2017年11月30日

The school holiday is here again!

THE school holiday is here again! I’m sure you will agree with me that school holidays are the best times of a student’s life. It’s a welcome breather − a break from the monotony of having to wake up early in the morning and prepare for school.

School holidays offer the opportunity for more family time and for parents to improve their communication and relationship with their children. Most parents I know have plans with their children − for a family vacation or other recreational activities.

All these are expected to bring the family closer together and should have a positive impact on the children’s wellbeing.

In this digital age, there are also parents who believe that technology and gadgets are essential for a child’s development. That these devices are a good companion and teacher. Thus, they feel it is all right to allow their children almost unlimited screen time, as long as everyone is happy.

Screen time refers to any activity done in front of a screen, be it a television, computer, smartphone or tablet. It is a sedentary activity that requires very little energy or movement.

But, how much screen time is okay? And how much is too much?

Used wisely and in moderation, screen time offers a lot of benefits to viewers, in particular, the youth. Studies have shown that playing video games can boost their motor skills and other elements like problem-solving skills and memory boost.

Other research has documented, qualitatively, that video games promote social interaction and friendships. The children make friends with other gamers, both in person and online. They talk about their games with one another, teach one another strategies and often play together, either in the same room or online.

But, it becomes bad when children use it excessively or they are exposed to screen time too early.

A study in South Korea has reported a delay in language-learning among children aged 24 to 30 months with time spent in front of a TV. Another study in Thailand reported children from 6 to 18 months who are exposed to the TV showed emotional reactivity, aggression and externalisation behaviours.

Dr Daniel Fung, chairman of the medical board at the Institute of Mental Health in Singapore said: “Too much screen time takes young children away from real human interaction. This can lead to impaired social learning and damage their emotional development.”

Canadian addiction expert and author of Glow Kids: How Screen Addiction Is Hijacking Our Kids Dr Nicholas Kardaras said there were over two hundred peer reviewed studies that correlate excessive screen time to everything from ADHD (attention-deficit hyperactivity disorder) and depression, to anxiety and psychotic-like symptoms.

As with other technology usage, screen time is a double-edged sword. It’s bad when used excessively. I’m a firm believer that technology is good for everyone, including children. It is only bad when their screen time is not properly managed and disrupts eating and sleeping patterns, causes obesity and eroding social skills.

Perhaps, this school holiday is a good time to get our children to put away those gadgets and enjoy the world outside. While our weather may be humid and hot, the evenings are still great for a visit to the park for a walk. Let’s find alternatives to screen time for our children, such as building Lego blocks, solving puzzles, colouring, assembling car toys and dressing up dolls. Or, having family board games and hide and seek. The most important thing is to spend quality time with the family.

Managing the way our children learn, balancing screen time and physical activities, can ensure that they become better individuals with a healthy lifestyle. Habits are hard to change, but all it takes is the first step to make that change.

This long break is a good time for parents to slow down and spend time and communicate with their young ones, rather than leaving it to the gadgets to do the work.

New Straits Times, Published: November 29, 2017 - 12:42pm
How much screen time should we allow children?
By AHMAD KUSHAIRI
The writer is editor of BOTs, the weekly tech section in ‘Life&Times’. Trained in Maths, he has since traded his problem-solving skills with writing about how tech has helped to transform the world for the better.
https://technu.nst.com.my/opinion/columnists/2017/11/308627/how-much-screen-time-should-we-allow-children

posted by fom_club at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Foreign ownership of local houses

EARLIER this month (Nov 3), the New Zealand government announced that it would soon implement a new policy prohibiting foreigners from buying houses in the country.

Newly-appointed Labour prime minister, Jacinda Ardern, told the media that she wanted the ban on foreign house buyers to come into effect before the Trans-Pacific Partnership (TPP) trade agreement is ratified in February next year. She is confident that this new law and the country’s new policy of cutting back on immigration numbers will effectively reduce demand on houses and drive down prices in the “heated housing market”.

She explained that amendments would be made to the Overseas Investment Act by classifying residential housing as “sensitive”, thus effectively shutting the door on foreign buyers who are not residents in the country.

Foreign ownership and a housing shortage in New Zealand’s larger cities had been among the most pressing issues dominating the period leading to the recent Sept 23 election, which ended the nine-year administration of the conservative National Party and allowing the Labour Party to seize power, making Arden the country’s new prime minister.

Apart from the ban, the new administration would also be introducing a “rent-to-own” housing scheme to help more New Zealanders acquire their own homes. Ardern said a new Housing Commission would be established, whose mission is to ensure that more affordable houses will be available for first-time buyers.

Within a short period of being appointed as the new head of government, Ardern was thus able to do three things to resolve the housing problem in the country − formulate a new policy, pass a new law to enforce the policy and set up a Housing Commission to pursue the new agenda through to its completion. Will these new initiatives work? While I am not sure of the answer, I am, nevertheless, fascinated by her resolve. Perhaps, something along those lines could be considered by our government in the near future.

In recent times, New Zealand has become a popular destination for foreigners to “park their money” by buying up properties in the country. In Auckland (the nation’s largest city), average house prices have hit the NZ$1 million (RM2.83 million) mark − a price beyond the affordability of most of the country’s urban population. To address the problem, the earlier administration had imposed a tax on foreign buyers, but that did not seem to have any effect on reducing home prices.

Malaysia is no different from New Zealand, as it is also a popular destination for foreign property buyers. In cities like Kuala Lumpur, Johor Baru and Penang, house prices hit the RM1 million mark a long time ago. We have not, however, imposed a tax on foreign buyers.

Apart from New Zealand, what other countries impose a ban on foreign house buyers? In Australia, non-resident investors are barred from buying resale homes unless they plan to occupy them. In Singapore, restrictions are also imposed on foreigners; they can buy condominium units, but are prohibited from buying landed properties, and properties built by Singapore’s Housing Development Board, which are exclusively for Singaporeans.

There is no blanket ban on foreigners buying homes in Malaysia. They cannot buy low-cost houses and those built on Malay reserve land, but the million-dollar homes are available for them. In 2014, Selangor came up with its guideline. Effective Sept 1 that year, foreigners were allowed to buy residential properties priced at least RM2 million in areas categorised as Zone 1 and 2, and at least RM1 million in Zone 3. Foreigners are not allowed to purchase landed properties (unless they are in a gated community with Landed Strata title), or those sold by public auction.

It is this rule − that foreigners can purchase houses in the million-ringgit bracket − that has prompted property developers in the Klang Valley, Penang and Johor Baru to build houses in that price range.

According to a recent Bank Negara Malaysia (BNM) report, the number of unsold houses is at a decade-high, with a majority of them (83 per cent) priced RM250,000 and above, clearly unaffordable to most Malaysians. The report said supply-demand imbalances in the property market had increased since 2015 because of the mismatch between the prices of new housing launches and what the average Malaysian household could afford to pay. Johor has the largest share of unsold residential units (27 per cent of total unsold properties in Malaysia), followed by Selangor (21 per cent), Kuala Lumpur (14 per cent) and Penang (eight per cent).

The BNM report raises the question whether it is time for us to cap the price of houses that a housing developer can sell.

Since the majority of our population can afford to buy a house of not more than RM150,000 each, shouldn’t we have a policy requiring a private sector housing developer to build at least 30 per cent of their new project as “affordable houses” (say, not more than RM200,000 in category A areas and not more than RM150,000 in category B areas)? Beyond that, a developer should be required to build at least 20 per cent medium-priced houses (say, not more than RM300,000 in category A areas and not more than RM200,000 in category B areas). Locations in category A include Klang Valley, Johor Baru and Penang, while locations in category B include Ipoh, Alor Star, Melaka, Kuantan, Kuala Terengganu and Kota Baru). Only housing developers who are prepared to build these two categories of houses (totalling 50 per cent of their project) will be allowed to build the remaining 50 per cent at higher prices (RM400,000 and above), of which not more than 10 per cent can be sold at RM1 million and above.

Foreigners should only be allowed to buy the higher-priced units.


[photo]
New Zealand has become a popular destination for foreigners to ‘park their money’ by buying up properties in the country.

New Straits Times, Published: November 30, 2017 - 11:11am
Foreign ownership of local houses
By Salleh Buang
Salleh Buang formerly served the Attorney-General’s Chambers before he left for practice, the corporate sector and, then, the academia.
https://www.nst.com.my/opinion/columnists/2017/11/309018/foreign-ownership-local-houses

New Zealand will ban foreigners from buying existing homes, joining a growing list of nations trying to make property more affordable for their citizens.

“Foreign speculators will no longer be able to buy houses in New Zealand from early next year,” Prime Minister Jacinda Ardern said at press conference in Wellington Tuesday. “We are determined to make it easier for Kiwis to buy their first home, so we are stopping foreign speculators buying houses and driving up prices. Kiwis should not be outbid like this.”

House prices have surged in recent years, driving the average value in the nation’s biggest city, Auckland, to more than NZ$1 million ($685,000) and putting property out of reach for many younger Kiwis. While New Zealand joins other countries in restricting or heavily taxing sales of existing homes to foreigners, such measures have done little to curb prices in places like Hong Kong and neighboring Australia.

“Foreign buyers of existing homes have become the target of governments globally with increased taxation and buying restrictions,” said Sophie Chick, head of residential research at Savills Australia. “This though hasn’t really put the brakes on foreign investors who often prefer to buy off-the-plan anyway.”

Chinese money has pushed up home prices around the world, stoking concern among locals in cities from Vancouver to Sydney. Auckland is the fourth-least affordable property market in the world, according to Demographia.

Ahead of the Sept. 23 election, Ardern’s Labour Party campaigned on making home ownership -- which has dropped to its lowest level since 1951 -- more attainable for first-time buyers.

However, there is limited data on how many non-resident foreigners actually buy residential houses in New Zealand, with the previous government claiming they accounted for as little as 2 percent of overall purchases.

Political Problem

“This is a policy that’s designed to solve a political problem,” opposition finance spokesman Steven Joyce said. “Evidence in both Australia and here in New Zealand is that overseas buyers don’t have a significant impact on the housing market.”

Ardern said she nevertheless hopes the ban will “take some of the heat” out of a market that’s climbed 56 percent in the past decade amid record immigration and a housing shortage. While there has been some cooling in recent months, the average New Zealand house still costs NZ$646,000.

Ardern’s Labour-led government will introduce an amendment to the Overseas Investment Act to classify residential housing as “sensitive,” meaning non-residents or non-citizens can’t purchase existing residential dwellings. Australians won’t be affected because New Zealanders are exempt from Australia’s policy.

TPP Work-Around

The law change also removes a hurdle to New Zealand signing up to the revised Trans Pacific Partnership, a trade agreement between 11 countries that may reduce tariffs and boost the country’s exports. Member states will seek an agreement on the TPP at an APEC meeting in Vietnam next week.

In its current form, the TPP would maintain foreigners’ access to New Zealand property. The new government, sworn in only last week, faced having to re-open negotiations, which risked scuppering the deal at this late stage.

The domestic law change on foreigners buying homes provides Ardern with a work-around.

She wants to introduce the legislation before Christmas and pass it early next year, before the TPP is ratified. She said it then won’t breach any trade agreements except the Singapore Closer Economic Partnership, which would be worked through with Singapore.

“The proposed change means we can move our focus away from land issues at the negotiating table at APEC,” Ardern said. New Zealand still has concerns about Investor State Dispute Settlement clauses in the TPP, she said.


Bloomberg, Updated on October 31, 2017, 1:59 PM GMT+8
New Zealand Bans Foreign Home Buyers After Price Surge
By Matthew Brockett
https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-10-31/new-zealand-to-slap-home-buying-ban-on-foreigners-to-ease-market

posted by fom_club at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Falling for the City of Love

There’s so much more to Paris than just shopping and the iconic Eiffel Tower, writes Loong Wai Ting

THEY say Paris is where broken hearts go to heal. A place where couples and newlyweds profess their love for each other under the iconic Eiffel Tower. And when the tower sparkles at night, that’s when man gets down on their knees to propose to their girlfriend.

Ah, yes, the charming city with its cobbled streets, tiny cafes, beautiful scenery and stunning architecture. It’s no wonder Paris is also said to be one of the most beautiful cities in the world. It’s hard to separate Paris and romance as they go together like coffee and croissants, jambon and champagne. But what makes the French capital so alluring ... so romantic?

The city is famous for its marvellous skylines and preserved buildings that make you go ooh-la-la.

There’s nothing more romantic than taking a stroll through the city, hand-in-hand with your partner and taking in the sights and sounds. You can’t get lost in Paris. Even if you do, there’s always something beautiful around the corner. Local bakeries selling freshly-baked chouquette, mouth-watering pastries, macarons and baguette − it’s enough to keep you going and not panic.

Paris has always been on my bucket list, after watching countless movies set there like Amelie, The Devil Wears Prada, Midnight in Paris, Funny Face and Mr Bean’s Holiday. In music, American-born entertainer Josephine Baker sings loud and proud about her love for France (“I have two loves, my country and Paris”) while Joe Dassin sings about a chance encounter between a man and a woman on the most beautiful avenue in the world, the Champ Elysees.

FRENCH COUNTRYSIDE

One of my favourite things about France is its beautiful countryside with its wealth of gorgeous chateaus, historical villages, cathedrals and vineyards.

There’s nothing like spending a day or weeks of exploring the cobbled stone streets, medieval castles-turned-chateaus and sampling local wines. And of course, the people are generally nicer and more friendly than the city folks.

If you’re looking for a change of scenery during your trip to Paris, consider trips to the Loire Valley and explore the many chateaus there. I have the opportunity to visit the largest chateau in the Loire Valley, the Chateau de Chambord. Easily-recognisable from afar and renowned for its distinctive French Renaissance architecture which blends traditional French medieval forms and classical Renaissance structure, the lure of the Chateau de Chambord is the double helix staircase.

The unique staircase was said to be built thus so that the King’s mistress could walk up and down without being seen by those walking on the other side.

I visit on a national holiday, so the place is quite crowded. Children on school trips can be seen with their teachers, while tourists both local and from abroad alike dotted the hallway and the balcony, all busy snapping away.

Next, we visit Chateau Royal d’Amboise, the home to several French kings, such as King Francois I. Built on a strategic site just beside the Loire River (the longest river in France, by the way), the chateau also houses a gothic chapel on the far side, said to be the final resting place of famous painter Leonardo Da Vinci.

A castle perched on top of a hill, the Italian genius also helped to design the historic royal residence. But Charles VIII, who died when he accidentally bumped his head on the door’s lintel while on his way to a tennis match, was responsible for rebuilding it extensively.

Do wander through the halls and the refurbished Gothic-style rooms of the chateau and learn about the French royalty’s lifestyle. Climb to the top of the Minimes Tower, which offers a panoramic view of the Loire Valley. The visibility is great on the day of my visit: white clouds scattered lazily across the clear blue skies.

We also stop by Chateau de Chenonceau, which was built across the Cher River. The moment we step out of our bus into the crisp, cold air one late October morning, we know that we’re in for a treat.

The place is so beautiful and classy. We walk through tree-covered alleys, something like what you’ll see on Nami Island in South Korea.

There are also vegetable and flower gardens and a small farm where horses and donkeys roam freely. Bushes of lavender are planted around the chateau and the aroma carried by the wind is like walking into a natural spa.

Lady Luck is smiling at me on the day of my visit as the gardener gives me a bunch of fresh lavender to take home.

You’ll then arrive at the castle proper with two well-trimmed gardens − Catherine de Medici and Diane de Poitier − on each of its side. Landscaped in the French tradition, these two gardens reflect the personalities of the two women, who played important roles in French history.

During World War 2, the castle was turned into a hospital and served a key role in helping the injured.

Apart from Chateau de Chenonceau and Chateau Royal d’Amboise, other important chateaus include the Blois and Cheverny.

MONT SAINT MICHEL

For centuries, Mont St Michel in the Normandy region is one of Europe’s major pilgrimage destinations. Today, the Unesco World Heritage Site offers one of Europe’s most unforgettable sights.

From the moment our bus drop us off at the visitor centre − about five minutes away by the local shuttle bus − we are immediately taken by the beauty of the location.

As the free shuttle bus drops us off about 450m from the abbey, we take the curving footbridge that connects the mainland to Mont St Michel.

Barely five minutes into our walk, we stop to admire the looming Mont St Michel in front of us.

From afar, the building rising from its granite foundation feels isolated, indistinct in the bay. But as we get nearer, the majestic structure with its slab-sided abbey and Romanesque church has a humbling effect on all of us. The abbey itself is sheer, solid magnificence.

Set on top of an island, the medieval monastry with its massive stone structure has long inspired awe and imagination among its visitors.

In popular culture, Mont St Michel serves as an inspiration for the design of Minas Tirith in the movie The Lord of the Rings: The Return of the King.

The recently-ended South Korean drama The Package starring Lee Yeon-hee and Jung Yong-hwa was also partly shot here.

Legend has it that in the eighth century, Aubert, a bishop of the nearby hilltop town of Avranches, claimed that the Archangel Michael pressured him into building a chapel atop an island by the sea.

As the story went, it took the archangel three times; on the third attempt, he apparently poked a hole in the bishop’s skull to emphasise that he wanted a chapel built on the island.

From 966 onwards, the dukes of Normandy and later French kings supported the development of Benedictine abbey on Mont St Michel. Throughout the medieval times, monastic buildings were added including the vertiginous section nicknamed The Marvel.

At the height of its popularity, Mont St Michel was the centre of learning, attracting some of the greatest minds in Europe.

Today, built along its steep, cobbled village street known as Grande Rue, everything a tourist needs is available: food, bar, gift shops and the very famous omelette restaurant La Mere Poulard that dates back to 1879. On its wall are autographs from famous diners including Ernest Hemingway and Yves Saint Laurent.

Time your visit so that you won’t miss the sunset at the top before the abbey church, where you get to see the sprawling bay of Brittany and Normandy.

The Mont St Michel mesmerises whether seen from afar or across the country lane. As we turn to leave, it is quite hard to imagine how anything this magnificent could exist but it did.

BE MY GUEST

I reluctantly leave the beautiful Mont St Michel and head towards another side of Normandy,

The next thing on my list is the Trafalgar Be My Guest experience. Part of the programme is to introduce guests to the “hidden treasures” and to get to know the locals. I get to experience this when my travel director, a pleasant lady named Giovanna, brings us to a 17th century manor known as Chateau d’Eporce.

On our way, green field stretches as far as the eyes can see flank both sides of our bus. The famous Normandy cows, prized for their milk (and later turned into Camembert cheese) graze on the lush fields.

Besides its cows, apples are also a big product of Normandy. It is used to make various desserts and Calvados, a strong alcoholic drink. As soon as our bus arrives on the family-owned chateau, the wonderful and charming host Count Remy de Scitivaux receives us with open arms. As he leads us into his garden and across the moat, he invites us to sit by the fireplace inside his charming and huge chateau.

His wife and daughters immediately make us feel at home as they serve us food and drinks. As per tradition, Remy pops the champange and proposes a toast to everyone in his antique-filled room.

At the Eporce, we are allowed to explore the chateau on our own. As we walk from room to room and marvel at its beautiful painting and furnitures, Remy tells us how his family and the chateau are spared from the French Revolution in the 18th century.

EIFFEL TOWER

We return to Paris and of course one of the must-do things is to visit the iconic Eiffel Tower.

One cannot say they’ve been to Paris if they’ve not taken a picture with the Eiffel Tower, the 324m wrought iron lattice tower on the Champ de Mars.

It was named after the engineer Gustave Eiffel, whose company designed and constructed it from 1887-89. It opened in 1889 during the Universal Exposition, a fair celebrating the 100th anniversary of the French Revolution. It remained the tallest structure in the world until 1930, when the Chrysler Building opened in New York.

One of the easily-recognisable global cultural icons, the Eiffel Tower is also one of the most-visited places in the world. Almost seven million people visit the place annually and about 250 million visitors have stamped their mark since its opening.

The best time to go up the tower is in the morning as there is shorter queue for tickets. Another plus point is that it’s less crowded. Being one of the most visited paid monuments in the world, it takes an average of more than three hours just to buy a ticket to the viewing platform.

With Trafalgar as my guide, my tickets to the Eiffel Tower is covered. The best part is that I get to skip the queues.

The tower’s three levels are open to visitors, with restaurants on the first and second levels. A passenger lift that travels at an angle slowly takes us up to the upper platform − the highest observation deck accessible to the public.

The view is just spectacular. I can see the Paris skyline and some of its famous landmarks like the Notre Dame, the Arc de Triomphe, Les Invalides Military Museum (which also houses the tomb of Napoleon Bonaparte) the La Defense business district and Trocadero (which offers the best Eiffel Tower view from below).

At the summit of the tower is a small apartment, where Eiffel himself keep as a personal space. Athough it is closed to the public, much of the original furnishings remain, along with mannequins of the designer and the only odd guest, American inventor Thomas Edison.

AU REVOIR

There are plenty of things to do in France besides shopping. If you are, like me, who shops only when necessary, you will get to enjoy more when you travel with Trafalgar. With the travel company, guests are given a lot of time for sightseeing and to immerse themselves in the local culture rather than just shopping. And the best part? Trafalgar also organises optional trips to various spots in the city like catching the Lido, the famous Paris cabaret. Oh but that’s a story for another day.

New Straits Times, Published: November 23, 2017 - 4:04pm
Falling for the City of Love
By Loong Wai Ting
https://www.nst.com.my/lifestyle/jom/2017/11/306643/falling-city-love
posted by fom_club at 12:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bangkok firefighters battle snake scourage

BANGKOK − Panarat Chaiyaboon was using the toilet in her downstairs bathroom in July when she felt a sharp bite on her thigh. She jumped up to see a scene straight out of a nightmare: an 8-foot python emerging from her toilet.

She rushed to the hospital, bleeding heavily, and still bears the marks from eight tooth punctures that were around half an inch deep.

That snake was captured. But a week later, Ms. Panarat’s 15-year-old daughter found a second python in the same toilet. The daughter was so shaken, she went to stay with relatives.

It could be argued that snakes have always owned this corner of Thailand, and that the people of Bangkok are merely borrowing it from them. The main airport, Suvarnabhumi, was built in a place called Cobra Swamp, and the city itself took shape on the Chao Phraya River delta − a marshy reptile paradise.

But this year, the Bangkok Fire and Rescue Department, which removes snakes from homes, has been busier than ever.

As of Monday, the department had received 31,801 calls this year for help in removing snakes. That is more calls than for all of last year (29,919), and more than three times the number in 2012 (10,492).

On one recent day, the fire department received 173 snake invasion calls, versus five fire alarms. “There’s no way we could survive if there were more fires than snakes,” said Prayul Krongyos, the department’s deputy director.

The department’s figures don’t even include the many thousands of snakes that are killed or removed by residents on their own or taken from homes by volunteer handlers.

Most of the snakes rescued by firefighters are taken to a wildlife center and eventually released in the wild.

Mr. Prayul and the department are nowhere near panic. One reason for the rising numbers is growing public awareness that firefighters can help remove snakes and other animals.

It has also been a wet year, even by Bangkok standards. Heavy rains bring a surge in the number of snakes seeking refuge indoors. Flooding can turn city streets into snake highways as the creatures are forced from their hiding places and swim for higher ground.

And as the sprawling city of more than 8.2 million people continues to expand into formerly wild lands, the number of snake encounters is rising. Most of the snake removal calls come from neighborhoods on the perimeter of the city where new housing is destroying what’s left of the creatures’ domain, Mr. Prayul explained.

“When people build houses in their habitat, of course they will seek a dry spot in people’s houses because they can’t go anywhere else,” he said.

All reasonable explanations. But casual discussion tends to end when it’s your toilet the snake is in.

“There are snakes everywhere!” said Kanok Praditkranok, Ms. Panarat’s husband. “They live beneath people’s houses, they live in holes, they live in the wilderness and in the ground. But they shouldn’t be able to enter people’s houses.”

The reality, though, is that humans cause snakes much more harm than the other way around.

Thailand has more than 200 snake species, including about three dozen that are venomous. But most do not pose a threat to people.

“Stories of snakes invading homes always sound scary, but as long as you don’t provoke them, they won’t hurt you,” Mr. Prayul said. “There are only a few cases where snakes come into people’s houses and hurt them.”

In Bangkok, where garbage bags often pile up on sidewalks awaiting collection, snakes perform a public service by catching rats and other vermin.

“Snakes are among the most misunderstood animals in the world,” said Nonn Panitvong, a leading expert in biodiversity. “People are afraid of snakes and don’t take time to identify them. In Thailand, they just kill the snakes.”

To keep the animals from being needlessly slaughtered, Mr. Nonn helped set up the “Snake at Home” message group on the popular Line phone app. People who encounter a snake can send a photo to the group’s volunteer experts and get an immediate reply on whether it is venomous.

“We can give them instant answers so maybe the snake will live,” said Mr. Nonn, who in August was named Thailand’s first ASEAN Biodiversity Hero, a new award created by the Association of Southeast Asian Nations to honor conservation advocates.

Started this year, Snake at Home has 29,000 followers and receives nearly 30 identification requests a day.

The identification service also has helped save a number of humans.

Doctors make more than half the identification requests in the hope of learning whether a snake that bit a patient was venomous and, if so, which species, so they can use the correct antivenin.

“In Thailand, homes continue to expand into the natural environment, so there will be always more snakes in the homes,” Mr. Nonn said.

After the second python appeared in Ms. Panarat’s toilet, the family discovered that the soil under their five-year-old house had subsided and that there was an opening in the sewage pipe large enough for a big snake to enter.

The family fixed the problem and has not seen a python since.

Despite the widespread fear of snakes in Thailand, an encounter with one is considered by many to be a sign of good luck.

Ms. Panarat, who told her story on Facebook and posted photos of the captured snake, received half a dozen inquiries from people asking for her house number so they could use it when buying lottery tickets.

One relative wrote on her page, “There’s an old saying that if you encounter a snake, you will meet your soul mate.”

Ms. Panarat jokingly replied, “I’d rather be a widow.”

[photo-1]
Firefighters restrained a rescued python at a fire station in Bangkok last week. One of the main jobs of the city’s Fire and Rescue Department is removing snakes from homes.

[photo-2]
Surapong Suebchai, a firefighter and snake handling trainer, demonstrating how to capture a cobra. Bangkok’s fire department has answered tens of thousands of calls for snake removal this year.

[photo-3]
Snakes collected during the previous week being transferred to a wildlife conservation center.

[photo-4]
Rescued pythons in a cage at a fire station in Bangkok. They eventually will be released in the wild.

The New York Times, Published: NOV. 28, 2017
Lurking in Toilets, Swimming the Streets: Snakes of Bangkok Move In
By RICHARD C. PADDOCK and RYN JIRENUWAT
https://www.nytimes.com/2017/11/28/world/asia/bangkok-snakes.html

posted by fom_club at 12:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bali airport reopens

Bali's international airport reopened Wednesday afternoon after a nearly three-day shutdown as towering columns of volcanic ash and smoke shifted direction on the Indonesian resort island.

The move raised hope for some of the more than 120,000 tourists stranded after a surge in activity at Mount Agung had grounded hundreds of flights since Monday, sparking travel chaos.

It was not immediately clear when flights would resume. Airport officials cautioned that the airport could shut again if winds change direction once more and endanger flights.

Ash is dangerous for planes as it makes runways slippery and can be sucked into their engines.

"We are going to constantly monitor the situation on the ground," Ngurah Rai airport spokesman Arie Ahsanurrohim told AFP.

Australian visitor Ebra Syllivan was overjoyed at the news.

"I didn't know it was going to reopen today -- we just came here because our flight was (originally scheduled for) tonight and we've booked out of our motel," she said at the airport.

"It's fabulous because we need to get back. We've got to get back to work."

Mount Agung could produce a major eruption at any moment, officials have warned.

- 'Bigger, explosive eruption' -

Tens of thousands have already fled their homes around the volcano -- which last erupted in 1963, killing around 1,600 people -- but as many as 100,000 will likely be forced to leave in case of a full eruption, disaster agency officials have said.

Experts said Agung's recent activity matches the build-up to the earlier disaster, which ejected enough debris -- about a billion tonnes -- to lower global average temperatures by around 0.3 degrees Celsius for roughly a year.

"Small eruptions have been happening continuously but there's still the possibility of a bigger, explosive eruption," said I Gede Suantika, a senior volcanologist at Indonesia's volcanology agency.

"Activity remains high and we are still on the highest alert level."

Roadside signs that read "Volcanic danger zone. No entry!" underscored the potential risks of staying behind.

There is a 10 kilometre exclusion zone around Agung, which is 75 kilometres from the beachside tourist hub of Kuta.

As of Wednesday around 440 flights had been cancelled since the start of the week.

The airport on nearby Lombok island -- also a popular tourist destination -- has opened and closed several times in the past few days. It is currently open.

- 'Very nervous' -

Some 100 buses are taking visitors to several destinations including Indonesia's second-biggest city Surabaya on Java island -- 13 hours' drive and a ferry ride away -- and the capital Jakarta, as torrential rain lashed the island.

"We decided to take the bus because in this island we are very nervous and we want to stay in another island, we want to be in Java," said Sofia Maria, a 24-year-old Russian tourist on her way to Jakarta.

The majority of Bali's tourists are Chinese, followed by Australians, Indians, Britons and Japanese, according to the immigration office, which added that nearly 25,000 foreigners live on the small Hindu-dominated island.

Foreigners whose visitor visas are expiring will be given a special permit to stay longer due to the eruption, the agency said

Agung rumbled back to life in September, forcing the evacuation of 140,000 people living nearby. Its activity decreased in late October and many returned to their homes.

However, on Saturday the mountain sent smoke into the air for the second time in a week in what volcanologists call a phreatic eruption -- caused by the heating and expansion of groundwater.

So-called cold lava flows have also appeared -- similar to mud flows and often a prelude to the blazing orange lava of popular imagination.

Indonesia, the world's most active volcanic region, lies on the Pacific "Ring of Fire" where tectonic plates collide, causing frequent volcanic and seismic activities.

Last year seven people were killed after Mount Sinabung on the western island of Sumatra erupted. A 2014 eruption at Sinabung killed 16.

[photo-1]
Mount Agung, which looms over one of the world's top holiday spots, could produce a thunderous eruption at any moment, officials have warned, forcing the main airport to be shut since Monday

[photo-2]
Tourists prepare to leave Bali by boat

AFP, Published: 29 NOV 2017
Indonesia reopening Bali airport shut by volcanic ash fears
https://www.afp.com/en/news/717/indonesia-reopening-bali-airport-shut-volcanic-ash-fears-doc-uo9bg2

posted by fom_club at 11:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Penang under fire over marathon

GEORGE TOWN: Penang's reputation globally has dropped following weaknesses in the annual Penang Bridge International Marathon (PBIM) yesterday, state Gerakan vice-chairman Oh Tong Keong said.

As such, he said the Penang government, state Tourism Committee chairman Law Heng Kiang and the organiser should be held accountable for the "blunders".

He said despite being held annually, with yesterday's event having attracted 35,000 local and foreign participants, the PBIM was still plagued with technical issues.

Among them were the alleged poor organisation, giving participants expired chocolates and incorrect sized T-shirts, two-hour delay for finishers to collect their medals as well as three best performers in the junior category being denied a podium presentation of their prizes.

"This is a serious matter and warrants immediate answers.

"We (Barisan Nasional) had been organising the run when we were in power, but since Pakatan Harapan took over, it had steadily deteriorated," he said yesterday.

Oh also demanded an explanation on why the top three runners under the junior category were not allowed to go on the stage to receive their prizes, and instead told to collect their medals from the tents instead.

“This is an embarrassment and it has clearly hurt the feelings of the winners in the category who are all teenagers,” Oh said.

Meanwhile, participants had taken to PBIM's Facebook to vent their frustration and anger over how the event was organised.

They also criticised PBIM for not being able to access the full results this evening.

Tai Yeow Au said: "Please don’t announce if your site is not ready. You’ve already made a few people upset yesterday. You don’t need additional upset runners."

Mong Xeng Xuang wrote: "PBIM, continue to disappoint even after the event. The only part they were efficient is collecting your fees."

Afiq A. Halim posted "We demand official apologies from the organiser about all the hiccups (running tee shortage, race pack collection, medal and all sorts)".

Law had said that the PBIM was well organised and those who did not get their medals were likely those who did not finish on time.

He also said the sponsor of the chocolate would put out a statement soon.


[photo]
Some of the participants taking part in the Penang Bridge International Marathon on Nov 26.

New Straits Times, Published: November 28, 2017 - 12:59am
Penang Bridge marathon continues to draw flak, participants vent anger on Facebook
By AUDREY DERMAWAN
https://www.nst.com.my/news/nation/2017/11/308155/penang-bridge-marathon-continues-draw-flak-participants-vent-anger

GEORGE TOWN: The Penang Bridge International Marathon (PBIM) continues to draw flak from participants, three days after the event proper last Sunday.

Participants took to PBIM's official Facebook page to blast the organiser for the poorly organised annual run.

Some even vowed to give the PBIM a miss in future.

Ifeng Tan posted "To PBIM, I've the same thought too. Please at least send the finisher medals to the runners who don't get it. I run for medals, I think most of the runners too! I believe receive it late better than don't have. Please put some effort in this matters!"

Kc Oon said "I have no idea what my results was -- status : withdrawn during race -- as I finished my whole run, and I didn't get my medal nor finisher tee."

Rufina Guteri Ganggus noted "I found that the three winners of half marathon women open and best Malaysian are the same person. Pls advise" while Hafiz Nodin asked "So do I collect my medal on the stage or under a tent. Also, where can I collect my expired chocolate?"

The New Straits Times reported before this that the PBIM was still plagued with technical issues.

Among them were the alleged poor organisation, giving participants expired chocolates and incorrect sized T-shirts, two-hour delay for finishers to collect their medals as well as three best performers in the junior category being denied a podium presentation of their prizes.

The annual run attracted 35,000 local and foreign participants this year in four categories -- 42km full marathon, 21km half-marathon, 10km run and 8km Fun Run.

Meanwhile, state Gerakan vice-chairman Oh Tong Keong said the issues which plagued the run showed that the Penang government did not pay serious attention to such international event.

He said state Tourism Committee chairman Law Heng Kiang was only good in issuing apology each time blunder’s takes place and promised to improve, but with no results at the end.

He added that when problem cropped up in 2014, Law had cited little time to make preparations due to a last minute change in venue and the following year, he said lack of sponsorship resulted in shortage in water and spray supply.

In 2016, Law had said that requests from parents of school-going children led to a change in the date of the event, resulting in unhappiness among many participants who had booked their flight tickets earlier.

"This time around, when the issue of expired chocolate cropped up, he said the sponsor had given out the expired items.

"Does this mean that the Penang government can absolve themselves from all responsibility? If all these little details had been looked into thoroughly, then none of these would have happened," he added.

Oh also questioned where the RM3 million enrolment fees collected by the organiser went to as many of the items were sponsored.

Law had said that the PBIM was well organised and those who did not get their medals were likely those who did not finish on time.

He also said the sponsor of the chocolate would put out a statement soon.


[photo]
The Penang Bridge International Marathon (PBIM) continues to draw flak from participants, three days after the event proper last Sunday.

New Straits Times, Published: November 29, 2017 - 5:55pm
Handling of Penang Bridge International Marathon continues to draw flak
By AUDREY DERMAWAN
https://www.nst.com.my/news/nation/2017/11/308794/handling-penang-bridge-international-marathon-continues-draw-flak

posted by fom_club at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cable car project in the Penang Botanic Gardens

GEORGE TOWN: Despite concerns raised, the proposed cable car project is one of numerous development projects included in the Special Area Plan (SAP) for the Penang Botanic Gardens (PBG).

The SAP, which will be subjected to a panel review next month, will serve as a framework for the PBG’s masterplan.

PBG curator Dr Saw Leng Guan, who confirmed the inclusion of the cable car project in the SAP, said a public consultation would be conducted early next year to gather feedback before a final decision was made.

He, however, said that once corporatised, it would be up to the governing body of PBG to decide on the matter.

“The cable car project needs to be further studied...we will gather all the feedback before deciding on the matter,” he said during a visit to PBG this morning.

The state legislative assembly passed the Penang State Park (Botanic) Corporation enactment recently, which paved the way for the corporatisation of PBG.

Numerous quarters have raised concerns over the Penang government’s move to corporatise the 133-year-old PBG. During the tabling of the bill, numerous questions were raised by both the backbenchers and the opposition (Barisan Nasional).

Saw also allayed fears on the possible sale of part of the gardens after the corporatisation, adding that it was not likely to happen.

State Town and Country Planning Committee chairman Jagdeep Singh Deo, who was also present, said that the state would discuss the proposed cable car project later when it was ready to introduce the SAP.

He also assured that the enactment would not only ensure the preservation of the gardens as its sole objective, but also to improve not only the gardens generally, but in particular, the management of the gardens so that it could strive towards inclusion by Unesco as a World Heritage site.

He added that one of the shortcomings before the corporatisation of the gardens was the high turnover of staff, who after a long stint of training and becoming experts in the field, had to be transferred, which resulted in the gardens being stunted where expertise was concerned.

“Hence, this is one of the main reasons for the corporatisation of the gardens so that we can retain the expertise which is needed, not just for the short term, but for the long term to improve, enhance and better the gardens.

“The concerns by several civil society groups are in fact addressed in the legislation, and we will continue to take into consideration the views of all parties.

“It is the Penang government’s utmost priority to protect, preserve and promote the history of the gardens by making it a garden for the people of Penang and the world,” he said.

Legal adviser for the Consumers Association of Penang (CAP) and Sahabat Alam Malaysia (SAM), R. Meenakshi, had told the New Straits Times that it was vital for the state government to provide more details and make transparent its plans over the corporatisation move.

She said while the gardens could be better maintained, its corporatisation raised questions about the need for the move, top most was whether it would lead to the commercialising of the gardens.

Also deeply worrying, Meenakshi said, was the proposals made in the past for a base station at the gardens for a cable car to Penang Hill.

Reform movement, Aliran, had said it was worried that in the passing of the enactment, there was no mention of the SAP.

The New Straits Times, in its exclusive report in February this year, quoted civil societies as saying that they would launch the “Save Penang Hill 2.0” campaign if the state government went ahead with the proposed cable car project.

Friends of Penang Hill had reminded the administration of how the first series of its “Save Penang Hill” campaign in September 1990 had succeeded in saving one of the last remaining natural sanctuaries on the island from being lost to development.

The proposed cable car project is expected to link Penang Hill, PBG and Teluk Bahang.

At that time, state Public Works, Utilities and Public Transportation Committee chairman Lim Hock Seng had said the Penang government would continue to pursue the cable car project and would not shelve it despite concerns raised by several quarters.

[photo]
“The cable car project needs to be further studied...we will gather all the feedback before deciding on the matter,” Dr Saw Leng Guan said during a visit to PBG this morning.

New Straits Times, Published: November 29, 2017 - 5:15pm
Public consultation on Penang cable car project next year
By AUDREY DERMAWAN
https://www1.nst.com.my/news/nation/2017/11/308766/public-consultation-penang-cable-car-project-next-year

posted by fom_club at 11:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

Happy World Philosophy Day

The state of theorising and narrating philosophy much manifests the Western gaze, taken to be universal. Philosophy (read Western) is unique to Europe and the Occidental world, and not necessarily universal.

WORLD Philosophy Day is annually observed on the third Thursday of November. This year, it fell on the 16th of this month. As it is, we attend to our daily rituals oblivious to the mother of all knowledge, and the secular source of humanitarian values.

Since establishing World Philosophy Day in 2005, the United Nations World Educational, Scientific and Cultural Organization (Unesco) underlines the enduring value of philosophy for the development of human thought, for each culture and for each individual.

The complexities of the times call for reflection on humility, to be engaged in reasoned dialogue, and to transcend prejudice for a sustainable and peaceful world. This shows the importance of the discipline of philosophy that encourages critical and independent thought. Unesco reiterates that it does not own World Philosophy Day. The Day belongs to everyone, everywhere, who cares about philosophy.

In Malaysia, we do not teach philosophy in the universities, nor in schools. There are no philosophy departments. I have alluded to this in an interview by one of the national dailies some years ago. Then I had said, all top global universities have a department of philosophy. We want to be in the top one per cent, but we have even killed history.

To be fair, courses on philosophy of science and philosophy of art are taught in the related departments in Malaysian universities. The logic is simple. One cannot be granted a Degree in Fine Art, or some aspects of visual or performing arts without a course in the philosophy of art. But science faculties in Malaysia do not offer any semblance in the likes of the philosophy (and history) of science. The Science and Technology Studies Department, under University of Malaya’s Science Faculty, delves into and has a programme on the history and philosophy of science. Much of the interest in that area is dependent on individual academicians having such orientation and the extent of their advocacy.

I was instrumental in introducing and teaching a course titled Introduction to Philosophy in the Faculty of Film, Theatre and Animation at a public university more than a decade ago. My attempts at introducing a course on philosophy and modernity in another university did not materialise due to the apathy (and perhaps fear) of what it would produce of students.

Then, I had argued on the importance of teaching philosophy in the context of the natural and the social sciences as an exercise in reasoned and informed thinking on the major challenges of our time.

And as an extension, the universities can organise cultural events, dialogues, debates, seminars and workshops with the participation of scholars, scientists, artists, students, teachers, the media, civic organisations and the public.

My allusion to World Philosophy Day is to engage us in the problematique of philosophy. My problem with philosophy as knowledge is how it was introduced and transmitted to the modern world.

In a book published by Palgrave Macmillan in 2012 titled The Gaze of the West and Framings of the East (editor Shanta Nair), I discussed this problem of philosophy in the chapter titled Representations of Philosophy: The Western Gaze Observed (pages 79-92). In that chapter, I described the representation of philosophy and identified the problems as such within the Orientalist-Occidentalist mode.

In that context, I had made pertinent observations on the representations of philosophy from the vantage point of the non-European worldview. The state of theorising and narrating philosophy much manifests the Western gaze, taken to be universal. Philosophy (read Western) is unique to Europe and the Occidental world, and not necessarily universal.

I had asked a series of questions such as “Is there a single Oriental philosophy?”. Can we assume that both the Occident and the Orient have a similar conceptualisation of difference and experience as to warrant the thinking about philosophy as comparable, or even thinkable? Is being a common experience on both sides of the divide?

In the mainstream narrative, we find that the West has produced and reproduced philosophy and to that end, the mind and logic that dominate and inform us about ourselves and existence. The history of philosophical thought has always been discussed and dominated by the Western tradition through early Greek philosophers and their ideas have since become the foundation for the study of philosophy today.

For example, in philosophising the Other by the West, one may note that the ways of thinking, idea of logical thought and roots in the Malay tradition are relatively neglected, and underexplored.

Scholars of philosophy, either from the East or West, have never put serious attention into it.

The book From Africa to Zen: An Invitation to World Philosophy (1993) does not include the Malay world and their philosophy. Malay philosophy and the Malay worldview as such exist outside the frame of Western consciousness.

It is quite normal to conceive of philosophy as being ‘Western” (and inherently Christianised) so much so that any scholar (in Malaysia, for example) who partakes an interest in the subject, and promotes it in the appropriate arena, is seen as imbibing a Western value and subscribing to an Occidental ethic. In the 2012 book, and in preparing for my contribution to the chapter, I searched the word “philosophy” through the “universalised” search engine Google and a list of 142 million entries appeared; and for “Eastern philosophy”, 3.660 million. For both searches, the Internet encyclopaedia Wikipedia tops the list. I have used Google and Wikipedia for the purpose of illustrating in itself how the West has come to dominate various discourses on knowledge production and philosophy. The Internet and Google are classic examples of Western technologies representing also the non-European world.

Terms such as “ancient”, “medieval” and “modern” are now used almost universally, regardless of appropriateness. Islamic and Indian philosophies as a category will almost always reside under the Medieval period. An example is manifested in a 2004 book titled One Hundred Philosophers by Peter J. King, an academic philosopher at Pembroke College, Oxford. The book is divided into six sections, namely Ancient, Medieval, Early Modern, 19th century and 20th century. Under “Medieval”, the book identifies such figures as Adi Samkara, al-Kindi, al-farabi, Ramanuja, al-Ghazali and Ibn Rushd together with European philosophers as Pierre Abelard, Thomas Aquinas, William of Okham, Machiavelli and Franscisco Suarez.

Another classification in Wikipedia’s entry on the history of “Western Philosophy” is as follows:

For a long time, history and philosophy were divided into such categorisations. Bernard Lewis, a commentator of Islam, who has been most of the time dubbed an orientalist, argues that the term “Medieval Islam” does not mean Medieval Islam but that period in Islamic history which corresponds to the Medieval period in European history and philosophy. We are aware that the periodisation of the world, and periods of philosophy and intellectual history were invented by Europeans in Europe to classify the different phases of European history, which is then imposed, or selfimposed upon the rest of the world.

And then there was the Nietzchean voice through the mouth of Zarathustra, that “God is dead”, at least for the Western world.

Hence, no God and echoing John Lennon’s Imagine, released in 1971, “And no religion too”.

Imagine renders a Nietzchean worldview and at the same time manifesting the gaze of the West in resonating Eastern religions and philosophies. We see philosophy emancipating with no god and no religion. I had used Lennon in the 2012 chapter to illlustrate the juxtaposed domains. It is the Other philosophy, the Eastern one, with all its sacred and spiritual avatars, that has also inspired Lennon’s lyrics.

It gave Lennon, as one commentator put it, the escape from “provincial, Western-European-British-Liverpudlian thought”, and penetrate the deeper areas of the soul. When “God is dead”, the worldview adopted by the West is inclined toward change. We may remember Bob Dylan’s The Times,

They are A-Changin’, released in 1964. The dominant philosophical system was formed by the gathering together of various cultural objects, values and phenomena into artificial coherence − meaning subject to change with the change of circumstances.

Happy World Philosophy Day, everyone. May our souls be joined together, “and the world will live as one”.

New Straits Times, Published: 29 Nov 2017
World Philosophy Day:
The European gaze on the Other

By A MURAD MERICAN
The writer is a professor at the Centre for Policy Research and International Studies, Universiti Sains Malaysia, and the first recipient of the Honorary President Resident Fellowship at the Perdana Leadership Foundation.
[Source] New Straits Times
https://www.pressreader.com/malaysia/new-straits-times/20171129/283042644827423

posted by fom_club at 15:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Penang state govt should focus on helping the people

IN four days, we will welcome December. Many Penangites are praying for a peaceful end to the year, after having gone through so many challenges.

Some may want to catch the Geminids meteor shower, which is expected to peak on Dec 13-14. Superstition has it that a meteor shower, or a shooting star, is a sign of good luck. Indeed, this is what Penang needs now.

In the last quarter of the year, Penang appears to have seen it all − a landslide that claimed 11 lives, a fatal bus crash that killed eight and a major flood which killed seven and paralysed 80 per cent of the state.

Those affected have to pick up the pieces and start anew. This is where the state government comes in. Instead, we are seeing the state government’s continuous defensive stance and constant blame game.

Take, for example, last month’s landslide at a project site in Tanjung Bungah. The state government was quick to point to a “construction site accident”, with a DAP lawmaker claiming the site was flat.

But, photos have emerged which claimed otherwise. The project involved slopes with a gradient of about 20 degrees. What is even more baffling is that the project went ahead without the Department of Environment’s approval.

And, what about the floods on Nov 4 and 5? Until today, thousands are still affected, yet, the state government continues to blame the Federal Government for a lack of assistance.

For the record, immediately after the disaster, Deputy Prime Minister Datuk Seri Dr Ahmad Zahid Hamidi had directed the armed forces to help out in relief efforts. Prime Minister Datuk Seri Najib Razak, during a visit, had directed Kelab Putera 1Malaysia to send aid.

Different ministries have also gone to the ground to assess damage and announced millions of ringgit in allocation. So, what is your beef, Penang government?

To be fair, the state government has provided RM700 in financial aid to each affected household and business. That’s laudable, but more should and can be done.

The people are no longer buying the state’s defensive stand. They are not convinced by the promise of an allocation for flood mitigation as proposed in the state budget recently. Some quarters have said it was a repeat of this year’s figure. They are demanding for a real solution. The people are also doubtful of the state’s environmental efforts, with a measly RM10 million for hill protection.

Is this the “Ubah” (change) that Pakatan promised in 2008?

[photo]
The Penang state govt should focus on helping the people rather than playing the blame game.

New Straits Times, Published: November 27, 2017 - 9:03am
Penang needs a real solution
By AUDREY DERMAWAN
Audrey Dermawan is NST’s Penang bureau chief. She enjoys the sun, the sea and the sand, from which she draws her inspiration.
https://www.nst.com.my/opinion/columnists/2017/11/307857/penang-needs-real-solution

posted by fom_club at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mount Agung, Bali volcano

KARANGASEM, Indonesia (AFP) -
Evacuation centres and hotels in Bali filled up Tuesday with tens of thousands seeking refuge as a volcano on the Indonesian resort island threatened to erupt, forcing the closure of the main airport for a second day.

Stranded tourists hunted for accommodation while frightened villagers living in Mount Agung’s shadow made their way to more than 200 evacuation centres as the mountain gushed smoke and ash.

The rumbling volcano – which last erupted in 1963 killing around 1,600 people – forced Indonesian authorities to close Bali’s airport for a second day Tuesday as experts raised the alert level to maximum.

Towering columns of thick grey smoke have been rising from the mountain since last week, and in the last few days have begun shooting into the sky, forcing all flights to be grounded until at least Wednesday morning.

Ash is dangerous for planes as it makes runways slippery and can be sucked into their engines.

Officials have warned that the volcano, which looms over the tropical holiday paradise, could erupt at any moment.

Some 40,000 people have abandoned their homes in the danger zone but as many as many as 100,000 will likely be forced to leave, disaster agency officials have said.

“Volcanic ash is still spewing. It’s thick and rising very high – up to three or four kilometres from the crater,” said I Gede Suantika, an official at Indonesia’s volcanology agency.

The exclusion zone around Agung, which is 75 kilometres from the beachside tourist hub of Kuta, has also been widened to 10 kilometres.

As of Tuesday some 443 flights had been cancelled, affecting more than 120,000 passengers in Bali, a top holiday destination that attracts millions of foreign tourists every year.

Inn operator I Wayan Yastina Joni was among the few hoteliers willing to take up an appeal by Bali’s governor and tourism agency to supply free rooms to thousands of out-of-luck visitors, though some offered discounts.

“I don’t mind giving free accommodation for tourists I already know,” said the owner of the Pondok Denayu Homestay.

“This is nobody’s fault. It’s a natural disaster that no one expected,” he added.

Hundreds of tourists are being shuttled to Indonesia’s second city Surabaya, about 13 hours’ drive away, so they can fly out of the country.

“We are preparing 10 buses and more can likely be provided later today,” Bali Transportation Agency Head Agung Sudarsana said earlier Tuesday.

The airport on nearby Lombok island – also a popular tourist destination east of Bali – has opened and closed several times in the past few days. It is currently open but may yet be shuttered again, officials said.

Mount Agung’s last eruption in the early sixties was one of the deadliest ever seen in a country with nearly 130 active volcanoes.

“I am very worried because I have experienced this before,” 67-year-old evacuee Dewa Gede Subagia, who was a teenager when Agung last roared, told AFP.

“I hope this time I won’t have to evacuate for too long. In 1963, I left for four months.”

Experts said however that Agung’s recent activity matches the build-up to the earlier disaster, which ejected enough debris – about a billion tonnes – to lower global average temperatures by 0.2 - 0.3 degrees Celsius for about a year.

“What we are seeing at the moment are small explosions, throwing out hot gases and fragments of molten rock, or ash,” said David Pyle, a volcano expert at Oxford University.

“The probability of a large eruption is high, but this may take some days or weeks to unfold.”

Agung rumbled back to life in September, forcing the evacuation of 140,000 people living nearby. Its activity decreased in late October and many returned to their homes.

However, on Saturday the mountain sent smoke up into the air for the second time in a week in what volcanologists call a phreatic eruption – caused by the heating and expansion of groundwater.

Then on Monday so-called cold lava flows appeared – similar to mud flows and often a prelude to the blazing orange lava of the popular imagination.

Indonesia is the world’s most active volcanic region. The archipelago nation with over 17,000 islands lies on the Pacific “Ring of Fire” where tectonic plates collide, causing frequent volcanic and seismic activities.

Last year, seven people were killed after Mt. Sinabung on the western island of Sumatra erupted. A 2014 eruption at Sinabung killed 16.


[photo]
Eruption of Mount Agung as seen from Kubu village in Karangasem, Bali, Indonesia.

New Straits Times, Published: November 28, 2017 - 4:35pm
Evacuation centres, hotels fill up as Bali eruption looms
By AFP
https://www.nst.com.my/world/2017/11/308392/evacuation-centres-hotels-fill-bali-eruption-looms

KARANGASEM, Indonesia (Reuters) -
Indonesia kept the airport on Bali closed on Tuesday as ash from an erupting volcano swept the holiday island, leaving thousands of tourists stranded as authorities tried to persuade villagers living nearby to leave their homes.

A total of 443 flights, both domestic and international, were affected by the closure of the airport, about 60 km (37 miles) from Mount Agung which is spewing smoke and ash high into the sky.

“Aircraft flight channels are covered with volcanic ash,” the transport ministry said in a statement, citing aviation navigation authorities.

The airport - the second-biggest in Indonesia - will be closed at least until 7 a.m. on Wednesday (2300 GMT on Tuesday), the ministry said.

Frustration at the airport was starting to boil over, with an estimated 2,000 people attempting to get refunds and reschedule tickets.

“There are thousands of people stranded here at the airport,” said Nitin Sheth, a tourist from India. “They have to go to some other airport and they are trying to do that, but the government or authorities here are not helping.”

Others were more relaxed.

“No, there’s not a lot of information ... very little. (But) it’s all right. We’re on holidays so it doesn’t matter. We don’t know what’s going to happen but we can get back to the bar and have another drink,” said Matthew Radix from Perth.

The airport operator said 201 international flights and 242 domestic ones had been hit.

Ten alternative airports had been prepared for airlines to divert inbound flights, including in neighboring provinces, the operator said, adding it was helping people make alternative bookings and helping stranded travelers.

The airport on Lombok island, to the east of Bali, had reopened, authorities said, as wind blew ash westward, towards the southern coast of Java island.

PRAYERS

Agung towers over eastern Bali to a height of just over 3,000 meters (9,800 feet). Its last eruption in 1963 killed more than 1,000 people and razed several villages.

On Tuesday, however, life went on largely as normal in surrounding villages, with residents offering prayers as the volcano sent huge billows of ash and smoke into the sky.

Some villagers who fled in September, when the alert was last raised to the highest level, have gone home despite government warnings.

On Monday, authorities said 100,000 residents living near the volcano had been ordered to get out of an 8-10 km (5-6 mile) exclusion zone, warning a larger eruption was “imminent”.

While the population in the area has been estimated at anywhere between 63,000 and 140,000, just over 29,000 people were registered at emergency centers, said Sutopo Purwo Nugroho, a spokesman for the Disaster Mitigation Agency.

“Not all people in the danger zone are prepared to take refuge,” he said.

“There are still a lot of residents staying in their homes.”

Indonesia’s Volcanology and Geological Disaster Mitigation Center has warned that an eruption of a size similar to that seen in 1963 could send rocks bigger than a fist flying a distance of up to 8 km (5 miles), and volcanic gas a distance of 10 km (6 miles) within three minutes.

Monitoring has shown the northeastern part of Agung’s peak had swollen in recent weeks “indicating there is fairly strong pressure toward the surface”, the center said.

For interactive package on Agung eruptions, click: tmsnrt.rs/2hYdHiq

For graphic on the Pacific Ring of Fire, click: tmsnrt.rs/2BjtH6l


Reuters, Published: NOVEMBER 28, 2017 / 7:19 AM
Tourists, authorities feel the heat as Bali volcano keeps airport closed
By Kanupriya Kapoor, Slamet Kurniawan
https://www.reuters.com/article/us-indonesia-volcano-airport/tourists-authorities-feel-the-heat-as-bali-volcano-keeps-airport-closed-idUSKBN1DR2T3
posted by fom_club at 12:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Subtlety Of ASEAN Consensus

ASEAN’s 50th anniversary has been marked by claims that its consensus decision making approach is no longer fit for purpose. ASEAN needs to move beyond the straightjacket of trying to achieve unanimity among ten divergent members. This is a misreading of consensus.

By Alan Collins*

The introspection that greeted ASEAN at its 50th anniversary suggests that not all is well. True, some have been moved to call it a “miracle”, a “world star” and one deserving a Noble Peace Prize. But many others prefer to prefix ASEAN with adjectives such as adrift, confused, divided and weak.

ASEAN’s initial silence during this year’s Rohingya crisis, and the Chairman’s Statement in September that deliberately did not mention the Rohingya community by name and placed equal culpability for the crisis at the door of the Arakan Rohingya Salvation Army, appeared to confirm the criticism that ASEAN has a “culture of inaction” that prioritises procrastination.

Malaysia’s subsequent disassociation from the Chairman’s Statement as it was a misrepresentation of the situation, gave further muster to the view of ASEAN as divided and ineffectual. It certainly suggests that ASEAN is having great difficulty gaining consensus amongst a membership that has since left the familiarity created by its founding members.

Consensus, Not Unanimity

Malaysia’s public disavowing of the “Rohingya statement”, and prior to that ASEAN’s 2012 failure to issue a joint communique at the end of the Foreign Ministers Meeting in Cambodia, are headline-grabbing events that suggest consensus is indeed problematic. While this is so, the difficulty in gaining unanimity is also revealed in the increasing use in ASEAN communiques of the caveat “some ministers”, showing that a common sentiment was not accomplished.

This is seen as a failure to achieve consensus via consultation and negotiation. Is consensus no longer fit for purpose when ASEAN has become 10 and significant differences exist amongst the membership? No.

Consensus is the ASEAN solution precisely because it has not meant unanimity and it does not bestow on members a veto. If it has become interpreted in this manner then this is a political move that ASEAN members need to resist. Consensus has always meant that state elite could engage in a discussion in the knowledge that if there existed a point of disagreement, then the issue would be shelved until a time when the disagreement ceased to exist.

In essence, it ensured that no decision could be taken against outright opposition and so it enabled the elite to be at ease with one another; this no doubt helped develop the familiarity amongst the elite that captures the essence of the ASEAN Way.

Very importantly it ensured a sense of equality among the members; there is no ASEAN Security Council. Consensus was thus about being comfortable, to a greater or lesser degree, with the subjects being discussed and decisions reached. This understanding of consensus was captured in the formula, ASEAN minus X (A-X).

That is, ASEAN can proceed with a decision where some ASEAN members are more comfortable with the decision than others, so long as those others are not opposed. It did not therefore equate consensus with unanimity. It did not require all members to agree to participate and it did not give one member a veto.

Subtlety of ASEAN Diplomacy

This latter point is important to appreciate; how can equality exist if one member can prevent others from acting? If a member was opposed to an ASEAN decision, but it was in a minority of one, then consensus would publicly be said to have been achieved.

Through a process of consultation, the anomalous one would be reassured that its concerns would be respected and in return it would not prevent the others from proceeding. Being opposed did not mean becoming estranged and consensus via consultation ensured ASEAN was united in how it managed the wishes of all members.

In circumstances where those for and against are more even, then it is not unusual for the publication of a statement to accompany a declaration. While the declaration is likely to contain passages that quite often appear contradictory and reveal different positions within the membership, the statement is used to clarify a particular interpretation.

For example, when the ASEAN Human Rights Declaration (AHRD) was adopted in 2012 it was accompanied by the Phnom Penh Statement, which sought to counter the expected accusation that the AHRD fell short of international human rights standards. In those circumstances where more than one was opposed and no amount of consultation would resolve concerns then consensus equated to adjournment.

Consensus as ASEAN’s Glue

Consensus is thus the glue that holds ASEAN together. It is what marks out the ASEAN Way as being different from the adversarial posturing, majority voting and legalistic governance structures that can be found in the West. It is what enabled states that, for the most part, freed themselves from a controlling colonial power to create an institution that does not replace that colonial power with a supranational organisation that could also impinge on their independence.

It is a process that encourages independent sovereign states to work cooperatively together in a familiar, non-threatening, environment. It is this familiarity that underpins the sense of friendship that ASEAN promotes and symbolises; the latter most visible in the routine arms-crossed handshake that is performed at public ASEAN meetings.

The solution to ASEAN’s challenges as it continues on its community-building path is not to jettison consensus, but rather to ensure that it is not narrowly framed as unanimity. Equally, the A-X formula should not be consigned to just its economic pillar but instead applied to all ASEAN activity as it was originally intended.

A good start is to boldly put consensus in the name of an ASEAN commitment; something like an “ASEAN Consensus on the Protection and Promotion of the Rights of Migrant Workers”.

*Alan Collins is Professor of International Relations at Swansea University, United Kingdom and was recently a Visiting Professor with the Centre for Multilateralism Studies at the S. Rajaratnam School of International Studies (RSIS), Nanyang Technological University, Singapore.

S. Rajaratnam School of International Studies (RSIS), Published: November 23, 2017
The Subtlety Of ASEAN Consensus – Analysis
By RSIS
https://www.eurasiareview.com/23112017-the-subtlety-of-asean-consensus-analysis/

posted by fom_club at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Oxford takes back Suu Kyi's title

Undergraduates at the Oxford college where Aung San Suu Kyi studied have voted to remove the Myanmar leader’s name from the title of their junior common room because of her response to the Rohingya humanitarian crisis.

In a vote on Thursday evening, students at St Hugh’s college at the University of Oxford resolved to eliminate the name of the 1991 Nobel peace laureate from the Aung San Suu Kyi junior common room with immediate effect.

The motion criticised the “silence and complicity” in her apparent defence of the country’s treatment of its Rohingya Muslim minority, who have suffered ethnic cleansing and violent attacks by Myanmar’s military forces.

The crisis has led to more than half a million Rohingya being driven out from northern Rakhine state into neighbouring Bangladesh, according to the UN.

The St Hugh’s resolution read: “Aung San Suu Kyi’s inability to condemn the mass murder, gang rape and severe human rights abuses in Rakhine is inexcusable and unacceptable. She has gone against the very principles and ideals she had once righteously promoted.”

In 2012 Aung San Suu Kyi was celebrated with an honorary doctorate from Oxford, and held her 67th birthday party at the college where she studied politics, philosophy and economics between 1964 and 1967.

But in recent months she has attracted increasing criticism for her response to the Rohingya humanitarian crisis. In September, the governing body of St Hugh’s decided to remove a painting of her from its main entrance, days before the start of the university term and the arrival of new students.

At the start of October, Oxford city council voted unanimously to strip the Burmese leader of the Freedom of the City of Oxford.

So far Oxford has decided not to reconsider Aung San Suu Kyi’s honorary degree. But the university has expressed its “profound concern” over the treatment of the Rohingya minority.

The university said it “hopes the Myanmar administration, led by Oxford alumna Aung San Suu Kyi, can eliminate discrimination and oppression, and demonstrate to the world that Myanmar values the lives of all its citizens”.


The Guardian, Published: Thursday 19 October 2017 22.54 BST
Oxford college drops Aung San Suu Kyi from common room's name

Decision by students at St Hugh’s, where the leader of Myanmar also studied, is over her response to the Rohingya crisis

By Patrick Greenfield
https://www.theguardian.com/world/2017/oct/19/oxford-college-drops-aung-san-suu-kyi-as-name-of-common-room

White is the colour of peace, and no one on the world stage wears it bigger than the pope. Francis is never seen in anything else: his cassock, skull-cap, cape all dove-coloured.

It underlines his role in the global spotlight, so it’s understandable that many people in the world today are disappointed that he failed, in his keynote address in Myanmar, to use the politically and emotionally charged word “Rohingya” to stress his criticism of the crackdown on the Muslim community of the country. In the past, Francis has used the term, denouncing “the persecution of our Rohingya brothers”, who he said were being “tortured and killed, simply because they uphold their Muslim faith”.

This visit would never have been organised if the powers-that-be at the Vatican had known then what they know now. The trip was conceived back in June, when the then-untarnished Aung San Suu Kyi had a cordial visit to Rome, and diplomatic relations between the Vatican and Myanmar were re-established. But in August, the current wave of violence against the Rohingya began; and although it became increasingly clear that Francis was wading into a political and diplomatic minefield by going to visit the country, the planning went ahead.

The men who run the Vatican aren’t on the whole risk-takers, which is both why the current pope is a breath of fresh air, and also why he has so many enemies within his own kingdom. But nor are they back-downers: so although the political situation has made the trip more and more dodgy, they ploughed on with it; and the uncomfortable result is that, in the week Oxford announces it is withdrawing the freedom of the city from the Myanmar leader, one of its most prominent alumni, in protest at what is happening to the Rohingya, pictures are beamed around the world of her meeting the pope – and, worse, he has bowed to pressure not to refer to them by name.

It all seems a bit of an embarrassing muddle for the Argentine pope; but the fact is, his role as he crosses the globe, frequently heading into war zones and other difficult situations, is always a bit of a muddle. Because what exactly is he doing in the countries he visits? Is he there as a pastoral leader, head of the Catholic community in that place; or world leader – and in that case, from where does his authority derive?

The truth is, and this visit has made this abundantly clear, the primary role of the pope is as the leader of the Roman Catholic community. The first people he must protect are his own; which is not unreasonable for any leader. So when his representative in Myanmar, Cardinal Charles Maung Bo, warned him that if he used the word “Rohingya” he might compromise the situation of the country’s tiny Catholic minority, Francis felt he had no option but to back down.

The Catholic church has many strengths, including in its humanitarian work – after all, it has representatives across the planet, and for all the bad apples we’ve become increasingly aware of, there are many good men and women working tirelessly to improve the living conditions of people who live in challenged situations. But it has weaknesses too, including the fact that its leader, while he might look like a world peacemaker, must look out first and foremost for his own people. And that, it seems, is what has had to happen here.


[photo]
‘Many people are disappointed that he failed, in his keynote address in Myanmar, to use the politically and emotionally charged word Rohingya.’ Pope Francis and Aung San Suu Kyi.

The Guardian, Published: Tuesday 28 November 2017 18.41 GMT
By not saying 'Rohingya', Pope Francis was just protecting his own

The pontiff felt he had no option but to back out of denouncing persecution in Myanmar because of implications for local Catholics

By Joanna Moorhead
https://www.theguardian.com/commentisfree/2017/nov/28/pope-francis-catholics-rohingya

Aung San Suu Kyi has been formally stripped of the Freedom of the City of Oxford award over her response to the repression of her country’s Rohingya Muslims.

Oxford city council voted unanimously to permanently remove the honour given to the de facto leader of Myanmar in 1997, and said it did not want to celebrate “those who turn a blind eye to violence”.

Oxford councillors had previously voted to support a cross-party motion to remove the award, and made the decision official in a vote on Monday evening.

The vote comes on the same day Myanmar’s powerful army chief told Pope Francis there is “no religious discrimination” in Myanmar.

Over 600,00 Rohingya Muslims have been driven from Rakhine state in western Myanmar into neighbouring Bangladesh through a series of military operations, which the United Nations has described as a “textbook example of ethnic cleansing”.

Cllr Mary Clarkson (Lab), who proposed the motion, told the BBC: “Oxford has a long tradition of being a diverse and humane city, and our reputation is tarnished by honouring those who turn a blind eye to violence. We hope that today we have added our small voice to others calling for human rights and justice for the Rohingya people.”

In 2012, Suu Kyi was celebrated with an honorary doctorate from Oxford, and held her 67th birthday party at St Hugh’s college, where she studied politics, philosophy and economics between 1964 and 1967.

But in recent months she has attracted growing criticism for her response to the Rohingya humanitarian crisis. In September, the governing body of St Hugh’s decided to remove a painting of her from its main entrance, days before the start of the university term and the arrival of new students.

In October, undergraduates at St Hugh’s voted to remove the Myanmar leader’s name from the title of their junior common room.

So far, Oxford has decided not to reconsider Suu Kyi’s honorary degree. But the university has expressed its “profound concern” over the treatment of the Rohingya minority in Myanmar.

At the start of November, musician Bob Geldof returned his Freedom of the City of Dublin award, also held by Suu Kyi, in protest at her response to the Rohingya crisis.


[photo]
Aung San Suu Kyi in a procession to receive her honorary doctorate from the University of Oxford in 2012. Oxford city council has voted to strip her of her freedom of the city.

The Guardian, Published: Monday 27 November 2017 22.02 GMT
Aung San Suu Kyi loses Freedom of Oxford over Rohingya crisis

Oxford city council votes unanimously to strip Myanmar leader of award over her response to repression

By Patrick Greenfield
https://www.theguardian.com/world/2017/nov/27/aung-san-suu-kyi-loses-freedom-of-oxford-over-rohingya-crisis

posted by fom_club at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rohingya and Suu Kyi's reticence

NAYPYIDAW, Myanmar − As world capitals go, this is one of the weirdest. Six-lane highways with scarcely a car on them could serve as runways. The roads connect concealed ministries and vast convention centers. A white heat glares over the emptiness. There is no hub, gathering place or public square − and that is the point.

Military leaders in Myanmar wanted a capital secure in its remoteness, and they unveiled this city in 2005. Yangon, the bustling former capital, was treacherous; over the decades of suffocating rule by generals, protests would erupt. So it is in this undemocratic fortress, of all places, that Daw Aung San Suu Kyi, long the world’s champion of democracy, spends her days, contemplating a spectacular fall from grace: the dishonored icon in her ghostly labyrinth.

Seldom has a reputation collapsed so fast. Aung San Suu Kyi, daughter of the assassinated Burmese independence hero, Aung San, endured 15 years of house arrest in confronting military rule. She won the Nobel Peace Prize. Serene in her bravery and defiance, she came to occupy a particular place in the world’s imagination and, in 2015, swept to victory in elections that appeared to close the decades-long military chapter in Myanmar history. But her muted evasiveness before the flight across the Bangladeshi border of some 620,000 Rohingya, a Muslim minority in western Myanmar, has prompted international outrage. Her halo has evaporated.

After such investment in her goodness, the world is livid at being duped. The city of Oxford stripped her of an honor. It’s open season against “The Lady,” as she is known. Why can she not see the “widespread atrocities committed by Myanmar’s security forces” to which Secretary of State Rex Tillerson alluded during a brief visit this month, actions the State Department defined last week as “ethnic cleansing”?

Perhaps because she sees something else above all: that Myanmar is not a democracy. It’s a quasi democracy at best, in delicate transition from military rule, a nation at war with itself and yet to be forged. If she cannot walk the fine line set by the army, all could be lost, her life’s work for freedom squandered. This is no small thing. Not to recognize her dilemma − as the West has largely failed to do so since August − amounts to irresponsible grandstanding.

The problem is with what the West wants her to be. Kofi Annan, the former United Nations secretary general who delivered a report on the situation in Rakhine State, in western Myanmar, just as the violence erupted there, told me that people in the West were incensed about Aung San Suu Kyi because, “We created a saint and the saint has become a politician, and we don’t like that.”

Certainly Aung San Suu Kyi has appeared unmoved. She has avoided condemning the military for what the United Nations has called a “human rights nightmare.” She shuns the word “Rohingya,” a term reviled by many in Myanmar’s Buddhist majority as an invented identity. Her communications team has proved hapless, and opacity has become a hallmark of her administration as she has shunned interviews. At a rare appearance with Tillerson at the Foreign Ministry here, she said, “I don’t know why people say that I’ve been silent.” It’s untrue, she insisted. “I think what people mean is that what I say is not interesting enough. But what I say is not meant to be exciting, it’s meant to be accurate. And it’s aimed at creating more harmony.”

“Harmony” is a favorite expression of hers, as is “rule of law.” Both lie at a fantastic distance from the reality in Myanmar. It is a fragmented country still confronting multiple ethnic insurgencies and “always held together by force,” as Derek Mitchell, a former American ambassador, told me. Since independence from British imperial rule in 1948, the army, known as the Tatmadaw, has ruled most of the time, with ruinous consequences.

In many respects, the military continues to rule. When her National League for Democracy won the 2015 election, Aung San Suu Kyi did not become president. The world rejoiced − and glossed over this detail. The 2008 Constitution, crafted by the military, bars her from the presidency because she has children who are British citizens. So she labors under the contrived honorific of state counselor. The Ministries of Defense, Home Affairs and Border Affairs − all the guns − remain under military control, as do the National Defense and Security Council and 25 percent of all seats in Parliament.

This was not a handover of power. It was a highly controlled, and easily reversible, cession of partial authority.

Aung San Suu Kyi’s decisions must be seen in this context. She is playing a long game for real democratic change. “She is walking one step by one step in a very careful way, standing delicately between the military and the people,” said U Chit Khaing, a prominent businessman in Yangon. Perhaps she is playing the game too cautiously, but there is nothing in her history to suggest she’s anything but resolute.

The problem is she’s a novice in her current role. As a politician, not a saint, it must be said that Aung San Suu Kyi has proved inept. This is scarcely surprising. She lived most of her life abroad, was confined on her return, and has no prior experience of governing or administering.

You don’t endure a decade and a half of house arrest, opt not to see your dying husband in England and endure separation from your children without a steely patriotic conviction. This is her force, a magnetic field. It can also be blinding. “Mother Suu knows best,” said David Scott Mathieson, an analyst based in Yangon. “Except that she’s in denial of the dimensions of what happened.”

The hard grind of politics is foreign to her. Empathy is not her thing. Take her to a refugee camp; she won’t throw her arms around children. She sees herself as incarnating the inner spirit of her country, a straight-backed Buddhist woman with a mission to complete what her father, whom she lost when she was 2, set out to do: unify the nation. Yet the road to that end remains vague. Even Myanmar’s ultimate identity − a Buddhist state dominated by her own ethnic Bamar majority or a genuinely federalist, multireligious union − remains unclear. Her voice is absent.

Could she, short of the military red lines that surround her, have expressed her indignation at the immense suffering of Rohingya civilians, and condemned the arson and killing that sent hundreds of thousands of terrified human beings on their way? Perhaps. But that would demand that she believes this is the essence of the story. It’s unclear that she does; she’s suspicious of the Rohingya claims and what she sees as manipulation of the media. It would also demand that she deem the political risk tolerable in a country that overwhelmingly supports her in her stance. Certainly she did not order the slaughter. Nor did she have the constitutional powers to stop it.

What is clear is that Aung San Suu Kyi’s reticence has favored obfuscation. It has left the field open for a ferocious Facebook war over recent events. The Rohingya and Buddhists inhabit separate realities. There are no agreed facts, even basic ones. This is the contemporary post-truth condition. As the Annan report notes, “narratives are often exclusive and irreconcilable.”

In Rakhine State, where all hell broke loose last August, the poverty is etched in drawn faces with staring eyes. The streets of its capital, Sittwe, a little over an hour’s flight from Yangon, are dusty and depleted. Its beach is overrun with stray dogs and crows feeding on garbage. As the town goes, so goes all of Rakhine, now one of the poorest parts of Myanmar, itself a very poor country. The violence that ripped through the northern part of the state was a disaster foretold.

There was an earlier eruption, in 2012, when intercommunal violence between Rakhine Buddhists and Muslims left close to 200 people dead and about 120,000 people marooned in camps. There they have rotted for five years. Government promises have yielded nothing. The camps are closed off. Former Rohingya districts in town have been emptied, a shocking exercise in ghettoization.

I spoke by phone with Saed Mohamed, a 31-year-old teacher confined since 2012 in a camp. “The government has cheated us so many times,” he told me. “I have lost my trust in Aung San Suu Kyi. She is still lying. She never talks about our Rohingya suffering. She talks of peace and community, but her government has done nothing for reconciliation.”

Rakhine, also called Arakan, was an independent kingdom before falling under Burmese control in the late 18th century. Long neglect from the central government, the fruit of mutual suspicion, has spawned a Rakhine Buddhist independence movement, whose military wing is the Arakan Army. “We are suffering from 70 years of oppression from the government,” Htun Aung Kyaw, the general secretary of the Arakan National Party, whose objective is self-determination for the region, told me.

The steady influx over a long period of Bengali Muslims, encouraged by the British Empire to provide cheap labor, exacerbated Rakhine Buddhist resentments. The Muslim community has grown to about one-third of Rakhine’s population of more than 3.1 million and, over time, its self-identification as “Rohingya” has become steadily more universal.

Within Myanmar, this single word, “Rohingya,” resembles a fuse to a bomb. It sets people off. I could find hardly anybody, outside the community itself, even prepared to use it; if they did they generally accompanied it with a racist slur. The general view is that there are no Rohingya. They are all “Bengalis.”

U Nyar Na, a Buddhist monk, seemed a picture of serenity, seated at the window of a Sittwe monastery beside magenta robes hanging on a line. But when our conversation turned to the Rohingya, he bristled.

“The whole problem lies in that word; there are no Rohingya among the 135 ethnic groups in Myanmar,” he told me, alluding to the indigenous peoples listed in connection with the country’s 1982 citizenship law. “This is not an existing ethnic group − they just created it. So if they believe it, the belief is false.”

He reached down for his smartphone, and found an internet image supposedly representing the secessionist plans of the “Bengali Muslims.” It showed Rakhine, shaded green, under the words: “Sovereign State of Rahamaland, an independent state of Rohingya people.” He looked at me as if to say, there, you see, empirical proof of their diabolical intent.

Such fears run deep. Aung San Suu Kyi is inevitably sensitive to them. A combination of more than a century of British colonial subjugation, the looming presence of China to the east and India to the west, with their 2.7 billion people (Myanmar has 54 million), and its own unresolved internal ethnic conflicts have marked the national psyche with a deep angst over sovereignty. U Ko Ko Gyi, a politician long imprisoned by the military but now in full support of the army’s actions in Rakhine, told me, “Our in-bone conviction from our ancestors is to resist outside pressure and fight until the last breath to survive.”

Myanmar, with its bell-shaped golden pagodas dotting the landscape, shimmering in the liquid light, often seems gripped these days by a fevered view of itself as the last bastion of Buddhism, facing down the global advance of Islam in Afghanistan, Bangladesh, Pakistan and elsewhere. The Rohingya have come to personify these fears.

Many conversations here reminded me of my time covering the Balkan wars of the 1990s when Serbs, in the grip of a nationalist paroxysm, often dismissed the enemy − Bosnian Muslims, Kosovo Albanians − as nonexistent peoples. But as Benedict Anderson observed, all nations are “imagined communities.” The Rohingya exist because they believe they exist.

It does not matter when exactly the name was coined − dispute rages on this question − or when exactly the Muslims of Rakhine embraced it in their overwhelming majority. Nothing is more certain to forge ethno-national identity than oppression. By making Rakhine Muslims stateless − by granting them identity cards of various hues that at various times seemed to confer citizenship or its promise only to withdraw them − and by subjecting them to intermittent violence, the military of Myanmar and its Rakhine Buddhist militia sidekicks have done more than anyone to forge a distinct Rohingya identity.

Out of such desperation emerged the Arakan Rohingya Salvation Army, or ARSA, the Rohingya insurgent group whose attacks on several police outposts close to the Bangladeshi border on Aug. 25 ignited a devastating military response. A persecuted people will take up arms. When you attempt to destroy a people you don’t believe exists, fury may get the upper hand.

In September, with hundreds of thousands of Rohingya already displaced in camps in Bangladesh, Aung San Suu Kyi told The Nikkei Asian Review she was puzzled as to why the exodus had continued after military operations slowed. She speculated: “It could be they were afraid there might be reprisals. It could be for other reasons. I am genuinely interested because if we want to remedy the situation, we’ve got to find out why − why all the problems started in the first place.”

Her tone, weirdly academic, seemed almost plaintive. The problems started because of an abject failure over decades. Military governments failed Rakhine Buddists; they failed Rakhine Rohingya even more, their policy laced through with racism. Aung San Suu Kyi’s own government has prolonged that failure. The arson, killing and rape followed. This should be clear.

It’s less clear what should be done now. More than half a million terrorized people find themselves homeless. Bangladesh and Myanmar announced an agreement last week to begin returning displaced people within two months, but details were murky. Repatriation is urgent, but contentious, and will be meaningless unless Myanmar lays out an unambiguous and consistent path to citizenship, or at least legal residency, for the Rohingya, who today constitute some 10 percent of all the world’s stateless people. Denying the possibility of citizenship to people resident in Myanmar for a long time is unworthy of the democracy Aung San Suu Kyi wants to forge as her last legacy.

This Burmese transition to democracy stands on a knife-edge. Its ultimate success is of critical importance, with forms of authoritarianism ascendant the world over. Criminal actions should be punished under the “rule of law” Aung San Suu Kyi cites so often. But the sanctions being called for by more than 20 senators and by groups including Human Rights Watch, and even the targeted individual sanctions envisaged by the State Department, would undermine an already parlous economy, entrench the Burmese in their sense of being alone against the world and render any passage to full democracy even harder.

The country is now in the sights of jihadist groups enraged by the treatment of the Rohingya. Already there is an ugly and significant movement of extremist Buddhist monks. Pope Francis, who plans to visit Myanmar this week, faces a delicate task in trying to advance conciliation. His first quandary will be whether to use the word “Rohingya,” which the Annan report avoided, in line with the request of Aung San Suu Kyi. (She believes that both “Rohingya” and “Bengali” are needlessly provocative.) He should. The Rohingya exist, have suffered, and through suffering have arrived at an identity that is unshakable.

Now in her 70s, Aung San Suu Kyi has to find her voice. Harmony is all very well, but meaningless without creative, energetic politicking. She knows she can’t throw the military under the bus if she wants to complete what she began through her brave defiance of the army in 1988. The world should understand this, too. It might better focus on Min Aung Hlaing, the commander in chief who presided over a ludicrous military report on the atrocities that exonerated the army. Tillerson rightly demanded an independent inquiry. Taking down Aung San Suu Kyi’s portrait is easy for people in comfortable places who have never faced challenges resembling hers.

In her book “Letters from Burma,” Aung San Suu Kyi wrote of the suffering of Burmese children: “They know that there will be no security for their families as long as freedom of thought and freedom of political action are not guaranteed by the law of the land.”

The work of removing, once and for all, that anxiety from all the inhabitants of Myanmar and establishing the rule of law is far from done, as the devastating violence in Rakhine has amply illustrated. But Aung San Suu Kyi, a woman who faced down guns, remains the best hope of completing the task. Turning saints into ogres is easy. Completing an unfinished nation, clawing it from the military that has devastated it, is far more arduous − the longest of long games.

[Photo-1]
Hundreds of thousands of Rohingya refugees are in Bangladesh, like the people in this makeshift camp.

[photo-2]
Aung San Suu Kyi, who says she is seeking “harmony” for Myanmar.

[photo-3]
The Kutupalong camp for Rohingya refugees near Cox’s Bazar, Bangladesh.

[photo-4]
The Balukhali refugee camp near Cox’s Bazar.

[photo-5]
Aung San Suu Kyi in Danang, Vietnam, earlier this month.

The New York Times, Published: NOV. 25, 2017
Myanmar Is Not a Simple Morality Tale

The West made a saint of Daw Aung San Suu Kyi.

The Rohingya crisis revealed a politician.
By Roger Cohen
https://www.nytimes.com/2017/11/25/opinion/sunday/myanmar-aung-san-suu-kyi-rohingya.html

posted by fom_club at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Plans to corporatise the 133-year-old Penang Botanic Gardens

GEORGE TOWN: Numerous quarters have raised concern over Penang government's move to corporatise the 133-year-old Penang Botanic Gardens (PBG).

Among them were two leading non-governmental organisations, the Consumers Association of Penang (CAP) and Sahabat Alam Malaysia (SAM), as well as reform movement, Aliran.

Legal adviser for both CAP and SAM, R. Meenakshi, told the New Straits Times that it was vital for the state government to provide more details and make transparent its plans over the corporatisation move so as to allay the fears of the general public.

"The state legislative assembly passed the Penang State Park (Botanic) Corporation enactment recently, which paved the way for the corporatisation of PBG. Concerns do arise as to what this means for the future of PBG, which is the oldest botanic gardens in Malaysia founded in 1884.

"Much of the gardens are in a natural state, quite unlike other gardens, and it is therefore a great treasure to Penangites, who value the gardens immensely, with many visiting it on a daily basis for exercises and walks. While the gardens can be better maintained, its corporatisation raises questions around the need for this move.

"Top most on the minds of most Penangites is whether the move will lead to the commercialising of the gardens for profit," she said.

Meenakshi said while there were assurances that no entry fees would be imposed, the mention of possible charges on some “products” in the gardens was worrying.

"What are these 'products' and how much of the gardens will be of free access to the public?

"Commercialisation and profit-making must not be the underlying intention," she stressed.

Also deeply worrying, Meenakshi said, was the proposals made in the past for a base station at the gardens for a cable car to Penang Hill.

"The corporatisation move raises fear that such proposals will go through without public consultation and feedback, given the decision-making now lies in the hands of the chairman of the corporation who has overwhelming power over what can and cannot be done in the gardens.

"Concerns also arise over the governance structure of the gardens. Good governance demands that decisions are not made by a single person with no checks and balances or accountability to the entire board," she added.

During the tabling of the bill, numerous questions were raised by both the backbenchers and the opposition (Barisan Nasional).

PKR's Kebun Bungah assemblyman Cheah Kah Peng had expressed discomfort over the short notice given to review the bill.

He had also questioned when was public consultation done and how many were consulted on the matter.

Cheah said his views does not conflict with the state’s plan to improve the park and that his concern was more about clauses in the bill that placed too much power in the corporation.

Meanwhile, Aliran executive committee said the passing of the enactment replaces the Penang Waterfall Gardens Enactment 1923, which had despite various amendments in the past, proven to be inadequate in ensuring the proper management and development of the PBG.

"We are however concerned that this corporatisation exercise could still be a first step towards the eventual privatisation and further commercialisation of the gardens. This is not far-fetched because some statutory bodies have taken that route.

"We are also disturbed that in the passing of this enactment, there was no mention of the PBG Special Area Plan. We understand that the public hearing committee’s revised version of the Special Area Plan had been presented, amended, and passed by the Penang government in 2016.

"But there has been no public announcement and sharing of the plan that was approved by the state government. Among others, does the approved version contain provisions for a cable car project that lands in the vicinity of the gardens?

"In the interest of transparency and accountability,

the state government must make public the Special Area Plan that it had passed to assure Penangites that this Penang State Park (Botanic) Corporation Enactment 2017 will not pave the way towards the building of a cable car from the PBG to Penang Hill," the executive committee said.

"We call upon the Penang government to take the necessary steps to ensure that the transformation of the gardens into a State Park will not result in profits being put before people and the over commercialisation of what is now a cherished public facility.

"We should never forget how precious the PBG is to the people of Penang." the executive committee said.


[photo]
Legal adviser for both CAP and SAM, R. Meenakshi, told the New Straits Times that it was vital for the state government to provide more details and make transparent its plans over the corporatisation move so as to allay the fears of the general public.

New Straits Times, Published: November 27, 2017 - 3:22pm
Penang civil society groups express worry over PBG corporatisation
By AUDREY DERMAWAN
https://www.nst.com.my/news/nation/2017/11/307981/penang-civil-society-groups-express-worry-over-pbg-corporatisation

GEORGE TOWN: Plans to corporatise the 133-year-old Penang Botanic Gardens are causing worries about the famous landmark and much-loved green lung of the state, including whether the public will have to pay to use the facility in future and if a cable car project will be built there.

Concerns over the plans were highlighted by Aliran following the passing of the Penang State Park (Botanic) Corporation Enactment 2017 in the state assembly meeting about two weeks ago.

The NGO and Cheah Kah Peng, the assemblyman whose constituency Kebun Bunga covers the area, have called for greater transparency in the state government’s plans, including if the public would be charged a fee to visit the gardens and if land there would be sold off.

“We are concerned the corporatisation could be a first step towards the eventual privatisation and further commercialisation of the botanical gardens,” said Aliran in a statement.

“This is not far-fetched because some statutory bodies have taken that route.

“For example, Penang Port Sdn Bhd was set up in 1993 to undertake the corporatisation of the port, and the corporation was then privatised in 2015. Former Jabatan Bekalan Air Selangor followed the same corporatisation-to-privatisation route.”

Aliran said it was disturbed that in the passing of the enactment, there was no mention of the Penang Botanic Gardens Special Area Plan.

“We understand that the public hearing committee’s revised version of the Special Area Plan was presented, amended and passed by the state government in 2016.

“But there has been no public announcement and sharing of the plan that was approved by the Penang government.

“Among others, does the approved version contain provisions for a cable car project that lands in the vicinity of the gardens?” it asked and appealed for transparency and accountability on the plans.

Aliran also urged the state government to ensure the transformation of the botanical gardens into a state park would not result in profits being put before the people.

Cheah, the PKR lawmaker who has been in the news lately for being sidelined by Chief Minister Lim Guan Eng in the distribution of financial aid for flood victims, said the issues and reservations over the matter were raised by backbenchers in the recent state assembly meeting and also by the people on various occasions.

“All Penang assemblymen have a duty to scrutinise any new and hurried legislation in order to protect any altered interest and to safeguard public state properties,” he said when contacted.

The Penang Botanic Gardens was established in 1884 by the Singapore Botanic Gardens superintendent and Cheang Kok Choy was appointed its first Malaysian curator in 1956, according to A Guide to the Penang Botanic Gardens.

The urban park is a popular venue for Penangites who enjoy walks, exercise or chilling amid the greenery and tranquillity.


[photo]
Green lung: Visitors taking in the greenery and diversity at the Penang Botanical Gardens in this file picture.

The Star, Published: Tuesday, 28 Nov 2017
Plans for Penang gardens stir concern
By K. Suthakar and Cavina Lim
https://www.thestar.com.my/news/nation/2017/11/28/plans-for-penang-gardens-stir-concern-groups-call-for-transparency-over-corporatisation-of-133yearol/

posted by fom_club at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

In KLIA

Now Mr Yahho is in KL Int'l Airport, KLIA to wait the conncting flight to Penang. It's now 5:40 PM. He said that he would update his Blog as usual tomorrow. Take care of yourself and bye for now.

posted by fom_club at 18:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

選ばれない国

 「自分たちが誇りに思えるような、そんな国家ビジョンを作りたい」
 「周囲の国から本当に尊敬されるような国にしていきたい」
 そうですよね、イマ、我が愛する日本をめぐる状況は、と言いますと:

 そこまで嫌われていたなんて−−。
 高学歴やプロフェッショナルな外国人が「働きたい国」に選ぶ順位で、日本はアジア11ヶ国中ビリ、世界の63ヶ国の中でも51位、という、がっかりな結果が出た。

 調べたのは、スイス・ローザンヌにある国際経営開発研究所(IMD)というビジネススクール。
 有能な人材を確保する要件を30項目選び、それぞれ評価したものを総合して国際ランキングにしている。

 その2017年版だ。
 総合評価で日本は31位と全体の真ん中だったのだけど、「海外の頭脳を引きつけるビジネス環境があるか」、つまり彼らが働きたい国か、の項目で、中国(34位)よりもインド(36位)よりも韓国(48位)よりも低くアジア勢で最下位となった。

 ちなみにこの項目でアジア1位はシンガポール、2位は香港だ。

 人材なら十分国内にもいるわけだし、心配いらないよ、って?
 残念。心配いるみたい。
 若手の人口が減っていく中、国内の頭脳不足はもっと深刻になる。花形成長分野のAI(人工知能)に限らず、何十万人単位で足りなくなるとの予測もある。

で、政府は「高度」とみなす外国人の定住条件を緩め、もっと招きいれようと頑張りだした。
だけど、日本に有益と見た外国人にだけ、すぐ永住権を与えるとかいう小手先の対策だけでは、いまさら挽回できないところまできているのだろう。

 IMDの評価項目の中で、なんと63ヶ国中63位というのがあった。
 国内の上級管理職の国際経験である。
 国際経験が乏しい管理職が国際競争力のある人材の能力を最大限引き出すなど、至難の業だろう。

 部長や執行役員に今から海外経験を積め、というのは手遅れ。
 ならば、若手に活躍してもらうしかない。
 振り向いてくれそうもない、すでに実績が認められた外国の人に頭を下げるより、例えばすでに国内にいる外国人留学生をどんどん起用して、仕事を任せて、キャリアを積んでもらうのが近道かも。

 日本学生支援機構によると、外国人留学生の64%がそのまま日本での就職を望むのに対し、実際仕事が見つかるのは30%にすぎないって。
 わざわざ来てくれたのに、何ともったいない。


毎日新聞東京夕刊、2017年11月27日 
ウラから目線
選ばれない国

福本容子(論説委員)
http://mainichi.jp/articles/20171127/dde/012/070/003000c

posted by fom_club at 22:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊藤千尋

 10月の衆院選で、改憲勢力が3分の2超の議席を維持した。改憲論議が当たり前になる中、国際ジャーナリストの伊藤千尋さんは、年80回を超す講演で憲法9条の価値を訴え続ける。安倍晋三首相は現憲法について「時代に合わなくなった」と言うが、本当か。

コスタリカの平和主義に学べ ジャーナリスト・伊藤千尋さん


 「『9条の碑? そんなものがあるのか』と、半信半疑で見に行きました。すると、あったのです」。伊藤さんは西アフリカ沖のスペイン領カナリア諸島にある憲法9条の碑の話から切り出した。
 同諸島はモロッコの西に浮かぶ7つの島からなるリゾート地だ。その一つ、グランカナリア島に2006年末、伊藤さんは降り立った。幹線道路沿いに「ヒロシマ・ナガサキ広場」と名付けられた広場があり、畳1枚ほどの大きさの白いタイルの碑を見ると、青い文字でスペイン語に訳された憲法9条の条文が書かれていた。
 なぜ、ここに碑があるのか。伊藤さんが取材すると−−。

 1996年、空港と市街地を結ぶ高速道路の設計時、遊閑地ができた。市長がその土地を平和を考える場にと考え、象徴として憲法9条の碑を置いたのだという。

「もちろん市長の独断ではありません。すごいと感じたのは、議会に提案し、全会一致で設置が決まったことです。9条の碑はトルコにもあります。日本では改憲が語られますが、世界には憲法9条を欲している人たちがいるのです」

 11月17日の所信表明演説で安倍首相はこう述べた。

「わが国を取り巻く安全保障環境は戦後、最も厳しいと言っても過言ではない」

 隣国の北朝鮮は、核実験やミサイル発射の実験を繰り返している。日本の平和憲法は非現実的なのか。
 伊藤さんは「中米のコスタリカは憲法に常備軍の放棄を掲げました。1949年のことです。日本よりも厳しい安全保障環境にありながら『平和ブランド』を維持する努力を今も続けています」
 コスタリカを伊藤さんが初めて訪れたのは1980年代だった。当時、中米はニカラグア、グアテマラなどが内戦を続け、コスタリカの安全保障環境は悪化していた。特に隣国のニカラグア政府は、米国の支援を受けた右派ゲリラ「コントラ」と内戦を繰り広げて、コスタリカも巻き込まれる恐れがあった。どちらも敵に回したくないコスタリカは「積極的永世非武装中立宣言」を行い、難局を乗り切った。

「コスタリカの警察組織は軍並みに武装しているという話が日本で語られますが、とんでもありません。沿岸警備隊だってボートのような哨戒艇1隻があるだけ。もちろん戦車1両もなく、とても軍と呼べるレベルではありません」

 コスタリカは人口500万人に満たない国だ。ニカラグアとは今も国境問題を抱えるが、国内に100万人ともいわれるニカラグア難民への排斥運動は起きない。
 伊藤さんには、コスタリカで強く印象に残る出来事があった。
 地方の町で道を歩いていた女子高生に「平和憲法では、侵略されたらあなたは殺されるかもしれない」と質問した時のことだ。女子高生は、自分の国が世界平和のために何をしてきたかを具体的に語り「この国を攻めるような国があれば世界が放っておかない。私は歴代の政府が世界の平和に貢献してきた努力や、自分がコスタリカ人であることを誇りに思う」と答えた。
 伊藤さんの解説が続く。

「かつて国家予算の3割を占めた軍事費を国民の教育へと回した結果、コスタリカは中米の教育大国になりました。周辺国に対話の重要性を訴え『平和の輸出』を行い、エルサルバドルなど3国の紛争を終結に導きました。その貢献に対し1987年に当時のアリアス大統領がノーベル平和賞を受賞した。これが本当の『積極的平和主義』なのです」

 核兵器禁止条約が今年2017年7月、122ヶ国の賛成で採択されたが、日本は米国の「核の傘」の下にいることから不参加だった。実はこの条約をまとめたエイレン・ホワイト議長はコスタリカ出身だ。
 採択前の今年2017年4月、ホワイト議長は長崎を訪れ、被爆者と会っている。条約の前文にはこう書かれている。

「核兵器使用の被害者(ヒバクシャ)の受け入れ難い苦しみと被害に留意する」。

 伊藤さんは「ホワイト議長はその経験が条約に織り込まれていることを明かしています。小国の人々が平和の努力を続けているのに、日本がなぜできないでしょう」。
 1980年代に米レーガン政権は、コスタリカ国内に飛行場建設を求めた。ニカラグアの「コントラ」が使えるようにするためだ。しかし、コスタリカのモンヘ大統領(当時)は拒絶している。
 「平和」に関するこんな出来事も。2003年のイラク戦争の際、パチェコ大統領(当時)は米ブッシュ政権への支持表明に署名した。これに一人の学生が違憲訴訟を起こして勝訴。米政府のホームページの有志連合リストからコスタリカを削除させた。政府が憲法の精神に反する行動を取れば、国民が立ち上がり、司法が機能した一例だ。
 ほかにも、9条の精神を生かそうとしている国がある。
 南米ボリビアのモラレス大統領は2007年に来日した時、第1次安倍政権時の安倍首相と会談し、「戦争放棄」を盛り込む新憲法の制定を目指すと表明。実際に同国は2009年、紛争を解決する手段として戦争を放棄する新憲法を施行した。だが、安倍首相はその憲法の変更に意欲的だ。
 伊藤さんは「日本国憲法はたんすの奥にただしまってある高価な着物のようなものです。コスタリカのように憲法を積極的に使うべきです。使っていないからいらないという発想になるのです」。
 トランプ米大統領の来日について、安倍首相は「揺るぎない絆を世界に示した」と述べた。だが、米紙ワシントン・ポスト(電子版)は首相を「トランプの忠実な助手」と表現した。従属だけでは、9条の精神は生かされない。
 どうすれば憲法を活用できるのか。

「国民の過半数は必要ありません。15%の人が変われば、世の中が動きます」

 確かに今回の衆院選で自民党の比例代表での絶対得票率(有権者総数に占める得票の割合)は18%に満たない。伊藤さんは続けた。

「コスタリカのあいさつで掛け合う言葉は『プーラ・ビーダ』。スペイン語で『純粋な人生』『清らかな生き方』という意味です。真の積極的平和主義を哲学とし、ラテン系の明るいノリで行けば、私はこの国も変われると楽観しています」

 そう信じたい。
 
⁂ 伊藤千尋(いとう・ちひろ)
 1949年、山口県下関市生まれ。東京大法学部卒業後、朝日新聞社入社。サンパウロ、バルセロナ、ロサンゼルスの各支局長を務めた。2014年に退社。これまでに81ヶ国を取材。現在は「コスタリカ平和の会」共同代表。近著に「凜とした小国」(新日本出版社、2017年5月)。


毎日新聞2017年11月27日 東京夕刊
「改憲勢力3分の2超」維持したが、世界は9条を欲している
(庄司哲也)
http://mainichi.jp/articles/20171127/dde/012/010/002000c

'05-11-02UP、平和憲法を持つ国、コスタリカのやり方
編集部
日本のほかに世界でただ一つ平和憲法を持つ「軍隊のない国」として、中米のコスタリカへの関心が、ここ数年日本でも非常に高まっています。伊藤さんは、何度も現地へ取材に行かれ、NGO「コスタリカ平和の会」の共同代表にもなられていますが、コスタリカの現状について改めて教えていただけますか?

伊藤
 「戦争を放棄する」「軍隊を持たない」と定めた平和憲法を持っているという点では日本と同じですね。ただ、日本と違うのは「本当に」軍隊を持っていないということです。
 日本は平和憲法といいながら実際には自衛隊を持っていますが、コスタリカにいるのは6000人の警察官と、2000人の国境警備隊のみ。警察といっても棍棒しか持っていなくて、ピストルさえ携帯していません。国境警備隊にも軍艦や戦闘機はなくて、ボートやセスナだけ。だから、「軍備」という感じはまったくないですね。あちこちで内戦が頻発してきた中米地域においてですから、なおさら驚くべきことだと思います。

編集部
その平和憲法は、どのような歴史的背景からつくられたものなんですか。

伊藤
 きっかけは1948年の内戦です。このとき、わずか1ヶ月半の戦いで2000人が亡くなりました。当時のコスタリカの人口は約70万人ですから、かなり大きい数字です。
 それで、内戦後に新政府が誕生して新憲法がつくられることになったときに、「二度と内戦をしないようにしたい。そのためには、軍隊を持たなければいい」という意見が出たんですね。そもそも軍隊があり、武器があるから戦争をしようとしてしまう。それをなくせば戦争という手段を考えることもないだろうという発想です。

編集部
それが新憲法に組み込まれた。

伊藤
 そうです。1949年にできた現行憲法の第12条に、「コスタリカは常備軍を持たない」と明記されています。
 それからもう一つ、これには経済的な意味もあったんです。コスタリカは決して経済的に豊かな国ではなかった。それなのに莫大な軍事費を使う、そんな余裕が自分たちにあるのかという声が出た。そして、今こそ軍事よりも平和と発展、具体的にいえば教育にお金を使おうという結論が出されたんです。軍備にお金を使っても、10年後に国が発展しているとは思えない。ところが、教育にお金を使えば10年後には発展となって返ってくるはずだ、と考えたんですね。理想論ではなく、むしろとても現実的な判断です。
 実際に、軍隊をなくしたことで浮いた予算はそのまま教育費に回されました。当時の国家予算の3分の1です。
 「兵士の数だけ教師を、兵舎を博物館に」というスローガンをつくって、それを本当に実現させてしまったんですね。
 それによって、コスタリカは世界でもたぐいまれな教育国家になりました。識字率は97%。世界でも日本の次ぐらいの高さじゃないでしょうか。中米諸国ではもちろんダントツですね。

編集部
軍隊をなくすという決定がなされたときに、「他国から侵略されたときはどうするのか」という議論にはならなかったのでしょうか。

伊藤
 それは当然ありました。そこでどうしたか。南北アメリカ諸国が参加する「米州機構」で発効された「米州相互援助条約」、通称「リオ条約」という条約があります。加盟国のどこかが攻められたら、他の加盟国はその攻撃された国を助けて戦うという集団安全保障の条約です。コスタリカも、軍隊をなくすと同時にこれに加盟しました。ただし、加盟の際に「我が国には軍隊はないから出せない。かわりに別の方法で攻撃された国を助ける」と宣言して、リオ条約もそれを承認しています。
 また、自衛権は否定していませんから、仮に他国に侵攻されたときには、大統領が国民に呼びかけて義勇軍をつくることはできます。今のところ、実際には一度も発令されたことはありませんが。

編集部
「軍隊のない国」として脚光を浴びる一方、インターネット上などではコスタリカへの批判の声も目立ちます。軍隊はないけれど警察が軍隊なみの力を持っている、アメリカに基地を提供している、軍隊なしでやってきたのは親米路線をとってアメリカに守られてきたからだ、など…。

伊藤
 そのほとんどは、批判というより間違いだらけの誹謗中傷ですね。警察といってもピストルも持っていないのはさっき言ったとおりだし、アメリカに基地を提供しているという事実はない。むしろ、アメリカがコスタリカの隣のニカラグアの内戦に介入したとき、「コスタリカに飛行場をつくらせてくれ」という申し入れがあったのを拒否したくらいです。
 親米路線というのも正しくない。そもそも中米というのは、アメリカのすぐそばでしかも小さな国が多く、アメリカの意向に沿わないとやっていけないというところがある。そんな中で、コスタリカは今の基地の話もそうですが、アメリカにそのまま従うことはしないという姿勢を示しています。別にすべてにおいて反米というわけではない。けれど、無条件に従うわけでもない。そういうスタンスをきっちりととっているんです。

編集部
リオ条約という集団安全保障に加盟していることに対する批判もあります。「結局ほかの国の軍隊に守ってもらっているのなら、日米安保を持っている日本と変わらない」とか。

伊藤
 大事なのは、リオ条約は集団安保であって日米安保のようなアメリカとの2国間同盟ではないということです。それも、一方的に守ってもらっているのではなくて、他の国に何かあれば助けるというギブ&テイクの関係。しかもコスタリカはそこで、戦争が起こったら負傷者の手当てや難民のケアをする、さらには普段から紛争が起こらないように平和努力をするといった、軍事力ではない役割を果たすと言っているわけです。それも日米安保とは大きく異なる。
 それからもう一つ、コスタリカがこれまで軍隊なしでやってこれたのは、そうして自分の国だけではなく周りの国々の平和をも守るための努力をしてきたからでもあるんです。
 1980年代に、当時のアリアス大統領が、ニカラグア、エルサルバドル、グアテマラの内戦を対話によって終わらせるのに大きな役割を果たして、ノーベル平和賞を受賞しました。そういった努力をしてきたからこそ、周りの国も「コスタリカは平和の国だから」といって認めてくれるし、尊敬もしてくれる。実際に、コスタリカの人に「軍隊がなくて、侵略されたら危険だとは思いませんか?」と尋ねると、みんな「我々の国は、侵略されないような努力をずっとしてきている。だからそんな事態は想像もできない」というんですよ。

編集部
一方、もう一つの「平和憲法の国」日本では最近、その平和憲法を変えようという動きが加速化していますが、伊藤さんはこれについてどうお考えですか。

伊藤
 まず、多くの人が誤解していると思うのは、自衛隊を「国民を守るもの」と考えていることです。脳天気にそんなことを言っていられるのは、軍隊について何も知らないからですよ。軍隊というのは、そんな甘いものじゃないんです。
 中南米、ヨーロッパ、アフリカと、世界中の軍隊を見てきて思うのは、軍隊の第一義は「国民を弾圧すること」だということです。その時々の権力を守り、そのために国民を弾圧する。それが軍隊の本質なんですね。守るものは権力であって国民じゃない。かつての日本軍もそうで、第二次世界大戦のとき、沖縄戦であれだけの人が死んだのは、日本軍に「国体を守るためなら国民はどうなってもいい」という考えがあったからです。
 自衛隊はどうか。そもそも自衛隊が「警察予備隊」として最初につくられたとき、その目的は「在日米軍の家族を守ること」だったんですよ。警察予備隊設立当初の隊員の数は7万5000人。ちょうど当時日本にいた米兵の数と同じです。朝鮮戦争が起こって、米兵がみんなそちらへ行ってしまい、その家族だけが日本に残された。それを守らなくてはいけないということで警察予備隊がつくられたんです。
 あと、「国内の左翼の暴動や革命の動きに備える」という目的もあったけれど、いずれにしても自衛隊というのは、スタート時点から国民を守るためのものではなかったわけですね。

編集部
「自衛隊員は国を守るためにあんなに頑張っているんだから、憲法で認めてあげないとかわいそうだ」という意見も目立ちます。

伊藤
 それは、何かが起きたときに、自衛隊が自分に銃を向けるかもしれないという可能性をまったく考えていない意見ですよね。自衛隊員一人ひとりはいい人かもしれないし、かわいそうかもしれない。しかし、いざとなったとき、自衛隊は、軍隊は、人というレベルではなくて国家の意思で動くんです。国家の命令によって国民に銃を向ける可能性は十分ある。現に、世界中のどこの国でもそのようなことは、起こっていることですよ。自分に銃を向けるかもしれない相手に、そんな甘い情をかけるべきじゃないんです。

'05-11-09UP、誇りに思える国家ビジョンについて議論しよう
編集部
コスタリカと同じ「平和憲法を持つ国」である日本が、本当の意味での平和国家になるためには、今後どういった方向を目指すべきだとお考えですか。もちろん、コスタリカをモデルとしてそのやり方に倣うという選択肢もあると思いますが。

伊藤
 それももちろん一つの方法でしょう。そのほかにもう一つ参考になるのが、EU(欧州連合)の例です。
 EUがすごいのは、欧州の平和と戦争の歴史をしっかりと踏まえている点です。ヨーロッパはこれまで、常に世界大戦の火種になってきました。それもフランスとドイツ、この二国の争いがすべての始まりだった。だったら、この二国が手を取り合えば戦争はなくなるのだから、そのために鉄と燃料を二国で共同管理してはどうかという提案をしたのが、当時のフランス外相のロベール=シューマンです。鉄がなければ武器はできないし、燃料がなかったら戦車も飛行機も動かなくて、戦争なんてできないはずだというんですね。すごく現実的でテクニカルな発想です。
 そして1952年に成立したのが欧州石炭鉄鋼共同体です。どうせなら周りの国も巻き込もうということで、イタリアやベルギーなどを含む6ヶ国でスタートしました。それが、さらに原子力エネルギーや経済も共同で、ということになってどんどん膨らんでいき、EC(欧州共同体)が誕生。そして、ついには政治も統合しようということになって、1993年のマーストリヒト条約でEUが誕生しました。加盟国は25ヶ国、最近は、欧州憲法をつくろうという動きも出ていますね。ここまできたら、もはやヨーロッパ間での戦争は起こりようがありません。彼らはそういう、きわめて現実的な仕組みをつくってしまったわけです。
 「まずは自分の国が軍隊をなくして平和に貢献しよう」というコスタリカ、一つでも多くの国が加盟する集団安全保障をつくって、それを広げていくことで平和を実現しようというEU。どちらの方式も、十分に日本が目指すモデルにはなると思いますね。二つとも、現実としていま成功しているわけですから。

編集部
 ただ、日本の現状を見ていると、その逆の方向に向けて進んでいるようにも思えるんです。自民党が「自衛軍の保持」などを明記した改憲案を発表し、今年2005年9月の衆院選挙では自民党が圧勝して改憲派が国会の多数派を占めるなど、世の中全体が9条改悪の方向へずるずると流されていっているんじゃないかと、不安になります。

伊藤
 確かに、今権力を握っている自民党が「憲法を変えたい」といって宣伝するし、メディアもそれをどんどん伝える。それを見ていると、ずるずるとそちらへ進んでいっているような印象を受けますね。
 でも実は、そうあきらめたものでもないと思うんですよ。
 例えばアメリカでも、去年の大統領選挙でブッシュが「圧勝」したとき、反ブッシュ派の国民の間にはものすごい絶望が広がりました。ところが、よく調べてみると実際のブッシュの得票率は51%にしか過ぎなかった。圧勝という結果になったのは選挙制度のせいで、国民の半分近くはブッシュに反対の意思を示していたんですね。しかも、その後もブッシュの支持率はどんどん落ち続けて、いまや40%を切るまで下がっています。

編集部
その状況を生んだものは何だったのでしょうか。

伊藤
 ハリケーン被害への対応に非難が集まったこともあるけれど、それだけではありません。例えば、少し前にはワシントンで10万人のデモがありました。そうした市民の動きが、ブッシュを追いつめていっているわけです。
 重要なのは、この10万人デモは、最初はたった一人の行動だったということ。イラク戦争で息子を失ったある一人の母親が始めたものでした。そこへどんどん人が加わって、ついに10万人にもなった。たった一人の行動が、10万人の行動につながったんです。
 よく、「デモをやってもメディアは報道してくれない」といいますね。でも、100人単位のデモでは報道されなくても、それが広がって10万人になれば必ず報道される。それがメディアというものです。そして、その「10万人」はいつもたった一人から始まる。日本では「今の状況はひどい」と言いながら何もしない人が多いけれど、まず行動を起こさないと、何かを倒すことにはつながっていかないんですよ。

編集部
誰かが「最初の一人」にならないと、何も始まらない。

伊藤
 それを実感したのが、東欧革命を取材したときです。
 1989年にルーマニアで革命が起きてチャウシェスク政権が倒れたけれど、それもそもそもはたった一人の男がチャウシェスクの演説中に「おまえは嘘つきだ!」と叫んだのが始まりでした。それが広がって収拾がつかなくなって、ついには革命につながっていったんです。もちろん、その最初の一人にはものすごい勇気が要ったでしょう。後に誰も続かなかったら、反逆罪で絞首刑になっていたはずですから。
 そういう覚悟で声を出した人がいた。それを思えば、日本で「9条を守りましょう」と声を上げるくらい、なんてことはないですよね。やり方は何でもいいんです。「9条の会」をつくる、デモを呼びかける、隣の家の人にちょっと議論を持ちかけてみる。選挙があれば、9条を守ろうという人を応援するとか。それが広がって、やがて10万人になれば、どんどん注目も集まっていくんです。
  もう一つ大事なのは「あきらめないこと」です。
 改憲派に勢いがあるというけれど、世論調査をやれば必ず6割以上の人が「憲法9条は変えたくない」と答えている。実は、9条維持を主張する人たちは多数派なんです。だから、もっと自信を持てばいいんですよ。
 逆の立場に立ってみればよくわかります。改憲したいと思っている立場からすれば、改憲案をつくったり宣伝したり、これだけいろいろなことをやってみているのに、まだ半分以上の人が頑として9条を守ると言っている。「こいつら、頭固いなあ」とでも思っているんじゃないですか(笑)。
 落胆する必要はないし、あきらめる必要もない。
 あきらめたら負けです。相手は9条維持派があきらめるのを待ってるんだから。
 逆に言えば主導権は、勝敗を決める決定権はこちらにあるんですよ。あきらめないで、そして「あきらめてない人がこんなにいるよ」ということを、世の中に示し続ける。それによって、9条を守りたいと思っている「6割」の人は「大丈夫なんだ」と、また力づけられる。それが大事なんです。

編集部
「流されていっている」ムードに流されてはいけない、ということですね。なんだか、元気が出てきました(笑)。

伊藤
 あと、本当はこの改憲論議をきっかけに、日本の国家ビジョンについてもどんどん論議すればいいと思います。我々がこの日本をどういう国にしたいのか。そういうことは今すべて政治家任せになっていて、一切論議されない。この国は私たちの国なんだから、本来は私たちで決めるべきなんですよ。
 例えば、平和憲法を持って、自分の国が平和になるだけじゃなくて周りの国の平和のためにも尽力していく。
 日本という国自体がノーベル平和賞を受賞するような、そんな国家ビジョンはどうか。これならば、賛同する人も多いんじゃないでしょうか。
 平和を輸出する、それこそが国家としての日本の役割であると宣言する。そうなれば世界からも尊敬されるし、そんな国をどこの国も攻めてこようとはしないですよ。
 今、日本人が世界に誇れるものがどんどんなくなってきている気がするけれど、やっぱり、「日本人です」と胸を張って言いたいじゃないですか。
 そのためにも、自分たちが誇りに思えるような、そんな国家ビジョンを作りたい。周囲の国から本当に尊敬されるような国にしていきたい。そう思いますね。


マガジン9、この人に聞きたい
http://www.magazine9.jp/interv/chihiro/index2.html


posted by fom_club at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

Seike Japanese Garden

'Rain or shine': The Seike Japanese Garden
https://www.seattletimes.com/video/5642198736001/rain-or-shine-the-seike-japanese-garden

 二世でもネイティブでも英語のヒアリングは慣れてないので分かりませんよね。
 聞き取れないところもあるかもあるかもしれません、今日はアメリカ大陸です。
 シアトルにある日本庭園の秋です!せっかくのビデオです、興味ありますよね。
 書かれた英文で背景を読んでみましょう、そして辞書で単語を覚えてはいかが!

Every Thursday morning, an elderly couple spends a few hours weeding and tidying up the Seike Japanese Garden in SeaTac. It means a lot to Hal Seike, 90, the last surviving of three brothers. The garden is dedicated to his brother, Toll, a Nisei killed at age 21 in World War II.

[photo]
Each Thursday, 90-year-old veteran Hal Seike and his wife Fran, 87, tend to the Seike Japanese Garden: a memorial, a haven and – for Hal – a reason to keep going after a life of intense adversity.

At age 90, he’s the last remaining of the three Seike brothers.

Every Thursday morning, Hal Seike and his wife, Fran, 87, make the 1-mile drive from their home to the Highline SeaTac Botanical Garden. It might seem unusual to have a botanical garden beneath a constant stream of jet takeoffs and landings, but there it is.

At their age, they’re still relatively nimble, able to drive and able to spend three or so hours once a week pulling weeds and raking leaves. They’ve been married 61 years.

Each time they visit, they walk past a large wooden board marking the “Seike Japanese Garden,” which occupies maybe an acre of the botanical site.

Prominent on that board is a black-and-white photo of a young Army soldier. That’s Toll Seike, the middle of the three brothers. They were all Nisei, meaning U.S.-born children of Japanese immigrants. The garden is a tribute to him.

Toll was 21 when he was killed Oct. 29, 1944, in a horrific battle near Bruyères, France.

[photo]
Kiyoshi “Hal” Seike and his wife, Fukuye “Fran” Seike, stand in their Japanese garden in SeaTac, where they still work a few hours every Thursday. The Seike Japanese Garden was commissioned by Hal’s father, an immigrant, partly as a tribute to his son Toll.

In history books it is known as the “Rescue of the Lost Battalion.” While most Americans likely have never heard of it, a Department of Defense article calls it “one of the great ground battles of World War II.”

Says Hal about the garden: “We go there rain or shine, drenched to the bone. I’ve been out there in the snow. I’m really kind of sentimental about it. That’s my family name on it.”

A garden has to be tended, especially a Japanese garden, an enchanting creation of specially placed rocks, a pond with a bridge, Japanese maples, sculptured black pines and a variety of shrubbery.

Upkeep of the entire botanical garden, owned by a nonprofit foundation, is done by volunteers, and they’re scarce.

Battlefield heroism

Toll Seike was a private in the 442nd Infantry Regimental Combat Team, composed almost entirely of Japanese Americans, that during the war totaled 18,000 men.

Its motto was “Go For Broke,” derived from gambler slang used in Hawaiifor when a player was risking it all in one effort to win big.

[photo]
“Go for Broke!” a painting in the collection of the Army Center of Military History, Fort McNair, Washington, D.C., depicts the all-Japanese American 442nd Regimental Combat Team assaulting German siege forces in the rescue of “The Lost Battalion,” Oct. 27-30, 1944. U.S. Army Photo.

The 442nd compiled an astonishing combat record for bravery − among its many recognitions were 21 Medals of Honor, the country’s highest military award, and 9,486 Purple Hearts.

In the Lost Battalion rescue, the regiment lost 400 men fighting to rescue some 230 besieged members of the Texas National Guard trapped by the Germans.

The fight was “in dense woods, heavy fog and freezing temperatures,” says the Department of Defense article.

The rescuers suffered mass casualties, it says, quoting Army historians. “Then, something happened in the 442nd. By ones and twos, almost spontaneously and without orders, the men got to their feet and, with a kind of universal anger, moved toward the enemy position.

Bitter hand-to-hand combat ensued as the Americans fought from one fortified position to the next. Finally, the enemy broke in disorder.”

Hal remembers a letter that Toll send from the battlefield.

“He was really scared and frightened, wet and cold. The German artillery was shooting over his company, and the trees would just shatter, and splatter and crash,” says Hal.

Name in the newspaper

Toll was an American kid. He got his unusual first name because a clerk who was writing down his name didn’t understand the elder Seike’s broken English. He was saying, “Toru.”

Toll shows up in The Seattle Times archives a couple of times.

In 1932, when he’d have been about 11, he is listed as being among “ambitious boys and girls (who) gather at Times Annex to build structures of Old English design.”

It’s not clear why the paper promoted building a miniature village, but it attracted a lot of participants. These days, that’s called “reader engagement.”

In 1941, at about age 18, Toll Toll was among the leaders in the Guest Guesser contest for predicting college football outcomes. Back then, the paper ran a voluminous list of the best guessers so they could clip and save it in their scrapbooks.

Starting the next year, more than 110,000 Americans of Japanese descent on the West Coast would end up in internment camps.

Most of the Seike family were among those trucked away − the parents, along with Hal and his two sisters, Ruth and Shizu, who were all still in school in Highline.

In 1942 the family had six weeks to get ready for the forced relocation. Hal remembers the family holding a garage sale to get rid of household goods.

“It was a Sunday, Mother’s Day, when I remember the big Army trucks came and picked us up. It was kind of a sad day,” Hal says.

Toll and Ben, the oldest of the brothers, were studying at Washington State University in Pullman, which was considered too isolated and so wasn’t in the “exclusion zone” for Japanese Americans.

Toll volunteered for the 442nd.

[photo]
Toll Seike, the middle brother in the Seike family, died in 1944 fighting in France.

Ben also would enlist in the Army and end up as an interpreter in the Philippines with the Military Intelligence Service. The Seike kids had only a rudimentary knowledge of Japanese, so the Army sent Ben to Japanese language school. He died in 2014 at age 93.

By the time Hal reached an age to be drafted, the Korean War was on. He ended up doing payroll in the Army.

By then the Seike family had spent more than three years moving among camps in California, until finally the elder Seike was able to work in Chicago at a school-supply company, a place deemed far enough away from the West Coast.

Hal doesn’t talk much about those years.

“It’s something of a sore point,” he says in his understated way. He adds, “We were like prisoners.”

Immigrant with a plan

Shinichi Seike, the father, who died in 1983 at age 95, had come to the U.S. when he was 31. It was the quintessential immigrant story.

He owned a store on Maynard Street in the Chinatown International District, bringing in goods from Japan. He’d make regular treks in a food truck loaded with rice, soy sauce and other Asian goods to Japanese farmer camps in Eastern Washington.

By age 41, Seike had bought 13 acres in what’s now the city of SeaTac. He had a house built.

[photo]
This is the Seike home built in 1929 on the 13-acre Seike property that was bought and leveled by the Port of Seattle to make way for the airport’s third runway.

“We had chickens, one cow for milk, a lot of fruit trees and vegetables,” says Hal.

The elder Seike’s plan was for Hal and Ben to start a plant nursery on the acreage, and so they would study horticulture at WSU.

The father also made sure he wouldn’t lose his property, as happened with other interned Japanese Americans. In the six weeks before being trucked away, says Hal, “My dad had an attorney take care of the legal matters. He was a smart man.”

The family home would be rented out and that income would pay the mortgage on the house and the property taxes. A German-American couple rented the home and took good care of it − “perhaps there were sympathetic” because they also had experienced the wary stares, says Hal.

In 1953, eight years after the family returned from being relocated, Des Moines Way Nursery opened.

It was run by the two remaining brothers.

But the dad had wanted something else on that property. In 1961, he brought in a designer from the old country and had a Japanese garden constructed.

It would be a showcase for the nursery, a showcase for all of the Seike family accomplishments.

And it would honor the son who had been killed in that horrific battle.

[photo]
The Des Moines Way Nursery, which closed in 2002.

The Des Moines Way Nursery lasted for half a century, closing in 2002. The property was bought by the Port of Seattle for its third-runway expansion.

The family home was leveled, but there was something on those 13 acres that was very important to the Seike family.

It was the Japanese garden the dad had constructed.

A photo in the Wing Luke Museum archives shows the dad being given the U.S. flag at Toll’s military service at the Veterans Memorial Cemetery by Evergreen Washelli. His obituary notes that the dad had been a president of the Gold Star Parents Association, for those who lost a family member in the service.

[photo]
Shinichi Seike, father of Toll Seike, is seen at his son’s memorial service on Sept. 25, 1948, at the Veterans Memorial Cemetery in Seattle.

Says Fran Seike about her father-in-law, “He was very emotional when it came to losing Toll. He liked to go to the garden and contemplate.”

It took some doing, but in 2006 a good portion of the Seike Japanese Garden ended up being literally lifted and moved to its current location.

The state Legislature came up with a $246,000 grant. Another $50,000 came from the city of SeaTac.

“Some of those rocks are a couple of tons,” says Kit Ledbetter, SeaTac’s now-retired parks director. “It was important how the rocks were laid out.”

Now, on Thursday mornings, if you happen to visit the garden and you see the elderly couple tidying it up, you know why.

Seventy-three years ago, blood was spilled so a garden like that could exist.

[photo]
Even though Hal Seike, 90, of SeaTac and the rest of his family were sent to internment camps during WWII, Hal and his two brothers, Ben and Toll, served in the military and were all veterans.

The Seatle Times, Updated November 14, 2017 at 8:54 pm
A Nisei garden of memories in SeaTac, and a soldier’s blood spilled in WWII
By Erik Lacitis, Seattle Times staff reporter
https://www.seattletimes.com/seattle-news/northwest/a-nisei-garden-of-memories-in-seatac-and-a-soldiers-blood-spilled-in-wwii/

posted by fom_club at 08:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

自在丸殉国者慰霊碑

 私が伊豆に興味をもったひとつのきっかけを作ってくれたおじいちゃんが、先週亡くなった。
 もっとたくさん話を聞いておくべきだった…。
 後悔先に立たず。
 それでも私に残してくれた物を今後伝えていけたらと思っています。
 ご冥福をお祈りいたします。

 先人たちの経験したこと、記憶の断片を残しておかなければ…と常日頃から思ってはいるものの、なかなかどうしてよいやら分からないまま時間だけが過ぎていく。
 この土地の歴史について興味をもってはいるものの、地元でないということがネックになることが多い。
 それに人から話を聞きだすというのはとても難しい作業だ(インタビューなどのお仕事をする人のすごさが身にしみる)。

 先日歩いたタライ岬遊歩道にこんな石碑が立っていた。
 「自在丸殉国者慰霊碑
 すいぶん海風にさらされて裏の文字は風化し、読みずらい。

 「昭和20年7月21日午前11時頃、下田沖にてB-24、2機により爆撃を受け、営船火災をおこし沈没。遂に船長松田吾一外12名戦死し、遺体当海岸に漂着したものなり。今歳23回忌に当たり、追悼碑を建立す」
と書かれている。
 ちょっと調べてみたら、船員の中に朝鮮の方がいたようで、静岡県内でかなりの方が亡くなっていることが分かった。
 かなり複雑な気持ち。
 東京で生まれ育った私は、祖母から東京大空襲の話しや疎開した時の話などを聞いてはいたが、この伊豆はまた違った意味で戦争被害が大きかったのかもしれない。
 海に囲まれているため…軍の秘密基地もあったと聞いた。
 やはり残しておかなければならない事実は多い。


cafe blog-伊豆-、2008-10-19
やはり残すべきことだと思う
http://blog.goo.ne.jp/cafelokanta/e/f0c98a99a588eff024720b62569eb159
 
 昭和20年7月21日ですかぁ、思い出しています、ヤッホー君のこのブログでも何度か引用しました高木敏子(『ガラスのうさぎ』金の星社、昭和52年)。
 彼女の父親が、艦載機P51ムスタングの機銃掃射を受けJR二宮駅(当時国鉄)で目の前で命を落としたのは昭和20年8月5日でした。
 山歩クラブの南伊豆で11月18日土曜日、ヤッホー君たちは逢ヶ浜からタライ岬、そして田牛への遊歩道を歩いていたのです。
 そのとき不意に「自在丸殉国者慰霊碑」が目の前に現れたのでした。
 で、船員のなかに朝鮮人が、ってそうでしたか。
 でイマしけてるこの国、嫌韓嫌中の荒波が打ち寄せ、雷、雪のすだれが降りてるこの国、緑のたぬきだけじゃないようですよ、「選別と排除」!:

 去る2017年4月23日、「朝鮮人追悼碑モチーフの作品、指導で解体撤去」というニュースに接し、群馬県高崎市の県立公園「群馬の森」内に「朝鮮人犠牲者追悼碑」が建っていること、また、碑の存廃が法廷で争われていることを知った。
 碑をモチーフにした作品が撤去されたことそれ自体はもちろん気にかかるが、それと同等に、碑が建てられた理由や、存廃が争われるようになった経緯を知りたいと思った(作品撤去の経緯は BuzzFeed Japan 籏智広太記者の記事に詳しい)。
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/what-is-neutrality?utm_term=.lpEM5xELn#.yiaPZ1K3m

 手始めに、図書館で新聞社のデータベース検索を利用し、「群馬 追悼碑」などの検索ワードで過去の記事を検索してみた(対象の新聞は、データベースが利用できた朝日、毎日、読売の3紙)。
 碑は、戦時中に朝鮮半島から徴用され、重労働などで命を落とした韓国・朝鮮人を追悼するためのもので、碑には「記憶 反省 そして友好」と刻まれている。
 碑が建立された2004年4月の除幕式を報じた記事からは、県の関係者や韓国から参加した遺族、実際に労働を強いられた当事者らが一堂に会し、過去を見つめ直すとともに、アジアの友好を願う様子が伝わってくる。

 以降、毎年碑の前で追悼集会が行われていたが、再び碑が紙面で報じられるようになるのは、碑の建立から10年後の2014年4月。同年1月末に、碑の設置許可の更新期限を迎えるにあたり、碑の設置・管理団体が県に申請した更新許可が保留になっていることを報じた記事だ。
 2014年4月25日の朝日新聞では、「許可更新、県が保留」「『政治的利用』批判受け」という見出しで、2012年の集会以降、県に碑の撤去を求める意見が寄せられていること、許可更新の申請を受けて、県が団体に集会の内容について見解を問うたことなどを報じている。
 その後も、事態の進展とともに報道が続く。2014年6月には、県議会が碑の撤去請願を採択、翌月には県が設置不許可を決め、管理団体に碑の速やかな撤去を求めている。
 碑の存続のために団体が県へ提出した回答書や代替案が取り上げられることなく不許可が決まり、不許可決定の撤回を求める請願と1万5千筆にのぼる署名が県議会で採択されることなく今日に至る過程を振り返ると、ある時点から生じた《追悼碑撤去》という流れに乗って、突き進んでいくような印象を受ける。

 冒頭で触れた「追悼碑モチーフの作品撤去」の一件で、今またその存在を報じられている追悼碑だが、碑は今も「群馬の森」にひっそりと建っている。碑の写真は、いずれも5月末に公園を訪れた際に撮影したものだ。
 これも過去の新聞記事によれば、そもそも「追悼碑を建てる会」ができたのは1998年。
 会の事務局長を務めた猪上輝雄さんらは、1998年以前から県内の強制連行や関東大震災後の朝鮮人虐殺事件について調査を行い、県内各地で戦争写真展や平和展を開催するほか、県内の地下軍需工場跡の調査、韓国の平和団体との交流など、長年に渡って活動を続けてきている。
 そうした活動は、追悼碑撤去の動きとともに葬り去られかねない歴史を、ギリギリのところで守る防波堤のようにも映る。

 家族連れで賑わう休日も、公園の片隅で静かに建っている碑を前にして、自分は過去に、現在に、未来に、どう向き合うかを問われている気がした。
 残念ながら、追悼碑をモチーフとした作品は撤去されてしまったが、群馬に根ざして活動する現代美術作家を紹介した展覧会「群馬の美術2017─地域社会における現代美術の居場所」は、碑が建つ「群馬の森」内の群馬県立近代美術館で6/25(日)まで開催中だ。
 作品撤去の一件を機に、追悼碑撤去をめぐる問題についても考えていければと思う。


HuffPost Blog Blog、2017年06月01日 23時00分 JST
碑は無言で語る
「朝鮮人犠牲者追悼碑」をめぐって

木村奈緒
http://www.huffingtonpost.jp/nao-kimura/korea-cenotaph_b_16910558.html

 過去にあった事柄をこんなふうに、いとも簡単に、さもなかったようにすませて、はい、一丁上がり、というのが歴史修正シュギというイデオロギー。
 でも、こんな追悼式が今年も、というブログ記事にヤッホー君、とても今日のお天気のように気持ちが晴れ晴れとしたそうです。
 それは伊豆でなく真鶴、自在丸でなく浮島丸:

 2017年(平成29年)8月24日は、浮島丸事件から72年目。
 「浮島丸殉難者を追悼する会」は、爆沈現場に近い舞鶴市下佐波賀 の「殉難の碑公園」で、今夏も集会を開いた。
 72年前(昭和20年)のこの日(終戦から9日目)の午後5時20分ごろに当地のすこし沖合を通りかかった「浮島丸」は、ナゾの爆発を起こして沈没し、多数(これまでの政府発表では549名)の乗客や乗務員が亡くなった。

浮島丸事件と追悼事業の経過(資料)
1.昭和20年8月24日午後5時20分頃、京都府舞鶴に入港してきた海軍特設輸送船「浮島丸」(4730トン)は、突如大爆発を起こし船体は二つに折れて沈没、地元の人々や海軍艦艇の救助活動にもかかわらず、乗組員25人、乗客524人計549人(政府発表)が死亡する大惨事となりました。

2.浮島丸に乗っていた人々は、青森県地方で働いていた朝鮮人労働者とその家族3735人(政府資料)で、戦争の終結に伴う帰国の知らせで配給された浮島丸に乗船、8月22日午後10時青森県大湊港を出港、朝鮮釜山をめざして航行中8月24日進路を変更して舞鶴港に寄港し、この災禍にあったものです。

3.浮島丸の船体は長く海中にありましたが、昭和25年に後半分が、昭和29年に前半分が引き揚げられ、船内の遺骨も収集されました。これを機に京都の著名人の呼びかけによる慰霊祭が舞鶴東公会堂で行われ、以後は市民の手で慰霊祭が行われてきました。

4.昭和50年代に入り、関係者の死亡等により事件の風化が心配されるようになり事件を語り継ぐモニョメントを製作する動きが起こり、舞鶴市長(当時)を会長に「浮島丸殉難者追悼の碑建立実行委員会」がつくられ、市民の募金と、京都府・舞鶴市の補助金を得て、事件現場を目前にした場に「殉難の碑」及び公園がつくむられ、(昭和53年)、以後この場所で追悼集会を行い今日に至りました。

5.「浮島丸殉難者追悼の碑建立実行委員会」は建立事業が完了したことから、「浮島丸殉難者追悼実行委員会」に改組されました。平成7年浮島丸事件を題材にした映画「エイジアンブルー・浮島丸サコン」が製作され、舞鶴市 内でもロケーションが行われこともあって、事件に対する市民の関心の高まりが見られことから、個人参加の組織に改めることにし、平成8年5月16日「浮島丸殉難者を追悼する会」を発足させ、以後追悼事業を行うことになったものです。
...
19.2017年4月16日 北海道大学助教 ジョナサン ブル氏 英国人 ハイデルベルグ大学教授 Drスティーブン アイビンズ氏 ドイツ人共に、「引揚」をテーマに研究し来舞「浮島丸事件」を取材 尚、アイビンズ氏は帰国し「浮島丸事件」の事業を国民に伝えていくと述べる。

追悼の舞。浮島丸殉難72周年追悼集会にて。金一志韓国伝統舞芸術院の皆様。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=203&v=9WiJ_WjCvDA

浮島丸殉難72周年追悼集会にて。京都朝鮮中高級学校の皆様。
https://www.youtube.com/watch?v=ooMc3WGSZQo


2017(平成29)年浮島丸殉難72周年追悼集会
於:舞鶴市佐波賀下、殉難の碑公園
http://www.geocities.jp/k_saito_site/etc/ukijimamarukai17.html

 
posted by fom_club at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はるかな旅

NHKスペシャル「日本人 はるかな旅」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23072045

 いやぁ、世界最古の往復航海ですか、3万8千年前、ね。
 いやぁ、ヤッホー君のこのブログ、2011年08月23日付け日記「千畳敷カール」をご参照ください。
 いやぁ、2万年、とか10万年とかありましたが3万8千年前、ねぇ。

 マンモスは、氷河時代(氷期や旧石器時代とも言います)に生きていた絶滅ゾウで、マンモス・ステップと呼ばれる大変寒い地域に生える草原の草を主な食料としていました。
 そのため、10,000年前に氷期が終わり暖かい現世が始まると、北極海沿岸の一部を除いて、マンモスは各地で絶滅してしまいました。
 ですから、シベリアやヨーロッパ、北アメリカに住んでいた旧石器時代の人々が、マンモスを利用していたことになります。
 シベリアやヨーロッパの後期旧石器時代(4〜1万年前)の遺跡からは、マンモスの骨や牙がたくさん見つかっており、骨・牙で作った装飾品や骨で作った家の跡まで確認されています。
 かつては家の材料となるほどたくさんのマンモスを狩猟していたと考えられたことから、この時代の人はマンモス・ハンターとも呼ばれていましたが、最近の研究で、これらの骨は湿地や河のよどみのような場所に流水の作用などによって集められた骨の集積場から運ばれてきたものであることが判明しています。
 確かに旧石器時代の人々がマンモスを狩っていた証拠もありますが、いつもマンモスばかりを狩猟していたわけではなく、ウマやトナカイ・ウシなどの動物が主要な狩りの獲物であったようです。
 沼地で足を取られたマンモスを発見した時のような偶然の機会に、マンモスを狩猟していたと考えられます。
 現在の狩猟採集民の例でも、ゾウ狩りは非常に難しい狩りとされ、日常的な狩猟ではなく勇敢さを示すような儀礼的側面が強いことがわかっていますので、当時の人々にとっても、マンモス狩りは一層困難な狩りだったでしょう。
 マンモス絶滅の原因については、人の狩り過ぎ(専門的には過剰殺りくと言います)なのか、それとも自然環境の変化(氷河時代の終了)によるものなのか、現在でも研究者の間では論争が続いていますが、最近では環境変化によるとする説が有力になりつつあります。


日本第四紀学会、2008年5月12日掲載
質問者:昔人はマンモスを狩り食べていたのですか(小学生、福岡県)
回答者:佐藤宏之

http://quaternary.jp/QA/answer/ans007.html

 あの、どのくらいの距離があるんでしょうか、ね、え〜と下田と神津島。
 「神津島は、東京から178キロメートル、伊豆半島下田から54キロメートルの距離」とかおっしゃっていましたけど。
 となるとDukeさん7時間かけて弓ヶ浜から神津島まで漕ぎ続けたので時速7.2キロメートル。
 (イマ、下田港から東海汽船の大型客船で2時間20分だってぇ)
 ま、3万8千年前というと海が氷河で大分、後退していてもっと近かったのかなぁ。
 ところで…距離、というと:

 北朝鮮は9月15日午前6時57分ごろ、平壌近郊の順安(スナン)地区から弾道ミサイル1発を太平洋に向けて発射した。韓国軍合同参謀本部が発表した。日本政府は、北朝鮮からのミサイルが北海道上空を通過し、襟裳岬東方の太平洋上に落下したと発表。発射直後に全国瞬時警報システム(Jアラート)で国民に情報を伝え、避難を呼びかけた。

 北朝鮮のミサイルが日本列島を越えたのは、8月29日以来で、6回目。日本政府によると、ミサイルは午前7時4分から7時6分ごろ、北海道上空を通過し、7時16分ごろに襟裳岬東約2200キロメートルの太平洋上に落下した。
 日本の領域への落下物は確認されておらず、付近を航行する航空機や船舶への被害情報も寄せられていない。
 最大高度は約800キロ、飛行距離は過去最長の約3700キロに達したとみられる。小野寺五典防衛相は「米領グアムに十分届く飛距離」とし、北朝鮮が8月29日に発射した新型の中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」(射程4500〜5000キロ)である可能性を指摘。「性能を確実に向上させている」との見方を示した。
 菅義偉官房長官は「(高角度で打ち上げる)ロフテッドなどの特異な高度ではなかった」と語った。通常に近い角度で撃った可能性がある。
 飛行距離は8月29日の発射時よりも約1000キロ伸びた。北朝鮮は8月、米軍基地のあるグアムの周辺を中距離弾道ミサイルで包囲射撃すると予告している。北朝鮮からグアムまでの距離は約3400キロで、米側に実際に攻撃できると示す狙いがあった可能性もある。
 北朝鮮は9月3日に6回目の核実験を実施。国連安全保障理事会が9月11日に新たな制裁決議を採択すると、強く反発した。官営メディアは核とミサイル開発の継続を繰り返し訴えていた。
 また、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長も8月の「火星12」の試射を視察した際、太平洋上に向けて弾道ミサイルを数多く発射するよう指示していた。制裁決議からわずか4日後に挑発に出たことで、朝鮮半島情勢は更に緊張の一途をたどることは間違いない。
 一方、韓国軍は、北朝鮮のミサイル発射と同時に、玄武2型の弾道ミサイルを日本海側に試射する演習を行った。ミサイルは平壌までの距離約250キロに合わせて落下し、報復能力を示した。韓国政府は9月15日午前8時、国家安全保障会議(NSC)を招集した。「国際社会との一致した協力と、堅固な米国との同盟を基に強力に対応していく」とする声明を出した。文在寅(ムンジェイン)大統領は、北朝鮮が最近言及したEMP(電磁パルス)兵器や生物化学兵器などの脅威についても態勢を整えるよう指示した。


朝日新聞、2017年9月15日10時16分
北朝鮮ミサイルの飛距離、過去最長
グアム到達距離

(ソウル=武田肇、牧野愛博)
http://www.asahi.com/articles/ASK9H2QT5K9HUHBI00D.html

 最大高度約800キロ、というと国際宇宙ステーションの軌道は高度430kmで、1センチ以上のスペースデブリ(ごみ)が約60万個も高度約800キロ付近を周回していると言われています。
 日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所(ISAS)が開発した超小型の打上げロケット、SS-520 ロケットも高度約800キロに到達する能力があると言われています。
 ですので北海道上空を通過と言っても、飛行機が飛ぶのと違って、そこはもう宇宙!

 ところで上空ではなく海にもぐって…あっ…洋上にもどって:

 11月23日午後11時25分ごろ、秋田県由利本荘市石脇の船舶保管施設「本荘マリーナ」付近に不審者がいると、近くの住民から110番があった。由利本荘署は国籍不明の成人男性8人を見つけて保護。付近に8人が乗っていた木造船が漂着していた。男性は朝鮮語で「1ヶ月ほど前に北朝鮮を出て漁をしていたが、船が故障した。帰りたい」と話しているという。
 同署などによると、施設近くの女性宅に不審な男がインターホンを鳴らして助けを求めてきた。8人は30〜50代とみられ、厚手の防寒着を着ていた。自力で歩ける状態で命に別条はない。同署は通訳を交え、関係機関と共に事情を聴いている。
 秋田県警によると、木造船は長さ約20メートルで、岸壁の消波ブロック付近に漂着した。船尾が壊れているとみられる。船体にハングル文字と数字が書かれ、船内にイカ釣り漁などに使う集魚灯や漁具、食料があった。県内に漂着した木造船で生存者がいた例は過去にないとみられるという。
 船のプレートにハングルで「チョンジン」と読める表記があり、日本海に面する北朝鮮北東部の都市、清津の可能性がある。
 第2管区海上保安本部(塩釜市)や秋田海上保安部(秋田市)などが巡視船や航空機で周辺海域を調べている。異常は確認されていない。
 仙台入国管理局によると、関係機関による事情聴取を経て、本人の意思と関係なく漂着したことが確認できれば、「遭難上陸」という手続きを取り、一時的に上陸を認める。船の修繕が不可能なら空路などで本国に送り届ける。県警は身柄を引き渡すまでに数日かかるとみている。
 現場は由利本荘市役所から北西に約3キロ。


[写真]
保護された8人が乗っていた漂着船。現在は本荘マリーナの岸壁付近に係留されている=24日午後2時25分ごろ、由利本荘市石脇

[地図]

河北新報、2017年11月25日土曜日
北朝鮮の漁船?
由利本荘に漂着
男性8人保護

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171125_43019.html

 きっと日本海は、海が荒れて、しけていたのかな。
 「型は古いが、しけにはつよい」兄弟船じゃなかったんだね。

今夜 北日本の日本海側を中心に不安定

 11月22日午後6時現在、寒冷前線の接近に伴い、北海道と東北の日本海側は大気の状態が不安定となっています。あちらこちらで雷が鳴っています。23日の朝にかけて、寒冷前線が通過するため、北海道や東北の日本海側を中心に落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうの降る恐れがあります。雷の音が聞こえるなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は建物に避難しましょう。
 また、23日の夜から強い寒気が流れ込み、大気の状態がさらに不安定となる見込みです。今度は北陸を中心にカミナリ雲が発生しやすくなりますので、ご注意ください。
(2017年11月22日 18時29分)
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/rumi_tokuda/2017/11/22/87661.html

posted by fom_club at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

The country’s food security policy

ECONOMIC growth the world over has come about through a tectonic shift from agriculture to manufacturing. Malaysia is no exception.

Since independence, we have shifted our focus away from agriculture to manufacturing.

Such a restructuring has caused a four-fold shrinking of agriculture’s contribution to gross domestic product (GDP) even as the share of manufacturing has doubled.

The country’s Economic Transformation Programme consolidates our shift to manufacturing.

It focuses on 13 national key economic areas or NKEAs. Manufacturing and services figure largely in them. Even the fourth industrial revolution that is sweeping across the world advocates technologically-advanced manufacturing. And manufacturing remains at the heart of our development planning.

Malaysia’s economic journey, and those of other nations, bear out Arthur Lewis’s seminal thesis. In 1954, Arthur Lewis, a Nobel prize-winning economist, argued that, if we want development, we should shift people from the low productive, if not unproductive, agriculture sector to the highly-productive manufacturing sector.

Africa lends further credence to Lewis’s thesis. There, productivity in manufacturing is five times that of agriculture. India did not see a transformation to its economy until it sounded the death knell in 1991 to the “Licence Raj” − a term used to describe all forms of regulation that was then strangling the economy. Economic liberalisation jump-started India’s moribund economy. Since then, the share of agriculture in national output has shrunk by more than two-thirds. The share of the manufacturing sector has almost doubled.

In a carefully-designed industrial policy, Singapore attracts manufacturing that is relevant to creating stable jobs. Supported by 69 specialised research institutes and a highly-acclaimed vocational education, small- and medium-sized enterprises, or Mittlestand, remain the pillar of German manufacturing.

Propped up by extensive infrastructure development, China’s economic backbone is manufacturing. Similarly, South Korea has put its faith in huge conglomerates, or chaebols, to shift to manufacturing and speed up economic transformation. Although the United States and the United Kingdom are downsizing their manufacturing bases, their past economic growth owe much to manufacturing. In a similar pattern, manufacturing is the springboard for economic transformation in emerging countries.

There must be a purpose to all this economic transformation we witness around the world.

That must be to bring about inclusive growth to prosper all segments of society. Malaysia has almost eradicated poverty. India has commendably lifted 200 million people above the poverty line. It has halved the number of poor.

Despite this shimmering achievement, India still has a long way to go. Measured by the percentage of people living on the equivalent of US$1.90 (RM8) or less per day, India’s poverty rate is 22 per cent as opposed to China’s 6.5 per cent. China’s economic transformation is demonstrably more inclusive given that its poverty rate in the 1980s was 88 per cent. Notwithstanding, China too has quite a way to go in narrowing income disparity among its populace. The World Bank considers a Gini coefficient, a widely-used measure of inequality, above 0.40 to represent severe income inequality. China’s Gini coefficient was 0.49 in 2012. India’s is 0.36.

Alas! The US cannot claim that its growth has been inclusive. This is because the richest one per cent absorbed 60 per cent of the growth between 1977 and 2007. So much so that Amartya Sen, a Noble Prize winning economist, cautioned in 2007: “The country’s west and south may come to look like California while the north and east is more like sub-Saharan Africa.”

It is undeniable that manufacturing, together with the services sector, has been instrumental to our inclusive growth. It has helped lift the population out of poverty.

However, that should not lull us into pushing agriculture to the sidelines. Given our food security policy, agriculture should retain its pride of place in our national economy.

Agriculture offers a strong foundation for the development of rural communities as well opportunities in the non-agriculture sector. Its continued development can help blunt the cost of living by lowering food prices. Hence, the smart choice of agriculture as one of the NKEAs.

More needs to be done to improve agricultural productivity, especially in family farms.

Technology can come to the rescue. For example, in aqua farming a lot of energy is needed to aerate and maintain the cleanliness of ponds. Harnessing renewable energy, such as solar, can substantially cut costs and keep such farming sustainable.

The rural transformation centres and well-functioning agricultural institutions have greatly improved the marketing and processing infrastructure. To make agriculture more sustainable, block-chain technology can be deployed to document the processes incurred across the food chain. Such transparency will engender greater confidence in its production and distribution. The consequent increased demand can ensure greater economies of scale in production and lower prices.

Increased investments in agricultural research and extension can also promote productivity and lower costs. For example, China has developed a rice strain that can grow in salt water. The harvest therefrom can feed 200 million people.

We are blessed with a good climate and soil. So we do not have to invent a technology to make land fertile as China has done to convert its barren deserts into fertile plains.

However, we can exploit artificial intelligence and big data analytics for triple cropping, or more, of rice production, make soil management sustainable, and effectively treat diseases afflicting our farms.

Dynamic agricultural practices and policies can foster rural development.

It can even stem the flow of rural migrants to cities in search of employment.

When agriculture is transformed and well integrated in our development efforts, we can then say that our economic growth is truly inclusive.

[photo]
A padi field in Sungai Besar, Sabak Bernam, Selangor. Given the country’s food security policy, agriculture should retain its pride of place in the national economy.

New Straits Times, Published: November 24, 2017 - 10:06am
Lest we abandon agriculture
By DATUK DR JOHN ANTONY XAVIER, a former public servant and a distinguished fellow at the Graduate School of Business, Universiti Kebangsaan Malaysia
https://www.nst.com.my/opinion/columnists/2017/11/306941/lest-we-abandon-agriculture

posted by fom_club at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界最古の往復航海の証拠

 Duke、ありがとう!
 ヤッホー君、冬型のお天気で風が寒いのに思い立ったが吉日、ごしごし水洗いして、黒い石を磨いているのです。
 八ヶ岳が仰げる長野県は小海線沿線ご出身が旦那さまの浅川さんからいただいたその貴重な石を磨いているのです。
 あれは、山歩クラブで歩いた霧ヶ峰、浅川さんに黒曜石のお話をして、それで旦那さんから譲りうけ頂いたのです。
 ヤッホー君のこのブログ、2012年05月24日付け日記『黒曜の森』も、そして2012年04月16日付け日記『八ヶ岳・美咲』もご参照ください。
 Duke、ありがとう!
 黒曜石が海を渡ったって話、感動的でした、しかも縄文時代よりも前、3万8000年も前のことだったなんて、ね。

 堤隆(1962年長野県生まれ、浅間縄文ミュージアム主任学芸員)の『黒曜石 3万年の旅』(日本放送出版会、2004年10月)という本がある。
 これは、先に少し触れておいた稲田孝司(1943年大阪府生まれ、岡山大学名誉教授)の『遊動する旧石器人』(岩波書店、2001年12月)とともに、黒曜石に関する手引きとしては格好の本である。
 以下、堤隆の「黒曜石 3万年の旅」にしたがって、核心部分を紹介しておきたい。
 
海を渡った黒曜石

 「えっ!・・・・・・神津島ですか?」
 1996年1月25日、京都大学原子炉実験所・藁科博士からの電話に、私は思わず自分の耳を疑ってしまった。蛍光X線分析による原産地同定の結果、長野県野辺山高原の矢出川遺跡の細石刃石核5点が、遥か太平洋上に浮かぶ神津島の黒曜石であることが判明したのだ。
 矢出川遺跡の産地分析試料は全部で23点、いずれも細石刃石核で、分析の結果、地元信州の黒曜石原産地である麦草峠産が6点・霧ケ峰産が5点・和田峠産が2点みられた。また、謎の黒曜石原産地であるNK産の黒曜石4点とともに岐阜の下呂石1点も認められた。その中に神津島産黒曜石5点が含まれていたのである。
 野辺山から20〜40キロと近距離にある麦草峠・霧ケ峰・和田峠など、身近な産地の黒曜石が失出川遺跡の旧石器に用いられていることは納得できる。しかし、失出川で細石刃を用いて人びとが暮らしていた過去 1万年以上前、直線距離にして200キロ、しかも海を隔てた神津島の黒曜石が本州内陸部にもたらされていたとは衝撃である。
 さらに近年、長野県埋蔵文化財センターが発掘した奥信濃の野尻湖遺跡群の旧石器1点が神津島産であることが、沼津工専の望月明彦さんの分析によって判明した。神津島から野尻湖までは、じつに300キロメートルの距離をへだてている。
 神津島海域は、現在海深200メートル以上ある。氷河時代の当時は、現在より海面がかなり低下したといわれているが、それでも最高で140メートルほどの海面低下までしか想定しえず、神津島と本州が陸続きになることはなかった。それにしてもどんな理由から、はるばる海を越え、信州の地まで神津島の黒曜石が運ばれることになったのだろうか。
 神津島は、東京から178キロメートル、伊豆半島下田から54キロメートルの距離にあり、周囲22キロメートル、面積19平方キロメートルのちょうど瓢箪のようなかたちの島である。島の中央部には、西暦838年に噴火した天上山(標高574メートル)がそびえている。
 伊豆諸島の火山群は、黒色の安山岩・玄武岩からなる大島・三宅島・御蔵島・八丈島・青ケ島系と、白色の流紋岩から形成される新島・式根島・神津島系の二つのグループに分けられる。
 神津島では現在、24か所の遺跡が確認されている。縄文時代早期から後期にかけての遺跡20か所と、残りは古墳時代や江戸時代などの遺跡である。しかし、神津島産の黒曜石が本州の旧石器遺跡でたくさん発見されているのにもかかわらず、肝心な神津島においては旧石器の遺跡はまったく発見されていない。
 それはなぜだろう。氷期の終焉とともに上昇した海面下に、1万年以上前の旧石器時代遺跡が眠っている可能性は十分ある。しかし一方で、旧石器人たちが、神津島に石材獲得のためには出向くものの、島に通年にわたる活動の拠点を置かなかったため、遺跡が残りにくいという事情も考えられる。
 黒曜石利用の観点からすれば、旧石器時代に恒常的に神津島に人びとが住んでいて黒曜石を本土にもたらしたというよりは、むしろ本土から旧石器人たちが、黒曜石を採取するという使命を帯びて島に渡った、と見るのが妥当ではないだろうか。一個所に定住をせず、遊動生活によって住居を頻々と変え狩猟採集をおこなっていた旧石器人の活動領域の広さを考えると、この島は少し窮屈に思えてならない。また、生活を保証するだけの動植物相の存在も不明である。
 
神津島ブランドの利用

 日本において黒曜石の産地同定研究が開始されて間もない1974年、産地同定研究のフロンティアである鈴木正男博士は、神奈川県月見野遺跡のおよそ 2万年前の旧石器時代文化層から発掘された黒曜石が、海上を渡って神津島からもたらされたものであるとの産地同定結果をいち早く表明した。これは当時、人類最初の海洋交易といわれた 9000年前の地中海の事例を倍近く遡らせる重大な問題提起でもあった。
 一方、神津島産黒曜石の最古の利用例は、東京都府中病院敷地内で発掘調査された武蔵台遺跡Xa文化層にあることが、藁科博士らの蛍光X線分析によって明らかとなった。9点の分析試料は、和田峠7点・麦草峠1点・神津島1点という産地構成をみせた。立川ローム層の下部の武蔵野台地X層は、後期旧石器時代初頭にあたり、3万年前をさかのぼる年代が与えられる。
 さらに神津島から200キロメートルの距離を隔てた内陸部の山梨県横針前久保遺跡からも、後期旧石器時代初頭の局部磨製石斧に伴って、神津島産の黒曜石が確認されている。
 3万年を遡る頃から、海を越え、神津島ブランドの黒曜石が用いられていたとは驚きである。おそらく海外の考古学研究者の常識からすれば、一部オーストラリアへの移住の問題を除けば、旧石器時代に海を越えたなどというこの結果は、すぐには信じ難いものかもしれない。しかしこれは進歩した日本の考古理化学が導いた紛れもない成果なのだ。
。。。 
 まさか旧石器人が泳いで黒曜石を運んだというのでは笑い話にもならない。当然舟をつかったのだろうが、海図も磁石もコンパスもなく、海原に漕ぎ出した旧石器人の勇気はたたえられていい。
 神津島からは、伊豆半島東の沿岸部がみえることがあるという。静岡県三島や沼津方面あるいは相模野台地にみる神津島産黒曜石は東伊豆海岸に陸揚げされたものである可能性がある。現在の汽船では2時間半かかる航路である。一方、下総台地などには、式根島・新島・利島と島伝いに黒曜石が運ばれ、大島から房総半島の先端に黒曜石がもたらされたのだろうか。
 むしろ「海上の道」の黒曜石原石の運搬は、舟と海路の開発さえできれば、陸上の道を背負って持ち歩くことより、容易であったものと考えられる。


海を渡った黒曜石
国土政策研究会顧問・岩井國臣
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/umiwata.html

 海を渡った黒曜石、伊豆半島のどこに陸揚げされたのでしょうか。。。

 伊豆半島の東海岸側にある河津(かわづ)町に見高段間遺跡(みたかだんまいせき)という縄文時代の遺跡があります。

 見高段間遺跡は縄文時代中期に、黒曜石の原産地として知られている伊豆諸島のひとつ、神津島(こうづしま)から運ばれた黒曜石の陸揚げ地と考えられている遺跡で、この遺跡に陸揚げされた黒曜石が、さらに南関東や伊豆の各地に運ばれたと考えられています。
 実際に、神津島産の黒曜石は、これら地域の多くの遺跡から出土しています。
 遺跡は海を見下ろす台地上にあり、神津島とは約60kmの距離がありますが、遺跡からは天気が良いと神津島をはじめとする伊豆の島々を見ることができるそうです。

 見高段間遺跡からは、これまでの調査で多量の黒曜石が出土しており、なかには重さ19.5kgの巨大な原石もあります。
 また、1978(昭和53)年の第III次調査では、740m2の範囲から総重量で254kgもの出土あり、この量は、他の遺跡と比較すると突出しており、遺跡が神津島産黒曜石の中継地であることをあらためてしめすこととなりました。

 伊豆諸島と伊豆半島の間には相模湾流と呼ばれる黒潮の分流が流れており、この流れによる遭難の記録がふるくから多くあります。
 とくに、縄文時代の舟−丸木舟−ではその影響は、なおさらだったことでしょう。

 近くの天城山や、少し遠くなりますが長野県には黒曜石の原産地があります。
 なのに、縄文時代の人びとは、なぜ危険をおかしてまで神津島から黒曜石を運んだのでしょう。
 見高段間遺跡を研究・紹介された池谷信之氏によれば、海岸のすぐ背後に丘陵がせまり、陸路が十分に発達していなかったという伊豆半島の地形的な特徴もあり、舟によって多量の黒曜石を運ぶことができたことがもっとも大きな理由だったのではなかったのではないかとのことです。

 神津島産黒曜石の見高段間遺跡での多量の出土は、舟本体はみつかっていないものの、頻繁な海の行き来を間接的にしめす資料といえるととに、縄文人のフロンティアスピリットをみる思いがします。

 見高段間遺跡は、河津町立河津東小学校校地およびその周辺に所在している遺跡です。
 校庭には復元住居があり、校舎内には展示室もあるそうです。
 見学には、事前に河津町教育委員会への連絡が必要とのことです。
 遺跡を紹介した本として、池谷信之著『シリーズ「遺跡を学ぶ」014 黒潮を渡った黒曜石・見高段間遺跡』(新泉社、2005年)があります。

 
海底遺跡ミュージアム構想、2009年01月17日(Sat)
見高段間遺跡
アジア水中考古学研究所(ARIUA、福岡市)

http://blog.canpan.info/ariua/archive/236

 フランスにあるラスコー洞窟は、スペインのアルタミラ洞窟などと並んで、旧石器時代の壁画が残ることで有名である。子供の頃から教科書や図鑑などで素朴な動物の絵を見て、何やら人類の遠い記憶といった雰囲気のその壁画に、底知れぬ神秘的なものを感じていた。また、20世紀になってから子供と犬によって偶然発見されたという逸話も面白く、ラスコーがフランスのどこにあるのか知らないが、一度は行ってみたいなぁと思いながらも、そんなに古い壁画は、保存のために一般公開していないことは明らかであり、いわば「永遠に見ることのできない聖地」のようなイメージが私にはある。そんな中、上野の国立科学博物館で今、そのラスコーの壁画の展覧会が開かれていることは朗報であり、でもまさか本物の一部を切り取って日本まで持ってくることは不可能であるので、さて一体何を見ることができるのか、あまり期待すぎないようにと自分に言い聞かせ、現地に足を運んだのである。

 この壁画はいつ、誰が描いたものであるのか。答えは約2万年前、描いたのはクロマニョン人だ。2万年前と言っても「随分前だなぁ」くらいにしか思わないが、ヨーロッパで最古の文明がギリシャに興るのは 5000年前。日本で言えば、縄文時代の始まりは 1万6000年前、弥生時代の始まりは 2500年前。そう思うと、「随分前」のイメージが少しは明らかになる。そう、随分前のものなのである (笑)。クロマニョン人は、後期旧石器時代にヨーロッパに住んでいた人類 (ホモ・サピエンス) である。その前の中期旧石器時代にヨーロッパにいたのはネアンデルタール人であり、こちらは未だ芸術的活動を行えるほど進化していなかった。よって、クロマニョン人を「新人」、ネアンデルタール人を「旧人」と呼ぶ方法が分かりやすい
。。。
 なるほどクロマニョン人はホモ・サピエンス、我々の直接の祖先なのだ。そもそもホモ・サピエンスはどこから来たかというと、最近の研究により、20〜10万年前のアフリカにその起源があることが分かっている。以下の図は、ホモ・サピエンスの世界への拡散ルートである。ヨーロッパには 4万7000年ほど前に、東方から西に向かって移動して行った。また、ユーラシア大陸を横断して日本にも3万8000年前に入っている。アメリカ大陸はその頃ユーラシア大陸と陸続きであったらしく、南米には 1万3000年前に到達している。図の中で白く塗られているのは氷床。つまり氷に閉ざされているので人類が住まなかったところだ。

e0345320_13564294.jpg

 面白いことに、近代から現代にかけて最先端地域として世界を牛耳ってきた (そろそろ陰りが見えているという見方もあるかもしれない 笑) 英米両国は、この図によるといずれも当時は未だ氷の土地である。ホモ・サピエンス登場の頃には世界で最も遅れた場所であったのだ!!
。。。
 そして、日本での展覧会独特の展示も加わっている。それは日本の後期旧石器時代についてのものだ。私は初めて知ったのだが、なんと日本には、2つのこの時代の「世界最古」があるという。ひとつは、「世界最古の落とし穴」。静岡県の東野遺跡のもので、3万 4000年から 3万 1000年ほど前のもの。動物を追い込むのではなく、自然に落ちるように仕組んだものと考えられている。これが世界最古ということは、日本人は元来狡猾な人種なのであろうか (笑)。

そしてもうひとつ、これはすごいと思うのだが、「世界最古の往復航海の証拠」。伊豆七島の神津島の沖にある恩馳島には黒曜石の岩塊が存在し、旧石器時代にここから運ばれたと見られる黒曜石が本州の遺跡で発見されているという。以下の地図で赤い色のついた遺跡である。尚、肌色の部分は3万8000年前の陸地

e0345320_15135689.jpg

 これが世界最古ということは、日本人は元来交易のセンスがあるということだろうか。


川沿いのラプソディ、2017-01-28 15:25
世界遺産 ラスコー展 国立科学博物館
By yokohama7474
http://culturemk.exblog.jp/25250166/

posted by fom_club at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金子 Duke&金子 Kenny

 ヤッホー君のこのブログ、2017年11月18日付け日記『逢ヶ浜』をご参照ください。
 南伊豆!
 もう一週間も前のこととはいえ、浜に寄せては返す波の音、潮騒が耳に残っています。
 海の色、波と風のつくった奇岩や奇石、そして遠くに霞む伊豆七島が目に浮かびます。
 山人のはずだったのに海人だったのかな、と渚にしばらくぼぉ〜っと佇んでいました。
 逢ヶ浜!

new_P1050430 (2).jpg

 そして、弓ヶ浜!

 今、僕が生活と漕ぎの拠点にしている南伊豆の弓ヶ浜と青野川その周辺は、遥か太古の昔、カヌーの聖地だったと信じている場所だ。
 今は青野川という名前がついた川になっているが、かつては南伊豆の山々につながる奥深い入江だった。
 僕は毎日、その入江を下ったところにある外洋に出る直前に大きく広がる”弓ケ浜”とよばれる白い砂浜からカヌーを出す。
 そして天地自然に祈りを捧げ、日課のようにこの南伊豆の外洋の海を漕いでいる。

 そうすることが僕ができる唯一のこの場所に太古から眠る海洋民族Kupuna(先人とか祖先とか言う意味のハワイ語)に語りかけることであり、そのKupuna達の魂を癒すことにつながるんだと、、信じている。 
 そして、それが自分に課せられた使命だということ。
 そして、自分が生きてる間にやらければいけないことなんだということ。
 そんなことに今から7年ほど前に気付いた。

 その後、その目的を果たすべくカヌークラブ(*)を設立し、ハワイや日本で島渡りをくりかえしてきたものの、毎日、相模湾の波風静かな中を漕ぎながら、潮と風の流れに任せているうちに、もっと外洋を漕がなくてはいけない。このままでは何かが足りない。などと思い始めていた。

 すると不思議なことに、まわりの環境や人びとの自然な流れがあり、昨年2015年の夏に葉山からここ弓ケ浜”へ引っ越して来ることとなった。
 そこには自分の意志や計画があったわけではない。
 まさに”なるようになる”に身を任せたのだ。
 まさしく”外洋の海を漕ぐためだけに”引っ越してきたわけだ。
 引っ越して来て、すぐにいろいろなことを知った。
 というか、僕の想いを具体的に証明するようなことが起こったのだ。 

 弓ヶ浜を外洋の風とウネリから守るように海に向かって突き出た、左手側(東)にあるタライ岬と、右手側(西)にある弁財天岬と弥陀の窟(みだのいわや)という場所がある。
 そのタライ岬と弥陀岬には、古代の祭祀場の跡が点在し、それを昔から研究しているという学者の方から突然電話があり会うことになった。
 その方があとからわかったのだが偶然にも僕の家の向かいの方であったというのも偶然とはいえないだろう。
 他には、弥陀岬(山)にある、古代の海洋民族の遺跡だと信じている地元の叔父さんや静岡大学の研究者という人たちとの発掘調査に同行することになった。
 そして、極めつけは、7月の朝日新聞の日曜版で、”3万8000年前に、すでに南伊豆から神津島まで、人がカヌーで、漂流じゃなく目的を持って海を渡り、しかも往復していたということが日本各地の遺跡によって証明された”という特集記事だった。

 航海した人びとの目的とは、神津島の黒曜石の採集だったそうだ。
  ”神津島”の名は、僕がアウトリガーカヌーで島渡りを始めた8年前から、黒曜石と神津島というセットになって、いろんな人たちからちょくちょく耳にしていた。

 人によっては『duke、島に漕いで渡るんだ。凄いね、黒曜石を探して海を渡った縄文人みたいだね』とか、『duke、せっかく漕いで渡るんだったら、縄文人みたいに神津島まで行って、黒曜石を取って帰っておいでよ!』などと言っていた。
 そんなわけで僕はまことにいい加減ではあるが、「黒曜石、イコール、縄文人」という感覚でこれらをセットで信じていた。

 僕が先に述べた海のKupuna(先人たち)についての確証たる歴史的時間の感覚はあまりなく、縄文時代についても僕のイメージの中では、それは数千年前のもしくは、古くても一万年前の人びとのことではないかと想像していた。
 それがこの朝日新聞の記事では、3万8000年前にさかのぼるというのだ。
 なんとそれは一般的にいわれている縄文時代よりもはるかに古い、”旧石器時代”と研究者の人びとが呼ぶ時代なのだ。 

 地球上の場所によっては、まだネアンデルタール人が存在していてもおかしくないほどのはるかな昔、そんな太古の人類がすでに伊豆半島、この辺りの浜を経由して神津島まで漕いで往復していとは驚愕である。
 凄い!というのもだが、日頃から毎日海を漕いでいる僕からすると『畏敬の念』、『叡智の人』という言葉がぴったりとあてはまる。
 僕らの想像を超える能力と勇気をもった、今の人間とは全く違う、クジラやイルカたちに近い人間風の哺乳類、ネイティヴジャパニーズだったんだ。 

 そのような能力を持った海の民が、この南伊豆周辺の海を、今の僕らと同じように漕いでいたと想像するだけで、「彼らがたどったであろう海の道を漕いでみたい」という思いが一層強烈になったのだ。

 それからというもの僕は太古の人たちも漕いだであろうここ弓ケ浜から神津島までを漕いで渡ることをいつ実行できるか毎日のように考えていた。
 弓ヶ浜に立ち、いつも真南にうっすらと遠くに見える島、利島、新島、式根島の西の奥に浮かんで見える神津島、を毎日眺めていた。
。。。

2016年3月17日(木)南伊豆・弓ヶ浜⇨神津島・前浜
8時半発、15時半着。
晴れ、北東の風6メートル、のち南西の風4メートル 小潮、月齢8

2016年3月18日(金)神津島・前浜⇨南伊豆・弓ヶ浜
7時半発、13時着。
晴れのち曇り、南西の風4メートル、のち西の風6メートル 小潮、月齢9


2016年4月13日水曜日
神津島ボヤージング
4万年前の先人たちに出会う旅
By Kaneko Duke
http://outriggercanoevoyaging.blogspot.jp/2016/04/

(*)オーシャンアウトリガーカヌークラブ

 2006年、創立者である金子Dukeが10年のアメリカ生活から帰国。
 それまでハワイ、カリフォルニアでアウトリガーカヌーを漕いでいたDukeは、2010年に「海を漕いで渡るクラブ」オーシャンアウトリガーカヌークラブを神奈川県三浦郡葉山町に設立します。
 葉山オーシャンアウトリガーカヌークラブ設立後、日本でも葉山から大島を日帰り往復するなど、6人乗りカヌーで島渡りを始めます。
 その後、毎年2回ハワイでの長期合宿を行い、海外でのレースに参加するなど、スポーツではない、”アウトリガーカヌー” を伝えることに専念します。
 3年連続 Molokai Hoe に出場など、ハワイで、マウイ、モロカイ、ラナイと島渡りをし、またレースに出場するなど、ハワイのアンクルたちから学んだ”海洋民族のスピリット”をクラブの皆に伝えます。
 それを続けるうちに
日本でも
”島渡り”をするには、外洋を漕ぐことが必要
”海洋民族のスピリット”の復活には、
海を漕ぐだけでなく
外洋を漕ぎ続けなくてはいけない

とメッセージを受け取り2013年から南伊豆、弓ケ浜で合宿を始めます。

 その後、シーズンオフ12月から3月までは毎月弓ケ浜にて合宿を行い、皆で外洋を漕ぎます。
 2015年。
弓ケ浜が
カヌーの聖地だということ。
ここに Voyaging スピリットを
復活させなくてはいけない。

と使命をうけ、弓ケ浜に移住します。
 葉山〜弓ケ浜〜利島〜弓ケ浜〜葉山330キロの Voyaging などをクラブで行いながら、個人でも神津島、利島などへ漕いで渡り続けます。
 移住し1年。
 この伊豆半島の地の人たちの中に”海洋民族のスピリット”を感じ、弓ケ浜オーシャンアウトリガーカヌークラブを設立することとなります。

biography
 1963年長崎県長崎市生まれ。平戸市生月島先祖代々の網元の家に生まれ、生まれた時から海と自然に親しむ。子供の頃からスポーツ(柔道、サッカー、ラグビー)に明け暮れ、柔道では小学生時、長崎県大会優勝。九州大会準優勝。高校ではラグビーで全国大会に2回出場。19歳でアメリカに渡った際、アウトリガーカヌーに出会う。30代は10年間アメリカで過ごし子育ての期間は子育てに没頭する。父親の介護のために日本に帰国したタイミングで、2007年、日本航海中の Hokule'a に再会し、Hokule'a から日本人へのメッセージを受けとり人生の転機となり現在にいたる。
 18歳で知り合い結婚した妻と、子供は2人。長男(金子ケニー)次男(マイケル金子)

http://oceanaloha.com/yumigahama/esta.html

 長男の金子ケニーくん(1988年生まれ)も凄い!

 神奈川県茅ケ崎市で幼少を過ごし8歳で南カリフォルニア、アーバインへ父の仕事のため移住。
 小学1年時からサッカーを始め、アンダー15アメリカ代表でプレイする。
 幼年からサーフィンや水泳に親しみ中学生まで南カリフォルニアにてジュニアライフセーバーとして活動する。
 プロサッカー選手を目指し17歳の時に日本に帰国し東京 Verdy Youth でプレイするが怪我による膝手術のためサッカー選手の夢を諦め、国際基督教大学(International Christian University)に進学。
 大学2年時に父親の影響でアウトリガーカヌーを始める。
 幼少からサーフィンをやっていたのでカヌーでダウンウィンドで波に乗り、海を渡る魅力を知る。
 2013年よりSUP (Stand up paddle surfing) を本格的に始める。
 2014年には全日本SUP選手権で優勝し、2015年から海外のレースを転戦。
 2016シーズン、The 2nd Hong Kong International SUP Championship で優勝。
 2017シーズンは APP (association of Paddlesurfing Professionals) ワールドツアーを転戦中。2戦目を終え、現在世界ランキング11位。
 現在 神奈川県三浦郡葉山町在住。

http://kennykaneko.com/about-kenny/

posted by fom_club at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎、チェルノブイリ、福島の教訓

 玄海原発再稼働をめぐる2011年の茶番劇、その舞台に長崎大学教授もたっておられましたよね。
 この御用学者、「20ミリシーベルトまでは安全」とか「レントゲンと比べてもこの数値は安全」などと福島県内をあちこち吹聴しに歩きまわり、心ある住民たちから解職要求まで出された人物でしたかぁ〜
 この御用学者、この夏、マレーシアはクアラルンプールにあるマラヤ大学にまで姿を現しておられましたぁ〜。
 この御用学者もイデオロギーの凝り固まり、安全神話を垂れ流し、どうぞ研究しにおいで、とすすめています。
 この国の「口から出まかせトップ」に倣って、「アンダーコントロール」神話を上塗りしてきたらしいですよ。
 
 原爆後障害医療研究所(原研)の高村昇教授が、8月7日にマレーシア連邦の首都クアラルンプールにある、マレーシア最大の大学であるマラヤ大学で「Lessons from Nagasaki, Chernobyl and Fukushima(長崎、チェルノブイリ、福島の教訓)」と題する特別講義を行いました。
 講義で高村教授は、放射線被ばくと健康影響について、長崎の原爆被爆者やチェルノブイリの被災住民の疫学調査に基づく知見を紹介した後に、東京電力福島第一原子力発電所事故においてとられた放射線防護措置によって、住民の被ばく線量の低減化が行われたことについて紹介しました。
 さらに高村教授は、放射線災害からの復興のモデルとして川内村における本学の復興支援について紹介した後に、事故の教訓として災害・被ばく医療学分野の世界的な人材育成が必要であることを強調しました。
 本講義については9月6日付で、マレーシアで一番古い英字新聞である「New Straits Times」紙上で詳細に紹介されました。記事については、以下のURLを御参照ください。
https://www.nst.com.my/education/2017/09/276716/lessons-nagasaki-chernobyl-and-fukushima


長崎大学、2017年09月12日
原爆後障害医療研究所の高村昇教授がマレーシア連邦のマラヤ大学で講義を行いました
http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/news/news2443.html

MANY of us are familiar with pictures of the atomic bombing in Hiroshima, Japan on Aug 6, 1945.

The striking image of the city’s destruction seven decades ago is typically identified as a mushroom cloud. In photos, the effect of the cloud is one of a dusty, barren landscape that looks like abandoned cities on the moon. Three days later, another bombing took place in Nagasaki.

Alarmingly, in Japan, 30 per cent of people have died from cancer. But are these deaths directly connected to radiation exposure?

As cancer becomes a leading cause of death in the world, large-scale population studies of survivors of the nuclear attacks on Hiroshima and Nagasaki have confirmed that radiation exposure can lead to multiple cancers that manifest separately over the course of years or decades.

Professor Noboru Takamura from the Atomic Bomb Disease Institute (ABDI), Nagasaki University, said that, for now, the limitation of science does not allow us to ascertain the actual number of cancer deaths directly caused by radiation exposure.

Takamura was recently in University of Malaya to give a public lecture titled Lessons from Nagasaki, Chernobyl and Fukushima. As ABDI Department of Global Health, Medicine and Welfare head, he has also been studying the accident in 1986 at the Chernobyl Nuclear Power Plant in Russia for more than 20 years as part of his work in nuclear emergencies.

ABDI was established in 1962 to research into treatment and prevention of diseases after exposure to an atomic bomb as well as to study the effects of radiation on the human body.

After the 1986 Chernobyl and 2011 Fukushima Daiichi accidents, ABDI has continued to provide medical assistance for local residents and study contamination levels from radioactive materials.

From 1990 to 2001, Takamura and his team worked to help the people affected by the Chernobyl accident via the Chernobyl Sasakawa Health and Medical Cooperation Project.

“After over 20 years, Chernobyl is still struggling to recover. It has large areas of radiation hotspots compared to the Fukushima Daiichi accident,” Takamura said.

Following a major earthquake in 2011, a 15m tsunami disabled the power supply and cooling of three Fukushima Daiichi reactors, causing the most serious nuclear accident since Chernobyl.

More than 200,000 people were forced to leave their homes because of nuclear contamination concerns when the three reactors failed at the plant after it was flooded.

However, a comparison of data pertaining to the accidents at Chernobyl and Fukushima Daiichi revealed a marked difference in the amount of radionuclides released and number of affected areas. Chernobyl has suffered far more.

“The people in Chernobyl have experienced extensive internal radiation due to the continued consumption of contaminated food. And although the residents within a 30km radius of the affected area have been told to evacuate − no local authority has been placed there to make arrangements and initiate such a move.”

Medical screening buses equipped with ultrasound and various other medical equipment were deployed to areas in Ukraine and Belarus. In addition to cancer support, psychiatric rehabilitation was offered as well.

The radiation exposure suffered by the people covered their entire body and affected the food chain supply. Many people including medical personnel died due to the exposure. There was a dramatic increase in leukaemia and other cancer cases.

In his lecture, Takamura also said that in the event of a nuclear emergency situation, we can best protect ourselves by staying sheltered. It is best to prepare for various scenarios and have a proper line of action for each.

“There should be a proper line of communication from the government to the people. The scientists and the government should take responsibility for advising the people of the real situation and what they should do next.”

He said it is vital to minimise consumption of contaminated food too.

“A chain reaction begins the moment of external radiation exposure. Not only the residents will be affected, but also the environment which includes livestock and the soil will be exposed to radiation.

“To protect the children, contaminated milk must be removed because it contains a high concentration of radioiodine. This affects the thyroid gland as beta and gamma rays cause internal exposure radiation in children.”

Takamura added that Ukraine and Belarus have many cases of thyroid cancer especially among children. The younger the child is when exposed to radiation, the higher the cancer risk.

Takamura also shared his experience in handling the emergency situation in Fukushima through community support.

Nagasaki University has established a base in Kawauchi, Fukushima and cooperates with the municipal government to measure radioactive material, and provides assistance with health consultations.

Undergraduates of the university have been visiting the elementary school to educate the children. Public health nurses trained in risk communication are present to see to the needs of the residents.

“With regard to external radiation exposure, the director general of the Nuclear Emergency Response headquarters gave instructions on whether to evacuate or remain at home. This was done in stages and within a certain radius of Kawauchi Village.

“The Japanese government initiated ‘food control’ measures to minimise internal radiation exposure, and all contaminated cow milk was disposed. The people were given extensive health screenings and follow-ups,” he added.

The situation remained under control. However, unexpected and indirect effects were noted by Takamura and his team. It was clear, for instance, that a form of “social panic” was taking place among the residents of Kawauchi Village at the Fukushima Prefecture.

During a crisis communication talk, an effort by Takamura to meet the residents and explain the situation was met with heated arguments and worried questions as to the future of the village, its residents, the well-being of the children and those who will be born there.

So there was a gap between the reality of the situation (that all measures were in place to protect the residents) and the perception of the residents (who had been affected by what they had read on social media i.e. Twitter, Facebook etc).

Another interesting indirect effect, Takamura said, is an increase in obesity levels. This unusual data came from a Body Mass Index count taken before and after the disaster.

The government has also advised the residents to move from Koriyama City, where they had been evacuated, back to Kamauchi Village which was deemed safe. As part of the process, public schools and houses were decontaminated, trees cut down and there was a removal of surface soil to allow the restart of agriculture.

However, the rate of return has been slow, less than 50 per cent of the population have returned to the area; people aged 40 and below are especially reluctant to return.

Recently, a marathon was organised at the village with runners including people from the university. The idea is to reassure the residents that the area is safe.

During Fukushima’s compound disaster (earthquake, tsunami and nuclear power plant accident), it became clear that there was a shortage of medical science professionals knowledgeable about disasters and radiation exposure.

At the lecture, Takamura took the opportunity to encourage people to sign up for the Master’s in Disaster and Radiation Exposure programme, a medical science joint degree offered by Nagasaki University and Fukushima Medical University.

“There is a critical lack of personnel with specialised knowledge, aside from the doctor who first meets the disaster victim.”

In the future, he said, preparation and provision against nuclear disasters in radiation accidents will be urgent issues, not only in Japan but also in other countries.

“Since the number of nuclear power plants is expected to increase throughout Asia, so will the need for these skills.”

Students in the postgraduate course will learn to prepare for emergencies and complex disasters in the area of healthcare as well as rescue, led by academicians who are experts in their field. Currently, course students come from the world over including Cambodia and Congo but none yet from Malaysia. A full scholarship covering tuition and accommodation is possible, he added. For details of the programme, visit www.fmu.nagasaki-u.ac.jp/en/?


New Straits Times, Published: September 6, 2017 - 10:22am
Lessons from Nagasaki, Chernobyl and Fukushima
By HAZLINA AZIZ

 ひゃあ〜、もうマレーシアでの原発推進への地ならしがはじまっているようです。
 「教訓」?事故が起こってからの「対策」を学者ぶってお喋りしただけですよね。
 市民側からは、嫌だ、の声がだいぶ前から起こっているにもかかわらず、ですよ。
 以下は Consumers' Association of Penang のフクシマ原発事故前の声明文です:

The Consumers’ Association of Penang (CAP) and Sahabat Alam Malaysia (SAM) oppose the development of nuclear power plants in Malaysia.

Our former Prime Minister Tun Dr Mahathir Mohamad had expressed his objection of nuclear energy in Malaysia and had brought up the issue of dumping of radioactive waste in Perak. 

However the former PM is reportedly not aware where the waste was buried. His ignorance is indeed unfortunate because as a leader, Dr Mahathir should have known the location of the hotspot, especially since it is still regarded unsafe.

The long term storage facility of the radioactive waste is located in the Kledang Range, Perak. The waste was produced from the Asian Rare Earth (ARE) factory in Bukit Merah New Village near Ipoh. The ARE factory began operations in 1982 to extract yttrium (a rare earth) from monazite (obtained from amang, a tin mining by-product). The waste which is radioactive is the property of the Perak State Government.

A long struggle for environmental health and justice ensued as the Bukit Merah Village community was affected by radiation from improper waste disposal. Cases of childhood leukemia, cancer, miscarriages, lead poisoning were higher here compared to the expected incidence in Malaysia. The ARE factory was finally closed down in the 1990s but its toxic legacy remains in the form of the radioactive waste.

With such a bad track record and its tremendous impact to the environment, public health and safety we are very concerned that the Malaysian government is even pondering to build a nuclear power plant in the country.

Following are some of the reasons why we should not opt for nuclear power which is an expensive, polluting, dangerous source of energy:

Health impacts

Nuclear reactors have serious environmental and public health impacts. Radioactive air and water pollution is released through the routine operation of all nuclear reactors. A wide range of radioactive isotopes are released with varying radioactive and chemical properties – some toxic, some not, some more radioactive than others, some lasting minutes, some lasting billions of years.

A study in Mainz, Germany shows the risk of getting cancer, particularly leukemia, is increasing for children growing up in the neighborhood of a nuclear power station.   The result showed a significantly higher risk to get cancer if the children lived within a circle of less than 5 km around a nuclear power plant. There were 77 cases of cancer (60% more than expected in normal statistical values) and 37 cases of leukemia (117% more than expected).          

Radioactive waste

The nuclear chain begins with uranium mining, a polluting activity that devastates large areas. Uranium ore can contain as little as 500 grammes recoverable uranium per million grammes of earth. Enormous amounts of rock have to be dug up, crushed and chemically processed to extract the uranium. The remaining wastes or ‘tailings’, still contain large amounts of radioactivity and are often stored in poor condition, resulting in the contamination of surface and groundwater.

Radioactive wastes are produced continually in reactors.  High-level nuclear waste (also called irradiated or “spent” fuel) is more radioactive than when the fuel rods were loaded into the reactor. This waste is so lethal that standing near it without shielding causes fatality within minutes. This waste is hazardous for years and no technology exists to keep it isolated for long.

Irradiated fuel rods are stored in storage pools inside reactor buildings.  If someone accidentally drained the water from the pool, the "spent fuel" would spontaneously burst into flame and burn out of control for days, releasing clouds of highly-radioactive material all the while. Besides this, in case of leakage, what is going to happen to the radioactively contaminated water? Where will the massive volume of water outflow?

Another type of waste is low-level radioactive waste which is all other radioactive waste from reactors.  Large amounts of this waste has to be buried and over the years may leak and contaminate groundwater.

Reactor accidents and leaks

Of all electricity generation technologies, nuclear power is one which is capable of catastrophic accidents. Does Malaysia have the capacity to deal with a catastrophic event such as a reactor meltdown or leak? Is the public willing to accept this risk when cheaper and safer energy alternatives are available?  

Although the probability of a nuclear explosion is minor, there is a significant risk of core meltdown and for steam and chemical explosions. This would lead to a release of a large fraction of its radioactive inventory. For example in 1979 a combination of technical faults and operator errors led to loss of coolant and a partial meltdown of the core of the nuclear power station at Three Mile Island in the USA where limited quantity of radiation was released.

The worst accident at a nuclear power station was at Chernobyl in the Ukraine in 1986. A combination of operator errors, inadequate safety procedures and poor reactor design led to explosions of steam and hydrogen that released vast quantities of radioactive materials over the Ukraine, Belarus and much of Europe.  Millions of people in the Northern hemisphere have suffered and will continue to suffer from the Chernobyl catastrophe due to exposure to radiation.

The US Nuclear Regulatory Commission has reported that at least 27 of America's 104 licensed reactors are now leaking radioactive tritium. The worst case is reported to be Entergy's Vermont Yankee. High levels of contamination have been found in test wells around the reactor, and experts believe the Connecticut River is at serious risk.

Water use harms aquatic life

Reactors require huge amounts of cooling water, which is why they are often located near rivers, lakes or oceans. The initial devastation of marine life and ecosystems stems from the powerful intake of water into the nuclear reactor. Marine life, ranging from fish larvae to microscopic planktonic organisms vital to the ocean ecosystem, is sucked irresistibly into the reactor cooling system. Some of these animals are killed when trapped against filters, grates, and other structures. An equally huge volume of wastewater is discharged at temperatures hotter than the water into which it flows and this would also be detrimental to aquatic life.

Expensive

Nuclear power is the most expensive form of power and could not exist without massive subsidies. As it is so expensive to build, the price of the electricity they produce would be exorbitant too. Besides this, a great deal of money has to be spent and accumulate large amounts of interest before there is any revenue.  Would this cost ultimately be transferred to consumers through a price hike?  

Nuclear energy would also be heavily subsidised but most of these subsidies are hidden. For instance the nuclear industry does not pay the full cost of insuring against a catastrophic accident such as in Chernobyl.   Another subsidy for the industry is when the federal government normally pick ups the tab when accidents or leakages occur.  

Green house gas emissions

Nuclear energy proponents state that green house gas emissions can be reduced. Nuclear reactors, which produce energy based on the fissioning of uranium atoms, do not directly emit greenhouse gases (GHGs). Nevertheless each step of the nuclear fuel cycle, right from uranium ore mining and processing, to fuel fabrication and reactor construction, from spent fuel reprocessing to eventual decommissioning and waste storage, involves emissions, including GHG.  

Alternatives

Nuclear energy is not necessary.  We must improve energy efficiency and reduce high carbon activities in areas such as transport.  Energy experts at the Rocky Mountain Institute and elsewhere estimate that a dollar invested in increased efficiency could save up to seven times as much energy as one invested in nuclear plants can produce, while producing 10 times as many permanent jobs.

Worldwide, people have realized that there are safer, cheaper, renewable alternatives to nuclear.

Combining energy efficiency measures and renewable energy development would eliminate any justification for nuclear power.

Thus we strongly urge the Malaysian government to cancel its plan of developing nuclear power plant.


Letter to the Editor - 20th May 2010
Nuclear power should not be the option for Malaysia
http://www.consumer.org.my/index.php/development/environment/260-nuclear-power-should-not-be-the-option-for-malaysia

posted by fom_club at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

忖度裁判所

 いまや、司法の独立なんてことばは、もうないのかもしれません。
 裁判官だっていまや、行政権力=政治権力の顔色を伺って判断しているって言うし、
 裁判所だっていまや、「法の番人」ではなく、「政治権力=行政権力の番人」になり下がってるって言うじゃありませんか。
 植草一秀のブログ「知られざる真実」、2017年11月9日(木)付け「TPP訴訟が示す忖度裁判所の絶望的堕落」をご参照ください。
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-a9b5.html

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)を巡り、住民ら約230人が再稼働の差し止めを求めた仮処分申し立てに対し、佐賀地裁(立川毅裁判長)は2017年6月13日、「原発の安全性に欠けるとは認められない」と判断、差し止めを認めない決定をした。申し立てを却下された住民側は、福岡高裁に即時抗告する方針。
 3、4号機は今年2017年1月、原子力規制委員会の審査に合格した。4月には山口祥義(よしのり)知事が同意を表明し、夏以降、再稼働する見込みとなっている。
 決定は、東京電力福島第一原発事故後に定められた原発の新規制基準の合理性について「最新の科学的知見に基づき、合理性がある」と認定。3、4号機の耐震性や配管劣化による重大事故対策にも問題はないとし「放射線被ばくの重大な被害が生じる具体的な危険があるとは認められない」と判断した。
 住民側は「九電は耐震設計の目安となる基準地震動を過小評価し、配管劣化による重大事故の対策も不十分だ」と主張したが、いずれも退けた。
 震度7を連続して観測した昨年2016年4月の熊本地震クラスの地震については「知見がまだ未確定だ」とした。
 九電は「妥当な決定だ。安全性向上への取り組みを継続的に進めていく」とコメントした。


東京新聞・夕刊、2017年6月13日
玄海原発の再稼働を容認 住民の申し立て却下 佐賀地裁決定
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201706/CK2017061302000247.html

 司法の壁は厚かった。
 佐賀地裁は6月13日、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)に対し住民らが求めた再稼働差し止めの仮処分を認めず、申し立てを却下した。「命と古里を守りたい」との思いで申し立てていた住民らは憤りをあらわにした。

 「不当判決」「フクシマを学ばず」「事故があっても再稼働か!」
 決定が出た直後、申立人らが佐賀地裁(佐賀市)前で3つの垂れ幕を掲げると、集まった支援者ら約40人からは「信じられない」と嘆きの声が漏れた。弁護団長の冠木(かぶき)克彦弁護士(74)は「(原発が)地震に耐えられるかが大きな争点になったが、我々が提起した問題はほとんど考慮されていない。つまり住民側に立った決定ではなく、安全性を無視した決定だ」と非難。弁護団の武村二三夫弁護士も「裁判所は国策に対して歯止めをかけにくい流れがあるように思う」と残念がった。

 熊本市から駆けつけた支援者の勝連夕子さん(58)は「熊本地震のような地震が起きれば危ない。地震でも避難できなかったのに事故になれば放射能を避けることはできない」と不安を訴えた。
「残念と悔しさと怒りでいっぱい。弱い人を守るのが裁判所のはず。経済、政治に追従した判決(決定)だ」
 仮処分を申し立てた「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」代表の石丸初美さん(65)も怒りを込めた。
 石丸さんは原発反対運動を始めて11年。以前は4人の子供を育てる自称「平和ボケしたおばちゃん」で、政治にもあまり興味はなかった。転機となったのは2006年、高校の恩師からの誘いに何となく参加してみた原発に関する勉強会だった。事故の可能性を「無い」とは言い切れないのに原発政策を推し進める国や電力会社に対し「子供たちの未来が壊されてしまう」と怖くなった。
 活動にのめり込んでいくほどに友人は離れていった。それでも子供たちの未来のためにと続けてきた石丸さん。今回、住民の訴えは届かなかったが「原発を止めるまで闘っていきたい」と気持ちを新たにした。


[写真] 九州電力玄海原発3、4号機の再稼働差し止めを求めた仮処分申請が認められず、顔を覆う「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」代表の石丸初美さん=佐賀市の佐賀地裁前で2017年6月13日午前10時10分

毎日新聞、最終更新6月14日03時02分
玄海原発
「残念」住民ら怒り込め 再稼働差し止め却下

(池田美欧、石井尚、山下俊輔)
https://mainichi.jp/articles/20170613/k00/00e/040/252000c

 今秋にも見込まれる九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働に反対し、長崎県松浦市鷹島町の新松浦漁協(正組合員247人)が7月15日午前、漁船で海上デモをした。
 松浦市は佐賀県に隣接し、漁協の本所がある鷹島は玄海原発から最短8.3キロ。原発事故や風評被害への組合員の懸念は強く、再稼働へと進む九電や国に対し、海上デモという異例の手法で抗議した。
 この日、市内4地区から組合員約210人を乗せた漁船など66隻が原発の沖合に集結。「玄海原発再稼働絶対反対」「生活の海を守れ」などと声を上げた。
 一方、志水正司組合長は海上デモに合わせて陸路で玄海原発に向かい、九電に抗議文を提出。隣接する展示施設「玄海エネルギーパーク」で「玄海原発に万が一、事故が起き、高濃度の放射性物質の飛散、高濃度の放射能汚染水の流出があれば、風評被害を受けての不買等で新松浦漁協は壊滅的な被害を受けることは必定」と抗議文を読み上げ、九電の担当者に手渡した。


朝日新聞、2017年7月15日12時52分
玄海原発、再稼働反対の海上デモ
長崎・松浦の漁船

(福岡泰雄)
http://www.asahi.com/articles/ASK7H3520K7HTIPE00P.html

 原発の立地自治体に限定していた国の補助金の対象が、2017年度から原発の半径30キロ圏内の自治体にも拡大された結果、北海道ニセコ町や京都府など計16の立地外自治体に支給予定であることが2017年10月13日、経済産業省への取材で分かった。対象自治体などによると、補助金の総額は少なくとも約5億円に上るとみられる。
 経産省は「原発の影響が周辺にも及ぶことが分かり仕組みを見直した。再稼働への同意を得る目的ではない」としている。ただ、原発のコストに詳しい龍谷大の大島堅一教授(環境経済学)は「将来的に原発が老朽化でゼロになっていく自治体があり、地域再生策として趣旨は理解できるが、補助金を渡すだけという手法には反対だ。自治体から再稼働への理解を得たいという意図があるのではと読めてしまう」と指摘した。
 経産省によると、応募があった自治体の中から、今年2017年4月と7月に補助対象を決めた。北海道電力泊原発(北海道泊村)の30キロ圏では、ニセコ町や岩内町など4町が選ばれた。東京電力福島第一原発や第二原発を抱える福島県では、いわき市と浪江町が対象となった。
 多数の原子力施設がある福井県に隣接する京都府や、中国電力島根原発(島根県)から近い鳥取県、九州電力玄海原発(佐賀県)に近い福岡県糸島市や、川内原発(鹿児島県)周辺の阿久根市なども支給予定だ。
 補助事業は「エネルギー構造高度化・転換理解促進事業」で、2016年度に始まり、主に老朽化などで廃炉が決まった原発の立地自治体に対し、再生可能エネルギーの普及促進などを通じ地域振興を後押しするのが目的。
 立地自治体に応募資格を限定していたが、2017年度から「原子力発電施設からおおむね半径30キロの区域を含む市町村、および当該市町村が属する都道府県」と公募要領を変更した。

「廃炉」条件も突如消え

 経済産業省が、原発の立地自治体から周辺自治体まで交付対象を広げた補助金は当初、廃炉を決めた自治体に再生可能エネルギーの導入を促す目的で始まった。
 しかし、2017年度の交付条件から突如として「廃炉」という文字が消え、原発再稼働への容認を促しかねない内容に変わった。
 交付金の条件などを定めた要綱は制度が始まった2016年度では、交付対象を「廃炉が行われる原発が立地する市町村」と明記していた。ところが、現在では「廃炉」の言葉が一切なくなり、交付対象が「原発を取り巻く環境変化の影響を受ける自治体」に広がった。
 経産省によると、「原発を取り巻く環境変化」には原発の部分的稼働も含まれる。関西電力高浜原発(福井県)では3、4号機が再稼働し、1、2号機が停止中だが、同原発の周辺自治体も交付対象に当てはまるという。
 経産省資源エネルギー庁の若月一泰原子力立地政策室長は「廃炉を条件に限定すると、応募が広がらないため」と説明している。補助金をばらまくために要件を緩くしたとも受け取れ、「廃炉」を明示していた当初に比べ、補助金の目的がぼやけたことは否めない。
 原発に関する自治体への補助金は、原発を受け入れてもらうことを目的に交付されてきた歴史的な背景がある。
 補助の仕組みの変更を報道発表しなかった経緯も含め、再稼働の容認を促すための新たな「アメ」と取られても仕方がない。
 

東京新聞・朝刊、2017年10月14日
再稼働へ誘い水?
原発30キロ圏に補助金拡大
立地外16自治体に5億円

(伊藤弘喜)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201710/CK2017101402000142.html

 ところが2017年11月23日「勤労感謝の日」になって今朝の新聞では、例の神戸製鋼で。。。

 九州電力が来年2018年1月に計画している玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の再稼働時期が、当初の見込みより遅れる可能性があることが11月22日分かった。
 神戸製鋼所の製品データ改ざん問題を巡り、原発内で不正な製品が使用されていないかの確認に時間がかかるため。来年2018年3月を目指していた4号機の再稼働日程にも影響を与える可能性がある。
 玄海3、4号機は、再稼働前に原子力規制委員会が設備の最終的な点検をする「使用前検査」を実施中。神戸製鋼の不正問題を受け、規制委は原発の設備での品質確認を電力会社に求めている。
 九電のこれまでの調査で、玄海原発では原子炉格納容器の鉄筋などに神戸製鋼の製品が使われていることが分かったが、不正のあった工場とは別の工場で生産されており、「安全上の問題はない」としている。
 主要設備では問題がないことが確認されたが、まだ調査が続いている。九電幹部は「当初予定していなかった作業が増えている」と話し、使用前検査の終了時期が遅れる可能性があるとした。ただ、この幹部は「遅れるとしてもそんなに大きく遅れることはないだろう」としている。
 玄海原発3、4号機は今年2017年1月に新規制基準に適合していると認められ、運転管理体制を定めた「保安規定」も認可済み。使用前検査が最後の手続きとなっている。


西日本新聞・朝刊、2017年11月23日06時00分
玄海3号の再稼働に遅れも
神鋼不正製品の調査続く

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/375297

 玄海原発をめぐる茶番はこれだけではない。
 2011年6月26日に佐賀市で行われた「住民説明会」という名のセレモニー。なんと、保安院が「原発再稼動に向けた安全性の説明」の前面に立ったのだ。もはや「原子力行政のチェックを行う規制機関」という肩書きさえかなぐり捨てての大醜態。しかも、「住民代表」は、国が選んだたった7名。しかもしかも、80万人の県民のうち12万人しか加入していないケーブルテレビでの中継。あとの県民には、説明する義務も必要もないということか。
 なぜそういう姑息な手段に出たのか、という質問には、主催者側はこう答えたという。
「説明会用の経費が600万円しかなかったので、大きな会場は借りられなかったし、地上波テレビの番組は買えなかったから」なのだと。
 噴飯ものとしか言いようがない。これまで原発に関しては、千億円単位の原発マネーを各自治体にばら撒き続けてきたではないか。600万円しか費用がない? そんな言い訳が通るものか。
 さすがに、呆れ果てたのは僕だけではないらしい。各新聞もかなり皮肉まじりで書いている。見出しだけでも拾っておこう。

玄海原発再開 国が説明会 
質問1回1分 参加者7人限定(朝日新聞)

政府側、安全性を強調 玄海原発再開へ説明番組 
佐賀県民、納得程遠く(東京新聞)

参加者限定に批判
玄海原発再開へ政府が説明会(毎日新聞)
 
特に、東京新聞はコラム「こちら特報部」で、かなりきつい批判をしている。これも見出しだけをあげておく。

保安院は“原発推進院”か
玄海など再開へ安全性強調
経産省と一体、「独立検討」国際公約に矛盾

 これらの批判に、政府・経産省・保安院はどう答えるのか。いつものように、口をぬぐって知らんぷりか。保安院は"原発推進院"とまで皮肉られても平気なのか。
 さらに、この説明会をめぐっては、看過できないことがある。説明会オブザーバーとして高村昇長崎大学教授が同席していた(東京新聞)ということだ。
 この高村教授、例の山下俊一長崎大学教授とともに、「福島県放射線健康リスク管理アドバイザー」というご大層な肩書きを持って、「20ミリシーベルトまでは安全」とか「レントゲンと比べてもこの数値は安全」などと福島県内を言い回って歩き、心ある住民たちから解職要求まで出された人物である。
 しかし、彼は肩書きが示すように、放射線医学の教授だ。
 原発の安全性などの工学系には素人といっていい。
 原発の安全性が議論されるはずの場に、なぜ彼がオブザーバーとして呼ばれたのか。
 またしても、「多少の放射線は体に害はない」などと安心を売るためだったのか。
 売るものがあるうちは、恥などかき捨ててどこへでも出向く。

 この一点だけを見ても、住民説明会なるものがいかにデタラメで、原発再稼動へ向けた単なる儀式、パフォーマンスでしかなかったことが分かるだろう。
 この原稿を書いているのは2011年6月28日。いっせいに各電力会社の株主総会が開かれた。テレビで見る限り、東京電力の株主総会は、凄まじい数の警官や機動隊員に守られての開催だ。電力会社が国家権力そのものであることの象徴のような光景。
 電力を、国民の手に取り戻せる日は来るだろうか…。


マガジン9、2011-06-29up
日本国2分割案、
「原発依存国」と「非原発国」

鈴木耕(1945年秋田県生まれ)
http://www.magazine9.jp/osanpo/110629/

posted by fom_club at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

了仙寺

 でも「唐人お吉」、アメリカ総領事館は玉泉寺に置かれたんでしょ。それがなんで了仙寺にお吉が乗った駕篭がつるしてあるの?ハリスの宿舎だった?

 下田市ペリーロード沿いにあるのが国指定史跡文化財の了仙寺。
 江戸時代に鎖国の日本へ艦隊(黒船)を率いでやって来たペリー。
 アメリカ人の居留許可や立ち入り区域、お買い物の方法などを定めたのが日米下田条約締結、1854(嘉永7)年に調印されました。
 その調印の場所が下田の了仙寺。
 そしてアメリカからやってきた人たちの休息所になりました。

 了仙寺は黒船ミュージアムなどがあり歴史的にとても有名なお寺です。
 またペリー艦隊の軍楽隊のパレードで演奏された洋楽が日本初の洋楽コンサートと言われています。
 当時の下田市民にもこのパレードが解放されたそうで下田の人々は初めての洋楽生演奏にさぞかしに驚いたでしょうね。
 そして了仙寺にはもう一つ有名なものがあります。

了仙寺の別名はジャスミン寺

 5月になると了仙寺の境内、そして参道にはアメリカジャスミン(和名はニオイバンマツリ、漢字で書くと匂蕃茉莉)が咲き誇ります。
 アメリカジャスミンは咲き始めは鮮やかな紫色、そしてだんだん白へと色が変わっていきます。
 そのため濃い紫と色が変わり始めの淡い紫、そして完全に色が変わった白の花が混ざって咲くように見えます。
 そのコントラスト、そしてグラデーションはまさに5月にふさわしい爽やかな色合い。
 境内参道を埋め尽くす満開のアメリカジャスミンは爽やかそのものです。
 濃厚な香りは甘くオリエンタルな雰囲気です。
 了仙寺のアメリカジャスミンが咲き誇る頃、下田では黒船祭りが開催されます。

唐人お吉の乗った籠、そしてお吉塚

 黒船来航といえば忘れてはならない女性、唐人お吉です。
 了仙寺の本堂の外には唐人お吉が日本初のアメリカ総領事館(玉泉寺)に駐在しているハリスさんのところまで運ばれた籠が展示してあります。
 また了仙寺境内にはお吉塚という石碑もあり、幕末の時代を翻弄されながら生きたお吉の軌跡を垣間見ることができます。
 了仙寺には石碑はありますが、晩年お吉が淵に身を投げて亡くなった唐人お吉は少し離れた宝福寺に眠っています。
 また宝福寺は脱藩した坂本龍馬が赦免された場所です。
 了仙寺と合わせてぜひ宝福寺も押さえておきたいところです。

日米下田条約締結の地 アメリカジャスミン香る 了仙寺
http://izukero.com/ryosenji/

posted by fom_club at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリス・井伊直弼・吉田松陰

 でも「下田条約」って「日米和親条約」や「日米修好通商条約」とどんな関係?

外国語は「オランダ語」から「英語」に

 駐日アメリカ総領事のタウンゼント・ハリス(1804-1878)は、1856年8月、通商条約締結のため、下田に来航しました。
 ハリスの「突然」の来日に下田奉行は大あわてです。
 ペリー提督と結んだ日米和親条約の第11条(和文)は、領事の設置は「両国政府の合議によって定める」旨が書かれていました。その合意がまだなされていない以上、ハリスの来日はありえない出来事だったのです。
 ところが、第11条の英文では「いずれか一方の政府が必要と認めた場合」に領事は置けるとあり、ハリスはそれに基づいてやってきたのでした。
 日本側が英語の either(いずれか一方の)を both(両方)の意味に取り違えて和訳したことによる誤訳トラブルでした(高梨健吉『文明開化の英語』中公文庫)。
 日本には英語のつかい手がわずかしかいませんでした。徳川幕府はさっそく蕃書調所(洋学の教育研究機関)で英語を教え始めます。1860年からは蘭学に代えて英学が正科になります。オランダ語から英語へ――「外国語はもっぱら英語」の時代の始まりです。

ハリスと唐人お吉

 ハリスはニューヨーク州で陶器商として働き、市の教育委員長などを務めたあと、貿易商に転じて東アジアを歴訪します。そこで外交官を志し、1855年に下田駐在の初代アメリカ総領事に任命されました。
 ハリスは当時の日記に、「私は日本と、その将来の運命について書かれるところの歴史に名誉ある記載をのこすように、私の身を処したいと思う」と書いています。
 ハリスは、下田の玉泉寺に総領事館を置きました。江戸に出てピアース・アメリカ大統領の親書を将軍に渡し、真の開国と完全な通商を約束させようと考えていました。しかし、幕府の役人たちは面倒なことを避けて、ハリスの要請を拒み続けます。
 下田奉行との談判中の出来事として「唐人お吉」の物語があります。
 お吉が唐人(ハリス)の妾めかけになるよう役人から懇請され、再三、断ったにもかかわらず、「御国のため」と説得され、恋人とも別れて唐人のもとにおもむく――といったお話です。外国人との接触がない時代のこと、お吉は世間から疎まれ、最後は投身自殺してしまいます。
 実際、持病のあるハリスは看護婦名目で「きち」という名の女性を雇っていました。ただ、きちは腫れ物を理由に3夜で解雇されたと言われており、今に受け継がれている下田情話は、<ナショナリズム感情にもとづいた後世のフィクションらしい>(松本健一『開国・維新』中公文庫)とみられています。

自主的な判断だった

 ハリスは1857年、日米和親条約を補う下田条約を締結します。そして来日から1年以上待たされて、「江戸出府要求」がようやく実現しました。
 1857年12月、ハリスは江戸城に入って13代将軍・徳川家定(1824-1858)に謁見し、大統領親書を渡しました。
 数日後には、阿部正弘の後継として老中首座に就いていた堀田正睦(下総国=千葉県北部=の佐倉藩主、1810-1864)と会見し、大演説をします。ハリスは、世界情勢やアヘン戦争を引きつつ、譲歩するなら時機を失わないように説き、通商条約の締結を求めました。
 これまで、幕府の条約締結の決断は、このハリスの要求と説得によるものとみられてきました。しかし、開明派として知られた堀田は、すでにこの年の1858年4月、自らの判断で国交・通商開始の方針を固めていました(『大人のための近現代史』所収の三谷博「日本開国への決断」)。
 幕府は、10月にはオランダ、ロシアと通商条約を結びます。そうした準備のあと、堀田は、目付の岩瀬忠震(ただなり)らにハリスとの交渉にあたらせ、1858年2月、妥結させたのです。
 条約案は鎖国という「祖法」の完全放棄につながる内容でした。事は重大であり、朝廷と天皇の了解が必要と考えた幕府は、調印の2ヶ月延期をハリスに求めました。
 堀田は3月、自ら京都入りして参内し、勅許(天皇の許可)を要請します。しかし4月、岩倉具視(1825-1883)をはじめとする中・下級の公家88人が、条約拒否を訴えて「列参」(強訴)に及ぶなど、抵抗勢力の動きが表面化します。

通商条約で大政変

 この動きと並行して、幕府内では将軍・家定の継嗣(後継ぎ)をめぐって、すさまじい権力闘争が展開されていました。外交政策と国内政局が深く絡み合っていたのです。
 水戸藩の徳川斉昭の子で一橋家を継いでいた徳川慶喜(1837-1913)を推す「一橋派」と、紀州藩主・徳川慶福(よしとみ、1846-1866)をかつぐ「南紀派」とが真っ向から対立しました。
 一橋派は、親藩・外様雄藩で形成され、越前藩主の松永慶永(よしなが)、薩摩藩主の島津斉彬らがいました。これに対して、南紀派は譜代諸侯のグループで、彦根藩主の井伊直弼(1815-1860)が中心でした。
 彦根藩主の14男として生まれた直弼は、長兄の藩主からわずか300俵を与えられただけという恵まれぬ身ながら、居合術、禅、茶道など文武諸芸に精進しました。長兄の嗣子が病死したため、棚ぼた式に藩主の跡継ぎとなってからチャンスをつかみ、1850年に彦根藩主に就きました。
 ペリー来航に際しての意見書では開国を唱え、攘夷強硬派の徳川斉昭、すなわち慶喜の父と対立し、政敵の関係にありました。
 1858年5月、朝廷側は、通商条約について「改めて諸大名の意見を聞くように」と差し戻しの勅諚(ちょくじょう、天皇の言葉)を出します。堀田の工作は不首尾に終わりました。
 この直後、将軍の継嗣は、家定の意向もあり、南紀派の推す慶福(14代将軍家茂)に内定します。6月4日には、南紀派の井伊が大老(幕府の職制で臨時の最高職)の座につきました。
 井伊は1858年7月29日、勅許を待たず、日米修好通商条約調印を断行します。
 下田に入港したアメリカ船ミシシッピ号がもたらした情報がきっかけでした。第2次アヘン戦争が英・仏軍の勝利に終わり、6月に天津条約が結ばれたというものです。
 ハリスは、言葉巧みに「このあと、英仏両国が日本にやってきたなら、日本は過酷な要求に苦しむだろう」と揺さぶり、調印を急がせました。
 井伊家に伝わる史料には、調印に踏み切った直弼の心境について、「大政は幕府に委任されており、政治は機に臨んで権道をとる必要もある。勅許を得ない重罪は、甘んじて直弼1人が受ける決意」とあります。ただ、直弼は最後の最後までひとり煩悶していたことも確かなようです。

安政の大獄と桜田門外の変

 日米修好通商条約には、公使の江戸駐在、神奈川(横浜)・長崎・新潟・兵庫の開港と江戸・大阪の開市(かいし)、自由貿易の原則などが盛り込まれました。
 問題なのは、領事裁判権を認め、和親条約の際の最恵国待遇の規定を引き継いだこと、相互協定で税率を決める「協定関税」方式により日本の関税自主権が認められなかったことです。
 通商条約はオランダ、ロシア、イギリス、フランスとも締結されます(安政の5ヶ国条約)。
 これは清国が欧米諸国と結んだ条約に似ていました。その不平等性は、明治日本の指導者たちをして改正交渉に向かわせることになります。

 井伊直弼の強硬策は、朝廷や攘夷派との間で深刻な亀裂を生み、一橋派の徳川斉昭らは、突然、登城して井伊をなじります。しかし、井伊は「不時(無断)登城」というルール違反を逆手にとって、斉昭を謹慎処分にするなど一橋派を封じ込めます。
 孝明天皇は、朝廷をないがしろにされたことに怒ります。水戸藩に対し、井伊排斥を含みとする幕政批判の勅書「戊午(ぼご)の密勅(内々に下される勅命)」が出されます。
 これに対して井伊は、「密勅」にかかわったとして水戸藩の家老ら藩士4人を切腹等に処して反撃し、尊攘派志士ら多数を処罰します。世界情勢に通じていた越前藩士・橋本左内や長州藩士・吉田松陰(1830-1859)も死罪になりました。
 また、追手がかかった京都・清水寺の勤王僧・月照が、保護を求めた西郷吉之助(隆盛)と鹿児島湾に入水し、月照は死亡し西郷ひとり生き残ったのは、この時のことです。
 この「安政の大獄」といわれる流血の大弾圧のあと、直弼に対する暗殺計画が始動します。
 1860年3月24日、春の大雪が降る中、水戸と薩摩の脱藩浪士ら18人が、江戸城桜田門外で、登城する井伊の行列を襲い、直弼を殺害しました。直弼の遺骸は、東京・世田谷区の豪徳寺に埋葬されました。
 大老の暗殺は、幕府の権威を大きく失墜させたあげく、激烈な尊皇攘夷運動を引き起こすことになります。

松陰と大和魂

 安政の大獄で死罪の判決を受けた吉田松陰は、「老中・間部(まなべ)詮勝(あきかつ)の襲撃計画」が直接の罪状になりました。
 松陰は諸国遊学中、ペリー来航を知り、師の佐久間象山とともに浦賀に駆けつけています。当初、アメリカの要求を拒否して開戦を覚悟していたという松陰は、和親条約が締結されると、密航を企てます。外国に対抗するには、何よりもまず外国を知らなければならない。「夷(い)をもって夷(い)を禦(ふせ)ぐ」信念から出たことです。
 松陰は1854年4月24日未明、下田に停泊中のペリー艦隊に、金子重輔(しげのすけ)とともに小舟で接近しました。乗艦を許されると「アメリカに連れて行ってほしい」と懇願しました。
 ペリーは、これにどうこたえたのでしょうか。
 <彼らは教養ある人物で、中国語を流暢かつ端麗に書き、物腰も丁重で非常に洗練されていた。提督は、自分としても何人かの日本人をアメリカに連れて行きたいのはやまやまだが、残念ながら二人を迎え入れることは出来ないと、答えさせた>(『ペリー提督日本遠征記』)
 ただ、ペリーは<死の危険を冒すことも辞さなかった二人>に好意を抱いたようで、彼らの身を案じて幕府側に使者を出したりしています。
 松陰は江戸に護送される道すがら、高輪たかなわ・泉岳寺のあたりで歌を詠みます。
 <かくすればかくなるものと知りながら已(や)むに已まれぬ大和魂>
 思想家の松陰は、教育者でもありました。長州・萩で私塾「松下村塾」を主宰し、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文、山県有朋、前原一誠、品川弥二郎などの人材を育てました。
 19世紀後半、松陰に対して関心を示した外国人がいたことも忘れてはなりません。
 イギリスの小説家で『宝島』や『ジキル博士とハイド氏』などを著したスチーブンソンです。松下村塾出身の留学生から話を聞いて松陰の小伝をまとめ、「祖国改革の殉教者」としての松陰をたたえました。(平川祐弘『西欧の衝撃と日本』(講談社学術文庫)
 吉田松陰と井伊直弼については、さまざまな見方や評価があります。
 たとえば、松陰は昭和戦争のさなか<「大東亜戦争」における「忠君愛国」の理想的人間像として鼓吹されました。とりわけ<児童・生徒に対して「少松陰たれ」と、イデオロギー教育がなされた>のです。これに対し、違勅条約を結び、松陰を捕縛した井伊直弼は、足利尊氏同様「逆臣」とされていました。
 ところが戦後、価値観が一変し、一時期、松陰の伝記は姿を消します。逆に直弼は日米協力関係の先駆者として評価されるに至ります(田中彰『吉田松陰―変転する人物像』(中公新書)。
 歴史に名を残した人物の評価が時代とともに、かくも変わるものなのか、その格好の例として覚えておいていいことです。

【主な参考・引用文献】
▽ 佐々木克『幕末史』ちくま新書)
▽ 小西四郎『日本の歴史19 開国と攘夷』(中公文庫)
▽ 吉田常吉・佐藤誠三郎校注『幕末政治論集』(岩波書店)
▽ 井上勝生『幕末・維新』(岩波新書)
▽ 芳賀徹『明治維新と日本人』(講談社学術文庫)
▽ 吉田常吉『唐人お吉』(中公新書)
▽『ペリー提督日本遠征記』(角川ソフィア文庫)
▽ 古川薫『松下村塾』(新潮選書)
▽ G・B・サンソム『西欧世界と日本』(ちくま学芸文庫)
▽ 野口武彦『幕末気分』(講談社)

Yomiuri Online、2016年11月16日05時20分
幕末の動乱と明治維新
ハリス・井伊直弼・吉田松陰
浅海伸夫(1951年、群馬県生まれ)
http://www.yomiuri.co.jp/culture/history/20161114-OYT8T50038.html

posted by fom_club at 15:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下田条約

 幕末の開国の地として知られる静岡県下田市の了仙寺で2017年5月20日、日米和親条約の細目を定めた下田条約の調印場面を再現した劇が上演された。ペリー提督の子孫ルイス・H・ヒズロットさん(75)もペリー提督の副官役で初めて出演し、会場を沸かせた。下田条約は1854年、了仙寺で調印された。
 同市でほぼ毎年開かれている黒船祭の恒例イベント。英語ができない日本人の通訳や大げさに慌てる江戸幕府の役人を、県や市の職員、留学生らがコミカルに演じた。
 「条約調印」後は、出演者と観衆が一斉に万歳三唱して幕を閉じた。

琉球新報、2017年5月20日19:57
ペリー提督の子孫も条約再現劇に
開国の地、静岡・下田で

(共同通信)
https://ryukyushimpo.jp/kyodo/entry-499545.html

 え〜と、11月17日金曜日、了仙寺の現地視察に出かけた山歩クラブ、この記事にどうしても合点がいかない気がしているって。
 だって、これ不平等条約でしょ!
 この21世紀になっても不平等条約で事実、苦しんでいるのが沖縄の人びとではなかったでしたっけ、だから「万歳三唱」した、とか垂れ流ししていいんだろか。。。
 同じ琉球新報です:

▼ ある発言から。
 「お酒を飲むと酔う。ビールでもウオッカでも酔う。どちらにも水が入っている。ゆえに、水が酔っぱらう原因である」。真顔でこう言う人がいたら嘲笑されるのが落ちだ。「詭弁論理学」(野崎昭弘著)という本で詭弁の一例として紹介されている
▼ では、この発言はどうだろう。
 「こんな憲法でなかったら横田めぐみさんを守ることができたかもしれない」。この国の最高指導者が公の場で放った言葉である
▼ 改憲派の仲間内での弁とはいえ、拉致事件の因果を憲法に結び付ける思考は国民の共感を得られるとは思えない。改憲すれば万事が解決するかのような物言いは、当時、政権党だった責任をお忘れのご様子だ
▼ 昨年末の衆院選後、改憲派が勢いづいている。敗戦後、GHQに押し付けられたから、真の独立国として自主憲法を−というのがよく聞く改憲論だ
▼ だが、国家としての誇り、威厳を保ちたいのなら、先に取り組むべき不平等条約がある。日米地位協定の改定こそ、独立国家ニッポンの主権を取り戻す一番の方策なのに、こちらは従属外交に甘んじている
▼ 自らの主張のためなら理屈も膏薬(こうやく)もくっつけるのが政治の世界と言われればあまりに寂しい。
 どうせなら「こんな地位協定でなかったら沖縄県民を守ることができた」と言ってほしい。
 詭弁を弄さずリーダーシップを示してもらいたい。


琉球新報・金口木舌、2013年2月21日08:13
詭弁を弄さぬ政治を
https://ryukyushimpo.jp/column/prentry-203042.html

 ペリー提督とかハリス初代駐日本アメリカ合衆国弁理公使とか、ここで整理整頓!

江戸幕府にせまったアメリカ海軍司令官

アメリカ海軍の司令官マシュー・ペリーは、鎖国をしていた日本に国を開かせるためにやってきました。自分の言うことを聞かないとアメリカ軍のほこる黒船で日本をせめることになるかもしれない、となかばおどしたのです。日本の人々は異国から来たペリーをどのように見ていたのでしょう。ペリーの似顔絵をかいた当時の瓦版を見ると、どれも天狗のような顔をしています。ペリーはどのようにして江戸幕府に国を開かせたのでしょうか。

日本を開国させる

およそ160年前、マシュー・ペリーは、日本に開国をせまるため、アメリカからやってきました。そのころ、アメリカは清(今の中国)との貿易を考えていました。しかし中国へは、大西洋を横断し、アフリカの南を回って4ヶ月くらいかかりました。太平洋を横切れれば20日程度で中国に着きます。そこで注目されたのが、燃料や水、食料の補給基地としての日本でした。しかし、当時の日本は鎖国をしていました。アメリカの船は日本に近づくことができません。「日本を開国させる」。大統領から交渉を任されたのが、海軍司令官のマシュー・ペリーでした。

アメリカ大統領の手紙を幕府に

1853年、ペリーは4隻の巨大な軍艦を率い、江戸湾の入り口、今の神奈川県の浦賀にやってきました。ペリーはときおり軍艦の空砲を放ち、幕府に圧力をかけます。アメリカと戦争になるのではないかと、江戸は大さわぎになりました。幕府はまず、浦賀奉行所の役人を派遣します。しかしペリーは、大統領の手紙を直接、幕府の高官に手わたすことを要求しました。その強い態度におされ、幕府は上陸の許可をあたえます。大統領の手紙を幕府の責任者にわたすことに成功したペリーは、1年後に要求の答えを受け取る約束をして、日本を立ち去りました。

ドキリ★ペリーによって幕府は国を開いた

翌年、再びペリーが来日。今度は9隻の艦隊を率いています。ペリーは、日本に改めて要求をつきつけます。港を開き、船の燃料を補給できるようにすること。乗組員を保護し、水や食料をあたえること。話し合いは1ヶ月半におよびました。1854年、ペリーは、今の神奈川県の横浜に上陸。日本は外国と初めて条約を結びます。「日米和親条約」です。この中で、幕府は下田と箱館(今の函館)の二つの港を開き、燃料や食料、水を提供することを約束しました。

不平等な条約

4年後の1858年、幕府はアメリカと「日米修好通商条約」を結び、貿易を始めます。アメリカに次いで、オランダ、ロシア、イギリス、フランスとも通商条約を結びます。しかしどれも日本にとって不利な内容でした。その一つが、「治外法権」。 日本で外国人が罪を犯しても、日本の法律で裁くことができません。もう一つは、「関税自主権がない」こと。輸入される品物にかける関税の税率を、日本が決めることができません。そのため、外国から安い綿製品や糸が輸入され、生産地は大打撃(だいだげき)を受けます。

ドキリ★開国により幕府の力は弱まった

その一方で、生糸やお茶が外国にどんどん輸出され、品不足になりました。さらに、米や塩などの生活必需品も値が上がったため、人々の生活は苦しくなり、幕府への不満が高まりました。そんな幕府に代わり、新しく天皇中心の国をつくろうと、各地で倒幕運動が起こります。開国により、国内は混乱し、幕府の力は弱まりました。

陸奥宗光に認められて

小村寿太郎は、九州の飫肥藩(おびはん)という小さな藩(今の宮崎県の一部)の出身です。倒幕運動の中心だった薩摩藩や長州藩と比べると、当時は目立たない藩でした。そんな小村が政治の道に入ったきっかけは、外務大臣の陸奥宗光が小村の能力を認めたからでした。その陸奥宗光は、幕末に日本がアメリカやヨーロッパから結ばされた不平等条約の改正にいどみました。

不平等条約「治外法権」

陸奥宗光は不平等条約「治外法権」の撤廃に活躍した人物です。幕末、紀州藩出身の陸奥は、江戸で坂本龍馬とともに海外との貿易を手がけました。頭脳派で交渉力に長けた陸奥を、龍馬は「刀無しで生きていけるのはおれと陸奥だけだ」と絶賛したといいます。当時、鎖国をやめた日本は外国との不平等条約に苦しんでいました。その一つが、治外法権。外国人が日本で罪を犯しても日本の法律で裁けないというものです。日本は多くの国々から、こうした不平等な条約をおしつけられていました。

ノルマントン号事件

明治時代になっても不平等条約は続き、あるとき、陸奥のふるさと和歌山県沖で大事件が起こります。あらしでイギリス船ノルマントン号が沈没。イギリス人乗組員は脱出しましたが、日本人の乗客25人は全員見捨てられ、亡くなりました。事件の裁判を担当したのは日本人ではなく、イギリス人判事でした。治外法権のためです。救助の義務を果たさなかったにもかかわらず、イギリス人乗組員のほとんどが「無罪」となります。この事件を受け、名だたる政治家たちが不平等条約の改正にいどみましたが、かないませんでした。

大国イギリスを説得すれば

ノルマントン号事件から6年後、陸奥は外務大臣になり、条約改正にいどみます。イギリスは手ごわい。しかし同時に、この大国さえ説得できればほかの国との交渉もやりやすくなるにちがいない。陸奥は世界情勢に目を向けます。当時、世界各地に勢力を広げていたイギリスにとって、最大の敵がロシアでした。イギリスはロシアに対抗するために日本に協力を求めてきました。陸奥はこのチャンスをのがさず、イギリスに協力する条件として、治外法権の撤廃を持ちかけたのです。

ドキリ★イギリスを説得し治外法権を撤廃

そして1894年、ついに、イギリスとのあいだで治外法権の撤廃に成功。陸奥の目論見どおり、大国イギリスが改正に応じたと知ったほかの国々もあとに続き、15か国から治外法権の撤廃を勝ち取ったのです。しかし、不平等条約はもう一つ残っていました。「関税自主権がない」ことです。

「関税自主権の回復」にいどむ

関税自主権の回復にいどんだのは、今の宮崎県の武士の家に生まれた小村寿太郎です。無名だった小村ですが、その博識ぶりを聞きつけた外務大臣陸奥宗光にさそわれ、外交官になりました。小村がいどんだのは、関税自主権がない、つまり輸入品に自由に税をかけられないという不平等条約の改正でした。1904年、日本とロシアのあいだで戦いが起こります。日露戦争です。日本は多くの犠牲をはらいながらも、各地で勝利をおさめます。

ねばり強く冷静な交渉


1年半におよぶ戦いの末、アメリカのポーツマスで日本とロシアの講和会議が開かれました。当時外務大臣になっていた小村が、日本代表として出席しました。ロシアから賠償金は取れませんでしたが、小村はねばり強く数々の条件を引き出しました。そのがんこさと冷静な交渉ぶりは、仲介役を務めたアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトも舌を巻くほどだったといいます。

ドキリ★日露戦争の勝利を追い風に関税自主権を回復

日露戦争の結果、アメリカは日本の力をみとめるようになっていました。小村はそれを追い風に、条約改正交渉に乗り出します。1911年、ついに、アメリカなどの国々から関税自主権の回復に成功したのです。幕末から50年あまりのあいだ日本を苦しめた不平等条約が、陸奥と小村たちの活躍により、改正された瞬間でした。


NHK、歴史にドキリ★
http://www.nhk.or.jp/syakai/dokiri/origin/list/

 いま、ねばり強く、がんこさと冷静を兼ね備えた交渉ができる日本人は支配層や官僚にいるのでしょうか。
 対話は時間の無駄と従属外交に甘んじ、詭弁を弄するばかりで、実にだらしない、お引き取りを願います。
 選挙前「森友加計については選挙で説明する」。選挙中「森友加計については国会で説明する」。そして、
 選挙後は「森友加計についてはすでに説明した」。リーダーの詭弁がそこのけ、そこのけ通るんですよ!
 ヤッホー君のこのブログ、2011年12月31日付け日記「横瀬町」をご参照ください。
 「陸奥宗光宅跡」(江東区登録史跡)に陸奥宗光の写真が添えられているのです。
 寒さばかりではないと思います、今日もちょっと寂し気な顔を覗かせております。




posted by fom_club at 12:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Towards a more inclusive and trusting world community

The following is the keynote address by Sultan Nazrin Muizzuddin Shah (born on 27 November 1956 in Penang), the Sultan of Perak, titled Gobal peace: Towards a more inclusive and trusting world community, at the 4th World Conference on Islamic Thought and Civilisation, held at the Casuarina@Meru, Ipoh on Nov 20.

Bismillahir Rahmanir Rahim.
Assalamu ‘alaykum warahmatullahi Wabarakatuh.

Your Excellencies, distinguished scholars, ladies and gentlemen:

1. It gives me great pleasure to welcome you all to the Fourth World Conference on Islamic Thought and Civilization. Of all the conferences I am accustomed to, it always brings me great joy to attend this particular one, because for me, it is like a homecoming. After all, this conference is hosted by none other than the university carrying the name of my father, the 34th Sultan of Perak, Al-Marhum Sultan Azlan Shah, which is certainly most dear to my heart.

2. I am truly heartened to see, through the hosting of such international conferences like this, the growing reputation of this Islamic university, Jami‘ah Azlaniyah as it is known in Arabic. It is taking its rightful place alongside the other famous Islamic educational institution in the Royal Town of Kuala Kangsar, namely Madrasah Idrisiah, a pioneering Islamic school named after the 28th Sultan of Perak, AlMarhum Sultan Idris I. They are most fortunate, for they are celebrating their 100th anniversary of their foundation this year in 2017. I pray that Azlaniyah too will take its place among the community of luminary institutions in the Muslim world, alongside Jami‘ah al-Azhar and Jami‘ah Qarawiyyin. May Allah subhanahu wata‘ala continue to shower His blessings on this relatively young institution for the next 100 years and beyond, Amin!

Ladies and gentlemen:

3. This year, the conference will explore one of the most exciting, challenging and important questions facing our world community today: that of how to achieve global peace. We can look forward to papers by excellent researchers from a wide variety of countries, institutions, and academic fields, on subjects including social conflict and religious extremism; Islamic philosophy and the spiritual tradition; geo-strategies; power, politics and the media; and education and youth.

4. I want to begin by posing the question, “how peaceful is our world today?” According to the Global Peace Index, an annual measure of peace calculated by an independent, non-profit think-tank based in Sydney, the world is slightly more peaceful in 2017 than it was in the previous year: 0.28 per cent more peaceful, to be exact. This is the first time that the index has registered any improvement in global peace since the outbreak of the Syrian war in 2011. The figure, 0.28 per cent, represents the global average of 163 separate states and territories, each of which has been individually scored according to a variety of indicators, including Militarization, Domestic and International Conflict, and Societal Safety and Security. Decreased Militarization, and a reduction in violent crime and homicide worldwide, were the main drivers behind the improvement in the 2017 index. The withdrawal of US and UK troops from Afghanistan, and the ceasefire between armed rebel groups and the Colombian government, were events which contributed significantly to regional improvements. Overall, the 2017 Global Peace Index represents the cumulative effect of a number of small steps in the right direction. We may, perhaps, be justified in feeling cautiously optimistic about this figure; but there is still much work to be done.

5. While the 2017 Global Peace Index registered a small improvement over the previous year, I must, however, draw attention to the report by the Institute for Economics and Peace, pointing out that the overall trend is still a downwards one: the world is less peaceful now than it was 10 years ago. Terrorism represents a substantial and intensifying threat to international harmony, spreading fear and mistrust, and inflicting needless suffering on communities and individuals. According to the Global Peace Index report for 2017, there has been a 247 per cent increase in the number of deaths caused by terrorism over the past decade, and there are no signs that the problem is diminishing. For instance, the research period for the 2017 Index report does not even take into account four actual and attempted terror attacks in the UK between May and September of this year, including the Manchester concert arena bombing in which 22 individuals lost their lives, and an incident in which a van was driven into a crowd of Muslims near a London mosque during Ramadan.

6. Nor does the 2017 Index account for the recent escalation of tensions between the US and North Korea, with nuclear missiles representing a grave and ever-present threat to the global community and, indeed, to the future of our planet. With a ten-year downward trend of 2.14 per cent, we see that a small, one-year increase in the level of global peace is precarious at best.

7. Another major factor contributing to this overall ten-year decline is the number of severe refugee crises which have developed over the past decade, brought about by domestic conflict, political terror, and religious persecution. Over 11 million people have been displaced from their homes by the war in Syria during the past 6 years. Not so far from here, in nearby Myanmar, meanwhile, the Rohingya crisis continues to worsen, in what has been described by the United Nations as a “textbook example of ethnic cleansing”. Shocking satellite images have revealed hundreds of Rohingya villages burned to the ground, and Rohingya Muslim people fleeing targeted military violence in Myanmar in their thousands. Of those who have been forced to flee, around 58 per cent are children. It is, surely, hard to reconcile such figures and images with the notion that our world has grown even marginally more peaceful over the past year.

8. Indeed, a significant problem noted by the Institute for Economics and Peace in their report on the 2017 Global Peace Index is the “growing inequality in peace between the most and least peaceful countries”. Not only are we faced with the longstanding problem of the unequal distribution of wealth between the richest and the poorest in the world, but we are also, it seems, witnessing the increasingly unequal distribution of global peace, between, sadly, those countries that have, and those countries that have not. I suggested at this conference three years ago that “large swathes of the Muslim world are in great turmoil,” and this is a statement borne out by the country-by-country breakdown in this year’s Global Peace Index. 11 Of the top 10 most peaceful countries in 2017, 7 are European, with Iceland, New Zealand and Canada representing the other 3. Over half of the 10 least peaceful countries, meanwhile, are Muslim-majority countries, including Syria, Iraq, Afghanistan, Libya and Yemen. 12 The lives of people in these countries have been profoundly damaged, by war and political turmoil, by poverty and loss. Our goal of achieving global peace – that is, a peace which extends to every citizen, in every country of our world – is clearly still a long way from being realised.

Ladies and gentlemen:

9. As we reflect on these disparities in, and challenges to, peace across the world, we must also take a moment to ask ourselves, moreover, what is global peace? What should peace look and feel like? The Global Peace Index represents a complex and comprehensive assessment of the various kinds of conflict taking place throughout the world. But as many of the world’s leading proponents of peace – including Martin Luther King Jr., and former US president Barack Obama – have argued, peace is not merely the absence of war. I would say that peace is also the absence of want and fear. Peace is religious freedom and respect for different cultures. Peace is the acceptance, understanding and celebration of diversity in all its many forms.

10. In fact, I would further argue that a truly peaceful world is one characterised by two important Islamic values: firstly, trust (amanah) and secondly, inclusivity, that is, to learn to live together by showing mercy (what the ulama call, ta‘ayush. In this regard, we must not forget that our Prophet sallallahu ‘alayhi wassalam taught us that “Whosoever cannot be trusted has no Iman or faith”; and the Prophet sallallahu ‘alayhi wassalam also said, “Those who show mercy have God’s mercy shown to them. Therefore, have mercy on those here on earth, and those in Heaven will have mercy on you!”

11. As we pursue our collective goal of global peace, we must keep these two principles always in mind, seeking not only to eradicate conflict, but also to establish a more trusting and inclusive world community, in which each and every individual is valued and respected.

12. Moreover, I would like to suggest that amanah, “trust”, and ta‘ayush, “inclusivity”, as well as being the ultimate goals of global peace, are also the means by which peace might be achieved. A recent report by the United States Institute of Peace observed that “inclusive peace processes are key to ending violent conflict”. Peace processes, the report observes, can be critically undermined by societal fragmentation, and the perceived or actual exclusion of certain groups from peace negotiations. On the other hand, a seemingly precarious peace agreement may be fundamentally strengthened by attempts to “knit together” the “frayed fabric” of a society damaged by internal or external conflict. Thus, in Nepal, a peace agreement which ended a ten-year civil war in 2006 was secured through a program which brought together the police and local communities, in order to establish trust, and to overcome underlying tensions and prejudices between the different groups.

13. Indeed, as the Institute of Peace observes, trust is an “essential ingredient in building peace,” vital to ensuring that every citizen of a country or society recovering from conflict is committed to a peace that they believe works for them. Peace processes must therefore work particularly hard to include those individuals whose opinions have traditionally been marginalised or overlooked. In the Philippines, for example, efforts were made to involve nearly three thousand women, from a variety of social backgrounds, in the Mindanao peace process, which Malaysia has helped to facilitate. The insights and concerns shared by these women during consultations proved fundamental to the peace process’s development.

Ladies and gentlemen:

14. I have spoken at this conference in the past about the vital importance of investing in our youth, for it is the younger generation who must become the stewards of our planet. The task of maintaining peace falls, ultimately, to the young, and therefore the young must be included in the process of establishing peace. In the case following the Nepalese civil war, the active engagement of young people in peace consultations, in the south-eastern district of the country, led to an 80 per cent decrease in violent youth demonstrations.18 This is just one small but significant example of the hugely positive impact of inclusivity upon the maintenance of peace. All peace processes would, I think, do well to follow such models, ensuring that no voices are marginalised in the gradual movement towards a more harmonious, tolerant and conflict-free society. For, as the Vice-President of South Sudan recently observed, in an address to the United Nations General Assembly, “peace is not a one-day affair or event; it requires our collective effort”.

15. It is, I think, a testament to the importance of such “collective efforts” that the Nobel Peace Prize this year was won not by an outstanding and inspirational individual, but by an organization, the International Campaign to Abolish Nuclear Weapons. ICAN is a global coalition representing over 100 countries, committed to the full prohibition of the most dangerous and destructive weapons on our planet. If there was ever an area in which trust and inclusivity were essential ingredients of the peace process, it is surely nuclear disarmament. Nuclear disarmament requires the fostering of trusting relationships not just within a society or country, but between countries, and across continents. The full achievement of such a goal relies, I think, on the creation of a truly global community, on the “building of bridges” – to invoke a favourite image of mine – which connect governments and citizens throughout the world. These bridges must be built internally, between our leaders and those they govern, and externally, both among ourselves, and between ourselves and the West. The bridges must all be strong, and should reinforce each other. Together they can contribute to reducing this key area of conflict and ensure a more peaceful future world. 21 Trust and inclusivity are, I believe, vital to the establishment of global peace, at local, national, and also international levels.

16. In the light of some of the statistics I shared at the beginning of this address, the creation of a harmonious global community might seem a very long way off – an impossible and unattainable ideal, even. But ladies and gentlemen, we must begin somewhere; so let us all begin by imagining, as John Lennon had: “Imagine all the people, living life in peace”; “Imagine all the people, sharing all the world”. Let us begin by trusting in one another, and by living together, by having amanah and ta‘ayush.

17. As this conference brings together many of the world’s greatest Islamic thinkers, as well as non-Muslim writers on Islam, over the next few days, I have the utmost faith that it will initiate productive conversations, inspire insightful questions, and even start to explore some possible answers, in our collective quest for global peace. There may be no overnight solutions, but guided by the core Islamic principles of toleration and inclusivity, I believe that those of you gathered in this room will make real, valuable progress during the course of this conference.

18. I am privileged as a Malaysian, to have Co-Chaired the UN High Level Panel on Humanitarian Financing which forwarded recommendations to the Secretary-General of the United Nations. Those recommendations included utilizing the full potential of Islamic social finance−be it zakat, sukuk, waqf or sadaqah−to reduce the huge financial gap that exists in meeting the needs of people in crises. We saw how insufficient funding can lead to more global instability. We believe that providing for people in need is not only morally right, as we stressed in the Report, rather we should also see it as an investment in global stability to which we all can contribute. In my work as Co-Chair, I have learnt that we need the humility to rediscover our sense of purpose.

19. As eminent scholars on Islam, it will not come as a surprise to any of you to hear that the word “Islam” itself derives from the term “salam”, meaning “peace”; and equally, the Arabic term for “trust”, “amanah” – which is, as I proposed, an essential ingredient in achieving peace – is also derived from another word in Arabic which conveys the meaning of peace, namely “aman”; and as this conference prepares to get underway, it is, I think, a vital and God-given point to emphasize. Islam is a religion rooted in peace, literally as well as spiritually; and I truly believe that this Fourth World Conference on Islamic Thought and Civilization can help to lead the way in the creation of a more trusting, inclusive and, ultimately, peaceful global community.

May God’s peace and mercy be with you all! Wassalamu ‘alaykum warahmatullah!

Thank you

[photo]
Sultan of Perak, Sultan Nazrin Muizzuddin Shah, giving a speech at the 4th World Conference on Islamic Thought and Civilization (WCIT 2017) at Amanjaya Convention Centre.

New Straits Times, Published: November 21, 2017 - 10:20am
Global peace:
Towards a more inclusive and trusting world community

By NST ONLINE
https://www.nst.com.my/opinion/columnists/2017/11/305572/global-peace-towards-more-inclusive-and-trusting-world-community

posted by fom_club at 09:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

教育大国・日本

WE used to take our Constitutional Law students for a day trip to Parliament.

Everyone would be dressed up and we would troop there in two buses.

Usually the mood on the trip there was one of excitement. Most, if not all, of the students would never have been in Parliament and this was a big deal.

After all, here is the place where our laws are made. All those statutes that they have to learn, understand and argue about are created in this place.

And there was usually an eagerness to listen and watch the debates. When I used to go on these trips, there was no live telecast of Parliamentary proceedings, so to see the Members of Parliament in action, one had to be physically there and this was a rare treat indeed.

The expectations of hearing intelligent and sophisticated debate by the “honourable” ladies and gentlemen of the House were usually dashed within a few minutes.

The standard of the exchange would often be of the lowest level, being not much different from a coffee shop argument.

I remember one student turning to me and saying disbelievingly, “These people make our laws?”

I am not one for formality. In most situations I find it ludicrous and self-important. But there must be some places where a degree of respect has to be maintained.

Parliament is where laws that affect the lives of millions are made. There must therefore be a sense of the gravity of such an endeavour.

It is not the place to be coarse and crude.

It is shameful that in this day and age, an MP can still be utterly disrespectful to women, speaking words that treat them as objects and not as equal human beings. I suppose the people in his constituency like him so much that they continue to vote him in despite his comments in Parliament.

Of course there will be claims that he was only joking.

Sure, if you want to joke, why don’t you do it with your cronies in whichever other places you gather? I am sure a bunch of middle-aged men love nothing better than to crack sexist jokes about women while they rub their misshapen bellies in glee.

But not in the House. To do so is to disrespect, not only all women, but also the dignity and importance of the House.

And Parliament must also be a place of fair play, where all sides are given equal opportunity to speak and votes are carried out in a fair manner with absolutely no favouring of one side or the other.

If even this basic thing cannot be achieved, then those who are supposed to be running the place would have failed in their duties.

There are so many problems with our Parliament.

The speed with which bills are rushed through, the lack of cross-party cooperation, the short amount of time given to prepare debates on new legislation; the list goes on.

But it seems that we can’t even get the basics right. How can we say we do when impartiality is questionable and grotesque things can be said freely?


The Star, Published: Wednesday, 22 Nov 2017
Respect in and for the House
By Azmi Sharom, columnist
https://www.thestar.com.my/opinion/columnists/brave-new-world/2017/11/22/respect-in-and-for-the-house-parliament-should-be-a-place-where-there-is-intelligent-and-sophisticat/

 実地研修っていいですね、日本の大学でもやっているのかしら。
 それにしても、こんなつぶやきも聞こえてきます:

孫崎亨
日本の教育投資は今や悲惨。安倍首相が重視する幼児教育だけでない。深刻さは大学教育。OECD参加34カ国中、国内総生産(GDP)に占める教育機関への公的支出の割合は最下位。これをどう是正するか最重要。大学ランク、シンガポール、中国の大学が東大、京大の上。
15:45-2017年11月20日

浦上清
日本の大学教育の劣化は著しい。
@ 教育荒廃の基底に文科省の画一的指導がある、
A 国際性の欠如、
B リベラルアーツや教養教育の貧弱さ
ーなど問題の枚挙に遑がない。国際的人材を求める企業は欧米やアジアで優秀な人材を採用することで競争力の維持・向上に努めている。
16:27-2017年11月20日

Andy Art Blanc
大学に通ったことのある人なら誰しも感じていることだと思うけど、ほとんどの大学の授業はノート取りに終始し、学生の意見交換などまずなく、論文作成も教授の指示に従うだけで、ある意味高校の授業より非生産的。研究機関としても教養教育機関としても、存在意義が薄い。
22:32-2017年11月20日

孫崎亨
大学の劣化、(北海道大学で教職員の数が百人単位で縮小しているとのツイートを受け取ったことがあると述べたのに対して)進藤榮一筑波大名誉教授「筑波大でも同じである。研究室が毎年削られて行っている」
15:40-2017年11月21日

 へえ、日本では大学も劣化しはじめているってホント?!

LOCAL universities featured in the latest edition of the QS Asia University Rankings have promised to improve and climb to the top of the table.

The five Malaysia’s research universities have moved up and are now listed within the top 50 in Asia.

Leading the way is Universiti Malaya (UM) which now ranks 24, rising three spots from 27 last year.

UM deputy vice-chancellor (academic and international) Prof Dr Awang Bulgiba Awang Mahmud said Malaysia’s oldest varsity would use the ranking to continue to improve itself on the world stage.

He said that UM had either improved or maintained its score in all the indicators used for the rankings.

“The most notable improvements are in Paper Publications Per Faculty and Citations Per Paper, where UM improved by 16 places and 126 places respectively,” he added.

Prof Awang Bulgiba said the students and staff can be credited for the improvement in these rankings, as well as UM’s strategic plan.

“The plan necessitated investments by UM in its brand image, internationalisation, academic programmes and research.

“Special attention was paid to quality over quantity in its strategic planning over the last seven years and we are now seeing the fruits of this planning.

“In order to improve its rankings, UM is now embarking on a mid-term review of its plans by adjusting and responding to the financial challenges that have arisen over the last two years.

The financial constraints are posing new challenges to UM but the varsity is rising to the occasion and will try its best to continue improving,” he said.

The regional university ranking released on Monday by QS Quacquarelli Symonds, the global higher education analysts, saw Universiti Putra Malaysia (UPM) ranked 36, Universiti Kebangsaan Malaysia (UKM) ranked 43, Universiti Sains Malaysia (USM) ranked 46 and Universiti Teknologi Malaysia (UTM) ranked 49.

The varsities improved their rankings compared to last year.

A total 27 Malaysian universities, both public and private, are in the top 400, out of 11,900 universities in Asia.

UPM vice-chancellor Prof Datin Paduka Dr Aini Ideris said the university was committed to strengthening their academic and research processes in order to become a world-class university.

“UPM has remained the second best university in the country for two years running and has been continuously improving its position since it first entered the rankings in 2014 at number 76.

She also said that UPM had the most PhD-qualified lecturers in Malaysia and the second highest scores in Malaysia for the Inbound and Outbound Exchange Students indicators.

“This achievement is expected to further enhance UPM’s reputation and ultimately allow us to contribute significantly to the development of society and well-being of the nation,” she added.

Two private universities are also featured among the top 200 in the region, namely Taylor’s University (150) and Multimedia University (179).

Both climbed up from 179 and 193 respectively.

Taylor’s University vice-chancellor and president Professor Michael Driscoll said the jump in its rankings shows that the university is on the right path towards providing better quality education to its students.

“Taylor’s University has maintained its distinctive strength in teaching quality and excellent student experience, a high level of graduate employment, a world class campus, an internationally diverse staff and student body and a strong international outlook, in addition to our outstanding global reputation among the academic partners and employers,” he added.

Higher Education Minister Datuk Seri Idris Jusoh congratulated all the Malaysian universities that made it into this year’s edition of the rankings.

QS research director Ben Sowter said this year sees Malaysian institutions record their best-ever performance and becoming more competitive with their regional counterparts.

“The table is led for the first time by Singapore’s Nanyang Technological University. It takes the number-one position from the National University of Singapore (which now ranks second),” said Sowter.

The Hong Kong University of Science and Technology is at third position, one place up, from last year.

He also said that there was one new entrant into the top 10 this year – China’s Fudan University. It moved up four spots and is now ranked seventh.

This year, QS ranked 425 universities from 17 Asian nations, the most it has ranked to date.

There are 10 indicators used to determine the rankings – Academic Reputation, Employer Reputation, Faculty/Student Ratio, Papers per Faculty, Citations per paper, International Faculty Ratio, Staff with PhD, International Student Ratio, Inbound Exchange Students and Outbound Exchange Students.

To see the full methodology and rankings table, visit www.TopUniversities.com.


The Star, Published: Sunday, 22 Oct 2017
Varsities aim to boost rankings further
By Rebecca Rajaendram
https://www.thestar.com.my/news/education/2017/10/22/varsities-aim-to-boost-rankings-further/
 
 え〜と、教育大国・日本は、というとですね:

 経済協力開発機構(OECD)は2017年9月12日、2014年の加盟各国の国内総生産(GDP)に占める小学校から大学までに相当する教育機関への公的支出の割合を公表した。
 日本は3.2%で、比較可能な34カ国中、最低となった。
 OECD平均は4.4%で、日本が最低となったのは2012年調査以来。
 教育支出の多くを家計が負担している現状が浮かんだ。
 また調査では、高等教育機関への女子入学者のうち、理工系分野に占める割合が日本は13%と加盟国中最低だったことも判明。
 国公立学校の教員の年間勤務時間は1891時間で、OECD平均より200時間以上多かった。
 公的支出割合が最も高かったのはデンマークの6.3%で、ノルウェー6.1%、アイスランド5.7%、ベルギーとフィンランドの各5.6%と続いた。
 公的支出割合の中で、高等教育を見ると日本は34%で、OECD平均の70%を大きく下回った。
 高等教育における私費負担の割合が2005年以降、ほとんど変化していないことも分かった。
 日本の幼児教育に関する分析も示され、在学率は3歳で80%、4歳児は94%だった。
 ただ、幼児教育への支出のうち、公的支出の割合はOECD平均の82%を下回る46%にとどまった。
 政府が現在、議論を進めている教育無償化では、幼児教育や高等教育が対象となっている。
 調査を担当したシュライヒャーOECD教育・スキル局長は「日本の私費負担は重い。家庭の経済状態による格差をなくすためにも、一層の公的支出が必要だ」と指摘した。


日本経済新聞、2017/9/12 23:36
教育への公的支出、日本また最下位に
2014年のOECD調査

〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12HD6_S7A910C1CR8000/

posted by fom_club at 20:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛染明王

重要文化財 愛染明王坐像
 木造著色/一躯
 鎌倉時代、13世紀 五島美術館蔵 総高224.4cm 像高117.0cm 光背高137.2cm 光背径140.0cm 台座高87.2cm 足付台径134.0cm
 もと鎌倉の鶴岡八幡宮愛染堂に伝わった像。
 「愛染明王」とは密教の神で、愛欲などの迷いがそのまま悟りにつながることを示す。
 外見は忿怒の形をとるが、内面は愛をもって衆生を解脱(輪廻を脱し、悟りを得ること)に導くとされる。
 本像は檜材を正中で矧ぐ寄木造りで、蓮華座に坐し円光背を負う。
 漆塗りに彩色仕上げとし、光背や台座には僅かに金箔が残り、旧状をしのばせるが、全体に摩耗が著しい。
 六臂の肢体を破綻なくまとめ、引締まった造形美を示しており、特に生気溢れる表情に仏師の傑出した力量を感じさせる。
 頭上には獅子冠を頂き、左肩から条帛をまわして腰布を着け、胸には金銅製胸飾を掛ける。
 右の第一手には三鈷杵、第二手に蓮華、第三手に矢、左の第一手には五鈷鈴、第二手は五指を握り、第三手は弓を執る。
 玉眼(水晶により本物らしく眼を作る技法)を用い、量感のある写実的な表現には慶派の特徴が強く現れている。
 鎌倉時代の代表的仏師・運慶(?〜1223)による作と伝わるが、卵形に近い顔形や、脚部にかかる衣文の末端を細かく波立たせる表現などに、運慶の父・康慶の弟子とされる定慶(生歿年未詳)と共通する感覚を見る説もある。
 鎌倉幕府の信仰の中心である八幡宮内に1216(建保4)年に建立された北斗堂の本尊であった可能性があり、その由緒からも鎌倉地方における愛染明王像の造像様式に大きな影響を与えたことが指摘されている。
 1870(明治3)年5月に神仏分離により鎌倉の寿福寺へ移され、さらに東京・普門寺に移安の後、伊豆下田出身の政治家・小泉策太郎(1872〜1937)の手を経て清水建設が購入し、五島慶太(1882〜1959)へと贈られた。


作成: 五島美術館、2012年6月28日
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.526553757372917.131789.519638818064411&type=3

 うん、うん、由緒書きがありました。これを読んだ方が次のようにまとめられておりました:

 ご本尊「愛染明王」。
 運慶の作と説明されているが、弟子筋の慶派の仏師の作だと思う。
 この像は、元鎌倉八幡宮愛染明王堂のご本尊だったものが、明治の神仏分離令で流出し、小泉策太郎(1872〜1937年)の持仏となった。
 小泉は静岡県賀茂郡三浜村子浦(現:南伊豆町)の出身の相場師・実業家・政治家(立憲政友会)で、伊豆の伊東以南に鉄道を実現することを悲願とした。
 その悲願は、小泉の没後、東急グループの創始者五島慶太(1882〜1959年)に受け継がれ、愛染明王像も五島が譲り受けた。
 五島は、1953(昭和28)年に伊豆観光開発構想を発表、1959年に「伊東下田電気鉄道」(「伊豆急」の前身)」を設立。
 五島は、開通を見ずに逝去するが、31箇所のトンネルなど難工事の末、1961(昭和36)年12月10日、ついに伊東〜下田間の鉄道が全通する。
 開通10周年の1972年、小泉・五島両氏の冥福を祈るために、下田寝姿山に堂を建立して愛染明王像を祀ったという由緒。


2015年3月27日(金)南伊豆保養旅行(下田・寝姿山)
http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2015-03-29

 11月17日金曜日、山歩クラブだから登山もしなくっちゃ、というわけでわれわれも下田ロープウエイで寝姿山200mを登り、満開のリトルエンジェル(サンショクノボタン)が出迎えてくれる「寝姿山山頂公園」を下田富士展望台、寝姿展望台、黒船展望台と遊歩道を歩いて愛染堂へと到着したときのことです。
 ところで小泉策太郎
 彼の家はイマのドイツ大使公邸になっていますし、西園寺公望ともつながりがありました:

 最後の元老・西園寺公望(1849-1940)は、王政復古後18歳で新政府参与となり、戊辰戦争に従軍した。
 その後、新政府の職を辞し、明治3(1870)年12月フランス留学を命ぜられた。
 これは、西園寺自身の強い希望によるもので、滞仏は翌4(1871)年から同13(1880)年まで約10年間に渡った。
 後年の華族子弟の留学とは異なり、滞在中の生活は質素なものであった。
 西園寺は平民風に望一郎と名を改め、エミール・アコラス(1826-1891)の私塾やパリ大学法学部に学んだ。
 また、中江兆民(1847-1901)や光妙寺三郎(1847-1893)ら日本人留学生のみならず、政治家ジョルジュ・クレマンソー(1841-1929)や作家エドモン・ゴンクール(1822-1896)らと幅広く交遊した。
 帰国後も、外交官・政治家として訪仏することたびたびであった。
 軍国主義が強まる中、穏健な自由主義者として国際協調を説いたバックグラウンドには、フランス留学で培った深い教養があったのである。

西園寺公望『欧羅巴紀遊抜書』(小泉策太郎、1932)

 西園寺が留学初年に実父・徳大寺公純(1821-1883)に書き送った報告で、西園寺の伝記を執筆した小泉策太郎(1872-1937)がコロタイプ印刷したもの。
 西園寺が出発した明治3(1870)年当時は、普仏戦争のためフランス郵船の航行が不定期となり、米国船での渡航となった。
 冒頭の東西両半球図に行程が書き込まれ、「此度実地を経歴して、世界の円形なること疑ふべからざるを知る」と記している。
 サンフランシスコから鉄道で東海岸へ移動し、ワシントンではユリシーズ・グラント大統領(1822-1885)と会見、ニューヨーク、ロンドンを経てパリに入っている。
 パリについては、「巴里斯は、佛国の都城にして、家建街衢の立派なる、世界第一とも云べし」とある。
 西園寺は漢学に秀でる一方、福沢諭吉(1834-1901)の『西洋事情』を愛読し、当時の朝廷にあって抜きん出た視野を有した。
 留学直前には、長崎の語学伝習所・広運館でレオン・デュリー(1822-1891)にフランス語を学んでいる。

小泉策太郎『西園寺公 巴城留学時の奇行事件』(小泉策太郎、1937)

 通俗伝記によって、パリのカフェ「星旗楼」で西園寺と光妙寺が乱暴狼藉を働いたと伝わる事件を、小泉策太郎が考証した資料。
 小泉によると、「星旗楼」とはカフェ・アメリカン(ギ・ド・モーパッサン(1850-1893)の『ベラミ』にも描かれたパリの有名カフェ)のことで、『陶庵随筆』によると、西園寺が光妙寺と知り合った店でもある。
 事の真相は、店の鏡を破損した売笑婦を庇って、光妙寺が侠気から代わりに弁済してやり、店員の眼前で鏡を叩き割ったということのようである。
 光妙寺は長州藩から派遣され、フランスで法律を学んだ。
 もと三田(光田)姓であったが、西園寺を真似て郷里の寺の名を名乗ったという。
 明治7(1874)年の留学生帰国命令に従わず、西園寺とともに留学を継続して法学士の学位を取得した。
 西園寺が同30(1897)年のパリ再訪時に、早世した光妙寺を偲んで詠んだ詩

琴情詩景夢茫々
二十年前舊酒樓
無數垂楊生意盡
傷心不獨爲三郎

は、明治の名詩のひとつに数えられる。


国立国会図書館
近代日本とフランス − 憧れ、出会い、交流
西園寺公望、青春の巴里

http://www.ndl.go.jp/france/jp/column/s1_1.html

 う〜ん、小泉策太郎は策士でもありました。
 以下の論文は、なぜミンシュシュギが軍国主義に変わるのか考えるうえで、とても参考になります。

鈴木健二(城西国際大学名誉教授)
「明治51年」物語 ──大正デモクラシーの自壊──
http://repository.seikei.ac.jp/dspace/bitstream/10928/212/1/bungaku-47_55-94.pdf

posted by fom_club at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上手な「しがらみ」の捨て方

My Neighbor, Totoro (1988)
htttps://www.youtube.com/watch?v=YbDV_AvckIs
https://www.youtube.com/watch?v=3KYXdVLmW60
https://www.youtube.com/watch?v=_YQ90fUrVNI

What will American children make of "My Neighbor Totoro," a Japanese animated film whose tone is so relentlessly goody-goody that it crosses the line from sweet into saccharine?

The film creates an idealized vision of family life that is even more unreal than the perkiest 1950's television sitcom. In this storybook world, parents possess infinite reserves of encouragement and patience, and their children are unfailingly polite and responsible little angels. In the English-language version of the film, the actors speak in such uniformly cheery and soothing tones that they could turn even an incorrigible optimist like Mr. Rogers into a grouch.

"My Neighbor Totoro" follows the adventures of two little girls, Satsuki and her younger sister, Lucy, who move with their father to a house in the country while their mother recovers in the hospital from an unnamed illness.

Their new home is haunted by all sorts of benign magical presences. Among the more exciting moments in this serenely paced film is when swarms of dust bunnies living in the attic flee en masse in a late-evening windstorm. Of the many magical beings who inhabit the property, the most impressive is a mythical creature named Totoro, a cuddly beast that resembles a bear crossed with an owl crossed with a seal, has whiskers and roars gently. Totoro lives in an enchanted hollow at the bottom of a tree trunk.

A familiar figure in Japanese children's literature and animated films, Totoro appears only when he feels like it. But those appearances usually coincide with emergencies that require magic, as when a lost child needs to be found or an urgent message delivered.
Among other feats, the creature can fly and make giant trees sprout in the middle of the night and then disappear by morning. For transportation, he uses a magic bus that soars and loops over the landscape. And he can be seen only by children.

When "My Neighbor Totoro," which was written and directed by Hayao Miyazaki, is dispensing enchantment, it can be very charming. The scenes in which the girls have midnight adventures and witness miracles have the yearning dreamlike exhilaration of Mary Poppins's nocturnal adventures with her charges. Too much of the film, however, is taken up with stiff, mechanical chitchat.

"My Neighbor Totoro" is visually very handsome. All the action is set in lush Japanese landscapes whose bright blue skies and gorgeous sunsets evoke a paradisiacal garden of earthly delights.


The New York Times, Published: May 14, 1993
Even a Beast Is Sweet as Can Be
By STEPHEN HOLDEN
http://www.nytimes.com/movie/review?res=9F0CE7DC1430F937A25756C0A965958260

 ね、こうしてよその国の人たちがアメリカを含めて、日本、そして日本人に抱くイメージって敗戦から72年たったイマ、"paradisiacal garden"で、"handsome" なんですよねってヤッホー君!
 決して"warmonger"ではなく"warfare"でもありません。林立する日章旗なんて気持ち悪い、反吐がでそう。
 それをわれわれの先祖が、マラリア、餓死、戦死、カミカゼ、空襲、原爆、集団自決で残してくれたんです。
 街角のあちこちに、その次の世代が建ててくれた、平和を誓う碑があるじゃあ、ござんせんか。
 独裁者気取りで国を私物化しているたった一人のきちがいにそれを壊してほしくはないんです。
 あっ、『となりのトトロ』でしたよね:

 「沖縄がん心のケア研究会」(事務局・那覇市)主催の講演会「家の力と家族のチカラ」が16日、県宮古合同庁舎2階講堂で開かれた。
 聖路加国際病院精神腫瘍科医長の保坂隆氏がアニメ映画のストーリーを通して、患者を支援するソーシャルサポートの重要性を訴えたほか、一般的に言われる「死ぬときの五つの後悔」などを紹介した。

 保坂氏は、宮崎駿監督のアニメ映画「となりのトトロ」を題材に講演を行なった。
 映画の中で主人公の姉妹2人を助けてくれた「トトロ」と「ネコバス」は、患者の身近にいて、支援したり助けてくれる「ソーシャルサポート」であるとの解釈を提示。
 なかでも「トトロ」は情緒的な、「ネコバス」は道具的なサポートをしているとの考えを示すとともに、がん患者でもソーシャルサポートがある人の方が死亡率は低いことを説明し「家族や親戚のつながりが強い沖縄もソーシャルサポートを強く感じる」と語った。


 一般的に言われる「死ぬときの五つの後悔」として
@ 健康を大切にしなかった
A やりたいことを先送りしていた
B 正直に言えなかったことがある
C 会いたい人に会っておかなかった
D 愛する人にありがとうと言えなかった−
の5点を挙げ「自分の余命を知らないと愛する人に最後に『ありがとう』と言うことができない」として、がん患者への告知に対する持論を示した。

 来場者たちはメモを取ったりしながら保坂氏の話に聞き入っていた。


宮古毎日新聞、2013年2月17日(日)9:00
支援の重要性を訴え/がんケア講演会
保坂氏(聖路加国際病院)が「トトロ」題材に

http://www.miyakomainichi.com/2013/02/46341/

 この聖路加国際病院の保坂先生、「しがらみ」の捨て方についても持論をお持ちなので、拝聴しましょう。
 ここでは「世間=しがらみ」としております。緑のたぬきの言う「しがらみ」ってホント訳が分かんない:

 日本人は比較的、協調性を重んじる傾向にあるといわれている。
 だが、そうした意識が日本人の根幹にあるからこそ、戦後の日本は高度経済成長を果たすことができ、さらには大きな災害に見舞われた際も、暴動や強奪が多発するということがなかったのかもしれない。

 もちろんそれは日本人の美徳ではあるが、その一方で協調性を重んじるあまり世間を気にしすぎ、「世間=しがらみ」にとらわれながら窮屈に生きている人も少なくないだろう。

 たとえば人生の折り返し地点でもある50歳を過ぎたら、そのようなしがらみを上手に捨て、もっと自分のために人生を生きることを考えてはどうだろうか――
 そう提案するのが、本書『しがらみを捨てると楽になる』(朝日新書、2014年)だ。

 著者の保坂隆氏は、慶應義塾大学医学部卒業後、同大学精神神経科に入局。
 精神医学、心身医学などを専門とし、現在は聖路加大学病院精神腫瘍科部長兼、聖路加国際大学臨床教授を務めている。
 そんな保坂氏は、「50代以降はしがらみを捨てるべき」と語る理由についてこう述べている。

人生の成熟期を、世間の目を気にして生きるのは、あまりにもったいない。
 これまで一生懸命に、家族のため、社会のために働いて生きてきたのだから、『しからがみ=世間』とは少し距離を置いて、自分のために人生を生きることを考えてもバチは当たらないはずだ。
(中略)
 人生は有限だが、みんな、普段はそんなことを忘れて生きている。
 死期が迫ってから、いろいろと後悔するのも人間の性だと思う。
(中略)
 できれば早い時期に『しがらみ=世間』」に縛られずに、ほんとうに自由に生きたいように生きることできれば、より幸せに、充実した後半生を送ることができるのは間違いない


 とはいえ、ひと口にしがらみを捨てる、と言っても、長年の付き合いの中から生まれたしがらみは、そうそう簡単に捨てられるものではないだろう。
 具体的にはどうすればよいのか。
 本書の中で保坂氏は、しがらみを捨てるコツの一つとして、「いい人」を演じるのをやめることを推奨している。

自分は『いい人』『いい顔』でいるつもりでも、周囲のだれもが良い評価をしているとはかぎらない。
 それが世の中というものだし、人間関係の複雑さでもあるのだろう。
(中略)
『いい人』をやめたからといって周囲の評価が一気に下降するということはない。
 それどころか、『いい人』を返上したことで、『自分をしっかり持っている人』という新たな評価がもたらされるかもしれない


 さらに本書では、あふれかえるモノへの執着を断つことで、身の回りのしがらみを断つことができるとも指摘している。

物欲のおもむくままに行動していたら、生活環境はモノであふれかえり、窮屈にならざるを得ない。
 すっきりシンプルな生活はどんどん遠のき、空間的に窮屈というだけでなく、心も窮屈にさせてしまうだろう。
 必要なものが必要なだけある生活が、50代以降を心穏やかに過ごす秘訣の一つだ


 人生一度きり。
 人生も後半戦に入ったら、より充実した生活を送れるように、また悔いなく人生を過ごすために、上手な「しがらみの捨て方」を学ぶのは無益なことではないだろう。
 本書はそのためのヒントを多く与えてくれるに違いない。


AERA dot. 2014.9.23 07:00
上手な「しがらみ」の捨て方とは?
https://dot.asahi.com/dot/2014091900066.html

posted by fom_club at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

民草の声

こんにちは。秋田っこ村木です。日曜日〜月曜日にかけて、この時期としては強烈な寒気が入り、秋田と仙台で「初氷」が観測されました(2017/11/21(火)午前11:16)。
https://blogs.yahoo.co.jp/wth_map

 11月22日水曜日「小雪」。寒い北国からの報道です。

 米沢市の雇用促進住宅を管理する「高齢・障害・求職者雇用支援機構」が、東京電力福島第1原発事故後に入居した自主避難者8世帯に住宅の明け渡しと家賃の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が11月21日、山形地裁であり、避難者側は請求棄却を求めた。
 避難者側は、機構との使用貸借契約の期限について、入居者と合意したことを示す書証の提出がないとして「(機構側の)主張自体が失当」と強調した。
 訴えによると、福島県による自主避難者への住宅無償提供が2017年3月末で打ち切られたことを受け、機構との使用貸借契約が終了。8世帯が住み続けるのは不法占拠に当たるとしている。
 山形市内で記者会見した弁護団長の海渡雄一弁護士は「裁判の根本は国、県による帰還政策の誤りを問いただすこと」と説明。国連人権理事会の作業部会が11月16日、日本に対する自主避難者への支援を求める勧告を採択したことにも触れ「避難者が置かれた状況は国際的な人権問題だ」と訴えた。


河北新報、2017年11月22日水曜日
<原発自主避難者>
請求棄却求める 立ち退き訴訟第1回弁論

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201711/20171122_63018.html

 若い米海兵隊員による酒気帯び運転で、那覇市に住む61歳の男性の命が奪われた。
 謝罪のため県庁を訪れた米軍幹部に対し翁長雄志知事が「綱紀粛正、再発防止に努めると言っても、なんら信用できない」と抗議したのは、米軍による事故が何度も繰り返されているからだ。
 日米両政府に対する不信感、根本的な解決策がとられない失望感、尊い命が失われたことへの怒りは、沸点に近づきつつある。   
 事故は11月19日早朝、那覇市の泊交差点で起こった。在沖米海兵隊牧港補給地区所属の上等兵が酒を飲んで米軍の2トントラックを運転し、対向車線から右折してきた軽トラックに衝突し、運転していた男性を死亡させた。
 海兵隊員からは基準値の約3倍のアルコールが検出され、過失運転致死と酒気帯び運転の疑いで逮捕された。
 この事件にはいくつもの疑問点がある。
 現場は右折レーンのある見通しのいい交差点だ。米軍トラックは赤信号を無視して交差点に進入してきたとの目撃証言もあり、それが事実だとすれば悪質極まりない。
 さらにトラックは軍の公用車だった。米軍は「公務外」としているが、なぜ公務外で公用車を運転していたのか、車両管理はどうなっていたのか。
 公務外としながら、財産権を盾に、トラックを早々に回収したこともふに落ちない。
 海兵隊員は「基地内で酒を飲んだ」とも話しているという。その後、基地外にどのように車を持ちだしたのか、その行動も不可解である。
■ ■
 在沖米軍トップのニコルソン4軍調整官は11月20日、県庁に翁長知事を訪ね「心から謝罪する」と述べた。
 事件を受けて在日米軍司令部は同日、日本に駐留する全ての兵士に飲酒を禁じる措置をとった。県内の米兵に対しては基地と自宅以外の出入りも禁じている。
 飲酒禁止や行動の制限は、一見厳しい対応のように思えるが、いずれ時間がたてば緩和され、事件・事故が繰り返されることを県民は経験則で知っている。
 昨年2016年4月、元海兵隊員で軍属の男が女性を殺害した事件で、米軍は1ヶ月の「服喪期間」を設け、飲酒や外出を制限した。しかしその期間中にも飲酒事故は発生した。
 今年2017年に入ってからも2月、4月、5月と酒気帯び運転で逮捕される米兵が相次いでいる。交通安全に関する米軍の教育はどうなっているのか。
■ ■
 日本政府は、駐日米大使に「遺憾の意」を伝えた。政府も米軍もこの種の事故に対する反応は素早い。
 それにもかかわらず県民が両政府に強い不信感を抱くのは、ダメージをなるべく小さくしたいという危機管理の発想が目立つからだ。
 根本的な問題は「小さなかごに、あまりにも多くの卵を詰めすぎる」ことにある。
 実効性のある抜本的な対策を示すよう両政府に求めたい。
 日本本土を含むアジア全域を対象に、海兵隊の部隊配置と訓練の在り方を、再度、全面的に見直すべきだ。


沖縄タイムス・社説、2017年11月21日07:21
[米兵飲酒死亡事故]
度を越す「基地の犠牲」

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/173324

 何のために住民を集め、説明会を開いたのか。住民を愚弄(ぐろう)する姿勢は看過できない。
 防衛省は宮古島市への陸上自衛隊配備計画説明会の翌日、駐屯地建設に向けた造成工事に着手した。説明はするが、住民の意見は考慮しないとの宣言に等しい。説明会は理解を得ることが目的ではなく、着工ありきだったということである。
 造成に向けた準備工事が始まった際、反対住民から「説明がない状態で工事が進むのは納得できない。せめて説明会をするまでは工事を止めてほしい」との求めがあった。
 それに応じたとでも言いたいのだろうか。断じて認められない。工事開始前日の説明会開催はあまりに不誠実だ。
 沖縄防衛局は、駐屯地建設地に近い千代田部落会と野原部落会で説明会を開いた。両部落会は昨年、それぞれ陸自配備の反対を決議している。
 住民からは工事に伴う生活環境の悪化や、市に対する許可申請に不備があるとして工事中止を求める声が上がった。住民の多くは駐屯地建設に納得していないのである。住民の声を真摯(しんし)に受け止め、住民の理解が十分得られるまで着工は見合わせるべきだ。あまりに乱暴である。
 懸念されるのは、住民同士の分断である。反対する住民、複雑な心境で土地の提供に同意した駐屯地建設地の地権者、賛成する住民が地域にいる。住民間で溝が広がっているという。
 平和に暮らしてきた地域住民が、陸自配備によって分断されることがあってはならない。本格工事が始まれば、1日当たり最大200台の大型トラックが往来する。
 住民の日常生活への影響は計り知れない。にもかかわらず、住民の理解を得ぬまま着工したのである。住民軽視も甚だしい。
 防衛省は、中国をにらんだ南西諸島の防衛力強化を目的に部隊配備を進めている。
 宮古島市には、計700〜800人規模の警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊を配備する。与那国町では陸自の沿岸監視隊が昨年2016年発足し、石垣市では、500〜600人規模の警備部隊と地対空・地対艦ミサイル部隊の配備を計画している。
 南西諸島への部隊配備は、「戦争放棄」「交戦権の否認」をうたう平和憲法の精神に明らかに反する。
 中国の領海侵犯などに対しては、粘り強い外交交渉で解決することが日本の取るべき道である。先島への自衛隊配備はかえって緊張感を高める効果しかない。対峙(たいじ)することで、偶発的な衝突が起きる恐れさえある。
 そもそも、陸自駐屯地は観光の島でもある宮古島にはそぐわない。近隣国との人の往来を増やすことに力を入れることが最も有効な安全保障になる。交流の活発化によって島は大きく飛躍する。国境に近い島に基地を置くことほど、愚かなことはない。


琉球新報・社説、2017年11月21日06:01
宮古陸自駐屯地着手
住民の声を受け止めよ

https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-617025.html

 <愚かなことはない>と言われたって、warmongerアベはじめ、聞く耳を持たぬ輩がそろってるイマの自公政権!
 暖かいはずの沖縄からの報道にもぞくぞくと寒気がしてしまうヤッホー君、そうなんです、あの衆院選挙の時。
 秋葉原に乱立したあの国旗の群れ、あれで反吐がでそうになったことを想い出しているからにほかなりません。

 中選挙区制時代の自民党は、アキバで日章旗を林立させるようなことはしなかった。
 民草の声にしっかり耳を傾けていれば、ポピュリズムに頼らなくても選挙には勝てるのだ。
 「しがらみのない政治」をキャッチフレーズにしていた、ポピュリズム政党は衆院選で大敗し、代表は就任から2ヶ月足らずで辞任した。
 民草と政治を結びつける「しがらみ」は必要なのである。


田中龍作ジャーナル、2017年11月20日11:30
「しがらみのない政治」とポピュリズム
中選挙区制と民草の声

http://tanakaryusaku.jp/2017/11/00016992

 「しがらみ」って言葉も、分かっているようで分かっていない、あいまいな用語。
 本来は、「世間のしがらみ」「血縁のしがらみ」とか前に何か来て英訳もできる。
 そして「しがらみを捨てる」とか積極的に使うけど「しがらみのない」って何?
 なのにそれを定義もしないままで「政治」と絡ませておしゃべりするのは、ね。
 これも日本語の力に対して失礼な気がしているヤッホー君、首を傾げています。

posted by fom_club at 09:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷川豊

 あんなこと、こんなこと、あったとさ:

 元フジテレビアナウンサーの長谷川豊のブログが、いま炎上している。一昨日19日にアップした、こんなタイトルの記事が原因だ。

「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」

 このおぞましいタイトルだけでおおよその中身はおわかりいただけるかと思うが、長谷川は〈ある「人工透析」を担当しているお医者さん〉から聞いた〈8〜9割ほどの患者さんの場合「自業自得」の食生活と生活習慣が原因〉という話を綴り、〈透析患者には一人年間500万円かかります。日本人の平均年収以上ですね。必死に払ってる保険料、そうやって食いつぶされ続けているのです〉と主張。そして、人工透析患者と健康保険制度をこう罵倒するのだ。

〈健康を意識し、毎日、ランニングをし、お金を出して栄養バランスの良い食事をとっている人たちから保険料を巻き上げ、その金を使って、ディズニーの横入りをし、全額タダで医療を受け続け、毎月『障がい者年金』を支給されタクシーにタダ乗りしているのです〉

〈日本の利権まみれの保険システムと年金システムなんぞ、1秒でも早く解体しろ!日本の病魔の一つが「保険」であることは確かなのです!〉

 長谷川はこれまでも暴論によって注目を集めてきた“炎上芸人”であり、今回も同じように確信的に火を放ったのはミエミエだが、この“自己責任論”はいくらなんでもひどすぎて反吐が出る。そもそも、「障がい者はディズニー横入り放題と」とか、内容自体もデマだらけなのだが、長谷川の言い分が正しいのならば、「がんや脳梗塞の原因は生活習慣病だから実費負担。無理なら殺せ」と、どこまでも理屈づけられる。よくもまあこんなことを書けたものだ。
 炎上すればするほど長谷川の思う壺となり、いつもならば無視するのだが、しかし、このような自己責任論をぶつ人間は他にもいる。しかも、炎上目的ではなく本気で、だ。

 現に、麻生太郎副総理兼財務相は、2013年4月、長谷川と同じ主張を繰り広げている。

「食いたいだけ食って、飲みたいだけ飲んで糖尿になって病院に入るやつの医療費は俺たちが払っているんだから、公平じゃない」

「こいつが将来病気になったら医療費を払うのかと、無性に腹が立つときがある」(都内の会合で)

 これがこの国の副総理の発言であり、こんな暴言を吐いてなおもその座に就いていることが既におかしいのだが、総じて極右論客は、似たような持論をこれまでも展開してきた。

 たとえば、作家の曽野綾子は、複数の病気や障がいを抱えている息子をもつ野田聖子議員に対し、自著『人間にとって成熟とは何か』(幻冬舎新書)のなかで「自分の息子が、こんな高額医療を、国民の負担において受けさせてもらっていることに対する、一抹の申し訳なさ、感謝が全くない」「医療費を負担している国民への配慮が全く欠けている」と糾弾。そして、こう述べている。

「私の周囲には『どうしてそんな巨額の費用を私たちが負担するんですか』という人もいる。『野田さんの子供さんがお使いになるのは、ご病気なんですから仕方ありませんけど、ありがとうの一言もないんですね』と言った人もいた。『もしもの時は安心してください、というのは。遠慮もせずにどんどん使えということですか? そういう空気を煽るから、健康保険は破産するんですよ』という意見もあった。
 増税論が始終話題になるこの時期に、仕方ないとは思いつつ、皆、健康保険料を払うのも大変なのだ。私も後期高齢者医療制度の保険料を年額五十万円以上支払っているが。私にできる唯一のこととして、できるだけ医師にかからないようにしている」

「野田氏のように権利を使うことは当然という人ばかりが増えたから、結果として日本社会、日本経済はどうなるのだろう、という全体の見通しに欠けるのである」

 曽野にあるのは下劣な障がい者排除の思想だが、同時にこのような自己責任論には“医療費が財政を圧迫している”という「医療費亡国論」がつきまとう。実際、曽野は今年2月、「週刊ポスト」(小学館)で“高齢者は「適当な時に死ぬ義務」がある”と主張した際、“権利を「求め倒し」、医療を「使い倒し」、他人を「頼り倒す」ことは肯定されない”ということを述べている。
 高齢者や自己責任の病気で保険を使う人間のせいで、この国はそのうち医療費で破綻する──。このように差別思想は人びとを扇動するために、もっともらしく「医療費亡国論」を振りかざすのだ。だが、この「医療費亡国論」自体、疑わしいものだ。

 たしかに、2015年度の概算医療費は、前年度から約1兆5000億円増加の41兆4627億円と発表された。また、日本の医療費の対GDP比でも、2013年には10.2%となり、OECD加盟34カ国の平均8.9%を大きく上回っている。
 しかし、日本医師会総合政策研究機構の主任研究員である坂口一樹氏は、この高い対GDP比の本質は医療費の増大にあるのではなく、名目GDPの伸び悩みにあると喝破する。

〈2007年から2015年までの日本の名目GDPの推移を見ると、リーマンショック(2008年9月)とデフレの影響で、アベノミクスというカンフル剤を打ち続けた後の2015年段階(500.7兆円)に至っても、未だ2007年の水準(513兆円)に達していない。すなわち、分子(医療費)が増えたというよりも、分母(名目GDP)が増えていない、あるいは減少したことによって、日本の医療費の対GDP比は押し上げられたのである〉(「“自助”へと誘導されてきた医療・介護」/岩波書店「世界」16年4月号)。
 だが、「医療費亡国論」者たちは、「2025年には医療費が104兆円にも達する!」などと不安を煽る。
 しかし、この数字にもカラクリがある。それは、官製による医療費予測はかなり多く見積もられているからだ。
 前述した坂口氏の論考によれば、1994年、厚生省(当時)は2025年の国民医療費を141兆円と予測(97年に104兆円に下方修正)。こうした官製予測への対抗策として日本医師会は2000年に「2015年 医療のグランドデザイン」を発表したが、こちらは2015年の医療費を48.6兆円(保険者コストを除く)と予測した。
 日本医師会によるこの予測は〈厚生省予測に比べると手堅いもの〉だったが、実際はどうなったか。
 現実の2015年の医療費は41.5兆円となり、日本医師会の予測よりも約7兆円も下回った。さらに、厚生省の予測数値を遡って逆算すれば、2015年の医療費は103.8兆円(94年予測)や77.2兆円(97年予測)と予想されていたわけで、予測と現実では大きな隔たりがあるのだ。
 坂口氏は、この予測と現実の食い違いを指摘した上で、このように論じている。

〈マスコミも国民も厚生省による予測を一方的に信じ込まされてきた感が強い。すなわち、厚生省による「医療費亡国論」という幻影に惑わされてきたといっても過言ではない〉

〈そこには、単に「医療費が大きく膨張して大変だ。だから医療費を抑えなくてはならない」というプロパガンダのみが存在し、的確な現状分析はもとより、将来の政策目標などは皆無と言わざるを得ない〉

 もちろん、医療費が今後増えていくことは間違いない。しかし、ここで問題にするべきは「財政を圧迫するから医療費がかかる病気は自己責任で」などというものではけっしてない。むしろ、国民に保険料の負担を強いてきたことによって起こっている“弊害”のほうだ。
 日本では2003年に小泉純一郎首相が行った医療制度改革によって、先進国のなかでも際立って高額だった病院窓口での医療費自己負担割合が2割から3割へと引き上げられ、国庫負担率は引き下げられる一方で家計支出が増した。また、貧困化が進み保険料を払えない人も増え、病院にかかりたくてもかかれない受診抑制も起こっている。その結果、本来なら早い段階で行えば最小限に抑えられた治療費が、重病化してさらに治療費がかかってしまうという悪循環を生み出してしまった。
 つまり、いま問題しなければならないのは、「医療費亡国論」などではなく、国民への負担が高まったがゆえに弊害を生んでいる現行の政策についてだろう。
 現に、先進国のなかでもっとも医療費が高いアメリカでも、日本と同じように医療費抑制が唱えられているが、ミネソタ州ヘネピン郡では、プライマリーケアを受けられず悪化してから受診するという治療費がかさむ悪循環にあった貧困層を郡や医療機関が連携することで変調をきたす前に掬い上げるという方法で、医療費削減を実現したという(朝日新聞2016年8月15日)。
 これは、健康を自己責任にするのではなく、地域で連携して市民の健康を守る取り組みを充実させることのほうがコスト減につながるという一例だ。
 このような現実に目を向けず、差別思想を正当化するために「医療費亡国論」を喧伝する輩に惑わされてはいけない。
 そして、長谷川や曽野のような主張こそこの国を滅ぼすというのは間違いないだろう。


リテラ、2016.09.21
「人工透析患者は死ね」の長谷川豊だけじゃない、麻生、曽野ら“自己責任厨”が叫ぶ「医療費亡国論」はインチキだ
http://lite-ra.com/2016/09/post-2576.html

 ネット上で「貧困だと言うならアニメグッズを買うな」などとバッシングされたNHKの貧困女子高生の問題では、長谷川は自身の家庭が〈少なくとも「お金のある家庭」ではありませんでした〉と明かした上で、こんな論を展開していた。

〈あのね、お金がないっていう状況は「そこから這い上がる力を身に着けられる絶好のチャンス」なのです〉

〈お金がある人は「お金のかかるいろんな経験」を出来ます。しかし、お金のない人は逆に「お金がないからこそできる様々な経験」を出来るのです。それらは単なる特徴であって、栄養失調になったりするレベルだとそれは問題ですが、貧困な生活であれば、それはそんな恵まれた環境は、私はないと思っています〉

 NHKが取材をした女子高生は、家庭の経済状況によって進学を諦めざるを得なかったという事情を抱えていた。本来、このとき議論されるべきは、そうした相対的貧困層にいる学生たちへの奨学金制度などの拡充による公的な支援制度のあり方であるはずだが、長谷川は貧しさを「絶好のチャンス」などと勝手に問題をすり替え、“自己責任で社会を這い上がれ”と述べるのだ。
 経済状況によって進学を諦めたという女子高生に対して「貧困は恵まれた環境」と説教を垂れる────。
 一方、この男を擁立した維新の会は、今回の選挙でも「教育無償化」を打ち出し、マニフェストで「家庭の経済状況に左右されず受けたい教育を選べる社会へ」などと謳っている。
 結局、維新が言う「教育無償化」は憲法改正のための材料でしかなく、橋下徹から脈々とつづく新自由主義的な「自己責任」論こそが党の本質にある。だからこそ、こんな男を擁立したのだ。
 事実、長谷川が松井一郎代表に議員になりたい旨を相談したのは、あの「透析患者は殺せ」問題で炎上していた真っ最中のとき。会食した長谷川と松井は、こんな会話をしたらしい。

〈「出来れば一緒にやりたいんですが…無所属の市議からで全然いいんです。ご迷惑をかけちゃうし…」と話すと、松井代表から「うん、やろ。ええやん。あかんかったことは謝ったらええねん。なんやったら俺が一緒に謝ったるわ。日本、変えよ」と励まされたという〉(産経WEST 2月10日付)

弱者叩きを黙認し、自民党以上に好戦的な維新も「国難」政党だ!

 しかし、「一緒に謝ったる」と言った松井代表は、今年2月の出馬会見後も「透析病棟患者アターック!」などと公言している長谷川を放置して立候補させた。橋下自体が炎上を利用して大衆煽動を実行してきた先駆的な政治家なのだから当然といえば当然だが、維新とはつまり「差別OK、弱者叩きごもっとも、炎上大歓迎」の政党であることはあきらかだろう。
 いや、それだけではない。共同通信社が今回の選挙の立候補予定者におこなった政策アンケートでは、北朝鮮に対する米軍の軍事力行使を「支持する」とした割合が、自民党で39.6%と高い数字が出たのだが、なんと維新は77.5%とダントツの高さを示したのだ。
 つまり、長谷川だけが問題ではなく、維新全体が、安倍首相につづく「国難」なのである。
 「第二自民党」は希望の党だけではなく、この日本維新の会も同じ。
 長谷川のような人物は国会議員にふさわしくないと思う人には、自身の選挙区や比例代表の投票の際、懸命な判断をしてもらいたいと切に願う。


リテラ、2017.10.16
長谷川豊がまたも炎上で「透析患者は殺せ」批判に法的処置をちらつかせる!
差別、自己責任…これが維新の正体だ

http://lite-ra.com/2017/10/post-3515.html

 第48回衆議院選挙で日本維新の会から立候補していた元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏。千葉1区で落選し、南関東で比例1位にランクされながら比例で復活することもできなかった。
 この落選について「千葉県民として心底安心した」、「最悪の悪夢は逃れた」など、ネット上には安堵する声が続々と集まっている。

「何だかんだで知名度はあるし、比例1位という圧倒的に有利な立場にあることもあって、当選するのではないかと心配されていました。ですが得票率が10%を切って比例復活もできなかった。SNSでは以前から『彼を国会議員にしてはいけない』といった意見が目立っていましたが、まさか本当に落選するとは思いませんでした」(週刊誌記者)

 長谷川氏といえば「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」など過激なブログで有名だが、この信じられないほど下劣な文章については「表現方法が間違っていた」、「悪く捉える人が多く捻じ曲げて広められた」とするだけで、いまだ内容についての謝罪はない。

「謝罪しないのは本心だからなのかと思っていたんですが、そうではなく、これだけ多くの人たちが傷つき怒っている理由が本当に理解できていないのかもしれません。社会保障の問題は確かに重要ですが、社会的弱者をやみくもに攻撃するような人物を国会議員にしたい人がいるでしょうか」(前出・週刊誌記者)

 注目されているのは今後の身の振り方だが、過激ブロガーとして今後も吠え続けるのだろうか。
 くれぐれも社会保障の世話にならぬよう、しっかりと生計を立ててほしいものだ。


アサ芸プラス、2017年10月25日 17時59分
元フジテレビアナ・長谷川豊氏、衆院選落選に千葉県民から安堵の声!
(笠松和美)
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12104-91631/

 今後の身の振り方…、自身のブログでは「顧問を務めている会社の北米販売経路の開拓」をして「ただの人」じゃなさそうです。「顧問」というからには社会保障の世話にもならずに、アメリカでも日本でも暮らせるほど給料もたっぷりもらっているんでしょうね。
 恵まれた環境にあったからこそ、おもいついたまんま、言いたい放題、放言なんてできたんでしょうね。
 でもさ、この国も、そんとくしないで、きちんと言えるような社会であってほしいですってヤッホー君。

posted by fom_club at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

上を向いて歩こう

 なんだか政治屋のせがれか、富裕層か知りませんが、国民主権の選良諸氏の居並ぶ前でふんぞり返ってうたた寝しているようなアホの言うことにゃ目もくれず、耳もかさず、鼻であしらって、力強く、力合わせてよぉ〜シニア諸君、頑張ってまいりましょう!

鳥羽一郎「兄弟船」:
https://www.youtube.com/watch?v=EBxYq9oVnHE

Many countries are encouraging their seniors to continue to use their skills and talents to participate as fully as possible within their social circle and local community. Here are some of the ways we can all age better, healthier, and stay as active as possible as we grow older.

Stay positive 

Four studies from the University of Michigan published earlier this found that as we age our health is affected by both our own and our partner’s perceptions of growing older.

One of the studies showed that couples who tend to view their ageing negatively also tend to become less healthy and less mobile than couples who view their ageing positively, while another suggested that the more negatively a person viewed his or her ageing, the more likely he or she was to delay seeking health care.

Another study revealed that in all age groups, those who perceived their own ageing positively were also less likely to report experiences of age discrimination, an important finding as the UN makes efforts to reduce discrimination against older people and promote their more active role in society.

 Fill up on protein
 
Many recent studies have highlighted the importance of eating enough protein as we age in order to stay mobile and active, with a sufficient intake helping to prevent loss of muscle mass, which can lead to more serious health complications such as an increased risk of frailty, falls or mobility problems.

A Canadian study published last month in the American Journal of Clinical Nutrition also found that splitting protein equally across three meals a day could have even greater benefits, while 2016 US research found that choosing lean proteins, such as nuts, chicken and fish, rather than red meats, eggs and dairy, was better for health, helping to reduce the risk of dying.

 Keep moving
 
Recent research from Tufts University suggested that if there is a “magic pill” for healthy ageing, then exercise is it. The study found that the more exercise older people did, the better their physical function, with those who participated in at least 48 minutes of physical activity a week benefiting from the biggest improvement, and the biggest reduction in their disability risk.

Various studies have also shown the positive effect of exercise on a healthy mind as well as a healthy body, with those taking part in physical activity also benefiting from a reduced risk of cognitive decline and dementia, including Alzheimer’s disease.

Get some shut-eye 

Recent studies have shown that many older people suffer from sleep problems as they age, which can have a negative effect on many other areas of health including increasing the risk of dementia, heart disease, stroke, depression, and anxiety.

A recent report showed that worryingly, nearly half of older Americans find it difficult to drop off at night, with more than a third turning to medication to help. However, many are not seeking help from their doctor, which the researchers said should be the first step towards treating sleep problems rather than medication.

Other non-medication-based sleep habits that can help improve sleep include dimming the lights to get the body ready for sleep, waking at the same time each day, getting some exercise, and getting out into nature.


The Star2, Published: November 18, 2017
Here are some ways for seniors to stay healthy and active
[Source] AFP Relaxnews
http://www.star2.com/family/seniors/2017/11/18/seniors-stay-healthy-active/

Believe it or not, there are upsides to getting older.

Yes, your physical health is likely to decline as you age. And unfortunately, your cognitive abilities like learning new skills and remembering things is likely to suffer too.

But despite such downsides, research suggests that your overall mental health, including your mood, your sense of well-being and your ability to handle stress, just keeps improving right up until the very end of life.

Consider it something to look forward to.

In a recent survey of more than 1,500 San Diego residents aged 21 to 99, researchers report that people in their 20s were the most stressed out and depressed, while those in their 90s were the most content. 

There were no dips in well-being in midlife, and no tapering off of well-being at the end of life.

Instead scientists found a clear, linear relationship between age and mental health: The older people were, the happier they felt.

“The consistency was really striking,” said Dilip Jeste, director of the UC San Diego Center for Healthy Aging and senior author of the study. “People who were in older life were happier, more satisfied, less depressed, had less anxiety and less perceived stress than younger respondents.”

The results were published Wednesday in the Journal of Clinical Psychology.

Experts on the psychology of aging say the new findings add to a growing body of research that suggests there are emotional benefits to getting older.

“In the literature it’s called the paradox of aging,” said Laura Carstensen, director of the Stanford Center on Longevity, who was not involved in the work. “How can it be that given the many well-documented losses that occur with age, we also see this improvement in emotional well-being?”

As it happens, Carstensen does not think this is a paradox at all. 

In her own work, she has found evidence that people’s goals and reasoning change as they come to appreciate their mortality and recognize that their time on Earth is finite.

“When people face endings they tend to shift from goals about exploration and expanding horizons to ones about savoring relationships and focusing on meaningful activities,” she said. “When you focus on emotionally meaningful goals, life gets better, you feel better, and the negative emotions become less frequent and more fleeting when they occur.”

The authors of the new work also suggest that improved mental health in old age could be due to the wisdom people acquire as they grow older. 

Jeste defines wisdom as a mutli-component personality trait that includes empathy, compassion, self-knowledge, openness to new ideas, decisiveness, emotional regulation and doing things for others rather than for yourself.

“As we get older, we make better social decisions because we are more experienced, and that’s where wisdom comes into play,” he said.

Another possible explanation for the emotional benefits of aging could stem from the physiology of the brain, the authors said.

Brain-imaging studies show that older people are less responsive to stressful images than younger people. 

When scientists showed older and younger adults pictures of a smiling baby − an image designed to make everyone happy − both groups exhibited increased activation in the part of the brain associated with emotion. However, while a disturbing image of a car accident evoked a lot of activity in the emotional region of the brain of young people, older people had a much more subdued response.

Arthur Stone, a psychologist and head of the USC Dornsife Center for Self-Report Science who was not involved in the study, said that while the various explanations for the aging paradox are intriguing, there is still still no definitive finding that can explain the phenomenon.

“There’s lots of speculation about why older people are happier and having better moods even when their cognitive and physical health is in decline, but we still don’t have anything that fully explains what is going on,” he said. “It’s a big puzzle, and an important puzzle.”

Another important finding of the study is that despite our culture’s obsession with youth, it turns out that the 20s and 30s are generally a very stressful time for many young adults who are plagued by anxiety and depression.

“This ‘fountain of youth’ is associated with a far worse level of psychological well-being than during any other period of adulthood,” the authors said.

They noted that there are many pressures unique to this life phase including establishing a career, finding a life partner and navigating financial issues.

“It could be that age is associated with a reduction in risk factors for mental health,” said Darrell Worthy, a professor of cognitive psychology at Texas A&M University, who was not involved in the work. “Older adults may not have to deal with these stressors as much.”
The authors noted that the study does have some limitations. 

Participants were contacted via landline, meaning the experiences of people who have only cellphones were not included in the results.

In addition, people were excluded from taking part in the survey if they had dementia, lived in a nursing home or had a terminal illness. That means the elderly participants were, on the whole, fairly healthy, which might influence their sense of well-being.

Finally, everyone involved in the survey lived in sunny San Diego. It is possible that aging in Michigan could be very different than aging in Southern California.

Still, Carstensen said the study had major implications, especially considering that within just a few years, more people on the planet will be over 60 than under 15.

“Policy leaders are saying, ‘How are we going to cope with all these old people?’ ” she said. “But a population who are in good mental health, emotionally stable, more grateful, and more likely to forgive are a pretty great resource for a society with so much strife and war.”


Los Angeles Times, Published: August 24, 2016, 10:05 AM
The aging paradox:
The older we get, the happier we are
By Deborah Netburn
http://www.latimes.com/science/sciencenow/la-sci-sn-older-people-happier-20160824-snap-story.html

藤田孝典
平均的な高齢夫婦世帯では、2000年と直近を比較して、可処分所得が月額5万円、年間約60万円下がっている。まだまだ年金支給金額は下がり続ける。
18:31 - 2017年11月17日

 ヤッホー君、泣くなよ、上を向いて、ほら、聞こえてくるだろう:

坂本九「上を向いて歩こう」
https://www.youtube.com/watch?v=N4hh28_hdD8

posted by fom_club at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝鮮半島から大量の難民 !?

 この方、ボスもボスなら副も副、ふくちゃんがさかんに話題を提供しているようです。
 いまどきの日本人、ってこうなの?!と「人権大国日本」のスローガンが泣いてます。

 国連公認の月刊誌「UNスペシャル」10月号に、老人を山に捨てる「うば捨て」を題材にしたコラージュが掲載された際、麻生太郎副総理兼財務相の顔写真が用いられていた。在ジュネーブ日本政府代表部が「我が国の要人に関して不適切だ」と申し入れ、編集部はPDF版の写真を差し替えた。
 この雑誌は英語と仏語で記され、編集部はスイス・ジュネーブの国連欧州本部にある。「ジュネーブにおける国連と世界保健機関(WHO)の国際公務員の公式雑誌」とされ、公称1万500部。国連関係者や各国政府代表部などに配布されるほか、ネット上にPDF版を掲載している。
 問題のコラージュは、カザフスタン出身の国連職員が執筆した「オバステ」という英文記事に添えられていた。記事は長年勤めた元職員の待遇について触れ、1958年の木下恵介監督の映画「楢山節考」で描かれたうば捨てのようにならないように、と警鐘を鳴らしたものだった。
 コラージュには日本語で「麻生太郎 姥(うば)捨て」と記されていた。ネット上の素材を転載したものとみられ、作者や意図、作成時期は確認されていない。
 編集部関係者は、日本語のわからない外注のデザイン担当者が無作為に採用したもので、意味も知らなかったと説明。麻生氏が日本の元首相ということも認識していなかったという。日本政府代表部の申し入れを受けた後、PDF版について、コラージュを1983年の「楢山節考」(今村昌平監督、緒形拳主演)の画像に差し替えた。


朝日新聞、2017年11月18日16時01分
「姥捨て」題材コラージュに麻生氏の顔写真
国連公認誌

(ジュネーブ=松尾一郎)
http://www.asahi.com/articles/ASKCK5TBDKCKUHBI025.html

 それほど日本のこの人の年寄りいじめの発言が世界中に広まっていた、ということを意味しています。

 衆院選で自民党が大勝した理由について「北朝鮮のおかげ」と語った麻生太郎副総理兼財務相の発言が、波紋を広げている。与党には「ジョーク」でかわそうとする動きもあるが、北朝鮮情勢が緊迫する中での衆院解散には元々批判があっただけに、野党は反発を強めている。
 麻生氏の発言は10月26日夜、自民党議員のパーティーで。自民党の勝因について「明らかに北朝鮮のおかげもありましょうし、いろんな方々がいろんな意識をお持ちになられたんだろう」と語った。
 麻生氏の27日午前の閣議後会見では、記者から「発言は、国難に乗じて解散したとの印象もある」との質問が出た。安倍晋三首相が今回の衆院解散を「国難突破解散」と名付けたことを踏まえたものだが、麻生氏は
「それはあなたの印象。おれは全然違う。どうやったら北朝鮮に対応できるかは政府が決める話。一番対応できる政府は、どの政党の組み合わせだというので、国民が選んだ」と否定した。
 麻生氏の発言に対し、自民党の二階俊博幹事長は10月27日、「ジョークでおっしゃった部分もあるだろう。コメントするに至らない」とかわしたが、野党は反発している。
 立憲民主党の長妻昭代表代行は記者団に
「危機を利用したととられかねない発言だ。政府ナンバー2の発言で、世界に誤ったメッセージを出すことがあってはならない」と述べ、国会で追及する構えを見せる。
 共産党の小池晃書記局長は朝日新聞の取材に
「『国難利用解散』だったということ。自民党の議席を守ることしか頭にないことがはっきりと出た」と批判した。


朝日新聞、2017年10月27日18時24分
二階氏「ジョークでは」
麻生氏「北朝鮮のおかげ」発言

http://digital.asahi.com/articles/ASKBW5CJSKBWUTFK00B.html

 麻生太郎副総理は9月23日、宇都宮市内での講演で、朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れたうえで、
「武装難民かもしれない。警察で対応するのか。自衛隊、防衛出動か。射殺ですか。真剣に考えなければならない」と語った。
 麻生氏はシリアやイラクの難民の事例を挙げ、「向こうから日本に難民が押し寄せてくる。動力のないボートだって潮流に乗って間違いなく漂着する。10万人単位をどこに収容するのか」と指摘。さらに
「向こうは武装しているかもしれない」としたうえで「防衛出動」に言及した。
 防衛出動は、日本が直接攻撃を受けるか、その明白な危険が切迫している「武力攻撃事態」などの際に認められており、難民対応は想定していない。
 麻生氏は先月、
「少なくとも(政治家になる)動機は問わない。結果が大事だ。何百万人も殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくてもダメなんだ」と発言し、撤回していた。


朝日新聞、2017年9月24日01時20分
麻生副総理「警察か防衛出動か射殺か」
武装難民対策

http://www.asahi.com/articles/ASK9R6DCPK9RUTFK00J.html

 <朝鮮半島から大量の難民が日本に押し寄せる可能性に触れた>際、どうしてそんな話の方向に舵を切るのかな。この人本当に政府ナンバー2?日本の元首相?なんか、尻の軽いおっちゃん、舌の滑るおっちゃん、そんな話し、テレビのあっははおっほっほのタレント、場末の呑み屋か銭湯の湯船につかったときの話題でしょ。
 今朝はマレーシアの知識人の話しを聞くことから一日を始めましょう:

Their suffering is sometimes unimaginably cruel. More should be done to help them, including in Malaysia. 

THE plight of some of the world’s refugees and migrant workers makes grim reading indeed.
Thousands of migrants in Libya are being detained under “horrific, inhuman conditions”, according to the United Nations High Commis-sioner for Human Rights Zeid Ra’ad al Hussein.

UN monitors interviewed migrants (who had fled conflict and poverty from Africa and Asia) at four detention centres in Tripoli earlier this month.

“Monitors were shocked by what they saw: thousands of emaciated and traumatised men, women and children piled on top of one another, locked up in hangars with no access to the most basic necessities and stripped of their human dignity,” said a spokesman of the Office of the High Commissioner for Human Rights (OHCHR).

Detainees at the centres said they are often beaten or prodded with electric sticks if they ask for food or medicine. With no functioning toilets in the facilities, the detainees find it difficult to breathe amid the smell of urine and faeces.

Rape and sexual violence are commonplace.

Nearly 20,000 migrants are now in custody, a big jump from 7,000 in mid-September.

According to the OHCHR, the European Union is assisting Libya to intercept migrant boats in the Mediterranean to prevent them from reaching European countries.

“We cannot be a silent witness to modern-day slavery, rape and other sexual violence and unlawful killings in the name of managing migration and preventing desperate people from reaching Europe’s shores,” said Zeid.

He urged Libya to stamp out human rights violations in the centres and called on the international community not to turn a blind eye to the “unimaginable horrors” suffered by the migrants.

Commissioner Zeid was also one of the first persons to condemn the attacks on Rohingya villages in Myanmar. He termed it a textbook example of ethnic cleansing.

After enduring the burning of whole villages, the killings of family members and rape of the women, about 620,000 Rohingya refugees have made their way to Cox’s Bazar in Bangladesh since Aug 25.

The daily battle for survival continues for thousands as food, health services and other basic facilities are far from adequate.

Sexual violence is among the most traumatic experiences of the refugees.

“My observations point to a pattern of widespread atrocities, including rape, gang rape by multiple soldiers, forced public nudity and humiliation, and sexual slavery in military captivity directed against Rohingya women and girls,” UN Special Representative on Sexual Violence in Conflict Pramila Patten said last Thursday, after meeting the refugees in their camps.

Most of the rapes were carried out by the Myanmar military, she concluded.

But many refugees are now also exposed to new dangers. Last week, the International Organisation for Migration (IOM) reported that human trafficking and exploitation are now rife among the Rohingya refugees.

Men, women and children are recruited with false offers of paid work, but they are not paid what was promised.

“They are often deprived of sleep, work more hours than agreed, not allowed to leave their work premises or contact their family,” said the IOM.

Women and children are often physically or sexually abused. A number of adolescent girls were forced into prostitution. In one case, a woman who went to work for a family was brought back to the settlements dead.

The IOM called for action to help Rohingya refugees mitigate the risks of human trafficking before this spirals out of control.

Another horrifying situation is in Yemen. The country is collapsing and its people dying. It is facing the largest famine the world has seen in decades if the blockade on basic supplies into the country is not lifted immediately, according to Mark Lowcock, the UN Emergency Relief coordinator.

Yemen depends on imports for 90% of its daily needs, much of it supplied by aid. Fighting in the country has collapsed its health, water and sanitation systems.

Yemen has become the world’s largest humanitarian crisis, affecting 21 million people, said a spokesman for the UN High Commission for Refugees, William Spindler.

Humanitarian organisations also warned that any disruption in the pipeline of critical supplies such as food, fuel and medicines has the potential to bring millions of people closer to starvation and death. They have called for the immediate opening of all air and seaports to ensure entry of supplies.

Internal displacement also creates refugees. Fighting in the Central African Republic has led to 600,000 people internally displaced in the country and over 500,000 refugees outside the country. In Darfur, a third of its people are still displaced despite the drop in violence.

Malaysia has its own issues to deal with regarding refugees and migrants. There were 62,513 Rohingya refugees in the country as of September, according to Datuk Seri Shahidan Kassim, Minister in the Prime Minister’s Department.

Efforts should be stepped up to enable them, as well as the many other thousands of refugees from other countries, to have good opportunities in life such as jobs, education, healthcare and housing.

The death of 11 people, 10 of whom were migrant workers, in a landslide at a housing construction site in Penang, also brought to public attention the fact that most of the workers who build our houses and provide labour in many plantations are foreigners.

Adequate attention should be paid to their working and living conditions, including compensation for worksite injury and death.

Last week’s Asean Summit adopted an Asean consensus to protect and promote migrant workers’ rights. It is important to translate this into the country’s policies, laws and guidelines.


The Star, Published: Monday, 20 Nov 2017
Refugees facing terrible ordeal
By Martin Khor
http://www.thestar.com.my/opinion/columnists/global-trends/2017/11/20/refugees-facing-terrible-ordeal-their-suffering-is-sometimes-unimaginably-cruel-more-should-be-done/

posted by fom_club at 06:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

人づくり革命 ?!

生活保護費の引き下げは、なぜ許されるのか?

 いま生活保護制度は、1950年の制度創設以来、最大の危機に直面しているのかもしれない。
 政治的な事情により、「必要即応」「無差別平等」という生活保護制度の原則が徹底されなくなったのは、1954年(昭和29年)のことだった。戦後の混乱期、生活保護を必要とする人々の急増により、生活保護費は増大する一方だった。大蔵省(当時)はこのことを問題視し、厚生省(当時)は抵抗した。
 4年間にわたったバトルは、結局、厚生省が生活保護の「適正化」を受け入れることで決着した。ここで言う「適正化」とは、生活保護の申請を抑制すること、すでに生活保護で暮らしている人々を対象外とすることだった。この「適正化」路線は、程度の強弱や内容の違いはあるものの、現在まで続いている。
 2000年代の「適正化」の特徴は、人数・世帯数の増加を抑制することに加えて、個々の世帯に給付される生活保護費の金額を縮小させ始めたことだ。生活費に関しては、世帯類型ごとの特徴に対する「加算」が最初の削減ターゲットとなった。
 まず、高齢世帯に対する「老齢加算」が廃止され(2004年度より、2007年度に完全廃止)、ついで、子どもがいるけれども両親の片方または両方がいない世帯に対する「母子加算」(2005年〜2008年、2009年度に完全廃止)が廃止された。このうち母子加算は、2009年12月、民主党政権下で復活した。
 民主党政権から自民党政権への政権交代を経た2013年以後は、生活費(生活扶助)本体の削減(2013年〜2015年、平均6.5%)、冬季の暖房費補助(冬季加算)の削減(2015年より)、住宅費(住宅扶助)の上限額削減(2015年より)と、大きな影響をもたらす引き下げが相次いでいる。
 この他、多人数世帯に対する「スケールメリット」を反映した「逓減率」も見直された。私から見ればスケールメリットの過剰見積もりとなっており、多人数世帯に大きな打撃を与えている。心が痛むのは、これらの引き下げから最も大きな影響を受けているのは、複数の子どもがいる生活保護世帯であることだ。
 他人から金品を奪えば窃盗だし、家庭の収入を家族に使わせないことは「経済的暴力」ともなり得る。しかし、生活保護基準を引き下げることによって、政権はどのような処罰も受けない。「根拠」と言える根拠も、影響に関する十分な見積もりもなく、「引き下げたいから、引き下げる」で済んでしまうのだ。
 憂慮の絶えない日々が続く本年2017年11月3日、毎日新聞によるショッキングな報道が行われた。同記事によれば、消費実態に比べて生活保護基準が高すぎると見られる大阪市などで、生活保護基準が来年度から引き下げられる可能性があるということだ。「生活保護で地方は不利」という声は以前から存在したのだが、「だったら都市部を引き下げればいい、大阪市なら市長は反対しないだろう」ということなのだろうか。
 長年にわたって生活保護の現場で働いてきた社会福祉士の田川英信さんは、この生活保護費の「地域格差」問題に関する突然の報道に、驚きを隠せない。

「厚労省は今年8月、『全国生活と健康を守る会連合会』との公的な懇談で、『検討課題としていたけれども、検討が間に合わないため、来年度は実施しない』と発言していました。なのに、このような報道があって驚いています。現在開かれている社会保障審議会のいずれの部会でも、何の検討もされていません」

 私にとっても「寝耳に水」だ。

イマドキの生活コストは物価だけでは測れない

 生活保護基準は、制度発足時から地域によって「格差」が設定されていた。
 生活保護制度には、どのような条件下においても「健康で文化的な最低限度の生活」を保障する必要がある。生活コストの高い地域では、生活保護基準も高くなるのが必然だ。ちなみに、国民年金の給付額が全国一律なのは、年金が基本的に「支払った保険料のリターン」であり、最低生活保障機能を持っていないからだ。
 戦後、昭和20年代、30年代であれば、生活コストを見積もることは、現在ほど困難ではなかったかもしれない。それほど大きくない市、あるいは小さな町村の中で、その地域の低所得層の人々が日常の買い物をしている商店・商店街などで物品の価格を調べれば済むことだった。人々の多くは、地方でも車を保有しておらず、安売りを求めて遠方のショッピングモールに車を走らせることはなかった。
 昭和20年代は食糧などの「ヤミ価格」を考慮するという困難な課題があったものの、当時の消費者物価指数はヤミ価格も考慮して計算されていた。もちろん、生活保護基準も同様の考え方で計算されていた。「正規価格の食糧なら買える保護基準」は、ヤミ食糧しかない場面では餓死者を生み出してしまうからだ。
 日本が終戦直後の混乱期を脱却すると、ヤミ食糧の必要性は薄れていった。いずれにしても昭和30年代、40年代までは、「その地域で売られている物品の価格」で、生活保護基準が問題なく見積もれたものと思われる。

「車社会化」で生活保護基準の見積もりが困難になった

 この状況を激変させたのは、日本の「車社会化」だ。
 生活保護制度が発足した1950年(昭和25年)、日本の乗用車の台数は、自家用・業務用を含めて約6万4000台だった。1960年(昭和35年)には約51万台と急増しているが、それでも多くの家庭にとって「自家用車」は縁遠いものだった。しかしこの時期も乗用車の台数は増加を続け、1970年(昭和45年)には約900万台、1974年(昭和49年)には約1600万台となっている。
 ちなみに、2017年7月のデータの車種別(詳細)保有台数表によれば、日本で保有されている乗用車は約6100万台、そのほとんどが自家用だ。大人1人につき1台の自動車が必要な地域では、自動車の保有率は100%を超えている。
 しかしながら現在、生活保護で暮らすことは、車を断念することとほとんど同じだ。生活保護のもとでは、ごくわずかな例外を除き、自動車の保有や運転は禁止されているからだ。交通が不便な地域では、このことが就労の機会まで奪う可能性も指摘されているが、政府が見直す気配はない。
 いずれにしても、交通が不便な地域で生活保護で暮らす人々は、しばしば徒歩または自転車で行ける範囲で、割高な買い物をせざるを得なくなる。大手スーパーやコンビニで販売されている商品の価格は、多くの場合は全国統一となっており、地域によって割高だったり割安だったりするわけではない。バスに乗って買い物に行こうにも、地方ではバスが1日あたり1往復・2往復になったり、あるいはバス路線そのものが消滅してしまったりしている。
 「言い値」で購入するしかない購買者の事情、そもそも商売の成り立ちにくい過疎地で辛うじてビジネスを維持している販売者の事情の双方から、交通が不便な地域の物価は高くなりがちだ。
 現在の生活保護制度では、全国の自治体を生活コストによって3つの「級地」に区分、さらに各級を2区分、合わせて6ランクに区分している。もちろん、生活コストに合わせて、生活費にも差がつけられている。
 しかし現在の区分見直しは、まだ「限界集落」という用語が一般的でなく、現在に比べればバスも鉄道も多数の路線があった1987年に行われたものだ。最低となる「3級地の1」「3級地の2」で生活が厳しくなり過ぎているという声は、以前から挙げられていた。しかし、現政権は地方の生活保護費を引き上げるつもりはなく、都市部を引き下げる方針のようである。
 もう1つ、考慮しなくてはならない背景がある。「平成の大合併」だ。

「平成の大合併」での保護基準統合をめぐる混乱

 現在の生活保護の級地が定められた1987年、日本には3253の市町村があった。
 しかし「平成の大合併」が一段落した2010年度末、市町村数は1727まで減少した。
 市町村合併の際、生活保護での級地区分の異なる市町村が合併される場合には、級地は上位に合わせられた。2005年、京都府京北町が京都市と合併した際には、保護基準が高い方から5番目だった京北町は、最も高い京都市に合わせられた。
 また、2010 年に長崎県江迎町・鹿町町(いずれも高い方から6番目=最下位)が佐世保市と合併したときには、合併先の佐世保市(高い方から4番目)に合わせられた。
 現在問題にされているのは、1987年に存在した自治体のうち約20%で、このような「繰り上がり」が起こったことである。しかし、もしも逆だったら、つまり「保護基準を低い側に合わせる」こととなっていたら、合併した新自治体にもたらされる生活保護費は減る。また住民は、合併のせいで「自分の保護費が減った」「生活保護のお客さんの買い物が減って売り上げ減少」ということになる。住民が合併のせいで「自分の保護費が減った」「生活保護のお客さんの買い物が減った」ということになる。そういうことなら、誰も合併に賛成しなかっただろう。
 むろん、「平成の大合併」で合併した市町村の約80%では、生活保護の級地の「繰り上がり」は起こっていない。たとえば、2005年に3町の合併で生まれた大分県由布市は、合併前も合併後も、最下位「3級地の2」のままだ。しかし大合併は、役所と出先機関の減少や小中学校の減少など、生活にとって好ましくない影響ももたらす。大合併で削減されたコストの多くが、実のところは住民に付け替えられているのだとすれば、生活保護の級地が変わらなかった自治体でも、有形無形の生活コストが高くなっているはずだ。
 いずれにしても、市町村合併と生活保護基準の関係を、簡単に検討したり決定したりできるわけがない。社保審・生活保護基準部会で、この問題が論点として持ち出されたのは2016年10月であり、現在まで若干の検討は行われているが、重大な決定の根拠と言えるほどの検討がされているわけではない。
 他の誰かの生活を「ゼイタクだ」「充分に貧乏ではない」と断定するのは容易だが、一般的に、生活コストの見積もりは困難な課題だ。まして、地域ごとに異なる数々の経緯や要因を考慮して、最低限度だけれど「健康で文化的」な生活費を見積もることは、それ自体が極めてチャレンジングな研究課題となり得る。
 だから、専門家委員会である社保審・生活保護基準部会は慎重なのだ。もちろん「大阪市は引き下げる」といった具体的な話は全く出ていない。にもかかわらず、リークなのかスクープなのか、毎日新聞は「大阪市などは引き下げ方針」と報道した。私は「寝耳にミミズ!」「そんなのアリかよ!?」と絶叫したい。

専門家は「お飾り」なのか? 徹底的な無視の連続

 生活保護基準を決定するための専門家・有識者による審議会は、制度発足当初から必要性が認識されていた。当時、厚生省保護課長だった小山進次郎氏は、「国民の声を保護基準に反映する審議会を」という声もある中で、国会で「保護の基準はあくまで合理的な基礎資料によって算定」されるべき、「決定に当たり政治的色彩の混入することは厳に避け」られるべき、「合理的な基礎資料は社会保障制度審議会の最低生活水準に関する調査研究の完了によって得られるべき」と説明した。
 これが、現在の審議会方式の始まりだった。人間が基本的な暮らしを営むにあたって必要なコストを計算することが実は研究上の大変な難問であること、人間の生命・生存・生活を直接左右する保護基準だからこそ誰もが納得するデータとプロセスから導かれなくてはならないこと、政治的な思惑や感情による「上げろ」「下げろ」に対応すべきではないことを1950年に述べた小山氏が日本の現状を見たら、いったいどう感じるだろうか。
 生活保護問題に深く関わってきた弁護士の小久保哲郎氏も、この経緯を踏まえて語る。

「『健康で文化的な最低限度の生活』の水準が何なのかを探求するのは、極めて専門技術的な判断です。保護課の2人、3人の係員が左右するものであってはなりません。審議会の意見を踏まえて合理的な資料根拠に基づいて決められなくてはならないということが、生活保護法の立法段階で繰り返し確認されました」

 生活保護法が成立し施行された1950年から、長い時間が経過し、厚生省は厚労省になった。

「厚労省は、母子加算・老齢加算廃止までは一応、曲がりなりにも『専門委員会の意見を踏まえた』という体裁を取り繕ってきました。しかし、2013年の生活扶助基準引き下げでは、『生活保護費は10%削減』という自民党の選挙公約を実現するため、徹頭徹尾、基準部会の意見をないがしろにしました。生活保護基準部会の検証結果の数値は、勝手に半分にされました」(小久保さん)

 このことは、北海道新聞記者の本田良一氏が明らかにし、新聞記事および雑誌『世界』(岩波書店)などでレポートしている。

「その上、基準部会では全く検討していない消費者物価指数を考慮し、さらには『生活扶助相当CPI』という偽装的な数値を用い、体裁さえかなぐり捨てたのです」(小久保さん)

健康で文化的な生活とは何か? 役人にもぜひ体感して欲しい

 体裁くらいは繕うのが役所だと思っていたが、ここ数年の厚労省は、はるか「斜め上」を行き続けている。
 北海道の厳寒の町で生活保護で暮らす平田明子さん(仮名・47歳)は、自らの生活実感を踏まえて語る。

「6段階の上から3番目〜6番目に当たる地域について、生活保護費を上げる議論が、されていないことはおかしいです。小さな市町村の暮らしは車がないと成立しません。歩く暮らしには向いていない地域がほとんどです。厚労省のみなさん、生活保護の暮らしをしてみてください。すぐにわかることがたくさんあります」

 その暮らしは「健康で文化的」なのか。「人間の暮らし」と言えるものなのか。自分たちが実施しようとしている施策は、誰の暮らしをどのように変えようとしているのか。我が身の実感をもっても、文字通り「血の出るような」「身を削るような」変化を他人にもたらすことを良しとできるのか。
 現政権の方々にも、厚労省の方々にも、ぜひ体感してから決定していただきたいと思う。


Diamond Online、2017.11.10
生活保護の根拠なき引き下げに翻弄される貧困家庭
「心の叫び」

(フリーランスライター みわよしこ)
http://diamond.jp/articles/-/148905

 政府が検討している幼児教育無償化の制度設計が揺れている。
 一時、認可外の保育施設を対象外にするとして「不公平だ」と批判を浴び、原則すべての認可外施設を補助金の対象にする方針に一転した。
 一方、来年度の税制改正では高所得の会社員の増税が検討されている。子育て世帯は増税の対象外にする、つまり子どもがいない高所得者には増税するという案が報じられ、「人生の選択や個人の事情に”罰金”を課すなんて」と批判が集中した。
 子どもがいる、いない。子どもを預ける、預けない。預ける施設が幼稚園、保育園、認可、認可外。政府からは、国民の分断を誘うような提案ばかりが飛び出してくる。

 幼児教育無償化に当初から異議を唱えてきたのは、日本総合研究所主任研究員の池本美香さんだ。
 保育政策に詳しい池本さんは「お粗末な制度設計で無償化を進めたら、親も保育士も自治体職員もクタクタになるだけ。そのしわ寄せは子どもにいきます」と心配する。
 なぜなのか。理由を詳しく述べる前に、幼児教育無償化がこれまでどのように議論されてきたのかを振り返る。

なぜ無償化に?

 幼児教育無償化の案は、これまでも単発的に浮上していた。今年3月、小泉進次郎氏ら自民党の若手議員でつくる小委員会が提言をまとめた「こども保険」の使い道として具体的になった。
 「高齢者に偏った社会保障制度を持続可能なものにし、子どもを社会全体で支える」(小泉氏)のが「こども保険」のねらいで、社会保険料の引き上げを財源案とした。
 自民党はさらに、2017年10月にあった衆院選の直前、幼児教育無償化を目玉公約に掲げた。2年後に予定されている消費税率引き上げの増収分をあてるという提案だ。
 安倍晋三首相は、幼児教育無償化を含めた「全世代型社会保障」の実現に向けて年間2兆円規模の政策を年内にまとめるとし、消費増税でまかなえない約3000億円の拠出を経済界に要請。経団連、経済同友会、日本商工会議所の3団体は拠出する方針を示した。
 しかし、自民党の公約では〈すべての子供たちの幼稚園・保育園の費用〉が対象だったのが、衆院選後に突然、「認可外施設は対象外」と報じられた。「認可外は保育士の配置や面積などの基準が認可よりも緩く、無償化の対象にすると、政府が推奨していると受け止められかねない」(毎日新聞)などの理由からだ。
 これに待機児童問題の渦中にある保護者らが猛反発。「認可に預けられず仕方なく認可外に通わせている家庭もあるのに不公平」「まず待機児童解消が先だ」といった意見がTwitter上の#子育て政策おかしくないですかのハッシュタグで沸き起こり、保護者団体が署名活動もはじめた。
 政府はこうした声を受け、方針を転換。企業が整備する「企業主導型保育」や夜間も預かる「ベビーホテル」も含む、原則すべての認可外の保育施設を補助金支給の対象とする方向で検討することになった。
 補助金は、上限が月額2万5700円。認可外の保育料は施設ごとに異なり、月5万円を超える施設も少なくない。”無償”とはならない世帯が多く出てきそうだ。

「救済補助金」でいいのか

 幼児教育無償化について、池本さんは「検討が不十分です」と話す。
 まず、認可外だけでなく認可でも、保育料負担の実情に見合っていないという。

「認可施設の保育料はすでに所得に応じて軽減されていますから、認可の無償化は、高所得の人ほど恩恵が大きくなってしまいます」

 財源に余裕があるならともかく、緊急性が高い政策課題ではない、というのが池本さんの見方だ。むしろ弊害を指摘する。

「保育の質が担保されていない施設を無償化すると、『救済補助金』として機能してしまい、本来必要とされる改革が停滞しかねません」

 働く女性が増えたことによって幼稚園の需要は大幅に減りつつある。そのぶん保育園の需要は増えているが、少子化でいずれ頭打ちになると見込まれる。
 待機児童問題は都市部では注目を集めているものの、全国的には施設をどんどん作って定員を増やせばいいという段階ではなくなっている。むしろ幼稚園を認定こども園に移行したり、幼保あわせた統廃合を検討したり、施設を小規模化したりと、大胆な改革が必要だ。
 それなのにすべての施設に ”無償化” という錦の御旗を掲げると、本来なら淘汰されるはずの質の悪い施設やニーズに合わない施設まで生き延びる可能性があるというのだ。

「実際に幼児教育を無償化した国では、施設利用率が上がり、保育時間が長時間化しています」

 無償化によって保育ニーズが掘り起こされるほか、これまで払っていた保育料負担が減ると、事業者が追加で有料サービスを提供しやすくなったり、親はより長時間の保育を希望したりすることが考えられる。その結果、待機児童問題や保育士不足、保育の質の低下は、改善するどころか深刻化する懸念があるという。
 日本の高度経済成長が終わりを迎える1973年、老人医療費無料化が実施された。その結果、医療を必要としない高齢者が入院する"社会的入院"や過剰診療など、コスト感覚が失われ、高齢者医療費が膨れ上がった。「その幼児教育版ともなりかねません」と池本さんは指摘する。ツケを払うのは、当の子ども世代なのだ。

優先順位は?

「まず質の高い幼児教育や保育を提供できるように改革をして、無償化はその総仕上げとして最後にやるべきなんです」

 2007年に幼児教育を無償化したニュージーランドでは、1980年代からその準備となる改革がはじまっていたという。1986年、社会福祉省が所管していた保育園を、幼稚園を所管する教育省に移した。
 日本では、保育園は厚生労働省、幼稚園は文部科学省が所管。認定こども園や企業主導型保育の事業を進める子ども・子育て支援制度は内閣府が担当している。この縦割り行政を、ニュージーランドはまずなくしたのだ。
ニュージーランドはほかにも、すべての教育機関の質を評価する国の機関を設置し、評価結果をデータで公開している。保育士の給与水準は小学校教諭並みに引き上げられているが、保育士免許は更新制で、資格のレベルにより給与が異なる。施設でのICT化も進んでいる。
 日本では、さまざまな第三者評価機関や評価基準があり、結果の公開レベルもまちまち。保育士の給与水準は低く、現場にいない潜在保育士は70万人超といわれている。保育現場はいまだに連絡帳や出席簿、現金精算のアナログ文化だ。
 縦割り行政や自治体任せ、アナログ文化に象徴されるように、今ある子育て財源さえ、ムダ遣いが目立つ。無償化ありきで財源確保や対象者の選別に右往左往する前に、できることがあるのではないか。

アナログ文化のムダ

 例えば、認可保育園の入園に向けた手続き。「保活」のシーズンになると、多くの保護者がその理不尽さやアナログぶりに驚く。
 入園は原則、認可の場合は自治体に、認可外の場合は各施設に申し込む。自治体によって認可外施設の情報提供にばらつきがあり、認可の選考基準もばらばら。「保活は情報戦」といわれるのはそのためだ。
 保護者は、園の見学や市区町村の入園相談窓口に何度も足を運ぶ。見学予約のための電話をかけ続けることもある。
 選考基準や施設の種別はとても複雑なため、窓口で職員が保護者一人ずつに丁寧に説明する。各施設の園長は見学や電話の対応にかかりきりになる。
 しかも入園申し込みは手書きの書類だ。書くほうの保護者も大変だが、データ入力やチェックをする自治体担当者の苦労もはかり知れない。
 会社員の夫婦なら、それぞれが勤める企業の人事担当者に就労証明の用紙を提出し、勤務実態を記入してもらう。自治体の職員は、入園申請書と就労証明の内容が食い違っていないかチェックする。そして申請書に書かれている希望園を、希望順の通り手作業でデータ入力し、ミスがないよう二重三重に確認する。
 入園に関する事務作業だけでもこれだけの量の業務を個人、企業、自治体に課しているわけだが、業務削減やコスト削減の感覚はあまり浸透していない。

「幼児教育や保育に関わる人たちの隠れた負担は膨大です。一つひとつの作業はささいなことでも、積もり積もって保育財源を圧迫しているでしょう。このムダは、親、保育士、職員みんなを疲弊させています」

「本気で無償化をやるのであれば、質の向上とコスト削減を必ずセットで進めてほしい。当事者の希望や現状課題をまったくわかっていない『ただの無償化』にはしないでもらいたいです」

 安倍首相は新しく政策の看板に掲げた「人づくり革命」の一環として、幼児教育無償化を掲げている。
 子どもたちの成長に直結する幼児教育や保育のビジョンとしてまず必要なのが、無償化なのだろうか。


BuzzFeed News、2017/11/20 06:01
幼児教育無償化がもはやカオスに。
本当に子どものためになる政策なの?
今ある資源さえ、ムダ遣いしていませんか。

(小林明子、BuzzFeed News Editor、Japan)
https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/mushouka

posted by fom_club at 19:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人権大国・日本

 国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京都新宿区、以下グリーンピース)は、スイス・ジュネーブで本日11月14日午前(現地時間)に行われた国連人権理事会による日本の普遍的定期的審査(UPR)(注1)の作業部会で、東京電力福島第一原発事故をめぐる日本政府の対応に複数の国の政府代表者が人権侵害の是正勧告を行なったことを受けて、日本政府がこれらの勧告を受け入れることを求めます。

 ドイツ、オーストリア、ポルトガル、メキシコは、特に健康への取り組みと、女性と子どもの人権侵害是正を正式に勧告しました。
 国連人権高等弁務官事務所条約機関と国連特別報告者も、UPRの実施に伴い提出した文書の中で、これらの勧告と同様の懸念を示しています(注2)。

 グリーンピース・ジャパンのシニア・グローバル・エネルギー担当のケンドラ・ウルリッチは
「ドイツとベルギーは、原発事故の被害を受けた女性と子どもの権利の保護について、日本政府に対して厳しい質問をしましたが、 日本政府はきちんと答えませんでした。日本政府は、自らが署名している国際的な人権条約を守らず、福島の女性と子どもたちを犠牲にしています。女性と子どもは、社会的、経済的な弱者であるだけでなく、放射線の影響を受けやすく、日本政府は、今すぐに、被害者とりわけ女性と子どもの人権侵害の状況を是正すべきです」と訴えました。

 福島原発事故によって、国際的な公衆被ばく限度である年間1ミリシーベルトを上回る量の放射能に汚染された地域への帰還は、多くの人権問題を伴います。
 日本政府は、2017年春にいわゆる「自主避難者」への住宅支援を打ち切り、2018年3月には、避難指示が解除された地域の賠償も打ち切ります。(ヤッホー君注)
 これにより被害者は、経済的な理由によって、汚染された地域に自らの意思に反して戻らざるを得なくなる可能性もあります。
 このような方針は、日本が締結している複数の人権に関する条約に違反しています。

 ポルトガル、オーストリア、ドイツ、メキシコは、日本政府に対して、原発事故被害者への経済面、健康面そのほかの支援の継続を正式に勧告しました。
 ドイツは、年1ミリシーベルト基準を帰還政策で採用するよう求めました。
 これは2012年に来日した健康の権利特別報告者の報告にも沿っています。(注3)

 国際民主法律家協会(International Democratic Lawyers)代表で、国連人権理事会担当の弁護士ミコル・サヴィア氏は
「国際社会は日本政府に対し、原発事故被害者の人権、特に女性や子どもの権利侵害に対処するよう要請しています。 私たちは、日本政府が勧告を受け入れ、その帰還政策を改めるよう強く求めます。被害者は、住宅支援や賠償の打ち切りによって、汚染地に帰るか、貧困に直面するかという選択を迫られています。これは国際的に見ても人権侵害にほかなりません」と語りました。

 グリーンピース・ジャパンは、先月、福島原発事故被害者の女性とともにUPRの事前セッションに参加しています。(注4)

(注1)国連人権理事会の創設に伴い、国連加盟国(193ヶ国)全ての国の人権状況を普遍的に審査する枠組みとして盛り込まれた制度。今年は、日本についての審査が行われる。10月の事前セッションのあと、11月の作業部会で国連加盟国すべてが議論に参加、審査結果としての結果文書は3月の人権理事会本会合で採択される。結果文書は、勧告及び(または)結論と被審査国の自発的誓約から構成される。
外務省:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken_r/upr_gai.html

(注2)Report of the Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights - Compilation on Japan 

(注3)Report of the Special Rapporteur on the right of everyone to the enjoyment of the highest attainable standard of physical and mental health, Anand Grover

(注4)グリーンピース、本日クラウドファンディング開始、「福島原発事故をめぐる政府の帰還政策は人権侵害」 国連勧告を目指して、被害者をジュネーブへ(プレスリリース)


国際環境NGOグリーンピース・プレスリリース、2017-11-14
2017/11/14 国連人権理事会の対日人権審査で、福島原発事故被害者の人権問題に懸念
日本政府は勧告の受け入れを

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/2017/pr201711142/

【ジュネーブ=共同】
 国連人権理事会は11月14日、約5年ぶりに日本の人権状況を審査する作業部会を開いた。
 特定秘密保護法などで萎縮していると指摘される「報道の自由」の現状に懸念を示す意見が相次ぎ、米国やオーストリアの代表は政府が放送局に電波停止を命じる根拠となる放送法4条の改正を求めた。

 韓国は慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意について合意過程を検証していると述べ、中国は元慰安婦への誠意ある謝罪と補償を求めた。ベルギー、カタール、トーゴが勧告をまとめ11月16日に出す。

 報道の自由に関しブラジルやベラルーシも特定秘密保護法に懸念を示した。
 日本側は「表現の自由は憲法で保障され、放送法の運用でもメディアの独立を尊重している」と反論した。

 東京電力福島第一原発事故後の住民の健康に関して子どもなどに支援を続けるべきだとの指摘があった。

 審査の冒頭、岡村善文政府代表は過去5年の人権促進の取り組みを紹介し、障害者権利条約の締結やヘイトスピーチ対策法の施行などを挙げた。
 慰安婦問題でも「元慰安婦の心の傷を癒やす事業を実施している」と説明した。

 欧州連合(EU)諸国を中心に死刑制度の廃止や一時停止を求める意見が多く出た。
 国連の特別報告者は今年2017年、在沖縄米軍基地反対運動への圧力に懸念を表明。
 今回の審査で直接言及した国はなかったが、ペルーは「沖縄の人々が社会権を享受できるように対策を強化してほしい」と求めた。

 作業部会では100以上の国・地域が発言した。
 人権理は「普遍的審査」制度に基づき全ての国連加盟国を数年ごとに順次審査しており、日本の審査は3回目になる。
 最終的な勧告は来年2018年2〜3月で、勧告に法的拘束力はない。


東京新聞朝刊、2017年11月15日
国連人権理 秘密法に懸念示す
日本の人権5年ぶり審査

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201711/CK2017111502000135.html

日本の人権状況、各国から218の勧告
国連人権理事会

 国連人権理事会は11月16日、日本の人権状況の定期審査で各国から出た勧告をまとめた報告書案を公表した。
 11月14日の審査では世界106ヶ国が意見表明をしたが、報告書には218の勧告が記載された。

 今回で3回目となる定期審査では、日本政府が前回からの成果として挙げた2015年12月の日韓慰安婦合意について、韓国政府から否定的な意見が出た。
 報告書では、「いわゆる慰安婦の問題を含む歴史の真実を将来の世代が学ぶことを確実にする努力をせよ」(韓国)、「慰安婦問題について心から謝罪し、被害者に補償せよ」(中国)、「性奴隷を含む過去の人道に対する罪の法的な国家責任を受け入れ、誠実に対処せよ」(北朝鮮)という三つの関連する勧告の記載があった。

 報告書で目立ったのが人種差別や性差別、外国人差別、性的少数者差別などをなくす取り組みに関する勧告だった。
 国連人権理で積極的に発言を続けているNGO「反差別国際運動」は、オランダなど多くの国が「反差別法」の制定を勧告した点を評価し、「定期審査の勧告に基づいて人種差別と戦うように求める」との声明を出した。

 報道関係では、当局側が行政指導の根拠として持ち出す可能性がある「政治的公平性」を求める放送法第4条について、米国の「廃止」を求める勧告が含まれた。

 死刑の廃止や一時停止、死刑囚の待遇改善を求める勧告も多く盛り込まれた。
 勧告内容は11月16日の会合で正式に採択されており、日本政府は来年3月までにこれら勧告の受け入れの可否について態度表明しなければならない。


ハフポスト日本版NEWS、2017年11月17日 09時31分 JST
日本の人権状況に 「218の勧告」。国連人権理事会で各国から問題視されたのは……
日本政府は来年3月までにこれら勧告の受け入れの可否について態度表明しなければならない

(ジュネーブ=松尾一郎)
http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/16/human-rights-japan_a_23280186/

 5年ぶりとなる国連人権理事会の対日審査で、特定秘密保護法をはじめとする日本の人権状況に関する勧告が相次いだ。
 政府は謙虚に受け止め、改善に努めるべきだ。

 国連人権理事会は、全ての国連加盟国を対象に人権に関連する問題について、数年おきに審査している。
 日本が対象国となったのは今回が3回目だ。

 日本政府や、非政府組織(NGO)が提出した報告書を基に、今回、発言した国・地域は106、勧告数は218だった。
 日本弁護士連合会によると、女性や性的少数者(LGBT)、人種、民族的少数者などに対する差別の解消を求める勧告が60以上、死刑制度の廃止に関連した勧告が30以上あった。

 社会的弱者に対する日本政府の保護が、まだ十分でないと考える国が多いということだろう。

 また韓国と中国は、旧日本軍の従軍慰安婦問題を取り上げ、誠意ある謝罪と補償、公正な歴史教育の実施を求めた。

 見過ごせないのは2013年に成立した特定秘密保護法と、メディアとの関係だ。
 ブラジルとベラルーシは、特定秘密保護法が、メディアの独立性に影響を与えているとして懸念を示した。
 米国は、政府による放送局の電波停止権限の根拠となる放送法4条に関連し、「メディアに対する規制の枠組みを懸念する」と発言、政府から独立した監視機関の設立を提言した。
 オーストリアもメディアの独立性の保証を求めた。
 言論と表現の自由に関してはデービッド・ケイ国連特別報告者が6月に人権理事会で演説し、日本の報道が特定秘密保護法などで萎縮している可能性に言及して、法改正などを求めている。
 日本政府は「不正確で、不十分な内容」と反論したが、この問題に関心を持つ国は少なくない。

 勧告は、来春の人権理事会本会合で正式に採択される。
 人権理事会の勧告は、国連の総意ではなく、あくまで各国の意見表明を取りまとめたものだ。
 政治的な思惑を反映した発言が含まれる、との意見もある。
 それでも、勧告を聞きっぱなしにしてはならないだろう。

 人権問題を扱う法務省は、2020年の東京五輪に向けて「人権大国・日本」を掲げている。
 このスローガンに恥じないためにも、より多くの勧告に耳を傾け、改善に取り組んでほしい。


東京新聞・社説、2017年11月20日
対日人権勧告
聞きっぱなしにするな

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2017112002000119.html

(ヤッホー君注)例えば…
 東京電力福島第1原発事故に伴い、山形県米沢市の雇用促進住宅に自主避難した8世帯が今年2017年4月以降、家賃を支払わずに入居を続けているのは賃貸借契約に反するとして、住宅を管理する独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構」(千葉市美浜区)が10月25日までに、住宅の明け渡しと家賃の支払いを求める訴えを山形地裁米沢支部に起こした。
 訴状によると、福島県による自主避難者への住宅無償提供が2017年3月末で打ち切られたことを受け、賃貸借契約も終了。8世帯が有償で入居する契約を結ばずに住み続けるのは、不法占拠に当たると主張している。
 被告で福島市から避難した無職武田徹さん(76)は「原発事故でやむを得ず避難したのであり、国と東電が責任を負うべきだ」と話している。
河北新報、2017年10月26日木曜日
原発事故自主避難世帯に住宅からの退去求める
千葉の独立行政法人提訴

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201710/20171026_73039.html

posted by fom_club at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

World Children’s Day

Today is World Children’s Day, a day to promote the welfare of children and encourage understanding between children all over the world.

World Children’s Day was established by the United Nations (UN) in 1954; five years later the UN General Assembly adopted the Declaration of the Rights of the Child. In 1989, the organisation also adopted the Convention on the Rights of the Child.

The theme for this year’s celebration is #kidstakeover. Thousands of children around the world will raise their voices in solidarity with the world’s most disadvantaged and vulnerable kids. The aim is to get children the world over to come together to fight for their rights.

Across the globe, children will “take over” high-visibility roles to shine a spotlight on the most pressing challenges faced by their generation.

Star2.com, in collaboration with Unicef, invited children to voice their thoughts on issues that are important to them. Check out what they have to say.

Heidi Ilyana Azmyudin Raj, 12:
“Children’s Day is the day we can enjoy ourselves with everyone else, and also learn about our rights – the rights that we’ve had since birth. We should also learn how to treat boys and girls the same way and let them do the same things without it being frowned upon.”

Putri Damia Tasri Aslah, 13:
“We need to cooperate with each other, help one another and be cheerful. In doing this, we will be happy, because this is our day.”

Falysha Maisara Mohd Aidilfamin Johanada, 9:
“I got to go on FlyFM and talk about World Children’s Day, which was fun. I was a little nervous at the start, but once we started, the words just came to me.”

Joel Wee Nambiar, 10:
“Adults need to know about children’s rights and what they could do so that they know they aren’t the only people on Earth and that we also exist.”

Chang Yu Xuan, 13:
“Kids can do many things in order to be taken seriously by adults, such as helping the needy, giving donations, or just simply having fun.”

Yusra Aser Abdallah, 16:
“I want to stand up for equality. I always hear about freedom for boys, but what about for girls? When can girls get their freedom? This is a serious thing. All girls have to do is housework! I understand parents are worried about issues such as kidnapping, but at least let girls do something they want. Girls should still be able to hang out.”

Priyanka Kurunathan, 17:
“I sometimes feel that parents often make choices in a child’s life, for example their ambition and what not. Children should be free to choose because it’s their life.”

Mohamad Hasan Al-Akraa, 17:
“My dream is to see the world in peace, no war, no hate and no violence. My dream is to rebuild my country Syria, after the war. I will rebuild my homeland.”

Shasmeethaa Nair, 17:
“I feel that our voices, as young adults, are not looked at seriously when in truth we are the future leaders of the world. Our country has to progress from the traditional ideas of telling teens to keep quiet and be resilient. We are citizens of Malaysia, too, and we have equal rights just like adults, maybe not in the full capability but close enough. I also notice how women and girls are being placed second to boys which I personally feel isn’t right at all. We have seen female leaders in our very own country challenge the norm of the social status and excel in their chosen field.”

Henry Ho Keng Soon, 17:
“Acts of kindness can change one’s life.”

Cher Phoh Wen, 17:
“The issue of racial and gender equality should be prioritised by UN. Embracing the differences between people should be emphasised to the younger generation for it is they who will inherit Earth.”

Muhammad Haikal Syaiful Arief Syah, 8:
“To have better education and make friends without comparing race.”

Mark Edward Felix, 17:
“I just want to say that this survey is a very great idea where anyone who has done this will eventually care more for their/other children. I agree that children in Malaysia are sometimes mistreated, abandoned and abused. To be honest, my dream is to actually help those in need, especially children. I am a member of the Leo Club and have done many service projects and most of them are about promoting awareness on children’s issues. And also, I actually do want to be the head of the UN!”

Leticia Ann Lariche, 14:
“There are plenty of ways to help improve the world for children and we should do everything that we reasonably can in our power. The world is horrifying right now, but it has the potential to be so much better. If we are determined and united, we will surely be able to give every child the rights they deserve, and have been robbed of for so long. I hope I won’t be proven wrong.”

Jovita Wong Yan Ting, 17:
“The world is a beautiful place but humans are ruining it. Roads are getting wider, buildings are getting taller, but our minds are getting narrower. I believe that many of us feel worried when it comes to our future. I hope that people are aware and take action before it’s too late.”

Chean Sweet Chiao, 16:
“I hope there is a more equal distribution of resources for all children all over the world. It simply isn’t right when some of us have more than enough while some don’t have any at all.”

Shamila Ibrahim, 17:
“Dear Adults, why is it so hard for you to understand our feelings, our thoughts, our problems? We are naughty, we’re stubborn, we misbehave, we make mistakes all the time – just like you always say, ‘nobody’s perfect’. But why is it so hard for you to accept us the way we are, just like how we accept you? If you as adults have the right to speak out on something you don’t like, why don’t we as children have any rights to say or comment about the things that make us feel unhappy? Is that fair to us? Why don’t we have the rights like you adults do?”

Nur Alissa Zainudin, 17:
“I want people to realise that mental health is important especially to teens and children.”

Adelle Barnaby, 10:
“I would like cheaper piano classes and other classes, too, as well as books because now it is super expensive and not many of us can join as many classes as we want. Malaysia has very few community activities and quality libraries for children. Only the rich can afford to do more than one activity.”

L. Ann Gie, 16:
“Every human being is born into this world the same way; from the uterus of a woman and into the world as a naked mammal, but why is it that so many people judge others based on their race, religious beliefs, sex, appearance and sexuality? Everyone who enters this world will leave in death, why don’t we live in a world of harmony and peace instead of ruining the minds of future generations?” 

The Star2, Published: November 20, 2017
Celebrating World Children’s Day: The kids are all right
By Star2.com
Compiled by S. Indramalar and Edmund Evanson
http://www.star2.com/family/children/2017/11/20/world-children-day/

posted by fom_club at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Story of Chink Okichi

 しかしま、サザンオールスターズに「唐人物語(ラシャメンのうた)」の歌があります!
https://www.youtube.com/watch?v=OfDs6-_M_2Q

 しかしま、山本有三の最後の戯曲作品となったという「女人哀詞」!

 しかし、お吉を12代目 片岡仁左衛門(かたおか にざえもん)が歌舞伎座で、1939(昭和14)年8月に演じた「お吉の陋居の場(おきちのろうきょのば)の写真も残っています。

独立行政法人日本芸術文化振興会が運営する伝統芸能を調べる・見る・学ぶためのサイト:
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/collections/view_detail_bromide.do;jsessionid=8A7823C8441C0424C9257010236CB2AA

 しかしま、山本有三のこの戯曲の研究もぜひご一読ください:
 田辺匡『山本有三「女人哀詞」の一考察」』(1996年、近代文芸社文庫「有三文学の原点」所収)。

 しかしよりにもよって現在の日本でもあまり注目されない山本のこの戯曲がフィンランドに亡命中であったブレヒト(1898-1956)の目に触れたばかりか、改作の対象にまでなったという事実には、さまざまな偶然性の織りなすある種の必然性が貫かれていたとも言えよう。
 山本有三はもともと大学(東京帝国大学独文学科選科)で独文学を専攻してハウプトマンの戯曲について卒業論文を書き、イプセン、ストリンドベリイなどを研究翻訳することによって西洋近代演劇の作劇法を学んだが、当然自作のドラマにもその影響があらわれている。
 そのことは彼のドラマが西洋人にとってなじみやすく、受け入れやすいという意味にも通じるが、事実、以前からいくつかの翻訳によって彼らに親しまれているのである。
 ドイツのばあい、戦前ドイツ語に翻訳され紹介された日本の近代戯曲は数えるほどしかない。
 ところが、山本有三のものは『ウミヒコヤマヒコ』、『父親』の二篇がドイツ語になっている。
 特に前者の掲載された>DAS JUNGE JAPAN<(1924年12月発行)はブレヒトの旧蔵書の中に残っており、グリムは、発行当時すでにブレヒトがこの雑誌を手に入れ読んでいたなら、それがブレヒトの日本演劇との最初の出合いだということになるその可能性は大きいと言っている。
 ブレヒトがそれに関して何も書き残していないので真偽の程は定かでないが、もしそうであったなら、ブレヒトが『女人哀詞』の英訳を手にしたとき、原作者山本を特別意識したことであろう。
 ともかく以上の事実がどうであれ、1940年の山本との出合いそのものはプレヒトがはるばるフィンランドの地にやってきたことが、決定的な契機となった。
 フィンランドでヴォリヨキ女史の下に滞在していたことが、必然的にグレン・ショウの英訳に触れることを意味していたとさえ言える。
 1935年に北星堂書店から出版された>Three Plays<と題されたその英訳の戯曲集には、『坂崎出羽守』、『生命の冠』と並んで『女人哀詞』(The Story of Chink Okichi)が収録されていた。
 伝えられるところによると、海外に伝播されたこの英訳は、北欧、中でもフィンランドで注目を浴びるに至る。
 当時フィンランドで知名のハーガル・ウィルソンという女流評論家はこれらの劇を読み、とりわけ『女人哀詞』を高く評価した一文を新聞紙上に発表した。
 恐らくそれが引き金となって1937年、フィンランドから作者へ上演の申し込みがあった。
 しかし作者の快諾と日本の劇団の援助にもかかわらず、欧州政情の緊迫化のため、上演の運びに至らなかったと言う。


1982-03 茨城大学人文学部紀要. 人文学科論集(15): 21-49
丸本隆
『女人哀詞』から『下田のユーディット』ヘ
ブレヒトにおける唐人お吉伝説について
http://ir.lib.ibaraki.ac.jp/bitstream/10109/9242/1/CSI2010_0907.pdf

posted by fom_club at 07:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

太地喜和子、唐人お吉を演じる

 そういえばムカシ、太地喜和子という女優がおりました。
 1943(昭和18)年東京生まれ、1992(平成4)年10月13日没。
 彼女も唐人お吉とからんでおりましたぁ〜。
 実は昭和5年、西暦でいうと1930年、その3月に金子みすゞは自死。
 その年、村松春水による小説『実話唐人お吉』が著わされ(平凡社)、同じく映画が6月に公開されています(もちろん、無声映画)。
 その3年後の1933年、山本有三(1887-1974)は戯曲作品『女人哀詞 唐人お吉物語』を著わし、
 新渡戸稲造は同年1933年、カナダで客死する年ですが下田を訪れ、唐人お吉を偲んでいました。
 (ヤッホー君のこのブログ、2017年11月16日付け日記『英語と日本語で読む「武士道」』をご参照ください)
 この山本有三作品を芝居にしてその唐人お吉役を演じていたのが太地喜和子だったのです。

市劇  初めまして。いかがですか?地方公演は。
太地  どうって言われてもほとんどが地方公演ですから。文学座の作品はいつ以来ですか?
市劇  『似顔絵の人』(作・演出:江守徹)以来ですから、年に一回くらいです。
太地  今回の作品はご覧になったんですか?
市劇  (全員で)いいえ、まだ見ていません。
太地  それじゃあ、質問しようがないわねえ…。
市劇  太地さんは、どうしてお芝居をやろうと思ったんですか?
太地  どこでも聞かれるのよねぇ。この質問は。
市劇  山本有三さんはお母さんが芝居が好きだとか…
太地  私もそうでした。母が好きでしたから。
市劇  お芝居以外で何か趣味はありますか?
太地  ひとっつもないの! 仕事っていうか、私にはお芝居しか燃えるものがないから。
    テニスとか水泳とか本当に全然やらないの。
市劇  スポーツを見るのもしないんですか。
太地  何にも。だから野球も相撲もみんなきらい。
市劇  では映画とかはご覧になりますか。
太地  参考になりますからね。
    あんまり理屈っぽいのや訳のわからないのより、訳のわかるのが好きですね。
    他の人の芝居とかも、わかりやすいのが好きですね。抽象的な芝居はきらいです。
市劇  役者は体力が勝負だと思うのですが、地方公演もありますし、何かやられてますか。
太地  運動はやりませんからねえ。体力っていうより、気力ですね。「病は気から」っていいますよね。
    睡眠不足、暴飲暴食はしてますし、お酒や煙草は吸いますし、体に悪い事ばっかりですね。
    旅に出て、飲みに行って4時5時という事もあります。
    次の日? 次の日は夕方からだから、昼間休みます。
市劇  今日は藤肢のお祭りですが、加藤武さん(文学座の方)は見物に行ったりしていますが、太地さんはどうですか?
太地  彼はお祭り好きですから。私はあんまり好きではないんです。
    地方公演に行っても、観光とかも本当にしないんですよ。
市劇  本当にお芝居だけなんですね。
太地  お芝居だけっていうか、他の事にあんまり興味もたないのよね。
    死ぬほど好きじゃないんです。たまたま他に興味をもてないからなんです。
市劇  今までいろいろな役をやられてきたと思うのですが、印象に残った役はありますか?
太地  そういう事は思わないようにしています。今の役が最高だと思います。
    特に「唐人お吉」ですから。
市劇  「特に」?
太地  ええ。前から演りたいと思っていました。 何でって、「唐人お吉」だからよ。
    今までって言われたって、まだまだやる訳ですからね。
    振返るのは早いんですよ。 振返らないんですよ。
    先もずい分先じゃなくて、目の前の役を一生懸命演って、そうする事によって先が作られていく訳ですから。
    今演ってて、次あれ演りたいと思うと今演っている役が曖味になってしまいますから。
    それこそお吉さんが嘆くだろうし、そこら辺は、はっきりしてますからね。
市劇  山本有三さんの脚本はいかがですか?
太地  素晴しい脚本ですね。
    お吉さんの実際のところはよくわかりませんが、絵空事っぼくなくて、段階もとんでなくて、人が無理矢理ここで…とかないし、ずい分事実と近い人じゃあないですか?
市劇  太地さんはどのお芝居をやってもその役を好きになるんですね。
太地  悪いと地獄ですよ。
市劇  でもその時は文句も言わずに
太地  言いますよ。作家の方と絶縁状態になります。
    今は作家がいないですからね。きちっとした脚本で演りたいですね。
市劇  テレビは出ないんですか?
太地  私は女優ですから。基本的に足を運ばないと見られない形でいきたいです。
    舞台のあいている時にホームドラマなんて出たくないんです。
    テレビは宣伝の時は宣伝に出るとかね。
市劇  すさまじいというか…
太地  他の方は、家族のためとか言ってドラマ出たり。中には家族持ちの方は大学にいくからとか。
    私にはそういうしがらみがないですから。
    大変ですよね男の方は。所帯を持つとそういう事はいっていられませんですから。

文学座の太地喜和子さんが不慮の事故でお亡くなりになりました。
藤枝での舞台前のインタビューをご紹介すると共に、ご冥福をお祈りします。


藤枝市民劇場 機関誌「あけび」No. 97
太地喜和子インタビュー(1992年10月4日(日)
http://www3.tokai.or.jp/kangeki/taiti.htm

 カルーセルが喜和子と出会ったのは、まだお互いが若手だった1965年のこと。喜和子と同期の俳優座16期生に「彼氏」がおり、その縁で紹介してもらったという。ちなみに、その男とは喜和子も短期間だがつきあうようになり、カルーセルは「姉は私だから」と笑っていた。
 やがて喜和子は文学座に移り、その舞台を新宿・紀伊國屋ホールに観に行くと、異様な光景にあっけに取られた。

「私だって舞台では前張りをするのに、喜和子はスッポンポンでやっているの。終演後に喜和子に『丸見えだよ』って告げると『だって服着てたってしょうがないでしょ』って。いつもの調子で『さあ飲み行くぞ』になっちゃったから」

 文学座には杉村春子という押しも押されもせぬ大女優がいた。さすがの豪胆な喜和子も、杉村の前には直立不動の姿勢となった。
 カルーセルは杉村の代表作である「欲望という名の電車」のブランチ役を、いつの日か喜和子が継承される日を心待ちにしていた。ブランチの妹役で杉村と共演し、杉村にとっても後継者は太地しか考えられなかった。

「喜和子は杉村先生との共演だと、私にも『花なんか絶対に贈るな』とクギを刺していた。喜和子のところに届いた花でも、すべて杉村先生の部屋に持っていくくらい気を遣っていたわ」

 立て続けの異変を感じたのは、喜和子が亡くなる直前のこと。カルーセルの趣味である骨董品の櫛やかんざしを並べて喜和子に見せていた。そのうち、数百万の価値のある櫛を喜和子が手に取ると、一瞬で様子がおかしくなった。

「突然、目も見えないし耳も聞こえない状態になって、後ろにガーンと反っちゃった感じ。そのまま何も言わないで帰ったのよ。私はその櫛を比叡山に収めておはらいしてもらったの」

 芸能界きっての酒豪で知られた喜和子は、肝臓こそまったく影響はなかったが、緑内障を患い、失明の危機にあったとも言われる。この「霊障」が影響したのかどうかは、今となっては確かめようもない。

 そして最後の代表作である「唐人お吉」を演じ出してから、見た目も変わってきたとカルーセルは言う。

「亡くなる少し前に、私の姉も一緒に祇園で会ったのよ。そしたら喜和子がすごく痩せていて、姉が取り乱して泣くくらい死相が顔に浮かんでいた」

 喜和子は死の直前、若手の劇団員を2人連れて、地元のスナックでしたたかに酩酊した。店のカラオケで「お吉物語」を流すと、それはカルーセルが出演している映像だった。
 店のママと4人で「海が見たい」とドライブに出かけたのは、大親友の映像を観た直後である。
 芝居のことしか考えなかった喜和子は、はからずも「お吉」となって海に沈んだ─。


Asagei Plus、Posted on 2012年8月1日 10:54
太地喜和子
親友カルーセル麻紀が見た水没死直前の予兆

http://www.asagei.com/7005

 女優・太地喜和子が舞台「唐人お吉ものがたり」の巡業先だった静岡県伊東市で、乗っていた車が海に転落し、48歳の若さで死亡したのは、1992(平成4)年10月13日未明のことだった。
 文学座の先輩、北村和夫は悼む。

〈彼女は好きな芝居をやって、好きな酒を飲んで、いい男や女やオカマさんたちにまで囲まれて一生を過ごしました。こんな幸せな役者はそんじょそこらにはいませんよ。杉村(春子)さんが劇団葬の時に言ったように、華の盛りに、満開の中で彼女は散ったんです。彼女の人生は充実していたと思う。少なくとも僕はそう思うことにしています〉(「文藝春秋」平成4年12月号)

 太地喜和子は、1943(昭和18)年、東京都中野区に生まれた。東映ニューフェイスに合格後、「欲望という名の電車」の杉村春子の演技に衝撃を受け、1967(昭和42)年、文学座に入団。「飢餓海峡」の娼婦、「ハムレット」のオフィーリア、「近松心中物語」の遊女・梅川など、さまざまな役柄を好演し、将来を嘱望された。写真は、「文藝春秋」昭和54年8月号「日本の顔」に登場したときのもの。
 豪快な酒と奔放な男性関係でも知られる。ロマンスが取り沙汰されたのは、20歳年上の三國連太郎、12歳年下の中村勘九郎(のちの18代目勘三郎)、7代目尾上菊五郎、峰岸徹など、枚挙に暇がない。
 杉村春子の後継者たることは衆目の一致するところだったが、水が苦手だった彼女が、海で落命したのは不思議な運命というよりない。
 戒名は、紅蓮院喜和静華大姉。


2014.04.14
太地喜和子、満開の華の盛りに散る
「文藝春秋」写真資料部
http://books.bunshun.jp/articles/-/3141

 参考までに:

宝福寺 唐人お吉記念館
http://www.i-younet.ne.jp/~hofukuji/okiti03.html

1930(昭和5)年前後のお吉
http://gyokuzan.typepad.jp/blog/2011/01/%E5%94%90%E4%BA%BA%E3%81%8A%E5%90%89%E3%81%AE%E6%B5%81%E8%A1%8C.html

posted by fom_club at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

逢ヶ浜

 山歩クラブ、南伊豆合宿についての一斉報告メール、第一便が発信されたようです。

 おつかれさまでした。
 いまやっとこさ、雑用終えて、洗濯終えて、ごはん食べて、ブログ終えて(伊豆急のあの豪華観光列車「ザロイヤルエクスプレス」について記しました)、ミラーレスのデジカメで撮った写真80枚をパソコンに取り込んで一息ついたところ。
 皆さん、いかがでしたか。
 合宿、ヤッホー君はとっても面白かったです、と。
 糸巻がどう転がっていくか、だれがどう話の糸口をつけるか、結び目をどう皆んなで確かめていくのか、…
 それを独断じゃなくって、多数決じゃなくって、合議制で皆んな納得して決めていく山歩クラブの進め方で一歩、二歩、山歩とすすめていくのですが、今回は、…
 はらはら、どきどきもんで、歩を進めたのですが、…
 「無謀な五人組」とか田牛海岸(どう読むのでしょうか?)で言われてしまいました、…
 でもね、あのね、あっははおっほほ、笑いの絶えない合宿でしたね!
 とっても豊かな経験になったことと思っております。
 立ち寄り湯や銭湯とは大違い、お風呂でも湯ったりできました、…
 なによりもあんな美味しい刺身をおなか一杯食べられ、幸せいっぱい、…
 こんばんは皆さん、ゆっくり休んで旅の疲れをいやしてください、ね。
 次回からは山歩クラブの企画第一優先にして合宿に参加されるとのメールもいただきました。
 また楽しい企画をたてましょうね!
 写真は逢ヶ浜にて、どう読むのでしょうか、11月18日土曜日の朝はやく、7時15分頃!


new_P1050431.jpg

posted by fom_club at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザ・ロイヤルエクスプレス

「ザ・ロイヤルエクスプレス」
https://www.youtube.com/watch?v=2nyERPd2cHU

 11月17日(金)−18(土)は伊豆に宿をとり山歩クラブの秋合宿。
 参加者5名、伊豆急の電車で下田に向かう途中の駅で「ザ・ロイヤルエクスプレス」と出会ったのです。
 ヤッホー君、スタッフの方に手を振ったら、向こうも手を振って応えてくださいました。
 ところで、なんなのこの特別仕立ての特急電車は?と思い、さっそく報告する次第です。
 だってね、唐人お吉のお墓のあるお寺さまでも電車のスタッフとお目にかかったのです。

 東京急行電鉄は2017年7月21日、静岡・伊豆の観光列車「The Royal Express(ザ・ロイヤルエクスプレス)」の営業運転を始めた。
 伊豆事業の収益向上を狙うが、折しも西武グループの伊豆箱根鉄道(静岡県三島市)も11月に創立100周年を迎える。
 昭和時代に伊豆の開発で激しく対立した東急と西武。再び「伊豆戦争」が始まるか。(注)

「伊豆の魅力を示す起爆剤になるように頑張っていきたい」
 東急電鉄鉄道事業本部長の城石文明氏は2017年7月21日の記念式典でこうあいさつした。
 午前11時50分、東急グループでもある伊豆急行・伊豆急下田駅(静岡県下田市)に向け、横浜駅(横浜市)を出発した。

 既存の車両を数億円かけて改造したザ・ロイヤルエクスプレス。
 8両編成で定員は約100人。
 伊豆の名勝などを観光する1泊2日のコースも用意しており、最高料金は「クルーズプラン」(1泊2日)で大人1人15万円だ。

 東急幹部は「利益は正直、出ませんけどね」と打ち明ける。
 それでも観光列車を投入する背景には、伊豆急の鉄道事業を再び盛り上げていく狙いがある。
 同社の鉄道事業の営業収益はリーマン・ショック前は50億円だったが、レジャーの多様化などが影響し、2017年3月期に40億円に落ち込んだ。
 象徴的な観光列車を投入することは、伊豆への注目を再び集めることにつながるとみる。

 他の私鉄をみれば、東武鉄道は栃木の日光・鬼怒川、西武鉄道は埼玉・秩父で観光客の誘致に力を入れる。
 しかし東急ではこれといった観光地が想起しにくい。
 そこで東急グループは伊豆を自社の観光地として大々的にアピールする考えだ。

 東急が伊豆と関わり始めたのは50年以上前に遡る。
 創業者の五島慶太氏が地元から鉄道敷設の要望などを受け、伊豆急行線を敷いた
 開業後も集客策を打ってきたが、東日本大震災以降は観光客が低迷。
 観光対策に力を入れざるを得なくなってきた。
 伊豆急下田駅近くの「下田東急ホテル」も今春までに改装を終え、観光客の受け入れ体制を整えた。

 ただ、そこに立ちはだかるのが西武グループの伊豆箱根鉄道だ。
 同社も前身の駿豆鉄道の創立から11月で100周年を迎える。
 三島―修善寺を中心に観光集客策に力を入れている。
 4月に自転車を持ち込める電車の運行を本格的に始め、6月には記念ロゴを作成。
 2020年までは周年イベントや企画を毎年のように展開する考えだ。

 東急にとっては観光客の獲得競争に巻き込まれる形となるが、両社の競争はこれが初めてではない。
 東急の五島慶太氏と西武グループの創業者、堤康次郎氏は1950年代、伊豆急行線の敷設計画を巡って対立。
 当時は「伊豆戦争」とも呼ばれ、開業した後もホテル開発などで競い合った。

 くしくも今年が節目の年になった両社だが、今のところ当時のような露骨な対立は見られない。
 地元からすれば、観光客の誘致合戦が続けば地域振興につながるとの期待感も広がる。

「ちょっと発言する予定はありませんでしたが……」
 7月21日の営業運転に先立ち、15日の車両お披露目式で、東急電鉄の野本弘文社長はこう切り出し、参列した自治体関係者に次のように強調した。
「地元と取り組むことで、多くのお客様に何度も伊豆に来ていただけるようになるのではと思っている。(観光車両を)最初の入り口にしたい」

 東急や西武も沿線価値を向上させるための投資は惜しまない考え。
 あとは地元をいかに巻き込んで観光振興を図るか。両社が「共創」していくことも選択肢にあってもいいのかもしれない。


日本経済新聞、2017/7/21 14:07
ザ・ロイヤルエクスプレス運転開始
東急 vs 西武「伊豆戦争」再び

(岩本圭剛)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21HEM_R20C17A7000000/

 へぇ〜、伊豆急って東急グループ!だから寝姿山自然公園には「五島記念公苑」の碑があったんだぁ〜

 伊豆下田・寝姿山の山頂の建立されています 「五島記念碑」 です。
「五島慶太は伊豆とともに生きている」 と記されています。
 私が感銘を受けたのはこの記念碑の裏面に刻まれている文面です。 次のように書いてありました。

伊豆の美しい自然を愛した五島慶太翁は、その率いる東急事業団の全力を傾注し、伊東下田間46キロの鉄道を完成。明治以来三代にわたる伊豆住民の夢を実現した。この偉業により伝説をひめ、いでゆと天然の美に恵まれた伊豆は日本の代表的な観光地として内外の人々に親しまれることであろう。
茲(ここ)に伊豆住民は深甚(しんじん)な感謝を捧げ、永くその功を讃えて記念するものである。
一番電車の通過する日 1961(昭和36)年12月
加茂郡町村会長鈴木貞雄
『ミニ知識』
五島慶太(ごとうけいた)・・・
1882(明治15)年−1959(昭和34)年。77歳。実業家。東京急行電鉄の事実上の創業者。1911年、東京帝大卒業後、官僚を9年勤めた後に現在の東急の前身である武蔵電気鉄道常務に就任。実質的な経営権を獲得し、池上鉄道を始めとする企業を次々と買収。その強硬な手口から「強盗慶太」の異名を持った。鉄道事業では優れた経営を行い、阪急電鉄の小林一三と並び、「西の小林、東の五島」と賞された(HPフリー百科事典より)

http://susono.jugem.jp/?page=2&cid=29

 それで、ザ・ロイヤルエクスプレス!

 JR横浜駅―伊豆急下田駅間を走る豪華観光列車「ザ・ロイヤル・エクスプレス」の地元内覧会が2017年8月29日、伊豆急下田駅と伊豆高原駅で開かれた。
 多くの住民や観光関係者が観覧し、非日常的な趣向を凝らした内装に目を見張った。内覧会は8月30日も開かれる。
 新たな伊豆の旅を演出する観光列車として、伊豆急行と東急電鉄が今年2017年の夏、導入した。
 8両編成・定員100人のぜい沢な空間と、伊豆の食材を使ったグルメがセールスポイント。

 「煌(きら)めく伊豆。美しさを感じる旅」をコンセプトに、伊豆急の「アルファ・リゾート21」を改装した。
 ロイヤルブルーを基調色とした外観、木をふんだんに使った温かみある内装が特徴。
 それぞれ特色ある客室4両のほか、プラチナクラス専用の食堂車2両、キッチン車両、ミニコンサートや結婚式などに対応できるマルチ車両を備える。

 伊豆急下田駅では、午後0時45分から1時間半公開された。
 それぞれの車両に乗務員が待機し、案内・説明にあたった。
 観覧者は、豪華な内装に感嘆しながら、座り心地を確認してみたり、写真を撮ったりしていた。

 小学1年の孫娘と来場した下田市椎原の土屋秋子さん(66)は「それぞれの車両が個性的で、内装は高級感あふれ、天井もきれいだった。こんな列車で旅してみたい」と感想を話した。


伊豆新聞、2017年08月30日
ザ・ロイヤル・エクスプレス
伊豆急が地元内覧会―下田駅
http://izu-np.co.jp/shimoda/news/20170830iz1000000014000c.html

 そして帰り、参加者5名、伊豆急の電車で熱海に向かう途中の駅で「黒船電車」と出会ったのです。
 ヤッホー君、手を振るべく目をきょろきょろ。
 でもスタッフの方は見当たらず、乗客は海の方を見て座っています。

Q:「リゾート21」というのは、どのような電車ですか。
A:海側に向かって並ぶパノラマシートや、展望車両を併設したリゾートトレインです。
 リゾート21を黒船に見立てて真っ黒に塗装した列車が「黒船電車」であり、リゾート21の内装を伊豆のグルメを代表する「金目鯛」をイメージして「赤」をメインに鉄道車両としては珍しいシルバーグレーのグラデーションを施した列車が「キンメ電車」です。

http://www.izukyu.co.jp/faq/faq_12.html

(注)
箱根戦争についてはヤッホー君のこのブログ、2017年03月16日付け日記「芦之湯」をご参照ください!

posted by fom_club at 20:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

Russia-Asean relations

Russia-Asean relations are likely to develop in a slow, incremental fashion over the next few years. There are reasons for adopting a doubting Thomas approach.

To begin with, unlike China and the United States, Russia has had no tradition of strong relations with Southeast Asia. Except with Vietnam and Indonesia in the 1960s, Moscow’s links with the region had been little to speak of.

Secondly, without meaningful economic or trade ties, no mutually beneficial relationship can develop. According to the Asean Secretariat, as of November last year, Asean’s total trade with Russia amounted to a mere US$13.3 billion (RM55.61 billion), in contrast with China (US$345 billion) and the US (US$212 billion). Even President Vladimir Putin noted this “modest figure compared to trade with other countries in the Asia-Pacific region” during his speech at the Russia-Asean Summit in Sochi in May last year.

Thirdly, the necessary time, energy and resources have not been fully devoted to developing the relationship with Asean. Russia’s leaders and top businessmen were, are and will remain Euro- and US-centric; the “Asia-Pacific” that matters to them is really China, Japan and South Korea.

Finally, managing the current tensions in Russia’s relations with the US and the European Union, the Ukraine and Syrian crises, as well as relations with China, will occupy most of Russia’s attention for the next few years.

Putin is expected to emerge the victor in the 2018 elections. His energy, attention and focus for the six years after that will be concentrated on consolidating his legacy, being the longest-serving Russian leader, apart from Stalin.

If he devotes any time to foreign affairs, it would be focused on the areas critical to Russia’s foreign policy, such as the US, Ukraine and Syria. Asean cannot hope to be on his foreign policy agenda.

The most important challenge is to realise the economic potential in the relationship.

The Overview of Asean-Russia Dialogue Relations, dated October 2017, provides a guide to the direction of the relationship. While socio-cultural and politico-security cooperation has been moving forward, it is the economic aspect that will drive the overall relationship into the future.

In his Sochi speech, Putin highlighted cooperation in projects in agriculture; oil and gas production; joint technology and innovation alliances; fuel and energy; mining; railway construction; and Russian GLONASS satellite navigation system. It remains to be seen whether the projects will bear fruit.

Given Russia’s role as top energy exporter worldwide, Putin argued that Russia could satisfy Asean’s growing electricity needs by supplying energy on a long-term basis, and also offered Asean Russia’s new-generation nuclear power plant projects. Indeed, the Overview also noted that “energy is viewed as a promising area for cooperation between Asean and Russia”, including civilian nuclear energy.

However, here one encounters some reservations.

Firstly, some Asean countries themselves are energy producers and exporters (Indonesia, Malaysia and Brunei).

Secondly, nuclear power, as a real alternative to fossil fuels and renewable energy, has yet to take firm root in Asean.

Indeed, Dr Sanjay Kuttan, programme director at the Energy Research Institute of Nanyang Technological University, rightly pointed out that given the high cost and safety concerns, “nuclear power will not feature soon in Asean’s energy mix for at least the next 20 years”.

Thirdly, with respect to cooperation in promoting renewable energy, there have been conflicting signals from Moscow. Igor Sechin, head of Rosneft, a leading Russian oil producer, said in an interview with Russian daily Izvestia in June that “the renewable sources of energy are yet unable to provide the necessary volume to substitute the traditional energy resources and sustainable energy supply.

Finally, an energy expert at the recent Singapore International Energy Week forecasted that within the next 10 years, gas and hydro-electric power would meet most electricity needs with solar contributing as well; in the longer term, coal and gas consumption would decline, resulting in massive growth in solar, hydro, onshore and off-shore wind sectors and two-thirds non-fossil fuels making up the energy mix.

If this forecast can be relied upon, then one must cast doubt on assumptions that Russo-Asean energy cooperation would be feasible in the long term.

The one bright spot in Russia’s economic links with Asean is weapons sales. According to a March 2017 Chatham House report, “Asia is by far the most important export market for Russian arms”.

However, weapons sales cannot become a strong foundation of Asean’s relationship with Russia, given its one-dimensional nature. Moreover, the US remains a major source for Asean.

To raise the level of economic interaction requires more high-level commitment of the political and business leadership of both sides. Asean must pose this question: what role does, or should, Russia play in Asean’s overall development in the political, economic and strategic spheres?

Russia too might pose the same question; a bird’s-eye view of its place in Asean’s development would help it formulate the strategic dimensions of its relationship with Asean and devote the necessary attention and resources to raise the economic aspect of its links. Russia cannot lose as Asean is a fast-growing region.

The experienced and committed Asean experts in Russian foreign policymaking and academia are likely to continue pushing for a more meaningful relationship based on substance, particularly in the economic/trade field. It remains, however, an open question whether they would be able to exercise enough influence on their top political and business leaders to make the necessary decisions.

[photo] Prime Minister Datuk Seri Najib Razak, Russian President Vladimir Putin and other world leaders at the Russia-Asean Summit in Sochi last year.

New Straits Times, November 16, 2017 - 10:09am
Russia-Asean relations: Where Are they headed?
By CHRIS CHEANG
The writer is senior fellow with the S. Rajaratnam School of International Studies, Nanyang Technological University, Singapore. He served three tours in the Singapore embassy in Moscow between 1994 and 2013.
https://www.nst.com.my/opinion/columnists/2017/11/303839/russia-asean-relations-where-are-they-headed

Related story by Mr Yahho:
"Opinion by Vladimir Putin" dated: 2017年11月09日

posted by fom_club at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亀戸事件犠牲者之碑

 ヤッホー君、「浄心寺」にある「亀戸事件犠牲者之碑」の前にひとり佇んでいました。
 「強い同調圧力にはいっつも負けてしまう弱いわれわれ。止めようとしても止められなかったんでしょうね、きっと」と深々とアタマを下げて、お参りしておりました。
 涙がとめどなくぽろぽろと落ちてきて、頬を流れてきます。
 拭こうともしませんでした、拭くこともできませんでした。

「門」
new_P1050354.jpg

「碑」
new_P1050352 (2).jpg

「碑」
new_P1050349.jpg

「背面」
new_P1050351.jpg

 1923(大正12)年9月1日、関東大震災が発生し、その混乱の中で天皇制政府は「朝鮮人、社会主義者が井戸に毒を投げ入れた」とか「暴動をおこしている」とデマ宣伝し、軍隊や警察、そしてこのデマに惑わされた「自警団」などが6千名以上の在日朝鮮人や中国人を虐殺し、無政府主義者の大杉栄夫妻と6歳の甥も憲兵隊によって殺害された。
 南葛地域(現、江東、墨田区)では、軍隊が、被災者救援のため活動をしていた川合義虎(日本共産青年同盟委員長)をはじめ労働組合の幹部など10名を虐殺した。
 これが亀戸事件である。
 この事件は「日本の労働運動の発祥地、拠点であった亀戸で、その革命的精神を双葉のうちにつみとろうとした、近代史上、比類をみない残虐な事件」であり、「隠された権力犯罪」(「亀戸事件」加藤文三著)である。
 亀戸事件犠牲者追悼実行委員会は、亀戸事件の真相と責任を追及し、1972年には、江東区亀戸にある赤門浄心寺に多くの団体、個人の協力を得て、「亀戸事件犠牲者之碑」を建て、毎年9月の第1日曜日に追悼会や学習会、現地調査などを行っている。

関東大震災の混乱の中で
 1923年(大正12年)9月1日、関東大震災は発生した。午前11時58分、東京、横浜を中心にした関東地方にマグニチュード7.9の大きな地震が襲い、家屋は倒壊し、昼時とあって各所から発生した火災は街を火の海にし、死者・行方不明者12万人余の大災害となった。

理由もなく亀戸署に連行
 川合義虎は、大震災発生時麻布におり、亀戸の自宅に帰る途中、母子が家の下敷きになっているのに出くわした。
 母親は助け出せなかったが、3人の幼児を救い出し、食べ物を与えたりして、一晩、上野公園で抱いて過した。
 平澤計七は「自警団」として見張りにたったが、朝鮮人を引っ張りに来た在郷軍人を説得し、追い返した。
 このように、彼らは炊き出しや行方不明者の捜索、夜警など救援活動の先頭に立っていた。
 ところが、9月3日午後10時過ぎ、亀戸の南葛労働会の本部に亀戸警察署の高等係(今日の警備公安警察)の蜂須賀刑事や巡査が来て「ぐずぐずしないで出ろ」と怒鳴りつけて、川合義虎ら6名を検束し、亀戸署に連行した。
 また、吾嬬(あずま)町の自宅から夜警に出かけようとしていた吉村、大島地域からは平澤、中筋も「警察までちょっと来てくれ」と連行された。
 亀戸署に連行されたのは、南葛労働会の川合義虎、加藤高寿、山岸実司、近藤広造、北島吉蔵、吉村光治、佐藤欣治、川合の家に居合わせた鈴木直一、純労働者組合の平澤計七、中筋宇八の合計10名であった。

軍隊によって虐殺
 彼ら10名は、そのまま消息を絶ち、2度と生きている姿を現していない。
 心配した家族や仲間が亀戸署に行くと「もう返した」などと警察は言っていたが、この10名は9月5日の朝までに軍隊(習志野騎兵第13連隊)によって亀戸署の中庭で虐殺されていた。
 当時、亀戸署の留置場にいれられていた人から「警察が『最初に銃殺したが、音が出て民間人が騒ぐといけないので銃剣で刺殺した』と話していた」などの話が伝わり、南葛労働会や自由法曹団が調査を始めたため、警察は10月10日になって事件を公表したが、「戒厳令下では必要な処置」として責任は不問にされた。

(碑裏)
 1923(大正12)年9月1日関東一帯を襲った大震災の混乱に乗して天皇制警察国家権力は、特高警察の手によって被災者救護に献身していた南葛飾の革命的労働者9名を逮捕、亀戸署に監禁し、戒厳司令部直轄軍隊に命じて虐殺した。
 惨殺の日時場所ならびに遺骸の所在は今なお不明である。
 労働者の勝利を確信しつつ権力の蛮行に斃れた表記革命戦士が心血をそそいで解放の旗をひるがえしたこの地に建碑して、犠牲者の南葛魂を永遠に記念する。
1970年9月4日 亀戸虐殺事件建碑実行委員会

(関東大震災「亀戸事件しおり」より)


 亀戸(かめいど)事件90周年追悼会(実行委員会主催)が2013年9月8日、「亀戸事件犠牲者之碑」が建つ東京都江東区の赤門浄心寺で行われ、約70人が参加しました。
 あいさつに立った東巨剛(ひがし・ひろたか)実行委員長は、時の天皇制政府が関東大震災の混乱に乗じて6千人を超える朝鮮人や中国人を虐殺したうえ、川合義虎(かわい・よしとら)ら青年10人を虐殺したことを指摘。
 「こんなに理不尽なことはない。殺された青年たちの悔しさと無念を思い、腹から怒りを覚える」とのべ、安倍内閣の下で改憲が狙われる今、
 「戦争とファシズムの道を二度と許さない誓いを新たにしたい」と語りました。
 浄心寺住職が犠牲者を悼み読経した後、日本共産党の畔上(あぜがみ)三和子都議、日本民主青年同盟の林竜二郎副委員長、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟中央本部の山崎元副会長、関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式実行委員会の河野浩日朝協会東京都連合会理事がそれぞれ追悼のことばをのべました。
 民青同盟が創立90年を迎えたことに触れた林氏は、
「先輩たちの歴史を胸に刻みながら、多くの青年たちと手を取り合い、未来を勝ち取る運動を進めていきたい」と述べました。
 天皇制政府により拷問虐殺された小林多喜二が亀戸事件に影響を受けていたことを紹介した山崎氏は、犠牲者の志を継いで民主主義の実現へ力を尽くす決意を語りました。
 河野氏は「歴史から学び、北東アジアの平和のために多くの人たちと手を携えていきたい」と語りました。
 閉会後、参加者は「犠牲者之碑」に献花しました。

<亀戸事件>
 関東大震災の直後の1923年9月3日、被災者の救援に当たっていた日本共産青年同盟(日本民主青年同盟の前身)初代委員長だった川合義虎や南葛地域(現在の東京都江東区・墨田区)の労働組合青年幹部ら10人が、亀戸警察に検挙され、軍隊により虐殺された弾圧事件。


しんぶん赤旗、2013年9月10日(火)
関東大震災・亀戸事件90年追悼会
歴史学び平和へ共に
東京・江東

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-09-10/2013091001_04_1.html

posted by fom_club at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝鮮人犠牲者追悼式典への追悼文

 ヤッホー君、有隣堂・アトレ亀戸店に赴くまえに立ち寄ったところがあります。
 それは江東区亀戸の「浄心寺」にある「亀戸事件犠牲者之碑」で慰霊すつこと。
 ヤッホー君がマレーシア滞在中、とっても気になり心痛めたときがありました:

 東京都の小池百合子知事が、都立横網町(よこあみちょう)公園(墨田区)で9月1日に営まれる関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式への追悼文送付を断ったことが分かった。例年、市民団体で構成する主催者の実行委員会が要請し、歴代知事は応じてきた。小池氏も昨年は送付していたが方針転換した。団体側は「震災時に朝鮮人が虐殺された史実の否定にもつながりかねない判断」と、近く抗議する。 
 追悼文を断った理由について、都建設局公園緑地部は本紙の取材に、都慰霊協会主催の大法要が関東大震災の9月1日と東京大空襲の3月10日に開催されることを挙げ、「知事はそこに出席し、亡くなった人すべてに哀悼の意を表しているため」と説明。「今後、他の団体から要請があっても出さない」としている。
 追悼文は1970年代から出しているとみられ、主催者によると確かなのは2006年以降、石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一、小池各知事が送付してきた。
 追悼式が行われる横網町公園内には、1973年に民間団体が建立した朝鮮人犠牲者追悼碑があり、現在は都が所有している。そこには「あやまった策動と流言蜚語(ひご)のため六千余名にのぼる朝鮮人が尊い生命を奪われた」と刻まれている。
 追悼碑を巡っては、今年2017年3月の都議会一般質問で、古賀俊昭議員(自民)が、碑文にある六千余名という数を「根拠が希薄」とした上で、追悼式の案内状にも「六千余名、虐殺の文言がある」と指摘。「知事が歴史をゆがめる行為に加担することになりかねず、追悼の辞の発信を再考すべきだ」と求めた。
 これに対し、小池知事は「追悼文は毎年、慣例的に送付してきた。今後については私自身がよく目を通した上で適切に判断する」と答弁しており、都側はこの質疑が「方針を見直すきっかけの一つになった」と認めた。また、都側は虐殺者数について「6000人が正しいのか、正しくないのか特定できないというのが都の立場」としている。
 式を主催する団体の赤石英夫・日朝協会都連合会事務局長(76)は「犠牲者数は碑文の人数を踏襲してきた。天災による犠牲と、人の手で虐殺された死は性格が異なり、大法要で一緒に追悼するからという説明は納得できない」と話した。

<関東大震災の朝鮮人虐殺>
 1923(大正12)年9月1日に関東大震災が発生すると、「朝鮮人が暴動を起こした」などのデマが広がった。あおられた民衆がつくった「自警団」などの手により、多数の朝鮮人や中国人らが虐殺された。通行人の検問が各地で行われ、殺害には刃物や竹やりなどが用いられた。


東京新聞朝刊、2017年8月24日
関東大震災の朝鮮人虐殺
小池都知事が追悼文断る

(辻渕智之、榊原智康)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017082402000130.html

 都議選に圧勝した小池百合子東京都知事への“ブーイング”が高まっている。

 きっかけの一つは、歴代都知事が毎年送付してきた関東大震災の朝鮮人犠牲者追悼式典への追悼文について、小池知事が送付を見送ったことだ。

 9月1日に東京都墨田区の都立横網町公園であった追悼式には昨年の倍以上という約500人が出席。出席者からは小池知事の方針を「到底容認できない」などと抗議する声が相次いだ。

 式には、もう一つ例年にない“異変”があった。会場からわずか20メートルほどの地点で「そよ風」という右派団体が同時刻に集会を開催。「6000人虐殺は本当か!」と虐殺を否定するようなメッセージが日の丸とともに掲げられた。朝鮮人虐殺の実態を調査してきた一般社団法人ほうせんかの西崎雅夫理事がいう。

今回の集会のように歴史を否定したり外国人を差別したりする風潮が強まり、不安な気持ちで暮らす在日朝鮮人も多い。小池知事の判断はこうした流れを助長してしまった

 日本会議国会議員懇談会の副会長を務めるなど「右派」の素顔を持つ小池知事。
 1日の会見で虐殺への認識を聞かれると「いろんな史事として書かれているものがございます。歴史家がひもとくもの」と明言を避けた。朝鮮人虐殺をテーマにしたノンフィクション『九月、東京の路上で』の著者の加藤直樹氏がこう語る。

「知事が虐殺を事実と明言しなかったことを口実に、今後、歴史修正主義的な団体が都の文書や展示から『虐殺』の文言を外させたり、追悼式の開催を妨害することも起こりうる」

 知事への批判は、築地市場の移転問題でも高まっている。当初、移転を中止するかとも思われたが、豊洲へ移転して築地を再整備するという“玉虫色”の方針を発表。知事の“変節”に移転反対派から怒りの声が上がっている。

 東京中央市場労働組合の中澤誠執行委員長がいう。

「都と市場関係者との約束である『無害化』を反故にし、豊洲移転と築地解体の日程ゴリ押しにまい進し始めた。従来の自民党や石原慎太郎元都知事と同じ立場になってしまった」

 当初は小池知事に肯定的な発言をしていた元都知事候補の宇都宮健児弁護士も、移転問題のシンポジウムで「仲卸業者が座り込みをすれば移転中止に追い込める」と批判に舵を切った。
 折しも豊洲市場ではカビが大発生して騒動となった。小池都政も、実績を出す前にカビだらけ、とならねばいいが……。
※「週刊朝日」2017年9月15日号


AERA dot.、2017.9.7 07:00
追悼式で異変も
「右派」色強める小池百合子に大ブーイング

(本誌・直木詩帆、西岡千史、太田サトル、小泉耕平/横田一)
https://dot.asahi.com/wa/2017090600012.html

(1) 震災直後の動き
 一連の事件のうち最後のもの、すなわち9月16日発生した東京憲兵隊分隊長甘粕正彦憲兵大尉らによる大杉栄他2名殺害事件は、同月24日には軍法会議で起訴され、最も早く表面化した。
 これは、警察が憲兵隊による大杉らの連行を確認しており、その行方不明を知って後藤内相が閣議の場で問題にしたからである。田中義一陸軍大臣は、状況を把握すると直ちに戒厳司令官を更迭し、20日に甘粕大尉への監督不行届を理由に憲兵司令官と東京憲兵隊長を停職処分にしたことを発表している。
 甘粕大尉らの軍法会議での審理の過程で、憲兵が甘粕事件以前に亀戸警察署での社会主義者殺害を知っていた旨を証言したために亀戸事件が明るみに出たが、報道は禁止され、10月10日に至って警視庁が4日の亀戸署内での軍隊による労働運動家10名及び自警団員4名の殺害事件として亀戸事件を公表した。
 甘粕事件、亀戸事件に関しては、報道が解禁されるとともに話題となり、例えば、雑誌『改造』の同年11月号は、大杉の追想と両事件の関係記事で満たされた。
 朝鮮人の迫害は、同時代には誰の目にも明らかであった。
 初期には流言も交えた様々な新聞報道がなされ、流言の根拠がないことがわかった後の回想や評論では、誤解による悲惨な事件として回顧される。
 朝鮮人を助けた内地人の美談が意識的に報道され、そのような行動が賞賛された一方で、民間人が検挙され、被告として裁判が行われると、流言が官憲によって流され、あるいは殺傷が官憲によって許容されたとして、朝鮮人を迫害した自警団を弁護する論調も生じた。
 朝鮮人の犠牲者数は、在日本関東地方罹災朝鮮同胞慰問班が官憲の協力を得られないまま調査を進めた。
 これについては、山田昭次『関東大震災時の朝鮮人虐殺−その国家責任と民衆責任』(創史社、2003)の第6章が最新の検討を行っている。
 同書によれば、このうち1923(大正12)年10月末までの中間報告には、吉野作造が同時代に発表しようとして禁止された原稿「朝鮮人虐殺事件」と、吉野に情報提供したと推定される上記慰問団の崔承万が戦後になって発表したものとがある。
 すべて場所と人数の記載で、合計は吉野原稿が2,613余名(例えば、30余、といった「余」が5つある)、
 崔氏のものが2,607余名又は3,459余名(犠牲者数を48又は80のように2説挙げる例が7つある)。
 崔氏によれば、慰問団はこの調査を踏まえて犠牲者数を5千名と推定したという。
 この調査の最終報告とされるものが、11月28日付で上海の大韓民国臨時政府機関誌『独立新聞』社長に送付され、12月5日に同紙に掲載された。
 これは合計6,661名(現在内訳を再計算すると6,644名であると山田昭次氏が指摘している)に達するが、うち神奈川県で遺体を発見できなかった1,795名と第一次調査を終了した11月25日に各県から報告が来たとする追加分2,256名は、府県名のみでそれ以下の地名は記されていない。
 山田昭次氏は、埼玉県に関する数値を検証して、この追加分を算入しない方が現在までに得られる他の情報と近いことを指摘し、「追加合計数の根拠を今日解明することはできない」としている。

 中国人殺傷事件は、中国人生存者が帰国したことによって外交問題となり、1923(大正12)年12月には、王正廷を団長とする政府調査団が来日した。
 日本政府は、誤殺以外は否定したものの、損害賠償に関しては交渉を行った。
 この経緯については、仁木ふみ子『震災下の中国人虐殺−中国人労働者と王希天はなぜ殺されたか』(青木書店、1993年)が詳しい。
。。。
(2)戦後の研究
 中国浙江省の温州から来て集団で生活していた労働者が犠牲になった9月3日の大島町事件について本格的に検討したのは、仁木ふみ子氏(1926-2012)である。
 仁木氏は、中国人労働者を敵視する人夫請負人や警察の煽動によって事件が起こったと論じ、外国人労働者問題として捉えるべきとしている。
 仁木ふみ子『震災下の中国人虐殺−中国人労働者と王希天はなぜ殺されたか』によれば、中国人犠牲者に関しては、震災翌年の5月までに中国側で作成された名簿が日本の外務省に提出された2種を含め4種ある。
 それらを対照して重複を排除し、1990(平成2)年の現地調査の成果を加えると、死者656名、行方不明者11名に達するという。
 死者のうち温州以外の出身者は17名にとどまり、また、大島やそれに隣接する江東地区での死者が8割以上を占めるとのことである。


防災情報のページ、殺傷事件の検証
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/rep/1923_kanto_daishinsai_2/pdf/22_column8.pdf

posted by fom_club at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語と日本語で読む「武士道」

 えっ、どうしたの、『有隣』?
 実はヤッホー君、昨日の11月15日水曜日、亀戸にでかけたついでに「有隣堂・アトレ亀戸店」(Tel 5628-1231)でいただいたものです。
 というのも、マレーシアの知人友人にお土産として、新渡戸稲造(1862年岩手県、現在の岩手県盛岡市に生まれ、1933年カナダの西岸、ビクトリアで没す)著『武士道』(1900年に”Bushido: the soul of Japan, an exposition of Japanese thought”としてPhiladelphia: The Leeds and Biddle Companyより出版)を買ってたんです。
 『英語と日本語で読む「武士道」 (知的生きかた文庫)』三笠文庫、2009年2月。

『日本の200年――徳川時代から現代まで』(みすず書房、2013年4月)の著者として世界的に有名なアンドルー・ゴードン Andrew Gordon 教授(1952年生まれ)。本書は、世界各国の大学で「日本の近現代史の教科書」として活用されている。ハーバード大学の日本史の授業では、「世界との関わりの中で日本史を見る」ことを徹底的に教える。ゴードン教授が授業で「新渡戸稲造」「岡倉天心」「ラビンドラナート・タゴール」を取り上げているのはなぜなのだろうか。(2017年4月18日、ハーバード大学にてインタビュー)

日本が世界に与えた影響
佐藤 日本史の授業「アジアの中の日本、世界の中の日本」では、長い歴史の中で日本が世界に与えてきた影響についても教えています。

ゴードン 19世紀ごろまでは、日本は世界にそれほど大きな影響を与えていなかったと思います。奈良時代から日本は中国や韓国と貿易していましたし、使節も送っていましたが、それらはもっぱら両国からさまざまな制度や文化を取り入れることを目的としていました。日本が両国に与えた影響は限定的だったと思います。
 ところが19世紀の明治維新以降、様相は一変します。ヨーロッパの人たちが日本の文化や芸術に価値を見出しはじめるからです。
 授業では、1920年代の「モダンガール」を調査した研究についても教えていますが、それを見ると、欧米とアジアがお互いに影響し合っているのがよくわかります。つまりファッションは、欧米からアジアへと一方的に入ってきただけではなく、日本や中国のファッションもまた欧米に影響を与えていたのです。文化の伝播は一方的ではなく、複数の方向性を持つことを物語る資料です。

佐藤 19世紀から20世紀にかけて、日本の文化が世界を席巻したということですね。

ゴードン 日本文化は、西洋の知識人の好奇心を刺激しました。政治、経済よりも、日本は芸術、文化、思想で海外に影響を与えてきた国なのです。
 思想でいえば、新渡戸稲造の「武士道」についても教えています。1900年にアメリカで出版された『武士道』は、セオドア・ルーズベルト(1858-1919)に感銘を与えました。ルーズベルトは、「日本人の男性に脈々と受け継がれている精神を理解することはとても重要だ」と考え、「武士道」を自ら何冊も購入し、「これを読めば日本がよくわかる」と言って、友人などに配ったと言われています。ルーズベルトにはハーバード大学卒の日本人の友人もいましたし、ホワイトハウスに相撲の力士を招待したこともありましたから、日本のファンだったのは間違いありません。
 そのほかにも、エドワード・モース、ウィリアム・ビゲロー、アーネスト・フェノロサなど、日本文化に多大な影響を受けて、日本文化の素晴らしさを母国に伝えた人たちがいました。

佐藤 授業では、日本の近代化について学ぶ回で岡倉天心(1863〜1913)をとりあげています。岡倉天心といえば東京美術学校(現・東京芸術大学)の設立に寄与し、ボストン美術館の東洋部長として日本美術の振興に尽力したことで有名ですが、授業ではどのようなことを教えているのですか。

ゴードン 岡倉天心については、「東洋の理想」「茶の本」など英語の本を出版したこと、アメリカに長く住んでいたのでネイティブスピーカー並の英語力の持ち主だったことなど基本的な情報を伝えた上で、こんな面白いエピソードも授業で披露しています。
 岡倉には、「アメリカでは日本の着物を着て、日本では洋服を着る」というこだわりがあり、アメリカの街を歩くときも常に着物を着ていたそうです。1900年代初頭、岡倉と弟子たちが羽織・袴という装いでボストンの街を闊歩していると、地元のアメリカ人から「お前たちは何ニーズ?チャイニーズ?ジャパニーズ?ジャワニーズ?」(中国人?日本人?ジャワ人?)とからかわれました。すると岡倉は「私たちは日本の紳士です。あなたこそ何キーでしょうか? ヤンキー? ドンキー? モンキー?」(アメリカ人?ロバ?猿?)と流暢な英語で言い返した、という話です。
 この話が興味深いのは、当時のアメリカには人種差別主義的な考えを持っていた人がいたこと、岡倉が西洋化の波の中にあっても日本人としての誇りを失っていなかったことを同時に象徴しているからです。また、冷やかしを英語のジョークで返した岡倉の英語力と機転の良さには感心するばかりです。

佐藤 岡倉天心とともに、インドの思想家、ラビンドラナート・タゴール(1861〜1941)についても教えているのはなぜでしょうか。

ゴードン 岡倉天心とタゴールは近しい間柄にあり、お互いに影響を与え合いました。彼らはともに「西洋の文明は高い理想を掲げているが、その本質は権力、金銭、物質をひたすら追い求めることだ」と批判しました。
 タゴールについて教えているのは、日本が他のアジア諸国に与えた精神的な影響について学生に知ってもらいたいからです。帝国主義のもと、アジア諸国が次々にヨーロッパの植民地になっていく中で日本は独立を保っていた数少ない国の一つでした。
 授業では、まずインド独立運動の指導者ネルーが、日露戦争で日本が勝ったことにどれほど勇気づけられたか、について話します。ネルーはのちに「日本の勝利は『アジアを元気づける刺激剤』であり、自分の民族意識を呼び覚まし、インド独立のために戦おうと決意した契機になった出来事だった」と述べています。
 タゴールもまたネルーと同じように日本に刺激を受けた指導者でした。日本は、彼らに西洋の帝国主義国に対して立ち向かう勇気を与え、インドという国に非常に大きなインパクトを残しました。

佐藤 日清戦争、日露戦争を経て、インドだけではなく、アジア各国で日本から学ぼうという機運が高まり、多くの留学生が来日したそうですね。

ゴードン 1900年から1910年末まで、日本で教育を受けたいという若者たちが、中国、台湾、朝鮮、ベトナム、インド、フィリピン、ビルマなどから殺到しました。中国からは数千人規模の留学生がやってきました。
 ところが、残念ながら、希望を持って来日した留学生たちは、「結局のところ、日本は西洋の帝国主義国と変わらないじゃないか」と失望することとなります。日本政府が表では「世界の侵略からアジアを守る」と言いながらも、裏では欧米諸国と密約を交わし、アジア人を排斥することにしたからです。たとえば、1907年、日本はフランスと「相互の植民地を侵さない」という協約を結び、日本に住むベトナム人留学生を国外退去処分にしました。
 1930年代から第二次世界大戦にかけて、引き続き日本は「アジア人のためにアジアを解放する」という名目のもと、植民地支配を拡大しました。しかしながらそれを本気で信じたのはインドだけでした。なぜならインドは日本から地理的に遠かったため、日本軍から直接攻撃されなかったからです。インドネシア、ベトナム、フィリピンなど東南アジアの国々の多くの人々は日本の帝国主義に落胆し、「日本は自分たちの独立のために戦っている」とは思っていませんでした。

佐藤 日本はインドの独立にプラスとなる精神的な影響を与えたけれども、日本の行為は東南アジアの人々に不信感を抱かせる結果となったということですね。

ゴードン 確かに、第二次世界大戦は西洋の帝国主義を終焉させる契機となりました。戦後、アジア諸国は次々に独立し、植民地支配から解放されていきましたが、日本が戦時中、現地住民の民族運動を支援したことが、独立への原動力の一つになったことも事実です。しかしながら、日本の軍事行動が、アジア諸国に負の遺産を残したこともまた、紛れもない事実なのです。
 岡倉が「東洋の思想」の冒頭で記した「アジアは一つ」という言葉は曲解され、岡倉が描いた「東洋の理想」は実現しませんでした。岡倉天心、タゴール、ネルーについて教えているのは、こうした歴史の二面性を伝えたいからなのです。


Diamond Online、2017.10.2
ハーバード大が授業で新渡戸稲造の「武士道」を教える理由
アンドルー・ゴードン教授に聞く

佐藤智恵(1970年生まれ):作家/コンサルタント
http://diamond.jp/articles/-/142088

 「平民宰相」と呼ばれた原敬と、世界的ベストセラー「武士道」で知られる新渡戸稲造。
 2人は、戊辰戦争に敗れて賊藩とされた盛岡藩の重臣の家に生まれた。ほぼ同時代を生きた2人だが、つながりは知られてこなかった。本書『原敬と新渡戸稲造』(現代書館、2016年11月)は、2人と親交のあった人物をたどり、「常にお互いを意識していた」との関係性を読み解いた。
 明治新政府へつながる大きな転換点のうねりの中、反骨精神をバネにともに歴史に名を残した2人。足跡を知る好著だ。
 原は新渡戸より6歳年上。幕末に生まれた。共に幼少期に父親を亡くし、原はフランス語、新渡戸は英語を学び、語学力を武器に人生を切り開いていく共通点がある。
 「原敬日記」には膨大な人物が登場するが、実は新渡戸の名は2回しか出てこない。最後に登場したのは1914年。明治維新以来、開発の遅れが目立つ東北の振興について協議したとある。直接会う機会こそ少なかったが、2人とも盛岡藩出身という意識を生涯持ち続け、北海道帝大初代総長の佐藤昌介や初代南満州鉄道(満鉄)総裁となった後藤新平ら同郷人を介してつながっていたと、著者は推察する。
 大正デモクラシー期の1918年に原は内閣総理大臣に就任し、初の政党内閣を組閣。1920年、新渡戸は国際連盟事務次長になった。デモクラシーを「平民道」と訳すなど、新渡戸は自ら提唱した平民道の実践者として原に注目していたと見られる。
 1921年に原暗殺の知らせを聞いた新渡戸は「誰が彼に代わることができようぞ」と日記に記した。
 著者、佐藤竜一は1958年生まれ。一関市在住。宮沢賢治研究者で東北史の著作多数。岩手大非常勤講師。


河北新報、2017年2月26日
東北の本棚、岩手の傑物互いを意識
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201702/20170226_75045.html

 ヤッホー君、新渡戸稲造を読み、花巻市に記念館を訪れていました。
 ヤッホー君のこのブログ、2014年07月06日付け日記『新渡戸稲造』をご参照ください。
 そして、2016年10月23日付け日記『佐谷眞木人』もお願いします。
 さらに、2017年05月11日付け日記『江戸東京野菜を食べ、武士道を読む』もお読みください。

 なんでしょ、講談社選書メチエ、佐谷眞木人『民俗学・台湾・国際連盟、柳田國男と新渡戸稲造』によりますと、1918年下野した前の外務大臣後藤新平は第一次世界大戦後の欧州復興状況視察に懇意にしていた新渡戸稲造を誘います。翌1919年ロンドン滞在中のとき珍田捨巳駐英大使より後藤に電話があり、新渡戸に国際連盟事務次長への就任を要請してほしいと(新渡戸の事務次長選任を決定したのが原敬でした)
 そしてなんでしょうね、新渡戸稲造は唐人お吉(注)のことも気にかけていたのです。

晩年は不遇であったとのことですが(取材:大島多紀子)

矢野修三 第二次世界大戦が始まる前には、新渡戸は非国民扱いですよ。「世界は一つ」とか「軍部が日本をダメにする」とか言ってたので。だから「早すぎた国際人」とも言われるわけです。戦争が終わって、だんだんと新渡戸の功績が見直されていったと思うんですが、なんでもっとそのことを日本の教科書に出さないのかな、と思いますね。若い世代なんて知らない人が多いですよね。1984年から2004年まで発行されていた5千円札には新渡戸稲造が印刷されていたんですけど、今の若い人はそれもあまり知らないからね。新渡戸は1933年にバンフでの国際会議に出席するためにカナダに来ています。その後、体調を崩してビクトリアで静養していましたが、当地で亡くなったんです。
 下田(静岡県)に宝福寺という寺があり、ここに唐人お吉の寺があるんですよ。
 お吉は、初代アメリカ総領事のハリスのもとに奉公に出された人です。実はハリスは体が弱いので看護婦さんを頼んだんですが、看護婦という概念が日本にはなかった。そこで女を出しましょうとなって、許嫁もいるのにハリスのところに行かされた。しばらくの間、ハリスのもとにいたけど、帰されてしまうんですね。でも、下田の人には外国人に身を任せた女として冷たく当たられてしまい、ついには投身自殺してしまった。バンフへ行く直前に、新渡戸稲造は下田を訪れ、お金を出してお吉のお墓を作ってくれと頼んでいった。それで、身投げした所にお墓ができたんです。新渡戸はビクトリアで客死してますので、完成した墓を見ていないんですね。新渡戸は日本のため、そしてアメリカとの懸け橋となるべく一生懸命やってきたんだけど報われなかった身の上を、お吉に重ね合わせていたんじゃないかな。
 私は下田に行って、新渡戸が泊まった旅籠だったのが、今はカフェになっているところを訪ねました。そこには稲造が宿帳に和歌(本人作ではない)を書いたものが残されています。これはあまり知られてない事実です。


[写真]新渡戸稲造が寄付して建てられたお吉の墓。お吉が淵と名付けられている(写真提供 矢野修三さん)

バンクーバー新報第27号、2017年7月6日
新報インタビュー 矢野修三さん
新エッセイは新渡戸稲造をテーマに

http://www.v-shinpo.com/special/3874-special170706

(注)
https://www.youtube.com/watch?v=CBfkBsj7ox8
https://www.youtube.com/watch?v=AOTogMp9Vyg
https://www.youtube.com/watch?v=rjsZJ8B79lQ
https://www.youtube.com/watch?v=g9z0q2uaY3Y

posted by fom_club at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桂歌丸“最後の弟子”、桂枝太郎

前座名は「桂歌市」

 私が岩手県の田舎(岩手県胆沢郡衣川村)から上京し、桂歌丸(注1)門下に入門、横浜に住み、今年で20年が経ちます。50代で若手の落語界、30代で芸歴20年なんてまだまだ若輩者ですが、それでも私なりに色々な事がありました。
 岩手県の衣川という小さな村で生まれ育った僕は、落語とは無縁の人生。ただ人を笑わせる事が好きだったので、高校(岩手県立岩谷堂高校)を卒業したら漫才師になりたいと、ぼんやりと考えてました。高校3年の秋に芸術観賞会があり、いらしてくださったのが桂米丸師匠(1925年生まれ)。映画を扱った新作落語で高校生をガンガンにウケさせてる。勝手な偏見で、「落語は古い、堅苦しい、つまらないもの」と決めつけていた僕にはかなりの衝撃でした。

「落語はこんなに新しく刺激的なのか!」

 孫くらい年の離れた高校生相手に、一人で爆笑をとる。居ても立ってもいられず、米丸師匠に手紙を書いてました。

「落語家になりたいです!」

 米丸師匠から実家に、「本気なら話を聞きましょう」とわざわざ電話があり、卒業式の前日に御自宅に伺い、お願いをしました。若さゆえ、身の程知らずの強情さに呆れたのか「こんなに厳しい世界と諭してもやりたいなら、本気なんだね。ただ君が真打ちになるまで15年。それまで僕は生きてないだろうから、僕の弟子を紹介するからね」。
 台所で、米丸師匠がおかみさんと、「歌丸さんに預けようか?」「ヨネスケがいいんじゃないか?」と話しております。隣の部屋でその会話を聞きながら、「ヨネスケ門下になったら落語会より、晩ごはんの準備を手伝わなきゃいけないのか!?」と、不安でいっぱいでした(笑)

 「落語をきちんと仕込んでくれる、歌丸さんがいいだろう」
 米丸師匠が師匠に取り次いでくださり、僕の落語家としての修行が始まりました。前座名は「桂歌市」。
 運が良いのかタイミングが良いのか、普通よりも早く真打ちに昇進させていただいた時、真っ先に師匠、歌丸が言った言葉が、「米丸師匠、生きてるじゃないか。とるんじゃなかった」。いや、師匠…(笑)
 高校時代、金髪にピアスをして自堕落に過ごしていた僕にとって、落語家修行は全くの別世界でした。近所に住んで朝早くに師匠宅へ伺い、掃除をして、都内の寄席へ行き、お茶を汲み、着物を畳み、太鼓を叩き、また師匠宅へ。一年中休みがない。師匠、先輩から怒られ、毎日辞める事ばかり考えてました。クビになった事も多々あります。師匠の鞄を電車の網棚に置き忘れ、鞄はそのまま熱海まで行きました。反省の意味を込めて頭を剃って謝りに行ったら、「俺に対するあてつけか!」とかえって怒られました(笑)
 クビになった時に何度も庇ってくださったのが、師匠のおかみさんです。おかみさんからは一度も怒られた事がありません。「貴方はお父さんの弟子で、私の弟子じゃないから」と、何をしでかしても笑って肯定してくれます。一人暮らしで風邪をひいて熱でうなされた時も、事故にあった時も、師匠とおかみさんは必ず心配の電話をくれました。上京した初日に言ってくださった言葉「今日から私達がこっち(関東)のお父さん、お母さんだから」。心細かった18歳の少年にとって、この言葉はどんなに嬉しく温かったか(注2)。
 コンビニもない村から出てきた田舎者にとって、横浜はお洒落で品がある街だったので、最初は慣れなくてホームシックになってしまったんです。ところが横浜橋通商店街や伊勢佐木長者町を歩いてると、「歌丸さんの弟子だね!頑張れよ!」と声をかけてくれる。三吉演芸場も近いし、町の人が見守って応援してくれる。ちなみにその頃、横浜松坂屋の前にいたのが「ゆず」(注3)でした。雨でお客さんが誰もいない中、歌っていました。精一杯、熱唱していたので、思わず「頑張れよ!」と声をかけた思い出があります。あんなにスターになるとは!「お前の方が頑張れよ!」と自分に言いたくなります(笑)。

二つ目昇進「桂花丸」に改名、そして真打ち「三代目桂枝太郎」を襲名へ

 何度も泣いて、転んで汗かいて、日々が過ぎていき、二つ目昇進「桂花丸」に改名、そして気がつけば30歳になっていました。
 落語会が終わり、いつものように師匠宅で片付けをしていると、師匠が突然言いました。「真打ちが決まったぞ」
 漠然と、真打ちまでまだ年数があると考えていた僕にとって、この言葉はショックでした。そして朝、師匠から電話があり、「三代目桂枝太郎を襲名するように」
 青天の霹靂とはこの事。自分が真打ち?? 大名跡を襲名?? 急な展開に頭がついていかなくて、「…はい」と寝ぼけた返事をして電話を切りました。
 正直言いますと、嫌だったんです。落語芸術協会の真打昇進は、通例は1人か2人、多くても3人。僕の時は、先輩達と5人同時昇進でした。十把一絡げのような扱いはないだろう!一生に一度の真打披露…、その為に前座の時から歯を食いしばってきたんだ。
 ふてくされていた気持ちが顔に出ていたのか、ある日、師匠が言いました。
 「おれが若手の頃は、同期に志ん朝さん、談志さん、圓楽さんがいて、出る隙がなかった。後輩に真打ちを抜かれ、悔しい思いもした。噺家は一生が勝負だ。ゴールは真打ちじゃない。死ぬ時だ」
 頭をガンと殴られたような気持ちになりました。嘆いている暇があるなら、稽古しよう。師匠はいつもそうなんです。大事な事を要所要所で突いてくる。「稽古しろ」と言われたことは一度もありません。ただ、自宅へ伺うと、必ず部屋でブツブツと稽古をしている。その姿を見たら弟子は奮起せざるを得ない。身をもって、背中で教えてくれる。誉められた事もありません。唯一、誉められた事といえば、年末の大掃除で寒空の下でガラスを磨いた時くらい(笑)。いつか僕の落語で「面白かった」と言ってもらう事が目標です。
 それからの日々はジェットコースターのよう。真打ちの準備、挨拶回りで追われていきました。

 2009(平成21)年。真打披露パーティーを行い、新宿末廣亭を始まりに真打披露興行がスタート。口上には米丸、歌丸、米助、歌春と各師が並び、師匠が口上を述べてくださるのを聞きながら泣いてしまったんです。今までの事が走馬灯のように流れてきて…。お客様ももらい泣きをされ…「頑張れよ!」という声も飛び、謝罪会見のような披露口上に。ちなみに口上が終わり、僕がトリで上がった時には、泣いていたお客様も声をかけてくれたお客様もお帰りになってました。なんだったんだ!?(笑)

偉大な存在、師匠歌丸への思い

 2011(平成23)年3月、東北出身の僕にとって、いや日本にとって、忘れられない出来事が起こりました。東日本大震災。
 岩手県の実家は被害を免れましたが、多くの友人知人が被災し、犠牲になりました。被災地に行くと報告すると、「声を届けてほしい」と師匠からテープを渡されました。
 避難所の体育館で、落語をやりました。演目は「つる」。師匠から初めて教わった落語です。落語は案外、ブラックユーモアもあり、キツい言葉も出てきます。災害時等では人を傷つけてしまう怖れもある。不安もありましたが、皆さん笑ってくださり、最後に師匠から託されたテープを流しました。

「桂歌丸です。我々は同じ日本人です。何かあれば必ず力になります。どうか頑張ってください。負けないでください」

 避難所にいる方々、皆さん泣いてました。師匠の声で、これだけの感動や勇気を与えられる。売れるという事は、皆に力を与える事が出来るんだ。師匠に感謝すると同時に、初めて心から、「売れたい!力を与えられる存在になりたい!」と思いました。
 笑点は今年で50年。アシスタントとしてずっと笑点に入らせていただいてます。師匠の笑点司会勇退については、発表の日まで僕も知りませんでした。記者会見で師匠が言った言葉は「80歳になるので落語を勉強したい。笑点の歌丸では終わりたくない。落語家の歌丸で終わりたい」
 5月22日、師匠が笑点最後の大喜利の司会へ向かう後ろ姿は、一生忘れる事はないと思います。
 「弟子は師匠の名前を残すことができる」という言葉があります。春風亭柳昇師匠を知らない若い方でも、「昇太師匠の師匠」と言えば分かると思います。いつの日か、何十年後に、「枝太郎の師匠」として師匠の名を高めたい夢があります。その為には精進、また精進していくしかありませんが。
 金髪でピアスをしていた田舎の小僧は、20年経ち、ようやく何とか落語家としてやっていけてます。
 全ては師匠、大師匠、おかみさんのおかげです。師匠が私の入門を引き受けた60歳という年齢に私がなった時、そして今の年齢の80歳になった時、私は必ず師匠を思い出すでしょう。
 どうか健康に気をつけて長生きしてください。
 また10年後、私が芸歴30年の時にも90歳になった師匠についてのエッセイを書きたいので。


『有隣』第547号、2016(平成28)年11月10日発行
僕と師匠と横浜 
三代目・桂 枝太郎(かつら えだたろう、1977年生まれ、注4)
http://www.yurindo.co.jp/yurin/4542

(注1)桂歌丸(1936年生まれ)

 本日2016年5月22日の放送をもって『笑点』(日本テレビ)の司会者を勇退する桂歌丸。1966年の放送開始から50年にもわたって同番組に出演してきたわけだが、今日その長い歴史についに幕が下ろされることになる。とはいえ、落語家を辞めるわけではなく、4月30日に行われた会見では「落語家を辞めるわけではありません。まだまだ覚えたい話も数多くあります」「80歳になったら少し、少し楽をして落語の勉強をしたい。ありがたいことに、これからメンバーのみなさんが上納金を持ってきてくれるらしい(笑)」とも語っており、これからも歌丸師匠の噺を聞くことはできそうだ。
 そんな桂歌丸といえば、古典落語の復興に力を注いできたことでもよく知られている。特に彼は、同じ古典でも、もう廃れてしまいどの噺家からも見向きもされなくなってしまったような噺を現代に甦らせる作業に尽力しており、その古典落語への深い造詣は、いまの落語界で右に出る者はいない。
 当の歌丸師匠も、同じく古典落語の復興に力を注いだ人間国宝の桂米朝にこんなことを言われたと冗談混じりに振り返っている。

「みなさんがやってる噺ばっかりやってもつまらないし、誰もやってなければ、比べられることもありませんしね、いつだったか、(桂)米朝師匠(2015年3月19日没、享年89)にも言われたことがありましたよ。あんたは変わった噺ばっかりやってますねって」(桂歌丸『歌丸 極上人生』祥伝社、2015年黄金文庫化)

 歌丸師匠が古典落語にそれだけこだわったのには色々な理由があるようだが、そのなかでも大きな理由のひとつとして、江戸の庶民文化に息づいていた「人情」を現代に生きる人々にも伝えたいという思いがある。

〈人情がかった噺を聞いたり、やったりしていると、江戸の人のほうが何か活気があって、ずる賢さがない気がしますよ。今の我々のほうがよっぽどずる賢くて、人情味も何にもない。だからあたしは、たとえ2日でも3日でも、江戸時代に行けたらいいなあと思うんですよ〉(「日経おとなのOFF」2007年8月号/日経BP社)

 落語とは、庶民に笑いを届け、明日を生きる活力を与えるものだ。しかし、落語という文化が歩んだ歴史のなかで、実は一度その大切な役割を放棄させられてしまった時期があった。太平洋戦争の戦時下である。

 周知の通り、昨年夏には安保法案が十分な議論もなされないまま強行採決され、日本において再び「戦争」というものが現実味をもって考えられるようになってしまった。そんな時勢を見て、歌丸師匠はこのような発言を残している。

今、日本は色んなことでもめてるじゃないですか。戦争の『せ』の字もしてもらいたくないですよね。あんな思いなんか二度としたくないし、させたくない
テレビで戦争が見られる時代ですからね。あれを見て若い方がかっこいいと思ったら、えらいことになる」(朝日新聞デジタル15年10月19日)

 彼自身、空襲により横浜の生家が全焼してしまうなど、戦争によって悲しくつらい思いをしたひとりである。その経験も踏まえ、歌丸師匠は続けてこうも語っている。

人間、人を泣かせることと人を怒らせること、これはすごく簡単ですよ。人を笑わせること、これはいっちばん難しいや
人間にとって一番肝心な笑いがないのが、戦争をしている所」(同前)

 「戦争には笑いがない」
 先ほど少し触れた通り、戦時中に落語家たちは、庶民にその「笑い」を届ける権利を剥奪されてしまったという苦い過去がある。
 落語は人間の業を笑うものだ。その噺のなかには、遊郭を舞台にしたもの、また、色恋をめぐっての人々のドタバタ劇といったものも多数含まれる。1940年9月、戦時下において「時局柄にふさわしくない」としてそういった噺が禁じられてしまった。このときに演じるべきではない演目として指定された噺は53種。これは「禁演落語」と呼ばれている。そのなかには、堅物の若旦那が遊び人に吉原へ連れられていく珍道中を描いた人気の演目「明鳥」なども含まれていた。この顛末は、演芸評論家である柏木新による『はなし家たちの戦争─禁演落語と国策落語』(本の泉社、2010年11月)にまとめられている。
 「禁演落語」が指定された後、高座にかけることを禁じられた噺たちを弔うため、浅草の本法寺には「はなし塚」という塚がつくられた。わざわざそんなものをつくったのは、当時の芸人たちによる洒落っ気のこもったささやかな反抗であったわけだが、当時の苦い経験を忘れないように、今でも毎年、落語芸術協会による法要が続けられている。
 この「禁演落語」の措置は一応、当時の講談落語協会による自主規制の体裁を取っていたが、事実上、国からの強制である。というのも、40年2月には警視庁が興行取締規則を改正。落語家・歌手・俳優など、すべての芸能関係者が「技芸者之証」を携帯するよう義務づけられたからだ。これにより、政府は芸人たちの表現を管理することが容易くなった。
 これは当時の為政者が、それだけ落語が提供する「笑い」を恐れていたということの裏返しでもある。それをよく示す例として柏木氏は、落語家の鑑札を取り上げられ喜劇俳優への転身を余儀なくされた柳家金語楼の自伝『柳家金語樓―泣き笑い五十年』(日本図書センター、1999年12月)に出てくる、当時の警視庁とのやり取りを紹介している。

〈「きみは、はなし家の看板をはずして俳優の鑑札にし給え。第一、きみがはなしをしたら、お客が笑うじゃないか……」
「そりゃ笑いますよ、笑わせるのがはなし家の商売だもの……」
「それがいかん、いまどきそんな……第一それに、芝居なら“ここがいけないからこう直せ”と結果がつけられるのと違って、落語というのはつかみどころがない……」
「でもねえ、三十何年この方、私は高座を離れたことがなかったんですよ」
「いやダメだ。どうしてもはなしがやりたけりゃ余暇にやるがいい。本業はあくまでも俳優の鑑札にしなきゃいかん……」」〉

 また、当時の噺家たちは演目の一部を禁じられるだけでなく、国が推進する軍隊賛美や債券購入、献金奨励などを物語のなかに組み込んだプロパガンダのような新作落語をつくることも強いられた。こういった噺は「国策落語」と呼ばれており、先のインタビューでも桂歌丸はこういった噺について「つまんなかったでしょうね」「お国のためになるような話ばっかりしなきゃなんないでしょ。落語だか修身だかわかんなくなっちゃう」と、そういった落語について憎々しい印象を語っている。
 実際、その当時つくられた国策落語は本当に何も面白くない噺であった。いや、それどころか、「グロテスク」とすら言ってもいい。たとえば、当時のスローガン「産めよ殖やせよ」をテーマにつくられた「子宝部隊長」という落語では、子どもを産んでいない女性に向けられるこんなひどい台詞が登場する。

〈何が無理だ。産めよ殖やせよ、子宝部隊長だ。国策線に順応して、人的資源を確保する。それが吾れ吾れの急務だ。兵隊さんになる男の子を、一日でも早く生むことが、お国の為につくす一つの仕事だとしたら、子供を産まない女なんか、意義がないぞ。お前がどうしても男の子を産まないんなら、国策に違反するスパイ行動として、憲兵へ訴えるぞ〉

 古典落語の人気演目を禁止され、こんな落語を高座にかけざるを得なかったことを思うと、「戦争」というものが人の命はもちろん、「文化」をもメチャクチャに破壊してしまうのだということが教訓としてよく伝わってくる。

 ただ、これは単なる「昔話」などではない。桂歌丸がいまになって「笑い」の大切さを訴えかけたのは、このまま放っておけばその頃のような状況に戻ってしまいかねないという懸念があるからではないだろうか。
 周知の通り、国境なき記者団が発表した「報道の自由度ランキング」で日本は72位にまで急落してしまうなど、我が国おいて「表現の自由」は急速に危ういものとなり始めている。
 このままいけば『笑点』においても、三遊亭円楽が得意な時事ネタ・政権揶揄のギャグがなくなるのも時間の問題だろう。
 『笑点』を見ながら笑う日曜の夕方が壊される未来も、決して絵空事などではない。
 将来、そんな状況にならないためにも、歌丸師匠の言葉をいま改めて噛みしめたい。


リテラ、2016.05.22
『笑点』卒業の桂歌丸が語った戦争への危機感…落語を禁止され、国策落語をつくらされた落語界の暗い過去
(井川健二)
http://lite-ra.com/2016/05/post-2267.html

(注2)桂歌丸と富士子夫人

 落語家桂歌丸(71)の叙勲(旭日小授章)と結婚50周年の金婚式を祝う会が2007年11月23日、都内で行われた。鈴々舎馬風落語協会会長は落語家の金婚式は三遊亭金馬に続き2人目と紹介し「(離婚した)小朝にはできないこと」と笑わせた。
 冨士子(75)夫人とともに登場した歌丸は「家内には若い内は苦労させましたが、その反動で家では一番威張ってます。夫婦共々手を取り合って落語の道を歩んでいきたい」。


日刊スポーツ、2007年11月23日16時47分
歌丸金婚式で馬風「小朝にはできない」
http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20071123-286856.html

(注3)ゆず「雨のち晴レルヤ」
https://www.youtube.com/watch?v=9n3h2DAgeno

(注4)その後の桂枝太郎、『有隣』第547号から1年後

 落語家、桂歌丸(81)の“最後の弟子”、桂枝太郎(40)が、来年2018年1月にパパになることが2017年11月8日、分かった。
 7月に結婚した夫人のフリーアナウンサー、大河原あゆみ(31)が妊娠8ヶ月で、来年2018年1月15日に女児を出産予定。大河原は徐々に仕事をセーブしており、体調を見て産休に入るという。
 サンケイスポーツの取材に応じた枝太郎は「あと20年は死ねない」と照れ笑い。
 女児の名前は「笑歌(えみか)」に決めたと明かし、「笑は日本テレビの『笑点』から、歌は師匠からいただきました」と目尻を下げた。
 枝太郎は、1996年に歌丸に入門。
 5人の弟子を持つ歌丸の“最後の弟子”として知られ、「笑点」のアシスタントも務める。
 結婚保証人にもなった師匠には報告済みで、「あらま、頑張るしかないな」と祝福された。
 入退院を繰り返す歌丸の体調には「元気ですよ、生きてます」とも報告。パパになり、師匠に朗報を届け、ますます芸に磨きがかかりそうだ。


サンスポ、2017.11.9 05:02
桂歌丸歓喜!
“最後の弟子”枝太郎が来年1月パパに

http://www.sanspo.com/geino/news/20171109/geo17110905020009-n1.html

posted by fom_club at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

'Doi Moi' and Vietnam's transformation

THIS year, our neighbour, Vietnam, hosted the Asia-Pacific Economic Cooperation (Apec) Summit.

There is a lot other countries, including Malaysia, that can learn from it.

Malaysians, I think, know relatively little about Vietnam. Indeed, most people’s perceptions are often still coloured by the Vietnam War, which ended in 1975.

Vietnam, as history will tell us, struggled for centuries against Chinese, French and American domination. This experience has left it with a fierce determination to maintain its independence by excelling in all it does.

During the 1978-1991 period, hundreds of thousands of Vietnamese “boat people” left the country. Many of them temporarily settled in Pulau Bidong in the East Coast of Malaysia.

By 1995, almost all of them were resettled in a number of developed countries, including the United States, France and Australia.

In 1986, under the leadership of Nguyen Van Linh (then general- secretary of the Communist Party of  Vietnam), the country − which was officially a socialist, planned economy − initiated a series of reforms known as Doi Moi. A believer in the market economy, Nguyen came to be known as the “Gorbachev of Vietnam”.

As part of its efforts to open up, Vietnam became an Asean member in 1995, a member of Apec in 1998 and the World Trade Organisation in 2007. 

Vietnam has been an active member of Asean and a member in the Trans-Pacific Partnership negotiations. In fact, it was a part of the TPP from the get-go while Malaysia only entered during the third round of negotiations. Vietnam has also concluded a free-trade agreement with the European Union. Its ranking in the World Bank’s Ease of Doing Business has also improved from 91 in last year’s report to 68 in the latest report.

The benefits of these reforms and opening up are obvious. Vietnam is one of the fastest-growing economies in Asean. Its economic growth is projected at 6.7 per cent this year. It has also been attracting one of the largest amount of foreign direct investments (FDIs) in Asean. These FDIs have created hundreds of thousands of jobs and additional export earnings.

Malaysian companies were among the first to recognise the opportunities in Vietnam and ventured into the country in early 1990s, after the implementation of Doi Moi.

Our companies such as Petronas, Gamuda Land, SP Setia, Berjaya Corporation and Tan Chong Group are big in various sectors from manufacturing to real estate and retail trade.

Additionally, five Malaysian banks namely Maybank, Hong Leong Bank, Public Bank, RHB Bank and CIMB are operating in Vietnam.

Today, Malaysia is the seventh largest FDI contributor in Vietnam, with a cumulative investment value of US$12.2 billion (RM51.2 billion) until September.

There are impressive and ambitious plans to privatise its state-owned enterprises (SOEs), through a process called “equitisation”. About 4,500 SOEs have been “equitised” since 1992. This openness has brought about economic and political dividends.

From a least-developed country, Vietnam has graduated to become a lower middle-income country with a per capita income of US$2,200.

One of the fruits of Vietnam’s remarkable transformation is Danang − the 1.3 million-strong central Vietnamese city that hosted Apec. It is widely regarded as the most liveable city in Vietnam. The My Khe beach in Danang is ranked as one of the six most attractive beaches in the world by Forbes.

Thirty kilometres away is Hoi An, a Unesco heritage site.

The Ariyana Danang Exhibition and Convention Centre (ADEC) was launched last month, just in time for Apec. It can seat 2,500 people.

During Apec, world leaders, including Prime Minister Datuk Seri Najib Razak, US President Donald Trump and China’s President Xi Jinping spoke at the Apec CEO Summit, which was held at ADEC.

Tourism is doing well and infrastructure spending is being stepped up. The nearby Ha Noi and Danang airports have been upgraded to cater to the increased flow of tourists and business travellers. The Sheraton Hotel where we stayed was also partially completed last week.

The Vietnamese diaspora has contributed to both their new countries and homeland, whether in business, government and entrepreneurship.

When Najib met with about 45 American corporate leaders at the sideline of the Apec meeting, Anbinh Phan, an American citizen of Vietnamese descent and a senior member of the Walmart management team, proudly informed our prime minister that she was born in Malaysia − in a United Nations High Commissioner for Refugees camp on Pulau Tengah in Johor.

Another famous member of the Vietnamese diaspora was Hieu Van Le, the governor of South Australia. He was one of the hundreds of thousands of Vietnamese who have done well through education, hard work and entrepreneurial spirit in their adopted countries.

Vietnam now occupies an important place in the region and the world through the determination of its people, a sound education system and constructive international engagement, as well as its opening up to foreign trade and investment.

These changes have in turn brought massive benefits to the Vietnamese.

Malaysia, I repeat, can and should take notice of this example.

[photo] International Trade and Industry Minister Datuk Seri Mustapa Mohamed (right) receiving a painting from Vietnamese Minister of Industry and Trade Tran Tuan Anh on the sideline of the Asia-Pacific Economic Cooperation Summit in Danang, Vietnam, recently.

New Straits Times, Published: November 15, 2017 - 8:12am
'Doi Moi' and Vietnam's transformation
By DATUK SERI MUSTAPA MOHAMED
Datuk Seri Mustapa Mohamed is the International Trade and Industry Minister
https://www.nst.com.my/opinion/columnists/2017/11/303343/doi-moi-and-vietnams-transformation

posted by fom_club at 10:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Stop overdevelopment of Penang

GEORGE TOWN:
The massive flash floods, which brought various parts of Penang to a standstill today has prompted two leading non-governmental organisations to demand that the Penang government stop further hill and tree cutting and over-development.

Sahabat Alam Malaysia (SAM) and the Consumers’ Association of Penang (CAP), alarmed by the severity of the flash floods, said clearly, despite previous incidences of flooding and landslides following intense rains, the state government has clearly not learned any lessons.

Stressing that heavy tropical storms are to be expected, SAM and CAP president SM Mohamed Idris said what was most disconcerting was that the state government, instead of taking preventive measures such as in protecting hillsides and planting more trees to prevent soil erosion and surface water run-off, was approving more hill cutting and removal of trees along the roads for all kinds of development projects.

"All the flood mitigation measures will prove ineffective and inadequate if we do not address the root causes of flash floods and landslides, which stem from increased water run-off from removal of trees and hill-cutting.

"The Penang government needs to halt this wrong kind of developments and must genuinely be more environment-friendly by taking measures to protect all hills, plant more trees and truly ensure sustainable development," he told newsmen here today following massive flash floods that hit both the island and the mainland, triggered by intense overnight downpours.

Idris said apart from many areas in Penang being under water, SAM and CAP also received news of landslides and mudslides in several areas such as in Tanjung Bunga and Paya Terubong.

Meanwhile, Idris said more extreme and intense rainfalls could be expected due to the impacts of climate change, not only in Malaysia but the world over, as exemplified by the recent massive floods in Asia and even in the United States.

"Many countries are taking adaptation measures seriously in light of climate change impacts, but Penang and Malaysia are very far away from having proper adaptation plans to cope with more extreme rainfalls which will happen more frequently.

"It is high time we learn from our mistakes, take corrective measures urgently and have proper adaptation plans in place," he stressed.


[photo] SAM and CAP president SM Mohamed Idris said what was most disconcerting was that the state government was approving more hill cutting and removal of trees along the roads for all kinds of development projects.

New Straits Times, Published: September 15, 2017 - 5:04pm
NGOs demand state government halt overdevelopment of Penang
By AUDREY DERMAWAN
https://www.nst.com.my/news/nation/2017/09/280157/ngos-demand-state-government-halt-overdevelopment-penang

GEORGE TOWN:
Environmental group, Sahabat Alam Malaysia (SAM), has renewed calls to the Penang goverment to cancel the decision to implement reclamation projects in the state.

This follows numerous incidents which it claimed had threatened the lives of fishermen at existing reclamation sites, such as Pantai Jerejak.

SAM research officer S. Mageswari said the group was worried over continous threats the projects posed to the livelihood of more than 4,000 coastal fishermen in the state.

She said despite objections by affected coastal fishermen and non-governmental organisations including SAM and Consumers' Association of Penang, the Penang government has yet to assure that the projects would not threaten the environment and fishermen's livelihood.

"The July 23 incident proves that the responsible parties failed to pay due attention to defending the fate and livelihood of fishermen, now and in the future.

"Taking into consideration the adverse impacts of reclamation to the coastal and marine ecosystem, and subsequently the fisheries sector, SAM urges the state government to immediately cancel the decision to implement reclamation projects in the state, especially the proposed Penang South Reclamation project involving more than 4,000 acres," she said.

Mageswari said SAM has received numerous complaints from affected fishermen on the decline of their catches and income arising from reclamation projects that have been implemented in several areas in the state.

"Marine water pollution and ever decreasing fishing zones due to reclamation at the coastal areas have caused dwindling fisheries resources and thus catches, at times deteriorating to 70 per cent of their daily income.

"Among areas affected by reclamation projects on the island are Tanjung Tokong, Sungai Gelugor, Jelutong, Batu Uban, Persiaran Gurney and Queensbay," she added.

On the massive Penang South Reclamation at the southern coastline of the island, which involves the creation of three man-made islands, Mageswari said the environmental impact assessment of the project stated that in 2015, a total of 2,757 licensed fishermen operated within the impact zone of the project.

The wholesale value of fish landed at the area was estimated at RM42.09 million, which amounted to 12.4 per cent of the total wholesale value of fish landings from the island, she added.

She said SAM has been consistent against land reclamation projects that damaged the environment.

On July 23, fishermen Mohd Maidin Abd Hamid, 63, crashed his boat into a buoy at a recmalation site in Pantai Jerejak while returning from sea about 1.30am.

He said his boat nearly overturned due to the impact, causing part of the fiber to dent. He also had to cut 10 pieces of his fishing nets which got stuck in the sand bank.

"There was no beacon lights whatsoever to serve as a safety precaution, which is clearly against the maritime law.

"I lodged complaints with the Marine Department and representatives the Penang government but none of them were of any help," he said when met near the reclamation site in Pantai Jerejak here today.

He estimated his losses to be at RM2,500, not including loss of income. Maidin said he has not been going to sea for more than two months now.

"I used to be able to fish for priced white pomfret (bawal) and four-fingered threadfin (senangin). They are all gone now after the reclamation." he added.


[photo] Environmental group, Sahabat Alam Malaysia (SAM), has renewed calls to the Penang goverment to cancel the decision to implement reclamation projects in the state.

New Straits Times, Published: October 5, 2017 - 5:32pm
Cancel reclamation projects, save our coastal fishermen's livelihood, SAM tells Penang govt
By AUDREY DERMAWAN
https://www.nst.com.my/news/nation/2017/10/287769/cancel-reclamation-projects-save-our-coastal-fishermens-livelihood-sam

GEORGE TOWN:
“If you are not going to represent us, just get out.”

“Remember, the general election is coming."

This was the terse message from residents and environmental groups to the Penang government which, according to them, had failed to heed to their warnings on hillslope development.

Former Penang Island City Council (MBPP) councillor Dr Lim Mah Hui said the lackadaisical attitude of the assemblymen were apparent when only three of them responded to an invitation to a dialogue on environment was sent out by civil liberties group, Penang Forum recently.

"You have to remind them to come but if they are not representing us...becoming an obstacle to us, then just get out!

"The source of the problem, resulting in flash floods and landslides are connected. So, they must attend," he said.

Consumers Association of Penang (CAP) vice-chairman Mohideen Abdul Kader said CAP had been vocal against hillside projects since the 1980s, particularly on the proposed development on the Penang Hill.

After a series of education process, it was finally called off in the early 1990s.

"In this case, the state government should listen to what the NGOs are saying and not be arrogant. They should have listened to us.

"Hill is all we have left. Public pressure can make a difference like how we turned the votes in the 1990s," said Mohideen.

Tanjung Bungah Residents Association chairman Meenakshi Raman echoed similar sentiment when commenting on the issue.

"What we need is a 'wakil rakyat' who listens to us the 'rakyat' (people), not 'wakil pemaju' who listens to them (developers).

“Apart from Teh Yee Cheu (DAP’s Tanjung Bunga assemblyman), others have been quiet. Only he brought up the matter.

"If they still fail to do anything, then it is up to the people to decide," she added.

Meanwhile, the Penang Forum’s Penang Hill Watch (PHW) group said it had previously warned state authorities of a possible catastrophe at the Lengkok Lembah Permai, Tanjung Bungah landslide site.

Lim said he highlighted the case to state executive council member Chow Kon Yeow during a meeting in January this year.

"We highlighted the case after about a year of observation, but the only reply we got (from the state government) was that ‘earthworks are being monitored.’

"If they are really monitoring it, then why did the landslide happen?" Lim asked.

He also said that PHW submitted another report in May, which the state authorities have yet to reply.

The landslide incident yesterday has claimed the lives of seven people, while authorities are still searching for four others, believed to be buried under the massive landslide.

Chief Minister Lim Guan Eng had proposed a state-level Commission of Inquiry to investigate the incident.

It is expected to be tabled during the next state executive council meeting.


[photo] The Tanjung Bungah landslide incident yesterday has claimed the lives of seven people, while authorities are still searching for four others, believed to be buried under the massive landslide.

New Straits Times, Published: October 22, 2017 - 4:53pm
Tanjung Bungah landslide: 'We need 'wakil rakyat', not 'wakil pemaju' - Penang NGOs
By MOHAMED BASYIR
https://www.nst.com.my/news/nation/2017/10/293815/tanjung-bungah-landslide-we-need-wakil-rakyat-not-wakil-pemaju-penang

posted by fom_club at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする