2019年10月12日

《Glory to Hong Kong》《願榮光歸香港》

Glory to Hong Kong | Orchestra chorus version | English subtitle
https://www.youtube.com/watch?v=ulera9c18F0

《Glory to Hong Kong》《願榮光歸香港》 多國合唱版
https://www.youtube.com/watch?v=7y5JOd7jWqk

HONG KONG − It began with a few notes of warbling violin. A man with a harmonica and a backward baseball cap joined in. And then hundreds of voices joined in song Friday at Hong Kong’s Science Park, in one of the dozens of singing sessions belting out across the city.

But it was not just any song.

The composition, “Glory to Hong Kong,” written only three weeks ago by a composer identified only as “Thomas dgx yhl,” has ignited Hong Kong’s protest movement.

People, including the elderly and families with children, crowded into shopping malls across the city Friday, spontaneously singing the protest anthem that everyone suddenly seems to know by heart. Angus Wong, age 6, was at one mall with his parents, singing along, or trying to.

Some shed tears as they sang, in Cantonese: “Pray for democracy, for freedom eternal, for the glory to come back to Hong Kong!”

At the upscale IFC mall, a 28-year-old who gave his name only as Charlie played a grand piano at the heart of a singing crowd. He skipped work at a nearby office to join the gathering.

Protesters sang it at a solemn vigil Friday outside the Legislative Council to honor nine people who have died in the course of the protests, most by suicide.

Several hundred people gathered outside a maximum-security detention facility, Lai Chi Kok Reception Center, around 10:30 p.m. Friday to sing it, accompanied by a woman playing a recorder, in solidarity with pro-democracy activists being held there.

As a misty full moon rose, people climbed Hong Kong’s two iconic peaks, Lion Rock and Victoria Peak, where they sang the anthem over and over, shining green and blue lasers into the night sky and holding golden paper lanterns for the Mid-Autumn Festival, interspersed with slogans such as “Liberate Hong Kong.”

Some participants on Telegram, a social media app that is being used as a sounding board for the protest movement, are calling it a “national anthem.” As pro-democracy protests roll on, that is a view likely to sound alarm bells in Beijing, which is confronting its worst crisis since it took Hong Kong back from Britain in 1997.

Under China’s “one country, two systems” policy, Hong Kong is part of China but the right to protest, an independent judiciary, and press freedom are supposed to be protected.

Dozens of versions of the song have proliferated on Telegram channels and YouTube.

The original version, posted Aug. 31, shows video of riot police and protesters clashing, demonstrators marching with arms locked and crowds thronging the city’s streets or holding hands in human chains. It ends in a challenge to Beijing, with a black-clad protester running the Chinese flag down a flagpole and running up a protest flag.

An orchestra, clad in the black clothing, goggles, masks and hard hats used as protective gear by Hong Kong protesters, uploaded its version of the song Wednesday in a video viewed more than 1.2 million times. It begins with a thrumming drum roll, before the camera reveals a singing choir, only their eyes visible, then drifts across the brass, wind and stringed instruments, and zooms down for a clash of cymbals. By the end, rising gas resembling smoke engulfs the orchestra, symbolizing the tear gas fired by riot police during protests.

In a dirge-like version, a young man plays the song solo on an acoustic guitar. There’s a sign language version too.

The song is an example of the persistence and creativity of the leaderless Hong Kong protest movement, which has nimbly outmaneuvered Beijing and Hong Kong authorities. It moves so quickly that it often makes the stern editorializing of Chinese state media appear desiccated and out of touch.

The popularity of “Glory to Hong Kong” contrasts with the Chinese national anthem, which is increasingly unpopular in Hong Kong and tends to be booed.

China’s National People’s Congress Standing Committee added a clause to Hong Kong’s Basic Law in 2017 making it an offense to insult the national anthem or flag. Hong Kong’s government introduced a bill in January making this a criminal offense punishable with up to three years in jail.

“Glory to Hong Kong” contains a call to arms, urging people to sacrifice and shed their blood, sweat and tears for Hong Kong’s freedom.

The song’s composer calls it a march, according to comments attributed to him on the independent Hong Kong online media site Apple Daily, and says he is not afraid of repercussions from the authorities.

“If you have to worry about being punished for singing a song that gives voice to the beliefs of masses of people, it only shows that the government itself is in deep trouble,” he said, according to the outlet.

Hong Kong’s protest movement erupted several months ago over a legislative bill that would have allowed extradition to mainland China. It persisted through the summer with peaceful mass marches, but also increasingly violent clashes between riot police and protesters.

The demands expanded to include universal suffrage, an independent inquiry into police violence, an end to authorities defining the protests as riots, and the dropping of charges against arrested protesters, many of whom face lengthy jail terms. Hong Kong leader Carrie Lam withdrew the extradition bill last week, but did not entertain other demands.

This year’s protest movement has had several theme songs and many inspirations. Earlier this summer, protesters often sang “Do You Hear the People Sing?” from the musical “Les Miserables.” They also sang the hymn “Sing Hallelujah to the Lord.”

But “Glory To Hong Kong” has had a more indigenous, electric, unifying effect. Its composer took suggestions on changes to the lyrics from participants in an online forum and has invited people to create their own versions.

There are many translations of the song. New Zealand-based China Heritage, an independent academy that studies Chinese language, history, politics and culture, offered a version, which runs in part:
“Let us march together for what is right!

“This is the revolution of our times!”

“I have always felt jealous when I saw people from other country being very emotional and proud when their national anthems were played. Now I finally have a taste of it,” said one Twitter user Friday with the handle TimC_HK.

“Impossible to watch this & not be moved. Bear in mind this song did not exist a few weeks ago, was crowd-sourced/workshopped online, released & now everyone knows it & is singing it at gatherings from shopping malls to football matches. Powerful stuff,” tweeted Anthony Dapiran, author of a book on Hong Kong protests, “City of Protest.”

Dapiran argues that Hong Kong’s protest moment has created “moments of enchantment,” that maintained the movement’s energy, and blunted the “crude propaganda and economic bribes” deployed by the Beijing and Hong Kong governments.

The popularity of the protest anthem has seen pro-Beijing groups stage their own events singing the Chinese national anthem in shopping malls. But on Thursday at the upscale IFC mall, pro-Beijing singers with red flags were soon outnumbered by those singing “Glory to Hong Kong.”

As Hong Kong authorities harden their approach, the moderate mainstream elements of the protest movement have had to show imagination on how to express their views, with authorities repeatedly denying applications to stage legal peaceful protest marches.

Police Friday refused to lift a ban on a march Sunday organized by the Civil Human Rights Front, although the group advocates peaceful protest and has successfully led numerous peaceful mass rallies attracting a broad spectrum of Hong Kongers.

Often, the mood in Hong Kong’s protest movement, challenging a powerful authoritarian state, is grim. Many fear a violent end to the movement. Some worry about being killed or disabled by riot police, even as they plan their next protest event. Others see conspiracy and ill will everywhere, from the police to the government to the public transport authority.

But the singing created a moment of optimism.

“You know the most beautiful thing about this whole experience? I feel like we are witnessing the birth of a nation,” said one Telegram user, going only by ‘S.’ “Anthem, flag, solidarity, national identity.”


[YouTube-1]
In Hong Kong’s protests, a song confronts Beijing
https://www.youtube.com/watch?v=tNkAeEdqdUo

[YouTube-2]
願榮光歸香港》管弦樂團及合唱團版 MV
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=oUIDL4SB60g

[photo-1]
People gather for chants and a singalong at the IFC Mall in Hong Kong.

[photo-2 ]
People chant “Five demands, not one less,” and sing the newly minted, crowdsourced anthem “Glory to Hong Kong” at Times Square Shopping Center, Hong Kong.

[photo-3]
Pino Tong cries Sept. 11 as she and others pay respects to those injured in a clash with police in Hong Kong.

Yam reported from Hong Kong and Dixon from Beijing.

Los Angeles Times, Sep. 13, 2019 2:54 PM
‘Glory to Hong Kong’: A new protest anthem moves singers to tears
By Robyn Dixon, Marcus Yam
https://www.latimes.com/world-nation/story/2019-09-13/glory-to-hong-kong-a-new-protest-anthem-moves-singers-to-tears

 機動隊が救護班の看護師(20代・女性)を撃って右目を失明させた事件から11日で2ヶ月となる。

 至近距離から撃ったのである。看護師が付けていた救護班のマークが警察の目に入らぬはずはなかった。

 警察は彼女が治療を受けた病院からカルテを持ち出し彼女の個人情報を力づくで入手した。

 鬼畜の仕業であるが、それは合法なのか、違法なのか。現在、裁判となっている。

 2019年10月10日夜、看護師狙撃事件の現場となった尖沙咀警察署前に市民たちが集まり、抗議の声をあげた。

 全盲の女性がいた。女性はトラメガで国歌「願榮光歸香港」を流した。全警察官に届けとばかりに怨念を込めて。

「願榮光歸香港」には幾つかのバージョンがあるが、スローで静かなアレンジだ。

 女性は怒りを言葉に込めて田中に語った。
「警察がファーストエイドを撃ったことは許せない。彼女(看護師)は私と同じ立場になってしまった。悲しいがこれが香港の実情だ」と。

「願榮光歸香港」は革命歌である。
 これまで革命の現場を幾つも見てきたが、こんな哀切を帯びた革命歌は聞いたことがない。


[写真]
国歌「願榮光歸香港」をトラメガで流す全盲の女性(右端)。8月11日、ここで救護班の看護師は機動隊に右目を撃たれ光を失った。=10日夜、尖沙咀警察署前

田中龍作ジャーナル、2019年10月11日 00:00
香港人は今、それぞれの人生を背負って革命の現場にいます。
「自由を失うくらいなら死んだ方がましだ」…
香港市民の叫びを田中龍作ジャーナルは伝えます。
[香港発]
片目失った看護師に捧げる
警察署前で流れる一番悲しい革命歌

http://tanakaryusaku.jp/2019/10/00021022

posted by fom_club at 15:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍晋三による政治の私物化

 森友・加計学園問題で露呈した安倍首相による「政治の私物化」だが、またしても信じがたい事実が発覚した。

 毎年おこなわれている首相主催の「桜を見る会」で、安倍事務所が地元・山口から後援会員を大量に招待し、“おもてなしツアー”として利用していたことがわかったからだ。

 そもそも、「桜を見る会」というのは各界の功労者を総理大臣がねぎらうイベントだが、第二次安倍政権下では安倍首相の私物化が目に余るとして問題になってきた。
 たとえば、毎年のように多くの芸能人やアスリートらが招待され、そうした人気者たちと仲よさげに写真におさまることで安倍首相は自分のPRの場として活用してきたが、今年2019年4月に開かれた会では、なんとあのネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)の出演陣である百田尚樹有本香ケント・ギルバート竹田恒泰上念司などといったネトウヨ安倍応援団をこぞって招待したのだった。

 しかも、問題はその「おもてなし」の費用だ。
 会の予算額は、2014年度以降は約1767万円で固定されていたのだが、同年度の支出は予算を大きく上回る3005万円に。
 支出は年々増えていき、今年2019年度は5519万円にものぼった。

 なぜ予算を3倍も超えるほどの金がかかっているのか。
 その原因のひとつと考えられているのが、第二次安倍政権下での招待客の増加だ。
 招待者の人数の目安は1万人とされているのに対し、今年招待された人は1万5400人、参加者は1万8200人にもなっている。

 しかし、「どうして招待客が増えたのか」という国会での追及に対して、政府は「各府省庁からの意見を踏まえ幅広く招待」と述べるばかり。
「どこの省が増えたのか」と訊いても、「資料は破棄した」の一点張りだった。

 ところが、ここにきて、冒頭でもふれたように、「桜を見る会」が安倍首相の支持者のための“おもてなしツアー”にも使われていたことがわかったのだ。

 この問題をスクープしたのは、「しんぶん赤旗日曜版」10月13日号。
 その記事では、安倍首相の地元・山口の後援会関係者や後援会員らが、こんな証言をおこなっているのだ。

「桜を見る会には毎年参加している。地元の後援会員が数百人規模で上京し、みんなで首相と記念写真をとっている。安倍事務所の恒例行事だよ」

「下関の安倍事務所から参加確認があり、希望すれば、内閣府から招待状が送られてくる」

 つまり、本来は「各界の功労者をねぎらう」会であるはずなのに、安倍首相はそこに自分の支持者を大量に招待していたというのである。

 証言者によると、「旅費は自分持ち」だと言うが、飛行機や宿泊先のホテル、貸し切りバスなどはすべて安倍事務所が手配。
 しかも、都内観光もセットになっているほか、「桜を見る会」では安倍首相との写真撮影にくわえ、芸能人やスポーツ選手に会え、無料で飲み食いでき、お土産までついてくる。
 その上、「桜を見る会」の一般招待客は手荷物検査を受けるが、後援会員の場合はそれもなく、「バスの駐車場がある“裏口”から入るのが恒例」だという。
 まさに至れり尽くせりの接待ツアーではないか。

安倍首相後援会の「桜を見る会」ツアー参加人数は数百人規模!「昭恵氏」枠まで

 さらに驚かされるのが、その参加人数だ。
 この「桜を見る会」ツアーに参加した山口県在住の女性はこう話している。

「集合場所のホテルニューオータニから大型バスで会場の新宿御苑に行きました。私が乗ったのは十数台目。号車や時間は安倍事務所の指定でした。バスは17台と聞きました」

 単純計算で、もしこのバスが定員40人として満員だった場合、参加者人数は680人にものぼることになるのだ。

 しかも、記事ではこうした「安倍首相の地元後援会」枠だけでなく、“「昭恵」枠”も存在するのではないかと示唆。

 というのも、昭恵氏が名誉会会長を務めたスキーイベントの実行委員や、昭恵氏の農業仲間、昭恵氏と日本酒をつくる女性のグループなどが「桜を見る会」に招待されているからだ。
 実際、ある男性は、とあるイベントで昭恵氏と名刺交換して以降、「会の招待状が届くようになった」と言い、「僕は政治家の知り合いがいないし、自民党支持者でもない。“昭恵夫人枠”としか考えられない」と証言している。

 ようするに、安倍首相は「各界の功労者」をねぎらうための公的イベントに、数百人規模にもなる自分の後援会員や、自分の妻のお友だちたちを招待し、税金で手厚くもてなしているというのである。

 これらの事実だけでも、いかに安倍首相と昭恵氏によってこの国が食い物にされているかがよくわかるが、「しんぶん赤旗日曜版」の記事では、さらに重大な問題が取り上げられている。

 じつは、「桜を見る会」の前日の夜には、「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」なる催しが開催されており、ここに安倍首相も参加している。
 現に、今年は「桜を見る会」は4月13日におこなわれたが、前日12日の首相動静を確認すると、〈午後6時33分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の宴会場「鶴の間」で昭恵夫人とともに「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」に出席〉とある。

「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」に政治資金規正法違反の疑いも!

 そして、この「前夜祭」参加者によると、会は立食式のパーティで、安倍首相や昭恵氏と記念写真をおこなったり、歌手が登場するなどの盛大なものであるらしい。
 実際、今年、出演した歌手はブログで〈シャンソン、ラテンに交えてオリジナル新曲も歌わせていただきました〉〈1000人程のお客様〉〈ハードスケジュールの中お一人おひとりに笑顔で丁寧に握手をされる安倍首相と昭恵夫人のお姿に感動致しました〉と、安倍首相と昭恵氏とのスリーショット写真付きで報告している。

 だが、問題なのは、この「前夜祭」では複数の参加者が「5000円の会費を払った」と証言していることだ。
 政治資金規正法では「対価を徴収して行われる催物」は政治資金パーティーと規定されており、その収入や経費などは収支報告書に記載しなければならない。
 だが、〈安倍首相が代表の政党支部や関係する政治団体の収支報告書には、前夜祭の収支の記載がありません〉というのである。
 つまり、政治資金規正法違反の疑いがあるのだ。

「桜を見る会」という公的イベントを私物化し、税金を使って自分や妻の支持者やお友だちを接待する一方、「桜を見る会」を利用するかたちで開催した政治資金パーティーには違法の疑いまで──。
 まったく腐りきっているとしか言いようがない。

 しかも、信じられないことに、2020年度予算の概算要求では、内閣府は安倍首相が私物化するこの「桜を見る会」の関連経費として、本年2019年度の3倍を超える5729万円を計上。
 前述したように、これまで会の予算額が1767万円なのに対し2019年度は5519万円もかかったが、それが問題になったことで無駄遣いを見直すのではなく、逆に予算額を増やしてきたのだ。
 完全に国民を舐めているとしか思えない態度ではないか。

 国民が汗水垂らしておさめた税金が、安倍首相の応援団や後援会員、昭恵氏のお友だちたちを接待するために浪費されてゆく……。

 はっきり言って、そんな「桜を見る会」など廃止するべきだが、そのためにも、この安倍首相の公的イベントの私物化、税金の無駄遣いについて徹底的した追及がおこなわれることに期待したい。

[写真]
2019年の「桜を見る会」(首相官邸HPより)

リテラ、2019.10.11 10:54
安倍首相が「桜を見る会」で税金使って地元後援者を大量招待!
公的イベントを支援者接待と政治資金集めに利用

https://lite-ra.com/2019/10/post-5020.html

災害が迫るたびに思い出す…

思い出す.jpg

7:24 - 2019年10月10日

posted by fom_club at 14:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kindle キンドル、そして租税回避

 ねえ、ねえ、kindle キンドルって何?
 無知蒙昧、窮乏貧困者、餓鬼道まっしぐらのヤッホーくん、史上最強の台風接近も知らず、今朝も朝からもたついております。
 以下は5年前の投稿ですので、大分趣も変わっているんでしょうけど、アンバサダー(大使)に敬意を表して。。。

 Kindle が微妙だというブログを書いていたかわいい後輩がいたため、Kindle のアンバサダー(大使)を自称する身としてブログにまとめることにしました。

 ただし、漫画の用途では無く、自分は、ハードカバー系や新書専門です。
 なので、前提として、漫画購入派、カラー派とは宗派が違います。

 自分の所有は、Kindle Paper White 2013wifi モデルです。

理由その1: 読書開始の時間に革命が起きる社会人になって、Amazon で本を買うようになりました。即日配送をしたくなって、Amazon プライムに登録して、5年ぐらいが経過する気がします。最初は即日配送が衝撃でした。
 でもKindle なら読みたい本があれば、5秒後に読めるんです。
 これは本当に、革命です。
 読みたいときに読める。
 すぐに読み始められるので、読み始める前に冷めて、本が平積みになって、読まなくて後悔する、なんてことがありません。

理由その2: 日経新聞が安くなる。渋谷で働きながら、大手町系社員であると先輩に揶揄されてきた僕に取って、日経新聞が無いと1日が始まりません。
 日経電子版も合わせてWプラン(日経新聞+電子版)で毎月5,383円を払ってきました。
 電子版1本にしたので4,000円に下がりました。
 1年間で1,383×12=16,596円得になりました。
 日経Wプランの人(弊社には少なそうではありますが)、Kindle に乗り換える理由には充分だと思います。計算上、無料でKindle 端末が手に入って、年間支出はむしろ安くなるのです。
 電子版の日経は、満員電車でも全く問題なくサクサク読めます。
 頑張って新聞を読んでいる方の隣になると、ちょっとした優越感も味わえます。

※ Kindle Paper White に配信するためには、Calibre というアプリで設定が必要です
http://calibre-ebook.com/

理由その3: 軽い、コンパクト。ジーンズのポケットにギリギリ、入ります。

理由その4: Kindle 版の価格設定が魅力。書籍にもよりますが、Kindle 盤の価格は数100円〜1000円程度やすいことがザラにあります。
 お得です。
 書籍への自己投資は惜しまない、という家訓で育っていますので、お金を使ってる感じがしない、という批判は個人的には受け付けません。書籍に対しては、それでいいのだ。と思っています。

理由その5: 液晶が読みやすい。インクの質感、バックライトの光の具合が文句無しに見やすいです。
 どんな環境でも、歩きながら読めるレベルです。
 二宮尊徳も、この時代に生まれていたら、Kindle を使っていたことでしょう。

理由その6: 電池の持ちが半端無い。これだけ愛用していますが、「○UCK、電池切れた!!」ってなったことがありません。
 白黒ですし、他のアプリが動いて無いですし、通信してないですし、スマホとは違って、1weekぐらいは普通に充電無しで行けます。

理由その7: ハイライトでメモ!
 本を読みながら、刺さる言葉ってありますよね。それが付箋やらメモやらなんやらが無いと、心に刻まないと忘れます。それがKindle なら簡単にハイライトという蛍光ペン引くみたいな機能で、保存できちゃいます。
 結果、自分に刺さった言葉の名言集ができあがります。
 1つの書籍で、生かせて血肉になるることは、2-3個と割り切っているので、ハイライトを10箇所ぐらいできて読み終えた時は、振り返りやすい名言集のできあがりです。

 さぁ、今直ぐ Kindle Paper White を買おう。
 Kindle Paperwhite(ニューモデル)/Amazon、¥9,980
 Amazon.co.jp


はたぼーのひとりごと、2014-02-04 21:41:20
Kindle を買うべき7つの理由
https://ameblo.jp/nhatae/entry-11765009110.html

 う〜ん、ねえ、、、

GAFAに代表されるプラットフォーム企業の利益は、どこの国で課税されているのか。
中央大学法科大学院の森信茂樹特任教授は「課税をたくみに逃れる租税回避者としての姿はあまり知られていない。巨大な収益を上げながら、どの国からも課税されない『二重非課税』がいま大問題になっている」と指摘する――。

租税回避が引き起こす4つの大問題

 インターネットの発達により、これまでにないビジネスモデルを持つ企業が現れ、デジタル経済が誕生しました。
 その代表的な企業がプラットフォーム企業で、GAFAと呼ばれる
・ Google(グーグル)、
・ Amazon(アマゾン)、
・ Facebook(フェイスブック)、
・ Apple(アップル)
の4社です。
 実は彼らには、世界経済の原動力となっているという顔に加えて、もう一つ別の顔を持っています。
 それは巧妙なタックスプランニングを考案して、自らの税負担を回避しているという顔です。

 租税回避という言葉の意味は、ここでは「違法な脱税でもない、合法な節税でもない、いわばグレーの分野の行為で、アグレッシブな場合(濫用的租税回避)には、私法上の取引そのものは有効であるものの、その結果もたらされる効果は認められない(税法上否認される)」という意味で使っています。
 租税回避がなぜ問題かといえば、大きく四つの理由があります。
第1に、税負担の公平性が害され、正直者が馬鹿を見ることから、納税道義に大きな影響を与えるということです。

第2に、財政赤字に悩む国家財政に影響を及ぼすことです。国民の福祉をあずかる現代福祉国家としては、国境を越えた租税回避に対して課税権を及ぼし税源を確保することが責務となり、企業と国家との間での大きな争点になります。

第3に、グローバル経済の下で企業の競争条件の公平性(レベル・プレイング・フィールド)が失われることになることです。米国の多国籍企業に見られるアグレッシブなタックスプランニングを放置することは、日本の多国籍企業との競争条件を不平等・不公平なものにしてしまうということでもあります。

第4に、優秀な人材が、社会的厚生という観点では意味のない租税回避という分野に投入されることは、人的資源上の無駄を生じさせているといえるでしょう。

 ここではGAFAのうち2社を取り上げて、租税回避スキームを見てみましょう。

巨大倉庫は恒久的施設にあらず

 アマゾン・ドット・コム社(以下、アマゾン)は、千葉県などに100%子会社のアマゾンジャパン合同会社(以下、アマゾンジャパン)傘下の巨大な配送センター(倉庫)を持ち、日本で日本人を顧客とした大規模なネット販売ビジネスを展開しています。
 しかし、アマゾン本社は日本政府に法人税をほとんど払っていません。

 配送センターを経営する日本法人(合同会社)も、納付している法人税額は極めてわずかだと言われています。
 つまり、消費税を除くと、グループとしては日本にはほとんど税金を払っていないということです。
 その理由は以下のスキームによります。

 外国企業が日本で事業を行う場合、日本が課税権を発動するためには、当該外国企業が日本に何らかの課税の根拠(恒久的施設、Permanent establishment、PE)を持っていることが条件となります。
 これは「PEなければ課税なし」という国際課税の最も重要なルールです。
 その中で「倉庫はPEには当たらない」(正確には「倉庫のさまざまな機能を活用した活動の全体が、準備的・補助的なものである場合には、PEには当たらない」)というのが当時の国際課税のルールで、日本の課税権には服さない、つまり法人税は負担しないということなのです。

 2009年に東京国税局が、アマゾンの物流会社を調査した結果、単なる倉庫以上の業務が行われていると認定し、PEとして課税処分を行いました。
 この事件について、双方とも結果を公表していないので詳細は不明ですが、アマゾン側は納得せず日米間の相互協議となり、その結果、日本側の主張はほとんど認められず、法人税はわずかしか負担していないと言われています。

 このような課税の状況はドイツ、フランスなどでも同様です。
 そこで、このビジネスモデルについてOECD・BEPS(※)でも大きな問題として検討されました。
 その結果、2015年秋に公表されたBEPS最終報告書では、「人為的にPEの認定を逃れることを防止するために、租税条約のPEの定義を変更する」(行動7)ことが勧告されました。

(※)多国籍企業がその課税所得を人為的に操作し、課税逃れを行っている問題(BEPS)に対処するため、OECD(経済開発協力機構)が2012年より立ち上げたプロジェクト。

 日本はこの勧告に従って、PE認定の人為的な回避に対応すべく、「これまでは、倉庫は準備的・補助的な活動としてPEではないとされていたが、倉庫の活動が相互に補完的な活動を行う場合には、各場所を一体とみなして準備的・補助的な性格かどうかを判断する」と税制改正を行いました。
 これによりアマゾンの倉庫は実質的に判断してPEに認定され得ることになりました。

 しかし、この国内法の規定はまだアマゾンに適用されていません。
 その理由は、日米租税条約がこれまでのままで改定されていないからです。
 日本では条約が法律の効力を上回るので、日米条約を改定しなければ、アマゾンには課税できないままなのです。
 早急に米国と交渉を行う必要があります。

どこの国からも課税されない巧妙な租税回避策

 巨大なプラットフォーマーたちが行う租税回避のうち、最も巧妙だと言われているが「ダブル・アイリッシュ・ウィズ・ア・ダッチ・サンドイッチ」と呼ばれている仕掛けです。
(図表)
巧妙な租税回避策「ダブルアイリッシュ・ウイズ・ダッチ・サンドイッチ Double Irish with a Dutch Sandwich」

 グーグル社の例で説明しましょう。

 最初に米国本社は、アイルランドに2つの法人(子会社Aと子会社B)を設立し、そこに米国以外の市場で活用できるグーグルのライセンス(無形資産)を譲渡します。
 この時、A社と「共同で費用を出し合って開発しようとする契約(コストシェアリング契約、費用分担契約)」を結んで、米国本社に生じる譲渡益を可能な限り低くします。

 A社はB社の保有するライセンスを管理するだけの持株会社(ペーパーカンパニー)ですが、B社はライセンスを使用してコンテンツを製造し米国外の国に販売している会社で、多くの従業員を抱える実体ある会社です。
 B社はA社にライセンスの使用許諾契約に基づく多額の使用料を支払い、これを損金に計上することにより、B社の所得を圧縮してアイルランドの法人税負担を低下させます。
 このように、B社が海外で得た収益の大部分が、A社に流れます。

 一方、米国税法にある「チェック・ザ・ボックス・ルール Check-the-box Classification Regulations」を使って、B社がA社の支店となる会社形態を選びます。
 これによりA社とB社は同一の会社となり、製造・販売の実態があるということで、米国のタックスヘイブン対策税制である「サブパートF条項 subpart F provisions, Internal Revenue Code」の適用除外要件を満たす(発動が回避される)ことになります。

 さらにA社について、会社登記はアイルランドで行いますが、株主総会・取締役会などの活動の実態は、タックスヘイブンであるバミューダで行うことにします。
 アイルランドの法制度は「管理支配主義」と言われ、実際に法人を管理している場所で内国法人かどうかを区別するので、A社はアイランドで登記されているにも関わらず、バミューダ法人となるのです。

 最後にオランダ法人Cを設立し、B社はA社へライセンスの使用料(ロイヤルティー)を支払う場合には、オランダ法人C社を経由させます。

 これはA社がバミューダ法人(EU域外法人)なので、B社がA社に支払う使用料には、アイルランドの源泉税がかかるのですが、C社を介在させることにより、オランダの租税条約を活用することができるので、源泉税を回避することが可能になります。
 これは有利な課税条約を次々と活用していく「条約漁り」と呼ばれる行為です。

 この結果、米国市場において自ら開発した知的財産(無形資産)に基づき、コンテンツの製造や販売を行ってあげる収益は、B社からオランダ法人C社を経由してA社にロイヤルティーの支払いとして入金されます。
 つまり米国外から上がる収益(法人利益)の大部分は、バミューダ法人のA社に留保され、そこはタックスヘイブンなので税金はかからず、グーグル社の税負担はほぼゼロになります。

 A社はほとんど実体がない事業体で、米国からもアイルランドからも課税されない「真空地帯」で利益をプールするだけの会社なので、「キャッシュボックス Cash Box」とも呼ばれています。
 これが「二重非課税」として問題とされているのです。

※ 本稿は、森信茂樹『デジタル経済と税』(日本経済新聞出版社)の一部を再編集したものです。


PRESIDENT Online、2019/08/09 6:00
アマゾンが日本で法人税を納めずに済む仕掛け
「真空地帯」で利益をプールする

(森信 茂樹、中央大学法科大学院 特任教授)
https://president.jp/articles/-/29552

 は?イマ話題の国会無視して勝手に署名しあっている「日米貿易協定」で話題にしたのかな?どう表現されているのかな?教えて!
 富は富裕者にどんどんと蓄積されて、無知蒙昧、窮乏貧困者、餓鬼道まっしぐらの庶民はただ吸い上げられるだけ、なんじゃ・・・
 おっ、ついにでてまいりましたねぇ〜、「キャンドルナイト」、じゃあない、ない!なんだっけ、そう、そう、キンドル版だっけ:

 安倍首相は、何をしてきたのか。そして何を目指しているのか。
 政治は無関心ではいられても、無関係ではいられない。
 世論調査でも安倍政権の支持率は40%を超え続けている。
 昨年の戦争法案の審議及び強行採決で支持率は低下したが、危険水域の30%台にまでは落ちなかった。

 なぜ、安倍政権の支持率は下がらないのか。

 生活が良くなったからか。雇用が安定したからか。経済が回復したからか。

 答えは、全てNo!である。
 では、何故下がらないのか。
 それは巧みなイメージ戦略、安倍幻想とでも呼べるような幻想をマスコミを通して国民に与え続けているからである。

 そして安倍首相は、何を目指しているのか。どのような国家を目指しているかを明らかにする。
 しかし、安倍首相が本当に目指しているものは、総理大臣であり続けることではない。
 行政府だけでなく立法府も、さらに司法までも含めた全ての権力を一身に集めることである。
 あたかもヒトラーのように。
 安倍総統である。
 それらを全て明らかにする。


あらかわかずしげ『安倍に未来を奪わせない: 幻想ばらまき 総統めざす安倍首相』
(Kindle版、Amazon Services International, Inc. 、2016年5月、ファイルサイズ: 447 KB、推定ページ数: 37 ページ)

 著者は、こんなつぶやきもしておられました:

 安倍政権の目指す憲法改正は、専守防衛を捨て、緊急事態条項により国会を無力化し、戦前の国家主義をめざすもの。
 その動きにNOの声をあげ続ける。

 安倍は、野党に憲法審査会で憲法議論をしないのは国会議員の責任を果たしていないと批判。
 しかし、安倍本人は、憲法調査会委員として1回しか出席していないことが国会で明らかに。
 何なんだ、これは。

[動画]
https://twitter.com/i/status/1182795932909232128
23:57 - 2019年10月10日

 NHK7時のニュースもテレ朝報道ステーションもTBSのNEWS23も、安倍が一度しか憲法調査会に出席しなかったことを報道しませんでした。
 あれだけ野党に国会憲法審査会で議論を求めながら。安倍に都合の悪いものは報道しないマスコミ。
 テレビや新聞だけでは本当の事は知り得ない日本。

16:11 - 2019年10月11日

 10/11予算委、辻元さんの暴露話は強烈でしたね!
 安倍首相が19年間の憲法審査会で出席したのはたった1回だけ。しかも発言してすぐ立ち去った。
 辻元さんら議員は200回以上出席して憲法議論しているのに、改憲を叫ぶ安倍氏はなぜ出席しない?
 さらに岸田氏は出席ゼロなんだと

2:45 - 2019年10月11日

posted by fom_club at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする