2018年11月30日

"Peace is the Way" by Deepak Chopra

Deepak Chopra first came to the bestseller lists after an appearance on The Oprah Winfrey Show in 1993, in which he assured his fellow Americans that they had the capacity for eternal life.

Promoting his book, Ageless Body, Timeless Mind, he suggested to the daytime television audience that mortality was simply a conspiracy of pessimists. 'People grow old and die because they have seen other people grow old and die,' he argued. 'Ageing is simply learned behaviour.'

By the end of the week, nearly 400,000 people had bought his book. To date, there has been no significant shift in American death rates. Still, Chopra has not been deterred. Having solved the fundamental question of life, the former endocrinologist and purveyor of own-brand healing herbs, turned his attention to the other great dilemma on his readers' minds: how come some people had pots of money and others didn't?

For Chopra, whose adherents by now included Hillary Clinton and Demi Moore, as well as usual suspects Michael Jackson and Madonna, the answer was simple: some people just allowed themselves to have more money.

In the million-selling Seven Laws of Spiritual Success, he suggested that wealth was mostly a state of mind. 'The word affluence,' he wrote, 'means "to flow in abundance". Money is really a symbol of the life energy we exchange and the life energy we use as a result of the service we provide to the universe.'

Chopra argued that when the knowledge contained in his book was incorporated in your head, 'it will give you the ability to create unlimited wealth with effortless ease, and to experience success with every endeavour ... '

His words, apparently, struck a powerful note with the share-option generation, who, no doubt, rather liked the idea that making money was in itself profound, and energetic, and positive. And, certainly, the philosophy worked for Chopra. By the millennium year, through his books (more than 25 million copies sold) and his Chopra Centre for Well-Being in California ($3,000 a detox) and his speaking engagements with American corporate leaders (who were 'inherently very spiritual' since 'affluence is our natural state'), Chopra, who had arrived in America from India with $8 in his pocket, aged 22, was earning upwards of $20 million a year. Time magazine named him one of the 100 'Heroes of the Century'.

And the wisdom showed no sign of stopping. In Chopra's world, the power of woolly thinking could offer Americans almost anything they wished for. Further abundant bestsellers included Perfect Weight, Restful Sleep and Boundless Energy. You only had to look at a Midwestern shopping mall to see how successful they were.

Customised Buddhism and Arthurian legend were memorably combined for the benefit of wealth creators in The Return of Merlin, and The Way of the Wizard. And if that particular magic dust did not materialise, there was always comfort in the fact that The Angel Is Near; even, it seemed, in Golf for Enlightenment, in the semi-rough.

Given that he has sorted out universal love and wealth and longevity, it has taken Chopra a surprisingly long time to get around to the vexed question of world peace, but thankfully for all of us, he now has the answer.

His latest work of wisdom came to him on the day that the 1,000th American soldier was killed in Iraq, when a simple sentence popped into his head: 'Today is a good day for war to come to an end.'

'How hard is it to say?' he wonders and, to prove the point, he says it again: 'Today is a good day to bring war to an end. If your conscience follows these words and remains true to them, war will never return to your life again.' Good-oh.

The book arrives with no fewer than 12 pages of endorsements from other peace-loving friends of Deepak. Some of them are well known - Desmond Tutu and the Dalai Lama and Muhammad Ali; others - Hal Uplinger, Torkel Falkenberg, Peter Max - sound like they might be some of the wilder imaginings of Thomas Pynchon.

All of them, though, seem mesmerised by Chopra's message. And who wouldn't be? When Chopra writes: 'The surprise, really, is that the way of peace hasn't gathered more momentum', it is hard not to share his profound astonishment. Who would not want to endorse his understanding that international harmony is just around the corner?

(And who cares that his proof for this is the fact that his son, Gotham, can't see the point of war, in the way that older generations had?)

In one sense, though, in among the 'tangled hierarchy of fear/ greed/ unsustainability' and the 'awakening of the neural networks of the planetary mind', as the book elaborates on its theme it feels like something of a departure for his nation's favourite platitude salesman.

One of the reasons, you suspect, that it has taken Chopra just a little bit longer to confront the path to peace in book form is that his conclusions run somewhat counter to the prevailing wisdom of what might be considered his core audience. Peace Is the Way is, unusually, deeply anti-American.

The man who has been happy, for a price, to play the role of confessor to junk-bond billionaires and who has suggested massage with sesame oil to corporate buccaneers, rails here against the ingrained habits of big business, against the military-industrial complex, against global warming and patriotism. He launches attacks on organised religion and bogus American self-righteousness. Occasionally, somewhat alarmingly, his secondhand aphorisms seem to be marshalling themselves into an argument.

This controversial tone, from a man who has made his millions telling consumers what they want to hear, seems to come as a shock even to him. Confronting the question, at one point, of 'Am I thinking for myself?', Chopra wrestles on the page with a 'mental octopus ... that happens to grow a thousand arms'.

When he emerges, suckered and exhausted from this embrace, he cannot escape the fact that, for once, and just for a moment, perhaps he is finally on to something.


The Observer Books, Sun 8 May 2005 00.00 BST
All we are saying...

Deepak Chopra has sorted out love, wealth and longevity. Now he tackles world peace in Peace is the Way

By Tim Adams
https://www.theguardian.com/theobserver/2005/may/08/society

Deepak Chopra is "very wealthy". He told me so himself, leaping to his feet to defend his personal brand of spirituality, and pacing up and down in front of me. "Spiritual people should not be ashamed of being wealthy," he declared. I did not disagree.

All this took place at Toward a Science of Consciousness, a biennial conference in Tucson, Arizona, where I was invited, along with Menas Kafatos and Leonard Mlodinow, to debate with the spiritual guru and purveyor of Ayurvedic medicine.

Chopra is used to debating with scientists, indeed his book with Mlodinow, War of the Worldviews, inspired the title of our debate. These science v spirituality debates can be rather frustrating because Chopra uses lots of scientific ideas in his books and talks – from quantum mechanics to evolution – but he tends to twist them just at the crucial point. For example, he claims that consciousness not only gave rise to the entire universe but also directs evolution. This means we are all evolving towards a higher state of consciousness. Nice thought – popular thought too – but it kind of misses the whole point that evolution by natural selection (and related processes) is a marvellously mindless process that does not require a designer or the power of consciousness to produce its wonders.

But my arguments took a different tack. I chose to tackle his brand of "spirituality" rather than his wobbly science, although I think he treats both in the same disingenuous way. He takes their underlying, and often uncomfortable, insights and then twists them into something far more palatable – into something everybody would like to be true.

The problem, as far as consciousness is concerned, is the same for both science and spirituality – it's dualism. We seem to be conscious selves having a stream of mental experiences in a physical world, yet there cannot be two kinds of stuff – the physical and the mental. Scientists tend to make matter primary and cannot explain how a physical brain creates subjective experiences; Chopra's version of spirituality makes consciousness primary but cannot explain how consciousness creates matter. Meanwhile mystics and meditators throughout the ages have said all this is illusion – ultimately "I" am not separate from the world around me. Seeing the true nature, or becoming enlightened, means seeing through the illusion to oneness, or realising non-duality.

I have been training in Zen for 30 years as well as being involved in consciousness research. So I am familiar with both sides. That's why I agreed with Chopra when, in his "workshop" the night before (actually a solid, three-hour lecture), he said: "There is no separation between mind and body … Self and other co-arise and fall away all the time."

"I am not a dualist," he proclaims. But he is. "How do you wiggle your toes?" he asks. "Isn't your mind sending an order to your feet?" or, "Before a brain can register a thought, a mind must think it … every step of the way is mind over matter … We override our brains all the time."

Aha – so there's a "me" that overrides "my brain". This is straight dualism and is precisely what most spiritual traditions deny. Their teachers know that denying the persistence and importance of our very own self is painful, as the Buddha did. They know it is hard to accept our self as an ephemeral construction (to put it in scientific terms), or something that arises and falls away all the time (in spiritual terms).

So Chopra twists his "spirituality" right back on itself into the old, familiar and comfortable idea that "I" exist, "I" control my own body, "I" am important and may even live forever. In his book Reinventing the Body, Resurrecting the Soul he gives "the soul the attention it deserves": a dualist project if ever there was one.

I'll give two further examples. In Ageless Body, Timeless Mind (two million copies sold) Chopra describes those timeless experiences familiar to long-term meditators and those who have spontaneous or drug-induced mystical experiences. The world does not disappear, yet self, time and space cease to have any meaning. All is one and time is gone. Whether you come at this from a scientific or spiritual perspective this makes sense as a process of dropping the usual illusions of self and separation.

Yet for Chopra this is "the quantum alternative to growing old". Through developing the timeless mind "the effects of ageing are largely preventable", he says. So he has slithered from what I think is a genuine insight about the nature of self and time to claiming to prevent ageing. Indeed, he claims that "in moments of transcendence, when time stands still, your biological clock will stop. The spirit is that domain of our awareness where there is no time."

The biological clock will stop? All those multiply-interlinked chemical and biochemical processes that provide aspects of timing in a complex body will stop? I doubt it. His evidence includes the effect of meditation on the enzyme telomerase, which he interprets as proof that consciousness has the power to slow ageing. I interpret it as that meditation, with all its effects on attention, relaxation and attitude, has positive health benefits too.

Finally there is that question of wealth itself. I ended my presentation on his mega-bestseller The Seven Spiritual Laws of Success, where Chopra considers "the creation of wealth". One might be forgiven for thinking he is talking about "spiritual wealth"; about the joy, equanimity, compassion or peace that may result from spiritual practice. But no. He is urging us to align our consciousness "with the subtle yet powerful, unseen forces that affect the flow of money in our lives".

What then of enlightenment? Aside from his video game promising "a soothing journey to enlightenment", in his lecture Chopra described enlightenment as "getting rid of the person that never was". I agree with him (again). This is the whole thrust of the spiritual journey, that you discover that you aren't, and never were, who you thought you were. The feeling of being a powerful entity who persists through time and who will either die or live on when your body dies is an illusion. Yet it is surely precisely this illusory self who craves an "ageless body" and an eternal soul, and who longs for success, material wealth and "control over the flow of money".

One who has transcended the ordinary illusions of self and duality might or might not be wealthy, but they would surely not crave power and money or encourage others to do so. This is why I concluded by saying: "Deepak, you may be happy to call this 'spirituality' but I am not." And this, in turn, is why he leapt so eagerly to his feet to defend himself and his enormous wealth.


[photo]
Deepak Chopra believes 'the effect of meditation on the enzyme telomerase … has the power to slow ageing'.

The Guardian, Published: Mon 7 May 2012 09.00 BST
Deepak Chopra may be wealthy, but even he knows that's all an illusion

The guru's twisting of 'spirituality' to tell his followers that they can be rich and stay young misses the point of enlightenment

By Sue Blackmore
https://www.theguardian.com/commentisfree/belief/2012/may/07/deepak-chopra-wealthy-knows-illusion

posted by fom_club at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

all political differences must be set aside when it comes to education.

BEFORE the Communist party came to power in China in 1949, there were many community projects initiated by wealthy overseas Chinese in their communities in China.

Xiamen University Tan Kah Kee College in Fujian province in China was established by Singaporean Tan Kah Kee in 1921 to provide tertiary education for his countrymen in Fujian (*1).

When the Communist came to power in 1949, many things related to capitalism were destroyed.

However, Tan Kah Kee University was left untouched. The Chinese government continued to provide support to the university until today. It also allowed the words, Tan Kah Kee, to be used in the name of the university.

As such, all political differences must be set aside when it comes to education.

Tunku Abdul Rahman College (TAR) was initiated by MCA in 1969 as there was shortage of tertiary education institutions for poor and middle-class families for the Chinese community. (*2)

The college was set up not only with the efforts of MCA but with support of Chinese community leaders.

Without monetary contributions from the Chinese community, TAR College would not have been established.

All the years, there were contributions from the Chinese community to ensure TAR College progressed.

Government grants also helped TAR. The college made great strides and achieved university status in 2013.

Utar was established to provide more tertiary education opportunities for the Chinese and other communities.

I have come across many hawkers, small traders and working class families whose children studied at TAR College and are now professionals.

Therefore, we hope that the government will continue to provide grants to these higher education institutions to ensure tuition fees are kept low.

I hope political parties can set aside their differences when the issues involve education, health and projects that benefit the people.

On the issue of separate canteens in schools, it is certainly not healthy. Eating together should be encouraged because it promotes understanding among children.

Instead, a special area should be set up for children who bring food to school, especially those who bring non-halal food to school.

Many years ago, when I was in school, my Malay, Indian and Chinese classmates of used to go camping together.

The teachers who took us camping would allow only halal canned food to be taken along. We took only canned sardines and chicken curry to be shared among ourselves.

It is important to teach children to respect another’s religion and culture.

Many years ago, I attended a Malay friend’s wedding in a kampung and was looking forward to eat his mother’s beef rendang.

However, the dish was not served.

He told me that they had invited Hindu guests, so beef was not on the menu.

Therefore, there is no need for schools to set up separate canteens, but there must be guidelines so that there will be respect for another’s belief, culture and religion .

When school children eat together, they will learn to socialise and respect one another and have a better understanding of the different religions, beliefs and culture.


[photo] Students of TAR College during a lesson.

Letter to The New Straits Times, Published: November 30, 2018 - 9:58am
TAR College serves poor of all races, so it deserves aid from government
By THOMAS FOO, Subang Jaya, Selangor

(*1) 厦门大学嘉庚学院

Xiamen University was founded in 1921 by Mr. Tan Kah Kee, a well-known overseas Chinese leader. It is the first university in the history of modern Chinese education ever founded by an overseas Chinese.

As one of the top universities designated for the cross-century key construction, Xiamen University is the only key comprehensive university located in the special economic zone directly affiliated with the Ministry of Education. To know more about Xiamen University, please log on www.xmu.edu.cn.

With the approval of the ministry of Education, Xiamen University Tan Kah Kee College(hereafter referred as TKK College) was established jointly by Xiamen University and Xiamen Tan Kah Kee Educational Development Co. in 2003.

As an independent college, TKK College enjoys the status of a legal entity, has its own campus and manages its finance independently. TKK College offers undergraduate programs and runs under a new mechanism for talent cultivation.

TKK College has been established to meet the demand to transform Chinese structure of higher education, explore a new educational model, to bring into full play the conglomeration and radiation effects of Xiamen University as the only national key university in Fujian Province, and to expediate cultivation of practical talents with diversified skills in different fields to meet the urgent demand of the society.

Since its inception, Tan Kah Kee College has been pursuing a bold and innovative approach to course design, teaching methods, and undergraduate curricula. A modern pattern and a new criterion of educational administration system have been adopted to meet the requirements of contemporary economic globalization and information technology.

The college has also adjusted the proportion of major-related courses to non-major-related courses and the proportion of required courses to elective courses by increasing the share of elective courses, professional-training courses, and practicum hours in its curricula.

Students are allowed more freedom to select courses to meet their own schedules and educational goals.

We will strengthen quality-oriented education, ability education and elite education, emphasize cultivating students’ ability to apply their major knowledge and their foreign-language and computer skills to achieve the goal of “ Wide Vision, Solid Foundation, Focus on Ability, and Pursuit of Individuality”, and bring up students accomplished in one specialty while also skillful in other fields.


http://www.at0086.com/TKKEC/whyus.aspx

(*2)
Mar 1968
YABhg Tun Tan Siew Sin, the President of MCA proposed the establishment of Tunku Abdul Rahman College in the MCA General Assembly.

KUALA LUMPUR: Suggestions for MCA to relinquish ownership of Tunku Abdul Rahman University College (TAR UC) and Universiti Tunku Abdul Rahman (UTAR) are absurd, says its president Datuk Seri Dr Wee Ka Siong (pic).

MCA set up the then Tunku Abdul Rahman College (TARC) in the late 1960’s to offer education opportunities to low and middle income families, he said.

Finance Minister Lim Guan Eng had insisted MCA break off ties with both institutions before the government provides more allocation for the two institutions.

Dr Wee said TAR UC (the new name for TARC) has educated a large alumni of 200,000 graduates and its current student population stood at 28,000.

“For Lim to suggest MCA to cut ties with TAR UC, is ridiculous,” he told reporters in Parliament’s lobby.

Dr Wee said the performances and contributions of TAR UC and UTAR are for all to see.

He said both institutions had produced a lot of local talent, including politicians from both sides of the political divide.

Dr Wee added UTAR is the second highest locally-ranked varsity according to the Times Higher Education (THE) Asia University Rankings 2018.

The Ayer Hitam MP also said MCA had not interfered in the operations and that the institutions enjoyed academic independence.

At the same time, Dr Wee said TAR UC had its accounts audited and scrutinised by professional firms and the government each year.

Dr Wee pointed out that Lim's revelation on TAR UC's accounts, which had included interests from fixed deposits (FD) of RM20.94mil in the university's operating income was inappropriate.

He said interest from the FD was preserving the real value of the reserve fund,

“In other words, the FD interests helps to beat inflation. It should be considered as non-operating income,” he said.

If TAR UC had spent its FD interest, Dr Wee said, it would only mean that the university is spending its funds reserved for future developments.

This practice is unhealthy and will affect the financial standing of TAR UC in the long run, he added.

Without mincing his words, Dr Wee suggested that Lim focus on pressing issues rather than abusing his power and ministerial position to victimise the opposition.

“Please focus on restoring investors confidence in Malaysia and help bring in more revenue rather than creating chaos,” he added.

Lim had announced the government would only allocate a RM5.5mil development fund for TAR UC. He said the RM30mil matching grant for TAR UC will not be given.


The Star, Published: Tuesday, 27 Nov 2018 8:46 PM MYT
Wee slams proposal for MCA to divest ownership of TAR UC and UTAR as ridiculous
By Martin Carvalho and Tarrence Tan
https://www.thestar.com.my/news/nation/2018/11/27/wee-slams-proposal-for-mca-to-divest-ownership-of-tar-uc-and-utar-as-ridiculous/

posted by fom_club at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Malaysia-China Youth Exchange Programme

ON Nov 3, 36 Malaysian students from diverse backgrounds were selected and sponsored by the Chinese embassy in Malaysia to participate in a Malaysia-China Youth Exchange Programme to Beijing for nine days.

I was among the participants. During our nine-day stay in Beijing, we participated in the rich culture of the Chinese people and experienced China’s technological advancement, which left us in awe.

However, I am not here to share with you our positive impression of Beijing, but instead, a new perspective that I gained from the expedition.

Over the past three years, I have invested my time to understand Malaysia’s political scene. And during those three years, I have encountered “actors” who were engrossed in their racial political rhetoric.

It is a card that is played by certain parties to ensure they remain in power. Instilling fear is, indeed, one of the most effective tools politicians can use to fulfil their interests.

In a multiracial country like Malaysia, I have learnt that tolerance is, indeed, possible.

If you had asked me this months ago, I wouldn’t have believed it. But if you ask me now, I am 100 per cent sure of it.

During our time in China, my Chinese friends were respectful enough to understand that Muslims are obligated to eat halal food.

And I had no issues with my non-Muslim friends wanting to eat non-halal food. This is tolerance and mutual understanding.

We also had a few Indian participants who could not eat beef, and none of us had any issues with that either.

In fact, what we did was to arrange our seats accordingly to accommodate those who can or cannot eat beef, to ensure our friends could dine in peace.

This moment reminded me of the words of former prime minster Tunku Abdul Rahman: “We are all Malaysian. This is the bond that unites us. Let us always remember that unity is our fundamental strength as a people and as a nation.”

For Malaysia to progress, we need to find common ground and get to know and understand each other better.

We need to get rid of the politics of hate derived from racist sentiments. We need to play a role in outsmarting parties pitting us against one another.

We have to look beyond our social media chambers and venture outside our “one-race-only ” circle of friends.

I’ve had enough of racial card being played over and over again. Aren’t you sick of it too?

We all share a common love for nasi lemak, char kway teow and rojak. And most importantly, the love we have for Malaysia. Let’s focus on our similarities instead of our differences.

I hope that with this sharing, we can learn to embrace the fact that we are a multiracial country and accept it. This is the beauty of Malaysia.

Ten years from now, I pray and hope that no one would play the racial card and pit us against each other. You may say I’m a dreamer, but am I really the only one?


[photo] Participants of the Malaysia- China Youth Exchange Programme to Beijing.

Letter to The New Straits Times, Published: November 30, 2018 - 10:11am
We're united in love for Malaysia
By SHARIFAH SAKINAH SYED ALWI, Postgraduate candidate, Universiti Malaya
https://www.nst.com.my/opinion/letters/2018/11/435926/were-united-love-malaysia

THE China-Malaysia Youth Exchange Programme in Penang gave talents from both countries an international platform to shine.

Held over five days, it brought together 32 local youngsters from primary and secondary school levels, with 60 of their Chinese counterparts.

They indulged in a series of music, arts and dance exchanges, capped off with a gala dinner held at the grand ballroom of The Top@Komtar.

It was sponsored by City of Dreams (COD) of Ewein Berhad, whose group managing director Datuk Ewe Swee Kheng was among the 500 guests in attendance.

As the guests feasted on a sumptuous multi-course Chinese dinner, the students kept them entertained with a lineup of vibrant performances.

There were charming folk dances and rousing nationalistic routines, alongside musical numbers, wushu displays and belly dancing.

A Chinese calligraphy master then exhibited his deft brush skills, creating two scrolls on the spot as an eager crowd gathered to snap photos.

These were then presented to Ewe and also Leon Lee – the CEO of Zeon Properties Sdn Bhd, COD’s exclusive marketer and also event co-sponsor.

Lee, who was also the dinner’s organising chairman, said the transnational exchange programme was aimed at channelling youthful inspiration, energy and passions.

Such activities, he believes, would not only have a life-changing impact on every participant, but also create an innovative, gregarious and sociable generation.

“As Nelson Mandela once said, the youth of today are the leaders of tomorrow.

“Therefore it is very important to promote such exchanges because almost every-thing that is great, has been done by youth,” he added in his speech.

Lee also gave a presentation on Penang’s charms and tourist attractions, for the benefit of Chinese guests who were in attendance.

Among those present at the recent dinner were the Consul-General of China in Penang, Lu Shiwei, and deputy Consul-General, Leng Xiaoming.

Penang Chief Minister Chow Kon Yeow lauded the state’s great ties with China, whose investments and projects helped create job opportunities and boosted the local economy.

On the tourism sector, Chow said Penang has become one of Chinese tourists’ top destinations, with many wanting to come here due to its rich cultural attractions.

Also present were State Assembly Speaker Datuk Law Choo Kiang, Komtar assemblyman Teh Lai Heng, State Women and Family Development, Gender Equality and Non-Islamic Religious Affairs Committee chairman Chong Eng, and Zeon Properties chairman Alex Lee.

Joining them were the counsellor of China’s Gansu province Su Xiaolin, and chairman of Nine Provinces (Beijing) Media Co Ltd Ren Taiyu.

The exchange programme was organised by Nine Provinces.

Chinese students who wanted to participate first had to qualify via a show held in Beijing.

Besides the activities in Penang, the group also visited Ipoh, Kuala Lumpur and Putrajaya.


[photo-1] Leon, Chow and Ewe looking on as the master Chinese calligrapher creates a scroll at the dinner.

[photo-2] Malaysian students entertaining the crowd with a sprightly routine of their own.

[photo-3] Young wushu exponents showing off their skills on stage.

The Star, Published: Thursday, 30 Aug 2018
Youths enliven China-Malaysia exchange programme with vibrant performances
By Jeremy Tan
https://www.thestar.com.my/metro/metro-news/2018/08/30/cementing-ties-via-culture-youths-enliven-chinamsia-exchange-programme-with-vibrant-performances/

posted by fom_club at 12:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Emperor Akihito conferring the award on Dr Mahathir at a ceremony in Japan

TOKYO: Prime Minister Tun Dr Mahathir Mohamad was yesterday conferred the ‘Grand Cordon of the Order of the Paulownia Flowers’ by Emperor Akihito of Japan.

The conferment of Japan’s highest award follows the huge contributions by the Prime Minister in strengthening bilateral ties.

The conferment ceremony was held at the Imperial Palace here at 9.45am local time (8.45am Malaysian time).

The order is the highest award to be conferred upon foreign statesmen for their contribution towards the bilateral relations between their respective countries and Japan, as well as their contribution to the region.

Dr Mahathir is the third leader from Asia conferred the prestigious award after former Singapore prime Minister the late Lee Kuan Yew and former Indian prime minister Manmohan Singh.

He is on a three-day working visit to Japan since Monday.

Meanwhile, Japanese Prime Minister Shinzo Abe said the conferment of the country’s highest award is because of Dr Mahathir’s various services for over many years in advancing relationship between the two countries.

“Prime Minister Mahathir, please accept my warmest congratulation on the conferment of the ‘Grand Cordon of the Order of the Paulownia Flowers’.

Under the Look East Policy put forward by the Prime Minister who is a long time friend of Japan and (had) visited Japan more than 100 times, students and trainees in excess of 60,000 have come to Japan for the last 36 years,” he said in his joint press conference with Dr Mahathir.

Dr Mahathir said he felt greatly honoured to be awarded the highest award by the emperor and Japanese government yesterday morning.

[photo] Dr Mahathir receives Japan highest award from Emperor Akihito.

BorneoPost, Published: November 7, 2018, Wednesday at 12:01 AM
Dr Mahathir conferred Japan’s highest award
By Bernama

http://www.theborneopost.com/2018/11/07/dr-mahathir-conferred-japans-highest-award/

posted by fom_club at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A close and fruitful relationship between Malaysia and Japan

SPANNING more than 60 years, Malaysia and Japan have a longstanding and close bilateral relationship, marked by many areas of cooperation.

Prime Minister Tun Dr Mahathir Mohamad is a key figure in this close relationship, due to his advocacy of the Look East Policy which he initiated in 1981, a guiding light between the two nations, which he recently stated should be resuscitated and rejuvenated.

For his contributions to the bilateral relations and human capacity development among Asians, especially due to the Look East Policy, Tun Mahathir was recently conferred Japan’s highest decoration, the “Grand Cordon of the Order of the Paulownia Flowers” by Emperor Akihito.

It was particularly significant as Dr Mahathir was the last recipient of this highest decoration to be conferred through personal investiture by Emperor Akihito, who will be handing over the throne to Crown Prince Naruhito next year.

Japanese Ambassador to Malaysia Dr Makio Miyagawa said, “the conferment of the highest decoration by His Majesty Emperor Akihito to Tun Dr Mahathir is the expression of the profound appreciation of our nation to his immense contribution to the development, advancement and strengthening of capacity among Asians.

“Since he advocated the Look East Policy, many countries in South East Asia have also adopted similar policies which were well followed by countries in the Middle East, India and Latin America.

I believe his policy of changing the work ethics in Malaysia has influenced fundamental policies of economy in other countries, which might have helped to inspire development in those nations,” he said.

Speaking to the NSTP in an interview recently, Miyagawa said Dr Mahathir’s policies have also strengthened justice, fairness, transparency and governance in Malaysia and in other parts of the world.

In the area of economic ties, Japan has been Malaysia’s largest Foreign Direct Investment (FDI) contributor, a total value of US$13 billion FDI stock in the country until end of last year.

According to figures from the Malaysian Investment Development Authority, 1,400 Japanese companies are currently active in the country, having contributed to the creation of 340,000 job opportunities for Malaysians over the years.

Miyagawa said while industries of both countries share a tight relationship, Japanese companies had slightly hesitated to invest, in recent times, due to the political turbulence in Malaysia.

“After the election this year, our investors have started to look at a fresh environment of Malaysia, and they have been positively considering to increase their investments”.

During his last visit to Japan this November, Dr Mahathir pledged to remove obstacles for further investment into the country.

The ambassador said over the past few months he has received many visitors, including presidents and chairmen of big businesses in Japan. They have been consulting with the embassy on how they can increase their investments into the Malaysian market. The ambassador believes that we will see the positive tangible outcome sometime next year.

“We appreciate a variety of initiatives taken by the Malaysian government, including encouraging invitations by local municipalities and federal government. For the purpose of inspiring reinvestment and also of refurbishing current industrial bases of Japanese companies in Malaysia, we would like the Malaysian government to continue to provide incentives for the modernisation and upgrading of existing investments,” he added.

Miyagawa said many Japanese companies, which have set up their bases here, were very delighted to have contributed to the development of the Malaysian economy.

He hoped that the number of Japanese companies in Malaysia would continue to rise, especially in service sector and high-tech industries, to upgrade and prosper the Malaysian industries.

Miyagawa reiterated that it has been highly important and useful for both countries to continue to have in-depth, frequent discussions and dialogues with the participation of both the public and private sectors.

“The embassy has been willing to have intensified such dialogues with the Malaysian authorities and industries, and we will seek more fruitful collaborations with them,” he added.

Another area of close co-operation is education. Since the establishment of the Look East Policy in the early 80s, many Malaysian students have pursued their higher education in Japan.

“Under the banner of the policy, and assisted by Malaysian government sponsorship, over 16,000 Malaysian students and trainees have studied in Japan.

Besides those sponsored students and trainees, many more Malaysian youth have entered Japanese universities. On returning to Malaysia, they have been contributing to the development of the Malaysian economy”.

Miyagawa said he was pleased to have met many alumni of Japanese universities who are now very active in both public and private sectors in Malaysia.

‘It gives us enormous pleasure to recognise that Malaysian youth, who studied at Japanese universities have acquired basic policies to build and develop a nation, have served to achieve the present prosperity of this nation.” he added.

During his last visit, Dr Mahathir also invited Japanese universities to set up branch campuses in Malaysia.

Miyagawa said Japanese universities have never set up branch campuses overseas before. With the invitation by Dr Mahathir, some Japanese universities have begun their serious consideration.

Malaysia can be the first nation to have a branch campus of Japanese universities.

“For this, our Ministry of Education has also already changed its regulations with which to allow Japanese universities to set up branches abroad. University of Tsukuba, which is a national university, is a possible candidate seriously seeking a path to realise its establishment in Malaysia to meet the request of Dr Mahathir”.

The University of Tsukuba is one of Japan’s oldest and most prestigious universities. It began as a teacher training college to uplift the level of Japanese education, and is now a comprehensive research institution with some Nobel Prize laureates.

Transportation is another area of interest for both countries. According to Miyagawa, Dr Mahathir had requested for assistance from the Japanese government to look into ways to improve the railway sector in Malaysia.

Dr Mahathir asked for good ideas and policy suggestions to improve the railway system and service for both passengers and freight. He indicated that the railways in Malaysia are underutilised, as compared to Japan.

“As requested, both JR Kyushu and JR Freight, which are part of the Japan Railways Group, will dispatch experts to offer human resource developments through lectures and guidance to Malaysian counterparts of KTM, particularly in the operations of rails and maintenance of track and rolling stock including locomotives, for the purpose of improving the underutilisation of Malaysian rails”.

“Our government hopes that this opportunity will upgrade skills and capacity of engineers and operators of the Malaysian railways,” he said.

He added, again as requested by the Malaysian Government, Japanese air and road transportation experts have joined the railway experts to conduct full-fledged research for the improvement of Malaysia’s total transport system. The outcomes of their research will be submitted to the Malaysian government in the middle of the next year.


[photo-1] Dr Makio Miyagawa.

[photo-2]
The Japanese Embassy is extensively involved in dialogue and cooperation in many areas. Here, Ambassador Miyagawa is seen with 14 Malaysian students who have been selected to study in Japan for six months under the Kakehashi Asia Project 2018.

New Straits Times, Published: November 29, 2018 - 12:44pm
A close and fruitful relationship
By NST
https://www.nst.com.my/news/nation/2018/11/435579/close-and-fruitful-relationship

KUALA LUMPUR: Fourteen secondary school students have been chosen to study in Japan for six months under the Kakehashi Asia Project 2018.

They will be leaving for Japan tomorrow. Kakehashi is Japanese for “building bridges”.

The announcement was made at the Japanese ambassador’s residence today.

They will be living with host families or in dorms at several locations in Japan so that they can experience the country’s culture and education system.

Yong Jun Hao, 16, from Pahang will live with a host family in Hokkaido. He is excited to experience a culture with different do’s and dont’s, but is nervous about problems communicating in Japanese.

”We had to prepare ourselves to be able to explain to them about our country and culture. I am planning to take some batik and mooncakes to Japan to show them.“

Putri Mohamed Shain, 16, from Johor, said she was looking forward to sharing her Malay heritage with her Japanese classmates in Osaka and learning about theirs. She plans to explain about Malay traditional attire and their significance in daily life and traditions, as well as introduce traditional games to her Japanese peers.

Indrah Thelaganathan, 16, who will be heading to Fukushima, is excited that she is going to live in a dorm. She believes that it will help her to become more independent.

”I am planning to bring some frozen roti canai because I am going to miss it so much. They tastes so good. Everybody in the world should try them.

“I am also bringing some Malaysian classic books with me, like the stories of Sang Kancil which I will share with them. I also wanted to pack a congkak set but I couldn’t fit it into my suitcase.”

Japanese Ambassador Dr Makio Miyagawa said 100 students from 18 countries were taking part in the project this year.

He said the Japanese Government was targeting the involvement of up to 1,000 students from 20 Asian countries within five years.

“Many Malaysian youth who were educated in Japan have returned home and are serving in the country in business, government agencies and academia,” he said,

“I see the potential of a bright future between Malaysia and Japan through this programme and hope investment, security cooperation and friendship of both countries will remain intact.”

In a video message to the 14 Malaysian students, which was screened at the event, Prime Minister Tun Dr Mahathir Mohamad said the aim was to expose them to the culture and way of life of the Japanese.

He said the bigger goal was to build relationships between students from different countries, with the hope of lasting cooperation in adulthood and avoid tensions that often exist between countries.

“The programme aims to send students from various countries, including Malaysia, to Japan, where they will stay with host families and go to Japanese school to experience and learn the Japanese lifestyle.”


[photo]
Fourteen secondary school students have been chosen to study in Japan for six months under the Kakehashi Asia Project 2018.

New Straits Times, Published: August 20, 2018 - 7:26pm
14 students to study in Japan for 6 months
By Suzanna Pillay
https://www.nst.com.my/news/nation/2018/08/403454/14-students-study-japan-6-months

posted by fom_club at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

一関市と餅の深い関係は400〜450年前から!

一関市もちPR動画 「もち」
https://www.youtube.com/watch?v=qCnkG6pYohs

 お正月に供える鏡もち、年明けにいただくお雑煮、季節の行事や祭礼でふるまわれるあんこ、きなこ、ゴマをたっぷりからめた、おはぎやぼたもち、醤油のこげるような香ばしい匂いをたどれば、店頭で焼かれる磯辺焼き。

 日本の伝統食である “もち”。
 地域別、県別、大きくわけて東西別と、食べられ方、もちをつく日どり、供えられ方など、多彩な文化がはぐくまれてきた食べ物のひとつです。

 なかでも、「もちの食べ方の多彩さは全国一」といわれる、岩手県一関市。
 北上川下流域の豊かな稲作地帯であるこのエリアには、古くからもちにまつわる食文化が根づいています。
 驚くことに、「もち暦」なるものが存在し、年に60回以上ももちをつくのだとか!

 そんな一関市のもち食文化をテーマにした映像が、一関 youtube チャンネルと、観光協会 HP にて公開されました。

ストーリー

 鎌倉〜室町時代の景観をほぼ残しているといわれる、岩手県一関市の骨寺地域(ほねでらちいき)。

 ユナ(15歳)は、ここに住む中学3年生。
 祖母の葬式に、臼と杵でどうしてももちがつきたいという祖父。
 もちつき機でもおいしいもちはつける、と説得する家族ですが、めったに我をはらない祖父の願いもあって、古来の方法でもちをつくことに。
 思春期のユナは、仕方なくもちつきを手伝いますが、祖父の表情からにじみ出る何かを敏感に感じとります。

 ユナの通う本寺中学校は、今年いっぱいで閉校となることが決定。
 親友のシホは隣町へ引っ越すことになり、ひそかに想いを抱くタツ兄は、進学のため東京へ。
 亡くなった祖母の声も忘れてしまいそうになったユナは、すべてが自分のもとを去っていくような悲しみのなかで、祖父との会話から、ひとつの思いをかため――。

 一関のとある一年を、美しい風景のなかで綴った物語。

 この映像のテーマは、“もち”。
 テーマだけみれば、「?」と首をかしげてしまうかもしれませんが、一関では、日々の暮らしや、ハレの日、人生の大切な場面には、必ずもちをつくという文化があります。

 この地において、もちをついて一緒に食べるという行為には、互いに幸せをわかち合い、悲しさ、辛さも共に背負い、絆を強める意味が込められているのだそう。
 伝統や記憶が少しずつ消えようとしているなかで、それぞれが抱く大切なものをつないでいこうと努力する人々が、この映像には描かれています。

 伝統的なもちつきの風景、上棟式、神前への御供え、お祭り、伝統芸能。
 どこかに置き忘れてしまっていたかのような、懐かしくもあたたかな暮らしの営みと、泣きたくなるくらい美しい映像に、目が離せなくなるはずです。

制作について

 本作は、一関の本寺地区を中心に、2017年8月から撮影が行われました。
 映像中の本寺中学校は、実在する中学校。
 ですがストーリーと同様に、2018年3月をもって閉校となりました。

 主人公のユナ役は、実際に本寺中学校に通っていた佐藤由奈さん。
 ユナの友人、弟たち、家族のほか、一関市民も出演しており、なんとプロの役者はひとりもいないのだとか!

 ロケハン、オーディションから始まり、市民の協力をうけ、夏祭りのシーンから撮影を開始し、卒業式まで、全体では1年を追う撮影が行われました。

 かぎりなくリアルな本寺地区の日常が描かれ、ストーリーはフィクションながらも、“セミドキュメンタリー”ともいうべき物語となっています。

 そんなチャレンジングな映像のメガホンをとったのは、蒼井優主演の映画『たまたま』の監督であり、〈モスバーガー〉〈キリン午後の紅茶〉など、これまで300本以上のCMを手がけてきた、女性映画監督・CMディレクターの小松真弓さん。

 撮影には、広告写真やTVコマーシャルなどで活躍する広川泰士さん。
 世界各都市での個展、美術展への招待出展の経験を持ち、国内外の美術館にコレクションされるほどのアーティスト。

 そんなトップクリエーターのふたりが携わっているとあっては、なおさら見逃せません!

 今回の映像は、一関もち食推進会議が製作。
 マガジンハウス〈コロカル〉と〈一般社団法人世界遺産平泉・一関DMO〉が制作にあたりました。
 この映像とは別に、1時間のフルバージョン作品も用意されており、ゆくゆくは劇場やイベントでの上映を行う予定。乞うご期待!

information

 一関市もちPR動画 「もち」
 監督:小松真弓
 撮影:広川泰士
 制作:一関もち食推進会議


dメニュー・ニュース・岩手・コロカル、2018年08月23日09時17分
“もち食の多彩さ全国一”の一関市がもち食文化をテーマにした映像を公開
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/colocal/region/colocal-116644

 お雑煮やお汁粉など餅は正月の定番料理だ。
 俳句では冬の季語でもあり、一般的には寒い時期に食べる印象が強い。
 だが岩手県一関市は別。
 季節を問わず餅を日常的に食べる習慣があり、食べ方も多種多様だ。
 「もち本膳」と呼ばれる正式なもてなし料理もあるほどに独自の餅文化が根付いている。

 「本日は至っての堅餅(かたもち)でありますが、ところの仕来(しきた)りに従って差し上げます」
 冠婚葬祭などのあらたまった席で来客に供される「もち本膳」。
 「おとりもち」と呼ばれる仕切り役の口上で宴席は始まる。

 世嬉の一酒造(岩手県一関市)会長の佐藤晄僖さん(75)は、
「『堅餅』といっても、つきたてを出すので本当は決して固くない。いわばもてなす側の謙遜。口上を覚えて『おとりもち』が務められないと、かつては一人前の大人とは認められなかった」と説明する。
 冠婚葬祭に招かれなくても、同社運営のレストラン「せきのいち」で、もち本膳が楽しめる。
 漆塗りの高膳に椀(わん)が3つと皿が2つ。
 手前の椀は左にあんこ餅、右がお雑煮。
 奥は左に料理餅の椀があり、右は大根下ろしを盛った皿。
 真ん中の皿にたくあんが二切れ。
 料理餅は季節や地域によって変わるが、この5点セットが伝統的な、もち本膳の構成。
 ちなみにこの日の料理餅はクルミ餅だ。

◇ ◇ ◇

 一関市と餅の深い関係は400〜450年前に始まる。
 もともと米作が盛んだったことに加え、当時この地を治めていた伊達藩が毎月1日と15日に神様に餅を供えるように藩下に命じた。
 以来、正月に限らず春夏秋冬ことあるごとに餅をつき、食べるようになった。
 もち本膳は、元は武家のもてなし膳。
 小笠原流に基づいた食べ方の作法がある。

「最初に大根下ろしを一口。これは喉を潤し、餅が喉に引っかからないようにするため。次はあんこ餅。食べ終えたら、料理餅、お雑煮の順に食べ進める。大根下ろしとたくわん一切れはいつ食べても構わない。ただし、たくわん一切れは最後まで残しておく。器に残るあんこなどをたくわんですくい取り、椀をきれいにして膳を食べ終える」

 佐藤さんのガイドに従い、作法通りにいただく。
 水分たっぷりの大根下ろしは甘酢で味付けされており、甘い餅を食べた後の口直しにちょうどいい。
 しかも大根に含まれるジアスターゼが消化を助けてくれる。
 なるほど、さすがに長い歴史を持つ伝統料理。
 生活の知恵も詰まっている。

 一関では食べ方も多彩だ。
 納豆やゴマ、山菜、クルミ、キノコ、枝豆、沼エビ、ドジョウ、ホヤ、イカ……四季折々の旬の食材を取り入れて約300通りの食べ方が伝わる。

 JR一ノ関駅前の飲食店「三彩館ふじせい」は、その中からベスト9を厳選、「ひと口もち膳」として提供している。

「一般的な餅は1個約50グラム。うちは1個10〜15グラム。地元自慢の食べ方をできるだけ多く試してほしくて、このサイズになった」と店主の伊藤信行さん(65)。
 定番のお雑煮やあんこのほか、注目は「しょうがもち」と「じゅうねもち」。
 かつて来店客の人気ランキングで男女それぞれの1位に輝いた。

◇ ◇ ◇

 しょうがもちは、しょうゆや砂糖、酒で濃いめに味付けしたシイタケを千切りにし、根ショウガのおろし汁を加えた餡(あん)をかけたもの。
 ほかの餅は甘い味が多いなか、ピリ辛が利いた大人の味だ。
 「じゅうね」は東北の方言で、エゴマのこと。
 サッとエゴマを煎り、すり下ろす。
 しょうゆと砂糖で味を調えて餅にまぶせば完成。
 ほのかな甘みとわずかに残ったざらりとした舌触りが心地よい。

 餅料理は市民の生活に根を下ろし、冠婚葬祭にも欠かせない。
 結婚式場を備える「ベリーノホテル一関」によると、結婚式準備のチェック項目にケーキ入刀やキャンドルサービスなどと並んで「餅」欄があるという。
「披露宴の中盤で臼を持ち込んでその場で餅をつき、最後にあんこ餅を振る舞うのが定番」(担当者)

 各店舗もそうだが、つきたてをできるだけ早く出すのが一関流。
 たかが餅料理と言うなかれ。
 柔らかくおいしいうちに食べさせたい――そんなおもてなし精神が一関の餅文化の神髄だ。

マメ知識> 鏡開き、包丁は使わず

 餅は古来、ハレの日に神様へ供える神聖な食べ物とされてきた。
 酒とともに神事には欠かせない供え物だ。
 正月の鏡餅はその代表例。
 起源は平安時代に遡るという。
 1年の無病息災を祈願して宮中で始まった正月行事といわれている。
 一般的には1月11日が「鏡開き」。
 年末につき、神様に供えていた餅を手や小づちで割って食べる。
 包丁を使うのは本来厳禁。
 鏡餅は武家で盛んな風習であったため、切る行為は切腹を連想するとして忌み嫌われた。


[写真‐1]「ひと口もち膳」は小鉢に餅料理が1つずつ入る
[写真‐2]武家の歴史を継ぐ「もち本膳」。食べ方の作法を佐藤晄僖さんが教えてくれる
[写真‐3]JR一ノ関駅構内で「もちの里」をPR
[地図]

日本経済新聞夕刊2017年1月10日付
伊達藩由来の餅文化
岩手・一関、もてなし300通り

編集委員・石塚由紀夫
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO11476410Q7A110C1NZ1P01

 岩手県一関地方の官民でつくる「一関もち食推進会議」は食文化の伝統を後世に伝えようと、餅料理216種類の作り方をデータベース化して公開した。
 インターネットの観光情報サイト「一関観光NAVI」の特設ページで閲覧できる。
 じゅうねもち、ふすべもち、えびもちなどの伝統料理16種類のほか、アイデア料理200種類をレシピと共に紹介。
 市内で行われた創作餅料理コンテストでグランプリに輝いた「菜の花餅」「磐井牛餅」などを取り上げた。
 毎年恒例の「全国ご当地もちサミット」で高評価だった餅料理のレシピも閲覧できる。

 一関地方の餅料理は300種類以上とされ、農林水産省の「食と農の景勝地」にも選定されている。
 推進会議は今後もデータベースを増やしていく方針。
 佐藤晄僖(こうき)会長は、
「餅食文化の発信力を強め、飲食業に携わる若い世代が新たな餅料理を提供するヒントにしてほしい」と期待する。


[写真]一関地方の餅料理を集めたデータベース

河北新報、2018年07月29日日曜日
一関の餅食文化を後世に
レシピデータベース化
「創作」含め216種類掲載

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201807/20180729_33040.html

 餅文化の里で知られる岩手県一関市大町で2018年1月2日、「日本最大新春餅つき大会」があり、つきたての餅が商店街の初売りに訪れた買い物客に振る舞われた。
 歩行者天国となった大町商店街の約330メートルに30基の臼が並び、法被姿の商店街関係者が計80升の餅を一斉についた。
 「ヨイショ」の掛け声で勢いよくきねが振り下ろされると、大勢の見物客から歓声が上がった。
 一関市の祖父佐藤吉男さん(68)宅に遊びに来て会場を訪れた埼玉県坂戸市の浅羽野小4年三田海斗さん(10)は、餅を味わい、
「もちもちしていておいしい。間近で見る餅つきは迫力があり、かっこよかった」と話した。
 餅つき大会は商店街を運営する一関銀座会が主催し、今年で4回目。


[写真]出来たての餅を大ぜいの客に振る舞った餅つき大会

河北新報、2018年01月04日木曜日
餅ぺったんこ
店寄っていこ
一関・初売りで振る舞う

https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180104_33022.html


posted by fom_club at 05:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

蔵元、世嬉の一酒造

 石川酒造でガイドの畠山さん、「皆さんのなかで、当社に来られる前、蔵元見学に行かれた方はいらっしゃいますか、それはどこですか」と山歩クラブの皆んなに尋ねられました。
 質問があったら、はぐらかしたり、うそをついたりせず、正直に答えることを人生哲学(えへん!)にしてきたヤッホーくん、さっと手をあげ、もう得意げにしゃべっていました:

 栗駒山を宮城県から登って須川温泉に泊まり、翌日岩手県の一関におりて、「いちのせき」をひっくりかえした「せきのいち」に行きました!

 あの栗駒山、あの山歩クラブの秋合宿(10月4日〜10月7日)のことを言っていますね。
 食いしん坊のヤッホーくんのこと、あの「もち」の味がイマ蘇ってきているようですよ!
 え?酒蔵に行ったんじゃないの?ヤッホーくんの大好きなあの飲みものの味じゃないの?

もちごぜん

 岩手県一関市の餅食文化の多様さを感じさせる、同市の蔵元レストラン「せきのいち」の「果報もち膳」。
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に「和食」が2013年12月に登録され、国の提案書に一関の例が盛り込まれた。
 一関の餅食文化は種類の豊富さ、食べ方の作法など、他にない多様性と豊かさがあるという。


河北新報・写真特集、2015年09月18日
<郷土料理>
みんな大好き!これぞ東北の味

https://photo.kahoku.co.jp/graph/2015/09/18/20150918khg000000000000c/003.html

 山が育む文化ですね、水と食と人、これらをまるごと味わうことが、山歩クラブのスピリッツ、哲学(えへん!)だべちゃ、と。
 それにぴったりの土地が一関にあったのです。
 「世嬉の一酒造」岩手県一関市田村町5-42 Tel 0191-21-1144
https://sekinoichi.co.jp/

P1060395-1.JPG

P1060387-1.JPG

P1060384-1.JPG

<いちのせき文学の蔵>

いちのせき文学の蔵について

 公設民営による「文学の蔵」を設立しようとする市民運動が起きたのは、1989(平成元)年の早春であった。
 色川武大さんが創作に打ち込むため一関に移住された頃に、ぴたり重なっている。

 色川一関移住!のビッグニュースによる興奮が広がりはじめたと思う間もなく、急死の悲報が稲妻のごとく走った。
 喜んでいたわたしたちは、やりきれない電撃に身を貫かれた。

 だが、運動に不思議な力が作用した。
 稲妻は稲魂、あるいは稲つるびでもあったのだ。
 雷電と稲がつるんで穂を孕む、という古人の思想であるが、文学の蔵運動は、色川さんの死によって疑い無く加速された。

 そこへ、一関ゆかりの井上ひさしさんが「助っ人」として現れた。
 たまたま、かつて在籍された一関中学校の同期会に来られたのだ。
 一ノ関駅でお会いしたあと、わたしは一年先輩にもかかわらず、同期会の席に厚かましくも入り込んだ。
 このあと、井上さんの希望で、文学の蔵の関係者と色川宅を訪ね、お焼香をした。
 遺品の一関への寄贈の話、そして 文学の蔵への「助っ人」宣言は、色川さんの遺影の前で起きたのであった。

 翌年さっそく「井上ひさしの日本語講座」を開催した。
 その次の年には、一関を父祖の地とする大槻文彦の『言海』完成100年を記念する大事業に取り組んだ。
 丸谷才一、大野晋、大岡信、高田宏という錚々たる方々による講演と、辞書をめぐるシンポジウムに、全国的な参加者が溢れた。
 わたしたちは、言葉の力の持つ求心力を強く強く感じたのであった。

 言ってみれば、稲魂も言葉の力だったのだ。
 その光の穂先は伸び、色川さんの遺品が一関市に寄贈された。
 井上講座はその後、「文章学校」「賢治を読む」「作文教室」と回を重ね、出版も起きた。

 ゆかりの島崎藤村の文学碑が建立され、島崎藤村学会の全国大会も開催された。
 近代の始まりにおいて、言葉と格闘し続けた藤村についての再学習は深まり、
 「あゝ、自分のやうなものでも、どうかして生きたい」という碑文の奥に、わたしたちは、言葉の力を信じて生きていく、という譲れぬ態度価値を発見し、そこに響き合う価値観を共有するようになったと思う。

 大世紀末ともいえる時期の運動は、国内外の激変に遭遇し、経済的困難の増大から先行きが曇る中、2000年の「子ども読書年」を迎えた。
 国会が全会一致で「子ども読書年」を決議するほどに、未来からの留学生たちの言葉の力は弱々しくなっているのか、それは、大人たちの問題ではないのか、なんとかせねば、そのきっかけを創らなければ、と考え、谷川俊太郎さんを招いて詩の朗読のつどいを開催したところ、会場は入り切れないほどとなった。
 わたしたちは、絶望してはならないのだと思った。
 また、次の世代へのバトンタッチの大事さも胸に刻んだ。

 今、乏しい自力で文学の蔵ギャラリーを、わたしたちは準備している。
 わずか十坪の「日本一ちいさな文学館」ではあるが、言葉の力を信ずるものたちの拠点として、とりあえず構築しょうとする。
 展示するのは、ゆかり、出身の多様な文学者たちであるが、通底する「言葉の力を信じて」の生き方をメインテーマと見据えることで、さらに今後も響き合って、 たとえ細くても、息の長い運動を進めていきたいと念じっつ、同行者の増えることを切望している。


(文学の蔵会報21号 いちのせき文学の蔵会長 及川和男)
https://bungakunokura.jimdo.com/

 そうなんです、ヤッホーくん、蔵元「世嬉の一」に「あゝ、自分のやうなものでも、どうかして生きたい」発見!

P1060390-2.JPG

 そうなんです、ヤッホーくん、蔵元「世嬉の一」に「日本一ちいさな文学館」発見!

P1060396-1.JPG

 5年ほど前のことである。
 酒友Tが、世界遺産候補に挙がっていた岩手県平泉の中尊寺を見に行った(2011年に世界遺産登録)。
 そして地酒「世嬉の一」の蔵を見学、そのお土産として「世嬉の一」の純米吟醸と本醸造をいただいた。
 酒好きにとっては酒のお土産が一番うれしい。
 なんてったって、ふだん目にすることができない酒と出会えるから。

 この「世嬉の一」もそうだ。
 地元岩手県一関市以外ではなかなかお目にかかることができない。
 Tは飛び込みで蔵を見学、出された試飲の酒を全酒類飲み(たぶんわたくしもそうしただろう)、その中から純米吟醸と本醸造をわたくしにプレゼントした、という。
 5年前のメモをもとにリポートする。

 家に持ち帰り、さっそく「世嬉の一 純米吟醸」をいただいた。

 まず、冷酒で。
 吟醸酒だが、立ち香が抑えられている。
 含み香もあまりしない。
 入り口がすっとして、やや酸を感じる。
 「酒度+3」という数字以上に辛みを感じた。
 含んで、すこし間を置いてから、ズンとくる。
 余韻が驚くほど長く長く尾を引く。
 すっきり系・さわやか系で、さらりとした飲み口の酒なのに、酸を伴う辛みジンジン余韻が、キレずにいつまでも続くのが面白い。
 非常にソリッドなタッチの酒で、ある面そっけなく無愛想。
 厚みがすくなめで、旨みも奥にじわっとある程度なので、まさに晩酌酒・食中酒向き。
 ある意味で、“通向き”の酒、と感じた。

 次に、ぬる燗(40℃)で飲んでみた。
 旨みが膨らんだ。
 含み香に、コメのやわらかい香りが広がった。
 厚みが増す。
 冷酒のとき、奥にありがちだった酸が前面に出てくる。
 余韻も尾を引く。
 しかし、冷酒のときよりも、余韻の辛みジンジンが緩和される。
 甘みもすこし感じられるようになる。
 冷酒ではソリッドだった飲み口が、劇的にやわらかくなる。
 これは絶対、ぬる燗の方が良い。
 ぬる燗のためにつくられたような酒だ。
 冷酒のとき無愛想だった酒が、ぬる燗にすることにより、愛想良しの酒になる。

 お土産としていただいた手前、後日、酒Tに上記のような感想を報告した。
 するとTは一言でこう言い切った。
「そうだ。大人しい酒だ」
 わたくしが、ぐだぐだ言葉を並べるよりも、この「大人しい酒」の一言が、すべてを言い表している、と言えそうだ。

 蔵のホームページによると、使用米は「吟ぎんが」で、精米歩合は50%。
 「吟ぎんが」は岩手県農業研究センター銘柄米開発研修室が1991年、母「出羽燦々」と父「秋田酒49号」を交配。
 育成と選抜を繰り返し開発、2002年に品種登録された、新しい酒造好適米。

 蔵のホームページは、酒名「世嬉の一」の由来について、以下のように紹介している。
 『世嬉の一酒造』は、江戸時代から続く由緒ある蔵元です。
 江戸時代には初代横綱、谷風の後援者として知られた蔵元でした。
 明治時代に明治天皇が平泉に行幸された際に休み処を提供させていただき、 靖国神社や明治神宮に当蔵で醸造した日本酒を献上しています。

 社名には、ちょっとしたエピソードがあります。
 大正時代、戦前の宮家の一つで『髭の宮さま』として知られた閑院宮載仁親王殿下が当所へお越しになりました。
 その際、『世の人々が喜ぶ酒を造りなさい』ということで命名されたもので、1957(昭和32)年、現社名としました。

 文化人との交流もありました。
 古くは島崎藤村が寄寓し、 幸田露伴、北村透谷、内村鑑三といった人々との関わりもありました。
 戦後直後には、まだ中学生だった作家、井上ひさし先生の一家が当蔵の土蔵で暮らしています。

地方紙と共同通信のよんななニュース、2014.4.16 17:16
[岩手]
世嬉の一
純米吟醸(せきのいち)

https://www.47news.jp/301551.html

posted by fom_club at 07:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

ぶらり、山歩クラブのお散歩会

 ところでヤッホーくん、昨日は山歩クラブのお散歩会に参加していました。
 家を出たのが朝の8時、戻ったのが夜の8時。
 JR豊田駅になんと、15人の仲間が集合しました。
 ヤッホーくん、うれしそうにご挨拶。
 まずはこの間、下見に歩いた「東豊田緑地保全地域」に向かいます。

 「保全地域」って都内には50ヶ所もあるんですよ:

 東京に残る自然は市街化が進むなかで失われ、まとまりのある緑地や、特徴的な地形として残っているものはかなり少なくなっています。
 自然は一度破壊されると、その回復は難しく、長い時間が必要となります。
 そのため東京都では、「東京における自然の保護と回復に関する条例」により、良好な自然地や歴史的遺産と一体になった樹林などを保全地域に指定し、都民の大切な財産として末永く残していこうとしています。

 保全地域とは・・・

 東京都の指定する保全地域には次の5種類があります。

1. 自然環境保全地域
 自然環境保全法(昭和47年法律第85号)第22条第1項の規定により環境大臣が指定する自然環境保全地域に準ずる地域で、その自然を保護することが必要な土地の区域。

2. 森林環境保全地域
 水源を涵養し、又は多様な動植物が生息し、若しくは生育する良好な自然を形成することができると認められる植林された森林の存する地域で、その自然を回復し、保護することが必要な土地の地域。

3. 里山保全地域
雑木林、農地、湧水等が一体となって多様な動植物が生息し、又は生息する良好な自然を形成することができると認められる丘陵斜面地及びその周辺の平坦地からなる地域で、その自然を回復し、保護することが必要な土地の区域。

4.歴史環境保全地域
歴史的遺産と一体となった自然の存する地域で、その歴史的遺産と併せてその良好な自然を保護することが必要な土地の区域。

5.緑地保全地域
樹林地、水辺地等が単独で、又は一体となって自然を形成している市街地の近郊の地域で、その良好な自然を保護することが必要な土地の区域。


東京都環境局、東京都保全地域
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/nature/natural_environment/tokyo/tokyo.html

P1060613 (2)-1.JPG

 トコトコ、山歩クラブのお散歩会はそこから「日野市役所」、「新選組のふるさと郷土館」、日野駅方面へ。

P1060616-1.JPG

 日野市出身で、幕末に新選組六番隊の隊長を務めた井上源三郎(1829−1868年)に注目が集まっている。

 来年2018年1月は、新政府と旧幕府が衝突した鳥羽・伏見の戦いで源三郎が亡くなってから150年。

 この節目に日野市では、源三郎を中心に幕末と明治維新を振り返る企画展を開催中。

 武蔵野市では2017年12月21〜23日、源三郎を主役にした新作劇が上演される。

 五代目子孫で、2004年に井上源三郎資料館(日野市日野本町4)を開いた井上雅雄さん(63)は、源三郎に光が当たっていることに「もっと知ってほしいと資料館で説明してきたが、分かっていただけたと思う」と感慨を深めている。

 日野市神明4の「市立新選組のふるさと歴史館」で開かれているのは「新選組井上源三郎 八王子千人同心と新選組の幕末維新」。
 幕府直属の在郷武士団「八王子千人同心」として長州征伐に従軍した兄松五郎、源三郎の史料などを公開している。

 源三郎は、局長の近藤勇や副長土方歳三らの新選組幹部と比べると、記録が少ないこともあり、小説や映画などでは脇役となることが多い。
 しかし、歴史館館長の金野啓史さん(52)によると、隊士の多くは松五郎、源三郎兄弟の人脈で結び付けられ、後の新選組結成に大きな役割を果たした。
 松五郎の日記には「近藤が天狗(てんぐ)になった」と隊士が漏らした不満なども書かれ、内情を知る貴重な史料になっているという。
 会場では、松五郎の日記や源三郎の天然理心流の免許などを展示。
 来年2018年2月18日まで。月曜、12月29日〜1月3日は休館。入館料一般200円。1月13日、2月10日は井上雅雄さんの解説がある。問い合わせは歴史館=電042(583)5100。

 JR三鷹駅前の武蔵野芸術劇場(武蔵野市中町1)では12月21日、新作劇「新釈井上源三郎伝」の公演が始まる。
 時代劇などを制作する「相州雅屋」(川崎市高津区)代表・橘相模守(さがみのかみ)さんの作・演出。
 やはり兄弟に着目し、近藤らが頼りにする存在として描く。
 主演の源三郎役は米山雄太さん。
 近藤の養父・近藤周助役の神道明さん(67)は「今までの新選組のイメージを忘れ、新しい人間模様、兄弟愛を見てほしい」と話している。
 12月23日までの計5回公演。チケットは前売り3600円、当日3800円。問い合わせは相州雅屋の大畑郁さん=電090(1854)8216=へ。


東京新聞、2017年12月20日
新選組六番隊隊長・井上源三郎に注目集まる
来年2018年1月に没後150年

(水谷孝司)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201712/CK2017122002000113.html

 新選組?ヤッホーくん、スタスタ、通り過ぎようとしています。
 カッシーからは「200円だからねぇ〜無料じゃないとヤッホーくん、入らないんだよ」と言われましたが素知らぬ顔。

 井上源三郎の菩提寺である日野駅前の宝泉寺?早く次の目的地にたどり着きたいヤッホーくん、これもスタスタ。
 内心では、いつか新選組回りを新鮮な気持ちで実施しなくっちゃ、「もうひとつの150年」発掘だもん!だって〜

 日野駅近くのから拝島駅へ電車で移動(!)。
 歩きじゃなくって、電車で移動?!山歩クラブにも年年歳歳高齢化の波が押し寄せてきている証ですかねぇ〜

P1060625-1.JPG

P1060632 (2)-1.JPG

 ここはどこ?
 ここは多満自慢の「石川酒造」(福生市熊川1 Tel 042-553-0100)!
http://www.tamajiman.co.jp/

 2時からは秘書課の畠山さんガイドによる酒蔵見学があったのでございます。
 山域をまるごと味わう、地元の方ともできるだけ交流をするのが山歩クラブのポリシーでございます。
 ひっきょう、山の恵みであるきれいなが欠かせない地酒、そして酒蔵を見学し試飲してくる、いで湯で汗を落とし郷土料理に舌鼓をうつ、これがまぁ山歩クラブの哲学なんですね。
 従いまして、あっちこっち酒蔵見学はしてきましたが、この畠山さま、いやあ、とっても解説がすばらしく、美貌も手伝って、われわれ山歩クラブの面々、たいへん勉強になりましたって、深く御礼申し上げ奉り候。

 東京都福生市。
 多摩川にほど近い住宅街に白壁の土蔵が立ち並ぶ一角がある。
 石川酒造の社長、石川彌八郎さんが「酒飲みのテーマパーク」と称する、創業155年の酒蔵だ。
 樹齢が700年を超える大きなケヤキが酒造りやビール造りに精を出す人びと、レストランを訪れる客らを見守り続けている。

 「多満自慢」の看板をくぐると、「酒飲みのテーマパーク」が目の前に広がる。
 正面には酒造りの拠点である本蔵がそびえ、そばには売店「酒世羅」の玄関がある。
 かつて玉川上水から水を引いた熊川分水のせせらぎを挟んで、樹齢400年の「夫婦欅(けやき)」の根元にコメの神、大黒天と、水の神、弁財天をまつった祠(ほこら)が建つ。

 テーマパークを構成するそれぞれが酒造りの心と歴史を表現している。
 石川酒造の歴史を示す資料が展示されている「雑蔵史料館」、イタリアン・レストラン「福生のビール小屋」、1960年代まで仕込み水に使われていたという手掘りの井戸と、アトラクションは続く。
 年間延べ10万人が食事や買い物をし、1万人が見学に訪れる。

 「見学者の2割くらいが訪日外国人ですね」と石川さんは話す。
 特に何度も訪日している人が、より日本らしさを感じさせるスポットを求めてやってくるらしい。
 確かに、敷地内は周囲の景色からは隔絶され、時代を遡った雰囲気を味わえる不思議な空間になっている。
 本蔵など、土蔵のいくつかは国登録有形文化財として、酒造りや接客に日々活躍している。

 7月下旬、全国燗(かん)酒コンテスト2018の審査結果が発表された。
 251社が838点を出品、4部門で評価を競った。
 石川酒造は「お値打ち燗酒 ぬる燗部門」で「多満自慢 純米無濾過」が、「プレミアム燗酒部門」で「純米大吟醸 たまの慶」が、それぞれ金賞を受賞した。
 ちなみに「お値打ち」は720ミリリットル瓶で1100円以下、「ぬる燗」はセ氏45度が基準だ。

 「純米無濾過」は原料米に新潟県産コシヒカリを使っている。
 「コメのうま味と甘みを際立たせる」(石川酒造営業部)ことを狙って仕込んだ。
 精米歩合は70%(コメの表面から30%を削る)で、酒は山吹色を帯びる。
 「新酒では酸と甘みを感じさせ荒々しさをみせる」一方で、熟成させて楽しめる性格の酒だという。
 酵母は香りがよく発酵力が強いとされる「きょうかい701」を使っている。
 奇をてらっているわけではない。

 精米歩合が50%の「たまの慶」は冷やとぬる燗で異なる表情を見せる。
 「冷やせばりんとした大吟醸らしさを味わえる」のに対して、ぬる燗では風味が丸みを帯び、コメのうま味が広がる。
 自身も燗酒が好きだという石川さんは「大吟醸でも香りを抑え気味のものは、温めてもおいしく飲めます」と説く。

 「たまの慶」を造る過程に、石川酒造の酒造りの特徴が垣間見える。
 やや細かい話になるが、高級酒造りの最終過程で石川酒造は「瓶(びん)燗火入れ」と呼ばれる殺菌法を採用している。
 通常は酒を65度に加熱して殺菌、その後急冷して瓶詰めする。
 瓶燗火入れは低温で瓶詰めしてから瓶ごと加熱して低温殺菌する。

 かつては手作業で瓶を湯煎していたが、今はパストライザーと呼ばれる、瓶にお湯のシャワーを浴びせる機械を導入、殺菌工程を自動化している。
 「瓶詰め前に加熱すると、加熱後、瓶詰めするまでに吟醸香が揮発してしまいます。瓶詰め、打栓してから加熱すれば香りを逃さなくてすみます。この差は意外と大きいんですよ」と石川さん。

 原料処理にも神経を使っているそうだ。

「自家精米していますが、精米から浸漬(コメを蒸す前に水に浸すこと)にかけて、注意して作業しています。例えば急いで精米するとコメが乾燥しすぎて、浸漬の際に吸水率が上がってしまうなど、時間と手間を惜しまないのが肝要です。温度にも影響を受けますので、気を抜けない日が続きます」

 こうした作業を「4、5人でやっています」という。
 杜氏(製造責任者)も蔵人も社員。
 少数精鋭で15種ほどの原酒を造る。
 杜氏の前迫晃一さんは34歳。
 今冬(平成30酒造年度)が杜氏として3季目となる。
 前迫さんは東京農業大学で醸造学を学んだが、入学前から、石川酒造でアルバイトとして働いていた。
 杜氏就任時にすでに10年以上にわたって酒造りを経験していた。

 「生え抜きどころか、種からうちで育ったようなものです」と石川さんは笑う。
 かつては越後杜氏の製造チームを受け入れていたが、徐々に社員との混成チームとなり、約15年前からは製造現場はほぼ社員が占めるようになった。
 杜氏集団の時代とは異なり、製造計画や商品企画について社長と現場の意思疎通の機会が増えたという。

 ところで、「山廃仕込み」という仕込み方法がある。
 山廃仕込みは、酵母が働きやすくするために雑菌を除く作用のある乳酸菌を、人工的に添加しないやり方で、味わいは酸味が際立ち濃厚で芳醇(ほうじゅん)になる。
 自然界の乳酸菌を取り込み、時間をかけて酵母を繁殖させるので、造り手は長い間、緊張を強いられる。

 「うちは『山廃』が得意なんです。古くから手がけていますから。取引先などの評価も高いし、自分でもできがいいと思っています」と石川さんは胸を張る。
 今年、前迫さんが杜氏として初めて仕込んだ山廃が発売される。

「山廃は二冬寝かしますから。十分熟成をきかせて売り出します」

 ただ、「来年出すものの方ができがいいかな」と石川さん。
 前迫さんも杜氏就任2季目の山廃が自信作なのだそうだ。

 石川さんが思い描く理想の酒は「料理を食べながら楽しめる酒」だという。
 「酒は引き立て役でいいんです」とも。
 原料処理や殺菌、山廃仕込みへのこだわりからは、自然体で酒造りに取り組む姿勢が伝わってくる。
 日本酒の味わいのトレンドはこの30年間をみても、淡麗からうま味重視へとシフトしている。
 しかし石川酒造の酒造りは目先の流行に惑いはしない。

 石川彌八郎という名は代々受け継がれてきた名跡で、今年54歳になった現当主は18代目だ。
 1863年に酒造業を始めたのが13代目当主だから、石川家としては酒造業を営む以前の歴史が長い。
 約1万3千平方メートルの敷地内に、土蔵に囲まれるようにして当主の居宅がある。
 その入り口に建つ長屋門は240年以上前に建築された。

 江戸期には名主総代として地域社会を束ねる役割を担っていたようだ。
 多摩川の氾濫対策の責任者を務めた記録もあるという。
 石川家がある多摩川左岸の旧熊川村は江戸中期まで畑作中心だったが、多摩川の治水工事が進んだ結果、江戸末期に稲作が広がった。
 酒造創業の背景には、そんな事情もあった。

「多摩川河川敷の荒れ地で稲作ができるようになりました。それがなかったら、あるいは味噌屋をやっていたかもしれませんね」

 仕込み水は1960年代まで、手掘りの井戸からくんでいた。
 今は深さ150メートルの井戸で多摩川の伏流水をくみ上げている。
 水系をさかのぼると秩父山系に行き着くそうで、水質はミネラルを含む中硬水に分類される。

 当初から、地元の消費に応える地酒だった。
 約1000石(一升瓶10万本、180キロリットル)を造る石川酒造の出荷先の多くは今も地元が占める。
 石川家は檜原村に山林も持っている。
 そこで育ったスギのチップを使って企画した商品もある。
 のどごしにスギの香りが漂う「多満自慢 東京の森」だ。

 1998年からは地ビールを生産している。

「生産量は180キロリットル。ちょうど日本酒と同じくらいですね」

 実は明治の半ばに一度、ビール造りに挑戦したことがある。
 100年以上を経て、再参入したわけだ。
 クラフトビールブームを追い風に売り上げは伸びているという。
 「多摩の恵」は酒蔵の売店を中心に販売、2015年発売の「TOKYO BLUES」は都心などで流通させ、「地元比率は半分以下になりました」。

 売店「酒世羅」には石川酒造が造る各商品が並ぶ。
 毎月、第4週目の週末には感謝デーイベントを催している。
 9月22〜24日はたる酒の量り売りと、吟醸プリンや酒かすメロンパンなどオリジナルスイーツを販売する。
 10月にはハロウィーンや新酒発売にちなんだ内容を計画している。


NIKKEI STYLE、2018/9/19
ぶらり日本酒蔵めぐり(4)
東京・石川酒造
土蔵が並ぶ「酒飲みのテーマパーク」
(アリシス 長田正)

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO35315940T10C18A9000000?channel=DF080420167222

posted by fom_club at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の水道事業... 現在は国営、市営、町営...こういったものは全て民営化!

 ヤッホーくんのこのブログ、2017年03月25日付け日記「水道民営化」をぜひともお読みください:

 識見も見識もない、漢字も読めないぼんぼん政治屋どもがこの国をヒットラーかアッキードか分かりませんが、この国を「私物化」してしまい、この国のコクミンを上から目線で見おろしています・・・
(後略)

http://fom-club.seesaa.net/article/448377458.html

 ヤッホーくんがお慕い申し上げている小児科の先生は、こんなことをご指摘なさっておられます:

 日産のゴーン前会長を特捜が逮捕した一件、胡散臭さが漂う。
 郷原信郎氏が、この「事件」の問題点を指摘している。


Yahoo! Japanニュース、11/25(日) 11:47
ゴーン氏事件についての“衝撃の事実”
〜“隠蔽役員報酬”は支払われていなかった
郷原信郎(郷原総合コンプライアンス法律事務所 代表弁護士)
https://news.yahoo.co.jp/byline/goharanobuo/20181125-00105394/

 彼へのの報酬を、有価証券報告書に記載していなかったという金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑である。
 だが、その報酬は、まだ支払われていないものだった。
 脱税などの案件ではない。
 ゴーン前会長側は、法的な正当性を確認していたと主張している。
 さらに、当の日産自身が、その有価証券報告書を作成している。
 従って、少なくとも、ゴーン元会長のみを逮捕するのは筋が悪い。

 ゴーン前会長逮捕劇は、日産とルノーを合併させようとするルノー・フランス政府と、それを嫌う日産・日本政府との軋轢から生じたのではないのだろうか。
 一私企業の内部の問題に、政治がコミットしているとすると、それこそが問題だ。
 有価証券報告書の記載に問題があるとしたら、法人としての日産の問題である。

 勿論、企業トップが、リストラを実行し、それによって企業を立て直したことで、これほど多額の収入を得ていること自体は、社会的に見て問題かもしれない。
 だが、日産とルノーとの関係に政治が積極的に関与することはおかしい。
 巨額報酬は、有価証券報告書の記載漏れとは別の問題。
 むしろ、あの巨額の報酬を問題にすることによって、世論をゴーン前会長を批判する方向に持って行きたいという検察・政府の意向が見える。
 EU・フランスでは当然のことながら、特捜部の逮捕に対して強い反発が起きている。

 マスコミはこの逮捕劇一色だが、その背後で

〇 外国人労働者の実質的移民政策・外国人技能実習生の搾取問題

〇 水道事業民営化問題

が明らかとなり、両方ともに政府が、きわめて不十分な法案を国会に出している。
 その議論が殆どマスコミで報じられない。
 中身のスカスカな法案が、成立してしまう。
 これを政府は狙っているのかもしれない。
 ともに今後のわが国の在り方を根本的に変えうる問題だ。

 また、森友・加計疑惑も、もうすでに過去の出来事のようになりつつある。
 この疑惑の解明、責任の所在が明らかにされていない。
 外国人労働者問題は、移民をどのような仕方で受け入れるのかという問題、これまで行われてきた外国人労働者の搾取構造を明らかにし是正すべき問題である。
 これは、国民生活に将来大きな影響を及ぼす。

 水道事業民営化も、水道というライフラインを外国企業に売り渡すことであり、国民にとってすぐさま重大な問題となる。

 両者ともに政官業の癒着と腐敗が起きつつある。
 ゴーン前会長逮捕劇の背後に隠された問題にこそ関心を持つべきだろう。


2018/11/26 07:01

 そうなんです、この水モンダイ、トンデモナイことです!

 自治体が決めることなのに、麻生太郎が2013年にCSISで、なぜ勝手にこんな暴挙を約束できるのでしょうか?

「日本の水道事業... 現在は国営、市営、町営...こういったものを全て民営化します。」
頭出し:44分30秒〜
https://www.youtube.com/watch?v=386OSRNSkCM

What is Abenomics? Current and Future Steps of Japanese Economic Revival

The CSIS Japan Chair hosts a Statesmen's Forum with
His Excellency Taro Aso
Deputy Prime Minister of Japan
Minister of Finance, and Minister of State for Financial Services


6:36 - 2018年11月24日

 麻生氏は、世界では水道はほとんど民営だとの誤認を開陳。
 麻生氏は、日本では「内務省」がと言いかけ「自治省」と言い直すが、どちらも誤認以前。
 日本では「厚労省」が所管しているだけで、自治体か広域水道企業団。

 そんな誤認だらけで「民営化する」と海外で副総理が述べたなんて恥ずかしいの一言。

 あまりに知られているので、報道されていないわけないのではないかと思い検索すると、動画を発見。

 麻生太郎副総理「日本の水道をすべて民営化します」https://youtu.be/YFjeZKNMjhY

 しかも、誤認だらけのコメントでこちらが恥ずかしくな…


8:49 - 2018年11月23日


posted by fom_club at 09:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

2025年問題、そして、こんにちは2025

人口の20%が「後期高齢者」になり、単純労働に就くのは移民と外国人。
医療と介護の安心は根底から覆る。
街に人があふれ、子供たちが教室にぎゅうぎゅう詰めで授業を受けた、古き良き日本は二度と戻らない。
増えてゆく空席を、言葉の通じぬ人々が埋めてゆく。
カネも絆も失った私たちは、どうなるのか。

10人に1人はボケている

「このまま無為無策で過ごせば、日本はとんでもない事態に見舞われます。社会保障の破綻、際限のない増税といった山積みの問題が、10年足らずで一気に表面化するのです」

 こう警鐘を鳴らすのは、政策研究大学院大学名誉教授の松谷明彦氏だ。

 およそ1世紀も増え続けてきた日本の人口が、昨年2015年、ついに減り始めた。
これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15歳~64歳の生産年齢人口が7000万人まで落ち込む一方で、65歳以上の人口は3500万人を突破する。
2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。
これが『2025年問題』です
(前出・松谷氏)

 東京五輪が終わったあと、日本の姿は、今とは大きく変わっている。
 現在と同水準の人口を維持できるのは、東京・神奈川・千葉・埼玉の首都圏と、愛知・沖縄・滋賀のみ。
 青森・岩手・秋田・山形・福島の東北各県や、中四国の大半の県は、軒並み1割人口を減らす。

 働き方も、大変化に見舞われる。
 厚生労働省のデータによれば、'00~'10年の10年間で、事務職や工業系技術者は14%、農家や漁師は30%、また土木作業者や建設技術者は40%も減っている。
 一方、介護関係職員は倍以上に増加し、葬儀関係者も1・5倍に増えた。この傾向は、2025年までにますます加速する。

 若者が減り、老人が増える。
 何かを作る仕事に携わる人が減り、介護や葬儀に携わる人が激増する。
 もはや、国全体が老境に入ってしまったような状態だ。しかも−。
現時点でも、軽度のものを含めれば、少なくとも820万人が認知症を患っているという厚労省のデータがあります。
それに基づけば、2025年には今の1.5倍、1200万人以上が認知症になっていてもおかしくありません
(国際医療福祉大学教授の高橋泰氏)

 全国民の10人に1人がボケている。
 そんな国が成り立つのか、という疑問がわいてくるが、あと9年で画期的な対策が見つかるとも思えない。
 特別養護老人ホームには順番待ちの長い列ができ、認知症の特効薬ができる気配もない。もはや策は尽きている。

病院がどんどん潰れる

 経団連の榊原定征会長は、ついに「移民に頼らざるを得ない。ドアを開けに行かないといけない」と明言。
 自民党も特命委員会を今月設置し、まさに移民受け入れの議論を始めようとしている。
 移民や大量の外国人労働者を受け入れた2025年の日本が、どんな国になるかについては後篇で詳述するが、ひとつ言えるのは、その「劇薬」をもってしても、事態は好転しないということだ。

2025年、まず医療がパンクする。

 厚生労働省の推計によれば、2025年の医療保険給付は総額54兆円と、現在より12兆円以上増える見通しだ。
 衰えゆく日本の国力で、とうてい賄える額ではない。

 「破綻シナリオ」を回避するために、国は医者と病院を減らしにかかっている。
 患者は確実に増えるにもかかわらず、である。
 NPO法人医療制度研究会副理事長で、外科医の本田宏氏が言う。
今、全国で病院の身売りや倒産が相次いでいます。実は日本の医師数は、先進国最低レベルです。医者がいなければ、治療できない。治療できなければ、医療費が膨らむこともない。つまり、医療費を抑えるため、医師の数を減らし、病院の数も抑えているわけです。
'13年には、埼玉県で25ヵ所の病院を36回たらいまわしにされて、患者が亡くなる事件もありました。地域の病院が減ってゆくと、こうした事件が全国で多発するでしょう

 9年後、全国の入院患者数は138万人(1日あたり)を超えている。
 だが、全国の病床数は今でさえそれに足りない134万床で、今後さらに減らされる見通しだ。
 確実に、数万から数十万人の病人が、病気にかかっても入院できなくなる。

 少し体調が悪いくらいで、いちいち病院に行くな。いや、行きたくても行けない−それが常識になるのだ。

 介護も同様である。
 介護保険制度が設けられた'00年に比べ、現在、介護関連の職につく人の数はおよそ4倍にも膨らんでいる。
 それでもまだまだ、人手が足りそうにない。前出の高橋氏が言う。
これからの日本は、地方の人口は減ってゆきますが、大都市圏では人口はあまり減らず、同時に高齢者が激増します。首都圏では、高齢者人口はおよそ1000万人にも達するでしょう。おそらく2025年を待つまでもなく、あと数年で、首都圏の介護施設は足りなくなります。『介護クライシス』と懸念されている事態です。
誰にも介護してもらえず自宅で放置され、亡くなる人が急増する。『このまま東京にいたらまずい』と考え、地方に移住する高齢者も出るでしょう。しかし、移住できない大多数の人々は、厳しい状況に追い込まれる

年金なんて出るわけない

 さらに、多くの国民が不安に思いつつ、半ば諦めているのが、年金の行く末だ。
 2025年にも、年金制度そのものは残っているだろう。
 だが、その内実が、「破綻同然」の水準にまで崩壊しきっていることは間違いない。
 長年、年金を研究してきた、社会保険労務士の大曲義典氏が分析する。
年金をはじめとする社会保障費は、現在の約120兆円から、2025年には総額150兆円に増えると考えられます。
しかし、'14年に厚生労働省が行った将来予測は、『現役世代の賃金はこれから毎年上がり、10年後の保険料収入は40兆円に達する見込みだ。だから年金は破綻しない』といった、実態からかけ離れた仮定が満載で、明らかに『絵に描いた餅』でした。
現実的な値をもとに計算すると、遅くとも2030年代前半には、年金積立金は枯渇します。『所得代替率(現役時代の給料と年金支給額の比率)50%を死守する』という政府の目標も、おそらく叶わないでしょう

 年金破綻を防ぐには、2025年まで、経済成長と毎年1・5%ずつの賃金アップを同時に達成しなければならないという。
 だが日本人の平均賃金はもう20年間も連続で下がっており、しかも働き手は減る一方だ。
 「かくなるうえは、消費税増税しかない」というのが財務省の理屈だが、消費税を1%上げても2兆円しか税収は増えない。
 10年足らずで15%も消費税を上げるというのは、とてもじゃないが、ムチャな目標である。
2025年というのは、今まさに行われている、60歳から65歳への年金支給開始年齢引き上げが最終段階にさしかかっている頃です。おそらく、年金の実質的破綻は誰の目にも明らかになっているでしょうから、『70歳への支給開始年齢引き上げ』も実行に移されるはずです
(前出・大曲氏)

 ただでさえ、物価や賃金の変動に合わせて給付額を減らす「マクロ経済スライド」で、2025年には今の8割前後まで年金給付額が減っている。
 それに加えて、残念ながら現在の50代から下の世代は、「ようやく年金がもらえると思ったのに、まだ待たされるのか」と嘆くはめになるのだ。
 介護の人手は足りず、病院に行ってもすぐに追い返される。
 認知症の高齢者が、わずかな年金を握りしめて、閑散とした街中を歩き回る−後篇では、そんな「絶望の国」と化した、未来の日本で起きる悲劇を見てゆこう。

中国人に乗っ取られる
中国農村部の貧しい人々の間では、日本神話は健在です。日本のコンビニなど、単純労働の職場で働けば、中国の何倍も収入が得られる。病院に行くにしても、中国のように2~3日並ばされることもありません。日本が本格的に外国人労働者を受け入れる方向に舵を切れば、移民の問題は当然出てくるでしょう
(産経新聞中国総局特派員の矢板明夫氏)

 前篇でも触れたとおり、政府や財界は、安上がりな労働力を求めて「外国人労働者受け入れ」に前のめりになっている。

 これから、元気に働ける日本人の人口は、右肩下がりに減ってゆく。
 それならば、過酷な単純労働にも文句を言わず、人件費も安い外国人労働者を雇えばいい−。経営者の間にはそんな風潮が広がり、すでにコンビニや飲食店の店員など、サービス業の現場はアジア系の外国人労働者が席巻している。介護の現場も、間もなくそうなる。
一方で、今は日本経済が中国に比べて良くないため、中国のエリート層は日本に魅力を感じなくなり、渡航する人も減っています。彼らにとっては、日本に行くよりも中国にいるほうが儲かるのです
(前出・矢板氏)

 ついこの間まで、日本人の多くは「日本人であれば、無条件に中国人よりも豊かだ」と思い込んでいた。
 しかし、上海の物価が東京の物価を優に上回る今、その認識は完全に時代遅れだ。
 貧しい日本人は、貧しい中国人と同じ条件で働かなければならなくなった。
 2025年には、そうした日本人がひとつの階層を形作り、アメリカの「プア・ホワイト(貧しい白人)」ならぬ「プア・ジャパニーズ」と呼ばれているだろう。

 '05年から'15年の10年間で、外国人労働者の総数は34万人から90万人に激増した。
 うち最も多いのは中国人で、32万2500人あまり。
 以下ベトナム人が11万人、フィリピン人が10万6500人、ブラジル人が9万6600人と続く。
 このペースが続けば、2025年には140万人を突破する計算だ。

 今、彼らの多くが住んでいるのは、高齢化が進んで年々空洞化している郊外の団地である。
 東京都区部郊外のニュータウン・高島平団地に約30年住む、ジャーナリストの浅川澄一氏が言う。
現在、高島平団地の高齢化率は50・2%に達しています。1万5000人あまりの住民のうち、7600人が65歳以上と、まるで日本社会の縮図です。'70年代初めの開発当時に入居した世代がそのまま年をとり、60~80代を迎えているわけです

 日本人の夢が詰まったニュータウンは、今や「オールドタウン」と化した。
 2025年までには、少なからぬ住民がいなくなっているはずで、入れ替わるようにして、多国籍の外国人労働者が流れ込んでゆく。

 地域紙「高島平新聞」の調べによると、現在、同団地に外国人は約900人住んでおり、団地の子供の6・5人に1人は外国人だという。
 高島平団地の近隣には、日本の看護師資格をとるために来日した外国人向けの日本語学校がある。
 そこに通う留学生は、地域のボランティアなどにも積極的に加わり、住民の信頼を得ている。
 しかし、数ある日本語学校の中には、事実上の「寄せ場」と化しているところもあるのが実情だという。外国人労働者問題に詳しい、ジャーナリストの出井康博氏が言う。
急増しているアジア系の外国人労働者は、その多くが日本語学校に通う留学生です。ただ、学校には在留資格を得るために籍だけ置き、目的は出稼ぎ、という人も少なくありません。
彼らはブローカーに『日本に来れば、簡単に月20万~30万円稼げる』と騙され、家や土地を担保に、学費など200万円近くを借金して来日する。ブローカーが日本語学校と組んで、彼らを食い物にしているのです

傷害・窃盗・大麻・地下銀行

 首都圏の周辺には、すでに「外国人労働者の街」と化しているエリアもある。
 昨年上半期、外国人の刑法犯検挙件数は6610件。
 刑法犯全体の4%未満と、これだけを見ると必ずしも多いとは言えないが、実はベトナム人の犯罪件数が前年同期比で36%も急増している。
 民家を改造して大麻を栽培する。
 本国への違法送金を格安で請け負う「地下銀行」を運営する……その手口は、単なる傷害や窃盗だけにとどまらない。
 物価の安いベトナム出身の労働者が、低賃金で過酷な労働をさせられ、耐えきれずに犯罪に手を染めるケースが増えていると考えられる。
アジア系外国人労働者の中には、徹夜の肉体労働など、労働条件のよくない仕事に携わる人も多い。また、日本人の人手不足もあって、『留学生のアルバイトは週28時間以内』という法律の規定も全く形骸化しています。日本語学校の学費の支払いを逃れようと、退学して不法就労に走る者もいる
(前出・出井氏)

 東京五輪が終わり、5年の月日が流れた2025年の日本では、各地でマンションの空洞化がさらに深刻になり、空き家率も20%を超えている。
 半ば打ち捨てられた郊外のマンションや団地へ、中国の貧困層のみならず、東南アジアでも賃金が安いベトナムやカンボジア、バングラデシュなどからの外国人労働者が住むようになる−彼らに日本語は通じない。
日本に出稼ぎに来る外国人が、皆日本語を勉強し、社会に溶け込む努力をするとは限らない。そういう人々が集まって、外国人だけのコミュニティがあちこちにできてしまうのです。
中国でも、北京など都市部の建物には、窃盗防止のため必ず金属の防犯ドアが付いていますが、日本にはそうした設備がないところも多い。外国人犯罪集団からすれば、日本は犯罪天国に見えるでしょう
(前出・矢板氏)

 移民という「最後の手段」に手をかけた日本。
 2025年の治安は、年間に東京の2.5倍の殺人事件が起き、34倍の強盗事件が起きるニューヨーク以下に悪化していてもおかしくない。

「週刊現代」2016年3月26日・4月2日合併号より
「2025年問題」をご存知ですか?
「人口減少」「プア・ジャパニーズ急増」…
もうすぐこの国に起こること

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48254

夢、再び「万博ダンス」こんにちは2025
https://www.youtube.com/watch?v=LpT9_KfUx00&feature=youtu.be

・・・まあ、今の日本に立ち込めているある種の狂気のようなものをよく表している・・・
6:25 - 2018年11月24日

posted by fom_club at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

椹木野衣x大林宣彦

 読書の秋、ですねぇ。本大好きなヤッホーくんにグッドニュース、です。

「戦後七十年」のリアリティ

 本を読む、――のは好きだが、1冊の本を手許に置いて、その一頁一頁を時に捲りながら、いろいろ考えたり物思いに耽ったりして時を過ごすのが、僕は好きだ。

 そんなわけで、この3ヵ月ばかり僕の居間の小机の上に乗っけられたままで、その周囲を動き廻るこの僕を、じっと見詰めている書物がある。

 その1冊は、題名を『戦争画とニッポン』(講談社、2015年6月)という。

 今回は次第に存在感を重たくしていくその本を横目で見つつ、の雑感である。
 いまテレヴィでは、「国会中継」でこの国の行方について与党と野党が激しくやり合っている。

 この本の著者・美術批評家の椹木野衣さん(1962 - )は、その冒頭をこう語り始める。

「戦後七十年の年に、日本の戦争画ともう一度、向き合いたかった。(略)『戦争』は、自分の批評にとって秘密の入口としてあった」

 そして、
「日本の戦争画と新たに向き合うにあたって(略)ぜひ、『絵描き』の方と仕事をしてみたかった」

 そこで「共著者として指名された」のが、「絵描き」であり「現代美術家と名乗ったりも」する会田誠さん(1965 - )。
 「20年近く前に『戦争画RETURNS』シリーズというものを作」っていて、「それがあって」今回の“批評家と作家の共著書”なるユニークな書物の誕生となった。
 「戦後七十年」のリアリティーがここに凝縮されて、まことに重たい。

 椹木さんの「戦後の太平の世に生まれた会田さんの中から、戦争というものが出てきた背景」について問われた実作者の会田さんは、「太平洋戦争全体に漂っている『暗い叙情』みたいなもの」をキーワードに挙げ、戦争を紡いだ書物などから受けた影響を「少年時代にあの暗さの魅力に軽く取り憑かれていたから、後々、こうして、太平洋戦争を題材にするようになった気がします」と告白し、さらには「これから再びあのような時代になったら、自分は戦争画を描くだろうか?」と痛切に己に問いかける。

 そしてこの書物はまさに「あのような時代」の真っ只中で「陸軍派遣画家」として戦地に赴き、数かずの名作・戦争画を残した藤田嗣治(1886–1968)や宮本三郎(1905 - 1974)ら日本画壇の重鎮たちによる大層勇ましい「南方戦線座談会」など貴重な史料を再録。

 編者の椹木さんは「引き受けた以上は、与えられた仕事に懸命に向き合った」彼らの画業が「後から振り返られたとき」、それが「文明史上の犯罪への加担であったなどとは、夢にも思わなかっただろう」。
 そして「私たちはいま、いったいどこにいるのだろう」と「70年目」の正体を焙り出そうと試みる。

子どもたちは本能で感じ取る

 新聞やテレヴィでご覧になった方も多いと思うが、「七十年目」の8月15日、真珠湾の夜空に長岡花火「白菊」が打ち上げられた。

 新潟県長岡市のこの花火は毎年8月1日夜10時30分、いまから70年前の同日同時刻、米軍機B29による焼夷弾攻撃に遭い市街の8割が壊滅、多くの死者を出したのと同じ瞬間に打ち上げられる追悼の花火。

 かつて貼り絵作家・山下清(1922 - 1971)が、
「みんなが爆弾なんかつくらないで、きれいな花火ばかりつくっていたら、きっと戦争なんて起きなかったんだな」と語り、代表作『長岡花火』を物した。
 そしてあの真珠湾奇襲攻撃を指揮した山本五十六(1884 - 1943)はこの里の生まれであり、森民夫長岡市長(1949 - )は、
「きっといつの日か、あの真珠湾に日米合同追悼の長岡花火を上げたい。それは日米友好を誰よりも願った五十六の里の、政治家の責務です」と。

 そういう長岡の里の「志」と「覚悟」を僕は古里市民映画『この空の花―長岡花火物語』なる1本の映画にしたのだが、その積年の熱い思いがようやく実現したのがこの「七十年目」の真珠湾「白菊」の打ち上げでありました。
 軍国少年だった子どもの頃、真珠湾大勝利の絵ばかり描いていた僕などは、全身が打ち震え嗚咽を禁じ得ない体験であったが、そもそもこの「白菊」はシベリア抑留の体験のある長岡の老花火師・嘉瀬誠次翁(1922 - )の創作によるもの。

 この翁に幼少時より孫娘のように可愛がられてきた里の娘・山崎まゆみさん(1970 - )に『白菊』(小学館、2014年)という書物がある。
 これもまたこの「七十年目」にリアリティーのある1冊としてお薦めしよう。

 近頃は講演会や映像、創作童話の催しなどで、高・中、あるいは小学生と触れ合う機会が多い。
 駅前などで「わたしたちの未来は、わたしたちが守る」というビラを撒いている子らは、「自分たちはいま『戦前』を生きている」のだという。

 戦後70年は終わり、平和0年が始まるはずが、「日本が新らしい戦争をする国0年」を迎えようともしている。
 その時代をこれから生きようとしている彼らは、いま本能的に切迫感の中にいる。

 僕は広島の人間として、機会ある毎に彼らに『図録 原爆の絵 ヒロシマを伝える』(広島平和記念資料館編さん、岩波書店、2007年3月)を紹介している。
 広島平和記念資料館編による、これは画家たちではない、実際の被爆者たちによる記録やアートを超えた記憶の書。
 故に永遠に風化せぬジャーナリズムでもある。

 もはや8割が戦争を知らぬならばこそ、僕らは戦争の正しい歴史を伝え残さねばならぬ。
 日本人を再び、「平和難民」になど戻してはならないから。

おおばやし・のぶひこ
 映画作家。9月は、3・11以降に作った戦争についての映画、『この空の花−長岡花火物語』と『野のなななのか』をもって、ホノルル、マーシャル諸島、ロサンゼルスと、上映とティーチインの旅に出ます。
 これも老年の務めですね。


週刊現代、2015.10.04
【リレー読書日記・大林宣彦】
「戦後70年」のリアリティを体感できる3冊
戦争画とニッポン、白菊、図録原爆の絵

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/45516

映画『この空の花 長岡花火物語』予告編、2012/03/21 に公開
シネマトゥデイ
 『転校生 -さよなら あなた-』『その日のまえに』などの大林宣彦監督が、新潟県長岡市を舞台にした人間ドラマ。
 長岡を訪れた地方紙記者の女性が体験する不思議な出来事を通し、じん大な戦禍や災害を乗り越えてきた長岡市の歴史を浮き上がらせ、東日本大震災の復興への願いと希望をファンタスティックかつハートウオーミングに撮り上げている。
 キャストには『てぃだかんかん〜海とサンゴと小さな奇跡〜』の松雪泰子、『はやぶさ/HAYABUSA』の高嶋政宏、『フラガール』の富司純子ら実力派が結集。
 長岡の風光明媚(めいび)を切り取った、美しい映像の数々にも魅了される。
https://www.youtube.com/watch?v=slmD78RWgec


映画『野のなななのか』予告編、2014/04/14 に公開
シネマトゥデイ
 『その日のまえに』『この空の花 長岡花火物語』などの大林宣彦が、北海道芦別市を舞台にしたドラマ。
 92歳で亡くなった家長の葬儀で顔をそろえた一族が、ある女性の来訪を契機に家長の知られざる過去を知る姿を描く。
 ベテランの品川徹、『赤い月』などの常盤貴子をはじめ、安達祐実、村田雄浩、松重豊ら実力派が結集。
 日本人の生き方を見つめたストーリーに加え、大林監督ならではのノスタルジックなタッチにも注目。
https://www.youtube.com/watch?v=J-AVA3pH_kw

大林宣彦『いつか見た映画館』(七つ森書館、2016年10月)

 僕らが現時点で読めるこれ以上ない映画評論集が出た。
 といっても簡単に読み切れるものではない。
 箱入りで上下巻・総1350頁という怪物的な代物だ。
 著者は映画作家の大林宣彦監督(1938 - )。
 1980年代の三部作『転校生』『時をかける少女』『さびしんぼう』で自身のふるさと尾道を一躍、「聖地巡礼」の原点に変えてみせた文字通り映像の魔術師である。
 無論、大林監督はアニメ作家ではない。
 だが、60年代の前衛的な8ミリ映画の時代からアニメーションの手法を多用し、その後、一転してTVコマーシャルの世界に飛び込み、数々の「名作」を広くお茶の間に届けた。
 山口百恵から薬師丸ひろ子、原田知世といったアイドル映画の先駆者でもある。
 1977年の劇場映画第一作となった『HOUSE/ハウス』では、実写ともアニメともつかぬ大胆な手法で賛否両論を引き起こしたが、今となってみれば、誰よりも早く現在の映画制作を先取りしていたと言える。
 その影響は細田守監督『時をかける少女』や新海誠監督『君の名は。』(若い男女の内面が入れ替わる設定は大林版『転校生』へのオマージュと考えられる)にまで及んでいる。

 そんな大林監督は、実は誰よりも古典的な映画ファンでもある。
 その語り口は、時にマニアックであることをよしとするシネフィルというよりは、あの淀川長治に限りなく近い。
 実際、大林監督には『淀川長治物語』という作品もあるし、巨匠、黒澤明からの信頼も厚かった。
 つまり歴史だけでなく、現場も知り尽くしているということだ。
 そんな監督の語りがつまらないはずがない。
 もし欠点があるとしたら、淀川長治と同様、映画本編よりも話のほうがおもしろいという逆転が起こりかねないということだろう。

 そんなわけで、本書で扱われた映画は数知れず、しかもDVDまで付録について、そこでもなお監督は話し続ける。
 分厚い本はとかく権威を装いがちだが、和田誠のスマートだが、味の濃いイラストに包まれた本の佇まいは、なんだか軽いエッセイ集のようでもあり、いっそ、エンドマークのない本とでも呼びたくなる。

 けれども、2009年から2016年まで取り上げた映画がクロニクルに並ぶ本書は、実は70歳を超えてからの大林監督の生の軌跡そのものでもある。

 とりわけ2011年3月の東日本大震災以降、大林監督の心境は、かつて経験したまだ若い戦争時代へと急速に遡る。
 そこから戦争と震災、核の問題を正面から扱った『この空の花』という奇跡のような映画も生まれた。
 その映画の中で繰り返される「まだ戦争には間に合いますか」という時制の不明な問いかけ。
 きっとそれは、大林監督の『いつか見た映画館』が、僕らが「いつか見る映画」へと託される、明日を生きる者への「伝書」でもある。

 その大林監督はいま、かつて劇場デビュー作になりえたが、原作者の死去で断念した檀一雄、『花筐( はなかたみ)』(*)の40年越しの完成へと向けてひた走る。
 いつか見た映画館の映写機のリールが、カタカタカタと音を立て続けるように。


太田出版 ケトル Vol 34
椹木野衣は 大林宣彦の『いつか見た映画館』は 明日を生きる者への「伝書」だと思う
[レビュアー] 椹木野衣(多摩美大教授)
https://www.bookbang.jp/review/article/529838

(*)映画『花筐( はなかたみ)』
http://hanagatami-movie.jp/
https://www.youtube.com/watch?v=EghblZ4U5fY
https://www.youtube.com/watch?v=f-lDQkEyuLM

posted by fom_club at 07:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

椹木野衣

 美術批評家・椹木野衣が初の書き下ろしエッセイ集『感性は感動しない――美術の見方、 批評の作法』(世界思想社)を7月14日に刊行する。
 本書は、美術批評の第一人者として注目を集めてきた椹木が、絵の見方と批評の作法を伝授するとともに、批評の根となる人生を描いたもの。

 冒頭には、25校以上の入試問題に出題された椹木の代表的なエッセイ「感性は感動しない」を収載。
 それを源泉として綴られたエッセイが、
「第T部 絵の見方、味わい方」
「第U部 本の読み方、批評の書き方」
「第V部 批評の根となる記憶と生活」 の3部で構成されている。

 第T部は、美術館での鑑賞術など、絵をどのように見ればいいのかを、具体例を交えて説明すると同時に、
「絵とは何か」
「批評とは何か」という本質的な部分にも切り込んでいく。

 続く第U部では、朝日新聞の書評委員も務める椹木自身の本の選び方や読み方が、キータッチから睡眠までの「批評の作法」とともに明かされる。
 音楽、映画、美術との比較に用いられた本の特徴に基づき、椹木特有の文章の書き方に触れる内容となる。

 そして、
・ 故郷である秩父の思い出、
・ 京都・同志社大学での学生生活、
・ そして一児の父となった現在までの半生が、今日の椹木の批評とどう結びついているのか、論理的な必然性を示す第V部で本書は締めくくられる。
 全体を通じて、椹木の批評をつくりあげるリズム、美術批評家に行き着くまでの足跡を具体的にたどることができるだろう。

 また、椹木自身の意図により、装丁には画家・高橋大輔による《無題(デの青)》が使用されている。


美術手帳、2018.6.29
椹木野衣が初のエッセイ集『感性は感動しない――美術の見方、 批評の作法』を刊行。
美術館での鑑賞術や批評の作法を説く。

https://bijutsutecho.com/magazine/news/headline/17334

(*)椹木野衣(さわらぎ・のい)
 1962年埼玉県生まれ。 故郷の秩父で音楽と出会い、京都の同志社で哲学を学んだ盆地主義者。
 美術批評家として会田誠、村上隆、ヤノベケンジら現在のアート界を牽引する才能をいち早く見抜き、発掘してきた。
  既存のジャンルを破壊する批評スタイルで知られ、蓄積なしに悪しき反復を繰り返す戦後日本を評した「悪い場所」(『日本・現代・美術』新潮社)という概念は、日本の批評界に大きな波紋を投げかけた。
  ほかにも読売新聞(2010-2011)、朝日新聞(2017-)の書評委員としてあらゆる分野にわたる書評多数。
 多摩美術大学教授にして岡本太郎「芸術は爆発だ!」の精神的継承者。芸術人類学研究所所員も務める。1児の父。
 おもな著書に、『シミュレーショニズム』(増補版はちくま学芸文庫)、『反アート入門』『アウトサイダー・アート入門』(ともに幻冬舎)、『太郎と爆発』(河出書房新社)、『後美術論』(美術出版社、第25回吉田秀和賞)、『震美術論』(美術出版社、平成29年度芸術選奨文部科学大臣賞)。

 では、ここで、椹木野衣(さわらぎ・のい)が綴った文を読みますのでお聞きください:

 東日本大震災からちょうど4年の2015年3月15日に福島県の帰還困難区域内でスタートした(けれどもオープンはしていない)「見に行くことのできない展覧会」=Don’t Follow the Wind 展も、「あの日」から7年にあたる今年2018年の3月11日で丸3年を迎えることになった。
 たしかにオープンはしていないけれども、展覧会は昼夜を問わずたった今、この時も開催中である。
 また、展覧会実行委員会は公式ウェブサイトの開設や公式カタログの発行、さらには2015年秋の東京、ワタリウム美術館(ヤッホーくん注)を皮切りに、「シドニー・ビエンナーレ2016」や、記憶に新しいところでは昨年の「ヨコハマトリエンナーレ2017」など、世界各地で、現地を訪ねることができない鑑賞者のための「ノン・ビジター・センター」を開設してきた。
 間接的にこのプロジェクトについて触れる機会を持った人も少なくはないのではと思う。

 もっとも、言うまでもなくノン・ビジター・センターはビジター・センターではない。
 したがって、そこで触れることができる展示や映像は、「見に行くことができない展覧会」を知るための懇切丁寧なガイドではない。
 Don’t Follow the Wind 展で立ち入りが制限され、国土における被ばく放射線量や居住の自由をはじめ、法が法として機能していない帰還困難区域の中に設置された作品の場所は、今なお非公開である。
 だから、ノン・ビジター・センターで公開されている展示や映像は、出品作から展示位置がわかる情報を省いた、いわば名無しの幻影のようなものになっている。
 そこでは、放射線防護服を着用した実行委員や参加作家たちが、マスクやゴーグルで顔を隠し、まったく無言のまま、あの3月11日から時間が止まったような「どこか」で、作品とともに呆然と立ち尽くしている。
 その様子を360度の視界を見渡すことができるヘッドセット映像で疑似体験するというのが、現時点でのノン・ビジター・センターの基本仕様となっている。

 だが一方、帰還困難区域をめぐる状況は急速に変化しつつある。
 したがって Don’t Follow the Wind 展をめぐる喫緊の課題も、そうした帰還困難区域をめぐる大規模な変容を、具体的にはどのように受け止めていくかにある。
 見に行くことができない場所が、見に行くことができないまま変わりつつあるのであれば、それを間接的に届けるノン・ビジター・センターも現状を反映して変化しなければならない。
 この展覧会は、当初から一部で指摘されたような、高い放射能汚染で「死の街」と化した一帯を、経年に耐えるためタイム・カプセルのように地中深く封印するものではない。
 帰還困難区域の中にいったん作品を設置しさえすれば、あとはその封印が解かれるまで、どんなに長い時の経過を必要としても、ただ待てばよいというものでもない。
 それどころか、帰還困難区域が刻々と変化するのであれば、プロジェクトもそれに反応して有効な方法を模索し、次の一手を続けなければならない。
 そういうわけで、やらなければならないことは、展覧会のスタート当初と比べても、むしろ増えているのである。

 去る2月20日、私は今年になって初めての帰還困難区域入りをした。
 今回は私自身もメンバーの一人であるグランギニョル未来による作品「デミオ福島501」への作品追加とメンテナンス、そして記録のためである。
 ご存知の方もおられるかと思うが、これは一時廃車措置をとった自家用車を活用した作品で、その車内に4人のメンバーが様々なものを持ち寄り搭載し、いずれ公開されるであろう時のために備え続けている。
 ちなみに、この車はかつて軽微ではあったが人身事故を起こしており、その事故をきっかけに手放されることになったものが作品として再利用された。
 その同じ車体で帰還困難区域まで乗り付け、しかるべき停車位置でナンバープレートを外し、ガソリンとオイルを抜き、そのあと行政上の一時廃車手続きをとった。
 一時廃車なので、放射能スクリーニングをし、必要なら除染を施し、車両整備をし、車検などを通して廃車措置を解くことができれば、ふたたび公道を走れる余地を残している。

 むろん、程度の差は比較にならないものの、起こされた車両事故の履歴は東京電力による福島第一原子力発電所事故に、一時廃車措置はいつか放射線量が低減し、バリケードによる封鎖が解け、この一帯にもう一度人が帰れるようになるまでの凍結された時間に対応している。
 それまでの間、この作品は通常の乗員の代わりに、その内部にいつか公開されるための様々な物品を座席やトランクに積み、一箇所で静止し続けている。
 その中には、故・三上晴子がかつてみずからの意思で作品であることを放棄した廃棄物や、映画作家の大林宣彦による『いつか見た映画館』に書きつけられた「時をかけるメッセージ」も含まれている(*1) 。

 今回、私はこの車内に昨年、仙台の自宅に糸井貫二(ダダカン)を訪ねた際、次の入域のためにその場で作ってもらったハサミによる切り紙=ペーパーペニスと直筆の書を収めた。
 関東大震災、第二次世界大戦、東京オリンピック、大阪万博と、20世紀をめぐる破壊と復興のサイクルをそれこそ身をもって目の当たりにしてきたダダカンが、いま21世紀となり、もう一度、東日本大震災、東京オリンピック(ダダカンは2020年に100歳を迎える)、そしてもしかしたら新たな大阪万博や戦争をも「追体験」しようとしている
 そうした一連の時の奇妙な反復と循環が、東京オリンピックを2年後に控え、震災から7年となり「風化」(思えばこの語はもともと地学の用語ではなかったか)や忘却が進む今年初めの入域にとって、大きな意味を持つように思えたからだ。
 
 予想通りと言うべきか、かの地へと向かう途中、私たちは帰還困難区域をめぐる大きな変貌を目の当たりにした。
 今回は公益事業としての認可のもとでの入域であったが、毎回待ち合わせに使っていた居住制限区域の集合場所が、まったく見違えるほどの更地になっている。
 それどころか、そのごく近くには東京電力の廃炉作業に従事する人たちのための社員寮が建ち、カフェ風の食堂までオープンしていた。
 食堂は昼、一般に公開されているので、私たちはまるで学生食堂かなにかのように本日のメニューを物色し、券売機で食券を購入してランチを食したが、私はいま自分がカレーうどんを食べている場所が、高い放射線量で避難指示が出ている居住制限区域であることがにわかには信じられず、時と場所をめぐる座標軸を完全に見失ってしまいそうな不安に駆られた。

 こうした変容は、帰還困難区域を含む避難区域をめぐる政策が、当初の第一次復興計画から、すでに第二次復興計画にシフトしていることを如実に反映している。
 メディアを通じて私たちに伝えられる帰還困難区域をめぐる一般的なイメージは、いまなお「死の街」や「時が止まった街」という言葉に象徴される、第一次復興計画時に典型な紋切り型が目につく。
 だが、それらが広大な帰還困難区域のすべてにわたっているわけではない。
 ひところはいたるところに山積みになっていた汚染土を収めるフレコンバックでできた古墳やピラミッドを思わせる塚は、すでに別の場所に移されて飛躍的に減っている。
 かつては田畑だった耕作放棄地に伸び放題であったセイタカアワダチソウをはじめとする雑草も広範囲にわたって伐採され、一見してはのどかな田舎の風景とさして変わりがない。

 もちろん、中間貯蔵施設の建造はまだ始まったばかりだし、封鎖中の常磐線の主要駅のまわりに広がる住宅や商店が依然、あの日のまま放置され続けていることに変わりはない。
 実際、Don’t Follow the Wind 展がノン・ビジター・センターで見せているのも、現時点ではそうした風景であり続けている。
 だが、もはやそれだけではないのだ。
 私たちは、いまいっそう急激に推進される第二次復興計画の性質を早急に見定め、それに対応してプロジェクトの方向性そのものを練り直していく必要がある。
 2020年に東京がオリンピックを迎える前後には、封印されたはずの帰還困難区域にさらなる変化の波が寄せてくるのは、もはや避けられそうにない。 

 帰還困難区域から戻った同じ2月25日、私は先に触れた大林宣彦監督のお誘いを受け、大林映画を三日間にわたって特集上映した「第二回 尾道映画祭2018」の幕引きにあたるシンポジウム「映画を使って 僕たちには何ができるのか」に登壇した。
 大林監督がステージ4の末期ガンで闘病中であることについてはこの連載でも触れたし、その後、大林監督自身の口で公表されたから、いまでは広く知られたことである。
 だが連日、上映後に壇上で多彩なゲストたちと精力的にトークショーに臨む監督の姿は、驚くべき体力、というよりも意思の力のなせるわざと受け取るほかない。

 シンポジウムの直前に上映された大林監督による幻のヒロシマ作品「恋人よわれに帰れ」(1983年)を受け、話はおのずと次回作でヒロシマを真正面から扱うという大林監督にとっての東日本大震災以後の映画や、グランギニョル未来のために寄せてくれた「いつか見に行くことができるメッセージ」の話になっていった。
 会場である尾道の古きよき時代の香りを残した尾道商業会議所記念館に集まった観客たちは、映画を超えてそのはるか先まで、時をかけて声を届けようとする大林監督の姿に、果たしてなにを感じただろうか。いや、私にとってはそれこそが、大林監督が仕掛けた「映画を使って 僕たちには何ができるのか」という問いへの現時点での応答であった(*2)。

(*1) 本連載第64-66回「終わらない国際展 − Don’t Follow the Wind 近況」参照。
(*2) 映画祭を幕引くこの車座シンポジウムに飛び入りで参加してくれたのが、大林監督の最新作、映画『花筐』で鵜飼役を務めた男優、満島真之介であった。
 驚いたことに満島は、やはり映画監督で大林宣彦の熱烈な支持者である、園子温の助監督をかつてしていたのだという。
 園は Don’t Follow the Wind そのものの発案者である Chim↑Pom とひときわ交流が深く、ワタリウム美術館でのノン・ビジター・センター展にも出品してくれた人である(参考:本連載第56回「園子温と『ひそひそ星』」。
 

ART iT、2018年3月11日
椹木野衣 美術と時評 74:再説・「爆心地」の芸術(37)
帰還困難区域の変容と「Don’t Follow the Wind」
https://www.art-it.asia/u/admin_ed_contri9_j/fpvktypb9r0mwhsq4en1

(ヤッホーくん注) “Don't Follow the Wind” Non-Visitor Center
http://www.watarium.co.jp/exhibition/1509DFW_NVC/index2.html

https://www.youtube.com/watch?v=qWN7d4pBqTs

posted by fom_club at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪万博EXPO'70から2025年国際博覧会(万博)

 大阪が55年ぶり2度目の開催地に選ばれた2025年国際博覧会(万博)
 決定から一夜明けた2018年11月24日、地元の商店主らは訪日外国人(インバウンド)の増加や経済効果に期待を膨らませた。
 一方、巨額の公費投入や防災対策を危惧する声も聞かれた。

 「『商都・大阪』を復活しようと頑張ってきたご褒美だ」

 千日前道具屋筋商店街振興組合(大阪市中央区)の千田忠司理事長(68)は喜びを隠せない。

 全長約160メートルの商店街には包丁やずんどうなど調理具を扱う専門店や陶器店が並び、古くから飲食店の職人らが足を運ぶ。
 近年は日本の伝統工芸を好む訪日外国人にも人気を集め、休日は平均1万人の客が行き交う。

 万博の実現は関西に好景気をもたらすと考えてきた千田さん。
 今年2018年3月、博覧会国際事務局(BIE)の調査団が道頓堀川周辺を視察した際、仲間の商店主らとともに歓迎イベントを企画し、誘致への熱意を伝えた。

 千田さんは、
「世界各国に大阪の魅力をもっとアピールし、商店街の活性化にもつなげていきたい」と話した。

 「なにわの台所」と呼ばれる黒門市場(同市中央区)で働く人たちも期待を寄せる。
 9月の台風21号の影響で関西国際空港が一時閉鎖された際、観光客が激減した。
 当時は売り上げが通常の5分の1まで落ち込んだという鮮魚店「ふな定」の従業員、中村年孝さん(47)は、
「台風前の客足が完全には戻っていない。万博決定が関西経済を押し上げる起爆剤になってくれれば」と声を弾ませた。

 一方、大阪万博の会場建設費は約1250億円が必要になると見込まれるが、その3分の2を国や地元自治体が負担する。
 JR大阪駅(同市北区)にいた高校2年生の川原朋也さん(16)=同市中央区=は、
「新たな元号の時代に東京五輪と大阪万博を見に行けそうで楽しみ」としつつ、
「国や自治体は私たちの税金で開催できることも肝に銘じ、無駄遣いのない万博を目指してほしい」と注文した。

 万博は大阪湾に面した人工島の夢洲(ゆめしま)(同市此花区)が舞台になるため、南海トラフ巨大地震の影響を心配する人も。
 同市都島区の主婦、薮内真紀子さん(76)は、
「開催期間中などに巨大地震が起き、津波が押し寄せてきたらどうするのか。防災対策も真剣に考えてほしい」と話した。


Yahoo Japan! ニュース、11/24(土) 11:43配信
<大阪万博>
訪日外国人増加に期待
巨額公費投入に危惧も

毎日新聞・竹田迅岐、真野敏幸
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00000028-mai-soci

 2025年国際博覧会(万博)の大阪開催を実現するための誘致費用が、官民合わせて約36億円に上っている。
 これで各国を訪問して要人に支持を求めたり、国内でイベントを開催して機運を高めたりしている。
 旗振り役の松井一郎大阪府知事は、
「2兆円の経済波及効果を実現するための必要経費だ」と理解を求めている。

 国や大阪府・市、経済界に取材して2016〜2018年度分を集計した。
 人件費は含んでいない。
 約36億円のうち行政が負担したのは、国(経済産業省、外務省)の約26億円と、大阪府・市の約4億円。
 イベントの規模が異なるため単純比較できないが、2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動には総額88.5億円かかった。

 大阪万博に向けた国の支出は、博覧会国際事務局(BIE)総会でプレゼンテーションを実施したり、海外の日本大使館で要人を招いた会合を催したりするために使った。

 一方、大阪府・市と関西経済連合会は、官民で設立した誘致委員会に対して計3.7億円を拠出。
 誘致委には、1970年大阪万博の収益を含む基金を管理する公益財団法人関西・大阪21世紀協会が3億円を寄付しており、計6.7億円を活動費に充てた。
 大阪府・市と関経連には、誘致委を経由しない支出もある。

 2025年万博には、日本、ロシア、アゼルバイジャンの3ヶ国が立候補しており、11月23日にパリで開かれるBIE総会で加盟国の投票によって開催国が決まる。


毎日新聞、2018年11月20日 07時00分
万博
誘致費36億円
大阪府知事「必要経費」理解求める

(宇都宮裕一)
https://mainichi.jp/articles/20181120/k00/00m/040/182000c

 わたしの勤務先は、大阪万博の跡地の外れにある。
 いまは緑がずいぶん深くなり、高速のアスファルト道も周囲にすっかり溶け込んでいる。
 が、生活臭はまったくない。
 祭りの記憶もとっくに消え、それなりに美しく穏やかな風景、だが底知れず退屈な風景が、だらんとひろがる。

 全共闘運動や反体制デモ、ヒッピーやアングラ芸術で都市がなにやらざわついているとき、竹林を大きく削ったこの人工都市にも人があふれかえった。
 あまりに明るく、そして薄っぺらな未来のイメージに、人びとはとまどいながらもどこかハイになっていた。
 そのけだるい感触だけはいまもありありと残っている。

 そんなまどろみを引き裂くような本が出た。
 破格の国家予算をつぎ込み、産業界を巻き込み、そしてなにより日本の前衛芸術家集団を「総動員」したこの戦後最大の「晴れ舞台」について、資料や批評や研究がほとんどなく、それにかかわった人たちもなぜか口をつぐんでいる……。
 それをひとりの美術批評家が問題にした。

 切り口は美術批評家らしく、こうである。
 50年代に「前衛」の旗手だった人たち、たとえば実験工房という脱ジャンル的な前衛芸術家集団、具体やネオダダ、建築におけるメタボリズム。
 かれらはなぜここに集結したのか。
 なぜここで「前衛」としての武装を解除し、さらにその記憶をこぞって封印したのか。

 長らく批評のタブーとなってきた「万博芸術」を解剖してゆくうち、この批評家は、地下に埋められた驚くべき配線の数々を見いだす。

 丹下健三をはじめとして大阪万博の主力となった建築家たちが戦時中の「大東亜建設記念造営計画」に加わっていたこと。

 万博事務局に旧満州国の行政スタッフが採用されたこと。

 最初のプランナーであった浅田孝の、当時としては違和感のあった「環境」概念が、建築と都市計画と前衛美術のあいだをつなぎつつ、原爆投下後の建築の意味について決定的な問題提起をするとともに、続く田中角栄の日本列島改造論にも強いインパクトを与えたこと。

 戦中・戦後の日本美術のなりたちは、戦争画から万博芸術をへてジャパニメーションにいたる「聖戦芸術」の三度の反復として捉(とら)えかえされるべきこと。

 大東亜共栄圏の構想から万博の奇矯なパビリオン群をへて地下鉄サリン事件までをつなぐ「滅亡」のテーマ。

 万博会場で「全裸走り」をしたダダカンとアナキスト・大杉栄をつなぐ糸、その大杉を暗殺し、特務工作員として満州で暗躍した甘粕正彦が彼の地でおこなった映像実験が万博に落とす影……。

 この本のいたるところに、まるでミステリーのように、隠れた補助線が引かれている。
 できすぎではないかと一瞬、目を疑うくらいだ。
 が、事実は小説よりさらに奇なり。
 万博建築をプロデュースした丹下健三が、愛知万博開催というまさにその時にこの世を去ったのだから。

 万博には「未明」の領域が多すぎると、椹木野衣はいう(#)。
 本書はその「未明」を炙(あぶ)りだした超問題作だ。

椹木 野衣『戦争と万博』(美術出版社、2005年1月)

内容紹介:

戦前に計画された紀元2600年博と1970年の大阪万博EXPO'70を結ぶ、都市計画家、建築家、そして前衛芸術家たちの、終わりなき「未来」への夢の連鎖のなかに「環境」の起源をたどるタイムトラベル的異色長編評論。


ALL REVIEWS、2017/12/08
明るく薄っぺらな「晴れ舞台」を徹底解剖
鷲田 清一(*)
https://allreviews.jp/review/1704

(*)わしだ・きよかず

 1949年生まれ。哲学者。せんだいメディアテーク館長。京都市立芸術大学学長。京都大学文学部卒業、同大学院修了。大阪大学総長を経て、現職。
 哲学の視点から、身体、他者、言葉、教育、アート、ケアなどを論じるとともに、さまざまな社会・文化批評をおこなう。おもな著書に『モードの迷宮』(ちくま学芸文庫、1996年)、『「聴く」ことの力:臨床哲学試論』(ちくま学芸文庫、2015年)、『しんがりの思想―反リーダーシップ論―』(角川新書、2015年)、『素手のふるまい』(朝日新聞出版、2016年)がある。

(#)
 これで大阪は万博を口実にした、カジノのための巨額インフラ投資等を行おうとするだろう。
 カジノ企業は高笑い。
 カジノ単体では巨額インフラ整備等を正当化するのは無理があるからこそ万博の誘致があった。
 万博オフィシャルパーにカジノ企業5社が名を連ねている事が全てを語っている。


18:39 - 2018年11月23日

posted by fom_club at 15:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

翼をください

翼をください/山本潤子
https://www.youtube.com/watch?v=88x6gAWJW-E

1.いま私の願いごとが
かなうならば翼がほしい
この背中に鳥のように
白い翼つけてください
この大空に翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ
行きたい

2.いま富とか名誉ならば
いらないけど翼がほしい
子どものとき夢みたこと
今も同じ夢に見ている
この大空に翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ

この大空に翼をひろげ
飛んで行きたいよ
悲しみのない自由な空へ
翼はためかせ
行きたい


 音楽グループ「赤い鳥」の代表曲「翼をください」が発表されたのは、1970(昭和45)年の音楽フェスティバル。
 その後も合唱曲として歌い継がれ、昨年2017年12月にもアルバム「『翼をください』を作った男たち」が発売されるなど、多くの人々に愛され続けている。
 作詞した山上路夫(81)に誕生の舞台裏を聞いた。

 山上は1960年代に作曲家、いずみたくと組んでヒット曲「世界は二人のために」(佐良直美)や「夜明けのスキャット」(由紀さおり)などを発表。
 歌手の個性を生かす表現力が話題を呼び、次々に依頼が舞い込むようになった。
「30代前半の頃は年間300曲ほど書いていた」という。

 そんな山上が1970(昭和45)年に三重県で開かれた「合歓(ねむ)ポピュラーフェスティバル」で「赤い鳥」が歌唱するようにと書いたのが「翼をください」だ。
 作曲は、今も音楽プロデューサーとして世界で活躍する村井邦彦(72)
 山上は最初、「希望」をテーマに書き上げ、村井に「ゴスペル調にしたら?」と提案した。
 すると、
「全く歌詞に合っていないのに、とても良い曲が戻ってきた。その段階で締め切りまであと3日だったけれども、この旋律に負けないように歌詞を書き直した。七転八倒しました」。

 時間がない苦しい状況の中で「願いと祈りを込めた歌詞が生まれた」という。
 小児ぜんそくのため小学校にあまり通えなかった過去もあり「その苦しみも含まれていたのかもしれない」とはにかむ。

 「翼をください」は音楽の教科書(教育芸術社)に掲載され、合唱曲として世に浸透。
 多くのミュージシャンらにカバーされ、2016(平成28)年度の「日本音楽著作権協会」(JASRAC)の国内作品分配額ランキングで9位に輝いた。
 今年2018年もロングセラーの名曲を集めたアルバム「THE BEST of GOLDEN☆BEST」(2月21日発売)などに入れられている。
「すぐに消えるヒット曲ではなく、スタンダード・ナンバーになる曲を作りたい」という山上。
 今も創作意欲を燃やしている。


産経ニュース、2018.2.23 14:40
山上路夫「翼をください」誕生秘話
七転八倒…書き直した歌詞

(竹中文)
https://www.sankei.com/entertainments/news/180223/ent1802230008-n1.html

 そうなんです、「〔にっぽんの歌こころの歌〕作家で綴る流行歌」の後、ラジオ番組は、「[明日へのことば]東京・ロス 音楽生活50年」で作曲家・編曲家・プロデューサーの村井邦彦の声が聞こえてきたのでした。
 そうなんです、村井邦彦は「翼をください」を作曲していました。

「翼をください」は、赤い鳥の名曲として、音楽の教科書にのっている曲として、あるいは合唱曲としておなじみの曲だ。
音楽にあまり興味がなくてタイトルを知らない人でも、サッカーのスタジアムでこの曲を聞いたことがある人は少なくないだろう。
その曲をはじめ「或る日突然」「美しすぎて」など数多くのヒット曲を作り、制作者として赤い鳥、ユーミン、YMO、カシオペアなどを世界に送り出した村井邦彦が、2017年の年末に東京で「信じられないほど」豪華なコンサートを行なう。
「LA meets TOKYO Kunihiko Murai 50 Years in Music」と題されたそのコンサートには、ポップスやジャズからクラシックまで第一線にいる人たちが垣根をこえて集まり、プレミアムな演奏をくりひろげる。


「LA meets TOKYO」は、もっと前に行くぞというコンサートなんです(笑)。

 ぼくは今年で作曲家になって50年。
 前半の25年は日本で、後半の25年はLA(ロサンゼルス)で活動していました。
 今回のコンサートの核になるのが、LAで一緒に仕事をしてきたホルヘ・カランドレリとクリスチャン・ジャコブです。
 彼らと日本でコンサートをやるのが長年の夢でした。
 日本の友人たちもあわせて一同に集まれるようなコンサートをやりたいと思ったんです。
 それが50周年を機に実現します。

―― 二人は日本ではあまり知られていませんが、どういう音楽的背景のミュージシャンですか。

 ホルヘ・カランドレリはグラミー賞を何度もとっている編曲家で、出身地のアルゼンチンでは国民栄誉賞を受賞している大音楽家。
 クリスチャン・ジャコブはパリの音楽院を主席で卒業した後、アメリカに来てジャズをやっています。
 去年はクリント・イーストウッド監督の映画『ハドソン川の奇跡』の音楽監督をつとめました。
 二人ともクラシックを学んだ人だけど、軸になっているのはジャズです。
 しいて言えば50年代、60年代のウエスト・コーストのジャズの流れをくむ人たちです。
 ジャズといっても、アドリブをグワァーっと繰りひろげるのではなく、モダンなハーモニーを使って編曲したジャズです。
 この二人とは音楽の趣味が共通しているので、ずっと一緒に仕事をしてきたんです。

[写真]出典:LA meets TOKYO フライヤーより

―― 50周年記念コンサートということは、過去のヒット曲のオンパレードになりそうですか。

 いや、いわゆる思い出のコンサートではなくて、もっと前に行くぞというコンサートなんです(笑)。

―― コンサートの出演者を見ると、見慣れない人たちの名前もたくさん並んでいます。どんな内容になりそうなのでしょう。

 自分でも説明するのがむつかしいですが(笑)、音楽家のクォリティはとてつもなく高いですよ。
 たとえばクリスチャンと一緒に作って新宿の小劇場で上演した『アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人』という音楽劇があります。
 そのときは3人で演奏した曲をオーケストラとコーラスにアレンジし直しました。
 その部分のコンサート・マスターは、ロンドンのロイヤル・オペラのオーケストラのヴァスコ・ヴァシレフにやってもらいます。
 その部分の歌は劇団四季のミュージカルに出ている海宝直人。
 クリスチャンが参加しているティアニー・サットン・バンドが活躍する部分もありますし、チャイコフスキー国際コンクールで最高位をとったヴァイオリニストの川久保賜紀が、1930年代のマレーネ・ディートリッヒの「フォーリング・イン・ラヴ・アゲイン」をロマンティックに弾く場面もあります。
 バントネオンの三浦一馬は、ホルヘと共作したタンゴの曲を演奏してくれます。
 タンゴのダンサーはハンブルクから呼びます。
 吉田美奈子はお祝いのシャジーな新曲をうたってくれるし、ぼくがピアノを弾いてゲストが加わるヒット曲メドレーもありますし、最近山上路夫さんと作っている歌曲集の曲もやります。

―― すごくもりだくさんですね。

 50周年記念コンサートといっても、比率からすると4分の3が新曲なんです(笑)。
 ぼくのヒット・メロディは別にして、20世紀前半のロマンティックな音楽に通じるいまの演奏と歌をたっぷり聞いていただこうというコンサートです。
 50周年で昔懐かしい人たちが出てきました、じゃないんです。これからこういうのをやるぞというのろしをあげていこうと(笑)。

生きている間はめいっぱいやってやろうと思っています(笑)。

―― ほんとに気力も体力もお元気ですが、その秘訣は?

 もう70歳を過ぎましたが、生きている間はめいっぱいやってやろうと思っています(笑)。
 50周年記念イヤーということで、山上路夫さんと作った曲のボックス・セットも出す。
 随筆集を出す。
 『アルセーヌ・ルパン カリオストロ伯爵夫人』のミュージカル版を完成させて上演する。
 「LA meets TOKYO」のロサンゼルス版をやる。
 来年はワシントンDCの桜祭りのテーマ曲としてピアノ五重奏曲も委嘱されています。
 来る仕事は全部やろうと思っています(笑)。

―― 山上さんとの作品を集めたボックス・セット『「翼をください」を作った男たち』の話が出ましたが、彼と「翼をください」ができたときは、傑作を作ったという手応えのようなものがあったのでしょうか。

 山上さんとはじめて会ったのは1967年ごろ。
 たぶん最初は森山良子の「雨上がりのサンバ」かな。
 二人で書いてはじめて1位になったのがトワエモアの「或る日突然」ですね。
 彼とは気が合って、誰に頼まれなくても、自分たちの好きな曲を書く拠点を作ろうと、音楽出版社のアルファ・ミュージックを設立したのは、69年です。
 「翼をください」は、ヤマハの合歓の郷のポピュラー・ソング・コンテストの参加曲でしたが、ぎりぎりまで歌詞が完成しなくてね。
 曲を作るときは、どの曲も一生懸命に書いてるだけなんですよ。
 評価は人がするので、作ったときに自分では判断なんかできない。
 この曲もレコード会社からの発注だったら、受け付けてもらえたかどうかわからなかったですね。

―― 山本潤子さんの最後の録音などレアな曲も入っていますね。

 「いわし雲」は素晴らしいデモ・テープが残っていたので埋もれたままにしておくのはもったいないと。
 彼女は声帯をつぶして引退しちゃったからもう録音できないんです。
 槇みちるの「打ち明けて」も、ジャズっぽいものを書いたら発売されなかった。
 その未発表曲や布施明の長い組曲など、ヒット曲だけじゃないものも入っています。
 選曲は山上さんがしてくれました。

―― 山上さんの歌詞のよさをどんなふうに感じていらっしゃいますか。

 ぼくが死んだら代表作は「翼をください」と言われると思いますが、山上さんと組んだおかげで上品な歌詞の曲が残せてよかったなと(笑)。
 山上さん自身が自然で普通で、それがいいんだよね。
 いまは二人で日本歌曲集にとりかかっています。
 大震災の後かな、日本の心のふるさとになるような曲を書いていこうと。
 流れでいえば、大正デモクラシーの時代の山田耕作の「からたちの花」とか、ああいう流れのモダンな曲をね。
 その中の曲もコンサートではいくつか山田姉妹にうたってもらいます。
 アルバムも作ろうと思っています。

―― 70年代のはじめまでヒット曲を次々に書かれた後、制作者として時期を過ごして、再び作曲活動に戻られましたが、作り方は昔と変わりましたか。

 その間にいろんなものが蓄積されてきていますから、テクニックもアプローチもちがいますね。
 いまは世界中からアメリカに来ている人たちと交流して、その体験から出てきた音楽を書いています。
 昔のまま流行歌を書いていたら、いまのぼくはなかったと思います。

―― 創作力だけでなく、人の才能をみつける直観力もすごいですね。それは生まれつきのものなんでしょうか。

 うまい人はいくらでもいるだろうけど、ぼくの心にふれる人はすぐわかるわけです。
 ユーミンと契約したのも、彼女が中学生のときに加橋かつみに提供した曲をビクターのスタジオで1曲聞いただけで、この人と作家契約しようと思ったんです。
 それだけ自分の好みが強いんでしょうね。

◇ ◇ ◇

村井邦彦

1967年、ヴィッキーの「待ちくたびれた日曜日」でデビュー。
1968年、ザ・テンプターズの「エメラルドの伝説」がヒット。
1969年、山上路夫と共に音楽出版社アルファミュージックを設立。
以降もザ・タイガースの「廃墟の鳩」、トワ・エ・モワ「或る日突然」、「虹と雪のバラード」、ズー・ニー・ヴーの「白い珊瑚礁」、ピーター「夜と朝のあいだに」、森山良子「恋人」、辺見マリ「経験」、北原ミレイ「ざんげの値打ちもない」など多数のヒット曲がある。
荒井由実、YMOらを発掘し、1977年にアルファレコードを設立。
1992年にアメリカに移住。
ルネ「ミドリ色の屋根」(1974年)で東京音楽祭グランプリを受賞。


エンタメステーション、2017.11.16
数々の名曲を世に放った村井邦彦、作曲活動50周年!
これまでを振り返る作品集発売とこれからの未来に向けたライブを開催。

取材・文 / 北中正和 撮影 / 荻原大志
https://entertainmentstation.jp/141427

posted by fom_club at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の糸

「あらゆるものが食い物にされている喜劇の国の惨状と今後を思うと、『勤労感謝』の言葉が空々しく感じてくる」・・・

 そ、そうなんだなぁ〜、なんとかしないとこりゃ、いかんな、とかぶつぶつ言いながら床に就いたヤッホーくんでした。
 どういうわけかトイレに立った後、何気なくスイッチを入れたラジオから、歌がながれてきました:

小林幸子 - とまり木
https://www.youtube.com/watch?v=uApk2Qa6Fic&feature=youtu.be

♪そぼふる雨なら
防げるけれど
冷たい心は
隠せない
やせた女の
とまり木に
背中をむけた にくい人
すがって行きたい
あなたの 後を
お酒でごまかす
このさみしさを
つまびく夜風が 目にしみる
枯れた女の
とまり木を・・・♪


作詞は、たきのえいじ(1949年愛媛県大洲市生まれ)。
番組は、「〔にっぽんの歌こころの歌〕作家で綴る流行歌」だったのです。

心の糸 - 1995年の阪神淡路大震災のエイドソング
https://www.youtube.com/watch?v=knlgWvn7-50
https://www.youtube.com/watch?v=M51joSLfH4c

東京で訪問活動 音楽の力実感 体験を刊行

 1人でも多くの人に音楽の感動を―。
 大洲市出身の作詞作曲家たきのえいじさん(67)=本名・瀧野英治、横浜市=が「大洲市きらめき大使」の歌手かとうれい子さん(35)と共に東京を中心に、自宅で療養生活を送る人たちの元を訪れ、歌を届ける活動「歌の宅配便」に取り組んでいる。

 たきのさんは大洲南中学校、大洲高を経て上京。
 劇団・早稲田小劇場に研究生として所属後、1974年から作詞作曲家として活動している。
 代表作に「とまり木」(小林幸子)「函館本線」(山川豊)「ふりむけばヨコハマ」(マルシア)などがあり、日本音楽著作権協会理事や日本作詞家協会常務理事を務める。

 2015年に日本訪問看護財団の依頼で訪問看護のテーマ曲「人明かり」を手掛けた。
 その際、バックコーラスに参加した看護師から訪問看護の実情を聞き、歌を届けられないかと発案。
 かとうさんを誘って同年12月から歌の宅配便を始めた。

 人工呼吸器を装着した寝たきりの少年や、車いす生活で外出機会が乏しい男性らの自宅を訪問。
 一人ひとりに合わせて選曲し、たきのさんの伴奏に合わせ、かとうさんが歌声を部屋に響かせる。
 2人は毎月平均3軒に足を運んでいる。

 かとうさんは、活動を始めた当初、寝たきりの人を前に無力さを感じ、戸惑いがあったと率直に明かす。
 しかし、聴いた人が涙を流し、家族が喜ぶ姿を見て「私の歌声で少しでも元気になってほしい」と思うようになった。

 約30年にわたり福祉施設慰問などを続けてきたたきのさんも、寝たきりの人が歌に反応を示したり、元気になったりする姿に音楽の力を感じてきた。

「歌には薬以上の力があり、感動はずっと心に残る。今後も活動を続け、いずれは自宅療養を余儀なくされている人たちのためのコンサートを開きたい」と力を込めた。

◇ ◇ ◇
 
 たきのさんは、歌の宅配便の一端や思いをつづった単行本『生かされて』を刊行した。
 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者を支援するチャリティーコンサートや知的障害者施設で催された歌の祭典についても紙幅を割いた。
 同名の曲を収めたCDが付録する。
 発行元・山中企画。189ページ。1620円。


愛媛新聞、2017年7月16日(日)
元気届け「歌の宅配便」
作詞作曲家・たきのさん(大洲出身)歌手・かとうさんが自宅療養者激励
https://www.ehime-np.co.jp/article/news201707167883

たきのさんの作詞論

 一番大切なのは美意識。
 その次 体力。
 書く対象のハードルを下げないで、いつも上をねらう姿勢をもっていること。
 花鳥風月や、人の往来を単に写生するのでなく、
 人の心の根っこにあるものをさぐり、言葉という種を選び、原稿に植える。
 いさぎよく、しなやかに…。


https://www.uta-net.com/user/sakushika/01_100/28.html

posted by fom_club at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

ゴーンだけじゃない

 世間は日産を食い物にして逮捕されたゴーン・ショック一色だ。
 3年連続10億円超と、日本一の高額報酬に飽き足らず、容疑だけで計50億円ものヤミ報酬をちょろまかした“カリスマ”の貪欲さにはア然だが、日本企業の富を奪う盗っ人はゴーンひとりだけではない。

 東京市場の売買は6割以上が外国勢で、上場企業の株主の約3割を占める。
 強欲外資から日本企業は四半期ごとに成果を求められ、「実」を挙げるより「表面的な取り繕い」がはびこるようになってしまった。
 行き着いた先が一流メーカーの相次ぐ不正で、「経済一流」などとふんぞり返っていたのも、すっかり遠い過去の話だ。

 平均株価を一時3倍近く跳ね上げた約6年に及ぶアベノミクスの官製相場で、ボロ儲けしたのも外国勢だ。
 何しろ、日銀のETF爆買いや年金基金の株式割合拡大により、時価総額ベースで60兆円超の公的資金を市場にぶち込んでくれたのだから、外国勢にすれば絶好の草刈り場だ。
 日本株を保有すれば、“巨大なクジラ”が株価つり上げのため、大きな口をバクバクと開けて勝手に買ってくれるのだから、放っておいても利益が出る。

 さらに、トランプが勝利した米大統領選直後の2016年12月には、株価の買いシグナルを表す「ゴールデンクロス」が発生。
 平均株価の中期の値動きを示す「26週移動平均線」が長期の値動きを示す「52週移動平均線」を下から上に突き抜ける現象で、以降102週連続で26週線が52週線を上回ってきた。
 バブルが崩壊した1990年5月までの104週連続に次ぐ過熱相場で、外国勢は散々、荒稼ぎしてきたのだ。

 しかし、官製バブルもいずれはじける。
 アベノミクス相場の終焉を示唆するサインもちらつく。
 先月からの株価下落で、26週線が52週線を逆に上から下に突き抜ける「デッドクロス」が現実味を帯びる。
 これは株の売りシグナルで、機を見るに敏な外国勢は今年に入って日本株を1兆7000億円も売り越し。
 年末にかけて株価暴落のトリガーを引きかねない。

「日本経済は不安材料が満載です。含み益が残っているうち、外国人勢が猛烈に売り浴びせるリスクは高い。横綱級の不安材料は来年、本格化する日米通商交渉です。ターゲットは年間7兆円の対米貿易黒字のうち、4兆円を占める自動車輸出。既に阿達雅志・国交政務官は、174万台の対米自動車輸出のうち最大100万台もの輸出削減を望む声があると明かしています。公的資金でカサ上げしたお手盛り相場で海外勢の勝ち逃げを許した揚げ句、トランプ政権の富の強奪で官製バブルに終止符を打たれてしまう。ゴーンが奪った50億円がチンケに思えるほどの収奪ぶりです」
(経済評論家・斎藤満氏)

インチキ保守が日本の貴重な資源を叩き売り

 外国勢に奪われているのはカネだけではない。

 安倍政権は、日本を守る大事な法律を次々と変え、水や米、漁場や農地など、この国が誇る貴重な資源に値札をつけ、見境なく売りに出しているのだ。

・「コメ・麦・大豆」という3大主要農産物の安定供給を国費で担保してきた種子法が今年4月に廃止。

・ 外資参入の扉を開け、今後は遺伝子組み換え作物が氾濫し、日本の食の安全保障が脅かされていく。

・ 今国会では、麻生財務相が国際公約した水道事業を民営化する水道法改正案の成立も確実視されている。
 世界の事例を見ても、民営化後は外資の魔の手が伸び、水道料金の高騰は必至だ。
 水はタダ同然という概念が消え去り、コーラより高くなるという冗談のような話まで出てきている。

・ さらに今国会で約70年ぶりに漁業を抜本的に見直す水産改革法案(漁業法等改正案)も、日本の豊かな漁場を売り渡すものだ。
 地元の漁協組合に「漁業権」を優先的に与えるルールを潰し、大企業の新規参入を認め、外国資本が入っていても構わない。
 いずれ、外資が漁師を蹴散らし、全国の漁業権を買い占め、資本の論理で食い散らかしていくことになる。

 安倍政権が売り渡したのは、漁場だけではない。
・ 農地だってバーゲンセールだ。
 2年前の農地法改正で、その地で農業を営む農家だけに認められていた農地売買のルールを大幅に緩和。
 農業とは無関係の外国人投資家でもグッと買いやすくなり、日本のコメと野菜を求めてハゲタカどもが手ぐすね引いているのだ。

 「売れるモノは何でも売っちゃえ」という単細胞政権が後先を考えずに、国の礎ともいえる貴重な資源を叩き売り。
 外国人の餌食と化した政権を、今なお40%を超える人々が支持しているのだから、つくづくオメデタイ国である。

 高千穂大教授の五野井郁夫氏(国際政治学)はこう言った。

「普段は“保守”を標榜する安倍政権が積極的に国富を切り売りするのは、摩訶不思議です。恐らく保守はポーズで、一皮むけば“守銭奴のとりこ”。日本を守る規制を壊して外資の参入障壁を取り除き、新たな利権を生み出し、そのおこぼれにあずかりたいだけなのでしょう。そんな売国奴同然の政治家や民間議員が、この政権には跋扈しています。今国会の焦点である“移民法案”も外資の参入を呼び込むため、安価な労働力を差し出すのが狙い。無軌道な外国人労働者の受け入れ拡大で賃金レベルを押し下げ、『世界一ビジネスしやすい国』と称し、日本の労働者まで外資に売り渡すとは、売国そのものです」

 あらゆるものが食い物にされている喜劇の国の惨状と今後を思うと、「勤労感謝」の言葉が空々しく感じてくる。


日刊ゲンダイ、2018/11/23 17:38
ゴーンだけではない 外国の餌食と化しているオメデタイ国
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/242302/

 衝撃が走った日産自動車のカルロス・ゴーン会長の逮捕。
 容疑は、2011年から15年までの間の報酬が49億8700万円とする有価証券報告書の記載が過少報告で実際は99億9800万円だったとする有価証券報告書の虚偽記載だった。

 今回の逮捕の裏では、捜査に日産社員が協力することで刑事処分が軽減される司法取引制度が適用されたと報じられており、その問題点については別稿で報じたが、「ゴーン逮捕」で沸くテレビ報道で、引っかかりを覚えずにはいられない問題がある。

 それは、違法性が批判されても、もともとの報酬の高さがまったく問題になっていないことだ。
 それどころか、
「ゴーン会長の役員報酬はけっして高くない」
「日本の役員報酬は他のグローバル企業にくらべれば安いくらい」、
「欧米はもっと高い」
ということを口にするコメンテーターまでいる。

 必ず「日産のV字回復の立役者」「コストカッター」などと称賛するように紹介されるゴーン会長だが、その実態は2万人を超える人員削減や工場閉鎖、下請け企業の切り捨てによってもたらされたものにすぎない。
 にもかかわらず、その報酬を「安いくらいだ」と強調する……。

 だが、これは大きな間違いだ。

 たしかに、アメリカやヨーロッパのグローバル企業の役員報酬は日本の大企業にくらべて高いが、一方でそれが強い批判の対象となってきた。
 実際、2016年の仏ルノーの株式総会では、ゴーン会長兼CEOの報酬約9億円が高すぎると株主の約過半数が反対、フランス政府も法規制を検討する事態になっている。
 米国ですらリーマンショック後、大企業の高額な役員報酬に大きな批判が集まり、保険大手であるアメリカン・インターナショナル・グループのCEOだったエドワード・リディは年間報酬を1ドルにし、自動車のビッグスリーもそれにならったこともあった。

 そもそも、欧米のグローバル企業と肩を並べる業績の日本企業がどれだけあるというのか。
 そうした肝心な部分は無視して役員報酬だけはグローバル水準であるべきだと主張すること自体がどうかしているが、こうした高額役員報酬は日産やゴーン会長に限ったことではない。
 「週刊朝日」(朝日新聞出版)2018年7月13日号に掲載された役員報酬額トップ40によると、
・ 1位はソニーの平井一夫会長で27億1300万円。
・ 2位から4位まではソフトバンクグループの役員が占め、ロナルド・フィッシャー副会長が20億1500万円、マルセロ・クラウレ副社長COOが13億8200万円、ラジーブ・ミスラ副社長が12億3400万円とつづき、
・ 5位は武田薬品工業のクリストフ・ウェバー社長で12億1700万円。

 そのほか、自動車業界のトップであるトヨタ自動車はディディエ・ルロワ副社長が10億2600万円で8位。
 日産のゴーン会長はこのランキングでは14位で、今回、所得隠しと指摘されている分を足したゴーンの報酬よりも、多くの金をもらっている経営者がいるのだ。

 しかも、この役員報酬以外にも、企業経営者の驚くべき高額報酬の実態がある。

 たとえば、ソフトバンクグループの取締役会長兼社長である孫正義氏は上記の役員報酬のランキングには登場しないが、報酬総額は103億1000万円(『役員四季報 2019年度』東洋経済新報社)とダントツ。
 ファーストリテイリング取締役会長兼社長の柳井正氏もやはり役員報酬ランキングには登場しないが、報酬総額が82億8500万円と孫氏に次いで2番目に高い。

 なぜか。
 孫氏も柳井氏も、役員報酬は数億円にすぎず、報酬総額の大半が株式などの配当収入が割り当てられているからだ。
 実際、孫氏は約103億円の報酬収入のうち配当収入は101億7300万円、柳井氏も約83億円のうち配当収入は80億4500万円にものぼる。

役員報酬の高額化の一方で、給与は減少、非正規雇用は増加

 しかも、これによって、彼らは納める税金も安くなっている。
 通常の所得税は、収入が高いほどは高くなるが、収入のほとんどを株式の配当収入にすれば、金融所得として一律20%で累進課税を免れることができるためだ。

 ゴーン会長は違法に巨額の報酬を得ていたとされるが、孫氏や柳井氏といった経営者たちは富裕層優遇の税制度を利用して“合法的に”税金を逃れ、巨万の富を得ているのだ。

 そして忘れてはならないのは、大企業優遇の税制のなかで役員報酬が高額化することで、従業員の給与との差が開きつづけているということだ。

 たとえば、
・ 前述したソニーの平井一夫会長の役員報酬約27億円に対し、従業員の平均年間給与は1013万円で、268倍もの差に。
・ ソフトバンクグループのロナルド・フィッシャー副会長の報酬と同社の従業員給与差は174倍、
・ 日産のゴーン会長の報酬(注・過少報告の数字)は同社従業員給与と比較すると90倍となる(前出「週刊朝日」より)。

 このような役員報酬の高額化は、小泉政権時に顕著となった。
 1980〜1990年代は企業の経常利益、役員給与、株主配当、従業員給与はほとんど横並びの推移だったというが(「AERA」2009年7月13日号/朝日新聞出版)、変化が表れたのは小泉政権が発足した2001年ごろ。
 資本金10億円以上の役員報酬は2001年度で1425万円だったが、これが2005年度には2811万円と2倍に増加。
 2002年から07年まで日本は「いざなぎ景気の再来」と呼ばれるほど景気が拡大したと言われ、役員報酬も株主配当も内部留保も増えていったが、しかし、そんななかで従業員の給与だけは減少した。

 この間、何が起こっていたかといえば、労働者の非正規化と、株式持ち合いの解消が進んだことで外国人投資家が増加したことだ。

〈非正規労働者の雇用を進める政策のおかげで、低賃金の派遣社員や請負労働に企業が依存するようになった〉一方、増加した外国人投資家は〈欧米並みの収益を上げるよう、株主として日本企業に圧力をかけた〉(前出「AERA」)。
 つまり、労働者の非正規化で企業が支払う給料を減らすことで、役員報酬や株主配当という利益を増やしたのだ。

欧米では、富裕層による富の独占に批判が高まっているのに日本は…

 富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなる──。
 高額化した役員報酬は、まさしく新自由主義による格差拡大の象徴だ。
 しかも、安倍政権はその格差をさらに拡大させようとしている。
 消費増税を強行する姿勢を示す一方で、富裕層を優遇する金融所得課税を据え置いたり、法人税をさらに減税する方針を見せているからだ。


 米国では、オキュパイ運動、2016年大統領選挙における“バーニー・サンダース旋風”、先日行われた中間選挙での「社会民主主義者」と自ら名乗るアレクサンドリア・オカシオ・コルテスらの躍進などがあったが、高額報酬、富裕層による富の独占と格差拡大は世界中で重要なイシューになっている。

 ところが、日本は逆だ。
 ゴーン会長の疑惑が浮上したにもかかわらず、マスコミでは「日本の役員報酬はけっして高くない」ということが強調され、国民の間からも、高額報酬そのものへの批判の声はほとんど聞こえてこない。

 かつては「もっとも格差のない国」などと喧伝されていた日本だが、いまや米国につぐ有数の格差大国で、このままいくと、先進国のなかで「もっとも格差のある国」になるのも時間の問題だろう。


リテラ、2018.11.23
ゴーンだけじゃない、巨額報酬の経営者がこんなに!
ソニー平井、ソフトバンク孫正義、ユニクロ柳井…

https://lite-ra.com/2018/11/post-4384.html

posted by fom_club at 19:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本が売られる

「公共財」の出血大セール!

 「日本が売られるとは、一体どういう意味ですか?」
 先月刊行した新刊『日本が売られる』(幻冬舎新書、2018年10月)のタイトルを書店で見たというある人が、不思議そうにそう聞いてきた。

 売ると言っても、車や家電などの日本製品では、決してない。
 私たち日本人の生活基盤、これが解体されて外国企業に売られるのだ。
 例えば、
・ ライフラインである水道、
・ 命に関わる医療や福祉、
・ 食を供給するための農業漁業や種子や農地、
・ 子供達の未来に関わる教育や、
・ 安全に関わる警察に消防、
・ 豪雨や台風の際、土砂崩れや洪水を防ぐための山林……。

 売っているのは誰なのか?
 私たちが税金で雇い、この国の資産と国民の暮らしを護る任務を負った、他でもない日本政府だ。

 本来これらを守るべき立場の人びとが、いつの間にか財界に忖度(そんたく)した法律を導入し、国民が気づかないうちに値札がつけられた「公共財」の、出血大セールが開催されている。

市場規模を拡大させた「株主至上主義」

 財界と政治が癒着して自国を切り売りする本家本元、「株式会社アメリカ」を見てみよう。

 新古典派経済学の父と呼ばれた経済学者のミルトン・フリードマンは、株式会社のあり方についてこんな言葉を残している。

「企業経営者の道徳的義務とは、社会や環境といったことよりも株主利益を最大限あげることだ。善意やモラルは、それが収益と結びついている時のみ容認される」

 フリードマンが言及したこの「株主至上主義」は、IT革命とグローバリゼーションで国境を超えた市場の規模を、急速に拡大させて行った。
 激しい価格競争の中で効率化が進み、株主、経営者、販売先、労働力、消費者、特許、税金対策本社機能に至るまで、全ては最も低コストで最大利益を上げる場所へと移されてゆく。
 あらゆるものに値札がつけられ、人・モノ・サービスの全てが投資商品として売り買いされるこの構造は、相互に関係しているが、木ばかりを見ていると森(全体像)は見えにくい。

 例えば「安価な労働力」という商品は、多国籍企業をはじめとする財界と投資家にとって、非常に魅力的な投資商品の一つだ。
 だが、どの国の政府も国内感情に配慮して別な表現を使う。
 そして、人間ではなく「モノ」として移民を受け入れた国の国民が、今世界各地でそのツケを支払わされているのだ。

「移民政策」を猛スピードで推し進める日本政府

「安倍政権としては、いわゆる移民政策をとる考えはありません」

 総理の言葉と裏腹に、日本政府は今、明らかに「移民政策」を猛スピードで推し進めている。
 2018年11月13日。衆議院本会議で外国人労働者の受け入れ拡大を目指す「入国管理法」の審議が開始された。
 今国会中に可決し、来年4月に導入、向こう5年で最大34万人の受け入れを目指すという。

 今年2月の経済財政諮問会議で安倍総理が外国人の就労拡大に向けた新制度検討を指示、6月の骨太方針に就労目的の新しい在留資格創設が明記された。
 スピーディに進められてきた政策だ。

外国人留学生の労働を解禁した中曽根政権

 このニュースを様々な角度から見るため、時計の針を巻き戻そう。

 日本で初めて外国人留学生の労働を解禁した入管法改正が実施されたのは1983年。
 まさにアメリカが「今だけ、カネだけ、自分だけ」の株主至上主義に舵(かじ)を切り、レーガン政権下で「独占禁止法」が骨抜きにされた、あの時期だった。
 ロン・ヤスと呼び合うほど親密だったレーガン政権のあとを追うように、日本の中曽根政権は、海外からやってくる人・モノ・サービスに、大きく門を開いてゆく。

 無利子だった奨学金に初めて利子がつけられ、金融商品化への道筋が作られたのはこの時だ。
 国鉄や電電公社が民営化され、一等地だった敷地を大手マスコミをはじめとする大企業が、脇から安値で手に入れた。
 外国人留学生が日本で働けるようにする法改正の後、自民党は「留学生10万人計画」を打ち出した。
 学生たちはアルバイトを掛け持ちしながら、安価な労働力を企業に提供するようになった。
 さらに93年には、高度な技術を自国に持ち帰る目的の外国人が一定期間日本で働ける「技能実習生制度」が創設され、外国人労働者の数は急速に増え始める。

政府が触れない影の側面

 2014年3月、安倍政権は「毎年20万人の外国人受け入れ」の検討を開始。
 2014年10月には「風俗店従業員名簿から国籍記載義務をなくす内閣府令」を発動し、2016年5月には2020年までに外国人の就職率を30%から50%に引き上げる目標を閣議決定。
 2017年5月には、「移民50万人計画」を発表した。

 今回の入管法改正は、技能実習生についての新たな資格を増やす方針だ。
 3年間の実習を終えると在留資格が5年延長される「特定技能1号」という資格を得られ、さらに5年働くと「特定技能2号」に格上げされて、本国から家族を連れてきて無期限に在留資格を更新できるという。
 後者の受け入れ人数は無制限のため、今後移民人口の拡大は加速してゆくだろう。

 だが、ここには政府が触れない影の側面がある。
 劣悪な労働環境が海外からも問題視されている我が国の外国人技能実習生は、今年上半期だけで4279人も失踪しているのだ。
 失踪した彼らは、不法移民として日本社会に残る。

資金の流れから見えてくるもの

 ニュースを多角的に見るもう一つの方法は、資金の流れを見ることだ。
 法案骨子によると、外国人労働者と直接雇用契約を結ぶ企業のほか、政府が税金から予算を入れ、支援計画の作成・実施を国から請け負う「登録支援機関」なるものがある。
 例えば、こうした一連の移民拡大政策を主導している政府有識者会議(国家戦略特区会議、経済財政諮問会議、規制改革会議など)の主要メンバーである竹中平蔵氏が会長をしている総合派遣ビジネスの株式会社「パソナ」もその一つ。
 登録支援機関である同社のグローバル人材部門は、アジア10カ国22拠点で外国人向けの就職相談窓口を精力的に展開している。
(ヤッホーくん注)  

 ニュースを点でなく面で見る三つ目の方法は、世界の動きと照らし合わせることだ。
 2018年12月に発効予定のTPP11や、日本政府が締結を目指すRCEPなどの国際条約を前倒しで検証すると、何が見えるだろう?

 TPPの最大目的は、締結国ブロック内での「人・モノ・カネ」の自由な移動だ
 2015年4月。かつてクリントン政権で政策顧問を務めた共和党の政治評論家リチャード・モリスは、TPP条約を「大量移民をもたらす条約」だとして警鐘を鳴らす論考を発表した。

「TPPの条文の中には、移民規制を無効化し、締結国間の労働者に自由な移住を認める内容の項目が盛り込まれている。
 高度人材が中心になるかのように書かれているが、よく読むとそれ以外の労働者の移住も認められるような解釈も可能だ。
 批准すればEU創設時と同じパターンで、米国議会は無制限の移民流入に歯止めをかけられなくなる。そしてあっという間に1920年代以前に逆戻りしてしまうだろう」

 来月の条約発効までに国内法の整備を間に合わせることを考えると、重要箇所の不確定さや移民政策でないという総理発言の矛盾をいくら野党が追及しようが、政府が今国会で入管法改正をなんとしても急ぐ理由が腑(ふ)に落ちるだろう。

 中国主導のRCEPも、TPP同様、労働者の自由な移住を認める内容になっている。
 ことを急ぐ理由が国民向けのそれとは別なところにあるために、政府の説明のつじつまが合わなくなっているのだろう。

日本人と仕事の奪い合いも

 この法改正の正当性について、菅義偉官房長官はこう説明する。

「日本は人手不足で、外国人を入れないともう持たない」

 本当にそうだろうか?
 現在日本には一年以上、職についていない長期失業者が約50万人いる。
 人材がいないのではない。
 国内の失業対策や氷河期世代が子供を持てる環境を整備するかわりに、先にあげたいくつもの理由から、政府が「安価な労働力」と「労働者の自由で無制限な移動」を優先させているのだ。
 政府がどれだけ否定しようが、いまやOECD「外国人移住者ランキング」で世界第4位の「移民大国」となった日本。
 景気を良くするためだ、などと言って金融緩和をしても、永住まで可能な外国人を数十万人規模で受け入れれば、価格競争によって賃金は地盤沈下を起こし、日本人の失業者や単純労働者は、今後入ってくる移民との間で仕事を奪い合うことを余儀なくされるだろう。

欧州を反面教師として検証せよ

 社会的側面の反面教師として、検証すべきは欧州だ。
 今年1月に欧州連合委員会が公表した第88回世論調査によると、現在、EU諸国にとっての懸念事項の第一位は「移民問題」だった。

 ドイツ家庭省の調査では、移民流入によって社会保障費が1年で73%増加した。
 移民の大半は文化や宗教、言語が不自由なため就職がままならず、多くが生活保護に流れるからだ。
 反移民政党が躍進するゆえんである。

 ノルウェーでもスウェーデンでも、社会保障費が爆発的に増え、自国民の受給年齢を引き上げざるを得ないという深刻な状況に陥っている。

 多くの日本人が福祉国家のイメージを抱くスウェーデンだが、移民だけで構成されるゲットーが186箇所あり、うち55箇所はスウェーデン人が警察どころか軍の同伴なしには立ち入ることさえ不可能な、ギャングが統治する危険地帯だ。
 移民は、財界が好きな時に入れ、いらなくなったら追い出せるといった、お手軽な存在ではない。

 高度経済成長期に外国人を大量に受け入れた欧州では、その後、経済不況に陥った際に政府が慌てて帰国奨励策を展開したが、すでに新しい土地に根を下ろし、観光客とは違う権利を手にした彼らは帰国などしなかった。
 帰国を強制することもできず、本国からの家族呼び寄せを禁止すれば、国際社会から非難を浴びる。
 職を失った移民の社会保障や医療費、年金など、巨額の負担がもたらす深刻な財政悪化は、新規の受け入れを止めるだけでは解決できないのだ。
 国民の怒りは移民に向かい、ヘイトスピーチや暴動が頻発するという悪循環に陥った。
 無計画に移民を受け入れた欧州の末路が、私たちには見えているだろうか?

突きつけられる「真の共存とは」という問い

 こうした要素を様々な角度から検証すると、移民政策をなぜ、拙速に導入してはならないのか。
 目先の経済効果だけでなく、副作用も含め長いスパンで捉えた丁寧な議論が必要なのか、
その理由がわかるだろう。

 移民とは、コスト削減のために使い捨てる「モノ」では決してない。
 名前があり家族がいて、生きてゆくために働きながら、子供達を学校にやったり、病気になることもある。
 そして、私たちと同じように、やがて歳をとってゆく。

 そう、四半期ではなく、100年単位でみるべき、血の通った存在なのだ。
 「今だけ、カネだけ、自分だけ」の強欲資本主義によって、「人間」にまで値札をつけられた今、欧州でも米国でも、そしてここ日本でも、私たちは「真の共存とは何か」という問いを突きつけられている。

言論の自由を守り、大いに議論を

 「日本が売られる」政策の中で、「移民」は氷山の一角だ。

 現在、我が国の政府が、せっせと商品棚に並べている、私たち日本国民の数多い「公共財」の一つに過ぎない。
 ほかにも多くのものが危機にさらされている。

 こうした状況に対し、私たちは一体、何ができるのか?

 対策はいくつもあるが、まずは「言論の自由を守る」ことだろう。
 意見の相違があるからと言って、左右で対立していては、いつの間にか周りが見えなくなるからだ。
 自分とは違う価値観を理解できなくとも、相手の存在を叩(たた)き潰すまで攻撃するのではなく、どんな意見でも口にできる、議論を交わせる社会を維持しておいた方が良い。
 お互い言葉狩りに力を入れすぎると、いざという時、自分が声を上げられなくなる。
 おかしいことをおかしいと言えなくなった時、社会は修正できなくなってしまう。
 戦時中、戦争反対を口に出すと非国民と言われた歴史を思い出して欲しい。

 財界に忖度し、血の通った人間を「モノ」として使い捨てる。
 「今だけ、カネだけ、自分だけ」の政府が進める、そうした移民政策への疑問を口にしただけで、「差別主義者」と言われ、言論が封殺される。
 そんな日本にしてはならない。


[写真‐1]
外国人労働者に関する野党合同ヒアリングに支援者(手前)とともに出席し、仕事でけがをした右手を見せる技能実習生=2018年11月8日、国会内

[写真‐2]
日米首脳会談を終え、共同記者会見に臨む中曽根康弘首相(右)とレーガン米大統領。ロン・ヤスと呼び合う親密な仲だった=1983年11月10日、首相官邸

[写真‐3]
米国を除く11カ国による環太平洋経済連携協定(TPP11)の関連法が可決した参院本会議=2018年6月29日

[写真‐4]
外国人材の受け入れ・共生に関する関係閣僚会議で発言する菅義偉官房長官(左から2人目)=2018年10月12日、首相官邸


[写真‐5]
外国人労働者に関する野党合同ヒアリングに出席し、思いを述べた後、涙を拭う技能実習生(右端)ら=2018年11月8日、国会内

WEBROBZA、2018年11月15日
人間にまで値札

外国人労働者拡大の危うさ

堤未果、国際ジャーナリスト
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2018111400002.html

(ヤッホーくん注)国際研修協力機構(JITCO)の例:

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けた入管法改正案を巡って、安倍政権は今国会での成立に前のめりだ。
 過酷な労働環境に置かれた外国人“奴隷”の増員を、歓迎するのは大企業ばかりかと思いきや、実は霞が関の役人たちも巨大な「移民」利権に舌なめずりしている。

 外国人労働者の受け入れ拡大で、恩恵にあずかろうとしているのは、法務、外務、労働(当時)など5省の共同所管で1991年に設立された公益財団法人「国際研修協力機構(JITCO)」だ。

 2018年11月15日の野党ヒアリングで、法務省からの再就職者が2015年度からの3年間で計11人に上ることが判明。
 かつては検事総長を務めた筧栄一氏が理事長に就任していた時期もある。

 日刊ゲンダイの調べでは、計15人の役員のうち9人が省庁OBで、法務省の他に厚労省、外務省、経産省から再就職者がいることが分かった。典型的な天下り法人である。

■ 会費収入うなぎ上り

 永田町関係者がJITCOの“商売方法”についてこう解説する。

「ある調査によると、現行の外国人技能実習生の受け入れ先企業は、実習生を受け入れると、JITCOに7万5000円程度の年会費を支払うことになるといいます。事実上の移民拡大で、JITCOの“実入り”が膨張するのは確実です」

 JITCOの今年度の収支予算書を見ると、「受取会費」として17億3300万円の収入を得ている。
 全収益の約8割を占めるから、運営のほとんどを会費に依存している格好だ。

 JITCOに問い合わせると、「年会費は企業等の資本金等の規模に応じて1口当たりの金額が算出される」と返答。
 複数の同業企業でつくる「監理団体」から1口10万円、団体傘下の複数企業から1口5万〜15万円を徴収し、それとは別に個別の企業からも1口10万〜30万円を受け取っていると説明した。

 外国人実習生は現在、約26万人。
 監理団体の数は全国に約2300ある。
 現行の制度で、農業や漁業、建設関係など6業種だった受け入れ対象業種は、今回の法改正で介護や外食、自動車整備などが加わり、14業種にまで拡充され、19年度からの5年間で最大約35万人を受け入れる見込みだ。
 JITCOの監理団体や会員企業も対象業種の拡充に比例して、倍以上に増えると考えるのが自然で、会費収入も同じく倍以上に膨れ上がるのは間違いないだろう。

 一方で、外国人技能実習生の労働実態は悲惨を極めている。
 これまでの野党ヒアリングでは、多くの実習生が、
「病気になっても薬をもらえるだけで病院へは行かせてくれない」
「足を骨折したが休業補償を払ってもらえない」と涙ながらに訴えていた。
 この問題を追及する国民民主党の原口一博衆院議員はこう言う。

「このまま法案が通れば、より多くの外国人労働者が過酷な状況に追い込まれる可能性が高い。その一方で、官僚の天下り団体ばかりが潤うとは、到底看過できません。現在は、世界的に労働者不足で各国で奪い合っている状況です。現状のままでは、日本は世界中の労働者から信頼を失う恐れがある。もっと審議に時間をかけるべきです」

 “奴隷拡大”で官僚貴族が私腹を肥やすとは、とても現代社会とは思えない。


[写真]過酷な労働実態を訴える実習生

日刊ゲンダイ、2018年11月17日 9時26分
移民利権で私腹を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”
https://news.infoseek.co.jp/article/gendainet_503201/

posted by fom_club at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Japan's anti-immigration policies

A tweet from the Tokyo immigration bureau complaining about graffiti supporting the rights of refugees has sparked a furious debate online, with many accusing it of showing more concern for the state of the city’s pavements than for asylum seekers.

In a post on its official account the bureau showed photographs of graffiti on a pavement and bridges that read “Free refugees” and “Refugees are welcome”.

“Freedom of expression is one thing but this is public property,” the bureau wrote. “Isn’t this a bit much?”

The tweet has been liked 13,000 times and received more than 2,000 responses.

東京入国管理局
〜落書きは止めましょう〜
11月19日早朝,港南大橋歩道上にて。
表現の自由は重要ですが,公共物です。
少しひどくはないですか。。。
6:19 PM - Nov 20, 2018 (ヤッホーくん注)

While some defended immigration officials, others accused the bureau of downplaying its duty of care towards people seeking refuge in Japan, which accepted just 20 asylum seekers in 2017 – despite a record 19,628 applications – and allowed 45 to stay in the country on humanitarian grounds, according to the justice ministry.

Other users alluded to the harsh treatment of asylum seekers being held in detention centres, where 14 people have died since 2006, including several suicides.

“If you’re going to criticise graffiti then stop violating people’s human rights,” one person wrote.

Another asked if graffiti was more important than human rights. “You can erase graffiti but you can’t save a ruined human life.”

In 2016 more than 40 detainees went on hunger strike at a facility in Osaka to protest against their living conditions and poor standards of medical care. In April this year dozens of people being held at a detention centre near Tokyo took similar action after an Indian detainee killed himself a day after his release request was denied.

Detainees also submitted a petition requesting an end to long-term detention, citing cases where inmates were held for more than two years.

A bureau official said the tweet, posted on Monday, had not meant to contradict the graffiti’s message. “We have an obligation to accept criticism over immigration policies but we tweeted in the hope of warning about graffiti, which will cause trouble to those who aren’t connected to the issue,” the official told Kyodo.

Koichi Kodama, a lawyer, said the bureau’s response to the graffiti was “childish”, according to the news agency.

A user professing to be a supporter of Japan’s prime minister, Shinzo Abe, speculated that no one would apply for refugee status in Japan if conditions were as harsh as critics suggested. “The people of Japan appreciate the hard work of immigration officials,” the user added.

In 2017 human rights groups accused Japan of unfairly closing its door on people in genuine need. Abe courted controversy in 2015 when he said Japan should improve the lives of its own people – particularly women and the elderly – before accepting refugees from Syria.

Last month local media reported that Japan was considering doubling the number of refugees it accepts from Asia to 60 a year from 2020.

The Guardian, Last modified on Thu 22 Nov 2018 04.36 GMT
Furore in Japan after immigration bureau criticises pro-refugee graffiti

Immigration bureau criticised as heartless after saying that slogans supporting refugee rights are are ‘a bit much’

By Justin McCurry in Tokyo
https://www.theguardian.com/world/2018/nov/22/japan-immigration-bureau-criticises-pro-refugee-graffiti

Japan accepted just 20 asylum seekers last year – despite a record 19,628 applications – drawing accusations that the country is unfairly closing its door on people in genuine need.

Since 2010, Japan has granted work permits to asylum seekers with valid visas to work while their refugee claims were reviewed, a change the government says has fuelled a dramatic rise in “bogus” applications from people who are simply seeking work.

According to figures released this week, the number of applicants in 2017 rose 80% from a year earlier, when 28 out of almost 11,000 requests were recognised.

Among the thousands of people whose applications have been turned down is Jean, who arrived in 2001 after fleeing ethnic violence in his home country of Burundi.

Seventeen years on, Jean remains in legal limbo – a victim, campaigners say, of Japan’s strict policy towards refugees, and a wider resistance to immigration.

Jean, a Hutu, had been thrown on to a pile of burning tyres after refusing to join the fight against the Tutsi. He escaped, but the incident, which left him with burns to his right leg, convinced him he could never return.

“At that time I was just a simple person selling maize and peanuts on the street. I had no idea what they were fighting for,” he told the Guardian in an interview near his home east of Tokyo.

His attorney, Masako Suzuki, said government policy was punishing genuine asylum seekers.

“Jean should have been recognised as an asylum seeker by now,” she said. “It’s incredible that the immigration authorities have not even given him humanitarian status considering that ethnic violence in Burundi has worsened dramatically since 2016.”

Recent changes indicate Japan is getting even tougher. In an attempt to reduce the number of applicants, the government last month started limiting the right to work only to those it regards as genuine asylum seekers.

Repeat applicants, and those who fail initial screenings, risk being held in immigration detention centres after their permission to stay in Japan expires.

Eri Ishikawa, head of the Japan Association for Refugees, said the new regulation was part of a wider crackdown on refugees under the conservative prime minister, Shinzo Abe.

Abe courted controversy in 2015 when he said Japan should improve the lives of its own people – particularly women and the elderly – before accepting refugees from Syria.

Campaigners have contrasted his tough stance on asylum seekers with his recent visit to Lithuania, where he paid tribute to a wartime Japanese diplomat, Chiune Sugihara, who is credited with saving the lives of an estimated 6,000 Jewish people in 1940 by issuing them with Japanese visas.

“The government assumes that some people are applying for refugee status just to obtain a work permit in Japan,” said Ishikawa, whose group helps 700 people, mainly from countries in Africa, whose asylum applications have been turned down.

“The door has been closed to people applying for asylum. That worries us because among them are genuine asylum seekers.”

Japan’s immigration detention centres have been criticised for their harsh treatment of detainees. At least 10 people have died in the centres since 2006, including four suicides. In 2016, more than 40 detainees went on hunger strike at a facility in Osaka to protest against their living conditions and poor standards of medical care.

“Conditions at the centres are harsh, and there is no limit on how long people can be detained,” Ishikawa said. “People are usually given provisional release after a year, but they are not allowed to work and they are not entitled to any social security benefits.”

Despite experiencing its worst labour shortage for 44 years, Japan is unlikely to overcome a deep-seated cultural resistance to significant immigration, she added. “The government doesn’t like the word immigration: it sounds permanent and that’s why some people are resisting it.

They are worried that it would change the nature of Japanese society.”

Today, Jean, who asked to be referred to only by his first name, still experiences pain from burns to his leg. He has not seen his parents or two sisters since he fled Burundi.

He arrived in Tokyo in January 2001 on a 90-day tourist visa, relieved to have found what he thought would be a safe haven. He initially slept in a car and earned a modest living working in a spare parts yard. He said he had no idea he had overstayed his visa until he was questioned by immigration authorities.

The 48-year-old, who believes his life would be at immediate risk in Burundi, has spent months at a time in immigration detention centres, most recently in 2011. He is now awaiting the outcome of his third application for asylum.

His failure to seek asylum as soon as he arrived in Japan means he is banned from working and his movements are strictly monitored. He spends his days volunteering at a Catholic church in Tokyo and studying Japanese.

But he is grateful for the kindness shown to him by ordinary people, including the couple who have taken him into their home while immigration authorities decide his future.

“The Japanese people I know have been so kind to me,” he said. “I can’t believe how well they have treated me.

“They took me in like a member of their own family. Without them, I have no idea what would have become of me. This is what it means to be living in a peaceful country.”


The Guardian, Last modified on Fri 16 Feb 2018 22.00 GMT
Japan had 20,000 applications for asylum in 2017. It accepted 20

Just 0.1% of asylum seekers won the right to remain, as campaigners say ‘door has been closed’ to those in need

By Justin McCurry in Tokyo
https://www.theguardian.com/world/2018/feb/16/japan-asylum-applications-2017-accepted-20

(ヤッホーくん注)

ちなみに今年2018年8月、国連人権委員会から日本に対して出された勧告のなかには、
「難民申請者が収容される期間に定めがないことへの懸念亅があり、
「収容の期限を設けること、収容は最終手段としてのみ用い、可能な限り短期間にすること、代替措置を優先する努力をすること亅が推薦されています

午前0:37 ・ 2018年11月21日

posted by fom_club at 16:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スピン報道

 拙著『日本を直撃する「複合崩壊」の正体』(ビジネス社、2018年11月)の販売が開始された。

・ 日本がなぜ成長できないのか。

・ 日本を蝕む病巣がどこにあるのか。

・ 日本の主権者はどのようにわが身を守ればよいのか。

・ 資産防衛のための投資極意とは何か。

・ 株式市場の混迷が深まっている背景は何か。

 詳述しているのでぜひご高読賜りたく思う。

 臨時国会が開かれており、極めて重大な法案が提出されている。

・ 「奴隷貿易制度」を確立する入管法改定

・ ハゲタカに日本の水道を支配させる水道法改定

・ 日本の一次産業を破滅に追い込む日欧EPA承認案

・ 既存の漁業者から権利を奪い、日本の漁業をハゲタカに献上するための漁業法改定

 売国法案、日本崩壊法案のオンパレードである。

 とりわけ、入管法改定では、法務省が失踪した技能実習生に対する聴取票結果に関して虚偽の報告を国会にしていたことが明らかになった。
 働かせ方改悪法を強行制定するために厚生労働省が捏造データを報告したのとまったく同じ図式が明らかになった。
 メディアが連日連夜、技能実習生を雇用する日本企業のブラックな実態に光を当てれば、入管法改定をこの臨時国会で強行することが難しくなる。

 安倍内閣はハゲタカ資本のために、法改定による「奴隷貿易制度」を2019年4月に施行することを目論んでいるが、こうした暴政を許すわけにはいかない。

 メディアの事実報道が求められる局面である。

 この局面を打開するために検察がゴーン逮捕を表面化させた。
 法務省不祥事を隠蔽するためのスピン報道を誘導したのだ。
 大物芸能人の麻薬事案、大物芸能人の刑事事件、資産家殺害事件など、どうでもよい情報を意図的にリリースして、電波ジャックを図る。
 実際、ゴーン逮捕以来、報道の大半をゴーン事案が占拠している。

 その裏側で上記の売国法強行制定が着々と進行する。
 こうして日本の崩壊がさらに加速されるのだ。

 日本の政治は確実に悪い方向に突き進んでいる。
 そして、2019年に向けて最重要の事案が消費税増税である。

 消費税増税を強行しようとする財務省がNHKと日本経済新聞を活用して「TPR」を展開している。
 「TPR」は1985年に創設されたTAXのPRのことである。
 実態は権力を活用した世論操作、情報操作活動である。

 消費税増税の根拠とされているのは、社会保障制度の維持と、財政健全化であるが、現実の消費税増税にこの二つは無関係である。
 1989年度と2016年度の税収構造を比較すれば、その実態が明らかになる。
 何度も繰り返すが、この最重要事実がメディアによってまったく報道されない。

 税収規模は1989年度が54.9兆円、2016年度が55.5兆円で、ほぼ同額である。
 変化したのは主要税目の税収構成比である。

・ 所得税 21.4兆円 → 17.6兆円
・ 法人税 19.0兆円 → 10.3兆円
・ 消費税  3.3兆円 → 17.2兆円

 各税目の税収変化は、

・ 法人税= 9兆円減少、
・ 所得税= 4兆円減少、
・ 消費税=14兆円増加

である。つまり、消費税増税は、法人税減税と所得税減税のために実施されてきたことが分かる。

 また、日本財政が危機とされる根拠が政府債務1000兆円だが、これも「印象操作」情報でしかない。
 2016年末時点で、日本政府は1285兆円の負債を抱えているが、1302兆円の資産を保有しており、18兆円の資産超過である。

 「借金1000兆円による財政危機」というのも真っ赤な嘘なのだ。

 「国家の嘘」を明らかにして、日本の世直しを進めなければならない。


植草一秀の「知られざる真実」、2018年11月23日 (金)

奴隷貿易制度制定強行のためのゴーン逮捕

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-8b67.html

# ヤッホーくんのこのブログ、2018年11月20日付けの日記、「ゴーン会長逮捕と入管法改悪」をお読みください:

またスピンかよ

# ヤッホーくんのこのブログ、2018年11月8日付けの日記、「世界人権宣言、そして日本国憲法」をお読みください:

第4条  奴隷はいやだ
 人はみな、奴隷のように働かされるべきではありません。
 人を物のように売り買いしてはいけません。



# ヤッホーくんがお慕い申し上げている小児科のお医者さまはこんなことを:

 自衛隊・防衛等に詳しい布施祐仁氏の tweet によると・・・

 自衛隊予算の4割は、過去に米国から買った武器の支払いに消え、日常活動がままならなくなっている由。それで、移動の際には、高速道路を使わず、一般道を使っている。
 一方、米軍は、高速道路を無料で使い放題

 驚きだ。これ、どこかおかしくないか。

 やはり、米国を頂点とする、戦後の「国体」が、日本の指導原理になっているということだ。

 経済面でも、やはりTAGではなく、FTA交渉にはいることになった。
 安倍首相は、嘘をついている。
 サービス、国の制度を含めて、すべて米国の言いなりになることだろう。
 特に、医療・介護・保険分野の米国化が実現することになる。

 昨日、7メガで話をした、コロラドのDon WB6BEEの話では、奥様がちょっとした手違いで無保険の状態になっていた。
 その際に、例の脳血管障害と思われる症状に見舞われた、MRIを撮りたいが、一回50数万円かかるので、来年1月新たな保険に入るまで受けられない由。
 新たに加入する毎月の医療保険料も14万円程度かかる、とのことだった。
 ちょっとした病気で入院すると、10万ドル以上請求される由。

 国の内外ともに、わが国は米国の巨大資本・軍部の草刈り場になろうとしている

 新たな国体が、再び日本を亡ぼす。


2018/11/23 13:49

posted by fom_club at 15:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「昭和末期」をダウングレードさせた平成の終わりの風景

「冷戦やりなおし」の時代

 平成が始まったころにささやかれた、「冷戦に勝ったのは日本だ」というアメリカン・ジョークをご記憶でしょうか。
 レーガン政権下の軍拡で米国がソ連を打ち負かしたのに、同国の市場は日本車などのメイド・イン・ジャパンが席巻。
 なんのために戦ったのかわかんないよ、という趣旨です。

 平成元年にしてベルリンの壁崩壊の年である1989年の日本は、バブルがピークアウト寸前の「景気が良すぎる」状態でした。
 貿易赤字削減のため、強すぎる輸出国・日本に対しアメリカは執拗な「日米構造協議」を要求。
 いまトランプ大統領と習近平主席のあいだで展開中の「米中貿易戦争」が、当時は日米間であったのだといえば雰囲気が伝わるかと思います。

 そのトランプ氏は2018年10月、レーガン時代の遺産であるINF(中距離核戦力)全廃条約を破棄する意向を表明して物議をかもしました。
 日本や中国、あるいはロシア(旧ソ連)に油揚げをさらわれない、「今度こそ米国が勝者となる冷戦」をやりなおしたいのでしょうか。
 翻ってわが国は同月、安倍晋三首相が対中ODAの終了で習主席と合意しました。
 中国嫌いの人たちは「さすが安倍さん」と囃しているようですが、これはむしろ中国が経済的な「先進国」に入ったことを認める儀式ともいえます。

 平成の30年間は遺憾ながら、冷戦の勝者にまで擬せられた日本が転落し、世界No.2の座を中国にゆずる過程でもありました。
 トランプ氏ならずとも「もう一度やりなおしたい」という欲求が湧いても、不思議ではないように思います。

ダウングレードされた「移民論争」

 問題は「やりなおし」の質です。
 平成を終えつつある現在の日本は、コンサル風に言えば昭和の終わり=冷戦終焉期を「アップデート」しているのでしょうか。
 むしろ、劣化した形で過去を反復する「ダウングレード」になってはいないでしょうか。

 一番わかりやすいのは、目下ひさびさに展開中の「移民論争」です。
 安倍政権が外国人の単純労働者でも利用可能な新しい在留資格をつくることを打ち出し、国会審議が荒れていますね。
 そもそも最初に日本が「移民受け入れ」を議論したのは、バブル経済と重なる中曽根康弘政権期の前後でした。

 1983年に「留学生10万人計画」が発表、90年には南米の日系人を主対象に定住・就労規制を緩和する入管法の改正が行われました(「激論・亡国の『移民政策』」『文藝春秋』2018年11月号 )。
 当時の移民推進派が堺屋太一さんや大前研一さん、強固な反対派が西尾幹二さんです。

 繰り返しますがこの頃はバブル時代で、「景気が良すぎて人手が足りないから」外国人に来てもらうという発想でした。
 当時のマスコミでは「イラン系の不法移民」が問題にされましたが、その就労先も拡大を続ける大都市部の建設現場などでした。
 さらなる繁栄を求めての外国人労働力の勧誘であり、その後に衰退の時代が来るとは誰も予想しなかったのです。

 今回は移民論争といっても、動機がだいぶ違うようです。
 竹中平蔵氏の証言では、彼のような規制緩和論者が、理美容師で外国人のプロを受け入れようとしても通らなかった。
 しかし「自民党の農林部会や建設部会が押し上げた、いわば“族[議員]主導”で」、外国人単純労働者の受け入れが決まったとあります(「アベノミクスには更なる政治のブレイクスルーが必要だ」『中央公論』2018年10月号 )。

 つまり、昭和末期の移民論争が「成長しすぎて人が足りない」時代への対応を問うたとすれば、平成末期のそれは人口減少時代(初めて総人口が前年を下回るのは2005年です)に、農業も含めて「衰退しすぎて担い手がいない」分野を外国人で補いたい、という欲求に基づいている
 これを、ダウングレードと言わずしてなんと呼ぶのでしょうか。

 経済の好調期、成長を支えるための移民でさえ、遺憾なことに強い偏見や文化の摩擦にさらされ、円滑には定着できないことがしばしばです。
 現在の政府案の基調をなす、自国の労働者に敬遠される衰退産業を外国人で穴埋めする発想が、深刻な人権侵害や紛争を招きはしないか、不安はぬぐえません。

地方の衰退が生む「しょっぱいバブル」

 こうした観点でみると興味深い事件が、静岡県の地方銀行だったスルガ銀行のスキャンダルです。
 「長い目では必ず儲かる」と売り込まれるシェアハウス投資やアパート経営事業に絡み、十分な資産のない申請者にまでデータを捏造して、ローンを貸してきたという不祥事ですね。
 ひとことでいえば、「しょっぱいバブル」でしょう。
 バブル期には「絶対値上がりするから」という理由で借金してでも土地を買い、転売して売り抜けるビジネスが全国で横行しました。
 しかし今回の件を精緻にみると、たんに「スケールがしょぼい」と嘲うだけではすまない病理が見出せます。

 浪川攻氏の取材によると、アパートローンへの貸出が主力商品となっているのは地銀業界全体の動向で、不動産価格の急騰がみられたバブル期とも共通の現象だそうです。
 しかし、往時との大きな相違が3つあるようです(「スルガ銀行『失敗の本質』」『Voice』2018年11月号 )。

 1つめは目下のアパート経営ブームが、好況による不動産の高騰というより、「高齢化にともなう相続税対策」を主因としていること。
 2つめは、人口減少が進行する地方(地元)では投資案件を見出せず、情報網のない都心部への投機に地方銀行が乗り出した結果、ずさんな融資が続発していること。
 どちらも日本の成長ではなく「衰退」が原因となって、「しょっぱいバブル」が生じた構図ですね。
 3つめはアベノミクスに至る低金利政策の副作用で、金融緩和で「金あまり」となった結果、地銀は従来以上に「貸出先がない」状態におちいり、危ない投資案件へ追いやられているという話です。

 私たちは衰退している。
 そのことを前提としてはじめて、妥当な対案や解決策が見いだせる。
 しかし、そうした態度に徹するのは難しいことのようです。

 むしろ不都合な現実から目をそらし、ダウングレードをあたかもアップデートであるかに装って、いわば「劣化バブル」で平成の末期を乗りきろうとする風潮が、いま社会に広がってはいないでしょうか。

AI言説という「劣化ポストモダン」

 言わずもがな平成は、情報化とインターネットの時代でした。
 IT業界で「バズった」話題が全社会人必修の知的教養のように扱われ出すのは、『ウェブ進化論』 (梅田望夫著)がヒットした2006年ごろでしょうか。
 2008年にはiPhoneが国内でも発売(米国では前年発売)され、「砂糖水を売るのか、世界を変えるのか」のスティーヴ・ジョブズが、日本でもカリスマになりました。

 しかし2011年3月の震災以降の、SNSの世論や動員で社会を変えるというムードは早期に退潮し、いまはネットを通じて「いかに効率よく個人ブランドの砂糖水を売るのか」を説く本が、ベストセラーの主流となっています。
 よりよい世界への変革というより、既存の社会に適応しサバイバルするツールの方を、読者が求めているわけですね。

 この転回には既視感があります。

 革命で「世界を変える」ことをうたったマルクス主義が、1970年前後の学生運動の過激化を最後に凋落の一途をたどり、むしろ80年代のバブル期には大文字の「政治」を回避し、ニューメディアを活用して賢く資本主義と戯れる態度が「ポストモダン」として称揚されました。

 当時、そうした風潮の「泊づけ」に利用されたのはフランス現代思想でした。
 蓮實重彦さんによる1978年の書名でいえば、『フーコー・ドゥルーズ・デリダ』 といった思想家たちです。

 たとえば、
@「人間なる概念はもはや死語であり、それに囚われずに生きるべきだ」(フーコー)、
A「だから人為と自然、ないし人工と自然といった二項対立は脱構築され、今後は意味がなくなる」(デリダ)、
B「結果としてツリー状ではなくリゾーム状の、指令中枢をもたない社会が出現するだろう」(ドゥルーズ)。
 そんな感じの物言いが流行ったのです。

 お気づきのとおり、目下流行の「次に来る社会をこれで生き抜け」本の内容は、これらの思想の変奏です。

@は「AI(人工知能)が人間に近づくことで、人間の役割はなくなる」、
Aは「VR(仮想現実)やAR(拡張現実)が発展して、現実の定義が変わる」、
Bは「ブロックチェーンが自律分散型のトークンエコノミーを作り、社会経済を根底から覆す」
といった話の元ネタともいえるでしょう(より近いルーツには、重複する時期に流行した複雑系の思想がありますが、今回は割愛します)。

 「たんに思想として言うのと、具体的な技術に実装するのでは違う」と感じた方もいるでしょう。そのとおりです。

 しかし、シンギュラリティ(AIが人間を追い越す地点)が来ることを立証した学者はおらず、仮想通貨は投機の対象にこそなれ、まったく既存の法定貨幣を代替できていないのに、なぜかそうしたビジョンが「必ず実現する」かのような論説が蔓延している、それは技術を装って、思想を広めているということにほかなりません。

 そして流行思想の発信者にとって、哲学とITが果たす機能は同じです。
 フランス語の原書を突きつけて「俺はこれを読んだんだぞ!お前はできるのか?」と脅しておけば、読者はなんとなく信じてくれる。
 そうしたマウンティングの道具がプログラミングのコードや、シリコンバレーでの勤務歴に替わったということでしょう。

 もちろんマウンティングの鞭だけでは消費者がつかないので、思想を売るには適切な飴が必要です。
 たとえば「具体的なモノは有限でも、イベント(出来事)としてのコトは無限なので、優良なストーリーを発信するインフルエンサーには無尽蔵のビジネスチャンスがあります!」といった感じでしょうか。

 しかし世界はモノでなくコトでできているというのは、日本のポストモダンの産婆役を務めたマルクス主義哲学者の廣松渉が1975年に主張していたことで(『事的世界観への前哨』 )、新しい議論ではまったくありません。

 バブル時代にストーリーで商品を売る技法をPRすると、いかに広告代理店や企業の重役からお金をせしめられたかは、大塚英志さんが『「おたく」の精神史』 で誠実に告白されているので、その種のセミナーに誘われる前に読んでおくことをお勧めします。

「不安の商人」に支配されないために

 近年では水野和夫さんの諸著作に痕跡をとどめていますが、「資本主義はフロンティアをめざす」が、かつてのマルクス系論客のテーゼでした。
 天然資源のフロンティアたる植民地の分割競争が終わると、各種の金融商品を作り出して今度はバーチャルなフロンティアを奪いあう。

 逆にいうと搾取し尽くしてフロンティアがなくなれば、金づるを失って資本主義は終わるとする理屈です。
 しかしなかなか終わらないので、むしろマルクス主義の信用が先に失墜し、冷戦の終焉とともにとどめを刺されました。

 私も「資本主義は終わる」論には与しませんが、「これをやらないとAI時代の負け組になる」として、あれこれと意識の高い要求をする言説の氾濫に接して、ふと気づいたことがあります。

 それは人の心こそがいま、最大の――ひょっとすると最後の「資本のフロンティア」になっているということです。

 たとえばもう一生遊んで暮らせるほど稼いだ実業家が、なぜいつまでも働くのでしょうか。
 「純粋に仕事が楽しい」という側面は、もちろんあるでしょう。

 しかし純粋に楽しくて働くというわりには、累進課税で高い税率を払うのは嫌なので、政治家に文句を言ったり資産を逃避させたりする人も多いようです。
 楽しく働いて、楽しく(納税の形で)社会に貢献して、楽しく感謝される。
 まさに理想の人生に思えますが、なかなかそうできないみたいですね。

 企業のトップクラスも含めて、多くの人は楽しいからではなく、不安だから働いているように思えます。
 それは、将来の生活をまかなう金銭面での不安だけではなく、働くのを止めて「生きる意味」が消滅することへの不安でもあるのでしょう。

 兵器産業を「死の商人」と呼ぶことには賛否がありますが、こうした社会生活を動かす最大の要因としての不安に商機を見出す人びとを「不安の商人」と呼んでも、さほどクレームはつかないのではないでしょうか。

 1960年代の高度成長期に生活必需品の需要が飽和したため、バブル時代には「その先に『もっと儲かる』フロンティアがありますよ」として夢を売る商法が台頭しました。
 それも破綻した現在では「これをやらないと困ったことになりますよ」と、むしろ脅迫的な形で不安のフロンティアを開拓しようとしている。


 万が一を考えて、来るかわからないシンギュラリティに備えるのも立派な心がけです。
 しかし、それは「財政破綻」や「消費税30%時代」や「移民労働力の急増」や「南海トラフ(級の)大地震」や「脱原発と電力の不安定化」や「米朝交渉の破綻と開戦」や「中国が覇権を握った世界」などのすべてに、万全の備えをした後でよいはずです。

 なぜいま、それらよりもAIが脅威として売り出されるのか?
 その答えもバブル期の現代思想が教えてくれます。
 危機として「目新しいから」です。
 あるモノの価値はその内実ではなく、他のモノとの差異から生まれるので、新奇な不安の方が高く売れるのです。

 冷戦後の世界でのヘゲモニー競争に敗れ、地方を中心に人口も収縮し、かといって思想的なアイデアもすでに汲み尽くされている。そうした状況でいま、生きる以上はけっしてぬぐえない「不安」という、最後のフロンティアのマーケティングが始まっている――。

 寂しくともそれが、「昭和末期」をダウングレードさせた平成の終わりの風景です。
 繁栄を装って目をふさぐのではなく、衰退を見据えた上でこの根源的な不安を治癒する道を探ることが、次の時代への課題としていま、求められていると思います。

現代ビジネス、2018.11.23
平成の終わりは、昭和末期の「劣化コピー」である〜ループする衰亡史
「不安の商人」が煽るバブルに要注意

與那覇 潤(*)
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58542

(*)よなは・じゅん
1979年生。東京大学教養学部卒業、同大学院総合文化研究科博士課程をへて、2007年から15年まで地方公立大学准教授として教鞭をとる。博士(学術)。在職時の講義録に『中国化する日本』(文春文庫)、『日本人はなぜ存在するか』(集英社文庫)。その他の著作に『翻訳の政治学』(岩波書店)、『帝国の残影』(NTT出版)など。

posted by fom_club at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本を滅ぼす消費税増税

 まずはイマから5年前の講演録を読むことから考えはじめましょう。
 講演者は菊池英博氏(1936年生まれ、日本金融財政研究所所長)。
 『別冊クライテリオン』(表現者クライテリオン、2018年12月号増刊)「消費増税を凍結せよ」も傍に置くかな、あるいは、菊池氏の次の本も必読かな・・・
・『増税が日本を破壊する』(ダイヤモンド社、2005/11)
・『消費税は0%にできる―負担を減らして社会保障を充実させる経済学』(ダイヤモンド社、2009/7)
・『日本を滅ぼす消費税増税 』(講談社現代新書、2012/11)

 そして、国会でのお話も聴きましょう:
・消費税増税は戦後最も残酷な法律だ!菊池英博 参考人
https://www.youtube.com/watch?v=JH67S3Os1nY

[前略]

日本経済自身のパイを大きくして政府の再分配機能を強化すれば、国民は暮らしが豊かになったと実感できるだろう。

消費税増税はデフレと真逆の政策

 安倍政権が秋に判断するとしている消費税増税は、日本経済に大きなダメージを与えることになる(ヤッホーくん注)。
 日経NEEDやDEMIOSという民間による試算では、消費税増税から5年でGDPが約4〜5%棄損するとされ、電力経済研究所の試算では6.7%も棄損されるとしており、そのマイナスの経済効果は33兆円にも上るとされている。
 しかし、内閣府の試算では経済への影響はほとんどないとされている。
 つまり、政府はいい加減な試算で国民をだまして、とにかく消費税を上げたいと思っているのだ(図1)。

 消費税の家計への影響を具体的に見てみると、復興増税や厚生年金保険料の引き上げなどとあわせて、収入400万円の世帯で28万円も可処分所得が減ってしまう(図2)。

 全世帯で見ると政府は13〜14兆円を家計から召し上げることになる。
 こんなことをすれば一気に景気は悪化し、上昇基調の株価も大暴落する可能性がある。

日本は財政危機ではない

 では、多くの政治家や経済学者がいうように、消費税を増税しなければ日本の国家財政は破綻してしまうのか。
 それは間違いである。
 マクロで見ると日本の金融資産は増えている。しかし、デフレと緊縮財政により、国内での投資が行われず、海外に流出している。

 2000年に134兆円だった海外への資金流出は2011年には257兆円となり、123兆円も増えた。
 これは、国の財政支出が減ったこと、企業や家計が国内でカネを使わなくなったためである。
 デフレ政策をとって、日本でカネを使わせないようにした結果だ。

 では、海外に新たに流出した123兆円はどのように使われているのだろう。
 それは民間による海外への直接投資や証券投資に48兆円が使われ、残りの85兆円程度は政府による米国債の購入に当てられている。

 つまり、デフレで日本の家計や企業が使わなかったカネが、アメリカ国債の買い支えに使われていたのだ。

 緊縮財政をやめて景気をよくして、日本国内で資金が循環するようにしなければならない。
 日本で生み出された富は国民のために使うべきだ。
 アメリカが日本をデフレに誘導し、国内の投資先をなくしてカネを余らせて、アメリカ国債を買い増しさせているといえよう。

 もうひとつ、日本の財政赤字は本当に大変なのかということである。

 一部の政治家や官僚、経済学者は「財政危機だ」と騒ぎたてている。
 しかし、本当の政府や地方の債務は、彼らが騒いでいる金額の約半分だ。
 中央政府の債務は950兆円、地方の債務が190兆円ある。合わせて1000兆円を超し、GDPの2倍に達しているといわれる。
 一方で、中央政府は473兆円の金融資産を持っている。
 地方も83兆円の金融資産を持っている。
 つまり、差し引きで570兆円が中央と地方を合わせた純債務である(図3)。
 彼らがよく危機をあおるために使う「家計にたとえると」という手法で説明すると、年収500万円の人が1083万円の借金を抱えている。しかし、513万円の金融資産を保有しているということだ。
 この家計の純債務は570万円となる。

 つまり、財政危機を煽る人たちは、一方しか見ていない。
 もし本当に危機的な状況ならば日本国債は暴落しているはずだ。
 国際的にも日本の債務は心配ないと思われているのだ。

「小さな政府」は国民を幸せにしない

 最後に、アベノミクスで国民が豊かになれるのか、という点について。
 図4はこの間の各年のOECDにおける財政支出の規模と内訳と貧困率を表したものだ。
 2005年から2007年までの平均で比べてみると、日本は一般サービスや治安関連で最も支出が少ない。
 文化や教育支出も同じだ。
 経済対策や公共投資、保健や社会保障支出はアメリカについで2番目に少ない。
 総額ではOECDで最も支出が少ない国である。
 つまり、日本はすでに世界で最も小さな政府になっているということだ。
 最も政府支出が多い国はフランスで、次がスウェーデンだ。

 それが国民の幸福とどういう関係があるのか。
 スウェーデンは最も貧困率が低く、ついで低いのがフランス。
 逆に最も貧困率が高いのはアメリカで、日本についで2番目に小さな政府の国だ。
 そして世界で最も小さな政府の日本は、アメリカについで2番目に貧困率が高い。

 小泉構造改革で「小さな政府にすれば国民は幸せになる」という幻想が振りまかれた。
 いまだに、自民党や民主党の一部や、みんなの党や維新の会は「小さな政府」といっている。
 しかし、「小さな政府」は国民に幸福をもたらさず、むしろ貧困をもたらすだけだ。

 今、世界の先進国における政治を見渡してみると大きな対立軸が浮かんでくる。
 それは、新自由主義・市場原理主義か、共存共栄の民主主義かという対立だ。
 資本主義のあり方に対する対立である。

 今回の参議院選挙は市場原理主義、新自由主義に別れを告げる選挙にする必要がある(ヤッホーくん注)。

兵庫保険医新聞、2013年7月15日(1724号) ピックアップニュース
第83回評議員会
菊池英博氏特別講演「アベノミクスで国民は豊かになるか」
消費税増税なしで国民は幸せになれる

http://www.hhk.jp/hyogo-hokeni-shinbun/backnumber/2013/0715/070001.php

(ヤッホーくん注)しかし有権者の半分しか投票所に行きませんでした。そして結果は:

 2013年7月21日に実施された参議院選挙の投票率は52.61%だった。
 国の命運を分ける選択への参加権を放棄した国民が約半分もいる。
 選挙に足を運んだ有権者のなかで、自民党と公明党に投票した有権者が、48〜49%だった。
 選挙区選挙と比例代表選挙があるが、両者ともに、自公への投票はほぼ同じ数値だった。
 つまり、半分の国民が選挙に行き、選挙に行った国民の半分が自民か公明に投票した。
 自民と公明が確保した議席は、改選議席の62.6%に達した。
 半分の主権者の半分が自公に投票したということは、全有権者の25%が自公に投票したということである。
 この25%の主権者が組織化され、雨でも晴れでも嵐でも選挙に行くという人びとなのだろう。
 25%の人が結束して同一行動を取ると、政治権力を握ることができる。
 これが日本政治の現状である。
 25%の民意でしか支えられていない政治と言うことができる。


植草一秀の「知られざる真実」、2013年7月27日 (土)
政治の課題は民意と国会議席配分の「ねじれ」解消
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/cat52428428/index.html

(ヤッホーくん注)消費税増税は変だ!やめるべきだ!いやマレーシアのように消費税そのものを廃止すべきだ!

 今度はキャッシュレス決済についての5%還元だ。
 軽減税率の適用や持ち帰り購入軽減など、次々と消費税増税による負担増をごまかすための思いつきが目に余る。
 それなら最初から消費税増税などしなければいいのだ。
 野党第一党の蓮舫立憲民主党副代表はそう批判した。
 野党ならずともそう批判したくなる。

 しかし、その批判はあまい。
 消費税の何が問題か。
 もちろんその逆進性だ。
 しかし、それだけではない。

 消費税の最大の問題点は、いったん消費税が導入されれば、広く、薄く、確実に税収が取れることだ。
 国(財政当局)にとってこんな都合のいい制度はない。
 しかも、いったん導入されれば制度化されて、なくならない。
 あとは、国民が忘れたころに税率を上げればいいだけだ。
 そして、ここからが重要な事であるが、いったん税率を上げたら、たとえ一時的な例外優遇策を認めても、例外優遇策はそのうち必ず
終わる。
 その一方で上がった税率は絶対に下がらない。
 全体としてみれば税収入は確実に増えるのだ
 われわれの税負担は間違いなく増えるのである。
 まさしく、これが国(財務省)のねらい目なのだ。

 「増税しても還元するなら何のための増税か」という蓮舫議員の批判は、一見もっともな批判に聞こえるが、あまい。
 消費税はなくすべきなのだ。
 それが無理でも増税させてはいけないのだ。
 今回の10%引き上げは絶対に許してはいけないのだ。
 消費税の10%引き上げなどとんでもない。
 やれるものならやってみろ。
 国民の怒りを背にして、野党共闘で安倍政権を倒して見せる。
 蓮舫議員はそう啖呵を切るべきなのだ。
 安倍首相は震え上がるに違いない。


天木直人のブログ、2018-11-23
「増税しても還元するなら何のための増税か」という批判はあまい

【格差社会がひどくなる】
 アベは、消費税増税対策として「あらゆる施策を総動員する」と指示。
 バラマキで効果が怪しいものばかり。
 その一方で、財政健全化計画で社会保障を削減する予算を組むという。
 これでは何のための増税かわからない。
 もっとも格差が悪化するやり方だ。

13:17 - 2018年11月21日

posted by fom_club at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

「消費税は社会保障のため不可欠」は大ウソ

2019年10月より10%に引き上げられる消費税。
「社会保障のため消費税は不可欠」と言われてしまえば受け入れざるを得ないと思ってしまいますが、これに異を唱えるのは元国税調査官で作家の大村大次郎さん。
大村さんは自身のメルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』で、そもそも消費税は社会保障になど使われないという衝撃の事実を明かした上で、この税金がいかに欠陥だらけなものかを白日の下に晒しています。

消費税についてもう一度ちゃんと考えてみよう

 先月2018年10月、安倍首相は、来年2019年からの消費税の増税をついに表明しました。
 これに対して、世論はほとんど反対しませんでした。
 国の必死の喧伝が功を奏してか、今となっては、消費税について文句を言う人はあまりいません。
 国のやることには文句ばかり言っている朝日新聞でさえ、社説で「消費税増税やむなし」と書いたほどです。

 私は、なぜ消費税がこれほど国民に受け入れられているのか、不思議でなりません。
 消費税というのは、欠陥だらけの税金なのです。
 それは、税金を専門とする学者の多くがそれを指摘しています。
 御用学者以外の税金学者のほとんどは、消費税に反対しているのではないでしょうか?

 日本人というのは、根の部分で国の指導者を信じ切っているところがあります。
 国の指導者の悪口を言ったり、叩いたりすることは大好きだけれども、根本の部分で、「まあ、少しくらい悪いことをしても、基本的にはちゃんと国のことをやってくれているだろう」というふうに思っているようなのです。

 しかし、財政、税制に関する限り、そういうことは絶対にありえません。
 そもそも二世議員、タレント議員ばかりの政治家が、専門性を要する税金のことについて適切な対応ができるわけはないのです。
 財務官僚は財務官僚で、自分の目先の「安定財源」のことしか考えていません。
 財界は財界で、自分の利益のことしか考えていません。
 つまり、国の指導層の中で、国の将来のことや、社会全体のことを考えて、税制、財政を制度設計している人など、誰もいないのです。

 それは、今の日本の現実を見れば、明らかです。
 少子高齢化は50年前からわかっていたことです。
 待機児童問題は20年前から国民の大問題だったことです。
 が、何十年もの間、誰も適切な手を打っていません。
 国の行く末を揺るがすような大問題が半世紀以上も放置されてきたのです。

消費税は何に使われているのか
「社会保障のため消費税は不可欠」というウソ


 消費税というのは、まずその存在意義そのものについて大きな疑問というか嘘があります。
 消費税が創設されるとき、国は「少子高齢化のために、社会保障費が増大する。そのため、消費税が不可欠」と喧伝しました。
 でも、実際消費税は、社会保障費などにはほとんど使われていないのです。

 では、何に使われたのかというと、大企業や高額所得者の減税の穴埋めに使われたのです。
 それは、消費税導入前と現在の各税目を比較すれば一目瞭然です。
 これは別に私が特別な資料をつかんで発見した事実などではありません。
 国が公表している、誰もが確認することのできるデータから、それが明確にわかるのです。

 消費税が導入されたのは1989年のことです。
 その直後に法人税と所得税があいついで下げられました。
 また消費税が3%から5%に引き上げられたのは、1997年のことです。
 そして、その直後にも法人税と所得税はあいついで下げられました。
 そして法人税のこの減税の対象となったのは大企業であり、また所得税のこの減税の対象となったのは、高額所得者でした。

 所得税の税収は、1991年には26.7兆円以上ありました。
 しかし、2018年には19兆円になっています。
 法人税は1989年には19兆円ありました。
 しかし、2018年には12兆円になっています。
 つまり、所得税と法人税の税収は、この30年の間に、14.7兆円も減っているのです。
 一方、現在の消費税の税収は17.6兆円です。
 つまり、消費税の税収の大半は、所得税と法人税の減税分の穴埋めで使われているのです。
 消費税によって、新たに使えるようになった財源は、わずか3兆円に過ぎないのです。

 この現実は、誰でもすぐに確認できるものです。
 なのに、なぜ、世間の多くが消費税に疑問を持っていないのか、筆者としては不思議でならないのです。
 来年、消費税の増税は決まっていますが、その一方で法人税の減税なども検討されています。
 消費税の増税分が、どういう使われ方をするのか、火を見るより明らかではありませんか?

消費税の廃止が可能な理由
日本の金持ちの税金は欧米の半分以下


 「消費税は、金持ちの減税の穴埋めに使われている」という主張をすると、決まって次のような反論をする人が現れます。
 「日本の金持ちの税金は元が高いのだから、減税されてもいいはずだ」と。
 しかし、これも国の喧伝にまんまとひっかかっています。

 確かに日本の富裕層の税金の「名目上の税率」は、他の欧米諸国に比べると高くなっています。
 しかし、日本の富裕層の税金には様々な抜け穴があって、名目税率は高いのだけれど、実質的な負担税率は驚くほど安くなっているのです。
 むしろ、日本の富裕層は先進国でもっとも税金を払っていないといえるのです。
 わかりやすい例を示しましょう。

主要国の個人所得税の実質負担率(対国民所得比)世界統計白書2012年版より 

・ 日本  :7.2%
・ アメリカ:12.2%
・ イギリス:13.5%
・ ドイツ :12.6%
・ フランス:10.2%

 これは、先進主要国の国民所得に対する個人所得税負担率を示したものです。
 つまり、国民全体の所得のうち、所得課税されているのは何%かを示したものです。
 国民全体の所得税の負担率を示しているといえます。
 実は日本はこれがわずか7.2%です。
 主要国の中では断トツに低いのです。
 アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスはどこもGDP比で10%以上の負担率があります。
 イギリスに至っては13.5%で、日本の約2倍です。

 個人所得税というのは、先進国ではその大半を「高額所得者が負担しているもの」です。
 国民全体の所得税負担率が低いということは、すなわち「高額所得者の負担率が低い」ということを表しているのです。
 これはつまり、日本の富裕層は、先進国の富裕層に比べて断トツで税負担率が低いということなのです。
 日本の富裕層は、名目の税率は高くなっているけれど、実際に負担している額は非常に低くなっているということなのです。

 なぜ日本の金持ちの実際の税負担率が低いかというと、日本の税制では富裕層に関して、様々な抜け穴があるからです。
 株の配当所得の所得税は、どんなに高額であっても15%ですむなど、富裕層には様々な税金の抜け穴があります(一つの会社の大口株主は除く)。

 つまりは、日本の金持ちは、先進国並みの税金を払っていないのです。
 そのしわよせが、消費税となっているのです。
 もし日本の金持ちが、先進国並みの税金を払えば、消費税の増税などまったく必要ないのです。
 というより、消費税の廃止さえ可能なのです。

 そして、消費が細りつづけて格差が広がりつつある日本の現状を見たとき、課税すべきは消費ではないことは明らかです。
 日本の個人金融資産は1,800兆円を超えて、今なお激増して続けているのです。
 その資産の多くは富裕層が持っているのです。
 この肥え太った金持ちに、ちゃんと税金を払ってもらうということが、まず日本で第一に考えなければならない税制方針のはずです。

実質的に世界一高い日本の消費税
「日本は間接税の比率が低い」は本当か?


 ここまで説明しても、まだこういう反論をする方がいるはずです。
「日本は間接税の比率が低い。先進国はどこも間接税をたくさん取っているのだから、日本も間接税の割合を増やすべき」
 しかし、この論も大きな欠陥があるのです。

 確かに、日本の間接税はヨーロッパ諸国に比べれば低いです。
 しかし、日本の場合、公共料金やNHK受信料など「準税金」が非常に高く、国民生活の実態においては、高額の間接税を払っているのと同じ状況になっているのです。
 これはデータとしても明確に表れているのです。

 間接税というのは、税金をモノの値段に上乗せする税金です。
 間接税の最大の欠点というのは、モノの値段が上がる事です。
 それが一番、我々の生活に直結することです。
 もし、間接税を上げても、モノの値段が変わらないのだったら、間接税などいくら上げてもいいわけです。
 つまり、間接税というのは、国民がモノの高さを我慢することによって、間接的に税負担をするという税金なのです。

 となると、間接税というのは物価との関係をセットで考えなくてはなりません。
 もし物価がものすごく低い国だったら、消費税を多少上げても、国民の生活にはそれほど影響はしません。
 でも物価がものすごく高い国だったら、消費税を上げたならば、たちまち国民生活に影響することになります。
 で、日本は物価が高いでしょうか、低いでしょうか?

 日本は、実は世界一物価が高い国なのです。
 世界最大のコンサルティング会社マーサーによる世界の主要都市の2017年の物価ランキングでは、東京は世界第3位となっています。
 1位は、最近まで内乱があり物資が不足しているアンゴラの首都ルアンダであり、2位は経済先進地域ながら人口密度が異常に高い香港です。
 東京は、そういう非常に特殊な地域に次ぐ物価の高さなのです。
 実質的に世界一物価が高いと言っていいでしょう。
 しかも、日本の物価の高さは、昨日今日始まったことではありません。
 ここ数十年の間ずっと、世界のトップに近い位置にいたのです。

 ヨーロッパの先進国は、間接税の税率は確かに高いけれど、物価は日本より安いのです。
 だから、間接税の負担感というのは、日本より小さいのです。
 逆に今の日本の生活というのは、世界最高の間接税を払っているのと同じ負担感だといえるのです。
 つまり、日本の消費税は実質的には世界一高いのと同じことなのです。

 しかし、今の消費税の議論では、全体の物価の負担感は、まったく比較せずに、単に「消費税の税率」だけを比較して「日本は間接税の負担が少ない」などと言っているわけです。
 消費税増税論が、いかに根拠の薄い表面上だけのものであるか、これで理解していただけたのではないでしょうか。

 消費税を上げれば、消費が冷え込みます。
 それは当然のことです。
 実際、今までそうなってきました。
 そして消費が冷え込めば、景気が落ち込みます。
 消費税の導入以来、ずっとその悪循環を繰り返しです。

 日本はデフレで物の値段が上がっていないといわれ続けてきましたが、実は、すでに世界一物価が高いので、これ以上なかなか物価が上がらないのは当たり前のことなのです。
 今の日本経済で問題なのは、デフレという表面的な数値のことではなく、収入が上がっていないのに増税ばかりが続き、消費が先細りしている、それが経済全体に悪影響を及ぼしているということなのです。
 金融緩和や財政投資などで、人為的に金の流れをよくして、一時的に景気をよくしても、本質的な景気回復にはつながらないのです。
 ちゃんと国民生活の実態を踏まえた税制、財政にしなくては、日本はいつまで経っても閉塞感から抜け出せないのです。

消費税の「最大の欠陥」とは
消費税は格差を広げる税金


 そして、消費税の最大の欠陥というのは、格差を広げるということにあります。
 なぜ消費税は格差を広げるのか、簡単に説明しましょう。
 消費税は、何かを消費したときにかかる税金です。
 そして人は生きていく限り、消費をしなければなりません。
 「自分は貧乏だから消費をしない」というわけにはいかないのです。
 そして貧乏人ほど収入に対する消費の比重が大きいものです。

 貧乏人は所得のほとんどを消費に回すので、所得に対する消費税の割合は、限りなく消費税率に近づくことになります。
 たとえば、年収300万円の人は、300万円を全部消費に使うので、消費税を24万円払っていることになります。
 300万円のうちの24万円払っているということは、つまり貧乏人にとって消費税は、所得に8%課税されるのと同じことなのです。

 しかし、金持ちは、所得のうち消費に回す分は少ないものです。
 だから、所得に対する消費税率の割合は非常に小さくなります。
 たとえば1億円の収入がある人が、2,000万円を消費に回し、残りの8,000万円を金融資産に回したとします。
 この人は所得のうち5分の1しか消費に回していないので、所得に対する消費税の課税割合も5分の1です。
 つまり、所得に対する消費税率は、1.6%で済むのです。

 これを普通の税金に置き換えれば、どれだけ不公平なものかがわかるはずです。
 もし、貧乏人は所得に対して8%、金持ちは1.6%しか税金が課せられない、となれば、国民は大反発するはずです。
 しかし、実質的にはそれとまったく同じことをしているのが、消費税なのです。

 「消費税は公平な税金だ。物を買った時に誰にでも同じ率で課せられるし、消費税を払いたくなければ、消費しなければいいだけだ」などという人もいます。
 でも、それこそ意地悪で現実離れした話です。
 人は消費しなくては生きていけません。
 そして、所得が低い人ほど、「消費をしない」という選択肢がありません。
 貯金をする余裕がないから、必然的に収入のほとんどが消費に充てられるわけです。
 貯金という逃げ道のない人を狙ってかける税金、それが消費税なのです。

 税金には本来、所得の再分配の機能があります
 所得の高い人から多くの税金を取り、所得の少ない人に分配する、という機能です。
 経済社会の中で、どうしても生じてしまう様々な矛盾を、それで是正しようということです。
 でも消費税は、所得の再分配と、まったく逆の機能となっています。

 今回の消費税増税において、軽減税率というものが採り入れられます。
 だから、所得の低い人にも配慮している、という体は取られています。
 しかし食料品などが、わずか2%だけ安くなるというような、チャチな軽減税率では、モノの役には立ちません。
 ヨーロッパの間接税は、生活必需品は非課税にするなど、もっと「ちゃんと国民生活のことを考えた税制」になっているのです。

 もし消費税が税収の柱になっていけば、お金持ちはどんどん金持ちになって、貧乏人はどんどん貧乏人になります。
 これは、単なる理論的なことだけではありません。
 思い起こしてみてください。
 格差社会といわれるようになったのは、消費税導入以降のことです。
 消費税導入以前、日本は「一億総中流社会」と言われ、格差が非常に少ない社会だったはずです。
 国民全部が、自分たちのことを中流階級だと思っていたわけです。
 つまり貧しい人がいなかったということです。
 格差が広がったのは、消費税が導入されてからなのです。

 格差社会には、いろんな要因があるので、消費税だけのせいではないけれど、一つの大きな要因であることは間違いないのです。
 税の専門家の間では消費税を導入すれば、貧困層がダメージを受けるということは、当初から言われていたことです。
 税金の常識である「金持ちの負担を多く、貧乏人の負担を少なく」ということにまったく逆行しているのです。
 消費税がこのまま増税されるなら、日本の将来は悲惨なものになります。


MAG2 NEWS、2018.11.20
元国税が暴露。
「消費税は社会保障のため不可欠」が大ウソな理由

大村大次郎(*)
https://www.mag2.com/p/news/377019

(*)おおむら・おおじろう
大阪府出身。10年間の国税局勤務の後、経理事務所などを経て経営コンサルタント、フリーライターに。主な著書に「あらゆる領収書は経費で落とせる」(中央公論新社)「悪の会計学」(双葉社)がある。
posted by fom_club at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弁護士、梓澤和幸先生

 2007年11月26日、弁護士11名、市民9名の陣容で、日刊のネットメディアを発足させた(NPJ《News for the People in Japan》)。
 ネットメディア「ジャンジャン」、週刊金曜日、共同通信が報道してくれたおかげで、多少世に知られるようになったが、マスから見れば、極小の豆粒のような存在だろう。

 だが、志は小さくない。
 闇の中に光を照らすことである。
 なんと言っても、憲法と人権にこだわるのが第一だ。
 これを、「偏るメディア」と言ったスタッフもいる。

 マスメディアは報道が作り出している世間の雰囲気に責任を持っていると思う。
 日本では、イラクやアフガンで力なき女性、老人、子供達に爆弾が降り注ぎ、人の命が日々失われているのに、あたかもそれは、他人事であるかのように受け取られてはいないだろうか。

 イラク戦争開始の日のことを思い出す。
 あの日、市民のデモに参加したある女性は頬につたう涙をぬぐおうともしなかった。
 それは、戦争を始めた人々への憤りを超え、それを食い止めることの出来なかった自分達への悲しみの表現だったのかもしれない。

 もう一つの忘れられぬ光景があった。
 仕事で間に合わなかったのだろう、デモがさしかかった青山の裏通りでタクシーが隊列のそばに止まり、急ぐようにして料金を払うと、女性がハンドバックと一枚のやや大きな紙を取り出した。
 そこには、英語で「NO WAR」と書かれていた。
 女性は、固い意志を表す唇を結んだまま、全く知らないグループの一団に会釈すると、参加していった。

 この人びとはアメリカ、ドイツ、フランス、イギリス、韓国などの国々で100万人、50万人、10万人の人びとが街にあふれたのに比べると、決して多くはなかったが、それでも1万人をこえる人数に達した。
 その参加者は新聞やテレビの報道ではなく、ネットの情報を知って参加してきた人びとであった。

 憲法と人権にこだわる極小メディアとは、マスに二項的に対立する存在ではない。
 それは、本来マスメディアが伝えるべくしてどうしても伝えきれない限界を批判し続け、同時に志あるマスメディアの中の人びとと高い次元でコミュニケートし、真に人びとが知るべき真実に、人びとがアクセスできるようにしようという存在である。
 そのため、NPJでは、今日全国のどこかで憲法の集会がないか、今日どこかの法廷で人権に関わる裁判が行われていないか、に焦点を置きながら、弁護士と市民のネットワーク力が持つ情報収集の力で市民に発信していきたいと考えている。

 ここで私なりの、メディアにかかわる表現の自由論を展開してみたい。

 アメリカでは、はじめ新聞はもっと小さな組織であった。
 印刷機1台しか持たない印刷屋さんの社長が内発する正義感に駆られて、イギリスから来た植民地総督や州政府、連邦政府を批判する論調や情報を継続的に掲載する Journal を出すところから出発した。
 表現の自由はこうした小さな媒体(メディア)の公権力による検閲からの自由、名誉毀損への刑事処罰から解放する理論として構成するところからはじまった。
(《奥平康弘著『表現の自由を求めて』岩波書店1999年》第1章のゼンガー事件の叙述等参照)

 私の理解では、フランス人権宣言やヴァージニア権利章典等にうたわれている市民の自由としての表現の自由とメディアの表現の自由は、統一されて一つのものであった。
 ところが、メディアが大企業化するのと反比例して、メデイアは市民から乖離する。

 いいかえれば、メディアの自由イコール市民の自由としての報道の自由とはいえない時代が到来する。
 マスメディアにとってはただ自分たちの言いたいこと、伝えたいことを紙面や画面に載せていれば、それで自動的に表現の自由を行使しているとはいえない画期が到来したのである。

 私たちのグループがメディア問題を平和や憲法や人権の問題を深刻に体験させられたのは、イラクで拘束された3人の人質を、釈放後、日本に迎えたときのことであった。
 あのとき空港で大メディアの人びとから、救援にあたってきたぼくたちは詰め寄られた。
 空港の記者会見場は興奮気味の記者が大勢だった。

「人質はでてきてあやまるべきではないのか、自己責任論に答えよ」
「体調が悪いといって休んでいる場合か」

 明示、黙示のこうした糾弾、非難に人質と家族はさらされた。

 イラクの民衆が3人を通して訴えたいメッセージはかき消された。

 グループは韓国のオーマイニュース編集部の現場も訪問し、市民メディアが発展したときの影響力も学んだ。

 私はマスに全く絶望しているわけではない。
 その中にあって志高くメディアの公共性を追求し、市民においてその独自の力ではアクセスできない真実に、巨大なネットワークと取材の力量によって接近しようとする人びとがいることを今も確信している。
 その志が蹂躙されそうになるとき、法律事務所の門をたたく記者も少なからずいる。
 私は、出発した極小メディアを弟と表現しよう。
 大メディアの中で呻吟する良心的ジャーナリスト達を兄たちと表現しよう。
 弟が兄を想うように、兄が弟をかばって外敵と闘うように、相互が助け合ってこの社会の主人公である市民の自立・自律を確立することを、遥かなる希望としよう。

 新しいメディアは、メディア不祥事の調査の実績と鋭い語り口で知られる作家 吉岡忍さんをお招きして、創立記念集会を、2008年1月17日に東京は四ツ谷の弘済会館で開く。

 この日は記憶される日になると思う。

 憲法問題や貧困など人権問題に取り組む市民、ジャーナリスト志望者、法律家の卵たる司法修習生、ロースクールの学生、ほかメディア問題や人権問題に関心をお持ちの人々が参加されるようご案内したい。


法学館憲法研究所、2007年12月24日
憲法と人権に「かたよる」メディア
(弁護士、梓澤和幸さん)
http://www.jicl.jp/old/hitokoto/backnumber/20071224_01.html

中島京子『長いお別れ』(文春文庫、2018年3月)

 この本は、記憶力が極端に衰えた父を介護する家族とご本人の10年の物語である。

 妻は看病と日々の生活がもたらす疲労が原因で網膜剥離にまでなってしまい手術のため入院する。
 失明の危険さえあった。

 一方自宅で過ごしていたが、容態が急変した夫が救急車で同じ病院に担ぎ込まれる。
 目の手術後で絶対安静を命じられた妻だが、医師の許可を得たうえで一階下の病棟にいる夫に会いに行く。
 同じベッドに倒れこむようにした女性を妻なのかどうか、夫ははっきりと認識できない。
 記憶も定かではないが自分に優しくしてくれる人、無条件に自分の味方である女性だと夫は無意識の意識で思う。
 そして夫は妻の肩を抱擁する。
 この場面が美しい。

 人はどのような状態であっても、決して侵されない、侵してはならない尊厳がある。
 作家のこの想いは全編に一本の棒のように貫かれている。

 自宅に来てくれるヘルパーさんの人物像が面白い。
 中学校校長の経歴をもつ主人公昇平に先生と呼び掛け、敬意をもってかける言葉に、そう、そのように言ってほしいと言いたくなる。

 女性ヘルパーさんはレスリング部をでて身長172。力持ちの新人だ。
 薬を簡単には飲まないという昇平に認知症が進行しない薬の効能を説明する。
 詳しすぎ、論理的すぎるくらいなところにユーモアが漂う。

「宇田川笑子(ヘルパーさんの名前)には、認知症老人を子ども扱いしたり、何もわからない老人として扱ってはならないという信念があって」という本文のくだりがある。
 への字に口を結んで薬をのまなかった昇平がふと薬を飲んでくれたりする。

 自分で心身をコントロールできない病状に至っている人をどうみるか、どう対応するか、は否応なく介護、看護、医療に取り組む人々の内面を語ってしまうのだ。

 襲ってくる日々の多忙、疲労、戸惑いの中でこればかりはごまかしようがない。

 主人公昇平のいう言葉には、思わず笑いを誘う諧謔がある。
 滞在している孫が何かを探している祖父に声をかける。
「何を探しているの」
「うん、そうだな。あれを持ってきてくれないかな。学校だ」
「学校って。学校は持って来られないよ」
 寒そうに腕をさすっている祖父をみて孫はカーデイガンを渡す。
「おじいちゃん。寒かったんだね。学校じゃなくて、上着がほしかったんだ。」

 症状が進んで意味がよくわからない言葉を発する昇平だが、家族が辛抱強くそれに付き合い暖かみが醸し出される。
 自宅から「帰る」といって戸外に出た父に次女が声をかけた。
「ね。かえろうよ」
「モソにね。そういうところがあって」
 モソ?なんだろう。
「どんどんあろってきて」
 あろうって何?
「そりゃあんた とぼるってことだろ」
 トボトボ歩くってことか。
 症状が進んで意味の通らない言葉が多くなった父に娘は言葉を荒げることもない。
 何か言いたいことがあるのだろう。
 しかしそれが意味の伝わる言葉にならないのだ。

「つながることができないって悲しいね」
 このつぶやきに、父に寄せる尊敬が決して壊れることのない娘の、芯のようなものがあらわれていて心を動かされる。
 これほどまでに自らは老いた親に対していたか。
「しっかりして」と声を励ます自分の母の言葉が聞こえてくるような気がした。

 衰えが進み、周囲がやさしさと尊敬をもって時間をかけて包んでくれるとき。
 それが高齢者にとって受け入れることのできる終末期であり、別れなのだろう。

 この世の中で、介護のために家族の払う身体的、精神的犠牲と経済的負担は決して軽くはない。
 親たちも子どもたちもそのことに恐怖ともいえる不安を抱いている。
 その不安の中にもかすかに見えるわずかな、救い、笑い、幸福感はあるはずだ。
 本書が表現する人物たちの生き方は、それに至る道筋を示してくれるようだ。
 
 この物語は誰かの、どこかの家族の、実際の人生なのだろう。
 それを生きた登場人物と作者に感謝したくなる作品だった。


NPJ《News for the People in Japan》2018年11月7日
オススメ図書
評者 : 梓澤和幸(NPJ代表・弁護士)
http://www.news-pj.net/book/71822

改憲打ち破るペンの力

 戦争と平和や憲法の問題を考えるとき、私の心の底にあるのは私自身の体験です。
 父は群馬県桐生で衣類の小売りをしていましたが、1943年、私が生まれて間もなく出征。
 店は廃業、母は、幼子2人と姑を抱えて、取り置いてあった京呉服を売り食いする生活でした。

家族に戦争の傷

 そのなかで、3歳だった兄の誠一が、防火用水の水を飲んで疫痢にかかって死んでしまったのです。
 中隊本部で電報を聞いた父は卒倒。
 背後に回っていた兵士に受けとめられたといいます。
 この話を初めて聞いたのは小学校4年のときでしたが、笑いながら話したのです。
 古年兵に殴られたことなどと一緒に、軍隊生活への郷愁を思わせる口ぶりでした。

 しかし、1970年代半ば、海水浴の旅の夜、海岸の散歩から宿に帰る途中のかき氷屋で、
「誠一を上野動物園に連れて行ったら喜んでなあ」といったきり、ウオーと号泣。
 慰めを許さない慟哭(どうこく)でした。

 戦争のもたらした傷と悲しみは、どこの家族にもあったのです。

 憲法改正の国民投票になってテレビCMの口当たりのよい改憲論に世の中が流されかけても、梃子(てこ)でも動かないものがある・・・
 それはこうした体験からくるものだと思います。

 同じ体験のない若い世代でも、派遣労働の不安や“保育園落ちた”といった自分の暮らしの生の体験として憲法を感ずることはできる。
 そういう考え方への道を引き出したい、そのように考え、日本ペンクラブ編「憲法についていま私が考えること」を発刊し、2018年12月にもシンポジウムを開きます(*)。

人間的であれば

 作家は、理屈でなく、体験と感性で作品を創ります。
 例えば石川達三の「生きてゐる兵隊」(1938年)は、南京陥落直後の中国に入り戦争の実相を描いた小説です。
 反戦小説ではないのですが、これを読めば、その人が人間的である限り、戦争はだめだとなる。
 発禁処分にされたのは、国が文学の力を恐れたからです。

 私が師と仰ぐ加賀乙彦さんは、
「フィクションでなければ描けない真実がある」と言っています。
 作家の目と言葉の力で今の現実を子細に描く、それを徹底的にやれば権力を揺るがす大きな力を持つと思います。

 今、憲法に関わる問題を避け、排除する空気が、ことに役所や大手メディアに充満しています。
 ペンの力でその空気を打ち破っていきたい。


しんぶん赤旗、2018年11月21日(水)
いま言いたい 2018
日本ペンクラブ平和委員会委員長 梓澤和幸さん(**)
(聞き手・写真 西沢亨子)
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-11-21/2018112101_03_0.html

(*)http://www.azusawa.jp/
 2018年12月3日午後6時45分、東京都文京区の文京シビックホール。
 作家浅田次郎さんや中島京子さん、研究者鹿島健さんらが語り合う。参加費千円(大学生以下無料)で定員300人。
 申し込みはメールで件名を「12月3日イベント申込」とし、名前と申し込み人数、電話番号を記し、日本ペンクラブ事務局(kenpou@japanpen.or.jp)へ。
朝日新聞、2018年11月14日16時30分
日本ペンクラブ平和委員会シンポジウム「憲法と平和」―どう考える9条―
https://digital.asahi.com/articles/DA3S13768875.html?rm=150

(**)あずさわ・かずゆき
 日本ぺンクラブ理事、弁護士。立憲主義回復・国分寺市民連合共同代表。『報道被害』『改憲どう考える緊急事態条項・9条自衛隊明記』ほか。


posted by fom_club at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古都、ハイデルベルク市

 日産自動車の会長だったカルロス・ゴーンと代表取締役のグレッグ・ケリーが東京地検特捜部に逮捕されたのは11月19日のことだった。
 実際の報酬額よりも減額した金額を有価証券報告書に記載したことが理由だという。

 この人物が強欲であることを否定しないが、程度の差こそあれ、新自由主義が蔓延した世界では珍しくない。
 かつて、日本企業の経営者は会社を公然と私物化していた。
 そうした行為は会社全体に広がり、「社用族」という用語も生み出された。
 会社のカネで高級住宅地に自宅を建てた経営者もいた。
 今の経営者が清廉潔白ということはないだろう。

 伝えられるところによると、今回の逮捕には会社の日本人重役とゴーンやケリーとの対立があり、「司法取引」で日本人重役から検察へ情報が提供されたようだ。
 情報を提供した側は自分たちの違法行為は許される。

 ゴーンなどは日本人重役と対立していたと言われている。
 ルノー側は日産との経営統合、あるいは合併を目論み、それに対して日本人重役が反発していると今年2018年の春先には報道されていた。
 ゴーンは今年1月、フランスの下院における公聴会で日産の統合強化に前向きととれるような発言もしていたようだ。

 また、ゴーンにはアメリカから睨まえる要素もあった。
 彼は2014年4月、ロシアでの自動車販売を推進する姿勢を見せていたのだ。

 その2ヶ月前、ロシアの隣国であるウクライナでネオ・ナチによるクーデターでビクトル・ヤヌコビッチ大統領が排除されていたが、ロシアへの関心は失っていない。
 ネオ・ナチを動かしていたのはバラク・オバマ政権だ。

 ゴーンだけでなく、EUの自動車会社はロシアとの関係を強めようとしていた。​2015年9月4日からフォルクスワーゲンはアメリカからの圧力をはねのけ、ロシアでエンジンの生産を始めている​。

 アメリカのEPA(環境保護局)がフォルクスワーゲンが販売している自動車の一部が排ガス規制を不正に回避するためのソフトウエアを搭載していたと発表したのは、その2週間後のことだ。

 ルノーと日産の経営一体化を進めるようにゴーンへ求めていたのはルノーの筆頭株主であるフランス政府だという。
 政府を率いているエマニュエル・マクロン大統領は今年2018年に入り、EU独自の軍事組織を創設するべきだと発言、ドイツのアンゲラ・メルケル首相はその案を支持している。

 1991年にもフランスのフランソワ・ミッテラン大統領とドイツのヘルムート・コール首相は米英からの自立を目指して「ユーロ軍」の実現を訴えたが、この時はアメリカ政府に潰されている
 NATOはアメリカとイギリスの支配層がヨーロッパを支配するために創設した組織であり、その内部にはテロ活動を行う秘密部隊も設置されている。
 EU独自の軍隊を持つと言うことはアメリカ離れを意味するわけで、アメリカやイギリスの支配層は潰しにかかるはずだ。

 アメリカのジョージ・W・ブッシュ政権が2003年にイラクを先制攻撃した際、フランスやドイツはアメリカ政府の命令に従わず、戦争に反対した。
 そのときにフランス大統領だったジャック・シラクはド・ゴール派。

 シャルル・ド・ゴールは大統領だった1962年に殺されかかる。
 その4年後1966年にフランスはNATOの軍事機構から離脱、その翌年にはSHAPE(欧州連合軍最高司令部)をパリを追い出してしまった。

 ニコラ・サルコジが大統領だった2009年にフランスはNATOへ完全復帰するが、ここにきてフランス人やドイツ人はNATOの危険性を再び感じているのかもしれない。

 ゴーン逮捕の背後には世界で展開されている権力抗争が見える。


櫻井ジャーナル、2018.11.22 06:00:06
ゴーン逮捕の背後では独仏とアメリカが権力抗争を繰り広げている
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201811210000/

【何か変だ】
東京地検特捜はゴーンの捜査には熱心だが、甘利明の時も東電経営陣にもなぜ優しい?
ドリル小渕にも最後は優しかったが、教育勅語の柴山文科相の「しば桜の会」にはもっと優しい。
6千万円の宮腰沖縄北方担当相にも優しい。
何よりアベ夫妻には慈愛に満ちている。
アメリカとも大違いです。
15:51 - 2018年11月20日 金子勝

The lights no longer work in the sports hall of Patton Barracks, so building manager Heiko Mueller uses bricks to prop open the doors and let in the sun. It reveals basketball nets with fraying fibres hanging precariously from the walls, blue gym lockers scarred with rust, and mould growing on the shower room floor. The whistle blew on the hall’s last basketball game five years ago.

For nearly 70 years after the second world war, Heidelberg was the US army’s headquarters in Europe, and a Nato command centre. But in 2009 the Pentagon decided to reduce the number of American troops in Europe, including pulling out of the German city entirely. By September 2013, they were all gone.

Their departure stripped Heidelberg of a significant chunk of its identity. It had long been known for its 700-year-old university and 800-year-old castle, but the link with the army had become inescapable: 20,000 soldiers and their associates had lived in a city of only 150,000 people, occupying more than 180 hectares of prime land – roughly the same size as the city’s historical centre.

“There was a lot of fear when the Americans moved out,” says long-term Heidelberger Carmen James. “They were a big employer and part of our way of life.” The mayor, Eckart Wuerzner, predicted the withdrawal would cost the city €50m (£45m) each year, and even flew to Washington DC to persuade the US to change its mind, in vain.

The army’s departure did indeed lead to job losses, and to a fall in trade for shops, restaurants and even energy providers. But over time, the city began to realise that the space left by the army wasn’t just a disaster, but a potential opportunity.

Heidelberg’s university ranked highly for medical and life sciences, and was home to the software multinational SAP. But new graduates would regularly leave for better jobs elsewhere, and the city’s nascent technology sector was having trouble getting off the ground, because it lacked space – for research to be spun out into companies, for startups to expand, and for employees to live affordably.

The departure of the US army changed all of that. One early victory came when a rising young company, Ameria, which develops digital shop floors, was considering leaving – until it was offered space in the former officers’ casino of Patton Barracks. The new digs suited it, and in 2021 it will move into new offices that connect to pop-up shops where it can test ideas on customers.

“There was no space like this in Heidelberg, or anywhere really,” says Ameria’s Johannes Troeger. “Innovation needs space, and the former Patton Barracks are the space to create a vibrant community of startups, established companies and corporations.”

The US withdrawal also came just before the global migrant crisis, when hundreds of thousands of refugees arrived in Germany. Many cities struggled to accommodate the new arrivals – but Heidelberg had Patrick Henry Village, a 100-hectare site that once housed 16,000 soldiers.

It became the registration centre for all refugees to the state of Baden-Württemberg. Twice as many refugees have since come through the site than there are residents in Heidelberg, and the city has become a testing ground for solutions to Germany’s integration challenge.

Something seems to be working: fewer than 5% of Heidelbergers consider migration a major problem, and no difference has been observed in school attainment between refugees and locals.

A project called Weltliga brings together locals and refugees for a free game of football every Tuesday at 3pm.

“Last year we had more than 100 players every week,” says Benedict Bechtel, who runs the programme. Today there are fewer than 20. “Most of the guys are now busy at 3pm,” he explains, gesturing to the game on the artificial pitch behind him. “They are working or taking classes or seeing friends.”

The city’s openness to migration and innovation has convinced an incubator fund that backs refugees’ business ideas to move there from Amsterdam this month. R Ventures Foundation hopes that establishing refugee-led companies will help to change perceptions of refugees from “job stealers” to “job creators”.

“From being known as a city of thinkers, Heidelberg is becoming a city of doers,” says founder Archish Mittal. “I believe it is only a matter of time until it is known globally as the city of innovation.”

That concept has become the cornerstone of Heidelberg’s post-army identity. The city has recently struck partnerships with Palo Alto and Hangzhou, two of the world’s leading tech cities, and attracted three of China’s biggest technology parks to the city.

The mayor’s early fears are gradually giving way to a more bullish optimism. “We are in the perfect location to connect the Googles of the west with the Alibabas of the east,” Wuerzner says.

Fewer than 30,000 American soldiers remain in Europe, and further withdrawals are expected following US president Donald Trump’s comments about Nato contributions from Europe. Not all towns facing a military drawdown have assets like Heidelberg’s university, but the city’s experience shows that withdrawal can be an opportunity not only to build new developments, but a new identity.

Meanwhile, the bulldozers have arrived at Patton Barracks, where over the next two years the bunk beds, casino, discotheque and theatre will be gutted and transformed into the Heidelberg Innovation Park, with new offices and so-called smart city additions such as streetlights that act as wifi hubs and can monitor traffic.

Mueller, the building manager, kicks away the brick holding open the door to the sports hall and locks it. “This is one of the last chances to enter this site,” he says. “And this site is a big chance for Heidelberg.”


[photo-1] Different times ... US soldiers stand guard at the entrance of the US Campbell Barracks in Heidelberg in 2002.

[photo-2] The rotting Patton Barracks basketball court.

[photo-3] Beds in the former officers’ mess at Patrick Henry Village refugee centre, which once housed 16,000 soldiers.

[photo-4] Children play basketball at Patrick Henry Village refugee centre in 2015.

[photo-5] Nature reclaims a bus stop once used to ferry soldiers around the Patton Barracks.

The Guardian Cities, Last modified on Thu 4 Oct 2018 15.04 BST
'There was a lot of fear': how Heidelberg changed when the US army left town

As the US army reduces its Nato presence in Europe, one German city turned all those now-empty buildings into an opportunity – but can it work elsewhere?

By Matt Pickles
https://www.theguardian.com/cities/2018/sep/27/there-was-a-lot-of-fear-how-heidelberg-changed-when-the-us-army-nato-left-town

* "Cities" is supported by Rockefeller Foundation

アフガン戦争 重要な役割

 ドイツ有数の古都、ハイデルベルク市を訪ねた。
 大規模な空襲を免れ、古い町並みが残る中心部は観光客が行き交っていた。
 市郊外にあった米軍基地は2014年、撤退が完了した。
「新たなまちづくりに向け、市民と議論を深めているさなかだ」
 米側から返還された跡地の利用計画を統括する市のウォルフガング・ポリフカ担当局長は力を込めた。

 米欧州陸軍司令部も置かれていた基地の跡地は5ヶ所で計約180ヘクタール。
 企業や教育機関の誘致、不足している若い世代向けの住宅整備…。
 市が描く開発の青写真には未来志向のプランが並ぶ。
 工事が本格化している跡地の一つでは、既に兵舎を転用した住宅に約100世帯が入っていた。

撤退前8000人駐留

 市と米軍の関係は、終戦直後の占領期から約70年近くに及んだ。
 撤退前、人口約15万人の市に約8千人が駐留していた。
 米軍機による騒音問題はなかったという。
 市内には、米ジャズ歌手ビリー・ホリデイの名前を付けた通りなど駐留の名残もあり、良好だった関係をうかがわせた。

 ポリフカ担当局長は、
「跡地開発で米国とハイデルベルクの友好の記録を残したい」と語った。

「市は基地の暗い、負の側面にも目を向ける必要がある」と指摘する人もいた。
 ベルリン在住のアーティスト、フェリックス・マイヤークリスチャンさん(38)。
 基地の撤退が完了した2014年と翌2015年、跡地で、駐留の記憶をテーマにした映像やダンスパフォーマンスなどのインスタレーション(空間芸術)を手掛けた。

 作品では、2001年の米中枢同時テロ後のアフガニスタン戦争を取り上げた。
 米英主体の多国籍軍が攻撃し、欧州の駐留米軍も現地に送り込まれた。
 自らアフガンに出向き、住民をインタビューして回った。
「外から来た軍隊が市民を殺しているじゃないか」
 現地では過激派組織との戦闘が今も続き、市民が巻き込まれる事態が相次ぐ。
 駐留軍に厳しいまなざしを向ける住民の声を作品に盛り込んだ。

暴力性に加担

 米欧州陸軍は湾岸戦争やイラク戦争にも兵力を投入し、重要な役割を担った。
 ハイデルベルク基地の司令部が、その中枢だった。
 マイヤークリスチャンさんは言う。

「市は基地から多大な恩恵を受けてきた。だからこそ、『世界のスーパーパワー』である米軍の暴力性に地域が加担していたことも忘れてはならない」

 昨年2017年11月。
 日本海に、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を母港にする原子力空母ロナルド・レーガンが展開した。
 別の空母2隻との異例の3隻態勢で、挑発行動を重ねていた北朝鮮をけん制した。

 その艦載機約60機は2018年3月末、厚木基地(神奈川県)から岩国基地(岩国市)への移転を完了した。
 アジア太平洋地域の米軍戦略と沖縄の基地負担軽減が一体となった在日米軍再編。
 その中で岩国基地は極東最大級の基地へと変貌した。

 岩国基地もかつて朝鮮戦争、ベトナム戦争の出撃拠点となった。
 今後、どんな「派兵の歴史」を刻むことになるのか。
 ハイデルベルク市の基地跡地には、その歴史を消し去るように、つち音が響いていた。


中國新聞・朝刊、2018年5月25日
「派兵の歴史」忘却 懸念
(明知隼二)
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=82770

posted by fom_club at 08:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

マーレッド・マグワイヤー

Dear Friends,

It is good to be here with you all. I would like to thank the organizers for inviting me to address the conference and to be present to support the call to close all US/Nato Bases. Firstly I thank you for your work for peace. It is good that we will have an opportunity in the next few days to get to know each other and together discuss what kind of a world we want to live in?

There will be many different perspectives on this and the way forward, but let us agree to respect each other and to engage in deep listening and conversation no matter how hard and where the dialogue might take us!

Let us be encouraged by the fact that we have made an important first step when we agree to enter into dialogue, and when we agree that Peace is both the means and the great achievable gift. It would be wonderful too no matter what area of social/political change we work in, if we can unite on a shared vision of a demilitarized world and find strength in agreeing we will not limit ourselves to civilizing and slowing down militarism, but demanding its total abolition.

Some people might argue that Peace is not possible in such a highly militarized world. However, I believe that Peace is both possible and urgent. It is achievable when we each become impassioned about peace and filled with an ethic that makes peace our objective and we each put into practice our moral sense of political/social responsibility to build peace and justice.

To build peace we are challenged to reject the bomb the bullet and all the techniques of violence. Unfortunately, we are constantly bombarded with the glorification of militarism and war so building a culture of Peace and nonviolence will not be an easy task. We are hearing about the building of a European Army and we are asked to accept austerity and budgets cuts to our health and education, etc., whilst increasing money to our own armies and also European Military expansion.

The North Atlantic Treaty Organization (NATO) which should have been disbanded when the Warsaw Pact was dissolved, continue to carry out wars and proxy wars in many countries, pushing towards the borders of Russia, and resurrecting a cold war between the East and West. I believe that NATO should be disbanded and should be made accountable and make restitution, to the millions of people in countries such as Afghanistan, Iraq, Libya, and many others it has illegally attacked, invaded, destroyed. We will never be allowed by our Governments, or our mainstream media, to hear the stories of the lives of so many civilians killed by US/NATO forces. NATO forces has targeted and assassinated individuals, and entire families. It is to all our shame in the International community, that their illegal criminal acts of horror and bloodletting which embodies the comeback of barbarism, is allowed to continue. NATO should be brought before the International Criminal Court for war crimes.

It would be all too easy to point fingers and play the blame game but unless we all take responsibility for the highly dangerous militarised situation with which we are faced in the world today, things will not get better. Ireland with the militarization of its Foreign and Defence Policy, I feel has been unfaithful to the Irish peoples’ wish for a Neutral State and worse been complicit by accommodating illegal wars. Ireland’s peace activists have been peacefully protesting US military use of Irish airports whereby over two and a half million armed US troops have passed through Shannon airport on their way to and from the US-led Afghan and Iraq wars. I believe Ireland should refuse permission to any further stopover and refuelling facilities being granted to aeroplanes ferrying troops or munitions to the wars and also withdraw Irish participation from all NATO and EU military operations overseas.

Ireland is deeply admired in many countries and has a proud record in helping developing countries. Their role as mediators and peace negotiators is well known. I would like to propose that Ireland disband their Army and focus their finance and people on developing their great expertise in the Science of Peacemaking through a Government Dept. of Peace. Recommitting to its tradition of neutrality and multi-lateralism, placing ethics, morality and justice as core values at the heart of its Foreign Policy would send out a clear message of the Irish Government rejecting the road of militarism and war and choosing the road of peace and reconciliation, both locally and internationally.

For Humanity’s survival, through a reformed United Nations, we need to move to General and Complete Disarmament – including nuclear weapons. This is not an impossible dream. I commend the Irish Government in their work at the United Nations to work for Nuclear Disarmament. I believe we can take hope from Pope Francis’ statement after pointing out the dangers of nuclear weapons, he says the ‚’the threat of their use, as well as their very possession, is to be firmly condemned“

And the Pope quotes as an example the,
’’ historic vote at the UN the majority of the members of the International community determined that nuclear weapons are not only immoral but also must be considered an illegal means of warfare.’

It is to be hoped that the USA, Russia, UK, Israel and other nuclear-armed states will begin to dismantle their nuclear weapons and help turn back the hands of the doomsday clock. Up to the end of l96l at the United Nations, General and complete disarmament was the aim of all governments. In a joint Soviet-United states statement of 20th September, l961 they stated:
’the goal of negotiations is to achieve agreement on a programme which will ensure that disarmament is general and complete and war is no longer an instrument for settling international problems’.

Let us unite our voices to call for an end to enmity and war, and for President Trump and President Putin to join together with all world leaders in a World Peace Conference to work for an agreed Programme of General and Complete Disarmament. Such courageous Leadership towards dialogue and disarmament would give hope to humanity.


November 16-18 – 2018 Dublin, Ireland

Mairead Maguire, Nobel Peace Laureate Speech at The International Conference Against US/Nato Military Bases

http://www.peacepeople.com/abolish-militarism-and-war/

posted by fom_club at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米軍の在外兵力

 米軍の在外兵力が2016年9月末時点で20万人を割り込み、過去60年間で最低を記録しました。
 米調査機関ピュー・リサーチ・センターが米国防総省の統計資料を集計し、2017年8月22日に調査結果を公表しました。

 それによると、2016年の米陸海空・海兵隊の現役兵士数は約130万人。
 うち15%に当たる19万3442人が国外に展開中でした。
 これは統計データが残っている1957年以降で最低の水準です。
 第2次世界大戦を前後して米国は地球規模の「基地網」をはりめぐらせましたが、縮小傾向が続いていることが明らかになりました。

 駐留先の国別では日本が3万8818人で最多。
 「思いやり予算」など日本政府による駐留経費負担や基地の自由使用など、米軍にとって“居心地の良さ”が背景にあるとみられます。
 次いでドイツ(3万4602人)と韓国(2万4189人)が多く、上位3ヶ国で在外兵力の半数近くを占めています。

 過去60年間で在外兵力が最も多かったのはベトナム戦争時で、1968年には54万人近くがベトナムに展開していました。
 2001年から続く米軍の「対テロ」先制攻撃戦争の主戦場であるアフガニスタンでは2011年の約8万人、イラクでは2007年の約22万人が最多でした。
 2016年時点でアフガンに9023人、イラクに4626人が依然として駐留しています。

米軍の海外兵力.jpg

海外基地「もはや資産ではない」
基地強化すすめる日本 世界に逆行


 米軍の在外兵力は縮小の一途をたどって20万人を切り、過去60年間で最少となりました。
 米軍を海外に常駐・展開させる「前方展開戦略」については、米国内でも「もはや時代遅れ」との見方が相次いでいます。

 米誌『フォーリン・アフェアーズ』電子版2017年7月25日付は、「海外基地はもはや戦略的資産ではない」とする米シンクタンク・ケイトー研究所員の論評を掲載。
 海外基地を合理化する際、頻繁に持ち出される「抑止力」論について、実際には何の効果もないどころか、敵の近くに基地を置くことで「恐怖を呼び起こし、対抗行動を誘発しかねない」として、不必要な紛争を引き起こす要因になる可能性を指摘しています。
 さらに、日本を含む北東アジアの航空基地の90%以上が中国の弾道ミサイルの射程内にあるとして、海外基地は「優先度の高い標的になりうる」と述べています。

 また、ランド研究所は、軍事技術の進歩により、「軽度の陸上部隊なら、米国からどの地域へも、地域内から空輸するのと同じ早さで空輸できる」と述べ、軍事戦略上も海外に兵力を張り付ける必要性は低下しているとの見方を示しています。

 沖縄県名護市辺野古での米軍新基地をはじめ3兆円規模の税金を投入しての基地強化や、「思いやり予算」など米軍駐留経費の約7割を負担している日本政府は、こうした流れに完全に逆行しています。
 周辺国の射程圏内にほぼ収まったことで、軍事戦略上もぜい弱性が強まっている在日米軍を、「抑止力」だと信じて、わざわざ引き留めているのです。

 そもそも、ある国が他の主権国家に軍隊を置き続けること自体が異常な主権侵害です。
 多くの国の国民がそのことに気づき、米軍撤退を求める声が高まったことが、戦後、米軍の海外兵力が縮小していった最大の要因です。
 日本政府は、これだけの米軍がいることが「異常」だという認識を持つところから出発する必要があります。


しんぶん赤旗、2017年8月27日(日)
在外米軍 過去60年で最少
昨年2016年9月末 日本駐留 国別で最多

(竹下岳)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-08-27/2017082701_03_1.html

 米国が国外に置く全米軍基地とNATO基地の撤退を求める国際会議が、現地時間の2018年11月16日、アイルランドの首都ダブリンで始まった。

 沖縄と同じく環境汚染や騒音被害などの米軍基地問題を抱える世界約30の国と地域から約230人が参加した。

 開会式で「米軍とNATOが主導する戦争により地球規模の環境破壊と健康被害が引き起こされてきた」とし、全世界から米軍、NATO基地を撤去することを提起する共同宣言を発表した。

 会議は、米軍基地問題に取り組む各国の市民団体が加盟する国際組織「全世界の米軍基地・NATO基地の閉鎖を求めるグローバルキャンペーン」が主催。
 会議2日目の17日には、沖縄の米軍基地に関する討論も開かれる。
 代表者の一人、米国人のバーマン・アザットさんは取材に、
「日本では、沖縄の人びとが孤立の闘いを強いられていると聞いている。同じような問題は地球規模で起きている。国を超えた連帯によって解決したい。沖縄の人々には、世界が味方に付いていると伝えたい」と話した。

 初日の会議では、北アイルランド問題の平和的解決に取り組み、ノーベル平和賞を受賞したマーレッド・マグワイヤーさんが、
「戦争犯罪を許さず、政治的中立を堅持するアイルランドから米軍とNATOの軍備拡張を止め、非暴力による平和的社会の実現を目指そう」と訴えた。

 沖縄平和運動センターの山城博治議長が17日、沖縄の現状を訴える予定だったが、健康状態が懸念されたため欠席。
 新基地建設などへの抗議活動で威力業務妨害などの罪に問われ、現在控訴中の稲葉博さんが出席する。

 開会式に先立ち、デモ行進が行われた。


[写真]「沖縄に新基地は作らせない」と訴えるデモ参加者ら=16日、アイルランドのダブリン

琉球新報、2018年11月18日 05:00
「世界の米軍基地撤去を」
アイルランドで国際会議開幕
「沖縄」も討論へ

(大矢英代通信員)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-835891.html

 広く海外に目を向ければ、米軍基地に対する沖縄の闘いは決して孤立していないことに気付く。

 米国が国外に置く全米軍基地とNATO(北大西洋条約機構)基地の撤退を求める国際会議がアイルランドの首都ダブリンで開かれた。
 沖縄の米軍基地問題も取り上げられ、辺野古新基地反対運動の先頭に立つ稲葉博さんが「世界の人たちと手を取り合えば、必ずこの闘いに勝てる」と訴えた。
 同じような闘いをしている世界の人々を前に、意を強くしたに違いない。

 会議には沖縄と同様に環境汚染や騒音被害など米軍基地問題を抱える世界約30の国と地域から約230人が参加し、全世界から米軍、NATO基地の撤去を求める共同宣言を発表した。

 北アイルランド問題の平和的解決に取り組み、ノーベル平和賞を受賞したマーレッド・マグワイヤーさんは、
「アイルランドから米軍とNATOの軍備拡張を止め、非暴力による平和的社会の実現を目指そう」と呼び掛けた。
 共同宣言とともにこの言葉は、沖縄の闘いと共鳴する。

 主催者代表の一人、米国人のバーマン・アザットさんによる
「沖縄の人々には、世界が味方に付いていると伝えたい」との言葉も県民に希望を与えてくれる。

 玉城デニー知事は、「辺野古が唯一」を繰り返す日米両政府を動かそうと米国の世論だけでなく、国際世論への訴えも重視する。
 知事の協力呼び掛けに世界の県系人が呼応し、辺野古新基地反対を支持する声明を発表した。

 玉城知事は訪米中、首都ワシントンよりも先にニューヨークの国連本部を訪れ、中満泉事務次長に「沖縄を平和の緩衝地帯にしたい」と訴えた。
 沖縄の基地問題を動かすには国際世論の動向も鍵を握る。

 今回、国際会議が開かれた欧州は人権意識が高い。
 スコットランドやカタルーニャなど自己決定権を行使している地域も多く存在する。

 沖縄で起きている問題は安全保障の問題というよりも、自己決定権や人権の問題である。
 その認識を基に、翁長雄志前知事が2015年にスイスの国連人権理事会で演説し、「沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされている」と訴えた経緯がある。

 これまでスイスの国連機関は沖縄の基地問題に対し「現代的な形の人種差別」と認定するなど日本政府に何度も改善を勧告してきた。
 人権に対するメディアの意識も高い。
 そうした欧州メディアへのアピールや、国連機関への働き掛け、ロビー活動などは沖縄の闘いにとって有効だろう。

 欧州の世論が高まれば、米国の世論も反応せざるを得なくなる状況が生まれる。
 国際世論を味方にするには欧州は近道かもしれない。

 その意味でも今回、欧州での国際会議で基地問題を抱える世界の人々と連帯を確認したのは有意義だ。


琉球新報・社説、2018年11月20日 06:01
ダブリン国際会議
新基地反対で連帯したい

https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-836630.html

posted by fom_club at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

鉛による大気汚染とダイオキシン類による油症事件

 ヤッホーくんが11月18日、神宮外苑のイチョウ並木から歩いて通った「市谷柳町」交差点・・・
 もう大分ムカシのことですよね、あんなこと、こんなことありましたぁ〜 大気汚染に公害・・・

1965(昭和40)年制作/テレビ番組 ドライバーの門
https://www.youtube.com/watch?v=OBOQew0FlPc

[1970(昭和45)年7月] 中日ニュース No.859 2「排気ガスの恐怖」
https://www.youtube.com/watch?v=zLhgO7mDnTI

 自動車時代の到来とともに、自動車排出ガス中に含まれている「鉛」で、環境大気の汚染がおこり、やがては人体にも悪影響を与えるのではないかということは、大気汚染の原因となっている浮遊粉じんに含まれている金属、例えば、マンガン、クロムなどとともに、関係者の間では十分予測されていた。
 厚生省はじめ各関係機関では、その防止対策を進めるうえで必要な各種の調査研究を進めてきた。

 そこへ降ってわいたのが、東京都新宿区牛込柳町の鉛害事件であった。
 この事件は、東京都文京医療生活協同組合医師団が牛込柳町交差点周辺の住民62名の健康診断を行なったところ、そのうち13名は鉛関係作業従事者が、鉛中毒者として業務上の疾病としての認定基準のひとつ、すなわち血中鉛量が60μg/dl以上あったことなどの成績を新聞記者団に発表し、自動車排出ガス中の鉛をその原因としたことに端を発している。

 この医師団の発表は、各方面に大きな衝撃を与えるとともに、マスコミのキャンペーンとあいまって、鉛害防止対策を早急に強力に推進することが現下の急務であるというふんいきが広く醸成されてきた。

公衆衛生 34巻9号 (1970年9月)、発行日 1970年9月15日 
鉛による大気汚染の防止対策について
牛込柳町鉛害事件と関連して

T. H
https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.11477/mf.1401204142

 1970年4月に牛込柳町で行われた集団検診の結果、 ガソリンに含まれる鉛が社会的に問題となり、 ガソリンの無鉛化が求められることとなった。
 その一方で、 鉛自身の人体に対する影響だけでなく、 排気ガスの浄化に非常に重要な触媒コンバータに対して、 ガソリンに含まれる鉛が悪影響を与えることが明らかとなっていった。
 達成基準の厳しさで知られるマスキー法や、 日本で実施された世界でもっとも厳しいといわれ た 「78年規制」 を達成するためには、 それ以前と異なる技術が必要とされた。
 下川浩一教授(法政大学名誉教授)が指摘するように、 この時になされた技術開発が、 自動車メーカーの技術を、 機械系中心のものから冶金や素材、 化学、 電子などのより幅広くかつより根源的な技術体系へと変化させる結果をもたらし、 そのことが、 以降の自動車技術開発におけるハイテク技術の応用と展開を容易にした。
 また、 この厳しい規制をクリアすることにより、 日本車の国際競争力が確立し、 それが80年代以降の躍進につながったことは、 多くの研究で指摘されている。
 この規制をクリアするための基礎的技術となり、 現在も採用されている技術が、 触媒方式である。
 トヨタ自動車工業や日産自動車は、 排ガス規制の強化という問題を、 触媒方式の採用によってクリアしていった。
 この触媒方式の採用のためには、 化学、 電子などの技術が要請された。
 すなわち、 自動車メーカーの技術体系を変化させる直接の契機となったのは、 排ガス浄化装置としての触媒方式の採用であった。
 そして、 この触媒方式を採用するためには、 ガソリンの無鉛化は必須の条件であった。

 以上のように、 自動車産業史における、 ガソリンの無鉛化の重要性は、 これまでも指摘されてきた。
 その一方で、 無鉛化の経緯について詳述した研究は管見の限り存在しない。
 そのため、 本稿でその経緯を検討することは、 産業史、 環境史的研究に厚みを与えるという点で意義を有すると思われる。

 同時に、 本稿では、 通産省のガソリンの無鉛化に対する役割について、 検討を行う。
 後に詳述するように、 通産省は行政指導を行うことによって、 規制的側面と支援的側面からガソリンの無鉛化を推進していった。
 ガソリン無鉛化に対する通産省の政策は、 結果的に、 山崎修嗣教授(広島大学大学院総合科学研究科)が指摘するように、 市場変化の方向を先取りすることにより、 中長期的な国際競争力を強化させる働きをもったといえよう。

 その一方、 ガソリン無鉛化対策には、 行政指導という方法ゆえの、 メリッ ト、 デメリットが存在した。
 この点を考慮に入れ、 通産省の無鉛化対策について検討することは、 産業政策史研究における、 通産省の産業政策について、 1つのケースを提供することになろう。


九州大学学術情報リポジトリ
日本におけるガソリン無鉛化の経緯と通産省の役割
板垣 暁、東京大学大学院
https://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/opac_download_md/4257/coal22_hp001.pdf

 ところで今年2018年より半世紀も前のお話ですが・・・

映画『食卓の肖像』予告編 (カネミ油症ドキュメンタリー)
https://www.youtube.com/watch?v=SARtGYeijw8

 長崎県五島市の奈留島に暮らす木本武明(65)=仮名=は最近気付いた。

「自分はカネミ油症ではないか」

 無数の吹き出物や黒いにきび、倦怠(けんたい)感など典型的な症状に悩んできたが、油症とは思っていなかったという。
 1968年発覚の油症事件。
 なぜ50年もたって新たな被害者が現れるのか。被害はどのように埋もれてきたのか。
 生まれ育った島の集落を一緒に歩き、話を聞いた。

◆  ◆

 2018年11月18日午前、海沿いに家屋が並ぶ小集落。
「ここがね、店だったんです」
 路地を抜けた先で立ち止まり、空き地を指さした。

「店に入って左に量り売りの油やしょうゆがあった。客が持ち込んだ一升瓶に店のおばさんが一斗缶から油を入れてくれた」
 おばさんは親戚で、木本の実家は目と鼻の先。
 中学3年当時、油を買いに行くのが役目だった。
 それから半世紀が過ぎた。

 木本は1週間ほど前、市の広報誌を見て「あっ」と声を上げたという。
 油症発生50年を伝える特集ページに掲載された一斗缶の写真が、あの店のものと同じ形状だったからだ。

 数日後、知り合いの油症患者の男性に「俺もカネミ油を食ったらしい」と明かした。
 男性が語る吹き出物など特有の症状は、木本が経験してきた症状と一致した。
「やっぱり俺も患者か」
 止まっていた時計の針が、ようやく動き始めた。

 集落で木本は声を潜め、
「ここには認定患者が一人もいない。油症検診を受けた人も聞いたことがない。でも突然髪の毛が抜けた人はいた」と話す。
 汚染油はここでも売られた可能性がある。
 住民にも異変があった。
 だが“患者ゼロ”という奇妙な状況。

 通り掛かった集落の高齢女性に話し掛けると、こう語った。
「ここの人にカネミはおらん。食べとらんとは言い切れんが何も症状は出てません。私は足の骨が変形したけど体の使いすぎやろ」
 集落に嫁いできてから食料品は、商店や移動販売車で購入。
 検診を受けたことはない。
「カネミの話はずっと知っとるけど人ごとみたいなもんですよ」
 そう語り、背を向けた。

 女性の「何も症状は出てません」という言葉。
 「症状」とは何を指すのか。
 木本は、
「黒い赤ちゃん、背中にびっしりの吹き出物、爪の変形。それくらいかな」と推測する。
 つまり、この集落では、そういった症状しか油症と結び付かなかったというのだ。

 木本は、重篤な皮膚症状が出て島内で受診した際、医者に「体質」と言われ、渋々受け入れた。
 だが今は違う。
「患者が一人もおらんって。どんな冗談だよ」
 苦々しい表情を浮かべた。

「病院でおできを何度も切開したけど、医者は『体質』と言うから。その頃は親を恨んだよ。何で俺だけこんな体に生んだんだって」−。
 半世紀を経て、カネミ油症の患者だと気付いた五島市奈留島の木本武明(65)=仮名=は、かたくなに油症被害を否定する集落で育った。

 1968年春。
 当時15歳の木本は中学卒業後、漁業関係の仕事に就いた。
 間もなく、尻や太ももなど下半身に大きいもので7〜8センチの吹き出物が現れ、破れて化膿(かのう)した。
 仕事で着る雨がっぱや漁網が吹き出物に当たると激痛が走った。
 頬や背中には先端が黒いにきびができ、つぶすと白っぽい膿(うみ)が飛び出た。
 指先は風に吹かれただけでうずき、仕事にならないほどの倦怠(けんたい)感が襲う日もあった。

 母親は「毒消しに」と、ごぼうを使ったきんぴらを作ってくれた。
「でも、それを作る油だってカネミだった。ぞっとするよ」
 吹き出物の症状は悪化。
 病院に行くのも恥ずかしく、焼いた針で自ら次々に破って膿を出した。
 傷だらけの体では痛くて風呂に漬かることもできず、仕事で汚れた体のまま、泣いた。
 吹き出物は何度も何度も現れた。

 カネミ油症は同年1968年10月に新聞報道で発覚。
 集落にも後になって情報が入ってきた。
 ある時、急に髪の毛が抜けた男性を見掛け、母に伝えると「あの油のせい。あんたも食べた」と教えられた。
 だが「症状が出る人と出ない人がいるんだ」と思った程度で、吹き出物と油症が結び付くことはなかった。

「狭い地域だから油症検診を受ければ、すぐ『金目当て』とか言われる。それは怖い」
 しかし集落には木本の父親を含め、背中に吹き出物ができた男性が何人もいた。

 木本は20代半ばで別の集落出身の妻と結婚。
 その集落も「患者は一人も出ていない」が、妻は若い頃から体調不良が続く。
 長引く微熱や倦怠感、内臓にも複数の疾患を抱え、医師に「まれに見る特異体質」と言われた。
 もしかしたら妻も−。
 そんな疑念は拭えない。

 心配は子にも及ぶ。
 息子は難産で、“黒い赤ちゃん”ではなかったが、仮死状態で生まれた。
「油症のことは、そのうち子どもに伝えようと思います。原因不明の病気になった時、親の影響かもしれないと医者に言えるじゃないですか」

 自分が油症ではないかと思い始めたこの1週間ほど、木本はどんなことを考えていたのか。
「やっぱり当時の奈留町の偉い人、医者たちに腹が立つ。玉之浦でも奈留でもカネミで大騒ぎになっているのに、住民に正確な情報を伝えなかった」
 来年の油症検診は受けるつもりだが、原因のダイオキシン類などは体内からかなり排出されたかもしれない。

「認定されなければどうしますか」と尋ねると、木本は海を見つめ、静かにこう答えた。
「あと10年、20年生きるか分からないけど、墓場まで持って行く。時間がもったいないから、好きなことをして自分の時間を生きますよ」


長崎新聞、11/20(火) 17:03配信
生きて カネミ油症50年の証言
<埋もれた被害者> “ゼロ”の集落「俺も患者か」
症状重くとも検診受けづらく 正確な情報伝わらず

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000008-nagasaki-l42

posted by fom_club at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外国人技能実習生の失踪データの誤り

 外国人労働者の受け入れを拡大するため、安倍晋三政権は入管法を改定しようと目論んでいるが、その過程で発表された労働状況の実態を調べた聴取票の集計結果に誤りがあった。
 意図的だったかミスだったかは心の問題で不明だが、項目も数字も違っていることは確かである。

 日本の官僚システムの中で公文書の改竄が横行している疑いは濃厚だ。
 その一例が財務省による森友学園への国有地売却に関する決済文書の改竄。
 これを「書き換え」と言い換えても実態に変化はない。
 改竄は改竄である。

 森友学園の問題では、国税庁長官だった佐川宣寿や財務省の職員、つまり改竄の責任者と考えられた人びとの立件を大阪地検特捜部は見送った。

 この大阪地検特捜部では、障害者郵便制度の悪用問題で部長だった大坪弘道と副部長だった佐賀元明が部下の主任検事、前田恒彦に証拠を改竄させるということがあった。
 この事件ではいずれもが逮捕されている。

 鳩山由紀夫と小沢一郎を排斥する際にも虚偽情報の問題があった。

 本ブログでは繰り返し書いてきたように、ネオコンが1992年2月にウォルフォウィッツ・ドクトリンを作成したことを受けて、1995年2月に「東アジア戦略報告(ナイ・レポート)」が公表され、日本はアメリカの戦争マシーンに組み込まれていく。

 そのために障害だったのが鳩山由紀夫と小沢一郎。
 2006年には週刊現代の6月3日号に「小沢一郎の“隠し資産6億円超”を暴く」という記事が掲載されて小沢攻撃が始まり、2009年11月には「市民団体」が陸山会の2004年における土地購入で政治収支報告書に虚偽記載しているとして小沢の秘書3名が告発され、翌年2010年1月に秘書は逮捕されている。

 この件を担当したのは東京地検特捜部。
 取り調べ内容に関して検事が作成した捜査報告書が検察審査会へ提出されているが、そこには事実に反することが書かれていた。
 この件で最高検察庁は2012年6月、特捜部長だった佐久間達哉など全員を不起訴にしている。
 担当検事は懲戒処分を受けて辞職したが、佐久間は、その後も検察の要職を務めている。

 民主主義は庶民が公的な情報を知ることができるという前提で成り立っている
 そうでなければ主権を行使できない。

 そうした権利を封印するため、支配層が使う口実が「安全保障」。
 その口実を正当化するため、アメリカやイギリスの支配層はイタリアで極左を装った爆弾テロを繰り返していたことが判明している。
 そのテロを実行していたのがNATOの秘密部隊、グラディオだ。
 この組織の存在はイタリア政府が1990年に認めている。
 その後、NATO各国でも存在が明らかになった。

 ところで、入管法の問題は劣悪な労働条件で働く労働者を国外から連れてこようというプランが背景にある。
 「3K」、つまり、きつく、汚く、危険な仕事を低賃金で働く人の確保が目的だ。
 かつて、日本では地方の農村がそうした労働者の供給源だったが、今は外国。

 こうした労働者の増加は賃金を押し下げる力になる。
 欧米で不法移民や難民が問題になっている理由と同じだ。
 アメリカは中東や北アフリカを先制攻撃、多くの人が難民化してヨーロッパへ押し寄せた。
 アメリカの場合、自国の巨大資本が経済侵略してラテン・アメリカの経済を破壊、その結果として不法移民が増えている。

 軍事力や経済力を使った侵略を止めないまま、不法移民や難民を「人道」の名の下に受け入れるという議論は偽善だ

 入管法の問題では別の偽善が語られている

 日本の支配層は賃金を抑えるため、労働者を過飽和の状態にしておきたがっている

 そのために外国から人を入れたがっているのだが、外国人であろうと日本人であろうと、仕事が減れば失業者が増えることになる。
 失業者を支える十分な仕組みがあるとは言えない日本では治安が悪化するだろう。
 生きるためには犯罪に手を染めざるをえなくなるからだ。

 「外国人が増えると治安が悪化する」のではない。
 失業者が増えると治安が悪化する。
 外国人労働者の受け入れは失業問題を伴っていることも忘れてはならない。


櫻井ジャーナル、2018.11.20 12:30:06
入管法の改定は難民流入と同じ問題を引き起こす
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201811190000/

 カルロス・ゴーン逮捕という衝撃的なニュースが流れた。
 ここまで大きな事件であるというのに、なぜこれまで一切報じられることなく、かくも電撃的に発表され、そしていきなり逮捕という急展開したのか。
 間違いなく裏事情があるに違いないが、私にはそれを語れる情報は何もない。
 そう思っていたら、長年の私の愛読者の一人から次のようなメールを受け取ったので他の読者と共有したい。
 この問題の進展から目が離せない。
さすがに米国が個人情報にアクセスしていることの結果。悪いことは悪いのですが、日産が三菱自動車を傘下に置き、中国に新工場を建設することを、米国は決して許すことができないのでしょう。しかもこの逮捕の件が、内部告発からというのも納得できないことです。三菱自動車から三菱の不都合な真実を中国が知ることになるのを恐れたのではと思います。日本の大企業は真っ青でしょう。

天木直人のブログ、2018-11-20
突然のゴーン逮捕の裏にあるもの(読者からの投稿を共有する)
http://kenpo9.com/archives/4447

★ どうもおかしい。
 日本語の使い方がおかしいのか、言葉を言い換えないと贖罪(しょくざい)の意識が芽生えるのか、いや、言葉を言い換えることでトーンを柔らかくしてごまかそうとしているだけではないのか。
 本質を正面から見据えることを避け、聞こえのいい表現に変換すれば解決するとでも思っているのか。
 だがその発端は政治にある。
 政治家や官僚がとりつくろったり、ソフトな印象に変えようとして生まれた強引な霞が関・永田町文学がルーツともいえる。

★「公文書を書き換えたけど改ざんではない」
 「武力衝突はあったが戦闘ではない」
 「つぶせとは言ったけど反則しろとは言っていない」と事態を正面から受け止めず、ごまかしたりすり替えたりしていたものも、最近では、
 「残業代ゼロ制度は高度プロフェッショナル制度」に、
 「移民を実技実習生や外国人労働者」に、
 「日米FTAを日米TAG」に言い換える。
 このところ「パパ活・ママ活」という言葉がはやりだそうだが援助交際、つまり売春の隠語としても使われる。

★ それに政治家の屁理屈や暴言が重なるわけだが、国民がその言い換えで、あたかも別のものにすり替わったり、表現を変えて違法なものを正当なものと勘違いさせようとすることもどうかと思う。
 少し立ち止まって考えれば気付くものも、メディアが例えば法案を統一させたりする。

 集団的自衛権行使を含む武力攻撃事態法など現行法10本を一括改正した「平和安全法制整備法案」と「国際平和支援法」の計11本は安保法制から「平和法」となったし、
 共謀罪はテロ特措法と言い換えられた。

 法律の本質とは違う名称にしてイメージをやわらげた最たるものではカジノ法も統合型リゾート整備推進法、いわゆるIR法と言い換えられて報じられた。

 ごまかし続けて最後は何が残るのか。


日刊スポーツ・政界地獄耳、2018年11月20日9時3分
言葉のすり替えブーム
発端は永田町

(K)
https://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/201811200000206.html

            
posted by fom_club at 14:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゴーン会長逮捕と入管法改悪

 日産自動車のカルロス・ゴーン会長が今夕、金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。
「またスピンかよ」
 テレビのニュース速報を見た時、反射的にこの言葉が浮かんだ。
 外国人労働者の受け入れ数拡大に向けた入管法改正審議に黄色信号が灯った矢先だったからだ。
 安倍首相の意向を忖度した法務省が、技能実習生の失踪調査で、改ざんした調査結果を国会に提出していたことが先週、明るみに出た。
 きょうは改ざんする前の調査原票が出てきたのである。
 経団連は時給300円で超長時間こき使える外国人労働者を大量に確保したい。
 日本人労働者の賃金引き下げにつながるからだ。
 経団連の意を汲んだ安倍首相は虚偽答弁をしてまで入管法を改正(改悪)する心積もりだ。

・「甘利口利き疑惑」と「清原の覚せい剤」
(2016年3月)

・「集団的自衛権の行使容認」と「ASKAの覚せい剤」
(2014年5月)

・「モリカケ」と「秋篠宮真子のフィアンセ記者会見」
(2017年5月)

 安倍政権は窮地に立った時、必ずと言ってよいほどスピンを仕掛けてきた。
 今回は「覚せい剤所持」の大物がいなかったのだろうか。
 明日からは寝ても覚めてもゴーン報道一色となる。
 安倍政権にとって有難いのは事件が世界に報道されることである。
 国際社会に恥を晒す、技能実習制度という「奴隷買い」を隠せる
(ヤッホーくん注)。

[写真‐1]
マスコミは検察庁の車両らしき自動車が出入りする度にフラッシュを焚いた。=19日夜、検察庁前 撮影:佐川由佳梨=

[写真‐2]
清原元選手の保釈を待つ報道陣。テレビ局の中継車もズラリと並んだ。=2016年3月、警視庁前 撮影:田中龍作=

田中龍作ジャーナル、2018年11月19日 21:41
またスピン、ゴーン会長逮捕
入管法改悪の目くらまし

http://tanakaryusaku.jp/2018/11/00019137

国の根幹が変わるのに、新聞が反論を載せない異常

 相変わらず安倍政権の支持率は高いが、不思議なことだ。
 庶民にアベノミクスの恩恵はまったくないし、イスラム国の人質事件は最悪の結末に終わった。
 政治とカネの醜聞が噴出し、大臣がまた辞任した。
 そんな中で、安倍政権は平和憲法をかなぐり捨てる法整備を進めているのに、世論は怒るわけでもない。
 その理由を尋ねると、来日して12年になるニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー氏からは明快な答えが返ってきた。

報じない大メディアが悪いのです」――。

―― この調子でいくと、今月中にも自衛隊が世界中に出ていって、戦争協力する法案が提出されることになります。国の形が完全に変わってしまうのに、日本人は関心も示さない。どう思いますか?

 こうなっているのは2つの大きな要因がありますね。
 ひとつは自民党一強、野党不在の政治状況。
 もうひとつはメディアが安倍政権を怖がって批判を控えていることです。

―― やっぱり、怖がっているように見えますか?

 見えますよ。
 日本はいま、これまでとは全く異なる国家をつくろうとしている。
 憲法に基づいた平和主義を守るのではなく、米国や英国の仲間になろうとしている。
 果たして、それでいいのか。
 大きな岐路、重要な局面に立っているのに、そうした議論が何もないじゃないですか。
 これは本当に不思議なことです。
 恐らく多くの国民は、戦後以来の大きな変化が起こっていることすら知らないんじゃないですか。
 私は何も新聞に反安倍のキャンペーンをやれと言っているわけではないんです。
 安倍政権はこういうことをやろうとしているけれども、そこにはこういう問題点や危険性がある。
 こういう別の意見もある。
 せめてさまざまな立場の見方を紹介して、幅広い議論を喚起することが必要なんじゃないですか。

―― しかし、それすら大新聞はめったにやらない。何か安全保障の問題はタブー視されているような印象すらありますね。

 なぜ、タブー視されるのでしょうか。
 9.11の直後、米国では国を守るためには団結しなければダメだという危機感がメディアの批判精神を鈍らせました。
 これは大きな失敗でした。
 あの時こそ、メディアは冷静になって、きちんとブッシュ政権に問うべきだったんです。
 本当にイラクに大量破壊兵器はあるのか。
 本当に、この戦争をしなければいけないのか。
 しかし、それをやらなかった。
 それと同じ失敗を日本のメディアは犯そうとしていますね。
 いま、日本の国家はどういう危機に直面しているのでしょうか?
 台頭する中国への不安や懸念ですか?
 イスラム国の脅威ですか?
 そんな小さなことでジャーナリズムが批判精神を失うのでしょうか。

―― イスラム国の人質事件ではニューヨーク・タイムズ紙に掲載された風刺画が非常に印象に残っています。「イスラム国は平和主義から逸脱する日本を後押しするか」というタイトルで、車夫(=日本人)の鼻先にイスラム国の旗をぶら下げ、「憲法改正」の車を走らせる安倍首相が描かれていた。キャプションには「安倍晋三“大統領”は復讐を呼びかけた」とあった。

 ニューヨーク・タイムズの論評を扱う部署には複数の風刺画家がいます。
 そのうちのひとりがアイデアを提示した。
 私が関わったわけじゃありません。

権力を見ない新聞を国民が信じますか?

―― ということは、米国人は一般的に安倍首相のことを、そういう目で見ているということですね?

 そうだと思いますね。
 ひとりがアイデアを出して、みんながそうだね、と賛同したわけでしょうからね。

―― それなのに、日本の大メディアは風刺画どころか、安倍政権が人質救出に何をしたのか、しなかったのか。イスラム国と戦う国への2億ドル支援演説の是非もほとんど論じていませんね。

 私は中東で調査をしたわけではありませんが、東京から見ている限り、安倍政権はあらゆるルートを駆使したわけではないでしょう。
 最初からあきらめていたように見えます。
 身代金の支払いにしても早い段階から拒否しているし、この事件を政治的に利用し、テロに屈しないと宣言して米英の一員であることを国内外にアピールするのが狙いだったように感じました。

―― 人質救出に全力を挙げると言っていましたけどね。

 政治っていうのは、みんなそんなもんですよ。
 オバマ政権も一緒です。
 ただ違うのはメディアが政府の言い分をうのみにするかどうかです。
 私は列強の仲間入りをしたいという安倍首相が悪いとは言いません。
 彼は素直に自分のやりたいことをやっている。
 それは就任前の言動から容易に推測できたことです。
 問題はそれに疑問も挟まず、従って何の質問もせず、説明も求めないメディアの方です。
 だから、安倍首相が積極的平和主義を唱えれば、多くの国民が何の疑問も持たずに“そんなもんか”と思ってしまう。
 ここが危険なところです。

―― 積極的平和主義で、米国と一緒になって戦う。それが日本を守ることになる。こういう主張の政治家、官僚、学者、評論家たちは、米国がやっていることが正義であるという大前提に立っていますね。ただし、そういう人々の多くは、アーミテージ元国務副長官に代表されるジャパンハンドラーと呼ばれる人としか付き合っていない。このほど、ファクラーさんが出された孫崎享さん(元外務省国際情報局長)との対談本、「崖っぷち国家 日本の決断」(日本文芸社)の中には、こういうことが書いてあって、本当に驚きました。ハンドラーという言葉は「犬を扱う」ようなイメージだというし、そのジャパンハンドラーの人々が米国を動かしているわけでもない。これは非常におかしなことだと思います。

 ジャパンハンドラーの人々は非常に保守的で、オバマ政権にも入っていないし、決して米国の意見を代表しているわけではありません。
 それなのに、自民党の政治家や外務省の官僚はジャパンハンドラ―に頼ってしまう。

―― 対談本でファクラーさんは、「ジャパンハンドラーは『既得権益集団』で、コンサルティンググループなどをつくり、強欲な商売をしている」とおっしゃっていた。

 鳩山政権の時に脱官僚を唱えた瞬間、日米関係がぶっ壊れたでしょ?
 あんなにすぐ壊れるものかと驚きました。
 このことは日米のパイプがいかに細いかの裏返しです。
 一部の自民党の政治家や官僚とジャパンハンドラーとの付き合いしかないのです。
 日米関係に関わっている人は非常に少数で、そういう人が同盟関係を管理している。
 だから、普天間基地の移転問題にしても辺野古しかないという結論になってしまう。
 もっと幅広い人脈と付き合っていれば、さまざまな意見、選択肢が出てくるはずです。

―― 集団的自衛権についても、それが日米同盟では当たり前ということになってしまう。

 確かに戦後70年間、米国と一緒にやってきて、ある意味、安全だった過去の実績はあります。
 でも、今後もそれでいいのか。
 平和憲法を捨てず、平和主義を貫く選択肢もあるし、鳩山政権や小沢一郎氏が唱えたようなアジア重視の道もある。
 どちらがいいかは国民が考えた上で決めるべきです。

―― ところが、日本人には、それを判断する情報すら与えられていないんですよ。新聞が選択肢すら報じないものだから。

 日本のエリートの上の方で、物事が決まっている。
 大きな新聞はそちらの方を見て記事を書いている。
 そんな印象ですね。
 新聞社は読者の側に立って、権力を見ていない。
 権力者の側に立って、国民を見下ろしている。
 そんなふうに感じます。
 こんな新聞を国民は信じますか? 

―― このまま米国追随路線をエスカレートさせたら、この国はどうなっていくと思われますか?

 イスラム国のような事件がまた起こりますよ。
 米英豪仏などと同じ一員になれば、彼らの敵が日本の敵にもなる。
 日本人はそこまでの覚悟をしているのでしょうか。
 いずれにしても、民主主義国家でこれほど異常な一党支配の国は私の知る限り、見たことがない。
 戦前と似ていると言う人がいますが、野党不在で政権と違う意見を許さないという雰囲気においては、似ているかもしれません。
 健全な民主主義に不可欠なのは議論なのに、それを忘れているとしか思えません。


▽ マーティン・ファクラー
1966年生まれ。ダートマス大卒業後、イリノイ大、カリフォルニア大バークレー校で修士。ブルームバーグ東京支局、AP通信東京支局、ウォールストリート・ジャーナル東京支局などを経て、ニューヨーク・タイムズ東京支局長。近著に「崖っぷち国家 日本の決断」(日本文芸社)。

日刊ゲンダイ、公開日:2015/03/16 07:00
注目の人 直撃インタビュー
NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」
(聞き手=本紙・寺田俊治)
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158019

(ヤッホーくん注)
[社説]
 こんなボロボロの状態でも、政府与党は強引に成立させようと本気で考えているのか。
 外国人労働者の受け入れ拡大をめざす出入国管理法改正案への疑問が、さらに膨らんでいる。

 ひとつは、いまの技能実習制度について法務省が国会に提出した資料の誤りに伴うものだ。

 実習生が受け入れ先企業から姿を消してしまう例が昨年だけで7千件を超え、問題になっている。
 後に居場所が確認できた約2900人から聞き取りをした結果として、法務省は約87%が「より高い賃金を求めて」失踪したと説明していた。

 だが正しい数字は約67%だった。
 しかも「低賃金」「契約賃金以下」「最低賃金以下」の3項目にチェックが入った数を合算した数字だという。

 結果として、法令や契約を守らない劣悪な労働環境があることは覆い隠され、実習生のわがままが失踪を生んでいるような印象を社会に振りまいたことになる。
 山下貴司法相も衆院本会議で同様の答弁をし、いまも撤回されていない。

 賃金だけではない。
 失踪した原因として「指導が厳しい」との答えが5.4%から12.6%に、「暴力を受けた」が3.0%から4.9%に訂正された。
 ずさんさに驚く。
 「その他」が15.3%あるが、内訳を見ると職場環境や労働条件への不満、人間関係などを挙げているものが少なくないという。

 法案は、実習生は新設される在留資格「特定技能」に移行できるとしており、政府は新資格で働く人の半数程度を占めると見込む。
 土台となる現行制度に対する正しい認識をもつことから、やり直す必要がある。

 もうひとつの疑問は、政府と与党の間に見逃せないズレが生じたことだ。
 11月18日のNHKの番組で自民党の田村憲久政調会長代理は、技能実習をきちんとした雇用に置き換えていくのが、「特定技能」だと述べた。

 はじめて聞く話だ。
 政府はこれまで、二つの制度は別のもので、技能実習は存続させると説明してきたはずだ。
 党の政策調整の要の地位にある人物と政府の言い分が食い違う。
 法案の目的さえ共有できていないことを示す事実ではないか。

 今年の通常国会でも、働き方改革をめぐる政府の調査データに誤りがあり、混乱を招いた。
 森友学園問題では、政府にとって都合のいいように改ざんされた資料が国会に提出された。

 立法府を愚弄(ぐろう)する出来事が相次ぐ。
 審議時間を十分とり、正確で丁寧な説明をすることが、政府に課せられた責任である。


朝日新聞・社説、2018年11月20日05時00分
入管法改正案
これでも強行するのか

https://www.asahi.com/articles/DA3S13776283.html

[動画]
 国会では、外国人労働者の受け入れ拡大をめぐって与野党の攻防が続いている。
 11月19日は失踪した外国人実習生が置かれている過酷な実態が書かれた生データがようやく出てきた。
 法務省は、今年に入って公表した資料で、
「86.9%が『より高い賃金を求めて』失踪した」と説明していた。

 しかし、11月16日になって失踪の動機のうち『より高い賃金を求めて』の割合は67.2%だったと、突然、訂正した。
 そもそも、聴取票自体には『より高い賃金を求めて』という選択肢はなく、法務省は『低賃金』『契約賃金以下』『最低賃金以下』の3つにチェックした人を、ひとくくりにして「『より高い賃金を求めて』失踪した」と言い換えていた。

 立憲民主党の逢坂議員は、
「聞き取り調査結果のねつ造だ」と批判した。

 また、生データを閲覧した立憲民主党の山尾議員は、
「(閲覧した)20人のうち17人が最低賃金割れを示す書類だった。結局、受け入れ側の不正を把握しておきながら、それを見逃してきた」と指摘。

 今回の法案での新たな在留資格には実習生から移行する人が半数を超える見込みだ。
 こうしたなか、この週末に報道ステーションが行った世論調査によると、この法案自体を、ほぼ半数が支持しているが、今の臨時国会で成立させて、来年4月から実施することには、半数近くの人が反対している。


報ステ、2018/11/19 23:30
失踪実習生“聴取票”を開示
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000141178.html

〔音声配信]
悪質ブローカーが暗躍。
外国人技能実習生の送り出す側・受け入れる側で今、何が行われているのか?

▼ 出井康博×伊藤圭一×巣内尚子×荻上チキ
▼ 2018年11月19日(月)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」平日22時〜)
TBSラジオ、2018.11.20 火曜日 02:05
https://www.tbsradio.jp/315268

posted by fom_club at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

前橋汀子

前橋汀子1974.3.5 バイオリン協奏曲ニ長調35 岩城宏之
https://www.youtube.com/watch?v=0KvMbgiUbVk

皇后さまがコンサート鑑賞2015/06/22 アンコール演奏に拍手
https://www.youtube.com/watch?v=OsNhg9PzDyw

「精霊流し」さだまさし、前橋汀子
https://www.youtube.com/watch?v=Yfa2aVd1xDI

前橋汀子 2018 08 23 明日へのことば NHK ラジオ深夜便「まだ 成長 できる」
https://www.youtube.com/watch?v=U3fH4l2Nh60  

 秋の夜長は音楽で・・・
 
オイストラフ チャイコフスキーバイオリン協奏曲 (1)
https://www.youtube.com/watch?v=AEWv7aF7OAM

同(2)
https://www.youtube.com/watch?v=Tgns18QTWf8

ミルシテイン ブラームス ヴァイオリン協奏曲
https://www.youtube.com/watch?v=XTsq3KlGKCo

シゲティ ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
https://off-guardian.org/2018/07/12/the-view-of-russia-in-the-west/

 一人でも多くの方に生の演奏を聴いてほしい。
 休日の午後、低料金で聴いていただく「アフタヌーン・コンサート」を2005年から始めた背景にはそんな思いがあった。

 もっと親しみやすいクラシック公演ができないかと考えた私は、2013年から東武鉄道の協力を得て「デイライト・コンサート」も東京・池袋の東京芸術劇場で始めた。
 平日の午前11時半から1時間、料金は2500円。
 これならランチや買い物の前にちょっと足を運んでもらえるのではないか。
 ちょうど明日、2018年11月1日で6回目を迎える。

 こうしたコンサートに加え、前回紹介したベートーベンの弦楽四重奏を弾く「前橋汀子カルテット」が現在の活動の柱になっている。

 好きな作曲家はたくさんいるが、最後はベートーベンとバッハに行き着いた。
 近年、私はバッハの「無伴奏バイオリンのためのソナタとパルティータ」に再び挑戦している。

 ソナタ3曲とパルティータ3曲の計6曲を通して演奏すると休憩をはさんで約3時間かかる。
 1人で弾くこの曲はバイオリニストにとってバイブルのような作品で、バイオリンのあらゆる技巧が網羅されている。
 どこまでも探究したくなる曲だ。

 最初の挑戦は1988年に録音したアルバム「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全集」。
 これは1989年度の文化庁芸術作品賞をいただいた。

 あれから30年。
 私も年齢を重ね、同じ楽譜を弾いても当時とはテンポや間の取り方などはかなり違う。
 音符には書かれていない行間の部分に深遠な背景があるということだ。
 このバッハの無伴奏は演奏家のその時のすべてが表れる作品なのだ。

 私は14〜15年に国内各地で全曲演奏会を開いた。
 来年2019年も夏以降に東京、大阪、横浜で全曲演奏会に挑むことが決まっている。
 この公演をバッハの集大成にしたいと思う。

 これまで私はシゲティをはじめ国内外の多くの巨匠たちから教えを受けてきた。
 彼らから学んだこと、さらに自分の様々な体験を通して私なりの演奏スタイルを作り上げてきた。
 だから何らかの形でそれを若い人に伝える機会を持てたらいい。
 そんな思いが強くなっている。

 この「私の履歴書」の連載を通じて、自分がどれだけ多くの人に支えられ、健康にも恵まれて今日があるのか、改めて痛感した。
 いろいろなことを思い出しながらの毎日で、とても楽しくすごせた1カ月になりました。
 心から感謝しています。

 今は心身ともに充実しているが、自分に残された時間には限りがある。
 これが最後になるかもしれないとの思いで一回一回のステージに全力を尽くし、一日でも長くソリストとして現役を続けていきたい。


日本経済新聞、2018/10/31付
私の履歴書(30)
前橋汀子(バイオリニスト)
生涯現役 今この瞬間 全力尽くす バッハ「無伴奏」探究続く
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO37118730Q8A031C1BC8000/


posted by fom_club at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の履歴書、前橋汀子

「やっと安心して聴けるようになったわ」
 この春、演奏会に来てくれた95歳の母が言った。
「安心してってどういうこと」と聞くと
「休憩時間にちゃんとトイレに行ったかしらとか、そんな心配ばかりしていたのよ」と言うから2人で大笑いした。

 終戦前の春のこと。
 空襲で近所が燃えていた。
「子供は防空壕(ごう)に置いてこいと言っただろう」
 周囲から何度も怒鳴られながら、母は1歳半の長女、汀子を背中から下ろそうとしなかった。
 決死の覚悟でバケツリレーの列に並んでいると、あろうことか爆弾が防空壕を直撃した。
 子供たちは全員亡くなったという。

「私がおんぶして絶対に離さなかったから、あなたは生きているのよ」
 母はよくそんな昔話をした。
 その赤ん坊がいつもバイオリンを大事に背負って歩くようになるとは思わなかっただろう。

 5歳の頃、母に手を引かれて小野アンナ先生(1890 - 1979)のお宅を訪ねた。
 人生最初の大きな転機だった。
 アンナ先生は帝政ロシアの貴族出身で、革命の混乱を逃れて来日したバイオリニストだ。
 初めて会った外国人を前におじけづいた私は、先生に「年はいくつ」と尋ねられても、右手を広げて見せるのが精いっぱいだった。

 ソ連でバイオリンを勉強したい。
 私が強くそう願うようになったのも、アンナ先生の門下に入ったからだ。
 来日した巨匠、オイストラフの演奏を日比谷公会堂で聴いたことも大きかった。
「ソ連で勉強すればオイストラフみたいに弾けるようになるかしら」
 東西冷戦の時代だ。
 私は何のあてもないのに、日ソ協会に通ってロシア語を勉強した。

 折しも日ソの国交が回復し、レニングラード音楽院が創立100年を記念して共産圏以外の学生を招くことになった。
 第1号の留学生に選ばれたのが潮田益子さんと私。
 まさに幸運としか言いようのない巡り合わせだった。

 意気揚々とソ連にやってきたまでは良かったが、私は周囲のレベルの高さに打ちのめされた。
 自分がバイオリンをやっても意味がないのではないか。
 暗く落ち込む日が続く。
「そんなに泣いてばかりいると、テイコの涙で湖ができるよ」
 級友が詩的な言葉でなぐさめてくれた。

「君ねえ、絶対に人と比べたらいけないよ」
 桐朋学園「子供のための音楽教室」や桐朋学園女子高等学校音楽科でお世話になった恩師、斎藤秀雄先生が留学前にかけてくださった言葉を思い出す。

 当時、私は少しムッとしたのを覚えているが、ソ連には私より上手な学生がたくさんいることを見越しての忠言だったことは、後になって身にしみて分かった。
 しかし若い私は人と比べて落ち込み、涙に暮れたのだった。

 戦後間もない混乱の時代からバイオリンを習ってはいたが、父は高校教師、母は専業主婦で、音楽とは無縁の人だった。
 私にも特別な才能はなかった。

 私がソリストとして今に至るのは、多くの方の導きと奇縁ともいうべき不思議な出会いに恵まれたからだ。
 例えば、小学生の頃に日比谷公会堂で私の頭をなでてくれた「バイオリンのおじさん」は、後に師事することになるヨーゼフ・シゲティ先生その人だった。
 そんな私の人生ですが、しばしお付き合いくださいませ。


日本経済新聞・朝刊、2018/10/1付
「私の履歴書」前橋汀子(バイオリニスト)(1)
ソリスト 不思議な出会いに導かれ
ソ連に留学
まさに幸運

https://www.nikkei.com/article/DGXKZO35872630Y8A920C1BC8000/

〜君たちに伝えたいこと(1)〜
夢を見つけてください

私もオイストラフのように弾きたい、ソビエトで学びたいと思いました


 一生をかけて道を究める。
 ただひたすらに、ひたむきに。
 日本を代表するバイオリニストの前橋汀子さんは、小学生の時に「バイオリニストになる」という夢を抱き、50年以上も第一線で活躍しています。
 どうやって夢をかなえたのでしょうか。

第1楽章 夢を見つけた

 東京生まれの前橋さんは、5歳でバイオリンを習い始めました。
 両親が音楽家だったわけではありません。
 幼稚園でバイオリンかピアノのどちらかを学ぶことになり、楽器が小さくて手ごろだという理由で選びました。
 これが人生を決める選択になるとは思いもしませんでした。

 小学生になって、バイオリンをやめるのはもったいないので、レッスンに通うようになりました。
 ロシア出身、小野アンナ先生との出会いです。

 そして、小学3年生の時、来日したバイオリンの巨匠オイストラフのコンサートに出かけ、大きな衝撃を受けました。

「こんなにすばらしい音が出るのかと驚きました。バイオリンはオイストラフの体の一部のようでした。自分もあんなふうに弾きたい! オイストラフの国、ソビエトに行きたい! そう夢を持つようになりました」

 ソビエトとは、今のロシアを指します。
 小野アンナ先生やオイストラフの故郷は1950年当時、ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)と言いました。
 社会主義というのは、国が土地や仕事などを管理して平等な社会を目指すという考えです。
 ソ連は広い国土を持ち、世界に大きな影響力があり、アメリカと対立していました。
 ソ連は、崩壊する1991年まで続きます。

「ソビエトでバイオリンを学びたい」

 前橋さんの意志はとても強いものでした。
 当時、留学するのは今以上に大変なことでした。
 しかも、アメリカと関係が深い日本から、ソ連へ留学することは困難を極めました。

 それでも、夢をあきらめませんでした。
 中学1年生になると、ロシア語の勉強を始めます。
 反対していた両親にも、粘り強く訴え続けます。
 前橋さんの当時の思いの強さを示すエピソードがあります。

「私はいろんなところで、行きたい、行きたいと言っていました。当時は大平正芳元総理大臣が外務大臣でした。だいぶ後になって、奥様に会あってごあいさつをしたら、『主人は仕事の話をしないのに、ソビエトにバイオリンの勉強に行きたいという女の子がいて何とかしてやりたいとつぶやいたことがあった。それがあなたでした』とおっしゃった。私はたくさんの方に助けられたのだと思いました」

 留学の許可が出たのは、高校2年生の時でした。
 広大なロシアの中でもヨーロッパに近い西部の街、サンクトペテルブルクにある音楽院(旧レニングラード音楽院)に、日本初の留学生として迎えられることになったのです。
 寒い国に行くのを心配したお母さんは、分厚いブーツを調達して、洋服を縫って準備をしてくれました。
 17歳の夏。単身で横浜港から船に乗り、旅立ちました。
 夢と希望にあふれていました。


[写真‐1]小野アンナ先生(右)と一緒に

[写真‐2]13歳で初めてのリサイタル

[写真‐3]横浜港からソ連へ旅立った前橋さん(手前)

毎日小学生新聞、2016年4月2日
君たちの時代に
先輩からの手紙/172
バイオリニスト・前橋汀子さん/上
(出水奈美)
https://mainichi.jp/articles/20160402/kei/00s/00s/018000c

〜君たちに伝えたいこと(2)〜
本物に触れてください

すべては音楽のために 不自由な生活でも目的は一つ


 バイオリニストの前橋汀子さんは、高校2年生だった1961年にあこがれの地、ソ連のレニングラード(今のロシア・サンクトペテルブルク)へ音楽の修業に出ました。
 厳しい生活でしたが、そこには豊かな芸術があふれていました。

第2楽章 あこがれのソビエト

 横浜港を船で出て、汽車、飛行機を乗り継いで1週間。
 前橋さんは、ようやくレニングラードの地を踏みしめました。
 いよいよ日本初の留学生として、レニングラード音楽院(今のサンクトペテルブルク音楽院)での学生生活が始まりました。
 現地の冬は、最低気温が氷点下30度にもなる厳しい寒さです。
 せっけんやトイレットペーパーにも困る、モノ不足の時代でした。
 鉄パイプのベッドが並ぶ寮で、言葉も宗教も違う人たちと一緒に寝起きをしました。

 寮の留学生は、当時のソ連に近い社会主義の国、つまり、東ドイツ(当時のドイツは東と西に分かれていました)、ベトナム、ポーランド、ルーマニア、中国などから集まっていました。
 当番制で料理を作って分け合いましたが、風習はさまざま。
 大変なことを数えたら、きりがありませんでした。
 それでも、音楽を学びたいという志はみな同じ。
 前橋さんも朝4時に起きて、音楽院に通いました。
 空き部屋や階段の踊り場を転々としながら、練習に明け暮れました。

「どんなに厳しい環境、不自由な生活でも、だれもが一つの目的に向かって必死でした。つらくても練習をしていると集中できました。すべては音楽のために。そんな毎日でした」

 当時のソ連は、芸術の黄金期でした。
 バイオリニストは恩師のワイマン先生にオイストラフ、ピアニストのリヒテル、チェロのロストロポービチ、指揮者のムラビンスキー。
 まばゆいばかりのスターがそろっていました。
 彼らの演奏に触れ、指導を受けることもできました。

 それだけではありません。
 バイオリニストにとって重要なレパートリー、チャイコフスキーの「バイオリン協奏曲」のレッスンを受けた時のことです。
 先生は開口一番、こう言いました。

「チャイコフスキーのオペラ『エフゲニー・オネーギン』は見ましたか? 見ないと弾ひけませんよ」

 さらに、先生はオペラの原作者プーシキンの詩を暗記することを求めました。
 プーシキンが決闘をした場所にも、深い雪をかきわけながら、連れていってくれました。
 芸術作品が生まれた土地、気候、風習、歴史を肌で感じ、吸収できる日々。

「近くにはエルミタージュ美術館があり、歌劇場もある。一流の芸術、本物に触れることの大切さを知りました。大きなエネルギーになりました」

 ソ連で過ごした3年間。
 一度も日本に帰ることはなく、電話をかけることもありませんでした。
 勉強だけに熱中する10代を過ごしたのです。


[写真‐1]レニングラード音楽院でワイマン先生(右)のレッスンを受ける

[写真‐2]チェロ奏者のロストラポービチ(右)と

毎日小学生新聞、2016年4月9日
君たちの時代に
先輩からの手紙/173
バイオリニスト・前橋汀子さん/中
(出水奈美)
https://mainichi.jp/articles/20160409/kei/00s/00s/014000c

〜君たちに伝えたいこと(3)〜
願い続ければ、必ず道は開けます

表現したいことは年々変わる、だから音楽はおもしろい


 バイオリニストの前橋汀子さんは、留学先のソ連(今のロシア)から20歳で帰国しました。
 しかし、日本に腰を落ち着けることなく、今度はアメリカ、スイスを転々とします。
 果てしない音楽の旅は、今も続いています。

第3楽章 終わりなき道

 「私は本当に、出会いに恵まれていました」
 かみしめるように、前橋さんはこう振り返ります。

 ソ連から帰国した後、日本で世界最高峰の弦楽四重奏団、ジュリアード・カルテットのメンバーに出会いました。
 影響を受けて1968年、今度はソ連と対立する大国、アメリカにあるジュリアード音楽院に留学しました。
 さらに、演奏家を引退してスイスで暮らしていた巨匠、シゲティのレッスンを受ける機会を得ます。
 アメリカからスイスに通ううちに、スイスが気に入り、移り住むことにしました。

 ヨーロッパで暮らし始めたころには、バイオリニストとして生きる覚悟を決めました。
 もう親からの仕送りもありません。
 シゲティのレッスン代はツケにしてもらい、コンクールに出て賞金を得るとまとめて支払い、なんとかしのぎました。
 非の打ち所がないように見えますが、若き日には挫折も経験しました。

「19歳のころかな。実は、コンクールの1次予選で落ちたことがあるんです。フランスのパリで開かれる、ロン・ティボー国際コンクールです。親に合わせる顔がない、日本中に申し訳ないと思いました。たくさん泣きました」

 それでも、立ち上がります。
 2年後に再挑戦して、見事入賞を果たします。

「今思うと、いい経験でした。悔しい思いを乗り越えて、いかに次につなげていくか。何かあっても、そこでめげないで、と伝えたいです」

 バイオリンをやめようと思ったことも、一度や二度ではありません。
 それでも、
「バイオリンを通して生き延びていくしかないの」と穏やかにほほ笑みます。

 前橋さんは今、若いころから何度となく弾いてきた、バッハの「無伴奏バイオリンのためのソナタ&パルティータ」に挑戦しています。

「年々、表現したいことは変わります。若いころのような勢いは失しなっていても、今だからこそ見えてくるものがある。それがおもしろいのよ」と目をきらきらと輝やかせます。

 最後に小学生のみなさんにメッセージをもらいました。

どんなことでもいいので、毎日好きなことをコツコツとやってください。一日一日のことが1年先、10年先につながります。強い思いを抱き続ければ、道は開けますよ


[写真‐1]「出会いに恵まれたバイオリン人生です」と話す前橋汀子さん

[写真‐2]スイスでシゲティ(右)と

[写真‐3]指揮者のストコフスキー(中央右)と

[写真‐4]指揮者のルドルフ・ケンペ(右)と

[写真‐5]スイスでバイオリニストのミルシテイン(右)と

毎日小学生新聞、2016年4月23日
君たちの時代に
先輩からの手紙/174
バイオリニスト・前橋汀子さん/下
(出水奈美)
https://mainichi.jp/articles/20160423/kei/00s/00s/014000c



posted by fom_club at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新宿の民俗芸能

新宿の民俗芸能 一挙公開!

 新宿に伝わる民俗芸能を公開上演します。
 神楽と囃子は通常、祭礼の際の神社神楽殿などにおける演舞であり、じっくり鑑賞する機会が限られています。
 この機会に是非、郷土色豊かな「無形民俗文化財」をご堪能ください!

〔内容]萩原社中里神楽「八幡山」、戸塚囃子「通り囃子」、萩原社中里神楽「美穂漁遊」
〔日時]2018(平成30)年11月18日(日)14:00〜16:00 13:30開場


新宿区民俗芸能の集い(11月18日開催)
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/news/97464/

 昨日の日曜日、そんなわけでヤッホーくん、シンジュクまで飛んでったのです。
 その前にヤッホーくん、どうしても見たかったところがありました。
 それは神宮外苑のイチョウ並木!

P1060599-1.JPG

P1060602-1.JPG

P1060601-1.JPG

 イチョウより、人、人、人!
 それに輪をかけたのが3千人を超す団体さんのご一行様でしたぁ。

 ハウスファミリーウォーク神宮大会は、明治神宮外苑聖徳記念絵画館前をスタートし、自然豊かな明治神宮の森、境内を通り、赤坂御用地をまわるコースになっています。
 色づいた木々の中を散策し、秋の気配を楽しみながら歩いていただけます。

2017年実施コース(10kmコース)
明治神宮外苑〜イチョウ並木〜表参道〜明治神宮本殿〜千駄ヶ谷〜迎賓館〜赤坂御用邸〜青山通り〜明治神宮外苑


https://www.vfw.jp/jingu/close.html

 このコースに今年も、変わりなかったことでしょう。
 ところが負けじとヤッホーくん、昨日の朝キン・コースは:

イチョウ並木〜明治神宮外苑〜信濃町〜外苑東通り〜慶応病院〜消防博物館〜警視庁第五機動隊〜かつての自動車公害の象徴の地、牛込柳町〜牛込箪笥区民ホール

 そして「新宿区民俗芸能の集い」への参加と相成ったのでございます、無料(!カッシー笑わないでね)。

お神楽とお囃子.jpg 
  
 というわけで、ヤッホーくんの昨日付けの日記は「秋まつり Autumn festival」と相成ったのでございます。
 昨日は「戸塚囃子保存会」のご紹介をいたしましたので、今日は「里神楽萩原社中はぎわら会」のご紹介。

2011-11-26 『三輪神杉』 里神楽萩原社中はぎわら会
https://www.youtube.com/watch?v=ixztOLj4MMc

萩原彦太郎社中

 はぎわら会は、新宿区西落合に4代続く’江戸里神楽相模流’を継承する萩原彦太郎に師事し、神社祭礼などでの里神楽(さとかぐら)を上演しています。

 また、里神楽以外に、江戸祭囃子(えどまつりばやし)や寿獅子(ことぶきじし)なども伝承し、各行事やイベントなど幅広い場で親しまれています。

 伝統芸能を後世に残すべく同好の志と共に「はぎわら会」が結成され、里神楽向上・発展のために研鑽努力を重ねながら演技、演奏活動を行っています。

 萩原家の神楽は、1846(弘化3)年、相州愛甲郡(神奈川県愛甲郡)に生まれた萩原門次(はぎわらもんじ/1846-1929)により始まりました。
 門次は、相模の神楽師田村舞太夫(たむらぶだゆう)に師事し、神楽や芝居の手ほどきを受け、若いころより芸達者だったと伝えられています。

 舞台では、装束を付けたままトンボを切り「やまがら門次」と評されるほど身が軽かったようです。
 その後、門次は東京へ出て、杉並区高井戸の斉藤家、新座市野火止の石山家などをわたり歩きました。
 そして、中野区江原町に居を構えて独立し、周辺地域で活躍しながら今日の萩原家神楽の基盤を築き上げました。

 ちなみに、当時は斉藤嘉門(さいとうかもん)・石山左門(いしやまさもん)・萩原門次の三人は、それぞれの名前に’門’の字が付くことから「三門」と並び称されたと言われています。

 門次には、弥門と彦太郎という二人の息子がいました。
 二人は門次から、奉仕する神社を与えられました。
 現在、板橋区の萩原正義社中と新宿西落合の萩原彦太郎社中「はぎわら会」がその芸を継承し、神社に神楽を奉納し続けています。
 はぎわら会は1991年(平成3年)に新宿区より無形民俗文化財の指定を受けました。


HASカンパニー
http://www.has-inc.co.jp/j_profile/hagiwara.html

 満足、マンゾク、おなかもマンプクにしようとヤッホーくん、帰宅後、ほら、こんなに手作りのご馳走が並んだ、とさ。

P1060611-1.JPG


posted by fom_club at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

秋まつり Autumn festival

『通り囃子』 戸塚囃子保存会
https://www.youtube.com/watch?v=7HhwE3TVDOM

ぶらり途中下車の旅 OPソング
https://www.youtube.com/watch?v=Tw7TFIKull0

 目黒さんは終点の早稲田で下車。
 春の芽生えを感じながら散歩を楽しんでいると、クリーニング店で『伝統芸能 戸塚囃子 練習生募集』という不思議な看板を見つけます。
 ご主人に伺うと、この地域に伝わるお囃子を残すべく練習をしているのだそう。
 思わぬ出会いが旅の醍醐味!
 目黒さんは練習を見学させてもらうことにします!

お囃子の伝道師 吉田紘一さん(戸塚囃子保存会) 

 お囃子は祭りの時に神様への感謝として演奏されるもので、葛西囃子、神田囃子などが有名ですが、地域によって少しずつリズムが異なり、
神田のような商人の土地柄はテンポが早く、戸塚のような農民の土地はゆっくり、といった風に、その土地の生活リズムを反映しています。
 しかし、お囃子には楽譜がなく口伝で伝えられるため、最近では演奏できる人も減り、衰退の一途をたどっていました。
 戸塚の伝統芸能である戸塚囃子も、昭和30年ごろで一旦途絶えますが、1969(昭和44)年、吉田鉱一さんが、戸塚囃子の普及と伝承のため、初めて囃子の楽譜化に成功。
 教える、教わる、練習するということが簡単にできるようになりました。
 吉田さんはその楽譜を使い、近所の小学校に和楽器を教えたり、北海道新冠(にいかっぷ)の依頼でお囃子を教えたりと、お囃子の新興に協力しています。
 吉田さん自身、神田川で産湯をつかい、生まれも育ちも早稲田の江戸っ子。
 祭りも大好きで戦後どんどん減っていく囃子に歯止めをかけたかったのだそう。
 毎週火曜の練習には6歳から70歳までが水稲荷神社に集まり、練習をしています。


日テレ・ぶらり途中下車の旅、2005年2月26日放送
http://www.ntv.co.jp/burari/050226/info05.html

 新宿区の無形民俗文化財に指定されている「戸塚囃子」が、新宿区教育委員会の推薦を受け、6月14日(木)〜17日(日)にドイツのハレ市で開催される「第01回世界民族音楽祭」に参加する。

 戸塚囃子は、水稲荷神社の祭礼で行われる祭囃子で、江戸時代末期に阿佐ヶ谷(杉並区)の横川初五郎が編み出した、田淵流祭囃子の流れを汲むもの。
 早いテンポの「早間」とゆっくりしたテンポの「大間」の間で、「中間」と呼ばれるテンポのお囃子。
 昭和初期に途絶えたものを1976(昭和51)年に復活。
 1990(平成2)年に新宿区無形民俗文化財に指定された。
 今回の音楽祭は、ドイツのマルティン・ルター大学が、各国の友情を育てるため、世界の音楽を集めて開催するもの。

 戸塚囃子保存会代表の吉田紘一さんは、ドイツでの演奏についての意気込みを、
「日本の音楽というと、琴・三味線・笛といったもので演奏する「静」のイメージがあるが、中間の戸塚囃子はノリがよく、笛や太鼓同士を掛け合わせたセッションも出来るジャズのような性質も持ち合わせている。こういう伝統音楽が日本にもあることを世界の人に知ってほしいと思った」と、語ってくれた。
 ドイツでは、「戸塚囃子」を始め、「獅子舞」や「仁羽(にんば:おかめひょっとこ踊り)」など踊りの入った演目を連日披露する予定。
 また、ストリートでの演奏も行う予定で、その際に外国の方に楽しんでもらおうと、獅子舞の獅子に巻物をくわえさせるなどのパフォーマンスを用意している。

 戸塚囃子の練習は、毎週火曜日午後7時30分〜9時に水稲荷神社(西早稲田3−5−43)で行われている。
 大人の練習の前に小学生の子どもたちへの指導も行っており、子どもたちは、7月29日(日)に日本青年館ホール(霞ヶ丘町7−1)で行われる「第9回全国子ども民俗芸能大会」に出場する。


新宿区公式サイト、2007年6月1日
「戸塚囃子」が世界民族音楽祭に参加
https://www.city.shinjuku.lg.jp/whatsnew/pub/2007/0601-03.html

 6月14日〜17日、ドイツのハレ市でマルティン・ルター大学が開催した「第1回世界民族音楽祭」に戸塚囃子保存会(代表:吉田紘一)が参加した。

 戸塚囃子は、新宿区の無形民俗文化財に指定されている「中間」とよばれるリズムの祭り囃子である。
 今回は、新宿区教育委員会の推薦を受け、「琴・三味線といった静のイメージとは違う日本の伝統音楽を届けたい」と、はるばるドイツへ渡った。

 ドイツでは、15日から17日の3日間で、ステージ・路上パフォーマンス・ワークショップを合わせ13ステージをこなした。
 ハレ市の広場で行った路上パフォーマンスには、日本からの珍しい音楽に、毎回100人近くの見物客が集まった。
 仁羽(にんば)と呼ばれるおかめひょっとこ踊りを見て、思わず小さな女の子が飛び入りし、保存会のメンバーと一緒に踊るシーンもあったという。

 また、マルティン・ルター大学では、学生や市民を対象に行われたワークショップも実施。
 楽器の紹介や太鼓の打ち方のほか、掛け合いやアドリブ演奏の仕方などの解説を行い、実際に体験をしてもらった。

 今回のメインステージである音楽祭は、17日午後3時からマルティン・ルター大学のホールで行われた。
 ホールは、400年前に建てられた歴史ある建築物。
 450人ほど入る客席は満杯で、戸塚囃子は5時30分からと8時30分からのステージに出場し、大きな喝采を受けた。
 観客の関心は高く、終了後行われたワークショップには興味を持った方が大勢参加し、配布した絵葉書にサインを頼まれたりした。

 吉田さんは、
「戸塚囃子は、演奏している本人が楽しめる音楽。日本の音楽として、ドイツの方にも楽しんでいただけたという実感を得ました」
 保存会のメンバーも、
「参加して本当によかった。貴重な体験ができた。充実していた」と語り、ドイツでの体験を生かした今後の活動へ意欲を見せた。


新宿区公式サイト、2007年6月27日
戸塚囃子
ドイツの街に響き渡る

https://www.city.shinjuku.lg.jp/whatsnew/pub/2007/0627-02.html

posted by fom_club at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅川にかかる一番橋

 11月ももう中盤。

 高幡不動尊や京王百草園では、紅葉がもうすぐ真っ盛り、今年はちょっと季節が早く進んでいるようです。

 一日一日、確実に短くなる日中。

 そして、冬至を挟んで梅ほころぶまでの2ヶ月間、日野の各所からは暮れ時、富士山に夕日が沈むダイヤモンド富士が見られます。


日野市観光協会、2015年11月11日
そろそろ今年もダイヤモンド富士
http://shinsenhino.com/archives/info/151111090805.php

ダイヤモンド富士.jpg

 その「ダイヤモンド富士」が見られる日野市のスポットには「一番橋」も!

 日野市の浅川にかかる橋で「一番橋」という名前の橋があります。
 見れば何ともないただの橋ですが、名前の由来が面白いということで今回取り上げました。
 昨年2013年、日野市は市政50周年を迎えました。
 ひの町が日野市になって初めて作った橋が「一番橋」です。
 一番に作った橋ということです。
 そう考えると何か愛着が持てますね。
 是非一度見てください。

Hi Know! ひのう、2014年08月29日
一番橋
記者:山田
https://www.hi-know.tokyo/detail/writer_report.php?id=000017

 「一番橋」は浅川左岸の日野市東豊田と右岸の日野市南平とを結び、幹線市道I-11号線が通ります。
 1958(昭和33)年に日野町と七生村とが合併後、最初に手掛けた架橋であること、また、当時全国の町村中最も大きな橋であったことから、「一番橋」と名付けられたといわれています。


ぶらっと遡上散策、2014/11/1712:00
浅川左岸 『一番橋』
http://freedomwalk.blog.fc2.com/blog-entry-170.html

 ここはヤッホーくん、11月15日水曜日に渡っていましたぁ〜

https://www.youtube.com/watch?time_continue=7&v=KrR50TZNQak

 あっごめんなさい、これは「いちばんばし」でなくって、「いちばんぼし」!

浅川 ☟

P1060586-1.JPG

いちばんばし ☟

P1060585-1.JPG

posted by fom_club at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく

これで選挙運動期間中は最後のブログ更新になるでしょうか。
就学援助の問題を取り上げておきたいと思います。

弱い者がさらに弱い者をたたく

 さいきまこさんのマンガに『陽のあたる家 〜生活保護に支えられて〜』(秋田書店)というのがあります。私はペンネームで『このマンガがすごい! 2015』アンケートで第2位にこの作品を選ばせてもらったことがあります。
 「ふつうの家族」が生活が崩れていく中で生活保護に頼らざるを得なくなる過程、そして葛藤が描かれ、受給してからもさまざまなバッシングに遭う様子が克明に描かれています。そして作者はそうした攻撃に果敢に反撃しています。

 この中で、主人公一家とは別に、生活保護は受けていないけども、ギリギリの生活で努力しているシングルマザーの家庭が出てきます。このシングルマザーの女性は自分たちはこんなにがんばっているのに、主人公一家は生活保護を受けて「楽をしている」と憤っていました。
 ところが、生活保護に連動して、自分たちの就学援助が切り下げられることがわかり愕然とします。
 さいきさんの絵柄は、こういっては失礼かもしれませんが、不安を表情で煽る絵柄が生々しく(下図参照)、私はいつも不穏な気持ちで読みます(あのー、褒め言葉ですよ)。

 生活保護など怠け者の受けるものであり生活保護の切り下げはいい気味だと思っていたシングルマザーの女性は、生活保護基準の切り下げが就学援助や保育料、住民税の切り下げとなって連動し、低所得世帯全体を直撃することに衝撃を受けるのです。さいきさんが描く、この不穏な表情に端的に表されるように。
 ここには、生活保護が「貧困ライン=健康で文化的な最低限度の生活のライン」として国民全体の生活のボトムを支えている役割を果たしてることが正確に描かれています。ボトムが下がれば、全体が沈んでいくのです。

 そして、介護保険料まで連動すると不安がる年配の女性に、同じ境遇であると「共感」しようとして、手ひどい反発を受けます。
 おまえなど、離婚してシングルになったわけだから「すきこのんで」その立場を選んでいるのではないか、図々しく共感など示すな、と。
 この年配女性の不安と、憎々しげな「選別」の表情を見てください(下図参照)。

 生活保護を叩く低所得の人がさらに別の低所得の人に叩かれるという地獄がここにあります。「弱い者たちが夕暮れ さらに弱い者をたたく」というフレーズ(*1)が思い出されます。

就学援助切り下げは何を奪ったか

 最近、「しんぶん赤旗」で次のような記事を見ました。
就学援助 2割超で引き下げ/政令市・東京23区 生活保護削減が影響/本紙調べ

 福岡市の高島市政は、安倍政権の生活保護基準カットに連動して、就学援助を切り下げた数少ない自治体の一つです。多くの自治体では、連動させずにふみとどまって切り下げをしなかったのです。
 高島市政は、いわば国(安倍政権)の生活保護カットを唯々諾々と受け入れるだけでなく、その影響をそのまま低所得世帯に押しつける「先進例」の役割を果たしました。

◯ 49番(星野美恵子)…就学援助基準の改悪が強行され、1,700人の子どもたちが適用外にされようとしていることは子どもの貧困に拍車をかけるものであります。生活保護基準に連動させないようとの国の通知の趣旨を踏まえ、基準をもとに戻すべきと思いますが、明確な答弁を求めます
◯ 教育長(酒井龍彦)…就学援助の認定基準につきましては、従来から国が物価動向や低所得世帯の消費状況などを調査の上決定しております生活保護基準に準じて定めており、適切であると考えております。(2016年3月3日本会議)

◯ 42番(熊谷敦子)…公立の小学校、中学校で一体どれくらいの費用がかかるのか。文科省が行った学習調査では、学校教育費、学校給食費、学校外活動費の総額の平均は、公立小学校で年間30万5,807円、公立中学校は45万340円にもなります。そんな中、低所得世帯にとって7万4,000円は大事な支援です。これを打ち切るなど、まさに貧困対策への逆行です。(2016年3月8日本会議)

 就学援助が連動した切り下げによってどんなに深刻な影響を受けるか、これでわかると思います。
 私は、高島市政下で切り下げられた就学援助は元に戻すことを公約の中で取り上げて、街頭でも積極的に訴えてきました。今や福岡市全体の半数に迫ろうという低所得世帯にとって大事な問題だからです。

就学援助は「セカンドハウス」や「海外旅行」か

 ところが高島さんの選挙戦での言い分はこうでした。2018年11月15日の草ヶ江公民館公民館での高島さんの演説です。
選挙とかになるとね、もしかすると、これもタダにします、あれもタダにします、これにも補助金を出しましょう、あれにも補助金を出しましょうという話を聞くかもしれないんだけども、それお金どうするわけ、そんなんできりゃ今でもしてるって。ね。子どもの全部から、高齢者の全部から、もうついでに国民全員タダってすりゃ、できるんならするて(笑)。そりゃできんさ。みなさんの家庭だってね、子どもたちに服はいい服着させる、医療環境もバッチリ、夏休みには海外旅行に行ってなんとかでって、塾もいっぱい習い事させて、で、お父さんお母さんには素晴らしいセカンドハウスかなんか買ってあげる、ってそりゃできんって(笑)。要するに、配る福祉っていうのは配り終わったらなくなっちゃうんです。

 就学援助は「セカンドハウスかなんか買ってあげる」ことなのか、「夏休みには海外旅行に行」くことなのか。「配り終わったらなくなっちゃう」のか。
 吉永純・花園大学教授(公的扶助論)は次のようにコメントしています。
今回の(「しんぶん赤旗」の)調査結果では…特に政令市だけで見ると20市のうち(福岡市を含む)7市(35%)が引き下げられており重大です。…就学援助制度は、すべての子どもたちに教育の機会均等を保障する重要な制度です。子どもの貧困対策が国の重要課題となっている今、この機能を弱めることはあってはなりません。
(「しんぶん赤旗」2018年11月10日付、強調は引用者)

 現職市長の認識に絶望的なまでの「軽さ」を感じないわけにはいきません。福祉・社会保障は、人間の尊厳を支える制度であるという認識が決定的に欠落し、「金食い虫」だというほどのずさんな認識が見え隠れします。
 自分の市政下でおこなわれた冷酷な切り下げが何をもたらしているのか、少しでも現実を見たらどうなんでしょうか。
 たとえなんの「見返り」がなくとも、基本的人権が保障されていないのであれば、それを保障するために手立てを尽くすのが市長の仕事であり、「セカンドハウス」や「海外旅行」になぞらえた「贅沢品」のように嘲弄することは許されない発言です。

 そして、現実には「見返り」があります。
 私が選挙戦で主張してきたように、低額所得世帯への直接の給付はそれが生活の余裕となってあらわれ、消費性向の高さから、個人消費となって戻ってきます。つまり経済の成長を下支えします。

「アベガー」と言い続ける必要性

 また、この問題は、安倍政権のやっていることを市長選で私がなぜ問題にするかという非常にクリアな問題になっています。選挙戦の中で、善意からだとは思いますが、「安倍政権批判を絡めるのは良くない」という声を聞きましたが、現実には安倍政権のやっていることとたたかわなければ、市民の暮らしも守れないのです。
 だから私は「アベガー」と言い続けます。
 明日2018年11月18日日曜日は投票日ですが、ぜひ多くの皆さんにこのことを踏まえて判断してほしいと思っています。高島さんは、とうとう最後まで私の公開討論の求めには応じませんでした。もし私の言い分に反論があるなら、公開討論の場でおっしゃるべきでした。残念です。
 明日は更新をしませんので、市長選挙における更新はこれが最後となります。
 どうもお付き合いいただきありがとうございます。
 次はぜひ市長になって更新をしたいと思っています。

(*1)THE BLUE HEARTSの「TRAIN-TRAIN」 作詞:真島昌利

栄光に向って走る あの列車に乗って行こう
はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう
弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく
その音が響きわたれば ブルースは加速していく

見えない自由がほしくて
見えない銃を撃ちまくる
本当の声を聞かせておくれよ


かみや貴行(ヤッホーくん注)のブログ、1%でなく99%のための福岡市政を
就学援助切り下げを「嗤う」現市長の耐えられない「軽さ」
https://kamiyatakayuki.hatenadiary.jp/entry/2018/11/17/223654

(ヤッホーくん注)かみや貴行
2018年福岡市長予定候補。48歳。京大卒。愛知県西尾市出身。市民が主人公の福岡市をめざす市民の会から無所属で出ます。11/3現在政党での推薦は共産党。

ブルーハーツ TRAIN-TRAIN
https://www.youtube.com/watch?v=I68t-vJZinc

ブルーハーツ 青空
https://www.youtube.com/watch?v=OoXc0ZBXEx8

posted by fom_club at 08:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

実りの秋 山の恵み

「お酒に失礼なことはしない」
酒場詩人・吉田類さん(69)がお酒を飲む際、自分に課している掟だそうです。
テレビ番組『吉田類の酒場放浪紀』(BS–TBS)で、全国の味わい深い居酒屋を訪ね歩いている吉田さんは、酒飲みたちの憧れの的となっています。
東京・銀座で個展を開いていた吉田さんを訪ね、酒場で他の客とすぐに打ち解けるコツや「終始一貫して臨機応変」という座右の銘のワケを聞きました。

―― お酒を飲むとき「これだけはやらないようにしている」という“自分ルール”はありますか?

吉田:「絶対に他人に迷惑はかけない」というのがあります。自分が楽しく過ごすための鉄則でしょうね。お店では他人とひとつの空間を共有するわけですから。自分が楽しく過ごしたかったら、やっぱり相手を認めるべきで。相手には一目置くようにしています。

―― それは、相手が若い人の場合も同じですか?

吉田: 年齢は全然関係ないですね。「酒は人の上に人を造らず」。まさにその通りなんです。自由民権運動の思想家で植木枝盛という人が『民権数え歌』というのを作って、「人の上に人があっちゃいけない」ということを言った。福沢諭吉が『学問のすすめ』のなかで出した言葉でもあるわけですけども、植木も私も土佐出身だから、それをもじった表現があってもいいんじゃないかと思っていて。「酒は人の上に人を造らず」。これを肝に銘じています。

―― ひとりで居酒屋に行く場合他のお客さんにどうやって話しかければよいのでしょう?

吉田: 僕の場合、下町の大衆酒場が自分のエリアだったから、お店に入ると、いきなり知らない人と顔を見合わせるわけです。「コの字」カウンターだと特に。すると、ひと口目でだいたい他の人と視線が合うので、「ニコッ」としてから飲む。これでもうOKです。

――『吉田類の酒場放浪記』では、いつも陽気にお酒を飲まれていますが、いわゆる「ヤケ酒」をすることはないのでしょうか?

吉田: そういうお酒に失礼なことはしません。これまで自分の悲しみを癒すためにお酒の力を借りたことがあったかもしれませんが、だからといって、ヤケにはなりません。お酒によって癒されるんです。特に、17年間飼っていた猫が死んじゃったとき。5年くらい立ち直れなかったんです。その悲しみを癒してくれたのは、お酒でした。

―― 他人に失礼である前に「お酒に失礼」という考え方は面白いですね。

吉田: みんながそんな風に思えば、お酒が中心になって、その場が盛り上がるんじゃないかと思いますね。

―― 若いときからそういう飲み方だったんですか?

吉田: すぐに溶け込むというのは、今も昔も変わらないですね。絵の勉強でヨーロッパを旅したときも、言葉がわからなければ絵でコミュニケーションをとりました。当時はスペインの田舎に行くと、日本人を見たことのない人たちがいるわけです。バーの店員なんか、僕の顔の30センチくらい前まで顔を近づけて不思議そうに見ている。そこで絵を描いて「これわかる?」と言うと、すぐにほしいものが出てくる。向こうではアーティストって特別な存在らしくて、僕を見る目が変わっていました。

―― ところで「類」という名前は、どんな由来があるのでしょう?

吉田: これはですね、母親が変えたんです。僕は小さい頃、家を出たらなかなか帰らないくらい遊び好きだったんですよ。放浪癖があった。何が悪いかといったら、昔の人は「字画」と考えたんですね。それで、画数と一字で収まるというので、10代のとき母親が「類」と呼ぶようにしたんです。

――でも、いまも「放浪」されていますよね。

吉田: そうそう。なんのアテにもならないんです。単なる迷信でしょうね。昔の人は画数で人格が変わると思っていた。江戸時代の(何度も雅号を変えた)北斎と同じように、名前が意味を持つと思ったんでしょうね。

―― 類さんが描かれる絵には、不思議な柔らかさがありますね。

吉田: 僕がずっと描いてきた絵はシュルレアリスム。「超現実」という意味なんですけども、細密描写の世界を描いていたんです。それが、あるときから精神的に疲れるようになった。要するに、和めない。絵画としてどう評価するかは別として、自分が笑ったり癒されたりしないわけですよ。もっとラフで、見てにっこりできるようないまの絵のほうが、描いているこっちもストレスがないんです。

―― 自分が楽しむことを大事にしている、と。

吉田: 創作活動は、あくまでも「個の関わり」でしかない。あとは、その時間をどう生きるかってことですけど、ただ夢中で楽しむ。ひとつ絵を描いたら「楽しいな」、ひとつ原稿を書いたら「ほっとするな」。そういうことを心がけてきたんです。その延長ですね、僕の場合は。その延長で登山も始めました。いまは単独行が主になってきたんです。

―― 絵を描くことと登山とは、対象的な感じがします。

吉田: そんなことはないんです。僕のおおもとは変わらない。表現上必要なこと、あるいは楽しいと思うことしか、やってないんですね。最初は渓流釣りに凝っていたので、日本の河川を旅しました。特にイワナがターゲットだった。イワナを採るためには山奥に入るしかないんです。あれは氷河期の生き残りで、寒いところにしかいない。寒いところっていうのは、標高の高いところです。僕は、山のなかでひとり過ごすのは怖くないんですよ。山の奥のほうにテントを張って、自然と対話しながら孤独を謳歌してきたんです。孤独を味わうという意味では、絵を描いたりすることも基本的には同じなんです。

―― 都会から離れて、寂しいと思うことはないんですか?

吉田: 客観的には孤独かもしれないけど、やっぱり充実してますね。登山した中で、札幌にある藻岩山というのがあるんですけど、そこにヒグマがいるんですよ。あと少しで出られるというところまで下りたとき、下からエゾジカが飛ぶように登ってきた。警戒音を発しているわけです。それを聞いたとき、「あ、ヒグマがいるな」とわかった。下からガサッガサッって音がするわけです。そのあいだを通って帰らなきゃならない。怖いなと思ったけど、そういうのが好きになって、また北海道に行くようになったんです。

―― 自然のなかにいるほうが、肌に合っているのでしょうか。

吉田: そうですね。かといって、人間に絶望したってわけではないんですけど・・・。だけど、難しいじゃないですか。「情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ」。それと同じだと思うんです。人間誰でもそうなんだけど、そんなに四方八方、丸くハッピーに収まるわけがないですよ。生きているというだけで、心を傷めることもあります。だったら自然のなかに身を置いたほうが解放される。これはもう、やめられないですね。

―― その一方で、人と接することもお好きなように見えます。

吉田: すべては臨機応変です。細菌学者の北里柴三郎の座右の銘に「終始一貫」というのがあるんですが、これをみて「僕とは真逆の人だな」と思ったわけです。そこで、それをある意味パロディにして、座右の銘を「終始一貫して臨機応変」にしたんです。「終始一貫して臨機応変」。これがなかったら、山に行ってもサバイバルできないよと言っているんです。


DANRO、2018.06.08
「山でひとり過ごすのは怖くない」

酒場詩人・吉田類が語る「孤独を謳歌する方法」

土井大輔
https://www.danro.bar/article/11598834

 今回は90分のスペシャル版。
 絶景が広がる北アルプスでは、テント泊をしながら女優、森郁月さんが、達人の作る絶品山メシに舌つづみ。
 秋田県の小又峡では、俳優の深水元基さんがブナの林に分け入り、旬のキノコを見つけるキノコ狩りトレッキング。
 八ヶ岳では、酒場詩人の吉田類さんが、名物山小屋の主人と山を歩き、秋の味覚を楽しむなど、絶景と山の恵みを味わう魅力的なトレッキングコースを紹介する。

[出演]森郁月、高橋庄太郎、小雀陣二、深水元基、伊東雅晴、大川美紀、吉田類、竹内敬一
[語り]渡部紗弓、大嶋貴志
[動画]

NHK・BSプレミアム
にっぽんトレッキング100スペシャル「実りの秋 山の恵み」

2018年11月17日土曜日午後9時00分〜午後10時30分放送

http://www4.nhk.or.jp/P4100/x/2018-11-17/10/33514/1878325/

編笠山 ☟

編笠山.jpg

posted by fom_club at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」
監督:三島有紀子、脚本:渡部亮平、松井香奈、主題歌:サザンオールスターズ「北鎌倉の思い出」
出演:黒木華、野村周平、成田凌、夏帆、東出昌大ほか
2018年11月1日(木)、全国ロードショー。
公式ホームページ https://biblia-movie.jp/ 
https://www.youtube.com/watch?v=7mBuqLL56T0

野波健祐「好書好日」編集長: まずは、11月1日に公開されました映画についておうかがいしていきたいと思います。監督は映画の話が来る前に小説を読まれていたと聞いたのですが。

三島有紀子: そうですね、もともと本が好きなので・・・・・・、だいたい休みの日って映画館に行くか、劇場で芝居を見るか、本屋に行くかしかないんですよね。本屋さんで(読むのに)時間かかりそうなものは買うんですけど、ビブリアの1巻に関しては立ち読みで全部読みました。丸善さんごめんなさいって感じですけど(笑)。

野波: 立ち読みで全部?

三島: 私、本屋さんに図書館のごとくいられるので、基本的には立ち読みします。まずいですね、これ。相当怒られる(笑)。(原作者の)三上(延)先生にも謝りました、「1巻買ってません」って。

野波: 立ち読みに至るきっかけは、おもしろそうだなって目を付けた中にビブリアもあったということなんですか?

三島: 自分でも脚本を書くので、映画化するために本屋さんに行くっていうのは意識的にやめようと思ってるんですよね。それで自分自身が読みたいなあとか、今の気分で求めているものを本屋さんで手にとって、読んでみて、これは映画にするべきだなとか、映画にしたいなと思ったときに動き始めるってことなんですけど。ビブリアのおもしろかったところはやっぱり、殺人事件が起こるミステリーじゃなくて、人間の心の中が見えてくるミステリーなのかなという風に私は受け取れたんですね。その人間ドラマがやれたらすごくいい映画になるんじゃないかなと思ったことと、古本ってやっぱり、前持ってた人の痕跡が見て取れるじゃないですか。

野波: 線が引っ張ってあったり、ページが折ってあったり、ああいうのが気にならないタイプ?

三島: 全然気にならないです。むしろワクワクする。ここに線引いてあるんだ!とか、ここに丸がしてある!とか。たまにコーヒーのしみとか付いてると、「コーヒー飲みながら読みたいよね、この本」とか思います。あとマニアックなところで言うと、北朝鮮の教科書の古本を見つけたときに、次の世代に贈る言葉みたいなのが表紙の裏に書いてあって・・・・・・。「がんばれ」といったような意味の。そうやって前に持っていた方の痕跡を見るのがすごく好きなんですよ。その人の思いが今、私のような全然関係ない人間に届いてるわけですよね。例えば今回の映画でも、誰かの強い思いが、その人が死んだ後にも古書を通じて誰かに届く。またそれを受け取った人の人生が大きく変わるわけじゃないけど、ちょっと背中を押されたり、影響を受けたりっていうことがテーマとしてできるのであれば、映画にしたいなっていう風に思い、オファーをお受けしましたね。

野波: 小説は8巻まで出ていて、いろんな人や本が出てきて、要素が多いじゃないですか。それを2時間にしなきゃいけません、と。どう要素を整理していったんですかね。

三島: まず(主役の2人)篠川栞子と五浦大輔の出会いである(夏目漱石の)『それから』は欠かせないんですけど、一方で私は「僕の存在には貴方(あなた)が必要だ。どうしても必要だ」っていうあの名言が大好きで、どうしても入れたかったっていうのはありますね。もうひとつは、事件と関わってくるものとして(太宰治の)『晩年』を入れることになったんですけど、それもやっぱり『晩年』に書かれてある「自信モテ生キヨ 生キトシ生クルモノ スベテ コレ罪ノ子ナレバ」っていう言葉が本にこだわっている人たち、業を持ってしまった人間の象徴的な言葉だなと思って、ぜひとも入れたいなと思ったんですね。いろんな本を入れても本をあまりお読みになられない方や原作を読んでいない方には複雑になるだけかなと2冊に絞って、二つの川が最後1本の大きな流れの川になるようにお見せできたらいいのかなって。本当にとても難しかったです。

古書堂のセットに並べた本はすべて本物

野波: みなさんも原作を読んで、もやっとした古書堂のイメージがあると思うんですけど、僕は、この映画がDVDになったら一時停止してどんな本があるのかすごく見てみたいくらい魅力的な古書堂ができあがっていると思いました。

三島: 見ていただきたいですね(笑)。あの本は全部、本物なんですよね。美術部が全国の古本屋さんや個人所蔵の本を全国から集めてきてくれて。栞子さんだったらお店の表から奥に至るまでどういう本を、どういう順番で並べているかっていうのをずっと話をしながら飾っていったので、本当にそこに1軒の古書堂ができあがっているんです。

野波: 並べる順番も三島さんが指示されたんですか?

三島: 相談しながらですね。手前の方は安い文庫本で、だんだん奥にいくにしたがって高い本になっていくっていう基本的な古本屋の法則がありながらも、栞子さんのまわりには栞子さんが大切にしていて、なおかつ好きな本があるのではないかと。「これはきっと栞子さんが好きだよね」「いや、これよりはこっちの方が好きなんじゃない?」みたいな話を延々してた、って感じです。

野波: 明日から商売できそうですね。映画を撮っている間、いったん決めた配置は変わってない?

三島: いちおう細かいこだわりとしては、「このへんの本が売れたんじゃないか」って言ってちょっと抜いとこう、とか。

野波: じゃあ、ファーストシーンと最後の方は配置が違う。

三島: 細かく見れば違いますね。あとは原作にも書かれてましたけど、本のすきまがちょうど指が入るくらいの感じだ、っていうのをやってます。

野波: ものすごい失礼な質問になるかもしれないんですけど、そこまでやってていいんですか?(笑)

三島: え、ダメですか?(笑) 自分自身が古本屋さんが好きだっていうのもあるかもしれないですね。あと一番大事なのは、お芝居が自由にできる空間を作りたい、っていうのは私がいつも思っていることで。にせものの本だったりカバーだけが飾ってあったりっていうようなセットだと、「ここは本取らないでください!」みたいなことを役者さんに言わなきゃいけないわけですね。でも全部ちゃんと飾っていたら取りたい本を取れるし、本当に芝居が自由になるんです。それが一番大事かなと思って。野村周平くん扮する大輔っていう人は本を読まない人なので、古本屋なんか来たことないと。その人が初めてこのビブリア古書堂に足を踏み入れた時にどういうにおいがするのか、床がきしむのかきしまないのかも含めて、「うわー、これが古本屋かあ」みたいなことを、わざわざ芝居をしなくても感じることができる、っていうことを目指すためにやってもらっていますね。

野波: 次は主役である栞子さん、大輔さんらのキャスティングについておうかがいしたいのですが。

三島: 栞子さんは本をこよなく愛していますし、本についての知識がものすごいので、まず絶対的にご自身が本を好きな人にやってもらいたいと思ったんですね。また本を読んでる姿が美しい人。あと、本のよさって文字を写してもなかなか伝わらないので、音読してもらいたいなと思ったんですよ。なので日本語の文章を読んだときに非常に美しくて、その言葉がより深く人々に届く表現力を持ってる人って考えた時に、黒木華さんが浮かび上がったっていう感じですね。以前にも「繕い裁つ人」でご一緒して、文学のにおいが本当にする方だったので、やってもらいたいなあと思いましたね。

野波: 一方で本が読めなくなってしまった大輔さん、野村周平さんですが。

三島: 野村さんに関しては、大輔が実際に本を読めない人なので、あんまり本を読まなさそうな(笑)。

野波: 本人にそれを言ったんでしょうか(笑)。

三島: お会いしたときに「本って読んでる?」って聞いたら、「あんま読まないっすね」って(笑)。でも、大輔さんって非常にステキだなと思うのは、栞子さんのやりたかったことだったり考えていることに寄り添ってくれる人じゃないですか。本を通してじゃなくて、直に人間を見てるんですよね。そういう意味で野村さんはよかったです。

野波: あと栞子さんの妹さんの文香役が本当にイメージ通りというか、「この子だろ、小説に出てたの」って思って。資料をもらっても名前が出てないんですが、どなたなんですか?

三島: パンフレットをお買い上げいただくと出ているんですが(笑)。

野波: すいません!

三島: あの子は桃果ちゃんという名前の女優さんです。文香は非常にオープンで、太陽みたいな子なんですよね。この役はオーディションをかけたんですけども、まったくイメージの子が来なくてですね。私が日に日にイライラしてきて、「うーん、うーん」ってずっと言っていたら、ある日、最終オーディションの時に、ラインプロデューサーの方が「ひとり新しい子が来ます」って言って、それが桃果ちゃんだったんですけども、入ってきた瞬間に「この子だ!」って思ったんです。顔がぱーって明るくて、その場を本当に明るくさせる子なんです。お芝居もうまくて。それで、その日に即決させていただいたんですよ。

「本の森」大阪の問屋街で過ごした少女時代

野波: この新刊書店の中でずーっと古本の話をしているのが正しいことなのか分からないのですが・・・・・・新しい本も含めて少し、映画から離れて三島さんの読書の話をお聞きしたいのですが、以前から「三島有紀子って三島由紀夫みたいだな」って思ってたんですね。それで、資料を見たら「お父さんが三島由紀夫から(名前を)付けました」っていうのがあって驚きました。本当ですか?

三島: まさにそうですね。うちの父親が三島の大ファンで、私が産まれたときに「せっかく三島なのになぜ由紀夫と付けない」と言い始めてですね。「女の子なんですけど」って母親が反対して、「じゃあ仕方がないから『ゆきこ』にしよう」って父親が言ったっていう経緯です。

野波: 漢字は?

三島: 最初はもちろん「由紀子」になってたんですけど、さすがに母親が、頼むからやめてくれと(笑)。「ゆきこ」の「ゆ」の字だけは変えてくれと頼み込んだらこの字になったって経緯らしいですね。

野波: そもそも三島にははまったことはあるんですか?

三島: これがですね、最初に触れたのが小学校の頃だったわけです。三島の小説を小学生で読んだときにどうなるか、想像していただいてよろしいでしょうか。

野波: 何を読むかにもよると思うんですが?

三島: 最初に『豊饒の海』を読んでしまった・・・・・・。

野波: あ、それはダメですね。

三島: っていうのが問題で、なんかこう、どこまでもくどくどと、いつまでも終わらない文章を書く人だな、みたいなことを思ってですね。そのあと『金閣寺』を読むと非常に分かりやすくて、これはちょっと感銘を受けました。三島って私からすると美を追求した人なのかな、というイメージがあって、金閣寺がやがてなくなるものだと知った瞬間に非常に美を感じる、っていうくだりに「ああ、なるほどー」と。いつかなくなるものに、その一瞬に美があるんだな、っていうのはその時に考えたことですね。でも別に三島の小説に限らず、坂口安吾だったり室生犀星だったり、いろんな本がありましたし、うちが大阪の堂島っていう本の問屋街にあったので、小さい頃から問屋街でかくれんぼしていて、それこそ立ち読みのくせがついたんです。

野波: そこに戻っていくわけですね(笑)。

三島: もう問屋街なので本が本棚に入りきらなくて、床に本の森みたいに積んであるんですよね。その一番上が、本屋さんがぱらっとめくって読めるようになってるんです。それを片っ端から読んでいくっていう子ども時代(笑)。もちろん買ったりもしました。うちの父親は本に関してだけは、誕生日ではなくても「この本を読みたい」って言ったら必ず買って与えてくれる人だったんですよね。

野波: じゃあ自然と本を読むようになっていったんですね。今回の映画に出てくる主な2作でいうと、漱石、太宰は?

三島: 小学校高学年から中学生くらいですよね、だいたいはまっていくのは。漱石の文章って、全部読んでいるととても心にくるものがあるんですけど、一方の太宰の方がどちらかというとロック歌手の歌詞みたいというか、非常に言葉のセンスがすばらしくて、シャープで、十代の自分をぐさっと刺してくる言葉が多いと思うんです。そういう意味で、一時は太宰に影響を受けていましたね。高校生くらいになってくると、それが遠藤周作とか宮沢賢治とかに流れていくっていう感じです。どちらかというと、もうちょっと広い世界で物事を見ていくっていうんですかね。半径3メートル以内ではなくて、もっと世界だったり地球だったり、ヘタしたら宇宙から見たいまの生命っていうか、いま自分が生きていることだったり、出会っていることだったり、受け取っているメッセージっていうのはきっと時を超えて、誰かが発したものが回り回って自分にやってきてるんだとかいう発想になったのは、そういう作家たちを読んでたからかなと思います。

野波: 映画化したい作品というのは、結構見つかるものですか?

三島: いっぱいありますね。こういう人生に寄り添いたいだったり、こういう人物に実際に会いたい、っていうときに撮りたいなと思いますけど。

野波: 差し障りのない範囲で、この作品は映画化してみたいな、映像化してみたいなっていうのは今ありますか?

三島: 私はやりたいと思ったら動くので、そういう意味では動いているものもあるのでなかなか言えないですね(笑)。でも映画をやりたいと思ったら作れる環境にあるのかというと、なかなかないんですよね。やっぱり今世の中が「売れるものはなんだ」って探っているので、例えばこれはきっといい映画になるけれども当たるかどうかっていうと保証がない、っていうときにみんな引いていくことが多いんです。そういう意味では、本当にいいものを作りたい時にどうやったら作れることになるのか、っていうことをいつも考えている感じですね。「幼な子われらに生まれ」は重松清さんが作家として売れる前の小説ですし、非常に内容も地味な話ですけど、絶対いい映画になると思ったので自分でも一生懸命お金を集めました。実現に向けてみんなでそういうことをやっているとだいたい6年くらいすぐ経っちゃいますね。

野波: というと、6年後くらいにここで話していた作品はこれだったのね、って我々の目に見えてくるわけですね。

三島: そうですね。(映画化したい作品の)作家さんで一人だけ言うと、桜木紫乃さんでやりたい作品はたくさんあります。桜木さんほど女性のハードボイルドを描ける人はいないなって思います・・・・・・。生きることに躊躇なく向かっていく女性を描かれている。そういう人物像っていうのは今、非常に必要なんじゃないかなと思いますね。日本は本当に自殺も増えてますしね。どんなに堕ちても何があっても生きていくことがいかに崇高なことか。すべてなにもかもが生きる「道具」。また、愛されることよりも「愛する」という覚悟を持った人生が、いかに愛に満ちあふれているものなのかということ。でも生きているうちにはけっして満足することがない。共感はいらない、ただそこに理解という尊敬がある・・・・・・。そんなことを力強く描いていらっしゃると思うのですが、そこは私も非常に共鳴するところです。

会場の質問に答える

参加者: 三島さんが読まれた本の痕跡っていうのは、どんなものが残されているのでしょうか? あとご自宅の書棚で一番いいところにある本は、どなたのどんな本があるのか教えてください。

三島: なるほど。一番言いたくないですね、本棚(笑)。私、人と出会ったときに一番見たいのはその人の本棚なんです。なんですけど一番いやなのが自分の本棚を見られることなんです(笑)。痕跡本は、私の場合はぼろぼろになりますし、きれいに読もうと思ってないので、もういっぱい書いてありますね。それから発想した自分のショートストーリーも書いてますし。だからもう捨てられないです。絶対売れないです。

野波: 墓場まで持っていきますか。

三島: なんとか焼却して死んでいきたいと思います。ブックオフとかでは絶対買ってくれないですし。言葉に丸が付いてますし、すごく重要な言葉はぐるぐるもしてあるので。あとは線も引いてありますし、それにまつわる自分の思いついた人物像だったり、それを映画化したいと思っているわけではないのに、それをきかっけに思いついた物語だったり人物だったりを派生して書いていくんです。

野波: それが一番いい本棚に置いてあるとか?

三島: それは置いてないです。選りすぐられた本棚の中の何冊かを言いますと、桜木紫乃さんと、近藤ようこさんという漫画家の方は多いです。あとは写真家の木村伊兵衛と土門拳。あとは植田正治さんと。この3人の写真家の写真集は選りすぐりの本棚にあります。土門拳って寄りっていうかアップの世界なんですよね。木村伊兵衛って引きと言われている、広い世界で物事を見ている。植田さんはご自身の宇宙を具体化している。映像というものがどういう伝え方をするのか、それぞれの違いを自分の中に意識的にたたきつけるんです。

野波:「映画を撮っていて一番楽しい瞬間はいつですか」という質問を事前にもらっています。結構苦労が多い気がするんですが。

三島: 苦労しかないですね(笑)。工程として楽しいのはお芝居を撮ってる時ですかね。いいお芝居をしてもらうために美術もロケ場所もこだわってますし、それを役者さんが感じてくれて、ある種テニスのラリーみたいにこっちがこう投げたらそういうお芝居で返してくれたんだ、って感じたときがやっぱり一番幸せです。

野波: 今回三島さんが一番、粘りに粘ったカットは何ですか?

三島: 何回も撮ったってことですか? 私あんまり何回も撮らないんですよね。集中してもらう時間の方が長いです。例えば今回は夏帆さんと東出昌大さんが恋に落ちる関係性なんですけども、いきなり「はい、恋人です」ではやりにくいじゃないですか。なので、そういう関係がにじみ出る準備の時間を作ります。例えば旅館のシーンなんですけど、別の部屋に行ってもらって二人っきりで1時間過ごしてただいて・・・・・・、手を握ってもらうとか。やっぱり身体的接触って大きいですから、そういう準備時間をかけるって感じですね。東出さんは小説家を目指す役なので、実際に太宰治が使っていたと言われている同じ種類の万年筆と原稿用紙を用意して、撮影前にお渡しして、ごく当たり前のように万年筆で原稿用紙に文字をすらすら書ける状況にしていただくとか。

野波: 旅館のシーンもすばらしかったんですけど、ロケハンって楽しくないですか?

三島: 映画は大変なことばっかりって言いましたけど、ロケハン、楽しいですね(笑)。そうですね、(映画作りは)たいがい楽しいです、すいません。

野波:さんざんしゃべっておいてなんですが、最後に一言お願いします。

三島: 真面目な話をすると、私、本を読んだりネットで記事を読んだりしていて思うのは、人とつながるとか、人に思いが届くことって本当に氾濫していると思うんです。非常に簡単に使われている言葉だと思うんですけど、実は本当の意味でつながったりとか、本当にその人の思いが届くっていうのは奇跡的なことだと思っていて。その瞬間を映画の中で伝えられたらいいなと思って撮りましたので、そういう視点で見ていただけたらうれしいなと思いますし、みなさんの中でも今つながったなと、今届いたなって思う瞬間を思い出しながら過ごしていただけたらうれしいかなと思います。

野波: 三島さん、本当に今日はありがとうございました。


好書好日、2018.11.10
原作との出会いは立ち読みだった!?

映画「ビブリア古書堂の事件手帖」監督・三島有紀子さんトークショー

https://book.asahi.com/article/11937374

自信モテ生キヨ 生キトシ生クルモノ スベテコレ 罪ノ子ナレバ
 作家・太宰治の言葉が、今も現代の人を揺り動かす。

 映画「ビブリア古書堂の事件手帖」は、本を愛するビブリア古書堂の店主・篠川栞子(しのかわ・しおりこ)と、本を読まない青年・五浦大輔らがくり広げる、一冊の古書から始まるミステリーだ。
 物語の鍵を握るのは、夏目漱石の『それから』と太宰治の『晩年』。
 栞子(黒木華)と大輔(野村周平)の関係性の変化や、大輔の祖母の若き日を描いた絹子(夏帆)と嘉雄(よしお/東出昌大)との秘められた恋が描かれる。

 本作を手がけたのは、NHKでドキュメンタリーやトーク番組「トップランナー」などを手がけ、後に映画界に転身した三島有紀子監督だ。
 この映画で伝えたかったことは? SNS全盛の現代、本当に多くの人に届く言葉とは何か。
「現代と過去を繋ぐ場所を描きたかった」と語る三島監督に聞いた。

―― 昭和のシーンと現代のシーン。二つの時代の出演者は共演していないのですが、不思議なほどに自然につながっていました。一冊の本が、時を経て人の人生を揺さぶるストーリー。監督が表現したかったことは何でしょうか。

三島: 一番大きいのは、死んだ人の想いは、今生きている人に何らかのかたちでメッセージが伝わるはずだと信じているところがあります。今回は本を通じて、前にこの本を持っていた人の想いが、現代の人に伝わって、その人の生きかたが何かしら変化していく、そういうことがやれたらいいなと思いました。
 太宰治の『晩年』を選んだ時点で、「自信モテ生キヨ 生キトシ生クルモノ スベテ コレ 罪ノ子ナレバ」という業の部分をやれたらいいなと思って。結局、好きなものがあるのは業、という感じがします。

―― 監督は、舞台挨拶で「もしかしたら自分が死んだ後、違うかたちで誰かに影響を与えるかもしれません」とお話されていました。

三島: 自分が大切な人を失ったとき、たとえば私は父親を亡くしているんですけれど、父親は本当のところ何を言いたかったのだろうか、とよく考えるんですね。
 父親が私にプレゼントしてくれた本があるんですが、何も言わずに手渡されたので、あのとき私に渡した意味は何だったのか、とか。父親の日記を発見して読んだりして、別のかたちで父親の考えていたことを受け取ることが多いんです。
 一方で、映画も亡くなっている監督の作品から自分は大きな影響を受けていて。今生きて直接お話できる機会がなかったとしても、何らかのかたちで人の想いは伝わって影響を与えていく。そう思いながら生きていることを込めたい、という思いは強かったですね。

―― 映画では、野村周平さんが演じた、過去の体験によって本を読まなくなった青年・五浦大輔が、今を生きる若者を体現しているようでした。監督は、野村さんに「太陽のような存在でいてください」と伝えていたそうですね。

三島: 大輔は本を読まないし、なおかつ素直ですぐ傷つく。自分が失敗しているくせに、自分が傷ついてしまう。それもわかるんですよね。一生懸命、自分がなんとかしてあげたいという思いでやったことを、結果が伴わなくても信じてもらえなかったことに怒ってしまう。非常に現代的だと思いますね。
 私の中では、栞子さんはずっと本の世界に生きている人。本に囲まれていて、ずっと本を読んでいて、あまり外に出ない。本を通して世界を知っている人なので、人と深く接触することもそんなにないでしょう。
 栞子は、なんとなくビブリア古書堂の中にぽっと浮かぶ"月"という感じがしていて。ちょっと暖かい、自分の熱量をわかりやすく発信している"太陽"みたいな人が現れて、化学反応が起きていくと思ったので、(野村さんに)「太陽みたいな人でいてくれ」と言いました。

―― 作品では、本の手触りや存在感、古書店の佇まいの美しさが際立っていますが、映像化するうえで工夫されたことは?

三島: ビブリア古書堂という場所が、現代と過去を繋ぐ場所であってほしいという思いがありました。ここに足を一歩踏み入れると、ちょっと現代じゃないというか、現代なんだけれど現代じゃない空間を感じてもらいたいなと。
 それで、入ると木の軋む音が聞こえて、振り子時計の音が鳴っている、という空間にしました。表から見たときにも本が見えるように。壁面にも本棚をつくってもらって、どこから撮っても本棚の壁ではなくて本が見えるようにしました。
 栞子さんは、一番奥のカウンターに座っているんですけれども、カウンターの下にも棚があって本が並んでいます。壁にも棚をつくってもらって、栞子さんが座ったら頭の上にも本があるように。栞子さんは常に本に囲まれているように撮れるよう美術部にお願いしましたね。
 本棚の背をつくらず、本と本の隙間から栞子さんが見えるように。逆にいうと、栞子さんからは、本の隙間から大輔さんが見えるよう撮れるようにしてほしいと。とにかく、どこを切り取っても本に囲まれている空間が撮れるように設計してもらいました。
 あとは、本物の本を並べてもらいました。『晩年』だけは、破ったりいろんなことをしたりするのでつくりましたけれど、他の飾ってある本は全部本物です。

―― 東出昌大さんが演じる作家志望の嘉雄が、原稿用紙に手書きで書くシーンも印象的です。

三島: 原稿用紙と万年筆って情報量が多いですよね。たとえば、文字をパソコンで書いたりするのと、手書きのちょっと力が入ったり滲んでしまったりするところも含めて、その人の思いを表すと思うんです。
 今、文字を書く作業をあまりしなくなりましたよね? それが自然にできるように、東出さんには、原稿用紙と実際に太宰治が使っていたといわれているタイプの万年筆を用意して。撮影前に、「この原稿用紙に書くという行為が当たり前になるように、練習してきて欲しい」とお渡ししました。

―― 太宰治の『晩年』の「自信モテ生キヨ」。この言葉が、時代を超えて人の心の支えになっています。一方、現代はSNSを通じて、誰もが発信できる時代になりました。言葉の重みが変わってきているように思います。

三島: かなり変わってきていますよね。文章を推敲して書くことが減ってきた。意見を書くときも、例えば記事のタイトルだけを読んだりして、中身は読んでいなかったりするなかで、事実を調べることなくその瞬間に生まれた感情のまま書いた文章で発信してしまっていると感じる事があります。
 自分が投げたものというのは、必ずいろんな人を循環して、いろんな人の積み重ねをつくって、必ず社会という全体に繋がっている。そういう認識がかなり薄い感じがしますね。
 自分自身は、映画で発信している責任をすごく感じているんですね。発信するものの責任は必ず伴うと思っています。それはドキュメンタリーを撮っているときもそうだし、おこがましいですけれど、自主映画を撮っているときからそうです。
 何人かの人が見て、少数であってもそれを受け取れば、何かしらの影響を与えてしまう。SNSでは、みんな小さな発信者です。それを発信する責任は必ず生まれるというか、影響が生じているという認識がもう少しあってもいいのかなと思うことはありますね。
 人生を大きく変えた一言ではなかったとしても、ちょっと不快なことを発したら、不快なものを受け取った人は、別のところに、SNSに限らず隣りにいる人に、不快なものを発信してしまうかもしれない。
 たとえば、「クソ」という言葉を読んだとき、必ず何かの感情が生まれていると思うんですよ。それを自分が使いたくなるのか、自分が発信するときはやめようと思うのか。受け取ったときの自分の感情をじっくり見つめると、発信するときも一歩踏みとどまるのかなと。少なくとも自分はそうしています。


ーー 監督は、もともとはドキュメンタリーも制作されています。ドキュメンタリーと映画などのフィクションは、制作する上で、どう使い分けているのでしょうか?

三島: あまり違いを感じていないですね。発信者が、ちゃんと考えて、何を投げているのかを、無意識ではなくて、意識を持って考えているかどうかだけ、ですね。ニュースであってもドキュメンタリーであっても我々みたいな劇映画であっても一緒かなと思います。
 もちろん表現方法は違います。私も、(NHKで)長編のドキュメンタリーをつくっていたときに、いきなり池上彰さんがやっていた頃の「週刊こどもニュース」に1年間だけ異動したことがありました。
 長編のドキュメンタリーでは、実際にカメラで取材をさせてもらって編集をして、長いスパンで物事を見つめる時間があったんですけれど、週刊こどもニュースはニュースと一緒で、それをわかりやすく伝えるニュースです。短いスパンになかなか慣れなかったことはありました。
 あのとき学んだのは、自分がいかに、わかっているつもりであったものがわかっていなかったか、ということ。なんとなくわかっていても子どもたちに説明できるほど自分はわかっていないことがよくわかりました。
 わかっていると認識していたものは、果たして本当にわかっているのだろうか、と考え直す必要があると思いましたね。

―― 古書店を営む栞子も稲垣も、『晩年』の一節に助けられている。どれだけお金を出しても『晩年』を自分のものにしようとする人もいる。その思いの強さ、執着はすごいです。

三島: マニアってそういうものですよね。どうしても欲しい。その気持ちは栞子も理解できると思うんですよね。「たかが本」と大輔は言いますけれど、栞子はやっぱり「たかが本」とは思っていなくて、本の価値を見出している人です。
 栞子は、自分がその本に執着していることもわかっているから、(『晩年』の)「言葉が自分のことを言われているようで好きなんです」と。自分の業を認めているんですよね。
 異常なまでに『晩年』への執着を持った人が、ひとり出てきますけれども、その人はモノとしての『晩年』が、自分にとって非常に価値があると思っているマニアであると同時に、ただ、人としても『晩年』に執着する理由があるわけです。

―― 大輔のような本を読まない現代の人たちが『ビブリア古書堂の事件手帖』を観るとしたら、どんな思いで観るといいでしょうか。

三島: 大輔みたいな人に伝えたいのは、最大のミステリーは人間の心の中に、ということです。
 決してそれは誰が犯人ということではなくて、もっと心の奥にあるということです。この映画では、人の思いが最大のミステリーだった。生きていて思うのは、最大のミステリーは人間の心、ということ。それを観ていただければうれしいなと思います。
 本を読むことは、ひとりの人生に触れるとか、面白い旅をすることだと思うけれど、今の人は多分そういう感覚でない。それだったら旅に行ったりとか、人に会ったりしたいと思うかもしれないけれど、どちらも同じくらい面白いと思うんです。
 大輔は、人と会っているほうが、吸収するものがあるんじゃないかと思っている。それはそれで、人それぞれの考え方だとは思うんですけどね。でも、人と接することと同じくらいに、普通に生きていたら出会う事のない人や世界を知ることができるという意味で本を読むことも映画を見るということも、大きなものなのかなと。
 映画に、栞子が、「いつも本のことばかり考えてるんですか?」と大輔にいわれて、「他に何を?」というセリフがあるんですけど、これは私が助監督に「いつも映画のことを考えてるんですか?」って聞かれて、そう答えてみんなに爆笑されたエピソードがもとになっているんです(笑)。
 ちょっと間違えると、本とか舞台とか映画ばかりに偏っちゃいますけど、どの出会いも、人との出会いと同じくらい大きいことになりうるっていうことですよね。もうちょっと世界を広げようと。自分への戒めも含めて。


HuffPost、2018年11月17日 10時08分 JST
太宰治とSNSの言葉はどう違うのか。「ビブリア古書堂の事件手帖」監督が伝えたいこと

SNS全盛の現代、本当に多くの人に届く言葉とは何か

笹川かおり、ハフポスト日本版ニュースエディター
https://www.huffingtonpost.jp/2018/11/16/biblia-yukiko-mishima_a_23591940/

posted by fom_club at 16:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

徴用工

 戦争遂行のために、募集という名で始まった朝鮮人労働者の集団移入。
 太平洋戦争の激化とともに日本に強制動員されていきました。

 各地の炭鉱、金属鉱山や土木場、軍需工場。
 労働力不足を補うため、最も過酷な職場で劣悪な環境下で飢えや暴力にさらされました。
 奴隷のように扱われた、地獄の日々だった。
 数知れない証言がすさまじい実態を語っています。

 17歳のときに「勤労報国隊」によって動員された李春植(イ・チュンシク)さんもその1人。
 当時の日本製鉄(現新日鉄住金)釜石製鉄所で1日12時間も鉄材を運ばされ、熱い鉄材の上に倒れて大けがを負ったことも。
 技術を習うどころか、賃金さえも受けられなかったと韓国紙が報じています。

 李さんら元徴用工4人が新日鉄住金を訴えた裁判で、韓国の最高裁判所は賠償を命じました。
 これまで日本政府や被告企業は日韓請求権協定によって解決済みとしてきましたが、判決は個人の請求権は消滅していないと。

 安倍首相は「あり得ない判断」と抗議。
 自民党からも「国家の体をなしていない」と韓国への非難が相次いでいます。
 自国民の安全が脅かされても米国には何も言えないのに、加害者として誠実に向き合わなければならない国や人びとには冷淡な政権の姿が露骨に表れています。

 国会では外国人労働者の受け入れ拡大が焦点の一つに。
 個人の尊厳や人権が守られず、単なる労働力として扱われている現状のままでいいのか。
 彼らを守ることは働くすべての人たちの権利にもつながっていきます。


しんぶん赤旗、2018年11月1日(木)
きょうの潮流
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-11-01/2018110101_06_0.html

 韓国の元徴用工への損害賠償をめぐる問題について考える前に、日韓国交正常化と元徴用工にまつわる合意ができた背景を知っておくべきでしょう。

 日韓の国交は1965年に正常化しました。
 請求権問題の解決は国交正常化の前提でもありましたから、この時点で元徴用工の補償問題は日韓請求権協定によって両政府ともに「完全かつ最終的に解決済み」という見解です。
 2005年に廬武鉉(ノムヒョン)政権が請求権協定を検討した際も、元徴用工の補償は韓国政府が取り組むべき課題だという解釈でした。
 時代とともに協定や条約を見直すことはあっても、一方的に行うことは国際秩序の崩壊につながり、許されることではありません。

 それだけに「韓国は国家の体を成していない」という声も聞こえてきます。
 しかし、パリ協定やイランをめぐる核合意から離脱したり、TPP参加を反故にしたりと、一方的な行為は米国もやっていることなのです。

 軍事政権時代の韓国は、三権分立というよりは政権の意向に即して国家が運営されていたため、民意を気にする必要もありませんでした。
 韓国の民主化から31年。
 今起きていることは「民主化のパラドックス」だと言えるでしょう。
 大法院が認めたのは徴用工個人の請求権です。
 「個」が尊重されるのが民主主義ですから、いつかは起こるべくして起きた問題とも言えます。

 日本政府が神経をとがらすのは理解できます。
 東南アジアで同様のことが起きた場合、また将来中国が民主化されて個人請求権が浮上してきた場合、深刻な事態になるからです。
 そうした懸念を払拭するためにも、消極的な拒否の姿勢だけでなく、事態を早めに打開する積極的な知恵をしぼる必要があります。
 具体的には、徴用工への損害賠償を担う財団をつくるというのも一つの案だと思っています。

 また、日本は日韓基本条約と請求権協定に準じ、北朝鮮とも国交正常化したいはずです。
 ところが今回のような韓国側の決定があると、これを北朝鮮が盾に取る可能性があります。
 日朝平壌宣言が履行されなければ拉致問題解決も進まず、日朝首脳会談も遠のくおそれがあります。
 元徴用工問題は、日韓だけの問題ではないのです。


※AERA 2018年11月19日号

AERA.dot、2018.11.14 07:00
元徴用工問題は、日韓だけの問題ではない
姜尚中
https://dot.asahi.com/aera/2018111300021.html

 河野太郎外相は2018年11月14日の衆院外務委員会で、韓国の元徴用工4人による新日鉄住金に対する損害賠償の求めに韓国大法院(最高裁)が賠償を命じた判決(10月30日)をめぐり、1965年の日韓請求権協定によって個人の請求権は「消滅していない」と認めました。
 日本共産党の穀田恵二議員への答弁。
 大法院判決について「日韓請求権協定に明らかに反する」としてきた安倍政権の姿勢が根本から揺らぎました。

 穀田氏は外務省が日韓請求権協定第2条について「個人の請求権そのものを国内法的な意味で消滅させたものではない」(柳井俊二条約局長、1991年8月27日、参院予算委)と答弁したことを示し、河野氏の認識をただしました。
 河野氏は「個人の請求権が消滅したと申し上げるわけではございません」と明言しました。

 また穀田氏は、大法院判決で原告が求めているのは、未払い賃金の請求ではなく、朝鮮半島への日本の植民地支配と侵略戦争に直結した日本企業の反人道的な不法行為を前提とする強制動員への慰謝料だとしていると指摘。
 これに関し柳井条約局長が、1992年3月9日の衆院予算委員会で日韓請求権協定により「消滅」した韓国人の「財産、権利及び利益」の中に、「いわゆる慰謝料請求というものが入っていたとは記憶していない」としたことをあげ、「慰謝料請求権は消滅していないということではないか」とただしました。

 外務省の三上正裕国際法局長は「柳井局長の答弁を否定するつもりはない」、「権利自体は消滅していない」と答弁しました。

 穀田氏は、「個人の請求権は消滅していない」と強調。
「日韓双方が被害者の尊厳と名誉を回復するという立場で冷静で真剣な話し合いをすることがきわめて大切だ」と求めました。


しんぶん赤旗、2018年11月15日(木)
徴用工個人の請求権 外相「消滅してない」

衆院外務委 穀田議員に答弁

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-11-15/2018111501_03_1.html

 徴用工問題などをテーマにした国際会議で、北朝鮮の代表が「日本に賠償を求める」と、韓国に共闘を呼びかけた。

 北朝鮮代表団団長は「われわれ朝鮮民族は、朝鮮人への拉致、連行、蛮行に対する日本の率直な真の反省と謝罪、十分な賠償を強く要求する」と述べた。

 韓国で開催されたこの会議のテーマは「日本による戦争被害」で、北朝鮮代表は、「840万人が強制連行された」と主張し、協力して日本に賠償を求めるよう韓国に呼びかけた。

 日本企業に対し、元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁の判決を引き合いに、北朝鮮が今後、日本に巨額の賠償を求める可能性もある。


FNN、2018/11/16 19:05
「徴用工」問題に“北”参戦
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/「徴用工」問題に“北”参戦/ar-BBPLXyD?li=AA4RHB&ocid=spartanntp

posted by fom_club at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サバルタン subaltern

 学校のイジメ、職場のパワハラやセクハラを思い起こしてみていただきたい。
「良くないんじゃないか」
「このまま容認できないよね」という風土や組織体質があれば、起こりにくくエスカレートしにくい。
 大学のアカハラ(アカデミック・ハラスメント)では、「教育」「指導」とハラスメントの明瞭な区分が困難な場合もある。

 しかし、
「教育や指導の名のもとにハラスメントが行われる場合もある」
「教育や指導の行き過ぎが、ハラスメントになってしまう場合もある」という事実は、もはや広く知られている。
 アカハラは、福祉事務所のケースワーカーが職権のもとに行う助言・指導・指示の結果としての過度のプレッシャーや、やや偏った社会正義に燃える近隣市民が行う「生活保護で暮らす人に対する“見守り“」と、多くの共通点を持っている。

「本音で語るハラスメント」の司会をして気づいたこと

 2018年11月11日午後、私は東京・テレコムセンターで、「本音で語るハラスメント 〜 今のままでいいんですか?」というプログラムの司会をした。
 このプログラムは、「本音で語る研究問題」シリーズとして、科学技術振興機構(JST)が2006年から毎年開催しているイベント「サイエンスアゴラ」の中で有志が提供してきたもので、過去のテーマには、「生命操作」「動物実験」「研究費」「デュアルユース」「ポスドク問題」など、誰もが気になるけれども正面からは語りにくいキーワードが並ぶ。

 私は2009年ごろから開催の手伝いに参加し、2010年代は企画運営に参加した。
 2017年春、最主力メンバーが40代で急逝した後は、2017年および2018年の2回、企画責任者や司会も務めた。

 私は司会をしながら、
「いつか当事者も行政も交えて、みんなの生活保護を、みんなが本音で率直に語り合える場がつくれれば」と考えていた。
 とはいえ、生活保護を本音で語るためには、乗り越えなければならない壁がたくさんある。

事実をもとにした事例で見る
生活保護を語ることの「効果」


 2012年、片山氏らのツイートに悲鳴を上げていたAさん(47歳・男性)をモデルにしたフィクションで、気づくことの力を考えてみよう。
 Aさんには、私の知り合いである複数の実在のモデルが存在する。

 Aさんはトラブルの絶えない家庭に育ち、必死の努力を重ねて遠く離れた地域に就職したものの、ブラック非正規雇用で心身を病んで失職し、生活保護で単身生活を始めた。
 それから12年目の現在、心身の状況は少しずつ回復し、7年前からは障害者作業所で働いている。
 近隣に、もともと関心のあった木工を中心にした作業所があり、理解者にも恵まれたからだ。
 2012年は、作業所に通いはじめた翌年だった。
 Aさんの精神疾患は急激に悪化し、作業所に行けない時期が半年ほど続いたが、周囲の温かい配慮を受けて回復した。

 Aさんは今でも、生活保護の不正受給を問題にする報道や「働けるのに働かずにパチンコへ行く生活保護の人」というSNSへの書き込みを見るたびに、調子を崩し、引きこもりがちになる。
 当然、作業所の工賃は安定しない。

 Aさんの住む1Kのアパートの同じ階には、他に5世帯が住んでいる。
 年金生活の単身高齢者のBさん(女性)とCさん(男性)、幼児を抱えたシングルマザーのDさん、「生活保護は羨ましいかも」と時々思う若いワーキングプアの男性Eさん、という構成だ。

 ある朝、目覚めたAさんは、昨晩のテレビ番組で紹介された、
「どう見ても五体満足で働けるのに働いていない生活保護の男性がいる」という視聴者の声を思い起こして、どうしても布団から出られずにいた。
 サイアクなのは、他の出演者が、
「本当にそうですよ、働いていないのに医療も無料で受けられるし。年金暮らしで医療費がままならない方がたくさんいるのに」と同意したことだ。
 その「五体満足で働ける生活保護の男性」は、もしかするとAさん自身のことかもしれないではないか。

 司会者は曖昧な笑みを浮かべ、明確な「ノー」を言わなかった。
 そして手元のスマホの中では、ツイッターに「生活保護受給者は許せない」という同意ツイートがあふれた。
 Aさんはテレビの電源を切り、スマホをロックし、睡眠薬を飲み、なんとか眠りについたのだった。

 なんとも心地よくない寝覚めではあるが、Aさんは顔を洗い、歯を磨き、衣服を着て靴を履いた。
 そのとき、ドアの向こう側から単身高齢者Bさんと誰かの会話が聞こえた。
 
 Aさんは今日作業所に行き、昨夕、「もう少しで仕上がるのに」と心を残してきた作品の制作に取りかかれるだろうか。
 3つのシナリオを考えてみよう。

当事者を傷つける
生活保護への偏見「3つのシナリオ」


 1つ目のシナリオは、「サイアク」に「サイアク」を重ねるものだ。

 Bさんは、会社に勤めていた夫をパート主婦として支えてきた女性だった。
 夫が病に倒れたため、保有していた住まいを売却して療養資金と夫の葬儀費用に充て、夫亡き後はこのアパートで単身生活をしている。
 受け取っている老齢厚生年金は、生活保護基準より少し高い金額だが、医療費の自費負担などを支払うと生活保護以下の暮らししかできない。
 Bさんは、通りがかったCさんを相手に、昨晩のテレビ番組の内容を語りながら、
「生活保護の人たちってズルい」と語った。
 Cさんは、
「そうだよねえ。額に汗水垂らして働いてきたのがバカらしくなるよ」と相槌を打った。
 Aさんは音を立てないように、靴を脱ぎ、布団をかぶり、ドアの外から聞こえる会話に耳をふさいだ。

 2つ目のシナリオは、「サイアク」を完全に打ち消す何かが現れるものだ。

 昨晩のテレビ番組の内容を語りながら「生活保護の人たちってズルい」というBさんが話しかけた相手は、子どもと保育園に向かおうとするシングルマザーのDさんだった。Dさんは、「そうなんですか? うちは今のところ生活保護は使っていませんけど、子どもに少しでも良いものを食べさせて、小学校に入るときにランドセルや学用品を買い揃えてやるためには、生活保護も考えたほうがいいだろうと思っているんです。だって、みんなの権利を守るための制度ですから。それに私が歳を取ったとき、Bさんのように年金をもらうことはできないんですよ?」とにこやかに答えた。

 何も言えなくなったBさんを残して、Dさんは「さ、行きましょ」と子どもの手を引いて歩み去った。
 Aさんは勇気百万倍。
 小さな声で「そう、そうなんだよ」とつぶやき、足取り軽くドアを開けて作業所に向かった。

 3つ目のシナリオは、サイアクと理想の間の、どこかにありそうな現実につながる。

 「生活保護の人たちってズルい」というBさんが話しかけた相手は、ワーキングプアのEさんだった。
 夜勤明けのEさんは、
「オレ、とにかく眠いから。よくわからないけど、ズルいと思うんだったら、柏木ハルコの『健康で文化的な最低限度の生活』ってマンガ読んでみたらいいんじゃないですか?」と自室に入っていった。

 Bさんが実際に、生活保護とケースワーカー業務が描かれたコミック作品『健康で文化的な最低限度の生活』(小学館、https://www.shogakukan.co.jp/books/09186357)を読むかどうかは不明だ。
 Aさんも、そのコミック作品は知らなかった。
 とにかく、「生活保護ってズルい」という意見が支持されたわけではなかった。
 Aさんは、あまり心配せずにドアを開けて、外に出て作業所へ向かった。

誰も変わらないままでも
変化を起こすことはできる


 これら3つのシナリオで、背景および登場人物と「キャラ」、Aさんの部屋のドアの外にBさんがいたことは共通している。
 違うのは、「そこに誰がやってきたのか」だけだ。
 Cさんは同調し、Dさんは反論し、Eさんは反論せず正確な情報源を知らせた。
 DさんとEさんのケースでは、Aさんはドアを開けて外に出て作業所に向かうことができた。

 昨晩のテレビ番組の内容を、「生活保護ハラスメントがあった」「生活保護ハラスメントに明確な異議が唱えられなかった」と捉えると、3つのシナリオは「生活保護ハラスメントに市民としてどう対応するか」という違いとなる。

 個々の対応としては、
・「ハラスメント」と認識しないBさんとCさん、
・「ハラスメント」と明確に認識しているかどうかは不明だが許さない構えを見せるDさん、
・少なくとも「ハラスメント」に同調はしなかったEさんの3通りだ。
 Bさん・Cさん・Dさん・Eさんは、Aさんが生活保護を利用していることは知らない。
 しかしDさんとEさんは、結果として、Aさんに対する「生活保護ハラスメント」に加担しなかった。

 学校のイジメ、職場のパワハラやセクハラを思い起こしてみていただきたい。
 「良くないんじゃないか」「このまま容認できないよね」という風土や組織体質があれば、起こりにくくエスカレートしにくい。
 大学のアカハラ(アカデミック・ハラスメント)では、「教育」「指導」とハラスメントの明瞭な区分が困難な場合もある。

 しかし、
・「教育や指導の名のもとにハラスメントが行われる場合もある」
・「教育や指導の行き過ぎが、ハラスメントになってしまう場合もある」という事実は、もはや広く知られている。
 アカハラは、福祉事務所のケースワーカーが職権のもとに行う助言・指導・指示の結果としての過度のプレッシャーや、やや偏った社会正義に燃える近隣市民が行う「生活保護で暮らす人に対する“見守り“」と、多くの共通点を持っている。

「本音で語るハラスメント」の司会をして気づいたこと

 まず、生活保護で暮らしている当事者が何かを語るにあたって、その場で傷つかず、その後も傷つけられないことは、最も優先される必要がある。
 そもそも、生活保護で暮らす人々は、社会学用語の「サバルタン subaltern 」だ(ヤッホーくん注)。
 何を語っても、どういう姿を見せても、受け止める側の受け止めたいようにしか伝わらず、実質的に不可視化されている。
 「サバルタン subaltern 」であるとは、そういうことだ。

 しかし、形式的に「同じテーブルに着いていた」「声を聞いた」「言葉が語られたことを受け止めた」というだけでは、意味がないだろう。
 互いに心から「本音で語れた」「本音で聴き合えた」と思うことができ、次の機会を「また今度」と期待できるようにする必要がある。
 そのためには、数多くの配慮のもと、協力して数多くのハードルを乗り越える必要があるはずだ。

 プログラム「本音で語るハラスメント」が対象としたのは、大学や研究機関を舞台とする多様なハラスメントだ。
 しかし、問題が浮上し、「ハラスメント」という名前を与えられ、輪郭が明瞭になり、調査や課題解決が行われてきた試行錯誤の歴史は、他の領域にも応用できるのではないだろうか。

今、声高に唱えたい言葉
「生活保護ハラスメント」


 それでも今、生活保護にまつわる言説や行為に対する、形のないモヤモヤした違和感に、言葉を与えることはできるはずだ。
 「セクハラ」「パワハラ」「アカハラ」も、みんなのモヤモヤを形にできる言葉だったから、市民権を獲得した。
 そして、時間はかかっているけれども、本質的な解決に近づくための原動力となっている。

 生活保護についての行為や言葉が、生活保護を必要としている誰かを傷つけていたら、それは「生活保護ハラスメント」と呼んでよいだろう。
 「保護ハラ」などと略称で呼んでも良いかもしれない。
 ともかく、「生活保護ハラスメント」という言葉が何かを捉え、状況を変えていくことに、私は小さな希望を託している。


〔参考]
Togetter:  片山さつき参議院議員の生活保護制度についての認識
https://togetter.com/li/329726

サイエンスアゴラ2018: 本音で語るハラスメント 〜 今のままでいいんですか?
https://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/program/booth/141/

Diamond Online、2018.11.16
弱者を苦しめるモヤモヤした偏見「生活保護ハラスメント」の正体
(フリーランス・ライター みわよしこ)
みわよしこさんの書籍『生活保護リアル』(日本評論社)好評発売中
https://diamond.jp/articles/-/185663

(ヤッホーくん注)サバルタン subaltern

1.女性たちの声

 同僚のM先生の91歳になるお祖母様が自費出版で随筆集なるものを出した。
 雨が降る5月の夕暮れ時、キャンパス2号館のエレベーターでばったりM先生に会った時に、「おばあちゃんが出したので、皆に配っているんだけど……」と一冊分けていただいた。
 帰りのモノレールにゆられながら、ぱらぱらと冊子をめくると、なるほど、著者近藤君子さんが書き下ろした短歌や俳句、それから長年にわたって地方新聞、農協などの通信や文集などに寄稿、投稿した随筆が数多く収められている。
 巻末には著者の年譜、それから彼女の人生や人となりを紹介するM先生のあとがきがあった。

 昭和三十年代から始まる数々の投稿を興味深く読みつつふと見上げると、沿線に大学の多い多摩都市モノレールは若い女性たちでいっぱいである。
 彼女たちは、リュックやバッグに教材を詰めて、色とりどりの服装で明るく華やいだ声を上げていた。
 私はといえば、9月から産休を取らせてもらう身で、彼女らの声を聞いている。
 都会から農村に嫁ぎ、出産を機に小学校教員を退職、子育てが終わって再び幼稚園教諭の資格を取って40代で仕事に復帰、その間も投稿を続け主婦とは」、母親とは、働く女性とは、と書き続けてきたおばあちゃんは、随筆集の中で「わたしの声」を上げていた。

2.『サバルタン subaltern は語ることができるか』

 ガヤトリ C スピヴァク Gayatri Chakravorty Spivak の論文『サバルタン subaltern は語ることができるか』(みすず書房、1998年12月)は、サバルタン(subaltern、民衆という原義だが、従属的地位に置かれている人びとを指す)の女性たちが、主体として語ることの困難を示している。
 論文では、インドのサティー(原義は「良き妻」だが、ヨーロッパの記述では「寡婦殉死」を意味し、前近代的なイメージを付与されている)という習慣を巡って交錯する様々な支配と抑圧の関係、その中で存在が客体化され声を与えられない(そして奪われていく)サバルタン subaltern の女性の問題が取り上げられている。
 植民地支配を経てインド社会を統治し、その後も影響を与え続けているヨーロッパの支配層や知識人たちと、被支配層となる現地の人々、そして、その現地の人々も抑圧する側と抑圧される側が人種、階層やジェンダーによって複雑かつ重層的に分化・混交している。
 サバルタン subaltern の女性たちは、植民地支配とジェンダー支配という二重の抑圧を受けている。
 寡婦が夫の火葬時にわが身を犠牲に供する寡婦殉死は、もともとヒンドゥー教の教義の中で例外的に女性たちに認可された自殺の形態であった。
 この寡婦殉死は、ある時代・地域・階級で一般的な規則として普及したこともあったのだが、その実践や普及をめぐる問題において、その行為の当事者となった(又はならされた)女性たちの声は出てこない。
 むしろ、この習慣を文明的ではないと批判し、現地の女性たちを現地の男性たちから救うのだと主張する側と、女性たちがその行為を主体として選択したのだとし、伝統という名のもとに、インド女性の「良き妻」としての素晴らしい女性的資質を賞賛する側が、結局はその語りを通じて、植民地支配やその後の国際的な経済的分業体制などによるヨーロッパの優越や、当該地域のジェンダーやナショナリズムによる階層化や統制などを確立させているということをスピヴァクは批判する。
 さらに、スピヴァクが問題とするのは、このように抑圧される女性たちの声が歴史の中で全く出てこないことであり、それら女性たちが支配層や知識人たちの言説の中でその意味を解釈されイメージを与えられてしまうことで、「他者」として客体化させられてしまうことであった。
 彼女たちの声を代弁するという西洋や現地の知識人たちさえも、実はサバルタン subaltern の女性たちの声を自分たちのものに置き換えて消してしまう、だからサバルタン subaltern の女性たちは語ることができない、と彼女は結論付けた。

3.「わたしの声」を語り聞くこと

 モノレールの中で私が聞いていた声、読んでいた声は、彼女ら自身が確かに語った「わたしの声」であろうか?
 確かに、多くの学生達、学校という場にいる教員達は、高等教育を受け、語るチャンスと可能性を与えられている。
 しかし、スピヴァクが示唆するように、これらの声は誰かの声を抑圧しているかもしれないし、社会の中で創られている理想の女性像というものを意識的、無意識的に語り、結果的に多くの女性達を縛るような枠組みを再生産しているのかもしれない。

 結局、語ることは多様な可能性を消し、誰かの声を抑圧することになるのか?
 では、私たちは語るべきではないのか?
 そうではない。
 そうした言語の持つ危険性を認識し、自己もまたグローバルな知的・経済的な生産活動の歴史の中にいることを批判的にとらえた上で語ること、
 そして何よりもある人々は「語ることができない」ということに気づき、その背景にある歴史、社会、政治、経済的な文脈を検証していくこと、
 そして様々な人々の多様な声に耳を傾けること、
その可能性をスピヴァクは提案しているのだ。

4.語り聞くための学びの可能性

 どの世代の人々にも喜びと困難があるだろうが、先の世代から続く人々の声、そして、その後ろにあるたくさんの聞かれなかった声を経て、今より多くの「わたし」が声を上げている。
 その声を批判的に精査しつつ、語ることができない人びとの声にも耳を傾けていくにはどうしたらよいのだろうか。

 それには、男女共により多くの人々が語りお互いの声に耳を傾けられるような環境を作っていくこと、
 また、そうした機会を得られるような教育や学習を自身も追及していくこと、
このことが一つの手段なのかもしれない。
 特に、今までその声が代弁されてしまったり、別の意味を付与されてしまった女性たちが、自己の声を語る多くの機会や力を得られるようにしたいものである。
 働く女性たち、母親となっている女性たち、若い世代から高齢者といわれる多様な世代の女性たち、さまざまな国籍・人種・エスニックグループの女性たち、
― それぞれのバックグラウンドを認めつつ、自己の声を届けること。
 そして、自己の声を批判的に聞き、また他者の声を聞くこと、
 その学びの過程が、いつもわたしたちの人生に可能性として与えられていること、
それを願ってやまないのである。


(参考文献)G. C. スピヴァク著、上村忠男訳『サバルタン subaltern は語ることができるか』、みすず書房、1998年。

Chuo Online、2011年8月8日
語り聞くための学びの可能性
一政 史織/中央大学法学部准教授
専門分野 地域研究(北米)、文化研究
https://www.yomiuri.co.jp/adv/chuo/opinion/20110808.html

posted by fom_club at 20:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆずの里

栄光の架橋 - ゆず
https://www.youtube.com/watch?v=zEiBNdgHPjw

誰にも見せない泪があった
人知れず流した泪があった
決して平らな道ではなかった
けれど確かに歩んで来た道だ
あの時想い描いた夢の途中に今も
何度も何度もあきらめかけた夢の途中

いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある
だからもう迷わずに進めばいい
栄光の架橋へと…

悔しくて眠れなかった夜があった
恐くて震えていた夜があった
もう駄目だと全てが嫌になって
逃げ出そうとした時も
想い出せばこうしてたくさんの
支えの中で歩いて来た

悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある
さあ行こう 振り返らず走り出せばいい
希望に満ちた空へ…


誰にも見せない泪があった
人知れず流した泪があった

いくつもの日々を越えて
辿り着いた今がある
だからもう迷わずに進めばいい
栄光の架橋へと…
終わらないその旅へと
君の心へ続く架橋へと…


マボロシ - ゆず
https://www.youtube.com/user/yuzuofficial

あなたのいない暗闇を
一人歩いて行くと
決めたはず
鮮やかに今
目の前蘇る
全てだった
憎んで愛していた
あの日のまま
あなたは幻
いつだって
今度こそ
指先震えている
忘れたくて
でも本当は
何も忘れたくない
後ろ姿に何度も叫ぶ
振り返らない
さよならも言わず
消えた
繰り返す日々
止まってしまったとき
嘘だって
それでも構わない
まだ残る
かすれた囁き
朽ちて行く全ての花
そっと憂いを受け入れる
ずるいよ
あなたへの
おもい、、


 ちょっと待って、日野市に飛ぶ前にどうしても日記につけておきたいのは、破風山への途上出会った、ゆずおばあちゃん。
 11月11日日曜日は小春日和。山路で出会ったばっかりだというのにすっかり山歩クラブの大事なお友達になっていました:

P1060537-1.JPG

 埼玉県越生町はゆずの生産量、出荷量で県内一位をほこります(ヤッホーくん注)。
 来月2018年12月9日(日)に「第15回ゆずフェア」があります。
http://www.town.ogose.saitama.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/10/HP%20yuzu.pdf

 埼玉県毛呂山町だって、古いゆず栽培の歴史をほこっています。

 ゆずは奈良時代に中国から朝鮮をへて渡来したと推定されています。
 古くから薬用として、また調味料として、ゆずの持つ独特な香りと酸味は人々に広く愛用されてきました。
 しかし、多くは屋敷の周りや畑の畦に実生のゆずが植えられ、ほとんどが自家消費され、 本格的な栽培は、毛呂山町をはじめ、京都市水尾、大阪府箕面市止々呂美など、2、3の地域に限られていたといわれています。

 毛呂山町のゆず栽培の歴史は古く、江戸後期1820年ごろ成立した『新編武蔵風土記』には、毛呂山町の滝ノ入地区(当時は瀧野入村)の土産として「柚子の実を数十駄(一駄は135キログラム)を産出している」と紹介されています。
 毛呂山町のなかでも、滝ノ入、阿諏訪、大谷木地区は、南斜面で風当たりが弱く、霜がほとんど降らない、ゆず栽培に適した条件がそろっていたため、ゆず栽培が盛んに行われてきたのです。

 1931(昭和6)年ごろに書かれた郷土誌にも、年に350から400箱(1箱400個入り)を生産し、東京都神田市場に「桂木柚子」の名前で出荷されていると記されています。

 このように、毛呂山町のゆずは、江戸期からの伝統を引き継いで、昭和初期には「桂木柚子」というブランドで東京市場に盛んに出荷されており、日本で最古の産地のひとつといわれています。

 こうした毛呂山町のゆず栽培が大きな転換期を迎えたのは、昭和初期のことです。
 毛呂山町滝ノ入地区の串田市太郎(1892〜1980)氏が「将来、日本人の食生活は変わる。ゆずのように香りを食べる時代が必ず来る」と考え、養蚕から経営転換を図り、農園としてのゆず栽培を始めました。
 食材としての価値がなかった時代に、将来を見通した手腕は、ゆず栽培を大きく発展させました。

 以来、ゆず栽培は滝ノ入全域に広まり、「桂木ゆず」の銘柄として全国に名を売るまでになりました。
 その後、阿諏訪、大谷木地区の生産農家も本格的に栽培を行うようになり、昭和30年代には全国有数の産地となりました。

日本最古のゆずの産地、桂木ゆず
http://www.town.moroyama.saitama.jp/www/contents/1285041220389/index.html

 埼玉県入間郡毛呂山町は、2015(平成27)年に合併60周年をむかえます。
 その記念に、町民の皆さんと「心のプラカード毛呂山町合併60周年記念バージョン」を作りました!
 皆さんのご応募&ご参加&ご協力、誠にありがとうございました!
 これからも、ゆずの里毛呂山町をよろしくお願いします!


制作協力…ゆずの里ケーブルテレビ株式会社
https://www.youtube.com/watch?v=WST9BEiacCc

 このあたりは、ゆずの里。山の斜面を覆うゆずの木に、黄金色のゆずの実がたわわに実っていたのです。

(ヤッホーくん注)
 2009(平成21)年産特産果樹生産動態等調査によると、ユズは全国で25,438 トンの生産量(出荷量)があり、主な生産地は、
・高知県(13,644 トン)、
・徳島県(2,996 トン)、
・愛媛県(2,855トン)となってます。

 また、関東地方でユズの出荷量が一番多いのは、
・埼玉県(148 トン)、
・次いで、茨城県(71 トン)、
・栃木県(29 トン)となっています。

農林水産省
http://www.maff.go.jp/j/syouan/heya/03yuzu.html

posted by fom_club at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう、いいよ

政治家に必要な資質

 今の時代、偉大な政治家など誰も求めてはいない。
 社会正義が完全な形で実現されるとも考えていない。
 そんなものに期待するほど、暇でもアホでもない。
 むしろ、英雄待望論は危険だ。
 その程度は、われわれは歴史に学んできた。
 私は、政治家には必ずしも高度な能力は必要ないと思う。
 政治家に必要なのは「常識」だ。
 人ときちんと会話をする。
 義務教育レベルの知識は抑えておく。
 嘘をつかない。
 行儀よく食事をする。
 社会に害を及ぼすような行為は慎む。
 政治家は高邁な理想を語る前に、常識人であるべきだ。
 しかし、この平成の30年間にわたり、政治家は「改革」の名のもとに自分たちの足場を破壊することにより急速に劣化し、バカが総理大臣になり、普通ではない人たちがその周辺を固めることになった。
 安倍晋三が2期6年で何をやったのか?
 ひとことで言えば、国家の破壊である。
 シンプルな売国である。
 放送局の外資規制の撤廃や配偶者控除の撤廃、水道事業民営化を目指し、TPPを推進。
 ロシアにカネを貢いだ上、北方領土の主権を棚上げした。
 日韓基本条約を蒸し返して韓国に10億円を横流しし、村山談話・河野談話を踏襲。
 「移民政策はとらない」と大嘘をつきながら、国の形を完全に変えてしまう移民政策を推し進めた。

 結果、日本は世界第4位の移民大国になっている。
 安倍と安倍周辺の一味は一貫して嘘をつき、社会にデマをまき散らしてきた。

ロシア政府か安倍のどちらかが、大嘘をついた!?

 2018年9月10日、国際会議「東方経済フォーラム」で平和条約締結や北方領土問題について「アプローチを変えなければならない」と呼びかけた安倍に対し、プーチンは、平和条約締結後に二島の引き渡しを明記した日ソ共同宣言に言及した上で、「前提条件をつけずに年内に平和条約を締結し、すべての問題の議論を続けよう」と答えた。
 え!?
 これは日本とロシアが積み重ねてきた交渉のすべてを反故にするものだ。
 当然、日本のトップなら、毅然とした態度で「冗談ではない」と言わなければならない場面だった。
 しかし、安倍はなぜか満面の笑顔をつくり、ヘラヘラと笑っていた
 外務省も慌てただろうが、後の祭り。バカに総理をやらせるからこういうことになるのである。
 この安倍の態度が大きな問題になると、安倍は「プーチン氏の平和条約締結への意欲の表れだと捉えている」と支離滅裂な説明をはじめ、さらにはNHKの番組で、プーチンに対し、「北方領土問題を解決した上で平和条約を締結するのが日本の原則」だと直接反論したと発言。
 しかし、ロシアのペスコフ大統領報道官は、それを否定。
 ロシア国営テレビのインタビューで、「プーチン大統領が前提条件なしの年内の日本との平和条約締結を安倍晋三首相に提案した時、安倍首相本人からは何の反応もなかった」と証言した。

 要するに、ロシア政府か安倍のどちらかが、大嘘をついたということだ。
 ロシア側が嘘をつく理由はない。
 いつものように、安倍がその場をごまかすために嘘をついたのだ。
 安倍の息がかかった日本のメディアの情報を鵜呑みにする人々と違い、国際的には安倍は利用しがいのある「ホラ吹き」とみられている。
 沖縄県沖で米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が墜落。
 これに関し、安倍は国会で「(飛行)中止を申し出た」(2018年6月25日)と述べたが、これも真っ赤な嘘だった。

 こうした安倍の言動を、トランプやプーチンがどのように観察しているかである。
 弱者を叩き、強者に媚びる
 国内では女性議員に対しキャンキャン吠える一方、トランプやプーチンには全力で尻尾を振る。
 プーチンがわざと会談に遅刻しても、安倍は満面の笑みを浮かべ、女の子走りですり寄っていく。
 目の前でひっくりかえって腹を見せる。
 もちろん、上納金も忘れない。

■「第二の敗戦

 もはや、売国奴ですらない。
 国土に熨斗をつけて献上するのだから、献国奴である。
 安倍が北方領土を放り投げようが、沖縄県民を敵対視しようが、いまさら驚かないが、こんな絵にかいたような国賊を支持する日本人がいることが、本当に恥ずかしい。
 これは第二の敗戦だ。
 結局、日本人は反省しなかったのである。

 テレビ番組に出演した安倍は、加計学園理事長の加計孝太郎とゴルフや会食を重ねていたことについて、キャスターの星浩から「学生時代の友達でも、金融庁幹部とメガバンクの頭取はゴルフをしてはいけない(だろう)」と追及されると、安倍は「星さん、ゴルフに偏見を持っておられると思う。いまオリンピックの種目になっている。ゴルフが駄目で、テニスはいいのか、将棋はいいのか」と言い出した。

 ここまでくると、安倍には悪意すらないのかもしれない。
 われわれの社会は、究極の凡人を総理の座に担ぎあげ、6年にわたり放置してきた。
 その結果が、現在の日本の惨状だ。
 恥を知らない国は滅びるしかない。
 では、こうした状況下において、われわれはどのように生きるべきなのか?

 先日刊行した『もう、きみには頼まない 安倍晋三への退場勧告』では、日本社会の病の根について、いろいろな角度から考えてみた。
 また、ジャーナリストの菅野完氏との対談では、「安倍化する日本、橋下化する社会」と題して、現在の日本の末期症状を描写した。
 安倍晋三に伝えたい言葉は一つである。
「もう、いいよ」


BEST TIMES、2018年11月15日
「もう、いいよ」
安倍首相に伝えたい、たった一つの言葉
現代日本の末期症状
適菜 収(*)
http://best-times.jp/articles/-/9785

(*)てきな おさむ

1975年山梨県生まれ。作家。哲学者。ニーチェの代表作『アンチクリスト』を現代語にした『キリスト教は邪教です!』、『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』、『ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒』、『ミシマの警告 保守を偽装するB層の害毒』(以上、講談社+α新書)、『日本をダメにしたB層の研究』(講談社+α文庫)、『日本を救うC層の研究』(講談社)、『なぜ世界は不幸になったのか』(角川春樹事務所)、呉智英との共著『愚民文明の暴走』(講談社)、中野剛志・中野信子との共著『脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克』(文春新書)、『死ぬ前に後悔しない読書術』、『安倍でもわかる政治思想入門』など著書多数。『安倍でもわかる』シリーズの第2弾『安倍でもわかる保守思想入門』(以上、KKベストセラーズ)が3月25日に発売!

posted by fom_club at 07:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

東豊田緑地保全地域

L'automne est arrivé
https://www.youtube.com/watch?v=3dJ4E222lEE

La valse de l'automne
https://www.youtube.com/watch?v=K5C40o6ZwPA

Le Bel Automne
https://www.youtube.com/watch?v=u6iCnZg4JfA

日野市東豊田緑地保全地域 @
P1060577-1.JPG

同 A
P1060578-1.JPG

同 B
P1060581-1.JPG

平成30年3月7日(水)
第141回東京都自然環境保全審議会速記録
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/basic/conference/nature/council.files/141gijiroku.pdf

広報ひの、2017年3月15日号
4月1日カワセミハウスがオープン
http://www.city.hino.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/113/hino170315.pdf

 ヤッホーくん、今日2018年11月15日(木)七五三の徘徊は、JR豊田駅からはじめていました。
 日野市立「カワセミハウス」(日野市東豊田3-26-1 Tel 042-581-1164)に向かったのですが…
 しぃ〜!館長の小倉紀雄(東京農工大名誉教授)氏による講義「富栄養化と排水の総量規制」!
 武蔵野の雑木林が残り「東京都の名湧水」に選ばれている「黒川清流公園」でこんなことが。
 池の水が白く濁ったり湧き水が枯れたりしていたんです。環境破壊ってイマもあるんですね。

日野市東豊田緑地保全地域(黒川清流公園)における白濁水の発生等について

 2018年7月25日に、東京都及び日野市より発表されました、東京都日野市の東豊田保全地域(黒川清流公園)内の「わきみず池」周辺から白濁水が発生した件につきまして、当社が事業主として進めております「(仮称)多摩平の森計画」の杭工事が原因と判明いたしました。
 周辺住民の 皆様にはご迷惑、ご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。
 なお、同湧水群の一地点で湧き水の枯渇が確認されましたが、こちらについての原因は判明してお りません。
 引き続き調査を進めてまいります。
 現在、すべての工事を中止しており、再開につきましては未定です。
 周辺住民の皆様や行政のご理 解が得られますよう、引き続き真摯に対応をしてまいります。
以上


野村不動産、2018年9月6日
https://www.nomura-re.co.jp/cfiles/news/n2018090601476.pdf

 ではここで、館長の小倉紀雄氏(1940年生まれ)のお話を聞いてみましょう:

大塚理事長(以下、大塚)― 本日は、EICネットのエコチャレンジャーにお出ましいただきありがとうございます。小倉さんは、長年にわたり大学の教員として教育研究にたずさわれた後、「身近な水環境の全国一斉調査」の実行委員長をお務めになるなど、市民の方々と環境保全に取り組まれておられます。本日は、地域における身近な水との付き合い方、市民と研究者および行政とのかかわり方などについてお伺いしたいと思います。よろしくお願いいたします。
 早速ですが、小倉さんが大学での教育・研究の後に、市民との協働に深くかかわられるようになった経緯をご紹介いただけますか。

小倉さん― 私は、1974年に東京農工大学に赴任し、近くを流れる多摩川の支流の南浅川で調査をはじめました。当時は下水道が十分に発達しておらず、南浅川は上流が非常にきれいで、だんだん生活排水が入って汚れていくプロセスがわかりやすかったからです。それに、南浅川だと大学から車で1時間半もあれば源流まで行くことができ、1日で上流から最下流まで回れたからです。調査をしていた1984年に、「浅川地区環境を守る婦人の会」の方々に出会いました。このグループは、合成洗剤をやめ石鹸を使うことで水をきれいにする活動をされていました。私どもは石鹸だけが浅川の汚れの原因ではないことを見出していたので、勉強して一緒に考えませんかと呼びかけたのです。すると、大勢の主婦の方が大学にみえ、勉強しましょうということになりました。実際に自分たちで水質を測定したいと、1984年から市民による水質調査がはじまったのです。

大塚― 「浅川地区環境を守る婦人の会」について、もう少しお話しください。

小倉さん― 「浅川地区環境を守る婦人の会」は、合成洗剤をやめて石鹸を使おうという消費者運動を目的にしていたのです。私たちと話をしているうちに、自分たちで勉強して水質を測ろうということになったのです。実際に皆で南浅川を上流から下流まで見ることからはじめられました。簡便に水質を測ることができるパックテストで実際に測定し、上流は非常にきれいで、生活排水が入るにしたがい汚れていくことを実感されたのです。排水が川を汚していることに気づき、川をきれいにするためには実態をよく知らなければならないと、月に1回定期的に測定をはじめられたのです。これはすばらしいことだったと思います。
。。。

結果を専門的な言葉ではなく、分かりやすく市民に伝えることが大事

大塚― 10年間つづけてこられて、小倉さんご自身はいかがでしたか。

小倉さん― 専門家としては、新しいデータを高度な方法で得るのは当然として、結果を専門的な言葉ではなく、分かりやすく市民に伝えることが大事という意識を改めて感じました。
そのような意識が、実態を分かりやすく測定し、原因を探り、対策を考える、という一貫した流れを実現したいと考えてはじめた「市民環境大学」に通じるものがあります。「市民環境大学」における市民の方の実践をみていると、専門家として逆に学ぶことも多いですね。地元の川を一番よく知っているのは市民なのですから。

大塚― 日野市でつづけられている「市民環境大学」について、もう少しご紹介ください。その活動の一環として、放射線の調査もされていると伺っています。

小倉さん― 私は、日野市環境情報センターに勤務するようになってから、「市民環境大学」をはじめました。年に20回、毎週木曜日にかなり専門的な話を分かりやすく話しています。
 ご指摘の放射線の測定ですが、この「市民環境大学」を修了した方々が自主的にOB会をつくり、毎月1回集まって話し合いをする中から、実践活動をはじめたのです。
 1つは水質、1つは大気中のNOx(窒素酸化物)の濃度、もう1つが東日本大震災の後でしたので放射能でした。
 放射線測定については、日野市が月に1回測定をはじめたので、同じ地点で測定するようしています。もう2年が過ぎたところです。空間線量などのデータをまとめ、安全安心な暮らしができることを確かめながら、現在も継続して測定しています。

行政の若い職員たちが、先輩にならって市民の中に入り一緒に汗かく姿勢をつづけて欲しい

大塚― 少し話題を変えさせてください。小倉さんは、研究者と市民との関係、あるいは行政と市民との関係についてどのようにお考えでしょうか。

小倉さん― 先ほども少し触れましたが、研究者は専門的な内容を正確に伝えることが大事と思います。市民が自主的に活動されていることも多いのですから、測定手法を含めて科学的に正しいかどうか、出されたデータが正しいかどうかをチェックし、一緒によりよい方法を見出していくことが役割と思います。行政は、いろいろな情報をもっていますのでそれらを市民に公開し、市民と一緒になって考え行動するのがいいと思います。たとえば市の環境基本計画は、市民にとって身近なテーマですし、市民参加でいいものがつくられています。
 私が勤務している環境情報センターは市の機関ですので、私自身が、市民と行政を仲立ちする立場にあると思っています。以前は行政と市民が対立的な関係になったこともありましたが、今は協働する機運ができあがっています。

大塚― 成熟した社会を目指す上で、行政と市民の協働は欠かせないと思います。日野市はその1つのモデルケースですが、小倉さんは日野市環境情報センター、通称「かわせみ館」のセンター長をされていることからも、重要なポイントをご紹介ください。

小倉さん― 行政の担当者たちが、市民の目線に立つことが大事と思います。たとえば、日野市にはたくさん用水がありますが、自然あるいは生態系に配慮した川づくり・用水づくりを進めるにあたり積極的に市民の意見を取り入れてきました。市民の中にも「かわせみ館」に出入りされるような方にはさまざまな知識をもつ方も多く、政策づくりに有効に活かしてきたと思いますね。積極的に行政が動けば市民も動く、市民が動けば行政も動くという関係です。行政の若い職員たちが、先輩にならって市民の中に入り一緒に汗かく姿勢をつづけて欲しいと思っています。

大塚― さらなる発展を期待しています。

大規模な処理施設をつくるより、地域にあった簡易浄化、簡易下水等の施設を普及させること、そのための人材養成を目指すことが大切

大塚― 話題を変えさせていただきます。日本は水資源に恵まれている国と思いまが、世界を見渡すと、21世紀は安全な水の確保が最も深刻な課題の1つと言われています。アジアなどの途上国における水をはじめとする環境問題への対処について、小倉さんの考えをお聞きしたいと思います。

小倉さん― 私は海外で活動した経験がそれほど多くありませんが、それらに基づいてお話ししたいと思います。
 1つはソフト面で教育が大切と思うことです。私は、ユネスコ・アジア文化センターが識字教育の一環として行っている、『ミナの笑顔』のビデオの開発を手伝ったことがあります。水と森とリサイクルについて、アジアの人たちにわかりやすく伝えるビデオ教材をつくることでした。私が感じたのは、アジアの途上国には識字教育を必要とする人がまだ多いわけで、環境教育もさまざまな人びとに理解されることが大事ということです。そのためにも、アジアをはじめとする発展途上国の教育者などが活躍できるよう援助する必要性を感じました。
 ハードな面では、安全安心な水を得るために、簡便に飲料水をつくる装置、簡易な下水処理、あるいは雨水タンクの利用など、それぞれの地域にあう方法で、上水なり下水なりを自分たちで管理できるようにするのがいいと思います。
 水ではなかったのですが、大気汚染が進んだ中国の重慶市で、5年ほど共同研究をした経験があります。
 最初に驚いたのは、日本の脱硫装置が導入されていたのですが、十分に操作できる技術者がいないという理由で無駄になっていたことです。私たちは、それよりは石炭のブリケット化、すなわち石灰を混ぜて豆炭を製造するブリケット工場を各地につくり、石炭に含まれるSO2(二酸化硫黄)を石灰と反応させ除去するほうが、大気汚染の改善につながると感じました。
 その経験からも、水の場合も大規模な処理施設をつくるより、地域にあった簡易浄化、簡易下水等の施設を普及させること、そのための人材養成を目指すことが大切と思っています。
 
耳学問でもいいので自分たちで実態を知ること、そして原因を探ること、問題があれば対策を考えることが大事

大塚― 小倉さんが強調された実際に役に立つ技術という視点が、市民と協働して環境問題に取り組まれていることに通じているのだろうと感じました。ところで、EICネットは企業関係者をはじめ多くの方々にご覧いただいています。今までのお話と重複することもあろうかと思いますが、EICネットの読者の皆様に向けた小倉さんからのメッセージをお願いいたします。

小倉さん― 環境に向き合うには、耳学問でもいいので自分たちで実態を知ること、そして原因を探ること、問題があれば対策を考えることが大事になります。対策まで考え、実践できれば本当に素晴らしいと思います。そのためには、市民と行政との協働が必要であり、多くの場合に市民と企業との協働も必要です。
 市民と行政と企業の3者が協働することが、これからは特に重要になると考えています。
 実は、「身近な水環境の全国一斉調査」には多くの企業がCSRの一環として取組んでおられます。
 これからは今まで以上に多くの企業が参加し、水質調査などに取り組んでいただければと思います。
 企業にお勤めの方も地域では一市民なのですから、市民として一緒に考え一緒に行動していただけるよう願っています。

大塚― 今日は、長年の活動のポイントとともに、身近な環境をめぐる市民、行政、研究者、そして企業の望ましい関係などをお話しいただきました。今年の「身近な水環境の全国一斉調査」も、大きな成功をおさめられることを心より期待しています。本日はありがとうございました。


EICネット(ヤッホーくん注)・エコチャレンジャー、Issued: 2014.05.09
日野市環境情報センター長・小倉紀雄さんに聞く

市民と行政と企業の協働による身近な環境問題への対応

聞き手:一般財団法人環境情報センター理事長 大塚柳太郎
http://www.eic.or.jp/library/challenger/ca140509-1.html

(ヤッホーくん注)EICネット
EICネットは、一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用する環境教育・環境保全活動を促進するための環境情報・交流ネットワークです。Environmental Innovation and Communication Organization
http://www.eic.or.jp/eic/index.html
http://www.eic.or.jp/
posted by fom_club at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

枯葉によせて

ラ・ボエーム/パトリック・ヌジェ&長谷川きよし
https://www.youtube.com/watch?v=RyE3kglmw0c

雪が降る/パトリック・ヌジェ&長谷川きよし
https://www.youtube.com/watch?v=SS3jUG8xHxc

枯葉によせて/パトリック・ヌジェ
https://www.youtube.com/watch?v=yfmlSk2Du2c

枯葉&枯葉によせて〜(シャンソンで聴いてみる・・)
https://www.youtube.com/watch?v=I0O0mqLbxGU

 14人で歩いた秋の秩父路・・・
 山路に歩を進めるその度に山靴からカサコソっと音がなります。
 秋の明るい陽ざしが、紅葉した木々の間から注いでくるのです。

P1060549-1.JPG

P1060548-1.JPG

P1060547-1.JPG

P1060545-1.JPG

 ん?ところでパトリック・ヌジェって日本を音楽活動の拠点にし、下町の江東区でもパリ祭を開いていましたのでご紹介:

人生は美しいかい?

 La vie est belle ? 毎朝出会うおじいちゃんが声をかけてくれた「元気?調子はどう?」という軽い挨拶。
 直訳すると「人生は美しいかい?」
 その言葉に何度も励まされ、辛いことがあると自分自身にLa vie est belle ? と問いかける…。

 フランス映画や音楽、文化に魅了され20代前半に語学留学のためパリへ。
 パリの大学までは歩いて1時間…。
「当時は余裕があった生活ではなかったけれど、すごく楽しかった! そのおじいちゃんを忘れることはできない大切な一人。早朝に歩いて通ったことも楽しい思い出です!」とお話をしてくださったのは現在音楽事務所の代表を務める宮崎優子さん。

 宮崎さんは留学後に日本へ戻り、フランス・パリに拠点を置く国際的なバカンス会社に勤務。
 当時東京で働いていたときに今のパートナーであるご主人、シンガー・ミュージシャンのパトリック・ヌジェさんと出会い、愛を育まれました。
 当初はイベント会社設立やミュージシャンである彼のマネージャー業もこなしていましたが、その後自然と音楽事務所を開設する流れに。
 それと同時に結婚をした後、開発途上の新浦安エリアに都内から移住。
 それからずっと浦安に住まわれています。
 現在では浦安駅前に事務所を構え、フランス音楽から始まって、インターナショナルな音楽を日本で広めている音楽事務所を運営しています。
 浦安に事務所を構える宮崎さんに、お忙しい合間を縫ってインタビューにご協力していただきました。

ーー Time Officeとは、どのような音楽事務所ですか?

 音楽に関するエンターテイメントを行う音楽事務所です。特にフランスと日本との音楽交流を深めることを目指しています。近年ではインターナショナルなミュージシャンのキャスティングが多い中、ホテルのジャズミュージシャンのキャスティングなど。その他にはCD/CM のコーディネートやコンサート、ディナーショーのコーディネートをしています。そして今の事務所ではスタジオを設けてパトリックが教える、フランス語で歌うシャンソン教室の運営も。私はミュージシャンやアーチストの活動を円滑に進めるため、またお客様のご希望を叶えるために、裏方として『縁の下の力もち』の仕事が主ですね。

ーー シャンソンといえば、エディット・ピアフの「愛の賛歌」等、日本では美輪明宏さん?

 シャンソンをご存じない日本の方はそれがシャンソンだと思っている方が多いかも。もちろんシャンソンですが、歌とピアノで魅せるものは古い時代のシャンソン。パトリックはフランス人なので、日本のように演歌と同じで昔から自然にあった音楽でした。ただ彼が日本に来た当初、パトリックは日本で流行っていたシャンソンをフランスでは観たことがなかったそうです。彼が小さい頃から聴き観ていたものは常にバンドがおり、ギター、アコーディオンを弾いて歌っていたみたい。これは後から聞いた話だけど、当時の日本ではフォークソングが流行っていた時代で、敢えてギターを使わなかったんじゃないのかなって。

ーー 今では女性経営者は珍しくはないですが、当時から代表を務め外国人のマネイジメントをするのって、正直しんどくなかったですか?

 う〜ん。その話をするのに何時間も何日もかかりそう…(笑)。当たり前ですがアーチストを『支える』ということ。それが私には面白いと感じました。『縁の下の力もち』のような仕事ができることがすごく楽しいです。私に合っているのかな…。結局仕事は生活するための生業が必要だと思っているので、働くときはしっかり働く、しかしビジネスパートナーが常に一緒にいる状態、さらに言葉の壁もあったので、仕事とプライベートの切り替えがものすごくしんどい時期がありましたよ。
 仕事では外国人を相手にするから言葉の壁が一番大変ではあったけど、私の場合はパトリックがいて1人じゃなかったから、助けてもらいながらなんとかやってこれました。女性として大変だったのは取引等のお酒の席。もともとお酒は強くないから積極的にお酒の席には行けませんでしたね。お酒からご飯、という傾向になってきたのは時代が変わり、最近増えたので積極的に行くようになったかな(笑)。それと当時はダブルブッキングなんてこともあったり! ここ10年くらい、社員が来てくれるようになってからは業務が円滑に進むようになりました。当時は1人で動くことばっかりだったけど、今は色んな場面で社員に助けてもらっています。

ーー フランスの文化に興味を抱いたきっかけは何ですか?

 高校生の時にフランス映画を見てハマりました。「男と女」「太陽がいっぱい」「個人教授」「シェルブールの雨傘」など、映画は大好きだったから自然にフランス音楽も好きになりました。

ーー フランス人女性はとても自立したイメージですが、宮崎さんから見て現代の日本人女性は?

 日本の方も自立した女性は多いように思いますよ。ただ大きな違いがあるとすれば、フランスでは働くお母さんを国が援助するシステムが日本より確立されています。皆さんご存じかもしれませんが、最も大きいのは教育費がかからないという点(大学まで学費がほとんどかかりません)。現在フランスでは子供の人口が増えているそうです。教育内容もレポートや記述式が多く、職業訓練と学校との併設は中学生くらいから始まります。そしてフランスの女性は自分磨きとか、自分のやりたいことが日本人に比べてはっきりしているかもしれませんね。
 あと具体的な違いは男女で食事に行くと、日本では飲み物を注ぐのは女性とされることが多いですよね。「気が効く女性の必須条件」日本の礼儀? フランスでは男性が注ぐ又は、自分で注ぐのが礼儀となります(フランスにいらしたら気をつけてくださいね)。これは習慣の違いですが、女性の自立にも通じるのかもしれません。その一方で、フランスでは離婚が増え、再婚・再々婚が普通になってきています。でも「La vie est belle ? 」のフランス人は再婚・再々婚の苦労を乗り越え複雑な家族構成にも適応し、美しい人生を歩んでいるようです(もちろん例外はあります)。

ーーフランスの65歳以上の方の暮らしに違いはありますか?

 バカンスの国フランスではお金がなくてもそれぞれに長い休暇の過ごし方を工夫していて、それがリタイア後の過ごし方につながっているのかなぁと。多くの方は郊外や田舎に住み、週末には子供達が遊びに来るという穏やかな老後を送っています。元気な時は旅行やダンスを楽しみ、庭にある家庭菜園の手入れや家の修理に奮闘したり。また、ボランティア活動に参加する方がすごく多いです。
 先日パリでの面白い出来事を聞きました。フランスでは1968年パリの学生運動が激しく、パリの石畳の石を投げ合って、デモをした歴史(パリ五月革命)があります。今年になってフランス政府が年金金額を下げるという発表をしたので、それに反対して68年に学生運動をしたという多くのおじいさん、おばあさんが再びデモをしました。もちろん石は投げていません(笑)。フランス人が自分達の権利を要求するエネルギーには関心させられます。

ーー なるほど〜。人権に関して考えさせられる出来事ですね。
ーー そういえば、来月2018年6月に浦安のお隣りのお隣り、「江東区の東陽町」でパトリックさんのコンサートとフレンチ・マルシェが開催されると伺いました!

 6月3日(日)にパトリックがお届けする『江東フランス祭』パトリック・ヌジェのコンサート&フレンチ・マルシェの公演が決まっています。今回特典を2つご用意しました!

@「一緒に歌おう! シャンソン教室」としてパトリックによるスペシャルレッスン(約1時間)

Aコンサート来場者全員にフランスの美味しいお土産のプレゼント
があります!

 フレンチ・マルシェではコンサート開演前からオープン。パトリックのシャンソンレッスン(12時30分〜)やストリートパフォーマンス(14時〜)など、フランスのカフェや、雑貨、ワークショップ、フランス文化を堪能いただける公演内容になっています。
 実はフランス音楽や映画には数々の名曲があります。あのフランク・シナトラが歌った「マイウェイ」も実はフランスの曲なんですよ!
 人生の哀愁伝えるシャンソンと、誰もが憧れるファッション、美食あふれる文化の国。
 多様性を受け入れる本当の豊かさ、フランスの文化に触れてみませんか?
「浦安に住みたい!WEB」でこの記事を読まれた読者の方に、先着5組10名様限定ですが『江東フランス祭』に無料でご招待いたしますので、ぜひいらしてください!(*応募は締め切らせていただきました。)

ーー えっ、いいのですか? ありがとうございます! 読者の方これは必見!!

 もちろんです! まだまだシャンソンの世界を知らない若い世代の方も多いと思います。もちろん年齢に関係なく興味を持っていただけたら嬉しいです。本公演は未就学児童の入場はご遠慮いただいておりますが、小学生以上の親子でも楽しい内容になっていますので是非遊びにいらして下さい! フランス文化、フランス音楽をもっともっと皆さんに知ってほしい、いつもパトリックとそう思い願い、仕事に励んでいます。

ーー ありがとうございます。
今回は「浦安にこんな会社があったのか!」と個人的な興味から取材を依頼しました。パトリックさんが日本で活躍しているのはミュージシャンとしてのセンスはもちろんですが『縁の下の力もち』あってこそかもしれません。まさしく好きなものを仕事にした女性! 自立した女性なのに強すぎない印象で、社員の方へも柔らかい対応に、女性としても人としても憧れを抱きました。取材途中に女性アーティストさんがやってきてはディープな話題で盛り上がる場面も! いきなりのオファーや私の無茶振りにも嫌な顔をせず、温かく接してくださった宮崎さんはじめパトリックさん、タイムオフィス Time Office の皆さんにご対応いただきました。ありがとうございました! ぜひともここ浦安で、パトリックさんの歌声を聴けたらいいなぁと思っています! そして近々メディアでパトリックさんの歌声が聴けるようですので、そちらもお楽しみに!

※ 浦安にある音楽事務所、Time Office(Tokyo International Music & Event):
http://www.time-office.com/index.html

浦安に住みたい!WEB、2018.5.30
La vie est belle ? 人生は美しいかい?

フランスと日本を結ぶ 『縁の下の力もち』 の音楽事務所が浦安にありました!

https://sumitai.ne.jp/urayasu/2018-05-30/54422.html

posted by fom_club at 06:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

山歩クラブ、蓑山(美の山公園)を後ろに集合写真

 山歩クラブの皆野いちょう祭り、物語は続くようですよ。
 さてもイチョウの大木の下での探しもの、なんだったのでしょうか。

探し物は何ですか
見つけ難い物ですか
カバンの中も 机の中も
探したけれど 見つからないのに
まだまだ探す気ですか
それより僕と 踊りませんか
夢の中へ 夢の中へ
行ってみたいと 思いませんか
Woo woo woo-- Woo woo woo--
Woo woo woo-- さあ

休むことも許されず
笑うことは止められて
這いつくばって 這いつくばって
いったい何を 探しているのか
探すのを止めたとき
見つかることも よくある話で
踊りましょう 夢の中へ
行ってみたいと 思いませんか
Woo woo woo-- Woo woo woo--
Woo woo woo-- さあ

探し物は何ですか
まだまだ探す気ですか
夢の中へ 夢の中へ
行ってみたいと 思いませんか
Woo woo woo-- Woo woo woo--
Woo woo woo-- さあ

あー Woo woo woo 夢の中へ
Woo woo woo 夢の中へ
Woo woo woo-- さあ


井上陽水 夢の中へ
https://www.youtube.com/watch?v=d2sfQ6PnbJs

https://www.youtube.com/watch?v=lcsaC93SgxU

https://www.youtube.com/watch?v=54z-SVtmohY

 転がってる古代のロマンを見つけたのかな、ようやっと集合写真のお時間となってまいりました。

P1060544-1.JPG

 小田柿さん、ありがとう!後景の山は美の山、蓑山583mって教えてくれました。

 秩父盆地の入り口に立ち塞がるように大きく盛り上がった独立峰が蓑山である。
 その山容は巨大な土饅頭のようで、山と言うより丘のイメージである。
 それでも、標高は500メートルをはるかに越えており、決して低くはない。
 その緩やかな山容のため、山頂付近は県立自然公園として大規模に開発され、ツツジやアジサイなど各種花の名所となっている。
 特に、埼玉県百周年記念として植えられた約1万本の桜は有名で、今では「関東の吉野山」と称されるほどである。
 もちろん、山頂まで立派な車道が開通しており、歩かずとも、これらの花を愛でることができる

 蓑山の山名の由来については次のような伝説がある。
 昔、秩父国造知知夫彦は雨が続き、農作物が被害を受けたのでこの山に登り祈晴祭を行い、農民を救ったと伝えられ、このとき秩父国造知知夫彦が蓑をそばの松にかけたことからこの山を蓑山と呼ぶようになった。

 一方、大霧山の項で述べたとおり、ダイダラボッチが蓑を置いたところとの伝説も残る。
 また、日本武尊が東征の折りこの場所で休み、蓑を置いたところとの伝説もある。
 おそらく、この山は雨乞いの山であったのだろう。その際、雨具である蓑を奉納したことから山名となったものと思われる。
 山頂直下には蓑山神社が鎮座している。

 蓑山はこのように歴史と伝説を秘めた立派な名前であるにもかかわらず、近年「美の山」なる名称が氾濫している。
 山頂部の公園は「美の山公園」と名付けられ、山名そのものも地元自治体は「美の山」と呼称している。
 さすがに国土地理院の地図は「蓑山」であるが、多くの登山地図、案内書は『蓑山(美の山)』場合によっては『美の山(蓑山)』の表記に変わっている。
 伝統ある地名をこのような新興住宅地の地名のごとき安っぽい名前に勝手に変えてよいものだろうか。

 蓑山を語るときやはり我が国最初の貨幣といわれる和同開珎について触れざるを得ない。
 708(慶雲5)年、武蔵国の秩父郡が和銅を献じたので、朝廷はこれを祝して年号を和同と改め、この和銅で日本最初の通貨・和同開珎が発行された。
 この和銅はここ蓑山で採掘されたと云われている。新編武蔵風土記稿には次の通り記載されている。
 蓑山
 村の東にある山にて、皆野村まで二里許も續けり、土人或は金山とよび、或は和銅山と云、往古 和銅をほり出せしは、即此山の内なり、元明天皇慶雲四年武蔵國秩父郡より始て和銅を獻り、よりて改元和銅元年としたまう、此事は國史に載する所なり、さて其和銅を出せし地は、當村の蓑山なりとも云へど凡千年餘の星霜を經ぬれば、其所も定に知りがたし、たゞ土人の傳へをとれるのみ、茲に銅山の形勢を見るに、東向して巌徑を攀ること八九町、盤回して頂に至る、巨岩往々に突兀として峙立せり、其色頗る赤気を帯びて、銅色を含めり、往古鑿ちしと云へる所は、盤岩の山を南北にほり盡して中斷し巨巌東西に對峙にり、中斷せし所を今に和銅澤とよべり、西の巌上に小祠ありて、杉松擁蔽せり、秋葉愛宕の神を祭ると云、こゝをば硫黄山とよべり、此山の東南にある數處の岩穴は、土人の傳へに、和銅をほり出せし遥の後年に、好事のものありて人をして砂銅をほらせ、これを俵にし典物などゝし出せしが、事の就らざるを知り、遂に逃去りぬと云、此時や近里遠郷より箪食壺漿して、觀る者蟻附し、往々に休所茶店など設て、殊に賑ひしと云、
(黒谷村の項)

 最近、7世紀末に作られたと思われる富本銭の大量出土により、和同開珎の「日本最初の貨幣」との地位は揺らぎだしているが、実際に流通したとの意味で「日本最初の通貨」の地位は安泰のようである。
 
 蓑山は山頂まで立派な車道が通じているが、秩父鉄道の親鼻、皆野、黒谷の各駅から山頂に至るよく整備されたハイキングコースが開かれており、家族連れのハイキングの好適地でもある。
 公園整備された山頂には、トイレ、売店、展望台の設備もあり、花園の間に広がる芝生の広場はお弁当を広げる絶好の場所である。
 また、展望台からの眺望は絶景であり、奥武蔵の山々を一望することができる。
 
 私は1993年3月、当時小学校6年の長男と登った。
 当時の山日記を紐解いてみると、
 黒谷駅から里道を15分ほど辿ると和銅遺跡に着いた。真新しい大きな和同開珎の碑が建てられ、中腹の遺跡までの遊歩道の整備工事が行なわれていた。さらに山腹の下山集落の中を登る。典型的な秩父の山村である。集落の小学生が「お早ようございます」と元気に挨拶する。見知らぬ人でも挨拶するという都会人の忘れてしまった古来の美風。今日一日気持ちよく過ごせそうである。
   
 集落を過ぎると山路に入った。空は晴れ渡り、ぽかぽかと暖かい。道端にはたんぽぽとすみれが咲き乱れ、春満開である。雑木林の中の道をのんびりと登っていく。駅を出てから他のハイカーには会わない。伐採地を過ぎると頂上直下の自動車道路に出た。この日は自動車も少ないので、車道歩きもまだ我慢ができる。ヘアピンカーブを二つほど曲がると頂上の一角に達した。
   
 頂上部は広く、展望台とトイレ、そして、「関東ふれあいの道」の紹介センターまである。一面に桜の木が植えられており、後2〜3週間したらさぞかし奇麗であろうと想像された。この日は春霞が濃く、周囲の山々は白く濁ってみえない。冬ならばすばらしい展望が得られるだろう。一番高いところは、各テレビ局の電波中継所となっており、三角点を探してみたが見付からなかった。
   
 帰路は皆野駅を目指した。十分も下ると、蓑山神社が山腹に鎮座している。欝蒼とした杉と檜の混生林をどんどん下る。時々とかげが現われて春であることを知らせる。更に下ると、皆野の町並に達した。下り一時間半である。

    
馬場直之のホームページ、2002年3月記
埼玉県の山、蓑山586.9m
http://www7a.biglobe.ne.jp/~n-baba/s-minoyama.html

posted by fom_club at 17:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山歩クラブいちょう祭り

 秋です。皆野町です。夏の秩父音頭の次は、秋のいちょう祭り。

 国神の大イチョウは、宝登山の麓、皆野町の中心部を一望する妙見平の地に位置している。
 樹齢700年を越えるといわれるイチョウの大樹は、目通り8.2m、高さ22.7m、枝張りは南北16.3m、東西12.7mを計る。

 大イチョウの周辺には、かつて数基の古墳が所在したといわれており、このイチョウも知々父の、国造知々父彦命の墓の脇に植えられたものといわれている。
 東に40m程の地点には、一回り小ぶりなイチョウの木があり、こちらは、知々父姫命の墓の脇に植えられたという伝説が在る。
 実際にこの周辺の古墳から出土したといわれる土器や直刀が残されており、中でも国立東京博物館に所蔵されている環頭太刀の柄頭は、鳳凰の意匠が施され、銀象嵌も認められる非常に精巧な遺物である。

 この場所は、毛の国(現在の群馬県)から児玉郡を通じて古墳文化が秩父盆地に流入する経路の一つと考えられる地点である。
 知々父へ赴任を命ぜられた知々父彦命が、当時の主要道である東山道を経て、毛の国から秩父盆地へ入国すると、最初に展望が開ける「国見の丘」と呼べる場所に当たっている。

 イチョウの現況は、主幹の大部分が枯れた後、根際から新しく萌芽したものが、幹化し、一大株としてて繁茂したものである。


皆野町役場公式サイト
国神の大イチョウ
秩父郡皆野町大字国神577
https://www.town.minano.saitama.jp/bunkazai/kenshitei/cat103/253/

 かしこきことながら、秩父宮殿下が埼玉県秩父町の町名にお因になってその宮号となされたことは、町民一同のこの上ない光栄としているところであるが、しかも同町にはその光栄を担うだけのいわれがある。同町の開けたのは可なり古く、崇神天皇の御代知々夫彦命が国造に任ぜられて同地に赴任したことによって知々夫国と称されたが、大化新政後支那式の二字となって秩父に改めたと伝えられ、また一説には千々布という布を織っていたことに因むという説もあり、兎も角古い、いわれ深き町であることは争われぬ事実で、随所に石器や古剣なぞを発掘することから見てもそれを裏書きするものである。
 かくの如く町の歴史は産業に富み、人情風俗きわめて良好、宮号に取らせ給うたのもまた故なきにあらずである。

大阪毎日新聞 1926.12.15(大正15)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/ContentViewServlet?METAID=00217271&TYPE=HTML_FILE&POS=1&LANG=JA

 山歩クラブの14名の御一行様が遭遇した秩父の村はずれの大イチョウ。
 国神の大イチョウとは違えども、眼前に聳え立つ樹相に魅せられたり。

 黄色いじゅうたん ☟
いちょう1.JPG

 落し物を探してる ☟
いちょう2.JPG

 樹の下で秋を謳歌 ☟
いちょう3.JPG

 いいですよね、秋まっさかり。

 恋人よ/ 美空ひばりがステージでカバー(五輪真弓 詩・曲)
https://www.youtube.com/watch?v=uWmHm2Upxwo

 恋人よ(パイプオルガン伴奏) 五輪真弓 with 越川真純(organ) 1995
https://www.youtube.com/watch?v=SHhCk_ZRbRI

 紙ふうせん・・冬が来る前に
https://www.youtube.com/watch?v=6Mx2LhJAMpc

posted by fom_club at 10:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

アベ政治を許さない

 ヤッホーくんのこのブログ、2015年05月08日付け日記「秩父音頭」をご参照ください。
 そしてその翌日、2015年05月09日付け日記「反戦平和に生きる」もぜご参照ください。

チーム芝桜、秩父市役所チームの秩父音頭
https://www.youtube.com/watch?v=-oI1Sk5nlY4

秩父音頭 踊り方 手ほどき
https://www.youtube.com/watch?v=KGGe53pk7FE

秩父音頭.jpg

 毎年8月14日に、秩父音頭発祥の町として「秩父音頭まつり」が盛大に行われます。
 流し踊りコンクールは町・県内各地から毎年約70チーム1,600人を超える出場者があり、本場の秩父音頭が商店街、山々にこだまする中、おまつり広場は出場者と観客の波で埋め尽くされます。
 また、コンクール終了後に美の山から打ち上げられるスターマインと尺玉連発打は、夏の夜空を彩り、祭りを一層盛り上げています。

秩父音頭を語る
家元・金子千侍


秩父音頭のはじまり

 この歌と踊りの発祥については必ずしも定かではありませんが、今からおよそ200年前の文化文政期とされています。
 この時期は、秩父も地方の時代と謂われる江戸文化経済の流出圏に浴しており、頓に盛んになった観音信仰に随伴して流入した江戸歌舞伎や、秩父人の生業とした養蚕の定着などが、発祥の媒体となっております。
 つまり、それらを基に振り付けられたこの踊の所作に、歌舞伎の型や、蚕具、習慣などを垣間見ることができます。

 昭和初期、長い年月によって変貌衰退したこの踊を、皆野の俳人金子伊昔紅(かねこいせきこう)が、自らの作詞と公募した歌詞、吉岡儀作の節をもって、秩父豊年踊りとして再び公の場に披露したのです。

踊の特徴

 踊の手振り身振りの中に、秩父人の生業である養蚕や農耕の仕種など、或は、霧に濡れた手鏡を顔に写してみる女の性、そして踊の荒々しい屈伸動作は山峡生活者の足腰の強さを現すなど、厳しい風土と、素朴で強靭な秩父人の心意気が余すことなく盛り込まれています。
 お囃は、軽快な小太鼓と、華やかな鉦を底流として哀調切々たる笛が絡み、肺腑を抉る大太鼓に山峡独特のハーモニーを作りだします。
 正に、踊、唄、囃は三位一体となって、秩父人の情念ともいうべき風土を謳歌するのであります。

秩父音頭について

 秩父の盆は8月である。
 人びとは、仏壇や座敷に盆棚を飾り、門口に火をたいて祖先の霊を迎える。

『盆が来たのになすの皮のおじや せめてめずらのよごしでも』
『いくら秩父に田がないとても 盆と正月 米の飯』

 その昔、秩父で唄われていた、盆踊り唄の一節である。
 単調で貧しい日々を送る山村では、盆と正月がなによりの楽しみだったに違いない。
 唄の節や踊りは、人によって少しずつ違っていたが、歌詞は、総じて卑猥なものが多かった。
 そのため、次第に警察の目が厳しくなり、大正末期には、消滅の危機にさらされる。

 1929(昭和4)年、皆野町の医師、金子伊昔紅(かねこいせきこう/1977(昭和52)年、88歳で死去)は、こうした状態を憂い、周囲に呼びかけて、盆踊りの復興に乗り出した。
 まず、歌詞を改めるため、一般からの募集を行い、自らも作詞を行う。

『鳥も渡るかあの山越えて 雲のさわ立つ奥秩父』(小林倉八 作)
『花の長瀞あの岩畳 誰を待つやらおぼろ月』(伊昔紅 作)
『秋蚕しもうて麦まき終えて 秩父夜祭待つばかり』(伊昔紅 作)

 以上3首は入選作の一部。
 秩父の情緒と風土の香りが漂う名歌であると思う。
 素朴だった踊りと節まわしにも手が加えられ、吉岡儀作氏の節をもって山国の荒々しさと哀感とが調和した、現在の姿を生み出す。

 そして1930(昭和5)年11月、明治神宮遷座10周年祭に「秩父豊年踊り」として奉納。
 人びとの絶賛を浴びる。
 その後『秩父音頭』と名を変え、以来ここ埼玉の代表的民謡として、広く親しまれるようになった。
 その経過の主なものを挙げると、
・ 1930(昭和5)年11月、明治神宮遷座10周年記念に全国著名7ヶ所の古典神事舞の一つに選ばれ、秩父豊年踊りの名で奉納。
・ 1933(昭和8)年、帯広市で開催の全国レク大会に秩父音頭として出場第1位。
・ 1950(昭和25)年4月、埼玉県下小中学校の集団体技に採用。
・ 同年全国レク大会で民謡部門優秀第1位。関東3大民謡の一つとしての地位を築くに至ったのである。


みんなのみなの、皆野町観光協会
秩父音頭のふるさと
http://www.minano.gr.jp/chichibu_ondo/

 「秩父音頭」を踊れないと「旦那」とは言われない。
 戦前戦後から言い伝えられてきた盆踊り。
 「秩父音頭」は秩父市で生まれたものではなく発祥の地は皆野町だ。
 口伝されてきた唄を「秩父豊年踊り」として昭和初期復興させたのが医師でもある皆野の俳人・金子伊昔紅(かねこいせきこう)。
 毎年8月14日皆野町で「秩父音頭まつりコンテスト」が開催され、秩父谷の皆野町のメインストリートには何か所かの練習スポットが設けられ、そこにはのど自慢の歌い手が「花の長瀞あの岩畳誰を待つやらおぼろ月」など秩父の風景が盛り込まれた秩父音頭を披露。
 合いの手の「そうともそうともそうだんべ」が哀愁を漂わせる。

 さて金子伊昔紅氏(1889−1977)のご子息が今でも意気軒昂に活躍する熊谷在住の俳人「金子兜太」先生(1919 - 2018)。
 その弟が「金子千侍」先生(1928−2016)。

 金子千侍先生は家を継ぎ、皆野町で医師として活躍。
 先月、2016年1月、闘病の末ご逝去されたが、聴診器を持たなかったのはご自身が入院された時だけ。
 88歳。
 俳句の会を主宰したり、国際ロータリーでは埼玉西北地区の顔・ガバナーにも就任。
 以来アジアを中心とした海外からの留学生支援プログラム・米山記念奨学会の副理事長として多くの学生から「埼玉の米山の父」と慕われた。
 特に「俳句に親しむ」「秩父音頭を踊る」といった日本文化を留学生に指導。
 将来日本と自国のかけはしになるであろう留学生により日本に親しみをもってもらえるかを発信しつづけた。

 「秩父音頭」は秩父のシンボル武甲山、大きな鳥が秩父連峰を舞うシーン、秩父産業の一つ「蚕」、女性が手鏡を使う仕草などがとりいれられている。
 金子千侍先生は秩父音頭の家元として、80歳を超えても背筋をすっと伸ばし、指先、目元まで神経のゆきとどいた「踊り」の手本をしめしてくれた。
 金子先生がそちら側に逝ってしまったという実感がまだない。
 今年2016年の盆の「秩父音頭まつり」。
 先生のいない審査員席が想像できない。


Rainbow-Net Kawagoe、2月 7, 2016
情報が瞬時に受け取れる時代。よき伝統を固持しつつ 確かな目と心で 川越地区からはじまるオピニオンメデイア。
埼玉の米山の父 逝く
元国際ロータリー第2570地区ガバナー金子千侍先生

伊勢谷珠子
http://rainbow-net.saitama.jp/埼玉の米山の父%E3%80%80逝く%E3%80%80元国際ロータリー第%EF%BC%92%EF%BC%95/

アベ政治を許さない.jpg

 今月2018年2月20日、俳人の金子兜太氏が亡くなった。98歳だった。
 金子氏といえば、近年では、安保法制に対する抗議デモなどで盛んに用いられた「アベ政治を許さない」の文字を揮毫した人物としてもよく知られており、一貫して平和を訴え続けてきた人物であった。
 2015年からは東京新聞でいとうせいこう氏とともに、読者から募った平和に関する俳句を選評する「平和の俳句」欄を担当し、その仕事は『金子兜太 いとうせいこうが選んだ「平和の俳句」』(小学館)にまとまっている。
 2018年2月22日付東京新聞ではこの訃報を受けて、いとうせいこう氏が
〈現代俳句における偉大な業績はもちろんのこと、社会に関わる筋の通った活動にも目覚ましいものがあった。文学者として、また戦争体験者としての世界、そして人間への深い洞察はいつまでも私たちを導くだろう〉
と追悼の言葉を寄せているが、金子氏は、俳句はもちろんのこと、メディアへの出演なども通じて盛んに平和の尊さを伝えようとしてきた。

 その背景には自らの壮絶な戦争体験がある。
 1919年に埼玉県で生まれた金子氏は、東京帝国大学卒業後に日本銀行へ就職するものの、すぐに海軍経理学校に行き、1944年3月には海軍主計中尉としてトラック島(現在のチューク諸島)に送られている。
 トラック島は連合艦隊の拠点基地でもある重要な場所だったが、金子氏が着任したときにはもうすでにアメリカの機動部隊による激しい空襲を受け、軍艦や貨物船や航空機は壊滅的被害を受けていた。
 補給用の零戦もほぼ全滅という状態のなか、サイパン島が陥落するとトラック島は完全に孤立。
 武器や弾薬はもちろん、食料の補給も絶たれた。こうしてトラック島では多くの兵士が餓死していくことになる。
 食料調達もうまくいきませんでした。
 島でサツマイモの栽培を始めたのですが、害虫が出て、ほぼ全滅してしまったのです。虫でもコウモリでも、何でも食べました。空腹に耐えかねて、拾い食いをしたり、南洋ホウレンソウと呼んでいた草を海水で煮て食べたり。当然、腹を下します。弱っているところに下痢でさらに体力を消耗して、次々と仲間が死んでいった。屈強でごつかった荒くれ者たちが、最後はやせ細り、仏さんのようなきれいな顔で冷たくなっていく。たまらなかったですね、と。
「FRIDAY」2015年8月28日号/講談社

 トラック島で金子氏が襲われた命の危機は食糧難だけではない。
 もっと直接的な九死に一生を得るような体験もしている。
 「本の窓」(小学館)2012年10月号に掲載された菅原文太氏との対談ではこのような恐ろしい記憶を語っている。
金子氏がいまの日本に抱いた危機感「社会全体がじわじわと、自由に物をいう雰囲気が奪われている」
 日本とトラック島の交通が途絶えたんですね。補給がなくなった。
 そのため、食糧と手軽な武器は現地でつくることになって、まず実験的に手榴弾を作ったんです。
 私がいた隊の人間が実験をすることになったのですが、触撃と同時にダーンと爆発して、男の右腕が吹っ飛んじゃった。背中にも穴があいて、即死ですな。
 横で指揮していた少尉の姿も消えていて、ふと横を見たら海のなかに吹っ飛ばされていた。
 私はわずかの距離にいたにもかかわらず、不思議なことに無傷でしたが、「こんなひどいことをする戦争なんて、やるもんじゃない」と本能的に戦争に反対する気持ちが起こった。

 金子氏はこの他にも、サツマイモをポンポン船で運んでいるところをアメリカの戦闘機に見つかって機銃掃射を浴び、すぐ横にいた仲間は撃たれてしまうという体験もしているという。
 無事に戦争を生き延びることができたのは奇跡のような偶然だったのだ。

 このように戦争で地獄のような光景を見た後、金子氏は1946年にトラック島からの最後の引き揚げ者として復員。
 その際、〈水脈の果炎天の墓碑を置きて去る〉という句を詠んだという。
 この句は、「トラック島に墓碑を置いて去っていくが、日本に帰ったらこの墓碑のために何かをやりたい」という決意をもって詠まれたものである。
 前述「本の窓」の対談では、悲しい死を遂げていった仲間たちのことを考えながら、「「この人たちのためにも戦争のない世の中というものを、無事に帰ったら自分は志してみたい、どういうかたちであれ志していきたい」と、そう思っておりました」と語っている。

 だからこそ、安倍政権が性急に進める「戦争ができる国づくり」には危機感を抱かずにはいられなかった。
 金子氏は多くの人が殺され、そして、極度の飢餓や緊張状態に晒され続けることで人としての倫理観がことごとく破壊されていく戦争の真の恐ろしさを身をもって知っているからだ。

 「清流」(清流出版)2016年10月号では、
「最近の政治の動向を見ると、日本はまた悲惨な事態を招きかねないと危惧しています。「憲法改正」が現実味をもち、「第九条」が変えられる可能性も出てきた。なのに、いまの国民は「危うい」という危機意識が薄いようです」
と語って警鐘を鳴らしていた。そのうえで、もうすでに「言論」の分野では70年以上前に辿ったものと同じ道筋を歩みつつあると危機感を募らせている。
 権力が牙を剥くときは本当に怖いものです。
 1931(昭和6)年の満州事変以降、目に見えない形で言論統制や思想統制が進み、気づいたら太平洋戦争にまっしぐら。
 抜き差しならない状況に陥り、あれよ、あれよという間に敗戦への道を転げ落ちていきました。
 いまの日本も、同じ道をたどるかのように、社会全体がじわじわと、自由に物をいう雰囲気が奪われている。
 命の重みを軽んじる風潮も広がっていると思えます。
(前掲「清流」より)

 金子氏がこのように語るのは、これもまた若い頃に実際その目で見てきたことだからだ。

反戦の俳句を詠んだ金子兜太の師匠は特高に検挙され激しい拷問に

 1940年に新興俳句弾圧事件というものが起こっている。これは、反戦をテーマとした俳句を詠んでいた急進的な俳人と、それを載せた俳句誌が治安維持法で続々と検挙された事件である。
 このとき、金子氏が師事していた嶋田青峰氏も検挙された。
 嶋田氏は獄中で喀血したため仮釈放となったが、同じように特高警察に引っ張られていった先輩は尋常ではない拷問を受けている。
 「週刊朝日」(朝日新聞出版)2015年3月6日号では、そのときのことを振り返り、

「先輩が特高に持っていかれて、1ヵ月ほど姿を見せないことがあった。それが青白い顔で現れて、黙って私に手を見せた。指の爪を全部はがされる拷問を受けていて、「お前、俺みたいなことにはなるな」と言われたことを、いまでも覚えています」
と語っている。

 共謀罪が強行採決されてしまったいまとなっては、新興俳句弾圧事件のような事例も十分起こり得ることである。

 とはいえ、金子氏はまだかろうじて希望を見ている。
 それは民衆の力だ。
 前掲「FRIDAY」では、とくに女性たちの力に感銘を受けながら、
「安保法案反対のデモには女性がたくさん参加しているでしょう。強くなった女性の姿に一筋の光明を見る思いです。戦争のような大きな流れに飲み込まれると、個人の力で抗うことはできなくなる。一度戦争を始めたら簡単には引き返せません。今こそ大事な時だということを、多くの人に考えてほしいと思うのです」
と語っている。
 権力に対しアンチテーゼを唱えるようなことを言いづらい空気にはなっているが、止めるならいましかない、いまならばまだなんとかなる。だからこそ、平和のために行動を起こしている市民たちに金子氏は希望を見るのだ。
 水木しげる氏、野坂昭如氏、大橋巨泉氏、愛川欽也氏、菅原文太氏など、本当の「戦争」を体験し、それゆえに強く平和を訴えてきた世代が次々と鬼籍に入りつつある。
 金子氏は〈サーフィンの若者徴兵を知らぬ〉という俳句を詠んでいるのだが、しかし、それでも彼らの残した言葉からたくさんのものを学ぶことはできる。

 現在、安倍政権は、対話の動きを無視し北朝鮮危機を煽り続けており、その姿勢は戦争を始めたがっているとしか思えないものだ。

 そして敵愾心を煽り利用しながら、改憲へも本格的に動き始めている。

 だからいま一度立ち止まって金子氏らが残してくれた言葉を思い出したい。

 彼らは、その先に希望はなく、地獄しかないことを、自身の体験から教えてくれているのだから。


リテラ、2018.02.23
「アベ政治を許さない」と揮毫した俳人・金子兜太
生前語った戦争への危機感とデモへの期待
「今こそ大事な時」

https://lite-ra.com/2018/02/post-3820_3.html

posted by fom_club at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪政、有権者に伝わらず日本会議出身の区長再選

 きのう2018年11月11日投票のあった新宿区長選挙は、自公と労働組合の連合が推す現職の吉住健一氏が、野党共闘の野沢哲夫氏を破り、再選を果たした。
 田中と助手の佐川は新宿区内の投票所で“出口調査”をした。
 といってもマスコミのようなアンケート調査ではない。

 最大の勝因は、有権者が日本会議出身の吉住区長の悪政を知らなかったことだった。
 高齢者の個人情報を警察に渡し、デモを規制する ― 憲法など眼中にないような吉住区政は、安倍政権が後追いしたくなるほどの強権政治だ。

 11日午前中続けた出口調査に、ほとんどの有権者は「警察への個人情報提供」と「デモ規制」の2件とも知らないと答えた。
 率にして98%くらいだ。
 有権者たちは一様に「えっ!そんなことあったの?」と怪訝な顔をした。

 新宿区が高齢者の個人情報を警察に渡したことをマスコミは報道しなかった。
 しかしデモ規制は東京新聞が一面トップで伝え、朝日新聞は社説で批判した。
 テレビはガン無視だった。(田中が確認する限り)

 戸山団地内の投票所で聞いた高齢者(女性70代)の話が、悲しいまでに象徴的だった。

新聞は高くて取れない(宅配で定期購入)からねえ。ウチは年金暮らしだから。テレビは本当のことを伝えてくれないからねえ

 吉住氏4万9,053票、野沢氏2万3,973票。
 ダブルスコアである。
 投票率28.24%

 野党共闘とはいえ、連合はいつものごとく自公の現職についた。
 立憲民主党は野党共闘に名を連ねた。
 国民民主党は名前さえ貸さなかった。

 地元議員は選挙の手足となるはずなのだが、立憲民主の区議会議員たちは、連合に怯え動けなかった

 マスコミ、特にテレビが事実を伝えず、連合が自公につく限り、自民党政権は続く。


[写真-1]投票に向かう有権者。

[写真‐2]投票を済ませた有権者。「なぜ若者が選挙に行かないのか?」。野党は真剣に考えた方がいい。

田中龍作ジャーナル、2018年11月12日 12:46
「デモ規制」「警察への個人情報提供」
悪政、有権者に伝わらず日本会議出身の区長再選

http://tanakaryusaku.jp/2018/11/00019102

 短絡的で乱暴な措置に驚き、あきれる。
 憲法が定める「集会の自由」や「表現の自由」を侵害するおそれが大きい。

 東京都新宿区が、街頭デモの出発地として使用を認める区立公園を、これまでの4ヶ所から1ヶ所に限ることを決めた。
 区役所内部だけの検討で「学校や商店街に近接していない」という条件を追加することにして、区議会に事後報告した。

 同区内で行われたデモは昨年度77件あった。
 うち60件は、今後は使えなくなる三つの公園から出発している。
 デモがしにくくなるのは明らかだ。

 吉住健一区長は当初、朝日新聞の取材に、ヘイトスピーチ対策に重点を置いた説明をしていた。
 だが担当部長による議会への報告では、住民の生活環境を守ることが理由とされ、デモ全般の制限を意図したものであることが明確になった。


 77件のうち区がヘイト行為を確認したのは13件で、それ以外は労働、平和、反核などテーマはさまざまだ。
 これらにも広く網がかかることになる。

 シュプレヒコールの音や交通規制などにより、デモが近隣住民の日常生活に一定の迷惑をかけるのは否定できない。

 だが、デモや集会を通じて、意見を形づくり、それを他人に伝え、異なる考えにも耳を傾けて考えを深めることは、民主主義社会にとって極めて大切だ。
 誰もが利用できる公園は、それを実現する場所として大きな役割を果たしてきた。

 ヘイト対策を検討する場合も、丁寧な議論を経て、しかるべき手続きを踏むのが筋だ。

 たとえば川崎市は、公園などの利用を事前に規制できる仕組みを設けているが、要件を厳しく定め、有識者でつくる第三者機関にも意見を聴くことにしている。
 集会や表現の自由との調整に悩みながら、一件ごと慎重に判断する。
 そうしたとり組みを避けて一律規制に走るのは、安易な発想というほかなく、到底受け入れられない。

 この問題をめぐっては、司法の場で蓄積された議論がある。
 公の施設の利用を自治体が拒否することの是非が争われた裁判で、最高裁は、拒めるのは人の生命・身体に明らかで差し迫った危険が予想できる場合に限るなどとして、集会の自由を重くみる見解を示している。

 住民の生活環境を整えるのは自治体の大切な役割の一つだ。
 しかし、議会とも話し合わず、積み重ねられた司法判断も無視して突き進むのは危うい。

 いったん立ち止まって考え直すよう、新宿区に求める。


朝日新聞・社説、2018年6月30日05時00分
新宿区のデモ一律規制は許されない
https://www.asahi.com/articles/DA3S13563399.html

 新宿区がデモ出発地に使える区立公園を4ヶ所から1ヶ所にした問題で、吉住健一区長が本紙のインタビューに応じた。
 公園使用基準の見直しについて「きっかけはヘイトデモ対策」とし、「区はデモ内容を審査できず、やむを得ない措置だ」と述べた。
 法曹界から、表現の自由を保障した憲法違反の声も上がるが「使用できる公園もあり、違憲ではない」との見方を示した。

 一問一答は次の通り。

−− 今回の基準見直しについて、区の担当者は「周辺の住環境を守るため」と議会で説明していた。

 きっかけはヘイトデモ対策。
 でも、調べてみると東京23区で区立公園を出発地としているデモは2017年度に235件あり、うち50件が区内の柏木公園だった。
 これはちょっと異常。
 地元の人に「都市部だから我慢しなさい」と言えるだろうか。

−− 2017年度に区立公園を使ったデモのうちヘイトデモは17%にすぎない。

 区はデモの内容を審査する権限がなく、これはいい、あれはだめと選択ができない。
 今回の措置はやむを得なかったと考えている。

−− 基準見直しで、柏木公園のほか西戸山公園と花園西公園もデモに使えなくなった。

 西戸山公園は近くに障害者施設がある。
 ここは今のところ年1回しかないが、ほかの公園が使用できなくなると流れてくるかもしれない。
 花園西公園は周辺に韓国関連の施設もある。
 ヘイト対策なのに、ここをデモの出発地として残すのはどうかと考えた。

−− ほかにヘイト対策はないのか。

 ガイドラインを作ったらいいとか、条例を作った方がいいとか言う人はいるが、突破されてダメだったという結果だけ残っている。
 特定の表現を制限したほうがいいという話と表現の自由を破ってはいけないという二律背反で、現場の自治体は悩んでいる。

−− 区の規制は表現の自由を規定した憲法21条違反との指摘がある。

 弁護士から「自治体の裁量の範囲」という助言を得ている。
 新宿中央公園という区立最大で新宿駅に近い公園を使えるようにしたことで、表現の自由も保障している。
 違憲ではないと考えている。


[写真]デモ出発地の基準見直しについて語る吉住健一区長=新宿区役所で

東京新聞、2018年8月14日
吉住区長に聞く
新宿区デモ規制「やむを得ない措置」
 
(聞き手・増井のぞみ)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201808/CK2018081402000112.html

 任期満了に伴う新宿区長選は2018年11月11日、無所属で現職の吉住健一さん(46)=自民、公明推薦=が、無所属新人で経営コンサルティング会社社長の野沢哲夫さん(52)=立民、共産、自由、社民支持=を退け、再選を果たした。
 吉住さんは「新宿をより発展させていきたい」と決意を語った。 

 自公対、野党共闘の一騎打ちとなったが、連合東京の推薦も受けた吉住さんが手堅く組織を固め、優位に選挙戦を進めた。

 当選が確実になった11日午後10時、同区内の事務所に現れた吉住さんは「相手方が野党統一候補ということで大変ご心配をかけましたが、街のみなさまの応援で勝ち抜くことができました」とあいさつ。
 二期目に向け「一定の批判票があったことも事実として受け止め、この街にいて良かったと思ってもらえるように、新宿をより発展させていきたい」と述べた。
 二期目の最優先課題には「健康寿命を伸ばす事業を本格的にやっていきたい」と区独自の高齢者向け筋肉トレーニングの普及などを挙げた。

 一方、敗れた野沢さんは区内の事務所で「こんなに引き離されて、応援して下さった方に申し訳ない」と肩を落とした。

 投票率は28.24%で、前回25.80%を上回ったものの三割には届かず、区政への関心を高めるという課題は引き続き残った。

◆ 確定得票 

当 49,353 吉住健一 無 現<2>
  23,973 野沢哲夫 無 新 

◆ デモ規制 大きな争点ならず

 現職の吉住さんが行ったデモの出発地に使える公園数の削減や、ニセ電話詐欺対策としての高齢者名簿の警察への提出に対し、野沢さんはいずれも白紙撤回を公約に掲げたが、投票率も伸びず、大きな争点にはならなかった。

 吉住さんは当選後の記者会見で、両施策について「一定の信任を得られたと思う。特にデモに関しては住民と市民活動をやっている方の感覚がかなりかけ離れていたのではと認識している」と自信を示した。

 野沢さんは弁護士や学者が「デモ規制は憲法違反」と声明を出したことを挙げ「みなさんのために大事なことだと思って訴えてきた」が、票の上積みはできなかった。
「評価いただけないなら仕方ない」と無念さをにじませた。

 デモで公園を使う人が必ずしも区民とは限らず、それよりも、生活や安定した区政運営を有権者は優先したようだ。


東京新聞、2018年11月13日
「新宿をより発展させる」
区長に吉住さん再選

(宮崎美紀子)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201811/CK2018111302000131.html

posted by fom_club at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民不在、野党不在で、どんどんと軍事大国に!

 消費税増税に踏み切る安倍首相のどこが問題か。

 それは、すべてにおいて問題であるが、やはり何といっても増税が国防費に使われる事だ。

 この観点に立って、東京新聞はこのところ毎日のように安倍政権の防衛政策の誤りを一面トップで追及し続けている。
 素晴らしい姿勢だ。
 そして、きょう11月13日から始まる「税を追う 歯止めなき防衛費」という連載もその一つだ。
 官邸主導でどんどんと攻撃的兵器が選定されているという。
 専守防衛はなどすっかりかすんでしまったという。

 ここまでは私も知っていた。

 しかし、私が驚いたのは、そんな重要な政策決定が、自民党の国防部会を無視して、「敵にやられっぱなしで、守るしかないでは良くない。攻撃的な技術をやったほうがいい」という安倍首相の一声で、国家安全保障局と防衛省が決めているという現実だ。

 「いくらか分からないのに、われわれが予算承認しなければならないのはおかしい。国民の税金だということを考えろ」
 こんな言葉が、野党からではなく、自民党本部で開かれた国防部会の場で口々に出たというから驚きだ。
 かつて私は国防予算を決める内閣安全保障会議に外務省から出向していた事がある。
 1990年ごろの話だ。
 その時は、いや、それまでずっと、防衛予算は各省が協議して決めたものを政府が了承するというセレモニーの場だった。
 その内閣安全保障会議が、今国家安全保障局となって、安倍首相の私的機関のごとくなってしまっている。

 これはシビリアンコントロールの逸脱だ。
 自衛隊のトップである安倍首相自身がシビリアンコントロールを逸脱してるということだ。
 安倍首相自身が憲法9条違反をおかしているのである。
 本来なら即刻、内閣総辞職ものである。
 おりから安倍政権は12月に、防衛力の在り方を示す「防衛計画の大綱(防衛大綱)」を5年ぶりに改定する。
 年末には閣議決定される(11月13日朝日新聞)。
 国民不在、野党不在で、日本がどんどんと軍事大国になっていくという事である(了)


天木直人のブログ、2018-11-13
安倍政権の防衛政策を糾弾し続ける東京新聞を評価する
http://kenpo9.com/archives/4415

 「いくらか分からないのに、われわれが予算承認しなければならないのはおかしい。国民の税金だということを考えろ

 昨年2017年12月、自民党本部で開かれた国防部会。数日前に小野寺五典(いつのり)防衛相(当時)が導入を発表した、三種類の長距離巡航ミサイルの単価を答えない防衛省幹部に、議員らが口々に怒りをぶちまけた。
 戦闘機F15に搭載する米国製の「JASSM(ジャズム)」と「LRASM(ロラズム)」は射程が九百キロと長く、日本海から発射しても北朝鮮に到達する。F35に搭載するノルウェー製の「JSM(ジェイエスエム)」の射程は五百キロで、最新鋭のF35はレーダーに映りにくい。
 昨年八月の防衛予算の概算要求には入っていなかったが、同年十一月のトランプ米大統領の来日後、与党議員への説明もそこそこに導入が発表され、国防族の怒りを買った。
 荒れる国防部会。「予算を簡単にもらえると思うなよ。NSCとの関係はどうなんだ。説明しろ」。不満の矛先は、安倍政権で発足した国家安全保障会議(NSC)にも向けられた。
 NSCは二〇一三年十二月、首相、官房長官、外相、防衛相を中心に組織された。翌年一月、実動部隊の国家安全保障局(NSS)が内閣官房に置かれると、防衛省からの積み上げで決まってきた兵器選定の主導権は事実上官邸に移った。
 巡航ミサイルは相手ミサイルの射程圏外から攻撃でき、離れてにらみ合うという意味から「スタンド・オフ・ミサイル」とも呼ばれる。防衛省は「離島やイージス艦などを防衛するため」と強調するが、敵基地攻撃が可能なため、これまでの政権は専守防衛の観点から導入に慎重だった。
 元航空自衛隊空将の織田(おりた)邦男氏は「スタンド・オフ・ミサイルの導入は(自民党と旧社会党の)五五年体制なら絶対無理だった。それを軽々と超えてしまうのは、NSSができたメリットだと思う」と語る。
 NSSには防衛、外務、警察の各省庁を中心に約七十人が出向する。元外務次官の谷内(やち)正太郎局長を外務、防衛出身の二人の次長が支える。発足後、兵器調達面でも防衛政策が目に見える形で変化してきた。
 本年度四十六億円の研究費がついた「高速滑空弾」や来年度にはエンジンの研究に六十四億円を要求している「極(ごく)超音速ミサイル」は、「いずれも攻撃的兵器と見なされる可能性が高いとして、机上の研究にとどまっていた」。防衛省で航空機開発を担当した元空将の山崎剛美(たかよし)氏はそう話す。
 政策の転換は米国の望むところだ。米国務省の元高官は「日本は集団的自衛権を行使できるようになり真のパートナーになった。以前は日本が巡航ミサイルを導入するなんて想像できなかった」と喜ぶ。
 NSSのある幹部は「総理や官邸の話を聞きながら防衛省が出す選択肢を示して、日本の安保や外交政策の中で、どれがいいかを考えていくだけだ」と官邸主導の兵器選定を否定した。だが、防衛省の幹部が内情を明かした。
 「総理は『敵にやられっぱなしで、日本が守るしかないでは良くない。攻撃的な技術をやった方がいい』という考えだと周囲は受け止めている。NSSで『総理の意』をくんだ議論を重ね、防衛省に提示させたんだ」
 ◇ 
 安倍政権で初めて五兆円を突破し、増大し続ける防衛費。官邸主導で米国から高額兵器を次々と輸入、攻撃型ミサイルの導入計画も進める。聖域化する予算の流れを追い、専守防衛を逸脱するかのように、米軍との一体化を急激に進める政権の内実を報告する。


東京新聞、2018年11月13日 07時04分
かすむ専守防衛 官邸主導で攻撃兵器選定
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018111390070411.html

 武器輸出拡大の方針を打ち出す米トランプ政権は、対日貿易赤字の解消を安倍政権に迫り、大量の兵器を押し売り。そのおかげで日本の防衛費が将来的に、現在の2倍の11兆円超に達する可能性が出てきた。これは対GDP比2%に当たる額で、いずれ社会保障費を圧迫することは必至だ。

*  *  *

わたしが「巨額の貿易赤字は嫌だ」としんぞーに言うと、日本がすごい量の防衛装備品を買ってくれることになったんだよ

 日米首脳会談(9月26日)の後、トランプ大統領は得意気にこう語った。

 “盟友”からどんなに足元を見られようが、安倍晋三首相は「高性能な装備品を導入することが、わが国の防衛力強化にとって重要だ」と唯々諾々と従った。

 防衛省が2019年度予算編成で概算要求した防衛費は、過去最大の5兆2986億円(前年度当初予算比2.1%増)に上った。安倍政権での防衛予算の要求額は7年連続で増額している。

 防衛費を押し上げるのは、米政府から直接、兵器を購入するFMS(有償軍事援助)だ。FMSの新規契約額は、今年度予算より実に70%増の6917億円に膨らんだ。国際政治学が専門の流通経済大学法学部の植村秀樹教授が厳しく批判する。

「具体的な防衛政策や政治的な哲学があって、必要な兵器を買っているとは思えません。ただ、高いものを買わされているようにしか見えず、納得できません」

 目玉となったのは陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」(陸上イージス)だ。2基分の取得関連費2352億円が盛り込まれた。

 最終的に米国への支払い総額は4664億円になるが、新型の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」(1発約40億円)の代金は含まれていない。1基24発だから計48発で約1900億円。さらに、基地建設費なども含めれば8千億円近くに達する見込みで、どんどん値が膨らんでいる。

 イージス・アショアはもともと自衛隊が求めてもいなかったものを、安倍政権が押し付けた形だ。13年の「防衛計画の大綱」にも「中期防衛力整備計画」にも入っていなかった。軍事ジャーナリストの田岡俊次氏がこう指摘する。

「北朝鮮の弾道ミサイルから日本列島全域を守るには、迎撃用ミサイルを積むイージス艦2隻を配置する必要があります。ただ、最近まで4隻しかなく、1隻は定期整備のためドックに入っているから、稼働は3隻。うち2隻を常に洋上に出して警戒に当たらせていたのですが、乗組員には過酷な任務になっている。それで8隻態勢にすることを13年の大綱でも決めたのです。そこにまったく想定外のイージス・アショアが加わったのです」

 イージス艦の8隻態勢は21年に完成するから、イージス・アショアは無用の長物になる。1基にミサイル24発が定数だから、北朝鮮の数百発のミサイルに対して「抜本的に防衛力が強化された」という防衛省の説明はウソだ。また、納期も25年というからカネをドブに捨てるような話だ。そこから基地建設に着手するので配備はさらに遅れる。配備されるのは秋田県と山口県だが、北朝鮮が弾道ミサイルを発射してハワイに向かう軌道の下が秋田、グアムに向かう軌道の下が山口なのだ。

「防衛省幹部は言葉を濁しますが、配備先も米ミサイル防衛局の勧告を受けたようです。日本は莫大なお金を払い、米国の防波堤になるわけです」(田岡氏)

 運用するのは陸上自衛隊だが、海上自衛隊と異なり、陸自にはイージス・システムの実績がない。ノウハウの確立や要員育成も課題だ。

 しかも、イージス・アショアのアンテナが出すレーダーは強力な電磁波で、水平線に現れるミサイルを監視するから、周辺住民に電波障害による健康被害が懸念される。百害あって一利なしの欠陥商品なのだ。

 最新鋭戦闘機F35Aも6機を916億円で追加取得する。1機当たりの値段は12年度の96億円から約150億円に跳ね上がった。部品の調達、メンテナンス、修理など経費に使用年数をかけてはじき出すライフサイクルコスト(総費用)は、当初より16%増えて2兆2千億円となった。防衛省関係者がこう不安を語る。

「防衛装備品の価格は米国のロッキード・マーチンなど軍事企業の言い値です。日本企業では調達できないので、金額を吊り上げたり、納期を守らなかったりというのが常套手段になってぼったくり状態。トランプ氏との約束でF35Aはあと40機くらい買わされるのではないかと心配されている。ライフサイクルコストはトータルでいくらになるのか、想像もつかない」

 今年5月、自民党は新しく策定される「防衛計画の大綱」と「中期防衛力整備計画」への提言を行った。防衛費を対GDP(国内総生産)比2%まで引き上げることを主張したのである。18年度のGDP(予測)で計算すれば、何と11兆2860億円だ。

「岩屋毅防衛相や中谷元・元防衛相ら防衛族議員の言い分ですが、防衛担当の財務省主計官もやむなしという反応だった。近い将来、年金受給開始可能年齢を70歳超にまで引き上げると言われ、社会保障費の枯渇が心配されているご時世で、防衛費を2倍になんて安倍政権の防衛政策の無計画さを露呈している。いずれ社会保障費を削らざるを得なくなるだろう」(同前)


※週刊朝日  2018年11月9日号
(本誌・亀井洋志)

gooニュース、10月31日 16:00
安倍首相とトランプ大統領の“密約” 
防衛費倍増で11兆円へ

https://news.goo.ne.jp/article/dot/politics/dot-2018103000011.html

posted by fom_club at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

税を追う

 国会審議のことを言っているのではない。
 安倍首相の異常とも思える外遊の連続のことだ。
 きょうの一部の報道が小さく報じていた。
 安倍首相は12月に訪英をする方向で検討に入ったと。
 なんという報道だろう。
 安倍首相は11月14日から18日までシンガポール、オーストラリア、パプアニューギニアを訪問する。
 
 いくらAPEC(太平洋経済協力会議)首脳会議への出席だと言っても、国会で主要法案の審議中だ。
 出席せずに国会審議に集中すべきだ。
 百歩譲って、オーストラリアやパプアニューギニアまで訪れる余裕はないはずだ。
 そんな無駄な外遊が始まってもいないのに、今度は英国訪問だという。
 報じられるその理由が噴飯物だ。
 英国のTPP参加を促すためだという。
 来年3月の英国のEU離脱をめぐり、日本企業に悪影響が出ないよう配慮を求めるためだという。
 
 こんなことは官僚やせいぜい担当大臣の仕事だ。
 わざわざ首相が出向いていく必要などどこにもない。
 しかも12月は終盤国会だ。

 安倍首相は明らかに日本から逃げ出そうとしている。
 ところが、野党がこの安倍首相の異常なまでの海外逃避をまったく問題にしようとしない。
 かつてなら、国会軽視だと野党は大騒ぎしたはずだ。
 いくら野党が怪しくなった野党共闘の調整でそれどころではないとしても、こんな安倍首相の海外逃避行を許してはいけない。
 逃げまくる安倍首相と、捕まえきれない野党。
 いまの日本の政治状況を象徴する姿がここにある。
 納税者である国民は、もっとまじめに仕事をしろと国会議員に怒りをぶつけなくてはいけない(了)


天木直人のブログ、2018-11-11
逃げまくる安倍首相と、捕まえきれない野党
http://kenpo9.com/archives/4409

 古今東西、政治の原点は、税に関する権力者の横暴と、それに対する民衆の抵抗である。
 実際のところ、私が政治に関心を持ったのは、公務員になった時ではない。
 公務員を続けて行くうちに、やがて家族を持ち、税負担の大きさと、予算編成の仕組みや税の無駄遣いをあらためて知って、怒りを覚えたからだ。
 だから私は、税を納めてもいないのにやたらに政治に関心を持つ若者を手放しで評価しない。

 その、税と政治に関し、東京新聞が極めて有意義な連載を続けている。
 連日一面トップで掲載している「税を追う」がそれである。
 きょう11月11日の記事も極めて有益だ。
 すなわち、米国から購入する武器については、その操作や運航技術を学ぶ必要があるため、武器購入費に加え、技術習得のための経費負担をさせられてきた、という記事だ。
 つまり自衛隊は自分たちだけでは使えない武器を購入させられてきたのだ。
 これでは米軍に頭が上がらないはずだ。

 しかもその額が半端ではない。
 例えば、きょうの特集記事にある無人偵察機「グローバルホーク」ひとつをとってみても、過去20年間で五百十四億円もの「技術支援費」を払って来たという。
 この技術支援費には給与だけでなく、技術者の滞在費や渡航費も含まれており、一人当たり年間数千万円にもなるという。
 こんな経費が我々の税金から支払われて来たのだ。

 国会で一度も議論されたことがない。
 だから我々は全く知らなかった。
 この東京新聞の記事を通じて国民がみな気づけばいいのだ。
 このまま米国との軍事協力関係を続けて行っていいのかと。
 無意味な国会審議を重ねるよりも、東京新聞の一つの記事の方が、はるかに有益で刺激的だ。
 メディアが良質な報道をくり返すようになれば、政治に目覚める国民も増えて行くに違いない。
 メディアの使命の手本のような、東京新聞の「税を追う」という特集記事である(了)


天木直人のブログ、2018-11-11
国会質疑よりはるかに意味のある東京新聞の「税を追う」特集
http://kenpo9.com/archives/4410

米軍の海外基地のうち、在日米軍基地の資産価値総額が約981億8800万ドル(約11.1兆円、1ドル=113円で計算)に達し、2番目に多いドイツの総額448億5400万ドルの約2.2倍に達していることが、米国防総省がこのほど公表した2018年度版「基地構造報告」で明らかになりました。

17年9月末 ドイツの倍

 18年度版は17年9月末の数値をまとめています。資産評価額は基地内の施設件数や床面積などで算定しており、地価は含まれていません。日本は毎年、世界に例のない米軍「思いやり予算」などで施設を新設・改修しているため、必然的に評価額が上がります。「抑止力」という建前で膨大な税金を投入して建設した米軍基地のインフラが米政府の「資産」にされているという屈辱的な事態です。
 基地別にみると、嘉手納(沖縄県)、横須賀(神奈川県)、三沢(青森県)、岩国(山口県)、横田(東京都)、キャンプ瑞慶覧(沖縄県)、横瀬貯油所(長崎県)が上位10位内に入っています。評価額が大きく上がっている横瀬は13年以来、米海軍LCAC(エアクッション型揚陸艇)の基地として強化が進んでいます。
 米海外基地の総数は514で、戦後最少規模で推移しています。過去10年で見れば、08年の761基地から247減っています。(表)
 これに対して日本では、過去10年間で大きな変化はありません。日本政府が基地維持費の多くを負担していることに加え、基地が集中する沖縄県では名護市辺野古の米軍新基地建設を強行し、京都府京丹後市で新たな米軍基地を建設するなど、海外基地縮小の流れに逆行しています。

米軍の海外基地.jpg

第2条
世界に例ない全土基地方式
自衛隊基地使う根拠にも


 日本には78の米軍専用基地、日米共同使用の自衛隊基地を含めれば128の基地が存在します。加えて、訓練区域として23の空域と46の水域が提供されています(2017年3月現在)。日本は米国の同盟国では最大規模の基地群が存在する文字通りの「米軍基地国家」になっています。
 こうした基地を置く根拠になっているのが日米安保条約第6条と地位協定です。「米国は日米安保条約第6条に基づき、日本国内の施設・区域の使用を許される」。こう定めた第2条は、日米地位協定の最も本質的な条文です。

地理的制約なし

 NATO(北大西洋条約機構)軍地位協定など米国が同盟国とかわしている地位協定の多くは、施設・区域の提供について規定がありません。これに対して日米地位協定は、冒頭から基地の提供(2条)・管理(3条)・返還(4条)などの基地関連の条文が並んでいます。
 しかも、条文には「日本国内の施設・区域」としか書いておらず、地理的な制約を設けていません。この点について、外務省が1973年4月に作成した機密文書「日米地位協定の考え方」は、「米側は、わが国の施政下にある領域内であればどこにでも施設・区域の提供を求める権利が認められている」と記しています。
 つまり、米側には、日本国内のどこでも望む場所に基地を置く権利があるのです。
 こうした「全土基地方式」は、米国の同盟国でも類例のない異常なものです。例えばドイツでは、米側が必要な基地や使用目的について定期的にドイツ政府に申告する形になっており(ボン補足協定48条)、イタリアや英国では具体的な施設・区域名を示して個別に協定を結ぶ形になっています。

民間地まで利用

 地位協定2条は、施設・区域の日米共同使用についても、(1)米軍が管理権を有し、自衛隊など日本側が一時的に使用する(=二4a基地)(2)米軍が「期間を限って」使用する(=二4b基地)―と定義しています。なお、米軍が排他的に使用する基地は条文に照らして「二1a基地」と呼ばれています。
 防衛省の資料によれば、(1)に該当する基地が29存在します。空自航空総隊司令部が移転した横田基地(東京都)など、日米の軍事一体化を加速させる要因になっています。
 一方、(2)は63基地が該当し、いずれも自衛隊基地の看板がかかっています。日本本土では73年の大規模な整理・統合などで米軍専用基地が大きく減る一方、80年代から自衛隊基地の共同使用が急増。さらに在沖縄海兵隊の県道104号越え実弾射撃訓練や米軍機の訓練移転に伴い、多くの自衛隊基地内に米軍専用施設が建設されるようになりました。
 築城(福岡県)、新田原(宮崎県)両基地では、米軍普天間基地(沖縄県)の「緊急時」の「能力代替」のためとして、米軍用の弾薬庫や滑走路延長まで狙われています。
 米軍は「二4b」に基づいて民間の土地も使用できます。今年10月、種子島空港跡地(鹿児島県)で初めて、民間地を使用しての日米共同訓練が強行されました。日米地位協定を根拠として、文字通り日本全土が基地になりうるのです。

2条のポイント

 (1)米国は日米安保条約第6条に基づき、「日本国内の施設・区域」の使用を許される。個々の施設・区域に関する協定を交わす
 (2)新たな基地を提供、必要ない基地を返還する。
 (3)米側が管理している施設・区域を日本側が一時的に使用できる(二4a)/米側が自衛隊基地や民間施設などを一時的に使用できる(二4b)


しんぶん赤旗、2018年11月5日(月)
在日米軍基地資産価値11兆円
国民の税金投入で膨張
海外基地数縮減の中 日本不変
シリーズ検証 日米地位協定
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-11-05/2018110501_01_1.html

 会計検査院は9日、2017年度の決算検査報告書を安倍晋三首相に提出した。税金の無駄遣いを含む指摘金額は1156億円で、2年ぶりに1000億円を上回った。指摘件数は前年度より49件減の374件となり、過去10年で最少。このうち、法令違反などの「不当事項」が292件、計75億円に上った。

 省庁別の指摘金額では、防衛省が640億円で最も多く、危機対応融資をめぐり不正を行っていた政府系金融機関の商工中金が152億円、農林水産省の118億円と続いた。件数の最多は厚生労働省の95件だった。

 防衛省の指摘金額のうち、1件当たりの最高は物品の管理に関する616億円。予備や修理用に取り外した状態の航空機のプロペラや艦船のスクリューなどの物品をめぐり、管理は適正に行われていたが、陸上、海上両自衛隊が基準を誤り16年度の物品報告書に計上していなかった43品目、計3505個を対象とした。

 東日本大震災関連では、震災復興特別交付税が過大に交付されていたケースなどを指摘。20年東京五輪・パラリンピックをめぐる国の関連事業は昨年度までに286事業で8011億円を支出していたことも盛り込んだ。検査院の指摘を受け、政府は直接関わる事業への支出は1725億円だったと発表している。

 検査院が昨年11月に国会提出した学校法人「森友学園」への国有地売却問題に関する検査内容も記載。約8億円の値引き額算定について「十分な根拠が確認できない」としたが、財務省の決裁文書改ざんを受けて再検査が続いている。


時事ドットコムニュース、2018/11/09-13:50
税の無駄遣い1156億円=17年度決算報告・会計検査院
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018110900615&g=soc

posted by fom_club at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破風山627m

 こんばんは、いや〜岩波さん、大正解。

 あっ、ここ来たことあるね、いつだっけ、どこの山の帰りだっけ、それともほかにも「満願の湯」ってあるの?ってヤッホーくん、きかれたときに、もうムカシはマムシ、もう おぼろ、そぼろ、ボロボロ ヤッホーくん、何にも答えられず、首をかしげてるばかり。

 今日の山は、破風山627m、そして「満願の湯」。

 これは2009年12月6日、山歩クラブが専用バスであちこちの山歩きをできていたとき、城峯山1038mを歩き、その帰りに「満願の湯」に立ち寄っていましたぁ〜。

 そのとき、バスは往路、道の駅「龍勢会館」にも立ち寄っていますが、ここは2004年に公開された映画『草の乱』(神山征二郎監督、緒方直人)のロケ地だったところ。

 と言いますか、五日市の憲法草案と同じく、自由民権運動で起きた秩父困民党の場所だったのです。

 ヤッホーくんは良く「土地の精霊」ということを言いますが、今日のゆずおばちゃま同様、何か呼んでいる、呼ばれている、聞こえてくるのを感じてはいましたが、岩波さん、ありがとうございます、わかりましたよ。

 あの何とも言えない声は、10年前の山歩クラブ、そして140 年ほども前の人びとがもっと国を良くしようとする声の響きだったのかと思い至った次第です。

 閂で閉ざされた古い民家には、朽ちた土蔵もありました。骨組みがなんと竹でした。
「なかからどんなものが出てくるか、いっぺん調査、研究してみたいね」って若松さん。

 そうですよねぇ〜。

 おやすみなさい、次回ヤッホーくんがマレーシアに飛ぶ前になんかどっか行きたいね、という声まで聞こえてきました。

 なんかお誘いのメールがまた行くかもしれませんがそれまで皆さん、お元気で、ごきげんよう&ヤッホー!


破風山山頂:
破風山.JPG

山頂から何やら不思議な飛行隊を発見!:
山頂に飛行体を発見.JPG

 なお、ヤッホーくんのこのブログ、以下の日付けの日記をぜひお読みください:

・ 2015年04月30日「山と緑と鳥と空が」

・ 2015年05月01日「皆野アルプス」

・ 2015年05月03日「おおいそ野外アート展」

・ 2015年05月06日「山、谷、峠そして人」

posted by fom_club at 21:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする