2016年05月31日

Bernie! Bernie! Bernie!

With the bright California sun beating down on their faces, the 12,000 peoplegathered in a square in downtown Oakland heard Bernie Sanders make a bold prediction.

“I don’t want to add to secretary Clinton’s anxiety,” he shouted in a hoarse voice, “but if you promise not to tell her - we’re going to win here in California.”

The crowd, squinting in the sunshine, chanted “Bernie! Bernie! Bernie!”

The Vermont senator, his face ruddy from long days of intensive campaigning in the state, continued: “The pundits, in their infinite wisdom, said this would be a fringe campaign ... a year later, we have won primaries in 20 states.”

The speech was briefly interrupted when several people, apparently animal rights activists, rushed the stage. They were taken into custody by the secret service. “We don’t get intimidated easily,” Sanders said when he resumed speaking.

Sanders has been on a punishing schedule of campaigning across California in the last week, speaking to large and ebullient crowds in packed rallies up and down the state. Hillary Clinton, because of the more than 500 superdelegates who have pledged to her campaign, is thought to have the nomination almost locked down - but a big win in California for Sanders would be a serious problem for the former secretary of state.

Sanders, in Oakland, radiated confidence. “We will go into the convention with a great deal of momentum,” he said, “and we will come out with the nomination.”

“The point I will be making to the Democratic National Convention is that in virtually every single poll, we do better against Donald Trump than secretary Clinton. So if we want a campaign that will make sure the disaster that is Donald Trump does not become president - we are that campaign.”

Earlier, at a community conversation event at a baptist church in East Oakland, Sanders hit out at the presumptive Republican nominee, who recently said at an event in Fresno that “there is no drought” in the drought-stricken state, saying instead that state officials were denying water to farmers so they can send it out to sea “to protect a certain kind of three-inch fish.”

Speaking to community members at the Allen Temple church, Sanders mocked Trump for his comments.

“Donald Trump has come to California and has, with his profound wisdom, told you that there is no drought,” Sanders said, prompting both boos and laughter from the crowd at the church.

He called Trump, with acid sarcasm, “one of the great meteorologists of our age.”
...


The Guardian, Last modified on Tuesday 31 May 2016 03.46 BST
Bernie Sanders tells California he is the one to beat 'disaster' Trump ;
Senator vows to win the state and the nomination and mocks Trump, who denied the drought, as ‘one of the great meteorologists of our age’
Nicky Woolf in Oakland
http://www.theguardian.com/us-news/2016/may/31/bernie-sanders-tells-california-he-is-the-one-to-beat-disaster-trump


posted by fom_club at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

parental negligence

People for the Ethical Treatment of Animals (PETA), animal rights group told us immediately as follows:

A 17-year-old gorilla named Harambe is dead, and a child is in the hospital. Why?

According to news reports, the youngster managed to crawl through a fence before falling into the gorilla enclosure at the Cincinnati Zoo and Botanical Gardens. Harambe reportedly picked up the boy and moved him around. Even though the zoo’s director acknowledged that he was not attacking the boy, it was believed that a tranquilizer wouldn’t work fast enough.

Gorillas are self-aware. They love, laugh, sing, play, and grieve. Western lowland gorillas are gentle animals. They don’t attack unless they’re provoked.

Who can forget gorilla Binti Jua, who gently picked up an unconscious boy who had fallen into her enclosure and cradled him in her arms before carefully handing him over to Brookfield Zoo keepers?

Zoos cannot even begin to meet these magnificent animals’ complex needs.


PETA, May 29, 2016
Gorilla Pays With His Life for Others’ Negligence
Written by Jennifer O'Connor

The petiion for the ape named Harambe has over 250,000 signatures as of today.

We believe that the child would not have been able to enter the enclosure under proper parental supervision.

Witnesses claim that they heard the child state that he wished to go into the enclosure and was actively trying to breach the barriers.

This should have prompted the parents to immediately remove the child from the vicinity.

It is believed that the situation was caused by parental negligence and the zoo is not responsible for the child's injuries and possible trauma.

We want the parents to be held accountable for the lack of supervision and negligence that caused Harambe to lose his life.

We feel the child's safety is paramount in this situation.

We believe that this negligence may be reflective of the child's home situation.

We actively encourage an investigation of the child's home environment in the interests of protecting the child and his siblings from further incidents of parental negligence that may result in serious bodily harm or even death...


Justice for Harambe
https://www.change.org/p/cincinnati-zoo-justice-for-harambe

Earlier, animal lovers and activists formed a Memorial Day vigil near the gorilla enclosure, which was closed to the public. Flowers and notes had been left in tribute.

The family of the boy was said to be thankful he survived and aware of criticism sweeping across social media. The mother was identified on Monday morning as Michelle Gregg of Cincinnati, as a Facebook post written by her was quoted online. The post was deleted but a family spokesperson, Gail Myers, confirmed to the Guardian it was genuine, and said Gregg did not want to release any more information.

In part, the deleted Facebook post said: “God protected my child until the authorities were able to get to him. My son is safe and was able to walk away with a concussion and a few scrapes … no broken bones or internal injuries …

“As a society we are quick to judge how a parent could take their eyes off of their child and if anyone knows me I keep a tight watch on my kids. Accidents happen.”

One of those attending the vigil on Monday said he was not there to point fingers. Anthony Seta of Cincinnati told the Associated Press the death of the gorilla was “a senseless tragedy”.

The gorilla, a member of an endangered species, was born in captivity in the US.

“People can shout at the parents and people can shout at the zoo,” said Seta. “The fact is that a gorilla that just celebrated his birthday has been killed.”

Online, commenters flocked to a Facebook page entitled Justice for Harambe.

“I was just trying to make a tribute and it’s really taken off from there,” Kate Villanueva of Erlanger, Kentucky, told the AP of the page she created. “I do think there’s a degree of responsibility they have to be held to. You have to be watching your children at all times.”

People for the Ethical Treatment of Animals (Peta) released a statement from its primatologist, Julia Gallucci, saying the zoo should have had better barriers between humans and gorillas.

“This tragedy is exactly why Peta urges families to stay away from any facility that displays animals as sideshows for humans to gawk at,” the statement said.

The four-year-old boy was taken to Cincinnati hospital medical center, and released on Saturday night. In a statement on Sunday, the boy’s family acknowledged the dilemma faced by zoo staff.
Advertisement

“We extend our heartfelt thanks for the quick action by the Cincinnati Zoo staff,” the statement read. “We know that this was a very difficult decision for them, and that they are grieving the loss of their gorilla.”

The family has issued no formal statements since then. On Monday, Myers told the Guardian: “They are doing OK … they are just really thankful … thankful that he is safe.”

Jerry Stones, a zookeeper who raised Harambe at the Gladys Porter zoo in Brownsville, Texas, reportedly spent Sunday in tears. But he refused to condemn staff for shooting the gorilla.

According to a report in the New York Daily News, Stones said the animals are usually “gentle giants”.

At the Cincinnati zoo, Thane Maynard said Harambe had not been mature enough to breed but the zoo had frozen sperm from him, so his “gene pool” would continue.


The Guardian, Published: Tuesday 31 May 2016 02.02 BST
Shooting of gorilla to protect child was 'right decision', says zoo director
Joanna Walters
http://www.theguardian.com/us-news/2016/may/30/gorilla-shot-cincinnati-zoo-child


posted by fom_club at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

Gorilla shot dead

Zoo officials have shot dead a gorilla after a four-year-old boy fell into its enclosure in the US city of Cincinnati.
The boy climbed through a barrier and fell into a moat, where he was grabbed and dragged by the gorilla.

The zoo said it took action to shoot the 400lb (180kg) gorilla as the situation was "life-threatening". The boy is expected to recover.

Last week two lions were shot dead in a zoo in Chile after a man entered their pen in an apparent suicide attempt.

'Devastated'
Cincinnati zoo has temporarily shut its gorilla exhibit following the incident on Saturday.

The boy had fallen about 10ft into the moat. Video shows the boy being dragged through the shallow moat. The gorilla then stops, with the child below him and looking up at him.

But the boy was reportedly dragged by the 17-year-old male western lowland gorilla named Harambe for about 10 minutes.

The child was taken to a local hospital and although no information about his condition has been released it is believed he will recover.

Zoo director Thane Maynard said: "[The officials] made a tough choice and they made the right choice because they saved that little boy's life. It could have been very bad."

He said a tranquilliser would not have had a quick enough effect.

Mr Maynard said that although the boy was not under attack, he "certainly was at risk".

He added: "We are all devastated that this tragic accident resulted in the death of a critically-endangered gorilla. This is a huge loss for the zoo family and the gorilla population worldwide."

Two female gorillas in the enclosure did not approach the child and were unharmed.

Harambe was born in captivity in Texas and moved to Cincinnati zoo in 2014, where it was hoped he could be part of a breeding programme. Cincinnati zoo has had the largest number of western lowland gorilla births in the US.

Protective
In a similar incident in 1986 on the island of Jersey, a Crown dependency of the UK, a five-year-old boy fell into a gorilla enclosure.

He lost consciousness and a silverback gorilla called Jambo famously stood guard over him, protecting him from other gorillas and stroking his back. When the boy came round he started to cry and the gorillas retreated, allowing keepers to rescue the child, Levan Merritt.

A life-sized statue of Jambo fetched £18,000 ($26,000) at auction and he even appeared on Jersey stamps.

The western lowland subspecies inhabits west African rainforests and is the most numerous, although exact figures are not known. There are more than 500 in zoos worldwide.

The shooting of the lions last week in Santiago, Chile, brought criticism from activists. Zoo officials said no fast-activating tranquillisers were available.

The man had jumped into the enclosure and stripped naked.


BBC News, 29 May 2016
Cincinnati zoo gorilla shot dead as boy falls into enclosure
http://www.bbc.com/news/world-us-canada-36407643


posted by fom_club at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大和さん

Mr Yahho was so sad today after reading the following article in the website in Penang. He prayed his safety in the mountain, Hokkaido Komagatake. He visited this area, a couple of years ago, with FOM members:

 28日午後5時50分ごろ、北海道七飯町東大沼の山林で、北斗市追分4の小学2年、田野岡大和さん(7)が行方不明になったと、父親(44)から道警函館中央署に届け出があった。車で帰宅途中、父親が「しつけ」として一時置き去りにしたところ、行方が分からなくなったという。同署は付近を捜索するとともに、保護責任者遺棄容疑の可能性もあるとみて慎重に捜査している。

 同署によると、大和さんは両親と姉の4人で車で鹿部町の公園に遊びに行き、帰宅途中だった同日午後5時ごろ、駒ケ岳のふもとの林道沿いの山林に置き去りにされた。父親は車で数百メートル走った後、約5分後に歩いて戻ったが、大和さんはいなくなっていた。

 父親は当初、「山菜採りで山に入り、子供がいなくなった」と同署に説明。虚偽の説明をしたことについて「(しつけは)公園で言いつけを守らなかったため。虐待を疑われると思った」と釈明しているという。同署や北斗市教育委員会によると、日常的な虐待などは確認されていない。

 大和さんは身長約120センチ、体重約20キロ。現場は日中もほとんど人通りはない。

毎日新聞 5月29日(日)21時16分配信 【遠藤修平、安達恒太郎】
<7歳児不明>山林に一時放置、父「しつけ」…北海道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160529-00000048-mai-soci

The parents of a seven-year-old Japanese boy missing in the mountains have said they had left him as a punishment and he did not get lost during a hike as first claimed, police said.

More than 150 rescuers and police officers were searching for a second day in mountains on the Hokkaido, the northernmost of Japan’s main islands, after Yamato Tanooka went missing on Saturday, a police spokesman said.

His parents first told police Yamato got lost while the family were out walking in the area, a habitat of bears, to pick wild vegetables. But the parents later admitted they had lied, he said.

“The parents left the boy in the mountains as a punishment,” the spokesman said. “They said they went back to the site immediately but the boy was no longer there.”

The father told a TV Asahi reporter he did not dare admit the truth while requesting a search.

The Guardian, Published: Sunday 29 May 2016 11.22 BST
Missing Japanese boy left in mountains as punishment, say police ;
Rescuers continue search for Yamato Tanooka, seven, in Hokkaido mountains after parents told police he got lost hiking
By Agence France-Presse
http://www.theguardian.com/world/2016/may/29/missing-japanese-boy-yamato-tanooka-left-in-mountains-as-punishment-say-police


posted by fom_club at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

a victory for the 1,800 fishermen

Today as well Mr Yahho is recovering from the sadness and stress after reading the following comment in New Straits Times about the peoples' power in Penang and the stop of the reclamation work for the Gurney Drive:

THE recently concluded state legislative assembly sitting proved a very pertinent point − that the state government can’t simply bulldoze its way with projects, or according to its whims and fancies.

Intense exchanges, which sometimes led to shouting matches, on the undersea tunnel project and the Penang Transport Master Plan (PTMP) stole the thunder throughout the week-long sitting.

Not only were Barisan Nasional lawmakers seen badgering the DAP-led administration for answers on the two multibillion mega projects, the ruling Pakatan Harapan assemblymen also demanded that the administration come clean on the projects.

They said it was difficult for elected representatives to provide information to the people without having a clear picture of the tunnel project and PTMP. They also called for the setting up of a committee to present this information to the people.

On the undersea tunnel project, they repeatedly asked why the need for the state government to pay RM305 million to a private company for the feasibility study, detailed design, environmental impact assessment and related consultancy. They also demanded to know why the state Public Accounts Committee (PAC)’s report on the tunnel project had been delayed for the last two sittings.

And, now, the people are told that this administration is willing to forgo the undersea tunnel project if the Federal Government gives the nod for a third bridge. Yes, you heard me right − a third crossing when the second crossing is still very much underutilised.

And, more importantly, the state will never get back the RM305 million paid to the private company via land swaps. With Penang so scarce of land, questions are being raised as to why the state government is freely giving away precious land.

On the state-initiated RM27 billion PTMP, the lawmakers continued to question the project’s funding method. Is reclamation the only answer?

They also called on the state PAC to scrutinise PTMP to determine whether the Transport Master Plan is workable or whether PTMP, comprising light rail transit, monorail, tram and transit bus, should be streamlined to a single mode.

Why can’t the state get back the money? Why sacrifice prime land that can be used to benefit Penangites rather than selected groups? Why is reclamation the only means to raise funds? Why this? Why that? These questions are being asked repeatedly by concerned Penangites.

This goes to show that the answers provided by the administration have not been convincing enough, even to its own lawmakers, what more the people at large.

For now, the state legislative assembly had passed a motion tabled by the state government to postpone the massive reclamations on the southern coast pending a detailed environment impact assessment report. However, there is no guarantee that it will be scrapped altogether. Nevertheless, this is seen as a moral victory for those who have been harping on this issue continuously, more so for Barisan Nasional’s Pulau Betong assemblyman Muhammad Farid Saad, whose similar motion tabled in last year’s sitting was rejected.

This is also a victory of sorts for DAP Tanjung Bungah assemblyman Teh Yee Cheu and PKR 5, who were sidelined by the administration after the last episode where Teh had voted in support of Farid’s motion while the five had abstained.

The five assemblymen who abstained from voting were party whip Ong Ching Wen (Bukit Tengah), Cheah Kah Peng (Kebun Bunga), Lee Khai Loon (Machang Bubok), Dr T. Jayabalan (Batu Uban) and Dr Norlela Arifin (Penanti).

And, what matters most is that this is a victory for the 1,800 fishermen, whose lives are dependent on their daily catch at the southern coast, and the non-governmental organisations that have been championing their cause.

It is certainly commendable that the state government had appointed representatives from BN, NGOs, Teh and PKR 5 into the Penang Transport Council, tasked with monitoring and reviewing the implementation of PTMP.

But, will their views and concerns be considered? Will they be able to operate effectively and efficiently? It is every Penangite’s hope that these people will continue to speak up without fear or favour against controversial development projects in the state. It is also the people’s hope that they will obtain answers to the many issues raised on the undersea tunnel and PTMP.

After eight years in power, the DAP-led administration should know by now that they can’t always have their way.


New Straits Times, Published: 30 May 2016 at 11:02 AM
Penang government can't always get its way
By Audrey Dermawan, NST Penang bureau chief. She enjoys the sun, the sea and the sand, from which she draws her inspiration
Read More : http://www.nst.com.my/news/2016/05/148561/penang-government-cant-always-get-its-way

posted by fom_club at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

Killing the Camerons

Today Mr Yahho is recovering from the sadness and stress after reading the following article in the Star announcing so common sense idea by Environmental Minister to sustain the nature:

KUALA LUMPUR: There are no more new cases of illegal land clearing in Cameron Highlands, says Natural Resources and Environment Minister Datuk Seri Dr Wan Junaidi Tuanku Jaafar.

He said aerial inspections showed no signs of illegal land clearing, and parts of the forests destroyed were mainly state forests.

“The Forest Research Institute Malaysia (FRIM) and the Forestry Department have started replanting at the forest reserves.

“For parts of the forests that were destroyed, we are still discussing with the state government for reforestation and rehabilitation.

“The state government also has to determine whether the lands are from land grants or from illegal clearing,” he told a press conference after the awards ceremony for graduating foresters and forest rangers at the Forestry Training Division in Kepong near here yesterday.

On allegations of misappropriation among officers and officials in the Forestry Depart-ment, he said the Malaysian Anti-Corruption Commission is “observing” the situation.

“If there is any evidence, bring those people to court,” he said.

He added that the proposal to raise the fine in the National Land Code (Amendment) Bill 2016 up to RM500,000 had been passed in the Dewan Rakyat.

If we want to save the water and the rivers, we have to save the forest, observe the river reserves, the siltation and that those in the logging industry must be aware of the effects from these activities.

If the forests are destroyed, the sponge effect that absorbs water would be gone; rivers will become shallow and floods would easily occur,” Dr Wan Junaidi said.

In his speech earlier, Dr Wan Junaidi urged everyone to look beyond timber and try to preserve what was present now as it would be costlier to reforest and replant.

We have to retain at least 50% of forest cover. If you interfere with nature, then nature fights back against you,” he said.


The Star, Published: Friday, 27 May 2016
No new illegal clearing on Camerons, says Wan Junaidi
BY Royce Tan
http://www.thestar.com.my/news/nation/2016/05/27/no-new-illegal-clearing-on-camerons-says-wan-junaidi/

PUTRAJAYA: A total of 43 or nine per cent of rivers in the country, mostly in the urban areas are recorded as polluted, said Natural Resources and Environment Minister Datuk Seri Dr Wan Junaidi Tuanku Jaafar.

Out of the 473 rivers monitored by the Department of Environment, he said 186 rivers or 39 per cent were slightly polluted while 244 rivers or 52 per cent were clean.

“Most of the polluted rivers are in urban areas where high pollution load originates from multiple sources including water wastewater plants, industries and commercial premises and coupled with small base flow volume due to large percentage of paved areas,” he said in his keynote speech at the Seminar on Water Resources Security in the Context of Sustainable Development Goals (SDGD) here today.

His text of speech was read by his deputy Datuk Hamim Samuri. Meanwhile, Wan Junaidi said he was concerned of suspended sediment pollution from land development activities where huge tract of lands were being cleared for replanting or new commercial crops. He said for most cases there was little erosion control measures and most of the sediments would be washed into waterways during storms.

“I have received reports that turbidity level for one major river in Malaysia has even reached 6,000 Nephelometric Turbidity Unit (NTU),” he said adding that in a typical case a reading of 1,000 NTU would render a water treatment plant to be shut down.

Wan Junaidi said the proposed Water Resources Act was expected to strengthen water resource management in Malaysia.

“My ministry realises that strong commitment and cooperation of all stakeholders are needed especially the state government and for that reason we have gone to all the states to explain the importance of working together and to accept the proposed bill,” he said.

Meanwhile, he said his ministry was also committed to support and implement the 2030 Agenda of Sustainable Development (SDG) especially at the security aspect of water resources for the nation.


Read More : http://www.nst.com.my/news/2016/05/147753/43-polluted-rivers-mostly-urban-areas-wan-junaidi

KUALA LUMPUR: The moratorium on bauxite-mining in Kuantan may be extended yet again until the stakeholders fully meet all stipulated conditions set by the government.

The conditions include adherence to standard operating procedures (SOPs) on bauxite transportation, routes for carrying bauxite and management at stockpile sites, said Natural Resources and Environment Minister Datuk Seri Dr Wan Junaidi Tuanku Jaafar.

These, he said, include that only indicated lorries which had been certified by the authorities being allowed to transport bauxite.

The moratorium was supposed to end in April but was extended by three months until July 15 to give more time to the operators to clear their remaining stockpiles.

“I will present the findings to the Cabinet so that a decision can be made,” said the minister in a reply to Fuziah Salleh (PKR-Kuantan) in the Dewan Rakyat today during debate on the National Land Code (Amendment) Bill 2016.

Fuziah had asked Wan Junaidi to clarify on what she said seemed to be a lack of commitment towards strict and specific regulations such as central stockpiling, detailed Environmental Impact Assessments (EIA) and designated routes for bauxite lorries.

Bauxite-mining in Kuantan was first suspended for three months in Jan 15 to address the impact of the ore-mining following concerns on environmental deterioration, adverse health effects, damaged roads and toxic contamination of water from bauxite residue.

Fuziah also raised concern that rivers and air will be polluted once the mining activities are allowed to resume, as many of the mines are located upstream in water catchment areas.

Wan Junaidi said there are currently 12 bauxite stockpiles in Kuantan, including at the port. He said the stockpiles, which amounted to about 3.7 million tonnes, must be cleared to prevent bauxite from polluting water sources when it rains. He said some bauxite stockpiles are stored in buildings to avoid detection by the authorities who use drones.

“The drones can't go inside building, so we can’t estimate the amount of bauxite. My officers had to go on site to check each of the stockpiles,” he said.

The Santubong MP also said he will ensure that bauxite mining will not affect any water catchment areas.


Read More : http://www.nst.com.my/news/2016/05/147784/kuantan-bauxite-moratorium-may-be-extended-further


posted by fom_club at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

129-year-old tree

Mr Yahho was so sad today as well after reading the following article in the Star. He visited the gardens once, more than a decade ago, with members as part of overseas hiking plans of Friends of Mountain (FOM):

THE majestic rain tree that has greeted visitors of Penang Botanic Gardens for over a century is about to become history.

Once standing at 18.5m tall with a crown 24.4m wide, the 129-year-old tree has died and gardeners have begun cutting it down.

This historical tree was planted in 1887 by British colonialists to commemorate Queen Victoria’s birthday.

Penang Botanic Gardens Department director Mohd Azwa Shah Ahmad said the tree could no longer absorb nutrients and had surpassed its life span.

“The average life span of a Samanea saman is 80 to 100 years though some specimens in the world have surpassed this if they are not disturbed by development.

“This one has only a 5% chance of survival. We tried giving it soil conditioners twice a day to help it breathe again but to no avail,” he told a press conference at the gardens office yesterday.

Explaining why the top branches had been pollarded, Mohd Azwa said it was done for the safety of visitors and joggers.

“With the current rainy weather and the huge influx of visitors during the school holidays, we want to avoid accidents.

“It is not easy for this tree to fall but I fear that its branches might snap.

“In 1991, a foreigner was killed by a falling tree limb here and we do not want such incidents to recur.

“If anything happens, we need to answer for it and may even get sued,” he said.

There have been suggestions to turn the dead tree into a monument.

Mohd Azwa said suggestions included keeping the stump and decorating it with orchids and so forth.

“Another idea is to replace it with a new rain tree but that means we must remove the entire tree including the roots deep below to protect the new tree from diseases.

“We have not decided. This needs to be discussed with our stakeholders as this is no ordinary tree due to its history and value,” he said.

When The Star paid the tree a visit last December, nearly all its leaves were gone and arborists contacted had said that the tree was ailing and under stress.

The Penang Botanic Gardens Department had then said the tree’s condition was average because its trunk was still compact and not hollow.

To retain moisture, this tree species will fold its leaves when it rains or at sunset, leading it to be called a rain tree or, locally, Pokok Pukul Lima (Five O’clock Tree).


The Star, Published: Saturday, 28 May 2016
Majestic no more Gardeners have started chopping down famous rain tree
by Jolynn Francis
http://www.thestar.com.my/metro/community/2016/05/28/majestic-no-more-gardeners-have-started-chopping-down-famous-rain-tree/

The magnificent rain tree at the main entrance of Penang Botanic Gardens had greeted many visitor since 1800’s. This fast growing shade-tree can grow up until 35 meter in height. It provides much shade with its large, widespread and umbrella-shaped crown. The flowers form in small pinkish white clusters.

Locals call it the “Pokok Pukul Lima” or the “5 o’clock Tree” because the compound exhibit “sleep motion”, that is they close just before sunset and open just after sunrise. This feature retains more moisture for the tree by enabling more dew to settle when the leaves are folded.


Official Website of The Penang Botanic Gardens
The Rain Tree
http://botanicalgardens.penang.gov.my/index.php/en/penerbitan/pokok-hujan


posted by fom_club at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

はな子

Mr Yahho was so sad after reading the following article in the Asahi Newspaper. He visited the Inokashira park once with members as part of hiking plans of Friends of Mountain (FOM):

国内最高齢のアジアゾウ「はな子」(メス、推定69歳)が死んでから一夜明けた27日、井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)のゾウ舎前には献花台が設けられた。雨が降る中、思いを寄せる多くのファンが次々訪れた。

「間に合わなかったねえ」。東京都三鷹市の滝沢喜恵子さん(82)はゾウ舎に手を合わせて涙ぐんだ。先週見に来た夫に「早く行ったほうがいい」と言われ、3歳の孫と「次の休みに見に行こうね」と約束していた。思い出すのは、はな子が来た時の歓迎ぶりだ。「都心から離れた場所なのに来てくれて、本当にうれしかった。子どもたちはよく絵に描いていました」

 動物園の環境改善について学んだ三鷹市の大学院生、加藤由比子さん(23)ははな子の好物だったバナナとリンゴを供えた。「はな子が、ここでの生活を幸せだったと思ってくれていれば」と声を詰まらせた。武蔵野市の主婦(36)は「子どもたちがたくさん楽しませてもらいました。安らかに眠って欲しい」。

 はな子は26日朝、飼育員が倒れているのを発見、午後3時過ぎに死んだことを確認した。


2016年5月27日12時22分, 朝日新聞デジタル(高橋友佳理)
はな子、安らかに… ゾウ舎前に献花台、ファン続々
http://digital.asahi.com/articles/ASJ5W3FHVJ5WUTIL00S.html?rm=269

Tokyo (CNN) − Hanako, Japan's oldest elephant, has spent most of her 69 years in captivity as the star attraction at Tokyo's Inokashira Park Zoo.

Now, she is at the center of a growing campaign which is demanding a better environment for her to live out her final days.

"I was shocked and dismayed to see the conditions of her confinement firsthand," wrote Canadian animal rights activist Ulara Nakagawa in a blog post after she visited the zoo in October.

"Totally alone in a small, barren, cement enclosure, with absolutely no comfort or stimulation provided, she just stood there almost lifeless, like a figurine."

The blog post, which included a lonely picture of Hanako, spread quickly on social media and sparked an online petition to and crowdfunding campaign on Indigogo. The petition now has nearly 420,000 signatures, and nearly $30,000 has been raised.

Plan to improve her life
The "Help Hanako" campaign proposes that the elderly elephant be moved to a sanctuary in Thailand, or have her current surroundings drastically improved.

As Hanako chomps on a banana on a sunny day in Tokyo, she appears oblivious to the storm of controversy she has created.

And the zoo manager also seems a little bemused.

"I was surprised. Those who signed the petition didn't know much about (Hanako)," Hidemasa Hori, Deputy Director and General Curator at Inokashira Park Zoo, tells CNN.

"They would understand that the present situation is the only solution after they actually meet her and learn how she has been taken care of."

A life in Tokyo
At 69, Hanako has already far exceeded the usual 40-year life expectancy of captive elephants. She arrived in Japan when she was two years old, as a gift from the Thai government after World War II.

"She has only one tooth left, so she cannot eat without special care," Hidemasa

Hori says. "We feed her special fruits and Japanese-style wheat rice ball. Since banana skins are too hard for her to eat, we peel off the skin for her."

Hori insists that her solo confinement is necessary for safety reasons, as she is a "difficult and sensitive elephant" who has trampled two people to death in her enclosure in the past.

Deadly past
"She is, so to speak, a killer elephant," Hori says. "The first accident was when a drunk man sneaked into her enclosure and died. The second incident involved a caretaker. Even after that, there were a few close calls."

Hori says Hanako's temperament and advanced age mean that any move would be too traumatic.

"She is difficult old lady, who overreacts to small changes of circumstance," Hori says. "We don't want to take such risks. We think it would be better for her to spend the rest of her life here under familiar conditions, being loved by the visitors and well taken care of by the handlers."

But Ulara Nakagawa insists that more can be done to make Hanako's final days more pleasant.

Using the funds raised in the online campaign, Nakagawa and an American elephant expert, Carol Buckley, flew to Tokyo this week to meet with the zoo managers to discuss Hanako's future.

"Hanako's zoo has agreed to meet with me," Nakagawa says in a YouTube video about the campaign. "Carol and I will meet with the zoo to discuss in an open and collaborative way what is best for Hanako."

Easier said than done
Animal welfare experts say the options are limited."Japan has no sanctuary facilities for elephants," the Born Free Foundation said in a statement. "The first step to assist Hanako would be to conduct a proper health and welfare evaluation, to determine whether she is a candidate for travel of any kind and, if not, how to mitigate the multitude of issues she faces at Inokashira Zoo."

Nakagawa agrees this is the best course of action.

"If this move is dangerous for her in any way, we would want to make immediate and significant improvements to her current enclosure," Ulara Nakagawa says.

The regular visitors of the park hope she can stay.

"I understand people want to give her good surroundings to live the rest of her life," says Kaori Igari, a mother with two children who often visits Hanako. "But I personally want her to stay here, she is a symbol of Inokashira Park Zoo. I would feel sad if we lost her."

"Visiting Hanako is the one of purpose of my life. I'm old, and Hana-chan is old too, I share the time with her," says Nobuko Iima, who visits Hanako every week. "I don't think she is unhappy living here. I would like her to live out her life being loved by the people here."


CNN Updated 0454 GMT (1254 HKT) March 4, 2016
The race to 'save' Japan's oldest elephant
By Rebecca Wright and Junko Ogura, CNN
http://edition.cnn.com/2016/03/03/asia/tokyo-zoo-save-hanako-elephant/index.html


posted by fom_club at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

sustainable farming project

Today Mr Yahho wants to introduce the speech made by Mr. S.M. Mohamed Idris, President of CAP (Consumers’ Association of Penang) on 26 May 2016 in Penang.

I deeply appreciate everyone present here today for sparing your time to join us in welcoming the Director General of Agriculture’s visit to learn about CAP’s sustainable farming project.

We thank all teachers, students, farmers from Penang, Kedah and Perak who are here today and who have been actively involved in CAP’s sustainable farming projects all these years. We also have strong support from the public and media who has been highlighting our farming ventures. Thank you all.

Ladies and gentlemen,

Our current system of industrial agriculture and pest control relies heavily on chemical inputs. Science shows that even at low levels of exposure, many of these chemicals are harmful to human health especially on children as their developing minds and bodies are particularly vulnerable.

A study by Pimentel, updated in 2005 estimated USD10 billion per year in environmental and societal damages due to the application of pesticides in the USA. The breakdown is as follows: USD1.1 billion per year in public health costs; USD1.5 billion per year in pesticide resistance; USD1.4 billion per year in crop losses; USD 2.2 billion per year in bird losses; and USD 2.0 billion per year in groundwater contamination. We do not have the costs for Malaysia but the damage shown through these figures reflects the graveness of the situation.

From CAP’s ventures, and experience of small-scale farmers it is increasingly clear that chemical-free approaches to farming are not only viable, but would strengthen the resilience of agricultural production. We have demonstrated that yields can be increased sustainably, promote food safety and food security, improve livelihoods and successfully decrease or refrain from using agro-chemical inputs.

CAP has also been actively promoting urban farming or kitchen gardening among households. Vegetables and herbs grown in simple containers can help families meet their needs for fresh and nutritious produce which are free of chemical residues and also reduced their food expenses. This can be integrated with rainwater harvesting and composting of garden and kitchen organic waste.

CAP’s school garden projects have raised students’ awareness of the importance of food production and provided them with training in agriculture, practical nutrition education and also marketing of their produce. Our intention is to inculcate among children and youth that agriculture is a viable career path.

The old paradigm of industrial, energy-intensive and toxic agriculture is a concept of the past. Our natural resources such as soil, and agro-biodiversity have been degraded or lost and in some cases irreversibly. Meanwhile, climate change is already leaving its mark in the agriculture sector, and will do so on a much greater scale in the future.

These realities all call for specific responses at the policy level. Small-scale farming and agro-ecological methods provide the way forward to provide food security, avert food crisis and meet our needs.

Malaysia must have high targets and strategic plans for the country. For example Bolivia aims to become entirely self-sufficient in food production by 2020 by enhancing local capacities. The Government of Bolivia has allocated funds to support farmers in sustainable food production and invest in food security projects. The intention is also to reduce or halt food imports which would not only help improve livelihoods of local farmers and businesses, but help cut down emissions.

Other examples include the tiny mountain nation of Bhutan which announced in 2011 its goal to make the country’s agricultural system 100 percent organic by the year 2020. The Danish government is also working in multiple ways to convert the entire country’s agriculture into organic and sustainable farming. In 2015, they released an ambitious plan to double organic farming, and to serve more organic food in the nation’s public institutions by 2020. Sikkim in India is now a 100% organic state, with no chemical pesticides or fertilizers and no GMOs. This shows that organic food in an entire region is possible.

Hence we call upon the Malaysian government to implement strong policies and programmes for chemical-free sustainable farming. Chemical-free farming should be made a compulsory subject in all vocational schools. UPM and other universities in Malaysia should introduce courses on agriculture, focusing on chemical-free farming methods. Ministry of Agriculture should supply tools and other related material for those interested in chemical-free farming. Such incentives will trigger more people into setting their own vegetable garden.

At the moment CAP is teaching chemical-free farming methods to public and producing compost, vermicompost, growth promoters and pest repellent which are toxic-free. We encourage public to learn and practise such methods in their own gardens and farms. Chemical-free farm input are also available at CAP. Funds should also be allocated to groups such as CAP who can assist in moving the plans forward.


Chemical-Free Sustainable Farming is the Way Forward
http://consumer.org.my/index.php/development/natural-farming/979-chemical-free-sustainable-farming-is-the-way-forward

posted by fom_club at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

food waste

KUALA LUMPUR: Malaysians waste 15,000 tonnes of food daily, including 3,000 tonnes still fit for consumption. Fifteen thousand tonnes is equivalent to 1.5 million bags of 10kg rice.

Deputy Minister of Agriculture and Agro-Based Industry Nogeh Gumbek said the increasing food wastage, especially during festive seasons, should be curbed.

“Research conducted by the Malaysian Agricultural Research and Development Institute (Mardi) shows that 28.4% of the padi produced is wasted.

“As for fruits and vegetables, 20%-50% is thrown away,” he said after opening the “MySaveFood” forum here yesterday.

Nogeh said the Government through Mardi was conducting several programmes nationwide to educate the public on the consequences of food wastage.

Food and Agriculture Organisation (FAO) senior enterprise development officer Dr Rosa Rolle said the Food Loss and Waste (FLW) Standard would be launched next month in a bid to address the challenges of quantifying food loss and waste.

“The FLW Standard will enable a wide range of entities, countries and other regions to account for and report in a credible, practical and internationally consistent manner, how much food loss and waste is created and identify where it occurs, thus enabling the targeting of efforts to reduce it,” she said.

Rolle said the development of the standard was being coordinated by the World Resources Institute together with the Consumer Goods Forum and the World Business Council for Sustainable Development.

“Globally, about 1.3 billion tonnes of food valued at RM4.4 trillion is lost or wasted yearly,” she added.

The “MySaveFood” forum attended by 100 participants from government agencies and the private sector aimed to create awareness about the food life cycle and to reduce food waste.

It was jointly organised by FAO and Mardi.


The Star, Published: Wednesday, 25 May 2016
Nogeh: Malaysians waste 15,000 tonnes of food daily
http://www.thestar.com.my/news/nation/2016/05/25/nogeh-malaysians-waste-15000-tonnes-of-food-daily/

See more on FAO:
HLPE (High Level Panel of Experts) Report on Food losses and waste in the context of sustainable food systems
Extract from the Report: Summary and Recommendations
(14 May 2014)
http://www.fao.org/fileadmin/user_upload/hlpe/hlpe_documents/HLPE_S_and_R/HLPE_2014_Food_Losses_and_Waste_Summary_EN.pdf

See one more on:
CAP calls for action on those who waste food
'Make them pay': Eateries should be allowed to charge customers who do not finish their meals, say Idris

New Straits Times, Thursday, May 26,2016

Yes, Mr Yahoo is now in Penang, Malaysia and he said he was so surprised because:

GEORGE TOWN: A thunderstorm lashed the state early today causing flash floods and extensive damage to infrastructure here.

Swirling wind and heavy rain pounded various parts of the island, uprooting dozens of trees and felling branches statewide.

A check at several places showed that fencing and advertisement structures gave away under the harsh weather condition that happened past midnight.

Several university students who were having supper even saw their dishes blown off from their tables at an eatery by gusty wind.

As of 8am, there have been no injuries reported.

Fallen tree branches were seen on every road in the state and the local councils had cleared most of the objects by daybreak.


New Straits Times, 26 May 2016 at 9:11 AM
Thunderstorm lashes Penang, triggers flash floods
By Phuah Ken Lin
http://www.nst.com.my/news/2016/05/147832/thunderstorm-lashes-penang-triggers-flash-floods





By PHUAH KEN LIN -
posted by fom_club at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

Reclamation works

GEORGE TOWN, May 9, 2015 ― The Middle Bank reclamation project in Penang Channel is part of the state government’s proposed RM27 billion Penang Transport Master Plan (TMP).

The project is to be carried out near the Sungai Pinang river mouth between the ferry terminal and the Penang Bridge.

Middle Bank is near Gazumbo Island, a small patch of sandy land populated with trees, and is visible from the Penang Bridge.

Gazumbo Island emerged in the 1970s when sand was dug up to build the bridge.

A third of Middle Bank is covered with seagrass, the second largest in the country after the Sungai Pulai estuary near Tanjung Kupang in the Straits of Johor.

Middle Bank covers about 607ha, almost twice as big as Pulau Jerejak.

It is the only seagrass bed in Penang waters and among only a handful in the Straits of Malacca.

It is considered a green lung.

At low tide, the seagrass becomes visible, resembling a huge verdant carpet near the Sungai Pinang river mouth.

Marine researchers have found that Middle Bank’s seagrass bed has rich living marine species, including sea anemones, hermit crabs, cockles, clams, sea urchins, fan shells, sea cucumbers, turtles, dugong and octopuses.

“These aquatic species will be in danger of extinction if land reclamation is done,” cautioned Sahabat Alam Malaysia president S.M. Mohamed Idris.

Environmentalists like Idris, Malaysian Nature Society Penang branch adviser D. Kanda Kumar and even DAP’s Tanjung Bungah assemblyman Teh Yee Cheu have stressed the under-threat Middle Bank seagrass bed should be conserved and preserved.

They reminded the state government that reclamation on Middle Bank would mock the state's “Cleaner Greener Penang” policy.

They want the state government to gazette the seagrass bed as a marine conservation site.

They said reclamation threatens the ecological balance as the seagrass bed is a vital part of the food chain for marine life.

Any reclamation, they warned, would cause massive floods and soil erosion.

The TMP was prepared by Halcrow Consultants Sdn Bhd, AJC Planning and Singapore Cruise Centre Pte Ltd in 2012.

It recommends highway improvements, policy changes and an upgraded public transport system to improve traffic conditions in the state.

TMP is scheduled to be readied in four phases − RM330 million first phase, RM7.13 billion second phase, RM8.9 billion third phase and RM10.6 billion final phase.

Six companies are bidding to become the project delivery partner to implement TMP.

A decision on the successful bidder is expected by the middle of this year.

Bursa Malaysia-listed construction giants Gamuda Bhd, IJM Corp Bhd, WCT Holdings Bhd and government-linked Prasarana Malaysia Bhd are among the bidders.

TMP is a massive project which could overhaul not only Penang’s island transportation and road infrastructure, but also residential and environmental landscape.

TMP includes an undersea tunnel, at least three cross-island highways, cable car (Sky Cab), light transit rail and transportation hub projects, sea reclamation and massive hill-cutting.

The project delivery partner will be awarded reclamation rights to the Middle Bank area as part-finance for the TMP project.

The partner will have to conduct a feasibility study of the proposed reclamation which is expected to contribute RM18.3 billion in land premium to the state’s coffers at a minimum rate of RM280 per sq ft.

Blogger Anil Netto in his posting last year suggested that Middle Bank would be a massive multi-billion project in business turnover.

He said the reclamation project would need a massive amount of sand, fill material and rocks.

He said the 360ha Seri Tanjung Pinang Phase 2 land reclamation in Tanjung Tokong required 33 million cubic metres of sand or fill material and two million tonnes of rocks.

“How much sand and fill materials would be needed to reclaim the 607ha Middle Bank?” he asked.

He also asked whether the Middle Bank gross development value would be about RM40-RM50 billion since the reclaimed land itself could be worth RM20 billion.

Civic group Penang Chant Citizens Awareness Group coordinator Yan Lee said the reclamation on a large sea area and moving the TNB cable would be costly.

Pointing out the lack of clear guidelines, he asked how the project would be carried out without tampering with the submarine cable.

He said TNB may not agree to such a major undertaking, adding that siltation and a decrease in sea depth would disrupt the passageway for ships.

He wanted to know why the Penang government’s insistence to reclaim the Middle Bank given “all these issues cropping up.”

To implement the TMP, the Pakatan Rakyat state government needs to build its transportation hub, and to build the hub, it wants the Middle Bank.

Despite so much public outcry, the state government's silence has been deafening.

What will be the state government’s final decision?

Only time will tell.

- See more at: http://www.themalaymailonline.com/malaysia/article/reclamation-works-put-penang-green-lung-in-peril

- See also at:
Reclamation works put Penang green lung in peril
CAP: Land reclamation will affect marine life
April 2, 2014
http://www.freemalaysiatoday.com/category/nation/2014/04/02/cap-land-reclamation-will-affect-marine-life/

- See one more at:
Gurney Drive reclamation work to start soon
February 1st, 2016
http://www.penangpropertytalk.com/2016/02/gurney-drive-reclamation-work-to-start-soon/

posted by fom_club at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

忠犬タマ

 そう、衣笠山への俳諧の道で出会ったのが、犬のタマ!
 江戸ちゃんに碑文を読んでもらって皆、感心しました。
 それがまた新潟県五泉市と神奈川県横須賀市の縁結び!
 タマー、タマー・・・本当にありがとう、タマ・・・

 昭和の初め、早出川のほとり(旧川内村)の猟師の家に、柴犬のタマは生まれました。飼い主の刈田さんは、素直で賢いタマを可愛がり、猟に出掛ける時はいつも一緒です。元気に野山を駆け巡り、タマはりっぱな猟犬に育ちました。
 1934(昭和9)年2月5日、刈田さんは猟仲間の小泉さんと、いつものようにタマをお供に八滝沢へでかけました。獲物は鳥か獣か。タマは雪の中でもにおいをかぎつけて、茂みに飛び込みます。タマに追われて飛び立つヤマドリに、二人は鉄砲をかまえました。「ダダーン!」・・・とその時。大きく鳴った銃声が衝撃となって雪がくずれ、ものすごい雪崩となって二人を襲いました。
 あっという間に雪に埋もれ、身動きもとれない刈田さん。上の方で、タマが雪を掘る音がします。「タマー、タマー」と懸命に呼びかけました。刈田さんの声に応えるように、雪を掘るタマ。ついに刈田さんの頭は雪の外へ・・・。
 タマは両足を血だらけにしながらも掘り続け、刈田さんは脱出することができました。
 一緒に行った小泉さんは、タマの活躍もむなしく、かえらぬ人に・・・。山をおりるタマも悲しそうです。タマの活躍ぶりは新聞で報じられ、主人の命を救った忠犬と褒めたたえられました。
 それから約2年たった、1936(昭和11)年1月10日。刈田さんは、近所の人たち3人と桜谷へムジナを狩りに行きました。もちろんタマも一緒に、雪の積もった山を分け入って行きます。両側の山は急斜面です。ふと危険を感じた刈田さん。「みんな、頂上の林まで上がれ!」と、叫びました。
 しかし、足下の雪がグッと無気味な音をたてたかと思うと、「ドドドーッ!」。雪けむりをたてて落ちる雪崩に、一瞬のうちに四人とタマは押し流されていました。ゴロゴロと転がるタマ。でも、大好きな刈田さんを助けようと、立ち上がって雪の上を探し回ります。重たい雪につぶされて、次第に気が遠くなっていった刈田さん。「もう、だめか」と死を覚悟した時・・・「ウーッ、ワンワンワン!」タマがまた助けにきてくれたのです。
果敢に雪を掘るタマ。刈田さんは、またしても九死に一生を得ることができました。
 「本当にありがとう、タマ」刈田さんはタマに抱きつき、何度もほおずり。二度の殊勲をたて、タマは町の英雄になりました。そして今も、タマの主人思いで勇敢な行動は、新潟中の人びとに語り継がれています。


五泉市公式サイト、忠犬タマ公物語
http://www.city.gosen.lg.jp/kanko/guide/000216.html

 こんにちは。小泉進次郎です。
 朝7時半からの部会に出席してから地元横須賀の行事に出席してきました。
 衣笠山で行われた、日露戦争の戦没者慰霊祭、忠犬タマ公慰霊祭、そして山開き式です。
 忠犬タマ公 !?
 不思議に思われた方のために簡単に説明します。
 忠犬タマ公は横須賀ではなく、新潟県の現在の五泉市で飼われていた犬で、飼い主が2度遭難して2度助けたことから忠犬タマ公として有名になりました。
 その美談に感動した新潟県出身の横須賀の将校がタマを偲んだことから横須賀と五泉市の繋がりが生まれました。
 今日は五泉市から市長や議員の方々、市の関係者の方々がいらっしゃってました。
 タマのお陰でできたご縁ですね。

 ちなみに私自身も繋がりがあるんです。
 横須賀の忠犬タマ公の慰霊碑に揮号したのが私の曾祖父、小泉又次郎。
 新潟県五泉市の忠犬タマ公の碑に揮号したのは父、小泉純一郎。
 いつか忠犬タマ公の地元、五泉市に行くのを楽しみにしています。
 今日は良い天気で良かった!
 タマのおかげかな。


2010-03-26 12:18:26更新、小泉進次郎公式ブログ
忠犬タマ公
http://ameblo.jp/koizumi-shinjiro/entry-10491682417.html

 皆さんは「忠犬タマ公」をご存知ですか。
 村松公園や新潟市の白山公園、新潟駅などに「忠犬タマ公」の像があります。お気づきでしたでしょうか。
 忠犬と言えば渋谷のハチ公が有名ですが、こちらのタマ公も負けず劣らずの名犬です。
 タマ公は、旧村松町の早出川沿いにある暮坪集落で生まれたメスの柴犬で、早出川を少し上った中川原集落にいた刈田吉太郎さんという猟師に引き取られました。
 タマ公は、昭和9年と昭和11年の2度にわたり、雪崩に巻き込まれた主人を両方の前足を血だらけにしながら掘り出して助けました。
 主人の命を二度も助けたタマの活躍は、日本だけでなく世界中の新聞やラジオで報じられました。
 こうしてタマは、忠犬タマ公として有名になったという感動のお話です。
 そんな雪崩から主人の命を二度も救ったタマ公の逸話を綴った冊子が昨年、2015(平成27)年5月に発行されました(山川栄氏著)。
 子供にも読みやすく作られており、雪崩防災教育にも活用できます。
 冊子は、五泉市内の学校や県内の図書館などに寄贈されたほか、新津地域整備部や五泉市役所でも保有しています。
 冊子をご希望の方は、計画調整課までお問い合わせください(電話0250−24−9674)


新潟県公式サイト
「忠犬タマ公」の冊子が発行されました
http://www.pref.niigata.lg.jp/niigata_seibi_niitsu/1356836771515.html

 なんとタマはゲンダイにもよみがえって弱った人びとを助けるっていうからフ・シ・ギ・

2016年4月22日午後10時〜NHK/FM放送
AKB48の私たちの物語
忠犬タマはそこにいる

http://www.nhk.or.jp/watamono/onair/20160422_02.html

 フシギの森、探検の道だったのです。


posted by fom_club at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

衣笠山134m

 5月お散歩会は、昨日の22日日曜日、8人でJR横須賀線衣笠駅から。
 まずは衣笠山公園へ。

 山の容姿が、馬の背に鞍を置いた形に似ているところから、正しくは「鞍掛山」と呼びますが、現在では、広く「衣笠山」の名称で親しまれています。
 1904(明治37)年2月4、日露戦争がおこり、この三浦半島からも多数の人々が徴兵され、戦死しました。
 1907(明治40)年4月18日、それら戦没者の霊を慰めるため、三浦半島の官民有志が、頂上に「芳名不朽」の文字を刻んだ記念塔を建設し、数百株の桜樹と各種のツツジを植えて公園としました。
 それ以降、この公園は、三浦半島随一の桜の名所となりました。その当時の様子を、ソ連に帰化した女優岡田嘉子の父岡田緑風は、『三浦繁昌記』(1908(明治41)年刊)の中で次のように書いています。

・・・試みに絶頂に立ち四方の光景を展望すれば、脚下に起伏する群嶺は波をたたんで蜿蜒相連なり、山尽きて里落栄え、陸止まりて碧海遠く開く。
・・・秋は紅葉の四山に錦を織るあり、春は万だの桜の白雲紅霞となって漂うあり、・・・

 名物の桜も戦後の一時期、桜樹の老化と病気により衰えかけたが、衣笠観光協会が補植等に力を尽くした結果、昔の姿をとり戻しました。
 公園の面積は、7.4ヘクタール、桜樹は3千本を数え、その大部分はソメイヨシノです。なお、この公園は、谷一つ隔てた衣笠城址を経て、三浦半島の最高峰大楠山(242m)に至るハイキングコースの東側玄関口になっています。
1977年、横須賀市制70周年記念事業として「横須賀風物百選」を選出した際に作られた説明板の全文です

ここはヨコスカ
https://www.cocoyoko.net/spot/kinugasa-park.html

衣笠山公園.JPG

 この写真は「はせを」氏の句碑の前:
しら露も こぼさぬ萩の うねり哉

はせを


 そうしたら佐藤さんが「はせを」って芭蕉のことなんだけど・・・
 無学無知文盲のヤッホー君が腰を抜かして、おどろいたところで写真を、ぱちっ!

 桜の名所衣笠公園に「萩」の名所を新たに加えるべく揮毫を横須賀市長横山和夫氏に依頼しここに芭蕉の句碑を建てる
平成二年九月九日 衣笠観光協会


 実はヤッホー君、皆さんを衣笠山公園入り口からご案内すべきところ、間違って一つ手前のハイキング入り口から入ってしまったので、最初の見どころ、衣笠神社にお詣りすることができなかったのです(ごめんなさい)。

 衣笠の鎮守で衣笠城のあった坂台に村社藏王社があった(5社)。
 1912(明治45)年3月26日、衣笠村5社、小矢部村4社、金谷村2社、大矢部村6社、森崎村2社、池上村3社を「一村一社の令」により合祀(計29社)。
 これを鎮座の村社である皇大神社に合併し1913(大正2)年9月1日、衣笠神社と称した。
 第二次大戦後、各町村が遠隔のため参拝困難とのことで各町村に明治四十五年当時の地に復旧し再建し現在に至る。

神奈川県神社庁
http://www.kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=443&cd=1205056&scd=&npg=0

 でも感動的な「忠犬タマ公の碑」と遭遇したのでま、いいか。
 そこから「衣笠聖観世音」の祠がある展望台を経て、展望所のある衣笠山山頂134mへ。

衣笠山.JPG

 そして衣笠城址でお昼。
 山を下りて、大善寺、御霊神社、清雲寺を経て、腹切松公園へ。

腹切松公園.JPG

 1180(治承4)年8月17日、源頼朝挙兵当初の衣笠城合戦に敗れた三浦一族の当主、三浦大介義明が自害した場所と伝わります。
 頼朝挙兵をきいた源氏累代の家人三浦一族の当主、三浦大介義明は即座に軍勢を差し向けますが、酒匂川の増水により足止めされている間に、頼朝は石橋山の戦いに敗れます。
 平氏方の攻撃に備えて本拠地、衣笠城に籠城すると、江戸重長、河越重頼、畠山重忠等の率いる3,000騎が衣笠城に押し寄せます。
 対する三浦勢400騎余りも善戦しますが、敗戦は濃厚となります。
 義明は一族を「頼朝を助けよ」と城から逃がし、一人老身を捧げました。
 その最後の地と伝承される場所です。


三浦一族ゆかりの地
http://kamakura-guide.jp/miura-clan-related-land

 バスでJR衣笠駅に戻りましたが、こんなふうに散策は、三浦一族の興亡に想いを馳せた2万歩あまりの歴史探訪のワンデー・ハイキングとあいなりました。


posted by fom_club at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

痛風、夏こそご用心

 ヤッホー君、代々木病院の世界一の眼科医、山城博子先生から処方箋をだしてもらって「たくみ外苑薬局」(渋谷区千駄ヶ谷1-29-9日本パーティビル1階)で目薬をもらいましたが、そのとき薬剤師さんからこんなアドバイスをいただきましたので、日記につけておきます。

『目薬を今日お出ししますが、この間、尿酸値を下げる薬を出しましたが、肌に湿疹ができたとか異常はありませんでしたか?尿酸は汗といっしょに出ません、おしっこからしか出ないのです。これから夏場です。どんどん水分が出ていくと血液もドロドロになって尿酸値が高くなります。ですからこまめに水分を取って新陳代謝をよくしていきましょう』
 へえ〜、痛風になったら山歩きも街歩きも俳諧の道もできなくなります、困ったぁ〜って、朝から:

■ プリン体取り過ぎ一因 ビール、発汗・・・ダブルパンチ
 夏本番。暑い日が続くと、プリン体を多く含むビールをたくさん飲んだり、大量に汗をかいて脱水症状になったりして血液中の尿酸値が上がり、関節が激しく痛む痛風を発症する人が多くなる。原因となるプリン体「ゼロ」をうたう発泡酒が続々と登場するなど、消費者の関心も高い。悪玉イメージが強いプリン体だが、実はほとんどの食品に含まれ、生命維持に不可欠な物質でもある。痛風の原因や予防策、尿酸値を下げる効果が期待される乳酸菌「PA−3株」の研究結果などについて専門家に聞いた。

 「日本人は健康意識が高いので『プリン体』という言葉をみんな知っている。欧米では尿酸値という言葉も知られていない」と東京女子医大膠原(こうげん)病リウマチ痛風センター所長の山中寿教授。「しかし日本でも、プリン体がどういうものか、知らない人もたくさんいるのでは」と指摘する。
 プリン体はすべての生命に必須の物質で、たくさんの種類がある。生命の設計図であるDNAやRNA(リボ核酸)の半分はプリン体からできており、体のエネルギー源にもなっているという。
 「体の中でも作られるがレバーなどの食品中にも含まれる。うま味の成分でもあるので、毎日の食卓で食べている。最終的にはすべて老廃物である尿酸に分解され、主に尿から排せつされる」
 「プリン体は適切な量を摂取し、尿酸として適切に排出できていれば全く問題ない。ただメタボリック症候群の人や飲酒、絶食、脱水状態などが続くケースでは、尿酸がうまく排出されず、体内にたまりやすくなる」
 体内で尿酸が増える要因は(1)プリン体や果糖(果物に多い)の取り過ぎ(2)激しい無酸素運動(3)ストレス−などが考えられる。血液中の尿酸値が1デシリットル当たり7.0ミリグラム以上だと高尿酸血症と診断される。痛風や腎障害、腎結石になりやすく、心筋梗塞や狭心症、脳血管障害も発症しやすい。
 「尿酸値が高くなると、関節内に尿酸の結晶が沈着して痛風になる。多くは足の親指の付け根が腫れ上がり、激痛でスリッパも履けなくなる。たまに膝関節でも起こる。治療しないと上部の関節に移っていく感じ。患者数は増え続けて現在約100万人いる」
 痛風の発症は夏に多いのが特徴。プリン体を多く含むビールを飲む機会が増え、さらに汗をかいて血液が濃くなることなどが一因とされる。
 痛風で腫れた部分の水を抜いて調べると、針のような形の結晶(尿酸ナトリウム)が見える。これを白血球が攻撃することで、炎症や痛みの発作が起こるという。
 「今はいい薬がたくさんある。尿酸の生成を阻害したり、腎臓から尿酸の排せつを促進したりする。生活習慣の改善も大事。ただ、プリン体の過剰摂取を気にし過ぎると、ネガティブな思考に陥りやすいので要注意」とアドバイスがあった。

■ 高尿酸血症防ぐには まず生活管理 食品選び工夫
 痛風・高尿酸血症を予防するには、まず生活管理が大事になる。
 「食事は適正なエネルギー量でバランスよく。10分に水を飲む。尿酸値を上げるアルコールは適量にとどめ、ビールなら1日500ミリリットル程度に。週3回程度のウオーキングなど軽い有酸素運動がお勧め」と、帝京大薬学部臨床分析学研究室の金子希代子教授は説く。
 プリン体の多い食品はレバーや白子、干物などが代表的。干物は水分が蒸発してプリン体が濃縮されているという。
 「プリン体を多く含む食品は摂取を少なめにする工夫を。肉類が多いと痛風が増えるというデータがある。プリン体が少ない食品は、野菜やご飯、キノコ、海草など」
 尿酸値を下げるのは、乳製品やビタミンC、フラボノイドや食物繊維、適量のワイン(ポリフェノール)、コーヒー(1日4杯以上)など。米国では、乳製品やビタミンC、コーヒーの摂取が痛風の発作を抑えるというデータがあるという。
 「献立を考える際は、肉類が多くなり過ぎないように。豆腐はプリン体が少ない。調理法では、ゆでるとプリン体が減る。野菜摂取を多くすると尿がアルカリ性になり、尿酸がよく溶けて排出されやすくなることも知っておいて」
 ラットによる実験では乳酸菌「PA−3株」が腸内のプリン体を吸収しにくい形に分解し、自らの栄養分として取り込むことが確認された。金子教授は「人の腸でも同じことが起こり、プリン体が減ると考えられる」と説明している。

尿酸値抑える乳酸菌 「PA−3株」 患者が研究協力
 消化管からのプリン体吸収を減らせないかと考えていた東京女子医大の山中寿教授らが注目したのが人の腸内で働く乳酸菌だ。明治との共同研究で乳酸菌「PA−3株」にたどり着いた。
 動物実験で有望だったので、痛風患者らの協力を得て効果を調べてみると、尿酸値の上昇を抑えられたという。
 高尿酸血症と痛風の人を対象とした調査では、薬で症状が安定している25人を2グループに分けた。薬の服用をしばらくやめてもらい、プリン体摂取量を抑えた食事にして血中の尿酸値を比べた。一方はPA−3株を含むヨーグルト、もう一方はプラセボ(偽薬)を1日2回100グラムずつ8週間飲んでもらった。
 その結果、プラセボを飲んだグループは血液1デシリットル当たりの尿酸値が平均して約9ミリグラムだったのに対し、PA−3グループは約8.45ミリグラムと低かった。尿酸値の変化量で比べると、プラセボが平均0.4ミリグラム増加したのに比べ、PA−3はほぼ変化がなかった。
 尿酸値が高めだが、通院での薬物治療を受けていない男性19人でも調べた。片方にはPA−3株を含むヨーグルト、他方にはプラセボを1日1回85グラム、8週間飲んでもらい、食事をコントロールして血中の尿酸値濃度を比べた。
 プラセボでは1デシリットル当たり平均約7.5ミリグラムだったのに対し、PA−3だと約6・7ミリグラムと尿酸値が低かった。
 山中教授は「PA−3株の摂取が尿酸値の上昇を抑えた。薬の代わりにはならないが、尿酸値が少し高めの人や食事療法をしている人、尿酸値が気になる人には役立ちそう」と分析している。

■ メモ:高尿酸血症
 プリン体の取り過ぎなどで、血液1デシリットル中の尿酸が7ミリグラム以上になった状態。血液中で尿酸の濃度が高まると飽和状態になり、針のような形をした尿酸ナトリウムの結晶が出現する。この結晶が足の関節に沈着すると痛風になり、腎臓にたまると腎障害や腎結石の原因となる。女性はホルモンの影響で尿酸値が低く、痛風になる人は少ない。ただ閉経後は尿酸値が高まる傾向があるという。


2015年7月29日付け中日新聞朝刊
痛風 夏こそ ご用心
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20150729161139557

 足の親指の付け根がみるみるうちに赤く腫れて熱を持ち、“風が吹いても痛い”ほどの強烈な痛みが走る「痛風」。実は、痛風治療の歴史こそ、医学の歴史と言えるかもしれない。
 紀元前5世紀生まれのギリシャの名医、ヒポクラテスは、痛風について5つの格言を残している。曰く、「宦官(去勢された男性)は、痛風にならず、禿げない。閉経前の女性は痛風にならない。性交年齢に達する前の若者は痛風にならない。痛風の炎症は40日以内に治まる。痛風は春と秋に出やすい」……と。
 さすがの慧眼である。紀元前2640年のエジプトのパピルスには、すでに痛風らしき記録があり、医聖ヒポクラテスは、より医学的に正確に記している。男性ホルモンとの関係も、すでにお見通しだった。

■ 痛風が「王の病気」「病気の王様」と言われる由縁
 痛みは、英雄たちをもひるませたとされる。アレクサンダー大王、カール大帝、フビライ・ハン、ダヴィンチ、ミケランジェロ、ルター、ヘンリー7世、8世、ベーコン、ガリレオ、クロムウェル、ミルトン、ルイ14世、ニュートン、フランクリン、ゲーテ、ナポレオン、ダーウィン、マルクス、ヴィクトリア女王、チャーチル……。世界史は、痛風に苦しめられた人たちが動かした。もって、痛風は「王の病気(disease of kings)」と異名を取るが、「病気の王様(king of diseases)」とも言える。
 痛風は、洋の東西を問わない。3世紀頃に編まれた中国の医学書の古典『金匱要略』には、「盛人脈濇小、短氣自汗出、歴節疼不可屈伸、此皆飲酒汗出、當風所致」とある。「肥満した人の関節が痛むのは、酒を飲んで発汗しているときに、風に当たったのが原因か」ぐらいの意味だろう。
 現代日本における痛風の患者数は100万人、予備軍と言われる高尿酸血症は約1000万人に迫る。圧倒的に男性に多い病だが、「痛風になったアナタは英雄の仲間入りだ」と言っても、もはや慰めにはなるまい。


2016年4月16日、東洋経済
世界の英雄は、みんな「痛風」に苦しめられた
予備軍は1000万人、打倒「王の病気」奮闘記
塚崎 朝子
Asako Tsukasakiジャーナリスト
http://toyokeizai.net/articles/-/113469

 ヤッホー君がひっかっかったのは、痛風が「王の病気」であることはえへん、当然として、コーヒー(1日4杯以上)を飲むとなんで尿酸値が下がるの、しかも4杯以上なの、お茶はどうなのってこと:

According to a recent Health and Social Care Information Centre report, we are seeing a return of diseases common in the Victorian era.

The report highlights five conditions: gout, tuberculosis, measles, malnutrition and whooping cough. It has a longer listing of rarer conditions, which also conjure the image of bygone pestilence and depravity – scurvy, mumps, rickets, scarlet fever, cholera, diphtheria and typhoid.

In a time of global public health disasters of biblical proportions, in west Africa and the Middle East, it appears an indulgence perhaps to be concerned about these conditions. We may be tempted to dismiss the report as a novelty. But that would be wrong: a civilized nation with an advanced economy and health system should see some conditions as markers for the failure of its public health policies or services. But which markers?
。。。
In the HSCIC report, gout is the strongest contender for a returning Victorian disease – it may well be linked to an ageing population, epidemic obesity and excess alcohol consumption; 70% of cases are in the over 60s. There were 86,870 hospital admissions where gout was coded, an increase of 78% on the same period in 2009-10 (48,720). There were 13.5 gout admissions per 100,000 population in the 10% most deprived areas, 8.3 gout admissions per 100,000 population in the 10% least deprived areas, in 2013-14. Formerly the disease of kings, gout is now very clearly associated with deprivation.
。。。
The figures do reflect classical diseases associated with mass poverty of Victorian times and so they should be a barometer for us. Gout, malnutrition, scurvy and rickets point us to failures in the nation's diet. Our complacent notion that we have better diets must be thrown out and there must be a national drive for a healthy, nutritious and balanced diet, casting aside the interests of the food industry. Major vaccine-preventable infectious diseases should be prevented.

We should be concerned about these figures – they tell us of a picture of neglect – by government with its active impoverishment of poorer parts of our society and with its complacent neglect of public health nutrition. And neglect too by the health and care system in respect of malnutrition, dehydration, failure to vaccinate and neglect of nutrition.


The Guardian、Last modified on Tuesday 28 July 2015 11.24 BST
Why we should be concerned about the return of Victorian diseases
Official figures showing a rise in diseases linked to poverty, such as gout, TB, measles, malnutrition and whooping cough are a barometer of failure and neglect
John Middleton

http://www.theguardian.com/healthcare-network/2014/aug/08/return-victorian-diseases-gout-tb-measles-malnutrition

A University of British Columbia team found blood uric acid levels - which are linked to the condition - were lower in people who drank more coffee.
But tea had no measurable effect, suggesting that the active ingredient was not caffeine.

The work is published in the journal Arthritis Care and Research.

■ Condition of the joints
Gout affects about 600,000 people in the UK, with numbers thought to be increasing in recent years.

Its symptoms, which are often joint pains in the lower limbs, happen when uric acid crystallises out of the blood into the joints.

Drinking too much beer, or eating too much red meat are thought to be to blame for many cases.

The main way to tackle the condition is to take anti-inflammatory pills, change diet and drink more water, or in more severe cases, to take more powerful drugs to reduce uric acid levels in the blood.

The latest research looked at the eating habits of 14,000 men and women between 1988 and 1994.

This information was compared with the results from blood tests for uric acid.

■ No caffeine link
The researchers found that those who drank four or more coffees a day were more likely to have a much lower uric acid level in the blood, compared with those who drank one or fewer cups.

Tea had no measurable effect but decaffeinated coffee did, suggesting that the active ingredient was not caffeine.

The team claim that coffee drinking can lead to lower insulin levels in the blood, and that there is an established link between higher insulin levels and higher uric acid levels.

The results back the findings of an earlier, much smaller, Japanese study.

Dr Andrew Bamji, a consultant rheumatologist and President of the British Society of Rheumatology, said: "There is no reason why coffee consumption shouldn't have an effect on blood uric acid levels - although this is the first study I've seen which comes to this conclusion."

However, he said that there was no certainty that high blood uric acid levels - the only test carried out by the researchers - would cause gout.

"Some people have elevated uric acid levels throughout life without ever having an attack of gout," he said.

Last Updated: Friday, 25 May 2007, 23:00 GMT 00:00 UK BBCNews
Lower gout risk for coffee lovers ;
Drinking four or more cups of coffee a day may cut the risk of having a painful attack of gout, say Canadian scientists.
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/6690595.stm


posted by fom_club at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

植民地扱い

 今日5月21日土曜日の日記の締めは、七つの「なぜ」・・・

ななつのこ、カラスなぜ鳴くの(野口雨情、1921年作)
https://www.youtube.com/watch?v=Kyzol4zuzsc

 今度の報道で、「軍属」という、およそ日本語になじまない言葉が存在する事を我々は知った。
 これは、日米安保条約の事実上の主役である日米地位協定に出てくる言葉だ。
 すなわち、米軍基地内で働く軍人以外の米国職員と言う意味だ。
 米国人は軍人だけでなくすべての者が、軍用機で自由に日本の米軍基地を往復できる。
 入国審査を一切受けることなく、誰もが米国軍用機に乗れば米国本土と在日米軍基地を往復できる。
 そしていったん在日米軍基地に降り立てば、そこから日本のどこにでも自由に行き来することができる。
 日本で不祥事を起こしても、在日米軍基地に逃げ込めば、日本の主権は及ばない。
 犯罪でもスパイでも何でもできるのだ。

 なぜ、このような、世界でも異例の二国間関係がいまでも対等であるべき日米間で厳然と存在するのか。

 なぜ、小泉元首相が米国にまで行って、日本の被爆者よりも先に、トモダチ作戦に派遣された元米兵に涙を流して謝罪したか。

 なぜ、オバマの広島訪問が謝罪ではなく日米同盟の強化のための訪問になるのか。

 なぜ、今度の選挙で、共産党を含めた野党共闘は、安倍打倒を叫んでも、日米安保問題を棚上げするのか。

 なぜ、少女暴行事件で盛り上がった普天間基地返還が、いつのまにか辺野古新基地建設にすり替えられて、強行される事になったのか。

 なぜ、今度の沖縄女性の米軍属による殺害事件が起きても、それがケネディ大使に対する大衆抗議や、オバマの広島訪問ボイコットに発展しないのか。

 なぜ、メディアの報道ぶりがここまで抑制的なのか。


2016年5月21日最終更新、天木直人のブログ
米軍属による沖縄女性殺害事件の衝撃
http://天木直人.com/2016/05/20/post-4590/

 現地の新聞報道は、というと:

 えたいの知れない重苦しい塊が胸の中に居座り続けている。なぜ繰り返し繰り返し、沖縄は悲しみを強いられるのか。この悔しさはまさしく、持って行き場がない。

 行方不明だった会社員女性(20)が遺体となり見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された元米海兵隊員で軍属のシンザト・ケネス・フランクリン容疑者が「首を絞め、刃物で刺した」と供述した。事実なら、事故などでなく意図的に殺害したことになる。
 しかも遺体は雑木林に放置された。被害者の恐怖と無念はいかばかりか。想像すると胸が張り裂けそうになる。もう限界だ。今のままの沖縄であってはならない。

現在進行形の「戦場」
 女性と容疑者に接点は見当たらない。事件当日の日没は午後7時で、女性は8時ごろウオーキングに出た。大通りがいつものコースだった。日暮れから1時間たつかたたずに、商業施設に程近い通りを歩くだけで、見も知らぬ男に突然襲われ、最後は殺されたのだ。しかも相手はかつて海兵隊員として専門の戦闘訓練、時には人を殺す訓練をも受けたはずである。なすすべがなかったに違いない。沖縄はまさに現在進行形で「戦場」だと言える。
 沖縄に米軍基地がなければ女性が命を落とさずに済んだのは間違いない。在日米軍専用基地が所在するのは14都道県で、残りの33府県に専用基地は存在しない。だからこれらの県では米軍人・軍属による凶悪事件は例年、ほぼゼロが並ぶはずである。他方、統計を取ればこの種の事件の半数は沖縄1県に集中するはずだ。これが差別でなくて何なのか。
 沖縄は辛苦を十分に味わわされた。戦後70年を経てもう、残り33府県並みになりたいというのが、そんなに高望みであろうか。
 政府は火消しに躍起とされる。沖縄は単なる「火」の扱いだ。このまま米軍基地を押し付けておくために当面、県民の反発をかわそうというだけなのだろう。沖縄の人も国民だと思うのなら、本来、その意を体して沖縄から基地をなくすよう交渉するのが筋ではないか。
 だが辺野古新基地建設を強行しようという政府の方針には何の変化もないという。この国の政府は明らかに沖縄の側でなく、何か別の側に立っている。
 5月19日に記者団から問い掛けられても無言だった安倍晋三首相は、20日になって「非常に強い憤りを覚える。今後、徹底的な再発防止などを米側に求めたい」と述べた。その安倍首相に問い掛けたい。これでも辺野古新基地の建設を強行するのですか。

責任はどこへ
 綱紀粛正で済むなら事件は起きていない。地元の意に反し、他国の兵士と基地を1県に集中させ、それを今後も続けようとする姿勢が問われているのである。
 問題のすり替え、矮小(わいしょう)化は米側にも見られる。ケネディ米大使は「深い悲しみを表明する」と述べたが、謝罪はなかった。ドーラン在日米軍司令官も「痛ましく、大変寂しく思う」と述べたにすぎない。70年以上も沖縄を「占領」し、事実上の軍事植民地とした自国の責任はどこかに消えている。
 ドーラン氏はまた、容疑者が「現役の米軍人ではない」「国防総省の所属ではない」「米軍に雇用された人物ではない」と強調した。だが軍人か軍属か、どちらであるかが問題の本質ではない。軍属ならば米軍の責任はないかのような言説は無責任極まる。
 確かに、容疑者は海兵隊をやめ、今は嘉手納基地で働く軍属だ。だからこそ辺野古新基地をやめれば済む問題でもない。
 日ごろ戦闘の訓練を受けている他国の軍隊がこれほど大量かつ長期に、小さな島に駐留し続けることが問題の淵源(えんげん)だ。沖縄を軍事植民地として扱い続ける日米両政府の姿勢が間違いなのである。ここで現状を抜本的に変えなければ、われわれは同輩を、子や孫を、次の世代を守れない。

2016年5月21日06:01更新、琉球新報〈社説〉
「殺害」示唆 植民地扱いは限界だ 許されない問題の矮小化
http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-283046.html

 海外の報道は?といえば:

Japan’s prime minister, Shinzo Abe, will confront Barack Obama over crimes committed by US military personnel after a worker on a US air force base admitted killing a woman on Okinawa.

As the US president prepares to visit Japan for the G7 next week he faces tough questions from Abe over a case that could fuel opposition to the presence of US troops on the southern Japanese island.

Kenneth Franklin Shinzato, a former marine who works at the US air force’s Kadena airbase, told police he had strangled Rina Shimabukuro, a 20-year-old woman whose body was found in undergrowth on Thursday, according to Kyodo news.

Abe, a strong supporter of the US military presence on Okinawa, said he was indignant over Shimabukuro’s death and hinted that he would confront Obama next week.
・・・
The case is expected to complicate the already controversial relocation of a key US marine base on Okinawa, which hosts more than half the 47,000 US troops in Japan and 75 percent of its bases.

Most Okinawans oppose plans, agreed by Tokyo and Washington two decades ago, to move Futenma base from its current location in the middle of a densely populated town to a remote coastal area on the outskirts of the town of Nago.

The plan would require the construction of a new offshore runway that local people say would destroy the local ecosystem and increase the risk of accidents.

Okinawa’s governor, Takeshi Onaga, who opposes the Futenma move and wants the base moved off the island altogether, said the death of the woman broke his heart. “As I look back at all the developments to date, I’m simply speechless,” he said.

In 1995 the abduction and rape of a 12-year-old girl on Okinawa by three US servicemen sparked massive protests, prompting Washington to pledge efforts to strengthen troop discipline to prevent such crimes and reduce its footprint on the island. The Futenma deal includes the relocation of 8,000 US troops and their dependents from Okinawa to the US Pacific territory of Guam and other locations.
・・・
Okinawa was the site of a brutal second world war battle but is now considered a strategic linchpin supporting the two countries’ decades-long security alliance.

But continued crimes by US personnel remain an irritant in Japan-US relations and a rallying point for Okinawans and others in Japan who oppose the US military presence.

Next week, Obama will become the first sitting US president to visit Hiroshima, where the first atomic bomb was dropped on 6 August 1945, killing 140,000 people instantly and in the months that followed.

Japan’s ambassador to the United States, Kenichiro Sasae, said he hoped the latest incident would not affect Obama’s trip to the city, saying the Japan-US alliance had made “tremendous progress” in his eight years as president.

“The Okinawa issue is the Okinawa issue,” Sasae told reporters. “This is a tragic event, but a tragic event should not overshadow the fundamental objective of the alliance - that’s what I hope.”
・・・


The Guardian, Last modified on Friday 20 May 2016 11.54 BST
Japan 'outraged' after US airbase worker arrested in murder case
Kenneth Franklin Shinzato suspected of murdering and disposing body of Rina Shimabukuro on Okinawa where US air force’s Kadena military base is located
By Justin McCurry in Tokyo and agencies
http://www.theguardian.com/world/2016/may/19/japan-us-air-base-worker-arrest-murder


posted by fom_club at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保障費は削れるだけ削りたい

 今日のヤッホー君のブログは、大泉逸郎(1942年生まれ)で「孫」(1999年発表)から:
https://www.youtube.com/watch?v=Is5r1DPLX8s

 それにしても先進国のなかでもけっして恵まれていないようにお見受けするシルバーの方々、ちょっとどうなっているのかお聞きしてみましょう。
 福祉社会の実現を自己責任、自己負担の方向に大きく舵を切った10年前、2007年当時の論調2本と昨年の問題提起とを読んで、じっくり考えてみることにしましょう。
(2006年9月から2007年8月まで、ネオリベ、構造改革路線の小泉内閣をさらに加速させる第一次安倍内閣の自公政権がこの国を仕切っていました)
 特にこれからの日本をリードしていく若い研究者、学者、活動家、専門家には、われわれの先達の意思をぜひくみ取ってほしいのです:

― 小川さんは「生存権裁判を支援する全国連絡会」の会長をされていますが、まず生存権裁判とはどのような裁判なのかをお聞かせください。
小川さん 政府は昨年2006年、生活保護受給者の中で70歳以上の人たちに対する老齢加算を廃止し、母子家庭に対する母子加算も16才以上18才未満は昨年限りで廃止し、16才未満についても来年度限りで廃止することにしています。これに対して8都府県100人を超える高齢者、母子家庭が加算廃止処分の取り消しを求めて提訴しました。
 憲法25条は「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」として国民の生存権を定めています。そして、憲法25条2項には「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」とあります。受給者が苦しい生活を強いられている中で、生活保護の受給額を下げたり、加算制度をなくすことは明らかに憲法違反です。
 政府は「一般(低所得)世帯との不均衡が生じている」などを理由にこれらの加算の廃止を強行し、あるいは廃止しようとしているのですが、一般世帯といわれる人々の生活水準が低すぎることが問題なのです。

― 昨年2006年、北九州市で生活保護を断られた男性が孤独死し、今年2007年も生活保護の支給を打ち切られた男性が餓死しました。生活保護の行政にも大きな問題があるようですね。
小川さん 現行の保護基準でも申請すれば保護を受けることができる人はたくさんいるのです。そもそも住民の生活が切迫している場合、行政は職権で保護すべきなのですが、必ずしもそうなっていません。それどころか、自治体が生活保護に関わる財政負担増を恐れ、生活に困窮している人に生活保護の申請をさせないという事態も生まれているのです。北九州市の例はその典型ではないかと思われます。
 私は、いろいろな自治体の役所の窓口に生活保護の説明書や申請書が備え付けられているかどうかをチェックしてきました。だいたい国民健康保険や年金に関わる書類は役所に置かれているのですが、生活保護についての説明書や申請書はありません。窓口で請求してもなかなか渡さないところもあるようです。説明書の内容も、多くが生活保護は憲法25条にもとづく国民の権利であるとは説明されていません。
 これらは、いかに憲法が守られていないかを示しており、大きな問題です。

― 小川さんは社会保障について長年研究してこられましたが、憲法の生存権の考え方は日本社会にどの程度定着しているとお考えでしょうか。
小川さん もともと生活困窮者の保護は慈恵制度にすぎませんでした。日本では1929年に恤救規則を廃止して救護法ができ、困窮者の保護が国の義務となったのですが、国民の権利ではありませんでした。戦後、旧生活保護法が制定され、1950年の新生活保護法と社会保障制度審議会の「社会保障制度に関する勧告」によって、ようやく日本国憲法に明記された生存権の考え方に基づいて、生活保護も国民の権利として確立することになったのです。
 そして、有名な朝日訴訟において朝日茂さんが生活保護に関わる権利を主張し、政府を動かしたことによって、その後生存権の確立を求める主張や運動が広がってきました。
 しかしながら、国民の中に生活保護を受けることを権利として主張するという意識は必ずしも広がっていません。当人の中に遠慮する気持ちがあったり、周囲の方々との関係で抵抗感があるのです。そもそも生活保護が国民の権利だという理解が行政の担当者のところで十分でない状況があります。

― 最近、政府は財政難を叫び、福祉の分野では被保護者の「自立」が一層強調されるようになっているように思われます。その結果要保護者を含む国民の中に福祉へのあきらめの気持ちが広がっているのではないでしょうか。
小川さん 政府は財政難のことは言っても、その大きな要因となっている「軍事費」を見直すようなことはしません。また、財政難ということを強調することによって、国民が政府に対して物を言えないような雰囲気をつくっているのです。

― このような状況は憲法「改正」への動きとも連動しているのではないかと思います。最後に憲法「改正」問題についての小川さんのお考えをお聞かせください。
小川さん 私はこれまで社会保障について研究してきました。生活に困っている人々のまともな保護を受ける権利、児童、障害のある人々、高齢者等にいたるすべての人のまともな社会保障を要求する権利、人間の尊厳、平等の実質化としての社会保障の権利を真に確立していかなければならないと思います。
 同時に、戦後日本人が、基本的に平和な社会を築き生きてくることができたのは憲法9条によるところが大きいと考えます。私は、憲法25条と9条は不可分だと考えています。憲法の9条、25条などの条項が守られる必要があると思っています。

― 今秋、小川さんの著作集が刊行されるのですね。「いまこそ人権としての社会保障の確立を」というキャッチフレーズは大変重要だと思います。多くの方々に読まれることを願っています。本日はありがとうございました。


2007年8月27日
いまこそ人権としての社会保障の確立を
小川政亮さん
(日本社会事業大学名誉教授)
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20070827.html

■ ロ−スク−ルと法学教育
 まずロ−スク−ルの教育について一言。私の立場からすると、現在の法学教育−とくにロ−スク−ルでの−は総じて人々を支配するための法学を教える「官僚法学」であるとしか思えません。
 そこで、今年2007年の4月、弁護士の高野範城さんと『実務 社会保障法講義』(民事法研究会)というテキストを編集し刊行しました。テキストではありますが、単なる解釈学的制度解説に止まらず、「生ける法」を発見し、研究者と弁護士が共同して理論と実践の統一をめざしたものです。

現代における法および法学の神髄は、人権の保障にある。そして社会保障は基本的人権(Basic Human Right)としての地位を占めている。それゆえ、社会保障法学とは、人権としての社会保障確立のための学問である。そして法曹の使命は、『国民の社会生活上の医師』として、人びとに、人間の尊厳に値する生活を人権として保障することにある。したがって、本書は、法曹を「国民の社会生活上の医師」すなわち人権のにない手として育てることを目的としている
とすこし気張って趣旨を述べました。
 「国民の社会生活上の医師」という言葉は、「司法制度改革」の基礎となった司法制度改革審議会の最終意見書『21世紀を支える司法制度』(2001年6月12日)に見られたものですが、法曹のみでなく、研究者も同じでなければならないでしょう。是非、ご一読頂きたいと思います。
 
■「人権としての社会保障」と小川権利論
 「国民の社会生活上の医師」ということであれば、小川政亮先生はその代表といえるでしょう。小川理論は、1960年代の朝日訴訟を端緒として形成され、名著『権利としての社会保障』を産み出し、その後も一貫して、社会保障を必要とし、受給している人びとのための人権論・権利論の立場から社会保障法学を構築してきました。そこで、この10月に膨大な業績の中から、そのエッセンスを『小川政亮著作集』全8巻として刊行しました(大月書店)。
 小川理論は、朝日訴訟、堀木訴訟に代表される多くの裁判、そして社会保障を守り発展させるための運動に参加した多くの人びとの力により産み出されました。160名近い人々に呼びかけ人になっていただき刊行実行委員会が組織されました。法学のみではなく医学、経済学、社会政策、社会福祉学、歴史学等の研究者、医療、福祉、社会保障等、地域や現場の専門家、実践家、そして運動・活動家の皆さん、総数750名を超える人びとに出版事業に参加していただいています。私は、実行委員会の委員長として約3年間この事業に参加させていただきましたが、小川先生の「人々の社会生活上の医師」としての一貫した姿勢こそ、多くの人々の支持を得ている要因だと、つくづく実感しています。
 しかし、私たちは、小川理論を大日本帝国憲法のような「不磨の大典」としておしいただくものではありません。現憲法は、憲法の改正−改悪ではなく−を認めています(92条)。このことは、憲法第97条が、基本的人権を、人類の自由獲得の努力の成果とする一方、現在及び将来の国民に対し、不可侵の永久の権利として「信託」されたものである、と規定しているように、憲法が、主権者たる日本国民に深い信頼を寄せていることを示していると思います。しかし、同時に、憲法第12条は、人権を「国民の不断の努力」によつて保持しなければならない、として私たちに厳しい努力義務を課しているのです。
 私たちも、小川理論を守るだけではなく、より発展させるための「不断の努力」を続けるべきだと決意して著作集を刊行しました。すでに、井上「人権としての社会保障と小川権利論」(法律時報4月号、日本評論社)を嚆矢として、「21世紀の社会保障研究に問われるもの――権利論の再構築の観点から」という連載を始め、編集委員による小川理論の検証を始めています。併せてご覧いただければ幸いです。
 
■ 憲法学へ−「劣等処遇」意識の克服を
 さて、昨年2006年秋の日本社会保障法学会で、岩田正美(社会福祉)、神野直彦(財政学)、辻哲夫(厚労省事務次官)そして棟居快行(憲法学)の各氏と「社会保障の法と政策:学際的検討に向けて」(学会誌『社会保障法』22号、2007年)と題するシンポジウムを開きました。そこでは、棟居さんから、社会保障について憲法学と社会保障法学の相互交流が必要だという積極的提起もされました。そこで以下、社会保障法の立場からの憲法学への一言です。
 憲法学者に「人権としての社会保障」確立のために取り組んでいただきたい。とくに若い研究者の間で、「生存権については議論は終わった、勝負は付いた、古い」さらには生存権や社会保障は「低次元の卑しい話」などという意見があるや、に聞いています。確かに、社会のダイナミックな動きと生活の実態に目を閉ざし、旧態依然の生存権論、社会権・自由権二分論、最高裁判決だけを見ていればそう思うかも知れません。
 しかし、社会保障裁判も朝日、堀木訴訟に続き、1990年代以降私たちが第三の波と呼んでいるように大きく発展しています。何より、高訴訟、中嶋訴訟のように最高裁で生活保護の被保護者が勝訴している判例を産み出しているのです。とくに高訴訟は、地裁、高裁、最高裁と完全勝訴しています。さらに、全国9カ所で提訴された学生障害無年金訴訟では、原告の地裁・高裁での勝訴判決を受けて特別給付金制度を創設させました。
 第四の波を起こし、新たな「最高裁判例」を作り出す運動に参加し、憲法・人権論をより豊かに発展させていただきたい。詳しくは、先の学会誌を見て頂くとして憲法25条の規範的構造を明らかにし、人間の尊厳の理念、自己決定・選択の自由(13条)、平等の原理(14条)との関係を明らかにする作業といえるでしょう。とりわけ、社会保障改悪の続く今、2項の「向上・増進義務」の理論化が求められています。
 さらに、自由権と社会権の「二分論」の超克など、課題は山積していますが、つまるところ、社会保障によって保障されるべき「生活」についてより豊かなイメ−ジを持つということです。憲法で認められる「権利としての社会保障」は生活保護であり、それはギリギリの権利、あるいは緊急的生存権であるというような議論は、余りに発想が貧困だと思います。
 憲法制定から半世紀以上たった、経済力と生活の向上を直視せず、あいかわらず「最低限度」という文言にとらわれ、「生存」権と呼んでしまっている所に問題があると思います。既に、憲法制定から20年後、国際人権規約A規約「経済的・社会的・文化的権利」(「社会権」という言葉は使われていません)の11条は、十分(adequate−政府訳では「相当」と訳していますが)な生活水準の保障、そして12条では、「到達可能な最高水準」の身体及び精神の健康を享受する権利、すなわち健康権保障を各国政府の義務としています。
 なにより、憲法学者そして日本の人びとに見られる生活を論ずることを「卑しい事」とする意識、理論的には「自由権」の「社会権」への「優位」、そして社会保障とりわけ生活保護を受けている人びとへの「劣等処遇」意識・思想の超克が求められていると思います。


2007年12月10日
「人権としての社会保障」確立への不断の努力を
井上英夫さん
(金沢大学教授)
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20071210.html

 安倍政権は2013年以降数回にわたって生活保護基準を引き下げるとともに、2013年12月には生活保護法を改正して、保護申請の際には住所・氏名・申請理由・資産・収入状況などを記載した申請書を提出すべきことを新たに規定し(24条1項)、また、扶養義務者への通知(同条8項)のほか、申請書及び添付書類の内容調査のため扶養義務者に対して報告を求めることができること(28条2項)、申請者やその扶養義務者の資産・収入状況について官公署・日本年金機構・共済組合等や銀行・雇い主などに必要な情報の報告を求めることができること(29条)などを定めた。
 これらの改正は、生活保護の申請じたいを抑制しようとする意図が見え見えのものである。
 申請書の提出は当然のことのように見えるが、その申請書は、役所に行けばポンと置いてあって誰でも取ってこれるというような運用にはなっていない。だから、まず窓口に行って申請書をもらわなければならないのだが、その際にあれこれと事細かく事情を聞かれ、「そういう事情では保護は無理だから」というので申請書すらもらえない、ということにもなりかねない。いままでも、本来違法だとされながら地域によっては窓口で実際に行なわれてきたいわゆる「水際作戦」、つまり保護申請じたいをさせないようにして食い止めるというやり方を合法化するための改正だとさえ言える。
 また、扶養義務者への通知とか報告を求めるとかは、生活保護の前に扶養義務を果たすべきだとする考え方に立つものであり、現憲法下の社会保障・社会福祉制度のあり方を根元から変えてしまうものだといわなければならない。それだけでなく、たとえばDVで別れて所在を知られたくない相手が生活保護申請をしたら居場所が知られてしまうとか、逆に、親族に迷惑がかかることを恐れて生活に困窮していても保護申請をためらう、などといった「実害」も発生することになろう。
 こうした生活保護制度の「改悪」を許した背景には、某有名芸能人の母親が生活保護を受けているというゴシップ報道をきっかけにマス・メディアと自民党などの保守政治家がこぞって煽り立て、国民のあいだに広がった「生活保護バッシング」がある(これについては、2012年6月7日付『憲法時評』参照)。
 これは要するに、日本においては、生活保護あるいは社会福祉・社会保障というものについて、ひいては憲法における生存権保障の意味について、国民の理解がなお不十分だということを意味する。だから、国の財政赤字がますます深刻化するなか、軍事費は増やしたい、大企業の利益のための減税はしなければならない、だから社会保障費は削れるだけ削りたい、と考える保守勢力の「煽動」に、メディアも国民も、いとも簡単に乗せられてしまうのである。
 ことは生活保護だけではない。年金制度の将来に不安をもつ若者の、その不安のはけ口を高齢者に向かわせ、「いまの高齢者は若者の負担で楽をしている」といった論調で「世代間格差」を言い立てる、なども同様である。そういうように「若者対高齢者」という対立図式をつくることによって国民を分断し、年金額の削減がいま進められているのである。
 先に述べたように、生活保護受給世帯の約半数が高齢者世帯であるという現実は、老齢年金の制度じたいが十分に機能していないことを意味するものであり、年金額の一律削減はとうてい正当化できるものではないはずなのに、である。そしてまた、こうした現実のなかで親族の扶養義務を強調することは、生活困窮に陥った老親を子どもが養っていかなければならないということを意味するのであり、結局は、若年層の負担をいっそう重くすることになるのに、である。


2015年9月7日
社会保障を考える(1)
浦部法穂
・法学館憲法研究所顧問
http://www.jicl.jp/urabe/otona/20150907.html



posted by fom_club at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

高齢社会白書

 ヤッホー君のこのブログ、さきほどの今日5月20日付け日記の補足、だって:

 政府は5月20日の閣議で、2016年版の高齢社会白書を決定した。
 内閣府が日本を含む4カ国の60歳以上を対象に、15年に実施した意識調査結果を紹介。
 50代までに行った老後の経済的な備えを尋ねたところ、「特に何もしていない」と答えた割合は日本が42.7%だったのに対し、米国、ドイツ、スウェーデンはいずれも20%台にとどまった。

 貯蓄や資産が「足りない」と答えた割合も日本が57.0%と最多で、次いで多かった米国の24.9%と大きな差があった。
 このため、白書は「若い時期から老後を見据えて準備を始めることが重要」と警告した。
 調査は各国のそれぞれ約1000人から有効回答を得た。

 65歳以上の高齢者は15年10月1日時点で3392万人。
 総人口に占める割合を示す「高齢化率」は26.7%だった。
 高齢化率は上昇傾向にあり、2060年には39.9%に達すると見込まれる。


2016/05/20-08:59更新、時事ドットコムニュース
老後の備え「してない」が4割超=高齢社会白書
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016052000160&g=eco

 日本の高齢者は友達付き合いが少ない−。
 内閣府による日本、米国、ドイツ、スウェーデンの60歳以上の男女を対象にした意識調査で、こんな傾向が明らかになった。
 内閣府は「高齢者が地域社会から孤立しないように社会参加を促す取り組みが求められる」としている。
 政府は5月20日、こうした調査結果を盛り込んだ2016年版「高齢社会白書」を閣議決定した。

 困ったときに家族以外で助け合える親しい友人を尋ねたところ、「いない」と答えた割合は、日本が25・9%と最も高く、ドイツ17・1%、米国11・9%、スウェーデン8・9%と続いた。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201605/images/PK2016052002100153_size0.jpg

 近所の人と「病気のときに助け合う」割合は、最も高いドイツが31・9%だったのに対し、日本は最下位の5・9%にとどまった。


2016年5月20日、東京新聞夕刊
日本の高齢者 友達少ない? 内閣府が国際比較調査
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201605/CK2016052002000248.html

 60歳以上の6割近くが「老後の備えが足りない」と感じていることが、5月20日に閣議決定された「高齢社会白書」でわかりました。

 今年の高齢社会白書では、全国の60歳以上の男女およそ1100人を対象に老後の生活や意識について聞き、欧米の3か国と比較しました。
 その結果、「老後の備えとして現在の貯蓄や資産が足りない」と答えた人が、日本は全体の57%に上りました。
 アメリカやドイツでは「老後の備えが足りない」と答えた人が20%前後だったのに対し、日本の割合は高くなっています。

 また、老後に備えて50代までに行ったことを聞いたところ、日本はおよそ4割が「特に何もしていない」と答えたということで、白書では「若い時期から老後を見据えて準備を始めることが重要」と指摘しています。


5月20日(金)10時32分放送、TBS系(JNN)
「老後の備え足りない」 60歳以上の6割近く
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2778257.html

 2060年には日本の人口の2.5人に1人が65歳以上で、女性の平均寿命は90歳を超えるという予測を盛り込んだ「高齢社会白書」が閣議決定されました。

 白書によりますと、65歳以上の高齢者は去年10月1日の時点で約3400万人、人口に占める割合は26.7%で過去最高を更新しました。
 2005年以降、世界で最も高い水準が続いています。
 そして、2060年には平均寿命が男性は84歳、女性は90歳を超える見通しで、人口の4割が65歳以上という「超高齢化社会」になると予測しています。

 また、2015年には65歳以上の認知症の患者数が700万人と、実に高齢者の5人に1人が認知症を抱えると推計しています。


2016年5月20日(金)11時55分配信、テレビ朝日系(ANN)
65歳以上が4割に 衝撃的な“超高齢化社会”を予測


posted by fom_club at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社会保障費削減

 シルバー、ですか、たいへんそう!

 いま憲法9条が戦争法によって痛めつけられて、その廃止を求める運動も行われていますが、まさか憲法25条の生存権まで脅かされているとは思いませんでした。
 いまの自公政権によって「改憲」論議でなく、「壊憲」がすでに忍び寄ってきています。
 言葉は綺麗なのですが、税金をあげておきながら、国の公的サービスを地方自治体や私企業にお任せ、丸投げしようとしている構図がくっきり。
 2012年調査では、全国575の養護老人ホームの約6割が定員割れしているのに、どうして特別養護老人ホームへの待機者は全国で52万人を超えているのでしょう?
 そもそもこの違いはなんでしょう?
 知っている人、うまく答えられる人って周りの人でどれくらいいらっしゃるのでしょうか。
 「保育園落ちた」構図は、「トクヨウ入れない」「大学行けない」とも根っこがいっしょ。
 一人ひとり、社会保障の制度を学んで、自分たちの権利である社会保障を守って改善させていかないと、自助だの共助だの家族だの地域だの美辞麗句にだまされてしまいますよね。

 介護保険サービスで、「要支援2、1」の人向けの訪問介護とデイサービスが保険対象から外れると聞きました。遠方にいる要支援2の80代の両親が今後も同じようにサービスを受けられるかどうか心配です。
(千葉県 主婦 47歳)
・・・ 
■ 住む自治体によって質・料金に差も
 介護が必要な程度を判断する要介護認定で「要介護」より軽い「要支援」とされた人向けの介護保険サービスは、昨年2015年4月から縮小されています。
 ホームヘルパーが自宅に来て入浴や掃除、料理などを手伝う訪問介護と、施設に通ってレクリエーションや入浴の介助などが受けられるデイサービスは、来年2017年4月までに介護保険の対象から外れて自治体の「地域支援事業」に移ります。

 移る時期は自治体によって異なり、来月4月までに移行するのは全体の約3割です。
 介護保険なら全国一律だったサービス内容や利用料は、自治体ごとに決めることになりました。

 訪問介護とデイサービスは自治体に実施義務があり、厚生労働省の担当者は地域支援事業になってもサービスが受けられなくなることは考えにくいとしています。
 ただ、自治体の財政事情や担い手の確保状況によっては、サービス内容や利用料に大きなばらつきが出てくる可能性があります。
 具体的な中身は、お住まいの市区町村に問い合わせると分かります。

 サービスを行なうのは自治体が指定や委託をする団体で、もともと介護保険サービスを担っていた事業者や、配食サービスなどをしている地元NPOが多いようです。
 買い物やごみ出しの手伝いには、ボランティアも期待されています。

 利用料には二つのルールがあります。
 @ 国が示す単価を上回らない
 A 介護保険の時と同じサービスなら自己負担は1割以上で、残りを税金と保険料で賄う
――というものです。NPOやボランティアの場合は安くなると見込まれています。

 そもそも介護保険の対象外になったのは、高齢化で介護にかかる費用が膨らみ続けているからです。

 介護保険制度が始まった2000年度は3兆6千億円だった費用が、2014年度に10兆円を超えました。
 「団塊の世代」がすべて75歳以上になる2025年度には約20兆円になるとみられています。

 そこで政府は、介護の必要度が軽い人向けのサービスのさらなる縮小も検討しています。
 最大の焦点は、要介護1と要介護2の人向けの訪問介護のうち、掃除や洗濯、調理といった生活援助サービスを介護保険から外して、原則「自己負担」にするかどうかです。

 今年2016年末までに結論を出す方針です。


2016年3月4日09時15分更新、朝日新聞デジタル(蔭西晴子)
《お答えします》 軽度者の介護、保険外になる影響は?
http://digital.asahi.com/articles/ASJ342SLTJ34UBQU005.html?rm=550

 はい、でてまいりました、「自己責任」「自己負担」!
 はい、「公」から「民」へ!元気なお年寄りはボランティア、お金のない若い衆は国防軍へ!
 はい、でも怒っている人はあんまり、聞きませんけど、すごい勇気!

 政府の経済財政諮問会議が2016年5月11日に開かれ、安倍晋三総理大臣が社会保障について、「医療・介護分野における徹底的な『見える化』を行い、給付の実態や地域差を明らかにすることにより、より効果的
で効率的な給付を実現していく」と表明した。効率化とは、社会保障費の削減に他ならない。

 この会議に、民間人として参加している、東レ・サントリーそれぞれの経営者は、パナマ文書に名前が載っている。租税回避をしていることが即違法ではない。が、違法すれすれのところで、税の納付を忌避する人物が、このように社会保障の削減を国民に強要する提言をすることに加担しているとしたら、倫理的に許されることではない。

 租税回避は、それを行う人物・法人が利益をえるだけでなく、その額が不当に多いこともあり、国家財政を逼迫させる。それによって、税制の公平性が大きく損なわれ、国家財政が圧迫される。そして、税を納めて国を成立・維持するモラルが崩壊する。


2016/05/14 07:45
租税回避している人物が、社会保障費削減を提言する
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/#entry3992

 介護保険の制度改正による負担増が2015年8月から始まる。
 今回は一定の所得や資産がある高齢者が対象になり、サービスに対する自己負担が初めて引き上がる。
 現場には懸念が広がるが、介護にかかる費用は膨れる一方で、さらなる負担増の足音も迫っている。

■「入居費が倍、生活破壊」
 名古屋市は今月7月上旬、介護や支援が必要だと認定されている約10万人に「介護保険負担割合証」を送り始めた。サービス利用時の自己負担割合を知らせるもので、65歳以上で一定の所得があれば8月から1割が2割になる。同市では約1万3千人が2割負担の見込みという。
 負担割合証の発送は横浜市や東京都世田谷区でも始まり、全自治体が月内の発送をめざしている。

 サービスの自己負担引き上げは、2000年度に介護保険制度が始まってから初めて。
 一人暮らしなら年金収入だけで年収280万円以上で2割負担になる。
 厚生労働省の推計では、在宅サービス利用者の15%、特別養護老人ホーム利用者の5%が対象となる。

 施設利用者への補助は対象が絞られる。今年2015年5月、横浜市に住む80代男性の手元に特養の補助申請の書類が届いた。特養には認知症の妻が入居。書類にある質問に従って「はい」「いいえ」をたどると、補助対象に「非該当」とされた。
 これまでは補助で負担が軽減され、利用料の自己負担分と個室の部屋代、食費などの請求額は月7万円ほどだった。施設に聞くと、8月から14万円を超える見込みだという。「いきなり入居費が倍になるなんて。生活破壊ですよ」
 今回の見直しで、介護施設の部屋代や食費の補助が認定される条件が変わる。妻が特養に入居した際、男性は妻と住民票の世帯をわけた。男性は市民税を払うが、妻は男性とは別の非課税世帯とみなされ補助を受けてきた。8月からは、世帯が別でも入居者の配偶者が市区町村民税課税なら補助は受けられなくなる。
 この男性は元会社員で、使える年金額は毎月約20万円。妻の年金が約6万円あるが、男性は「夫婦とも持病があり医療費がかさむ」と話す。利用料が安い施設に移れるか問い合わせをしているが、入居待ちが多くて見通しは立たない。

 補助の認定を受けているのは13年度で約113万人。預貯金などの資産も新たな補助条件に加わり、非課税世帯でも一人暮らしで預貯金などが1千万円を超えると補助は受けられない。各地の自治体は補助申請の際に預貯金通帳の写しの提出を求めており、現場に戸惑いが広がっている。

 負担増への理解を求めるため、説明会を開く自治体もある。東京都東村山市は6月末に計2回、市民向けの説明会を開催。榎本文洋・高齢介護課長は「介護保険料も上がり、ダブルの負担増。丁寧な説明が必要だと考えた」と話す。各1時間ほどの説明会に計約60人が参加。会場では「制度なので仕方ないが負担はきつくなる」といった声があがった。預貯金の額を市に教えなければいけないのか、確認する質問も出た。
 東村山市のケアマネジャーはサービスの利用控えが心配だ。25人からケアプランの依頼を受けているが、少なくとも5人は2割負担になると見込む。負担増になりそうな高齢者からは「サービスの回数を減らすしかない」など不安の声がすでに寄せられている。何人かはプランを変更してサービス量を減らし、介護保険が適用されないサービスを代用せざるを得ない可能性もあるという。

■「ライフプラン、考え直す必要も」
 介護保険制度が始まった2000年度は3兆6千億円だった介護保険の費用は膨らみ続け、14年度は10兆円になった。「団塊の世代」が75歳以上になる25年には約20兆円と、10年程度で倍増する試算だ。

 今回の制度改正は、昨年2014年6月に成立した地域医療・介護推進法で定められた。
 同法では今年2015年4月から段階的にサービスを縮小。介護の必要度が低い「要支援」向けの一部を介護保険から自治体事業に移していく。
 さらに8月の負担増は高齢者でも支払い能力に応じて払ってもらおうという「応能負担」の考え方に基づく。制度維持のための本格的な負担増が始まった。
 65歳以上の介護保険料は4月から全国平均で月額5514円となり、初めて5千円を突破。2025年度には8千円を超す見込みだ。医療分野でも入院患者の食費など2016年度以降に負担増が予定される。

 次の負担増を視野に入れた検討も動き出している。
 財務相の諮問機関である財政制度等審議会は6月1日、介護保険の「2割負担」の対象者拡大を論点にする建議を出した。6月30日に政府が閣議決定した2020年度までの財政健全化目標を盛り込んだ「骨太の方針」には、医療や介護について「負担能力に応じた公平な負担」が検討課題として盛り込まれた。

 こうした流れに対し、年金は実質的に目減りしていく。少子高齢化に伴い、物価が上昇しても年金の支給水準を抑える仕組みが4月に動き出した。厚生年金のモデル夫婦が受け取る年金の実質的な価値は、経済が成長した場合でも、約30年後に今より2割減ることが見込まれる。年金生活者だけでなく、一定の所得がある人でも家計への影響は軽視できない。

 高齢者の家計相談に応じるNPO法人「くらしとお金の学校」代表理事で、ファイナンシャルプランナーの長沼和子さんは「今回の改正は所得が『中の上』の人たちが狙い撃ちされた格好だ。今後、介護や医療の分野でこうした所得層の負担はますます重くなる可能性がある。改正を機に高齢期のライフプランを改めて考え直す必要が出てくるだろう」と指摘している。


2015年7月20日05時00分更新、朝日新聞デジタル(森本美紀、立松真文、編集委員・清川卓史)
(時時刻刻)介護保険、負担増の夏 利用料引き上げ・絞られる施設補助
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11869616.html?rm=1391


posted by fom_club at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

シルバーデー

 昨日、厩橋で大川を渡って、eチャリで上野公園へ。

 西岸の台東区側に幕府の御米蔵に付属する御厩ががあり、この付近は御厩河岸(おんまいがし)といわれ、「御厩の渡し」があった。
 「御厩の渡し」 は江戸時代の中頃に開設された渡し船で、人はもちろん米蔵の馬たちも利用したようである。
 人も二文、馬もニ文の船賃であったという。
 この渡しに限ったことではないのだろうが、渡し船では事故が多発しており、「御厩の渡し」 は別名 「三途の渡し」 などとも呼ばれていたという。
 そんな中、1872(明治5)年に多数の花見客を乗せた渡し船が転覆事故を起こし、この渡しを利用する者がほとんどいなくなってしまうことになる。
 それでも上流の「吾妻橋」、下流の「両国橋」まではかなりの距離があることから、不便を感じた地元住民がその費用を出し合って有料の木橋を架設したのが「厩橋」の始まりであった。
 ただ、民間による橋の架設は出来ても、維持管理までは手が回らなかったようで「厩橋」も1887(明治20)年には東京府の管理になっている。
 その後、1893(明治26)年には木橋の老朽化でトラス鉄橋に架け替えられたが、関東大震災によって大きな被害を受けている。橋の崩落こそ免れたものの、火災によって木製の床は焼失し、鉄製の構造部材も熱によって変形してしまったというから、凄まじい火炎であったのだろう。
 現在の「厩橋」は、1929(昭和4)年に震災復興橋梁として架設されたものである。

http://www.geocities.co.jp/tokyo_ashy/bs-umayabashi.html

 東京都美術館ではびっくり、ヤッホー君!
 係員が170分待ち(!)の掲示板を掲げ長蛇どころか大蛇の列を誘導していました。
 別の係員は「気持ち悪くなった方はいませんか?斃れる前に声をかけてください」と。
 この日、シルバーデーだったみたい、

 東京都では「深めよう!親子の絆 考えよう!家族の関係」をキャッチフレーズに、毎月第3土曜日と翌日曜日を「家族ふれあいの日」として設定しています。東京都美術館では、条件を満たすと開催中の特別展や企画展などの主催展覧会を割引料金でご覧いただけます。
 東京都では、毎月第4水曜日を「シルバーデー」として設定しています。東京都美術館では、条件を満たすと開催中の特別展や企画展などの主催展覧会を無料でご覧いただけます。

http://www.tobikan.jp/guide/hospitality.html

 行列をつくっているのはほとんどが高齢者!
 そうかぁ〜、高齢者でなくっとも、近頃、無料でゆったりくつろげる場所は限られてきています。
 株式会社化してきている日本は、どこへ行っても何をするにも、すべて有料と、貧困者には肩身が狭くなってきています。
 江戸を開くにあたって、家康や天海和尚様は江戸町民のために、公園なんて概念がなかったころすでに都市計画の一環として、庶民が銭金の心配なく「無料で」安心して風情を楽しめる場所を創って提供し開放した、というんですものね。
 それにひきかえゲンダイ、どこに行くにしてもどこに座るにしても「有料」で、五月蠅い外国音楽やイオン、異音がけたたましく鳴り響くところばかりでしょ。
 つまりだから高齢者が無料のところに一極集中するわけですよ。
 政治の貧困、政府の失敗なんです。
 黙々と怒らないで170分待ちの行列を作る・・・、前に一度フクシマ原発事故のとき日本人は怒りもしないで配給の食事に行列をつくって並ぶことが美談として取り上げられていましたよね。
 その光景と同じ。介護保険も「要支援」1,2が消えそうになってるたって何も言わない、
 年金基金から出費して株を買って、株のあきないに失敗して大損こいたって何も言わない、
 オリンピック招致疑惑の電通にも、都知事の税金使い放題にも、パナマ文書にも怒らない、
 ま、いっしょ、あ〜ぁ情けない。でも異議ありなんて言うもんなら、出る釘は打たれるよ、
 叩き潰されるよ、放り出されるよというわけで、エライ人には盾突かず周りに同調してね、
 ま、若冲、見れなかったのは予想通りで、なんの問題もありません。
 ま、国立西洋美術館前庭の彫像を写真でアップして昨日のお話し、とりあえず、チョン:

考える人.JPG

カレーの市民.JPG

ヘラクレス.JPG

アダム.JPG

地獄の門.JPG

エヴァ.JPG


posted by fom_club at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

ひと月限りの、この世の楽園

 1997年、ポンペイ遺跡は世界遺産に登録されました。
 そして上野にある国立西洋美術館も世界遺産か、と話題を集めています。

2016/05/18 05:50 テレビ朝日
「国立西洋美術館」国内20件目の世界遺産へ
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000075020.html

 え〜と、そのニュースで足が上野にむいているのではなく「東京都美術館」!
 ヤッホー君、朝からうじうじしています、それは「若冲展」・・・

 4月から5月にかけて東京都美術館は、連日長蛇の列、話題になることでしょう。「東京が熱くなる」こと間違いなしです。
 それは江戸時代の京都で活躍した伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の生誕300年記念「若冲展」(4月22日〜5月24日)にたくさんのファンが集まるからです。

■ 錦市場の恩人として
 「動植綵絵」を納め、乗りに乗る頃に、家業が関わる錦市場が商売敵の策略により、奉行所から市場差し止めを受けます。
 この市場存続の危機に若冲は隠居の身にもかかわらず、弟と共に事態の改善に奔走、尽力します。いざとなったら、江戸へ出て訴える覚悟さえしていたと言われています。当時、幕府に直訴する行為は命懸け、それは死を意味し、若冲は、そこまで考え覚悟していたと行動から分かります。
 若冲の活躍もあって事態は好転し、錦市場は営業再開。錦市場にとって若冲は恩人です。
 そうした市場の歴史もあり、生誕地の錦市場には「生家跡」のモニュメントがあります。現在、錦市場のアーケードには若冲の作品をモチーフにしたバナーが掲げられ、今年は「祝・若冲生誕300年」の文字があがっています。50代後半の作品が少ないのは、この市場の非常事態に尽力していたためと考えられています。
 ちなみに錦市場の近くの裏寺町には伊藤家の菩提寺(ぼだいじ)である宝蔵寺があり、本堂前には若冲の両親と弟たちのお墓があります。一声かけて、お墓をお参りすることはできますが、寺に残る若冲と弟・白歳の作品を鑑賞できるのは毎年2月の誕生祭のみです。

■ 人生を変えた大火
 錦市場が危機を乗り越え、また画業に専念する日々。ところが若冲の環境を大きく変える災いが起こります。それが1788年の「天明の大火」です。伊藤家は被災し、実家もアトリエも焼け、伊藤家は一変、経済的に困窮を極めます。若冲は一時、大坂に疎開します。
 そこで大坂の商人で学者でもある木村蒹葭堂(きむらけんかどう)を訪問した記録が残っています。当時、珍しいモノをコレクションしていた木村を訪ねる文化人たちはたくさんおり、若冲もその1人でした。
 その疎開先の大坂で若冲は大作を残しています。それが西福寺(大阪府豊中市)の「仙人掌(さぼてん)群鶏図襖絵」。大坂の豪商・吉野五運が寄進した金箔(きんぱく)のふすまに、若冲が絵を描きました、この時77歳。
 そして大坂から京へ戻った若冲は、伏見の石峰寺の門前に居を構え、妹と暮らし始めたと言われています。伏見で暮らす若冲は、生活のために絵1枚につき米1斗(今でいう100合)と定め、人々に描いていました。「斗米庵」「米斗翁」と呼ばれるのは、このためです。大火後の作品はほとんどが水墨画。以前のように良い画材を入手できる経済力はなかったのでしょう。
 そして1800年、85歳で世を去ります。最後まで筆を置かず、精力的に作品に取り組み、全うした人生。若冲が眠る石峰寺では今年4月26日〜5月5日、生誕300年顕彰会が行われ、寺に残る作品を鑑賞することができます。お墓参りと、若冲が下絵を描いた「五百羅漢像」の参拝にお訪ねください。

■ 若冲が慕う2人とは
 「釈迦三尊像」3幅を所蔵する相国寺。この寺の僧・大典顕常(だいてんけんじょう)が若冲を語る上で重要な存在です。若冲の「人となり」を知ることができるのは、大典が交流を書き残しているからです。若冲は大典より3歳上で、若冲と郊外へ梅を観(み)に出かけたり、淀川下りを楽しんだり、そうめんを食べたりと仲が良かったことが分かります。若冲の寿蔵(生前に建てる墓)の碑文も大典が書いています。
 また若冲が尊敬してやまない「煎茶の祖・売茶翁(ばいさおう)」と若冲を引き合わせたのも大典です。50歳で住職を譲り、気ままな場所で茶をたてて売り、自由に生きていた売茶翁に若冲は憧れていたようです。人物画を描かない若冲が売茶翁像だけは10枚ほど描いています。「若冲」という号も、大典が売茶翁の水差しに書いた老子の言葉の銘文から名付けたことが定説になっています。
 売茶翁の没後、売茶翁の言葉を集めた伝記を大典が書き、その自題は池大雅、絵は若冲と、その親しさが伝わる書物もあります。近年、売茶翁の記念碑が京都府立植物園脇の賀茂川沿いに建立されました。碑に刻まれた売茶翁の姿は若冲の絵からデザインされています。
 また売茶翁は宇治の萬福(まんぷく)寺の禅僧だったこと、若冲が道号と僧衣を授かったのも萬福寺、ということで、2人のゆかりの寺と言えます。

■ 若冲ゆかりのスポット
 「虎図」(米国のプライスコレクション所蔵)は、洛北の正伝寺に伝わる中国絵画「猛虎図」をお手本に模写したもの。その「虎図」は、「自分は見たものしか描かない主義だが、虎は日本に居ないので仕方なく描き写した」という意味の賛を書いています。
 また、深草の海宝寺に伝わる「群鶏図」は現在、京都国立博物館所蔵。定期公開している作品としては、建仁寺塔頭(たっちゅう)・両足院の「雪梅雄鶏図」があります。
 この他、岡崎の細見美術館や、京都国立博物館は若冲作品が数点あり、企画展などで時々公開しています。信行寺や金戒光明寺などの寺院では作品は通常非公開です。
 一つ、とっておきの情報。
 常に会える若冲作品は意外な場所にあります。東京・椿山荘ホテル庭園内にある「五百羅漢像」20体、若冲スポットの穴場です。この羅漢像は大正時代に、石峰寺から移された一部とされています。
 若冲の作品の多くは海外に流出し、日本にある作品は常に鑑賞できないのが実情です。それゆえ、今回の「若冲展」は見逃せないチャンス。チラシのキャッチコピーの通り、ファンにはまさに「ひと月限りの、この世の楽園。」。期待と興奮で私の夢には毎晩「鶏と白い象、時々、虎と犬と蛸(たこ)の親子」が出てきそうです。300年の時を越え、上野や京都に若冲の面影を追い、ぜひ、お出かけ下さい。


2016年4月1日15時43分更新、朝日新聞デジタル
(京都旅レシピ)生誕300年、若冲に興奮 活躍の地へ
京都観光おもてなし大使・塩原直美

http://digital.asahi.com/articles/ASJ3X44VCJ3XUEHF00D.html?rm=1766

 そうなんです、若冲でした。
 噴火による消滅でなくっとも、われわれの先達の表現した作品も実は、壊れもの、もろいもの、はかないものなんですね。
 流出してしまう。
 どこかに埋もれてしまう。
 散逸してしまう。
 忘れさられてしまう。
 (その裏には当然、市場価値がついて、売り買いの対象となるってことがあるんでしょうけど)

 1999年、ロンドン・大英博物館。研究で訪れていた中谷伸生・関西大教授(近世近代絵画史)は館側から一つの所蔵品リストを手渡され、息をのんだ。
 日本でほとんど見る機会のない、江戸時代に活躍した大坂の絵師の作品名が並んでいたからだ。
 同博物館が所蔵する近世大坂の作品数は約550点。アジア部日本セクションの矢野明子・学芸員によると、19〜20世紀前半に英国の医師や小説家から寄贈されたものが多いが、2000年以降も吉村周山の屏風(びょうぶ)や森狙仙(そせん)の「猿図」などが加わったという。
 江戸時代、京都なら、琳派(りんぱ)の尾形光琳や、若冲、曾我蕭白(しょうはく)らの奇想の画家がいた。江戸には、葛飾北斎や喜多川歌麿らの浮世絵もあった。
 これに対し、江戸中期(18世紀)以降の大坂にも、木村蒹葭堂(けんかどう)や狙仙をはじめ、文人画や写生派、風俗画など多彩なジャンルの絵師がいた。中谷教授によれば、主立った人物で160人程度。「大坂画壇」と呼ばれるが、多くは忘れられた存在になっている。
 なぜ、埋もれたのか。
 背景として、明治以降の日本の近代化が挙げられる。西洋志向が強まるとともに、文人画など中国趣味の強い大坂の絵画は忘れられた。パトロンの商家らのために描かれたものが多い大坂画壇には、展覧会映えする襖(ふすま)絵や屏風といった大作が少なかった事情もある。
 だが、複数の美術商は、日本のコレクターが作者名というブランドを重視するのに対し、欧米は作品の質や自分の好みで判断すると指摘。大英のほかにも、欧米の複数の美術館が大坂画壇の作品を所蔵している。
 中谷教授は先日、京都の古美術商の店先で山積みになった品に、写実力で知られた江戸後期の大坂の絵師、西山芳園(ほうえん)が描いた扇面の花鳥画を見つけた。わずか3千円。安さも欧米のコレクターをひきつける。
 海外に渡ると国内で見る機会が減り、研究も難しくなる。美術館などできちんと保管されているものもあるが、大阪歴史博物館の岩佐伸一学芸員は「湿度などの環境も異なり、心配な面もある」と語る。
 関西大は現在、700点ほど大坂画壇の絵を収集し、今秋の創立130周年記念展で一部が紹介される見通しだ。中谷教授は「このままでは散逸し、空洞化する。地元の公立美術館が収集や展示を担うべきだ」と話す。


2016年5月4日05時00分更新、朝日新聞デジタル(編集委員・大西若人)
大坂の絵師、なぜ埋もれた 江戸期の作、安く取引・欧米に散逸
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12341366.html?rm=150

 「奇想」で知られる江戸中期の町絵師・伊藤若冲(じゃくちゅう、1716〜1800)。
 その生誕300年を記念する回顧展が東京・上野公園の都美術館で開かれ、連日長蛇の列ができている。近年にわかに注目され、日本美術では有数の人気画家に。平成の「若冲ブーム」は頂点を迎えている。
 若冲は花鳥画や水墨画を手がけ、モザイク風の描法や独自な技法の版画にも挑んだ。その多彩な作品から主要な89点を選んだのが、今回の「生誕300年記念 若冲展」。先月22日に開幕し、今月5月8日現在で入場者は20万に迫るという(会期は24日まで)
 最大の見どころは、仏画「釈迦三尊像」3幅と「動植綵絵(さいえ)」30幅の展示室。
 その理由を監修者の一人、小林忠・岡田美術館館長はこう話す。

「若冲は京都・錦小路の青物問屋の当主だったが、40歳で弟に家督を譲り、画業に打ち込んだ。人生50年の当時、残りの10年で『釈迦三尊像』とそれを荘厳(しょうごん)するための『動植綵絵』を仕上げようと計画したのです」

 つまり、両作品は一堂に安置されるのが本来の形なのだ。
 若冲は両作品を京都・相国寺に寄進したが、明治22(1889)年に「動植綵絵」が宮内省(当時)に献納され、それ以降は別々に保管されてきた。2007年に京都で約120年ぶりにともに展示されたが、東京で一堂に会するのは今回が初めてだ。
 「動植綵絵」は鳥や草花、魚介類から昆虫類までを濃密な色彩で精緻(せいち)に描いた花鳥画。今回、本来の形で展示されたことで、すべての命を慈しむ、信心篤(あつ)い若冲の思いがより明瞭になった。
 若冲は生前は円山応挙と並び称される絵師だったが、20世紀にはなかば忘れられていた。再評価が始まったのは1960年代後半。美術史家の辻惟雄(のぶお)氏が「奇想の画家」として注目した。一般の美術ファンに知られるきっかけは、2000年に京都で開かれた「没後200年 若冲」展。約1カ月の会期で10万人近くが詰めかけた。
 その背景にはインターネットの普及があると、美術史家の山下裕二氏は話す。

「濃彩で精緻な若冲作品はディスプレーに映える。若い世代に古美術ではなく、『いま』の画像として受け入れられた」

 その後も各地で若冲を中心とした展覧会が相次いだ。
 ブームは出版界にも及び、今展に向けても、女性誌「和楽」が特集を組み、カルチャー誌「Pen」はムックを刊行。「若冲への招待」といったガイド本も出ている。
 異色なのはシティー情報誌から派生した「若冲Walker」。企画した玉置泰紀・KADOKAWAウォーカー総編集長は、

「若冲は一派をなすことなく、自分の表現を黙々と追究した。そこにサブカル系の若い世代が共鳴している」

とみる。ツイッターで作品の感想を募ると「自由でポップで豊かな表現力」「スーパーポジティブ引きこもり絵師の傑作」といった投稿が200件以上寄せられたという。
 作品だけでなく人物像にも関心が集まった。「若冲=オタク」説が広がったが、2008年ごろ、錦小路青物市場の営業を巡る交渉に「年寄・若冲」が活躍する史料が注目され、人物像の再考が促された。
 小説「若冲」の作者・澤田瞳子(とうこ)氏は

「若冲は一般の町人で、40歳から絵に打ち込み精緻な作品を残した。現代人は、ものづくりに励んだ等身大の人物として共感を覚えているのでは」

と話す。
 2000年の回顧展から16年をへて、「若冲は日本美術のスタンダードとして認められた」と山下氏は断言する。畢生(ひっせい)の大作「動植綵絵」を描いたころ、若冲は「千載具眼の徒(と)を俟(ま)つ(千年、眼力のある人々を待つ)」と語ったと伝わるが、平成の若冲ブームは期待よりはるかに早く時が満ちたことを告げている。


2016年5月15日07時49分更新、朝日新聞デジタル(西岡一正)
若冲ブーム、生誕300年で絶頂 サブカル系若者が共鳴
http://digital.asahi.com/articles/ASJ574W0JJ57UCVL00C.html?rm=672

 ヤッホー君、人ごみに入ると人に悪酔いし、しゃがみこんで一歩も歩けなくなる性質(たち)です。
 見に行くべきか、行かざるべきか、まだうじうじと悩んでいるようですので、この辺で失礼します。


posted by fom_club at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

時間の庭もしくは大戦で復活するポンペイ風

 さて、勝山祐子先生に戻って、プルーストとポンペイについてもう少しだけ見てみませんか、ね。

 第二帝政期(1852-1870)に流行した「ポンペイ風」について説明を加えよう。

 先ほど述べたように、1748年のポンペイの遺跡の発掘が「移行様式」から「帝政様式」にいたる新古典主義の流れを生みだした。
 「ポンペイ風」はとりわけ「十六世様式」と「帝政様式」への過渡期にあたる「ディレクトワール様式」の時代(1795-1799)に好まれた。
 『見いだされた時』の第一次世界大戦に関するテキストでは、ジュピアンの男娼館の壁に『ポンペイ風の絵画』がかかっているのだが、これに関して話者がこれらの絵は『フランス大革命末期を想起させるという点で,これから始まろうとしていたディレクトワール期に似た時代にふさわしかった』と述べているのが示す通り、プルーストがディレクトワール期の「ポンペイ風」の流行に精通していたのは間違いない。
 「ポンペイ風」はその後第二帝政期の「折衷様式」の時代に復活し、マチルド皇女の弟ナポレオン・ジョゼフ・シャルル・ポール・ボナパルトは「ポンペイ風の邸宅」をパリのモンテーニュ大通りに建設している。

 したがって、『失われた時を求めて』という小説空間全体を通してプルーストが暗示するのは、「ポンペイ風」というディレクトワール期に好まれたモチーフが第二帝政期に復活し、第二帝政の崩壊とともにすたれ、それがそののち「第二帝政期風だから」という理由で復活し、その後、ディレクトワール期を想起させる大戦中にまた「ポンペイ風」が復活し、大戦後の『見いだされた時』のゲルマント大公夫人のサロンで、「帝政様式」に移行する、ということになる(注49)。

(注49)ここで忘れてならないのは、プルーストにとって、ヴェスヴィオ火山の噴火によって地中に葬られたポンペイは、まず第一に、その性的放埓が原因で天の火によって焼かれたソドムと結びつくことである。


2011年1月31日、文化女子大学紀要、人文・社会科学研究 (19)
プルーストにおける室内装飾、
オデットの「折衷主義」とゲルマント公爵夫人の「帝政様式」 
勝山祐子

http://ci.nii.ac.jp/els/110008616549.pdf

 勝山先生、今度は画家、ユベール・ロベール Hubert Robert(1733-1808)に着目します:

 プルーストの小説『失われた時を求めて』において、「廃墟の画家」と呼ばれたユベール・ロベールは考えられている以上の役割を担っている。
 『ソドムとゴモラ』におけるゲルマント大公夫人邸の庭園は、「ユベール・ロベールの噴水」のみならず、庭園自体が画家の作品から着想されていることがわかる。
 また、この場面の草稿にはプルーストによるユベール・ロベール論とも呼ぶべきテキストが含まれている。
 プルーストにとってユベール・ロベールはまず第一に記憶の画家であるが、それ以上に重要なのは「逸話の語り部」であることであり、プルーストと画家は「崩壊の美」への感受性を共有している。
 そして、画家の作品は永遠にそこにあるかのような廃墟「今」という瞬間を対比することで「永遠」と「儚さ」のはざま、という夢幻的な空間を生み出す。
 また、廃墟を夢想することによって未来の崩壊を先取りすることも、プルーストとユベール・ロベールに共通しているといえるだろう。


2013年1月、文化女子大学紀要、人文・社会科学研究 (21)
時間の夢、夢の時間 The Dream of Time, the Time of Dream、要旨
プルーストにおけるユベール・ロベールの庭 The Garden of Hubert Robert in Proust’s Texts
勝山祐子
(注)
http://ci.nii.ac.jp/els/110009577235.pdf?id=ART0010028745&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1463463262&cp=

 ユベール・ロベールってどんな画家?どんな絵を描いたの?
 国立西洋美術館で2012年に展覧会を開いておりました:

Hubert Robert、時間の庭(国立西洋美術館)
https://www.youtube.com/watch?v=A6GHyHviUzs

18世紀フランス美術の新たな魅力
 ポンペイやヘルクラネウムの遺跡発掘に沸いた18世紀、フランスの風景画家ユベール・ロベールは、長いイタリア留学で古代遺跡やヴィラの庭園等の眺めを数々のスケッチに残し、帰国後はこうしたモティーフを自由に組み合わせた空想的風景画によって大きな成功をおさめました。
 ロベールの作品には、時を越えた古代の廃墟や歴史的建造物が自由な創意を加えられて現前する一方、木々の緑や流れる水、日々の生活を営む人びとの姿がコントラストをなしています。
 彼の作品を観る者は、流れゆく時間、自然、そして芸術の力に思いを巡らすように誘われます。
 一方、「廃墟のロベール」は「国王の庭園デザイナー」でもありました。
 ロベールが数々の風景式庭園で実際に古代風建築物や人工の滝、洞窟などを配していたことを知れば、絵画空間に描かれた空想の風景はさらに生きた魅力をもち始めることでしょう。
 今回の展覧会では、世界有数のロベール・コレクションを誇るヴァランス美術館が所蔵する貴重なサンギーヌ(赤チョーク)素描を中心に、約130点にのぼる油彩画・素描・版画・家具をとおしてロベールの芸術を日本で初めてまとめてご紹介します。
 日本ではまだ馴染みの薄い画家ですが、ロベールの作品とその制作背景は、古代趣味やサロン文化、庭園芸術など、同時代の多様な文化領域と興味深い接点を有しています。
 知られざる風景画家に光をあてた本展は、18世紀フランスの芸術文化の新しい魅力を発見する良い機会となることでしょう。

「廃墟のロベール」と「庭園のロベール」
 本展は、ロベールの画業を概観できるように年代順を基本としつつ、テーマとモティーフによって作品を分類した6章から構成されます。
 前半では、師や友人の作品との比較も交え、イタリア滞在期の作品群を中心に紹介します。
 17世紀風景画の先例を展示した導入に続き、名所や建物ごとに作品を分類した2章は、いわばローマの町を散策できるような構成となっています。
 続く3章では、画家仲間や美術愛好家とともに、ピクチャレスクな風景や自然の息吹を求めて訪れたローマ近郊の町や南イタリアでの制作の様子を紹介します。
 一方、パリの風景を題材とした作品のほか、文芸庇護者らとの交流にも光をあてた4章で始まる後半では、帰国後の作品を中心に展示します。
 5章では「廃墟のロベール」の名を世に知らしめた、古代遺跡やモニュメントを自由な想像力で組み合わせた空想的風景画の数々を見ていきます。
 そして最終章では、自然と人工の交差する場としての「庭園」を切り口としてロベールの作品を再検討します。

アルカディアの墓
 「国王の庭園デザイナー」、そして王室コレクションの管理人となったロベールは、1789年には王室所蔵のプッサンの代表作に想を得た《アルカディアの牧人たち》を手がけます。
 ここに描かれた古代風の墓は、人生の儚さを象徴するモティーフですが、ロベールがエルムノンヴィル庭園の中にデザインした哲学者J・J・ルソーの墓も想起させる興味深いものです。
 またこの絵が描かれた1789年は、貴族社会の崩壊の始まりの年でもありました。
 フランス革命の勃発で、ロベール自身、1793-94年に投獄の憂き目にもあいます。
 獄中の画家には生活のために皿に描いた絵を売ったという逸話が残っています。
 現在約12点しか知られていないこの貴重な皿絵から、本展には3点が出品されます。
 釈放後、晩年のロベールは、ルーヴル宮に設置された国立美術館の公開へ向けて学芸員として尽力しました。
 本展を締めくくる最晩年の作品、《ヴェルサイユのアポロンの水浴の木立》(1803年)は、かつてルイ16世のためにデザインした人工洞窟を自ら描いたもので、ロベールの過ぎ去りし華やかなキャリアを物語るとともに、フランス宮廷文化の落日の輝きを呼び起こしてくれています。


国立西洋美術館
ユベール・ロベール、時間の庭
会期:2012(平成24)年3月6日(火)〜5月20日(日)
国立西洋美術館主任研究員・陳岡めぐみ(1972年生まれ)
http://prmagazine.bunka.go.jp/pr/publish/bunkachou_geppou/2012_02/series_01/series_01.html

 では、一瞬のうちに火砕流に呑み込まれ、焼失してしまったポンペイを永い眠りから目覚めさせるプロジェクトを動画で見ながら、われわれも「時間の庭」に徘徊の道を続けてみましょうか:

The Great Pompeii Project
http://www.bbc.co.uk/programmes/p03kn5g7

Revealing the tragedy of a toddler
http://www.bbc.co.uk/programmes/p03kn7b7

(注)勝山祐子先生の直近の論文は以下です:
2016年1月、文化女子大学紀要、人文・社会科学研究 (47)
ヴェルデュランのサロンの同一性
作品における室内装飾の一側面

http://dspace.bunka.ac.jp/dspace/bitstream/10457/2436/1/001031547_11.pdf



posted by fom_club at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

ポンペイ、プルースト

 さきほどの英国紙ガーディアンをお読みいただけましたでしょうか。
 ヤッホー君が小躍りしましたのは ”Baalbek complex in Lebanon” でした。

The Temple of Bel was Palmyra’s most important site and the most important temple from antiquity in the Middle East alongside the Baalbek complex in Lebanon. Before the arrival of Christianity in the second century, Palmyra worshipped the Semitic god Bel, along with the sun god Yarhibol and the lunar god Aglibol.


 まだ20過ぎたばかりのヤッホー君、この”Baalbek” はフランスの小説家プルースト (Valentin Louis Georges Eugène Marcel Proust 1871-1922) の『失われた時を求めて A la Recherche du Temps Perdu』コスモスで重要な地理的位置を占めるバルベックの由来となるのでは、と問題提起の論文を書いたことがあったのでした。
 それをお読みになった大きな学の若いけどエライ先生からヤッホー君、「赤腹」された記憶がよみがえってきたのです。
 留学もしていない田舎生まれの若造のくせして、ただの思い付きやひらめきで言うんじゃない、とさげすまれ、からかわれ、一喝されて、ハイ、チョン。
 一般的にはノルマンディの避暑地カブール Cabourg とされていたのにこれも考えられるのではとたてついたわけですから、そりゃあ、そう・・・
 評価どころか、激励どころか、変なところに目をつけるな、余計なこと考えるなで、その後ターゲットにされて息の根をとめられたヤッホー君、お払い箱になってしまいましたけど、そんなことを想い出した5月16日のこと。
 イマはムカシ、しかしその一若者の思い付きを裏付けるように、プルーストとポンペイをこんなふうに料理なさってくださった研究者からお話しをいただくことにしましょう:

 『失われた時を求めて』がいわば考古学を模した小説であることを、その冒頭ですでに予告する意図があったのである。考古学者が「何も忘れられない,何も破壊されない」ことを証明するように、小説家もそれを証明しなければならない。これまで詩人や哲学者が忘却こそ運命であると主張してきたのは誤りだったと証明しなければならない。
 一度は忘れられたと思われたことがらも甦るのであり、破壊されたと思われたことがらも復活するのである。これこそ『コンブレーT』からプルーストが繰り返し述べることだ。

 私はケルト人の信仰をいかにももっともだと思う、それによると、われわれが亡くした人びとの魂は、何か下等物、獣とか植物とか無生物とかのなかに囚われていて、われわれがその木のそばを通りかかったり、そうした魂がとじこめられている物を手に入れたりする日、けっして多くの人びとには到来することのないそのような日にめぐりあうまでは、われわれにとってはなるほど失われたものである。
 ところがそんな日がくると、亡くなった人びとの魂はふるえ、われわれを呼ぶ、そしてわれわれがその声をききわけると、たちまち呪縛は解かれる。
 われわれによって解放された魂は、死にうちかったのであって、ふたたび帰ってきてわれわれとともに生きるのである。

 ポンペイのモチーフには、密かに再生への祈りが込められている。
 ポンペイの町も住人たちも、彼らの浮薄な生もまた、溶岩流に飲みこまれて永遠に破壊されたのではなかった。
 地中に埋もれながらも、われわれが忘却から救い出しにくるのを待っていたのである。


2012年1月31日文化学園大学紀要、人文・社会科学研究(20)
『何も忘れられない,何も破壊されない』
―プルーストにおけるポンペイのモチーフについての試論―
勝山祐子
(准教授、フランス文学)
http://dspace.bunka.ac.jp/dspace/bitstream/10457/1357/1/001032220_04.pdf


posted by fom_club at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多神教的ローマ世界

 ポンペイの市民たちは多神教だったのです!

 古代ローマ史研究者の著者、本村凌二(1947年生まれ、東京大学名誉教授)は言う:
 「人類の文明史5千年のなかで、じつに4千年は古代なのである」
 言われてみれば確かにそうだ。あのローマ帝国にしても、それに先立つ3千数百年の歴史がある。
 こういう4千年の厚い古層の上に我々はいる。
 「古代人の心性にふれ」て初めてわかることがある。
 宗教がその代表だろう。。。

 一神教の成立は謎に包まれている。
 著者は、エジプトの唯一神アテンに注目する。
 これが、エジプトの支配下で抑圧されていたヘブライ人の心を捕えたのではないか。
 「一神教は虐げられ抑圧された被差別民の宗教になりやすい」からだ。
 さらに、二十数文字で足りるアルファベットの出現もこれに影響しているだろう。
 「読み書きできる人々びと増え」「分析し思考することを厭わな」くなる。

 こうしてみると一神教の成立と発展には、多神教への優越が感じられる。
 しかし、多神教の戒律が「正しい振舞い」しか求めないのに対し、一神教は「正しい魂」まで求める。
 「人間は心のあり方まで問われる」ことになった。
 これがいいことなのか悪いことなのか。


 ポンペイの遺跡からは公衆浴場も発掘されている。
 脱衣場には客が衣類をおいた場所の目印となる絵が壁に描かれている。
 その絵が露骨な春画である。
 俺は服を後背位のあたりにおいたとか、あたしが下着を脱いだのは騎上位の前とか(別の意味でそりゃそうだ)。
 この春画、大噴火の少し前に塗りつぶされている。
 多神教的ローマ世界に、一神教のユダヤ・キリスト教が入り込み始めた兆候らしい。
 是非の答えは容易ではない。

2005年11月11日号週刊朝日掲載、新書の穴
本村凌二『多神教と一神教』(岩波新書、2005年9月)
[評者]呉智英
http://book.asahi.com/shinsho/TKY200511080119.html

 たしかに313年に皇帝コンスタンティヌス1世がミラノ勅令を通してキリスト教を公認し、392年にテオドシウス1世のとき、キリスト教を国教にし、他宗教を禁止にしたのです。
 サイキン、多神教の史跡が、他者、違い、多様性を許さない一神教同士の争いに巻き込まれ、人間によって(お金で買ったか売りつけられたか渡されたか、人工の爆弾で)破壊されました。
 地震、雷なんかの自然の力や、火山の噴火、噴火による火砕流ではありません。
 今朝の毎日新聞はこう伝えています:

 約2000年の歳月を刻んできた古代神殿はがれきと化し、凱旋(がいせん)門のアーチは姿を消した−−。
 内戦が続くシリアで、アサド政権が過激派組織「イスラム国」(IS)から奪還した遺跡都市パルミラ。
 街や遺跡には破壊の跡が色濃く、住民の心にも深い傷が残っている。
 IS侵攻前、約7万人が暮らしていたパルミラ。
 住民の大半は中部ホムスなどに避難し、家屋の多くが戦闘で破壊され、家財道具は略奪された。
 ISが去った今、住民の大半は避難時に持ち出せなかった家具を車の屋根の上に積み、再び避難先へ戻ろうとしている。

 5月に入り、ISがパルミラ近郊のガス田を制圧するなど、周辺での戦闘は続く。
 さらに、ISは3000以上の地雷を敷設したとされており、日常生活ができる状態ではないためだ。

 「ドーン」
 記者がパルミラに入った日も地雷爆破処理が続いており、10分に1回は重低音が響いた。
 黒煙が立ち上るのも見えた。
 作業を主導していたのは、シリア政権を支援するロシア軍だ。
 通行路の安全は確保されていたが、あちこちに直径1メートル超の地雷の爆発跡が残っていた。

 写真を撮ろうと、路肩に足を踏み入れた。
 「危ない!」
 記者に同行していたシリア軍当局者からすかさず注意が飛んだ。

 露軍からは遺跡地区の取材許可が出ず、近くの丘の中腹から遺跡群を見下ろしてみた。
 パルミラ最大のベル神殿の外壁や列柱、円形劇場は確認できた。
 だが、ベル神殿の本体や凱旋門のアーチは、無残にも破壊されているのが分かる。
 唯一神を信仰するイスラム教を極端に解釈するISは、イスラム教存在以前の多神教時代に建造された神殿や遺跡を各地で破壊してまわった。
 偶像崇拝を厳禁しており、パルミラの博物館にある彫像も顔の部分がほとんど削り取られ、入り口のライオン像は倒されていた。

 パルミラの街にはISに制圧された昨年5月以降、1年近くに及んだ支配の痕跡が残っていた。

 「誰の拳銃ですか?」「どこで戦いますか? 戦場です」
 IS式の教育を実施していた小学校で見つけた英語教科書には戦闘を想起させる例文が並ぶ。
 子供たちを戦闘要員にする洗脳の一環のようだ。
 街中心部には「ISは戻ってくる」という不気味な落書きもあった。

 「ISの侵攻後、家族と連絡がとれない」
 戦闘収束後、首都ダマスカスから初めて実家の様子を見に来た主婦のウンム・ファレスさん(35)は声を落とした。
 10人の子供を含む15人の親族が所在不明という。
 ISはパルミラ周辺で政府関係者を中心に多数の住民を虐殺したとされる。

 シリア内戦は3月に6年目に入った。
 アサド政権、反体制派、IS、クルド人が互いに戦闘を続けており、在英民間組織「シリア人権観測所」によると、死者は27万人を超えた。
 2月27日に米露主導で政権と反体制派との一時停戦が発効。
 戦闘が縮小した時期もあったが、4月以降は北部アレッポを中心に再び戦闘が激化し、4月の死者は3000人を超えた。
 一時の勢いはないISだが、戦闘意欲の衰えは見せていない。
 米軍当局者によるとISは最近、「首都」と称す北部ラッカで「非常事態」を宣言。
 米軍主導の有志国連合と連携するクルド人勢力や反体制派の攻撃に備えている模様だ。


2016年5月16日01時04分最終更新、毎日新聞、パルミラ遺跡
【パルミラ(シリア中部)で秋山信一】
破壊色濃く…神殿本体、凱旋門アーチ無残
http://mainichi.jp/articles/20160516/k00/00m/030/055000c?fm=mnm

〈遺跡「回復し得ない損傷」〉
 過激派組織「イスラム国」(IS)は、昨年2016年5月から10カ月にわたってシリア中部パルミラを支配した。
 その間、世界遺産を破壊し、住民を恐怖で縛った。
 破壊された遺跡も住民の心の傷も、回復は容易ではない。

 ISはベル神殿や凱旋(がいせん)門などを次々に爆破した。
 パルミラ博物館のカリル・ハリリ館長(55)によると、これらがあった場所は石の山となっており、「回復し得ない損傷を受けた」。
 ただ、他の主な遺跡は比較的良好な状態を保っているという。

 博物館内にあった神像なども軒並み倒され、現在、専門家チームが損傷の程度を調べている。

 ISはイスラム教の極端な解釈に基づき、イスラム教が禁じる偶像崇拝につながるとして、シリアとイラクの支配地域で歴史的建築物や石像の破壊を繰り返してきた。

 前パルミラ館長の故ハレド・アサド氏は、ISがパルミラを占拠すれば、博物館の所蔵品は破壊されるか、資金獲得のため闇市場に売却されると危惧。
 ISがくる前に神像や出土品など数百点を別の場所へ移動させた。
 お陰で主な収蔵品は難を逃れた。
 ただアサド氏は、ISに移動先を明らかにしなかったため、ISに惨殺された。

〈パルミラ遺跡〉
 シリアの首都ダマスカスの北東約230キロの砂漠地帯にある古代都市遺跡。
 シルクロードの隊商都市として、ローマ帝国時代の紀元前1〜3世紀に栄えたとされる。
 ベル神殿や列柱道路、円形劇場などで知られ、1980年にユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産に登録された。
 シリア内戦前は世界中から観光客が訪れていた。
 「イスラム国」(IS)が昨年2015年5月に制圧し、神殿などを破壊した。


2016年4月13日03時01分更新、朝日新聞デジタル
【パルミラ=春日芳晃】
世界遺産も住民の心も粉々に IS撤退のパルミラを歩く
http://digital.asahi.com/articles/ASJ4D3GY1J4DUHBI00Q.html

The Guardian, Sunday 27 March 2016 10.52 BST
Drone footage shows ruins of Palmyra as Syrian forces recapture it – video
http://www.theguardian.com/world/video/2016/mar/27/drone-footage-palmyra-retaken-syrian-forces-isis-video

One of the most recognisable landmarks of the ruins, the triple arch stood at the head of a grand colonnade that led to the great temple of Bel – until it was destroyed by Isis at the weekend.

It was built as a tribute to the visiting Roman emperor, Septimius Severus, after the Roman victory over the Parthian kingdom in Persia. Richly decorated, it reflected the growing power of Palmyra, which had emerged as one of the wealthiest colonies in the Roman hegemony through its position on a key caravan route.

The UN cultural body, Unesco, which designated Palmyra as a world heritage site, deemed the 'carved sculptural treatment … an outstanding example of Palmyrene art'.

The Temple of Bel was Palmyra’s most important site and the most important temple from antiquity in the Middle East alongside the Baalbek complex in Lebanon. Before the arrival of Christianity in the second century, Palmyra worshipped the Semitic god Bel, along with the sun god Yarhibol and the lunar god Aglibol.

The temple complex is surrounded by walls and includes a dining hall that was also used as a guest house. The temple itself includes an ancient cella (inner chamber) with two inner sanctums, dedicated to the Palmyrians’ supreme deity, Bel, and the sun and moon gods. It was converted into a church and later into a mosque, which was in use until 1930.

The temple of Baalshamin was built in the first century AD, a house of worship dedicated to the Phoenician god of storms and the sky, who evolved into a major deity worshipped during the time of Queen Zenobia and her husband Septimius Odaenathus, the King of Kings of Palmyra.

Its columns carried Greek and Palmyrian inscriptions and it once contained statues of the rich and wealthy patrons of the city.

The Jamblique, Elahbel and Kithot tombs were built in AD83, 103 and 44 respectively and were among the best-preserved burial sites from antiquity. They were destroyed by Isis in August. The tower tombs, which were built by rich Palmyrene clans, were rarely seen elsewhere in the Graeco-Roman world.

The multi-storey sandstone monuments, standing outside the city walls in an area known as the Valley of the Tombs, were divided into compartments, or loculi, into which scores of sarcophagi could be placed before being sealed with slabs of stone carved with an image of the deceased and painted in bright colours. Wealthy inhabitants would also bequeath money to priests to hold ceremonies in their memory.


The Guardian, Last modified on Wednesday 30 December 2015 15.30 GMT
Palmyra – what the world has lost ;
The Syrian desert city known as the Venice of the Sands has suffered another act of vandalism by Islamic State (Isis), with the destruction of the triumphal arch. We look at what has been blown up in recent months by the Islamist militants described as ‘barbarians’ by Syria’s head of antiquities
http://www.theguardian.com/science/ng-interactive/2015/oct/05/palmyra-what-the-world-has-lost


posted by fom_club at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

ポンペイ、フロイト

 またポンペイに戻りましょうか。

アカデミック・ポンペイ
 地下鉄ムゼオ駅の「国立考古学博物館」がある。
 その2階にポンペイ遺跡の出土品が展示されている。
 ポンペイは、ナポリから鉄道で40分ほどで行ける。
 西暦79年のヴェスヴィオ火山の火砕流により、当時の街はタイムカプセルに詰められた。
 ポンペイの発掘は、考古学史上の奇跡であり、古代の認識に与えた影響ははかりしれない。

 ポンペイの発掘は初めから学問的なものであったわけではない。
 発見当時のナポリはオーストリアやスペインの王家に支配されており、発掘の目的は金銀の宝物や美術品を探して、海外の王室に献上することだった。
 「王の発掘」の時代と呼ばれる。
 ナポレオン軍によっても略奪された。
 発掘もずさんであり、ヴィンケルマン(注1)はそれを批判した。
 科学的な発掘が進められるようになったのは、1861年のイタリア統一以降のことである。

エロティック・ポンペイ
 ポンペイでは古代ローマ人のエロスの生活も明るみに出された。
 壁には愛の落書きがあり(本村凌二『優雅でみだらなポンペイ――古代ローマ人とグラフィティの世界』講談社、2004年9月)、春画のモザイクが貼られていた(ヴァローネ、監訳:本村凌二、訳:広瀬三矢子『ポンペイ・エロチカ――ローマ人の愛の落書き』PARCO、1999年8月)。

 国立考古学博物館の「秘密の小部屋」には、春画や性器の像などの発掘品が多数展示され、当時の売春宿が再現されている。
 ナポリに行ったものだけが見学できる。

 ポンペイのエロスに魅せられたのが精神分析学のフロイト(1856-1939)である。
 ポンペイをフロイトは「性愛の秘儀」の町と見ていた。
 彼は考古学マニアで(拙著、丹野義彦『ロンドンこころの臨床ツアー』星和書店、2008年10月)、よく考古学を精神分析療法のアナロジーとして用いる。
 1903年に作家イェンゼン Wilhelm Jensen(1837-1911)が書いた小説『グラディーヴァ あるポンペイの幻想小説』に強く惹かれ、1907年に『W・イェンゼン著「グラディーヴァ」における妄想と夢』を発表した(この文章はシュルレアリストのブルトンやダリに影響を与えた、注2)。

 イェンゼンの小説の主人公ハーノルトは考古学者で、古代の若い女性の浮き彫りに心をひかれ、グラディーヴァと名づけた。
 ある夜、彼は西暦79年のポンペイ最後の日の夢を見た。
 夢の中でグラディーヴァと出会い、ポンペイ壊滅の危険を知らせようとしたが、彼女は石に変わってしまった。
 彼はポンペイに出かけ、そこでグラディーヴァそっくりの娘と出会った。
 この娘は幼ななじみのツォーエであり、2人は結ばれる。

 フロイトはこの小説を精神医学の症例報告とみる。
 ハーノルトは幼児期にツォーエに愛情をいだいたが、その性愛は「抑圧」された。
 浮き彫りを見たとき、その性愛が動き出したが、学問という仕事によって抑圧された。
 ポンペイが火砕流によって埋没したように、ハーノルトの性愛は学問の中に埋もれてしまった。
 こうして彼は妄想症(パラノイア)となった。
 この妄想は、ツォーエの精神分析療法によって治療される。
 古代人のあけすけなエロスの地ポンペイで、エロスを抑圧した学者がそれを回復するわけである。


イタリア アカデミック・ツアー 大学をめぐる散策
エロティック・アカデミック・ナポリ
丹野義彦
〔Tanno Yoshihiko、東京大学大学院総合文化研究科教授〕 
http://www.yuhikaku.co.jp/static/shosai_mado/html/1505/09.html

(注1)半島は誘惑する!

 17世紀末から18世紀、イギリス貴族の子弟たちが、数ヶ月から数年をかけて、いわば「修学旅行」のようにフランスからイタリアへと出かける旅が大流行しました。称してグランドツアー。「かわいい子には旅をさせろ」を地でいく、さまざまな文化や教養を身につけるための教育の総仕上げというわけです。

 しかし実際には、旅をしたのはイギリスのお坊ちゃまたちだけではありません。彼らにチューターとして随行したのは、かの有名なジョン・ロックやシャトーブリアン。そのほか作家のホレス・ウォルポールに歴史家のエドワード・ギボン。フランスからは、ヴォルテール、モンテスキュー、ルソーたち。ドイツからは考古学の父と呼ばれたヴィンケルマンが、折しも始まったばかりのポンペイ遺跡発掘に熱狂的に参加しています。そしてなんといっても有名なのは、みずからの旅を克明に記録した、文豪ゲーテの『イタリア紀行』でしょう。他にも枚挙にいとまがないほど、まさしくヨーロッパ中の思想家や芸術家がこぞって、馬車にゆられてアルプスを越え、イタリア半島をめざしたのです。さてそこで、彼らは何を見て、何を感じ、何を作りだしていったのか?

 じつはこのグランドツアーこそが、その後の近代的なヨーロッパの感性の創出に大きく寄与していたことに、読者はきっと驚かれるでしょう。

 この目眩くような魅惑の旅をスリリングに追体験させてくれるのは、著者の筆ならでは。絵画や美術品の豊富な図版を「紙芝居」のようにくりだしながら、豪華絢爛なツアーを演出しています。


新刊の紹介岩波新書『グランドツアー 18世紀イタリアへの旅』(2010年9月)
著者:岡田温司
(1954年広島県に生まれる。京都大学文学部卒業、現在、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。専攻は西洋美術史・思想史)
https://www.iwanami.co.jp/hensyu/sin/sin_kkn/kkn1009/sin_k548.html

(注2)「グラディーヴァ」もしくは「歩み行く女」

☆ このように、フロイトは、イェンゼンという作家が直感的に把握したことを抜き出し、テーゼとして論じました。ここでひとまず、フロイトから離れて、一点だけ問いを立てておきたいと思います。それは、思春期において、「性」の再発見におけるエロスの高まりは、なぜ、ハーノルトにとって危険なものと感じられたのか、なぜ、それを抑圧しなければならなかったのか、ということです。これこそ、臨床において重要で難しい問いです。しかし、この問いはここでは開かれたままにしておきましょう。

 ただ、抑圧という観点だけからこの小説を読み込むと、どうしても割り切れないものが残ってしまいます。その割り切れないものを、フロイトは無視しようとしたのではなく、単に彼の作品の中では触れなかっただけなのでしょう。というのも、フロイトが「グラディーヴァ」に惹きつけられたのは、イェンゼンの『グラディーヴァ』という作品だけにではなかったと思われるからです。フロイトの書斎には、「グラディーヴァ」のレリーフのレプリカが飾ってありました。それは、今もロンドンのフロイト博物館で見ることができます。フロイトは、「グラディーヴァ」のレリーフそのものにも惹きつけられていたのです。ややうつむき加減に、足早に歩くグラディーヴァの横顔とその視線の先に、フロイトはなにを感じとっていたのでしょうか。というより、そこにフロイト自身の問いが、すなわち、「グラディーヴァの横顔はなにを見ているのだろうか、なにを思っているのだろうか、なにを欲しているのだろうか」という問いが潜んでいたように思えます。実はこの割り切れないものがあるからこそ、今なお「グラディーヴァ」は人々を惹きつけてやまないのではないでしょうか。


2004年2月、桜ヶ丘メンタルクリニック
当クリニックのロゴマークについて
http://www5f.biglobe.ne.jp/~lacan/sub6.htm

☆ フロイトによれば、ノルベルトがグラディーヴァに魅せられるのは、この古代の女性が、「抑圧」によって彼の思い出から追放された幼なじみのツォエー・ベルトガングの「残響」だからである。グラディーヴァ・ウォークはツォエーの歩き方にほかならないというわけである。彼は時を経てもなお密かに彼女に思いを寄せているが、しかしかつての心の高鳴りは、幼なじみの女の子の特徴的な歩き方に魅力を感じるという残響となって鳴り渡るばかりなので、同じ歩き方の古代像に吸い寄せられるというのだ。そしてその像の背後にツォエーがいることにはまったく気づかない。

 「残響」はそれ自体の源泉をただ暗示するばかりなので、フロイトの精神分析の概念としては通常「代理形成物」と呼ばれるが、この概念は本来的なものとその代理物との時間的へだたりを表現しきれない欠点がある。

 主人公を魅了するレリーフ像はいろいろな点で、ポンペイで偶然に再会するツォエーを暗示している。暗示しているというより、20世紀に生きる成人したツォエーは古代のレリーフ像の少女ととてもよく似ているのだ。「顔の表情も、姿も、聡明そうに見つめるまなざしも、魅力的に波打つ髪も、何度も目にするところとなった優雅な歩き方も。そればかりか、彼女の服も」なのである。この広汎な類似が幼なじみを思い出せない主人公にツォエーをグラディーヴァの黄泉がえりと思わせる原因になるのだが、フロイトも指摘しているようにこれは少々偶然が過ぎている。

 しかし主人公が石像の女性にあたえたグラディーヴァという名前はツォエーの苗字であるベルトガングのラテン語訳なのだから、前者が後者の代理物であるという解釈は一見もっともだし、幾重もの類似性もその物語的な補完なのだろうと考えることができる。問題はしかし本当に、ノルベルトがグラディーヴァに魅されるのは幼年期の心の高鳴りの残響なのか、である。

 フロイト自身がそうしているように、わたしもディテールにこだわって検証することにする。
。。。


2013年、豊橋技術科学大学人文・社会工学系紀要
フロイトの精神分析による文学解釈再考、W.イェンゼンの<グラディーヴァ>における魅されることについて
山本淳
(2013年豊橋技術科学大学停年退職)
4頁。
※ なお先生は、テオフィル・ゴーティエの『ポンペイ夜話』との違いについて、こう述べられています:

この短編の主人公オクタヴィヤンは、ポンペイで見つかった女性の押し型から作られた像に惚れ込み、夢とも妄想ともつかない空想の中で彼女との情事にふける。しかし彼女はイェンゼンのグラディーヴァのように、主人公が知っている現実の人間をなぞった幻像ではない



posted by fom_club at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

Club des Hachichins

 紀元79年の大噴火から、1852年の『ポンペイ夜話』まで時空を超えて駆け回ってきました。
 時空を駆け抜けるって、ヤッホー君、もしかして、もしかして、と気になったことがあるんです。

小林幸子で「もしかして」(1984):
https://www.youtube.com/watch?v=B6H5y5rLTag
https://www.youtube.com/watch?v=8Wd-LLgvvpg

 ここでゴーチェの生活史を振返ってみると、彼は1848年の革命から1850年台の最初の数年間に大きな社会変動の荒波をかぶっただけでなく多くの愛する人びとを失っている。知名文化人としての安定した優雅な生活は二月革命と共に崩れ去った。動乱の最中に最愛の母を失う。永遠の恋人カルロッタ・グリジは1849年舞台を去る。1850年イタリア旅行中、バルザックの訃報に荘然とする。1852年の政変。言論統制の強化。ロマン派の父、崇拝するユゴーは亡命。1854年夏には父ピエールも死に、ふたりの妹の面倒が彼の肩にかかってくる。翌年が明けるとすぐ親友ジェラールの悲惨な死。続いて《エルナニ合戦》の時あんなに美しいブロンドの娘だったデルフィーヌ・ゲー、彼をいつもはげましなぐさめた才色兼備の友であったジラルダン夫人の死。そして彼自身の身分もすっかり変った。住みなれた「ラ・プレス」と手を切って、大勢の扶養家族のためにも厳しい生活の現実的手段として、政府の新聞 「ル・モニトゥール・ユニヴェルセル」おかかえのジャーナリストとなる。翌1856年には長年交際もし、敬愛していたハイネが苦しく長い闘病生活を終えた。これらの一連の悲しい出来事からうけた彼の物的・精神的痛手は大きかったと想像される。

 これが彼の人生観を変えたなどと、たとえそうでもふしぎはないが、私は言いたいのではなく、この辺で彼の文壇史上のページが確かにめくられたこと、人生の章が改まったことを、だれよりも彼自身が身をもって痛感したであろうことを確認したいのである。

 ドワイエンネの呑気な芸術家のポエームはもう遠い過去の夢であった。だが1852年には 「ラ・ルヴュ・ド・パリ」、1856年には 「ラルチスト」に加わり、芸術への情熱と忠誠は失わない。

 この頃からゴーチェの周辺にはボー ドレール、フローベール、ゴンクール、バンヴィルなどがしばしば親しく現れる。彼らの立場は、深いペシシズムを基調とする芸術至上主義、台頭するブルジョア社会への憎悪、俗物どもの称揚する文明と進歩の観念に対する心底からの軽蔑、感傷的なモラルや政治・社会主義思想を説くような文学に対する反感、といった点で共通している。先輩格のゴーチェは皆の尊敬を集めていた。

 ボードレールはゴーチェに対して「ヨーロッパ精神の持主には理解しがたい東洋的な、ほとんどエグロが白人に抱くような」感嘆の気持をもっていたと, バルベ・ドールヴィイは書いた。
 フローベールが彼をいかに敬愛していたかを知るには、《テオ》が死んだ時彼がG・サンド、マチルド公爵夫人、E-フェドーなどに宛てた手紙を読むだけでも十分であろう。しかし彼らはネルヴァルのような真実の竹馬の友ではなかった。死の約半年前にフローベール家で夕食をしながら彼は

「私はもうこの時代の人間 contemporain ではないような気がする・・・私はもう生きていないような気分だ」と告白したとゴンクールが証言しているが、彼はもっと前から30年のロマン派の生残った老兵の気持で, 余分の生を他人ごとのように生きていたのかもしれない。


1971.6.6井村実名子(1935年生まれ、東京女子大学名誉教授、ゴーチエ「モーパン嬢」(Mademoiselle de Maupin 1835)岩波文庫、訳者
テオフィル・ ゴーチェについて(2)
http://opac.library.twcu.ac.jp/opac/repository/1/4204/KJ00004443883.pdf

 そして、

 ボードレールのハシシ論を読む。
 文献は Baudelaire, Charles, On Wine and Hashish, forword by Maraget Drabble, trans. by Andrew Brown (London: Hesperus Press, 2002).

 エスキロール門下の精神科医の一人、モロー・ド・トゥールはハシシを精神病の治療に用いることを思いついて、1845年に今では古典となった書物を出版した。その過程でハシシの精神作用を経験した彼は、ハシシの効果を体験してみたいパリの人々を集めて「ハシシ・クラブ」をはじめる。彼の監督のもとでハシシを吸った人びとには、テオフィール・ゴーティエもいて、ゴーティエのハシシの記述は有名だという。その人びとの中にボードレールもいて、ボードレールがハシシの作用について書いた二編の評論を英訳したのが本書である。

 ボードレールはハシシを試したが、クラブでは参加者というよりむしろ観察者だったという。そのせいか、ハシシがもたらす精神作用についてのボードレールの記述には臨場感が欠けていて、つきはなした書き方をしている。またワインとハシシを較べて、どちらも人間の詩人的な性格を高めるものだが、ワインの方がはるかに優れているという。ワインは労働の友であり、人を社交的にするのに対し、ハシシは人間の意志を破壊し、だれた気分にさせ、孤独な悦びしか与えない。少し行間を読むと、ハシシに対するボードレールの軽い失望感のようなことも伺える。

 ボードレールが自ら経験していたハシシの精神作用を、他の作家たちのように極彩色の言葉で表現しなかった理由が面白かった。それは「ダンディー」がすることではないからだそうである。


2006/12/2(土)午前7:58更新、身体・病気・医療の社会史の研究者による研究日誌
ダンディズムとハシシ
http://blogs.yahoo.co.jp/akihito_suzuki2000/42555764.html
 
 モローとゴーチエ、そして芸術至上主義の人びと……

In the mid-19th century, French writers including Baudelaire and Dumas met regularly to use cannabis. In this extract from his new book, Jonathon Green describes the Club des Hachichins

In 1798 Napoleon invaded Egypt, the first step on his campaign to establish a French kingdom there and, in time, to drive on to India. He was expelled in 1801.

Before then, however, his troops had made a new discovery - hashish - possession and consumption of which was soon banned. But the ban had no real effect, and when the troops came home, they brought cannabis with them. The upshot was its gradual popularisation in Europe, particularly in France.

Regular imports of hashish, the dried leaf form of cannabis, followed and it could soon be bought at any pharmacy. It was not suprising that the medical establishment, particularly Dr Jacques-Joseph Moreau (1804-84), began to take an interest in its properties. In 1840, Moreau swallowed some cannabis, with the intention of reporting on its intoxicating effects. He experienced a mixture of euphoria, hallucination and incoherence, and an extremely rapid flow of ideas. He realised that experimenting on oneself with a drug whose nature was to distort sensations and impressions was not enough. He needed guinea pigs.

In 1844 Moreau met the French philosopher, writer and journalist Théophile Gautier (1811-1872), a man at the heart of Romanticism - the current intellectual movement - and whose manifestos were among its primary underpinnings, epitomised by the slogan "art for art's sake". Gautier was impressed by Moreau's theories, especially perhaps his description of cannabis as "an intellectual intoxication", preferable to the "ignoble heavy drunkenness" of alcohol.

Gautier brought with him a number of leading Parisian littérateurs: Alexandre Dumas, Gérard de Nerval, Victor Hugo, Honoré de Balzac, Charles Baudelaire, Eugène Delacroix and many others. The group, calling themselves the Club des Hachichins (Hashish Club), would gather regularly between 1844 and 1849 at the suitably gothic Pimodan House, also known as the Hôtel Lauzun.

Here, ritualistically garbed in Arab clothing, they drank strong coffee, liberally laced with hashish, which Moreau called dawamesk, in the Arabic manner. It looked, reported the members, like a greenish preserve, its ingredients a mixture of hashish, cinnamon, cloves, nutmeg, pistachio, sugar, orange juice, butter and cantharides. Some of them would write of their "stoned" experiences, although not all. Balzac attended the club but preferred not to indulge, though some time in 1845 the great man cracked and ate some. He told fellow members he had heard celestial voices and seen visions of divine paintings.

It is Gautier, a journalist rather than a poet, who is the best informant. In his essay "Le Club des Hachichins", published in the Revue des Deux Mondes in 1846, he conveyed exactly the sort of melodramatic atmosphere such a drug, and such a place, was supposed to have. It begins: "One December evening... I arrived in a remote quarter in the middle of Paris, a kind of solitary oasis which the river encircles in its arms on both sides as though to defend it against the encroachments of civilisation. It was in an old house on the Ile St Louis, the Pimodan hotel built by Lauzun, where the strange club which I had recently joined held its monthly séance. I was attending for the first time."

After a description of the hotel's interior, Gautier arrives in a room where "several human shapes were stirring about a table, and as soon as the light reached me and I was recognised, a vigorous shout shook the sonorous depths of the ancient edifice. 'It's he! It's he!' cried some voices together; 'let's give him his due!' "

His "due", of course, was his potion of dawamesk. "The doctor stood by a buffet on which lay a platter filled with small Japanese saucers. He spooned a morsel of paste or greenish jam about as large as a thumb from a crystal vase, and placed it next to the silver spoon on each saucer. The doctor's face radiated enthusiasm; his eyes glittered, his purple cheeks were aglow, the veins in his temples stood out strongly, and he breathed heavily through dilated nostrils. 'This will be deducted from your share in Paradise,' he said as he handed me my portion..."

There follows a banquet. By the time the meal ends, the hashish is beginning to take effect. His neighbours begin to appear "somewhat strange. Their pupils became big as a screech owl's; their noses stretched into elongated probosces; their mouths expanded like bell bottoms. Faces were shaded in supernatural light".

Meanwhile "a deadening warmth pervaded my limbs, and dementia, like a wave which breaks foaming on to a rock, then withdraws to break again, invaded and left my brain, finally enveloping it altogether. That strange visitor, hallucination, had come to dwell within me."

It was inevitable that Charles Baudelaire (1821-1867), author of the 1857 collection of poetry Les Fleurs du Mal, joined the club. He had a reputation for debauchery and a taste for the exotic, which would surely have predisposed him to a new drug, but the truth was that he rarely, if indeed ever, indulged. He wrote on hashish with great acuity, but it was from his studious note-taking, rather than any in-depth personal experience.

Gautier, writing an essay on the poet, noted that, "It is possible and even probable that Baudelaire did try hascheesh once or twice by way of physiological experiment, but he never made continuous use of it. Besides, he felt much repugnance for that sort of happiness, bought at the chemist's and taken away in the vest-pocket, and he compared the ecstasy it induces to that of a maniac for whom painted canvas and rough drop-scenes take the place of real furniture and gardens balmy with the scent of genuine flowers. He came but seldom, and merely as an observer, to the meetings in Pimodan House [Hôtel Lauzun], where our club met..." As Baudelaire put it, "wine makes men happy and sociable; hashish isolates them. Wine exalts the will; hashish annihilates it."

Baudelaire's best piece on hashish was published in 1860 and entitled "Les Paradis Artificiels" (Artificial Paradises) - a comparison of hashish and wine "as means of expanding individuality". For him, "among the drugs most efficient in creating what I call the artificial ideal, leaving on one side liquors, which rapidly excite gross frenzy and lay flat all spiritual force, and the perfumes, whose excessive use, while rendering more subtle man's imagination, wear out gradually his physical forces; the two most energetic substances, the most convenient and the most handy, are hashish and opium".

A century and a half later, Baudelaire's note-taking again rings true: "At first, a certain absurd, irresistible hilarity overcomes you. The most ordinary words, the simplest ideas assume a new and bizarre aspect. This mirth is intolerable to you; but it is useless to resist. The demon has invaded you...

"It sometimes happens that people completely unsuited for word-play will improvise an endless string of puns and wholly improbable idea relationships fit to outdo the ablest masters of this preposterous craft. But after a few minutes, the relation between ideas becomes so vague, and the thread of your thoughts grows so tenuous, that only your cohorts... can understand you.

"Next your senses become extraordinarily keen and acute. Your sight is infinite. Your ear can discern the slightest perceptible sound, even through the shrillest of noises. The slightest ambiguities, the most inexplicable transpositions of ideas take place. In sounds there is colour; in colours there is a music... You are sitting and smoking; you believe that you are sitting in your pipe, and that your pipe is smoking you; you are exhaling yourself in bluish clouds. This fantasy goes on for an eternity. A lucid interval, and a great expenditure of effort, permit you to look at the clock. The eternity turns out to have been only a minute.

"The third phase... is something beyond description. It is what the Orientals call 'kef' it is complete happiness. There is nothing whirling and tumultuous about it. It is a calm and placid beatitude. Every philosophical problem is resolved. Every difficult question that presents a point of contention for theologians, and brings despair to thoughtful men, becomes clear and transparent. Every contradiction is reconciled. Man has surpassed the gods".

Unlike Gautier, Baudelaire believed that the hashish taker was likely to suffer psychological problems. "Les Paradis Artificiels" concludes with a section entitled "Morale" in which Baudelaire says that while hashish certainly enhances the imagination and thus creativity, it is highly dangerous to subordinate all such processes to the drug. For the creative artist to believe that they can create only when "high" is a disaster. In the end, cannabis destroyed your personality and that was unacceptable.

The Club des Hachichins had broken up by the middle of the 19th century but in strictly scientific terms it had done its work. In 1846 its instigator, Dr Moreau, published his major work on cannabis: the 439-page book De Hachish et de l'Alienation Mentale - Études Psychologiques (Hashish and Mental Illness - Psychological Studies).

The Guardian, Saturday 12 October 2002 01.33 BST
Spoonfuls of paradise ;
In the mid-19th century, French writers including Baudelaire and Dumas met regularly to use cannabis. In this extract from his new book, Jonathon Green describes the Club des Hachichins
This is an edited extract from Cannabis by Jonathon Green, published by Pavilion, price £20
http://www.theguardian.com/books/2002/oct/12/featuresreviews.guardianreview34


posted by fom_club at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

ポンペイ夜話

 紀元79年の大噴火……、
 このころの日本は「紀元57年、倭奴国王、後漢に遣使、光武帝の印綬を受く」で、
 ヨーロッパでは「紀元64年、皇帝ネロ、キリスト教徒を迫害」なんてでてきます。
 この大噴火は、その後の人類にどんな表現を残したのかが知りたいところですよね。

『ポンペイ夜話』Arria Marcella ou Souvenir de Pompèi, 1852年
(ゴーチェ Pierre Jules Théophile Gautier, 1811-1872)

 19世紀半ば、ポンペイの遺跡を訪れた青年オクタヴィアンは、夜眠れぬまま宿を出て街を歩く。
 そこは紀元79年、ヴェスヴィオ山噴火直前のポンペイであり、彼は美女アッリアと出会い、抱き合う。
 しかしキリスト教徒である彼女の父ディオメデスが現れ、アッリアの真の姿を示すべく、除魔の呪文を唱える。
 アッリアの身体はくずれ落ち、灰と骨片に化す。

 アッリアはこんなふうにオクタヴィアンにせつせつと自分の気持ちを打ち明けます:

 ああ!
 あなたは、あのストゥーディの博物館(注1)で、あたしの身体の形を保存している固い泥の塊の前にお立ちになって、あのように熱いお心持ちをお向けくださいましたわね。
 あたしの魂は、人びとの眼にこそ見えませんが、いまだにこの世をさまよっておりますので、そのお心持ちをすぐに感じましたの。
 信仰は神をつくり、愛は女をつくります。
 誰からも愛されなくなったとき、はじめて人はほんとに死ぬのです。
 あなたの激しいご愛情はあたしに命をとりもどさせました。
 あたしの魂を呼びかえそうとなさった、力づよいあなたのお祈りは、あたしどもをへだてている何千年の距離をなくしました。


 これにオクタヴィアンはこう返します:

 ぼくはありふれた女が嫌いでしてね。
 どうにもならない空想に駆られて、世紀の奥に輝く女性を運命の星のように恋い慕ってまいりました。
 それで、自分には時間と空間とを超越した恋愛しかできないと、つねづね考えておりました。
 ぼくが待っていたのはあなたです。
 人間の好奇心から保存されたあの脆い記念物は、神秘な磁力によって、ぼくをあなたの魂へ結びつけてくれました。
 ぼくには、あなたが夢が現実か、幻か女か、自分がイクシオンのように欺かれた胸へ雲を抱きしめているのか(注2)、あやしい妖術のまやかしにもてあそばれているのか、全然分かりません。
 しかし、ぼくによく分かっているのは、あなたがぼくの最初にして最後の愛人であろうということです。


『死霊の恋、ポンペイ夜話、他三篇』(田辺貞之助(注3)訳、岩波文庫)104-106頁

(注1)現在の国立考古学博物館。

 「スパッカ・ナポリ」と呼ばれるナポリ旧市街地にほど近い国立考古学博物館には、イタリア屈指の古代美術コレクションが収められている。現在博物館に所蔵される古代作品は、主に2つのコレクションを母体としている。ひとつは、16世紀にファルネーゼ家が収集した、ローマで発見された古代彫刻群。もうひとつは、18世紀以降に発掘された、ポンペイをはじめとするナポリ近郊の古代遺跡からの品々だ。
 これらが博物館に収蔵されることになった経緯は、1735年にナポリ国王に即位したカルロが始めた計画と関係が深い。カルロ王の母はファルネーゼ家の最後の子孫エリザベッタ、父はブルボン家出身のスペイン王フェリペ5世だった。彼は、母方の一族から継承した莫大な美術コレクションを、自身が治めるナポリへ移送し始めたのである。

CREA Traveller 2012年秋号
http://crea.bunshun.jp/articles/-/2142

 なお、ナポリ湾を望むナポリ市と桜島を望む鹿児島市とは、風景がとても似ていることから、鹿児島市は古くから「東洋のナポリ」と呼ばれていました。1955年頃から両市民の間で交流が始められ、姉妹都市盟約の気運が高まり、1960年姉妹都市盟約が結ばれました。
 ナポリ市は、ローマ市、ミラノ市に続くイタリア第三の都市で、ベスビオ火山を望むナポリ湾を有するなど、風光明媚な景観を有するイタリアを代表とする都市です。旧市街地が世界遺産に登録されているほか、近郊にはポンペイの遺跡やエルコラーノの遺跡が点在しているなど、豊かな歴史資源を有しています。
 また、温暖な気候のため、世界中からヴァカンスを過ごしに観光客が訪れるなど、観光のメッカとしても親しまれています。

鹿児島市公式サイト
http://www.city.kagoshima.lg.jp/soumu/shichoshitu/kokusai/shise/kokusaikoryu/kyodai/naples.html
 
 さらに、鹿児島大学理学部地学教室応用地質学講座のホームページ「かだいおうち」:
http://eniac.sci.kagoshima-u.ac.jp/~oyo/advanced/sister/sister.html

(注2)2009年、国立西洋美術館で日本初公開された作品が《ユノに欺かれるイクシオン》。

 テッサリアの王イクシオンは、ゼウス神への恩も忘れ、ゼウスの妻ユノ(ヘラ)を誘惑する。腹を立てたゼウスは策略を考え雲でユノの偽物を作り、そうとは知らないイクシオンは思いを果たす、というギリシア神話を題材にした作品 Ixion,roi des Lapithes,trompe par Junon qu'il voulait seduire (Vers 1615)。
この後ゼウスがイクシオンを罰する場面はよく画題として取り上げられるけれど、ルーベンス Peter Paul Rubens はイクシオンがユノ(の偽物)を口説く官能的な場面を表現した。クジャクはユノの象徴。

http://www.myu-france.com/louvre%20RENS/jyou_Peter%20Paul%20Rubens.html

(注3)田辺貞之助(1905-1984)は江東区生まれのフランス文学者。

 江東地区を縦横にはしっていた江戸時代の運河も、いまは大方うめられて、残っているものはあまり多くない。そのひとつに、江東区を西から東へ一直線に断ちきって、隅田川と荒川放水路とをつなぐ小名木川というのがある。この小名木川を、西から三分の二ほどのところで、十間川という別の運河が直角に切っているが、以前はそこが東京市の境で、十間川の東は南葛飾郡だった。
 砂村は北を小名木川で、西を十間川で仕切られ、東は中川まで、南は東京湾におよぶ、かなりひろい農村だった。この農村は十数の新田にわかれ、むかしは葛西三郎の領地、すなわち葛西領の一部であった。
 ぼくがこの本のなかでしきりに故郷の名をもって呼ぶのは、この村である。砂村は大正年代に町制をしかれて砂町となり、いまは江東区に属し、北砂町、南砂町にわかれる。ぼくが生れ、この本で語られているのは、主として北砂町五丁目、むかしの亀高新田である。

……自伝的随筆集『女木川界隈』まえがきより
http://vergil.hateblo.jp/entry/2015/03/28/080938



posted by fom_club at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

ポンペイ、ピンク・フロイド

 今日もポンペイ! 明日もポンペイかな……だってぇ〜

David Gilmour will return to Pompeii's Roman Amphitheatre to play two concerts there, on the 7th and 8th of July 2016, the first artist to perform a rock concert in the venue with an audience. Pink Floyd were the first to play the historic venue in October 1971, filming 'Pink Floyd: Live at Pompeii' over four days in the empty arena, and until now, no other rock concert has been staged there.

18 March 2016
DAVID GILMOUR PLAYS POMPEII
http://www.pinkfloyd.com/news/index.php

 どれどれ(._.)
PINK FLOYD Echoes Part 1 Live at Pompei
https://www.youtube.com/watch?v=bnC7TdkRnP4

Echoes - Part II - Pink Floyd
https://www.youtube.com/watch?v=VRPZIhEcfcM

 英国紙ガーディアン報道では:

Former Pink Floyd guitarist David Gilmour will perform in the preserved ancient Roman town of Pompeii this summer, Italy’s culture minister has announced.

The psychedelic British rock band that propelled Gilmour to fame made a film in 1971 at the site, which lay buried under ash for more than 1,600 years after nearby Vesuvius erupted in AD79.

“Agreement reached. After 45 years David Gilmour will play again at Pompeii on 7 and 8 July,” culture minister Dario Franceschini tweeted.

It is likely Gilmour will play at the site’s amphitheatre rather than the Large Theatre where the documentary Pink Floyd: Live at Pompeii was made, a spokesman for the town said.

The stone amphitheatre was built to hold gladiator fights more than a century before Rome’s Colosseum and can hold about 2,000 people.

Gilmour, 70, will have an audience this time, having played to an empty theatre over four days to film the documentary.

The concerts have not been listed on Gilmour’s official website. On 10 and 11 July he is due to play in a first-century Roman amphitheatre in Verona, northern Italy.
Elton John is also scheduled to perform at Pompeii in July.


The Guardian, Last modified on Thursday 17 March 2016 12.28 GMT
David Gilmour, Pink Floyd guitarist, to play in Pompeii ;
Forty-five years after the band made a documentary at site, the rock musician is to return for concerts at Roman amphitheatre
Reuters in Rome
http://www.theguardian.com/music/2016/mar/16/david-gilmour-pink-floyd-guitarist-to-play-in-pompeii

 ヤッホー君だけではありませんでした。ポンペイからピンク・フロイドに飛んだのは:

 今回12月になっての南イタリアの旅は、ナポリからこのポンペイ遺跡を訪れるところからスタートした。
 西暦79年のヴェスヴィオ山の大噴火によっての火砕流の直撃にあったポンペイは、繁栄した街も1500年も灰の下にあったわけだが、18世紀になってこのように発掘が開始され今や世界の観光客を集めている。。。

 私にとっては、この地に立って思うのは、歴史的なポンペイのローマ帝国時代の繁栄した街と火砕流により全滅したこの地のことは当然心に訴えてくるところであるが・・・それと同時に、なんとあのピンク・フロイドの「Live at Pompeii」が頭をよぎるのである。
。。。


2014年12月19日(金)更新、灰とダイアモンドと月の裏側の世界
ポンペイ遺跡にピンク・フロイドを想う
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/post-6a75.html

 この方、最初2006年にブログ発足させ投稿したとき記述には、こんなすごいことをお書きになっておられます:

 ロック・グループPink Floydを語るとき、結成当初のシド・バレット(今年2006死亡)は忘れられない存在であることは論を待たない。
 しかし、世界に彼らの存在を知らしめることになるのは、当初からのメンバーであるベーシストのロジャー・ウォーターズのコンセプト(その一つは「狂気The Dark Side of The Moon」=”月の裏側の世界”)、そしてブルージーなディヴィット・ギルモアのギター・サウンドが主役である。

 しかしウォーターズの存在したPink Floydの最後のアルバムとなるこの「the final cut」こそは、数多いロック界に残る名盤の中でも、一際灰の中に光る一粒のダイアモンドのごとく存在する。
 ”a requiem for the post war dream by roger waters”と記し、彼の父親(彼が生まれた直後に戦争に出征し、その戦いで死亡したためその後一度も会っていない)に捧げられたところに、彼のソロに近いアルバムであるとの評価は間違っていない。

 ロック・アルバムというものの考え方や評価、音楽論に於いても、グループ活動が長い年月を経ると、その中には次第に相違が生まれ、亀裂が生ずるのは多くのグループが経験することだ。
 ピンク・フロイドも例外ではない。そして分裂の危機感ある緊張の中で作られたのがこのアルバムである。
 そのようなものであるだけに、逆に中身は濃い。
 ウォーターズの主張は先鋭化して前面に出る、そうしたことに対立したギルモアであるが、彼の奏でるギターのサウンドは極めて哀しく美しい。

 このアルバムの最後の曲である”two suns in the sunset”に、ロジャーによって書かれた詩には、”灰とダイアモンド”という言葉が登場する。

ついに ボクは理解した 
後に残された少数者の気持ちを・・・
灰とダイアモンド
敵と友人
結局 僕らは皆おなじなのだ

(山本安見 訳) 
(注:最後の文章"結局 僕らは皆おなじなのだ"は、むしろ"最後の時を迎えたときは、僕らは全ておなじになってしまうのだ"と、むしろ訳す方が解りやすい)

と、ここにこのように「灰とダイアモンド」が・・・。

 この「Final Cut」の世界は、ウォーターズが英国の”フォークランド紛争”の悲惨な現実を見たときに、彼の問題意識による血が騒いだ結果であり、父親の戦死と交錯して、若い命を奪われていく無惨な世界に黙っていられなかった結果でもある。
 それはPink Floydとして長く繋がれてきた仲間とも袂を別にしてでも、このアルバムを通して訴えざるを得ないところに追い込まれたとみてよい。
 つまり彼の生涯の戦いのテーマでもある為に。
 そして一方、このアルバムの曲"southampton dock"に歌われる世界は、特に英国市民の善良な兵士の母親には涙をさそうことになった。
 このブログのプロローグでは、ここまでにとどめよう。
 しかし、この「灰とダイアモンド」のテーマはこれがスタートである。 


2006年12月24日(日)更新、灰とダイアモンドと月の裏側の世界
<序言>「灰とダイアモンドの世界」は・・・
http://osnogfloyd.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/index.html

posted by fom_club at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

ポンペイ

 えっ、なに、なに……。「プリニー式噴火」だって?
 今日もまた小山真人先生にお聞きしてみませんか?

プリニウスが見たヴェスヴィオ火山の紀元79年噴火
 紀元79年の大噴火については、それを間近で目撃したローマ帝国の小プリニウスが歴史家タキトゥスにあてた2通の書簡によって、その詳細を知ることができる。
 この書簡は噴火から25年後の104年になって書かれたものであるが、生々しい噴火の様相と推移がえがかれている。
 噴火当時、小プリニウスは18才頃の若者であり、ローマ帝国の軍港のあったミセヌムMisenum(現在のミセーノMiseno、ナポリの西16kmにあるナポリ湾口の町)に家族とともに住んでいた。
 79年8月24日午後1時ころ、小プリニウスはヴェスヴィオ山の方角にたちのぼる異常な形の雲を見た。
 ミセヌムからヴェスヴィオ山頂までは25kmほど離れており、間にはナポリ湾が横たわっている。

 彼の叔父(または伯父)の大プリニウスも、その時ミセヌムにいた。
 ローマ帝国海軍提督の任にあった大プリニウスは『博物誌』の著者として知られる学者でもあった。
 『博物誌』には当時知られていた活動的火山のリストまでが載せられていたから、大プリニウスが異常な形の雲に興味を示したのは不思議ではなかった。
 ちょうどそこへ、ヴェスヴィオ山麓に住む友人から救助を求める手紙が届いた。
 大プリニウスは軍船を一隻用意させると、部下とともにみずからそれに乗り込んだ.
 北西の風にのってナポリ湾を横断した大プリニウスとその部下たちは、やがてヴェスヴィオ山麓に展開されるすさまじい噴火の地獄絵を船上から眺めることになる。
 彼らはポンペイ港への上陸を果たせず、ナポリ湾の南東最奥にあるスタビアエStabiaeの町(ヴェスヴィオ火口から14km)に上陸する。
 北西風は、噴煙を火口の南東に位置するポンペイとスタビアエの方向へなびかせたため、2つの町にはおびただしい量の軽石が降りそそいでいた。
 強い北西風のために船での脱出ができなくなった大プリニウスたちは、そのままスタビアエにとどまることを余儀なくされた。
 噴火にともなう地震と降り積もった軽石の重みによって、次々に家屋が倒壊した。
 火口や噴出物を起源とする有毒ガスも町に充満した。
 そしてミセヌムを出航した2日後の夕方、疲れ果てた大プリニウスはついに息絶えることになった。
 死因は有毒ガスとも心臓マヒとも言われている。

 一方、地震と降灰はミセヌムにいた小プリニウスをも襲っていた。
 地震による建物の倒壊をおそれた小プリニウスは、8月25日の朝に彼の母とともに屋外へと避難し、降りそそぐ灰を振り払いつつ郊外の丘から噴火の一部始終を観察することになった。
 日はすでに昇っていたが、空をおおう巨大な噴煙のためにあたりは暗黒に閉ざされていた。
 彼の観察記録から、ヴェスヴィオ山体を駆け下って海上をつき進んだ火砕流や、ナポリ湾で生じた津波などの事件を読みとることができる。
 やがて噴火はピークを越え、ミセヌムに戻った小プリニウスは、生き残って帰還した大プリニウスの部下から叔父の死の知らせを聞いた。

 小プリニウスが書き残した79年噴火は、有史以来現在までの間にヴェスヴィオ火山で起きた最大かつもっとも激しい噴火であったことが地質学的調査によってわかっている。

 噴火から17年後の96年、ローマ帝国皇帝としてネルヴァが即位する。
 ローマ帝国の絶頂期である五賢帝時代のはじまりである。
 小プリニウスは、ネルヴァ帝の後を継いだトラヤヌス帝に法律家・政治家としてつかえ、その生涯を全うした。
 世界で初めてこのような破局的噴火の克明な様相を書き残した小プリニウスの名にちなんだプリニー式噴火(plinian eruption)の名前が、大規模な降下軽石をおこす噴火をあらわす火山学用語として使われている。


小山真人「ヨーロッパ火山紀行」(ちくま新書、1997年10月)より再編集
西暦79年にイタリアのヴェスヴィオ火山で起きたプリニー式噴火
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/Europe/vesuvio.html

 このミセヌムより東にあったヴェスヴィオ火山のふもとにあった街で、あっという間に滅んでしまった古代都市がポンペイでした!
 ヤッホー君は小学生のころ、たしか見たはずの映画(1959年)がこれ:
Last Days of Pompeii movie preview
https://www.youtube.com/watch?v=pDjnV6MvRGA

 最近も2014年、映画化されています。『ポンペイ』公式サイト:
http://pompeii.gaga.ne.jp/

 1997年には世界遺産の登録されたポンペイ、動画で様子をうかがい知ることができますが三っつほどご紹介:

骨が語る真実
https://www.youtube.com/watch?v=JrmCIa8nipY

Pompeii: The Last Day
https://www.youtube.com/watch?v=GkcczJeVnoA

The Real Pompeii - National Geographic、Full Documentary
https://www.youtube.com/watch?v=tmM2tCcsLEY

 いま、東京でも:

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)登録の世界遺産で世界最多の51件を誇るイタリア。
 東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中の「日伊国交樹立150周年記念 世界遺産 ポンペイの壁画展」(東京新聞など主催)にあわせ、ポンペイを中心に、世界遺産の「いま」を現地からリポートする。
 
 西暦79年の火山噴火で地中に沈んだ古代の町ポンペイ。
 現在では、往時の町並みそのままに保存され一歩足を踏み入れれば古代人の生活を体感できる。

 しかし、建造物の多くは上階が欠け、発掘が始まる1748年から日光と風雨にさらされ続けてきた。
 当然、建物の損壊も珍しくない。
 ここ5年だけでも30ヶ所以上で確認されている。

 2010年、ついに「非常事態宣言」が発せられた。
 遺跡内の「剣闘士たちの家」が豪雨のあと倒壊し、長年にわたって十分な補修が行われてこなかったことに海外からも批判の声が上がったのだ。
 当時の経済相が「文化では食えない」として、文化省予算が国家予算の0.2%以下に削減される中、専門家たちが招集され「ポンペイ救出大計画」が練られた。

 欧州連合(EU)の考古学遺跡救済欧州基金1億500万ユーロを基に、事業入札の公平を図るため警察司令官をトップに迎え、2012年から調査・修復作業開始。
 今春、これまで閉鎖中であった劇場・住居跡など何軒もが再公開にこぎつけた。

 今も発掘作業が続けられる遺跡内で、同時に何百という住居跡を保存していくには、3Dデータをも基礎にした恒常的な保全管理を行うモニターシステムの構築が急がれる。

*「世界遺産 ポンペイの壁画展」(東京新聞など主催)は7月3日まで、東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催中。問い合わせはハローダイヤル=(電)03(5777)8600。


2016年5月10日付け東京新聞(ローマ通信員・佐藤康夫)
http://www.tokyo-np.co.jp/pompei/160510.html


posted by fom_club at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

大室山、米塚

 えっなになに……。「大室山」と熊本地震で亀裂が走ってしまった阿蘇山の「米塚」だってぇ?
 群馬大学の早川由紀夫先生(注1)にお聞きしましょう:

 地表の変化を観察することによって、4月16日0125の地震が阿蘇カルデラ内を何年ぶりで揺らしたかを推し量ることができる。
 「米塚」スコリア丘にヒビがはいった。時事通信写真。「米塚」スコリア丘は1700年前の噴火できた。

2016/04/23(土)07:20:00更新、早川由紀夫の火山ブログ
阿蘇カルデラ内をひさしぶりに揺らした2016年4月16日熊本地震
http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-737.html

 スコリア丘ってな〜に?
 静岡大学の小山真人先生(注2)にお聞きしましょう:

 伊東市にある大室山・小室山の両火山は美しい円すい形をしており、山頂にはすり鉢状の火口をもち、しろうと目にも火山とわかるものです(写真1)。
 大室山や小室山のようなタイプの火山を、スコリア丘とよびます。
 スコリアとは、軽石をまっ黒にしたような穴だらけの噴石のことを呼び、スコリアがつもってできた山をスコリア丘と言います。
 スコリア丘は、伊豆大島の1986年噴火の時に三原山火口でみられたような、粘りけが小さくて流れやすい溶岩が噴水のように吹き上がる噴火によってできます。


伊東市史研究第1号
小山真人(静岡大学教育学部総合科学教室,伊東市史編集委員)
火山がつくった伊東の大地と自然、― 火山の恵みを生かす文化構築の提案 ―
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/Izu/ItoShishi/ShishiKen1.html

 ところでヤッホー君、ここで確認しておきたいことがあります。
 火山でも地震でも「予知」ってできるんでしょうか、という疑問なんです。
 そのあたりをお二人の先生からお聞きしましょう:

 火山の噴火予知はできない。
 浅間山17833年1490人も、御嶽山2014年63人も、きわめて稀な災害だった。
 どちらも、それ以外に聞いたことない事例だ。
 そういう稀な災害が火山では起こる。
 そういう稀な噴火こそが大被害をもたらす。
 つまり、火山の大災害は予知できないということだ。


 こう早川先生は2016年1月6日につぶやかれておりました。
 4月5日07:01:41、こんなことをおっしゃております:

 西之島(注3)で続いた2年間の噴火は、ストロンボリ式噴火としてとくに長くない。
 ふつう。
 出たマグマの量3億トンもふつう。
 4000年前の大室山(伊東市)噴火では4億トン出た。


 またでてきちゃいました、火山学の難しい用語。
 早川先生が29ヶ月前につぶやかれておりましたので、お聞きしましょう:

 富士山のプリニー式噴火とストロンボリ式噴火
・ プリニー式は、高さ20キロくらいの噴煙柱が数時間立ち昇って大量のマグマを一気に噴き出す噴火。
・ ストロンボリ式は、高さ数百メートルの噴煙が何ヵ月も継続する噴火。
・ 噴火口が5合目の上下のどちらに開いたかで、どちらになるかの見通しがつくと思う。
・ ストロンボリ式噴火が何か月も続くと、マグマのしぶきが火口の周りに降り積もってスコリア丘ができる。

 
 ですので、このような表現もすんなりアタマに入ってきますよね:

 米塚は,いまから1700年前に阿蘇カルデラ内で起こったストロンボリ式噴火でつくられたスコリア丘である。
 数週間〜数ヶ月かけてゆっくり成長したと思われる。


早川由紀夫フィールド火山学
ストロンボリ式噴火とスコリア丘
http://www.hayakawayukio.jp/kazan/field/0201.html

 火山の噴火って「予知」はできませんとおっしゃられ、いったん噴火したら、ストロンボリ式になるのかプリニー式になるのか、水蒸気爆発だけですむのか、人間の知見をはるかに超えた地球の営みです。
 われわれ人間はそうした自然といっしょにいのちをいとなんでいることを忘れたら、それは傲慢というものですよね。
 時間の流れだって、せいぜい人間のいのちは100年ちょっと、地球の時間の流れはもっと。
 小山先生は前掲書「伊東市史研究第1号」でこんなふうに噴火史をまとめられています:

5 伊豆東部火山群の噴火史
 伊豆東部火山群の噴火は、まず15万年ほど前に現在の天城高原の近くにある遠笠(とおがさ)山の噴火としてはじまり、13万年前には大仁町南部から伊東市北部にかけての丘陵地にならぶ高塚山、長者原(ちょうじゃがはら)、巣雲(すくも)山という三火山からなる火山列の噴火が起きました。
 高塚山は採石場の崖で、巣雲山は伊豆スカイラインぞいの崖で、それぞれの火山体の断面を観察することができます(写真5:巣雲山スコリア丘の内部構造がよく見える伊豆スカイラインぞいの崖)。

 10万年前ころになると、今度は伊東市の南部で大きな噴火があいついでおこり、一碧湖を中心とする北西―南東方向にならぶ火山列がつくられました。
 一碧湖やその南東にならぶ東大池は、激しい噴火によってつくられた火口湖です。
 かどの台の高台や、国道135号線が通る梅木平(うめのきだいら)という高台も、これらの火山によってつくられたものです。

 9万年前以降になると、伊豆半島東部のいたるところで火山噴火がおきるようになりました。
 河津町では、鉢ノ山(4万年前)や登り尾南(2万5千年前)が噴火し、河津七滝(かわづななだる)をつくる溶岩流が噴出しました。
 天城湯ヶ島町では、鉢窪山(はちくぼやま)と丸山(1万7千年前)が噴火し、そこから流れ出た溶岩流が狩野川に流れ込んで浄蓮(じょうれん)の滝がつくられました。
 中伊豆町では、地蔵堂という火山(2万2000年前)が噴火し、そこから流れ出た溶岩流が万城(ばんじょう)の滝をつくりました。

 1万4千年前には小室山が噴火し、5億5千万トンもの溶岩を流出しました。
 この厚い溶岩流のつくる台地の上に川奈ゴルフ場が建設されています。
 4千年前には大室山が噴火し、5億1千万トンの溶岩を流出しました。
 この溶岩流がつくる台地が、現在伊豆高原と呼ばれている場所です。
 この溶岩流は海に流れ込み、現在の城ヶ崎(じょうがさき)海岸をつくりました(写真6)。


伊東市史研究第1号
小山真人「火山がつくった伊東の大地と自然
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/Izu/ItoShishi/ShishiKen1.html

(注1)早川由紀夫先生に関してはヤッホー君のこのブログ、次の日付けの日記もお読みください:
☆ 2011年9月12日「湯釜」
☆ 2011年9月13日「早川由紀夫」
☆ 2011年9月15日「中学校学習指導要領」
☆ 2014年6月21日「貞観噴火」
☆ 2014年11月11日「活火山・赤城山」

(注2)小山真人先生に関してはヤッホー君のこのブログ、次の日付けの日記もお読みください:
☆ 2013年9月11日「ロードサイド・ジオロジー」
☆ 2014年6月21日「貞観噴火」
☆ 2016年4月22日「川内原発」

(注3)西之島に関しては次の動画をぜひごらんください:
西之島新島がヤバイ!最新の大きさが12倍にもなっている!
https://www.youtube.com/watch?v=atmiOryIFFc
2ヶ月ぶり噴火「西之島」最新映像 新たな浜も・・・(2015/10/16)
https://www.youtube.com/watch?v=Nk2b-EMf4FY



posted by fom_club at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

大室山580m

 昨日5月8日日曜日「母の日」は山歩クラブ11名とお孫さん1名でバスハイク。
 行き先は伊東市大室山580mの山頂遊歩道。
 この山は国天然記念物ですので徒歩で登山はできません。
 リフトを使って登るのです。
 ヤッホー君、こんなメールを打っておりましたぁ〜

 今回、山を歩いて登ることをしません。
 この間の4月20日に月島から佃公園、リバーサイドで明治丸、それから門前仲町の創業100年の御菓子司「岡満津」で「辰巳八景最中」買って帰ったあの一万歩ほどにも歩きません。
 はるちゃんは広島への単身赴任時代、二日酔いを汗で流して帳消しにしようと、宮島に船で渡って弥山535mへ山登りしたという山歩きの経験者でした!
 今回のきみの山デビューはそれより、頂上からの太平洋、房総半島、伊豆半島、そして富士山という日本の最高の眺望を自分で獲得することにあります。
 そしてフィリピンから渡ってきて日本列島にぶつかって出来上がった伊豆半島とその衝撃で火を噴いた富士山など自然の悠久の時の流れに己が身を一時、委ねてみること、ですね。
 だってこれまではせいぜい3ヶ年計画とか5ヶ年計画とかで机にしがみついて、日々の課題に取り組んできたわけですから。
 でも毎日、30分のウオーキングをはじめ、続けているということは偉い!
 
 そうなんです、めでたく定年退職となり年金生活者となった友へのお誘いだったのです。
 さらには山歩クラブの仲間向け、GWをどう過ごされているか近況お問合せかたがた、お誘いもこんふうに:

 ヤッホー! GWをいかがお過ごしでしょうか。本日「かわらばん」5月号の発送依頼をしてきましたのでご査収ください。
 5月8日はひさびさのバスハイクです。
 熊本地震で亀裂が走ってしまった阿蘇山の「米塚」と並んで、山全体が天然記念物という伊豆へのお山歩会です。
 熊本との連帯と鎮魂の意を表してきます。どうぞお誘いあわせの上、ご出席ください。

 どんな一日だったかって言いますと、写真をご覧ください。
 上から、大室山頂にあるお地蔵さん群像の前、案内板の前、そして下山後立ち寄った東海館のお部屋のお富士さん。
 どうしてのお部屋のお富士さんなの?って……
 だってぇ、昨日は霞がたなびいていてお富士さん、宙に浮いていたんだもん、ま、それはそれでとっても幻想的なお富士さんとの出会いでしたけど。

 大室山.JPG

大室山山頂.JPG

東海館.JPG

 そしたら、仲間からメールが入っておりました:

 今日5月8日は、二人で笹子駅から鶴ヶ鳥屋山(つるがとやさん)1374mに登って来ました。
 ミツバツツジが今を盛りと咲いてとても綺麗でした。
 ところで近々、扇山の後ろの権現山1312mに行こうと思っていますがいかがでしょうか?

DSC_0171 (1).JPG


posted by fom_club at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

恩賜林

 昨日、山歩クラブの三人、JR鳥沢駅から歩き出し、梨の木平まで来ました。
 ヤツホー君の細い目がさらに小さくなって目が点になりました、びっくりぃ!

恩賜林.JPG

恩賜林の由来
 山梨県の森林面積は348,000ヘクタール余で県全体面積の78%を占めている。
 このうち、県有林(恩賜林)の面積は156,000ヘクタール余(森林面積の45%)を占め、都道府県有林としては北海道に次ぐ広大な森林面積を有しています。
 この県有林は、1911(明治44)年3月11日、明治天皇が累年水害を被り民力が非常に衰えて救い難いまでになった、その窮状をおききになられて御下賜されたものであり、これが通常恩賜林と呼ばれ、他県に例をみない県民の貴重な財産となっています。
大月地区恩賜県有財産保護団体連合会

 
 方向音痴のヤッホー君、恩賜公園だったら知ってるんだって。
 上野に井之頭に箱根、有栖川宮とか、何よりも下町にだってあります、「猿江恩賜公園」じゃ〜ん!
 しかし、恩賜林、おんしりんとは知らん!

山崩え水は逆巻きて
うまし田畑を押し流し
うつろひかはる国原や
茂る民草色あせぬ

御恵み深き大君は
御心いたくなやまされ
御料の林いとさわに
下し給ひし畏こさよ
  
青垣山の色深き
甲斐のおす国ゆるぎなく
栄ゆる御代の千代八千代
君の御恵み仰ぐかな

恩賜林記念日の歌

作詞・堀田静 作曲・弘田龍太郎

http://yamanashinouta.com/onsirinkinenbinouta.html

7、山林荒廃の今昔
 山林制度も厳重で無かったし、山の所有者も山を改良するの考えが無かった、人民は又お互に農産物を取締る程に、山林の方は取締らず、枯枝落葉などの副産物は、他人の領分を犯しても平気で居た、果は薪位は何でも有るまいと、盛に盗伐をする様になり、放火なども盛に行われて来た、山に火を入れると好い草が生えるとの迷信も手伝って、無願開拓者も続出すれば、一村挙って盗伐に従事して、夫れで生活して居る村も沢山ある、斯うして山林が荒廃するに連れ、大雨降れば土砂流出して、瞬く間に大洪水の氾濫を見るに至ると云う訳、治山水治と云う事は、成る程甲州一国の急務である
 一方では愛林思想の普及を計り、林業講話を六十ケ所で開いたり、復旧工事や増林に補助金を与えると共に、他方では盗伐放火を取締る必要ありとて、明治43年に林野警察を新設し、目下70名の巡査で警戒して居るが、夫れでも去年の上半期には105町歩の火災がある、山林に関する犯罪人も、580人を検挙したとか、全村盗伐で食ってる所は、曰く中巨摩の蘆安、東八代の木屑など
 水害の因をなす山林の状態は、斯うして昔の荒廃から、今の復活に進んで来たが、砂防工事や耕地整理や、甲州の山水を全く安穏の世界に置くは、此の後幾歳月を要する事か、思えば前途遠いかな

18、恩賜林の経営談
 東宮御滞峡中の一日少閑を得て、恩賜県有財産管理課に、課長三戸農学士と語る、談は山梨県に於ける恩賜林の経営にして、頗る艶気に乏しい事柄なれども、甲州一国の運命に至大の関係あり
 御料林の中より台帳面30万町歩を下賜されたは、明治44年3月11日の事なるが、台帳面と実際とは非常の相違あり、先ず15、6万町歩も見積もるが至当なるべし、山梨県は此の恩賜林を経営するために、恩賜県有財産管理課と云うを組織し、課長以下50名の事務員が、5ヶ年の継続事業として、15万円内外の予算で以て、特別経営の仕事に着手せしが、此の第一事業が頗る大に面倒なもの
 特別経営とは、存廃区分の調査、境界の査定、周囲の測量、施業案編製の4事業にして、先ず以て大体の上から此れ等の仕事を成就せねば、恩賜林経営の本舞台に入ること出来ぬなり、恩賜林の経営法にも二種あって、一は多大の費用をかけて、禿山に造林をする積極的の事業、一は現在の森林を利用して、多くの収入を得ようとする消極的の事業なるが、何れにせよ先ず恩賜林中の存廃を区分し、其周囲を測量し其境界を査定して置かねば、将来何うして施業するかが極らぬ訳なり、治水の要は治山にあること勿論なれば、水に苦しむ山梨県に於ては、特に山林経営のことを馬鹿にされず
。。。
 今度下賜された15、6万町歩の恩賜林は、主として小物材を納税した歴史ある方の山林なり、此の入会の慣行ある山林は、人民が大手を振って自由に伐採した結果、山に樹木無くなりて禿げ山となり、雨が降れば濁水滝津瀬をなして流下し、度々の水害を醸せし大原因となりたる訳なり、夫れに山の土質が火山系にして、火成岩が多くて水成岩少く、風化し易い岩質が多い故、早く粉末になって灰となって飛び、彼れや此れやの原因で、山梨県の山に樹木が無くなったこと、真に痛嘆すべし
 15万円を費って5年を経過せば、いよいよ本経営となる訳なるが、杉や桧などを殖樹すれば、12,3年にして4寸角位の材木を得ること何でも無し、伐採して売る方では富士の裾野に2万3千町歩の大森林あり、10分の7はしらべ、とうひ桧、樅、栂など豊富にして、5年位の年期を定めて公売し、受負者に伐採させても、利益あるは疑うまでもなし、此の他良木の繁茂せるは、北都留郡七保村、東山梨郡三富村、南都留郡東桂村、中巨摩郡蘆安村などにして、材木商が垂涎する所なり、これ等の山が恩賜林となったは、山梨県に無限の財産を与えられたと同じ訳にて、県民の喜びや頗る大なるべし
 此の後経営宜しきを得さえすれば、400万円の水害県債などは、恩賜林から出る材木で償却さるべく、山梨県の前途やそう悲観した訳のもので無し、唯美しい森林の所在村には、昔から盗伐の悪慣行あって、これが矯正容易の事ならず、警察の力で以て、一村悉くを検挙した事もあれど、其の位の事で20年30年の風習を打破すべくも非ず、これだけは全く閉口なりと、三戸課長の談
 単り恩賜林のみならず、山林経営と云う事は、山梨一県の死活に関する大事業なり、教育や衛生よりも、治山治水を急にせねばならぬとは、ああ甲州の山や川や、何処までも厄介千万と申す可し


1912(明治45).3.23-1912.5.2連載、東京朝日新聞(注)
甲州見聞記
(データ作成:2003.11 神戸大学附属図書館)
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/ContentViewServlet?METAID=00481957&TYPE=HTML_FILE&POS=1&LANG=JA

(注)
 「東京朝日新聞」は、現在の朝日新聞東京本社版の前身。
☆ 1907(明治40)年、夏目漱石40歳のとき3月で東京遅刻大学文科大学講師、第一高等学校英語食卓などの食を辞す。同年4月下旬、東京朝日新聞社に入社。
☆ 石川啄木は1909(明治42)年、校正係として東京朝日新聞社に入社。

 啄木は自己の職業に誇りを持っていた。
 しかも、啄木は新聞記者として同時代の進展に注目し論じている。。。
 新聞記者として社会を凝視するなかで、だれもが一個の生活者である、生活を立てることとこそ人生の第一義であるという観点が生まれてくる。
 この観点はすでに「卓上一枝」(1908年)で到達していた。
 朝日新聞社の校正係の他、歌壇の主任でもあった。しかし、啄木の精神的回心を進める機軸は校正係の仕事であろう。
 新聞全面を日ごとに精読する作業は、その作業を通じて日本の内外に生起する事柄を精緻に知らせる。
 晩年にも毎日7本の新聞を精読していた。
「朝に四種、夕方に郵便で来る三種の新聞だけは真面目に読んでゐる。毎日々々同じやうで変った記事や論説の間から、時々時代進転の隠微なる消息が針のやうに頭を刺す」と書いている。
 いかなる事件が啄木に「回心」を促したのであろうか。


2008.6.20、専修大学社会科学研究所月報
内田弘(1939年生まれ)啄木の秋風、秋瑾の秋風、石川啄木の回心と明治日本論
http://www.senshu-u.ac.jp/~off1009/PDF/smr540.pdf


posted by fom_club at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

扇山1138m

 GW後半、いかがお過ごしですか?
 かわらばん5月号でご案内した通り、今日5月6日はGW企画第2弾で中央線沿線の山、扇山1138m!
 参加者はヤッホー君のほかカッシーと杉さんの三人だけ。
 良い山歩きができましたね。
 中央線沿線の山、つまり富士山が見えるって山はホント、良いですねえ〜。
 登りは、JR鳥沢駅からひたすら我慢に我慢を重ね、辛抱、辛抱と自分に言い聞かせ、9時から11時半まで2時間半も、ひたすら黙々と登りばかり。
 でも足許には「イカリソウ」が。


いかりそう.JPG

 でもね、ちょうど良い頃合いに、二度ばかりお休み処がでてくるんだ。
 一度目は水飲み場、
 二度目は富士山展望台。
 そして広い山頂にでると富士山がど〜んとお出迎え。
 富士山と相対して弁当を広げます!

富士山.JPG

 富士山は単独峰であるため、湿気をふくんだ風が山に直接ぶつかり、高度を増すにつれて、いろいろな形をした雲があらわれます。
 富士山にかかる雲は古来より観天望気(かんてんぼうき)のよい指標となってきました。
 観天望気とは、雲や風など大気の状態を観測し、天気を予測することです。
 富士山の雲は非常に顕著な現象を示すため、麓の住民は富士山の雲を見て天気を予測してきたのです。
 富士山に発生する雲の中で代表的なものが笠雲つるし雲です。
 「富士山が笠をかぶれば近いうちに雨」
 「ひとつ笠は雨、二重笠は風雨」
など、麓には雲に関係することわざも多く残されています。
 実際、笠雲がかかったあとの天気は、24時間後までに雨となる確率を季節別にみると春秋が約70%、夏は約75%、冬も約70%と、統計からみてもかなり信頼性が高いと言えます。
 さらに、笠雲とつるし雲が同時に現れると雨の確率は約80〜85%もの的中率になると言われています。


国土交通省 中部地方整備局 富士砂防事務所
富士山の雲と天候の関係
http://www.cbr.mlit.go.jp/fujisabo/fuji_info/mamechisiki/b05/

 富士山にかかった雲は笠雲ではありません、「レンズ雲」というやつ。
 どうしてかっていうとこの雲は、富士山をかぶらずに、離れていたからです。
 「はなれ笠」っていうの?
 
 雲談義に、山座同定。
 頂上にあらわれた会社の元役員みたいなお方。
 あれは杓子山で手前が九鬼山!違う、こっちが九鬼山であっちが杓子山と、ヤッホー君の持って行った資料にホント、けちつけてくるんです。
 なんでも杓子定規で片付けて「はい、おしまい」みたいなお方。
 そういうお方とあんまりかかわりを持たない方がいいんだよって、あとで仲間から。
 
扇山山頂.JPG

 帰りは天気が良くないので無理せずピストンにしました。
 3時ころの電車でJR鳥沢駅を発って、清澄白河駅に着いたらやっぱり雨。
 でも銭湯で汗流し、水飲み場で汲んできた湧き水でいまウィスキーをいただいています。
 山はやっぱ り良いね、ヤッホー

posted by fom_club at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

汝、平和を欲すれば

Enfant de paix
https://www.youtube.com/watch?v=SiinCxpJxSU

A song of peace
https://www.youtube.com/watch?v=zgxgtk2PsHY

 2016年5月5日木曜日は「子どもの日」!
 子どもたちが元気に、健やかに育ちますように、
 決して武器をもって人殺しなんかしないように、
 国を超えて人びとと手を携えて遊べますように、
 平和な日本をこれからも創っていけますように。 
 珍しく社説を読んでいたヤッホー君、これだ:

 「在任中に成し遂げたい」と首相が憲法改正に意欲的です。国防軍創設など九条改憲案を自民党は掲げています。平和主義の未来が心配でなりません。

 ラテン語で表題が書かれた文章があります。訳せば「『汝(なんじ)、平和を欲すれば、戦争を準備せよ』と『汝、平和を欲すれば、平和を準備せよ』」です。1933年に書かれた論文で、筆者は東大法学部教授の横田喜三郎でした。

 「平和を欲すれば、戦争を準備せよ」という標語は昔、オーストリア・ハンガリー帝国の陸軍省の扉に書いてありました。

 強大な軍備を用意しておけば、他国は戦争を仕掛けてこないだろうから、平和を得られる。そんな論法です。横田は記します。

 <標語に従つて、各国はひたすら戦争の準備を行い、互(たがい)に強大な軍備を用意することに努力した。そこに猛烈な軍備競争が起(おこ)つた。その結果は世界大戦であつた>

 第一次世界大戦のことです。1914年にオーストリア・ハンガリー帝国の皇太子が暗殺されたのをきっかけに、戦争が始まり1918年まで続きました。「戦争を準備せよ」とした同帝国は崩壊しました。皮肉です。

 この後に「不戦条約」が1928年にパリで結ばれます。戦争を放棄し、紛争は平和的手段により解決しようという約束です。横田はこう記します。

 <『汝、平和を欲すれば、平和を準備せよ』
 世界戦争後に、不戦条約がパリで記名されようとしたとき、こう金ペンに書いて、フランスのアーヴルの市民はケロツグに贈つた。ケロツグはこの金ペンで不戦条約に記名した>

◆ 満州事変は自衛権か
 「ケロツグ」とは米国の国務長官だったケロッグで、フランス外相とともに条約を提唱しました。

 <アーヴル市民の金言が世界の指導原理となつた。平和を準備するために、各国は協力して、軍備を縮少(小)し、戦争を禁止し、紛争の平和的解決に努力した>

 横田の論文は東大法学部の学生向けの雑誌に寄せたものでしたが、中には「横田先生万才(歳)! 横田教授頑張れ!!」と書き込みをした人もいました。感激したのでしょう。1931年の満州事変を批判した学者としても横田は有名な存在でした。

 1896年に現在の愛知県江南市に生まれ、旧制八高から東大に進み、国際法学者となりました。名古屋新聞(中日新聞)の配達をした経験もあった人です。

 満州事変とは中国・奉天(現在の瀋陽)で鉄道爆破をきっかけに、関東軍が中国の東北部を占領した出来事です。横田は帝国大学新聞に「はたして軍部のいっさいの行動が自衛権として説明されるであろうか」と書きました。

 鉄道破壊が事実であったとしても、それから6時間のうちに北方400キロ、南方200キロもの都市を占領したことまで、自衛のためにやむをえない行為であったと言い得るか。鋭い疑問を呈したのです。

 さっそく右翼の新聞が「売国奴の帝大教授」として攻撃しました。ある会議で上海に行きましたが、「コウベハキケン」と電報を受け取り、帰りは長崎に寄りました。それから福岡、別府(大分)…。なかなか東京に戻れなかったそうです。

 その横田が東大法学部の大教室に再び立つと、満員の学生から割れるような拍手を浴びました。再び1933年の論文に戻ります。

 <歴史は繰り返すと言う。人は忘れ易(やす)い。(中略)満州事件を契機として、まず太平洋の舞台に戦争の準備が開始され、軍備の拡張と競争が展開しようとしている>

 戦争の歴史は繰り返す−。横田は懸念しています。満州国が生まれたのが1932年。犬養毅首相が暗殺された五・一五事件もありました。ドイツでヒトラーの独裁政治が始まるのは1933年です。この論文はきな臭い空気を吸って書かれていることがわかります。

◆ 非常時には金言を胸に
 横田は非常時の国民に向かって最後を締めくくります。平和を欲するならば、戦争を準備するのか、平和を準備するのか、「いずれを選ぶべきかを三思せよ」と…。三思とは深く考えるという意味です。歴史の教訓に立てば、答えは明らかでしょう。

 横田の論文については、樋口陽一東大名誉教授が著書で紹介しています。昨年には東大でのシンポジウムでも取り上げました。改憲が現実味を帯びているからでしょう。今もまた“非常時”です。軍備の拡張と競争になれば…。猜疑(さいぎ)と不安の世界になれば…。ケロッグのペンに書かれた金言を忘れてはなりません。


2016年5月3日付け東京新聞【社説】
憲法記念日に考える 汝、平和を欲すれば… (注)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016050302000121.html

(注)
 20歳だった私が先人から聞いたことを、今20歳の人たちに伝えます。
 立憲主義は、独裁権力の暴走を防ぐためにあります。
 利権に毒されない正義の心で行動すること、広く真実を探究することの大切さを知ってください。

 私が東京大学文科1類の2年生であった1988年の晩秋、東大法学部の教員・学生で構成される団体「緑会」は、東京・神田の学士会館において数年ぶりの大会を開催した。
 招へい講演者の顔ぶれは、芦部信喜教授(憲法)、鳩山邦夫議員(自民党)、柳谷謙介国際協力事業団会長、松本善明議員(共産党)、横田喜三郎教授(元最高裁長官・文化勲章受章者)、という華々しいものであった。
 中でも、国際法の名誉教授であった横田先生はすでに92歳で、学生に向けて、次のような心に残るお話をされた。
 以下の記録は、私が1988年当時に作成したメモを基に、東大の学生サークル「行政機構研究会」のOB・OG会である「さわらび会」の2001年の会報に寄稿したものと同文である。
 内容の不備は私の責めによる。。。


2015/07/13【安保法制反対 特別寄稿 Vol.1】
横田喜三郎先生の講演
「安全保障関連法案に反対する学者の会」呼びかけ人 京都大学大学院法学研究科教授(刑事法):高山佳奈子さん
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/252796

 えっ、昨日お聴きいただいたシャンソン歌手のシャルル・アズナブールはイマ92歳、
 国際法の名誉教授であった横田先生はすでに92歳で心に残るお話をされたそうです。
 もう少し長生きしようかなってヤッホー君、真の悟りには、未だ道遠しの感ありです。
 まっ、忙中閑ありです、遠い「道程」(みちのり、どうてい)ながら今日も俳諧の道。



posted by fom_club at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

マロニエの花咲くころ

 まずはシャルルアズナブール(1924年生まれ)で Zaz et Charles Aznavour ”J'aime Paris au mois de mai”
https://www.youtube.com/watch?v=doD9m2Kbfo0
 
 川中美幸で「マロニエの木陰」(松島詩子が1937(昭和12)年にリリース):
https://www.youtube.com/watch?v=87rRhYoNeR0

 その松島歌子(1905-1996)で「マロニエの並木道」
https://www.youtube.com/watch?v=HO1y8cckdPo

 パリのカルチエ ラタンでは1968年5月、学生たち若者が怒っていました:
Mai 68: La contestation
https://www.youtube.com/watch?v=BcDCsCGdOm4

 浅草橋では、5月4日「みどりの日」にヤッホー君。
 後ろ手に俳諧の道。
 ところどころ立ち止まっては天を仰いで深いため息。
 メ―ストームのあと、塵芥を強風がとりはらってくれた青い空に映えるマロニエの花。

マロニエ1.JPG

マロニエ2.JPG

 そうなんです、浅草橋では:

 2016(平成28)年5月14日(土)、15日(日)第9回「浅草橋紅白マロニエまつり」

 モノづくりのまち「浅草橋、柳橋、蔵前、鳥越」など浅草南部地域の活性化を図ろうと、マロニエまつり実行委員会が主催する「浅草橋紅白マロニエまつり」が今年も行われます。

 「マロニエまつり」の名称は、周辺の道路に植えられた、上に伸びていく花であるマロニエの並木、その紅白の花の見頃にあわせて行われるところからきています。
 にぎわいパレードが通る福井町通り、及び左衛門橋通りの周辺には紅と白のマロニエの花を楽しむことができます。


http://marronnier-matsuri.com/

 ヤッホー君、おじゃましたいな、と思いましたのは、いずみ・たく!

 「ヒューリック浅草橋ビル」3階で5月15日(日)15:50(予定)で開かれる「イッツフォーリーズ」(昭和を代表する作曲家故いずみたくが旗揚げした劇団)のイベントです。

 劇団イッツフォーリーズが4月11日、都内で劇団創立40年、いずみたくメモリアル25年となる記念公演の顔合わせを行った。
 記念公演は東京「あうるすぽっと」で6月10〜14日にミュージカル「A Midsummer Night’s Dream」、
 16日にコンサート「イッツフォーリーズの原点」、
 18〜19日にミュージカル「見上げてごらん夜の星を」が予定されている。

 同劇団は「日本にミュージカルを根付かせたい」という作曲家故いずみたくが旗揚げし、現代表の■屋由美は故いずみ氏の実の妹でもある。
 「たくさんの友人、協力者のおかげでここまでやってこれたこと、そして記念公演を迎えられることに感謝したい。今後につながる大事な公演だと思っているので、全員一丸となってすばらしい公演にしてほしい」と力強く語った。

 「見上げてごらん夜の星を」で主役を演じる大塚庸介は
 「杉並合唱団時代にいずみさんの歌に出会い、高校卒業時と同時に劇団に入った。10年間は劇団を頑張ろうと思ったその10年目に主役を任されたので、まさに運命的な出会いだったし、思い入れも強い作品です。今まで日本全国を回って来て、そういう意味では集大成にもなります。日本のオリジナルミュージカルの原点でもあるこの作品を1人でも多くの人に見てほしいです」と意気込みを語った。
(※■はつち、土の右上に点)


2016年4月12日2時9分更新、日刊スポーツ
イッツフォーリーズ、いずみたく氏記念公演顔合わせ
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1630293.html

 ではここで再度、動画で歌を聴きながらおやすみなさい。
 
いずみたく作曲「ぼくらの船出」
https://www.youtube.com/watch?v=an_8rdgGlXU

いずみたく作曲「見上げてごらん夜の星を」
https://www.youtube.com/watch?v=EJvQP7nUloI

いずみたく作曲「夜明けの唄」(坂本九、1964年)
https://www.youtube.com/watch?v=BbxeHulYn5o

いずみたく作曲「夜明けのうた」(岸洋子、1964年)
https://www.youtube.com/watch?v=hVURPgpZQps

いずみたく作曲「愛に生き平和にいきる」(作詞:岩谷時子、ピンキーとキラーズ、1971)

人は愛に生き 平和に生きる
一人の幸せは みんなの幸せ
※夢は大切に こころとこころが
 かたく結ばれた 地球に住もうよ

人は愛のため 平和を祈る
ひとりの悲しみは みんなの悲しみ
夢は大切に あなたとわたしの
こころかよいあう 地球をつくろう
※(くりかえし2回)
地球に住もうよ



posted by fom_club at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危機遺産リスト

 昨日5月3日の「東洋文庫」からの帰り道。
 駒込駅前で「国境なき医師団」の青年たちが募金活動をしておりました。
 昨年はアフガニスタンで、先月はシリアで、こんな人道的な施設も空爆を受けています。

 2015年10月3日午前2時10分、アフガニスタンのクンドゥーズ州で「国境なき医師団」(Médecins Sans Frontières,MSF)が運営している外傷センターが複数回にわたって爆撃され、少なくともMSFのスタッフ3名が亡くなった。また、30名以上の安否が不明だ。
。。。
 MSFの外傷センターは、アフガニスタン北東部で唯一、さまざまな外傷治療に対応できる施設だ。MSFの医療・人道援助は、中立・独立・公平の立場から、思想・信条・宗教・政治的立場などにかかわらず、患者の医療ニーズのみに基づいて行われる。


2015年10月03日掲載、活動ニュース
アフガニスタン:MSF外傷センターに爆撃、スタッフ3名が犠牲に

 シリア北部の主要都市アレッポで4月27日夜、地域の主要病院であるアルクッズ病院が空爆を受け、2人の医師を含む少なくとも14人が死亡した。病院は国境なき医師団(MSF)が支援していた。病院のスタッフによると、少なくとも1回の空爆が病院を直撃し、建物を破壊。病院近くの地域も他の空爆の被害にあっている。
。。。
 MSFは2012年よりアルクッズ病院に医薬品などの医療物資の援助を行い、強固な連携体制を築き上げてきた。シリアでの活動責任者を務めるムスキルダ・サンカダは「アルクッズ病院のスタッフは、想像を絶する状況の中で市民のために必死に働いてきたのです。彼らの献身がこの悲劇をさらに大きなものにしています」と語る。

 アルクッズ病院はベッド数34床。救急、産科、外来・入院病棟、ICU(集中治療室)と手術室を備え、8人の医師と28人の看護師が常勤する中核病院で、アレッポ市における小児医療の上位紹介病院として機能していた。

 MSFは北部シリアで6軒の病院を運営し、国内150軒の医療施設を支援している。支援先病院の多くは包囲された地域にある。シリア北部および南部にあるいくつかの病院は2016年に相次いで爆撃を受けた。そのうち7軒はMSFの支援する病院で、少なくとも16人の医療スタッフを含む42人が命を落としている。


2016年04月29日掲載、活動ニュース
シリア:アレッポでMSFの支援先病院に空爆――少なくとも14人が犠牲に
http://www.msf.or.jp/news/detail/pressrelease_3096.html

 なんの咎もない民間人や病人、幼児までまきこんでの、殺ったり殺られたりの悪循環の殺し合いゲームは果てしなく続いています。
 英国紙ガーディアンは、昨日更新のサイトでこんな風にリポートしています:

A maternity hospital in a government-controlled area of Aleppo has been badly damaged by rocket fire, killing at least three people, according to the state news agency. It was the sixth attack affecting a medical facility in nearly two weeks of fierce fighting that has left more than 250 people dead and the ancient city on the brink of a humanitarian catastrophe.

A shell struck the fuel tank of a military vehicle near al-Dabeet hospital, which exploded and badly damaged the building. Images of the hospital showed that many of its windows had been shattered by the blast, which was blamed by the government and the Syrian Observatory for Human Rights on rebel forces.

It was not possible to independently confirm the origin of the shell.

The Syrian government said at least 14 people had been killed and more injured in rebel attacks across the city. Activists reported two dead in rebel neighbourhoods.

The al-Dabeet attack came days after the government of Bashar al-Assad destroyed a hospital backed by the International Committee of the Red Cross and Médecins sans Frontières in an airstrike, killing the last remaining paediatrician in rebel-held east Aleppo.
...

The Guardian, Last modified on Tuesday 3 May 2016 22.00 BST
Aleppo hospital hit as city faces humanitarian catastrophe ;
Relentless indiscriminate bombardment by government forces and retaliatory shelling by rebels worsens crisis engulfing city
By Kareem Shaheen in Beirut
http://www.theguardian.com/world/2016/may/03/maternity-hospital-aleppo-deadly-blast-syria

 オマイマ・ホシャンさんがシリア内戦のために家族と逃げなければならなくなったのは、彼女が11歳の時だった。一家は2012年にシリアの首都ダマスカスを離れ、世界最大級のキャンプの一つ、ヨルダンのザータリ難民キャンプに避難した。
 キャンプに到着した時、ホシャンさんは、勉強を再開して新しい友人をつくることに関心があった。しかし教室で、彼女は困った問題に直面した。

 「6年生になった時、女の子たちが、12歳か13歳の幼い年齢で結婚する話を聞くようになりました。彼女たちは学校に来ては、別れの挨拶をしたものでした」

 15歳になったホシャンさんは4月、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)で語った。

 「彼女たちは大きな間違いを犯している、と思ったことを覚えています」

 親しい友人の一人だったバスマさん(既に名前は変わってしまったが)が、「14歳で結婚することになっている」と打ち明けた時、ホシャンさんの怒りは頂点に達し、ホシャンさんを行動に駆り立てた。

 「私たちはいつも一緒でした。彼女は私たちのクラスで、最も優秀な生徒の一人でした」とホシャンさんは振り返った。

 「彼女は結婚を望んでいませんでしたが、彼女の両親は、それが彼女にとって最善の選択肢だと思っていました」
。。。


2016年05月02日13時50分JST更新、ハフポスト
マララさんに勇気づけられたシリア難民の少女が、ヨルダンで始めたこと。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/04/30/meet-the-syrian-malala_n_9815042.html?utm_hp_ref=japan

 シリアやその北の古代都市アレッポには世界遺産があります(注)が、絶滅寸前。
 東洋文庫での昨日のベーレンス・アブーセイフ教授の講義を想い出しております。
 芸術の価値を読み解くのと同じほど、芸術の保存、修復、継承も価値のあること。
 ただいったい誰がそれを専門家として、穏やかに担っていけるのでしょうか、と。
 そして若い人材を養成していくために高等教育は機能しているのでしょうか、と。
 戦争は罪もない人間だけでなく、人間たちのムカシの偉業、建築物、書物や絵画、
 日常生活を偲ばせる道具、瓶、置物まで一瞬のうちに破壊しつくしてしまいます。
 そりゃあ、爆弾一発でどんだけのカネが動くか知れません、背後で儲けるのです。
 非人道的な戦争から足を洗えばいいのに劣化は人類にまで及んできているのかな。

 すでに本ブログでも紹介したようにアメリカ政府はシリア政府の承諾を得ないまま領内に50名の特殊部隊員を潜入させていたが、4月25日にバラク・オバマ大統領は250名を増派すると発表した。近く500名体制にするとも言われている。明白な軍事侵略だ。。。
 ロビン・クック元英外相によると、アル・カイダとはCIAから軍事訓練を受けた「ムジャヒディン」のコンピュータ・ファイル。その大半はサラフ主義者/ワッハーブ派だと言われている。
 アル・カイダはアラビア語で「ベース」を意味し、「データベース」の訳語としても使われているようだ。なお、クックはこの指摘をした翌月、保養先のスコットランドで心臓発作に襲われて死亡した。享年59歳。。。
 世界中に「アル・カイダ」という名前が広がったのは2001年9月11日以降だろう。この日、ニューヨークの世界貿易センターとワシントンDCの国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃され、詳しい調査が行われないまま、ジョージ・W・ブッシュ政権は「アル・カイダ」が実行したと宣伝し始めるが、未だに真相は明らかになっていない。その大きな理由はアメリカ政府が重要な情報の開示を拒否しているからだ。少なからぬ人はイスラエルとサウジアラビア、そうした国とつながるアメリカの一部支配層に疑惑の目を向けている。
 この出来事以降、「アル・カイダ」は「テロリスト」の代名詞になり、アメリカ軍が他国を侵略する口実に使われるようになった。
 アメリカを含む勢力によって破壊されたイラクのサダム・フセインやリビアのムアンマル・アル・カダフィの体制、現在、攻撃されているシリアのバシャール・アル・アサド政権はいずれもアル・カイダ系武装集団と激しく対立していた。


2016.05.01 櫻井ジャーナル
タグの付け替えで人びとの心理を操ってきた陰陽師的な好戦派は再びアルカイダを自由の戦士扱い
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/

(注)
シリアの世界遺産一覧・地図
シリアの世界遺産は、文化遺産が6件で自然遺産と複合遺産ありません。また、6件全てが危機遺産リストに登録されています。
http://worldheritagesite.xyz/middle-east/syria/



posted by fom_club at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

ベーレンス・アブーセイフ教授

 5月3日「憲法記念日」!
 イマの拳法も剣法も競技だから練習に励める、
 イマの憲法もわれわれの先輩たちの血と汗と涙で後輩たちにもたらされた大事なもの、
 われわれはもっと、もっと磨ききって、もっと、もっと世界に広げていかなくっちゃ。

松井久子で映画『不思議なクニの憲法』
https://www.youtube.com/watch?v=ZQ_N-iqId0E

2016年5月21日(土)より「渋谷シネパレス」にて上映開始
http://fushigina.jp/

映画監督松井久子の公式ホームページ
http://www.essen.co.jp/index.html

 ヤッホー君は、といえば朝からBBCのラジオに耳を傾けていました。

Melvyn Bragg and his guests discuss the Mamluks, who ruled Egypt and Syria from about 1250 to 1517. Originally slave soldiers who managed to depose their masters, they went on to repel the Mongols and the Crusaders to become the dominant force in the medieval Islamic Middle Eastern world. Although the Mamluks were renowned as warriors, under their rule art, crafts and architecture blossomed. Little known by many in the West today, the Mamluks remained in power for almost 300 years until they were eventually overthrown by the Ottomans.

With:
Amira Bennison
Reader in the History and Culture of the Maghrib at the University of Cambridge and Fellow of Magdalene College

Robert Irwin
Former Senior Research Associate in the Department of History at SOAS, University of London

Doris Behrens-Abouseif
Nasser D Khalili Professor of Islamic Art and Archaeology at SOAS, University of London


Thu 26 Sep 2013 21:30 BBC Radio 4, The Mamluks, Producer: Victoria Brignell.
http://www.bbc.co.uk/programmes/b03bfmlh

 といいますのも直ぐに着替えて「東洋文庫」へ:

ロンドン大学東洋アフリカ研究学院名誉教授
D・ベーレンス・アブーセイフ Doris Behrens-Abouseif 氏
「マムルーク朝における筆耕と図書館」
司会:三浦徹氏(東洋文庫研究員)
ベーレンス・アブーセイフ教授は、マムルーク朝時代カイロを中心にイスラームの歴史・文化に関する研究・著作で知られ、このほど、日本学術振興会の助成によって来日されます。


特別講演会のご案内
https://sites.google.com/site/tbkenkyubulecture/tokubetu-danwa

 マムルーク朝、マムルーク朝……

 覚え方:

1250年「人にこれ 着せてみたいと 編むルック」
イスラム世界の黄金期 マムルーク朝成立
イスラム世界の英雄サラディンの死後、アイユーブ朝は混乱し、同じカイロを都にマムルーク朝が成立しました。


埼玉県毛呂山町の公式サイト
http://www.town.moroyama.saitama.jp/www/contents/1323143136415/

 1250年、1250年……
 蒙古襲来は1274年(文永の役)、1281年(弘安の役)。

 カイロは969年にファーティマ朝の首都として建設され、16世紀にオスマントルコに征服されるまで、アイユーブ朝、マムルーク朝の首都として栄えた。シタデル(城塞)はアイユーブ朝時代の1176年に建設され、改修されながら19世紀のムハンマド・アリ朝まで使用されている。まったく崩れておらず、現役のようにも見える。

4つの風景の部屋、歴史の風景―海外編
ファーティマ朝・アイユーブ朝・マムルーク朝
http://www1.cts.ne.jp/~kimata/egypt4.htm

 ここで佐藤次高『砂糖のイスラーム生活史』(岩波書店、2008年12月)ご紹介:

☆ 内容紹介
 砂糖は、その生産がはじまって以来、私たちの日常生活と常に密接な関係を保ってきた。砂糖きびを原料とする砂糖生産は、紀元後まもなくインド北東部のベンガル地方で開始され、その後長い年月をかけて東西の世界に広まっていった。
 東方ルートでは、砂糖きび栽培はゆっくりと拡大し、唐代(7―10世紀)の中国で砂糖生産が開始されてから、南宋時代(12世紀前半―13世紀後半)になって本格的な砂糖きび栽培と商品生産が行なわれ、その後沖縄にまで達したのは17世紀はじめのことであった。
 いっぽう、西方のルートでは、ササン朝時代の7世紀はじめにはイランで砂糖きび栽培がはじまり、7世紀半ば以後のイスラーム時代になると、イラク南部・シリアの海岸地帯・ヨルダン渓谷への普及と並行して、9世紀には早くもエジプトのデルタ地帯へと拡大した。さらに11世紀以後には上エジプトや地中海諸島・マグリブ地方に広まり、12世紀頃までにはアンダルシア(イベリア半島南部)でも本格的な砂糖生産が始まっていた。
 ムスリムから製糖技術を学んだイベリア半島のキリスト教徒は、コロンブスを先駆者としてこの技術を新世界に持ち込み、16世紀にはカリブ海諸島やブラジルで黒人の奴隷労働による大規模な砂糖きびプランテーションが開始されたのである。
 アラビア語で砂糖をスッカル sukkar という。これはサンスクリット語のサルカラー sarkar に起源をもつペルシア語のシャカル shakar からの借用である。聖地エルサレムの奪回をめざした十字軍の騎士たちは、シリアやエジプトで砂糖の強烈な甘みをはじめて体験し、これを12世紀から13世紀のヨーロッパに持ち帰った。アラビア語のスッカルをもとに、やがて英語のシュガー sugar やフランス語のスュクル sucre、あるいはドイツ語のツッカー Zucker などの用語が定着していったことはよく知られている。
 またアイユーブ朝(1169―1250)やマムルーク朝(1250―1517)の時代には、アレクサンドリアでヴェネツィアやジェノヴァなどのイタリア商人に売り渡す商品のなかには、香辛料や穀物にくわえてエジプト産の砂糖が大量に含まれていた。
 したがって12世紀以降についてみると、砂糖は地中海を舞台にしてイスラーム世界とヨーロッパとを結ぶ、交易用の重要な商品でもあったことになる。

 前述のようにイランやイラクでは、すでに7―8世紀頃から砂糖の生産は始まっていたが、この砂糖を通して考察してみた場合、どのようなイスラーム社会像が浮かび上がってくるのだろうか。
 砂糖の原料となる砂糖きびの栽培には、当時としては高度な農業技術が必要とされ、また砂糖の精製にも各種の先進的な技術が開発された。しかも精製された砂糖は、高価な商品として販売されるばかりでなく、貴重な薬や薬膳の素材、あるいはイスラームに固有な祭の品としても扱われた。
 したがって砂糖を手がかりとすれば、砂糖の管理や下賜によるカリフやスルタン権力の誇示、イスラーム世界を股に掛けた砂糖商人の活躍、薬としての砂糖の効能、断食月に食べる砂糖菓子、メッカ巡礼と砂糖など、ムスリムを中心とする社会生活史の具体相をさまざまな形で浮き彫りにすることが可能だと思われる。
本書「プロローグ」より


☆ 著者紹介
さとう/つぎたか。1942年神奈川県生まれ。1968年、東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学文学部教授をへて現在、早稲田大学文学学術院教授(イスラーム地域研究機構長)、(財)東洋文庫研究部長。アラブ・イスラーム史先攻。主要著書:『中世イスラム国家とアラブ社会』(山川出版社)、『マムルーク』(東京大学出版会)、『聖者イブラーヒーム伝説』(角川書店)、『イスラームの国家と王権』(岩波書店)、State and Rural Society in Medieval Islam(Leiden, E. J. Brill, 日本学士院賞・恩賜賞)



posted by fom_club at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

言葉の劣化、政治家の劣化、国家の劣化

 ”TNB48”に”ザ・ジジババーズ”ですか、動画がないのがザンネン!
 今日月曜日は高村薫に焦点をあて「言葉の力」について一考いたしたく

 20年前の1995年の今日1月17日だった。
 高村薫さん(61)は大阪府吹田市の自宅で、阪神大震災に見舞われた。1990年に『黄金を抱いて翔(と)べ』でデビューして以来、言葉の力だけで世界と向き合ってきたこの作家にして「言葉も出なかった。死の世界に門があったなら、それが見えた瞬間。人生変わりますよ」と述懐する体験だ
 福島原発事故より20年も前の1991年に『神の火』で原発のもろさや危うさを警告するなどして「社会派サスペンスの女王」と呼ばれた人。だが被災後は『晴子情歌』に始まる重厚な三部作で新たな創作活動を展開した。そのさらに新しい成果が、初めて挑戦したコメディー『四人組がいた。』(文芸春秋)だ。
 ある山村の元村長ら老人四人組が引き起こす騒動を描いた連作短編集。キャベツや野良ダチョウの群れが行進し、ブタやヤマメが人語を話す不思議な村で、人間どもの打算と欲望が入り乱れる異色の作品だ。本人も「名前を変えて出そうかと思いました」と笑う。

 「私は大阪の人間ですから、笑い上戸だし、いいかげんだし、ふざけたことばかり考えています。でも人を笑わせるのは大変難しいので、これまでコメディーには手を出さなかった。それが、年とともに怖いものなしになったというか」

 その韜晦(とうかい)とは裏腹に、物語はそう簡単ではない。一見は何げない挿話でも、読み手を立ち止まらせる。例えば村の合併について。
 元村長たちは議事録も住民台帳も出納帳も作っておらず、合併相手の町や村をあきれさせたとか。大笑いした後で思う。私たちに笑う資格はあるか? 原発をめぐる重要な会議でも非公開を許し、何が秘密か分からない特定秘密保護法の施行さえ許した私たちに?

 「うーん、そんな難しいことは考えてなくて」と高村さんは苦笑する。「年とともに、眉毛をきっと寄せて難しいことを考えるより、明るく笑っていたいと思うようになりました」

 そう言いつつ「実際の世の中は笑える状況にないですが」と付け加え、自民・公明両党が改憲に十分な勢力を保つ中で迎えた“戦後70年”をこう評する。

 「大変なこともあったけれど、私たちは実に恵まれた70年間を過ごさせてもらった。こんなに恵まれた70年というのは、世界を見てもなかったのではないでしょうか。戦争もなく、誰ひとり殺していないし、死なせていない。でもその幸せも、もう終わり

 作家の視線は次第に宙空を見据えるようになり、両方の手は膝の上できゅっと結び合わされた。考え、考え、少しずつ語る。

 「歴史には曲がり角がありますが、今私たちは、それをはっきりと曲がった。その先にあるものが何か、誰にも分からない。もうすぐ自衛隊法が変えられて、一年もたてば自衛隊が鉄砲を撃ちに海外に行っていますよ。戦後初の戦死者が出るかもしれない。また“英霊”になるんですよね。再来年ぐらいには、憲法の改定もあるのかな」

 現実に起きていることが深刻すぎると感じている。この国を根底から揺るがした震災や原発事故。巨大な与党が進める解釈改憲や軍事大国化。笑いのめしたいが、笑う対象にするわけにはいかない。その思いを、物語の創造に託すのだ。

 「政治的なものはもう触れるのもいや、語るのもいやという気持ちがあって、『四人組がいた。』も『新潮』で連載している『土の記』も、徹底して政治とは関係のないところに向かっています。安倍政権による今の政治、こんな時代や社会、それにあえて徹底的に背を向けたものをしばらくは書いていくでしょう」

 だが、表現者として、同時代への責任にまで背を向けているわけではない。

 「若い人が自信を持てる社会ではなくなっていて、それがナショナリズムの背景にあると思います。希望のなさや夢を持てないこと、そうした憂鬱(ゆううつ)や鬱屈を埋め合わせるものとして威勢のいい言葉が求められ、そこに安倍首相がうまくはまっているんでしょう。そうではなく、希望のなさをエネルギーに変えるような忍耐と、人間として生きることへの誠実さを捨てないよう、私たち大人が何とかせないかんですね。そういうふうに若い人に語っていかなければ

 
2015年1月17日付け東京新聞(三品信)
政治に背を向けて 初のコメディーに挑戦 高村 薫さん(作家)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/culture/doyou/CK2015011702000236.html

◆ 答弁で日本語壊された
 安倍首相ら政府側の国会答弁によって、私たちの日本語が破壊されていった、という感じがする。
 政治家が言う「丁寧な説明」という言葉に、虫ずが走るようになった。「丁寧」が丁寧ではなくて、「説明」も説明になっていない。中身のない呪文になってしまった。

 一連の国会答弁は、一から十まで中身がなければ誠実性も欠いたもので、二種類の欺瞞(ぎまん)でできていたと思う。

 一つ目の欺瞞は、事実ではないうその説明
 日本人を乗せて避難してくるアメリカの艦船を防護できなくていいのか、という説明、これはうそ。ホルムズ海峡での戦時の機雷掃海の話も、当の駐日イラン大使がそんなことはあり得ない、と言った。あり得ないうそに基づいた説明を、堂々と国会の場で繰り返すことによって、集団的自衛権そのものへの不信を募らせた。

 もうひとつは、事実を隠すための不正確、不透明な文言。
 何とも結局説明がつかない、「存立危機事態」とか「後方支援」とか。事実をごまかす、隠すために不正確、不透明な文言でそれを説明するから、当然支離滅裂、意味不明なことになる。もともと不正確な文章というのは、いくら言葉を補っても正確な、明快な文章にはならない。説明すればするほど、ぼろぼろになっていくだけ。そういうものを私たちは聞かされ続けてきた。
 ポツダム宣言を「つまびらかに読んでいない」と国会答弁の場で言ってはおしまい。学問とか知識とか歴史に対する尊敬がなさ過ぎる。だからめちゃくちゃな日本語を使うんでしょう。

 揚げ句の果てに国民の理解が進まない、と。
 東アジア、中国の危機を国民は理解しないので、丁寧な説明をしてきたけれども、政治の責任で決める時は決める、というわけだから。ここまで言葉の論理や物事の筋道を軽んじる政治を私はちょっと想像できなかった。こんな政治があるんだとは。
 国会答弁というのは、やじも含めてすべて記録に残る。自分たちの一言一句が公式の記録として半永久的に残る、ということすらもう念頭にない。だからやじを飛ばせるんでしょう。そこまで国会をなめているし、政治をなめている、としか思えない。もちろん、国会をなめている、ということは国民をなめている。


2015年9月18日付け東京新聞【言わねばならないこと】
<特別編>言葉 真実語ったのか 作家・高村薫氏
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/himitsuhogo/iwaneba/list/CK2015091802000203.html

 「言葉の劣化」「政治家の劣化」「国会の劣化」
 安全保障関連法案をめぐる国会の審議を振り返ると、そう感じます。

 言葉の劣化で、表に出てきたのが情緒や気分です。
 「中国脅威論」が繰り返されますが、今や中国との関係は経済的に切れない。そもそも、隣国との関係を悪化させたのは誰なのか。一部の政治家たちでしょう。
 新しい安保法制の狙いは米軍の世界戦略の一端を自衛隊が担うこと。そうした真実を隠すために、「後方支援」や「存立危機事態」など欺瞞(ぎまん)の言葉で無理が重ねられました。その結果、首相と防衛相の答弁がくい違うことがありましたが、平然と押し通されました。
 ヤジを飛ばす安倍首相らの言動は、後世まで記録されることが頭になかったとしか思えません。国会が軽視されているのです。
 集団的自衛権の行使は日本の国のあり方を180度転換します。
 自衛隊が海外で銃弾を1発撃った瞬間、戦後70年、積み上げてきたものが崩れる。そんなことは絶対許してはならない。我々はこれからも関心を持ち続けなければならない。


2015年9月19日11時07分更新、朝日新聞デジタル(聞き手・中野晃)
欺瞞の言葉重ねた安保審議、国会劣化 作家・高村薫さん
http://www.asahi.com/articles/ASH9L5KL6H9LPTIL01H.html

 小説家は人間や社会に強い関心をもち、それなりに観察もしているけれども、しょせんはフィクションをつむぐ仕事だからか、折々に考えたり、発見したりしたことを自身の実人生に生かそうという発想は乏しい生きものかもしれない。
 しかも往々にして、一般の生活者に見えていることが見えていなかったり、いまどき知っていて当たり前のことを知らなかったり、はたまた巷(ちまた)の話題に疎かったりもする。
 小説家は、意外に浮世離れしているのだ。

 そうして自身の暮らしと切り離された頭で、小説家は日々架空の物語をつむぎながら、人間について、生死について、あるいは社会について思いめぐらせている。
 たとえば私はいま、山間の集落の名もない平凡な農家の暮らしを小説にしているところだが、描いているのは米づくりのリアルな技術や稲の成長の話であっても、私の頭には植物としての稲の光合成や、そのためのエネルギーをもたらす太陽光や、ひいては宇宙のことが広がっていたりする。
 あるいは、すでに古稀(こき)を過ぎている主人公の心身を借りて、老いとは何かと壮大な自問をしていることもある。

 つまり、日常のさまざまな農事や山の自然は、主人公Aの生に実体を与えると同時に、Aが日々ものを思う土台になっており、Aはものを思うことで自身の世界を拡張し続けるのである。
 米農家であれば米づくりのあれこれにこころを砕くだけで十分ではないかという意見もあるだろうが、小説家の私は、それだけではつまらないと思う。
 自然とともに生きる人間は、自然を通してなにがしかの生命観や宇宙観、信仰、さらには美などを発見するはずだし、古来人間はそうしてさまざまな生活風土と文化を築いてきたからである。

 ひるがえって、私たちはいつのころからか、生命や社会や人生について抽象的な思考をしなくなったのではないだろうか。
 「人間とは」と言いだすだけで「ドン引き」されるいまの時代、もてはやされるのは日常の小さな仕合わせや、ささやかな暮らしの風景や、心温まる小さな生きものたちの物語などである。
 そこでは、人間の一生は日々の暮らしの送り方や、手づくりのご飯や、食卓に生けた一輪の花などに還元される。
 もっと言えば、個々人の生活感覚や価値観へと矮小(わいしょう)化される。

 それはそれで人間が生きることの一面ではあるし、軽んじていいとも思わないが、それだけで事足りるかと言えば、そうではないだろうと思うのだ。
 たとえば、「人間とは」を考える言葉が失われたところでは、「人間らしさ」を考えることもできない。
 「人間らしさ」を考えることができないところでは、貧困や難民について深く考えることもできない。
 こうして多くの深刻な問題が、私たちの関心の外に放り出されているのである

 今日、私たちはネットを通して自分に必要な情報を必要なだけ入手するようになった。
 そうして個々に興味のある情報だけを効率的に収集することで、個人や仲間内の関心事だけで満たされた快適な暮らしが出来上がるが、それは抽象的な思考や公共への関心とは無縁の暮らしと言える。

 もっとも、社会や他者への無関心と引き換えに、足もとの小さな仕合わせがやたらにクローズアップされる今日の風潮は、私たちの隠れた不安を映しているのかもしれない。
 老いも若きも、明るい未来を思い描くことができないゆえの、足もとの仕合わせ探しかもしれない。
 かくして「生きるとは」「人間とは」などと哲学するより、猫でも眺めて癒やされたいというのがいまの時代であれば、なるほど、小説が売れないはずである。


2016年03月13日(日)付け毎日新聞、東京朝刊「お茶にします?」
抽象的な思考はどこへ=高村薫

 世界をかたちにする……
 高村薫で「私とマーク・ロスコ」という動画をご覧なさって、一献傾けてみましょうか!
https://www.youtube.com/watch?v=cSkTo6o9fD8




posted by fom_club at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

メーデー

 4月1日はエープリルフール、っていうと5月1日はメーデイ!
 ヤッホ−君には「野にも山にも若葉が茂る」八十八ヶ所順礼、?
 始まりはちょうど130年前の1886年5月1日のアメリカ!

 アメリカの労働組合が八時間労働制を要求してストライキ・デモ行進を行ったことが起源です。当時は12〜14時間労働が当たり前でした。このため、アメリカの労働者は「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」という「8時間労働の歌」を歌いながらたたかい、8時間労働制をかちとりました。

 しかし、運動の中心地だったシカゴでは5月4日、ヘイマーケット広場に集まったストライキ参加者を武装警官が襲い、多数の死傷者が出たのをきっかけに、資本家側は8時間労働の約束をほごにします。

 そこで、労働者側は、ふたたびゼネストでたたかうことを決め、世界に共同行動を呼びかけます。これにこたえて、労働組合・社会主義運動の国際組織だった第2インターナショナルは89年7月の創立大会で、この日を「法律で8時間労働日を決めるよう要求する国際デモンストレーションの日とする」と決定。翌90年に各国で第1回メーデーが実施されます。

 日本では、1920年5月2日(日曜日)、上野公園で5千人が参加したのが最初です。集会では「(ストライキ等を弾圧した)治安警察法17条撤廃、失業の防止、最低賃金制の確立」を決議。8時間労働制、東京市電争議支援、シベリア即時撤兵の動議を可決しています。

 その後、戦前のメーデーは1935年の第16回まで各地でとりくまれましたが、36年の2・26事件で戒厳令が敷かれたのを機に禁止されました。

 戦後は、46年の第17回メーデーから復活。東京では“人民広場”とよばれた皇居前広場に約50万人が集まり「民主人民政府の即時樹立」「食える賃金を」などを決議しました。

 皇居前広場のメーデー使用は、サンフランシスコ講和条約発効直後の1952年の「血のメーデー」事件後、占領軍指示で使用禁止とされ、東京地裁は違法としますが、政府が控訴し、禁止に固執したため、会場はその後、明治神宮外苑に移されるなどの経緯があります。


2005年4月30日(土)付け「しんぶん赤旗」
メーデーとは? 日本での始まりは?
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-30/0430faq_0.html

 今年のアメリカは……

 世界的に著名な政治的反体制派で言語学者、著者、教授のノーム・チョムスキー(1928年生まれ)は、4月26日ブルックリン公立図書館で行われたイベントで、バーニー・サンダースの大統領選での戦いについて質問され、次のように答えました。
 「サンダース議員は急進的で極端だと言われていますが、これはおかしな評価です。なぜなら彼は、ニューディール政策支持の民主党主流派だからです」。

 また、
 「サンダース氏が主張する政策は、『ニューディール政策を受け入れない者は、米国の政治システムにそぐわない』と発言したアイゼンハワー大統領なら驚きはしなかったでしょう。それが今では急進的と呼ばれるのです」とも言います。

 チョムスキーは、
 「(サンダースは)大勢の若者たちの心を動かしました。若者たちは『もう黙認しないぞ』と言っているのです。彼らが今後、組織化され集結する集団となれば、米国を変える可能性がある。今回の選挙では出来なくとも、長期的にはそうできるかもしれないのです」と結びました。


2016年4月28日(木)Democracy Now! Japan
ノーム・チョムスキー: サンダース支持の若者たちは「米国を変える力を秘めた集団」

Noam Chomsky: Bernie Sanders is Not a Radical, He Has Mass Support for Positions on Healthcare & Taxes

http://www.democracynow.org/2016/4/27/noam_chomsky_bernie_sanders_is_not

 日本では……

 若者や弱い立場の人々を苦しめている貧富の格差。それを正そうという新たなうねりが日本はもちろん、先進国で広がり始めています。
 重厚な低音の声優として活躍した大平透さんが先日、86歳で亡くなりました。白黒テレビに子どもたちがかじりついたころはスーパーマン。バブル経済が崩壊した1990年代にはテレビアニメ「笑ゥせぇるすまん」、喪黒福造の不気味な語りが印象的でした。
 曰(いわ)く「この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかり、そんな皆さんの心のスキマをお埋めいたします…」

◆ 広がる心のすきま
 3年前の2013年、忘れていたこのせりふを呼び覚まされる事件がありました。人気漫画「黒子のバスケ」を並べる書店や関連イベントの会場に脅迫文を送り付けた容疑で、36歳の派遣社員の青年が逮捕されたのです。
 希望の進学がかなわず、年収が200万円を超えたことがないという青年は裁判で「手に入れられなかったものをすべて持っている作者のことを知り、人生があまりに違いすぎると愕然(がくぜん)とした」「負け組に属する人間が、成功者への恨みを動機に犯罪に走る事件は、今後の日本で頻発するかもしれない」と述べたのです。
 バブル崩壊後、企業のリストラがすすみ、非正規でしか就職できなかった若者に広がる失望、無力感、そして妬(ねた)み…修復できないほど広がった心のすきまとは社会の断裂ではなかったでしょうか。
 あの事件から3年。止まらない格差の拡大は社会の大きな課題となり論議が広がっています。国内はもちろん、米国でも欧州でも。

 1991年に冷戦が終結してから25年。当初は独裁や全体主義に対する民主主義の勝利と称賛されました。ところがリーダーの米国をはじめ民主主義の先進国で貧富の格差がどんどん広がります。
 膨張するマネー、資本の力は「冷戦に勝利したのは民主主義ではなくて資本主義…」とさえ言われるようになりました。その金融資本主義も2008年のリーマン・ショックで力を落とし、今、二つの壁に見直しを求められています。

◆ パナマ文書は警告する
 ひとつは長期停滞の可能性です。
 資本主義は発展するにつれて欲望が飽和し、収益のあがる投資先がなくなって長期停滞する−かつて経済学者のケインズはこう指摘しました。最近では資本主義の終焉(しゅうえん)論も耳にします。

 もうひとつは格差に立ち向かい、不公正を正そうとする民衆からのうねり、新たな波です。
 格差社会の象徴になった米国の大統領選挙では、格差と不公正の是正を訴えるサンダース候補(1941年生まれ)が支持を集めています。その主張のひとつが「大銀行解体論」です。
 大銀行に集まる巨額のマネーは少しでも利益のあがる投資先を求めて世界のあらゆる商品、市場を投機の対象に右往左往し、時に破綻し、暮らしの土台である経済を根底から揺さぶります。巨大銀行を分割して金融バブルを防ぐのが解体論の狙いです。米国の中央銀行のひとつ、ミネアポリス地区連銀の総裁も同じ考えを表明するなどウォール街も無視できない動きになりつつあります。
 不公正を正す動きも出てきました。富裕層の脱税の抜け道になっているタックスヘイブン(租税回避地)の実態を暴く「パナマ文書」です。

 新たなうねりは日本でも見え始めています。
 バブル崩壊から20年の2009年、民主党が掲げた「コンクリートから人へ」は多くの共感と期待を集め、政権交代が実現しました。新政権は未熟で、国民の期待は失望に変わり、自公政権が復活。企業収益重視の旧来型の政策で経済を立て直そうとしますが、消費が伸びず行き詰まっています。
 そのはずです。格差が広がれば富める者はもう買う物がなくなり、貧しいものは節約するしかないのですから。

◆ 人への投資はだれが
 格差是正を求める声が高まる中、国民の審判を受ける参院選挙を前にした安倍晋三首相は、同一労働同一賃金や介護、保育士の給与引き上げなど人への投資を重視した政策へと転換せざるをえなくなっています。
 「笑ゥせぇるすまん」では、客は心のすきまを埋めてもらう代わりに交わした喪黒福造との約束を守れず、家庭が崩壊したり犯罪に走るという悲劇の結末を迎えます。人間の弱さ、愚かさを浮き彫りにするストーリーです。
 でも格差と不公正が生み出す心のすきまは私たちの手で、社会の力で埋めなければなりません。
 埋めることはできるはずです。それは民主主義の力であり、政治を動かす力でもあります。


2016年4月30日付け、東京新聞社説
民衆とマネー資本主義 貧富の格差は正さねば
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016043002000167.html

 ヤッホー君のメーデーは……
 2日連続して俳諧した足をいたわろうと、その代わり頭を失踪させるべく読書!
 高村薫『空海』でなく、もう一冊『四人組がいた』(文藝春秋、2014年8月):
 
 高村薫の新作と聞けばミステリーを期待する人も多かろうが、本書は社会派作家の中でも飛び切り硬派で反骨的な視線を持つ作者ならではの、一種の創作落語のようなおもむきがある。
 都会人はよく、自然あふれる純朴な田舎などと勝手なイメージを抱くが、とんでもない。意地悪、我儘(わがまま)、強欲のうえに子供嫌いとくる。いわゆる「良い人」ではないが、断じて悪人でもない。悪人は、むしろ金儲(もう)けに利用しようと田舎へやって来る、権力者や都会かぶれの人間たちの方で、四人の仕打ちはそういう連中相手の化かし合いであり、小気味よい抵抗なのである。

 12の話が収められているが、読み進むほどにホラの度合いがエスカレートしていく。嘘から出た実(まこと)というか、シュールなファンタジー、ブラックなお伽噺(とぎばなし)へ化けていくのだ。タヌキが人に化けるのは序の口で、月夜の山中であらゆる生き物が青白く光り出す。村の畑のキャベツたちが大行進をする。ダチョウが走り回る。ついにはツキノワグマ、シカ、イノシシ、キツネら獣たちが禅の修行をしたり、村に押し付けられた保育児童の子守りを手伝ったり、山の生き物全部を巻きこんで結託していくのである。

 なかでも傑作なのは、老人たちの東京見学に合わせて、48匹の子ダヌキで結成された”TNB48”なるアイドル・グループを引き連れて、東京お台場で公演するくだりである。
 ステージのフィナーレには、入れ歯と骨を鳴らす”ザ・ジジババーズ”が加わり、クマにシカにダチョウまでが踊り狂い、吠(ほ)え、啼(な)くのである。

 留(とど)まるところを知らないこのエネルギッシュな空想に、半ば呆(あき)れながら笑いながら接するうちに、ふと背筋の寒さを覚える。
 著者は混迷し歪(ゆが)んでいくばかりの現代社会への怒りと絶望の反転として、この底なしのブラック・ユーモアに興じていることが伝わってくるからである。
 四人組とは、政治からコケにされ続けている辺境の怒れる庶民たちなのだ。


2014年9月14日付け日本経済新聞朝刊「書評」
怒れる庶民が繰り出すホラ話
(清水良典、1954年生まれ文芸評論家)

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO77068360T10C14A9MZB001/


posted by fom_club at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする