000年2月10日公開
太宰治「乞食学生」
(底本:「太宰治全集3」ちくま文庫、筑摩書房、1988(昭和63)年10月25日第1刷発行)
・・・文芸雑誌『若草』に1940(昭和15)年7月号から12月号まで、6回にわたって連載・・・
https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/285_15065.html

 ところでヤッホーくんの冬至、井の頭公園には渋谷から「京王井の頭線」の急行電車で向かっています。
 太宰治の短編「乞食学生」の「私」は吉祥寺から渋谷へ「帝都電鉄」に乗っていますけど、これって…:

 ちなみに井の頭線も、もとは京王が敷設した鉄道ではない。
 東京山手急行電鉄という会社が手掛けた。
 東京山手急行はその後帝都電鉄と名前を変え、小田原急行鉄道(現・小田急電鉄)と合併した。
 井の頭線は当時、小田急帝都線と呼ばれていたという。
 東京山手急行も小田急の創始者、利光鶴松(1864 - 1945、ヤッホーくん注)氏が代表であり、実質的には小田急系の路線といえる。

 その証拠に、京王線と井の頭線は線路の幅が違う。
 京王線は幅1372ミリだが、井の頭線は1067ミリで、小田急と同じ。
 京王線と井の頭線は明大前駅で接続してはいるが、乗り入れることはできないのだ。

 ところで井の頭線を手掛けた東京山手急行電鉄は当初、「第2山手線」という壮大な計画をぶち上げていた。
 品川区の大井町から江東区の洲崎(現在の東陽町)まで、山手線の外側を走る路線だ。
 資金難から頓挫したが、そのエネルギーは井の頭線や小田急線へと引き継がれていく。


[年表]☟
h井の頭線.jpg

日本経済新聞、2013/6/14
井の頭線、消えた延伸計画と「日本一」の三鷹球場
(東京ふしぎ探検隊)
https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK12033_S3A610C1000000/?page=2

(注)ヤッホーくんのこのブログ、2017年04月25日付け日記「豆相人車鉄道」参照

 さて、ヤッホーくん、三鷹駅前の「みたか観光案内所」にお聞きし、「三鷹市太宰治文学サロン」へと向かうのですが、ゆかりの地「千草」と遭遇します。
 作家仲間・編集者との打合せの場所でもあった小料理屋。
 1947(昭和22年)年7月から2階を仕事部屋にもしていました。
 太宰治の行方不明後は捜索本部となり、遺体発見後は検死場所ともなりました。主人鶴巻幸之助さんは、桜桃忌の御世話をしていた」
 その向かいにはいっしょに入水自殺をする山崎富栄の下宿もありました。
・ 1946(昭和21)年11月、疎開先の青森から妻子とともに三鷹に戻ってきます。
・ 1947(昭和22)年1月、太田静子の訪問を受け、2月、太宰は下曽我の大雄山荘に出向き、日記を借り5日滞在し、太田静子と結ばれます。
・ 同年5月、太宰は山崎富栄と結ばれます。
・ 同年7月、小料理屋「千草」2階も仕事場にします。その向かいが山崎富栄の下宿先で、9月に仕事場を富栄の部屋に移す。
・ 1948(昭和23)年6月13日、山崎富江と玉川上水に入水。太宰の誕生日の19日に遺体発見。

『斜陽』のご婦人、太田静子は1947年2月の下曽我での太宰との出会いで身ごもったため、同年5月に再び三鷹を訪れます。
 この時は当時新潮社の社員だった野原一夫(1922 - 1999)も最後まで同席します。
『回想 太宰治』(新潮社 新装版、1998年5月)では、
 生れてくる赤ちゃんのことで、あの方に御相談したかったのです。
 それで東京に会いに行ったのです。
 わたくしは、なにもかも、すべて、あの方のおっしゃるとおりにしようと心を決めていました。
 お父さんと呼んでいけないのなら、言われるとおりにしようと思いました。
 どこか遠いところで、ひっそり隠れて暮せと言われたら、それに従がおうと思いました。
 どんなことでも、おっしゃるとおりにしようと。
 それで、お会いしたいとお手紙を出したのです。
 午後3時すぎに、三鷹駅の南口からまっすぐに行った橋のたもとの屋台のうなぎ屋へという御返事でした。
 弟の通が心配してついてきてくれました。
 三鷹に着いたのは4時頃だったでしょうか。
 うなぎ屋さんにはあの方の姿は見えませんでした。
 そこの若い御主人が心得顔にうなずいて、自転車で呼びに行ってくれました。
 あの方は、なにか疲れているように見えました。
 面馨れ、さえ感じました。
 セルの上着に灰色のズボンをはいて、下駄ばきでした。

と書いています。
 
五月二十四日

「先生が、貴女のところにウィスキーがあるっていうんですけど――」
「あらそう、どうぞ」
 六月の御誕生日の御祝にと思ってとってあった品だったけど。夕食を持参してお手伝いにいく。七人のお客様と私。野原さんのお隣りで飲む。ウィスキーの甘味な舌ざわり。皆さんに喜ばれて、今宵の私の心も酔う。放送劇団の人達。綱さんや、加藤さんのお話――懐かしい。
“すみれ”で二次会。野原さんの楽しいベレー帽から、話は咲いて……、人に喜びを与え得る人はいいなあ、そして、人に悲しみを与え得る人もいい。そして、この二つのどちらかしか、世の中に生きていく強さはないでしょう、と野原さんと握手。そういう御方と一緒でなければ、こうして酒席へなど、私は、はべりませぬ。今夜は私の顔も赤い。真実のことを、ちょっと語ってしまう。
「斜陽」の御婦人も御一緒だったけど……。


青空文庫、2017年4月3日作成
雨の玉川心中
太宰治との愛と死のノート

(山崎富栄)
(底本:「雨の玉川心中」真善美研究所、1977(昭和52)年6月13日初版発行)
https://www.aozora.gr.jp/cards/001777/files/56258_61595.html

 没後70年を迎える今も根強いファンを持つ小説家太宰治が「斜陽」の構想を得た場所として知られ、9年前に焼失した旧別荘「雄山荘」を紹介する「『斜陽』の家 雄山荘資料展」が、小田原駅東口のおだわら市民交流センターUMECO多目的コーナーで開かれている。
 2018年6月19日の桜桃忌には朗読会を開催し、太宰と小田原の縁(えにし)をしのぶ。
 入場無料、24日まで。

 1930年に旧下曽我村(小田原市曽我谷津)に建てられた雄山荘(当時は大雄山荘と呼称)には戦争中、太宰が交際していた歌人、太田静子が母とともに疎開。
 太宰も滞在したことがあり、そこでの暮らしをつづった静子の日記を基に代表作「斜陽」を書いた。

 資料展はUMECOの主催で、施設登録団体である小田原鉄道歴史研究会と西さがみ文芸愛好会が協力。
 雄山荘の歴史や静子と太宰の交流、「斜陽」執筆の経緯などを丹念に調べた年表や図解などを作成した。

 このほか、雄山荘の写真や間取り図、復元模型、太宰と雄山荘にまつわる書籍や雑誌、2009年12月26日に不審火で焼失した際の新聞記事など、60点以上が並ぶ。

 開催を知った人から寄せられた太田静子の着物も先月下旬から展示。
 会場に置かれた感想ノートには「読み応えがあった」「雄山荘は保存運動があったのに、失われ残念」などの声が寄せられている。

 太宰は「斜陽」発表の翌年の1948年6月13日、愛人と玉川上水で入水。
 誕生日の19日に遺体が見つかり、この日が忌日(桜桃忌)とされた。

 文芸愛好会の朗読グループ「さくらの会」による「桜桃忌ろうどく会」は19日午後2〜3時、UMECOの会議室で。
 無料。
「斜陽」、静子と太宰の娘である作家太田治子さんの「明るい方へ」など5作品を抜粋して朗読する。

 資料展、朗読会の問い合わせはUMECO電話0465(24)6611。


[写真-1]
新聞記事の切り抜きや関連書籍・雑誌なども並ぶ「『斜陽』の家 雄山荘資料展」=おだわら市民交流センターUMECO多目的コーナー

[写真-2]
雄山荘にまつわる年表や、焼失前の姿を写した写真も展示されている

[写真-3]
資料展が始まってから情報提供があり、展示されるようになった「太田静子」の着物

神奈川新聞、2018年06月18日 11:08
太宰「斜陽」ゆかり
小田原で9年前消失「雄山荘」資料展

https://www.kanaloco.jp/article/entry-31789.html

posted by fom_club at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松本訓導殉難100周年

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 私は、家の方角とは反対の、玉川上水の土堤(どて)のほうへ歩いていった。
 4月なかば、ひるごろの事である。
 頭を挙げて見ると、玉川上水は深くゆるゆると流れて、両岸の桜は、もう葉桜になっていて真青に茂り合い、青い枝葉が両側から覆いかぶさり、青葉のトンネルのようである。
 ひっそりしている。
 ああ、こんな小説が書きたい。
 こんな作品がいいのだ。
 なんの作意も無い。
 私は立ちどまって、なお、よく見ていたい誘惑を感じたが、自分の、だらしない感傷を恥ずかしく思い、その光るばかりの緑のトンネルを、ちらと見たばかりで、流れに沿うて土堤の上を、のろのろ歩きつづけた。
 だんだん歩調が早くなる。
 流れが、私をひきずるのだ。
 水は幽かに濁りながら、点々と、薄よごれた花びらを浮かべ、音も無く滑り流れている。
 私は、流れてゆく桜の花びらを、いつのまにか、追いかけているのだ。
 ばかのように、せっせと歩きつづけているのだ。
 その一群の花弁(はなびら)は、のろくなったり、早くなったり、けれども停滞せず、狡猾(こうかつ)に身軽くするする流れてゆく。
 万助橋(まんすけばし)を過ぎ、もう、ここは井の頭公園の裏である。
 私は、なおも流れに沿うて、一心不乱に歩きつづける。
 この辺で、むかし松本訓導という優しい先生が、教え子を救おうとして、かえって自分が溺死(できし)なされた。
 川幅は、こんなに狭いが、ひどく深く、流れの力も強いという話である。
 この土地の人は、この川を、人喰い川と呼んで、恐怖している。
 私は、少し疲れた。
 花びらを追う事を、あきらめて、ゆっくり歩いた。
 たちまち一群の花びらは、流れて遠のき、きらと陽に白く小さく光って見えなくなった。
 私は、意味の無い溜息(ためいき)を、ほっと吐(つ)いて、手のひらで額(ひたい)の汗を拭き払った時、すぐ足もとで、わあ寒い! という叫び声が。


青空文庫、2000年2月10日公開
太宰治「乞食学生」
(底本:「太宰治全集3」ちくま文庫、筑摩書房、1988(昭和63)年10月25日第1刷発行)
・・・文芸雑誌『若草』に1940(昭和15)年7月号から12月号まで、6回にわたって連載・・・
https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/285_15065.html

 冬至の日の山歩クラブお散歩会は井の頭公園からはじまりました。
 われわれはさっそく「松本訓導という優しい先生」を探す探偵団と化しておりました。
「井の頭自然文化園(水生物園)」で優しいお姉さまから教わりました。
 え〜、ヤッホーくん、その前に「動物園にムカシ花子さんが住んでましたよね」とさっそく知ったかぶりを示し、会話を楽しみました。
 え〜、ヤッホーくんのこのブログ、2010年06月13日付け日記「井の頭自然文化園」をお読みください。
 そのあとも何度か、花子さんとの面会を求めてきていました。

 松本先生の碑、ありましたねぇ〜

P1010193.JPG

松本訓導.JPG

松本訓導殉難の碑文

 1919(大正8)年11月20日、東京府麹町区(現在千代田区)永田町小学校全校児童は、井の頭公園に秋の遠足を行った。
 当時の井の頭公園は都心から離れた郊外で来園する人も少なかった。
 従ってこの遠足は文字通りの遠出で、児童達は大変期待していたものである。

 到着後、喜びのあまり遊びに夢中になっていた一児童が足をすべらせて玉川上水の急流に落ちた。
 急を聞いた松本虎雄訓導は、わが身の危険もかえりみず上水に飛び込み児童を救おうとしたが、急流にのまれて殉職した。
 時に33才であった。

 命を捧げて児童を救おうとした尊い行為は、人びとに深い感銘を与えた。
 松本訓導の児童愛に燃えるこの勇敢な行為は、教師の鑑(かがみ)といえるものである。
 これを後世に顕彰するために、殉難のあったこの地に記念碑が建てられたのである。
(東京都の案内板より)


 1919(大正8)年11月、玉川上水の急流に落ちた児童を救おうとして、教員(訓導)であった松本虎雄氏が川に入り命を落とされるという悲しい事件がありました。
 この殉難から100年が経過し開催された「松本訓導殉難100周年講座」に参加しました。

 いのけん一級合格者の会「あか井の」(*)主催の「松本訓導殉難100周年講座」は30名の定員が満席となり、年月を経ても関心の高いトピックであると感じました。

 講座の前半は講演会。
 松本虎雄氏の妹の御子息である松本吉見氏(写真左)から事件当時や反響についてお話を伺いました。
 当時、井の頭公園は開園まもなく人気の遠足地だったこと、公園の外を流れる玉川上水は現在の15倍もの水量があり事故も多く「人喰い川」と呼ばれていたことなど。
 現在の静かでのどかな雰囲気とは全く異なる場所であったようです。

 また、武蔵野大学教授で書写書道を専門とされる廣P裕之先生(写真右)からは、石碑についてご説明いただきました。
「松本訓導殉難碑」は、一流の石材である仙台石を用い、中国の伝統形式に則って岡田起作(本文の書家)、井亀泉(石工)という名人が手掛けられた優れた作品であるとのことです。

 講座の前半(ママ)はフィールドワーク。
 あいにくの雨降りでしたが、松本虎雄氏が殉職された場所に建てられた殉難碑を訪問し、献花を行いました。
 右下の写真は殉難碑の刻字。
「食人川(人喰い川)」とあるのが読めます。
 殉難碑にまつわるさまざまなお話を聞いた後では、これまで何気なく眺めていた碑が少し異なって見えてくる気がします。
「松本訓導殉難碑」は、井の頭公園の西側、万助橋の近くにあります。
 公園を散策されるときに、足を延ばしてみてください。


武蔵野市観光機構公式ブログ、2019年11月25日
「松本訓導殉難100周年講座」に参加しました。
https://blog.musashino-kanko.com/?p=23406

(*)いのけん一級合格者の会「あか井の」

井の頭公園検定(通称:いのけん)とは・・・

「いのけん」は、2012年の井の頭自然文化園開園70周年と2017年の井の頭恩賜公園開園100周年の周年記念事業として、広く市内外のかたがたに、井の頭公園のさまざまな魅力を再発見していただくことを目的とした検定試験です。
 井の頭自然文化園開園の70周年にあたる2012年度に第1回を開催し、井の頭恩賜公園開園100周年にあたる2017年度の第6回まで実施しました(現在、検定試験は終了)。

「あか井の」とは・・・
「いのけん」1級合格者が、学んだ知識を活かそうと、自主的に「あか井の」というグループを結成し、公園の魅力を伝えるガイドやイベントを積極的に実施しています。
 グループ名は、いのけん1級合格者がもらえる「あかいバッジ」と「井の頭」の二つの名前を合わせたものから由来しています。


三鷹市公式サイト[報道発表]2018年8月20日
「Park Guide 井の頭恩賜公園ボランティアガイド」がスタート!
https://www.city.mitaka.lg.jp/c_press/075/075114.html
posted by fom_club at 07:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

太宰治、生誕110年

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 青森県五所川原市出身の文豪、太宰治生誕110周年に合わせ、津軽鉄道(五所川原市)は2019年11月17日、レトロな列車に揺られながら、ウイスキーの炭酸割りを味わえる「ハイボール列車」を運行した。
 石炭ストーブを設けた車内で、県内外の約70人が奥津軽の景色と、洋酒のハイカラな味を楽しんだ。

 列車は津軽五所川原(五所川原市)−津軽中里間(青森県中泊町)を約2時間で往復。
 東京の人気バー「銀座ロックフィッシュ」(中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル1号館 7F)の店主間口一就(かずなり)さんが同行し、乗客にハイボールを注いで回った。
 青森県産食材を使った間口さん監修の特製弁当が提供されたほか、石炭ストーブであぶったスルメイカが車内販売された。

 ハイボール列車は、五所川原市の一般社団法人「かなぎ元気村」などでつくる実行委員会が主催。
 津軽鉄道の活性化を目的に企画した。

 「銀座ロックフィッシュ」に通っているという横浜市の会社員杉浦葉子さん(49)は「特製弁当がおいしくてお酒が進んだ。石炭ストーブも暖かいし、良い雰囲気だった」と笑顔で話した。


[写真]
ハイボールで乾杯する乗客

河北新報、2019年11月18日月曜日
銀座のハイボール列車、津軽を行く
太宰にあやかり2時間の旅

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201911/20191118_22001.html

 青森県五所川原市出身の文豪、太宰治の生誕110年を記念した特別企画展「太宰治展−生誕110年−」が同市の立佞武多(たちねぷた)の館で開かれている(2019年6月30日まで)。

 企画展は市や青森県西北地域県民局などによる太宰治生誕110年誘客促進実行委員会の主催。
 市や県近代文学館(青森市)が所蔵する太宰にちなんだ資料約100点を並べた。
 直筆原稿や書簡、太宰が描いた自画像なども展示され、作家以外の側面も感じ取れる。

 金木太宰会の木下巽会長は「書や絵画、直筆原稿などが集まった非常に密度の濃い内容となっている」と話す。

 実行委は企画展を皮切りに、6月19日には生誕記念祭、22〜23日には朗読会やコスプレイベントを盛り込んだ記念フェスティバルと太宰文学映画祭を開催。
 7月6日には芥川賞作家で芸人の又吉直樹さん(*)を招いた講演会も開かれる。


[写真]
太宰が実際に着用していたマント「二重廻(まわ)し」(手前)などの愛用品も並ぶ

河北新報、2019年5月14日火曜日
太宰の魅力 斜陽なし
生誕110年、出身の青森・五所川原で企画展

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201905/20190514_23032.html

(*)又吉直樹(1980年生まれ)

 小栗旬主演の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」が絶賛公開中だ。
http://ningenshikkaku-movie.com/
https://www.youtube.com/watch?v=h18i2we4T94
https://www.youtube.com/watch?v=CztNDtBdV9U

 世界で活躍する写真家・蜷川実花氏がメガホンをとり、小栗が天才作家・太宰のスキャンダラスな人生を快演。
 太宰を取り囲む女たちを宮沢りえ(太宰の正妻・美知子)、沢尻エリカ(作家志望の愛人・静子)、二階堂ふみ(最後の女・富栄)という豪華な女優陣が演じていることでも話題だ。

 太宰と言えば、ピースの又吉直樹を思い起こす人も多いことだろう。
 芥川賞作家である又吉は、大の太宰マニアで有名。
 スマホの待ち受け画面を太宰にしていた時期があったほど、その作風や生き様に心酔している。

 だからだろうか、又吉と太宰は不思議な縁で結ばれていた。

「例えば、又吉が貧乏芸人だった頃に交際していた女性の名前が“ミチコ”さん。太宰の本妻の美知子さんと同じです。その彼女と初めてキスをした日は、太宰の命日(6月13日)だった。これは狙ったわけではなく、後日知ったそうです」
(芸能記者)

 “作家先生”になった現在は自宅とは別に執筆専門のアパートを借りている又吉だが、売れっ子になるまでは東京都三鷹市にある築60年以上の風呂なしアパートに住んでいた。
 のちに知ったことだが、ここも太宰に所縁ある場所だった。

「三鷹図書館で調べたところ、その旧住所が太宰宅だったのです。アパートの下見に行ったとき、なんとなく近くのお寺に立ち寄って手を合わせたら、そこは太宰が眠る寺だったというコワい偶然もあったそうです」
(同前)

 又吉の祖母は沖縄在住。
 その自宅がテレビCMのロケ場所に使われたことがあった。
 オンエアをテレビで確認すると、設定は太宰の「走れメロス」だった。
 表札も「又吉」が「太宰」に変えられており、否が応でもテンションが高まったという。

 シンクロする2人。
 太宰作品の映像化に次があるのなら、又吉を起用しない手はない?


Asagei Biz、2019年10月16日 6:00
太宰治に心酔するピース・又吉直樹、偶然と呼ぶには怖すぎる文豪との奇縁
(北村ともこ)
https://asagei.biz/excerpt/8318

posted by fom_club at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三鷹事件70年

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

三鷹事件.JPG

 昨日12月22日は冬至。山歩クラブは吉祥寺駅から三鷹駅までの駅から駅お散歩会!
 もちろん、三鷹事件の碑も訪れ、当時のこの国について思いを馳せてきましたよ!

 国鉄三大謀略事件の一つ「三鷹事件」の支援集会が2012年1月19日、東京・武蔵野市の武蔵野公会堂で開かれた。

 三鷹事件は1949年7月、国鉄中央線三鷹駅で無人列車が車庫から暴走して6人が死亡、20人が重軽傷を負った事件。
 警察は、人員整理された当時28歳の竹内景助氏らを逮捕し、検察も電車転覆致死罪などで起訴した。

 当時、一橋大学の学生で偶然現場に遭遇した堀越作治氏(※)は、「電車の下には人の体が見えた。必死に救助していたらMP(米軍警察)に追い出された。日本の警察はMPに言われるままで何もしない情けない姿だった」と、当時の日記を手に紹介した。

『下山事件』(新潮文庫)などの著作がある映画監督の森達也氏も登壇。
「下山事件では国鉄OBが国鉄マンは絶対に線路で自殺しないと言っていた。三鷹事件は一目瞭然。再審請求すら恥ずかしいという低レベル」と話した。

 時代背景について森氏は「三つの国鉄事件で共産党は大打撃を受けた。リベラリズムは後退し米国支配が強化されていった。そんな頃、中曽根康弘が原子力予算を提案し、正力松太郎の『読売新聞』を筆頭に原発をプロパガンダして安全神話を形成した。三鷹事件などの事件がなければ今、日本に54基の原発なんてない。歴史はすべて繋がっている」などと解説した。


週刊金曜日、2012年2月17日 5:47PM
三鷹事件も原発も歴史的に繋がっている
(粟野仁雄・ジャーナリスト、2012年2月3日号)
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/2012/02/17/「三鷹事件も原発も歴史的に繋がっている」/

(※)堀越作治(1930年生まれ、著書に『戦後政治裏面史』岩波書店、1998年12月)

 旧国鉄三鷹駅で無人の電車が暴走し、6人が死亡した1949年の「三鷹事件」から70年となった2019年7月15日、東京都三鷹市内で市民グループ「三鷹事件の真相を究明し、語り継ぐ会」の集会が開かれた。
 代表世話人の一人で、当時学生で事件に偶然、遭遇した元新聞記者の堀越作治さん(89)=世田谷区=が現場の様子を語った。

「70年前の今日の午後9時15分。夏時間(サマータイム)だったので、今で言えば8時15分に目の前で事件が起きた」と振り返る堀越さん。
 当時は一橋大生で東京都小平市に住んでおり、友人を新宿に送った帰りに三鷹駅近くのラーメン店に寄るため、二番線ホームに降りた。

「ホームの目の前に引き込み線があり、空っぽの電車が入ってきた。あれ、と思ったらスピードが落ちない。ガラガラ、ガターンという大音響とともに悲鳴が聞こえ、砂ぼこりが舞った。車止めのコンクリートの壁が粉々になり、どうにも手のつけようがない。人の体が動くのが見え『みんなで救おう』と、ひしゃげた連結器を飛び越え、下へ降りた。車輪の下に人はいないかと(探したら)、体に手が触れた。なま温かさにブルブルと震えた」

 間もなく警官と米軍のMP(憲兵)がやってきて「早いな」と不思議に思った。
 片言の英語で「レスキューだ」と伝えたが、「ノーノー、ゲラウェイ(立ち去れ)」「アウト」と追い出されたという。

 堀越さんは大学卒業後、朝日新聞記者となり、政治部で岸信介、佐藤栄作両元首相らを担当した。
 事件の単独犯とされた元運転士の竹内景助元死刑囚は無実を訴えながら病死し、長男が東京高裁に再審請求中だが、堀越さんは「当時の吉田茂政権は、日本共産党の仕業と決めてかかっていた」と指摘。

「今もMPに追い払われたことが、頭を去らない。どうみても臭い」

 米軍や政権の思惑が事件に関連していたのではないかと考え、今も資料収集を続けている。 

<三鷹事件>
 1949年7月15日夜、旧国鉄三鷹駅の車庫から無人電車が暴走し26人が死傷。捜査当局は、国鉄の人員整理に反対する共産党の組織的犯行とし、国鉄組合員ら10人を逮捕。
 1950年の東京地裁判決は、検察側が主張する共同謀議を「実体のない空中楼閣」と退け、共産党員9人を無罪とする一方、非党員の竹内元死刑囚の単独犯として無期懲役を言い渡した。控訴審で死刑、最高裁も死刑を維持した。
 事件当時は中国の内戦で中国共産党の勝利が決定的となり、日本でも共産党の勢力が伸びていた時期で、共産党の弱体化を狙った連合国軍総司令部(GHQ)が関与した説もある(※2)。


[写真]
70年前の三鷹事件当時、三鷹駅のホームにいて目撃した様子を語る堀越作治さん(右)=15日、東京都三鷹市で

東京新聞・朝刊、2019年7月17日
三鷹事件70年
「語り継ぐ会」
米兵・警官に救出阻まれ
目撃者「どうみても臭い」

(花井勝規)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201907/CK2019071702000127.html

(※2)B級記者どん・わんたろうが「ちょっと吼えてみました」

 下山、三鷹、松川――。この3つの言葉を聞いて何のことかすぐに答えられる方は、もはやそう多くはないのかもしれない。

 敗戦間もない1949(昭和24)年に、日本国有鉄道(国鉄、今のJR)をめぐって相次いで起きた「鉄道三大事件」である。
 学校の授業で戦後のことを教わる機会は少ないし、語り継ぐ当事者たちが少なくなっている事情もあるから、世の記憶から遠ざかっていくのもやむを得まい。

 3つの事件の中で、容疑者の有罪が確定したのは三鷹事件だけだった。
 しかも、起訴された10人のうち9人が無罪になり、有罪の1人は死刑、という異例の展開をたどった。
 有罪とされた竹内景助・元死刑囚は冤罪を訴え再審請求したが、東京高裁が予備審査に入った段階の1967年、脳腫瘍のため拘置所で死去した。
 45歳だった。

 竹内元死刑囚の長男が改めて第2次再審を申し立てたのは、死後45年近くが経った昨年2011年11月のことだ。
 マスコミの扱いは地味だったので、あまり知られていないのではないか。
 2012年1月19日に東京・吉祥寺で開かれた支援集会で関係者の話を聞き、事件の問題点や再審請求のポイント、今日に通じる教訓を学んできた。

 三鷹事件とは、どんな事件だったのだろう。

 1949年7月15日の夜、東京の国鉄三鷹駅構内で、車庫から無人の電車が突然、暴走を始める。
 7両編成の電車は脱線し、民家や交番に衝突して転覆。
 利用客や市民がはねられ、死者6人、負傷者20人の惨事となった。
 当時、国鉄では大規模な人員整理が進められており、これに反対していた国鉄労働組合の組合員10人が電車転覆致死罪で逮捕・起訴された。

 1審の東京地裁は、10人の中で唯一、共産党員でなかった竹内元死刑囚の単独犯行と断じて無期懲役を言い渡し、9人を無罪にした。
 2審の東京高裁も単独犯行を支持したうえで、死刑に。
 最高裁は1955年、口頭弁論を開かないまま8対7で上告を棄却して、刑が確定した。
 再審請求も、本人の死亡を理由に東京高裁が手続き終了を決定。
 以後40年余、三鷹事件が社会の関心を集めることはなかった。

 集会で報告した弁護団によると、そもそも単独犯行だったのかどうか、現場の状況から疑問だという。
 判決では、運転士だった竹内元死刑囚は運転台の速度制御装置を駅構内で拾ってきた針金で開錠し、そのハンドルを紙ひもで固定するなどの細工を施したうえで、発車直前に飛び降りたとされている。

 再審請求にあたって、暴走した電車の構造や破壊状況から「単独犯行は不可能」と分析する鉄道工学の専門家の鑑定が得られた。
 また、パンタグラフは7両のうち先頭車両だけ上げたと認定されたが、先頭車両の操作だけでは上げられないはずの「2両目のパンタグラフも上がっていた」との目撃者がいるそうだ。

 竹内元死刑囚のアリバイも、もとの裁判では十分に検証されなかったらしい。
 当時、竹内元死刑囚は電車区の共同浴場に入っていて、事件の影響で停電した時に会話をしたという同僚の証言があった。
 一方で「事件現場付近で竹内さんを見た」とする目撃者もいたが、この晩は月がなかったことがわかり、当時なら真っ暗で信用できないうえ、「その目撃者から『警察に言わされた』と聞いた」との証言もあるという。

 何より、竹内元死刑囚の自白は変転が激しい。
 逮捕当初は全面否認だったのが、捜査が進むにつれて単独犯行に、そして共同犯行に変わる。
 このことだけでも自白には信用性が欠けており、刑事事件に詳しい弁護士からすると「むしろ冤罪の証明」だそうだ。
 竹内元死刑囚の書簡の記述から、弁護団は「長期にわたる脅迫的な取り調べがあった」とみている。
 自白偏重による冤罪事件に共通する現象ですね。
 ちなみに、竹内元死刑囚の公判での供述も二転三転し、上告して以降は一貫して無罪を訴え続けている。

 再審請求にあたり弁護団は、こうした主張を裏付けるべく、上述した鑑定書や証言を中心に28点を新証拠として東京高裁に提出した。
 今後、種々の目撃者の捜査段階での供述調書や、電車の装置の鑑識報告書などについて、検察に証拠開示を求めていく方針だ。

 三鷹事件を語るうえで、時代の背景も無視できない。
 事件発生は朝鮮戦争が勃発する前年のこと。
 東西冷戦を受けて占領下の国内でも、勢力を伸ばしつつあった共産党への圧力が強まっていた。
 連合国軍総司令部(GHQ)の謀略による事件だとする説が、根強く語られるゆえんである。

 検察側は共産党員の共同犯行にしようと画策したが、1審判決が「空中楼閣」と批判したように、あまりに無理な筋書きだったため維持できなくなった。
 穿った見方かもしれないが、党員でなかった竹内元死刑囚が途中で単独犯行を供述したこともあり、全員が無罪になることだけは避けたい検察側、まずは党員が関与していないことを証明したい共産党側の双方にとって好都合な落としどころだった、とは言えまいか。

 党員だった他の9被告に比べて、竹内元死刑囚は必ずしも十分な弁護を受けられなかったとの指摘もある。
 これまで再審請求の動きがなかったのも、竹内元死刑囚が最後に信頼を寄せた弁護士が上告審の途中で亡くなって以降、熱心に取り組む弁護士が現れなかったからのようだ。

 竹内元死刑囚の長男は再審請求に際して、「母親が亡くなった後は、社会から隠れるようにして暮らすしかなく、父親の無罪を信じながら、再審を申し立てることなど、とても出来ませんでした」とコメントしている。
 ようやく弁護団が編成され、支援の輪も着実に広がってきた。
 事件発生から62年が経つだけに、真相解明には多くの壁が立ちはだかっているに違いないが、これが最後のチャンスであろうことも、また事実だ。
 遺族の気持ちを、そして竹内元死刑囚の遺志を汲んで、十分な審理が実現するように望みたい。

 もうひとつ。
 集会で講演した映画監督・作家の森達也さんは「今の状況へのつながりがとても深い事件だ」と読み解いていた。

 人間が「群れ」をつくると、一つの方向へみんなで動きながら、同調圧力を強める。
 外部に敵を見つけるとともに、内部で異物を探し攻撃する。
 その代表が「犯罪者」である。
 三鷹事件で権力側が共産党に担わせた役割は、それをマスコミが煽る点を含めて、オウム真理教事件以降の今日の流れに共通する、というのだ。
 再審の動きにとどまらず、さまざまな教訓を学ぶべき事件なのだろう。

<1949年>
 下山、三鷹、松川の「三大謀略事件」が相次いで起こった1949年は、1月の衆院選で共産党が3議席から45議席へと大躍進を遂げた年。
 しかし、事件への関与を疑われた共産党のダメージは大きく、3年後に行なわれた衆院選挙では、共産党公認候補の全員が落選するという結果に。
 3つの事件の真相は今も謎とされたままですが、「同調圧力の危険性」という森達也さんの指摘、ぜひ頭に留めておきたい。


マガジン9、2012-01-25 up
62年前に無人電車を暴走させたのは誰だ?
〜「三鷹事件」の雪冤は果たせるか

(B級記者 どん・わんたろう)
http://www.magazine9.jp/don/120125/

posted by fom_club at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

三鷹事件再審請求棄却

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 2019年7月31日、裁判所から帰社してこの原稿を書いている。午後2時、三鷹事件の再審請求について東京高裁が決定をくだした。裁判所前には炎天下の中で1時間前から支援者が大勢つめかけて決定が出るのを待っていたが、弁護士が掲げたのは「不当決定」の文字。再審請求は棄却されたのだった。

 私が住んでいる三鷹の地元で起きた事件ということで、7年前に再審請求が起こされた時点から集会などには毎回参加してきた。間もなく決定が出ると言われたこの1カ月ほどは、再審弁護団団長の高見澤昭治弁護士ともいろいろ接してきたし、「無実の死刑囚」竹内景助さんの長男にも話を聞いた。高見澤さんはこの7年間、ほかの仕事を入れずにこの再審請求一筋に仕事をしてきたし、竹内さんの長男・健一郎さんは高齢で重い病気にもかかっている。

 事件が起きてから親子2代にわたり、70年間も竹内景助さんの無実を明らかにするために闘ってきた健一郎さんや、今回の再審請求に尽力してきた人たちの無念さを思うと、裁判所前で弁護団の話を聞きながら、本当に重く悲しい気持ちになった。

 高見澤弁護士は決定をすぐに再審請求人である健一郎さんに伝えたところ、今後も負けずにがんばるという返事をもらったという。しかし、後述するが、これだけいろいろな鑑定を行い、新証拠を提出したのに退けられたというのは、再審をめぐるハードルがかなり高いことを見せつけられたわけで、このところの「再審をめぐる逆流」の動きとともに気になるところだ。再審をめぐる流れを前に進めるために法的整備などを訴えていこうという動きも高まる中で、冷水を浴びせるようなこうした動きには注意しなければならないと思う。

 三鷹事件は、戦後の三大謀略事件のひとつと言われるものだ。他の下山事件、松川事件も真相は闇に覆われたままだが、松川事件など冤罪で逮捕された元被告らは全員無罪になっている。この三鷹事件の竹内景助元死刑囚のみが、当時の自白偏重の司法状況の中で自白を強要され、しかも第1次再審請求の過程で本人が獄死してしまうなど、不幸な状況が重なっていまだに無罪が勝ち取れないままになっているのだ。

 70年にも及ぶ、親子2代の苦しみについて、本当に裁判官は理解しているのかと憤りさえ感じるが、月刊『創』次号9月号(8月7日発売)のためにこの1カ月ほど取材してきた内容をここでお伝えしたい。

70年前の1949年に起きた三鷹事件とは

 7月15日、三鷹市の禅林寺を高見澤昭治弁護士が訪れるのに同行した。その寺の一角に「三鷹事件遭難犠牲者慰霊塔」がある。高見澤さんはそこを訪れたのだった。ちょうど70年前に、三鷹駅で突然電車が暴走し、6名が死亡、20名が重軽傷を負うという、いわゆる三鷹事件が起きた、その日だった。

 三鷹事件が起きた1949年には、下山事件、松川事件と、当時の国鉄に関わる大事件が相次ぎ、戦後の三大謀略事件とも言われている。いずれも真相が明らかになっていないのだが、松川事件では逮捕された者全員が無罪になっている。三鷹事件も逮捕された10名のうち9名は無罪になったのだが、その残る一人には1955年、死刑が確定している。その竹内景助元死刑囚は1967年、脳腫瘍で獄死してしまうのだが、遺族によって再審請求が行われてきた。高見澤さんは、その再審弁護団の団長だ。

 逮捕された10名のうち9名は共産党員で、三大謀略事件とは国鉄に影響力を持っていた共産党を弾圧するために行われたものと言われているのだが、党員でなかった竹内さんだけが有罪となった。厳しい取り調べを受けて、供述を単独犯行、共同犯行、無実と二転三転させ、一審では無期懲役、二審では死刑判決が出された。その後は一貫して無罪を主張するのだが、最高裁で上告棄却。死刑が確定してしまう。

 最高裁での判決は裁判官の間でも意見が分かれ、8対7で決定した。当時は新憲法が制定され、新刑事訴訟法が施行されたにもかかわらず、自白偏重は変わっていなかった。死刑確定には批判的な世論も多く、すぐに再審請求を申し立てたが、10年も放置され、ようやく裁判官から再審のために本人から意見を聴取するという連絡があった矢先に竹内さんは獄死してしまう。冤罪を晴らそうとした志なかばでの無念の死だった。その遺志を継ごうとしていた妻も、その後1984年に死去している。

竹内景助さんの長男、健一郎さんに話を聞いた 

 三鷹市に事務所兼自宅があった高見澤さんが、三鷹事件に関心を持つようになったのは2008年、地元で開催された集会に参加したのがきっかけだった。そして2009年、『無実の死刑囚 三鷹事件 竹内景助』(日本評論社)という著書を上梓。事件から60年目の7月15日に出版されたその本を、竹内景助さんの遺族に送本。そして長男の健一郎さんを埼玉県の自宅に訪ねたのだった。著書をまとめる段階から、この事件については遺族を請求人として再審請求を起こすべきと考えていたのだった。

 竹内景助さんが存命中の1956年、第1次再審請求の手続きが行われていた。当時は、竹内さんの無実を訴える署名が80万筆も集まるなどしていたのだが、請求人の死去という不幸な事態によってそれは実現しないままになってしまったのだった。

 新たな再審請求は、高見澤さんが竹内健一郎さんと接触したことによって2011年に動き出した。ちなみに私自身、その再審請求が起こされたことを報道で知って、支援集会などに参加するようになった。三鷹市在住である私も、地元に住む者として関心を持たないわけにはいかなかったのだ。

 さて禅林寺を訪れた翌日の7月16日、高見澤さんの案内で竹内健一郎さんの自宅を訪れた。健一郎さんは76歳と高齢で、しかもがんが発見されて肺を摘出するなど健康状態は思うようではない。

 その自宅を高見澤さんが初めて訪ねた時のことを健一郎さんはこう語った。

「おやじの無実の罪を晴らすために何とかしないといけないと、いつも思っていたのですが、そこに弁護士さんが訪ねてきてくれた。うれしかったですね。最後の望みだと思いました」

 健一郎さんの妻・光子さんは、国民救援会のメンバーとして竹内景助さんの支援運動に関わっていた女性だった。しかし、高見澤さんが訪れた時は病に侵され寝たきりの状態だった。二度目に高見澤さんが訪れた時には、病床に伏したままの光子さんも再審請求への足がかりができたことをとても喜んでいたという。ただ残念なことに、次に連絡をとった時には、健一郎さんから、妻が亡くなったと聞かされたという。

再審請求にあたって読み上げられたメッセージ

 第2次再審請求が起こされた2011年11月10日には都内で集会が開催され、私も参加した。そして集会の最後に、健一郎さんのこういうメッセージが披露された。

《三鷹事件は私が小学校に入学した年の7月に起りました。父親は国鉄職員であることを誇りにして、私の入学式にも国鉄の帽子をかぶって学校まで駆けつけてくれ、校庭での集合写真に写っています。父はいつも私たち子どもたちを可愛がり、出勤前によく畑に連れて行ってくれたことなどが、今でも懐しく思い出されます。
 その父親が、どういうわけか、国鉄を解雇されてしまいました。父親は生真面目で、直ぐに就職先を探しながら、家族を養うためにキャンデー売りなどをしていました。ところが事件から半月後、突然に警察に連れて行かれ、それ以降、一度も家に帰ることはなく、死刑判決を受けたまま、45歳の若さで獄死してしまいました。
 そのため、私たち家族は、生活に困ったばかりか、社会の偏見と差別にあい、文字通り塗炭の苦しみを味わいました。私たちは、父親のような家族思いで子煩悩なものが三鷹事件を起こすはずがないと、家族全員、父親の無実を信じ、苦しい生活の中、母親は父が死んでからもあちこちに出向いて一生懸命訴え、私もそれに同行したことも何度もありました。
 しかし、死刑囚の子どもだということで、就職や結婚にも言葉では言い尽くせないさまざまな困難を経験し、母親がなくなった後は、社会から隠れるようにして暮らすしかなく、父親の無実を信じながら、再審を申し立てることなど、とても出来ませんでした。
 このたび、父親がなくなってから45年を前にして、弁護団の先生方のお力添えで、ようやく再審を申し立てることになりました。こんなに有難いことはありません。何も悪いことをしていないのに、死刑という最も重い罪を着せられた本人はもとより、最後まで父を愛していた母親も、そして無実を信じて私と結婚してくれた妻も、草葉の陰で喜んでくれていると思います。(中略)
 私も父親の冤罪を晴らすために最後まで頑張りますので、皆さん方には、これからもご支援ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
平成23年11月10日 合掌》


 健康上の問題ももちろんあるが、健一郎さんが集会に参加できない理由がもうひとつあった。再審請求にあたって当初、テレビなどの取材に応じた健一郎さんに対して、遺族の間で戸惑いや反発が起きたのだった。

 竹内景助さんには女性2人、男性3人の5人の子どもがいた。景助さんが逮捕され無念の死を遂げた後も、妻の政さんは子どもたちを育てながら景助さんの無実を訴え続けてきた。その政さんが1984年に亡くなって以降、景助さんの無実の罪を晴らす取り組みは一時中断することになった。

 健一郎さんの兄弟姉妹は、それぞれ自分の人生を歩み、子どもができるなどしたのだが、景助さんのことは敢えて話さないできたらしい。それが健一郎さんがテレビに登場して話し始めたことで、甥や姪が初めて知るところとなり、戸惑いや反発の声が上がったらしい。

 死刑囚の子どもだということで世間の偏見にさらされるといったことは健一郎さん自身経験してきたから、その戸惑いも理解できたのだろう。健一郎さんは、その後しばらくマスコミの取材にも応じず、支援集会にも顔を出すことはなかった。今回、いろいろなマスコミの取材に応じているのは、再審の決定が近づいたためだ。

 三鷹事件の再審については、今年も竹内景助さんの命日である1月18日には集会が開かれたし、いろいろな支援活動が行われてきた。そういう集会に健一郎さんが顔を出せないというのは、この問題の複雑さを物語っていた。

父親の逮捕後、家族はどんな状況だったのか

 1949年の事件の後に竹内景助さんが逮捕されて以降、残された6人の家族は、生活していくだけでも大変な状況に追い込まれた。健一郎さんがこう語る。

「あんな優しいおやじが事件を起こすはずがないと家族は皆信じていました。でも家の前を通りかかった人がこちらを指さしているのを見て、ああまたおやじのことを話しているんだなと思うことはたびたびでした。子ども心にもそういうことはわかりましたよ」

 ただ近所の人たちは、竹内家を気遣ってくれたという。

「おはぎを作ったから食べてくれとか近所の人たちはよくしてくれました。なかには学校にまで食べ物を持ってきてくれる人もいました。当時、生活保護は受けていましたが、それだけではとても生活できないので、新聞配達や牛乳配達、リヤカーの後押しなど、いろいろなアルバイトをしました。おやじに対する支援でおふくろも大変でしたが、おやじの裁判がどうなっているかについては、私は新聞配達をしていたために新聞で見て知っていました」

 健一郎さんは中学卒業後、働きに出るのだが、映写技師やトラック運転手など仕事を転々とする。

「大きな会社に就職する時は履歴書におやじの名前を書いて提出するから、たぶんそれで落とされた会社もあったと思います」

再審請求に提出した「新証拠」とは… 

 今回の再審請求で、弁護団はどういう新証拠を提出したのか。

 まず第一の大きなポイントは曽根悟・東大名誉教授の鑑定書だ。高見澤さんがこう説明する。

「曽根教授は交通工学の第一人者で、電気関係が専門です。その先生が暴走した電車のパンタグラフについて明確な鑑定をしてくれました。
 実は、三鷹事件が起きた時、構内の合図所という高いところから状況を見ていた人が『暴走して行く時に、目の前でスパークが続けて二度した』と法廷で証言しています。そのことからも、2つの車両のパンタグラフが上がっていたことは間違いないのですが、確定判決では先頭車のパンタグラフしか上がっていなくて、2つ目の車両のパンタグラフは衝突したときに何かに引っかかって上がったのだということになっているのです。
 これは目撃証言を無視しており、おかしいなと思ったのです。2つ目のパンタグラフを上げるのには、犯行に関わった者がもう一人いないといけない。2つ目のパンタグラフが上がっていたことを物理的に、電気的に証明できれば、この確定判決はひっくり返せるのではないかと思いました。正確に申し上げるとパンタグラフでも一斉に上げるのだったら前の運転席でもできる。ところが後ろの方にもパンタグラフがあるのですが、それは上がっていない。確定判決の通りだとすると2つのパンタグラフを先頭車の運転席での操作だけでは上げることはできない。2つのパンダグラフが走行中に上がっていたことを、曽根先生は現場検証の際に撮られた写真を解析し、さらに独自の検証データを照合して鑑定したのです。
 その鑑定に対して検察側は、あくまでもパンタグラフは1つしか上がっておらず、もう1つは衝突の時に上がったものだと反論を行いました。それに対して私たちもさらに反論し、衝突後の変形の仕方から、パンタグラフは確実に衝突前に上がっていたという主張を行いました」

 それと関連して第2に、前照灯と手ブレーキに関する証拠だ。

「暴走した後ろの車両の前照灯が煌々と付いていた。これも、停止させた時に前照灯をつけたまま、パンダグラフを下げたということであれば別ですが、後ろの前照灯を付けるのには最後尾の車両の運転席に行ってスイッチを入れなければならないことがわかりました。これらは、いずれも竹内死刑囚が単独で行ったという確定判決と矛盾するわけです。
 そもそも裁判の時に、前照灯は消しておいたはずだという証言はなされていたのですが、検察がそうでないと言うものだから、私たちも当時の規定がどうなっていたかなど、いろいろな資料を集めて提出しました。前照灯を消して手ブレーキがかかっていたはずだというのが私たちの主張です」

 以上の争点は裁判の時にも言及はされていたが、今回の再審にあたって新たな鑑定書が提出された。三鷹事件は、物証が少なく主に自白によって有罪とされてしまったのが特徴だが、その自白も二転三転していた。そしてそれを補強するものとして検察側が提出していたのが目撃証言だった。これについても再審弁護団はいろいろな鑑定書を提出している。

検察の証拠開示でわかったことも

「確定判決では目撃証人がいたことになっています。事件当時、竹内さんが正門のところを家の方に歩いていくのを見たという、これが自白以外で唯一の補強証拠なのです。ただし、目撃者は5メートル離れて竹内景助さんとわかったと言っているのですが、天文台に弁護士照会をしたところ、事件当時、まだ月は出ていなかったことがわかりました。目撃者の法廷での証言もしどろもどろで、同人は知人に『警察にそういうように言わされた』と語っている。再審請求にあたっては、その天文台の『22時04分まで月は出ていなかった』という回答書と知人の聴取書も新証拠として提出しました。
 さらに心理学が専門の日大の厳島行雄教授に依頼して、実際に学生を使って当時と同じ状況で竹内景助さんを認識できたのかという実験をやってもらいました。実験では目撃証言のような状況で竹内さんを認識するのは不可能ではないかという結論が出ています。
 しかも街灯の明るさが100ワットとされていたのですが、開示された証拠によって実は60ワットだったことがわかりました。検察はそれを隠していたわけで、そのことも私たちは昨年12月27日に提出した最終意見書で指摘しました」

 この再審請求の過程でも、検察側が持っていた新たな証拠が幾つも開示されたのだが、例えばそれによって新たな事実がわかったのは、竹内景助さんのアリバイに関する事柄だった。もともと竹内さんが存命中に起こした第1次再審請求では、事件当時、竹内さんは寮の風呂に入っており、衝突によって停電が起き、そこにいたのが誰だったかなど同僚たちの証言が新証拠として提出されていた。しかし、今回の再審で開示された証拠によって、状況は異なることがわかった。

「新たに開示された資料によると、衝突の起きた夜の9時23分に電気がついたり消えたりしたんです。そして9時58分に今度は長い停電があった。竹内さんは最初の再審請求の時に、その停電の時に風呂に入っていて多くの同僚が見ていたとしてアリバイを主張したのです。ところが実はそれは後者の停電の時の話で、最初の衝突の時には彼は自宅にいたらしい。それは政さんが第1審の法廷で、衝突の時に夫は家にいて布団に入っていた、その後電気がついたので風呂に行ったと証言していたのです。それが正しかったのですね。だから私たちはその供述調書があるはずだと何度も検察側に要求しました。その結果、政さんと景助さんの初期供述調書が開示されたのです。
 衝突時に自宅にいたという調書をどう扱うか、それまで主張していた風呂のアリバイの話を変更するのか、弁護団でも大きな議論になりました。でも、初期供述でそう言っていたということは、竹内夫妻が口裏合わせなどやっていなかったということだから、真実性が高いことの証明ではないかと私などは主張しました。結果的に、第1次再審で主張された風呂場でのアリバイの話は変更したのです」

不幸な偶然も重なった 

 そのほか、後になって考えると、自白通りの方法での犯行は不可能であることを立証できる箇所はいろいろあったと思われるのだが、裁判では弁護側によってそういう主張はほとんどなされていない。当時は竹内さんが厳しい取り調べによって「自分がやった」と供述してしまっていたため、無罪ではないかという前提での検証がなされていなかった。

 無実の竹内景助さんの冤罪が今日まで晴らされないままだったのは、不幸な偶然も重なっている、と高見澤さんは語る。

「1955年に竹内さんの上告が棄却され死刑が確定してしまうんですが、実はその時はまだ松川事件が審理中で、その後被告全員が無罪となる判決が出たのです。恐らく竹内さんの裁判が続いていたら松川事件の判決が影響したはずだと思うのです。弁護団長だった布施辰治弁護士が最高裁の途中で亡くなってしまったのも不幸でしたね。
 そしてそもそも竹内さん自身が第1次再審の過程で亡くなってしまう。彼は面会に行った妻の政さんに『悔しいよ』と言って亡くなっているのですが、本当に無念だったと思います」

 悲惨な事件から今年でちょうど70年。今回の棄却決定によって真相解明はまたしばらく遠のくことになった。この再審は、ある意味では戦後の歴史を見直し、新しい問題を提起することにもつながる。重たい判断が迫られる事件なのだ。

 再審請求がなされた直後の2011年に高見澤さんにインタビューした記事を『創』は2012年1月号に掲載しているのだが、その中でこう述べられていた。

「事件の起きた1949年は、中国では共産党政府ができ、朝鮮戦争はいつ勃発するかわからないという状況ですから、日本を占領していた連合軍としては国鉄がストライキで止まるようなことがあっては全体の作戦行動に影響する。労働組合がストライキを起こすなどして、そういうことが絶対に起こらないようにと考えていたことは間違いありません。ところが、その年の総選挙で共産党が4議席から35議席に大躍進しており、日本政府も共産党を何とか非合法化して、押さえ込みたいという意図があったと思います。
 それが端的に現れているのが事件翌日7月16日の朝刊に載った吉田茂首相の声明文です。待ってましたとばかりに事件の背後に共産党や労働組合がいるように匂わせたすごい内容の文章です。
 この事件が謀略事件であることは間違いないのですが、そのあたりの真相については、今でも闇に葬られたままです。再審ではそういうことは論点にはなりませんが、再審請求書では背景として簡単に触れました。
 例えば、事件当時、共産党が暴走事故を起こすというような、共産党の秘密指令のような形をとった怪文書、怪情報が出回っており、それも裁判所に証拠として提出されています。
 それから警察内部では、事件直前に三鷹駅で事故が起きるという電話連絡が来ています。さらに、事故の直前に三鷹駅脇にジープが止まっていたとか、事故直後にMPが来て見物人を追い出し、日本側の捜査に待ったをかけたとか、証拠がありますので、そういうことも再審請求書に書いておきました。
 そうした状況からしても、竹内景助さんが思いつきで、単独でできるような犯罪ではない。組織的な何かが動いて、この事件は起こったんだということを知ってもらう必要があると思ったのです。下山、三鷹、松川と三大謀略事件とよく言われるのですが、冤罪であることを明らかにするためには、そうした社会状況や時代背景を、裁判所も正確に理解する必要があるだろうと思います」

 竹内健一郎さんも弁護団も、今回の決定にめげずに闘いを続けることは明らかだ。真実が1日も早く明らかになってほしいと強く思う。

 なおこの再審をめぐる資料などは「三鷹事件再審を支援する会」のホームページに公開されている。

 関心ある方はご覧いただきたい。
http://www.maroon.dti.ne.jp/mitaka-saishin/

[写真-1]
2019年7月31日午後2時過ぎ、裁判所前にて

[写真-2]
裁判所前で報告をする再審弁護団の高見澤弁護士

[写真-3]
三鷹市の禅林寺にある慰霊塔を訪れた高見澤弁護士

[写真-4]
父親の思い出を語る竹内景助さんの長男、健一郎さん

[写真-5]
2019年1月18日、竹内景助さんの命日に開かれた集会

Yahoo News Japan、
三鷹事件再審請求棄却と「無実の死刑囚」
竹内景助さんの長男が語った70年に及ぶ闘い

(篠田博之 、月刊『創』編集長)
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20190731-00136471/

posted by fom_club at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

森昌子 and/or 森まさこ

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 森昌子が引退、彼女の「悲しみ本線日本海」(1981年)はヤッホーくんのおはこ、いつまでも歌っていきますだって(他のお客さんのご迷惑になるのに、許してって…)。
https://www.youtube.com/watch?v=9r5QN6dNHSM

 歌手、森昌子(61)が2019年12月24日の東京公演と25日の故郷・宇都宮公演、そして年明けの“残業”16公演で引退する。

「小さい頃から駆け足で来ました。何の未練もない! やっと自分の人生をのんびり生きられます」

 48年間の芸能生活に終止符を打ち、自由に時間の使える第2の人生を心待ちにする。
 引退後の過ごし方や3人の息子への思い、青春をともにした「花の中三トリオ」についても聞いた。

 昨年2018年10月にスタートした還暦ツアーは2019年3月の引退会見後、ラストツアーに変わり全国津々浦々130ヶ所で展開した。
 心境を聞くため残り数公演となった昌子を訪ねた。

「自分が生きてきた中でこんなにコンサートをしたことはない。私のわがままで辞めちゃうので恩返しです。『昌子ちゃんが近くまで来てくれた』って言葉を聞くと、本当に良かったなと」

 13歳でデビューし、結婚で28歳から48歳まで引退していたが、当時は芸能人の妻。
 48年ぶりに本名の森田昌子に戻れる。

「新幹線や飛行機の取り方とか、あまり知らないの。(1986年森進一と結婚、2005年離婚、その後)復帰してからツアーで日本を4周もしているのに、その土地のことも周りの景色さえも覚えていない。のんびりと世界遺産を巡る旅をしたいわ」

 最初に計画しているのが2020年2月中旬に行く母、幸子さん(87)との温泉旅行。
「この年になっても親孝行ができるなんて、ありがたい。意志の強い母で、私が離婚して子供3人と戻ってきたときも『お帰り』とだけ言って見守ってくれた。あの母親で私は幸せだった。母の体のこともあって近場の温泉ですけど、本当に喜んでくれました」とうれしそうに笑った。

 父、常夫さんについては「引退会見した2019年3月28日は偶然にも命日で、時間帯も同じだった。父は天国から見ていてくれたのかな。全てが終わったら墓参りに行こうと思っています」。

 年末は事務所の片付けや自宅の大掃除に時間を割く。

「正月は久しぶりにゆっくりと過ごせます。子供たちも来るし、おせちを作ろうかな」

 長男は人気ロックバンド、ONE OK ROCKのボーカル、Taka(31)、
 次男(30)は会社員で既婚者、
 三男もロックバンド、MY FIRST STORYのボーカル、Hiro(25)。
 離婚後、両親と3人の子供を養うために芸能界に復帰した。

「あの子たちも心の中で『ホッ』としていると思います。僕たちに気を使わないで楽しい人生を送ってもらいたいというのと、やっと自分たちのお母さんが戻ってきたというのがあると思う」と感慨深げ。
「うちは男の子3人で良かったし、今とても恵まれた環境の中にいる。息子たちのコンサートを来年どこかで見られたらいいな」と母の顔になった。

 3人の子供から再婚の勧めがあったか聞くと、「全くないですね」と大笑いし、「でも、『体に気をつけてね』とか『頑張ってるね』ってメールはよく来ますよ」と目を細めた。

 オーディション番組「スター誕生!」からデビューした同学年の桜田淳子(61)、山口(現三浦)百恵さん(60)とは「花の中三トリオ」と呼ばれ人気を博した。
 百恵さんは結婚と同時に引退し、専業主婦に。
 数年前に芸能界復帰した淳子からは「これからいっぱい時間ができるから遊びに行こうね」とメールが届いた。

 「選んだ道は違ったけど、一段落したら連絡してみようかなと考えています。3人でお茶でも飲みたいから。中三トリオが今は還暦トリオ。ババア3人ですよ」と、またまた大笑い。

 最後に2006年の再デビューシングル「バラ色の未来」にかけて、「私の未来? バラ色か桜色でしょう!」と飛びっきりの笑顔。
 笑いの絶えないインタビューだったが、昌子の第2の人生も明るく笑いの絶えない未来が待っている。

★ 故郷に恩返し

 事実上のラスト公演を宇都宮にしたのは故郷への恩返しのため。
「デビュー記念日に宇都宮二荒山神社でイベントを行ったとき、『おらが村の』という感じで境内に2000人もの人が来てくれた。だから、事務所に『もう1日だけ』って宇都宮を追加してもらったの」と明かす。

「昌子という字も、じいちゃんがこの神社からもらったお札から取りました」

 人生と芸能生活の両方の出発点である縁の二荒山神社には、全てが終わってから参拝することを決めている。

※ 森昌子(もり・まさこ)
 本名・森田昌子。1958(昭和33)年10月13日生まれ、61歳。栃木・宇都宮市出身。1971年に日本テレビ系「スター誕生!」の初代グランプリに輝き、1972年に「せんせい」でデビュー。1973年、当時の女性最年少記録の15歳でNHK紅白歌合戦に初出場。「おかあさん」「哀しみ本線日本海」「越冬つばめ」などをヒットさせ、1986年に引退、結婚。3男をもうけた。2005年に離婚し、2006年に20年ぶりの新曲「バラ色の未来」で復帰。著書に「母親力」など。


サンスポ・コム、2019.12.21 05:05
森昌子、61歳
さあ第2の人生へ「未来はバラ色」

(ペン・山下伸基、カメラ・矢島康弘)
https://www.sanspo.com/geino/news/20191221/int19122105050001-n1.html

 もうひとりの森まさこ(1964年生まれ、福島県が選挙区、当選回数3回):

 迫害から逃れてきた難民や日本で結婚しているなど、自国に帰るに帰れない事情を抱えた人びとを法務省・出入国在留管理庁(入管)が収容施設に拘束(=収容)している問題で、また新たな不祥事が発覚した。
 収容中の女性達をそれぞれ独房に閉じ込め、24時間、ビデオカメラで監視。
 着替えやトイレの様子までも覗いていたのだという。
 今月2019年11月8日の法務委員会でのやり取りで、入管側が認めた。

○ 組織的セクハラ、森法相も対応を明言

 今年2019年に入って、入管の収容施設では、被収容者のハンガーストライキが続発している。
「東京オリンピックのため安心安全の確保」を口実に、入管が2年以上の長期収容を常態化させているためだ。
 東京入管では、今年の夏頃、ハンガーストライキを行っていた女性の被収容者3名を「懲罰房」と呼ばれる独房に監禁。
 その部屋は、天井にカメラが設置されており、女性達が着替えやトイレで排泄をしている姿も常時監視される状態になっているという。
 この質疑に先立ち、入管側は仕切りをトイレのまわりに設置したものの、後述のようにカメラの位置から、やはりトイレが見えてしまう状態なのだ。

 この問題について、今月8日の法務委員会で初鹿明博衆院議員が問いただしたところ、入管の高嶋智光次長は「部屋によるがトイレの部分が(監視カメラに)映る部屋もある」と認めた。
 初鹿議員はさらに「大臣、女性の収容者がトイレをしている姿を(監視カメラで)映されているというのは、人権上、問題だと思いませんか?」と問いただす。
「大臣がもし、自分がその部屋に何ヶ月かいたら、どう思います?これは、非常に不安ですし、嫌ですよね?」
「今後は是非(着替えやトイレをしている姿が)カメラに映らないようにしていただきたいのと、東京入管に行って自分の目で確認してきて下さい」(同)。

 これには、さすがに森まさこ法務大臣も「(初鹿)委員のご指摘は大変重要だと思います。トイレの時に、カメラに映らないようにするということは、人権に配慮することでありますので、適正な処遇に努めたいと思います」と答弁。
 処遇改善の意向を示した。

○ 泣き叫んで抗議しても無視、摂食障害や自殺未遂も

 この法務委員会でのやり取りに先立つ今年2019年10月上旬、筆者は、東京入管でハンガーストライキをして懲罰房に監禁された女性3人のうち、2人に面会し話を聞くことができた。

 フィリピン人女性Eさんは、日本人男性と結婚しており、二人の息子もいるにもかかわらず、もう3年近くも収容されているという。
 それは、彼女が以前交際していた日本人男性(現在の夫とは別人)に騙され、その男性の犯した犯罪に利用されたことで、彼女自身も有罪判決を受けたことが原因と考えられるが、既に刑法による処罰を受けたEさんを、さらに入管が収容し続けていることは、現在の刑法では認められていない予防拘禁(*)にあたる疑いがある。
 終わりのない収容に耐えかね、Eさんはハンガーストライキを行ったものの、独房に移される。
 そこでは、着替えもトイレも全て監視カメラに映ってしまうため、Eさんは「非常に強いストレスを感じています」と言う。

「以前は、自分からハンガーストライキをしていましたが、今はストレスのために食べ物が喉を通りません」
(Eさん)

 つまり、女性としての尊厳を踏み躙る入管の暴挙が、Eさんを摂食障害に陥らせている疑いがあるのだ。
 筆者取材の時点では、懲罰房のトイレに高さ150センチ程の仕切りが設置されたものの、「監視カメラは天井に取り付けられているので、結局、全部映ってしまう」とEさんは言う。

(*) 法で定められた刑期を終えても、「再犯抑止」等を口実に、引き続き身柄を拘束し続けること。戦中の治安維持法で、思想犯に適用された。

 もう一人の女性、Dさんはトルコ籍のクルド人難民。
 トルコでは少数民族クルド人へのさまざまな抑圧があり、トルコ治安当局や一般人による暴力や殺害等が横行している。
 そのため、Dさんは一年程前に庇護を求めて来日したが、入管施設に収容されてしまった。
 DさんはEさんと同時期にハンガーストライキを行なったものの、やはり懲罰房に入れられてしまう。
 着替えやトイレを監視される屈辱に、Dさんは「男性職員も見ているんでしょう?」と泣き叫んで抗議したが、入管職員たちは「仕方がない」と言うだけだった。

「私はイスラム教徒です。この様な辱めを受けることは、とても耐えられません。私の宗教や文化からは絶対あり得ない…」

 そう、Dさんは筆者に訴えた。

 残り一人のスリランカ人女性には筆者は取材できていないものの、入管問題に取り組む市民団体「収容者友人有志一同」(SYI)メンバーの織田朝日さんによれば、毎日、口癖のように「殺してほしい」と訴え、今年2019年9月には置いてあったポットのコードで自殺を試みたという。
 入管職員の制止で命を落とすことはなかったものの、精神的にかなり追い詰められている状況だと言えよう。

 これらの状況は既に述べたように今年2019年10月での取材時点のものであり、現状はまた変わっているかも知れないが、いずれにせよ、深刻な女性達への人権侵害が行われていたことには変わりはない。

○ 危うい入管の人権軽視

 女性の尊厳を踏み躙るようなことを、入管が組織的に行っていることは、非常に危ういことだ。
「不法滞在の外国人に対しては何をやってもいい」という奢りが、入管職員の間に蔓延しているのではないか。
 日本が、基本的人権の尊重を原則とする民主主義国家である以上、例え、殺人や強盗など犯した凶悪犯であっても、国家は法律に定められた刑罰を科すのみであって、「悪い奴だから何をやってもいい」ということでは断じてない。
 まして、拷問や虐待は禁止されている。

 そもそも、入管法における収容は刑罰ですらなく「退去強制令書の発付を受けた外国人を強制送還する準備として、強制送還まで逃亡のおそれがある場合に一時的に収容しておくもの」と位置づけられるものだ。
 だが、実際には入管は制度を濫用、長期収容を常態化させ、本稿で取り上げたような被収容者への精神的な虐待を行っている(女性の着替えやトイレ監視を虐待だと見なさないなら、それはそれで問題だ)。

 8日の法務委員会で「人権に配慮し、適正な処遇に努める」と答弁した森法務大臣は、これを機会に、入管のあり方自体を徹底的に問い直すべきだろう。


Yahoo News Japan、2019/11/11(月) 12:01
女性の着替えやトイレを監視
入管が組織的セクハラ、森法相もドン引き

(志葉玲、フリージャーナリスト、環境、人権、戦争と平和)
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20191111-00150364/

WMA Declaration of Tokyo - Guidelines for Physicians Concerning Torture and other Cruel, Inhuman or Degrading Treatment or Punishment in Relation to Detention and Imprisonment

Adopted by the 29th World Medical Assembly, Tokyo, Japan, October 1975
Editorially revised by the 170th WMA Council Session, Divonne-les-Bains, France, May 2005
and the 173rd WMA Council Session, Divonne-les-Bains, France, May 2006
Revised by the 67th WMA General Assembly, Taipei, Taiwan, October 2016


https://www.wma.net/policies-post/wma-declaration-of-tokyo-guidelines-for-physicians-concerning-torture-and-other-cruel-inhuman-or-degrading-treatment-or-punishment-in-relation-to-detention-and-imprisonment/

Our profession holds humanitarian values at the centre of our work, so we were heartened to hear President Obama's pledge to close Guantánamo Bay. However, years later, detainees are still being held (Report, 24 May). The situation has become worse, with inmates on a hunger strike and reportedly being force-fed.

Any medical professional knows that patients with capacity to consent can refuse a treatment even if it is life-saving. Because of its invasive nature, the World Medical Association has repeatedly condemned force-feeding of competent prisoners. In its Malta declaration on hunger strikers, adopted in 1991 and revised in 2006, in large part because of developments at Guantánamo, the WMA states: "Even if intended to benefit, feeding accompanied by threats, coercion, force or use of physical restraints is a form of inhuman and degrading treatment." The American Medical Association, a member of the WMA, has endorsed these unequivocal principles. AMA president Dr Jeremy Lazarus has said the force-feeding procedure at Guantánamo "violates core ethical values of the medical profession". The UN has condemned force-feeding as both a form of torture and a breach of international law.
Medical professionals performing these procedures in Guantánamo are violating their professional code of conduct and the duties of a doctor, and so would be liable to scrutiny by their medical regulation body as a breach of their duties, and are breaking international law.

Dr Ihtesham Sabri
Dr D Nicholl
Dr F Haque
Dr M Khan
Dr A Farooq
Dr M Faraaz


The Guardian, Published: Tue 28 May 2013 21.00 BST
Guantánamo Bay
Doctors must reject force-feeding

https://www.theguardian.com/world/2013/may/28/doctors-must-reject-force-feeding

posted by fom_club at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェンダーギャップ、韓国 108位と日本 121位を逆転

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 今日の日記はきっと、2019年11月11日「ブレイディみかこ『みんなで怒らないと』『人がつくった鋳型にはまるな』」の続きなんでしょうね、ってヤッホーくん。
 というのは、昨晩、ブレイディみかこ『女たちのテロル』(岩波書店、2019年5月)を読んでて、<強制摂食>なるハンガーストライキをする捕囚人への権力によるパワハラ、虐待を知って、合意なき性行為と同じだ、とはた、と気づかされたからでした。
 およそ100年も前のころのイギリス:

Suffragettes – Stories from Parliament
https://www.youtube.com/watch?v=FUP-pGcmb4s
https://www.youtube.com/watch?v=n38NkE-Dd6E

https://www.parliament.uk/about/living-heritage/transformingsociety/electionsvoting/womenvote/parliamentary-collections/collections-suffragettes/forcible-feeding/

https://www.bbc.com/news/av/uk-politics-42964071/votes-for-women-suffragette-actions-in-houses-of-parliament

https://www.bbc.com/news/uk-england-21335117

 ブレイディみかこ『女たちのテロル』(岩波書店) 

 関東大震災後、同志で恋人だった朝鮮人・朴烈(パクヨル)とともに検束され、大逆罪で死刑判決を受けたアナキスト金子文子(ふみこ)。
 恩赦で無期懲役となるが、転向を拒んで獄死した。
 鶴見俊輔が「国家に対してひとり立つもの」と評した彼女の生涯を、いま最も注目される書き手が鮮烈に描いた。

 疾走する文体がまず素晴らしい。
 どん底の境遇から独力で学び、自前の思想を掴(つか)みつつあった23歳で死なねばならなかった文子。
 朴と引き離され、ひとり無残な死をとげた彼女を、著者は悲劇のヒロインとして描かない。
 不羈(ふき)で不遜で時に虚無的、しかし輝くようなエネルギーで自分自身を生きた女として、新しく、カッコよく、パンクによみがえらせるのだ。 

 それによってあぶりだされるのは、自由に生きる意志を抑えつけようとする国家の、うんざりするような辛気臭さとみっともなさである。

 構成にも工夫が凝らされている。
 文子だけを描くのではなく、同時代を生きた二人の女を登場させているのだ。

 イングランドの女性参政権運動の闘士エミリー・デイヴィソン。
 アイルランド独立運動のイースター蜂起にスナイパーとして参加したマーガレット・スキニダー。
 日本ではなじみのない人物だが、抵抗し、反逆し、自分自身であることを決して手放さない姿勢は、文子と共通している。

 著者は三人の女性の人生を、別々にではなく並行して描いていく。
 海の向こうで、それぞれに闘って生きた女たちとともに語られることで、文子の存在は歴史の中に位置づけられる。

 闘う者はいつだって一人ではない。
 たとえ、冷たい獄の中で誰にも看(み)取られずに死んだとしても。今から百年前、海を越えて、女たちの見えない共闘があったことを思うと、胸が熱くなる。


 だが忘れてならないのは、文子のこの知性、この自由な魂を生かせなかった世界の続きを私たちは生きているということだ。
 あらゆる支配を拒否して闘い続けよ、という文子と著者の挑発が、行間からきこえてくる。

※ ブレイディみかこは、1965年生まれ。ライター。1996年から英国在住。著書『労働者階級の反乱』など。
◆ もう1冊は、金子文子『何が私をこうさせたか−獄中手記』(岩波文庫)


東京新聞・書評、2019年8月11日
支配を拒み、闘った文子たち
(評者:梯(かけはし)久美子、ノンフィクション作家)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/book/shohyo/list/CK2019081102000196.html

[ジェンダー拡散]韓国 108位と日本 121位を逆転したわけ
 韓国では #Metoo 運動を契機にフェミニズムが盛り上がる。
 性暴力など日常の生きづらさと政治が関わってると若い世代も感じ始めてる。
 女性閣僚の割合についても、少なくとも「後退」は許されないという雰囲気がある。

 世界経済フォーラム(WEF、本部スイス・ジュネーブ)は2019年12月17日、各国の男女格差を調べた「男女格差(ジェンダーギャップ)報告書」を発表した。
 日本の順位は過去最低となる121位だった。
 報告書は毎年発行され、今回の調査対象は153ヶ国。
 アイスランドが11年連続の1位になるなど、北欧諸国が上位を占めている。

 報告書は、経済、教育、健康、政治の4分野14項目を調査し、100%を完全な平等として格差を指数化している。
 今回、世界の男女格差は平均で68.6%で、前年の68.0%よりわずかに改善した。

 日本は前年の66.2%から65.2%に後退。
 主要7ヶ国(G7)では最下位が定位置となっており、今回、日本に次いで順位が低いイタリアは76位だった。
 日本は経済分野の男女格差で、女性管理職の割合についての指数が上昇した。
 一方で、賃金格差が広がるなど、経済分野の順位はほぼ横ばいだった。

 過去最低の順位に影響したのは政治分野で、前年の125位から144位に後退。
 9月の内閣改造まで女性閣僚が1人だったことが響いた。
 女性閣僚の割合で格差を縮めて順位を上げた韓国に全体でも抜かれる形になった。
 先進国で目立って順位を上げたのはスペインで、女性議員、閣僚ともに増え、大幅に格差を改善。全体で前年の29位から8位に躍進した。

 WEFは世界的な傾向として、今年は経済分野で男女格差が広がったものの、政治への女性参画は108ヶ国で前年より改善されたとした。
 一方、世界で女性は議員数の25%、閣僚の21%を占めるにとどまり、政治参画は依然遅れていると指摘している。
 WEFは、世界の政財界の指導者が対話する「ダボス会議」の主催で知られる国際機関。
 各国の経営者への意識調査を反映した国別の競争力ランキングなども毎年発行している。


朝日新聞、2019年12月17日08時07分
ジェンダーギャップ、日本は過去最低の121位
(ジュネーブ=吉武祐)
https://digital.asahi.com/articles/ASMDK2G9WMDKUHBI009.html

 ジャーナリストの伊藤詩織氏が元TBS記者山口敬之氏を訴えた裁判で、東京地裁は「酒を飲んで意識を失った伊藤氏に対し、合意のないまま性行為に及んだ」と認め、330万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

 山口氏は準強姦(ごうかん)容疑(当時)で告訴されたが、嫌疑不十分で不起訴となった。
 刑事事件では検察側に厳格な立証が求められるが、民事裁判では両者の言い分のどちらがより確からしいかが判断される。
 地裁は、合意があったとする山口氏の主張を、「重要部分が不合理に移り変わり、客観的な事情に合致しない点も複数ある」と退けた。

 山口氏は控訴を表明したが、判決後の記者会見で見過ごせない発言があった。
 自らが話を聞いたとする「本当の(性犯罪)被害者は会見で笑ったりしない」という女性の声を紹介し、身の潔白を訴えたのだ。

 苦しみを抱え込み、下を向いて生きていくのが被害者の正しい姿だ、と言うに等しい。
 こうしたゆがんだ認識が、過酷な傷を負いながらも生きていこうとする人々を、追い詰めてきたのではないか。

 勇気をふるって告発すると、「あなたにも落ち度があった」などと責められ、二重三重に傷つく。
 性暴力を受けた人は、その体験に加え、声を上げることの難しさにも苦しんできた。

 その呪縛を断ち切り、被害をなくしていこうという動きが、世界各地で広がる。
 代表が「#MeToo」運動だ。
 国内ではことし2019年、性犯罪をめぐる無罪判決が相次いだことへの批判をきっかけに、泣き寝入りせず性暴力に抗議する「フラワーデモ」が始まり、いまも全国に波及し続けている。
 伊藤氏が氏名と顔を明らかにして行動したことが、多くの被害者の背中を押したのは間違いない。

 この間(かん)、伊藤氏にはネット上などで異常な攻撃が加えられた(*)。
 政権寄りの論者らが、安倍首相を取材した著作のある山口氏の応援にまわり、右派系雑誌には、伊藤氏の人格をおとしめる記事が掲載された。

 これに対し判決は、「伊藤氏は性犯罪の被害者を取り巻く法的・社会的状況の改善につながると考え、自身の体験を明らかにした」と述べ、その行動には公益を図る目的があったと認めた。
 名誉毀損(きそん)だという山口氏の主張は退けられた。

 曲折を経ながらも性犯罪に向けられる目は厳しさを増している。
 罰則を強化する改正刑法がおととし成立し、さらなる見直しの議論が進む。
 相談・支援態勢も強化されてきている。
 この歩みをより確かなものにし、被害者の尊厳を守る。
 私たちの社会が背負う重要な課題である。


朝日新聞・社説、2019年12月20日05時00分
伊藤氏の勝訴
社会の病理も問われた

https://www.asahi.com/articles/DA3S14301062.html

(*)一例「枕営業大失敗」:
https://twitter.com/i/status/1207611187782799361


posted by fom_club at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

山口敬之の伊藤詩織さんに対する性行為

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 ジャーナリスト・伊藤詩織さんが元TBS記者・山口敬之氏からのレイプ被害を訴えた民事訴訟。
 詩織さん勝訴の判決が2019年12月18日出たことを受け、19日、山口氏が外国特派員協会で会見を開いた。

 会場では外国人記者から厳しい質問が続出。
 米メディア「デーリー・ビースト」のJ・アデルシュタイン記者は「(山口氏に)逮捕状が出たのに執行されず、起訴もされなかったのは『上級国民』だからではないか?総理大臣の力を借りたのではないか?」と鋭く追及した。

 この裁判はレイプ行為があったかどうかが争点だったが、法廷外では山口氏と安倍首相の関係に疑いの目が向けられた。
 詩織さんが告訴状を出したにもかかわらず山口氏は逮捕を免れ、検察審査会でも「不起訴相当」となった。
 その背景に首相官邸の指示があったのではないかとの疑惑が報じられてきたのだ。
 山口氏が著書『総理』を出版するほど、安倍首相と深い関係にあったからである。

 実際、判決後の海外メディアはこの点を突いている。

「山口氏は、安倍晋三首相とも近しい関係にあるとされている」(BBC放送)

「(詩織さんによると)山口氏と彼が伝記を書いた安倍晋三首相の関係ゆえに刑事告訴が退けられた」(ル・モンド)

「山口氏が安倍首相と近しかったから、特別扱いされたのではないかという疑問が出た」(アルジャジーラ)

 これに対して日本のメディアは遠慮がち。
 山口氏と安倍首相の関係に触れた大手紙は朝日新聞と東京新聞だけ。他紙は判決内容を報じるにとどまった。

 会見に出たジャーナリストの神保哲生氏が言う。

「日本のメディアが山口氏と首相官邸の報道に及び腰なのは、本当に介入があったという裏付けが取れないからでしょう。ただ、メディアが裏付け取材にどこまで本気だったのかという疑問は残ります。官邸関係者が介入を認めないまでも、取材をすれば関連の新情報が出てきたかもしれない。もし官邸への忖度で取材の努力を怠ったのなら大問題。首相官邸とガチンコでぶつかれる記者がいないということです」

 山口氏は控訴の意向を示している。
 日本のメディアが奮起する日は来るのか。


[写真]山口敬之氏

日刊ゲンダイ、2019/12/20 14:50
詩織さんレイプ裁判勝訴
海外メディアは“安倍事件”の扱い


 至極当然の判決が出た。

 ジャーナリストの伊藤詩織さんが、安倍首相と昵懇の元TBS記者・山口敬之氏から意識がないなかで性行為を強要されたとして1100万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、本日2019年12月18日、東京地裁は「酩酊状態にあって意識のない原告に対し、合意のないまま本件行為に及んだ事実、意識を回復して性行為を拒絶したあとも体を押さえつけて性行為を継続しようとした事実を認めることができる」と認定し、山口氏に330万円の支払いを命じた。

 判決詳報を報じた「弁護士ドットコムニュース」の記事によると、裁判所は、山口氏と伊藤さんが会食した2015年4月3日、2軒目に訪れた寿司屋を出た時点で伊藤さんが「強度の酩酊状態にあった」と認定したほか、翌日に伊藤さんが産婦人科でアフターピルの処方を受けたこと、数日後に友人に相談し、その後原宿警察署に相談に訪れていることなどをもって「今回の性行為が伊藤さんの意思に反して行われたものであると裏付けるもの」と結論づけたという。

 一方、裁判所は山口氏の供述について「重要な部分において不合理な変遷が見られる」と指摘。

 たとえば、山口氏は2015年4月18日に伊藤さんに送ったメールで〈あなたは唐突にトイレに立って、戻ってきて私の寝ていたベッドに入ってきました〉と記述していたのに、裁判では「伊藤さんに呼ばれたために山口さんが窓側のベッドから伊藤さんの寝ている入口側のベッドに移動した」と証言していたとし、こうした点から、判決では山口氏の供述について「信用性には重大な疑念がある」と述べ、対する伊藤さんの供述は「相対的に信用性が高い」と認めた。

 さらに、山口氏は伊藤さんが性行為に同意していたと主張して、伊藤さんが『Black Box』(文藝春秋)を出版するなど被害を訴えたことによって名誉やプライバシーが傷つけられたとして、伊藤さんに1億3000万円の損害賠償を求める反訴を起こしていたが、これについても東京地裁は「伊藤さんが性犯罪の被害者をめぐる状況を改善しようと被害を公表した行為には、公共性や公益目的があり、内容は真実だと認められる」とし、山口氏の訴えを退けた。

 つまり、意識がないなかで性暴力をふるわれ、意識を戻して拒絶したにもかかわらず山口氏がやめずに継続しようとしたという伊藤さんの訴えが認定され、一方、告発を封じ込めようとするような山口氏側のスラップ訴訟も退けられるという、“全面勝訴”の判決といえる結果となったのだ。

 だが、繰り返すがこれは当然の判決だ。

 そもそも、タクシー運転手やベルボーイという第三者による証言のほか、詩織さんを抱えて引きずる山口氏の姿が映った防犯カメラ映像も証拠として提出されている。
 実際、裁判所も〈ホテルに到着し、山口さんに引きずられるようにして降車した〉ことや〈ホテルの部屋に向かう間、足元がふらついていて、山口さんに支えられる状態だった〉ことを事実として認めているのだ(前述・「弁護士ドットコム」より)。

 だが、こうした当然の判決が出たことによってあらためて問い直さざるを得ないのは、なぜここまで証拠が揃った事件に対し、急に逮捕が取り消され、さらには嫌疑不十分で不起訴となったのか、という問題だ。

 あらためて振り返ると、伊藤さんからの相談を受けて、当初捜査を担当していた高輪署の捜査員は山口氏の逮捕状をとり、2015年6月8日、山口氏を逮捕すべく複数の捜査員が成田空港で山口氏の帰国を待ち構えていた。
 ところが、この逮捕直前に上層部からストップがかかった。
 そして、この逮捕取りやめを指示したのが“菅義偉官房長官の子飼い”である当時の中村格・警視庁刑事部長(現・警察庁官房長)だった。
「週刊新潮」(新潮社)の直撃に対し、中村氏自らが「(逮捕は必要ないと)私が決裁した」と認めているのだ。
 つまり、官邸中枢と近い警察官僚の指示により、山口氏は逮捕をまぬがれたのである。

 しかも、山口氏の逮捕が取りやめになったあと、不可解にもこの高輪署の捜査員は担当から外されてしまった。
 結果的に事件は2015年8月26日に書類送検されたが、山口氏は翌年7月22日付けで嫌疑不十分で不起訴処分に。逮捕寸前までいった事件が、このように“ブラックボックス”のなかに押し込められてしまったのだ。

山口敬之が内調トップに相談メール、内調は詩織さん中傷のチャート図を作成

 このあまりに不自然な逮捕取りやめと不起訴処分には、当然、官邸の関与が疑われてきた。
 実際、「週刊新潮」が伊藤さんの問題で山口氏に問い合わせした際、山口氏はその対応を内閣調査室のトップで“官邸のアイヒマン”との異名を持つ北村滋内閣情報官(現・国家安全保障局長)に相談していた可能性まで指摘されている。
 というのも、山口氏は「週刊新潮」の取材メールに対し、誤ってこんな文書を送信しているのだ。

〈北村さま、週刊新潮より質問状が来ました。
伊藤の件です。取り急ぎ転送します。
山口敬之〉

「Fw:」(転送)すべきところを「Re:」してしまうあたり、山口氏が相当焦っていたことが伺えるが、一方、北村氏率いる内調は、“伊藤さんの背後に民進党人脈がいる”というフェイク情報を流しバッシングを扇動していたという衝撃的な事実まで判明した。

 じつは伊藤さんが検察審査会に不服申し立てをして司法記者クラブで記者会見をおこなった直後から、ネット上では「詩織さんは民進党の回し者」なる風評が飛び交っていた。
 さらに半日も経たないうちに伊藤さんと伊藤さんの弁護士と民進党の山尾志桜里議員の関係をこじつけ、伊藤さんを「民進党関係者」だとするフェイクチャート図の画像がネット上に出回ったのだ。

 だが、これについて「週刊新潮」は内調が流したものであると報道。

 記事では〈本誌が山口氏の問題を取り上げ、それから詩織さんが記者会見をする5月29日より少し前のこと。政治部のある記者は、知り合いの内調職員から右下の図を受け取った〉としてチャート図を紹介している。
 正確には、このチャート図自体は伊藤さんの会見写真が入っているため、会見後に作成されたものと考えられるのだが、内調が“こじつけの関係”を記した類似のペーパーを政治部記者に渡していたのはたしかだ。
 というのも、本サイトのもとにも会見前と会見後に「内調が伊藤詩織さんに対するカウンター情報をふれまわっている」という情報が届いていたからだ。
 つまり、内調は事前に関係を解説した資料を配布し、会見後、さらにそれを写真入りのチャート図に更新して配布したのかもしれない。
 さらに、本サイトの調査では、内調が情報を直接2ちゃんねるに投下した可能性すらうかがわれた。

 内調がフェイクニュースをでっち上げてマスコミにリークし、ネットにばらまく──。
 今夏に公開された映画『新聞記者』でも、この一件をモデルにしたと思われるシーンが登場するが、映画のなかの絵空事のような国家による謀略が、実際におこなわれていたのである。


 なぜ、元TBS記者の事件に、官邸の息がかかった警視庁刑事部長や内閣調査室がここまで動き回るのか。
 それは言うまでもなく、山口氏が「安倍首相にもっとも近いジャーナリスト」のひとりだからだ。

山口敬之と安倍首相の特別な関係! ヨイショ本出版の裏で「起訴なし」の検察情報入手か

 そもそも、山口氏はTBS時代から“安倍の太鼓持ち”と呼ばれるほど安倍首相と個人的に親しい関係を築いてきた。

 安倍首相は国会で山口氏について「取材対象として知っている(だけの関係)」などと言ってごまかしたが、山口氏の結婚披露宴に安倍首相が出席していたことを「FLASH」(光文社)が写真付きで報じている。
 しかも、山口氏の単行本デビュー作となったのは、2016年6月9日に発売された安倍総理礼賛本『総理』(幻冬舎)だった。

 しかし、この『総理』をめぐっても疑惑が出ている。
 山口氏はFacebookで“不起訴処分は2016年7月に関係者に伝えられ、その結論を得て本格的な記者活動を開始した”などと述べているが、山口氏が『総理』を出版したのは、前述したとおり2016年6月9日。つまり、山口氏は不起訴より1ヶ月も早く記者活動を開始していたのだ。

 そして、この事実について、作家の中村文則氏は毎日新聞2017年7月1日付愛知版で、こう疑義を呈した。

〈そもそも、首相の写真が大きく表紙に使われており、写真の使用許可が必要なので、少なくとも首相周辺は確実にこの出版を知っている(しかも選挙直前)。首相を礼賛する本が選挙前に出て、もしその著者が強かんで起訴されたとなれば、目前の選挙に影響が出る。〉

〈でも、山口氏の「総理」という本が16年6月9日に刊行されているのは事実で、これは奇妙なのだ。なぜなら、このとき彼はまだ書類送検中だから。
 しかもその(『総理』発売日の)13日後は、参議院選挙の公示日だった。だからこの「総理」という本は、選挙を意識した出版で、首相と山口氏の関係を考えれば、応援も兼ねていたはず。そんなデリケートな本を、なぜ山口氏は、書類送検中で、自分が起訴されるかもしれない状態で刊行することができたのか〉

 つまり、山口氏はなんらかのルートを使って起訴がないことを事前に把握していたのではないかと中村文則氏は分析したのだが、山口氏と中村格氏、内閣情報調査室トップだった北村前情報官との関係を考えると、裏で官邸が動き、首相のお友だちである山口氏にいち早く不起訴を知らせていた(あるいは不起訴になるようにも っていった)可能性は十分考えられるものだ。

 事件自体に数々の証拠が揃っていながら、なぜ不起訴となったのか。
 しかも、伊藤さんの不服申し立てに対し検察審査会は2017年9月に「不起訴相当」と議決。
 ネット上では「検察審査会の判断が出たのだから山口氏は無罪」とする擁護意見が溢れることになってしまった。

山口敬之は“性的マイノリティ認めるなら痴漢の権利も保障せよ”の小川榮太郎と会見

 だが、この検察審査会の議決についても、さまざまな疑問がある。
 まず、議決の理由は〈不起訴処分の裁定を覆すに足りる事由がない〉という、理由になっていない理由が記されているだけ。
 さらにどのような証拠をもって審査されたかもわからず、その上、補助弁護人も付いていなかったのだ。
 このことについて、元検事である郷原信郎弁護士は「補助弁護人が選任されていないということは、“法的に起訴すべきだった”という方向において、専門家の意見は反映されていないことを意味しています」と答えている(「週刊新潮」2017年10月5日号/新潮社)。

 しかも、検察審査会では安倍政権絡みの事件での不起訴に対する不服申し立てについては、同様の「不起訴相当」の議決がつづいている。
 かなり悪質だった甘利明・元経済再生相の現金授受問題でも、証拠隠滅のためハードディスクをドリルで破壊した小渕優子・元経産相の政治資金事件でも「不起訴相当」という議決だったからだ。

 このように、証拠が揃い、逮捕一歩手前までいったというのに、官邸周辺の人物が暗躍するなかで事件は闇に葬られようとしてきた

 しかし、伊藤さんはネット上でひどい誹謗中傷に見舞われながらも、ブラックボックスを「オープン」にするため、民事裁判をおこなった。
 そして、ようやくその主張が民事司法によって認められたのだ。

 その道のりを想像するだけで胸が苦しくなるが、しかし、加害者の山口氏はさっそく会見を開き、控訴することを発表した。
 しかも、会見には同じく幻冬舎から安倍首相礼賛本を出版した小川榮太郎氏を同席させた。
 小川氏といえば、自民党・杉田水脈衆院議員の“性的マイノリティには生産性がない”という差別言説を“性的マイノリティを認めるなら痴漢の触る権利も保障せよ”なるヘイトの上塗りで擁護し、さらに伊藤さんバッシングを繰り広げている人物だ。
 そのような人物を呼び寄せて会見を開くというのが、山口氏が何をバックにしてきたかを物語っている。

 しかし、ここまではっきりと伊藤さんの主張が認められたことを考えれば、求められるのは逮捕状取り消し、捜査圧力問題の再検証だ。

 これは伊藤さんひとりの問題ではない。
 この問題に黙ることは、権力に近い人物だというだけで逮捕が取り消されてしまうという、法治国家とは言えない状態を是としてしまうことになるからだ。
 今回の判決を受けて、ひとりでも多くの人がいま一度その意味の大きさ、重さを考えてほしいと願う。


リテラ、2019.12.19 12:22
「詩織さん全面勝訴」で証明された警察・検察のおかしさ!
やはり御用記者・山口敬之と安倍政権の関係が逮捕、立件を潰していた

https://lite-ra.com/2019/12/post-5150.html

・・・山口敬之の伊藤詩織さんに対する行為が民事では不法行為とされたのに、刑事では不起訴とされた理由として、メディアでは「性犯罪に関する法が不備」とか「刑事と民事で立証の困難さが違う」とか言われているが、本当の理由は「検察が官邸の支配下にある」ということだ・・・(前川喜平)

・・・安倍首相と親密な元TBS記者の逮捕状取り消しを追及する日本の全国紙は毎日だけか。安倍首相と官邸キャップの会食を欠席し桜を見る会を厳しく追及し続けているのも毎日。編集幹部が自らツイッターで報道姿勢を連日説明しているのも毎日。他の新聞は何しているのだろう。差がどんどん開いていく・・・(鮫島浩)

・・・伊藤詩織さんを昏睡レイプした挙句に「本当に性被害にあったなら笑ったり記者会見を開いたり出来ないはず」と言ってみせた山口敬之が、散々在日朝鮮人や女性を差別してきた桜井誠と仲良く対談する場面とか地獄絵図かよ。山口敬之と桜井誠、堕ちるところまで堕ちた人間同士お似合いの組み合わせだな・・・(犬神ひろし)

・・・昏睡レイプをやった山口敬之の逮捕状を握り潰させた中村格警視庁刑事部長(当時)に被害者である伊藤詩織さんが取材を試みたところ、何と全力疾走で彼女から逃亡。詩織さん「人生で警察を追いかける事があるとは思わなかった」。本当、一般市民から警察関係者が逃げるなよ……・・・(同)

・・・すごい。警察が思い切り逃げた。はじめてみた・・・(Yoko)

・・・これが、被害届を出した市民に対する警察側の態度かと。異常すぎる。やっぱりこの件は、逮捕状執行寸前に取り消されたという経緯が不審すぎる。やましくなければこんな風に逃げないでしょう、、、・・・(弁護士太田啓子先生)

posted by fom_club at 18:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族法・憲法学者でクリスチャンの清末愛砂

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

憲法学者、改正の動きに反発

 個人の尊厳や両性の本質的平等を定めた憲法24条。

「平和な社会の構築になくてはならない」という観点から、24条の意義について学ぶ講演会が2019年12月16日、福岡市城南区の福岡大であった。

 憲法学が専門の清末愛砂(きよすえ あいさ)・室蘭工業大准教授(47)は「家庭における暴力や不平等が戦争や大量殺りくと無関係でないことは、歴史的にも分かっている。戦争放棄や戦力不保持だけでは平和は実現できない」として9条とともに24条も守る運動が大切と呼び掛けた。

 24条を巡っては、自民党が「家族は(中略)尊重される」「家族は、互いに助け合わなければならない」との条文を加えるなど、家族の結び付きを強調した改憲草案を2012年に決定。
 戦後社会が目指した個の尊重より、家族や集団の意思を重んじるかに見える内容に、女性団体などから「個が封殺された戦前への回帰では」と反発の声が上がった。
 政局の関係で改正の動きはいったん“下火”になったものの、今年2019年9月には前党憲法改正推進本部長の下村博文選対委員長が、24条改正に言及した。

 有識者らが2016年に結成した「24条変えさせないキャンペーン」の呼び掛け人も務める清末さんは、戦前の軍国主義を内面的に支えたのは、男性優位の価値観に基づく家制度や家父長制で、これを否定したのが24条だと意義を強調。
「保守改憲派は軍事的に強い国づくりを進めるため、1950年代から9条だけでなく24条も狙ってきた。安倍政権下で変えられる危険性は高まっている」と訴えた。

 ヒトラーや大量殺りくを犯した人の生い立ちから、社会的暴力の根源には、権威主義的な家庭での虐待体験があると結論付けたスイスの心理学者の分析を紹介。
「非暴力な家族関係が非暴力な人間を育て、非暴力な社会の構築につながる」として、24条を巡る動きを注視し、守る活動に協力してほしいと呼び掛けた。

 また清末さんは非政府組織(NGO)の一員としてアフガニスタンやパレスチナの紛争地で難民支援を続けている。
 その実体験から「自衛や国防の名の下に国家による侵略を正当化しているのは、現代の戦争を見ても明らか。改憲を許せば日本もそうした戦争を家族主義で支える国になりかねない」と警鐘を鳴らした。

 講演会は福岡大の教員有志で2015年に結成した「平和を愛する福岡大学人の会」などが企画した。


[図]
憲法24条と自民党改憲草案

西日本新聞、2019/12/20 14:47 (JST)
個人の尊厳、男女平等…「憲法24条を守ろう」
(下崎千加)
https://this.kiji.is/580617653419689057

 清末愛砂・室蘭工業大学大学院工学研究科准教授(家族法・憲法学者でクリスチャン)インタビュー 

必死な思いで伝えたい国家緊急権・緊急事態条項の危険性について

 今、憲法に関して一番まずいと思っていることは、やはり国家緊急権の問題です。
 これは、フッと湧いた話ではなくて、特に自民党が2011年の3.11以降、その動きを加速させてきたものです。
 ただ、それ以前から、改憲は彼らの第一目標でした。
 国家緊急権は、全ての権力を手に入れることができるものですから、もしも私が自民党のトップクラスにいれば、国家緊急権を憲法に入れておきたいと思うことでしょう。
 もうここまで出てきたとなると、かなり総仕上げに近い段階にまで来ています。
 今年2016年の正月に入ってから、安倍首相は改憲意欲をむき出しにしていますので、本当にこの1年、1年半が勝負です。
 日本国憲法が施行された1947年5月3日以降、最大の危機を迎えていると思っています。
 今日2016年5月21日、北海道クリスチャンセンター(札幌市)での講演では、国家緊急権、すなわち緊急事態条項について30分ぐらい解説しました。
 しかし問題は、その危険性があまり伝わっていないことです。
 憲法関係の平和運動はこれまで、「憲法9条を守る」ということに集中してきました。
 それはとても価値があって、当然のことだと思います。
 日本国憲法の中には国家緊急権がないわけですから、発想が及ばなかった。
 改憲というとすぐに9条だというイメージがありました。
 けれども、9条以上に怖いのは、実は国家緊急権を入れることなのです。
 その危険性がまだ伝わっていないと思う。
 それを今、必死な思いで伝えたい。
 改憲勢力によって議席を取られてしまったら、国会で発議が通れば国民投票できます。
 国民投票は危険だと思っています。
 国民投票では、基本的にマイノリティーの声が生きませんから。
 民意を反映するためのものだとよく間違える人がいますが、実は違います。
 国民投票は、強い者のための投票です。
 ですから、今の状況が怖いのです。

憲法24条(家族内での両性の平等・個人の尊厳)の改憲にも気を付けて

 もう一つ盲点があると思っています。
 それは、憲法24条の改憲です。
 その視点は、平和運動の中でもなかなか持てないのです。
 憲法といえば、平和主義の9条や前文には関心がいくのですが、24条というのは本当に、憲法学者を含めてもあまり興味がない。
 ただ、家族法の学者たちは評価しています。
 家族法は24条で変わりましたから。
 しかし、自民党はこの24条が大嫌いで、変えたくてしようがない。
 だから今狙われているのです。
 怖いのは「24条だったら注目もない分、改憲されてもいいのではないか」と思われてしまうことです。
 せっかく家族内での両性の平等・個人の尊厳というものをうたい、家族の中にいっぱいある差別・暴力を否定し、公的な分野ではなくて私的な分野における差別・暴力の克服を導くための条文なのに、その重要性がなかなか共有されていません。
 ですから24条に関しては、改憲といってもあまり関心がないと思うのです。
 戦争を知っている世代のクリスチャンの中には、覚えておられる方もいると思うのですが、大日本帝国時代にはキリスト者も戦争に協力させられました。
 戦時中、宗教に対する国家の統制は相当なものでした。
 その中でキリスト者も結局は戦争に協力していったという、大きな反省があるはずです。
 でも、それが若い世代にまでなかなかつながっていないのだと思います。
 今のような国家緊急権導入という話は、明らかに戦争体制を総仕上げのような状況までもってくるものです。
 国家緊急権は国によっても違いますが、軍事体制を拡大するときに、また戦争や武力紛争とかなり密接に結び付く形で使われるのです。
 ですから、国家権力が緊急事態を言い出せば、戦争や軍国主義の拡大を疑ったほうがいいでしょう。
 過去の例ではドイツもそうでした。
 そういう意味では、日本のクリスチャンもこの国の市民であって、体制に動員される存在だということを考えておいたほうがいいと思うのです。
 戦時中、相当にやられましたからね。
 私たちクリスチャンはマイノリティーで数が少ないですから。
 国家総動員法が過去にはあったわけで、安倍政権のいう「一億総活躍」というのを聞くと、もう本当に大日本帝国時代と同じではないかという感じがするのです。
 その中に確実にクリスチャンは入りますからね。
 私は、あるクリスチャンの集会で、単に祈っていても変わらないと、はっきり言ったのです。
 こんなこと言ったら怒られてしまいますか(笑) 。
 祈りの中には行動が入るのです。
 私も普通に祈ります。
 祈った後に考えて、聖書から学んだことを実践し、実社会においてきちんと行動していくことも祈りの延長だと思います。
 祈りと行動はセットなのです。
 私はそれを、自分の友人の牧師から学びました。
 彼女は非常に社会的な牧師なのですが、私が「祈っているだけじゃ何も変わらないわ。行動しなきゃ」と言ったときに、「行動は祈りの一部なのです」と教えてくれました。

パレスチナに無関心なクリスチャンに対する悔しさ

 パレスチナの中には、割合としてはそんなに多くなくても、一定数のクリスチャンがいます。
 例えばベツレヘムという町の住民の半分ぐらいはキリスト者ですし、すぐ隣のベイトサッフールは圧倒的にクリスチャン人口が多いです。
 でも、当然ですよね。
 三大宗教の聖地なのだから、そこにはクリスチャンが当然いるわけです。
 イスラエルが物理的な軍事攻撃を行うときは、別にムスリムに対してやるわけではなく、パレスチナ人全体に対してやるわけです。
 そこでムスリムなのかそれともクリスチャンなのかと分けることは全く意味がなくて、ただあそこにいるパレスチナ人、アラブ人たちがどんな思いをしているのか、どれだけひどいことをされているのかを、なぜクリスチャンは考えないのかと私はずっと思ってきました。
 私たちは、聖書を通してパレスチナのことを知っているはずです。
 例えばベツへレムは、私だって小さいときから知っています。
 そのベツレヘムという町が、2000年代初めなどにはものすごい攻撃を受けていました。
 でも、何も言わない。
 現地のクリスチャンは、世界のクリスチャンに対して発信していたはずなのです。
 自分たちがこんなにやられているのに、なぜ無関心なんだって。
 私の中では、そういうことがクリスチャンに対する悔しさなのです。

安倍政権と日本国憲法に関してクリスチャンに伝えたいこと

―― (昨年2015年9月に北海道クリスチャンセンターで)日本キリスト教婦人矯風会が主催した清末先生の講演会のチラシ
http://kyofukai.jp/wp-content/uploads/2015/05/ec8a7612449268f965d25c8b109c1bdc.pdf
の中にはイスラエル・パレスチナ問題に関わる中で、キリスト者の責任を考えるようになったことが書かれていましたが、安倍政権と日本国憲法に関して、クリスチャンに伝えたいこと、訴えたいことはありますか?

清末准教授: ありますね。
 私たちクリスチャンは、日本の侵略戦争に加担しました。
 それからだいぶたって時間がかかりすぎたにせよ、反省をしていかなくてはいけなくなった。
 でも、少なくともはっきりしているのは、日本のクリスチャンがあの戦争体制に組み入れられて従っていったことの反省も含めて、日本国憲法があるということです。
 日本国憲法は、私たちの信教の自由の権利も守っています。
 日本の平和主義は、あのアジアの2千万ともいわれる、私たちの侵略戦争によって亡くなった一人ひとりの犠牲の上に生まれたものだと思うのです。
 ですから、その戦争に関わった者たちは、絶対に平和主義を何としても伝えていかなきゃいけないと思うのです。
 ですからそれを変えるような動きに対しては、きちんと物を言わなくてはいけない。
 そうでないと、結果的に私たちの生活を、信教の自由を含めて否定することになってしまうのです。
 日本の政治家の中にはクリスチャンがいます。
 ああいう反省なきクリスチャンが増えると、また私たちは全く同じことをやります。
 政権の中枢に、クリスチャンがけっこういるわけです。
 私、清末愛砂は、死ぬまで24条を離しませんでしたと言ってくれと、いろんな人に話しています。
 それぐらいに24条が好きです。
 絶対に取られたくありません。

―― 矯風会でのご講演でも、テーマが24条でしたね。

清末准教授: 割と最近、キリスト教の団体が24条のことで私を呼んでくれます。
 他のところは24条となると普通の護憲運動でも呼んでくれません。
 矯風会とか日本基督教団性差別問題連絡会といったところが呼んでくれます。

―― 日本基督教団性差別問題連絡会の主催で、全国会議が北海道で行われたのは今年2019年の1月でした。

清末准教授: 24条の改憲は戦争と結び付いているので、家族主義をあれだけ強く今の改憲でやろうとしている。
 ものすごく家族ベースの憲法に変えたがっています。
 それは社会福祉の切り捨てですし、家族をお互いに監視しろという体制を家族の中に再び作るわけです。
 家族の中で統制していくやり方は、大日本帝国と同じです。
 ですから憲法24条と緊急事態法を彼らが押さえてしまうと、国家的に統制できて、家族の中も統制できる。
 あれはセットなのです。
 なかなかそれがセットだとみんな言いませんが、セットのうちに必ずやるのです。

―― 北海道では、例えばYWCAでも憲法カフェの講師として24条のことをお話しになるんだそうですね。

清末准教授: そうなのです。
 私が島根から室蘭工業大学に赴任したのは2011年10月でした。
 赴任してちょっとしてから日本平和学会の友人経由で、YWCAから憲法講座を担当してくれないかと依頼を受けました。それが、24条のことを北海道で話すようになったきっかけでした。

―― 女性が多いですか?

清末准教授: 多いです。
 矯風会は女性の人権についてずっと活動を続けていますし、YWCAもすごく頑張って平和活動と女性の問題に取り組んでいますから、当然なのかな。

―― クリスチャンの男性にも気付いてほしいですか?

清末准教授: そうですね。
 でも、日本基督教団性差別問題連絡会の全国会議では、見た目は男性に見える人がそれなりに多かったですよ。

―― 最後に、皆さんに伝える、ひと言は?

清末准教授: 本当に、キリスト者であることが、私の活動の中心ですから。


[写真-1]
本紙のインタビューに応じる清末愛砂准教授=21日、札幌市内で

[写真-2]
2016年5月に出版された清末准教授の共著書『安保法制を語る!自衛隊員・NGOからの発言』と『これでいいのか!日本の民主主義 失言・名言から読み解く憲法』(共に現代人文社刊)

クリスチャントゥデイ、2016年5月28日21時22分
「行動は祈りの一部」
家族法・憲法学者でクリスチャンの清末愛砂・室蘭工業大学大学院工学研究科准教授

(行本尚史)
https://www.christiantoday.co.jp/articles/21008/20160528/kiyosue-aisa-interview.htm

posted by fom_club at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャロル・グラック先生の著書『戦争の記憶』

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 今年2019年に出版された書物のなかでヤッホーくんがイチバンに推薦したい本は、キャロル・グラック Carol Gluck『戦争の記憶、コロンビア大学特別講義、学生との対話』(講談社現代新書、2019年7月)だろうなって。

歴史を学ぶ意味ってなんだろう

 みなさんは、自分が教わってきた歴史を疑ったことはありますか?
 戦争に関する学習だけでも、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、日中戦争、太平洋戦争……など、様々な歴史を学んできたと思います。
 しかし、そんな歴史の学習が、もし「偏った学び」に結果としてなってしまっていたら?
 もし事実とは異なっていたことを教わっていたとしたら?
 そんなことを考えたことはあるでしょうか。

 今回、キャロル・グラック先生の著書『戦争の記憶』を読んだ上で、東京大学で行われた先生の対話形式の特別講義を受けさせていただきました。
 そこで自分なりに考えた「歴史を学ぶ意味」について、“戦争”をキーワードに書いていきたいと思います。

日米でまったく異なる「原爆」の記憶

『戦争の記憶』では、「パールハーバー」「慰安婦問題」「原爆」といったキーワードを題材に、学生とグラック先生の対話で生まれた言葉がそのまま綴られています。
 読んでいて一番びっくりしたのは、まるで自分も対話に参加しているのではないかと感じてしまうほどのリアルさがあったことです。
 一見重そうなテーマだけど、文章の半分以上は先生による問いかけです。
 その先生の問いかけに自然と自分も考えながら読み進めていくので、自分の中にある気づきや考えを育ててくれました。

 3つのテーマをさまざまな視点から掘り下げていくのですが、中でも印象的だったのは、それぞれのテーマに対するイメージや勉強したことが、グラック先生の講義を受ける生徒ごとに異なっていたことです。
 具体例を挙げると、日本とアメリカで語られる原爆についての一般的な記憶が異なることがありました。
 アメリカでは「原爆は戦争を終わらせ、アメリカ人の命を救った」と話されるのに対し、日本では「原爆は戦後の日本への平和への使命へと繋がった」と話されることが多いのです。

 さまざまなバックグラウンドを持っていた生徒たちが集まり、戦争について語り合うことで、認識の多様さが浮き彫りになっていく。
 その様子を見ていると、他国の歴史を学ぶことがいかに大切か、私自身、ひどく痛感させられました。

 正直に言うと、私は学生の時に受けた歴史の授業をあまり覚えていません。
 しかし日本史を学んでいる時、繰り広げられる人間ドラマや戦い方の進歩、統治の仕組みの変化などから「こうやって現代が作られたんだ!」と歴史と今が繋がったときに、「歴史を学ぶって楽しい!」と感じたことがあるのは覚えています。

 けれど恥ずかしいことに、何年に何が起こったかなど内容はほとんど忘れてしまいました。
 結局テストでいい点を取るためだけに勉強してしまっていたと思います。

 そんな私も大人になり、テレビやネット上で慰安婦や靖国神社の国家間での政治的・感情的な問題を目にすることが多くなり、「アメリカともいろいろあるけれど、中国と韓国よりはいい関係を形成できているのはなぜだろう?」という疑問を抱くようになりました。

祖父母が語ってくれた戦争体験

 私の戦争に対するイメージは、私の祖父から聞いた体験談の影響が非常に強いです。
 現在93歳である祖父は大正15年(昭和元年、1926年)生まれ。
 まさに戦争の時代を生き抜いてきました。
 そんな祖父は今でも戦争の話をすると目をパキッと開かせ、生き生きと私に当時のことを話してくれます。

 祖父は学生の頃から英語が大好きであったため、夜間の英語学校へと通い、英語の勉強をしていました。

 そして1941(昭和16)年、戦争が始まると、英語が話せるということで、大阪にある造船所へ送られ、通訳の仕事をしながら捕虜となったアメリカ兵と共に船を作りました。
 過酷な労働環境の中、祖父はアメリカ兵捕虜と絆を深めていました。
「おはよう」と話す代わりにウィンクを交わしたり、こっそり食糧を分けあったり、日本兵の見張りがいないときには「戦争したくないよね」と話したり……。
 祖父はこの時を振り返って、「なんでこんなに良い人たちと殺し合わなきゃいけなんだろう?」と、毎日のように思っていたと言います。

 1945(昭和20)年、祖父は志願し、兵隊になります。
 20歳の時です。
 今の私の年齢とそんなに変わらないと思うと信じられません。
「怖くなかったの?」と尋ねると祖父は、「当時は兵隊に行かないことが恥で、国のために死ぬのが当たり前だったからね」と語ります。

「戦争」は怖い。でも「兵隊」は怖くなかった

 こうして、死と隣り合わせの過酷な訓練をしていた矢先の1945(昭和20)年8月15日。
 突然、グラウンドへ集められると、日本が降伏したことを知らされます。
「命が助かった」と思った瞬間であったそうです。

 日本の降伏後、大学へと進んだ祖父は夏休みを使って進駐軍のもとで通訳のアルバイトをして学費を稼ぎました。
 祖父は当時を振り返って、「アメリカの進駐軍の兵士たちはとても明るく、紳士な人たちばかりで、牛肉やハンバーガー、パイナップル、バターなどたくさんの食料を分けてくれた」と言います。

 祖父の話を聞いていると、「戦争」は怖いもの。でも、戦争に関わっている「兵隊」一人ひとりは怖くないんだと感じました。
 もしかしたら祖父のような話はごく一部に限られた話かもしれません。
 ですが敵とされる彼らも自分たちと同じ人間で、同じ気持ちで戦わざるを得ない状況にいるから戦っていたと思うと、「戦争をする意味ってどこにあるんだろう?」とつくづく考えさせられます。

 86歳である私の祖母も、戦争が始まると毎日、防空頭巾を握り締め通学していたそうです。
 空襲警報がなるとサッと防空頭巾を被り、草むらに走り、身をかがめ、戦闘機が過ぎ去るまでじっとしていなくてはいけませんでした。
 そのため勉強をしている場合ではなく、学校のグラウンドを芋畑にし、食料を確保するのでいっぱいいっぱいの生活を送っていたのそうです。

 私は祖父母に質問しました。「私たちの世代に何か伝えたいことはある?」
 すると2人は揃って「人を殺してはいけないということ」と答えたのです。
 戦争は人の殺し合いです。私たちは二度と同じことを繰り返してはいけないと強く感じた瞬間となりました。

「パールハーバー」と聞いて何を思い浮かべる?

 今回、グラック先生の講義を受け、先生の『戦争の記憶』を読んで、先ほどの疑問の答えが分かった瞬間がありました。

 特別講義が始まって先生の第一声は、「『パールハーバー』と聞いて思い浮かべることはなんですか?」という問いかけでした。
 日本語で言えば「真珠湾」のことですが、みなさんは何を思い浮かべますか?

 私は「太平洋戦争」がパッと浮かびました。
 私の中では日本が真珠湾を攻撃して、アメリカとの戦争が始まり、原爆が落とされ、終結したというストーリーで認識しています。
 しかし、今回参加させていただいたグラック先生の講義では、驚くほどさまざまな回答が学生から出てきました。
 映画、アメリカの英雄主義、陰謀活動の失態、そして日本の外交上の失態……。
 祖父母から聞いたことを思い出すように話す学生、眉間にシワを寄せながら言いずらそうに話す学生、興奮気味に目を輝かせながら話す学生と、話す姿は皆それぞれ違っていました。

 さまざまなバックグラウンドを持った学生たちは、「パールハーバー」のイメージがそれぞれ異なるだけではなく、「太平洋戦争」の名前も、そして戦争が始まった時期までも、捉え方が違ったのです。
「戦争の捉え方、歴史の捉え方はそれぞれの国によって異なるんだ」と気づかされた瞬間でした。

「アメリカとも色々あるけれど、中国と韓国よりはいい関係を形成できているのはなぜだろう?」という疑問の答えにもつながってくるのではないかと思います。

 事実、歴史に関する教科書や学校のカリキュラムは州、そして国ごとに定められていて、それぞれ自国側からの視点だけになっているとグラック先生はおっしゃっていました。
 そういった学習形態になるのは自然なことかもしれません。
 それに歴史に関する共通の記憶・認識を持つことは、国民の一致団結や自分たちのアイデンティティー形成に繋がるとも思います。
 しかし、もしそれが偏った歴史の捉え方になってしまっていたら?
 自分たちの国がした良いことは知っていても悪いことは知らされていなかったら?
 悪いことを悪いと認めることができていなかったら?

未来のための「新しい歴史」を築くために

 もはやどの国の教科書に書いてある歴史が正しいかなんて分かりません。
 そもそも歴史に正解なんていうものもあるのか疑問です。
 ですが、自国と他国の歴史を知り、異なる視点から歴史を理解し、広い視点で歴史を考えられるようになったら、未来のための「新しい歴史」を築き上げることができるのではないでしょうか。

 戦争が終わっておよそ75年経った今もなお、中国や韓国、日本など過去の敵意を現在の日本との関係に持ち込む人びとがいて、争いが絶えません。
 けれど、争いをなくす努力はしていけると思います。
 では具体的にどのようにしたらなくしていけるのでしょうか。

 この問いに対する答えは、まだ私にも見つかりません。
 でも1つだけ、分かることがあります。

 それはお互いの歴史を尊重することは明るい未来を作ることに繋がるということ。

 根拠はありません。
 ですが、人間関係がそうだと思うのです。

 価値観がまったく同じ人なんていないのだから、お互いを尊重して認め合うことではじめて良い関係を築き上げていける。だからこそ、互いの歴史や価値観の違い、バックグラウンドを尊重し合えたら、より良い日本に、より良い世界になっていくのではないでしょうか。

 もちろん国家レベルで一気にみんながお互いの歴史を尊重し始め、歴史問題を解決することは難しいことと理解しています。

 それでも、私たち一人ひとりが広い視野を持ち、過去に誠意を持って対処することで、いつの間にか未来のための前向きな「新しい歴史」が生まれるのだと思います。

 日本の未来を担っていく人たちと一緒にこう考えていきたいです。

より良い未来を作るために歴史から学べることはなんだろう」と。


[写真-1]
2019年11月8日に東京大学で開かれたキャロル・グラックさんによる特別講座。学年、国籍も異なる学生たちとの対話形式で行われた

[写真-2]
学生たちの話を聞いて時折メモを取りながら、議論を促していくキャロル・グラックさん

[写真-3]
特別講義終了後、藤井サチさんとキャロル・グラックさんの2人で

現代ビジネス、2019.12.08
22歳モデルが東大の講義で学んだ真珠湾攻撃、そして太平洋戦争
22歳からのハローワーク@キャロル・グラックさん(歴史学者)

(藤井 サチ、モデル)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/68988

 平成という時代を色で表すなら、何色でしょうか。
 戦争と平和の昭和時代が、赤と黒のコントラストで描けるとしたら、平成は、暖かい黄色や淡いブルーでしょうか。
 もちろん現在進行形ですから、まだ明確にはとらえがたい時代です。
 それでも、思いおこすと、記憶に残る言葉があります。あなたならどう振り返りますか。

■ 成熟国家とは、続けた模索・・・歌手、アグネス・チャンさん(62)

 昭和と比べて平成は、物質的にも満たされ、哲学的になったと思います。
 阪神・淡路大震災が起こった1995年はボランティア元年と言われました。
 若者の考え方が変わりました。
 頼まれなくても、人を助ける、自分で自分を変えていこう、という新しい社会貢献の波がありました。

 平成は、日本にとって、成熟した国の姿を考える時期だったのかもしれません。
 本当の幸せとは、本当の貢献とは、本当の価値とは、と。
 まだ模索中かもしれませんが。

 女性についての意識も変わりました。
 昭和の時代には、私が赤ちゃんを職場に連れていったことがきっかけで、「アグネス論争」が起きました。
 いまではふつうのことになりました。

 私は結婚するとき、日本人の夫に「(仕事を)続けてもいいですか?」と聞きました。
 昭和ではそれがふつうでした。
 いまはそうではないですよね。
 また、一般的に男性が台所に入ることを好まないしゅうとめが少なくなかったと思いますが、うちはいま夫が喜んで台所に入っています。

 まだまだ厳しいですが、女性たちのチャンスは増えています。
 ただのブームで終わるか、本当に実力を発揮して日本を新しい世界につれて行くか。
 新しい元号のもとで試されます。

 私が香港出身だということについて、昭和の方が差別意識がなかったように思います。
 当時は外国から学ぼうという気持ちを感じました。
 でも、最近はちょっと違う。

 温暖化と戦争で民族が大移動し、世界中が自分を守らなくてはと内向きになっています。
 その内向き志向とインターネットの普及で、それまでは公には出てこなかった声が仲間を見つけ、ヘイトスピーチや差別の波につながっています。

 昭和の時代、日本はアジアでナンバー1だったけれど、もっと謙虚でハングリーだったと思います。
 平成の30年は経済的、軍事的、世界への影響力という意味でも中国が脅威になってきた。
 面白くないと感じる人もいて、それが差別意識にも影響していると思います。
(聞き手・大久保真紀)

※ アグネス・チャンさんは香港生まれ。1972年に「ひなげしの花」で日本デビュー。国連児童基金アジア親善大使。

■ 戦後社会の構造改革、失敗・・・評論家・宇野常寛さん(38)

「平成」というのは要するに失敗したプロジェクトだと思います。
 そのプロジェクトとは、グローバル化と情報化という世界史的な二つの大きな波を正しく受け止め、戦後の社会をアップデートすることです。
 しかしこのアップデートを担った「改革」は、完全に失敗に終わった。

 この場合の改革は要するに二大政党制に基づいた成熟した民主主義を目指し、小さな政府を志向する構造改革路線でグローバル資本主義に対応していこう、というものです。
「改革」勢力を担う指導者がポピュリズムで旧自民党的な縁故主義に対抗するというのがこの時期の構図です。
 しかしどの改革勢力の覇権も一過性で、気がつけば批判票を野党に与えながら自民党の内部改革を祈ることしかできない55年体制に近い状況に戻ってしまった。

 僕の考えでは、「改革」勢力がポピュリズム戦略を取ってしまったのが頓挫の原因です。
 彼らはポピュリズムに頼るのではなく、「風」が吹いている間に旧自民党や共産党を支える票田組織に対抗するコミュニティーを、都市のホワイトカラー層の受け皿としてつくりあげるべきだったと思います。
 インターネットの普及した今、それも不可能ではないはずですが、彼らはテレビもネットもポピュリズム的な動員の手段としてしか使えなかった。
 これが失敗の本質です。

 日本社会が、昭和の成功体験を忘れられないのも大きいですね。
 1964年の五輪は復興と高度成長の象徴であると同時に、経済発展のための国土整備の錦の御旗だったはずです。
 2020年の五輪にはしっかりした構想が何もなく、なんとなく「五輪が来ればあの頃に戻れるかも」なんてバカな期待が渦巻いている。

 はっきり言って、国単位で見れば、日本に希望はありません。
 ただグローバル化の帰結で、国家と個人の間の都市や企業といった中間のものが担えることが増えている。
 この中間の規模のものが国家を横に置いて海外に開き、新しい産業や文化に接続していくことには希望はあると思います。
(聞き手・高久潤)

※ 宇野常寛さんは批評誌「PLANETS」編集長。著書に「ゼロ年代の想像力」「日本文化の論点」など。

■ 天皇、中心ではなくなった・・・米コロンビア大学教授、キャロル・グラックさん(75)

 まず、平成になって、日本人と暦の関係が大きく変化しました。
 人びとは、元号、西暦、年代(1960年代、1990年代)そして「戦後何年」という4種類の暦をごく自然に重複させ、ミックスさせながら、矛盾なく使っています。

 もう元号は、昭和までと同じ存在ではないといえます。
 元号と日本人の関係が決定的に違っています。
 かつてのような元号と西暦をめぐるイデオロギー対立はみられず、ほとんどの日本人は、便利に暦を使い分けるようになりました。
 さらに、明治や昭和を考えれば分かりますが、元号は天皇と非常に強く結びついていました。
 以前の日本人の意識では、天皇は元号と時代の中で中心的な位置を占めていました。

 しかし、平成は違うようです。
 今の天皇の性格や言動も、ある程度は影響しているかも知れませんが、それだけではなく、日本人の意識に根本的な変化が起きたのです。
 平成の次の時代も、明治や昭和のように天皇が再び中心になるということはないでしょう。

 この変化は、今の天皇の生前退位を、国民の圧倒的多数が支持したことからも明らかになりました。
 皇位継承や皇室典範に関して、保守的な姿勢をとりたかったはずの安倍政権も、こうした世論を無視することは不可能でした。

 では、平成の30年間は、どんな時代として後世に記憶されるのでしょうか。
 政治改革が叫ばれ、政権交代もありましたが、政治的なことで記憶される時代ではないように思えます。

 激動の時代としてでもなさそうです。
 不況、失われた10年、度重なる自然災害、オウム真理教などの事件、格差の拡大などがありましたが、朝日新聞の世論調査で、3分の2以上の人びとが「明るい」か「どちらかといえば明るい」時代だととらえていることは驚きでした。

 ある時代の歴史的な性格やアイデンティティーは、その時代が終わってから定まるのが普通です。
 平成がどんな時代だったかは、これから起こることで、決まっていくでしょう。
(聞き手・池田伸壹)

※ キャロル・グラックさんは、米国における日本近現代史と日本思想史研究の第一人者。著書に「歴史で考える」など。


朝日新聞、2017年8月30日05時00分
「平成」を振り返る
アグネス・チャンさん、宇野常寛さん、キャロル・グラックさん

(大久保、高久、池田のほかに藤原秀人と三浦俊章が担当しました)
https://www.asahi.com/articles/DA3S13108686.html

 昨年2015年12月末の慰安婦問題をめぐる日韓両国の合意は、両政権の政治的な戦略に基づいたものだった。

 事前に元慰安婦の声を十分に聞いたとは言えないし、安倍晋三首相は直接、元慰安婦に謝罪をしていない。
 首相はこれまで、演説などで女性の人権の大切さに言及しても、慰安婦問題には直接触れない。
 女性の人権と慰安婦問題を分けて考えているのだろう。
 これも政治的な技法だ。

 日韓両政府が慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を強調しても、これで終わると考えるのは無意味だ。
 記憶し、記憶されなければならないという市民らの動きは、政府間の合意に関係なく続いていくだろう。

 今、戦争に関する共通の記憶が、世界的な文化となっている。

 欧州では1960年代になって、ナチスによるホロコーストの被害が裁判で証言された。
 1990年代には韓国の元慰安婦が声を上げた。
 犠牲者が語ることで加害者も語り始め、戦争中に何が行われていたかが明らかになり、歴史の見方が大きく変わった。

 政府が語る戦争物語から外れた人たちが、「記憶の権利」を主張するようになった。
 将来二度と繰り返さないために忘れてはならないということ、補償や謝罪を求めている。

 過去を知る責任があるという考えが生まれている。
 過去は単なる過去ではない。
 現在の中にも「過去」があり、分けることはできない。
 こうした考え方が、慰安婦問題を知ることで、女性に対する性暴力をなくそうとの運動につながっている。
 私たちは、声を上げた元慰安婦たちに対して責任を負っている。

 歴史を政治の道具にして、国民を操作しようとする指導者もいる。
 だからこそ私たちは、戦争に関する共通の記憶を持ち続けることが大切だ。

※ キャロル・グラックさんは、1941年生まれ。専門は日本近現代史。昨年2015年、欧米の日本研究者らと「過去の過ちの偏見なき清算」を求める声明を発表。500人近くが賛同し、署名した。


東京新聞、2016年2月28日
[言わねばならないこと]
戦争記憶し続ける
米コロンビア大教授・キャロル・グラックさん

https://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/himitsuhogo/iwaneba/list/CK2016022802000132.html

posted by fom_club at 10:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラマ「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 2012年よりテレビ朝日で放送開始された「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の第6シリーズが、10月17日(木)夜9時よりスタートしたって読者諸氏、知ってました?
 昨日2019年12月19日が、その第6シリーズの最終回!
 もっと早くから見ておくんだったな、といっつも失敗ばかり繰り返しているヤッホーくんでした。

 米倉涼子(1975年生まれ)演じる孤高の天才フリーランス外科医・大門未知子がしゃべる「私、失敗しないので」(ヤッホーくん注1)という台詞も聞けました。
 一匹狼が、「東帝大学病院」の蛭間院長(1947年生まれの西田敏行)ら権力者と対峙する場面もしっかり見ました。
 そんな彼女とは対照的に、「御意(ぎょい)!」と大きな声で忠誠心を示し、惜しげもなく権力に寄り添う「御意軍団」の顔ぶれもしっかり見ました。
 どうしてヤッホーくん、その放送を知ったのかというと、昨日の夕方、マレーシアからのはっちゃんメール:

Now the craze here is to watch the medical drama Doctor X.
Malaysians are addicted to this drama.
Me too watching it every night.
How about in Japan?
The music is so alive.
I just saw the video of the orcestra performing it.
It startred with a man whistling.
This is what makes the music alive as it involves human touch to it.

 これがそうなのかな?

ドクターXのオープニング曲
https://www.youtube.com/watch?v=k4WjgNMmR8w

 米倉涼子主演のテレビ朝日系ドラマ「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」が今夜19日、最終回を迎える(以下、あらすじに触れています)。

 本作は、孤高の天才外科医・大門未知子(米倉)を主人公とする人気医療ドラマシリーズの第6弾。
 未知子は専門医のライセンスと叩き上げのスキルのみを武器に、病院組織で「御意軍団」と数々の騒動を巻き起こしながらも妥協を許さず戦いを挑んでいく。
 今シリーズでは市村正親、ユースケ・サンタマリア、武田真治などが新レギュラーとして加わり、盛り上がりを見せてきた。

 最終話では、東帝大学病院に幼き天才ピアニスト・吉行和十(城桧吏、ヤッホーくん注2)が入院してくる。
 ニコラス丹下(市村)の支援を受ける和十だが、現在は重病により演奏ができなくなる危機にひんしていた。
 和十は手術を拒むも、未知子の言葉を信じて、手術を承諾。
 しかし、未知子が手術中に術式を変更し、術後の経過が芳しくないことから、原守(鈴木浩介)は彼女を責め立てる。

 一方、丹下には修正大血管転位症という先天性の心疾患があることが判明。
 手術を拒否する丹下に、未知子が「心臓に爆弾を抱えるあなたを放っておくわけにはいかない」と手術を勧めるが、彼は耳を貸さない。
 岩田一子(松坂慶子)が説得のために拘置所を訪問すると、丹下は意識を失い倒れてしまう。

 未知子の処置により丹下は蘇生し目を覚ますが、院長の蛭間重勝(西田敏行)ら上層部は、手術は不可能と判断する。
 院長と検察の許可なくオペを行えば、医師生命を絶たれて犯罪者になる危険も……。
 禁断のオペを未知子は敢行することができるのか。

 先日、クランクアップを迎えた米倉。

「(「ドクターX」は)ものすごい安心感と、責任を持たなきゃいけない、プライドを保たなきゃいけない、という緊張感のダブルスイッチ。ここのみなさんとじゃないとその両立はできないなと感じました。無事にクランクアップを迎えられて何よりです!」と長きにわたりシリーズを支えるスタッフとの絆を感じさせるコメントを寄せている。

※ ドラマ「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」最終回はテレビ朝日系にて12月19日よる9時〜放送


シネマトウディ、2019年12月19日 7時15分
「ドクターX」今夜最終回!
医師生命をかけた禁断のオペに挑む!

(編集部・大内啓輔)
https://www.cinematoday.jp/news/N0113045

(注1)「私、失敗しないので」

 米倉涼子主演の人気ドラマシリーズ「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」制作発表会見が2019年10月7日に東京・六本木のテレビ朝日で行われ、脚本を担当する中園ミホが主人公・大門未知子の決めゼリフ「私、失敗しないので」のモデルが元女子柔道の松本薫であることを明かした。

 第6シリーズを迎えるまでの大ヒットドラマとなった「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」。
 人気の立役者である大門のキャラクターについて、中園は「シリーズ1の1話を書いている時に、大門のキャラクターだけができなくて、締め切りを過ぎてプロデューサーに叱られても作れなかった」と回顧。
 苦闘の中、ふとテレビをつけると、ロンドンオリンピックの模様が放送されており、女子柔道・松本薫の闘志みなぎる姿にくぎ付けになったという。
 その松本が金メダルを獲得後、松岡修造から「ミスしたらどうしようと思いませんでしたか?」とインタビューされたときに、「私、ミスはしないので」と言い、中園は「その一言にしびれて、大門未知子に『私、失敗しないので』と言わせてみたら、そこから大門未知子が有機体になったように動き出してくれた」と打ち明けた。

 さらに「あの時、松本薫さんが金メダルを取っていなかったら、大門未知子は全然違うキャラクターになっていたかもしれないので、本当に大切なセリフ」と語ると、「いつか松本薫さんにお会いすることがあったら、印税を払わないといけないかなぁと思っています」とも話し、会場の笑いを誘った。
 すると、松本本人が登場し、中園は「ありがとうございます」と感謝。
 松本も初対面を喜ぶと「あのときは野獣だったので、自分がミスするとは一ミリも思っていませんでした」とコメントの真意を伝えた。

 2年ぶりの新シリーズとなる今作は、令和の時代を迎え、財政難に陥った東帝大学病院を舞台に大門未知子の孤高の戦いを描く。


シネマトウディ、2019年10月7日 17時52分
「ドクターX」大門の決めゼリフ「私、失敗しないので」誕生秘話!
(取材:錦怜那)
https://www.cinematoday.jp/news/N0111583

(注2)城桧吏(じょう かいり、2006年生まれ)

 ドラマ「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」(毎週木曜よる9時〜)の最終話(テレビ朝日系、12月19日放送)に、映画『万引き家族』などで注目を浴びる若手俳優の城桧吏がゲスト出演する。

 本作は、フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)が病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描く医療ドラマシリーズの第6弾。
 最終話に登場する城は、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた『万引き家族』のほか、ドラマ「グッド・ドクター」「時効警察はじめました」、大河ドラマ「西郷どん」などで存在感を発揮し、今後も主演映画『都会のトム&ソーヤ』や『約束のネバーランド』が控えるなど、活躍が続く注目俳優だ。

 そんな城が演じるのは、重病を患った天才ピアニストの吉行和十(よしゆきかずと)。
 和十は第9話に登場したロックスターの九藤勇次(宇崎竜童)とチャリティーコンサートでセッションをする予定だったが、手に重病を患い、5人もの医師から「手術をするとピアノが弾けなくなる」と診断される。
 九藤は自分の命を救った未知子に和十の手術を託すも、未知子が行った手術後にある問題が生じてしまう。

 出演にあたり、城は「僕の役・和十は天才ピアニストなのですが、僕自身はピアノの経験がなく、どのようにすればいいのかわからないという不安がありました。ピアノを弾いている方や、監督からいただいたアドバイスを参考にたくさん練習し、少しでも和十に近づけるように役づくりを行いました。現場はとても楽しくて、家に帰りたくないと思える程温かい場所でした。そんな撮影に参加できたことが本当に幸せです。全力で和十を演じさせていただきましたので、みなさんぜひご覧ください」とコメントを寄せている。


シネマトウディ、2019年12月12日 21時54分
注目俳優・城桧吏「ドクターX」最終話に出演!
病に侵された天才ピアニスト役

(編集部・大内啓輔)
https://www.cinematoday.jp/news/N0112908

posted by fom_club at 08:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

夢紬(ゆめ つむぎ)

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 きょう2019年11月10日、ヤッホーくんは乃木坂で地下鉄を下りたのですが、小旗を丸めた棒を持った人で混んでました。
 警察官も交通整理!

 ヤッホーくんは、司馬遼太郎の世界にどっぷりつかろうと思って向かっていたのでした。
 写真集を出した『「街道をゆく」の視点』の写真家小林修(1966年生まれ)、それに『街道を(ついて)ゆく』の週刊朝日の村井重俊(1958年生まれ)の丁々発止を聴きに、観に、東京ミッドタウンへ。

 夢紬は、第4回目の企画として小林多喜二(1903-1933)を偲ぶワンデイツアーを敢行しました。
 2019年6月10日(月、時の記念日)のことでした。
 特高の弾圧を避けて暮らした麻布十番界隈と、翌1933年拷問により絶命した築地を歩いたのでした。
 東京ミッドタウン行き、それは小林多喜二ツアーの続編、2020年2月のフィールドワークの下見も兼ねておりました。

 明るい明治、暗い昭和に学べ、そして、人類が仲良しで暮らせる21世紀を子どもたちに託し、1996年に亡くなった司馬さん、そのお話はまた次回、車座になったときにとっておきます。

 さて、きのうの2019年11月9日のワークは、「純情詩集」(1976年作)の鑑賞会でしたね!
 Peoples’ gathering ですので参加費は徴収していません、無料(!)でした。
 観る、だけでなく、観終わったあとは、車座になってのおしゃべり大会(!)です。 
 16人で寅さんのこと、映画のロケ地のこと、映画監督のこと、その頃の暮らし、周りの人びとの人情に話しはつきませんでしたね。
 締めに I さんとヤッホーくんとの掛け合いで、『ルバイヤート』訳者岡田恵美子さん(1932年生まれ)が壊憲して八紘一宇を目指すダメ首相を叱責するお言葉を聞きました。

 次回もご家族、お友だち、お知り合いに広く呼びかけてください。
 また映画の話しで盛り上がるのもいいね、と。
 例えば、この11月1日より公開がはじまっている「閉鎖病棟」に「マチネの終わりに」、
 11月15日からはじまる「i、新聞記者(望月衣塑子)ドキュメント」、
 そして12月27日からはじまる男はつらいよ50周年記念作品「お帰り寅さん」です。

 では、2020年こそ希望の持てる明るい年にすべく皆さん、残り少ない2019年ですが元気に楽しく新しい東風をまきおこしていきましょう!

 共生、共働、共育の夢紬(ゆめ つむぎ)より「夢紬通信」第一号をお届けします。


 そんなわけがあって、ヤッホーくん、『マチネの終わりに』を観に行ったんだって、そうだったんだ。
 山歩クラブでは、ドナルド・キーンの足跡を偲びました(ヤッホーくんのこのブログ、2019年9月23日付け日記をお読みください)。
 また、石川啄木についても偲んでウオーキングをしました(ヤッホーくんのこのブログ、2019年9月29日付け日記をおよみください)。
 今日はそんなわけで、2016年に書かれた平野啓一郎の文章を読んでみましょう、ってヤッホーくん:

 ドナルド・キーン氏の前著『正岡子規』は、俳句のみならず詩歌全般の革新者としての子規の実像を、偶像化を排し、ほとんど「写生」的に描き出した評伝文学の傑作だった。
 一読三嘆した私は、その感動を直接にお伝えしたのだが、キーン氏は、それを慎ましやかな笑顔で喜ばれつつ、意外な言葉を口にされた。

「『正岡子規』はどちらかというと、書かなければならないと思って書いた本でした。けれども、今連載している『石川啄木』は、書きたいと思って書いている本です」

 確かにキーン氏は、子規の文学観への賛同をしばしば慎重に留保し、母や妹への態度に手厳しい批評も加えているが、それが著者としての窮屈さを感じさせることがまったくなかっただけに、私は却ってキーン氏の仕事の公正さに感銘を受けた。
 同時に、『石川啄木』を読むのがますます楽しみになった。

 本書を読むと、啄木の異能が、鷗外や漱石、或いは、与謝野鉄幹・晶子夫妻といった当代の目利きのみならず、直に接した多くの者たちに感得せられていたことがよくわかるが、その割に、当の与謝野晶子でさえ、彼の死後の名声については、実に心細い、懐疑的な言葉を残している。

 勿論、私のような世代は、いつ誰から教わったともなく、啄木を近代日本文学を代表する歌人として知っていたし、その短歌を、中学の国語の教科書で勉強している。
 しかし、その人物像や作風については、大した説明もなく、ほとんど何の印象も残らなかった。
 満26歳で死んだ「夭折の天才」というような話も、特段、強調されなかったように思う。

 それでも、啄木の短歌は、キーン氏が「『一握の砂』に収められた多くの歌に、読者は一読して心を奪われる」と語る通り、彼のことをまったく知らない人間でさえ、よくわかると感じるような不思議な普遍性を備えている。

 私が教科書で学んだ彼の短歌は、一つは有名な

ふるさとの訛なつかし
停車場の人ごみの中に
そを聴きにゆく


だったが、まだ中学生だった私は、本書で非常に丹念に描き出された――啄木の複雑な望郷の念が痛いほどにわかる――その渋民村時代を知らず、また、自身も特に「ふるさと」から遠く離れて生活した経験がないにも拘(かかわ)らず、この歌の心境が、なぜかつくづく理解された。

 私が教科書で知ったもう一首の啄木の歌は、『悲しき玩具』に収められた

何となく、
今年はよい事あるごとし。
元日の朝、晴れて風無し。


で、これまた、啄木最晩年の病苦と貧困を一切知らず、そうした現実とも無関係なまま、私を含めた多くの生徒が「好き」だと感じたのだった。

 これは、どういうことだろうか?

 キーン氏は、『食うべき詩』の次の一節を「どんな長い説明よりも啄木の短歌の特徴をよく語っている」として引用している。

「詩は所謂詩であつては可けない。人間の感情生活(もつと適当な言葉もあらうと思ふが)の変化の厳密なる報告、正直なる日記でなければならぬ。従つて断片的でなければならぬ。――まとまりがあつてはならぬ。」

『正岡子規』の読者は、出自も、その生活も、創作態度も、凡そ啄木とは懸け離れた子規の中に、これと相通ずる認識があったことを思い出すであろう。
 子規は言う。

「俳句はおのがまことの感情をあらはす者なり。おのが感情を曲げて作らんとするも何処にか真の感情あらはるゝ者なり。」

 キーン氏はこれを次のように解説する。

「子規は、膨大な俳句の研究と分類のお蔭で、俳人が俳句で自分の感情を伝え得ることの如何に稀であるかを知った。これは特に初期の俳人たちがそうで(中略)巧妙さというものは感情から切り離された途端に退屈になるか、苛々させられるということを子規は嫌というほど知ったのだった。」

 創作の方法論的には、極めて直感的だった啄木に対し、子規はマニアックなほどに周到だったが、この二人は、いずれにせよ、短歌、俳句の「近代」に於ける革新者であり、その点に注目するならば、詩の「近代性」について、誰よりも早い自覚を持ったボードレールが、やはり「素朴さ naïveté」を非常に重視していたことも、併せて想起すべきだろう。

 この「正直」さの故に、私たちは、啄木の短歌に、まるで我がことのように感動する。
 しかし、先述の通り、必ずしも、彼の生に、短歌を通じて直接アクセスするわけではない。
 彼自身が「象徴芸術」という言葉を用いている通り、彼とその短歌との間には、独特の二重性がある。
 文学とは、そもそもそういうものだが、啄木の特徴は、短歌というこの極めて限定的な詩型に固有の難問を、ほとんど逆手に取ったような自由さを獲得している点である。

 啄木の短歌で気になるのは、先ほどの歌にもあった「何となく」という語である。

『一握の砂』、『悲しき玩具』のいずれの歌集に於いても、この類の語が頻出する。

何となく汽車に乗りたく思ひしのみ
汽車を下りしに
ゆくところなし


何がなしに
息きれるまで駆け出してみたくなりたり
草原などを


何がなしに
頭のなかに崖ありて
日毎に土のくづるるごとし

(以上『一握の砂』)
何となく、
案外に多き気もせらる、
自分と同じこと思ふ人。


何となく、
自分を噓のかたまりの如く思ひて、
目をばつぶれる。


五歳になる子に、何故ともなく、
ソニヤといふ露西亜名をつけて、
呼びてはよろこぶ。

(以上『悲しき玩具』)

「何となく」というのは、特に理由もなく、という意味である。
 しかし正確には、理由がわからないまま、と解すべきだろう。

 カール・シュミットは、『政治理論とロマン主義』という評論の中で、「ロマン主義をトータルに定義するものが何かあるとすれば、それはロマン主義が因果適合性などにはほとんど縁がないという点である。」と記している。
 彼は、「モーツァルトにとってオレンジを見たことが二重唱『たがいに手を取り合って』を作曲するきっかけとなったように」と、メーリケの小説中の逸話を引きながら、こうした不合理な因果関係を、合理的な「原因と結果」に対置して、「起因と結果」と概念的に区別する。
 そして、現実を悉く美的な創作の「きっかけ」に過ぎないものとして処理するロマン主義の政治的無力を批判するのである。

 シュミットのロマン主義批判の妥当性はともかく、この現実の起因化は、芸術創作全般に、大なり小なり、当て嵌まる話である。
 彼のこの1921年の論文は、こうした不合理性に着目した精神分析学や心理学と同時代的であり、ついでに言えば、遠く離れた極東での啄木の短い歌人としての活動の直後だった。

 啄木が、例えば、「何となく汽車に乗りたく思ひしのみ/汽車を下りしに/ゆくところなし」と詠む時、彼はその衝動的な行動の起因を省略している。
 或いは「何となく、/今年はよい事あるごとし。/元日の朝、晴れて風無し。」のように、元日の朝の清々しい風景を、そうした予感の「原因」としてしまう単純さを、まさしく「近代人」として拒絶する。
 が、実際にそう感じたこと自体は事実である。
 その時、彼に「人間の感情生活の変化の厳密なる報告」として、それをそのまま表現することを可能にさせる語こそが、つまりは「何となく」だった。

 啄木は、そうして、状況を説明する前後の歌物語もなければ、和歌の歴史的な教養に依存することもないまま、一首の短歌を詩歌として自立させることに成功した。
 これは実は、そのまま、子規の問題意識でもあった。
 キーン氏が「書かなければならない」と感じていた『正岡子規』は、この「書きたい」と思って書いた『石川啄木』と、併せて読まれるべき必然があると私は思う。

 啄木の「何となく」の作品世界を具体的に理解するためには、彼の生活の何が起因となり、彼という歌人がどういう人間だったからこそ、オレンジが『たがいに手を取り合って』に化けるのかを知らねばならない。
 なぜ啄木は、「何となく」そんなことを感じ、そんな振る舞いをしたのか?
 キーン氏の『石川啄木』は、その生の軌跡の丹念な追跡と、日記の読解による内的生活の表現とを通じ、読者にその非常に豊かなヒントを与えている。
 それは、啄木の「何となく」の可能性を殺さないまま、より一層の理解と愛着とを以て、我々を啄木の世界へと深入りさせる。
 キーン氏は、啄木を「極めて個性的でありながら奇跡的に我々自身でもある一人の人間」と評するが、本書はその二重性の間に渡された架け橋のようである。

 自他共に認めるその天才故に、啄木の倨傲はほとんどランボー的であり、酒と女に入り浸る自滅的な生活は、我々の単純な共感からはひとまず遠い。
 金田一京助との友情を、唐突に「束縛」と断じ、彼を傷つけてしまうようなエキセントリックな一面もある。
 自分の身近に彼がいたなら、果たしてつきあいきれただろうかと、私は何度となく考えた。

 結婚式をすっぽかしたり、函館で長らくほったらかしにしていたりと、夫の天才を信じつつ、姑や義妹との不仲、貧困、病苦に耐え、啄木に寄り添い続けた節子への仕打ちは、やはり酷いと言うより他はない。

 しかし、我々にとって、啄木の存在を最悪のところから救済しているのは、偽善とはむしろ反対の彼の「正直」な言葉である。

 何と言っても若い啄木の生活へのひたむきさは、その収入の安定と不安定との繰り返しで、読者を一喜一憂させる。
『一握の砂』で名声を確立するに至っては、こちらまで晴れ晴れとした安堵を覚える。
 その間の艱難辛苦を思い、やっと、とは感じるものの、実はまだ24歳であり、自身の適正を見極め、ようやく短歌の創作に集中してからは、あっという間のめざましい成功だった。
 キーン氏は、「啄木の散文の基本的な構造は、時間の推移がもたらす変化を捉えることにあり、……」と指摘しているが、その前提は、彼の生の時間のこの例外的な濃密さにあるのかもしれない。

 他方、シュミットのような厳めしい政治学者に言及したのは、啄木に、個人と国家との緊張関係を肌身で感じ取り、表現し得るような鋭敏な政治感覚があったからである。
 彼の批評的知性が、現実を、より実効的な因果適合性に基づいて解釈し、政治行動へと向かわしめる可能性があったのかどうか。
『A LETTER FROM PRISON』で、「無政府共産党」という語義矛盾を揶揄する「法学士」に反発する彼であってみれば、金田一の伝える「社会主義的帝国主義」という言葉も、啄木本人のものだったのではないか。

 女を装ってファンレターを送ってきた男に騙されたエピソードなど、本書はユーモアにも事欠かない。
 キーン氏の著作の愛読者は、それを、例によって、いかにも淡々と、客観的に記述しながら、その実、にっこり微笑んでいたであろう、著者の執筆中の表情も思い浮かべるに違いない。

 なるほど、キーン氏の嘆く通り、「多くの若い日本人」は、今や啄木でさえ読まなくなっている。
 しかし、「啄木の絶大な人気が復活する機会があるとしたら、それは人間が変化を求める時である。」という言葉を信じるなら、それはまさに今日であり、本書がその最良の導き手となることは間違いない。 

※「新潮」2016年4月号


note.com、2019/02/27 16:02
私達自身のような「夭折の天才」
ドナルド・キーン『石川啄木』を読む

(平野啓一郎)
https://note.com/hiranok/n/nfb3e9a910987?magazine_key=m9792c6a0bd66 

posted by fom_club at 16:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『マチネの終わりに』の魅力とは

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、
 ヤッホーくんのこのブログ、2019年11月02日付け日記「映画『マチネの終わりに』」、「福山雅治『幸福の硬貨』」をお読みください。

 携帯電話やスマートフォンが普及して以来、恋愛をめぐる小説や映画が成り立ちにくくなったと言われている。
 旧知の小説家も次のように嘆いていた。
「恋愛物語にスリリングな要素を与える、すれ違いが描きにくくなっている」と。

 ウィリアム・ シェイクスピア(1564‐1616)「ロミオとジュリエット Romeo and Juliet(1595)」の時代から、すれ違いは、恋愛物語に劇的効果を導入するキラーアイテムだった。
 そのすれ違いに気を揉む人たちによって、銭湯が空になると言われた時代もあった(古い話で恐縮だが、1950年代に放送されたラジオドラマ「君の名は」のことだ)。

 この恋愛物語が困難な時代に、作家たちは新しい可能性も見出している。
 芥川賞作家である平野啓一郎(1975年生まれ)の恋愛小説「マチネの終わりに」(毎日新聞出版、2016年4月;文春文庫、2019年6月)は、スマホのメール機能を逆手にとった、巧みな「すれ違い」によって、見事にスリリングな男女の物語を生み出した。

 とはいえ、この恋愛小説が素晴らしいのは、そのすれ違いの意匠だけではない。
 互いに惹かれ合うのは天才と謳われたクラシックギター奏者と世界を舞台に活躍する女性ジャーナリスト(フランス・RFP通信)。
 舞台は東京、パリ、マドリード、ニューヨークと駆けめぐり、文中にはこの作家特有の多彩で造詣の深い知識も散りばめられていく。

 そして、何よりも興味深いのが、主人公の男女がともに40代であるということだ。
 このいわゆる中年世代を扱った恋愛作品では、地位も分別もあり、経験も豊かな男女が、激しい恋愛に落ちていく様が、絵空事ではなく描かれていた。
 作者の圧倒的筆力がなせる技なのかもしれないが、それゆえこのダイナミックな小説は、映像化が難しいのではないかとも言われていた。

 映画「マチネの終わりに」は、その困難な作業に、真正面から挑戦した作品となっている。
 主人公の男女を演じるのは、福山雅治と石田ゆり子。
 奇しくも2人とも1969年生まれの50歳だが、やや実年齢よりも若い男女の恋愛物語を、見事なまでに成熟した自らのドラマとして演じていた。

 クラシックギター奏者の蒔野聡志(福山雅治)は、東京でのコンサートのあと、友人に連れられ楽屋を訪ねてきた小峰洋子(石田ゆり子)と出会う。
 洋子はパリの通信社で働くジャーナリストで、かねてから蒔野の音楽を愛聴していた。
 しかも、彼女の父親は世界的に有名な映画監督イェルコ・ソリッチで、蒔野も彼の作品「幸福の硬貨」が好きだったと語る。

 この出会いの場面で、蒔野はいきなり初対面の洋子に「舞台の上からお誘いしていたんです」と話しかけるのだが、この後に音楽と映画をめぐる2人のうちとけた会話が続くため、通常は歯の浮くようなそのシーンも、とても印象的深く心に残る。
 たぶん演技者が役に見事に嵌った福山雅治ということもあるのだろうが、当初、唐突に感じた違和感も消え、出会いのシーンとしては秀逸だ。

 そのあとの打ち上げの席では、互いに惹かれ合うものを感じ、2人の会話はさらに盛り上がるのだが、その席に冷ややかな視線を注ぐ蒔野のマネージャー三谷早苗の存在があった。
 詳述は避けるが、この早苗の行動が、その後、物語を大きく転回させる。

 パリに帰った洋子だったが、彼女にはニューヨークで活躍する経済学者の婚約者があり、蒔野に惹かれるものを感じながらも、彼との間に立ちはだかる壁を感じていた。
 一方、このところ自分の演奏にしっくりこないものを感じていた蒔野にとって、洋子は、新たに彼の前に現れたミューズのような存在にも思えていた。
 そして、強く彼女を欲している自分に気づくのだった。

 そんなとき、洋子が勤めるパリの通信社のビルで自爆テロが起きる。
 蒔野はいてもたってもいられず、彼女にメールを入れるのだが、目の前で同僚の死を目撃した洋子の動揺は激しく、すぐに返事が返ってくることはなかった。
 ようやくスカイプで会話を交わせる状態になった2人だったが、洋子の心の傷は深く、蒔野は東京からやさしい言葉で彼女を癒すのだった。

 次第に洋子への想いをつのらせる蒔野だったが、マドリードでの公演へ出かける途中でパリに寄った彼は、彼女に会い、自らの想いを打ち明ける。
 もちろんそれは彼女に婚約者がいることを知ったうえでの行動だった。
「洋子が死んだら自分も死ぬ」と蒔野は告白し、彼女に自分と新しい生活を始めようと懇願するのだった。

 そこからの物語は、映画の本編に譲るとして、劇中で蒔野と洋子は、都合3度しか会うことがない。
 つまり、彼と彼女は、蒔野がマドリードから戻り、もう一度パリで再会したあと、2人で未来を描こうとした東京で意図せざるすれ違いに遭遇することになるのだ。

 そのきっかけとなるのは小説でのシチュエーションと同じだが、映画においても小気味のよい場面展開と適確な映像で、この運命と悪意に弄ばれるギタリストとジャーナリストのすれ違いが描かれていく。
 前半の華やかな恋愛模様からとはうって変わった後半の2人の苦い日常は、この一見派手な道具立ての作品を、とても人間くさい近しいものにしている。

 このところ、大人の恋愛映画というと、この作品の監督でもある西谷弘(1962年生まれ)の前作「昼顔」(2017年)に代表されるような、いわゆる不倫を扱ったものが多かったが、これはそうではない。
 冒頭でも書いたように、通信手段が発達した現代でも起こりうる「すれ違い」を、映像と音楽で見事に描いた稀有な作品なのだ。

 脚本は人間描写には定評がある井上由美子(1961年生まれ)。
 ともすれば登場人物のモノローグに頼りがちな心情描写を、見事に男女のダイアローグとして表現している。
 加えて、終始使用されるクラッシックギターによる音楽が、主人公の心情を代弁しているように聞こえ、映像だけではない西谷監督の作品設計が冴えわたっている。

 それにしても、福山雅治という役者の千変万化ぶりには驚かされる。
「SCOOP!」(2016年)で演じたやさぐれた写真誌のカメラマン役も不思議な魅力を放っていたし、一転、「三度目の殺人」(2017年)で見せたシリアスな弁護士役も素晴らしかった。
 そして、今回は王道の恋愛映画の主人公だ。
 初めて会った女性に、いきなり「舞台の上からお誘いしていたんです」というセリフをさらりと言える役者はそういない。


Forbes Japan, 2019/11/01 20:00
すれ違いが困難な時代に生まれた稀有な恋愛映画「マチネの終わりに」
(稲垣 伸寿、Official Columnist)
https://forbesjapan.com/articles/detail/30490/2/1/1

 刊行から1年で累計15万部を超え、異例のロングセラーとなった芥川賞作家・平野啓一郎さんの長編小説『マチネの終わりに』(毎日新聞出版)。
 同作が第2回渡辺淳一(1933 - 2014)文学賞(*)を受賞し、2017年5月19日、東京都内で贈賞式が行われた。

「なにかとうんざりすることの多いいま、小説を読む時くらいは美しい世界に浸っていたいと思い、書いた作品。同じように感じてくれる読者がたくさんいてうれしいです」
(平野さん)

 とはいえ、『失楽園』『愛の流刑地』など濃厚な男女関係を描いたエンターテインメント作家の名を冠した賞と、芥川賞作家の平野さんを並べれば、ミスマッチとも映る。
 実際、選考会では「受賞作は40代の恋愛が主題というのに性的な要素が薄すぎないか」との指摘もあったという。

 主人公は天才クラシック・ギタリスト。
 ヒロインは海外の通信社に勤務し、内戦でテロが頻発するイラクの特派員を志願するほどの有能な記者だ。
 共に才能と美貌に恵まれ、地位もある二人は、初対面から猛烈に惹(ひ)かれ合うが、直接会うのは3回だけ。
 いずれも、食事を共にしただけで別れている。
 やがて恋敵の横槍(よこやり)によって溝が生じ、一緒にはなれないまま別々の人生を歩み、物語は終章を迎える――。

 ストーリーだけを追えば、古典的ともいえる悲恋物。
「かなり無理筋な恋愛小説」との選評もあった。
 それでも受賞に至った理由は何なのか。

 選考委員で恋愛小説の名手、小池真理子(1952年生まれ)さんがこう評す。

「突然恋に落ちた男女を描いて、いささかもぶれない文章力に敬服した」

 同じく選考委員の高樹のぶ子(1946年生まれ)さんは作者の筆力を讃(たた)えた。

「恋愛の苦さと、悲しみの余韻を置いた終章から(本当の恋愛が)始まる、つまりそのように読ませたこの作品が本賞に輝いたのは、恋愛小説の衰退が言われて久しい昨今、快挙といえる」

「古典的な運命劇の21世紀的な更新」という作者のもくろみは、果たされたようだ。

※ 「サンデー毎日」2017年6月11日号


毎日新聞出版
渡辺淳一文学賞はミスマッチ?
『マチネの終わりに』の魅力とは

(文化・芸能取材班)
http://mainichibooks.com/sundaymainichi/society/2017/06/11/post-1575.html

(*)渡辺淳一文学賞
第一回: 川上未映子(1976年生まれ)『あこがれ』(新潮社、2015年10月)
第二回: 平野啓一郎(1975年生まれ)『マチネの終わりに』(毎日新聞出版、2016年4月)
第三回: 東山彰良(1968年生まれ)『僕が殺した人と僕を殺した人』(文藝春秋、2017年5月)
第四回: 松井今朝子(1953年生まれ)『芙蓉の干城』(集英社、2018年12月)


posted by fom_club at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

小泉氏や安倍首相のような政治家がなぜもてはやされているのか

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

何が言いたいのかわからない

小泉進次郎環境大臣は、日本の国益を損ないましたね

 ある中央省庁幹部は、スペインで開かれた、国連の気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)での小泉氏の演説についてこう嘆く。
 今回のCOP25では、日本の石炭火力発電からの脱却や温室効果ガスの削減目標の引き上げへの取り組みなどが注目されていた。
 小泉演説の何が問題かを指摘する前に、氏の公式ブログに掲載されている演説内容を見てみよう。
 日本は石炭から太陽光への転換をモンゴルで支援するなど、二酸化炭素削減などに取り組んできた実績がある。このCOP25で、来年2020年に本格的に始まる国際的枠組みのパリ協定のルールをつくり、始動させていきたい。
 私は世界でも最年少の大臣の一人でありミレニアル世代の最年長だ。若者の、サステナブルへの思いに、私は共感している。そして、年長世代の気候変動への態度に怒りを感じている若者がいることもわかっている。
 私は来年、子供が生まれる予定。2050年以降の未来は、私自身が生きる未来であり、来年に生まれる私の子供はもちろん、すべての子供の未来そのものである。未来への責任を果たす。
 もちろん、国際社会から、石炭政策を含め厳しい批判があることも承知している。グテーレス国連事務総長は先週『石炭中毒』をやめるよう呼びかけた。これは、日本に向けたメッセージと私は受け止めている。
 COP25までに、石炭政策については、新たな展開を生むには至らなかった。しかし、これだけは言いたい。私自身を含め、今以上の行動が必要と考える者が日本で増え続けている。
 日本は脱炭素化に完全にコミットしていないと思われているかもしれない。しかし、それは違う。我々は脱炭素化に完全にコミットしているし、必ず実現する

 小泉氏のこの演説について、先の中央省庁幹部は、自身の海外勤務の経験を踏まえて問題点をこう指摘する。

 最大の問題は、この演説が『日本だけでしか通用しない内向きの論理』に終始し、国際標準に達していない点です。
 海外の人がこれを素直に聞くと、『日本は努力してるけど、今回は達成できませんでした。私は世界でも最年少の大臣だし、子供も生まれて父親になるし、次の世代への責任感もあります。我々は脱炭素化にコミットしているし、次は必ず実現します』という風に受け取ると考えられます。
 はっきりいって、これでは全く理解されないどころか、彼個人だけでなく、日本政府全体への信頼低下にもつながります。
 国際社会の閣僚級会合での議論の文法は、まず結論を提示し、そこに至る理由を話していくのが一般的です。
 小泉氏の話の結論は『具体的な目標を設定できなかった』ですが、その理由は何一つ明示されず、具体的な情報がなく、何がしたいのかもわかりません。
 これは日本人特有の『結果より頑張りを褒める』という文化に依拠するもので、『結論と論理』を求める欧米人が一番イライラする話法です。
 日本の二酸化炭素排出抑制技術は世界トップレベルですし、決して世界の排出量抑制に貢献していないわけではない。
 科学的根拠さえ示せば、日本の貢献を具体的に主張しても十分に通用すると思います。
 小泉氏のような演説をしても、国際社会では『自分の意見がない無責任な国』と見られるのが関の山です


 さらに、小泉氏が「若いから」や「親になるから」という言い訳を持ち出したこともマイナス要因になる。

良かれと思って入れたのでしょうが、政府代表の発言として何の価値もないどころか、『年配の人や子どもがいない人は、将来世代への責任感が薄い』と言っているようにも捉えられかねません。
 ポリティカル・コレクトネス(政治的正しさ)が重要視されている世界的な風潮の中で、不用意な発言だといえます


外務省の「怪文書」が海外で…

 今回の小泉氏の演説は、彼のブログにも書いてある通り、環境省だけでなく経済産業省、外務省とも打ち合わせて生まれたもので、文字通り「日本政府としての発言」だ。
 小泉氏の演説の問題点は、日本の問題点だとも言える。

 ここ最近、日本政府の情報発信と国際常識の「ズレ」が顕著になってきている。
 今年2019年11月2日には、外務省が旭日旗に関する政府の立場を説明するために、英紙「ガーディアン」に掲載した投書が「怪文書」と言われて物議を醸した。
 問題の投書は「旭日旗は軍国主義の象徴ではない」とのタイトルで外務省広報官の名義となっており、同紙の旭日旗批判記事に反論する内容となっている。
 以下、要点を翻訳する。
 ガーディアンの記事は、真摯に過去と向き合ってきた日本を誤解したものだ。
 安倍首相の終戦70周年声明にもあるように、日本はこれまでも歴史に向き合い、謝罪と遺憾の意を表明してきた。旭日旗を軍国主義の誇りと結びつけるのは間違いで、出産や季節の行事などに広く使われてきた。政治的な意思の表明でもないし、軍国主義を表すものでもない。
 海上自衛隊も旭日旗を使っており、最近では中国やシンガポール、ミャンマーなどの港にも旭日旗を掲げた艦艇が入港したが、それらの国々からは何の反発もない。韓国の釜山港に海上自衛隊が1998年と2008年に入港した時も何の反発もなかった。
 第二次世界大戦から70年以上経過するが、その間に国際社会からは何の反発もなかった。反発の多くは政治的意図によるもので、特に近年の韓国が生み出している。東京五輪がこのような政治的計略に利用されるべきではない

 この投書の論理構成も、小泉氏の演説と本質的には同じだ。
 普通なら、「旭日旗が軍国主義の象徴ではない理由」を述べるところ、いきなり「安倍首相も言っているが、日本はずっと謝ってきた」と入り、「日本人の生活にも根ざしているし、国際社会からも反対されていない。政治的意図を持つ韓国だけが反対しているのだ」と、明確な論拠がない。
 旭日旗が軍国主義の象徴ではないと言うには、あまりにお粗末だ。
「私たちは謝ってるんです!悪いのは韓国なんです!」とまくし立てたところで、欧米の読者を納得させられるはずもない。

背景には記者クラブ制度の「甘やかし」

 日本政府の対外的な情報発信能力の低さは、政治家が全くその訓練をされていないことが大きい。
 彼らを甘やかしているのが、実は記者クラブ制度が生み出した「特殊な記者会見のあり方」であることは、あまり知られていない。
 あるフリーのベテラン政治記者はこう話す。

 「記者クラブ主催の会見では、広報を通じて事前に質問内容を教えることが通例です。
 この慣例は官僚の『実務が分かっていない政治家が抜き打ちの質問にまともに答えるなんて不可能だし、無用な混乱は避けたい』という政治家蔑視と、政治家の『どうせ数年しか役職にいないし、紙を読むだけのほうがラクでいい』という甘えが一致して成り立っています。
 大臣は官僚が作る『満点』の解答用紙を朗読するスピーカーになるだけでいい。
 当たり前ですが、こんな馬鹿げたことがまかり通るのは日本だけ。
 記者会見とは、国民の代表たる記者が権力と直接対決する場という認識が国際スタンダードですから、その使命を果たそうとしないメディアは、国民の知る権利を侵害しているとみなされます。
 海外メディアの記者は契約制が多く、ぬるい質問をしていたらすぐクビになるため真剣さが違うのも、サラリーマン化した日本の大手メディア記者とは違います」


 実際に、各大臣は毎週火曜日と金曜日の午前中に閣議後記者会見を開くが、大部分は大臣が机の上のペーパーを見て発言し、想定外の質問があれば秘書官が分厚いバインダーを手に走り寄り、該当箇所を指し示すというコントのような光景が日々繰り広げられている。
 自分で答えられなくても、官僚に「振り付け」してもらえるのだから大丈夫──たいていの政治家は自分で考えることをやめ、役所のいいなりになってゆく。

安倍首相の「意味不明な応答」

 国際舞台で、日本の政治家が質問ひとつマトモに答えられないことを露見させた、大物政治家がいる。
 他ならぬ安倍晋三首相だ。
 安倍首相が2015年9月29日、国連総会に出席するためにニューヨークで行った内外記者会見は、関係者を当時騒然とさせた。
(動画:https://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0929naigai.html

 安倍首相は途中まで、日本メディア政治部の質問に、机の上にあるペーパーを見ながら実に饒舌に答えている。
 しかし、ロイター通信の記者の質問(動画の12分33秒)から様子がおかしくなる。
 この記者は「アベノミクス2.0」についての事前通告済みの質問をした後、ゲリラ的に「日本がシリア難民を受け入れるという可能性についてはどう考えるか」と質問したのだ(13分06秒)。
 安倍首相はみるみるうちに顔面蒼白となり、目が泳ぎ始める。
 返答も「人口問題として申し上げれば、我々はいわば移民を受け入れるよりも前にやるべきことがあり、それは女性の活躍であり、あるいは高齢者の活躍であり、そして出生率を上げていくにはまだまだ打つべき手があるということでもあります」と、まったく意味不明なものだった。

 これに懲りたのか、今年2019年6月29日のG20大阪サミットの議長国記者会見や、今月12月9日の臨時国会閉会の会見では、外国メディアの質問時間がわざわざ設けられ、日本のメディア同様に事前通告があった質問にのみ答えている。
 先のベテラン記者はこう話す。

外国メディアから『日本の政治家には質問しても無駄』と諦められた、ということでしょう。
 日本のメディアが官邸や当局にコントロールされているのはすでに周知のことですし、日本の国際的地位も低下しているため、はっきり言って、どうでもよくなっているのです


政治家のレベルは国民のレベル

 政治家の仕事は、国が向き合うべき課題を考え、解決への道筋を示すことだ。
 それに基づいて専門的知識を動員し、政策を形にするのが官僚である。
 しかし、日本の場合は官僚が方針を作り、政治家はそれに従うだけという転倒が起きている。

 戦後日本の主体性の欠如、なんでも「みんなが同意することが正しい」という同調圧力の強さ──「政治家は国民を映す鏡」と言われるが、こうした日本社会の欠点がそのまま、政治家のレベルにも表れているように思えてならない。
 
 小泉氏や安倍首相のような政治家がもてはやされている限り、日本は国際社会からどんどん取り残されることになるだろう。

現代ビジネス、2019.12.16
進次郎環境大臣の「ポエム」が、ついに国益を損ない始めた
背景にある、政治家と官僚のレベル低下

(松岡 久蔵)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/69223

 安倍晋三首相がロシアのプーチン大統領を地元の山口県長門市に招待し、北方領土問題解決の道筋を話し合った長門会談から2019年12月15日で丸3年がたった。
 政権のレガシー(政治的遺産)づくりにはやる首相は一時、早期決着に前のめりな姿勢を見せたが、ロシアはかえって態度を硬化させ、交渉はこう着状態が続く。
 2019年9月に就任した茂木敏充外相が、12月17日からの初訪ロで打開策を探るが、先行きは見通せない。

「(自民党総裁任期は)残り2年だ。戦後日本外交を総決算し、領土問題を解決していく」

 首相は12月13日、東京都内で講演し、北方領土問題を自身のレガシーにしたいとの思いをにじませた。

 安倍、プーチン両氏は2016年12月15、16両日、長門市内と東京都内で会談。
 北方四島での共同経済活動に関する協議を開始することで合意した。
 日本にとっては、経済協力を先行させることでロシア側の軟化を誘う「新しいアプローチ」(首相)のスタートだった。

 さらに2018年11月のシンガポールでの首脳会談では、1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させることを確認した。
 同宣言は平和条約締結後の歯舞群島と色丹島の引き渡しを明記。
 このため、首相は日本が長年追求してきた4島返還を事実上断念し、2島返還にかじを切ったとみられている。

 しかし、交渉は進まなかった。
 首相の前のめりな姿勢がかえって火を付けたのか、ロシア国内から領土返還への反対論が噴出。
 日本政府内では一時、今年2019年6月に大筋合意するシナリオもささやかれたが、プーチン氏は1月の首脳会談で「(解決には)辛抱強さを要する」とブレーキをかけた。

 共同経済活動は今年2019年10〜11月に北方領土で観光ツアーが試行されるなど、一定の進展を見せている。
 だが、領土問題については、ロシアは「日本がまず4島へのロシアの主権を認めることが必要だ」などと原則論を繰り返しており、解決はむしろ遠のいたとの見方が出ている。

 こうした中で首相が期待するのが茂木外相だ。
 日米貿易協定交渉を早期妥結に導くなど交渉手腕に定評がある。
 ただ、12月19日に会談するラブロフ外相は百戦錬磨の対日強硬派。
 最近も「日米同盟が交渉の障害になっている」との立場を強調しており、突破口を見いだせるか不透明だ。


[写真]
会談の冒頭に握手するロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相=2016年12月15日、山口県長門市の大谷山荘

時事ドットコムニュース、2019年12月17日07時08分
安倍首相、レガシーづくりへの道遠く
日ロ長門会談から3年、領土交渉こう着

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121600880&g=pol

posted by fom_club at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレタさんについて上から目線でつまらない論評する大人達

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 やれやれ、またか、である。
 グレタ・トゥーンベリさんについて謎の上から目線で、つまらない論評する大人達。
 今度は、ホリエモンこと堀江貴文氏が加わったようだ。
「私達の未来を奪うな」と温暖化防止を訴え、学校をストライキしたスウェーデンの少女は、今や世界で最も注目されている若者であろう。
 今年2019年9月の国連気候行動サミットでのグレタさんの鬼気迫る演説は、日本でも大きな話題を呼んだ。
 そんな超有名人に便乗した炎上商法なのどうかは知らないが、堀江氏は週刊プレイボーイ誌での元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏との対談で、「飛行機が地球温暖化ガスを増やすとかいう話をするのは、人間が人間であることを否定することになると思う」とグレタさんに苦言を呈している。
 さも自身が賢いかのように振る舞っている堀江氏だが、実際には、グレタさんの方が「760万倍賢い」と言えるだろう。

ホリエモン、グレタさんに苦言

 大量の燃料を燃やして飛ぶ飛行機から排出されるCO2は世界全体で年間8億トン以上(2017年統計)とされ、これは同年のドイツ一国の排出量とほぼ同等。
 つまり、航空業界のCO2排出は、世界第6位の温室効果ガス排出国に匹敵、しかも、今後はさらに増加するとみられている。
 そのため、グレタさんは、欧州での移動には鉄道を利用、米国と欧州の移動にすらヨットで海を渡るなど、徹底して飛行機に乗らないで移動している。
 これについて堀江氏は、「人間が人間であることを否定することになると思う」と週刊プレイボーイでの対談で論評。
「堂々と飛行機に乗って、技術革新で地球温暖化ガス(原文ママ)*を減らす方向に動いたほうがいい」と語ったのだった。

(*)おそらく、温室効果ガスのことを言いたいのだと思われる。

グレタさんきっかけで広まる「飛び恥」運動

 だが、グレタさんは飛行機に乗らないことで、社会変革や技術革新を促している。
 グレタさんの行動をきっかけに欧州で広まっているのが、「Flygskam」(フリュグスカム:スウェーデン語で「飛び恥」の意味)という運動。
 これは、安易に飛行機に乗ることを「恥」とみなし、できるだけ鉄道など、より環境負荷の少ない移動方法を選択しよう、というものだ。
 米誌「タイム」によれば、「飛び恥」運動の影響で、スウェーデンの国内線の利用は空路によっては、今年第一四半期で前年比約1割減少、その一方で、長距離夜行列車のチケット売り上げは、今年前半で20%伸びた。
 また、スウェーデンでの世論調査では回答者の37%が「飛行機から鉄道へ乗り換えたい」と飛び恥を意識しているという。

「飛び恥」で航空業界も変革

 さらに、航空会社自体も変わりつつある。
 KLMオランダ航空は、今年10月、500キロ以下の短距離路線を廃止、鉄道などに置き換えることを検討すると発表。
 さらに、使用済み食用油を原料とするバイオ燃料を利用拡大するとしている。
 植物はその成長過程でCO2を吸収するため、植物由来のバイオ燃料は燃焼させてもCO2排出は実質ゼロとみなされる。

 KLM以外でも、英国ヴァージン航空、オーストラリアのカンタス航空は既にバイオ燃料によるフライトを実現。
 日本でもANA、JAL共に、バイオ燃料による商業フライトを目指している。
 こうした航空業界の動きは、国際民間航空機関(ICAO)が主導する温室効果ガス削減の流れの中にあるものだが、16歳の少女が、大人達の助けを得ているとは言え、大西洋をヨットで渡ってまで飛行機に乗ることを拒絶していること、そしてそれを世界各国のメディアが報じていることのインパクトは大きい。
 つまり、グレタさんの飛び恥運動によって、航空業界は生き残りをかけ、より環境に負荷の少ないジェット燃料の技術革新を推し進めることになるというわけだ。

グレタさんに共感、世界760万人が行動

 グレタさんはたった一人の、自分自身の直接の行動によって、世界の人々の共感を呼び、今年2019年9月、国連総会にあわせた「グローバル気候ストライキ」では、世界各国で約760万人が温暖化防止を求め、デモや集会等に参加したという。

 一方、堀江氏に限らず、グレタさんを批判する大人達は、さも自分は世の中の真理を理解しているかのように、やたら高飛車に物事を語るが、それらの言動は何の変革も起こしてない。
 本記事タイトルを"ホリエモンよりグレタさんは「760万倍賢い」”としたのは、つまりそういうことだ。
 ただ、堀江氏の発言をきっかけに、今回、筆者も本記事を配信し、飛び恥運動や航空業界の動向について読者の皆さんと共有できたのだから、同氏の発言も全く無駄というわけでもないのかもしれない。
 グレタさんは一切の妥協なしの極端とも言える言動で、各国で温暖化防止について議論を呼び起こしている。
 そのこと自体が私達メディア関係者がなかなか出来なかったことだ。
 全く、大した、とんでもない16歳なのである。


[動画-1]
Greta Thunberg sets sail on zero-carbon Atlantic voyage

[動画-2]
KLM Royal Dutch Airlines: Fly Responsibly‐フライ レスポンシブリー(責任ある航行)

[動画-3]
Teen Activist Greta Thunberg Leads Global Climate Protest(NBC Nightly News)

志葉玲タイムス、2019-12-12
ホリエモンよりグレタさんは「760万倍賢い」
― 温暖化防止「飛び恥」の衝撃

https://www.reishiva.net/entry/2019/12/12/123333

 スウェーデンの16歳の少女、グレタ・トゥンベリさんに世界中から注目が集まっている。
 アメリカのトランプ大統領やブラジルのボルソナロ大統領からの“揶揄”にも臆することなく、地球温暖化対策を訴え続け、スペインでのCOP25では「人々は変われます。人々は行動を変える準備ができていて、それこそが希望です」と堂々たるスピーチを行った。

 そんななか、日本では自称「アルピニスト」野口健氏のツイートに批判が殺到している。
 野口氏といえば安倍政権擁護や右派的発言が多いことで知られるが、野口氏は12日、グレタさんが電車に載って食事する画像を転載したネトウヨ系まとめサイトの記事をリツイートしながら、こんな投稿をしたのである。

〈あれ? 電車に乗っていらっしゃるのかな? 飛行機が✖ という方はもちろん車も✖ だろうし、てっきりヨット以外は馬車でご移動されていらっしゃるのかと想像をしていましたが…〉

 周知の通り、グレタさんは温室効果ガスの排出が多い飛行機の利用を避け、ヨットや電車、電気自動車などで移動している。
 このグレタさんの温暖化への取り組みのひとつを揶揄した野口氏のツイートには、当然、批判が殺到。
 その後、「女性自身」のウェブ版がこの件を取り上げると、投稿を削除するとともに、こんな言い逃れを始めた。

〈この記事に寄せられた多くのコメントを読みました。一部、批判的な意見もあり僕の表現も大人げなかったのかもしれませんね。ただ公共交通機関である飛行機に乗ることが環境破壊に繋がるという姿勢からして動力による移動手段を好まないのかと。そういう印象があったのも事実〉

〈グレタさんには「さん」付け。僕には「野口」と大半で呼び捨て。中々、見ない展開。それは別にいいとしても僕は一言も「電車はダメ」とは書いていませんよね。飛行機に乗らないぐらいだから馬車に乗る印象があったと。女性自身さん、せめて僕にも取材して欲しかったな〉

〈ツイッターという文字制限のあるところで呟いた僕のミスでもありますね。新聞にて連載記事を書いていますので、次回のコラムにてちゃんと書きます。素朴な疑問を呟いただけですが、これだけ関心が集まるとは。さすがグレタさんです。この注目度があれば彼女は直接的なアクションをいくつも起こせる!〉

「さすがグレタさんです」などと取り繕って批判をかわそうという匂いがプンプンするが、反発は全くおさまらず、ネット上では野口氏への批判は鳴り止んでいない。
 しかも、そのなかには、野口氏に人権意識が欠如している証拠として、こんなショッキングな過去を暴露するツイートも出始めた。

「ネパールの15歳の少女と児童婚した」

「子猫を射殺した」

 にわかには信じがたい話で、野口氏自身も野口支持者のネトウヨユーザーから〈これは名誉毀損で訴えてもいいと思うのですが〉とリプを送られると、〈その線で今、調べています!〉と返信するなど、法的措置までちらつかせ始めた。
 だが、検証してみたところ、いま、ネットで言われている野口氏の「児童婚」「猫殺し」は、過去に自ら明かしている事柄だった。

 まず「ネパールの15歳の少女と児童婚した」なる話。
 1999年に出版された著書『落ちこぼれてエベレスト』(文藝春秋)などにそのくだりが出てくる。
 しかも、それを読むと、とても“国籍を超えた純愛”などとは言えるようなものではない。
 むしろ、ネットで指摘されている「人権侵害の児童婚」そのものだった。

15歳シェルパの娘と「父親のOK」で結婚した野口健氏の行動は、ユニセフが根絶に取り組む「児童婚」そのもの

 検証のため、あえて紙幅を割いて詳細を紹介しておこう。
 同書によれば、1995年2月、20代の大学生だった野口氏はメラ・ピーク挑戦のためネパールへ飛び、15人のシェルパを雇った。
 そして、そのサーダー(リーダー格)であるテンバーという男性の家で娘と出会った。

〈彼女は英語ができなかった。テンバーに聞くと名前はペンハー・ラム。年は15か16だと言う。父親のテンバーも娘の正確な年齢がわからない。「メイビー、フィフティーン、オア、シックスティーン。アイドンノー」といった調子なのだ〉
(『落ちこぼれて〜』)

 ラムは父親に言われ、野口氏の身の回りの世話をした。
〈それから毎晩のように、テンバーの家に通った〉という野口氏は、こう書いている。

〈僕は、ただただラムに会いたかった。一目惚れだった。何を話すわけではない。大体、ラムは英語を話せないので、会話というものが成立しない。僕は、ラムとは従兄弟にあたるデンディに通訳を頼んだが、ラムは外国人と話すのが恥ずかしいようだった。ただ目と目が合うだけで、僕はどきどきした〉

〈彼女にずっとそばにいてほしい。ラムと一緒になりたい。山頂アタックをかける前に、この気持ちをすっきりさせたいと思った。
 ルクラを発って8日目の夜、僕はテンバーに言っていた。
「実は、ラムと結婚したいのです」
 ──どんな答えが返ってくるのだろうか。断られたらどうしようか。僕はとても緊張していたのだが、テンバーの返事はあっけなかった。
「OK、OK」
 それだけだった。僕の結婚はこうして決まった〉

 野口氏は何やら“純愛美談”のように振り返っているが、ちょっと待ってほしい。
 英語も話せない15歳か16歳のシェルパの娘と結婚したと言っても、コレ、どうみても本人の意思と関係なく父親が決めた結婚だろう。ユニセフは「児童婚」を〈18歳未満での結婚、またはそれに相当する状態にあること〉と定義しており、子どもの権利侵害として世界的な問題になっている。
 根絶に向け国際社会ではさまざまな取り組みがなされている。

〈児童婚は、子どもの権利の侵害であり、子どもの成長発達に悪い影響を与えます。女の子は妊娠・出産による妊産婦死亡リスクが高まるほか、暴力、虐待、搾取の被害も受けやすいのです。また、学校を中途退学するリスクも高まります〉
(ユニセフHP)

 国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチの2016年の報告書によれば、ネパールでも、法律では結婚できるのは20歳からにもかかわらず、少女の37%、少年の約11%が18歳未満で結婚しているといい、ネパール政府は2030年までの児童婚根絶を掲げている。

 言っておくが、20年以上前の出来事で現代と人権意識が違うというような話ではまったくない。
 野口氏が結婚した1990年代にはすでに「幼年結婚」は廃絶すべき悪しき慣習として世界各国で問題視されていた。
 野口氏のやったことはこの時点で「子どもの人権侵害」といわれても仕方がないだろう。

児童婚しておきながら2年で離婚、インタビューで「こっちは冗談のつもり」

 だが、さらに目を疑うのはここからだ。
『落ちこぼれてエベレスト』によると、メラ・ピーク登頂を終えルクラに戻った野口氏はラムとの結婚式を挙げ、〈初めての夜〉を明かした。
 そして、野口氏はラムを連れてカトマンズへ行った。
〈僕は彼女を日本に連れて帰るつもりだった〉が、〈僕と彼女だけでは会話が成立しない〉ので、従兄弟のデンディにも一緒に来てもらった。

 首都・カトマンズの環境に慣れないラム。
 野口氏が日本の実家に電話を入れると、母親と大喧嘩になったという。
 日本大使館で「ネパールでは15歳以下とは結婚できない」と告げられた野口氏は、ラムをカトマンズの親戚の家へ預けて帰国。
〈彼女には学費も含め、毎月4万円の送金をすることにした〉という。
 そして、送金を続けながら野口氏は〈僕はラムと結婚したことを、後悔しはじめていた〉のだという。

 2年後、エベレスト敗退の後、野口氏はカトマンズのラムの親戚の家に連絡を入れ、親族会議の場で切り出した。

〈「実は、ラムと別れたいのです」
 親戚の人たちは、僕と結婚してからペンパー・ラムの人格が変わっていしまったことを知っていた。彼女は都会での生活に慣れ、もうルクラのシェルパ社会では生活できなくなってしまっていた。ラムの兄は言った。
「ラムはもうルクラの村には戻ってこれない。日本にも連れて行ってもらえない。ケンと別れて、彼女はこの先どこで暮らしたら良いのか」
 その通りだった。僕は彼女の人生を根本から変えてしまっていた。責任は大きかった。
「何とか考え直してもらえないだろうか」
 彼らの意見は一致していた。彼らの横で、ラムは一人泣いている。これは全部自分が招いた結果なのだ。〉

〈親族会議は3日間続いた。親族は僕とラムが別れることに反対だった。だが、僕の意思は固かった。
 最後は慰謝料をめぐっての金銭的な交渉となり、僕とラムの離れ離れの結婚生活は2年余りで終止符を打つことになった。〉

 一応、『落ちこぼれて〜』には野口氏なりの“自責の念”が書かれているように思うかもしれないが、2017年のある対談記事を読むと、そんな印象もガラリと変わる。
 編集者・島地勝彦のインタビューに答える野口のセリフは、あまりにも軽薄だ。

「エベレストに登る前、体を高地に慣れさせるために、シェルパの家に寝泊まりしていたことがあって。向こうの家では、朝早くに女性が水を汲みに行き、火をおこしてお茶を淹れるところから一日が始まります。部屋は一つでみんな雑魚寝ですから、その様子を寝ぼけながらボーッと見ていたんですね。
 その家では、朝の水汲みは、当時15歳くらいの女の子の仕事で、甲斐甲斐しく働く様子にグッときて、山の上で、お父さんに『あなたの娘にホレちゃったかも』といったら、『そうか、じゃ、下りたら持っていけ』と。高地で意識がふわふわしている状態で、こっちは冗談のつもりでしたが、それが大問題で」

「ぼくも数ヵ月ごとにネパールに行ってました。でも、山奥の生活に比べるとカトマンズは大都会で、それなりの不労所得も入るものだから、会うたびにどんどんケバい女になっていくんですね。しかも、他に男ができたような雰囲気もあり、しばらくしてその関係は終わることになります。そんなわけで、今の結婚が1回目なのか、2回目なのか、説明するのがややこしいんです」
(「現代ビジネス」2017年8月13日)

 ネパールの貧困の寒村から、親に言い寄って、英語も喋れない15の娘を都会に連れ出し、自分は帰国。
 元の貧困生活に戻れなくさせておきながら、カネの力で別れた野口氏。
「こっちは冗談のつもり」とか「会うたびにどんどんケバい女になっていく」とか、よくもそんなセリフが口をつくものだ。

 野口氏がやったことは明らかに経済格差を利用した性的搾取であり、「子どもの人権侵害」だ。
 しかも、さらなる問題は野口氏は自身の加害性についてまったく無自覚なことだ。
「子どもの人権侵害」問題や「児童婚」という性的搾取を、自身が、後年、「自慢話」か「ネタ」のように堂々と開陳しているというのは、一体どういう神経をしているのか。

空気銃で猫の頭を吹き飛ばし、批判してきた友人の足まで撃っていた

 もうひとつの問題点である「猫殺し」についても事実なのは同様だった。
 野口氏は1973年、父方の祖父は元軍人、父は外交官、母はギリシャからの移民でエジプト国籍という家庭に生まれた。
「家庭環境は複雑だった」「少年時代は素行が悪かった」というようなエピソードは、野口氏自身が著書で繰り返し書いていることだ。

 そのなかに、「猫を殺した」というものはたしかに存在した。
 カイロの日本人学校の小学5年生時の話だ。
 野口氏は仲良くなった友人3人で〈いろいろなイタズラをしていたが、僕がだんだん暴力的になってきたのは空気銃を手に入れてからだ〉と記している。

〈空き缶を標的に練習をし、うまく打てるようになると身の回りのものを撃った。内装中の家の電球、走行中の車の窓。空気銃では窓ガラスにヒビが入るだけだったが、車が急ブレーキを踏むと大喜びした。それから標的は生き物へと移った。エジプト人は鳩を食べるので、最初は鳩を撃ってそれを肉屋に売り、そのお金でまた弾を買うということをやっていた。そのうちに空気銃で猫を脅し始めた。
 そして、僕は誤って猫の頭を吹き飛ばしてしまったのだ〉
(『100万回のコンチクショー』集英社、2002年出版)

 このエピソードは別の自著やノンフィクション作家が書いた野口氏の評伝にも記されている。
 つまり、「猫殺し」は本人が認める事実である。
 しかも、野口氏が空気銃で撃ったのは鳩や猫だけではなかった。
 実名と思われる友人の名前を匿名に変えて、同書から引用を続ける。

〈何ということをしてしまったのか……。呆然としていると、一緒にいたAという友達が「何で撃ったんだよー、何で殺したんだよ!」と、僕を責め始めた。
 僕は動揺し、混乱していた。僕だって撃つつもりはなかったのに、指が勝手に動いたんだ。そこにAがギャーギャー言いつのる。
「うるせー、黙らないと撃つからな」
 僕は思わずそう言った。Aは「撃ってみろよ」とわめく。
 僕は覚えていないが、そばにいたBによると、僕らは「撃つぞ」「撃ってみろ」と何度もわめきあっていたそうだ。僕は空気銃を下に向けていたが、だらりと下ろした銃口がAの足に触れていた。わめきあっているうちに、指に力が入った。
 銃声がして、一瞬してからAが泣き叫んだ。「熱い!」「熱い!」
 僕は友人の足を撃ってしまった。あわててタクシーをつかまえ病院に向かったが、この事件は学校だけではなく、カイロの日本人社会で大問題になってしまった。しょげかえっていたので、オヤジにはそれほど叱られなかったものの、僕は日本人社会で孤立した〉
(同)

 もう十分だろう。
 野口氏の「猫殺し」は明らかな事実だった。
 しかも、友人のことまで撃っていたとは……。

 もちろん、若い頃には誰でも「過ち」を犯すこともあるし、自己中心的な衝動に取り憑かれることもある。
 しかし、野口氏の問題はネットで指摘されているこうした「過去の過ち」だけではない。
「児童婚」の問題についてもそうだが、いまもそのことを本気で反省しているようには見えないことだ。
 そして、こうした姿勢はその後の野口氏の政治行動、さらに今回のグレタさん攻撃でも見え隠れする。

 また、グレタさんを揶揄する裏で、野口氏自身にエネルギー産業との利害関係があることもわかった。
 そのへんについては、稿を改めてお伝えしよう。
(※)

※ 2019.12.16 02:30付け「グレタさん攻撃の登山家・野口健のスポンサーは飛行機燃料も販売するコスモ石油! 電力業界の広告で再生エネルギー批判も」
https://lite-ra.com/2019/12/post-5146.html

リテラ、2019.12.15 06:56
グレタさん攻撃で炎上した登山家・野口健の過去は事実だった!
「15歳のシェルパの娘と“児童婚”して離婚」
「猫を空気銃で射殺」

https://lite-ra.com/2019/12/post-5145.html

posted by fom_club at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴルビーの愛称で親しまれたミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領(88)

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 核兵器が増え続けた米ソ冷戦期に初めて核削減へ道筋を付け、冷戦終結にも導いたミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領(88)が今月2019年12月、モスクワで朝日新聞記者と単独会見した。
 核兵器に「歯止め」をかける米ロの合意が相次ぎ消える中、新たな軍備競争への懸念を示し、核なき世界へ向けた動きを復活させなければならないと警告した。
「核戦争は許されない。そこに勝者はない」と繰り返した。

 来年は広島・長崎の被爆75年、核不拡散条約(NPT)の発効50年を迎え、世界の核状況にとって節目の年となる。
 同氏がブッシュ(父)米大統領と冷戦終結を宣言したマルタ会談から30年となる今月12月3日、インタビューに応じた。

 1987年に署名した中距離核戦力(INF)全廃条約がこの夏、米国の脱退で失効したことについて、「時流を逆行させる恐れがある」と指摘。
 2002年に米国が弾道弾迎撃ミサイル(ABM)制限条約から脱退した動きや、オバマ大統領時代に米ロが締結した新戦略兵器削減条約(新START)の再延長に米国が否定的なことに触れ、戦略的安定のための三つの柱が失われる事態は大きな危機だと警鐘を鳴らした。

 トランプ政権は小型核弾頭など「使える核」の開発を表明し、ロシアの違反を理由にINF条約を脱退後、中距離ミサイルの発射実験を実施。
 ロシアも対抗姿勢を見せている。
 こうした状況に、「米ロがまず、対話を再開すべきだ」と主張。
「世界の核戦力の90%を持つ核大国は、核廃絶に動くということを世界の世論に請け負わなくてはならない」とした。

 核抑止力も明確に否定。
 かつて核抑止論者のサッチャー英首相と激論を交わしたことにも触れ、「核抑止力は総じて世界を守らない。むしろ世界を脅威にさらし続ける」と強調した。

 核軍縮の第一歩となったINF条約締結を促したのは、1986年に旧ソ連で起きたチェルノブイリ原発事故だったとも振り返った。
「核兵器を何とかしなければ、ということを示す教訓となった」と述べ、原発事故の被害が、戦時に核が使われる姿を想像させたとした。

 被爆地の広島と長崎がある日本については、「核兵器とは何かを体験した初めての国だ。日本の役割、日本の言葉は重い。私は日本とともにある」と語り、米ロの対話再開への後押しに期待感を示した。

 同氏は1985年にソ連共産党書記長に就任し、ペレストロイカ(改革)やグラスノスチ(情報公開)、新思考外交などの改革を提唱。
 1990年に初代大統領に就任し、同年のノーベル平和賞を受賞。
 1991年末のソ連崩壊で大統領を辞任した。
 現在、ゴルバチョフ財団の総裁を務める。

(編集委員・副島英樹、モスクワ支局長・喜田尚)

ゴルバチョフ氏の発言骨子

・ 演習の時でさえ、私は一度も核のボタンを押さなかった

・ 核戦争は許しがたい。そこに勝者はない

・ 核抑止力は世界を守らない。核のエラーや核テロから人びとを守らない。むしろ世界を脅威にさらし続ける

・ 米ロは早急に対話を再開すべきだ。世界の90%の核を持つ核大国こそ、核廃絶に動くことを世界の世論に請け負わなくてはならない

・ 核兵器から解放されなければならない。それは今でも私の祈りだ

・ 核の新たな軍拡競争は許せない。妄想をやめ、現実的な政策をすべきだ。世界の終末はいらない。平和こそ必要だ

一国主義を超えて

 冷戦時代、米ソが持つ核弾頭はピーク時の1986年に約7万発に達したが、1987年以降は減少に転じ、現在は米ロで約1万3千発とされる。
 この核軍縮の流れをつくった第一歩が、ゴルバチョフ氏とレーガン米大統領が1987年に署名したINF全廃条約だった。

 この原点が消えた。
 歯止めがなくなり、再び軍拡へ逆戻りする恐れがある。
 米ロ外相は今月2019年12月、2021年に期限を迎える新STARTについて協議したが、延長を求めるロシアに対し、米国は中国の参加が必要だとして消極姿勢を示した。

 核を持つインドとパキスタンの対立、北朝鮮の核開発など、核の火種は絶えない。
 しかし、世界の核の9割を持つ米ロがまず動かないと事態は変わらない。
 国際社会の世論は、2017年に国連で採択された核兵器禁止条約に示されている。
 一国主義を超え、核廃絶という人類共通の目標に向けて、核大国は世界の世論に応えるべきだ。

(編集委員・副島英樹)

[写真-1,2]
インタビューに答えるゴルバチョフ氏=モスクワ

朝日新聞、2019年12月17日14時30分
ゴルバチョフ氏88歳、いま語る
「米ロは対話再開を」

(編集委員・副島英樹、モスクワ支局長・喜田尚)
https://digital.asahi.com/articles/ASMDJ5DGBMDJPLZU005.html

 きょう12月17日の朝日新聞が、「ゴルビーの言葉いまこそ」という見出しの長大なインタビュー記事を掲載していた。

「若い世代にとっては、もはや歴史上の人物かもしれない。『ゴルビー』の愛称で親しまれたミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領(88)・・・」

 こういう書き出しで始まるそのインタビュー記事は、レーガン元米大統領と歴史的な中距離核戦力全廃条約を締結したゴルバチョフ氏の核廃絶に向けた渾身のメッセージだ。

 私がその長大なインタビュー記事の中で特に注目したのはゴルバチョフ氏が核廃絶に踏み切ったきっかけを語っている次の言葉だ。

「・・・私の人生は二つに分けられます。チェルノブイリ事故までと、その後と、です。自力で被害を食い止めるのに必死でした。核兵器による被害の経験はありませんでしたが、この事故は、核兵器を何とかしなければと考えさせる教訓になりました・・・」

 ゴルバチョフのソ連が米国との軍拡競争に負けたのは、軍拡競争による経済的負担に耐えられなくなったこととチェルノブイリ原発事故だったと当時指摘されたものだ。
 その一つが、ゴルバチョフ氏みずからの言葉で証明されたということだ。

 このインタビュー記事は、ゴルバッチョフが成し遂げた中距離核戦力全廃条約を一方的に廃棄したトランプ大統領に向けられた怒りのインタビュー記事である。
「厳しい表現を使ってすまないが」と断った上で、トランプ大統領のことを、「くそ!」とののしったというエピソードが書かれている。
 しかし、このゴルバチョフ氏のインタビュー記事は、同時にまた日本に対する強烈な批判でもある。
 
「核兵器による被害の経験がない」ゴルバチョフ氏は、同時にまた「二度目の広島を誰も望んでいない」と繰り返す。
 そうなのだ。
 被ばくと原発事故の二つを体験したのは世界で日本だけだ。
 しかも今でも日本は原発事故の後遺症から抜け出せないままだ。

 それにもかかわらず、日本は核廃絶の先頭に立とうとしない。
 それどころか、米国の核の傘を優先し、核廃絶を望む世界の大多数の国々の期待を裏切って来た。

 ゴルバチョフ氏のインタビュー記事は、もちろん日本批判ではない。
 しかし、その長大なインタビュー記事が日本に迫っていることは、まさにそのことだ。

 それにしても、マハティール氏のインタビュー記事といい、このゴルバチョフ氏のインタビュー記事といい、共通するものは日本への期待と失望だ。

 そしてそこに共通していることは対米従属のゆえにもたらされる日本の裏切りだ。

 なぜ日本にはマハティールやゴルバチョフのような指導者が出てこないのか。

 ただの一人も出てこない。

 出てくる見通しもない。

 日本の政治の大問題である。


天木直人のブログ、2019-12-17
ゴルビーの言葉は核廃絶の先頭に立てない日本への強烈な批判だ
http://kenpo9.com/archives/6409

posted by fom_club at 07:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

森友文書、不開示は「違法」

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 学校法人森友学園に対する国有地の低額譲渡に関する問題で、私が所属する「国有地低額譲渡の真相解明を求める会」(※)は、司法の場で活動を継続しています。
 この間の大きな動きを紹介します。

 一つ目は、情報公開請求の裁判です。

 小学校の設置趣意書の情報公開請求を財務省近畿財務局が当初不開示と決定したのは違法であるとして非開示決定の取り消しと国家賠償請求に基づく損害賠償を求めた裁判で、2019年3月14日、大阪地裁は違法と認め、原告の請求を認める判決を出しました。
 森友学園問題に関する全国で初めての違法を認める判決であったため、全国的にも大きく報道されました。

 上脇博之神戸学院大学教授が、2017年5月に近畿財務局に小学校設置趣意書の開示を請求したところ、近畿財務局は同年7月に不開示決定(ほとんど黒塗りで開示)としたので、同年10月に不開示決定の取り消しを求めて提訴しました。
 すると国は一転して翌月に設置趣意書を開示したので、情報公開請求権を不当に侵害されたとして、国に慰謝料を求める訴訟を追加提起したというのが、本件訴訟の経緯です。

 国は、「森友学園の競争上の地位や事業運営上法的保護に値する利益などを害するおそれがあった」とし、不開示決定は妥当と反論していた。
 しかし、大阪地裁は、情報公開の担当者に対する証人尋問結果も踏まえ、「私立の小学校が複数設置されていたとか、新たに私立小学校を設置しようとした学校法人があったとかいった事情は認められず、(競争関係とは)公立の小学校を想定しているものと解されるところ、独特の教育理念等を有する私立の本件小学校と公立の小学校とが競争関係にあるなどとすること自体疑問」と指摘し、「何ら合理的な根拠がないにもかかわらず、本件不開示部分記載の情報が不開示情報に該当するとの誤った判断をしたものといわざるを得ず、職務上通常尽くすべき注意義務を尽くすことなく漫然と不開示決定をしたと認めるほかない」とし違法性を認めました。

 国は控訴を断念し、この判決は確定するに至っています。


大阪法律事務所、2019.12.09
森友学園問題をめぐる司法での動き 真相解明を求める会の活動 その1
(弁護士 岩佐 賢次)
http://osaka-law.com/2019/12/09/森友学園問題をめぐる司法での動き%e3%80%80真相解明を/

 二つ目は、検察審査会での議決です。

 学校法人森友学園への国有地の売却やこれをめぐる財務省の決裁文書の改ざんについて、2019年3月15日、大阪第一検察審査会は、背任罪、有印公文書変造罪、公用文書毀棄罪のいずれの罪でも、重要な役割を担った者につき、捜査が尽くされていないとして不起訴不当と議決しました(公表は3月29日)。

 私たち真相解明を求める会の弁護士は、背任罪や有印公文書変造罪や公用文書毀棄罪で刑事告発をしていましたが、2018年5月31日に大阪地検が不起訴処分としましたので、検察審査会に審査申立てをしていました。

 検察審査会は、背任罪では、国有地の価格算定の基礎となった廃棄物の撤去処理費用の評価について、見積内容ほどの工事が必要か否かの検証がなされておらず、客観性のある試算を行うことや政治家らによる働きかけの影響の有無について十分な捜査が尽くされていないことなどを議決の理由としました。

 また、公文書変造罪では、本件決裁文書の作成権限の有無について、検察官は被疑者らにその権限が全くないとは言い切れないというあいまいな判断しかしていないこと、一旦最終決裁権者の決裁を完了した文書を修正する場合には、その必要性と修正箇所を明らかにした上、再度決裁を了するのが社会的常識であると考えられるところ、今回はその常識を逸脱した行為がなされており、相当な大幅な削除がなされたことにより、第三者の視点から見ても、原本が証明していた内容が変わってしまったとの評価ができることから変造であると言わざるを得ないとしました。

 さらに、公用文書毀棄罪においても、文書の事案終了は、本件土地の売買契約の終了時点であるとはいえず、公用文書に該当すると判断しました。

 審査委員は、膨大な不起訴記録を丹念に読み込み、十分な議論を経た上で、極めて常識に適った判断を示したものといえる。
 大阪地検はこの議決を真摯に受け止め、十分な再捜査を尽くし、起訴した上で、公開の裁判で真相解明を図るべきです。

 それにも関わらず、大阪地検は、2019年8月9日、再度全員を不起訴処分としたため、私たちの会は、同日、記者会見で抗議の声明を発しました。

 昨今問題が表面化した「桜を見る会」では、安倍首相や首相夫人、それらを取り巻く官邸、自民党議員による権力の私物化は現在進行形であり、公文書の恣意的な廃棄も依然として行われています。
 検察庁がこの問題を不問に付するということは、もはや法治主義を放棄するに等しいといえます。

 私たちの会は、現在大阪地裁に係属している交渉・応接記録の情報公開訴訟など、引き続き真相解明に向けて尽力していく所存です。


大阪法律事務所、2019.12.10
森友学園問題をめぐる司法での動き 真相解明を求める会の活動 その2
(弁護士 岩佐 賢次)
http://osaka-law.com/2019/12/10/森友学園問題をめぐる司法での動き%e3%80%80真相解明を-2/

(※) 国有地低額譲渡の真相解明を求める弁護士・研究者の会
https://kokuyuuti-sinsoukaimei.com/

 学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却額や、地中ごみの存在などが記された特約条項を一時不開示とされ精神的苦痛を受けたとして、木村真・大阪府豊中市議が国に11万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が2019年12月17日、大阪高裁であった。
 中本敏嗣裁判長は、売却額や特約条項の不開示を違法と判断。
 国に3万3千円の賠償を命じた一審・大阪地裁判決を変更し、全額の支払いを命じた。

 一審判決は売却額の不開示のみを違法とし、特約条項の不開示は適法と判断していた。
 高裁判決はさらに踏み込み、情報開示に消極的だった国の姿勢を厳しく批判した形だ。

 高裁判決によると、木村市議は2016年9月に売買契約書の開示を求めて情報公開請求した。
 しかし財務省近畿財務局は「学園の権利、競争上の地位や正当な利益を害するおそれがある」として売却額や特約条項などを不開示とした。

 高裁判決はまず売却額の不開示について、2013〜2016年度に売却された国有地の取引104件で今回だけ売却額が非公表だった点をふまえて、「漫然と不開示とした」とした一審判決と同様に違法と判断した。

 さらに特約条項の不開示について検討。
 今回の売却額は近隣地価より格段に安く、「適正な対価なく国有財産を譲渡したのではないかとの疑いが生じうるのだから、価格の客観性を確保するために売買代金額と同等に重要な情報。公表すべき要請は高い」と述べた。

 国側は「土壌汚染は保護者に強い心理的嫌悪感を生じさせ、学校の利益が害される」と主張したが、高裁判決は、地下深くのごみが児童の心身に悪影響を及ぼすとは考えにくいと指摘。
 保護者は地中ごみよりも学校の教育理念や教育方針などを重視するとし、「根拠が薄弱だ」として国側の主張を退けた。

 木村市議は2017年2月に売却額などの開示を求めて提訴したが、同8月に売却額や特約条項が開示され、損害賠償請求訴訟に切り替えていた。
 財務省は「判決の内容を精査するとともに、関係省庁と協議し、今後の対応について検討して参りたい」とコメントした。


[写真-1]
控訴審判決後の会見で笑顔を浮かべる木村真・大阪府豊中市議(左)=2019年12月17日午後、大阪市北区

[写真-2]
控訴審判決後に受け止めを話す木村真・大阪府豊中市議(左)=2019年12月17日午後、大阪市北区

[写真-3、-4]
森友学園が建設を進めていた小学校=2019年12月9日午後2時37分、大阪府豊中市、朝日新聞社ヘリから

朝日新聞、2019年12月17日15時03分
森友文書、不開示は「違法」
大阪高裁が一審を変更

(米田優人)
https://digital.asahi.com/articles/ASMDD4FC3MDDPTIL00F.html

・・・結局、明恵氏が名誉校長を務める森友学園に、タダ同然で国有地を払い下げするためゴミを捏造したということ。
 夫婦そろって国家の私物化。
 もういい加減こんな政権終わりにしようよ・・・

posted by fom_club at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍夫妻「お友だち優遇」

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 安倍首相とジャパンライフ会長の関係は父の代からの付き合いだった──。
(詳しくは既報参照https://lite-ra.com/2019/12/post-5125.html
 本サイトでは先日、1984年に安倍晋太郎外相のニューヨーク訪問にジャパンライフの山口隆祥会長が同行した際、当時、晋太郎氏の秘書を務めていた晋三氏も随行していたのではないかと伝えたが、本日、外務省が当時の資料を提出。
 その記録から、安倍首相をはじめ、晋太郎氏の妻で安倍首相の母である洋子氏らが随行していたことが判明したのだ。

 安倍首相は2日の参院本会議で、山口会長との関係について「過去、私が招待された多人数の会合等の場で同席していた可能性までは否定しないが、山口氏と一対一のようなかたちでお会いしたことはなく、個人的な関係は一切ない」と断言していた。
 だが、実際には、晋太郎外相が山口会長に会ったというニューヨーク訪問に秘書として同行していたのだ。
 これにより、約35年前から“家族ぐるみ”の付き合いがあったのではないかという疑惑はさらに濃厚になったと言えよう。

 しかも「桜を見る会」の招待者をめぐっては、安倍首相と同時に「昭恵枠」も世間を騒がせている。

 いま注目が集まっているのは、安倍首相が山口会長を招待した2015年の「桜を見る会」では、昭恵氏が熱を入れるビジュアル系バンドのボーカルが招待されていた件だ。

 その人物はビジュアル系バンド「Versailles」のボーカル・KAMIJO。KAMIJOは2015年4月18日、桜の木の前で安倍首相を中心にして撮られた集合写真をTwitterにアップし、こう投稿していた。

〈安倍総理にお招きいただきまして桜を見る会にお邪魔してきました!まだまだ沢山咲いているんですね。このような貴重な場に参加させていただきとても光栄です。ありがとうございました!〉

 この集合写真では、KAMIJOのほかにもダイアモンドユカイや8.6秒バズーカーといった芸能人も一緒に写り込んでおり、いわゆる「芸能人枠」の招待者のようにも思える。
 だが、じつはこのKAMIJOは、昭恵氏との深い関係をSNSに投稿していた。

 それは、「桜を見る会」に招待される前年の2014年9月4日にKAMIJOがTwitterに投稿した一枚の写真。
『ベルサイユのばら』のオスカルのような派手な軍服衣装に身を包んだKAMIJOが、まるで宮殿のなかのような赤絨毯敷きの階段に足を組んで腰掛けているというもの。
 いかにも歴史を感じさせるこの階段、どこかで見覚えが……と思ったら、なんと公邸の西階段だった。

 所属レコード会社の投稿によると、KAMIJOは『首相公邸CH.安倍昭恵の幸せのカタチ』なるネット動画の収録のために首相公邸に招かれ、そのときにこの写真を撮影したらしい。
 そして、KAMIJO の2016年1月のブログでは、その内幕が明かされていた。

〈昭恵さん曰く、やはり首相公邸のあの階段で座って写真を撮ったのは僕以外誰もいないそうで、あらためてお褒めいただいてしまいました。〉

 この公邸の西階段といえば、安倍首相が幻冬舎の見城徹社長や秋元康らと「組閣ごっこ」の写真を撮っていたのと同じ場所。
 安倍首相がお友だちとごっこ遊びに耽る一方、昭恵氏はお気に入りのV系アーティストを公邸に招待してコスプレ撮影会を開催していたわけだ。

 言っておくが、この西階段は戦前からずっと内閣発足の際に使われてきた日本の憲政史を象徴する場所(2002年9月の以降の組閣時は現官邸で撮影)。
 そこに立てるのは本来、国会の指名を受けた総理大臣と天皇から認証を受けた国務大臣だけであり、だからこそ首相公邸への改修の際もこの西階段は建築当時の状態に復元された。
 それを安倍夫妻はお友だちへのサービスとして「組閣ごっこ」をしたりコスプレ撮影会をする場所として「私物化」していたのである。
 その上、昭恵氏は「あの階段で座って写真を撮ったのは誰もいない」と言って褒めたというのだから、呆れてものも言えない。

 しかも、「Versailles」のYouTubeオフィシャルチャンネルが2016年12月26日に公開した「Special Comment」と題した動画では、「内閣総理大臣夫人 安倍昭恵様」として昭恵氏が紹介され、「KAMIJOさんとは日頃から仲良くさせていただいております」などと述べているのだが、その動画が撮られているのも、やはりこの公邸西階段だった。

「日本ユダヤ同祖論」を語るトンデモスピ仲間も昭恵夫人が「桜を見る会」に招待

「総理大臣夫人」という肩書をお友だちのためにフル活用し、公的イベントでも招待枠を持つ……。
 これの一体どこが「私人」だという話だが、しかし、昭恵氏の公私混同はこれだけにとどまらない。

 たとえば、昭恵氏が一緒に明治天皇陵を訪れ教育勅語を朗唱するなどの“スピリチュアル仲間”というような関係にある赤塚高仁氏という人物がいる。
 この赤塚氏はオカルト偽史である「日ユ同祖論」本の著者でもあり、その著書を読んだ昭恵氏が2015年にアプローチし、急速に親しい関係に。
 もちろん、2017年の「桜を見る会」に赤塚氏が招待され、さらに2016年には公邸西階段で一緒に写真を撮っている。

 功労者をねぎらう「桜を見る会」に、教育勅語を一緒に朗唱する“スピ友”を招待し、やっぱり公邸で写真を撮る……。
 だが、もっと重要なのは、この赤塚氏が2015年6月5日付のブログで、伊勢志摩サミットの開催地決定について事前に昭恵氏から聞かされていたと綴っていたことだ。

〈正月の3日、安倍昭恵さんとお会いしてからずっと祈って来た伊勢志摩サミット。
 昨日の午後、安倍総理から正式決定の発表がありました。
 嬉しいです。
(中略)
 発表の前日に昭恵さんから
「わたしは、首脳たちの夫人を伊勢神宮にお連れします。会議や話し合いで変わらないものが、きっと感じることでわかること、あると思うの
男たちに変えられないもの、女性ならできることあるわ」
と、聞かされていたのできっと伊勢に決まるのだな・・・と思いましたが、昭恵さん天晴れです!〉

 この伊勢志摩サミット開催決定については、森友学園の籠池諄子氏も発表7時間前に「昭恵さんから電話があって、賢島(伊勢志摩)でサミットをやることが決まった!」と話していたという疑惑が浮上したが、昭恵氏はこのように自分のお友だちを「桜を見る会」に招待するだけではなく、政府の重要発表まで事前に漏らしていたのである。

 驚愕の「私人」による政治の私物化……。
 恐ろしいのは、その大きさだろう。

 しんぶん赤旗日曜版12月1日号では、昭恵氏がらみの「桜を見る会」招待者をネット調査。
 すると、昭恵氏は名誉会長を務めたスキーイベントや昭恵氏が校長を務める「UZUの学校」、昭恵氏がつくったマラソンチーム「TEAM A」などの関係者らが十数人単位で「桜を見る会」に招待されていたことが判明。
 2013〜19年のあいだで「昭恵枠」で招待された可能性がある人は累計143人にのぼることがわかったのだ。

 無論、これはSNSの投稿などから分析した結果であって、氷山の一角にすぎない。
 赤旗の取材では2017年に地域活動の交流イベント後の懇談会で昭恵氏と名刺交換をしただけの人物が、その後、毎年招待状が届いていることを明かしているように、昭恵氏は幅広く招待状をばらまいていただろうことは想像に容易いからだ。

 安倍首相と菅義偉官房長官は「総理・昭恵枠」を約1000人と答弁しているが、安倍首相が約800人も地元からツアーを組んで招待し、昭恵氏はこうして贔屓のV系ミュージシャンから名刺交換をしただけの人まで広く招待状を送っているのに、果たして約1000人でおさまるものなのか。
 疑問は膨らむばかりだろう。

 しかも、こうした昭恵氏の公私混同が甚だしい傍若無人な振る舞いを、「またか」などと看過することはできない。
 というのも、昭恵氏の人脈は安倍首相にもつながるものだからだ。

契約金額が2倍に膨れ上がったケータリング業者と安倍夫妻の関係、加計理事長も仲間

 本サイトでは、2013年から19年まで「桜を見る会」のケータリング業務を独占して請け負ってきた「JCコムサ」という企業と安倍夫妻の関係について取り上げてきた。
(詳しくは既報参照https://lite-ra.com/2019/11/post-5086.html
 このJCコムサの大河原愛子社長の弟で同社の取締役を務めるアーネスト・M・比嘉氏は、今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)のインタビューで、比嘉氏の妻が昭恵氏の聖心女子学院の先輩にあたり、昭恵氏とはボランティア活動を通じて交流を深めたと回答。
 その“家族ぐるみ”の付き合いを明かしている。

「総理や昭恵さんとは長い付き合いの友達として、食事をしています」
「僕とワイフと総理と昭恵さんとの関係があって、姉(コムサ会長の愛子氏)にも昭恵さんを紹介した。ファミリーですから」
「加計さんとは、安倍さんの紹介で会いました。総理が友達を呼ぶ集まりのときに、ご一緒しています」

 つまり、昭恵氏を通じて比嘉氏は安倍首相とも親交を深め、あの加計学園の加計孝太郎理事長とも関係を持っているというのだ。
 さらに「週刊文春」は、2011年4月に比嘉氏がウェンディーズ・ジャパン合同会社を設立した際にも安倍氏が祝辞を贈ったという関係者のSNS投稿を発掘している。
 ようするに、比嘉氏と安倍首相の付き合いはプライベート以外にも及んでいるというのである。

 昭恵氏を発端に安倍首相も“家族ぐるみ”の付き合いを深めてきた企業が、安倍首相が主催者となってから「桜を見る会」でケータリング事業を独占し、しかもその契約金額は2013年は972万2000円だったのが、今年は2191万3232円にまで膨れ上がっている──。
 ここに安倍首相の関与はなかったのか。
 安倍夫妻の「お友だち優遇」の実態をさんざん見てきた国民から疑いの目を向けられてもけっして不思議ではないだろう。

 昭恵氏による「総理夫人」という肩書を使ったやりたい放題は、森友学園との不当な土地取引および公文書改ざんという国家的な重大問題に発展し、自殺者まで出してしまった。
 だからこそ、「桜を見る会」の問題でも、「また昭恵夫人か」と終わらせてはいけないのだ。


リテラ、2019.12.06 11:54
安倍昭恵「桜を見る会」私物化の実態!
自分が入れこむビジュアル系バンドやトンデモスピ仲間も招待、ケータリング業者も昭恵人脈

https://lite-ra.com/2019/12/post-5129.html

 まず、毎日新聞社を讃(たた)えたい。
 2019年11月20日夜に中華料理屋で開かれた安倍首相と官邸キャップの食事会「キャップ懇」、毎日新聞社だけが呼ばれてもいかなかったという。

 当たり前だろう。
 なにしろ、安倍首相は「桜を見る会」で権力の私物化を叩(たた)かれている真っ最中なのだから。

「官邸キャップ」といえば、全国紙、通信社、NHK、民放の20社弱の内閣記者会加盟社、官邸詰めのエース。
 その社の顔だ。

 キャップ懇は半年に一度くらいの割合で開かれるというが、なんで今、この時期にメディアの中枢が安倍首相から誘われてのこのこ参加しているのか?

 ぽろぽろあげられる週刊誌報道によれば、2日前に安倍首相の号令で開催が決まり、各社のエースが呼び出され馳(は)せ参じ、首相にヨイショする記者もいたらしい。

 これって読者や視聴者に対する、酷(ひど)い裏切りだと思う。

「桜を見る会」について、まだ「なにが悪いかわからない」といっている情弱な人もいるが、報道機関の人間がそんな風に思っているはずはなかろう。

「桜を見る会」は、安倍首相や自民党議員が、自分の地元の後援会員などを多数招待していた。
 つまり、わかりやすい安倍首相や自民党議員の公的行事の私物化、権力の私物化だ。

 反社会的勢力(反社)とみられる人間が出席し、詐欺的商法で一儲(もう)けしたジャパンライフの幹部も招待されていたとみられる。
 税金で招待である。

 でもって、そのことが公になると、必死のうそでとりつくろおうとした。
 菅義偉官房長官が、反社の定義はないといってみたり(2007年に政府が定義)、昭恵夫人の招待枠はないといってみたり(あった)。
 安倍首相が、招待者のとりまとめに関与していないといってそのあとすぐしていたことがバレたり。

 共産党の議員が招待客について触れてすぐ、招待名簿を廃棄した。
 たまたまシュレッダーが空いていたから廃棄したという理由で押し通そうとしたが、その後、問題のシュレッダーはそんなに混み合ってなかったと判明した。
 てかさ、文書は国民のものだろう。
 そんな軽々しく廃棄したりしていいものか?

 なんだかもう、この国のトップの人たちがやってること、馬鹿馬鹿しくて馬鹿馬鹿しくて。

 マジでいかれてるって思う。
 安倍政権のズルやうそを誤魔化(ごまか)すためなら、もうなんでもありなんだな。

 よくまぁ、招待範囲が、「皇族、元皇族」「各国大公使等」などとなっている中に、詐欺師や反社の人間を入れたよ。
 毎年、跳ね上がる「桜を見る会」の経費、言い訳として警備費ってずっといってたんだけどな。

 すべてデタラメ。
 この中に真実があるとすれば、安倍政権にとっては、詐欺師や反社の人たちも、自分を応援してくれる人は仲間ってことよ。
 そして、多くのメディアの人たちは、自分もその仲間に加わりたい。
 良いか悪いかの判断なく。

※ 週刊朝日  2019年12月20日号


dot.asahi.、2019.12.12 07:00
酷い裏切り
(室井佑月)
https://dot.asahi.com/wa/2019121100005.html?page=1

 安倍晋三首相の妻・昭恵氏が、「安倍首相の公務の遂行を補助する一環」として出席する「行事」をめぐり、政府は2019年12月17日、昭恵氏にかかる日当や実費、飲食費、交通費など公費の支出について「範囲が明らかではないため、お答えすることが困難である」との答弁書を閣議決定した。
 立憲民主党の有田芳生参院議員の質問主意書に答えた。

 答弁書は、「桜を見る会」以外の首相夫人が出席する「行事」を「宮中晩餐(ばんさん)会、園遊会等」とした。
 その上で、第2次安倍政権以降のそれら「行事」にかかった昭恵氏の日当や交通費などの公費については、「範囲が明らかではない」として答えなかった。

 また、質問主意書は昭恵氏が「行事」で利用する公用車について、「『公務の遂行』の『補助』において公用車は使われていますか」と尋ねた。
 しかし、政府は「(質問の)意味するところが明らかではない」として答弁しなかった。

 政府は2019年11月29日、昭恵氏は「公人ではなく私人である」との認識を改めて示した上で、「桜を見る会」への出席を「安倍首相の公務の遂行を補助する一環として行われてきた」とする答弁書を閣議決定している。


朝日新聞、2019年12月17日12時29分
昭恵氏の日当や交通費「お答え困難」

答弁書を閣議決定

https://www.asahi.com/articles/ASMDK3HPCMDKUTFK006.html

・・・「私人」たる安倍昭恵さんの「公務補助」に交通費などが支出されているか、公用車の利用はあるかと質問主意書で問うた。呆れるばかりの隠蔽答弁が「安倍晋三」名で戻ってきました。のちほど公開します・・・

・・・「内閣総理大臣夫人の法的位置と権限に関する質問主意書」に対する答弁書が戻ってきました。「意味するところ」はあまりにも明らかです。行間を読めばいいでしょう。答えられないのです・・・

posted by fom_club at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山中伸弥教授が強調する「米国の怖さ」

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、
 ヤッホーくんのこのブログ、2019年12月12日付け日記「権力者の腰巾着が公費で京都不倫出張」お読みください。

 和泉・大坪バカップルの行動を、菅官房長官は問題ないと言ってのけた。

 公務員は、出張で時間の余裕ができたら、まずすぐに帰庁するのが原則。
 もし、仕事が終わり空いた時間を私的に用いたならば、帰りの交通費は自分持ちにする、ということらしい。
 当然のことだろう。
 このバカップルは、山中教授との面会に1時間だけ費やし、その後3時間を私的な遊興に使っていた。
 交通費は公費である。
 政府の中枢にいる人間のすることだろうか。
 官邸の幹部が緩み切っている。

 もっと重大な問題は、山中教授等が立ち上げた ips 細胞の貯蔵を行う組織への補助金を来年度止めることを、このバカップルが突然山中教授に伝えたこと。
 行政の関係会議では、継続する方向であったのに拘わらず、このバカップルが補助金中止を山中教授に伝えたことだ。
 官邸のなかで独断専行があった。
 米国のベンチャー企業が、最近、ips 細胞の臨床応用に莫大な資金をかけて投資していると伝えられている。
 この ips 細胞の再生医療利用に関して何らかの利権の動きがあった可能性がある。
 山中教授の財団法人の事業を別な民間企業に移転するといった企図があったのではないか。
 そうでなくても、科学や学術研究への国家予算は減らされ続けている。
 このように恣意的な決定が、行政の一部、とりわけ官邸によって独断的になされるのは、許されないことだ。


ステトスコープ・チェロ・電鍵、2019/12/15 08:12
和泉・大坪バカップルの行動の意味するもの
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/#entry8958

[提供]Drナイフ.jpg

 内閣官房で安倍首相の手足になって働いてきた和泉首相補佐官が、部下の大坪氏と公費で京都旅行をしていた問題。
 不倫ばかりが取り上げられているが、大きな問題は、彼らが中山京大教授の ips 細胞のストックを作成し保存する事業に対する国庫補助を打ち切ろうとしていたこと。
 その概要が、AERAで記事にされている。

 首相ベッタリで、犯罪的なことにも手を染め、安倍首相の意図を実現してきた和泉秘書官のことだから、彼と大坪氏の一存で補助打ち切りが決められたのではないはず。
 背後には、安倍首相の意図があるはずだ。
 何やら大きな利権の腐臭がする。

 戦闘機一機に100億円だすのだから、こうした医療のイノヴェーションに結びつきうる事業にはもっと潤沢な資金を投下すべきだと思うのだが、政府は別な意図で動いている。


ステトスコープ・チェロ・電鍵、2019/12/13 10:33
和泉・大坪カップルによる中山教授への恫喝
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/#entry8958

 2019年11月29日早朝。
 東京・永田町の衆議院第二議員会館の地下2階の一室で、京都大学iPS細胞研究所(CiRA=サイラ)の教授・山中伸弥さん(57)が公明党の議員たちを前に声を強めた。

「私は残りの人生、iPS細胞の医療応用に懸けています。どうか私を信じていただきたい」

 この数カ月、山中さんの姿を永田町や霞が関で頻繁に見かけるようになった。
 自民党本部で講演し、有力議員とも次々と面会。
 萩生田光一文部科学相(56)、竹本直一科学技術相(79)とも会った。

 米国のグラッドストーン研究所と京都大の研究所を行き来して研究を続けている山中さんが、東京に来て政治家たちに直接訴える機会を増やしたのは、iPS細胞をめぐる事業への逆風が強まっているためだ。

 iPS細胞は体のどんな細胞にも変化させることができる万能細胞。
 山中さんが2006年に初めて作製し、2012年にノーベル医学生理学賞を受けた。
 患者自身の皮膚や血液からiPS細胞をつくり、網膜や心筋、神経などに変えれば、これまで難しかった病気も治療できるかもしれない。
 しかも、もともとは自分の細胞なので、他人から臓器提供を受けた際のような拒絶反応が起きにくい。
 夢の再生医療につながると期待が膨らんだ。

 一方で研究が進むにつれて課題も浮き彫りになってきた。
 細胞をつくって、人に移植できるレベルまで安全性を高めるには、多数の検査や高度な設備が必要で、1人の治療に数千万円の費用と数カ月の時間がかかる。
 重篤な患者では間に合わない可能性もある。

 そこで、CiRAが13年から始めたのが、iPS細胞のストック事業だ。
 普通、他人由来の細胞を人に移植すると拒絶反応が起きるが、ごくまれに存在する特殊な免疫の型の細胞なら、ある一定数の人に拒絶反応が起きにくくなる。
 そこで、その特殊な免疫の型の持ち主に、献血のようにあらかじめ血液を提供してもらい、複数の型のiPS細胞をそろえておくという構想だ。

 140種類あれば、日本人の9割に拒絶反応が起きにくいiPS細胞がそろうことになると試算された。
 この構想でストック事業は始まり、国も10年間は支援することになった。
 昨年度は13億円、これまでに計90億円以上が投じられてきた。

 しかし、構想は大きく変遷している。
 一番の問題は多くの型の提供者を探すのが難航していることで、すでに日本人の4割をカバーできる4種類まで作製したが、それ以上に増やすことはいったんやめ、140種類そろえる方針を取り下げた。
 最初に出来上がった4種類と、拒絶反応が起きにくいようゲノム編集した6種類のiPS細胞で日本人のほぼ全員をカバーする方針に転換している。

 また、大学の研究所の一部門という形でストック事業を実施してきたが、京大は公益財団法人という形で独立させることにした。
 事業を将来にわたり、安定して継続させるねらいがあった。

 公益財団法人化の手続きと前後して、これまで国の全面支援を受けてきた事業の雲行きが怪しくなってきた。

 今年2019年8月上旬、文部科学省で有識者会議「幹細胞・再生医学戦略作業部会」が開かれ、山中さんも参加。
 iPS細胞を使った再生医療を実現するためのプログラムの評価と、今後の方針が議題だった。

 会議では、iPS細胞ストック事業について「基本的な技術が確立し、臨床応用に不可欠な基盤だ」との意見がまとまった。
 山中さんが目指す、事業の公益財団法人化の方針も認められ、ストック事業を含むプログラム全体を「継続する」となり、ストック事業に追い風が吹く内容のはずだった。

 にもかかわらず、会議後に取材に応じた山中さんの表情は暗かった。
「私たちの説明が不十分。iPS細胞研究に予算が偏重しているのではないかというお叱りもある」と言葉少なだった。
 公益財団法人化の手続きと前後して、政府内で予算削減の議論が出始めたことが背景にあったとみられる。

 複数の関係者によると、会議の直後、医療政策を担う内閣官房の幹部らが京大を訪れ、来年度からiPS細胞ストック事業に対する国の支援を打ち切る可能性を山中さんに伝えたという。

 一方で、文部科学省は8月末、来年度予算の概算要求で、iPS細胞ストック事業の関連予算を今年度と同額盛り込んだ。
 文科省の担当者も「予算を確保していく方針は変わらない」と繰り返したが、「来年度からiPS細胞ストック事業の予算がゼロになるかもしれない」という話は関係者の間を駆け巡った。

 調整に乗り出したのは自民党だった。
 自民党科学技術・イノベーション戦略調査会に新たに設けられた「医療分野の研究に関する小委員会」は10月、財団が段階的に自己資金で運営できるように支援するという内容の決議をまとめた。
 委員長の古川俊治・参院議員(56)は「すぐに予算を打ち切るという声も出ていたが、数年間かけて事業が自立するようにしてもらいたい」と話す。

 11月11日、山中さんは東京都千代田区の日本記者クラブで会見し、公の場で初めて予算打ち切りの可能性について発言した。

「一部の官僚の方の考えで国のお金を出さないという意見が入ってきた。いきなりゼロになるというのが本当だとしたら、相当理不尽だなという思いがあった」と赤裸々に語ったのだ。
「国の官僚の方に十分説明が届いていないように思います。説明できるところは説明する」

 その言葉通り、山中さんは冒頭の公明党議員の会合や、大臣たちとの面会の日々に追われた。

 山中さんが強調するのは「アメリカの怖さ」だ。

 iPS細胞を使った臨床研究では、日本が世界をリードしてきた。
 世界で初めてiPS細胞を使った臨床研究が実施されたのは2014年。
 当時、理化学研究所にいた高橋政代さん(58)らのチームが目の難病「加齢黄斑変性」の患者からiPS細胞をつくって、網膜の細胞に変化させて移植した。

 その後も同じく高橋さんらによる加齢黄斑変性、CiRAの高橋淳教授(58)らによるパーキンソン病、大阪大学の西田幸二教授(57)らによる角膜の病気を対象に、それぞれ移植が実施されている。

 山中さんも「iPS細胞を使った再生医療は日本が先行していた」としながら、「一番脅威に感じている」と挙げるのが、米バイオベンチャー企業ブルーロック・セラピューティクスだ。

 同社は、iPS細胞から作った神経細胞をパーキンソン病患者に移植する臨床試験を、早ければ年内にも始める。
 iPS細胞から作った心筋細胞で心不全、腸の神経細胞で重い腸の病気といった治療の研究開発も進める。

 山中さんは「私たちがやってることと完全に競合する。超大国アメリカがiPSにどんどん乗りだし、本気になってきた」と話す。
 同社は2016年に設立した時点で約250億円を調達。
 独製薬大手バイエルは今年8月、完全子会社化を発表。
 CiRAがこれまで国から受け取ってきた研究資金の総額を優に超えた。

 ほかにも、米バイオ医薬品企業フェイト・セラピューティクスは、がんを攻撃する免疫細胞をiPS細胞から作り、患者に移植。
 今年4月には、最初に投与を受けた患者では、28日間の観察期間で大きな副作用がなかったことを発表している。

 山中さんは危機感を募らせる。

米国は日本の様子を見ていたんだと思う。(基礎研究や初期の臨床研究など)大変なところは日本がやってきた。米国はいけそうだと分かると、いっきに取りにかかってくる。米国で開発が進み、逆輸入する状況になりかねない

 そのためにも、CiRAがiPS細胞をつくって大量に増やし、神経や心臓といった細胞に分化させたり、品質検査したりすることで再生医療の実現に取り組む企業を支え、競争力を上げる必要性を強調した。

「将来的に雇用や税収という形で国にも返ってくる。患者さんにもより早く新しい医療が届く。先々の投資という意味で、国の支援をいただきたい」(山中さん)

 iPS細胞のバンクも米国で複数立ち上がり、すでに細胞の提供が始まった。
 韓国やオーストラリアでも近年、設置された。
「ここが今、本当に踏ん張りどころだ」と山中さんは語る。

※ AERA 2019年12月16日号より抜粋


[写真-1]
公明党の会議で講演した山中伸弥教授(左から2番目)。山口那津男代表に「どの程度、国から支援すべきかといった議論は、オープンに科学的に決めていただきたい」と直接訴えた

[写真-2]
京都大学病院の近くにある iPS細胞研究所。2017年に第3研究棟が完成した

[写真-3]
iPS細胞を使った臨床研究はここまで進んだ

dot.asahi.、2019.12.12 08:00
山中伸弥教授が強調する「米国の怖さ」
iPS細胞研究で出し抜かれ“逆輸入”の恐れも

(合田禄、朝日新聞社)
https://dot.asahi.com/aera/2019121100012.html

posted by fom_club at 07:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内山洸士郎さん(16)「教皇に背中押された」

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 38年ぶりの日本訪問を果たしたローマ教皇。

 2019年11月24日には、被爆地の長崎と広島を訪れ、「核兵器のない世界」の実現を、世界に向けて強く訴えました。
 原爆の記憶を次の世代に引き継いでいくことの大切さを強調した教皇。
 そのことばは、長崎のある高校生の背中を押しました。

“まじめでしっかり”もの

 今月11月24日、長崎市の爆心地。
 雨が降りしきる中、フランシスコ教皇の到着を待つ被爆者や市民の中に、ある高校生の姿がありました。
 長崎市に住む高校2年生、内山洸士郎さん(16)です。

 私が内山さんに初めて会ったのは、ことし2019年5月。

「被爆者の高齢化が進む中で、悲惨な過去が忘れられるのではないかという危機感がある。核兵器の無い世界に向けた強い思いを訴えたい」

 念願だった“高校生平和大使”に選ばれた内山さんは、私たち記者に囲まれながらこう抱負を語りました。
「遊びたい盛りの高校生なのに、まじめでしっかりしているな」というのが私の第一印象でした。

核兵器廃絶へ 署名集める高校生

 “高校生平和大使”は、核兵器廃絶を求める署名を集め、国連に届ける活動をしています。

 1998(平成10)年にインドとパキスタンで核実験が相次いだことを受け、危機感を抱いた長崎の被爆者などが、地元の高校生を国連に派遣したのがその始まりでした。
 その後、高校生の発案で署名活動が始まりました。

 ことし2019年は、全国からこれまでで最も多い23人が選ばれています。

みずからバチカンへ 教皇に訪問要請

 核兵器廃絶に向けて積極的に取り組んできたフランシスコ教皇に会って、被爆地・長崎への訪問を直接働きかけたい。
 こう考えた内山さんは、翌2019年6月、バチカンを訪れていました。
 そして毎週水曜日に行われている教皇の一般謁見に参加しました。
 原爆の犠牲者の写真に加え、英語で「広島・長崎 平和の使者」と書いた横断幕を手に持っていた内山さん。
 するとフランシスコ教皇が歩み寄り、
被爆の惨状を忘れず、世界平和のための活動を続けなさい

と内山さんに声をかけたと言います。

 このとき胸に込み上げてきた思いをこう振り返ります。

「まさか、フランシスコ教皇と会話ができるとは思っていなかった。会えた瞬間は緊張で何も考えられなかったが、被爆の実相を伝える活動を続けていくことが本当に大切なんだということを再確認できた」

署名携え国連にも

 フランシスコ教皇のことばが、活動を続ける原動力になった内山さん。
 8月には、集めた署名を届けにスイスのジュネーブにある国連ヨーロッパ本部を訪れました。
 内山さんの代の平和大使が届けた署名は、過去最多となる21万5000筆余りに及びました。

“憧れ”から“使命”に

 当初は、世界を駆け回って活躍する先輩への憧れから署名活動に携わった内山さんですが、内山さんの家族に被爆者はいません。
 この日は、被爆者の話に耳を傾けようと、長崎県西海市の原爆ホームを訪れていました。
 内山さんの原爆ホーム訪問は、活動を始めてから3回目。
 ホームでは、大田スズ子さん(89)から話を聞きました。

「口から血の塊をはき続けました。原爆の惨状と平和の尊さを、薄らいでいく記憶の中で上手に言うことができません。次の世代のみなさんに伝えてください」

 被爆体験を語るのが難しくなっているという話を聞いた内山さん。
 被爆者との交流を重ねるにつれ、自分に与えられた使命を、強く意識するようになっていました。

“何も感じない” 活動の壁

 一方、私が取材を続ける中で、内山さんが「落ち込んでいるのでは」と思う場面もありました。

 内山さんたち平和大使は、同年代の高校生に自分たちの取り組みを紹介する活動も行っています。

 この日、内山さんは、授業を終えたあと長崎市内のホテルに向かいました。
 そして、夜7時すぎから、修学旅行で訪れた愛知県の高校生を相手に、2時間ほどのプレゼンテーションを行いました。

「核兵器には抑止力という面もあるので、そう簡単に無くなることはないのでは」

「特に何も感じない。祖父母がそういう体験をしたことがないので、聞いたことがないからよく分からない」

 修学旅行生からは、活動に対する称賛の一方で、冷ややかな反応もありました。
 フランシスコ教皇のことばに勇気づけられ、使命感を胸に活動を続けてきた内山さんですが、原爆の脅威になじみのない人たちから、共感を得ることの難しさに直面していました。

「全員が同じ意見だとは思っていない。『この活動に何の意味があるんだ』と思う人の考えをどう変えていけるかは、これから考えていく課題のひとつだと思う」。

教皇のメッセージに答え

 迎えたフランシスコ教皇の長崎訪問。

 内山さんには、教皇が爆心地でろうそくに火をともす際、その火を渡す役割が与えられました。
 およそ半年ぶりに対面した教皇と直接ことばを交わす時間はありませんでしたが、雨が降りしきる中、教皇が訴えたメッセージには、内山さんの悩みに対する答えがありました。
核兵器から解放された平和な世界。それは、あらゆる場所で、数え切れないほどの人が熱望していることです。この理想を実現するには、すべての人の参加が必要です

 フランシスコ教皇は、核兵器のない世界が実現可能であり必要だという確信を持って、核保有国・非保有国を問わず、各国の政府に、そして、すべての人たちに一致団結して核兵器廃絶に取り組むよう呼びかけました。

 フランシスコ教皇のメッセージのあと、内山さんは雨に打たれながら、私に笑顔を見せてくれました。

自分にはこの活動を続ける義務があり、核兵器廃絶に向けて歩んでいかなければならないと改めて実感した。無くせる、無くせないの方法論ではなく、核兵器は無くさなければならないものなんだと強く思った

 そして最後に、「自分がどんな状況にあっても、きょう感じた思いだけは、持ち続けていたい」と話した内山さん。
 フランシスコ教皇のメッセージは、宗教を超えて、ひとりの青年の背中を押しました。


NHK、2019.11.29
活動続けて 教皇に背中押された高校生
(保井美聡、長崎放送局記者)
https://www3.nhk.or.jp/news/special/pope2019/story/story_09.html

 フランシスコ教皇が来日し、被爆地の長崎と広島などを訪れました。
 ローマ・カトリック教会のトップの日本訪問は、ヨハネ・パウロ2世以来、約38年ぶりです。
 ローマ・カトリック教徒数は13億人ですが、そのうち日本の信者は約44万人で、多いとはとても言えません。
 それなのにあえて日本に来日し、長崎と広島を訪れたのには「被爆地で核廃絶を世界に訴える」という大きな理由がありました。

 残念なことに世界の核軍縮は明らかに後退しています。
 米ロの中距離核戦力(INF)全廃条約は崩壊し、唯一の被爆国である日本は日米安保で米国の核の傘に入り、核兵器禁止条約にも署名していないのが現実です。
 そんな中、長崎市の爆心地公園で教皇は、「兵器を制限する国際的な枠組みが崩壊する危機にある」とし、政治指導者に向け「核兵器は、安全保障への脅威から私たちを守ってくれるものではない」と、核兵器廃絶を強く訴えたのです。

 この時、教皇がキャンドルに灯すための火を手渡したのは、私が学院長を務める鎮西学院高2年生の内山洸士郎さん(16)でした。
 この学院は爆心地のすぐそばにあったため140数名の教員と学生を瞬時にして亡くしており、今も学生たちは「戦争は地獄である」という言葉を胸に市内を平和行進し、キャンパス内にあるモニュメントに祈りと水をあげるという儀式を行っています。

 かつて内山さんは平和大使としてバチカンで教皇と会い、核兵器廃絶を訴えたことがあります。
 今回、長崎の爆心地に行き、そこで鎮西学院の高校生と再会したい、教皇のそのような思いから内山さんのセレモニー参加が決まり、私も学院長としてアテンドしました。

 カトリック教徒13億人を束ね、その精神的な柱である教皇の発言には大きな影響力があります。
 これまでのような米国の庇護の中での安全保障を、平和を考えていくことに限界があることは多くの人が気づいています。
 それ以外の平和への選択肢を増やしていく、こういう考え方を現政権がどのくらい深刻に受け入れるのか。
 教皇来日によって、今後の日本の動向に世界中が注目しています。

※ AERA 2019年12月9日号


dot.asahi.、2019.12.4 07:00
フランシスコ教皇が日本で核廃絶を訴えた事実を現政権はどう捉えるのか
(姜尚中)
https://dot.asahi.com/aera/2019120300010.html

posted by fom_club at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

中村哲さん告別式、長男健さん挨拶

 あんなこと、こんなこと、あったとさ、忘れはしないよ、時が流れたって、

 2019年12月4日、アフガニスタン東部ナンガンハル州の州都ジャララバードで、何者かによって銃撃を受けて死亡した中村哲医師(享年73)。
 アフガニスタン支援に真摯に、一生懸命に取り組んだ彼の姿は、イスラム地域を研究し、この地域と日本の相互理解を進めようと考えている者には大きな励みになってきた。

 中村医師は地球環境問題も危惧し、また集団的自衛権についても、
「日本はこれまで、アフガニスタン国内では民生支援に専念してきた。そのことが日本への信頼であり、我々の安全保障であった。それが覆されようとしている」
「戦争の実態を知らぬ指導者たちが勇ましく吠え、心ない者が排外的な憎悪を煽る」
と語っていた。
 日本がなし崩し的に米国の軍事行動に協力してきたことが日本人に対する誤解や憎悪を煽り、最も強く警鐘を鳴らした中村医師が犠牲になったことが悔しくてならない。

 アフガニスタンは、中村医師が緑化に成功した地域もあるが、全体としては混迷を深めている。
「ワシントンポスト」は、12月9日、米国歴代政権のアフガン戦争に関する虚偽の報告が、400人以上の政府・情報関係者への聞き取りから明らかになったと報じた。
 同記事によれば、米国政府・軍関係者はアフガン政策について「進歩」あるいは「やや進歩」があると言い続けてきたが、「進歩」とは真逆な情勢にある。
 米国は18年間の戦争で9800億ドル(100兆円余り)とも見積もられる戦費や資源を費やしたにもかかわらず、アフガニスタンで安定した政府の創設に必要な軍・警察づくりにも失敗し、アフガニスタンでは各地で政情不安が増幅するようになった。
 この連載でも書いた通り米軍はケシ栽培の根絶にも成功しておらず、いったい何のためのアフガニスタン駐留かと問う声が当然上がるような状態だ。

■ 米国が100兆円の戦費を投じても混迷を深めるアフガニスタン

 2017年2月1日、米国政府の「アフガン再建特別監察総監(SIGAR)」の報告書が発表され、2016年11月時点で、アフガン政府が支配、影響下に置いているのは全土の57.2%で、2016年8月の63.4%より約6ポイント、2015年11月より約15ポイント低下するなど、タリバンなど反政府武装勢力が確実に勢いを増している。
 アフガニスタンは、2018年6月にIMFが発表した世界の貧困ワースト順位では12位にランクされ、1人あたりGDPは601ドルと低い。
 またユニセフが同様に2018年6月に明らかにした統計によれば、アフガニスタンでは子どもの半数の370万人が学校に通えず、そのうちの60%が女子だという。

 米国はオバマ政権時代にアフガニスタンで最も不安定で、武装集団が活動する地域にあまりに短期間に金を性急に与え、それがアフガニスタンの政治社会の腐敗を招き、腐敗への反感からかえってタリバンなど武装集団の求心力を高め、その活動を強化することになった。
 米国防総省は支援規模や資金が限定されているため、アフガニスタンで戦闘が発生している不安定な地域での武装集団の鎮圧を優先することになり、USAID(合衆国国際開発庁)がこれらの地域の復興の責任を負わされているものの、危険な地域では十分な成果を得られていない。

 トランプ大統領は今年2019年7月に、パキスタンのイムラン・カーン大統領との会談の中で、
「アフガニスタンで戦争をやる気になれば、1週間で容易に勝てるが1000万人を殺すことは望まない。米国が戦えばアフガニスタンは地上から消滅する」
と述べた。
 アフガニスタン政府関係者はトランプ氏の発言を受けて、米国はガニ政権にもっと敬意を払うべきだと語った。
 反政府勢力タリバンのスポークスマン・ザビフッラー・ムジャーヒド氏は、
「米国は18年間アフガニスタンで戦ってきたが、人を殺害することに抑制などなかった。米国の戦いは無益で、なぜアフガニスタンが『帝国の墓場』と呼ばれているかを理解していないことを表している」
と述べた。
 ムジャーヒド氏の発言は、大英帝国やソ連がアフガニスタンでの戦いに敗れて退いていったことを指すものだが、米国が2018年からタリバンと協議して外交的解決を求めていることも、トランプ大統領は意識していないようだ。

 中村哲医師は、
「対立感情は、むしろ(欧米の)援助する側が持っているような気がしますね。優越感を持っているわけですよ。ああいう遅れた宗教、遅れた習慣を是正してやろうという、僕から言わせれば思い上がり、もっときつくいえば、“帝国主義”ですけどね」
と述べているが、トランプ発言はまさに「帝国主義的」で、アフガニスタンに対する彼の傲慢な思いや姿勢を端的に表すものだった。
 中村医師は、
「銃で押さえ込めば、銃で反撃されます。当たり前のことです。でも、ようやく流れ始めた用水路を、誰が破壊しますか」
と語っていたが(※注)、トランプ大統領は爆弾でアフガニスタンの人びとを押さえ込めると考え、反米感情をさらに植えつける発言をした。

(注)中村哲医師の発言はインタビュー記事「アフガニスタンという国で、9条をバックボーンに活動を続けてきた」より。
http://www.magazine9.jp/interv/tetsu/tetsu.php

■ 砂漠を緑化して農地を造ろうとした中村医師

 中村医師は、
「人が飢えているところに爆弾を落して何になるんですか」
と語っていたが、米国のアフガン政策は、砂漠を緑化して農地を造り、人々に生活手段を与えるという中村医師の発想とは真逆にある。
 そもそも、タリバン政権は9.11の同時多発テロの実行とはまったく関係がなく、単にオサマ・ビララディンのアルカイダの活動拠点になっていたという理由だけで米国はアフガン戦争を開始した。
 米国のアフガン戦争での市民の犠牲者は、国連の見積もりで、2007年以降だけでも4万人に近い。
 破壊でテロを制圧し、アフガニスタンに平和をもたらそうとした発想自体に重大な欠陥がある。
 アフガニスタンの警察が中村哲医師殺害事件の容疑者を拘束し、また福岡県警が刑法の国外犯規定に基づき、アフガン側と協力して殺人容疑で捜査を行っている。
 テロの容疑者に対しては逮捕して公正な裁判にかければ十分で、市民を巻き添えに戦争を行うことの正当性はまったくなく、暴力の種子を蒔くだけで、平和をもたらすものではない。


[写真]
2008年6月、アフガニスタン東部のガンベリ砂漠で用水路工事の指揮を執る中村哲医師

日刊ゲンダイ、2019年12月14日
欧米の破壊を“帝国主義”と糾弾 アフガンで倒れた中村哲医師の遺言
(宮田律、現代イスラム研究センター理事長)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266235

アフガニスタンで農業支援中に凶弾に倒れた医師中村哲さんの告別式が11日、福岡市の斎場で営まれた。
中村さんの長男、健さんは親族代表のあいさつで、
「父から学んだことは、家族はもちろん人の思いを大切にすること、物事において本当に必要なことを見極めること、そして必要なことは一生懸命行うということです」
と述べた。
中村さんに同行し、中村さんを守るために亡くなったアフガニスタン人の運転手ら5人への哀悼や関係者への謝意も表した。
 全文は以下の通り。

◇ ◇ ◇

父をご支援頂いた皆様へ

 この度の父・中村哲の訃報に際し、親族を代表いたしまして、皆様へご挨拶をさせていただきたく存じます。
 私は故人の長男で健と申します。

 最初に申し上げたいのは、父を守るために亡くなられたアフガニスタンの運転手の方・警備の方そして残されたご家族・ご親族の方々への追悼の想いです。
 申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 悔やんでも悔やみきれません。
 父ももし今この場にいたらきっとそのように思っているはずです。
 家族を代表し心よりお悔やみを申し上げます。

 私たち家族は今回の訃報に大きなショックと深い悲しみに苛まれました。
 しかし、多くの方々がともに悲しんで下さり、私たち家族へ多くの激励の言葉をかけて下さっています。
 本当に救われています。

 上皇様ご夫妻からのご弔意の賜わりをはじめ、
 いつもそばで父を支えてともに活動して下さり、これからも継続の意向を示してくださっているペシャワール会の皆様、
 アフガニスタン国での父の活動に賛同しご支援をいただいている大統領をはじめ政府関係の皆様、
 同じくアフガニスタン国の大変な環境にある作業現場の中で父とともに活動をしていただいているアフガニスタン国の国民の皆様、
 父の活動にご賛同いただきご支援をいただいている日本の皆様、
 そして今回の訃報から父を遠い異国に迎えに行くにあたり早急にそして最短の移動スケジュールでいけるようにご配慮していただき、宿泊先まで手配していただいた外務省・大使館・政府関係の職員の皆様、
どんなに感謝しても足りません。
 父が今までもそして命がなくなってもなおアフガニスタンで活動ができるのも偏に皆様のご賛同・ご協力のおかげとしかいえません。

 また今回の事件で警察、航空会社、葬儀会社、保険会社に関わる皆様にはいつも私たち家族の気持ち・立場に立っていただいています。
 そして24時間、どんな時でも真摯な対応をしていただいています。
 私たち家族は、皆様のおかげで不安・悲しみの気持ちから本当に守られています。
 感謝しています。

 生前、父は山、川、植物、昆虫、動物をこの上なく愛する人でした。
 家ではいつも庭の手入れをしていました。
 私が子供の頃はよく一緒に山登りに連れて行ってもらいました。
 最近も、父とはよく一緒に山に登っていました。
 遊びに行くときは「できればみんなで行こうよ」、「みんなで行った方が楽しいよ」ということを言っていました。
 みんなと楽しみたいという考えの人でした。

 また父がアフガニスタンへ旅立つとき、私と2人きりで話す場面ではいつも、
「お母さんをよろしく」
「家をたのんだ」
「まあ何でも一生懸命やったらいいよ」
と言っていました。
 その言葉に、父の家族への気遣い・思いを感じていました。

 今、思い返すと、父自身も余裕がない時もきっとあったはずです。
 いつも頭のどこかで家族のことを思ってくれている父でした。
 父の、自分のことよりも人を思う性格・どんなときも本質をみるという考えから出ていた言葉だったと思います。
 その言葉どおり背中でみせてくれていました。

 私自身が父から学んだことは、
・ 家族はもちろん人の思いを大切にすること、
・ 物事において本当に必要なことを見極めること、
・ そして必要なことは一生懸命行う、
ということです。
 私が20歳になる前はいつも怒られていました。
「口先だけじゃなくて行動に示せ」と言われていました。
「俺は行動しか信じない」と言っていました。
 父から学んだことは、行動で示したいと思います。
 この先の人生において自分がどんなに年を取っても父から学んだことをいつも心に残し、生きていきたいと思います。

 最後に親族を代表致しまして皆々様からの父と私たち家族へのご厚情に深く感謝いたします。
親族代表 故人・長男中村健


西日本新聞、2019/12/12 10:50 更新
[全文掲載]
「いつも家族を思ってくれていた」中村哲さん告別式、長男健さんあいさつ
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/567227/

posted by fom_club at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教育が公の費用ではなくて、民営化される

 2020年度開始の大学入学共通テストを巡り、高校教員や高校生ら約70人が2019年12月6日、文部科学省前で抗議をした。
 英語民間検定試験導入の延期が決まり、国語と数学の記述式問題導入も延期が検討される中で、参加者は「白紙に戻し、共通テストを中止すべきだ」と訴えた。

 「これ以上、高校生を混乱させないでほしい」

 関東地方の公立高2年の男子生徒(17)は、マイクを握り憤りを吐き出した。
 10月ごろ授業で英語民間試験の受験に必要なIDの申請書を書き、直後に導入延期が決定。
 突然の方針転換に「無責任すぎる」と感じた。

 東京都立高2年の女子生徒(16)は記述式問題の導入に「自己採点できず、志望校選びに困る」と反対。
 取材に対し「問題だと思う試験を後輩に受けさせたくない。いつまでも議論を続けないで」と導入撤回を訴えた。


[写真]
大学入学共通テストの国語、数学の記述式と英語民間試験導入に抗議する高校生=6日、東京・霞が関の文科省前で

東京新聞、2019年12月7日
混乱の共通テスト
高校生「NO」
文科省前 怒りの声

(福岡範行)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/education/edu_national/CK2019120702000201.html

30年続いた「センター試験」に終止符を打ち、来年度から実施される大学入学共通テスト。
「英語民間試験」は延期され、採点業務を民間に委ねた「国語・数学の記述式」も実施見送りの公算が高まっている。
入試改革の目玉だった民間活用は総崩れの様相だ。
なぜ、こんなポンコツ入試がギリギリまで導入されようとしていたのか――。
大学教授らでつくる「入試改革を考える会」代表の中京大教授・大内裕和氏に聞いた。

◇  ◇ ◇
―― 大学入学共通テストに民間業者を参入させる入試改革が迷走しています。英語民間試験は延期されました。

大内・・・英語民間試験にかなり問題があるということは、以前から専門家の間では広がっていましたが、メディアの扱いが小さく、世間一般にはあまり伝わっていなかった。
 私は今年2019年8月からこの問題に取り組み、焦点を絞りました。
 英語民間試験は、経済的な負担が増加することも含めて、経済格差、地域格差が拡大するという論点が一番わかりやすく、伝わりやすいと考えました。

―― 9月以降、英語民間試験についての報道は急増しました。

大内・・・大学入試が、公平・公正に行われないということは、保護者を含めてとても関心が強いのです。
 そんな中、10月24日のテレビ番組で、萩生田光一文科相から、格差を容認する「身の丈」発言が飛び出した。
 世間で話題になっていたから、キャスターは格差の問題を質問したのです。

―― ベネッセの子会社に採点業務を委託する国語と数学の記述式も中止すべきとの声が拡大しています。

大内・・・短期間に大規模採点することの問題や、自己採点が困難など、物理的に実施は無理との見方が大勢です。
 文科省も国語の記述式の結果を、国公立大の2次試験の足切りで使わないよう要請することを検討しているくらいです。
 正確に採点できないことを半ば認めている。

―― 記述式の意味がなくなっているとの指摘もあります。

大内・・・模範解答があっても、違う解答がたくさん出てくるのが記述式。
 大規模採点は難しい。
 そこで、採点しやすくするために、問題の方にいろんな誘導や規則をつけているのです。
 記述式は選択問題と違って、自由に書いたり、表現したりするから、思考力や表現力を判定できるのですが、記述式の長所を完全に奪う矛盾に陥ってしまっている。

―― 採点しやすい問題の極みが数学の記述式です。

大内・・・途中経過を書かせるのが数学の記述式なのに、数値や記号を書くだけで、マーク式でもできる問題になっている。
 加えて、同じ解答でもさまざまな別の表現があり得るのが数学なのに、模範解答と違ったら「×」にされてしまうという問題もある。
 民間参入の英語も国語・数学の記述式もすべて破綻しているのです。

疲弊した学校現場に民間がつけ入る

―― なぜ、政府は無理な制度を導入しようとするのですか。

大内・・・メリットがないのに導入しようとするのは、何か他に理由があると考えるのが論理的です。
 ベネッセをはじめとする民間業者と政治家や文科省との利権関係を疑わざるを得ない。
 ただ、個々の癒着問題も重要ですが、公教育への民間参入という大きな流れで見ないといけない。

―― と言いますと。

大内・・・教育の新自由主義改革です。
 教育を公の費用ではなくて、民営化するという流れがずっと続いている。
 教育予算を削って、教育に税金を回さない。
 加えて、減らされた後のなけなしの税金は、公教育ではなく何とベネッセに回るのです。


―― 具体例はありますか。

大内・・・英語のスピーキングです。
 民間試験を導入するよりも、英語教員を増やし、1クラス40人から20人にして、生徒が話す時間を倍増させた方が話せるようになりますよね。
 ところが、教員増ではなく、民間参入の方向に進むのです。

―― 民間業者は喜んでも、教育現場は大変ですね。

大内・・・ますます現場は疲弊しています。
 自前の教材やテストを作ろうと思っても、そんな余裕はない。
 そこにベネッセが現れ、「うちを利用すれば便利ですよ」と持ち掛ける。
 先生も人間ですので、疲れていたら頼りたくなります。

―― 少子化でマーケットが縮小する中、教育ビジネス関係者にも危機感があった。

大内・・・そうですね。
 新規市場を開拓しなければならない。
 例えば、小学校の英語導入は、中高の6年に小学校の6年を入れて、12年にすれば、子どもの人数が半分になっても市場は維持できる。
 その流れに大学入学共通テストへの民間参入があります。
 これまでは模擬試験や対策ビジネスだったが、本番の試験までやってしまうと。
 問題作成や採点業務の売り上げだけでなく、本番の試験の一翼を担えば、「うちの教材や模試は役立ちますよ」とPRできるので、対策ビジネスは拡大します。
 実際、ベネッセは、共通テスト検証事業の「採点助言事業」を受託していることを営業活動に使っていました。

―― 民間参入により出来上がった共通テストは、撤回せざるを得ないようなデタラメだった。文科省の官僚はブレーキをかけられなかったのか。

大内・・・昔なら官僚が、これは試験としては成り立たないと止めたはずです。
 しかし、内閣人事局をつくって、官邸の官僚コントロールが利いているので、ここまで引っ張ってしまったのです。
 教育政策について、官僚が持っている最低限の合理性や客観性を飛び越して、安倍官邸と少数の政治家のパワーによって、政策がねじ曲げられたのです。

「eポートフォリオ Japan e-Portfolio」も要注意

―― この先、要注意の「教育改革」はありますか。

大内・・・大学入試改革では主体性を重視するといわれていて、「eポートフォリオ」の導入が検討されています。
 高校での学習や部活動の記録を生徒自身が入力し、電子データにまとめるのです。
 これを高校教諭が作成する調査書と連動させて大学入試に使う案が出ています。

―― 主体性ですか。

大内・・・高校生は、入試に有利なのかどうかを考えて、活動するようになります。
 評価のために主体性を発揮するなんて、主体的ではありませんよね。

―― 高校生活全体の活動が監視、管理され、評価されるのですか。背筋がゾッとしますね。

大内・・・高1、高2をサボっていても、高3でエンジンかけて受かる人が出にくくなる。
 また、さまざまな活動には資金も必要。
 出身家庭の経済力に左右されることにもなる。

―― 何でも入試につなげてやろうとしていませんか。

大内・・・主体性を重視するなら、入試で評価するのではなく、高校時代に自由に活動できるようさまざまな基盤整備をするのが筋。
 入試は、大学に入ってからついていける能力を公平なやり方で選抜することが最も大切。
 当日の試験だけで選抜するのが一番公平だと思います。

――「eポートフォリオ」の導入にも裏がありそうですね。

大内・・・教育改革の背後に民間あり。
「eポートフォリオ」をリードしているのもベネッセなのです。
 高校生の日々の活動はとても貴重な個人情報です。
 個人情報を手に入れて、ビジネスを展開するのではないかという疑いを持ちます。

―― 公教育軽視と民営化の構造が変わらなければ、この先も同じことが起こりませんか。

大内・・・公教育と私教育は別なのに、公教育のトップである文科大臣まで区別ができなくなっている。
 萩生田文科相の「身の丈」発言の際、都心部で経済的に豊かな生徒が民間試験の準備をたくさんできるのは「あいつ予備校に行ってズルい」というのと同じだと言いましたが、大間違いです。
 予備校は私教育だから、行きたい人が行けばいい。
 共通テストは公の制度の問題なんです。
 公教育がどこまでを扱い、私教育はここまでだとはっきり線引きする。
 その上で、公教育をひたすら縮小したり、市場化する方向にブレーキをかけ、公教育に予算と人員をちゃんとつける――。
 そういう方向に持っていかないと、今回の共通テストの迷走のようなことが再び起こるのは目に見えています。
 教育改革の全体像そのものを問う視点が問われていると思います。

日刊ゲンダイ、2019/12/16 06:00
大内裕和氏
民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

(聞き手=生田修平/日刊ゲンダイ)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266148/

 2020年度から始まる大学入学共通テストで、急きょ活用が見送られた英語民間試験。
 導入が決まった経緯をさかのぼると、6年以上前に首相官邸で開かれた会議にたどりつく。

「使える英語力を高めるため、大学入試でのTOEFLなどの活用も飛躍的に拡大したい」

 始まりは、下村博文・文部科学相(当時)の発言だった。
 2013年3月、官邸で開かれた産業競争力会議。議事録によると、司会役の甘利明・経済再生担当相(同)から指名された下村氏は、
「産業界・教育界が一丸となることが重要」とした上で、民間試験の活用を力説した。
 政府の成長戦略をまとめるための同会議は経済界出身のメンバーが多く、楽天会長の三木谷浩史氏も別の回に、
「日本の英語レベルは低すぎる」と発言。
 ほかの出席者も、
「日本人の英語力はアジアの中で見ても残念ながら最低水準」などと述べた。

 人口減少が進むなか、世界で活躍する「グローバル人材」を育てて競争力を上げねばならない――。
 この危機感は民主党政権時も強かったが、「民間活用」で次世代の英語力を養うとの考えが、安倍政権で具体化した。

 下村氏の発言と歩調を合わせるように、自民党教育再生実行本部も2013年4月、TOEFLなどを大学入試にさらに活用することを提言。
 安倍晋三首相が設けた教育再生実行会議も2013年10月、センター試験に代わる新テスト導入と「外部検定試験の活用検討」を政府に求めた。

 ここでセンター試験の後継テストと民間試験活用はセットになる。

「読む・聞く」の2技能しか測れないセンター試験の英語を変えることで、「話す・書く」を含めた4技能を高める。
 即戦力を求める産業界の要請に政治が応える形で、民間試験の活用は大学入試改革の目玉の一つに位置づけられた。

 その後、文科省の有識者会議の議論を経て、2020年度から始まる共通テストで民間試験を使う方針が2017年7月に公表された。

民間活用、4技能という圧力強かった

 導入の経緯を知る元文科省幹部は、下村氏が自民党の部会などで、
「これからの日本のことを考えると、今回は英語4技能を断固やらなければいけない」といった趣旨の主張をしていたことを覚えている。
「民間を活用しろ、断固4技能にするんだ、という圧力は非常に強かった。日本は危機にあるから時間をかけている場合ではないという強迫観念があった」と振り返る。

 一方、下村氏は先月11月末、民間試験の活用見送りを受けて日本記者クラブで記者会見に応じた。
 政治主導による「民間活用」との指摘に対し、
「強権的な政治家が『決めたからもう一切変えるな』みたいなレベルの話ではない」と否定。
 地理的・経済的格差などの課題を解決できなかった「現場のやり方の問題」と主張した。

 約50万人がいっせいに受ける共通テストでの民間試験の活用には、さまざまな問題点が指摘されてきた。
 どのように導入が決まり、なぜ課題を解決できずに見送りになったのか。
 政府関係者への取材や朝日新聞が入手した非公開の有識者会議の議事概要などから検証する。


[写真-1]
文部科学省に「教育再生実行会議担当室」が設置され、安倍晋三首相(右)、下村博文文科相(中央)、義家弘介文科政務官(左)が出席して看板がかけられた=2013年1月15日午後、東京・霞が関の文科省

[写真-2]
英語の民間試験の導入延期を発表する萩生田光一文部科学相=2019年11月1日午前9時34分、東京・霞が関

朝日新聞、2019年12月16日05時00分
英語民間試験活用、下村博文氏が口火
「強い圧力」証言

(根岸拓朗、増谷文生、編集委員・氏岡真弓)
https://digital.asahi.com/articles/ASMDF6F95MDFUTIL06B.html

posted by fom_club at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陸軍省の一課員が議場で議員に「黙れ!」

解説:「黙れ!」・・・国家総動員法はどう生まれたのか

 安倍晋三首相の政権も約7年。一定以上の内閣支持率を維持して「一強」といわれる半面、最近の「桜を見る会」問題のように、野党や一部メディアからの批判も根強い。

 自民党内での批判派の急先鋒・村上誠一郎元内閣府特命担当相は昨年9月の雑誌「月刊日本」で「国家総動員法の時代が来る」と題してこう述べた。
「安倍政権は2013年以降、特定秘密保護法、国家公務員法改正、集団的自衛権の解釈改憲、共謀罪法を次々と強行しました。これらの法律を一つのパッケージとして見ると、戦前の治安維持法や国家総動員法のような機能を果しているようです。日本の民主主義が危機に瀕しているということです」

 自民党が決定している「改憲4項目」のうちの緊急事態条項についても「国家総動員法のような全権委任法だ」という批判がある。

「国家総動員法」とは何なのか


 安倍政権の評価は別にして、ここでいわれている国家総動員法とは何なのか。

 本論でのテーマは、その法律の制定過程の国会で起き、波紋を広げた不規則発言を、当の本人が約17年後に回顧した内容。
 日中全面戦争が泥沼化し、アメリカとの対立が深刻化する中、二・二六事件以降、軍部の専横が目立つ時代風潮を象徴する出来事とされた。 
 一体彼はどんな人物で、発言はどんな意味を持っていたのだろう。
 ちなみに、安倍首相も、国会で野党議員に不規則発言を繰り返して問題になった。
 その点も81年前の出来事と共通するかもしれない。


 国家総動員法案は企画院と軍部の合議で作られ、1938年2月、第1次近衛(文麿)内閣が提出した。
 全部で50条から成り、第1条で「本法において国家総動員とは、戦時(戦争に準ずべき事変の場合を含む)に際し、国防目的達成のため、国の全力を最も有効に発揮せしめるよう、人的及び物的資源を統制するをいう」と規定。
 第2条で「総動員物資」として兵器、艦艇、弾薬から被服、食糧、医薬品、船舶、航空機、車両、燃料、電力など、あらゆるものを挙げている。
 第4条では「政府は戦時に際し、国家総動員上必要あるときは、勅令の定めるところにより、帝国臣民を徴用して総動員業務に従事せしめること」ができるとした。
 国会審議抜きで直ちに統制を発動できる権限を政府に与える法律。久保田晃・桐村英一郎「昭和経済六〇年」はその権限を次のようにまとめ、「あらゆる経済活動に対する統制の権限を政府に『白紙委任』した」と解説している。
(1)国民を徴用し、総動員業務に当たらせる(労働統制)
(2)物資の生産、修理、配給などについて命令し、輸出入を制限・禁止する(物資統制)
(3)会社の設立や増資、合併を制限し、利益処分を命令したり、金融機関の資金運用にも介入する(企業・金融統制)
(4)モノの値段、運賃、保管料、保険料も命令する(価格統制)
(5)出版物の掲載を制限・禁止する(言論統制)

 当時の状況を勘案しても、なかなかすごい法案だ。元老の西園寺公望も「これは憲法無視の法案だから(議会を)通らない方がいい」と語っていたという。

憲法無視の法案だから通らない方がいい

 当時の状況を勘案しても、なかなかすごい法案だ。元老の西園寺公望も「これは憲法無視の法案だから(議会を)通らない方がいい」と語っていたという。国会でも当初から「国民の権利、自由及び財産、これを無限に拘束する。かくのごとき委任立法を出した例は憲法始まって以来ない」(民政党・斎藤隆夫議員)などの反対があった。

 2月28日には衆議院国家総動員法案委員会で政府の提案説明が行われたが、「近衛首相が病気欠席のため、広田(弘毅)外相が首相代理として詳細にわたり提案理由を説明し、滝(正雄)企画院総裁が逐条説明を行って」(3月1日付朝日朝刊)という状態(本編では滝を「法制局長官」としているが、前年企画院が発足して横滑りしていた)。
 広田外相は「政府においては、本法案は決して憲法に違反するものではないと堅く信じております」と主張したが、「委員会は首相の不出席にこぞって不満であるから、その前途は相当波欄を免れない」(同紙)とされた。以後は「法律問題である」として、主に塩野季彦・司法相が答弁。そして佐藤中佐の出番となる。

総動員法案に大波瀾 佐藤中佐“黙れ”の一言

「3日午後の衆議院国家総動員法案委員会における陸軍省軍務局課員陸軍航空兵中佐・佐藤賢了氏の答弁中に『黙れ』と委員側を叱咤した言葉があったので、果然紛糾をきたし、同中佐の取り消しがあったが、委員側は納まらず、遂に紛糾のまま散会になった」

 そう書いた1938年3月4日付朝日朝刊2面の記事には「総動員法案に大波瀾 佐藤中佐“黙れ”の一言 委員会沸騰裡に散会 直ちに取消す」の見出しが付いている。

 この日の同委員会では、政府委員を補佐する説明員として出席した佐藤中佐が約30分にわたって法案を説明。その間もヤジが飛んでいたが、同紙の「応答速記」によれば、その後の経過は次のようだ。
佐藤中佐 私は説明を申し上げるのであります(「委員長、いかなる限度にお許しになったのですか」「全く討論じゃないか」と叫び、その他発言する者あり)
小川委員長 まあ、もう少し……
佐藤中佐 皆さまが悪いとおっしゃればやめます。あるいは聴いてやろうとおっしゃれば申し上げます(「やめた方が穏やかだ」「やりたまえ、参考になる」と叫ぶ者あり)
佐藤中佐 しからば申し上げます(「やめた方が穏やかだ」、その他発言する者あり)
佐藤中佐 黙れ(「黙れとは何だ」と叫び、その他発言する者多し)

 その後、政友会所属の委員から「どういう意味か、誰に言ったのか」と問われた佐藤中佐は「大体のご意向が続けろというふうに思ったので」「私の発言に対して妨害するようなヤジに対して、静かに聞けという意味」だったと答弁。「取り消さないか」と委員長に言われて「委員長の仰せによりまして『黙れ』ということと、私の発言を妨害するという言葉は取り消します」と答えた。中佐は政府委員ではなく、補佐的な説明員で、委員長の許可がなければ発言できなかった。

陸軍省の一課員が議場で議員を怒鳴りつけるという異常な事件

 翌4日、「委員会劈頭における杉山陸相の虚心坦懐な釈明によって、両者間に横たわる不快な気分は一掃され、総動員委員会の審議も再び元の軌道に復した」(4日付朝日夕刊)。
「戦時統制法規の集大成ともいうべきものであった」=1969年3月3日放送の東京12チャンネル(現テレビ東京)報道部編「証言 私の昭和史(2)」=法案の審議をめぐって、「陸軍省の一課員が議場で議員を怒鳴りつけるという異常な事件」(「昭和世相流行語辞典」)は、「当時の政治情勢を象徴的に示した事件として話題を呼んだ」(「別冊1億人の昭和史 昭和史事典」)。
 佐藤中佐は杉山陸相から叱責され、「登院を自発的に遠慮した」(「佐藤賢了の証言」)が、何の処分も受けなかった。

 法案は「乱用しないこと」という付帯決議付きだが、原案通り3月24日に可決、成立。
 本編に「支那事変中は使わない」と答弁した話が出てくるが、実際は約4カ月後に労働者の雇用・賃金などの統制が始まった。
 この前後には、右翼団体が武器を持って政友、民政両党本部を襲撃。
「黙れ」発言と同じ日には社会大衆党の安部磯雄党首が右翼に襲われて負傷するなど、世情は騒然としていた。

「黙れ」事件は“戦争に向かう流れ”を象徴するものだった

「いや、それはねえ、少し話がオーバーだと思うんですがね」

「黙れ」事件からちょうど31年後の「証言 私の昭和史」で、佐藤賢了元中将(最終階級)は、
「やはり、佐藤さんが軍服を着て『黙れ』と言われたことは、その(戦争に向かう)大きな流れを非常に象徴する一コマだったような気がしますね」と問われて、やんわり否定した。
「陸軍の 一 説明員の一喝でですね、陸軍の政治勢力が大きくなり、議会の勢力が衰えたなんて、そんなもんじゃないとわしは思うんですけれども。この総動員法がね、東京裁判で検事が大いになにか全体主義だとか独裁だとか、いろんなことを気負い込んで言いましたよ。そうするとね、裁判長がなんと言うたかというとね、『こんな法律は、戦時はどこの国でも作ってるじゃないか』と言われて、検事が振り上げたこぶしのやり場がなくて、モゾモゾしておりましたが、“ザマーミロ!”と叫びたいぐらいでしたね」


「一説明員」と言いながら、そこには“大向こうをうならせる”目立ちたがり屋ぶりが表れた。
 当時は雑誌などにも登場。“スター扱い”された。

 佐藤元中将は著書「佐藤賢了の証言」でも、「この事件を世間では大きく取り扱いすぎる感があった。まるで陸軍が議会を圧迫し、その勢力を衰頽させたかのようにいったのである。実にばかげたことである」と述べている。

「東条の側近」と言われた、元中将・佐藤賢了とは

 一方で国家総動員法については「国防に任ずる者は絶えず、備えのない平和というものは、これは幻ですよ。どうしても備えがなけりゃ、本当の備えがなければいけない。その備えを固めるためにも総動員法が必要なわけだったんです」と主張している。
「私としてはね、ただ総動員法が議会を通ればいいというんじゃなしに、議会で政府と議員とが真剣に審議して、その議会の審議を通じて国民大衆に理解してもらいたい。国民大衆の理解なくして、総動員体制というものはできっこないんですね。私はそれを希望しておった」とも。

 しかし、二・二六事件後の軍部と政府、議会の力関係を考えれば、元中将の言葉は「建前」としか受け取れない。
 それでいて、そうした軍部主導の結果、悲惨な敗戦に至った責任を問われると、「国民に大きな犠牲を払わせまして、誠に申し訳ないと、心からおわびいたしております」と頭を下げている(「証言 私の昭和史」)。
 佐藤元中将は陸軍大学校在学中、兵学教官が東条英機・元首相で、卒業後の隊付将校の時、部下の入院費を借りた間柄だった(「東条英機と太平洋戦争」)。
 東条元首相が陸相から首相になる時期、陸軍省軍務課長と軍務局長を務め、「東条の側近」と呼ばれた。

「誠に率直で純粋」「なまじ白紙の非アメリカ通より害をなした」

 昭和天皇の側近だった木戸幸一・元内大臣は東京裁判での国際検事局の尋問に、太平洋戦争開戦の年の1941年1月ごろのこととして、「陸軍の中心は軍務局、特に佐藤賢了軍務局長あたりでした」と証言。
 上法快男「陸軍省軍務局」も「誠に率直かつ純真、禅味のある大きな人物であった」と人物を絶賛している。

 これに対し、秦郁彦「昭和史の軍人たち」は、「戦時中、東条を取り巻く連中は『三奸四愚』の名が高かった」とし、「“四愚”は、木村兵太郎(陸軍次官)、佐藤賢了、真田穣一郎(参謀本部作戦部長)、赤松貞雄(秘書)の4人だという」と書いている。
 大尉時代に2年間、アメリカに留学したが、「昭和18年3月になっても衆議院の決算委員会で『……大体米国将校の戦略戦術の知識は非常に乏しいのです。幼稚であります』と述べているぐらいで、誤ったアメリカ通は、なまじ白紙の非アメリカ通より害をなした」としている。

「東条に協力」A級戦犯で東京裁判に出廷

 佐藤元中将は敗戦後の東京裁判でA級戦犯となったが、起訴された28人中最年少で、起訴状付属書でも「東条と協力」とされた。
 弁護人の判断で自らは法廷に立たず沈黙を通したことから、「黙れの佐藤、今や沈黙の人」(朝日新聞東京裁判記者団「東京裁判」)、「『黙れ』がだまった」(読売法廷記者団編「25被告の表情」)と、ここでも過去の言動を引き合いに揶揄された。
 終身禁固刑を受け、1956年釈放。
 会社社長を務めながら、メディアにも登場した。

政治的な思惑で動く軍人が多かったために悲劇が起こった

 ベトナム戦争でアメリカ軍が北爆を開始した1965年、月刊文藝春秋誌上で、かつての日中全面戦争と北部仏印進駐の「負の教訓」から「米国よ、小細工を弄せず、ベトナム施策の失敗を率直に認めて、黙って撤兵せよ」と提言して注目された。
 1975年2月、79歳で死去。
 戦後も「支那事変や太平洋戦争は、好まぬ戦争に日本が引きずり込まれたのである」(「東条英機と太平洋戦争」)と主張。
 昭和史研究者の間では評価は高くない。
 結局、画一的で不合理な軍人の視点からでしか戦争と国民を理解できなかったということだろう。

 強気一辺倒の同調圧力の下、政治的な思惑で動く軍人が多かったのが昭和の国民の悲劇だったのかもしれない。

[参考文献]
 
▽ 久保田晃・桐村英一郎「昭和経済六〇年」 朝日選書 1987年
▽ 東京12チャンネル報道部編「証言 私の昭和史(2)戦争への道」 學藝書林 1969年
▽ 鷹橋信夫「昭和世相流行語辞典」 旺文社 1986年
▽「別冊1億人の昭和史 昭和史事典」 毎日新聞社 1980年
▽ 佐藤賢了「佐藤賢了の証言」 芙蓉書房 1976年
▽ 佐藤賢了「東条英機と太平洋戦争」 文藝春秋 1960年
▽ 粟屋憲太郎ら編「東京裁判資料・木戸幸一尋問調書」 大月書店 1987年
▽ 上法快男「陸軍省軍務局」 芙蓉書房 1979年 
▽ 秦郁彦「昭和史の軍人たち」 文藝春秋 1982年
▽ 朝日新聞東京裁判記者団「東京裁判」 講談社 1983年
▽ 読売法廷記者団編「25被告の表情」 労働文化社 1948年

文春オンライン、2019/12/09
東条英機の側近が「黙れ!」の一喝
恐怖の「国家総動員法」審議中に巻き起こった騒動とは
強気一辺倒の同調圧力で生まれた悲劇のはじまり

(小池新)
https://bunshun.jp/articles/-/16899

posted by fom_club at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まるで反社のよう

 2019年12月14日の土曜日、山歩クラブではにぎにぎしく、3卓12人で「年納の会」を挙行しました。
 その日だけでなく、われわれのこころに忘れたくないほどに深く刻み込まれたのが「沖縄」でした。
 ヤッホーくんのこのブログ、2019年5月18日付け日記「山歩クラブの沖縄合宿」をお読みください。
 ところで、奇しくもこの同じ日にこんなことが。これも忘れてならないこととして納めておきます。

 麻生太郎副総理兼財務相が今年2019年5月、海上自衛隊の潜水艦「うずしお」に搭乗し、一日がかりの潜水航行を体験していたことが分かった。
 体験搭乗は麻生氏側の要望で行われ、実施日は部隊の休日に当たる土曜日だった。
 少なくとも過去5年間に防衛相を含め、航行を伴う潜水艦体験搭乗をした首相、閣僚はいない。

 防衛省によると、麻生氏は5月18日午前、神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地内にある海上自衛隊第二潜水隊群所属のうずしおに乗艦。
 同艦は基地を出航した後、相模湾で潜水し、同日夕に同基地へ戻った。

 海上幕僚監部広報室は本紙の取材に、体験搭乗が行われた経緯について「麻生大臣の希望」と回答。
 部隊の休日に実施することは財務・防衛両省の調整で決まったという。
 うずしおの乗員約70人のうち出勤した乗員数や、かかった燃料費について回答はなかった。

 麻生氏がどのような立場で体験搭乗したのかという問いには「現職の副総理・財務大臣であるとともに元総理の立場にある方の視察として対応した」と答え、重鎮の政治家として特別扱いしたことをうかがわせた。
 広報室によると、首相や閣僚、元首相、元閣僚による潜水艦の体験搭乗は少なくとも過去5年間確認できず、それ以前は文書が残っていないという。

 体験搭乗には国家安全保障局と財務省職員が同行した。
 本紙は同局全職員の出張に関わる資料を情報公開請求。
 開示文書から同行者の一人は山田重夫内閣審議官(当時、現外務省総合外交政策局長)と判明した。
 山田氏の出張命令簿には午前7時半〜午後4時45分に第二潜水隊群潜水艦を視察する行程が記されていた。

 麻生氏の事務所に搭乗を希望した理由などを質問したところ、「さまざまな現場を視察させていただくことは常々ありますが、今回の搭乗は海上自衛隊の実情に触れるという面でも意義があったと考えております」と文書で回答があった。

 麻生氏は第二次安倍政権以降に行われた陸海空自衛隊持ち回りの観閲式のうち、2015年にあった海自観閲式(観艦式)にのみ出席、2013年にあった護衛艦「いずも」の命名進水式にも出席している。 

◆ 私物化したのでは

<飯島滋明名古屋学院大教授(憲法学・平和学)の話>
 そもそも麻生氏が潜水艦に乗る理由がなく、趣味で乗ったとしか考えられない。
「桜を見る会」が政治家による国の行事の私物化ならば、麻生氏の場合は自衛隊という組織を私物化したのではないか。
 自衛隊は任務が重なり、へとへとの状態。
 そこに上乗せして政治家のつきあいまでさせられる。
 自衛隊のことを考えた行動とは到底思えない。


東京新聞・朝刊、2019年12月3日
麻生氏、海自潜水艦に体験搭乗
首相・閣僚5年事例なし

(編集委員・半田滋)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201912/CK2019120302000143.html

 六本木の裏路地にひっそりと佇む、会員制の高級クラブ。
 ある大物政治家が夜な夜な通い、政界関係者と酒を酌み交わす店として知られていた。
 だが、このところ出入りする客の姿がぷっつりと途絶えているという。

「ここ1か月ほどは明かりも灯っていません。休業状態のようです」
(近隣で働く従業員)

 店の名は「Bovary(ボバリー)」。
 麻生太郎・副総理兼財務相(79)が足繁く通う店として、たびたび報じられてきた高級クラブだ。

「元モデルのママは60代でも若々しく、麻生氏は黒塗りの高級車でこの店によく通っていました。かつて週刊誌には“愛人疑惑”まで書かれたほどです」
(自民党関係者)

 飲み代の“財布”は麻生氏の政治資金。
 収支報告書によると、店を運営する会社に支出された金額は第二次安倍政権が発足した2011年以降、平均して年間700万円以上で、先日公開されたばかりの2018年の政治資金収支報告書にも約650万円が計上されている。

 そんな“上客”を抱えているのに休業状態になっているのはなぜなのか。
 店を訪れたことのある元麻生番記者はこう明かす。

「1年ほど前に連れていってもらった時、ママが『そろそろ閉めようと思ってる。年齢的にも潮時かもしれない』と漏らしていました」

 麻生氏の事務所に聞いたが、締め切りまでに回答はなかった。

 財務相として消費増税を敢行した麻生氏。
 店に行かなければ浮くことになる年間700万円もの政治資金は、来年からどんな使われ方をするのだろうか。

※ 週刊ポスト2019年12月20・27日号


News ポストセブン、2019.12.11 07:00
麻生太郎財務相が年700万円注ぎ込む高級クラブが閉店の怪
https://www.news-postseven.com/archives/20191211_1504668.html

 麻生太郎副総理兼財務相(79)の記者会見での対応が物議を醸している。
 12月10日に行われた会見の冒頭で、幹事社を務める東京新聞の男性記者が「政府が5日に決定した経済対策」について麻生氏へ質問。
 基金の活用について麻生氏の見解を求めた。

 すると麻生氏は訝しげな表情で「何新聞だっけ?」と尋ね、「東京(新聞)です」と答えた記者に対して政府が発表した資料のなかに基金という言葉が使われていないことを指摘。
「ブリーフィングのなかでは基金のような……」と口ごもった記者に対して、麻生氏は「あなたの言い方は気をつけなよ。これ、テレビに映ってるんだから。基金って言ったろ?」と質問を遮って注意する。

 最終的に記者が発表のなかで基金という言葉が使われていないことを認めると「基金という言葉は対策のなかには使われていないよね。まずそれだけはっきりしようね」と発言。
 続けて記者に「返事は?」と同意を求め、声が小さかった記者に対して「マイク入ってないけど。大きな声で」と詰め寄っていた。

 このほかにも、寡婦控除制度について質問した女性記者に対しては「ん!?」と顔をしかめて大きな声で聞き返し、「長い話ですな。あなたの生まれる前から(議論を)やっています」と回答。

 また、麻生氏が『文藝春秋』1月号のインタビューで安倍晋三首相(65)について「憲法改正をやるなら自民党総裁を四選するべきだ」という趣旨の発言をしたことについての見解を別の記者が質問。
 すると、麻生氏は記者に「憲法改正をされるんでしょ!? 聞いてんだよ、俺が」と語気を強めながら質問返しをする一幕も。

 麻生氏と記者の間には終始緊張感が流れながら、会見は終了した。

 この会見の様子は「テレ東NEWS」でノーカット放送されたもの。
 この会見を見た人びとからSNS上で「あまりにも横柄」「記者に対するパワハラ」といった声が。
 さらに、一連の麻生氏の答弁態度について冒頭のように、「まるで反社のよう」と批判が殺到していた。

《この映像を見ると、反社というものはこういう人のことを指すのではないか? と思ってしまいます。 記者を虐める、いびる、恫喝する、悪態をつく…。 見るに耐えません》

《反社会的勢力……の人でしょうか、この人は?》

《この麻生氏の凄み方。これこそ反社じゃんね。どっかの組の幹部じゃないかとすら思うわ》

《麻生は反社です。少なくとも私たち国民にとっては》

 デジタル大辞林では、“反社会的勢力”をこう定義している。

「暴力・脅迫や詐欺などの違法行為を組織的におこなう集団。暴力団や半グレ集団、その他の犯罪組織や協力者たちを広く呼ぶ」

 上記の意味において、麻生氏は“反社”ではないだろう。
 しかし安倍首相主催の「桜を見る会」に反社会勢力が招待されていたことを受けて出された質問主意書に対して、10日に政府はこう閣議決定している。

「その形態が多様であり、またその時々の社会情勢に応じて変化し得るものであることから、あらかじめ限定的かつ統一的に定義することは困難である」

 言葉の定義が曖昧になった今、麻生氏が“反社”と呼ばれるのも仕方ないことだろう――。


女性自身、2019/12/13 11:00
麻生太郎副総理の記者会見に「まるで反社のよう」と批判殺到
https://jisin.jp/domestic/1810189/

posted by fom_club at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働かないおじさん

企業にとって古くて新しい問題、それは「働かないおじさん」をどうするか、だ。
世間で人手不足や人材確保の難しさが叫ばれる中、味の素とLIXILグループ、ファミリーマートなど、大手企業が11月以降、相次いで早期退職を発表した。
こうした企業の多くは、収益悪化によってリストラを迫られているというより、早いうちに人件費の高い中高年社員という「重荷」を降ろしたいという思惑があるようだ。
労働政策研究・研修機構の濱口桂一郎研究所長に、「働かないおじさん」が生まれてしまう理由や、背景にある日本の雇用制度について聞いた。

●  賃金が働きぶりを上回る中高年世代 高齢者雇用で増す「重荷感」


―― なぜ今、中高年社員の早期退職が相次いでいるのでしょうか。

濱口・・・早期退職の構造は過去数十年、全く変わっていません。
 年功序列型の賃金システムでは、中高年になると賃金が働きぶりを上回るケースが増えてきます。
 企業は彼らを定年まで雇い続けることに負担を感じ、早めに退出させようという圧力が働くのです。
 1980年代に55歳だった定年は60歳に延び、希望する社員は65歳まで働き続けることも可能になりました。
 さらに政府は成長戦略で、70歳までの就業機会確保を打ち出しています。
 もちろんずっと昇給し続けるわけではありませんが、中高年の社員が会社を去るまでの期間が延びたことで、企業は彼らをより重荷に感じるようになった、と言えるでしょう。

―― 彼らはなぜ「働かないおじさん」と見なされてしまったのでしょう。

濱口・・・「働きぶりが給与に見合わない」のは彼ら自身の責任だけでなく、最初にお話しした年功序列型の賃金制度が原因でもあります。
 そして多くの日本企業は、中高年社員に管理職のキャリアパスしか用意していませんが、実際にはこのルートを外れる人も出てきます。
 日本の「メンバーシップ型」雇用システムは、職務や勤務地などが限定されない雇用形態で、企業側が社員の勤務地や配属先の決定権を握っています。
 このため社員は自律的に、専門性を身につけることが難しいのです。
 中高年の社員が管理職コースを外れてしまうと、多くはスキルも持たない上に、今さら新たな部署でキャリアを再構築するのも難しく、行き場を失ってしまいます。
 中には、職場に貢献できずにモチベーションを失い、定年まで会社にしがみつこうとする人も出てきます。

● 管理職と専門職、若手のうちに2つの道を用意して

―― 解決策はありますか。

濱口・・・「働かないおじさん」になってからでは遅すぎます。
 企業は20〜30代の社員に対して、管理職とは別に、専門技能を身につけるためのルートを設けるべきです。
 専門的なスキルは50代、60代になっても維持できるため、若い頃とさほど変わらぬ成果を期待できます。
 働きぶりが賃金に見合っていない中高年社員に対する、最も手近で短期的な効果が見込める解決法は「リソースを減らす」こと、つまり早期退職です。
 しかし、それは本来活用できたはずのリソースを捨ててしまうことでもあります。
 資源を資源として使えるようにするのが経営的にもベストの解決策ですし、労働者に対する企業の役割でもあるはずです。

―― それは日本企業の中に、職務の限られた「ジョブ型」に近い働き方を作るということでしょうか。

濱口・・・そうです。
「ジョブ型」の導入も今に始まった議論ではなく、長い間続けられてきました。
 日経連は24年前、「新時代の日本的経営」という論文で、雇用の将来像を打ち出しました。
 その中ですでに、労働者は正社員と「高度専門能力活用型」という名のジョブ型社員、そして短期雇用労働者に3分されるという図式が示されています。
 しかし労働者は結局、正社員と非正規雇用に分かれただけで、「専門人材」は増えませんでした。
 メンバーシップ型の日本企業において、本当の意味で専門職が求められる状況にはならなかったということでしょう。

● 制度改革の余力ない企業 高齢者雇用義務化が「ジョブ型」後押し?

―― ジョブ型の必要性が高まっている今なら、導入が進むのではないでしょうか。

濱口・・・政府の規制改革推進会議は、ジョブ型の普及に向けた法整備などを提言しています。
 しかし企業の自主性に任せても、なかなか前進しないのではないでしょうか。
 なぜなら、雇用制度の改革には大きなエネルギーが必要だからです。
 企業は、持続可能性を高めるためには改革が必要だと分かっていても、目先の経営に精一杯で、なかなか手を付けられません。
 改革にエネルギーを割いたら職場が回らなくなる、あるいは競争に負けてしまう、というパラドクスに陥っています。
 ただ、高齢者の雇用義務化の流れが、ジョブ型への移行を促す可能性はあります。
 中高年の社員が社内に増えれば増えるほど、企業としては、戦力として働いてもらうための対策を講じずにはいられなくなるでしょう。
 その中で、若手のうちに専門的なスキルを身につけさせる動きが加速するかもしれません。

● 若手は危機感持ちつつ、社内で打てる手を打つ 軽々な退職は禁物

―― 若手社員の中には「働かないおじさん」を冷ややかな目で見る向きもあるようです。

濱口・・・「働かされ盛り」の若手社員の目には、中高年社員が恵まれているように映るのかもしれません。
 ただ実際のところ、日本の若者も就職に関しては、国際的に見てかなり恵まれています。
 大卒者は新卒一括採用によって、専門的なスキルがなくとも正社員就職の道が開かれています。
 ジョブ型の欧米企業は、欠員補充での採用が中心なので、実務経験のない新卒者が職に就くのは容易ではありません。
 薄給・無給のインターンをしながらポストが空くのを待っている若者や、失業する若者もたくさんいます。
 ただ若者の「冷やかさ」の中には、中高年に差し掛かった時、自分たちも彼らのようになってしまうのではないか、という漠然とした不安が含まれているのかもしれません。

―― 若手社員が企業内でキャリアを構築する方法はありますか。

濱口・・・前にお話ししたように、メンバーシップ型の雇用システムは、社員が自律的にキャリアを作れるようにはできていません。
 だからと言って、正面から制度に立ち向かうのは損です。
 メンバーシップに安住することへの危機意識を持ちつつ、社内で打てる手を打っておくのが、現実的だと思います。
 例えばさまざまな機会をとらえて、周囲に自分が「専門家」を目指していることをアピールするなどです。
 日本の人事制度にはある種の柔軟性があり、社員の意思を一定程度汲んでくれる場合もあります。
 目指すキャリアにこだわりすぎて、残業や転勤、異動などの命令に全く従わないのも得策ではありません。
 職場の許容範囲を見極めた上で、できる限りのキャリアビルドを試みてはどうでしょう。

―― 転職によって、新たなキャリアを模索するという選択肢はいかがでしょうか。

濱口・・・若手社員にとって、うかつに会社を辞めてしまうのは最悪の選択肢です。
 正社員という安定した地位を失うことは、人生において大きなリスクです。
 ぎりぎりまで会社の中で実績を積むべきだと思います。
 中高年も同様に、条件がいいからと早期退職を利用し、キャリアの見通しもなく辞めてしまうのは考えものです。
 早期退職後、成功したキャリアを築いている人は大抵、辞める前からある程度、その後のレールが見えていることが多いのです。
 若手であれ中高年であれ、軽々しく転職や独立を勧める人の口車には乗らないことが肝要です。


弁護士ドットコムニュース、2019年12月15日 09時31分
「働かないおじさん」はなぜ量産される?
早期退職で羽ばたけるのか、濱口桂一郎氏に聞く

(ジャーナリスト・有馬知子)
https://www.bengo4.com/c_5/n_10529/

posted by fom_club at 07:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

森達也監督にインタヴュー

Q(書籍編集部)−−今回の映画『 i -新聞記者ドキュメント-』では、東京新聞記者・望月衣塑子さんが中心人物となっています。
「新聞記者・望月衣塑子はなぜ、嫌われるのか? あるいは、なぜ彼女を応援したくなるのか?」を入り口に、人によってさまざまなテーマに思いを巡らせる映画だと思いますが、森監督が、望月さんを「この人、面白い」と思われたきっかけは?

森達也監督(以下、「森監督」)・・・6、7年前、望月さんが書いた本『武器輸出と日本企業』(角川新書、2016年7月)で、帯に推薦文を書きました。
 この本で、望月さんは、防衛装備庁を発足し前のめりに進む防衛省と、戸惑い足並みが揃わない日本企業の実態を示しました。
 日本がいかに武器大国になろうとしているのか、それまで触れられなかったところを鋭く取材しています。
 発見がたくさんありました。
 人がしないことに興味を持つ−−その姿勢が面白いと感じました。
 それから、やっぱりパーソナリティの魅力ですね。
 その本の出版イベントで初めて会ったのですが、第一印象は「ほんとに、よくしゃべる人だなあ」でした(笑)。

Q−−今回、映画の撮影で、2018年12月から2019年5月まで半年間、望月さんに密着されたわけですが、イメージは当初と変わりましたか?

森監督・・・当初と同じ、とにかく無言でいることがほとんどない。
 これまで僕の映画の被写体はオウムの荒木浩さんとかゴーストライター騒動の佐村河内守さんとか、どちらかといえば寡黙な人が多かったので、これはちょっと面食らいました。
 沈黙は内面の揺れや悩みを外在化します。
 観る側の想像力も喚起する。
 人間は多面的です。
 本当は気が弱いのに強く見せようとしたり、その逆ももちろんあるし、いろんなアンビバレンスが生まれる。
 そこが面白かったりするわけですが、望月さんの場合、良い意味でも悪い意味でも、表裏がない。
 彼女の側にいる人、良く知る人で、彼女を嫌いな人はいないと思います。
 ただ、嫌いじゃないけど、「あんまり、こっちに来ないで欲しい」という人は、いるかもしれない(笑)。
 とにかく、僕の百倍はメンタルが強い。 
 それから「個」が強い。
 言い換えると集団に馴染めない人、どうしても同調できない人−−ですね。
 でも、望月さんの取材する様子を撮りながら、「ジャーナリストとしては当たり前のことをしているだけ」という思いが強くなりました。

Q−−森監督ご自身が、内閣官房長官の記者会見を、どうにかして撮影しようと、あらゆる方法を試みる様子も興味深かったです。
 フリージャーナリストたちが会見に参加すること自体が難しく、記者クラブのメンバーによる「審査」があり、全員一致の承諾が必要であるとか、参加できても質問は許されないなど、メディアと政治家の関係を考えさせる場面もありました。
 望月さん自身は、「(自分は)所属が政治部ではなく、社会部だったことで、会見でも“空気を読まずに”疑問をぶつけることが出来た」ことを書籍『THE 独裁者』(KKベストセラーズ)の中でも語っています。

森監督・・・望月さんは、菅官房長官に執拗に質問をし続け、その攻防が話題を集めました。
 でも、冷静に考えると、そうしたことで望月さんが注目されること自体がおかしいですよね。
 ジャーナリストが、(会見で)疑問をぶつけることは当たり前ですから。
 他の新聞記者たちは、もう少し自分勝手に振舞ってもいいのでは、と思います。
 みんな記者というよりも組織人です。
 だからジャーナリズムは停滞していく−−そんな風に考えています。

Q−−森監督は、報道におけるテレビや新聞といったメディアの役割について、どうお考えですか?
 ドキュメンタリー映画と、そうしたメディアとの一番の違いは何でしょうか?

森監督・・・報道においてテレビと新聞は、メインストリート・ジャーナルです。
 時おり勘違いされるけれど、僕はジャーナリストではない。
 あくまでも映画監督です。
 本も書くから「表現行為従事者」ともいえます。
 自分自身の主観・思い、自分の表現を最優先しています。
 これはジャーナリストが目指すべきベクトル(方向)とは違います。
 客観的にバランスを考え、可能な限り中立性や公正を目指す。
 ジャーナリストはそうあるべきです。
 ただし、そもそも絶対的な中立は達成できません。
 だって両端は誰が決めるのか。
 時代や国によっても両端は変わります。
 公正も同じ。
 相対的なんです。
 ジャーナリストはあくまでも、達成できないことをしっかりと自覚しながら、できるかぎり中立で公正を目指す存在だと思っています。
 ドキュメンタリーは違います。
 優先順位としては、自分の主観や世界観を最上位に置かねばならない。
 だって「表現」ですから。
 確かに、ジャーナリズムっぽいドキュメンタリーもたくさんあって、その境界はグラデーションです。
 最終的には、作る側がどのように自分と自作品を規定するかです。
 つまり自己申告ですね。

Q−−「新聞は社会の公器」と言われるように、客観性や信頼性が求められるわけですね。
 それでは、新聞記者個人の感情と客観性のバランスの取り方は?

森監督・・・僕は、ジャーナリストには客観性と主観性、両方が必要だと考えています。
 100%客観的なジャーナリストなんて存在しません。
 先程も言った通り、そもそも、そういう人間は存在しない。
 現場に行って、自分の思ったことや気付いたこと、怒りの感情を持ったり、これはひどいと嘆息したこと。
 それらはつまり主観です。
 このときの主語は、当然ながら一人称単数です。
 この主観をいかに客観的な記事にするか、そこにはスキルが必要なんでしょうけど、両方なくてはいけないもの。
 望月さんには両方がある。

Q−−映画のワンシーンで、外国特派員記者が望月さんに発した質問は、実に印象的でした。
「あなたは東京新聞の人ですか? それともジャーナリストの方ですか?」

森監督・・・外国人ジャーナリストにとって、どこに所属するかは最優先順位ではない。
 いろいろな組織を転々としながら、ステップアップしていくのが当たり前のことです。
 でも日本では、終身雇用的なものが、いまだにあります。
 日本の記者たちは、ジャーナリストという職を選択したんじゃなくて、メディアとカテゴライズされる会社に入るという選択をした。
 外国人記者からはそう見えています。
 ただし、組織ジャーナリズムは必要です。
 記者たちがみなフリーになってしまったら、予算がかかる海外取材は難しくなるし、それこそ官邸にも入れない。
 時にはチームプレイも重要です。
 だから組織に所属しながらいかに個を保つか、それがメディアに帰属している人たちの重要な使命です。
 でもそれが機能していない。

Q−−記者という肩書きの、サラリーマン人生を選択したわけですね。

森監督・・・だからコンプライアンスやガバナンス、上司の指示や規則やルールが最優先されてしまう。
 9時から5時まで働く他の職種なら、それで事足りるのかもしれない。
 でも、ジャーナリストには「現場性」が必要です。
 現場に行って感じる。
 思う。
 誰かの話を聞く。
 自分の目で見る。
 怒りを感じる。
 決意する。
 これらの述語の主語は個です。
 会社じゃない。

Q−−森監督はかつて、オウム真理教を題材にしたドキュメンタリー番組の撮影を進められる中で、オウムを絶対的な悪として描くことを強いた番組の局サイドと衝突して、契約を解除されたそうですね。
 その後、自主制作のドキュメンタリー映画として完成したのが、『A』(1998年)で、公開後、賛否両論、物議を醸し、社会に波紋を及ぼす作品となりました。

森監督・・・結果的にそうなったんだけど……。
 局と戦う、といった強いモチベーションがあったわけじゃない。
 ぼーっとしてたら、あれ、首になっちゃった……みたいな感じです。
 望月さんも僕も、確かに組織に馴染めないという点では同じなんですが、ベクトルは逆です。
 彼女は激しく動き回って衝突しながら、さまざまな摩擦や軋轢を起こす。
 そして全身を使って問題提起する。
 僕は鈍いし、ぼーっとしていて、ふと気づいたら、みんなどこかに行っちゃった……という感じ。
 オウムの映画は、そうして完成した映画でした。

Q−−望月さんのように、「個」が強いというのは、ジャーナリストの条件ですか?

森監督・・・自分は「個」が強い、などと意識している人って、気持ち悪くないですか。
 望月さんも「個」ということを意識していたわけではないと思う。 
 僕は映画を何本も撮ってきましたが、結局、言っていることはいつも一緒だなと自分でも思います。
 敢えて言葉にすれば「集団と個」。
 これを表現するためにオウムを題材に『A』を撮ったり、ゴーストライター騒動の佐村河内守氏を追った『FAKE』(2016年)を撮ったり、東日本大震災の被災地を訪れて『311』(2011年)を撮ったり……。
 そして今回は『i 新聞記者ドキュメンタリー』だった。
 僕としては、撮りながら、自分で自分を分析しているわけで、これはずっと変わっていません。
 いま改めて思うのは、人間というのは、集団、組織がないと生きていけないということ。
 だって集団とは言い換えれば社会性。
 ホモサピエンスの必須要素です。
 一人で生きることなどできない。
 でもだからこそ、集団のリスクと副作用をしっかりと意識すべきです。
 集団は時に大きな害悪を周りに撒き散らします。
 戦争や虐殺はまさしくこの典型。
 人類は、こうした失敗をさんざんしてきたにも関わらず、何度も同じことを繰り返しています。
 特に日本人は、集団や組織と親和性が高い。
 ならば集団のリスクをより強く実感しなくてはいけない。
 ところが最近は特に、自分たちの負の歴史を否定しようとする傾向が強くなっている。
 今の時代に生きる一人としては、非常にやるせないと同時に悔しい。
 この思いは、作品に織り込もうと思っています。

Q――こうした社会の変化は、いつ頃からだと思われますか?

森監督・・・地下鉄サリン事件以降にギアが変わったと思っています。
『A』撮影のためにオウム施設に入って社会を見つめながら、大きく変動し始めていると気づきました。
 さらにこの流れは、2001年に起きた「9.11」(アメリカ同時多発テロ)と、2011年の東日本大震災で加速します。
 その意味では2011年に流行語対象にノミネートされた「絆」が象徴的です。
「9.11」以降は、集団化は全世界的な現象へと拡大しました。

Q――映画には、籠池夫妻や前文科省事務次官・前川喜平氏、ジャーナリストで性暴力被害を訴えている伊藤詩織さんも登場していますね。
 モリカケ問題、沖縄の辺野古沖の土砂投入とサンゴ移植問題、沖縄・宮古島駐屯地に弾薬庫が整備されていた問題など、政府の対応が疑問視される数々の問題を追う望月さんの奮闘ぶりが伝わってきます。
 それに、実に歯切れの悪い官僚や政治家たちの苦々しい表情、ある意味、慇懃無礼な様子がリアルで、日本の政治の現状を表わしていて興味深かったです。
 観る人の知識や考え方によって、そこから考察することはさまざまだとは思いますが、映像というものの情報量の多さやリアルさを感じました。 
 安倍政権は、問題が次から次へと起きるにもかかわらず、この11月に憲政史上最長の政権となりました。
 望月さんは書籍『「安倍晋三」大研究』(KKベストセラーズ)で、籠池夫妻に保釈後初のインタビューを行い、モリカケ問題の新たな一面をクローズアップ。
 また、安倍晋三の歴史認識を表す「核戦術や自衛隊」についての発言や、国会でお馴染みの「安倍話法」を紹介・分析して、政治家としての資質を再検証しています。
 森監督は、安倍政権をどんな風に捉えていますか?

森監督・・・まさしく今の自民党は、集団化の象徴です。
 所属議員たちはほぼ一様で、政権中枢とは違う意見が出てこない。
 昔は違ったはずです。
 もっと多様な議員がいた。
 その政権にとって、集団化された社会は統治しやすい。
 集団化は分断と同時に進行します。
 そして敵を求める。
 ならば敵を可視化すればよい。
 支持率は上がります。
 集団内には同調圧力が働きます。
 イワシの群れなどが典型だけど、みんなで一緒に動く。
 このとき野生の生きものたちは、五感で周囲の動きを察知します。
 僕たち人間は五感は退化したけれど、代わりに言葉を得た。
 つまり指示です。
 だからこそ今、全世界的に独裁的な政治家が支持を集めている。
 ならば、指示が聞こえない場合はどうするか。
 きっとリーダーはこういう指示をするだろうと推測して行動する、つまり、「忖度」です。
 安倍政権でモリカケ問題がクローズアップされて、「忖度」という言葉が流行語のようになりましたが、これほどに「忖度」が多くなった理由は、集団化しているからこそ起こった現象です。
 少数派に、多くの人と同じ考えや行動を暗に強制する「同調圧力」。
 この「同調圧力」的なものを引きよせているのは、やっぱり自分自身なわけで、強制されているわけではない。
 もっと自由でいいんです。
 人生は70年か80年。
 同じ景色ばかり見て死ぬのは嫌だし、それは何だか貧しいなあと思う。
 視点を変えたら、全然違うものが見えてくるのに。
 政治に関心があるのは、40代や50代以上の世代です。
 でもね、僕はやっぱり若い世代に、もっと関心を持って欲しいと思います。
 自分たちは政治とは切り離されていると、彼らは思っているんでしょうね。
 でも、例えば普段飲んでいる清涼飲料水のペットボトルにしても、あるいは常に手もとにあるスマホだって、実は全部、政治の産物なんです。
 とても身近な存在です。

Q−−今、世界中が「右傾化している」と言われています。
 日本では、「ネトウヨ(ネット右翼)は中高年男性が多い」とか、「あの人は、パヨク(ネット左翼)学者だ」とか、「若い人たちが右翼化している」「あの団体は保守、あの人は左派」などと分類したり、レッテルを貼る傾向があります。

森監督・・・「9.11」の後、集団化を一気に進めたアメリカはイラクに侵攻して、フセイン体制は崩壊しました。
 その帰結としてIS(イスラム国)が誕生してテロは世界に広がり、さらにシリアの内戦が始まった。
 だからこそ集団化は拡大します。
 英国のEU離脱問題や移民問題もここから派生します。
 ヨーロッパでも、いわゆる保守政権、右翼政党が支持率を上げると、皆口々に「右傾化だ!」と危惧しますが、僕は集団化だと思う。
 敢えて言うのなら疑似右傾化。
 そこには思想はありません。
 ただ、みんなで集まりたい、同質の者同士で集まって安心したい――それだけなんです。
 不安や恐怖を中和したくて、なるべく心を許せる同じような人達で集まって、身を守ろうとする。
 もっと言うと、同じような人でなければ、排除したい。
 この動きが一見、右傾的に見えるわけです。
 ドイツの哲学者、エーリッヒ・フロムが、ドイツ国民はなぜ、ナチズムに傾倒していったかについて、書籍『自由からの逃走』(東京創元社、新版、1952年1月)で考察しました。
 20世紀初頭、ドイツは民主的手続きを経ながら全体主義へと移行した。
 そこにイデオロギーや理念など、明確な右傾化へのプロセスがあったわけではない。
 近代になって地縁など旧来的な共同体から外れて孤独になった人たちが連帯を求め、自由からの逃走、つまり権力から強く統治されることを自ら望み、その結果として全体主義が出現した、ということです。

Q−−最後に読者にメッセージをお願いします。

森監督・・・映画は、撮って編集するところまでは僕のものだけど、そのあとは、見た人のものです。
 自由に解釈してくれていい。
 監督の思惑なんてどうでもいいんです。
 とにかく観てほしい。
 それに尽きます。

[写真]
取材中の望月衣塑子記者

[写真]
首相官邸前で警備の警官に疑問を呈する森監督

BESTT!MES、2019年12月06日
森達也監督インタビュー
新聞記者「望月衣塑子はなぜ、嫌われるのか?」
メディアと政治、起きている「今」を映画で描く

https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/10948

posted by fom_club at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田原総一朗氏 × 望月衣塑子氏が斬る!C

● 森友学園疑惑を再検証して分かる、「桜を見る会」問題の本質

望月・・・森友学園疑惑(下段【注】参照)は、どう思われますか?
 今年2019年10月に、検察側は籠池夫妻どちらにも懲役7年を求刑しました。
 そして「桜を見る会」の件を見ていると、モリカケ問題と同じようなことが、次々と明らかになってきています。

田原・・・これは望月さんに聞きたい。
 望月さんは、『THE 独裁者』で、森友学園疑惑の問題を、詳しく検証している。
 それに、『「安倍晋三」大研究』では、籠池夫妻が釈放された半年後の2018年12月に、釈放後夫妻では初のインタビューもしている。
 籠池さんは、安倍さんの大応援団だったはずなのに、どういう理由で、いつから敵になったのか?

望月・・・最初は自分を支援してくれた“縁故者”だった籠池さんが、“敵”に変わったのは、2017年3月23日に国会での証人喚問に立った時だと思います。
 嘘がつけない場で、籠池さんは、昭恵夫人を介して安倍首相から、寄付金100万円を受け取ったことを証言しました。
 安倍首相はのちに、テレビの番組で籠池さんのことを「籠池さんは詐欺を働く人間。昭恵も騙された」とも発言しています。

田原・・・何で安倍さんが籠池さんのことを、「詐欺を働く人だ」とまで言うのか?
 自民党は大反対だったが、野党は籠池さんを国会に参考人として招致したいと再三求めた。
 ここから驚天動地で、国会招致から証人喚問になった。
 なぜ、出頭拒否が出来ない虚偽答弁を行うと処罰される証人喚問になったのか?
 安倍さんがそう証人喚問にしろと言ったのか?

望月・・・安倍首相自身が、そのような要求をしたかどうかは分かりません。
 安倍首相は2月17日には籠池さんのことを「教育に対する熱意が素晴らしい」「私の考えに共鳴している人」だと言っていたのに、同月24日には「非常にしつこい人」「教育者としていかがなものか」と否定する方向へと変わっています。
 また、証人喚問前には、安倍事務所の初村秘書から「昭恵夫人の名誉校長の称号を外してくれ」と電話があったといいます。
[注]
◆「森友学園疑惑」は、もともと豊中市議の木村真さんの疑問がきっかけで始まった。
 朝日新聞が2月9日に、約8億円の値引きを1面トップでスクープ。その後、
 2月17日の衆議院予算委員会で安倍首相が「私や妻が関係していたら、首相も国会議員も辞める」と述べたことで、騒ぎは加熱。
 昭恵夫人がその学園の名誉校長だと出たあたりから、猛烈な批判が集中し始めた。
 昭恵さんは、名誉校長を突如辞任。
 そして夫妻は、2月20日に酒井弁護士経由で、財務省・佐川理財局長からの“身を隠せ”という指示もあったと籠池夫妻は話している。
◆ また、同月22日には内閣府で、佐川理財局長らによる官房長官会議が開かれ、財務省から出てきた一連の文書を確認。
 ここで財務省の文書改ざんが決まり、始まったといわれている。
◆ さらにその後、籠池さんが100万円寄付の話をし、郵便局の振替受領票がその傍証として示され、これも大きな注目を集める。
 が、首相側は全面否定。
 そして結局、3月23日、籠池さんは出頭拒否出来ない国会の証人喚問に立った。

● 国有地8億円の値引きと文書改ざんを再び追及せよ!

田原・・・しかし、それにしてもなぜ8億数千万もの値引きとなったのか?

望月・・・値引きの根拠は、廃材ゴミでした。
 学園の土地の地下約3.8メートルより深い位置にあるゴミの撤去費用ということでしたが、このゴミが実はなかった。

田原・・・なぜ「ない」のに、「ある」ということが通ったのか?

望月・・・要は、安倍首相案件だからです。
 籠池夫妻と安倍昭恵夫人の繋がりが見えたことで、地元の近畿財務局を始め、土地を所有する国交省、近畿財務局を含めた財務省、学園を認可する大阪府など、官僚たちが「忖度」して、この件がスムーズに進むよう便宜を図った。

田原・・・安倍首相が「下げろ」と言ったのか?

望月・・・安倍首相は、直接言っていないと思います。

田原・・・それでは安倍昭恵夫人が言ったわけ?

望月・・・昭恵さんも言ってないと思います。

田原・・・僕は、この問題を一番深く取材したのは「朝日新聞」の大阪社会部だと思う。
 その中でも一番、深く長く取材した人物に「なぜ、8億円下げたのか?」と聞いた。
 それから、菅野完氏にも聞いたんだが……。
 しかし、経産省の文書改ざんにしても、国有地の約8億円の値引きにしても、今回の「桜を見る会」と同じで、理由やその経緯が、はっきりしないことばかりだ。
 森友学園疑惑では特に、なぜ文書を改ざんしなければならなかったのか、この点をうやむやにしないで欲しい。

望月・・・そうですね。その点に凝縮されていますね。

田原・・・僕も取材したいけれど……。

望月・・・世の中の人も忘れてはいないのです。
 絶対に封印させてはいけないと思っています(*下段【補足】参照)。
[補足]
◆ 籠池夫妻が本年10月31日、特派員記者クラブで記者会見を行なった。
​◆ 10月の論告求刑公判で「検察が籠池夫妻に懲役7年を求刑したこと」を受けての会見だった。記者の質問に答える形で、籠池さんは、
「2017年4月に瑞穂の國記念小學院の開校には、安倍夫妻が来ることが決まっていた」と話し、それに間に合わせるべく建設は急ぎ進められたという。
 そうした中で、工事関係者のキアラ設計、藤原工業側の主導で全てが進んでいったと主張している。
 また、別の取材の時には、元大阪府議の人物が籠池夫妻に、キアラ設計と藤原工業という会社を紹介したという経緯も話している。
◆ 同記者会見で籠池氏は、「森友学園は今、民事再生中です。しかし管財人が破産の方向で進めようとしているのです。森友学園がなくなれば、2回にわたる家宅捜索で押収された膨大な資料を、検察は返却する必要もなくなるのです。財務省や昭恵夫人、政治家との関わりが分かる証拠書類が闇に葬られる……」と主張している。

● 国際舞台で日本の政治家が発言出来ない理由

田原・・・トランプ大統領が、「ニューヨークタイムズ」と「ワシントンポスト」の記事をフェイクニュースだと言った。
 それがきっかけで、ニューヨークタイムズとワシントンポストはどんどん部数を伸ばした。
 日本の場合、東京新聞が頑張っても部数が伸びない。
「安倍新聞」と揶揄される「産経新聞」も伸びてない。
 この間、朝日新聞の幹部に、「最近の朝日はつまらないね」と言ったら、「部数が伸びてないから、取材費を落としている。それと、働き方改革で取材が出来ていない」ということだった。

望月・・・いまの新聞記者は、かつてに比べて大人しくなったと思われますか?

田原・・・そういう意味では望月さんは貴重な存在。
 こんなうるさい人はあまりいない。
 でも、日本の他の新聞記者はなぜ、おとなしくなったのか?

望月・・・アメリカでは、先生が言ったことをまず疑い、その上で「議論を始めましょう」となります。
 日本では、そういうことが小中高では教えられない。
 大学の先生がいろいろ話した後、「みんなどう思う?」と聞いても、答えてくれないそうです。
 自分たちの中で何がよくて何が悪いか分からないまま、疑問の目を育てないまま、小中高時代を過ごしてしまうわけです。
 だから考えたり、発信したりする力は低下するばかりです。

田原・・・宮澤喜一さんが、先進国首脳会議や国際会議で日本の政治家は発言しないと指摘していた。
「なぜ、しないのか?」と聞くと、「英語が話せないからだ」と言っていたが、それは「違う」と思う。
 日本の教育が悪い。
 特に、小中高が良くない。
 教師は、生徒に正解のある問題しか聞かない。
 正解を答えないと生徒は怒られるんだよ。
 だから政治家も正解を答えないといけない。
 先進国首脳会議やG7に、正解なんてあるわけがない。
 アメリカやヨーロッパでは正解のない問題を生徒に提示している。
 イマジネーションやディスカッションを重視して、こうしたことをするわけだ。
 日本は正解を求めてばかりだから、いつまで経っても西欧の人たちから相手にされない。

 意見表明がないから、“不思議の国の人たち”としか見えないからね。

望月・・・今、政府が進めている、英語の民間試験導入などのそもそもの下地になるものは、アベノミクスの第三の矢「成長戦略」を議論するために設けられた「産業競争力会議」にあったという指摘があります。
 つまり、産業界のニーズのために大学改革や高校教育の改革を行なおうとしている。

「官房長官を記者みんながボイコットすればいいだけだ!」

田原・・・望月さんが官邸から怒られても、記者仲間は望月さんの味方しないよね。
 どうしてそんなにだらしないのか。
 官房長官を「ボイコットする」とみんなで決めればいい。

望月・・・それができない……。

田原・・・どうして、そんなにだらしないんだ。

望月・・・安倍長期政権の威力に新聞記者は屈しているということなのかもしれません。

田原・・・違うと思う。
 ただ、記者たちは一切取材拒否すればいいんだ。
 そうしたら、官邸の方が、「頼むから取材してくれ」となるんだ。

望月・・・新聞記者の多くは、官邸に取り込まれてしまった、ということになるのかもしれません。

田原・・・ストライキできないのか……。
 民主党政権はなぜ潰れたか。
 潰したのは検察だった。


 言い換えると、検察が小沢一郎を潰した。
 西松建設事件で。
 小沢のトップ秘書を逮捕し禁錮3年執行猶予5年の判決が下されたが、小沢本人は結局、不起訴処分。
 それで今度は陸山会事件
 世田谷・深沢の土地購入をめぐる資金疑惑でまた逮捕。
 マスコミはみんな「小沢が悪い」と、ワッーと一斉に叩いた。
 そのとき、ある新聞の幹部に、「この情報は全部検察から出てるはず。なぜ、検察からの情報と書かないのか」と言った。
 そしたら、「書いたら出入り禁止になる」。
 しかし、もっと悪いのは民主党議員までが、「小沢が悪い」と言い出したこと。
 結局、民主党はそれで分裂した。あの時、望月さんは?

望月・・・特捜担当で、小沢さんの案件は取材していました。

田原・・・それで、「小沢は悪くない」と書いた?

望月・・・いえ、書いていません。

田原・・・僕は、「小沢は悪くない」と言ってた。
 ロッキード事件以後、検察はいろいろと検挙摘発したけれど、リクルート事件などは絶対、冤罪。
 鈴木宗男事件も、ホリエモンのライブドア事件と、検察の強権捜査が続いた。
 僕は堀江貴文さんも冤罪だと見ている。
 逮捕される前の日まで僕は彼と対談していたんだ。
 彼が「フジテレビ」を買収した時、マスコミは全部アンチ堀江になったけど、僕は堀江支持だった。
 この問題が決着し、彼が衆議院選挙に出たタイミングで検察が逮捕。
 容疑は証券取引法違反だった。
 結局は部下の役員たちが堀江さんの名前で粉飾決算をしていたことが分かって、無罪を主張したが、堀江さんは懲役2年6カ月の有罪判決。
 粉飾をしたのだから、会社の代表である堀江さんに確かに責任はあるけれど、いろいろ考えると本当は執行猶予だったと思う。
 そこで、重要なのがジャーナリズム。
 新聞とテレビの役割は大きい。しっかりしてもらわないと困るんだよね。

望月・・・ネット時代と言われていますが、真相を掘り起こしていくのがジャーナリズムだと思っています。
 例えば森友学園疑惑を掘り起こしたのは、社会部の記者たちですが、そもそもの端緒は、豊中市議の木村真さんが地道な調査の中で怪しい土地の売却や、値引きの経緯を発掘したことです。
 それをもとに記者たちが取材しました。
 こういう調査報道では、オールドジャーナリズムといわれる新聞にはいまだ強さがあると思います。
 新しいメディアは、読みやすさはありますが、十分な調査報道が出来るだけの人や、お金が足らないという事情もあるでしょうね。
 例えば「毎日新聞」が続けている「公文書クライシス」、東京新聞も「税を追う」という特集キャンペーンを張っています。
 じっくり時間をかけて、細かく取材ができる体制があるのは新聞だし、雑誌ジャーナリズムの力でもあると思います。
 こうしたものがないと政権の暴走を許すことになってしまうと考えています。

田原・・・東京新聞の望月さんには、徹底的に森友学園疑惑をやって欲しい! 
 この問題が始まった時から追って、籠池夫妻にもインタビューもしているんだから。
 頼んだよ!

[写真]
大阪地方裁判所前で。『「安倍晋三」大研究』(KKベストセラーズp298より)

[写真]
建設が進み、開校も間近かだった瑞穂の國記念小學院
 
[写真]
検察から懲役7年を求刑された翌日、10月31日に外国特派員協会での記者会見

[画]
『THE 独裁者』(KKベストセラーズ p64より) 画・ぼうごなつこ

[画]
森友学園疑惑の中心人物、籠池泰典氏の国会証人喚問は、世間の注目を集めた。『THE 独裁者』(KKベストセラーズp65より)画・ぼうごなつこ

BEST T!MES、2019年12月15日
憲政史上最長「安倍政権」の行方
「桜を見る会&森友学園」疑惑も本質は同じ。要は忖度!「安倍首相案件だから・・・」

https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/10964

posted by fom_club at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田原総一朗氏 × 望月衣塑子氏が斬る!B

「憲法改正をする必要は、全くない」と安倍さんは小声で言った

田原・・・ここにきて、安倍さんが憲法改正のボルテージを上げた。

望月・・・安倍首相は、憲法を改正する必要はないと言っていますよね。
「安保法制ができたから、(憲法改正は)もういいんだ」と、きっぱり言い切っています。

田原・・・2016年7月に参議院選で自公が3分の2議席を取った。
 衆議院は先だって行われた衆院選で、憲法改正に必要な3分の2を取っていた。
 僕は安倍さんに「いよいよ憲法改正だね」と言ったんだ。
 そしたら安倍さんは小声になって、『憲法改正する必要は全くありません』と。
「なぜ?」と聞き返したら、「集団的自衛権の行使ができるようになったからです」と明言した。
 アメリカが、とにかくうるさくて、このままでは日米関係を維持できない。
 それで集団的自衛権の行使を決めたら、アメリカは満足して何も言わなくなったそうだ。
 だから憲法改正する必要はない、という理屈になるわけだ。

 2016年9月に聞いた話だけれど、その翌年「憲法を改正する」と言った。 
 もっと言うと、集団的自衛権の行使をやるべきだと言ったのは元駐タイ大使の岡崎久彦氏。
 ちなみに祖父・岡崎邦輔氏も政治家で、近代外交の礎を築いた陸奥宗光とは従兄弟の関係にあるという。

望月・・・岡崎さんと言えば、(2002年)頃、タカ派の貴公子として注目を浴びていた安倍さんに、目を付けたとされていますよね。
『「安倍晋三」大研究』(KKベストセラーズ)の漫画「安倍晋三物語」の中で紹介したのですが、岡崎さんと、安全保障研究者の佐世昌盛氏が、安倍さんに集団的自衛権について“教育”をしたと。
 安倍さんを始めとする政治家を教育するための教科書が、佐世昌盛氏の1973年の書籍『集団的自衛権』。
 実は佐世氏は、安倍さんが成蹊大学を入学する時に面接官を務めた人物で、当時は大学の助教授だった。

田原・・・その通り、事実です。
 岡崎さんは、安倍さんに集団的自衛権の問題を片付けさせようと考えていた。
 本当は、小泉純一郎にやらせたかったようだが、小泉元首相は反対したようだ。

田原・・・アメリカは、極東問題として日本を守る責任があった。
 安保条約で、日本が攻められたらアメリカが守ることになっているが、アメリカが攻められても日本は何もしない。

 しかし冷戦が終わって、アメリカは極東を守る責任が無くなった。
 そうすると、日米同盟を持続しようと思えば片務的条約となる。
 それで日本は慌てて集団的自衛権を成立させなければならなかったわけだ。
 岡崎さんは、「これで憲法改正の必要はない」と言ったそうだ。

● 日本は憲法改正を行うべきなのか? アメリカ、日本会議の影響は?

望月・・・安倍さんは、今の世論では憲法改正はできないと分かっていますよね。
 それでも憲法改正を掲げるのは、その旗を降ろした瞬間に自分を支えている日本会議のような人たちから、支持を得られなくなると思っているからですよね。

田原・・・そう、捨てられてしまうだろう。

望月・・・田原さんは、安倍さん自身に憲法を改正したいという思想はあると思われますか?
 祖父の岸信介元首相の意志をついで、とか……。

田原・・・岸さんは関係ないと僕は思う。
 自衛隊ができたのは何年?

望月・・・陸上自衛隊の全身である警察予備隊の創立は1950年。

田原・・・自民党ができたのは1955年でしょ、最初の首相が鳩山一郎。
 鳩山一郎は、日本は憲法9条2項で戦力不保持、交戦権は所持しないとなっているが、自衛隊は明らかな戦力であり交戦権に当たるとして、憲法を改正しようとした。
 続く岸も憲法改正、ところが池田勇人内閣、その後の(安倍首相の大叔父に当たる)佐藤栄作内閣とそれ以降、誰一人として憲法改正を言わない。

 僕は宮沢喜一に「池田さん、佐藤さんは噓をついていることになる。憲法と自衛隊は明らかに矛盾している」と直言したことがあった。
 宮沢さんは「違う」と。
「日本人は自分の身体に合った洋服を作るのが下手だ」と言うんだ。
 宮沢さんらしい言い方だった。
 宮澤さんは、「日本人は押し付けられたものに体を合わせるのは得意。自分に合うものを作ろうとしたのが満州事変(1931年)、日中戦争(1937年〜45年)となった」と分析している。

 押し付けられた洋服とは日本国憲法。
 あの憲法を押し付けられたために日本にはまともな軍隊は作れない。
 だから日本の安全保障はアメリカ頼みとなるという。
 そしてアメリカの戦争に巻き込まれる。
 佐藤栄作内閣の時にベトナム戦争が始まった。
 アメリカは日本に、一緒にベトナムで戦おうと言ってきたそうだ。
 宮澤は、佐藤栄作がアメリカに「NO!」とは言えないことは分かっていた。
 そこで、「本当は行きたいが、難しい憲法を押し付けたのはアメリカじゃなかったのか」と言ってなんとかかわすこととなった。

 それ以降、あの憲法を逆手にとってアメリカの戦争に巻き込まれないできたのが日本という国だ。
 竹下登が総理大臣の時に質問した。
「日本には自衛隊があるから戦えるだろう」と。
 そしたら竹下さんは、「だからいいんだ。だから日本は平和なんだ」とはにかんだ。
 竹下、宮澤は、こういう意見だった。

望月・・・同時にアメリカも、こうした状況を「良し」としていたわけですね。
 アメリカはもはや日本はどうでも良くなった。
 そうして憲法改正発議の本丸は、アメリカから日本会議となったわけですね。

田原・・・安倍さんは憲法を改正できないと思っている。
 なぜならば憲法改正は、全政党が議論をしないと出来ないから。
 議論に立憲が絶対入らないことは、枝野代表に何度も確認している。
 下手に入れば立憲は自殺行為、そして共産党が入るはずもない。
 自民党はこれまで野党を騙しに騙して強行採決してきているからね。
 立憲と共産党が入らなければ議論はできない、ということだ。

● 織田信長から始まった日本の政治構造、ポスト安倍は誰?

望月・・・自民党内から、安倍4選、5選の話が出ています。
 二階俊博幹事長は、さかんにアナウンスしています。

田原・・・あり得ない!
 僕は安倍さんに直接言った。
「安倍自民党総裁4選は反対だ」と。
 安倍さんが、「どうしてか」と言うから、「今ですら自民党の半分は、安倍さんに寄りかかっている。4選なんかしたら自民党自体が体力を失ってガタガタの政党になってしまう」と返した。
 そしたら安倍さんは、「良く分かっています」と言っていた。
 僕は二階さんや菅さんが安倍さん4選を言うのは、二階さんは幹事長を、菅さんは官房長官を続けたいから。
 安倍さんにいいこと言わないと続けられないからね。
 僕は、何にもないから言いたいことが言える。

望月・・・ポスト安倍の筆頭候補の一人として、今や、“令和おじさん”として一躍人気者になった菅さんが出て来ています。
 定例会見でも、「令和おじさんで首相候補筆頭ですね」と記者が聞いたりしています。

田原・・・辞任した菅原経産相、河井法務相は、菅官房長官人事だった。
 この人事ミスは菅さんにとっては痛いところだよね。

望月・・・小泉進次郎環境相の話にせよ、菅原前経産大臣の香典にせよ、「週刊誌だけで取れる情報かな?」と思ってしまいます。
 河合前法務大臣も現職の事務所関係者からのリークだけでなく、それとは別のルートで情報が出ている可能性もあると感じました。

田原・・・菅原辞任は秘書の裏切りでしょうね。

望月・・・菅総裁となると、安倍 vs 菅との話もありますが、小泉進次郎さんもポエム発言以降、やや失速した感があります。
 菅原さん、河井さんと辞任が続くと、「菅総裁へのけん制球なのかなとも感じます。権力が絡むと、菅さんでも釘が打たれる。政治の世界は魑魅魍魎(ちみもうりょう)だなと改めて感じます。

田原・・・僕はね、日本の政治は織田信長の頃からちっとも変わっていないと思う。
 つまり政治の世界は、勝つか負けるかということ。
 負けたら何を言っても弁解に過ぎない。
 勝つためにあらゆる手を使うのが政治家だ。
 織田信長は、敵を全部殺す。
 今は選挙民をどううまく説得するか、駆け引きが色々あるというわけだ。

望月・・・何のために勝つのか、というところがブレているような気がします。

田原・・・政治家は、自発性を失ったら終わりだと思う。
 長期安倍政権で、自民党には自浄作用がすっかりなくなってしまった。

望月・・・安倍政権でうまみのある人たちがぞくそく増えています……。
 手離したくないのだろうとは思いますが、政治家の矜持はどうなったのでしょう。

[画-1]
「憲法上は原子爆弾を所持しても問題ない」と語った安倍晋三氏。(『「安倍晋三」大研究』p110より)画・ぼうごなつこ

[画-2]
原作・佐々木芳郎、画・ぼうごなつこ『「安倍晋三」大研究』(KKベストセラーズ)p111より)

[画-3]
その後の2004年、安倍さんは岡崎久彦氏と共著で『この国を守る決意』(扶桑社)を発刊。岡崎さんが本の中で「集団的自衛権はチャンスだ。自衛隊は戦争に参加出来るようになる」と話せば、て安倍さんも負けじと、「軍事同盟は血の同盟であって、日本人も血を流さねばアメリカと対等な関係になれない」と語っている。(『「安倍晋三」大研究』 漫画p115より)

[画-4]
原作・佐々木芳郎、画・ぼうごなつこ、『「安倍晋三」大研究』(KKベストセラーズ)p53より

[画-5]
「政府があらゆる記録を国民に残すのは当然!」と2012年の自著で綴っていた菅氏。『THE 独裁者』(KKベストセラーズp106より)画・ぼうごなつこ

[写真]
写真は、1988年のリクルート事件後、みそぎ選挙となった1990年参議院選挙のため地元・福山を始め各地を回る故・宮澤喜一氏。

BEST T!MES、2019年12月14日
憲政史上最長「安倍政権」の行方
なぜ安倍首相は「憲法を改正する必要は全くない!」と僕に語ったのか

https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/10963

posted by fom_club at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

田原総一朗氏 × 望月衣塑子氏が斬る!(続)

● 安倍政権の戦略の秘密とは? 消費税10%という分水嶺と野党

田原・・・望月さんは安倍さんを過大評価していると思う。
 僕は安倍さんにはそんな戦略はないと思う。
 最大の問題は野党だよ。
 第2次安倍内閣になってから6回選挙があったけど、そのいずれもが安倍政権が勝っている。
 では、なぜ勝つのか。
 安倍内閣の経済政策アベノミクスはほとんど失敗しているにも関わらず、です。
 安倍さんは日銀の異次元金融緩和策で、お金をガンガン刷れば需要が拡大するとにらんだ。
 ところが、個人消費は目論見に反して、まったく拡大していない。
 借金ばかり多くなった。
 アベノミクスは成功しなかった。
 そんなこと野党各党の代表も国民も分かっているけどね。
 批判する野党に、安倍さんは「アベノミクスがダメだというなら、あなた方が政権を取ったら、どのような経済政策なのか、対案を出せ」と切り返してくる。
 ところが野党からはアベノミクスに代わる経済政策がまったく出ないわけだ。
 これでは、安倍さんの一人勝ちになるのは目に見えている。
 安倍政権の高支持率の秘密はここにあると、僕は思う。

望月・・・なるほど。
 安倍政権は経済政策を打ち出せない野党の弱点を知悉した政権運営をしているわけですね。
 れいわ新選組の山本太郎さんに話を聞くと、消費税増税ではなく、消費税減税をすることで公務員の正規雇用が進んでいくといいます。
 アメリカやヨーロッパの先進国並みに対国民の公務員数を増やすことが、公共サービスの福祉充実に繋がれば、国民の生活にゆとりが生まれる。
 共産党も言っていることですが、消費税増税は、法人税の減税分の穴埋めに使われています。
 市民に負担を課して、大企業にはひたすら優遇。
 私は、山本太郎さんが指摘するように税負担の公平性を考えていくためにも、大企業には法人税をしっかり課していくことが必要だと思いますね。
 経団連や一部の経営者にとって非常に都合のいい政策が続いています。

田原・・・都合がいいのは経団連だけ。
 法人税増税は野党連合側も反対だ。
 山本さんのれいわは、消費税廃止、他党との共通政策では5%、立憲や国民民主は8%据え置き。
 もっとも、民主党政権の野田政権では消費税を10%に引き上げると言っていた。
 それが、どうして今になって10%反対なのか。
 安倍さんが、かつて消費税を8%にした時、僕は安倍さんに「なぜ8%なのか?」と聞いた。
 そしたら「10%に引き上げたら選挙に負けます」と言った。
 そして今回、ついに消費税を10%に引き上げた。
 一方で10%にすると言っていた民主党政権は、政権から転がり落ちて分党した途端、今度は消費税10%を反対し始めた。
 立憲、国民は、論理的に破綻していると思う。

望月・・・枝野さんたち立憲は、消費増税と軽減税率のカップリングは社会のなかで混乱するかもしれないから反対だと言っていました。

田原・・・10%にすること自体は賛成なわけだ。
 玉木雄一郎国民民主代表は?

望月・・・玉木さんは、減税を含めた議論が必要かもしれないと初めて言いました。

田原・・・財務官僚だった玉木さんは民主党の時に消費税10%だと言っている。今になってどうして急に減税になるのか。

望月・・・まあ、確かにそうです……。
 枝野さんがはっきり動けないのは。
 野田佳彦元首相とその周辺議員も含めて、もう一度、一緒にやりたいという考えがあるからだと思います。
 野田さんを入れるとなると、財務省側の言い分をのまなくてはけないということになり、難しいようですが。

田原・・・やっぱり。
 安倍内閣の支持率が落ちないのは、国民の多くが安倍内閣に代わる政党はないと思っているからだ。
 僕は、枝野さんや玉木さんに、「あなたたちは政権を奪取する野心はあるのか」と問いたい。
 そういう覚悟や戦略、戦術、構想がまるで見えない。

望月・・・確かにそうですね。
 崩壊した民主党は、崖から落ちてしまった後、立憲、国民に分裂しましたが、「再起を図るぞ!」という気迫がもっと欲しいところです。

田原・・・なぜだろう。

望月・・・立憲は、希望の党の時に、このグループから外されるところからスタートしました。
 枝野さんは非常に賢い、骨のある政治家だと思うのですが、政権奪取という気迫がまだ弱いようにも感じます。

田原・・・賢くないよ。
 小池百合子都知事が希望の党をつくった時、自民党はすごい危機感を持っていた。
 自民党の幹部たちは、「次の選挙で自民党が290席を取れなかったら安倍さんは終わりだ、次は誰がいいだろう」と相談にまで来た。
 ところがそこで、小池さんが民主党議員の“排除発言”をした。
「民進党出身者を公認するには、政策や理念が合わなければ排除する、リベラルはだめだ」と。
 これで希望の党は分裂してしまった。
 民主党の本性が見えた瞬間だった。
 枝野さんは排除されて出て来た人で、立憲はそれで出来た政党。
 もう一方で、玉木さんはゴリ押して排除する側だった。
 だから、どちらも支持されない。

望月・・・自民党に対する対立軸が鮮明に出ているのは、山本太郎さんのれいわ新選組が分かりやすいと思います。

田原・・・山本さんが分かりやすいのは消費税を5%にして、その代わり法人税や累進課税を上げると言っている点。
 安倍さんは消費税を8%に上げる時に、法人税と累進課税を下げたよね。
 東京新聞は消費税反対、法人税増税賛成だった。

● メディアは「官房長官には、もう取材しない!」というべきだった!

望月・・・逆進性の高い消費税増税でなく、法人税増税をすべきと思います。

田原・・・安倍さんは、消費税増税をしながら軽減税率を支持した。
 東京新聞は軽減税率に賛成しているよね。

望月・・・……新聞協会として賛成しています。

田原・・・東京新聞は消費税も軽減税率も反対だと言わないとダメだと思う。

望月・・・国会議員から、「新聞は消費増税反対と言いながら、新聞の軽減税適用をしている、姑息だ」と指弾されました。
 確かにネット社会になったいまの時代、新聞は生活必需品なのかという批判はあると思います。
 消費税8%におさまっているのは、世の中の人の感覚にはマッチしていない気もします。

田原・・・もっと言えば、東京新聞も含め新聞はみんな部数が落ちている。
 かつて読売新聞は1000万部、朝日新聞は800万部を謳っていたのが、朝日なんていまや600万部を切っている。
 東京新聞は100万部以上、出ていないよね。
 新聞の発行部数はなぜ、落ちているのか。

望月・・・新聞は、高齢者層は取りますが、30代40代が新聞を取らない。

田原・・・何で取らないと思う?

望月・・・ネットで充分という感覚がかなり根づいていますね。

田原・・・だったら、望月さんは、どうして新聞社にいるのか?

望月・・・私ですか?
 日本は記者クラブ制度が固定化しています。
 新たなニューメディアといわれるビジネスインサイダーや、バズフィードなどいろいろ出ていますが、彼らのような新興メディアやフリー記者は、取材したくても各省庁のクラブに入って担当者にガンガン取材することが難しいのです。
 検察や法務省に入り込んで取材したいと思うと、記者クラブに所属していないとなかなか難しいのが実情です。

田原・・・望月さんは菅官房長官に何度も何度もしつこく質問して、官邸から虫唾が悪いと謗られた。
 あの時、「(そんなことを言う方が)おかしい! もう官房長官には取材しない」というべきだった。
 なのになぜ、望月さんを記者クラブは裏切ったのか。
 擁護してくれなかったことをどう思っている?

望月・・・ご存知の通り、官房長官の会見は内閣記者会です。
 私は社会部なので、普段そこに行っていません。
 あのクラブに私は所属していないのです。
 でも、申請さえすれば、社会部でも官邸で取材が出来るのです。
 ただ、私が内閣記者会に所属していたら、多分もっと叩かれたと思いますが。

田原・・・僕は、安倍内閣の誰かが、記者クラブに頼んでいたと見ている。
 そうして社会部は安倍内閣を批判するけれど、政治部はほとんどしないということになった。
 政治部は本当にだらしなくなった……。

● 総理大臣の「辞め時」とは、いつなのか? 

田原・・・もっと言うとね、昔の自民党は総理大臣が辞める、代わる時は野党との喧嘩に負けた時だった。
 それは岸信介にしても田中角栄にしても、そして、福田赳夫しかり、竹下登、宮澤喜一も、どれも反主流派との抗争に負けている。
 今は反主流派はいなくて、全部安倍のイエスマン。

望月・・・残念ながら。

田原・・・モリカケ問題で、国民の70%以上が安倍政権はダメだと思った。
 ところが自民党の幹部や中堅政治家たちが、安倍さんに問題があると誰も言えない。
 今度の「桜を見る会」の件だってそうだ。
(冒頭でも話した通り)改造直後に閣僚が2人も辞めて不審が相次げば、ポスト安倍がしっかり待機しているというのが自民党だったんだよ。

望月・・・自浄能力が完全になくなってしまいましたよね。

田原・・・何でこうなってしまったのか。

望月・・・総裁選後の石破派の冷遇の話が、本当にすごいらしいのです。
 この間も、憲法審査会で挙手しているのに指されなかった石破議員が激怒したと報じられました。
 1時間で15人が発言する中で、最後まで指名されなかったと。
 本来、自民党の改憲は石破さん的な主張が主流だったはずなのに、いつの間に変質してしまったのか。
 憲法改正をまともに議論しようとしていないのは、野党ではなく、安倍自民党ではないかと思います。

田原・・・本当ならば石破茂元地方創生担当相なんかを閣内に置いておいた方が政権運営、党運営としては安定する。
 石破さんを完全に孤立させてしまった。
 こういうことをしていたら昔はすぐに足元をすくわれるリスクがあった。
 僕は石破さんに言ったんだ。
「石破さんがいないと、自民党は独裁だよ」と。
 そういう情けない自民党をどう思う? 

望月・・・内閣人事局制度しかり、党人事しかり、権力が官邸に集中しているからでしょうね。

田原・・・内閣人事局を作って政治家主導をやろうとしたのは安倍さんではなくて、小沢一郎。
 古くは国会法改正を言い出して権力の掌握を試み、そして民主党政権の時に、官僚機構の政治主導を謳った。
 国民のために働く官僚を、政治がハンドリングすべきとして支持された。
 日本は、政治が停滞しても、優秀な官僚がいて国は機能していたから、その力を政治に使おうと小沢一郎は考えた。
 そうして、官僚主導から政治主導に切り替えなくてはいけないと。
 安倍さんは、その小沢案を引き継いだ内閣人事を始めたわけだ。
 これは民主党が行った一つの改革だった。
 国民はこれに異を唱えるべきだったのか。
 官僚主導に戻すべきなのかな……。

● 政治家主導と官邸主導、どちらが上手く行くのか?

望月・・・政治家が今の政権のような人たちでなければ、違ったのかもしれません。

田原・・・小沢が官僚主導から政治主導にすると言ったとき、東京新聞は反対だった?

望月・・・当時は、メディア全体が、官僚バッシングをしていた気がします。

田原・・・東京新聞は官僚を抑え込む小沢改革に賛成していたはずだ。

望月・・・当時の論調を考えると、私も賛成していたかもしれません。
 私は内閣人事局を廃止すべきとは思っていません。
 ただ、そこに、現在起きているような政治の暴走を許さないための手続き、歯止めとなるものがあった方がいいと思います。
 課長級も含めてあらゆる人事を官邸主導にすることは結果的に、政治の暴走や私物化を許してしまうと思います。
 人事手続きの情報開示が必要です。
 誰が、どのような理由で人事を行ったかをしっかり開示すれば、政治の暴走、または霞が関の懐柔工作などは抑えられると思います。
 モリカケ問題の教訓として、メモ・議事録の開示は行政監視に欠かせないと思いますね。

田原・・・政権を取ったはいいが、内閣として思うような仕事が出来なかったというのが政治の痛いところだった。
 為政者にとって最大の抵抗勢力は官僚。
 彼らは頭もいいし、制度も熟知している。
 為政者が改革をしようとすれば、この法律とこの法律の改正が必要になりますよ、といった具合にさまざまなハードルを仕掛けてくる。
 霞が関は行政の専門家集団だから、ポッと出て1〜2年で変わる首相など、簡単に懐柔出来たわけだ。
 それで結局、政権奪取したのはいいが、何もできないまま短期間で首相は変わるという辛酸をなめてきた政治だった。
 その官僚人事をついに掌握した安倍さんは、良し悪しはともかく、やろうと思ったことはどんどんやっている。
 特定秘密保護法、集団的自衛権、共謀罪……。
 これは望月さんから見れば、酷いことばかりしている……となるのだろうね。

望月・・・私は、この政治は何がしたいのかと考えてしまうのです。
 見ていて怖いです。

BESTT!MES、2019年12月13日
憲政史上最長「安倍政権」の行方A
田原総一朗氏 × 望月衣塑子氏が斬る!
消費増税10%安倍内閣 vs 消費減税5%山本太郎

https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/10962

posted by fom_club at 19:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレタさん「COP25演説全文」

グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説
https://www.youtube.com/watch?v=Hul65w8kJIo

 スペイン・マドリードで開催中の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で2019年12月11日、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさん(16)が、地球温暖化による危機をテーマにしたイベントのパネリストとして参加した。
 グレタさんの演説した内容は次の通り。

真実を忘れてしまうから感情的な話はしない

 こんにちは。
 1年半前、私は、必要ない限り話すことはしませんでした。
 でも、私は話す理由を見つけました。
 それ以来、私はたくさんのスピーチをし、公の場で話す時に注目を得るため、個人的なことや感情的な話から始めることを学びました。
「私たちの家が燃えている」
「私はあなたにパニックになってほしい」
「よくもそんなことを!」などと言うのです。
 でも今日、私はそのようなことを言いません。
 皆がその言葉ばかりに注目し、真実を忘れてしまうからです。
 そもそも、私がこのようなことを言う理由は、私たちにはもう科学を忘れている時間がないからなのです。

 1年ほど前から、私は「炭素予算」(気温上昇を一定のレベルに抑える場合に排出できる温室効果ガスの累積排出量の上限値)が急に減っていると何度も何度も訴えました。
 でも、いまだに無視されています。
 私は何度も言い続けます。
 昨年発行された、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書の108ページには、2018年1月1日からの二酸化炭素(CO2)排出量を420ギガトンに抑えると、67%の可能性で(産業革命前からの)世界の気温上昇を1.5度に抑えられると書かれています。
 もちろん、今その(420ギガトンという)数字はより小さくなっています。
 土地利用も含めて毎年私たちは42ギガトンのCO2を排出していますから。
 現在の排出量では、残りの炭素予算を8年間で使い切ってしまいます。
 この数字は誰かの意見でも、政治的見解でもありません。
 これは、現在の科学で得られる最良の数値なのです。

 多くの研究者がこの数字は甘いと指摘していますが、これがIPCCによって示された数字です。
 この数字は、地球規模だということに留意してください。
 ですから、パリ協定を地球規模で機能させるために極めて重要な「公平性」については何も語られていないのです。
 つまり、豊かな国は公平性のために、排出ゼロを素早く達成し、貧しい国がそれを達成するのを手伝う必要があるのです。
 そうすれば、世界の豊かでないところに暮らしている人びとは生活水準を上げることができます。
 この数字は、非線形の「フィードバックループ」(変化が変化を呼び相乗効果を生む現象)や「ティッピングポイント」(気候変動が急激に進む転換点)や大気汚染によるさらなる温暖化についてはほとんど含まれていません。
 しかしながら、多くのモデルは、現在は存在しない技術を用いて、数千億トンもの大気中のCO2を吸収することができるようになることを想定しています。
 おそらくそのような技術は決して出てこないでしょう。

 (1.5度以内の気温上昇に抑える可能性が)67%というのがIPCCによって示された最も高い割合です。
 今、私たちが排出できるCO2量は340ギガトンも残っていません。
 なぜ、1.5度以下に抑えることがそんなにも重要なのでしょうか。
 なぜなら、たった1度でも上がれば気象危機で人びとが死んでいくのです。
 それは科学が叫んできたことだからです。
 氷河や北極永久凍土が溶けるなど、不可逆的な(被害の)連鎖を止めるチャンスを得られるよう、気候を安定化させることです。
 ほんのわずかな気温の上昇も問題なのです。

 これが私のメッセージです。
 これが私があなたに注目してほしいことです。
 あなたはパニックを全く感じずにこの数字にどう反応するのですか。
 わずかな怒りすら感じずに基本的に何もなされていないという事実をどう思いますか。
 警鐘を鳴らさずに、あなたはこれをどのように伝えますか。
 私は本当に知りたいのです。
 パリ協定採択以降も世界の銀行は1.9兆ドルを化石燃料に投資してきました。
 世界の二酸化炭素(CO2)排出量のうち71%に対しての責任を負っているのは100の企業です。
 G20加盟国の排出量は全体の約80%を占めています。
 世界の人口の裕福な10%が世界の半分のCO2を排出しています。
 一方、貧しい50%の人びとはたったの10分の1です。
 私たちは本当に行動する必要があります。
 でも、ある人たちは他の人たちよりももっとやらないといけない。

2050年に実質排出ゼロなんて無意味

 最近、ごくわずかな先進国が温室効果ガス排出量を減らし、何年もかけて実質排出ゼロにすることを約束しました。
 これは一見素晴らしいことのように見えるかもしれません。
 でも、目指すものはいいとしても、それはリーダーシップとは言えません。
 ミスリードです。
 なぜならこういった排出削減の約束の中に、国際航空や船舶、輸出入される製品・消費からの排出は含まれていません。
 でも、他の国で排出を相殺する可能性は含んでいます。
 これらの約束は、豊かな国がすぐに削減することを想定していません。
 本当は(温暖化の影響を抑えるために)ごくわずかな排出の猶予しかないのに。
 2050年に実質排出ゼロなんて無意味です。
 もし大量に排出する国が数年でも(大量)排出を続ければ、残された猶予なんてなくなってしまいます。
 全体像を見なければ、私たちはこの危機を解決することができません。
 包括的な解決策を見つけること、それがこのCOPでやらなければいけないすべてです。
 でも、その代わりに、各国が抜け穴について議論し、野心を引き上げることを回避する機会に変わってしまっているように見えます。

 各国は取らなければいけない本当の行動に反する、賢いやり方を見つけてしまっています。
 例えば、排出削減量の二重計上や海外に排出量を移転すること。
 そして、野心を引き上げるという約束の話に戻ったり、解決策や(温暖化で起こってしまった)損失と被害に対する支払いを拒否したり。
 こういったことを止めなければいけません。
 私たちに必要なのは本当の徹底した排出削減です。
 でも、もちろん減らすだけでは十分ではありません。
 温室効果ガスの排出を止めなければなりません。
 気温上昇を1.5度未満に抑えるには、CO2を地中に閉じ込めておく必要があります。
 先送りして、耳に心地よい対策について話すことだけが進んでいます。
 私たちは良いことより害をもたらすようなことをしています。
 なぜなら、変化が必要なのに、まだ変化がどこにも見えないから。
 世界の指導者から何かを聞いているかもしれませんが、今必要な政治と言えるようなものは存在していません。
 そして、私は最大の脅威は行動を取らないことだと今でも思っています。
 本当の脅威は、政治家や最高経営責任者(CEO)たちが行動を取っているように見せかけていることです。
 実際は抜け目ない経理やクリエーティブなPR活動以外に何もしてないのに。

 私は世界中を旅する幸運に恵まれてきました。
 私の経験では、(温暖化の危機への)認識が欠如しているのはどこでも同じです。
 少なくとも選挙によって選ばれるリーダーたちの間ではそうです。
 切迫感がまったくありません。
 私たちのリーダーは非常事態の時のような振る舞いをしていません。
 非常事態にあれば、人は行動を変えます。
 もし、子供が道路の真ん中で立ち尽くしていて、自動車が猛スピードで走ってきたら、あなたは目を背けることができないでしょう。
 だって、落ち着いていられないから。
 あなたは即座に飛び出して、その子を助けるでしょう。
 切迫感なしに、私たちはどうしたらいいのでしょう。
 人びとは本当の危機に直面していることを理解しています。
 もし今進行している事態にまったく気づかなければ、権力者たちにプレッシャーをかけることはしないでしょう。
 人びとからのプレッシャーがなければ、私たちのリーダーは何もせずに逃げてしまいます。
 それが現状で、繰り返されています。

希望は人々から生み出される

 3週間後に、私たちは新しい10年(2020年代)に突入します。
 私たちが「未来」と定義する10年です。
 今、私たちには希望の兆しさえ見えません。
 私は皆さんに言います。
 希望はある、と。
 私はそれを見てきました。
 でも、それは政府や企業から来るものではありません。
 人びとから生み出されるものです。
 今までは(危機に)気づいていなかったけれど、今気づき始めた人たちの中から生まれるのです。
 そして、一度気付けば、私たちは行動を変えられます。
 人びとは変われます。
 人びとは行動を変える準備ができていて、それこそが希望です。
 私たちには民主主義というものがあるのですから。
 そして民主主義は常に存在します。
 選挙の日だけでなく、あらゆる瞬間に。
 自由な世界を動かすのは世論です。
 実際、歴史を振り返ると、あらゆる偉大な変化は人びとの間から起こりました。
 私たちには待っている時間はありません。
 私たちは今、変化を起こすことができます。
 私たち、それが「人びと」です。
 ありがとうございました。


[写真]
COP25で演説するグレタ・トゥーンベリさん=マドリードで2019年12月11日

毎日新聞、12月11日 23時47分
グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文
(信田真由美、大場あい)
https://mainichi.jp/articles/20191211/k00/00m/030/319000c

posted by fom_club at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

政治的決断力のない小泉進次郎環境相

 2019年9月の内閣改造の目玉として登場したものの、「セクシー発言」などで物議を醸した小泉進次郎環境相。
 スペイン・マドリードで開催中の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で演説する予定だが、踏み込んだ発言が出るかは不透明だ。
 小泉氏の地元・神奈川県横須賀市の石炭火力発電所建設計画に反対する住民は「地元から『脱石炭』を実現し、温暖化対策を進めてほしい」と求める。 

 小泉氏は、環境相就任直後の9月22日、米国連本部の環境関連会合後の記者会見で「気候変動のような大きな問題は、セクシーに取り組むべきだ」などと発言。
 真意を巡り物議を醸した。
 今月12月3日の記者会見では、愛知県豊田市など21自治体で、二酸化炭素(CO2)排出量の「2050年までに実質ゼロ」を表明する動きが広がっていると指摘。
「COP25 でしっかり発信したい」と述べたが、国を挙げての具体策には言及しなかった。

 12月2日に始まったCOP25 は、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」が来年から本格始動する前に、各国がCO2など温室効果ガス削減の目標引き上げを含めて協議する。
 環境省によると、小泉氏は12月11日に演説する予定で調整中という。

 現地にはスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)も12月6日に駆けつけ「権力者たちが行動を起こすことを心から望む」などと演説。
 若者らと、温暖化対策の早急な強化を求めて数万人規模のデモに参加した。

 温暖化対策を巡っては、これまで欧州など70ヶ国余が「2050年までにCO2排出量を実質ゼロ」を表明。
 一方、日本政府は今世紀後半のできるだけ早期に脱炭素化を目指す方針で、対策の遅れが目立つ。

 環境保護団体「気候ネットワーク」によると、日本のCO2排出量は、中国、米国などに次いで世界第5位。
 田浦健朗事務局長は「COP25 で日本の求められる役割は大きいが、これまでの取り組みはとても不十分だ。小泉氏は『セクシー』と言うだけでなく具体的な対策を示してほしいが心配だ」と話す。

 海外でCO2排出が多い石炭火力発電を廃止する動きが相次ぐなか、日本は横須賀市などで建設計画が進んでいることも、本気度が疑われる一因に。
 12月3日には、世界の環境団体から対策に後ろ向きとして不名誉な「化石賞」も贈られた。

 田浦氏は「小泉氏の地元で石炭火力発電の計画が止められないこと自体が、日本が脱石炭にかじを切れないことを象徴している。今のままでは環境相の役割を果たすどころか、国際的な動きに逆行していると受け取られかねない」とみる。

 横須賀市の石炭火力発電所建設計画を巡っては、反対する地元住民ら約50人が2019年5月に国を相手に行政訴訟を起こし、係争中。

 原告団長の鈴木陸郎さん(77)は「肝心な地元で進んでいる石炭火力の計画をまず止めてほしい。自治体任せにせず、国がCO2排出ゼロに向けた政策を打ち出すべきだ」と求める。

 鈴木さんや地元住民らでつくる「横須賀火力発電所建設を考える会」は、小泉氏の環境相就任後、石炭火力計画の中止を求める小泉氏宛ての手紙を環境省に送ったが、これまで返事はないという。

 鈴木さんは、今秋の台風15、19号で、横須賀市内も強風による倒木や住宅被害などが出たとし「気候変動問題への対策は、待ったなしだ」と指摘。

若者や子どもたちの未来を考えれば、横須賀を含め石炭火力発電所の新増設は認められない。小泉氏に、脱石炭の覚悟を示してほしい

※ 12月10日朝刊特報面に掲載


[写真-1]
COP25の日本パビリオンのロゴマーク発表を報告する小泉環境相のフェイスブック

[写真-2]
大規模デモに参加し、演説するグレタ・トゥンベリさん=6日、マドリードで

[写真-3]
COP25 の会場で開かれた「化石賞」の発表イベント=3日、マドリード

東京新聞・朝刊、2019年12月10日
COP25で何を語る?小泉環境相

地元・横須賀では石炭火力の建設計画

(中山岳)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201912/CK2019121002100022.html

 進次郎氏が国際舞台で恥の上塗りだ。

 小泉環境相は2019年12月11日、スペインの首都マドリードで開会中の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)で演説。
 その中身のなさに、ほかの参加国や海外メディアなどから落胆や非難の声が上がり、環境NGOグループは皮肉を込めて日本に2度目の「化石賞」を贈った。

 小泉氏は、日本が国際的に批判を浴びている石炭火力発電について「COP25までに石炭政策については新たな展開を生むには至らなかった」と言い訳。
 具体的な取り組みには全く触れず、石炭火力発電所の建設計画に関する環境影響評価(アセスメント)の厳格化にも言及はなし。
「私自身を含め、今以上の行動が必要と考える者が日本で増え続けている」と意味不明の“進次郎節”で目くらましだから、「日本以外に期待するしかない」(スペイン代表)との声が上がるのも当然だ。


日刊ゲンダイ、2019/12/12 14:50
“進次郎節”で恥の上塗り

COP25演説で2度目の「化石賞」

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266132

 地球温暖化対策の国際会議「COP25」で、小泉進次郎環境相の演説に、世界から厳しい目が注がれた。
「石炭依存」脱却への具体的な道筋を示せなかったためだ。

「厳しい批判も承知している」と認め、温室効果ガスを5年連続で削減した実績を強調したが、不十分な内容だった。
 温暖化対策に消極的な国に非政府組織が贈る「化石賞」に、同じ会議で2度も選ばれた。

 国連のグテレス事務総長は各国に「石炭依存をやめて」と呼びかけている。
 日本の現状はほど遠い。

 電力供給の33%を石炭火力発電が占める。
 現在、約100基が稼働し、約20基の新設が計画されている。

 東京電力福島第1原発事故で全原発が停止し、原子力発電の割合が約3割から3%まで落ち込んだ。
 代替手段として電力会社は、石炭火力の比重を増やした。

 さらに政府は、高効率の石炭火力発電所を途上国へ輸出する政策も進めている。
 小泉氏は演説に際し、輸出抑制方針を盛り込もうと調整を図ったが、経済産業省などの抵抗が根強く、見送った。

「脱石炭」は世界の潮流だ。
 欧州を中心に、2030年までの石炭火力廃止を宣言する国が相次いでいる。
 だが、日本のエネルギー基本計画が規定する将来の電源構成は、石炭に過度に依存している。

 来年始動する「パリ協定」で日本が約束する温室効果ガス削減目標も、この計画に基づいて設定された。
「30年までに26%削減する」との目標は、国際社会で見劣りするだけでなく、国内の削減への意欲も損なう。
 石炭火力を温存し続ければ、この目標達成すら危うい。

 基本計画を見直し、温暖化対策に真剣に取り組む姿勢を示すべきだ。
 基本計画は30年の原子力への依存度についても「20〜22%」と明記するが、再稼働が困難な現状から目をそらすものだ。
 再生可能エネルギーの活用にかじを切る時だ。

 日本は1990年代、世界が温暖化対策に取り組む契機となった「京都議定書」を主導した。
 パリ協定は、その理念を受け継ぐ。

 現状に安住せず、「脱石炭」の目標を掲げて努力する道を選ぶことが、先進国に課せられた最低限の責任である。


毎日新聞・社説、2019年12月13日 東京朝刊
環境相のCOP演説

「脱石炭」に背向けるのか

https://mainichi.jp/articles/20191213/ddm/005/070/021000c

 環境大臣になった小泉進次郎議員の人気が急落している。
 そして今度の地球温暖化国際会議で、ますます評判を落とした形になった。

 その理由はさまざまだが、私が見るところの最大の理由は、彼の決断力のなさだと思う。
 言い換えれば、父親小泉純一郎のような、狂気に近い政治的攻撃性が彼はない。
 百万人の敵に一人で挑むという覚悟が彼にはない。
 そして何よりも先を読む政治的直観力(勘)が彼にはないのだ。
 それを見事に証明してくれる記事をきょう12月13日の毎日新聞に見つけた。

 マドリード発鈴木理之記者の書いたその記事の要旨はこうだ。
 国際交渉の場で初めて公式の演説に臨んだ小泉進次郎環境相は、地球温暖化対策に対する日本の環境姿勢を打ち出すため、石炭火力発電の海外輸出制限を表明することを直前まで模索したが、官邸側との調整が難航、見送りを余儀なくされた、と。
 そして、その記事は、環境官僚と小泉環境大臣が、経産省主導の官邸と折衝したがあえなく敗れた経緯を紹介している。
 ある環境省幹部は、「官邸の壁は高かった」と振り返り、小泉大臣は「国内では石炭への批判が十分に理解されていない」と会議後の記者会見で、脱石炭への恨み節ともとれる言葉を漏らしたと、その記事は解説している。

 これを読んだ私は、小泉進次郎の自業自得だと思った。

 そして、小泉進次郎も環境官僚も情けないと思った。
 環境省は閣内では力のない三流官庁であり、官僚もまた三流官僚だ。
 しかし、地球温暖化対策はいまや世界最大の国際問題だ。
 そして環境官僚たちは、小泉進次郎という花形政治家を自らの大臣として手に入れたのだ。
 3ヶ月後に大きな国際会議を控えていたことは百も承知のはずだった。
 なぜ小泉大臣を使って目玉政策をつくり、実現しようとしなかったのだろうか。
 小泉大臣はなぜ環境官僚らと二人三脚になって、それをつくり、安倍首相を説得して実現しようとしなかったのだろうか。
 出来たはずだ。
 決して大胆な政策変更を求めなくてもよかった。
 具体的な数字を示し、少しでもこれまでと違った政策を示すパフォーマンスを国際会議ですればよかっただけなのだ。
 さすがは小泉進次郎だと思わせる政策をでっちあげればよかったのだ。
 そして、進次郎は安倍首相に対して、私の将来を潰さないためにも、自民党の将来を潰さないためにも、これぐらいのごまかしを首相決断で認めてほしい、そしてそれは安倍政権の浮揚のためでもある、ごまかしは安倍首相のお得意芸のはずだ、それが出来ないなら環境大臣を辞めさせてほしい、と、そう説得すべきだったのだ。

 繰り返して言う。

 具体的中身は環境官僚の考える仕事だ。
 いますぐ日本の経済界に痛みを迫るものでなくても、国際会議で、日本も踏み込んだか、と思わせるごまかしはいくらでも考えられたはずだ。
 なぜ、小泉進次郎は、一方において環境官僚をその気にさせ、他方において安倍首相と官邸官僚を味方につけることができなかったのか。
 3ヶ月もあったというのに。

 やはり小泉進次郎は甘ちゃんだ。
 よく言えば甘やかされて育った二世議員のボンボンであり、悪く言えば世襲の強みを生かしきれない無能者だ。

 そういえば、あの石破氏への支持の時もそうだ。
 最後まで反安倍を貫いて石破氏を支援していたら、今頃は自民党を根こそぎ引き連れて小泉・石破政権に向かってまっしぐらだったはずだ。
 冷徹さにおいても、攻撃性についても、そして何よりも政治的勘において、進次郎は父親純一郎を超えられない、いや足元にも及ばないということだ。
 はたして小泉進次郎はこの私の叱咤を知って発奮するだろうか。


天木直人のブログ、2019-12-13
政治的決断力のない小泉進次郎環境相の自業自得
http://kenpo9.com/archives/6406

posted by fom_club at 11:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小泉環境大臣「COP25」での演説が「化石賞」

 気候変動問題を議論する国連の会合であるCOP25(第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議)での演説に先立ち、小泉進次郎環境相が東洋経済のインタビュー取材に応じた。
 インタビューは11月26日に実施し、長年にわたって地球環境問題に取り組んできた国連環境計画・金融イニシアティブの末吉竹二郎・特別顧問がインタビュアーを務めた。

「市場メカニズム」にどう対処するか

 小泉氏は、12月11日に予定されているCOP25の演説において、脱炭素化に向けての日本独自の取り組み内容をアピールしていく考えを表明した。

 9月に環境相に就任した小泉氏は、脱炭素化を目指す国々で構成される「炭素中立性連合」に日本が参加の意思を表明したことや、地方自治体への働きかけが奏功し、これまでに脱炭素化の目標を表明した自治体の人口規模が3000万人に達したことなどを成果として挙げた。

 若者や女性に気候変動問題について関心を持ってもらうべく、環境省が環境NGOと連携したり、ファッション誌の特集に協力するなどさまざまな取り組みを続けているとも強調した。

 また、来年、第一子の親となる小泉氏は、「(海面上昇によって)その子どもが将来、砂浜のない日本を見るのかと思うと、耐えられない気持ちになる」と心情を吐露した。 

 COP25の主要な議題となるのが、2018年12月のCOP24で合意し切れなかった「市場メカニズム」(パリ協定第6条)の改善だ。
 技術移転などを通じて国外で実施した二酸化炭素(CO2)排出削減の実績を削減分としてカウントできるが、それが自国と対象国でダブルカウントされないような仕組み作りに日本として力を注ぐ考えを示した。
 小泉氏は「(一部の国が主張している)ダブルカウントが認められることは絶対にあってはならない」と明言。
 交渉の担当官に、「気候変動に関する『パリ協定』の精神をきちんと守る必要があると伝えている」と述べた。

 インタビューでは、CO2を大量に排出する石炭火力発電のあり方にも議論が及んだ。
 イギリスやフランスなどの欧州諸国は、期限を定めたうえで石炭火力発電所を閉鎖する方針を打ち出している。
 また、アメリカも、トランプ政権が石炭産業への支援を表明しているものの、再生可能エネルギーや天然ガス火力発電との競争に敗れた石炭火力発電所の閉鎖が相次いでいる。

 これに対して、日本はエネルギー基本計画において、2030年度の発電電力量に占める石炭火力の割合を26%と設定しており、新増設計画も全国各地に存在する。
 また、ベトナムやインドネシアでの石炭火力発電所の新設も日本は官民で支援している。

 こうした実態を捉えて、末吉氏は石炭問題における日本の論理と世界の論理が大きく食い違っていると指摘。
「(石炭火力発電所の段階的廃止に向けて)海外と議論のベースを共有する必要がある」と述べた。
 そのうえで、石炭利用をやめる方向での努力がなければ、「いかに日本が気候変動問題に関して優れた取り組みをしていたとしてもその点がなかなか伝わらない」と警鐘を鳴らした。

石炭火力発電存続で「化石賞」を受賞

 こうした末吉氏の指摘について小泉氏は共感を示したうえで、
「石炭というファクターがあるため、日本が胸を張れることすら見向きもされなくなってしまう。そうした現状を変えたい」
「私自身の中でも、大臣という立場と、自分の思いとのジレンマを感じることがある」などと危機感をあらわにした。

 折しもCOP25開催中の12月3日、世界の環境保護団体で作る「気候行動ネットワーク」は日本とオーストラリア、ブラジルの3カ国に「化石賞」を授与すると発表した。
 これは、梶山弘志経済産業相が同日の記者会見で、石炭火力発電を選択肢として残していく方針を示したことに対する反発の意思表明だ。
 国連のグテレス国連事務総長は12月2日、COP開催に際して各国に石炭火力発電への依存をやめるように呼び掛けていた。
 同じ政府の一員である小泉氏が批判の矢表に立つ可能性もある。

 パリ協定を踏まえ、各国は産業革命以降の平均気温の上昇を2℃以内に抑えることを目指して温室効果ガスの削減目標を示している。
 しかし、各国の公約数字を合計するだけでは2℃目標は守れず、3℃以上の気温上昇が避けられないと言われている。

 気温上昇がこのまま続くと、サンゴ礁や北極の海氷が消滅し、永久凍土が溶け出してメタンなどCO2よりはるかに影響が深刻な温室効果ガスが大量に大気中に放出される事態も予想されている。

 こうしたことからCOP25では、各国が自国の排出削減目標を上積みし、脱炭素化に向けた決意を示せるかが焦点だ。
 小泉氏は世界の期待にどう応えるか。
 若者世代の声を代弁すると言われる政治家の言動に注目が集まっている。


[写真-1]
国連環境計画・金融イニシアティブの末吉竹二郎・特別顧問のインタビューに答える小泉進次郎環境相

[写真-2]
末吉竹二郎氏は石炭火力の段階的廃止に向けた努力を強調した

東洋経済オンライン、2019/12/09 5:00
COP25にどう臨む、小泉氏が語る「脱炭素戦略」

石炭火力発電に依存する日本、脱却の道は?

(岡田 広行、東洋経済 記者)
https://toyokeizai.net/articles/-/318151

【マドリード=安倍大資】
 第25回気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)は11日、閣僚級会合を開き、小泉進次郎環境相が演説した。
 国内の自治体の取り組みなどのアピールをした。
 ただ、国際批判の強い石炭火力発電の廃止など脱炭素に向けた具体策には踏み込まなかった。
 現状の温暖化ガス削減目標の上積みも見送った。

 環境派を自任する小泉氏は苦しい立場に置かれている。

「COP25までに石炭政策については新たな展開を生むにはいたらなかった」

 小泉氏は演説で、日本の石炭火力に関する政策に変更がないことに言及した。
 日本の政策に批判があることを「真摯に受け止める」としたが、石炭火力廃止などに踏み込むことはなかった。

 一方、欧州では英国やフランス、ドイツなどの主要国が将来の石炭火力発電を全廃する方針を打ち出し「脱石炭」が国際的な流れになりつつある。

[図]石炭火力発電廃止を打ち出す国は増えている ☟

脱炭素.jpg

 2020年から本格運用が始まる国際枠組み「パリ協定」は地球の気温上昇を産業革命前から2度以内に抑えることを目標としている。
 一方で国連は、各国が取り組む現在の対策では地球の平均気温は産業革命前から3.2度上昇すると分析している。

 国連の気候変動枠組み条約事務局のエスピノサ事務局長は「気候変動を止めるには決断とリーダーシップが重要だ」と強調している。

 こうした状況の中、温暖化ガスの排出量が多い石炭火力を国内外で新増設する計画を持つ日本への国際社会の批判は強まっている。

 日本は11年の東京電力福島第1原子力発電所の事故後、全国の原発が停止し、再稼働が進んでいない。
 電力会社は代替電源として安価で安定的に発電できる石炭火力の新増設を相次いで表明した事情がある。
 小泉氏はCOP25開催前の会見などでも「日本は脱炭素へ大きくかじをきる」と訴えていたものの、厳しいエネルギー事情との板挟みにあっている。
 また石炭火力発電の認可は経済産業相の権限でもあり、環境相が石炭火力をストップする裁量も限られる。

 小泉氏は11日の演説で「日本は5年連続で温暖化ガスの排出量を削減してきた」と実績をアピール。
「こうした日本の行動が石炭政策への批判によってかき消され、評価されない。これを変えたいと思いマドリードに来た」と述べた。
 だが、脱炭素に向けた日本の取り組みは不十分との声は根強い。

 企業や投資家が環境を重視する傾向は強まっている。
 特に石炭火力を見る目は厳しく、国際的に投資を引き揚げる動きが出ている。

 国連環境計画(UNEP)・金融イニシアチブの末吉竹二郎特別顧問は「石炭火力を維持すると国際社会からみなされるのは、日本企業にとって大きなリスクだ」と指摘する。
 末吉氏は「再生可能エネルギー100%の電気を条件とする世界企業も増えている。脱炭素を進めなければサプライチェーン(供給網)の国際化が進む中、日本から出る企業も増える」と懸念する。

 日本は30年までに温暖化ガスを13年度比26%減らすという目標を掲げる。
 しかし現状では達成は難しい。
 原発事故前には電源構成比のうち3割前後あった原発は、17年度時点で約3%にとどまる。
 頼みとなる再生エネも15%程度にとどまり、政府が掲げる「主力電源化」には遠い。

 日本を尻目にニューヨークで9月に開かれた国連気候行動サミットでは欧州を中心に温暖化ガスの削減目標引き上げへの言及が相次いだ。

 国連のグテレス事務総長もCOPの開幕にあたり「化石燃料の時代は終わらせ、気候変動に抜本的な対策をとるべきだ」と呼びかけた。

 危機感を持った若者たちも行動を起こしている。
 スウェーデンのグレタ・トゥンベリさん(16)が始めた「学校ストライキ」は世界で賛同を集める。
 9月には世界各地で約400万人がデモ行進するなど、各国の政府へ踏み込んだ対応を求める声は強まる。

 11月には中国に次ぐ世界第2位の温暖化ガスの排出国である米国がパリ協定からの離脱を正式に国連に通告した。
 COP25の開催に冷や水を浴びせ、国の対応には二極化も進む。

 小泉氏のかじ取りは、かつて環境先進国とみられた日本の復権の鍵ともなる。


[写真-1]
COP25の閣僚級会合で演説する小泉環境相(11日、マドリード)

[写真-2]
小泉氏は政府代表として演説した(11日、マドリード)

日本経済新聞、2019/12/11 21:30
COP25会合

小泉環境相、石炭火力廃止踏み込めず

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53240010R11C19A2EE8000/

【マドリード=共同】
 世界の環境団体でつくる「気候行動ネットワーク」は2019年12月11日、地球温暖化対策に消極的な国に贈る「化石賞」に日本とブラジルを選んだと発表した。
 小泉進次郎環境相が同日のCOP25の演説で、脱石炭など意欲的な姿勢を示さなかったのが理由。

 2日に始まった会議で2回目の受賞となった。
 化石賞は環境団体が各国の発言内容をチェックして、ほぼ毎日発表している。
 1回目は梶山弘志経済産業相が国内での会見で、石炭火力発電の利用を続ける方針を示したのが理由。

 温暖化に歯止めがかからないとの危機感から世界では脱石炭の流れが決定的だが、日本は石炭火力発電を推進。
 発展途上国での建設に多額の公的融資を続けている。

 同団体は「最も優先される対策に取り組まない限り、どんな弁明をしても国際社会の批判はやまない」と非難した。

 COP25では、各国が温室効果ガスの排出削減目標の引き上げを表明するかどうかに関心が高まる中、小泉氏が目標引き上げにまったく言及しなかったことも受賞理由となった。

 小泉氏は演説で、日本の石炭政策に関し「世界的な批判は認識している。今以上の行動が必要だ」と述べたが、脱石炭にかじを切ることは表明しなかった。
 その後の会見などでは「途上国への輸出は何とかしたいと思ったが、新たな見解を出せなかった」とコメント。
「(化石賞を)さらにもらう可能性があると思っていた。驚きはない」と述べた。

 ブラジルは、ボルソナロ大統領が、若者による対策強化を求める運動の先駆けとなったスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)を「ピラリャ(ポルトガル語で『ガキ』の意)」と批判したことなどが理由。


東京新聞・夕刊、2019年12月12日
日本に2度目「化石賞」

小泉氏演説 脱石炭示さず

https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201912/CK2019121202000274.html

[コメント]
「COP25」での小泉環境大臣の演説を受けて、温暖化対策に消極的な国に贈る「化石賞」に再び日本!
 小泉大臣は「驚きはない。受賞理由を聞いて私が演説で発信した効果だと思った。的確に国際社会に発信できていると思う」と話していました。

☆ ある意味合ってるんですけど、、、確かにあなたの発信した効果でこんな不名誉な賞をいただいたのでしょう。
 しかし、真面目に言ってるのが怖い
 高1娘が『日本語ちゃんと理解できてるの?』と心底心配してました。

☆ 大臣になって本当に良かった。
 安倍総理が行なった唯一の国民へのプレゼントだ。
 今回の抜擢がなかったら愚かさや幼児性が発覚せず、総理大臣になって我々を更なる苦界に追い詰めたかも知れない。

☆ 想像した以上のバカで驚くね。
 バカすぎて、笑うより引く。
 まだ衝撃がさめない。
 日本でも屈指のレベルではなかろうか。

※ 12月11日の #報ステ より
 ずっこけるにも程がある。
「私は日本の評価を変えるためにマドリードに来た」
↓ ↓ ↓
 ニュージーランド政府関係者
「日本は全体会合で大口をたたいたが、実際の交渉や対策となると中身がない」
「そこに怒りを覚えた」


posted by fom_club at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする