2015年12月30日

new year resolutions for 2016

What’s top of your list of new year resolutions for 2016? Do more exercise? Eat better? Spend more time with your children? Find a fulfilling career? How about ticking all your boxes and simply be happy?

Sadly, you can’t simply “become” happy. Happiness is often an indirect consequence of our actions and the way we think. However, the good news is that making even the smallest adjustments can help us attain that elusive state we all aspire to...

1. Slow down

2. Be mindful

3. Follow the 60% rule

4. Nourish your body

5. Unplug

6. Declutter

7. Breathe

8. Redefine failure

9. Exercise

10. Read a poem aloud


The Guardian, Last modified on Tuesday 29 December 2015 04.05 GMT
New year, new you – how to be happy;
With so many external pressures can any of us be truly happy? As we welcome in a new year, Rachel Kelly suggests small changes to your life that can have a huge impact on your outlook
By Rachel Kelly, author of Walking on Sunshine: 52 Small Steps To Happiness (*)
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2015/dec/28/new-year-new-you-how-to-be-happy


(*)
How would you like 52 tips on how to be happier? No this isn't an offer to sign up to a dodgy website - it's a small book which you could pop into a bag and which will give you tips, tools and positive idea about how you can make your life happier, less complicated and more fulfilling. Open it at random, if that's what you feel like doing, or work your way through it reading one tip per week - they're helpfully divided into the four seasons - and savour just a couple of pages of elegant writing which will give you something to think about or something positive to do (or not do - if you see what I mean).

I empathised with Rachel Kelly immediately: she's overcome depression and like anyone who has been in that pit she knows that the road out is steep and it's all too easy to slither back down again. She knows that she needs strategies to help her through what Freud calls ordinary human unhappiness - the ups and downs of everyday life. She describes the book as 52 small sanity-saving tools, recognising that happiness is not a switch you can flick, but often a byproduct of the way we live our lives.

http://www.thebookbag.co.uk/reviews/index.php?title=Walking_on_Sunshine:_52_Small_Steps_to_Happiness_by_Rachel_Kelly_and_Jonathan_Pugh_%28Illustrator%29


posted by fom_club at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Melissa Darlyne Chow

The popular Korean drama series, Oh My Venus, has caused many hearts to flutter, particularly because of its leading man, Seo Ji-sub.

For yours truly, however, it was more of the storyline on the rise and fall, and rise again, of its leading lady, Shin Min-ah.

The story revolves around Shin’s character, Kang Joo-eun, who is the most popular girl in school, with a pretty face and an enviable figure.

Fast forward more than a decade later, Kang is 33 and has gained a lot of weight. After she is ditched by her boyfriend of 15 years and told she has health issues, she hires Seo’s character, Kim Young-ho, a personal trainer, to push her to the limit so that she can lose weight.

When Kang seemed to be slacking on her workout routine, Kim chides her: “Is your body a disposable object? Are you only going to use it for a day, and throw it away? Wouldn’t it be nice to keep something you’ll use your whole life in peak condition?

This remark is relevant these days, especially when you see many overweight and obese people.

Being told that being overweight and obese will lead to high blood pressure, diabetes and a host of other health complications is nothing new. Time and again, we have been told that we need to change our eating habits and lifestyle to ensure good health.

The fact that one in three Malaysians is overweight and that Malaysia was identified as the most obese nation in the Asean region last year, while disturbing, does not come as a surprise.

Why so? The answer, for some people, is very simple: it is due to a lack of willpower to change. Once too often, I have seen eyes widen and jaws drop when I say 500m is not too much of a distance to walk.

“It is so far!”, some would say, opting to drive instead, and in turn, my eyes would widen with incredulity. And, mind you, those who pass such remarks tend to be young people.

At times, I see people eat heavy meals for supper and I would be at a loss for words. While there is nothing wrong with patronising nasi kandar outlets, just look at the number of diners, especially those having meals at odd hours when one should avoid having heavy meals then.

We can conveniently blame our jobs for our irregular and unhealthy eating habits, as well as the lack of exercise, and while there is a certain degree of truth to that, that does not mean we cannot make an effort to overcome them.

Admittedly, not everyone is able to work out, owing to factors such as age, poor condition of their bodies and illnesses. But, for the rest of us who are able-bodied, what is the excuse for not living a healthy lifestyle?

We would already be on the road to a healthy lifestyle if we make a conscious choice to change by reducing our food portions, eating healthy, exercising as regularly as we can, walking as much as we can, getting as much sleep as possible, and drinking lots of water, among other things. These are steps anyone can take, if they put their hearts and minds to it.

There really is no shortcut to losing weight and staying healthy. Crash diets do not work, but lifestyle changes do.

At the end of the day, no one wants to feel awful about themselves − how they look and how much they weigh. Instead, w e want to feel good knowing that we are taking good care of our bodies.

Our bodies are, after all, not disposable objects, but something that should be kept in peak condition for as long as we live.

New Straits Times, Updated: 29 December 2015 at 11:01 AM
Staying healthy not an impossible task;
Obese nation:
Lack of willpower to change our lifestyle the root of problem

By Melissa Darlyne Chow, an NST journalist
Read More : http://www.nst.com.my/news/2015/12/119491/staying-healthy-not-impossible-task


posted by fom_club at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Make love, not war

WITHOUT fail, Happy Xmas (War Is Over) has again brought with it that distinctive despairing sentimentality at this time of the year when you look back to look ahead.

This John Lennon song, which is more of an anti-war anthem rather than a typical Christmas tune, has profound lyrics to go with the melancholic melody.

It takes to the airwaves more often during this time every year, and it has gripped me so intensely this time around. Here’s a take:

And so this is Christmas
For weak and for strong
For rich and the poor ones
The world is so wrong
And so happy Christmas
For black and for white
For yellow and red ones
Let’s stop all the fight


Yes, for “yellow and red ones”. Maybe that’s specifically for Malaysia, coming 35 years too early − the baju kuning and baju merah. “Let’s stop all the fight”.

It is the effect of December which brings great significance to the things around us. In the blink of an eye, it has been exactly 35 years since Lennon died.

Frank Sinatra, another great, would have been 100 years old a fortnight ago. And Saloma would be 80 in a month.

Being a big fan of The Beatles since they first broke into the international music scene, the assassination of Lennon came like a bolt right out of the blue, and I remember clearly where I was that day when I got the news − Dec 9, 1980 Malaysian time. I was a New Straits Times (NST) reporter in the Penang office.

Internet and smartphones were unheard of then, so the speed of news was, well, not so fast.

I was enjoying teh tarik and chapati just after work with a few friends at a hawker centre not far from our house in Tanjung Bungah when the chapati seller came up to us and muttered: “Have you heard? John Lennon died. Shot in New York.”

Everyone froze. The chapatis remained on the table for a long time.

The radios played Lennon and Beatles’ songs through the night. It was officially The Beatles’ worst disaster since their break-up, and what a loss it was.

To me, Lennon was the genius behind the Fab Four, who came up with gems like In My Life and Revolution.

I remember Lennon’s death as I do Sinatra’s, another legend. His voice was phenomenal, powerful and crystal clear.

That’s why someone would be given acclaim here just by sounding a wee bit like the man, like what happened to a short-lived singer by the name of Rajadin Wan Mat who shot to fame in the Bakat TV series in the early 1970s singing songs like I Got You Under My Skin and My Funny Valentine.

Sinatra had that kind of appeal. So, when he died of a heart attack on May 14, 1998, in Los Angeles, I still remember where I was at the time − on assignment in Khartoum, Sudan. I was news editor at the NST and was covering the official visit of the then prime minister Datuk Seri (now Tun) Dr Mahathir Mohamad, first to Egypt and then Sudan.

I was back at the hotel in the centre of Khartoum after listening to Dr Mahathir delivering a strong speech to businessmen of both countries at a luncheon.

My ears were still ringing with his broadside a while ago, viciously attacking rogue currency traders, when TVs at the hotel lobby were switched on unusually loud, with people crowding around them. And the song My Way kept playing.

“Oh no, Frank Sinatra is dead.” The CNN breaking news flashed. I was stunned. I was already reeling from the death of a close friend just over a week before.

Jeffrey Ramayah, a colleague in the newsroom and always a great companion in the after-hours, had died at the Tengku Ampuan Rahimah Hospital in Klang, Selangor, after a short illness. Now this news about Sinatra, whom I had admired as an out-and-out entertainer.

We were taken on a, perhaps, once-in-a-lifetime boat ride through the confluence of the Blue and White Nile later that evening.

Even then, the songs of Sinatra were played endlessly in that magnificent ride. So, who would have guessed? Frank Sinatra and Khartoum. He would have hit a century last Dec 12.

For Saloma, I think it will be quite a while before Malaysia finds another songbird like her.

With offers coming from Australia and the United States, she ripped the singing stage scene apart with her clear and crispy voice. It was a real loss for the local entertainment industry when she died in 1983, just 10 years after the death of her legendary husband (Tan Sri) P. Ramlee.

Sorry for the depressing rant. But it’s that time of the year, and let us be reminded of what Lennon said in the song quoted above. War is over ... if you want it.

New Straits Times: Updated: 29 December 2015 at 11:00 AM
Make love, not war;
Life is Fleeting:
Much like the advice in lyrics of legendary singers, it's best we put the past behind as we usher in 2016

By Syed Nadzri, former NST group editor
Read More : http://www.nst.com.my/news/2015/12/119479/make-love-not-war


posted by fom_club at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dzulkifli Abdul Razak

I was transiting in Singapore some time back and got to talking to an elderly Chinese janitor toiling away at the airport terminal. Nowadays, the conversation very quickly revolves around the economy and how difficult it is to make end meets.

In Singapore, like in Malaysia, people on the streets are the ones who feel it the most, but with one difference, according to my janitor friend. In Malaysia, there is still the vibrant kampung (village), a sanctuary where people can still have a good chance to survive when it comes to the crunch. The kampung serves as a reliable safety net, no matter how advanced the economy, provided it is kept intact.

Otherwise, the more urbanised and “developed” the kampung is, the more dire is the situation. In his own words, “Kita sama mati lor! (We die together)”, as there is no better place to go. In fact, he made it plain that he would make his way back to his kampung in neighbouring Johor should the situation warranted it.

The city-state had somewhat exhausted whatever was left of the kampung, he lamented.

The brief encounter was a timely reminder of what a kampung is all about − a word synonymous with “abundance” before its equilibrium was tempered by “development”, which we have now recognised as being “unsustainable”.

Unfortunately, this lesson is not learned well, if at all. Thus, as the year comes to a close, we mourn of yet another tragedy in the making − the vanishing kampung.

This is particularly apparent in Penang, where accusations and counter-accusations have been hogging the headlines as the kampung folk are rendered into mere pawns.

Reportedly, another kampung on the island, notably Kampung Selut near Sungai Pinang, is allegedly set for redevelopment.

Some 5,000 residents, who have been living in the Sungai Pinang area since the 1960s, were given a helping hand by the then prime minister Tun Abdul Razak Hussein under the slum clearance programme for “squatters” to own land and houses.

But lately, Penang Island City Council Mayor Datuk Patahiyah Ismail insisted there was no such plan to redevelop or evict villagers.

She stressed that she had never approved of any development project at the site. However, a survey has been conducted to see if “there is a need for improvements to the village”, according to the mayor.

To this, Masjid Kampung Sungai Pinang chairman Ibrahim Din claimed a survey on the proposal to redevelop the area was sent to the villagers by the authorities.

He claimed the village was slotted to be redeveloped into a mixed housing project.

Redevelopment or otherwise, issues related to sustainable development and the sustainability of the kampung cannot be overemphasised. What is more to obliterate a whole kampung and its inhabitants under whatever pretext or ploy.

There have been too many works in literature that chronicled how the likes of kampung are disappearing or made to disappear worldwide, so much so that the United Nations Educational, Scientific and Cultural Organisation (Unesco) has to register them under the list of World Heritage Sites.

While some are threatened by senseless wars, others are threatened by senseless “development”.

Closer to home, some have highlighted that Unesco World Heritage Site in George Town is not just about physical structure, but equally vital is the living heritage promoting lifestyles that once defined the society in a sustainable way.

Yet, they are in danger of dying because the ambience where they thrived is being transformed and “developed”, at the same time, demolishing irreplaceable values and cultures that have been the foundation of a sustainable community.

What is more if it involves unscrupulous planners and greedy developers linked to some subtle political agenda.

The immediate impact is the destruction of livelihood on which the community depends on with its long-lasting consequences. This then leads to an exodus of the younger generation as the kampung gasps for breath, leaving the elderly helplessly on their own.

In the final analysis, what started as physical (re)development will lend itself to a lingering socio-cultural suicide over a period of time!

Coupled with the disappearance of the kampung is the disappearance of local languages and traditions, which in turn, robs Malaysia of its richness, diversity and cultural balance, and living heritage.

This is one discourse that has not been fully explored in the nation’s future since sustainable development is a prominent blind spot in the framework of 2020.

Given we are barely five years away from the 2020 goals of a “developed” nation, we must be mindful of what we will forever lose by targeting the kampung in the name of “development” − learning from the bitter experiences of my janitor friend!

The New Straits Times, Published: 24 December 2015 at 12:31 PM
Save our vanishing kampung;
Caution: We have to be mindful of our heritage, lest we lose our culture, richness and diversity in our pursuit of development
By Dzulkifli Abdul Razak, honorary professor at University of Nottingham and chair of leadership Universiti Sains Islam Malaysia
Read More : http://www.nst.com.my/news/2015/12/118833/save-our-vanishing-kampung


posted by fom_club at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

wartime sex slaves

TOKYO (AFP) - Mrs Akie Abe, the wife of Premier Shinzo Abe, said she has again visited the controversial Yasukuni war shrine in Tokyo, posting photos of the site on the same day Japan and South Korea struck a landmark agreement on wartime sex slaves.

"My final visit of the year," Mrs Abe wrote on Monday (Dec 28) on her Facebook page, also noting that this year marks the 70th anniversary of the end of World War II.

The shrine honours millions of Japan's war dead, including several senior military and political figures convicted of war crimes after World War II, and visits by high-profile figures anger wartime adversaries China and South Korea.

Mrs Abe, known as a fan of South Korean culture, did not reveal exactly when she had visited the shrine. Her Facebook post was accompanied by two photos of shrine buildings.

The top-selling Yomiuri Shimbun cited a shrine official as saying it could not confirm whether she had entered the main shrine.

According to Mrs Abe's Facebook page, she also visited the shrine in May and August of this year.

Her husband, who visited the shrine in December of 2013, setting off a firestorm of criticism in China and South Korea and earning a rare rebuke from top ally the United States - made a ritual offering in October, though he did not go himself.

The announcement of Mrs Abe's latest visit comes as Japan and South Korea reached an agreement on the emotional and divisive issue of wartime sex slaves - known euphemistically as "comfort women" - that has long soured relations.

Japan said on Monday it was offering one billion yen (S$11.7 million) to help victims and an apology from the Prime Minister.

Mr Abe told reporters on Monday after speaking by phone with South Korean President Park Geun Hye that the agreement heralds a "new era" in relations between the two countries.

A conservative scholar close to Mr Abe told the Mainichi Shimbun daily that he and his wife might have decided to make the latest visit "to show consideration to his supporters who are against the agreement with South Korea".

Visits to the shrine by senior Japanese politicians routinely draw an angry reaction from China and South Korea, which see it as a symbol of Tokyo's militaristic past.

South Koreans and Chinese say that while Japan has issued numerous apologies over its wartime conduct, statements and actions by leaders and others, such as paying homage at Yasukuni, raise questions about Tokyo's sincerity.


Straits Times, Published: Dec 29, 2015, 2:53 PM SGT
Japan PM's wife Akie Abe visits Tokyo war shrine
http://www.straitstimes.com/asia/east-asia/japan-pms-wife-akie-abe-visits-tokyo-war-shrine

BEIJING, Dec 29 (Reuters) - China's Foreign Ministry said on Tuesday it would "wait and see" how sincere Japan was after South Korea and Japan reached a landmark agreement to resolve the issue of "comfort women".

"Comfort women" is a euphemism for those who were forced to work in Japan's wartime brothels, an issue that has long plagued ties between South Korea and Japan, as well as between China and Japan.

On Monday, the foreign ministers of Japan and South Korea said in Seoul the issue would be "finally and irreversibly resolved" if all conditions were met.

Chinese Foreign Ministry spokesman Lu Kang said Japan's history of militarism and aggression had brought deep suffering to China and other Asian countries.

"We have always consistently asked Japan to accurately face up to its history of aggression, learn the lessons of history and take concrete actions to win the trust of its Asian neighbours and the international community," Lu told reporters.

Chinese academics estimate about 200,000 Chinese women were forced to work as "comfort women".

Lu said China again urged Japan to face up to its history of aggression and deal with the issue responsibly.

When asked whether China believed Japan was sincere in resolving the issue, Lu said the government would be watching.

"Just like you, as for whether Japan can do it, if its words and actions are consistent from start to finish, we will wait and see."

Chinese ties with Japan have long been troubled by a territorial dispute and what China sees as Japan's failure to properly atone for wartime atrocities, as well as regional rivalry and military suspicion.

But relations have improved since Japanese Prime Minister Shinzo Abe and Chinese President Xi Jinping met in 2014.

A front-page commentary in the overseas edition of the People's Daily, the newspaper of the ruling Communist Party, said the "comfort women" issue formed one part of the history of Japanese aggression.

"The possibility of the Japanese government going back on its word still exists," it said. "The ghosts of the history of aggression could, from time to time, stir up trouble again".

In Taiwan, the self-ruled island China claims as its own and a Japanese colony from 1895-1945, Foreign Minister David Lin said the agreement was "an opportunity for us to have further consultations with Japan on the relevant issues".

In principle, Taiwan wants a clear apology and reparation, he said, but both Taiwan and Japan needed to have more consultations on how to resolve the issue.


Mail On Line, Updated: 08:21 GMT, 29 December 2015
China to "wait and see" if Japan sincere on "comfort women" issue
(Reporting by Sui-Lee Wee in BEIJING and J.R. Wu in TAIPEI; Writing by Ben Blanchard; Editing by Robert Birsel)
Read more: http://www.dailymail.co.uk/wires/reuters/article-3377177/China-wait-Japan-comfort-women-issue.html#ixzz3vmZsgl84


posted by fom_club at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月29日

Audrey Dermawan

Dear Santa, in three days, we will say our goodbyes to 2015 and welcome yet another new year, 2016. It is that time of year when we give thanks for the many good things that have come our way and set new resolutions for the upcoming year.

In Penang, we have quite a few things to be thankful for.

This year started with a bang when George Town, which lost its city status more than 40 years ago, was recognised as a city once more. With the upgrade, the Pearl of the Orient also witnessed the appointment of its first female mayor.

Along the way, we gained the accolade of being one of the world’s Top 10 cities, as rated by Lonely Planet. The world-renowned travel guide had, in October, listed George Town as the fourth best city to visit in its Best in Travel 2016 list.

The United Nations Educational, Scientific and Cultural Organisation world heritage site was listed after Kotor (Montenegro), Quito (Ecuador) and Dublin (Ireland). The city was ahead of better-known places, such as Rotterdam (the Netherlands), Mumbai (India), Fremantle (Australia), Manchester (United Kingdom), Nashville (United States) and Rome (Italy).

However, the year also proved to be a challenging one for Penang.

Recently, the state was rocked by a land reclamation issue, which saw 1,500 fishermen objecting to a massive project that could affect their livelihoods.

It was reported that the proposed reclamation, which would allegedly help fund the state government’s massive Penang Transport Master Plan (TMP), would see the construction of three man-made islands 300m from the shores of Teluk Kumbar, Gertak Sanggul and Bayan Lepas.

TMP’s project delivery partner, SRS Consortium Sdn Bhd, had proposed to the state the reclamation of two man-made islands, measuring 526ha and 850ha, and possibly a third 324ha island nearby, if necessary.

Additionally, the detailed environmental impact assessment report for the project was conducted by a third party appointed by the project’s proponent, which cast doubt on the report’s credibility.

The project saw one DAP and five PKR assemblymen breaking ranks with the state government over a Barisan Nasional motion on the matter, tabled at the just-concluded state assembly sitting. DAP’s Tanjung Bungah assemblyman, Teh Yee Cheu, who cast a conscience vote to protect the environment, paid a heavy price when he was not voted into the party’s state committee.

Penang has been warned that it would be doomed if the reclamation went ahead.

The People’s Alternative Party (PAP) cautioned that the DAP-led state government’s reliance on reclamation projects to fund TMP could be disastrous to the environment in the long run.

PAP president Zulkifli Mohd Noor lamented how the state risked destroying its flora and fauna if it went ahead with such projects, adding that they should be shelved and replaced with the upgrading of basic infrastructure, such as roads, traffic lights and flood-mitigation systems.

Not too long ago, there was a heated debate on how Penang’s hills were being stripped bare, resulting in flash floods the likes of which had never been seen in decades. Concerns are mounting as to how much more development the state can take before its environment degrades and residents’ quality of life suffers.

So you see, Santa, your magical touch to put a stop to the rot happening in the state lately is much needed. Penang folk are environmentally conscious people, who will go to great lengths to protect their beloved state.

It is the people’s New Year resolution to start with a clean slate.

Santa, it is high time lawmakers unveiled the all-important comprehensive master plan for Penang. It is important for the state to have proper socio-economic planning and the people to know what is happening in their backyard, rather than play the guessing game.

The Penang Island Local Plan, which is ready to be gazetted but has been delayed for more than three years, is a detailed plan that specifies the density and type of project allowed in any given area.

Next year marks eight years of DAP leading the state, with Chief Minister Lim Guan Eng at the helm. Eight years is not a short time. The time has come for the administration to make good on its promises and walk the talk. Penang can do with less politicking.

As Abraham Lincoln famously said: “You can fool all the people some of the time, and some of the people all the time, but you cannot fool all the people all the time.”

Thank you, Santa. Merry Christmas and a Happy New Year.

New Straits Times. Published: Monday, December 28, 2015
Penang's blessings and challenges
New Year wish: Hoping that land reclamation issue will be resolved
By Audrey Dermawan, NST Penang bureau chief
Read More : http://www.nst.com.my/news/2015/12/119332/penangs-blessings-and-challenges


posted by fom_club at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

climbing monster

It’s the holiday season and this year, I received the gift I get most years – the gift of humiliation. That’s because humiliation is a common theme in my life.

This year’s holiday humiliation was a slice of karmic retribution for sins of my past. That sin being making light of my father.

And yes, I tease my father. I harass him mercilessly, verbally prodding him like some grade school sad sack. If someone implies he’s old – something that happens regularly because he is old – I laugh heartily.

Now you might think the reason I target my father with jokes is because I learned it from him; that my actions are just a reflection of his behaviour. But that’s not true. My father is a selfless, polite, humble man.

I’m just a bad son. A bad son that introduced his father to rock climbing.

My father had rock climbed in some bygone age where the only equipment needed were a rope and a pack of cigarettes. He knew nothing of modern equipment or the types of extreme climbing. When I got my dad into climbing, I showed him how to tie the knots and how to keep from plunging to a horrific death on the rocks below.

Four years ago, we rock climbed Central Crag in Hong Kong, a beautiful spot just behind the main business district on Hong Kong island. My climbing partner and I had been training hard and were in peak condition. We were climbing the hardest routes of our lives, lifting ourselves to new heights both physically and mentally with the tips of our fingers. We were untouchable.

And my father wasn’t. If watching a skilled climber – with their deliberate movements – was like watching someone do ballet on the rock, watching my dad learning to climb was like watching someone learning to breakdance on the side of the cliff. It was ugly. And as the jerky son he didn’t deserve, I let him know.

When he lost his grip and slipped from the rock, dangling in the air with his body spinning like the rotors on a helicopter, I laughed and laughed. When he couldn’t get his balance right, I smirked at the ground and shook my head. Yeah, I’m not going to earn climbing instructor of the year any time soon.

That day in Central Crag four years ago, my partner and I climbed hard, and my dad could barely keep up.

Fast forward to this holiday season and the three of us are all in Hong Kong again. But this time, things are different.

While my climbing buddy has gotten into a steady relationship where he eats too much and exercises too little, and I’ve finished shooting a food-themed travel show which involved me eating copious amounts of food, my father has been climbing.

He has been climbing four times a week, watching any YouTube video he could find about rope craft and alpine safety. He’s been pushing himself to his limits and breaking through them. When I talk to him on Skype, he’s all sleeveless tees and defined veiny biceps.

My father has become a climbing monster.

And so we go to Central Crag again. And I’m sure you can see where this is heading.

My buddy starts by leading what we used as a warmup climb. He stares up at the rock, makes a few moves and retreats. He looks sheepishly at me and says he can’t do it, that I’ll have to take the lead.

I do. I vault up the route and get to the same point that defeated my friend. But just like him, I can’t commit to any of the moves. I also retreat after staring at the rock and coming to grips with my physical and mental failure.

Then Dad takes his turn.

My buddy and I watch as he breezes past the middle of the climb where we were defeated. My father climbs past this obstacle like he’s cruising up a staircase.

My buddy and I shake our heads at each other. And when my father comes down from the climb, he doesn’t gloat or laugh in our faces. He just undoes the rope and says something about the rock being really nice.

Well, I deserved that. It was bound to happen, especially at this time of the year.

If your family can’t humiliate you during the holiday season, really, what’s the point?


The Star, Published: December 27, 2015
My dad is a climbing monster
By Jason Godfrey
http://www.star2.com/living/viewpoints/2015/12/27/big-smile-no-teeth-my-dad-is-a-climbing-monster/

SEPANG, Dec 27 (Bernama) -- Solo climber Khairil Aslan Ab Rashid, who conquered three peaks in the Himalayan Mountains, Kathmandu in Nepal recently, hopes to conquer seven peaks in seven continents within a year next year.

Khairil Aslan, 40, who arrived at the KL International Airport (KLIA) from Kathmandu yesterday said the success in conquering three Himalayan peaks namely the Maru Peak, Lobuche and Island within 32 days from Nov 26 had been a good training in preparing for the expedition next year.

The success in conquering the three Himalayan peaks also created a record for the Asian solo climber who made the expedition to the three peaks during the winter season.

"Subsequently, I wish to achieve a record as the fastest Asian solo climber to conquer seven peaks in seven continents within one year.

"I will begin my expedition in early February in Argentina to conquer the Aconcagua peak in the South American continent as the first peak and conclude the expedition in Carstensz Pyramid in the Australasian continent," he told reporters after arriving at the KLIA at 9.40 pm last night.

Besides the Aconcagua peak and Carstensz Pyramid, the other 5 peaks that he would climb in the seven-peak expidition next year are:

Mount Kilimanjaro in Africa,
Mount Vincon in the Antarctica,
Mount Denali in North America,
Mount Everest in Eurasia and
Mount Mauna Kea in the Pacific islands.

The father of three was received at the KLIA by his wife, Hamizah Hashim, 37 and his three children, Nur Ainnajwa Safhia, 16, Muhammad Najman Harith, 14 and Muhammad Najmie Haziq, six. Also present at the KLIA were his friends from his hometown in Batu Kurau, Perak.

Recalling his experience and the challenges he faced during the climb, Khairil Aslan said he had faced high risks throughout the expedition because climbing during the cold season was 10 times more difficult than normal.

"At the peak of Island, which was the last peak that I conquered, I was almost 95 per cent dead because of the change in weather and wind condition was very drastic at about 4.30 am on Dec 20. The wind was blowing at speeds of between 140 kmph and 160 kmph.

"At that time, I could not feel anything anymore. The blood in my body was no longer flowing. At that time, one of the three sherpas told me if we were to die, we would die together between 4.30 am and 5.30 am," he said.

However, Khairil Aslan said a miracle happened at 6.30 am when he could move his lips while praising the greatness of Allah after the sunlight appeared right above his head.

"At that time, I could warm up my body and could move my body. Alhamdulillah, at 8 am, I set foot on Island peak and we quickly moved down to base camp subsequently," he said.


Solo Climber Of Three Himalayan Peaks To Conquer Seven Peaks Next Year
http://www.bernama.com/bernama/v7/sp/newssports.php?id=1202357



posted by fom_club at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

All I want this Christmas is...

EVER since I could remember, I have always looked forward to my favourite time of the year − the delightful month of December. I remember it with such fond recollections from my childhood, memories of Christmas songs playing all month long, of buying and exchanging gifts, of consuming roasted turkey and butter cookies, and of making New Year resolutions.

I remember wanting many things back then. They were mostly materialistic in nature, and evolved according to time − Barbie dolls, make-up sets, freedom and money.

However, all that changed after I turned a quarter-century old a few years back. Suddenly, objects that were materialistic in nature didn’t seem all that important to me. I didn’t find it a necessity to be in possession of the latest gadgets, or to be dressed in the trendiest fashion.

All that mattered to me were things that money can never buy − health, love and happiness. I realised that the journey of life can be a beautiful, wonderful one if undertaken with adequate positivity and the right attitude.

I was made aware of the fact that health is one of the aspects that can make a difference in that journey, and so, I made a change in my lifestyle by signing up for a gym membership and switching my diet to one that required less junk food and nasi lemak, and more healthy greens and rolled oats.

I finally understood that love is another key aspect in shaping one’s quality of life. I became less absorbed with making hundreds of friends and instead focused on my family, significant other and a handful of close friends who mean a great deal to me. Despite a hectic schedule and four hours of sleep per night on average, I started to make more time for my loved ones, because it suddenly dawned upon me that these people will not be with me forever. The last thing I would want is to wake up someday and realise that I hadn’t spent enough time with them, or that I didn’t tell them how much I love them.

It took me a while, but at long last I comprehended the fact that true happiness is not something one goes out into the world to seek and catch hold of. It’s something one attains by waking up each morning and looking forward to a good day, and then going to bed each night being thankful for being blessed with another day on Earth. True happiness is when one is able to be happy despite not having everything in life. It’s that inner peace that one possesses despite all the chaos one is surrounded by.

We now live in a world where power and wealth seem to be all that is of significance. From the stories my late grandparents and parents told me while I was growing up, this wasn’t the case two or three decades ago. Back then, family values carried more weight than family assets. Back then, the little things in life mattered more than one’s bank balance. Back then, a simple birthday celebration at home meant more than an overpriced, Instagram-worthy wedding banquet.

What happened to all that?

Where did we go wrong?

Why have we changed so much?

When did all of this change take place?

I do not have the answers to these questions, nor am I able to tell you what you need to do to make a positive change in your life. That is something you need to figure out on your own. My only advice is that you don’t take too long and procrastinate too much. Having regrets is never a pleasant experience, and it doesn’t help matters when it is something one would be forced to endure for a painstakingly long time in life.

This year, make a different set of New Year resolutions.

Call your parents more often to tell them that you love them. Leave work on time to share precious moments with your children.

Instead of aiming to clinch that promotion, aim to become a positive influence in people’s lives. Most importantly, live your life.

Merry Christmas and Happy New Year, everyone.

New Straits Times, Updated: 27 December 2015 at 11:00 AM
All I want this Christmas is...
By Ashley Greig - a lecturer at Sunway College, is a Malaysian-born Eurasian with Scottish/Japanese/Indian lineage who believes in a tomorrow where there is no racism and hatred
Read More : http://www.nst.com.my/news/2015/12/119172/all-i-want-christmas



posted by fom_club at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Miracle girls keen to start school

‘Tsunami miracle baby’ S Thulaasi is grateful to survive the killer waves and is more determined to achieve her goal of scoring eight A's in the Ujian Pencapaian Sekolah Rendah (UPSR) next year.

She has no memory of the fateful day she was swept away on her mattress out to sea, off Batu Ferringhi, by the giant waves that hit Penang on Boxing Day in 2004 and a second wave brought it back, with her still sound asleep on it.

Despite having no memory of the tragedy, she said she knew that it was a miracle to survive the incident and it had taught her to be more determined in life.

The bubbly and active 11-year-old from a Tamil school in George Town, now wishes to achieve eight A's in the UPSR next year.

"I'm more determined than ever to study hard and achieve straight A's in my UPSR exam," she said when met by reporters during a thanksgiving and prayer ceremony organised by her father A Suppiah at the beach.

Thulaasi was only 22 days old when the Indian Ocean tsunami hit 13 countries including Malaysia, killing more than 200,000 people and displacing about 1.7 million others.

Suppiah, 66, said her daughter showed no signs of fearing the sea and she would go out for a swim whenever their relatives visited them.

He said each year, his family would hold a thanksgiving and prayer session (atma shanti pooja) at the site, to keep the departed souls claimed by the disaster, at peace.

"We survive until today because of God's will and we will never forget the tragedy, but we are moving on with our lives as we are also proud of Thulaasi as she is doing well in school," he said.

Visitor A Thila, 40, from Puchong, Selangor, said they came to know about the tsunami miracle baby after they visited Suppiah's cafe in George Town.

She said they were not aware that there would be a prayer session at the site each year and this was the first time they met Thulaasi, the miracle baby.

"We learned a lot during the tsunami as people were fighting for their lives to survive and it has taught us to cherish our own life," said the bank officer.

The tsunami which was triggered by a 9.3 magnitude undersea earthquake off the west coast of Sumatra, Indonesia, on Dec 26, 2004, claimed more than 200,000 casualties in Indonesia, Malaysia, Thailand, India, Maldives and Sri Lanka.

Many of those killed were tourists enjoying their Christmas holidays in hot spots like Phuket in Thailand, while Aceh was hit the hardest as it was the closest to the epicentre.


Bernama, Updated 27 Dec 2015, 6:10 am
Tsunami baby eyeing straight A’s in UPSR next year
https://www.malaysiakini.com/news/324604

Gua Musang: The 2 Orang Asli girls Norieen Yaakob, 10 and Mirsudiar Aiuj,11 who survived a 7 week ordeal in the jungle at Pos Tohoi near here in August are keen to return to classes but want to move to a new school.

Norieen said she could not wait for school to begin but refused to go to SK Thohoi because she was traumatised by the tragedy.

"I will remember all my friends. I miss my brother Haikal, who died in the incident." she said at her house in Kampoung Penad here...

Norieen's mother, Midah Ngah, 40, said she believed the incident affected her daughter deeply.

"I believe she cannot forget the incidents. I have tried to help her, including seeking treatment from a bomoh." she said.

Meanwhile, Mirsudiar said she had decided to continue her studies at SK Kuala Betis as she felt safer there.

"Most of th pupils of SK Tohoi are moving there and I think it would be better for me."

Mirsudiar said doctors had confirmed that she had a heart problem and needed follow-up treatment.


New Straits Times, Puiblished: Monday, December 28, 2015
Orang Asli girls keen to start school



posted by fom_club at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5 action steps after Paris deal

What do the decline of Adélie penguins in Antartica, the spread of West Nile virus, the 2003 heatwave in Europe (which killed 30,000 people), the 2007 floods in Johor, the evacuation of the Carteret Islands and the spark for the war in Syria all have in common?

Climate change.

Have no doubt, global warming is already changing life on Earth in all kinds of ways. This isn’t something happening in the future but now.

As temperatures warm, more artic species are under threat, tropical diseases spread northwards and hot spells get more intense. The warmest decade globally, since temperatures were first recorded in the late 19th century, was the last one. Yup, it really is hotter now.

It’s also wetter. Last December, the East Coast had almost double the usual monsoon rainfall. Warmer air intensifies the circulation of water, resulting in more rainfall, and so more frequent and severe floods. Extreme weather of all kinds – storms, hurricanes, droughts – will increase, in intensity and incidence. We had eight cyclones in Malaysia in 2014, according to the Meteorological Department, and cyclones are rare here!

Sea levels are also rising with the melting glaciers in both polar caps. The Carteret Islanders of Papua New Guinea had to flee their island this year; some islands in the Maldives have also been evacuated.

And Syria? The link with climate change and the war may seem tenuous, in the midst of many other factors, but it was most likely a spark that lit a fuse. In 2006, a severe drought in Syria began which led to a million desperate people migrating to the cities, inevitably creating social unrest. Consider Syria a sign of things to come – climate change will cause conflict, amid food and water scarcities.

Thankfully countries have come together in a historic agreement in Paris recently to act upon the problem.

Malaysia has already committed to reducing its carbon emission to 40% of its 2005 levels. Carbon dioxide, released by burning fossil fuels such as oil and coal, is a key cause of global warming. Great commitment, but how about more action towards this?

Here are five action steps I believe we should take:

1. Energy planning

As a nation, we waste an awful lot of power. We could cut down our dependence on fossil fuels – unfortunately still our main power source – simply by beefing up energy efficiency and conservation. Goods with high energy efficiency should be taxed less, for example. Government departments should have a strict energy conservation policy. But every one of us can help save energy, which of course also saves us money. We also need to invest far more into renewable energy. With all this sun, how come we have so little solar energy?

2. Preserve our forests

Trees absorb carbon dioxide from the air, converting it into oxygen, which they release, and carbon, which they store. Forests are thus a natural, efficient defence against climate change.

Deforestation not only releases carbon but causes soil erosion. So saving our trees saves the Earth.

3 Boost public transport

Less cars on the road means less carbon dioxide in the air. What about other options, such as car pooling and cycle paths?

4. Eat less meat, especially beef

The livestock industry actually causes more global warming than transport. The animals themselves produce a lot of methane, a toxic global warming gas. Plus, fertilisers used on crops to feed animals release nitrous oxide, which is 300 times more effective at trapping heat than carbon dioxide. The bulk of agricultural land worldwide is used to grow crops for animals. And beef requires almost 30 times more land to produce than chicken.

5. Reduce fertiliser use

As explained above, fertilisers are bad news. Plantations and agriculture use an awful lot of fertilisers, which also pollute our waterways. There are dead zones in seas around the world from fertiliser use. This is one argument for supporting organic food or even better, grow your own food.

We owe it to our children to take action.


The Star, Published: December 20, 2015
5 steps we should take to reduce carbon emission
By Mangai Balasegaram
http://www.star2.com/living/viewpoints/2015/12/20/5-steps-we-should-take-to-reduce-carbon-emission/

UNITED NATIONS − When international negotiators reached a first-of-its kind climate change agreement in Paris this month, the United Nations’ normally low-key leader, Ban Ki-moon, celebrated onstage, arms raised in victory and more exuberant than many had ever seen him before.

Nearly nine years had passed since, in his first days as secretary-general, Ban surprised world leaders by making global warming a top item on his agenda. Now, on the eve of his final year in office, the cheers in Paris marked the culmination of his nonstop campaign, pressed with world leaders at summit after summit and in locales including melting glaciers and islands at risk of disappearing.

It was an emotional moment, and looking back at the road to Paris in an interview with The Associated Press, Ban paid tribute to many people, including the leaders of the United States, China, India and France. He also spoke proudly of his own role.

No other leader in the world “has been raising, without fail, all the time, climate change,” Ban said. “I have spent real passion ... and most of my time and energy on this issue.”

It was quite a shift for the former South Korean foreign minister, whose main focus before becoming the eighth U.N. secretary-general in 2007 was his country’s standoff with North Korea.

Ban traced his interest in climate change to his yearlong campaign to lead the United Nations, which took him to many countries and broadened his vision of global issues.

Two weeks before he was sworn in as secretary-general, Ban told Tim Wirth, then president of the United Nations Foundation, that one of his two highest priorities would be climate change, along with empowering women.

“You could have blown me away,” Wirth said of Ban’s choice of tackling global warming. “He had a deep commitment then, and he has stayed with it, and stayed with it, and stayed with it.”

At the time, climate change was not a popular topic.

The 1997 Kyoto treaty, which required only rich countries to limit emissions blamed for global warming, was set to expire in 2012. Negotiations on a new agreement had almost collapsed, Ban said.

“I thought that I needed to revive this one,” he said.

His first high-level meeting as U.N. chief was with then-President George W. Bush.

The original agenda for their January 2007 meeting didn’t include climate change, Ban said, and Bush “seemed to be a little bit surprised” when he raised it.

Undeterred, Ban decided to hold the first-ever climate change summit at the United Nations in July 2007.

He invited Bush and told him that the success of the summit would depend on his participation. Bush came, though he didn’t address the summit.

That connection paid off at a U.N. conference in Bali in December 2007.

The United States, the lone major industrial nation to reject Kyoto, was opposing India’s proposal to strengthen requirements for richer nations to help poorer countries with technology to limit emissions. In one of the most memorable moments in climate change diplomacy, tiny Papua New Guinea implored America to lead or get out of the way.

An isolated United States capitulated, and the first roadmap for addressing climate change was adopted.

“Miraculously, I was able to save this one, but I didn’t know why,” Ban said.

In early 2009, he finally found out.

Ban and his wife were invited to dinner at the White House in last of the last days of the Bush presidency. Bush told the U.N. chief that when the Bali meeting reached a difficult moment, he got a call from the head of the U.S. delegation asking for instructions.

Ban said Bush told him: “Suddenly, you came to my mind. Then I told the delegation head, ‘Do what the secretary-general of the U.N. wants to do,’.”

The secretary-general said he still feels “very much grateful” to Bush.

“That was the beginning of our success,” Ban said.

But then came the disappointment of the 2009 Copenhagen climate change negotiations.

In Copenhagen, a newly elected President Barack Obama showed “great commitment,” even working on proposed global text from his laptop, Ban said. But there were too many differences and negotiations ended with no agreement.

“From the failure of Copenhagen, we learned a great lesson,” Ban said.

One was to have every country provide its own national action plan to combat climate change. Another was to get countries to agree to have a universal climate change agreement by 2015.

Meanwhile, Ban was traveling the world to spotlight the impacts of climate change. His visits to Antarctica and the Arctic showcased melting ice, and his visits to the Aral Sea in central Asia and Lake Chad in west Africa warned of their disappearance. He visited the low-lying Pacific island nation of Kiribati, where he found a life jacket in his room in case of inundation.

He also asked to attend annual meetings of the World Bank and the International Monetary Fund − a first for a U.N. secretary-general − to talk to finance ministers on the need to mobilize $100 billion in climate financing annually by 2020.

As the summit in Paris approached, Ban participated in monthly strategy videoconferences with the leaders of France and Peru and later, Germany. One key decision was to reverse the usual negotiations process and have country leaders attend the start of the summit to give impetus and clear direction to negotiators.

The Paris opening was the largest-ever gathering of country leaders, with 150 assembled, the secretary-general said.

But there were about half a dozen “spoilers,” countries ready to block consensus on an agreement. Nicaragua refused to submit its national plan, arguing that rich nations should be compelled to make deeper emission cuts.

Ban recalled the moment the Nicaraguan delegation said “we will not block” a deal. The French foreign minister immediately gaveled approval of the agreement, which was later adopted unanimously.

The Paris agreement, adopted by nearly 200 nations, calls on both poor and rich countries to cut greenhouse gas pollution. It aims to keep global temperatures from rising another degree Celsius (1.8 degrees Fahrenheit) between now and 2100.

Ban’s perseverance and leadership were essential, said former Norwegian Prime Minister Gro Harlem Brundtland, who headed a U.N.-appointed commission that published a groundbreaking report in 1987 outlining the dangers of climate change.

“This is not a one-man show, but the one man is important,” Brundtland said.

Without him, “we cannot take for granted that we would be here.”


The Washington Post, Published: December 26, 2015
Climate deal caps a long quest for UN chief
By Edith M. Lederer, AP
https://www.washingtonpost.com/world/europe/ap-interview-climate-deal-caps-a-long-quest-for-un-chief/2015/12/26/6965bec2-ab9f-11e5-b596-113f59ee069a_story.html


posted by fom_club at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

Silent Night

OBERNDORF BEI SALZBURG (AUSTRIA) (AFP) -
When "Silent Night" was born in Austria almost 200 years ago, those present had little idea that the Christmas carol would one day be sung the world over, including this year by Miley Cyrus and some Swedish goats.

Such though was the destiny of "Stille Nacht", premiered to a modest church congregation of ship labourers and their families in this small town in Austria on Christmas Eve, 1818.

The words, since translated into more than 300 languages and dialects -- including Japanese, Welsh and Farsi -- had been written as a poem by a priest, Joseph Mohr, in 1816, a time of great suffering in the wake of Europe's Napoleonic wars.

Two years later, Mohr asked his friend stationed in a nearby village, the organist, choirmaster and schoolteacher Franz Xaver Gruber, to compose a tune.

When Gruber duly obliged on December 24, the two men decided to sing it together that very evening at mass in Oberndorf church.

The organ was broken, according to legend because of nibbling mice, so Mohr played guitar.

Many years later in his 1854 "Authentic Account of the Origin of the Christmas Carol, 'Silent Night, Holy Night!'," Gruber recalled there was "general approval by all".

This approval would snowball, although it is a bit of a mystery how exactly the song then spread.

It is thought that a key role was played by one Carl Mauracher, a master organ builder and repairman, who took the song back home to the Zillertal valley in the Tyrol region.

There it was adopted by two travelling singing groups, the Rainer Singers and the Strasser Siblings, who performed around Europe and beyond -- including in the Rainers' case in the United States.

"They were the pop stars of the time," said Anna Holzner from the Silent Night museum -- home today to Mohr's guitar -- in Hallein, where Gruber lived until his death in 1863.

An English version of the German original soon followed, and by the end of the 19th century it was being sung on all continents, its spread helped by Christian missionaries.

During World War I, legend has it that German and British soldiers in opposing trenches sang it at Christmas 1914, its call for peace sounding out over no man's land during a famous truce.

Since then the song has been recorded many hundreds of times by the likes of Bing Crosby -- to huge success -- and Elvis Presley, without forgetting John Denver with the Muppets and gravel-voiced satanic German rockers Erloesung.

This year, along with Cyrus', comes a new version bleated by goats released by the Swedish branch of charity Action Aid -- part of an album entitled "All I want for Christmas is a Goat".

Today, Mohr and Gruber are honoured in around a dozen sites locally, including in Oberndorf and in Hochburg-Ach, Gruber's birthplace where for the past 10 years locals have performed a special play every Christmas.

"In my country this song is sung in 20 or 30 different languages," Sally, 45, a bus driver in Salzburg originally from Ghana, told AFP, one of several people performing the song in different languages in the play.

The original Oberndorf church -- along with its pesky mice -- was demolished at the beginning of the 20th century after being damaged by floods. Today in its place stands a small chapel.

With stained glass windows depicting Mohr and Gruber, every December 24 thousands of people gather outside for a Christmas ceremony, including of course a rendition of "Silent Night".


France 24, Updated: 22 December 2015 - 08H25
'Silent Night': from village ditty to global Christmas hit
By Simon Sturdee, AFP
http://www.france24.com/en/20151222-silent-night-village-ditty-global-christmas-hit

Mr Yahho will take a Christmas break and will be back on Monday.
Merry Christmas and a Happy New Year !


posted by fom_club at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Azmi Sharom

Despite wanting to think of nothing but indulging in Christmas buffets, I found myself reading an old case the other day (what can I say; it’s my job). It was the Government of Kelantan v the Government of the Federation of Malaya (1963). Basically that was the time when the state government objected to the formation of Malaysia because it said that it was never consulted.

The Kelantan Government lost because the judge found that there was nothing in the Constitution that compelled the Federal Government to consult with the states on the creation of Malaysia.

Anyway, I am not going to give a constitutional law lecture here.

The reason I raise this case is because I found the opening statement by the judge fascinating.

Let me repeat it here (OK, I admit, I am copying long quotes because I am in holiday mood and I’m taking the easy way to fill up column inches).

However, on to Chief Justice James Thomson.

“Before dealing with this application I would express my great appreciation of the assistance I have derived from the arguments of counsel. I would make it clear that if I do not discuss these arguments with the thoroughness which they deserve, it is not due to any discourtesy but due to the necessity of disposing of the application today,” he said.

“I would also express my appreciation of the temperance and restraint with which counsel on both sides have stated their case and, in particular, of the acceptance by each side of the sincerity of the other.

The difference between the parties are clearly very profound. That they should have been prepared to discuss them here with such moderation and sympathy for each other’s point of view augurs well for the future of the country”.

Notice he started off with thanking the lawyers for their assistance and then effectively apologising for not having the time to discuss their arguments in depth. Manners maketh the man, as they say.

Furthermore, as the second paragraph shows, it wasn’t just the judge who behaved in a polite manner.

The lawyers too were commended for their civility towards one another and how they practised restraint despite being on diametrically opposed camps dealing with a passionate subject matter.

This opening statement by the judge and his description of the behaviour of the lawyers just reeks of class.

It is that intangible quality that raises one above the crude and the crass.

To be able to do battle without resorting to lowering oneself to the basest of speech and action.

To be able to act with humility even when one holds the highest judicial office in the land.

My goodness, how we are lacking such class today.

If the powerful are corrupt, can we be surprised if the lowly are too? If the high and mighty behave like thugs, can we be surprised if the hoi polloi do so too?

In present times, one would be hard-pressed to find examples of those with the power and the influence over society acting in a way that is dignified and noble.

On the contrary, we have men and women purporting to be leaders but behaving in a manner that ought to be scorned if conducted by the meanest of the citizenry, let alone those who stalk the corridors of power. In short, we don’t have any class.

I am struck and quite saddened by the Chief Justice’s last sentence, where he points out that such good behaviour as displayed by the lawyers on both sides augured well for the nation. I believe he would be disappointed to see that his prophecy was far from accurate.

Be that as it may, this is no way to end my Christmas article.

I declare that we the people can bring a bit of class to this sad little country of ours.

We can do so by behaving in a manner that does not pander to the crass and the uncouth. We battle them, of course, but with dignity and with honour.

We do not lower ourselves to their level. We can show some class.

Merry Christmas and a Happy New Year everybody!


The Star, Published: Wednesday, 23 December 2015
Let’s make Malaysia a class act
The country can be much better if we counter the uncouth with humility, dignity and honour.
If the powerful are corrupt, can we be surprised if the lowly are too ?
If the high and mighty behave like thugs, can we be surprised if the hoi polloi do so too?
By Azmi Sharom, a law teacher
The views expressed here are entirely the writer’s own.
http://www.thestar.com.my/opinion/columnists/brave-new-world/2015/12/23/lets-make-malaysia-a-class-act/


posted by fom_club at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Syed Nadzri

IT is hard to fathom why Oxford Dictionary’s word of the year this time is not even a word but rather a symbol you often see appearing in your handphone messages − the smiley sort with tears of joy. They call that childish symbol emoji. Goodness me, I don’t know what that means either, just that it sounds so Japanese.

Word of the year is normally chosen from significantly dominant expressions but the thing to note is, has Oxford English Dictionary, which in itself boasts of 600,000 entries covering over 1,000 years, actually run out of clear-cut words for the distinction? Or has that electronic symbol been too overwhelming to ignore over the whole of this year? To give a better perspective, it has to be noted that the dictionary’s word for last year was vape and the year before that, selfie. Yes, both these terms have created more than a sensation in this country as well.

Be that as it may, so has emoji. Almost every other electronic message you receive on your phone application is bound to carry the emotional codes of smiling, crying or laughing symbols. Extensions include the thumbs up or thumbs down symbols or the two-finger peace sign. The smiley has caught the world by storm. Hence, Oxford Dictionary has found it appropriate to pick it as the word of the year.

Which raises the next question: by making a symbol as word of the year, does it mean we are really losing or have lost it altogether to the old art of sentence construction? To me it is another blow to the old romance of writing. For instance, instead of saying it the old-fashioned way: “This is to inform you that I thoroughly enjoyed your joke and could not help but burst out laughing loud hahaha”, one cheeky little symbol of the emoji does the work of 20 words. Splash and it says it all. Reduce the clutter.

Probably the world is into word-savers. Add that to all sorts of abbreviated words now commonly used in electronic messages and we see a clear transformation of where our forms of communication are heading. “Hw u tday” and answer: (thumbs up symbol).

Coincidentally, Merriam-Webster, another international dictionary, has also picked less than a word as word of the year, picking the suffix “ism” for the honours.

The Associated Press reported that the top “isms” to earn high traffic spikes and big bumps in lookups on the dictionary company’s website this year over the year before were socialism, fascism, racism, feminism, communism, capitalism and terrorism. Malaysia went through that quite as well not too long ago with cronyism, nepotism and all kinds of sarcasms.

Dictionary.com, on the other hand, chose identity as its word for 2015 to signify a year when gender, race, sexuality and nationality have dominated the news.

“Over the past year, headlines tied to gender, sexuality and race dominated the news,” Time magazine reported. “In particular, many of the year’s biggest stories focused on the way in which individuals or members of a group are perceived, understood, accepted or shut out.”

Editors said they picked identity after they saw spikes in lookups for words such as transgender, cisgender and microaggression, which Dictionary.com defines as“a subtle but offensive comment or action directed at a minority or other non-dominant group that is often unintentional or unconsciously reinforces a stereotype”.

What about word of the year in Malaysia, the word that is not only often used but rings with significance in 2015? Nothing doing with the notoriety that they might bring but it is not hard actually to pick from this few − Oil, GST and Ringgit.


New Straits Times, Updated: 22 DECEMBER 2015 @ 11:01 AM
Making sense of 'emoji' as Oxford's word of the year;
Smileys: Gone are the days of expressive sentences as symbols, or emoticons, have taken away the romance of writing
By Syed Nadzri, former NST group editor
Read More : http://www.nst.com.my/news/2015/12/118488/making-sense-emoji-oxfords-word-year


posted by fom_club at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Harun Yahya

A DOCUMENTARY by Channel 4 News last month movingly showed the suffering that loneliness causes to millions of elderly people.

Margaret Nickless attempted, with tears in her eyes, to describe her plight in the words, “If you have never been lonely, you cannot imagine what it is like”. Roy Croucher described loneliness in the words, “You know that when you return to a totally empty home, you know that loneliness will afflict you again. And you spend all your days waiting for the phone to ring”.

The number of people living alone across the world is approaching 300 million. That figure is also growing by the year. The rapid rise in the number of people who live alone or feel lonely, particularly in Western societies, is attracting considerable interest among scientists and is the subject of much research.

As in so many areas, America tops the list. More than 32 million people in the country live alone; 28 per cent of households consist of only one person.

Eric Klinenberg, a professor of sociology from New York University, approaches the subject differently and suggests that solitude is a new “trend”. The world of brand names and consumerism have certainly made solitude a trend. Products aimed at people who live alone are extraordinarily popular across the world. World-famous brands concentrate on products aimed at single people.

In short, people who live alone are regarded as a significant “economic market”. The reason for this is that the majority of people who live alone generally tend to lead active lives; they frequently dine out and participate more often in activities such as going to concerts, the theatre and cinema and they make more use of sports centres.

Therefore, instead of measures to prevent solitude, people are literally being encouraged to adopt it. And, of course, that leads to a serious increase in the numbers of people living alone.

Another surprising thing is that the great majority of people now live alone out of choice, not because they have to.

Klinenberg attributes this to people now having the purchasing power to meet their needs entirely by themselves. To put it another way, he is saying that as people’s economic means grow, so does their potential for living alone.

The reason why young people prefer to live alone, according to Klinenberg, is their search for an identity.

Another factor associated with the increase in the number of people living alone is technology. The fact that people are in constant contact thanks to the Internet and social media is another important factor in the rise of people living alone.

Yet, neither advances in technology or communications or transportation are in fact responsible for so many people living alone. There is but one reason for this problem that is growing by the day; the lovelessness that is afflicting the world. The lack of love in the world is the only reason why young and old choose, or are condemned, to live in solitude.

People do not love one another. They disregard and take no interest in one another; elderly people find themselves abandoned, with nobody feeling the slightest pang of conscience. A blind eye is turned to their living isolated from the world.

Young people, who receive no interest or love from the people around them, are encouraged to take up habits that will end up harming them. People who become tired of friendlessness and lovelessness seek the company of dogs, cats, budgies, cats and tropical fish instead.

People who fail to find the love they seek lose all the joy of living and decide to live alone. The list could be extended in even greater detail.

The fact is that lovelessness is one of the greatest societal scourges. Solitude is the most dangerous sickness caused by lovelessness and one of the greatest causes of suffering. Indeed, international law has determined that isolation is the worst punishment for criminal offences.

Criminals are condemned to isolation in prison because of their crimes. The longer the sentence, the worse the punishment. Life imprisonment, in one sense, means a life of solitude.

Contrary to what many academic studies suggest, solitude is not a natural part of life. Being together in a spirit of love and friendship and brotherhood, as the old saying goes, is the spice of life. It is inhuman to choose a life devoid of love and friendship or to impose such a life on others.

Human beings are created to wish to see beauty around them and to delight in it. A joyous faith in the heart and love of God gives rise to a profound love for the manifestations of Him. The soul can only be at ease when it sees the manifestations of God. Animals, plants, trees, fruits, foods and lovely views are all delightful manifestations of the existence of God but the most intense manifestation of God is human beings. The moral values, love and affection of God are most intensely manifested in humanity.

Like many other problems in the world, loneliness can be eradicated if people live by love. Everyone will then come together in a spirit of love and everyone, great or small, will be loved and respected. Nobody will be condemned to a life of solitude or even wish to live alone. They will spend their days in joy and happiness, as if every day were a holiday. We all have a duty to make those fine times a reality.


New Straits Times, Updated: 22 DECEMBER 2015 at 11:02 AM
Solitude is the new trend;
The lack of love and modern products that focus on those living alone make for an increasingly isolated world
By Harun Yahya
The writer is the author of more than 300 books, translated into 73 languages, on politics, religion and science
Read More : http://www.nst.com.my/news/2015/12/118496/solitude-new-trend

Is our family broken? Are you enjoying the community activities? Is there the union for employee in work place? Do you have a right to be heard? Is our world segmented and isolated? Where is the justice? .....



posted by fom_club at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

wrong trajectory

I HAVE been mulling over this article for more than a week.

Since we are now close to the year-end, I wanted to write a piece summarising my thoughts about 2015.

I also wanted to reflect the current festive season.

Unfortunately, that is not easy to do.

To me, 2015 has been a frustrating and disappointing year.

If previously many people had been saying that our country was heading in the wrong direction, 2015 seems to have confirmed that our politicians have charted that disastrous trajectory for us.

We have many examples of questionable decisions taken by our politicians.

The darkest day this year was...

A few days later, he said: “I will evaluate people based on their loyalty.

There are a lot of smart people around but to find those who are loyal is rare.

When loyalty is more prized than aptitude, it is a bad sign for our country.

But that is the path that our top leadership seems to prefer...

By now the MPs already know that there is a heavy price to pay if they show any sign of independent thinking...

I see today a society that has been conditioned to not ask questions.

The top leaders can do whatever they want and the majority in our society would blindly obey.

On the international platform, our country has taken a battering from almost every angle.

Our credibility has been tarnished.

I don’t think we can regain that credibility unless we provide credible answers to the many predicaments that exist today.

If we don’t undergo that tough process, we will not be able to regain the true respect that we once enjoyed.

Unfortunately there is no sign that our politicians are willing to do the necessary.

Everything indicates that we will go into 2016 with politicians whose only interest is to secure their own positions.

There is no political will to change.

With this kind of scenario, I find it difficult to look forward to 2016 with the festive spirit we are supposed to have today.

For I really do fear for the future of our country.


The Star, Published: Tuesday, 22 December 2015
A bleak future if there’s no change
By Wan Saiful Wan Jan
chief executive of the Institute for Democracy and Economic Affairs
http://ideas.org.my/
http://www.thestar.com.my/opinion/columnists/thinking-liberally/2015/12/22/a-bleak-future-if-theres-no-change-events-in-2015-seem-to-show-/


posted by fom_club at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

George Monbiot

This is humanity’s great paradox: we are the only animal capable of sustained empathy and altruism towards unrelated beings – and we are the only animal that murders so many of its own kind, and lays waste to the planet it inhabits.

While our violence towards each other has diminished with astonishing speed, as Steven Pinker documents, our violence towards the living planet appears to be intensifying. The megafauna that once dominated most parts of the world is now confined to small and shrinking pockets, from which it is disappearing at great speed.

At the current rate of poaching, rhinos and elephants could vanish from almost every corner of Africa by the time a child born today leaves school. Lions once lived almost everywhere: across Europe, Asia, the Americas and throughout Africa. In the 1940s there were some 450,000 remaining in Africa. Now there are 20,000, and the population is forecast to halve over the next 20 years.

In just one fire season, much of the Indonesian rainforest has been fragmented and incinerated. The marine ecosystem is collapsing in front of our eyes, food webs unravelling through overfishing and pollution. Soil, according to the UN Food and Agriculture Organization, is being lost so fast that the world has, on average, just another 60 years of crop production. The climatic space in which human civilisation flourished is slamming shut.

Could it be that the two trends are related? Might the remarkable decline in the violence human beings inflict on each other have been obtained by violating the living world? Have we, by seizing and liquidating natural wealth, bought ourselves a temporary respite from resource conflict?

There is a more optimistic way of understanding the human paradox. With the possible exception of the naked mole rat, which is a eusocial mammal (it has a family structure similar to that of bees and ants), no vertebrate species is as sociable as we are. Mole rats subordinate their individual interests only to those with whom they share genetic material. But we are capable of subordinating ours even to those of total strangers: sending money to charities, taking in refugees, volunteering as human shields.

We use our social tendencies to normalise such remarkable behaviour. But the same ability to unite, to put ourselves in second place, can also be used to normalise our darkest tendencies: greed, violence, destruction, subordination to the demands of psychopaths. Most people align themselves with the status quo, whether it be democracy, monarchy, Stalinism, Nazism, care for the living planet or a carnival of ruin.

In other words, the problem is not that we are inherently inclined towards destruction, waste and killing, any more than we are inherently inclined towards angelic feats of kindness and love.

Our social brain is capable of normalising either tendency. It is not human nature we need to change, but the norms and institutions that play upon it. In other words, the task is not, as some imagine, impossible, but merely difficult.

Through the transformations that Pinker documents, we appear to have undergone what the novelist Michel Houellebecq calls a metaphysical mutation in our relations with each other: the precipitous decline in violence that has occurred, against all predictions, in less than a century. Now we have to do the same for our relationship with the living world.

Yes, there’s a long way to go. We seem to be better at persuading ourselves we have changed than we are at changing. The climate agreement in Paris was widely greeted as a breakthrough. It is nothing of the kind. Shorn of targets, timetables and binding instruments, it is a highly effective programme for salving the collective conscience of the delegates, and little more.

As the website climateparis.org explains, even if every pledge nations brought to the talks were honoured (and already governments such as the UK’s are breaking theirs), by 2030 the world will be producing more greenhouse gases than it does today. At that point we will have 14 years to reduce global emissions to zero, to stand a fair chance of preventing more than two degrees of global warming.

Advertisement

If the Paris agreement’s “aspirational” aim of no more than 1.5 degrees is to be achieved, other estimates suggest, carbon emissions must fall off a cliff soon after 2020. The festival of self-satisfaction with which the talks ended was a “mission accomplished” moment, a grave case of premature congratulation.

Such failures reflect a general conviction that more effective action is impossible. It’s too difficult, too expensive to prevent the slow collapse of the biosphere; easier just to live with it – or die with it. But while the global support for renewable energy – $121bn a year – is widely decried as an outrageous drain upon the public purse, the $452bn with which the G20 nations support fossil fuels is, apparently, eminently affordable. It’s out of the question to keep fossil fuels in the ground but not, according to some commentators, to move cities in response to climate change or, as one columnist infamously proposed, to allow the tropics to be reduced to “wastelands with few folk living in them”.

The toxic stream of disinformation about climate change pumped out by companies such as Exxon mingles with a deep current of anti-intellectualism. But it is not our destiny to be swept away by this nonsense, any more than it is our destiny to resist it. This is a choice we take both alone and together. We have a remarkable capacity to make and to unmake social norms, as the great rejection of violence since the second world war attests.

There are plenty of examples –among both indigenous people and industrial economies – of collective agreements not to maximise the exploitation of resources. Such restraint is as much a human tendency as greed and profligacy. If we can stop killing each other so rapidly, we can just as easily and just as quickly stop killing the other beings that inhabit our planet. Human peace and prosperity do not depend on ecological violence. Indeed, it could be argued that they depend on its cessation.


The Guardian, Updated: Wednesday 16 December 2015 17.45 GMT
We’ve almost stopped killing each other. Now let’s spare the planet;
The astonishing drop in violence between human beings needs to be matched by an end to violence against the natural world
By George Monbiot
http://www.theguardian.com/commentisfree/2015/dec/15/killing-planet-george-monbiot


posted by fom_club at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Forest reserve in peril

Orangutan is on the brink of extinction in 5 years.

The threat to the Red Man of the forest
The orangutan, known as the red man of the forest, is losing vital habitat as the forests of Sumatra and Borneo are in demand for conversion to palm oil plantations.
Habitat conversion from natural forests to oil palm plantations has been shown to have a devastating impact on tropical forests, along with plants and animals that depend on them.

In 2006, about 6 million of the 11 million hectares of oil palm plantations globally were in Indonesia. In many areas, these plantations are taking over rainforests, the natural habitat of endangered species such as orangutans.

Scientists estimate that less than 60,000 orangutans now remain in the wild on Borneo and Sumatra.

The palm oil industry, which is causing clear-cutting of forests, forest fires, and also facilitates greater access for hunters and traders, is one of the most important factors in the dramatic reduction of orangutan populations.


WWF, Forest Conversion
http://wwf.panda.org/about_our_earth/deforestation/deforestation_causes/forest_conversion/

Not only Orangutan, but the way of life among Orangs Asli:

GUA MUSANG: For centuries, the jungle and rivers have provided everything for the Temiar people, the orang asli who have always lived in this part of the country.

But the modern world has come calling, and ecroaching into their space. Now, the Temiar’s very existence is under threat.

Their way of life – harvesting and hunting all they need, and sharing what they have with the whole community – is dying out.

Villager Dendi Johari, from Kampung Penad, said outsiders have been exploiting the easy going nature of his community.

He pointed out that Temiar culture dictates that the community share what they have with each other.

“Even when we hunt or fish, what we get is shared among everybody,” said Dendi, who is the Kelantan Orang Asli Youth network chairman.

Limat Belias, 35, from Kampung Sedal remembered a time where the jungle was virtually their supermarket.

Limat said everything they needed, from the bamboo to build their houses or to make blowpipes to food and medicine, could be found around them.

But extensive logging, legal or otherwise, have stripped large tracts of jungle bare.

“Now, it’s difficult to find the animals which used to be plentiful, and also edible plants,” he said.

Worse still, Limat said floods and landslides happen more often now.

These not only endanger their lives but leave orang asli villages which dot the hills surrounding Gua Musang isolated and cut-off from supplies such as fuel or non-traditional foods like cooking oil or noodles which they have now come to rely on.

The supply of fish, which is a major source of protein for the Temiar, is also dwindling out due to river pollution, also a result of the logging.

“It used to be very easy to get fish before the logging started. Now we get sick just by drinking the river water,” said Limat.

Salim Tegau, 35 from Kampung Bering, remembers a time when they would bathe in the river.

“The river is still there but the colour of the water is like teh tarik,” said Salim.

He said the areas surrounding his village now had rubber and oil palm trees, not the natural forest vegetation that used to be there. But they (rubber and palm oil plantations) don’t belong to us,” he said, adding that their staple food now were bananas, sweet potatoes and hill rice.

Herry Boy Angah, 20, from Kampung Penad, said even finding leaves for their animistic rituals are difficult and they now need to go deeper in the jungle.

He said their villagers were also much hotter now compared to before when it was so cold that cooking oil would harden overnight.

Herry said outsiders have tried to bribe villagers to allow them to log or encroach into ancestral land but they refused to accept the money.

“We now realise how important this land is for our children and grandchildren.We are prepared to defend our ancestral land,” he said.


The Star, Published: Sunday, 20 December 2015
Orang Asli’s way of life threatened
By Neville Spykerman and Charanjeet Kaur
http://www.thestar.com.my/news/nation/2015/12/20/orang-aslis-way-of-life-threatened-supergirls-who-delivered-malaysian-net-too-slowfor-video-streamin/

posted by fom_club at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

Religious freedom and pluralism

Religious liberty is an integral factor of American life, and has been since our nation’s founding. Indeed, many of the first European settlements in America comprised individuals and families fleeing religious persecution. Not surprisingly, this fundamental right is the “first freedom” enshrined in the Bill of Rights of our Constitution.

An essential component of religious liberty is the right of people of all faiths to participate fully in society without facing discrimination based on their religion. Religious pluralism is an American value and tradition of not merely “tolerating” religious diversity, but embracing it as a national asset, and as an opportunity to build bridges across faiths.

Each day in every state of our Union, diverse groups of Christians, Jews, Muslims, Hindus, Buddhists, Sikhs and others come together as Americans to tackle poverty, combat discrimination, and resettle and provide services to refugees fleeing persecution. Their work personifies the national motto enshrined on the Seal of the United States: E Pluribus Unum − out of many, one.

As the US ambassador to Malaysia, I have the opportunity to tell America’s story. This often includes responding to recent events.

For example, following terrorist attacks by groups, such as the Islamic State (IS) or al-Qaeda, I often hear concerns about the rights of Muslims in America.

Let me be clear: acts of violence or discrimination against Muslims are contrary to American principles and will not be tolerated. This has been and remains the policy of the US government. As President Barack Obama stated earlier this year, “Islam has been woven into the fabric of our country since its founding. Muslim Americans are part of the fabric”.

Addressing our nation following the recent terrorist attack in San Bernardino, California, Obama stated clearly that, “IS does not speak for Islam. They are thugs and killers, part of a cult of death . . . (and) just as it is the responsibility of Muslims around the world to root out misguided ideas that lead to radicalisation, it is the responsibility of all Americans, of every faith, to reject discrimination. It is our responsibility to reject religious tests on who we admit into this country. It’s our responsibility to reject proposals that Muslim Americans should somehow be treated differently. Because when we travel down that road, we lose”.

But, let us be clear: as important as religious liberty has been to America’s success as a nation, these rights do not belong solely to the American people. The freedom to choose one’s faith, change one’s faith, dissent from religion, speak publicly about one’s beliefs, gather for worship and teach one’s beliefs to one’s children are enshrined in the Universal Declaration of Human Rights and International Covenant on Civil and Political Rights.

And indeed, it is because we so value religious freedom at home that the US Congress has mandated that the advancement of religious freedom be a US foreign policy priority, and established an Office of International Religious Freedom within the Department of State.

And, we have senior officials, such as the Ambassador-at-Large for International Religious Freedom and the new Special Adviser for Religious Minorities in the Near East and South/Central Asia, who drive our efforts in support of this inalienable right.

It is true that bigotry occurs in the US, just as it does in every corner of the globe. And understandably hateful statements often receive widespread attention. But, this is only a small part of the story.

A more accurate view of the US can be found in everyday actions that often do not make international headlines, in part because these regular interactions of tolerance and respect are not newsworthy.

This includes the numerous government officials, faith leaders, and members of civil society who have denounced discrimination and supported their fellow citizens, such as the hundreds of Christian churches that are fundraising to resettle refugees; the 1,000 American rabbis who signed a letter welcoming Syrian refugees; the American Muslim crowd-funding campaign that has raised over US$200,000 for San Bernardino victims; and perhaps most tellingly, the 7-year-old boy who donated all the money in his piggy bank to a mosque that was vandalised in Texas. This is the true story of America.


The New Straits Times, Published: 19 DECEMBER 2015 at 11:02 AM
'Islam woven into the fabric of our country' ;
Religious freedom and pluralism are enduring American values
BY JOSEPH Y. YUN, US ambassador to Malaysia
Read More : http://www.nst.com.my/news/2015/12/117997/islam-woven-fabric-our-country




posted by fom_club at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jeffrey Frankel

How should one evaluate the agreement reached in Paris this month at the United Nations climate change conference? No sooner was the deal announced on Dec. 12 than the debate erupted.

Some avid environmentalists were disappointed that the agreement did not commit firmly to limiting global warming to 1.5 degrees Celsius above preindustrial levels by 2050.

But such a commitment would not have been credible. What emerged in Paris was in fact better, because the negotiators were able to agree on practical steps in the right direction. Individual countries pledged to limit their emissions in the near term, with provisions for future monitoring and periodic reviews of targets. This is far better than setting lofty goals for the distant future while giving little reason to think that they would be met. The important thing is to get started.

In four key respects, the agreement is a good one for those who regard global climate change as an important problem and want to take feasible steps to address it.

First, and most important, participation is comprehensive, with 188 countries offering individual commitments, called Intended Nationally Determined Contributions. In the past, only rich countries were expected to reduce their greenhouse-gas emissions; developing countries were explicitly spared that within the U.N. Framework Convention on Climate Change. That had to change, partly because it is in developing countries, not the advanced economies, that emissions are growing the fastest. Furthermore, countries like the United States would not agree to limit their emissions if they feared that carbon-emitting industry would simply migrate to developing countries.

Second, the agreement includes a process of future assessment and revision of targets. Every five years, the parties will take stock and renew the commitments. Targets can be adjusted in light of future developments to be more or less aggressive, (probably more, if the scientists’ predictions are borne out). Negotiations on the INDC revisions are to begin in 2018, even though the first set of targets is scheduled to take effect in 2020.

Third, the Paris deal takes steps toward transparency in monitoring, reporting, and verifying countries’ progress. Starting in 2023, countries are to report every five years on compliance with their emissions targets. The U.S. and Europe had to push China and India to agree to this. But without transparency, the INDCs would not be credible.

Fourth, the agreement contains mechanisms to facilitate international linkage, including scope for residents of rich countries to finance emissions reductions in poor countries. This is important because it is cheaper to pay a poor country to refrain from building new coal-fired power plants than it is to shut down an existing plant in a rich country. And achieving the first period’s INDCs at low cost will be an important determinant of countries’ willingness to take further steps in future periods.

Achieving more aggressive environmental goals, particularly limiting warming to 1.5 degrees Celsius, or zero greenhouse-gas emissions in the second half of the century, would of course be desirable in terms of minimizing the risk of disaster scenarios. In fact, the first INDCs, by themselves, are nowhere near enough even to limit warming to 2 degrees Celsius (the global goal that was agreed in Cancun in 2010).

But proclaiming ambitious targets is very different from achieving them. It is almost beside the point that the economic cost of pursuing a goal of 1.5 degrees Celsius would be very high. In any case, leaders can’t make credible commitments 35 years into the future. And the plan needs to be credible if it is to influence myriad business decisions made today.

Some developing-country leaders may be displeased for another reason: the figure of $100 billion in finance from rich countries does not appear in the legally binding body of the agreement. The rich countries did admit their moral responsibility to help small island states, for example, cope with “loss and damages” from sea-level rise. But they rejected demands for formal acceptance of legal liability.

This was a reasonable outcome in a difficult situation. Rich countries can’t deny that their past emissions have inflicted harm on the world. In a domestic legal system, an entity whose land was, say, flooded would have a claim to compensation from the entity that had caused the damage. But sovereign countries are not operating in such a system. The $100 billion in finance has always seemed problematic. The developing countries fear that the rich countries won’t deliver the money, at least not cash; and they are right. The rich countries fear that such “reparations” would disappear into the pockets of local elites; and they, too, are right. So it is better not to make promises.

The poor countries do have a strong case. The average American still accounts for 10 times the emissions of the average citizen of India, and India should not be deprived of the right to develop economically. But the best way to address these fairness concerns is through the agreed emissions targets. The efforts that richer countries promised should be -- and generally are -- greater than the efforts of poor countries. The richer a country is, the earlier the date at which its emissions should peak. The richer it is, the more sharply its target should cut emissions relative to the baseline. With targets that take into account their stage of development, poor countries can be paid for additional emissions cuts under the international linkage mechanisms.

In such ways, the Paris Agreement ensures both fairness and efficiency. Achieving it was a daunting challenge, and more challenges lie ahead. But the negotiators’ success in converging on a plan that offers hope of practical progress is an unambiguous triumph.


By Jeffrey Frankel
Jeffrey Frankel is professor of capital formation and growth at Harvard University.

Read more: The New Straits Times, Published: December 20, 2015
posted by fom_club at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Star Golden Hearts award

I REFER to the report “Honouring the Mount Kinabalu heroes (The Star, Dec 17).

I am the father of Prajesh, the schoolboy from Singapore, who was the worst injured survivor of the Mout Kinabalu earthquake that took place on June 5. My son was rescued at about 2pm more that six hours after the earthquake.

We are greatly indebted to the mountain guide by the name of Cornellius and his team who rescued my son on that fateful day. We really hope that Cornellius and his team could also be honoured as Mount Kinabalu heroes.

If not for Cornellius and his team, who risked their lives and went back to Via Ferrata to look for survivors, my son may not have been found. These guides are divine souls who risked their lives and went back to the affected site inspite of the many after shocks.

We are really indebted to Cornellius and his team and would also like to highlight to The Star and the Malaysian Government to recognise Cornellius and his team for saving my son.

These guides portray the true spirit of humanity and inspite of not having all the comforts in life, they show us the way a human should live.

Editor’s note:
The Mount Kinabalu Guides Association (Pemangkina) was one of the winners of the inaugural Star Golden Hearts award. Its president Richard Soibi and member Junaydie Sihan, who attended the award ceremony at Menara Star, represented Pemangkina. The association received RM30,000 from the Star Foundation.


Letter to The Star, Published : Saturday, 19 December 2015
All mountain guides are heroes
By DHIMANT PATEL, Singapore
http://www.thestar.com.my/opinion/letters/2015/12/19/all-mountain-guides-are-heroes/

2015 The Star Golden Hearts award...

KUALA LUMPUR: Critics and even some friends have told Siti Zabedah Kasim that she is “too tough and aggressive”.

“But if I were not aggressive, I wouldn’t get things done,” argued the lawyer who fights cases for the orang asli in court and has taken their causes to heart. As one of her friends responded: “What did you expect, Snow White?”

By day, the feisty winner of one of the 10 inaugural Star Golden Hearts award works in a law firm in Kuala Lumpur. But, she has no ambition to become a partner there.

“Money is not my motivation and if I were a partner, I couldn’t do what I do,” she said. “I’m available for the orang asli whenever needed.”

For example, when the body of the first of the seven missing orang asli children from Gua Musang was found in October, Sasa Sobrie’s parents called Siti and she rushed to Kelantan.

She managed to raise about RM15,000 and channelled the money towards funeral expenses, transportation and accommodation for the orang asli families in Gua Musang.

“She really helped us with food, a place to sleep and rented transport,” said Dendi, a Temiar from Pos Simpur who is the youth chairman for Jaringan Orang Asal Kelantan and who helped in the search.

When their villages were flooded last December, the orang asli in Gua Musang also called Siti, who did a shout-out on Facebook and made the first delivery of food items and other supplies that weekend.

“The response from the public was fantastic,” she said, adding that she was “begging for a good cause”. The Bar Council paid for six lorries that carried food and clothes to the flood victims.

Siti coordinated three trips, sending in tonnes of food like dried prawns, ikan bilis, rice, Milo, tea and coffee. The second trip was with Allianz Malaysia which, as part of its Corporate Social Responsibility programme, paid for the helicopters.

“When the floods hit the east coast last year, she was there to help the orang asli wherever she could, getting food to them and being very involved,” said former Bar Council president Datuk Ambiga Sreenevasan. “She is very dedicated to the cause.”

Siti’s first encounter with the orang asli was in 2010. She was a member of the Bar Council’s human rights committee and went with then president Ambiga and other committee members to Kampung Chang in Bidor, Perak.

“I stayed with the orang asli and saw how they lived,” she recalled. “I realised that many things needed to be rectified.”

Ambiga felt there were so many orang asli issues that a special committee was also needed, said Siti, and the Committee on Orang Asli Rights (COAR) was born in 2012. Siti decided she had to focus on the orang asli, becoming COAR’S deputy chairman.

COAR’s goals include creating awareness of the rights of the orang asli and empowering them, she said. “We go in, by invitation, to talk to the villagers, explain what their rights are under the law and what they can do in order to get these rights.”

The year COAR was set up, 13 Temiar protesters and Siti were arrested after they held a blockade and demonstration.

“They gathered the money for food, worked together and planned everything,” she stressed. “I only advised on their legal rights – that they might be arrested – and what to do.”

The police said she was an instigator, she remembered.

“If explaining their rights is instigation, I’m very happy to be called an instigator.” In the end, none were charged.

COAR offers free legal services to orang asli in court and is now helping with between 10 and 15 cases in Johor, Pahang and Kelantan.

Recently, Siti and fellow lawyer Roger Chan have been acting pro bono for three Temiar who were charged with rioting.

Although the response to her shout-out after the floods and for the families of the missing orang asli children was overwhelming, the lawyer has been underwhelmed by the response to her call for lawyers to volunteer free legal services for orang asli. (COAR covers the court fees.)

“We are still very short and can count on one hand the number of lawyers helping with these cases,” she said.

But Siti is hopeful about a new plan to have chambering law students work on orang asli cases for at least two weeks.

“This has been approved and will start soon,” Siti said. “It will help to make them aware of the issues.”

Like her fellow Star Golden Hearts award winners, Siti has reached out to a different community, investing her time, effort and passion.

“She has been our comrade and our lawyer in the struggle for orang asli rights,” said Dendi. “She really cares about us.”

Siti’s philosophy is summed up in the Thomas Paine quote in her Twitter profile bio: “The world is my country, all mankind are my brethren, and to do good is my religion.”


The Star, Published: Saturday, 19 December 2015
Lawyer just begging to do good
By Santha Oorjitham
http://www.thestar.com.my/news/nation/2015/12/19/lawyer-just-begging-to-do-good-feisty-lady-puts-aside-ambition-to-better-the-lives-of-orang-asli/

KUALA LUMPUR: Their WhatsApp chat group is called “Supergirls”.

Teenagers Shirley Lee, Farhana Mohd Fadzli, Wee Tai May and Wong Hui Yu took the lead when no one dared to, and helped save the lives of a woman and her newborn son. As a result of their extraordinary feat, they have been collectively chosen as winners of the inaugural Star Golden Hearts award.

The four girls were able to work together to help deliver a baby outside the Sunway Pyramid shopping centre.

“My father taught me that if I have the opportunity to do good but I do not, it would be as bad as if I have committed a sin,” said 15-year-old Lee, who was the first of the four to see the woman on the verge of fainting outside the shopping mall in September.

The Sunway International School student asked if she needed help and discovered that the woman was suffering labour pains. Lee managed to call for an ambulance but before it could arrive, the woman’s water broke.

“She said she couldn’t wait anymore. She had to do it right there and I trusted her instincts,” Lee said.

Farhana, 18, Wee, 18 and Wong, 19, who were all passing by, rushed to her aid.

In less than five minutes, Lee was holding a crying baby in her hands.

“It was really smooth,” she said, describing the delivery.

The girls tied the baby’s umbilical cord with a shoelace before Farhana held him against his mother’s stomach.

They were faced with another problem when the placenta became stuck and the mother was bleeding heavily.

Wong, who said she had seen cadavers during her pre-university course, was not squeamish at the sight of blood and tried to stem the bleeding.

The rest held the woman’s hands and kept her from fainting until the ambulance finally arrived 40 minutes later.

The experience inspired Wong, a Public Service Department scholar, to study medicine.

Before this, she had doubts about taking up medicine. “I kept thinking maybe I do not have the ability to help or maybe I cannot be a good doctor,” she confessed.

She is now determined to be a doctor “no matter how hard it is. I must study medicine so that next time, when I encounter these situations, I can cope better,” she said.

The experience created a special bond among the girls who were total strangers to each other before it happened.

Every morning, they send each other greetings via their “Supergirls” chat group as well as reminders not to take the things they love in life for granted.

When asked whether they believe others would show the same courage in a similar situation, all answered “yes” without hesitation.

The experience, Farhana said, taught her that everyone, not only Malaysians, should help each other irrespective of race or religion.

“It is about humanity. We have to help each other out,” she said.

The girls found themselves in the media spotlight after a posting about them went viral on Facebook.

Wee, who did not expect the media attention, confessed to having mixed feelings.

“I felt a bit sad,” she said. “Did it get so much attention because Malaysians do not believe others would help another person this much?”

The girls said their parents were incredulous when they were told of the incident.

Farhana said her mother only believed her after noticing the blood stains on her trousers while Wee’s friends and family thought she was pulling their leg until they saw the story in the newspapers the next day.

The teens all agree the incident taught them the beauty of a crisis was that everyone involved could discard any preconceived notions about each other and work together.

“It is not about whether you know each other. In that moment, it was whether you were willing to put down your ego and go for the same goal,” said Wong.

The girls later found out that the mother was Siow Huey Quin, 35, an accountant.

The father, Kee Hoo Beng, 40, was extremely grateful to the four of them for their help.

He named his son Kee Sun Way in memory of the 1Malaysia spirit which surrounded the child’s birth.

Lee, Wong, Farhana and Wee met once more during the baby’s full moon party in October.


The Star, Published: Sunday, 20 December 2015
'Supergirls' who delivered
By Adrian Chan
http://www.thestar.com.my/news/nation/2015/12/20/supergirls-who-delivered/


posted by fom_club at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

Ruben Sario

KOTA KINABALU: Three Sabahans who helped in the resistance movement against the Japanese Occu-pa-tion forces in Malaya during World War II have finally received due recognition.

The three – former Sandakan schoolmates Datuk Chin Phui Kong, Liang Shi Ming and the late Ho Su Shen – were awarded Taiwan’s Gold Medal award for their bravery and sacrifice during the war.

They were presented with the medals and certificates by Tai-wan’s Chief Secretary of Overseas Community Affairs Council Chang Liang-Ming during a simple ceremony here recently.

The 92-year-old Chin, former Sabah Fisheries Department director, told The Star that the award came as a pleasant surprise as not many knew of their involvement in Force 136 of the resistance movement against the Japanese imperial army.

He, Liang and Ho completed their junior middle school studies at the Chung Hwa school in Sandakan and went on to Guangzhou in China to continue their studies there in 1941.

“The Pacific War broke out and in 1944, several of my classmates and I were recruited in Chongqing and we were sent to India and Sri Lanka for military training under the Force 136 command,” he said in an interview at his Likas Bay house.

Commissioned as a lieutenant in Force 136’s Dragon Six unit, Wong was also trained as a paratrooper and a demolition expert.

He, along with Liang and Ho, the father of Liberal Democratic Party (LDP) deputy secretary-general Datuk Ho Jia Lit, were flown for 12 hours from India and parachuted behind enemy lines in Malaya in 1945.

“We were assigned to train the Malaya People Anti Japanese Army (MPAJA) guerillas. When I landed in Bidor, Perak, I found myself at the camp of resistance leader Chin Peng,” he said.

(Chin Peng eventually led the Communist Party of Malaya and died in exile in Thailand on Sept 16, 2013).

When the war ended with the Japanese surrender several months later, Chin headed back to China to continue studying at Xiamen Uni-ver-sity in Xiamen.

He returned to Sabah and joined the Fisheries Department in 1950 and continued serving there until his retirement in 1978.


The Star, Published: Friday, 18 December 2015
Taiwan honours Sabahan war heroes
By Ruben Sario
http://www.thestar.com.my/news/nation/2015/12/18/taiwan-honours-war-heroes-three-sabahans-earn-recognition-for-their-bravery/

Another news from Kota Kinabalu :

KOTA KINABALU: For the Mount Kinabalu guides, no sacrifice is too great.

Robbi Sapinggi and Joseph Solungin were fine examples of great men who gave up their lives to rescue others. They will be especially remembered for their selfless acts during the June 5 earthquake which claimed 18 lives.

On the fateful day, Robbi and Joseph were among over 130 climbers and guides descending from the summit when boulders and rocks came tumbling down the mountainside.

Some rocks hit 30-year-old Robbi, injuring his head and body. He stumbled and fell but shouted to the climbers to “keep going”.

Robbi managed to free himself from the waist-deep rocks but by the time rescuers reached him 10 hours later, he had died.

The remains of Joseph were found much later. From his posture, it appeared that he had tried to protect two other climbers who also died in the avalanche.

The sacrifices of both men, who were members of the Mount Kinabalu Guides Association (Pemangkina), did not go unnoticed.

The association was honoured with one of the 10 inaugural Star Golden Hearts awards.

“Robbi and Joseph symbolise what we are – that no sacrifice is too great to protect the people we’re responsible for,” said Pemangki-na president Richard Soibi, who was in Bundu Tuhan nearby when the earthquake struck.

Meanwhile, at the Kinabalu Park headquarters, 40 mountain guides were getting ready to escort climbers up the mountain.

“I asked them (the guides) to trek up to Panar Laban to check out the trail and see if they could help bring down those who were stranded,” said Richard.

Richard went up with his team in the afternoon. Upon reaching Panar Laban, he found that the trail to the summit was blocked.

After several failed attempts to rescue victims with helicopters due to strong winds, the stranded climbers managed to make their way down the blocked trail with the guidance of Sabah Parks ranger Mithunjay Langgim.

Other mountain guides who raced to Panar Laban earlier managed to bring down some of the injured that same afternoon.

This was poignantly captured in a photo of bandana-clad mountain guide Mohd Rizuan Kauhinin, who carried injured Singa-porean student El Wafeeq El Jauzy, 12, on his back for over 1km down the mountain trail.

Widely circulated on social media, it became the iconic symbol of the mountain guides’ heroism following the earthquake.

Richard said one of the most difficult tasks for the guides was picking up the remains of those crushed by the rocks and boulders.

“It was tough but it was something we had to do as guides,” said Richard, who leads the association of 250 licensed mountain guides, most of whom are local Dusun from Kampung Kiau, Bundu Tuhan and Kundasang.

“From young, Dusun people are taught to care for their neighbours and that helping others is the honourable thing to do.”

He said the association appreciated the Sabah government’s decision to raise their fees from RM180 to RM230 and to provide them with life and disability insurance.

“Our wish now is to see a memorial being erected at the Kinabalu Park to remember those who died,” he added.


The Star, Published: Friday, 18 December 2015
Honouring Mt Kinabalu heroes
By Ruben Sario
http://www.thestar.com.my/news/nation/2015/12/18/honouring-mt-kinabalu-heroes-mountain-guides-selfless-courage-lives-on/


posted by fom_club at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ban Ki-Moon

Mr Yahoo is happy to read the following comment in today's New Straits Times. The writer is Mr Ban Ki-Moon, secretary general of the United Nations :

SEVENTY years ago, the United Nations was created from the ashes of the Second World War. Seven decades later, in Paris, nations have united in the face of another threat − the threat to life as we know it due to a rapidly warming planet.

Governments have ushered in a new era of global cooperation on climate change − one of the most complex issues ever to confront humanity. In doing so, they have significantly advanced efforts to uphold our Charter mandate to “save succeeding generations”.

The Paris Agreement is a triumph for people, the environment, and for multilateralism. It is a health insurance policy for the planet. For the first time, every country in the world has pledged to curb their emissions, strengthen resilience and act internationally and domestically to address climate change.

Together, countries have agreed that, in minimising risks of climate change, the national interest is best served by pursuing the common good. I believe it is an example we could gainfully follow across the political agenda.

The victory in Paris caps a remarkable year. From the Sendai Framework for Disaster Risk Reduction to the Addis Ababa Action Agenda on Financing for Development, from the historic Sustainable Development Summit in New York to the climate conference in Paris, this has been a year in which the United Nations has proven its ability to deliver hope and healing to the world.

Since my first days in office, I have called climate change the defining challenge of our time. That is why I have made it a top priority of my tenure. I have spoken with nearly every world leader about the threat climate change poses to our economies, our security and our very survival. I have visited every continent and met communities living on the climate frontlines.

I have been moved by suffering and inspired by the solutions that will make our world safer and more prosperous.

I have participated in every United Nations climate conference. The three Climate Summits I convened mobilised political will and catalysed innovative action by governments, businesses and civil society. The Paris Action Agenda, along with the commitments made at last year’s Climate Summit, show that the answers are there.

What was once unthinkable is now unstoppable. The private sector is already investing increasingly in a low-emissions future. The solutions are increasingly affordable and available, and many more are poised to come, especially after the success of Paris.

The Paris Agreement delivered on all the key points I called for. Markets now have the clear signal they need to scale up investments that will generate low-emissions, climate-resilient development.

All countries have agreed to work to limit global temperature rise to well below 2o Celsius and, given the grave risks, to strive for 1.5o Celsius. This is especially important for the nations of Africa, Small Island Developing States and Least Developed Countries.

In Paris, countries agreed on a long-term goal to cap global greenhouse gas emissions as soon as possible in the second half of the century. One hundred and eighty-eight countries have now submitted their Intended Nationally Determined Contributions, which show what they are prepared to do to reduce emissions and build climate resilience.

Currently, these national targets have already significantly bent the emissions curve downwards. But, collectively, they still leave us with an unacceptably dangerous 3o Celsius temperature rise. That is why countries in Paris pledged that they will review their national climate plans every five years, beginning in 2018. This will allow them to increase ambition in line with what science demands.

The Paris Agreement also ensures sufficient, balanced adaptation and mitigation support for developing countries, especially the poorest and most vulnerable. And it will help to scale up global efforts to address and minimise loss and damage from climate change.

Governments have agreed to binding, robust, transparent rules of the road to ensure that all countries do what they have said they would do. Developed countries have agreed to lead in mobilising finance and to scale up technology support and capacity building. And developing countries have assumed increasing responsibility to address climate change in line with their capabilities.

In acknowledging this historic achievement, I would be remiss if I did not recognise the leadership and vision of the business community and civil society. They have highlighted both the stakes and the solutions. I salute them for their outstanding display of climate citizenship.

Now, with the Paris Agreement in place, our thoughts must immediately turn to implementation. By addressing climate change we are advancing the 2030 Agenda for Sustainable Development. The Paris Agreement has positive implications for all the Sustainable Development Goals. We are poised to enter a new era of opportunity.

As governments, businesses and civil society begin the mammoth project of tackling climate change and realising the Sustainable Development Goals, the United Nations will assist member states and society at large at every stage. As a first step in implementing the Paris Agreement, I will convene, as requested by the Agreement and by the Convention, a high-level signing ceremony in New York, on April 22, next year.

I will invite world leaders to come to help keep and increase momentum. By working together, we can achieve our shared objective to end poverty, strengthen peace, and ensure a life of dignity and opportunity for all.


Read More : http://www.nst.com.my/news/2015/12/117805/new-era-opportunity


posted by fom_club at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

Malala Yousafzai

The Nobel prize winner Malala Yousafzai has condemned Donald Trump’s views on Muslims as she attended a sombre ceremony to remember the 134 children killed in a Taliban attack on a Pakistani school a year ago.

“Well that’s really tragic that you hear these comments which are full of hatred, full of this ideology of being discriminative towards others,” said Malala, who lives in the UK, in response to recent comments by the US Republican presidential candidate.

Trump has been heavily criticised for calling for a ban on all Muslims entering the US after a Muslim husband and wife shot and killed 14 people in San Bernardino, California, in an incident classified as a terrorist act.

Speaking at the ceremony in Birmingham, Malala’s father Ziauddin Yousafzai also criticised Trump’s comments.

“It will be very unfair, very unjust that we associate 1.6 billion with a few terrorist organisations,” he said, referring to the number of Muslims worldwide.

The event was organised by peace prize winner Malala and her family. Malala was shot in the head by the Taliban in 2012 after she had publicly advocated education for girls.

On 16 December 2014 nine extremists scaled the walls of an army-run school in the north-western Pakistani city of Peshawar, throwing grenades and opening fire on terrified children and teachers.

“There are these terrorist attacks happening, for example what happened in Paris or what happened in Peshawar a year ago,” Malala said, referring to last month’s Islamic State attack in Paris that killed 130 people.

“If we want to end terrorism we need to bring quality education so we defeat the mindset of the terrorism mentality and of hatred.”


Agence France-Presse in Birmingham
Wednesday 16 December 2015 07.18 GMT
Donald Trump's Muslim views 'tragic and full of hatred', says Malala Yousafzai :
Nobel prize winner and girls’ education advocate, who survived Taliban attempt to kill her, criticises Republican’s call to ban Muslims entering US

http://www.theguardian.com/world/2015/dec/16/malala-yousafzai-donald-trumps-muslim-views-tragic-and-full-of-hatred

Please refer to the following :
Voice of America, Last updated on: December 16, 2015 11:42 AM
Republicans Clash on National Security in Feisty Debate
By William Gallo
http://www.voanews.com/content/last-gop-debate-of-year-focuses-on-terrorism-national-security/3105045.html

Also please refer to the article posted on 16 December 2015 by BBC :

Mr Trump was on the defensive early in the debate for his proposed ban on Muslims entering the US, saying, "We are not talking about religion, we are talking about security."

However the debate quickly expanded to broader issues of foreign policy and national security.

The candidates repeatedly addressed heightened fears of terrorism in the US on the same day an emailed threat shut down Los Angeles' school system...

Mr Trump loomed large over the so-called undercard debate, with the four candidates split over the efficacy of his proposed ban.

Senator Lindsey Graham apologised to US-allied Muslim leaders saying: "I am sorry. He does not represent us".

Democrats debate on Saturday night, and both parties will hold debates in January.

The state-by-state primary contests in the presidential election begin in six weeks in Iowa on 1 February and will last for months.

Each party will formally nominate their candidate over the summer, with Hillary Clinton the favourite to win the Democratic nomination.

Americans will finally go to the polls in November, and the newly elected president will assume office in late January of 2017.


Republican candidates clash over how to counter IS
http://www.bbc.com/news/world-us-canada-35106659


posted by fom_club at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Marina Mahathir

Today Mr Yahho has been so happy when he read the article in the Star:

Many think it means the right to absolute freedom rather than basic rights such as the right to life, to dignity, to a nationality, to education and to work.

Occasionally you get a request from someone from a country so new to you that you can’t resist agreeing to a meeting. That was how I sat down today with a young PhD candidate from Estonia to chat about our two countries.

Admittedly I had to begin by asking him where Estonia was. It is a tiny country neighbouring Finland and Latvia in eastern Europe with only about 1.3 million people, less than the population of KL.

We are both interested in the issue of human rights in our countries and noted many similarities, particularly in misunderstandings of what human rights means.

In Estonia, much as in Malaysia, people think that human rights means the right to absolute freedom rather than the very basic rights that all human beings should enjoy, such as the right to life, to dignity, to a nationality, to education and to work, among others.

Those who argue against human rights think that it means people have the right to walk naked in public or to take drugs or some other anti-social behaviour.

Without proper education on what human rights actually is, both Estonians and Malaysians have the same negative perceptions about it.

Estonians and Malaysians also seem to have similar attitudes towards migrant workers and refugees. Being part of the European Union, Estonians are able to work without much difficulty anywhere in Europe.

At the same time there is a huge debate there on whether to let Syrian refugees in based on as yet unfounded fears such as that they will take jobs away from Estonians. Given that Estonia is only slated to take in 300 refugees out of the hundreds of thousands washing up on European shores, the fears seem to be exaggerated, possibly by politicians out to make a quick vote.

What is more, Estonia is hardly the first choice of any migrant worker from other parts of the world.

Indeed, research showed that people who leave the country for jobs elsewhere outnumber those who come into the country for any reason by some 25,000.

Equally puzzling is the proposed ban of the hijab and niqab (face-covering) by the Estonian government.

Considering that their Muslim population is only about 1000-strong, most of whose women wear neither the hijab nor the niqab, one has to wonder about the logic of this proposed ban.

Some of the advocates of the ban said that while there is no need for it now, it was necessary to have it to prevent the so-called future influx of hijabed and niqabed women, presumably among the 300 refugees they are taking in.

Isn’t it wondrous that politicians everywhere practise the same kind of logic?

If one were a student of the illogicality of politicians, one would have had a wealth of material last weekend.

There was the fellow who, obviously thinking himself very original, declared that the uniforms our national airline’s female flight attendants have worn for the last 30 years are in fact “Jewish” designs and therefore should be abolished.

Considering that these uniforms were designed by the UiTM School of Fashion, this seems a rather awkward accusation to make. Besides, I don’t know many Jewish women who wear the sarong kebaya.

Then there was the fellow who said our leader is appointed by God. And since God makes no mistakes, our leader cannot be bad or wrong.

It makes you wonder why they even have elections for their leaders. Why not just wait for a giant arrow from above to point out the Right Guy, preferably accompanied by a bright light and some Arabic music?

I am just waiting for the day when the Arrow suddenly alights on the head of the Right Girl. Then all hell will break loose and they will decide that elections are still the best way because then you can fix it to pick the Right Guy.

After a whole convention baying for race and religion, one of our leaders then asks Muslims to show that Islam is a religion of peace in order to counter Islamophobia. He must have gone to the same school as right-wing Estonian politicians.

Apparently, when you say nasty things about other people and faiths, that is a peaceful act. It is only when you take up arms against them, that you’re not being peaceful and should be arrested and incarcerated.

In the former act, you are merely exercising your human rights while in the latter, you’re just being unsociable and even crazy.

Meanwhile in the real world, Jews in the United States are protesting against Islamophobia, Muslim Palestinians are donning Santa Claus outfits and singing carols along with their Christian friends and Germany is taking in 300,000 Syrian refugees.

I am looking forward to roast turkey, mince pies, peace on earth and goodwill to all humankind.

Merry Christmas everyone!


The Star, Published: Thursday, 17 December 2015
Misunderstanding the meaning of human rights
By Marina Mahathir

Marina Mahathir is a human rights activist who works on women, children and HIV/AIDS issues. The views expressed here are entirely her own.
http://www.thestar.com.my/opinion/columnists/musings/2015/12/17/misunderstanding-the-meaning-of-human-rights-many-think-it-means-the-right-to-absolute-freedom-rathe/


posted by fom_club at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

Save the planet! Its now or never!!!

FINALLY, after more than two decades of dilly-dallying and governments squabbling over responsibility and costs, the world has a new deal to tackle climate change.

This is the historic Paris Agreement, the outcome from the 21st Conference of Parties (COP21) to the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) which 195 nations have committed to and which was hailed by US President Barack Obama as “the best chance we’ve had to save the one planet that we’ve got”.

Actually, the danger posed by greenhouse gas emissions was already known 50 years ago. But the United Nations only organised its first Conference on Environment and Development in 1992. It was such a big deal that even The Star sent a reporter to the other side of the globe at great expense to cover it.

Strangely enough, no Malaysian media company sent reporters to cover the Paris summit, despite its importance, and the reported presence of a 70-strong Malaysian delegation led by Natural Resources and Environment Minister Datuk Seri Wan Junaidi Tuanku Jaafar.

While we were not apprised of our delegation’s contributions, what we do know is for the first time the United States, China and India were leading players in hammering out the legally binding treaty.

This was unlike their stance in previous climate summits which had exempted developing nations like India and China, a situation that angered the US which refused to commit to reducing its emissions for fear of hurting American businesses and the American way of life. (Think Texas, supersizing and gas-guzzlers.)

But the problem with international treaties is that no country can force another to do anything. That we know well from our years of suffering the haze coming out of Indonesia!

As Columbia University economist Scott Barrett, as quoted by marketplace.org, says: “You can negotiate an agreement to tell countries what they need to do. But countries don’t need to sign it. Or they can sign it and not ratify it. Or they could ratify it and not implement it. Or they could not implement it and withdraw from it.”

That was what tripped up previous climate pacts. The 1992 UNFCCC was voluntary which obviously didn’t work. The Kyoto Protocol of 1997 was legally binding but was likened by critics to setting a speed limit with no fines.

This time around, things were different: the effects of climate change and rising temperatures are everywhere: in America, the amount of snow in Sierra Nevada that provides drinking water for a third of California has diminished drastically.

In China, scientists have recorded the alarming rate the country’s glaciers are melting and retreating. Permafrost is losing its permanence. This has resulted in twin disasters of drought and floods. While there is lower volume of water in the Yangtze and Yellow Rivers’ downstream areas, from 2008 to 2010, 62% of Chinese cities experienced floods as glacial lakes overflowed.

The weather has gone wild and scary and this year is set to be the hottest year in recorded history, easily surpassing last year which was the previous record-holder.

So in Paris, the US and China, the two largest carbon emitters, knew they had to act. Small island nations like Kiribati and the Marshall Islands, that are most vulnerable to rising sea levels, also fought hard for ambitious targets.

Among the key outcomes of the Paris Agreement is the commitment to cut greenhouse gases in order to keep global temperatures from rising more than 2°C while ideally striving to keep it to below 1.5°C. The aim is that by 2050 or so, man-made emissions should be reduced to a level that can be absorbed by the oceans and forests.

The governments of the participating nations must now ratify the agreement and put in place policies and strategies to cut emissions.

They have four years to do so as the Paris Agreement is to take effect in 2020.

This seems like more precious time being wasted but as New York Times writer Justin Gillis states: “The planet is under threat from human emissions and the Paris climate deal is, at best, a first step toward fixing the problem. Some of the consequences of an overheated planet might be avoided, or at least slowed, if the climate deal succeeds in reducing emissions. At the least, by requiring regular reviews, the deal lays a foundation for stronger action in the future.”

We can only hope that the 195 governments won’t revert to old behaviour. If I could, I would send a copy of National Geographic’s climate issue last month to all of them.

What needs to be done and can be done to save the future is meticulously researched and presented in no uncertain terms in this issue aptly headlined: “Cool it”.

The opening pages state: Climate change is here. How can we power the planet without making things worse?

That sums it up very neatly. Our modern world gobbles up power which comes mainly from carbon emitting fossil fuels. We need to wean ourselves from such fuels and find other energy sources.

And there are effective alternatives: solar and wind. Germany’s aggressive strategy to generate electricity from such renewables which has 92% of its citizens’ support, despite the high cost attached to it, can be a model to the world, writes National Geographic.

It adds that solar power can also work in the developing world where 1.1 billion people have no access to electricity.

After the Chernobyl nuclear catastrophe, Germany became increasingly anti-nuclear but it took the Fukushima disaster 25 years later for the German government to make the critical decision to shut down all its nuclear plants by 2022.

That is a lesson I hope our Government will pay heed to. It has set itself a target of reducing greenhouse gas emission by 45% by 2030...

I join the anti-nuclear lobby to urge our Government to ensure the "actions in the energy" sector does not include nuclear power plants...

I can only hope it happenes for all our children and thier childrens' sake.


Wednesday, 16 December 2015, The Star
So Aunty, So What? By June Wong
Saving the planet, it’s now or never!
http://www.thestar.com.my/opinion/columnists/so-aunty-so-what/2015/12/16/saving-the-planet-its-now-or-never-the-year-draws-to-a-close-on-a-very-hot-note-2015-is-the-warmest/

In addition to the above, please refer to the following comments:

* Comment by Frank Ching:
US, China ties key to climate solution;
Paria deal possible because the 2 superpowers are willing to work together

Wednesday, December 16, 2015, New Straits Times

* The Star Says:
Let's play our part against global warming
Wednesday 16 December 2015, The Star


posted by fom_club at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COP 21

With the ink barely dry on a landmark climate accord, nations now face an even more daunting challenge: how to get their industries to go along.

If nothing else, analysts and experts say, the accord is a signal to businesses and investors that the era of carbon reduction has arrived.

It will spur banks and investment funds to shift their loan and stock portfolios from coal and oil to the growing industries of renewable energy like wind and solar.

Utilities themselves will have to reduce their reliance on coal and more aggressively adopt renewable sources of energy. Energy and technology companies will be pushed to make breakthroughs to make better and cheaper batteries that can store energy for use when it is needed. And automakers will have to develop electric cars that win broader acceptance in the marketplace.

“It’s very hard to go backward from something like this,” said Nancy Pfund, managing partner of DBL Partners, a venture capital firm that focuses on social, environmental and economic development. “People are boarding this train, and it’s time to hop on if you want to have a thriving, 21st-century economy.”

Wall Street is clearly paying attention.

Top executives from Bank of America, Citibank and Goldman Sachs dropped by the Paris talks or related side events, as did philanthropist business leaders like Bill Gates and Richard Branson. Chief executives of blue-chip companies like Coca-Cola, DuPont, General Mills, HP and Unilever all expressed support for an ambitious deal.

On Twitter on Saturday night, BP, the British oil giant, called the Paris agreement a “landmark climate change deal” and pledged to be “a part of the solution.” In June, BP, Royal Dutch Shell and Total called for a tax on carbon emissions, saying it would reduce uncertainty and help oil and gas companies figure out the future.

“The policy developed from these commitments will bring better market certainty to investors and open up significant opportunities,” Jack Ehnes, chief executive of the California State Teachers’ Retirement System, said last week.

But not all business representatives embraced the accord and resistance to new policies appears inevitable. “The Paris climate conference delivered more of the same − lots of promises and lots of issues still left unresolved,” Stephen D. Eule of the U.S. Chamber of Commerce said in a statement, noting that the agreement is not legally binding.


DEC. 13, 2015, New York Times
Climate Deal Is Signal to Industry: The Era of Carbon Reduction Is Here
By Clifford Krauss and Keith Bradsher
http://www.nytimes.com/2015/12/14/business/climate-accord-draws-mixed-reaction-from-business-leaders.html

Knottingley, England - The last deep-pit coal mine in the U.K. plans to shut its doors here last week, heralding the end of a centuries-old industry that helped fuel the idustiral revolution and build the British Empire.

Thr shutdown represents a victory for avdvocates of reduction carbon emissions even before world leaders reached a landmark agreement in Paris over the weekend. It also reflects a glut of energy on world markets, from crude oil to natural gas and coal itself.

Coal mines have been closing around the world in the past years, from the U.S. to South Africa to the U.K. as prices plunged. But in no country has the industry witnessed such a dramatic fall from grace as in the U.K., where coal productuion was once seen as the backbone of the nation's indusctial economy, the fuel for everything from steamboats to power plants.

George Orwell, in his 1937 book, "The Road to Wigan Pier," wrote : "Our civilisation ... is founded on ciaol."

No longer...


Tuesday, December 15, 2015, The Wall Street Journal
No More Coal From Depths in U.K.
By Scott Patterson

Paris - Governments have signalled an end to the fossil fuel era, committing for the first time to a universal agreement to cut greenhouse gas emissions and to avoid the most dangerous effects of climate change.

After 20 years of fraught meetings, including the past two weeks spent in an exhibition hall on the outskirts of Paris, negotiators from nearly 200 countries signed on to a legal agreement on Saturday evening that set ambitious goals to limit temperature rises and to hold governments to account for reaching those targets.

Government and business leaders said the agreement, which set a new goal to reach net zero emissions in the second half of the century, sent a powerful signal to global markets, hastening the transition away from fossil fuels and to a clean energy economy.

The deal was carefully constructed to carry legal force but without requiring approval by the US Congress - which would have almost certainly rejected it.

After last-minute delays, caused by typos, mistranslations and disagreements over a single verb in the highly complicated legal text, Laurent Fabius, the French foreign minister, brought down a special leaf-shaped gavel to adopt the agreement. The hall erupted in applause and cheers. “It is a small gavel but I think it can do a great job,” Fabius said.


Saturday 12 December 2015 17.19 GMT, The Guardian
COP 21: UN climate change conference
Paris climate deal: nearly 200 nations sign in end of fossil fuel era
Two decades of talks have come to this: an ambitious agreement to hold states to emissions targets – but already low-lying countries are worried
By Suzanne Goldenberg, John Vidal, Lenore Taylor, Adam Vaughan and Fiona Harvey
http://www.theguardian.com/environment/2015/dec/12/paris-climate-deal-200-nations-sign-finish-fossil-fuel-era


posted by fom_club at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

Hong Kong

Mr Yahho is sitting down in the corner of Free Internet services at Hong Kong International Airport. Now the local time is fifteen minutes before 2 pm;

Mow I am in the International Airport to transfer the flight bound to Penang, Malaysia. It's cloudy.Today I am so sleepy that I might disturb the neighbour in the train to Narita Airort and I slept for a while both in the waiting lounge and even in the airplane. I slept at 11:00 PM last night to write up the draft paper to the Newsletter issued by our alumni society.I added the season's greetings to my old friends. To be continued from Penang. Ciao and bye for now!

posted by fom_club at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

御最期川

 さて山歩クラブ神武寺〜鷹取山ハイキングから明けて12月14日月曜日、ヤッホー君、またまたびっくり。
 11月28日山歩クラブJR逗子駅〜京急新逗子駅ウオーキングがつながってたぁと朝から、ねえ読んでと。
 キーワードはですね、「田越川」と「六代御前」!
 平家かな、源氏かな、われわれのご先祖様たちの
 こころ模様に、あき景色。

六代御前.jpg

 逗子・田越川の別称を御最期川という。正盛から六代・平家直系の息男でありながら頼朝に赦され、仏道に入った六代御前(1173-99?)が、ある日とつぜん斬られた所だという。
 田越橋ちかくの交番の脇をはいると、ちいさな木立がある。塚の上の槻の木の本に、ささやかな墓碑があって、ここが平家最後の地であったことを示している。あまりの美貌を惜しんだ文覚上人の奔走により、少年は無事成長し、おだやかな修行の日々をおくっていた、そのはずだった。
 六代については「平家物語」などのほか、謡曲にも数多くうたわれた。「庵六代」は、母子で潜伏中、北条時政に逮捕されるシーン。「初瀬六代」は初瀬観音に母が涙ながらにいのる場面。「斉藤五」は忠臣とともに連行中、ついに斬られるというその寸前、赦免のしらせがとどく。
「維盛」は滝口聖とともに、六代御前が熊野那智に父の亡霊をたずねる、という話。父はまだ妄執に迷っているようにもみえたが、こういって六代を慰める。
「一子出家すれば七世の父母まで成仏なり・・・残り留まる六代が、身を捨てて弔ふに、などか仏道成らざらん。軍体とみるも修羅と見るも、ただこれ魄霊(はくれい)の夢幻なり。疑ひをなさで称名の御法をなさせ給へ」

 父・三位中将維盛(1158-1184)はふつうにいえば清盛の嫡孫で、小松大臣重盛の息男にあたる。しかし豪放な清盛と実直な重盛との仲はわるく、清盛は娘・建礼門院と同腹の三男・宗盛を溺愛していたため、重盛の早世ののちは事実上、嫡系からはずされていた。
 そもそも清盛自身も、「白河法皇の落胤」とされるなど父忠盛から嫌われ、六波羅池殿は弟・頼盛にゆづられた。頼盛の母は池禅尼といい、まま子の清盛と対立、死罪となるべき頼朝を助けたことでも知られる。後年頼盛は平家一門の都落ちにも従わず、公然と源氏を支持しつづけた。
 維盛の場合も、とくに叔父宗盛の母・二位尼時子から憎まれていたらしく、富士川の合戦、北陸の合戦でたてつづけに潰走してからは、「わざと負けた」「池殿(頼盛)のようだ」、とうたがわれた。運もなかった。愛妻は平家打倒・鹿ヶ谷の陰謀の成親の娘といい、おなじく成親の妹を母とした弟・清経は、先に長門で入水して果てた。
 いたたまれなくなった維盛は八島の陣中から姿をくらまし、高野山にいた瀧口入道(かつての家臣)をたよりひそかに出家。そのまま熊野那智の海上で、いのちを絶った。かの地では海の向こうに観音浄土・普陀落世界があると、ふるくから信じられていたのだ。
 鎌倉には頼朝が平家滅亡を祈ってたてたという普陀落寺がある。ただ、寺号のしめすところは海に沈んだ平家の、とりわけ維盛の菩提往生をねがうものではないかとおもわれる。一門残党を慰撫する必要もあったはずで、帰参した平家筋のひとで八幡宮の社僧になったものもすくなくないという。六代は助命ののち15歳で出家(号・妙覚)、高尾神護寺に住んで三位禅師とよばれていたが、鎌倉に下って頼朝と面会したこともあるらしい。神護寺の伝頼朝像とペアになっているのは祖父重盛の像とされる。

 とつぜんの死刑は二代将軍頼家の世になってから。ただ頼朝薨去の直前、1198年ともいうし、文覚二度目の配流をめぐり1205年ともいう。場所も、一説には駿河国千本松原(長門本)とか、六浦坂などと、「平家物語」の諸本によって、一定していない。三左衛門事件(1199年)とのかかわりや、母の再婚相手で関東申次にあった吉田経房の死(1200年)などが有力視されているものの、政治的な背景は未詳だ。

 「三位の禅師斬られて後、平家の子孫は長く絶えにけり」で「平家物語」の本編は終わるが、後世には落人伝説やご落胤伝承ものこった。平家嫡流の子孫をなのる人物にはかの織田信長がいる。もちろん確証はなく、こんにちの研究では先祖は藤原氏かなにかだったのでは、とされている。
 落人狩りはしれつを極めたらしく、平家物語の広本(増補版)である「源平盛衰記」には、こんな哀話ものこる。源氏の探索にかかった6歳の子供は、都から肩車されてはるか蓮台野の墓地につれ去られた。

 ・・・継いて走りける男、風情無く走り寄つて取つて抑へて、膝の下に押し交ふかとすれば、やがて頸をぞ切つてんげる。頸をば古き石の卒都婆の地輪にすゑて、上なる練貫小袖にて刀押し拭いて、身をばそばなる堀に投げ入れて、やがて走つて帰りにける。
(巻47)

 狂乱状態の母親は、ある僧にすくわれて尼となった。ふところには常に形見の車のおもちゃと、その子のくびを抱いていたので、「ドクロの尼」とささやかれる。翌年尼は亡夫供養のためと大阪・天王寺詣でにいったまま、ひそかに舟を出し、「極楽の東門」ともいわれた難波の海に、身を投げた。

 田越川は境界地とかんがえられ、承久の乱で三浦胤義の子息がきられたり北条氏が六万泥塔を供養したとの記録からも、一種の刑地になっていたと思われる。国木田独歩のころには砂丘もひろがっていた。逗子の大墓、とつたわる場所もあるが、とくに中世の人骨は見つかっていないらしい。

 上流は神武寺の麓をへて、ひと山こえると田浦の船越というところにいたる。三浦半島を両断する船便は、この川の水運を利用して最短距離を人夫がかついで越す。実はこのルートは古東海道と推定されていて、横須賀側にでてからは走水より房総へと海の道がつづいていた。それゆえ上総のほうが下総よりも「上」なのだ。東海道が武蔵路につけ代えられてからも、海運ルートはなお後世まで継続していただろう。


2014年10月11日 もちださんの鎌倉リポート No.59
御最期川
http://www.kamakuratoday.com/suki/mochida/59.html

 もすこしていねいに:

 六代は平家の嫡流、平清盛の曾孫、重盛の孫、平維盛の嫡男である。
 平家一門が滅亡したあとも、文覚上人に救われ、生きた人物であった。
 平家の世なら、末は平家の棟梁となり、花の公達になったであろう六代は数奇な運命を歩んだ。

 六代が生まれた頃、平家はわが世の春を謳歌していたけれども、少しずつその栄華に影がさし始めた頃であった。
 清盛の跡を継いだ重盛が亡くなり、平家の棟梁の座は若い維盛ではなく、重盛の弟の宗盛がついた。
 重盛と宗盛で母が違う。
 宗盛の母は清盛の正妻時子であった。
 もちろん、平宗盛が棟梁になったとはいえ、維盛の一族が冷遇されたというわけではなかったと思う。
 しかしながら、六代にとってはこの頃から不運が始まっていたのかもしれない。

 反平氏の狼煙が関東で起こり、頼朝が挙兵。
 勢いを増し、富士川まで、出てきた。
 平家はこれを追討すべく、維盛を総大将に頼朝討伐の兵を起こした。
 嫡流維盛にたいする配慮から、総大将に選ばれたのだと思う。
 ただ、戦の経験なく、嫡流の座も約束されていたわけではなかった維盛はこの戦に気を負って出陣したと思う。
 しかし、水鳥の羽音に驚いて、退却したといわれる富士川の戦い。
 逃げ帰った維盛に対し、清盛は烈火のごとくに怒り、京都への入京も禁じた。
 しかし、そんな清盛も世を去り、平家は苦境に立たされた。

 次に、木曾義仲が謀反に及び、平家は義仲討伐のために軍を起こした。
 総大将は維盛。
 名誉を挽回させるための平家の温情であったのかもしれない。
 しかし、倶利伽羅峠でまたしても敗退。
 維盛は辛かったに違いない。二度までも、しかも嫡たる自分の不甲斐なさに。
 父や祖父の偉業がまた維盛に押しかかった。維盛は心の優しいゆえに、自分を責めたのだと思う。

 そして、ついに都落ちの時となり、維盛は決断した。最愛の妻や子を都に残していくと。
 おそらく、維盛には分かっていたのだと思う。この先の一門の運命と、宗盛公達とうまくやっていくのは難しいかもしれない。辛い日々が続くと。
 しかし、残す方も辛いが残される方はさらに辛い。
 六代と妹の二人は父の袂にすがり、幼いながらに一緒にと懇願したという。
 しかし、維盛の決意は変わらず、子達は都に残された。
 維盛はその後、一の谷の戦いには参加せず、妻子もその無事を喜んだが、神経衰弱に陥っていた維盛は妻子に会いたいがゆえに、屋島を抜け出し、都へ向かうが望みかなわず、那智の沖で入水して果てた。
 その知らせはまもなく、滝口入道から、もたされたのだろう。最期まで、家族を愛し、家族の行く末に思いをはせた維盛はその思いに答えるように、六代達は辛いながらに隠れながら日々を送った。
 幸いにも追手もかからず、日々を過ごした。
 しかし、その日々は地獄のようであったと思う。
 毎日、おびえながら生きる。それは筆舌に尽くしがたい日々であったと思う。

 六代達は耐えた。平家の再興を信じて。
 しかし、一門は壇ノ浦で花となって散った。
 都に首が渡され、平家の一門は尽く追捕され、処刑された。
 清盛は源氏の子らを助けた。いつか謀反の刃を自分に向けると清盛は分かっていたと思う。それでも清盛は殺さなかった。

 清盛は死刑をほとんどしなかった。どんなに腹が立っても遠流であった。清盛の人の大きさが分かる。
 たとえ、この一人を斬ったとしても、また次に出てくるだけのこと。無益な殺生はしない。それは殺されるものの痛みと、その親類縁者の痛みもわかる、清盛の優しさであったのだと思う。


 しかし、源氏は違う。
 文字通り、皆殺し、妊婦の腹まで裂いて平家の血を絶やそうとした。


 そんな中、六代も見つかってしまった。
 見つかった六代は平家の嫡流、見苦しき真似はできないと観念したと思うが、逆に追捕に来ていた北条時政らはその凛々しさに心を動かされた。
 六代は見るものに尊貴の念を抱かせるにたる、品格を備えていたのだと思う。
 自然と、見たものの頭が下がるくらいに。
 しかし、六代は平家の嫡流。
 生かして置かれるはずはなかったが、六代の姿を見たおおくの人は殺すに忍びないと思ったのであろう。
 その思いが文覚上人に伝わり、人を疑うしか知らない鎌倉殿頼朝を説得し、助命となった。

 六代はその後、出家し文覚上人の弟子となるも、最終的には文覚上人が流罪になるにあたり、「さる人の弟子なり、さる人の子なり」と平家の嫡流であるということもとがめられ、頼朝ではなく、頼朝の子頼家に首をうたれました。
 しかし、六代が三十歳をこえて生き延びることができたのは、長谷の観音信仰の功徳によると平家物語でされているが、一つは文覚上人の庇護、一つは頼朝の心のおかげであったのではないだろうか。

 頼朝は人を信用しない。
 源氏の嫡流として、血の繋がる兄弟でも家臣と見ることのできる冷血さを持ち合わせる中で、自分の育った境遇と全く同じ立場でいる平家の嫡流六代。
 肉親にも覚えない情が頼朝のなかに六代を見るとき、起ったのではないだろうか。
 六代を見れば、昔の自分と合わせ鏡。
 心境も手にとるように分かり、また、苦しさも。
 そして、自分が清盛公に助けてもらったからこそ今がある。
 頼朝は平家の捕われ人にいつも言う。
 自分は平家に恨みはないと。
 それが、本当の気持ちだったのかもしれない。
 関東の御家人、武士達に担ぎ上げられて、いわば利益代表のような形でまつりあげられた頼朝。
 頼朝自身、自分の地位の不安定さやか弱い立場であることをひしひしと感じていたのではないだろうか。
 そんな時、自分の気持ちが本当分かるのは、同じ境遇でいる六代だけかもしれない。
 六代は頼朝にとっては、敵であり、会ったこともない間柄でありながらも、唯一心を許せる存在であったのかもしれない。
 自分のことがわかる人間を、自分と同じ境遇を過ごしている人間を頼朝は殺すことができなかったのだと思います。


 頼朝の子頼家は父の心の苦悩もしらず、六代を鎌倉へ護送途中の田越川(逗子付近)で惨殺しました。
 そんな頼家も狂気とみなされ、伊豆修善寺で命を落としました。

 平家物語の本来の結びの文章は、この六代が亡くなる「六代被斬」の最期の文章だったのでしょう。
 平曲は「平家を語り、琵琶を弾じる」。平家の物語。その終わりにふさわしかったのは「平家の子孫は長く絶えにけり」という結びだったのだと思います。

 最後に、六代御前の命日は七月二十六日とされ、本年は六代御前の供養をしている逗子の神武寺にて、平曲の六代御前の命日供養ということで奉納演奏をさせていただきました。
荒尾努


平家琵琶(平曲)とともに
平曲は「平家を語り、琵琶を弾じる」盲目の琵琶法師たちに語り継がれてきた八百年続く日本の伝統文化です。平家琵琶(平曲)とともにのブログを通して、一人でも多くの方が平曲に興味や関心を持っていただければ嬉しく思います。
http://heikebiwa-arao.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-edc8.html

平曲(正調平家琵琶)弾き語り奏者 荒尾努
 1979年東京生れ。1999年故金田一春彦先生・須田誠舟先生の下で、平曲を学び始め、現在も指導を受ける。
 現在は、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、三菱重工業轄q空宇宙事業本部に勤めながら、数少ない平曲継承者として、一人でも多くの人に平家の語りを聞いてもらうため、平家一門の素晴らしさを伝えるために、平家ゆかりの厳島神社、六代御前墓所や京都の地蔵寺を始め、全国の神社仏閣、小中学校(教科書)、大学、NHK大河ドラマ「平清盛」展など平家に関連する各種イベントを中心に年間で50回近く積極的に演奏、講演活動を行っている。
 また、2005年からは宮島観光大使に就任、2007年からは慶應義塾大学非常勤講師となり、活躍の場を広げている。2014年からは平家伝習所を開設し、弟子の育成に当たっている。
 NHK総合テレビ「探検ロマン世界遺産」やWOWOW「美術のゲノム」などにも出演、映画「禅 ZEN」で琵琶演奏を担当するなどメディアでも活躍中。

断絶平家、清盛曾孫三位の禅師「六代御前」
http://homepage3.nifty.com/heikebiwa-arao/JIKOSHOUKAI.htm

 去る程に六代御前はやうやう十四五にもなり給へば、眉目かたち美しうあたりもてりかかやくばかんなり、母上この由を見給ひて、世の世にてあらましかば当時は近衛司にてもあらんずるものをと宣ひけるこそ、あまりの事なれ、鎌倉殿この由を伝え聞き給ひて、高雄の文覚坊の許への便宜毎に、六代はむかし聖の御坊の頼朝を相し給へるやうに、朝の怨敵を平らげ、父のはぢをもきよむべき程の人やらんと問はれければ、文覚坊の返事に、是は一向そこもなき不覚人にて候ぞ、御心安うおぼし召され候らへと申されたりけれ共、鎌倉殿猶も心ゆかずげにて、謀反起きばやがて方人すべき聖の御坊なり
 (中略)
 鎌倉殿、去人の子、去者の弟子也、たとひかしらをこそ剃給ふとも、心をばよも剃給はじとて、安判官資兼に仰せからめとって鎌倉へこそ下されけれ駿河の国の住人岡邊の権の守泰綱に仰せて、田越川の端にて、終に斬られにけり、十二の年より三十に余る迄たもちけるは、偏に長谷の観音の御利生とぞ聞こえし、三位の禅師斬られて後、平家の子孫は永くたえにけり
 
平曲「六代被斬」



posted by fom_club at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

トイレの神様⇒トイレット部長

 こんばんは。
 ヤッホー君のこのブログ、以下の日付けの日記をご参照:
☆ 2015年11月28日「2015錦秋」
☆ 2015年12月07日「鷹取山139m」
 そうなんです、今日12月13日日曜日、鷹取山139mの本番の日。

 下町からこんなに近いところに山が満喫できる土地があるなんて、
 うん、低山、里山とはいえ、これはヤマダ電機、
と好評を博したお山歩会。
 晩秋から初冬の三浦半島の鷹取山139mは、とっても良かったのでした。
 特養ホーム「せせらぎ」(逗子市池子3丁目789電話046-873-2501)を過ぎると登山口。
 もう、すぐに目に飛び込んでくるのが、晩秋に映える紅葉の最後の彩り!
 そして奥野木さんが教えてくれたのがヤツデ、これが今日の誕生日の花で、花言葉は「分別」!
 さっそくカメラをとりだしパチ!

ヤツデ.jpg

 カメラは聖武天皇の頃の創建「神武寺」でも。
 御開帳(超ラッキー!)でカメラをかまえたのですが、あのぉ〜カメラはご遠慮願っております、だって。

薬師堂.jpg

 さて先月のタウンウオークは披露山。そこで出会ったのがトイレの神様尾崎行雄でした。
 今日は、といえば出会ったのが映画「トイレット部長」(1961年東宝映画、池辺良、淡路恵子主演)の原作者が彫った磨崖仏。

磨崖仏.jpg

 田浦駅への下山路でハプニング。
 金曜日の低気圧通過で大木が根元から倒れ、山路を塞いでいたのです。
 ヤッホー君なんか、えっ道迷い、こっちから回り込む?え〜や、跨いじゃえ〜と短い脚を想いきっり、ズボンが破けんばかりに持ち上げて、なんとか渡りました。
 往生しました。
 ま、山歩クラブ7人の侍、無事に難所を突破。
 品川駅「ポンパドウル ウイング高輪店(POMPADOUR)」で打ち上げ。

ポンパドール.jpg

 今日もあっはっは、おっほっほ、わいわいがやがや楽しい山歩き。
 帰ってヤッホー君、清澄白河の銭湯「辰巳湯」(江東区三好1-2-3電話3641-9436)へ。
 大きな広い湯船で湯ったり、露天風呂でまったりしてきたって。

 こんばんは!
 今日は、雨にも負けず風にも負けずで逗子・鷹取山ハイキングコースをありがとうございました。
 今日の山域は、下町から1時間あまりで行けて、それでいて風光明媚なところ。
 そこでトレッキングを楽しめるのですから、なかなかすてたものではありませんね、
 金沢文庫しかり、鎌倉しかり、今日の鷹取山もそうでした。
 映画「トイレット部長」の原作者でもある藤島茂氏があの磨崖仏の仏像を彫った製作者であることには、驚きでした。
 今日は、鷹取山とこの磨崖仏が一番印象に残ったので、私の映画スクラッブノートから「トイレット部長」を抜粋し、写真を送ります!


トイレット部長.jpg

 では、鷹取山山頂にて撮った、とっておきの写真を:

鷹取山.jpg



posted by fom_club at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GDP600兆円

 12月13日日曜日、自由も民主主義も壊れそうに劣化していく日本のなかで、それでも勇気づけられた本をご紹介してヤッホー君、今日も徘徊の途に家を出ようとしています:

 政治家の気取り屋や機知などに一国をゆだねてはいけないことも、
 沖縄と広島・長崎をいまだ償い得ていない未完の課題として、
 国民すべてで引き受けることも、
 そして、
 このように責任ある人間として生存していくには、
 社会的弱者との共生や貧困の退治や、さらには労働者に人間性が回復されなくてはならないことも、
 明らかにしてきた。

 けだし日本人の紡いできた民主主義論はおのずから系譜をなし、
 さらに広い地平、より高い尾根をめざして前進する者を鼓舞してやまないのである、と。


堀真清(1946年生まれ)編『原典で読む日本デモクラシー論集』(岩波書店、2013年)232頁

 そうなんです、われわれの先輩たちが力いっぱい紡いできたそうした系譜につながっているのだと、ヤッホー君も埃をたたいて、ごほごほ、間違い、誇りをもって「生存」していかなくっちゃ、と希望と未来を与えてくれる本でした。
 今年読んだ良書、マイナンバーワンです!
 
 さて、この本が出版されたのは21013年でしょ、その1年後には:

 2014年11月5日夜。安倍晋三は、盟友で副総理兼財務相の麻生太郎を首相公邸にこっそり招いた。麻生が好きなブランデーが用意されていた。
 安倍の表情はこわばり、思い詰めた様子だった。そして、突然切り出した。
「衆院を解散したい」
 このころ、自民、公明、民主の3党が12年に合意したとおり、15年 10月に消費税率を8%から10%に引き上げるかどうか、安倍の決断に注目が集まっていた。
 麻生は「解散するなら、消費税を上げるのか、あるいは延期するのか、記者会見で必ず聞かれますよ」と尋ねた。だが、安倍は明確には答えなかった。
 政権発足から2年。安倍は高い内閣支持率を維持していた。民主党などは選挙の準備が整っておらず、解散の好機ではあった。
 一方、自民党内では、副総裁の高村正彦ら財政健全化を重んじる重鎮が増税を決めるよう求めていた。彼らを黙らせることもできるだろう――。麻生は安倍の意図を理解した。最高権力者である首相を経験した者にしかわからないことだった。
 だが、麻生はすぐには首を縦に振らなかった。こう警告した。
「消費税は予定通り上げるべきです。あとで『やっぱり上げておくべきだった』となる」
 戦前の蔵相、高橋是清をモデルに思い切って財政を出動した麻生。だが、失業率が下がり、景気が回復し始めると、財政再建に重点をおくようになった。
 麻生はある事件を思い出していた。青年将校らによって起こされた1936年のクーデター未遂事件「2・26事件」だ。
「母が銃弾に倒れることがあったならば私はこの世に生を受けていなかったわけで(中略)浅からぬえにしを感じざるを得ません」
 麻生は財務相に就任した直後の13年2月26日、手紙を書いた。宛先は、麻生の母、吉田和子が事件当時に滞在していた神奈川県湯河原町の老舗旅館、伊藤屋の別館「光風荘」だ。和子らはここで青年将校に襲われた。だが、裏山に逃げだし、間一髪で助かった。
 同じ日、東京では高橋が殺害された。景気回復の果実を軍事費にまわせ、という軍部の要求を拒んだためだった。高橋の死後、日本の財政は規律を失った。
 安倍の意思が固いことを悟った麻生は釘を刺した。
「衆院を解散するのはいい。だが、財政再建はしっかり進めてもらう」
 安倍は盟友の「警告」を少しだけ受け入れた。安倍は11月18日、消費増税を17年4月に1年半延期すると公約し、衆院を解散した。同時に、政府の借金がこれ以上膨らまないよう20年度までに基礎的財政収支を黒字にする計画を立てるとも約束した。
 だが、選挙に圧勝した後、安倍は痛みの伴う改革を避けようとする。
 12月22日、首相官邸。安倍は経済財政諮問会議で言った。「国内総生産(GDP)を大きくすることで累積債務の比率を小さくすることになる。もう少し複合的にみていくことも必要かな、と思う」
 経済成長さえすれば、政府の借金は相対的に小さくなり、歳出カットは必要ない――。麻生だけでなく、出席者にはそう聞こえた。
 安倍が選んだ日本銀行総裁、黒田東彦もまた違和感を覚え始めていた。
「ここからはセンシティブな話なので、外に出ないよう議事録から外してもらいたい」
 今年2月12日の諮問会議で、黒田はこう前置きして、本題に入った。
 日銀はデフレ脱却のために大量の国債を買い入れている。国債は「安全資産」として国内銀行に人気があり、金利は低い。だが、ずっと安定が続くとは限らない。黒田は警告した。
「(財政再建を)もっと本腰を入れてやらないといけない。リスキーな状況になってきている」
 財政健全化計画は今年6月にまとまった。歳出カットの具体策は見えず、むしろ景気を最優先して柔軟に対応できる「抜け道」が用意された。経済成長による税収増に頼る内容だった。
 6月30日、首相官邸。安倍はこう強弁した。
「安倍政権の基本方針は、『経済再生なくして財政健全化なし』です」

◆キーワード<日本の財政>
1975年に赤字国債を本格発行して以来、税収で歳出をまかなえない状態が続き、国・地方合わせた借金残高は国内総生産(GDP)の約2倍、1千兆円に達した。安倍首相は20年度にこれ以上借金が増えない状態にする目標を掲げる。しかし、内閣府は実質2%、名目3%以上という高成長でも、20年度は6・2兆円の赤字になると試算している。


2015年12月10日05時00分更新、朝日新聞デジタル
70年目の首相 アベノミクス:14)痛みなき財政再建に「警告」
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12109988.html?rm=150

 GDPをあげるためには原発の輸出、武器の輸出、ま死の商人になってもかまわない、とモラルも脱ぎ捨ててあちこち飛行機で徘徊していくアホノミクス…
 
 経済政策の本来の役割は、崩れた均衡の回復と弱者の救済です。この2つは表裏一体で、切っても切れない関係にあります。例えば、ものすごいインフレになれば、たちどころに傷つくのは経済基盤が脆弱な人たちです。だから、経済の均衡を保ちながら、困っている弱者に手を差し伸べる。それが政治に与えられた使命なのです。
 ところが安倍政権は、そういうところには目が向かず、盛んに強さをプロモーションしようとしています。「再び世界の中心で輝く日本になる」などと宣言し、強者をより強くする政策を推し進めています。こうした発想は、実にファシズム的ですね。

 ムソリーニもフランコもスターリンも、歴史に名を残したファシストたちは、誇大妄想に駆られて強さを追い求め、国内外に力を誇示しようとしました。巨大建造物の建設に固執したり、世界的なスポーツイベントを誘致したりといった行動は、その表れです。実際にムソリーニはイタリアにワールドカップを誘致し、ヒトラーもベルリンでオリンピックを開催した。ヒトラーは、ベルリンを巨大な建造物が並ぶ「世界首都ゲルマニア」にしようという構想もぶち上げています。
 2本の巨大アーチが目を引く新競技場を目玉にして、五輪の誘致に血道を上げていた安倍首相の姿は、過去のファシストたちと非常に似ています。
 そもそも、一枚看板のアベノミクスからして、ファシズム的な経済政策です。

 日銀のマネタリーベースは7月末で325兆円となり、GDPの6割を超えています。政府が発行する長期国債を市場からバンバン買っているためですが、GDP比の4割近くにまで達した終戦直前の異常な状態に比べても、さらに高いのです。中央銀行が通貨価値の番人としての位置づけの放棄を強いられて、国家のための通貨供給装置となるというのは、最も極限的な「ファシズムの経済学」だといえるでしょう。それを看板政策として推し進めているのが安倍政権なのです。

 今年4月に訪米した際、米国の笹川財団で「私の外交・安全保障政策は、アベノミクスと表裏一体であります」とスピーチ。その真意を記者に聞かれると、「経済を成長させ、そしてGDPを増やしていく。それは社会保障の財政基盤を強くすることになりますし、当然、防衛費をしっかりと増やしていくこともできます」と解説しました。

 明治維新の富国強兵は、富国のための強兵でした。欧米列強の植民地となり、国土を食い散らかされないための強兵です。しかし、安倍政権のそれは、強兵のための富国、防衛費を増やすためのアベノミクスにほかならない。まさに、過去のファシストが追求した強さや力に固執するために、経済を成長させようとしている。そのためには、弱者を切り捨て、日銀の自由も取り上げた。そう米国で白状したのです。

 異論を認めず、多様性を否定したファシズムに取りつかれた指導者たちは、国家を崩壊させています。日本もその二の舞いになる危険性は高いでしょうね。


2015年8月23日付け日刊ゲンダイ
浜矩子氏が警鐘 「アベノミクスは極限的ファシズム経済学」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/162987/1

 アベノミクスが第2ステージへ移った。安倍首相は「強い経済」を最優先に、新たな3本の矢を提唱した。これまでの「大胆な金融緩和」「機動的な財政出動」「民間投資を喚起する成長戦略」という3本の矢に加えて、「希望を生み出す強い経済」「夢を紡ぐ子育て支援」「安心につながる社会保障」という新たな3本の矢を掲げて、「誰もが家庭で職場で地域で、もっと活躍できる1億総活躍社会」を目指す、と宣言した。
 強い経済では、2014年度に約490兆円であったGDP(国内総生産)を2020年には同600兆円に増やすことを目標に掲げている。子育て支援では、欲しい子どもの数をもとに算出する希望出生率1・8の実現を提案している。社会保障では、介護離職ゼロをはじめ、生涯現役社会の構築、待機児童ゼロや幼児教育無償化、3世代同居拡大などの支援策を掲げ、50年後も人口1億人を維持するという国家としての意思を明確にする、と明言した。2017年4月に予定している消費税率の10%への引き上げについても、「リーマンショックのようなことが起きない限り、予定通り実施する」と強気である。

来年夏に参院選を控えているとはいえ、安倍首相は先の第3次内閣の発足に際し、国民へ向けて発したメッセージとしてはいかにも軽く、言葉だけが踊り過ぎていて、空しさを禁じ得ない。とりわけ「GDP600兆円」とか「希望出生率1・8」とか、揚句には「介護離職ゼロ」に至っては、いずれも現実離れした無責任な夢物語で、いかにも客寄せのセールストークに近い。

国民が切望しているのは、地道で実現可能な政策目標であり、より具体的な施策の着実な有言実行である。そのためにも、第1ステージの総括が必要不可欠であるが、安倍政権には今のところ総括する気配はない。むしろ、第2ステージの「新・3本の矢」は第1ステージの失政を覆い隠すための目くらまし政策であり、プロパガンダ(喧伝、吹聴)ではないのか、との厳しい批判も広がっている。

アベノミクスの第1ステージがスタートしたのは、2012年12月のこと。間もなく3年になるが、結論を先に言えば、3本の矢はいずれも初めから的が外れており、焼き石に水ではなかったのか、と言わざるを得ない失政である。。。


2015年11月4日付けダイアモンド・オンライン
嶋矢志郎 [ジャーナリスト]アベノミクスの矢がいつまでも的外れな「本当の理由」
http://diamond.jp/articles/-/81007


posted by fom_club at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

経済的徴兵制

 アベノリスク、アホノリスクのでたらめぶり、食べ呑み放題、好き勝手放題も度が過ぎています。
 もうすぐ食べ過ぎでそこら中下痢まきちらし、呑み過ぎてゲロ吐いたりするかも、年の瀬だもん。

「駆け付け警護」先送り――。今月12月7日の朝日新聞が1面トップでこう報じた。
 9月30日に公布された安保関連法は、半年以内の施行が定められており、政府は3月末の施行を調整中。それに伴い、安保法のひとつである「改正PKO協力法」施行により自衛隊のPKO部隊の「駆け付け警護」も可能になる。そこで、南スーダンに派遣中の部隊が来年5月に交代になるのに合わせ、「駆け付け警護」の任務が追加される予定だったが、先送りされることになったというのだ。
 なぜ、先送りするのか。
 国民の反対を押し切ってまで、安保法を急いで成立させたのにおかしな話だ。
 理由は、「参院選への影響を避ける」ということらしいが、軍事の専門家は、政府が“逃げ腰”なワケをズバリこう指摘する。

「曖昧な表現を使っていますが、要するに政府は、参院選直前に自衛隊員に初の死者が出て、世論の批判を浴びるのが怖いんですよ。1993年にカンボジアで文民警察官が犠牲になったことが、政府関係者の脳裏をよぎったと思います」
「先日、自衛隊の宿営地(南スーダン)で地元民と盆踊りをしているニュースが流れていました。いまは比較的安定しているから、駆け付け警護をすぐに追加する必要はないという判断なのでしょう。しかし、法律を成立させておきながら、実際の活動時期は為政者の都合で恣意的に決めるというのは、身勝手な話です
軍事誌「PANZER」編集長・和泉貴志氏


 そもそも、安保法成立を急いだのは、年明けの通常国会での審議では参院選に近すぎる、ということだった。
 で、成立したら今度は、参院選に影響するから駆け付け警護は先送り。
 一体、何なんだ。
 違憲の解釈改憲までやって、あれだけ強引に進めた安保法の実態がこれである。
 いかにも安倍政権のデタラメさが分かるというものだ。


2015年12月12日付け日刊ゲンダイ
「駆け付け警護」先送り 自衛隊初の犠牲者に怯える安倍政権
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/171505

 兵隊さんが戦死すれば選挙に影響するかぁ〜、
 つまり愛国も憂国もへったくれもなく、
 まして国際平和なんてアメリカの下請けでいいや、
 中国や韓国は別だけど、みたいな程度にしか考えていないのかな、
 ただご自分が政権を握ってwが国に独裁者として君臨したいだけなんでしょうね。

 安全保障関連法案の国会審議。著名な憲法学者3人が法案の違憲性を指摘すると菅官房長官は「合憲という学者もたくさんいる」と主張したものの、別の学者3人の名前しか挙げられず、「数の問題じゃない」。
 谷垣自民党幹事長は「違憲かどうかを判断するのは最高裁」と述べ、元最高裁長官が違憲と明言すると、安倍首相が「一私人の見解だ」。
 こんな応答を繰り返した安倍政権。

 徴兵制は「苦役を禁じた憲法18条に違反するから考えていない」といわれても、信じられない。
 《経済的徴兵制》という言葉がある。
 生活が苦しいから兵役に就くしかないという意味で使われる。
 日本の非正規雇用は3人に1人、年収200万円以下のワーキングプアが1000万人以上という厳しい労働環境にある。

 自衛隊の待遇はどうだろうか。
 入りやすいのは主に高卒者を対象にした自衛官候補生と呼ばれる任期制隊員だ。
 陸上自衛隊の場合、1任期が1年9ヶ月。1任期ごとにボーナスがあり、2任期務めると約1336万円が支払われる。これを月平均に直すと約31万8000円。衣食住は国が負担するから全額、自由に使うことができる。

 貧しい若者にとってこの金額は魅力的に映るのではないだろうか。
 アベノミクスが現状通り進めば、富裕層とそれ以外の人々との格差はさらに広がることになる。
 徴兵制否定の理由はこれかもしれない。


2015年10月7日付け、東京新聞(半田滋)
徴兵制否定の理由とは
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2015100702000141.html

「下流老人」に、「子どもの貧困」や「貧しい若者」かぁ〜…
 われらが独裁者は「経済」を評価するに「株価」と「GDP」、
「コクミン生活」じゃないみたい、まったく困ったもんだね…
 大学の学生さんだって、そしてその親だって、大変!
 年収200万の非正規雇用で働いている親の子どもさんは、
 いくらアタマが良くってもイマ、大学に進めないんですぅ〜

 文部科学省は2015年12月1日、年間約54万円の国立大学授業料について、2031年度には93万円程度に上がるという試算を示した。
 大学の収入の核となる国の運営費交付金が大幅に減らされる可能性があり、大学が減らなければ、授業料で減収分を賄う必要性があるという。
 財務省は、全86国立大学の収入の3〜4割を占める運営費交付金約1兆1千億円を31年度までに約9800億円にする方針だ。この日の衆議院文部科学委員会の閉会中審査で、畑野君枝委員(共産)が、減収となった際の対応を尋ねた。
 文科省の常盤豊・高等教育局長は「授業料で賄うとして試算すると(31年度には)約93万円。年間2万5千円の値上げが必要」と答えた。馳浩文科相は「学生になるべく教育費負担をかけないようにする必要がある」として、来年度予算で交付金の額を充実する考えを示した。
 財務省は10月、「財政制度等審議会」(財務相の諮問機関)に、31年度まで交付金を毎年1%ずつ削減することを提案。減収分の確保策として、大学の自己収入約7370億円(13年度)を年1・6%ずつ増やすために授業料引き上げを例示した。
 少子化で国立大の志願者が減っており、倍率は04年度の4・7倍から今年度は4・0倍に下がった。今後、質の低下が心配されるため、交付金を絞って国立大はどのくらいが適正規模なのか、再考につなげたい考えだ。
 反発する文科省は、11月に公表した資料で交付金が過去12年間で12%減らされたことを強調。すでに教員の年俸制導入などの改革を進めていることや若手教員の常勤雇用が減っている現状を訴えた。
 法科大学院を除く国立大の授業料(標準額)は、省令で年53万5800円と定められている。大学は1・2倍の約64万円を上限に自由に設定できるが、ほとんどが標準額と同額だ。
 文科省によると、国立大の授業料は、40年前は3万6千円。1984年度に25万円を超えた後は、ほぼ2年おきに値上げ。03年度に約52万円となり、05年度から現在の標準額になった。
 私立大の平均は13年度で約86万円


2015年12月2日09時08分更新、朝日新聞デジタル(高浜行人)
国立大授業料、54万円が93万円に 2031年度試算
http://digital.asahi.com/articles/ASHD15H4PHD1UTIL03D.html?rm=360

 じゃあ、奨学金? イマはもう、育英会ってないんだそうで…

 今の奨学金は、よほどの事情がない限り滞納したら最後、容赦ない取り立てが待っている。
 日本育英会時代のおおらかさは、もうない。
 情報関連会社に勤めるAさん(47)がこんな話を打ち明ける。

実は、甥が就職に失敗して奨学金の返済を滞らせ、督促が保証人の私のところにもきた。延滞金は年10%で、これでは国の奨学金どころか、単なる学生ローンです

 甥は、第1種奨学金を月額6万4000円(私立・自宅外生の上限)で4年間、第2種も月額5万円を4年間借りていた。総額は約547万円。月々3万円ちょっとすら返済できないのに、その10%の3000円の延滞金は痛い。大学関係者がこう言う。

1回、口座引き落としができないと督促が始まります。督促電話は平日、休日を問わず、夜9時まで続き、本人の勤務先にも来る。そして滞納が3カ月続くと、完全にアウト。機構は債権回収会社に債権を回す。その際、クレジットカードは停止し、個人信用情報機関のブラックリストにも登録される。ここで親が慌てて返済しても、ブラックリストの情報は5年間消えません


2013年10月8日付け日刊ゲンダイ
昔と違って滞納したらアウト…「学生奨学金」取り立ての実態
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/145077/2


posted by fom_club at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

一億総動員社会建設のはじまり

 「戦う」ためには指揮官、戦場、武器、基地のほかに軍規と戦士が必要です。
 さて、この国でも「ブラック国家建設のはじまり」がはじまったようですよ。
 しかし良いのかなぁ、この国の民はよくもま、こんなこと許すんだろうねぇ。
 この秋からの情報だけでも次のようなんですよ、ヤッホー君もう、びっくり!
 
 自衛隊が中学校にトンデモないものを配っていた。
 自衛隊滋賀地方協力本部が2015年9月下旬、滋賀県高島市の公立中学校6校に広報活動を行った際、「自衛官募集」と書かれたトイレットペーパー4個を各校に配布した。そのうち1校では、実際に生徒用トイレで使用されていたというのだ。
 ペーパーにはタヌキのかわいらしいイラストとともに、「自衛官等募集中!!」「自衛隊 滋賀で検索」「お気軽にお問合せください!」などと書かれてある。一見すると、何か軽いバイト募集のような錯覚を受けてしまうから、たちが悪い。
「おかしいな」と違和感を感じた生徒がペーパーを持って帰り、保護者がネット上に公開し事態が発覚。本部には「中学校にこんなものが入り込んできていいのか」などの抗議が殺到し、自主回収したという。
「『進路指導でお使いください』ということでトイレットペーパーをお配りさせていただいたが、不愉快に思われる方がいるかもしれないので回収しました」(本部)
 高知市の市立高知中央高校では来年度から、普通科に「自衛隊コース」を新設するなど、国内では“軍人”を育成する動きが加速中だ。高校にコースができたことから、自衛隊による中学校への広報活動もやりやすくなっているという。共産党の森脇徹高島市議はこう言う。
「自衛隊が義務教育の現場に入り込んで、あの手この手で勧誘するという動きになってきたのは間違いない。こうしたことに対し教育現場は“防波堤”にならないといけないのに無頓着になっている。配布した自衛隊も問題だが、受け入れた中学校側にも配慮を欠いた部分があったと思います」
 “洗脳教育”には大人が目を光らせないと、油断もスキもあったもんじゃない。


2015年10月10日付け日刊ゲンダイ
トンデモ勧誘発覚 中学のトイレットペーパーに「自衛官募集」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/165758/1

「死」とどう向き合うべきかというテーマで書いた。その死とは、戦死。
 考えたくもないことだけど、「テロとの戦い」を生きる今、避けては通れないテーマとなってしまった。

 2015年8月28日、安保法案反対運動の盛り上がりの影で、「女性活躍推進法」が成立した。
 これを受け、11月13日、防衛省は航空自衛隊の戦闘機パイロットとして新たに女性自衛官を起用できるようにすると発表した。F15戦闘機、F4戦闘機、偵察機RF4のパイロットとして起用するという。安倍政権が掲げる「女性の活躍」の一環として生み出される女性の戦闘機パイロット。晴れて戦闘機パイロットが誕生すれば、「女性が活躍しています!」と大々的に宣伝されるのだろうか。政権と防衛省がプロデュースする「女性の活躍」は、なんだかあまりにも「想定していた通り」で、苦笑いが込み上げてきたのだった。
 さて、今回は安保関連法成立を受け、根本から任務が変わった自衛隊について書きたい。というのも、法案成立直後、ある本を読み、非常に衝撃を受けたからだ。それは『自衛隊のリアル』 (河出書房新社)。著者は防衛大学校を卒業後、毎日新聞の記者となった瀧野隆浩氏。長年にわたる取材を通して、自衛隊の変化を非常に丁寧に追っているのだが、中でも私がもっとも衝撃を受けたのは、イラク派遣の際、自衛隊は「死の制度化」を完了した、という事実だ。
 イラク派遣から半年が過ぎた頃、日本人の選挙監視ボランティアと文民警察官が相次いで殺害されるという事件があった。同時期、陸自は極秘裏に「死者が出た場合の遺体収容方法などの検討を開始していた」という。ちなみに、イラクには死者が出た時のための棺桶が持ち込まれていたのは有名な話だが、他にも検討すべきことは多岐にわたった。
 以下、本書からの引用だ:

 現場から中継地、そして帰国までに遺体を後方の安全な場所に搬送する方法。
 羽田空港での出迎え態勢。
 その参列者リスト。
 首相は無理か。
 だが最低でも、官房長官の出迎えはほしい。
『国葬級』の葬儀が可能かどうか。
 場所は東京・九段の武道館でいいのかどうか。
 空いている日程は絶えず掌握された。
 武道館というのは、意外にも『仮押さえ』が多くて、融通が利くことを担当者は初めて知った。
 そして医官・衛生隊員は順次『エンバーミング』と呼ばれる遺体保存・修復の技術を関西の葬儀社で研修させた。
 傷んだままの遺体では、帰国させられるはずもなかった。部内ではそれらのことを『R検討』と呼んでいた。


 今から約10年前、イラク派遣の時点で、ここまで想定されていたのである。イラクでは、奇跡的に死者は出なかった。そのことを著者は「僥倖」と書く。迫撃砲、ロケット弾による宿営地への攻撃は実に13回。また、陸自の車列はIED(即席爆破装置)による攻撃を受けている。車は横転、ドアは陥没するものの、「数分の1秒のズレ」によって免れた人的被害。これはたまたま、本当に奇跡的に「狙いが外れた」だけだった。
 本書では、帰国後、一人の指揮官がこう語っている。

「なかなか苦しかった。でも、考えてみれば、俺たちはとても運があるんだ。そう思うことにして、隊員たちにも繰り返しそう伝えた」

 いや、「運がある」とか、そういう問題じゃないから! そう突っ込みたくなるのは私だけではないだろう。
 とにかく、これがイラク派遣のひとつの実態なわけだが、今後、自衛隊の危険は更に増すはずだ。そんなの怖いから辞めたい、と思っても、そう簡単にはいかないらしい。元自衛隊レンジャー部隊の井筒高雄氏の『自衛隊はみんなを愛してる!』(青志社)によると、自衛隊員は、防衛出動の命令が出ている時に退職することはできないという。

後方支援の出動命令が下された瞬間から、今回の安保法案で改正された自衛隊法によって、戦場への出動拒否も自衛隊を辞めることもできません。いずれも7年の懲役・禁固刑が待っています
『自衛隊はみんなを愛してる!』より


 安保関連法が成立した現在「死の制度化」にまつわるもろもろは、更に細かい想定がなされているはずだ。
 想像したくないけれど、もし、誰かの命が失われてしまったら。
 羽田空港で首相が迎え、武道館で盛大に国葬が開催され、「戦死者」の美談がメディアを覆い尽くし、「国のために戦い、命を落とした若者」の物語をみんなが知りたがり、みんなが消費したがる――。そんな光景が浮かんでくる。手記なんかも出版されるかもしれない。その死は「美しい物語」としてこの国の隅々にまで共有され、少しでもそんな空気に異議を唱えようものなら「非国民」扱い。安保関連法そのものや自衛隊派遣に異議を唱える人は「国のために戦った若者の死を冒涜する血も涙もない人間」と猛烈なバッシングに晒されるかもしれない。
 戦死者が出る日。安保関連法が成立した今、それは現実的に考えなければならないことになった。「そんなこと考えたくもない」と言ったところで、国や自衛隊は10年前の時点で武道館のスケジュールまで把握し、隊員はエンバーミングの研修まで受けているのだ。
 私だって、決して考えたくはない。しかし、国会で法案が審議されている時から、ずっと思っていた。もしその時が来たら、私は口を閉ざすことなく、何かを言えるのだろうか。というか、一体、何を言えばいいのだろうか。遺族や関係者などの気持ちを思うと、ただただ言葉を失うばかりではないだろうか。
 だけど、日本中が「戦死」という事実の前に思考停止したり、過剰な報復ムードに包まれたりした場合、微力でも、そんな空気には抗いたい。そのためには、どんな言葉を紡げばいいのだろう、と。
 この国の、多くの人が今まで想像すらしなかった「戦死者」との向き合い方。
 そんなことまで考えなければならないのが、安保関連法成立後の世界なのだ。


2015年11月18日up雨宮処凛がゆく!
これからの「戦死者」との向き合い方〜イラク派遣で完了されていた「死の制度化」〜の巻
http://www.magazine9.jp/article/amamiya/24069/

 防衛省は自衛官募集の窓口である全国50ヶ所の地方協力本部に対し、中学生本人に陸上自衛隊高等工科学校(神奈川県横須賀市)への入学を勧めるダイレクトメール(DM)を送付することを禁止している。工科学校は将来の陸曹を養成する陸自への近道。募集は中学生本人ではなく、保護者か教師に行うよう次官通達で定めているが、昨年、滋賀地方協力本部が中学2年生にDMを送っていたことが分かり、問題になった。
 先月、日本の最西端にある与那国島を訪れたときのことだ。町役場の入り口に工科学校のオープンキャンパスが与那国中学で開催されるとのポスターがあった。対象者は「中学三年生および父母」とある。DMはダメでも説明会ならよいのだろうか。
 防衛省は与那国島を含む先島諸島への陸上自衛隊配備を進め、地元出身者の採用を計画している。工科学校への勧誘は「青田買い」といえるだろう。
 また、文部科学省に協力して「総合的な学習の時間」と称し、体験入隊や防衛・防災講話を全国で行っている。2013年度、中学生を対象に2601回開かれ、2万6317人が参加。小学生も対象となり、150回で5584人の児童が参加した。
 「教育」の看板こそ掲げてはいるが、将来の入隊者獲得につなげることが狙い。全国規模で「青田買い」が進んでいる。


2015年11月23日付け東京新聞(半田滋)
自衛隊が進める「青田買い」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2015112302000164.html

 以下に紹介する文章は、「監視社会ならん!市民ネット沖縄」が12月3日に、宜野湾市の佐喜眞淳市長、沖縄市の桑江朝千夫市長に郵送し、県内マスメディアに連絡したものです。

宜野湾市長 佐喜眞淳様  
監視社会ならん!市民ネット沖縄 代表世話人 上江洲由美子

若者を戦場へ送る自衛隊の適齢者名簿提供に対する抗議

 自衛隊沖縄地方協力本部の依頼に対し宜野湾市、沖縄市が住民基本台帳から自衛隊適齢者の個人情報を、名簿として提出したことが、10月25日付の琉球新報、11月3日付沖縄タイムスで報道されました。
 両市は18歳から27歳未満の2万4千人分の氏名、生年月日、住所、性別を地本に提供したといいます。
 このことは市民の生命、財産、人権を守るべき自治体が、若者を戦場へ送ることに加担するものであり、決して看過することはできません。憤りをもって抗議します。
 貴市は「関係法令を参照した結果、提供を拒む理由もない」としていますが、憲法13条で個人の尊重の理念のもとにプライバシー権=自己情報コントロール権が保障されています。
 沖縄県個人情報保護条例は、その前文で「個人に関する情報は、基本的人権の保障及び個人の尊重の理念に基づき、最大限保障するべきものである」とし、このような認識のもとに「県の機関が保有する個人情報を個人自らがコントロールする権利を実効的に保障し、個人利益の保護を図るため、この条例を制定する」とうたっています。
 貴市の個人情報保護条例に照らしましても、本人及び家族の同意なく個人情報を外部提供することは同条例第8条2項に反するものです。
 自治体の自衛隊への「適齢者名簿」の提供は、自衛隊法施行令120条に基づくとされますが、これは「資料」の提供であり、個人情報の明記はありません。
 したがって、防衛省の求めに応じ「名簿」を提供する義務はありません。
 今年は、沖縄戦から70年の節目の年です。
 安倍政権は、この節目の年に、こともあろうに安保法制=「戦争法」を強行成立させました。
 憲法を踏みにじり集団的自衛権を容認、アメリカとともに戦争ができるこの「戦争法」に対し多くの若者が反対の声をあげました。
 強行成立後も廃止の声は広がるばかりです。
 高校生の間では、自衛隊の勧誘文書が送られてくると「赤紙が来た」と不安が広がっていると伝えられています。
 経済格差が進み、非正規、低賃金で困窮する若者が増えています。
「戦争法」と軌を一にして「マイナンバー」法が施行されました。
 マイナンバーによって個々人の経済状態を把握することができ、貧困層を狙って自衛隊へ勧誘するいわゆる「経済的徴兵制」への懸念が高まっている状況にあって、本人の同意もなく個人情報を自衛隊へ提供することは許されません。
 私たちは、若者を戦場へ送る自衛隊への名簿提供に抗議するとともに、貴市は同意なく個人情報を自衛隊へ提供された市民に謝罪し、名簿提供を止めるよう強く求めます。


2015-12-10 22:13:00 海鳴りの島から沖縄・ヤンバルより…目取真俊
紹介:監視社会ならん!市民ネット沖縄の「若者を戦場へ送る自衛隊の適齢者名簿提供に対する抗議」
http://blog.goo.ne.jp/awamori777/e/e68adfc2f080f5a47b6d33b2749d6467


posted by fom_club at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

監視社会建設のはじまり

TOKYO (AFP): Prime Minister Shinzo Abe vowed Tuesday to prevent terrorism at home and make Japan the world’s safest country as a new unit was launched to collect and analyse information on global attacks.

The beheading of two Japanese earlier this year, claimed by the Islamic State group, and the death of 10 others in a hostage crisis in Algeria in 2013 have highlighted the vulnerability of Japanese people abroad.

The country is also making a point of showing that it is increasing security as it prepares to host the next G7 summit in May as well as the summer Olympics in 2020.
“We will strongly push preventive measures against terrorism,” Abe told a meeting of ministers.

“I would like you to do your best to make Japan the safest country in the world.”
Abe added: “With the summit and Olympics ahead, our country must take all possible measures with a sense of crisis.”

The unit is made up of about 20 personnel in Tokyo with about another 20 based in Japanese diplomatic missions abroad and concentrated on four areas: Southeast Asia, South Asia, the Middle East and North and West Africa.

Koichi Oizumi, a professor at Japan’s Aomori Chuo Gakuin University and an expert on international terrorism, called its geographical limitations a weakness.

“Collecting information is a first step but analysing it is a different story,” Oizumi told AFP, adding that Japan is weak at intelligence, threat assessment in particular.

“It is no surprise if Japan can be a target of terrorism in the case of major events such as the G7 and the Olympics,” he added.

“Now, terrorism can happen anywhere around the world.”

Japan has taken other steps in recent years to upgrade its intelligence-gathering capability, including launching satellites to monitor North Korea, which has carried out nuclear tests and routinely threatens Japan.


8 December 2015 at 4:14 PM, New Straits Times
Abe vows to prevent terrorism in Japan as information unit launched
http://www.nst.com.my/news/2015/12/116223/abe-vows-prevent-terrorism-japan-information-unit-launched

 一昨日、真珠湾攻撃の日の12月8日に発足した「国際テロ情報収集ユニット」のことです。
 ふたつヤッホー君言いたいことがあるって、聞いてみましょうか。

 ひとつ目:アメリカ一辺倒ですが、西側に組して「テロと憎悪と復讐の負の連鎖」に巻き込まれていくこと。

 ふたつ目:「パノプティコン」化される社会が建設されていくこと。
 これは「一望監視装置」と訳されるようですが、囚人一人ひとりの動きを監視できる展望台付き監獄を想像すればいいと思います。
 さらにすすんで、監視員があそこに見張っていなくとも、「常に見張られている」と一人ひとりの囚人のこころのなかに監視員を置いてしまう状態に追いやることまで含みます。
 街のいたるところに指導者をたたえる巨大な笑顔がはりだされ、人びとは寒そうに背をかがめて歩き、常にびくびくしながら、うつむいて暮らす状況が作り出されていくのです。
 そうした新しい社会建設にマスゴミが総力をあげて結集していきます。
 映画、音楽、本、教育、労働組合、自治会、老人会、一億総活躍です。
 そして「学者」「専門家」「評論家」「売文業」が寄与していきます。
 
 さてでは、ひとつ目からですが、言葉を選びつつ(そうでもしないと、ジユウはあるけど自由が風前の灯になってるイマは、主張できないんでしょうね)慎重に描いている新聞「社説」を読んでみましょう:

 パリで起きた大規模なテロを知り、14年前のアメリカの9・11テロを思い出した人もいるでしょう。世界は何をし、また何をし損なってきたのか。 
 9・11テロのあった日、アラブ・イスラム世界の一大中心都市エジプトのカイロはどうだったか。
 電話で中産階級の知人に聞くとこうでした。
<街路は喜びにわいている。アメリカに一撃をくれてやったということだ。アメリカはイスラエルを助けパレスチナ人を苦しめている。鬱憤(うっぷん)が晴れたということさ>

◆ アラブの街路の歓喜
 アメリカの悲嘆と怒り、欧米社会のテロ非難とは裏腹にアラブ・イスラム世界の網の目のような無数の街路は暗い歓喜に満たされていたようなのです。
 欧米で憎まれるテロは、世界を異にすれば聖戦という美名で呼ばれることは、それが間違っていようがいまいが、動かせぬ事実でもあるのです。
 アメリカはテロに対しいくつもの行動をとりました。
 一つはアフガン、イラクの戦争です。ビンラディンを追うアフガン戦争は空爆であっけなく勝利したかのような印象を与えたが、今も終わらず無人機空爆は無辜(むこ)の住民の巻き添え死を招いている。
 イラク戦争は、サダム・フセインさえいなければ民主化により、自由と経済の活性がテロを締め出すという、いわば無邪気な発想で始まったものの、その泥沼化は目を覆うばかり。最悪の予想すらこえてイスラム国(IS)誕生につながってしまった。
 テロとの戦いで武力行使の必要性は否定はしませんが、机上の戦争作戦が無視したもの、あるいは過剰に軽視したものの一つは住民感情、街路の世論だったかもしれません。
 アメリカが対テロでとったもう一つの行動は、民主化運動の推進でした。それはいわゆる「アラブの春」として結実した。

◆ 中東学者の見る偏見
 エジプトでネット運動をした若者は米国務省の支援を受けています。民主化運動で市民の政治参加を促し、イスラム勢力の言い分も国民参加の政治の場で聞いて問題解決しようというのは正しい。
 トルコはそのモデルでした。イスラム勢力が政権を選挙でとり、経済発展もした。政教分離が国是の国で実現したのです。アラブの春は失敗と決めつけるより、なお途上と言ってもいいでしょう。今は混乱していても、民主化の道が閉ざされたわけではありません。
 アメリカの対テロ政策は、戦争は無思慮と独善のそしりは免れないとしても、全部が失敗であったとまでは言い切れません。
 アラブ・イスラム世界の専門家らは、テロによってもたらされる偏見、その偏見を利用するテロリスト、政治家たちを警戒します。
 たとえばフランスの中東学者ジル・ケペル氏は9・11後、仏紙ルモンドにこう記しています。

 <今や「9・11」のレンズを通してのみアメリカは世界を見る>(池内恵訳「中東戦記」より)
 続けて、イスラエル右派は対テロ戦争の論理を自らの利益のために流用し、パレスチナ人はイスラエル国内で自爆テロを行うことによってアメリカでのイメージ戦争に敗れる危険を冒している、と述べます。
 その通りでしょう。
 テロはテロの悪以上に悪用されもするのです。世界を善悪二元論に分けて、亀裂を深めれば深めるほど得をするのがテロリストたちです。
 冷戦後、世界的ベストセラーになった本に米国政治学者サミュエル・ハンチントン氏の「文明の衝突」があります。よく知られるように、冷戦時代の米ソ対立に代わって、冷戦後は西欧対非西欧(特にイスラム)の対立になると予見して論争を巻き起こし、のちに9・11を予想した書とまでいわれました。
 その「文明の衝突」がアラビア語に翻訳され、イスラム過激派の発行物にしばしば引用されているそうです。衝突はテロリストに好都合に違いありません。
 衝突が世界史のうえの論考だとしても、それがテロリストたちに悪用されてはならない。テロと憎悪と復讐の負の連鎖にならぬよう世界は、私たちは、踏みとどまらねばならない。そのためには衝突とはまさに逆方向の相互理解が欠かせない。

◆ 戦争とテロの犠牲者と
 それはきれい事にほかならないともいわれそうですが、米欧また日本の社会がどれほどイスラム世界を理解しているのかというとどうでしょう。二つの戦争による膨大な死者と、パリのテロの無辜の犠牲者とをならべて考えることもまた必要ではないでしょうか。おおげさにいえば、世界史の中で今私たちは試されているのです。


2015年11月16日付け東京新聞<社説>
週のはじめに考える 9・11からパリ・テロへ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015111602000131.html

 先の英文記事にも出て来た「専門家」は、どうでしょう。
 勝ち負けの二元論を脱し、やられたらやりかえすという殺戮、暴力の連鎖に陥らないよう提言しているのでしょうか。
 世界に誇る憲法の平和主義をもつwが国の好条件を活かせ、と提言しているのでしょうか。
 一国のシュギに組し、世界に出るのが正しい選択なのか、とブレーキ役を果たしているのでしょうか。
 異質な世界への想像力、異質な世界との対話、そして相互理解へと進む道筋を歩め、と提言しているのでしょうか。
 あるいは、「専門家」「先生」を起用して引用するとき、
 引用する発信者側に恣意的な意図はない、
 時の政権、イマのジコウへの自粛がない、
 世論を誘導するつもりはいささかもない、
と言い切れるのでしょうか。
 ヤッホー君のふたつ目の危惧、「専門家」についてです:

 パリで現地時間の11月13日夜に発生し、多数の死傷者が出た同時多発テロについて、専門家は「もはやいつ、どこででも大規模テロが起きるほど緊張感は高まっていた」と指摘している。
 国際テロリズムや危機管理が専門の大泉光一青森中央学院大教授は「日本で報じられていないが、危険な未遂事件は各地で摘発されている」と説明。今回の事件を「もはや捜査当局の厳重なチェックでも防ぎようがない状況になった証拠だ」と分析した。
 今年8〜9月にヨーロッパでテロの現状を調査したばかりで、空港や高速鉄道などのセキュリティーは厳しくなる一方だったという。摘発された事件では、エックス線に引っかからないプラスチック爆弾も見つかるなど「武器の威力もエスカレートしている」。
 シリア問題などにからむ難民に紛れて各国にテロリストが流れ込んでいる可能性もあるとし、「タイミングの問題ではなく、隙があればどこでも起きうる。多くの人が集まる場所は必ず狙われていると考えるべきだ」と危険性を語る。
 大泉教授は、安倍晋三首相が「テロに屈しない」と繰り返すほど、日本で起きる可能性は高まっているとし、「五輪も控えているのに日本の対策は序の口レベル。今のままでは防げない。テロリストを刺激する発言は控えるべきだ」。
 テロの実行犯については「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたとの証言が報道されていることからイスラム過激派の関与が浮上しているが、「中東調査会」の高岡豊上席研究員は「現時点で犯行主体を決めつけるのは時期尚早だ」と指摘する。

2015年11月14日付け東京新聞・夕刊
捜査当局の厳重チェックも限界 専門家が指摘
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201511/CK2015111402000239.html

 パリ同時多発テロを受け、来年2016年5月に仙台市で開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)財務相・中央銀行総裁会議の警備に当たる宮城県警が警戒を強めている。首謀者の過激派組織「イスラム国」は、日本を「標的」と宣言。県警は大規模集客施設などの警備の在り方を見直し、東北レベルで広域連携を図るなど対策を本格化させている。
 「異臭だ!」「落ち着いて避難して!」。12月6日開通する仙台市地下鉄東西線仙台駅で11月30日、初のテロ対策訓練があった。ホームで揮発性の高い劇物が放置されたと想定。県警機動隊の特別部隊が処理に当たった。
 県警サミット対策課の担当者は「島国・日本はテロリストから襲撃されにくいとの見方は既に過去の話。テロはいつ、どこで起きてもおかしくない」と話す。
 パリの惨事を受け、県警は仙台空港や仙台港、東北電力女川原発、楽天Koboスタジアム宮城などの施設警備の在り方を抜本的に見直す方針だ。サイバーテロにも警戒し、要人らの宿泊情報が流出しないよう、ホテル側に情報セキュリティー強化を求める。
 東北管区警察局と県警警備部、各警察署が別々に実施していた有事対応訓練を今後は合同で行なう。
 テロに詳しい青森中央学院大大学院の大泉光一教授(危機管理)は「素人が簡単に爆弾を作れるネット社会で、捜査機関だけの警備は限界がある。『テロは起き得る』ということを市民に理解してもらい、協力を仰ぐ必要がある」と話す。


2015年12月1日火曜日付け河北新報
<財務相会合>パリテロ受け仙台緊迫
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201512/20151201_13016.html

 テロは起き得るとコクミンを不安に陥れ、あおっておいて、
 次はいよいよ盗聴法、共謀罪関連法案の成立へと恐慌採決、
 12月6日付け日記「階級社会建設のはじまり」の次には、
 いよいよ、「監視社会建設のはじまり」、はじまりぃ〜っ




posted by fom_club at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月09日

戦災と震災

 12月9日水曜日、ヤッホー君は河北新報を読みながら泣いておりました:

妻に任せきり
 震災直後の2011年3月末、学校現場を退き、引きこもりやその家族らの居場所づくりに第二の人生をささげる。
 元陸前高田市広田小校長の佐々木善仁さん(65)は震災の津波で、ともに自宅にいた妻みき子さん=当時(57)=、次男仁也さん=同(28)=を亡くした。仁也さんは高校卒業以来、約10年間、自宅に引きこもっていた。
 引きこもりの家族会を設立しよう。佐々木さんが呼び掛け人となり、陸前高田市内で12月5日、設立準備の会合があった。佐々木さんが当事者や支援者ら約30人に本音を打ち明ける。
「息子のことはほとんど妻に任せていた。きちんと向き合わなかったことをすごく後悔しています」

次男が不登校
 旧高田町(現陸前高田市)に生まれ、1975年に教員となった。早朝に出勤し、夜遅くに帰宅する。そんな日々が続いた。家族と食事のテーブルを囲むのは主に日曜のみ。「よほどのことがない限り、家庭より学校が優先でした」
 仁也さんは中学2年の時、不登校となった。陸前高田市から釜石市の学校へ転じたのがきっかけだった。盛岡市内の高校を経て2001年に自宅に戻ったが、仕事はせず、自室のドアとカーテンを閉め切ったままだった。みき子さんが1日2回、食事を用意した。
 みき子さんは2007年、親同士で苦悩を分かち合う「気仙地区不登校ひきこもり父母会」をつくった。夫婦で散歩していた時、みき子さんがこぼした言葉が佐々木さんの脳裏を離れない。
「私たちが先に死ぬ。将来自活できるよう、仁也には一日でもいいから働いてほしい…」
 仁也さんが「このままでは駄目だ」と漏らしたことがある。何もしなくてもいい、俺の息子だからいつかは立ち直る、と佐々木さんは信じていた。
 2011年3月11日。海から約2キロ離れた自宅を津波が襲った。

家族会設立へ
 仁也さんは外に出なかった。みき子さんは仁也さんに逃げるよう呼び掛けた後、海の方角へと流され、行方が分からなくなった。
 広田小校長だった佐々木さんは学校で、児童や教職員の安否確認、学校への避難者の対応に追われた。
 佐々木さんが遺体安置所で仁也さんと対面したのは3月下旬。人目をはばからず、声を上げて泣いた。4月中旬、同じ安置所で妻の亡きがらを引き取った。
 教壇を去った佐々木さんは、父母会の活動に奔走してきた。みき子さんとの約束だった。その延長として、引きこもりに特化した家族会の発足を目指す。
「当事者や家族らが悩みを共有できる受け皿が地域に必要。周りの理解が大事なんです」。引きこもりと向き合う覚悟だ。


2015年12月9日水曜日付け河北新報(石巻総局・水野良将)=<被災地の教師たち>5回続きの(1)
引きこもり 悩み共有
向き合う/陸前高田市広田小・元校長 佐々木善仁さん
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201512/20151209_33013.html

岩手県陸前高田市の被害状況ー博物館施設を中心にー
陸前高田市の人的被害
 陸前高田市(6月現在)
 死亡者数1,514名
 行方不明者数615名
 避難者数1,182名
 市職員の約3分の1が犠牲となる。


陸前高田市海と貝のミュージアム兼陸前高田市立博物館・熊谷賢(主任学芸員)、砂田比左男(専門研究員)
https://www.rekihaku.ac.jp/others/news/effort/assembly/pdf/002.pdf

 上をクリックして、そのフォトアルバムをぜひご覧ください。
 忘れてはいけない、恐ろしい震災を胸に刻みこんでおきたいのです。
 しかし3.11からすぐ、なんとかしようと文化財レスキューにも人びとはたちあがるのです。
 
 東日本大震災で被災した岩手県の博物館の展示品などを集めた「震災からよみがえった東北の文化財展」が、2012年3月11日まで東京都港区南麻布5丁目の都立中央図書館で開かれている。がれきの中から学芸員が救い出した文化財などが「あの記憶を後世に伝えたい」との思いとともに並べられている。
 同県の陸前高田市立博物館や、大船渡市立博物館に所蔵されていた資料など158点を展示。大きな被害を免れた内陸部の遠野市立博物館の学芸員が中心となり、被災した沿岸の博物館を訪ね、泥を落としたり補修したりしたものだ。
 きっかけは震災の17日後、遠野市立博物館学芸員の前川さおりさん(*)が「どうしても被害状況が気になって」陸前高田市立博物館を訪ねた時のこと。がれきに埋もれた建物の中、動物の骨格標本や土器片が散らばった床の片隅に、誰かの書き置きがあった。「資料を持ち去らないでください。高田の自然、歴史、文化を復元する大事な宝です」
 つづられた言葉を目にした前川さんは「あの混乱の中、文化財を救いたいと願う仲間がいるとわかり、足が震えた」。一つでも多くの資料を見つけ出し、震災の記憶と一緒に残さなければならないと考えた。県内の学芸員仲間らに呼びかけ、沿岸を巡る活動が始まった。
 陸前高田市の「海と貝のミュージアム」のシンボルだった重さ約300キロに及ぶのオオジャコガイの貝殻は、二枚貝の1枚だけが見つかった。釜石市戦災資料館に展示されていた第2次大戦中の艦砲射撃の弾頭などは「戦災と震災、2度の悲劇を伝える」との説明が添えられている。
 こうした資料のほか「津波は繰り返す」という史実を示すため、1896年の明治三陸津波や、1933年の昭和三陸津波の被害の様子を伝えるパネルも作った。今回、山田町で見つかった、午後3時20分過ぎで針が止まったままの時計も展示されている。
 あの日、地震が起きた午後2時46分から津波に襲われるまで、どうすれば、もっと多くの人たちが助かったのか。そんな問いかけも込められた展示会だ。


2012年3月4日12時35分、朝日新聞デジタル(中川文如)
きっかけは1枚の書き置き 三陸の文化財、東京で展示会
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201203040066.html

 博物館だけではありません。
 陸前高田市では、図書館も。

 高所へ逃げろ。
 『津浪記念碑』という本の表紙には、そうメモ書きされていた。2011年3月11日、東日本大震災による大津波は、この本を所蔵していた岩手県の陸前高田市立図書館にも襲いかかった。職員7人全員が落命、蔵書8万冊も全て流出。地域の人々に愛されてきた図書館は、壊滅した。
 図書館の貴重な資料を救うため、博物館や図書館関係者は早くから動いていた。4月には、図書館の特別書庫に収蔵されていた岩手県指定文化財の「吉田家文書」などが救出。岩手県立博物館や国立国会図書館による修復作業が行われた。
 しかし、文化財として重要な資料以外の図書館の本は、骨組みだけとなった建物周辺に散乱。自衛隊や地元の人たちによって車庫に積み上げられ、震災から1年近く経ってもそのままにされていた。『津浪記念碑』もそのうちの1冊だった。津波に浸水し、ボロボロとなってしまったこの本は、その後、どのような運命をたどったのだろうか?

■ 震災後、車庫に積み上げられていた図書館の資料
 津波災害で得た教訓を後世に残すために記した記念碑は、東日本大震災以前から三陸海岸の各地に建立されている。『津浪記念碑』は郷土の歴史を研究していた宗宮参治郎さんがまとめたもので、陸前高田市内にも点在している津波記念碑を丹念に調査している。
 たとえば、1934(昭和9)年に建てられた「広田小学校下道端の津波記念碑」には、1876(明治9)年と1933(昭和8)年に襲来した津波の死亡者数とともに
「地震があったら高所へ集まれ」
「津波と聞いたら欲捨てて逃げろ」
「低いところに住家を建てるな」
といった教訓が書かれていたとある。
 2005年ごろにまとめられたと推測されるこの本は、「吉田家文書」のように文化財にこそ指定はされないが、地域にとっては重要な郷土資料であることに変わりない。震災前の陸前高田市立図書館は、こうした郷土資料も積極的に集めていたという。
 車庫に山積みとなっていた本の中から、なんとかして郷土資料を救出できないか。2012年3月、岩手県立図書館や日本図書館協会などが現地を訪れ、約500点を発掘した。そのうちの51点がもはや再入手が困難であり「貴重な資料として後世に伝えていきたい」という陸前高田市の意向を受け、2013年9月に東京都立中央図書館(港区)の資料保全室へと運ばれた。
 『津浪記念碑』もその中に含まれていた。。。


2015年3月11日14時21分 JST 更新、ハフィントンポスト【3.11】
「高所へ逃げろ」と書かれた陸前高田市立図書館の本がたどった運命 地域の歴史を忘れず、伝えるために
http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/10/rikuzentakadashi-library_n_6837100.html

 恐ろしい震災に津波。
 もうわすれたろう、もういいだろうってすすめる再稼働、ちっとも学習しようとしないし、教訓にして世界に訴えることもしない、アホノリスク!
 人災も、戦災なんてもっとイヤ、ましてアベノミクスで痛めつけられのはゼッタイ、許せない!

(*)
前川さおり「文化財レスキューと遠野 ― 遠野市立博物館と遠野文化研究センターの取り組み The rescue operations for cultural heritages in Tono Museum ―」参照
山形大学歴史・地理・人類学論集、第14号(2013年)所収、41頁−48頁参照
https://yamagata.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=1653&item_no=1&page_id=13&block_id=29




posted by fom_club at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

自由と平和のための京大有志の会

 なんか気になるwが国の行く末。
 12月8日未明、ヤッホー君の向かった徘徊先は東大!

赤門.jpg

イチョウ.jpg

三四郎池.jpg

 この夏の京都です:

 衆院を7月16日に通過した安全保障関連法案をめぐり、大学で教員やOBが反対声明を出したり、抗議集会を開いたりする動きが相次いでいる。
 京都大有志の声明がネット上で多くの共感を呼ぶなど、大学を超えた広がりもみられる。

 京都大では7月2日、教育や経済など分野を超えた教員と学生が「自由と平和のための京大有志の会」を発足させた。

 発起人は15人だったが、公表した声明書はネット上で瞬く間に広がり、フェイスブックでの「いいね!」は2週間あまりで1万7千件を超える。
 学外の人も入れた賛同者も7月17日現在で846人になった。

 声明書の草稿を書いたのは、京大人文科学研究所准教授の藤原辰史さん(38)。
 会を立ち上げるにあたり「何か声明が必要だな」とパソコンに向かうと、次々と言葉がわき上がり、15分で書き上げた。
 「安保法案」や「反対」という言葉は一度も使わず、詩のように言葉をつないだ。
 専門は農業史。二つの世界大戦下での食糧や生活事情を研究しているため、「戦争は兵士だけでなく、すべての人たちのくらしを変えてしまう」ということを伝えたかったという。
 集団的自衛権行使を容認する閣議決定に向けた議論の時から懸念を持っていた。
 憲法を都合良く変えようとすることと、政府が国立大の人文社会科学系学部の廃止や見直しを求めていることは、根っこが同じだと感じる。
旧帝大は戦争で、軍事研究や理論構築に積極的に関与した。『役にたつこと』にとらわれすぎると同じ道をたどりかねない
 だからこそ、「誰の奴隷でもない言葉」を紡いだ。
 会のページにアップすると、何万という反響を呼んだ。ツイッターでは、
「学問よ 負けるな!」
「一文一文が胸に響く」
「なぜ国立大から文系学部をなくしてはいけないかが分かる」
などの言葉があふれる。東京都国分寺市や静岡県、北海道で、憲法や安保について考える市民らの集会や勉強会でも読み上げられたという。

■「世代超え危機感」
 法案に対する声明を示したり、意見を交換しあったりする動きは全国の大学で広がっている。
 明治学院大では教職員有志15人が6日に法案反対の声明を発表して以来、有志が昼休みに「声明を語る会」を開いている。
 教職員や学生のほか、インターネットで開催を知った地域住民も参加。
 ざっくばらんな雰囲気の中、法案について議論する場となっている。
 法案が衆院特別委で採決された7月15日昼に白金校舎で開かれた会には25人が参加。
「今後はどうなるのか」「学生にもできることはある」などの意見が出た。
 有志の一人で明学大国際平和研究所の高原孝生所長は
法案について周りと話すことをはばかるような学生もいる。大学には自由に語り合える場が必要だ」と話した。
 反対声明の賛同者は7月16日現在、教職員や学生らを含め242人に達した。

 衆院特別委の中央公聴会で村田晃嗣学長(*)が「中国が力をつけるなかで、日米同盟の強化は理にかなっている」として法案に肯定的な意見を述べた同志社大。
 教職員有志は7月15日、法案に反対する声明を発表。
「良心教育を基軸とした同志社大学のイメージを大きく損なう結果をもたらした」として学長の発言を批判した。
 声明をとりまとめた社会学部の板垣竜太教授は「若手から学部長まで世代を超えて危機感は強い」と話す。賛同する教職員は7月17日現在で83人。
 近く学長に声明文を提出する。

■ 京大有志の会「声明書」全文
戦争は、防衛を名目に始まる。
戦争は、兵器産業に富をもたらす。
戦争は、すぐに制御が効かなくなる。
戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

精神は、操作の対象物ではない。
生命は、誰かの持ち駒ではない。
海は、基地に押しつぶされてはならない。
空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

学問は、戦争の武器ではない。
学問は、商売の道具ではない。
学問は、権力の下僕ではない。

生きる場所と考える自由を守り、創るために、
私たちはまず、思い上がった権力にくさびを打ちこまなくてはならない。

自由と平和のための京大有志の会「声明書」

2015年7月18日05時00分更新、朝日新聞デジタル(市川美亜子、前田育穂)
ウォッチ安保国会、安保法案、大学から「NO」京大発の声明、「いいね!」1.7万件
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11865881.html?rm=150

 東大はですね、本郷キャンパスでなく、駒場キャンパスで動きがありましたね:

■ 「若いうちは、まずは行動することが大事」
 理科一類の1年生、水口敦喜さんは次のようにスピーチし、大きな喝采を受けた。

「政治的なことをすると、すぐ勉強不足だとか芸能人やネットで馬鹿にされる。『あなたはどうなのか』と言い返したくなるのですが、確かに知識が足りないのは、僕も承知しています。では、知識をつけるまで黙っていようか、と考えました。
 労働組合や学生自治会を中心として行われていた60年代の安保闘争は、ある意味で完成された思想、イデオロギーを持っていました。しかし、だから失敗に終わってしまった。インテリによる、インテリのための暴力にしかなりえなかった、と考えます。
 今は違います。
 不完全、だけどそれぞれに全く異なる価値観を持った人たちが、今の日本を守りたいという、その一心だけで集まっています。僕はむしろ、それを強みにできると思います。
 若いうちは、まずは行動することが大事。これは、僕の恩師のおっしゃった言葉であり、かつ僕自身の実感です。
 知性の放棄や軽視を意味している訳ではありません。行動しながら、思考をどこまでも保ち続ける。それが大事なのではないでしょうか」

 閉会後、「東大生に向けてメッセージなどあれば」という記者の質問に対し、水口さんは「賛成でも反対でもいいので、自分の言葉で意見を交わしてほしい。それが民主主義の第一歩だと思う」と話した。

■ 「軍事的なものに加担しないという原点」
 また、生産技術研究所特任研究員でシンポジウム主催者の男性は、シンポジウムの狙いについて、次のように話した。

「東大の中でいま、安全保障や戦争の問題が、特に問われているという感覚がある。私たちの実行委員会は、学部生・院生も含めていろいろなメンバーがいるが、東大は70年前の戦争に加担したということもあって、二度と戦場に送られたくない。個人的にも、私は被爆三世で、原爆の被害はものすごく深刻だという意識がある。
 その中で、持続可能な社会や平和な社会をどう作るか東大が研究しているにも関わらず、それが真っ向から戦争に持って行かれるような状況に、声を上げたかった。
 東大の中でも、個々の先生など、いろいろなところで実際に軍学共同に声がかかってくる状況がある。その中で、学内で軍事的なものに加担しないという原点を、幅広くこの東大からアピールしていきたい」

 シンポジウムは、最後に
「私たちは、この東京大学の力を、学問の力を、正しく生かすべく、社会に対し責任を果たさなければならない」とする集会アピールを採択し、盛況のうちに幕を閉じた。


2015年9月10日付け東大新聞(文責:井手佑翼)
安保法案東京大学人緊急シンポジウム開催 「東大は70年前の戦争に加担した」
http://www.todaishimbun.org/todaijin150910/

 シンポジウムは続いています。明日も:

 シンポジウム「『2015安保闘争』その先へ」
 日時: 2015年12月9日(水)18:45〜20:45
 場所: 東京大学駒場キャンパス5号館525教室
 対談: 大澤真幸氏(社会学者、元京大教授)✕ 市野川容孝(社会学者、本学教授、本実行委員会呼びかけ人)
 主催: 安保法案東京大学人緊急抗議集会・アピール実行委員会

「安保法案 東京大学人緊急抗議集会・アピール」実行委員会
http://todaijinshukai.web.fc2.com/

(*)
 同志社大で11月6日にあった学長選挙で、現学長の村田晃嗣氏(51)が敗れ、理工学部教授の松岡敬氏(60)が新学長に選ばれた。来年4月に交代となる。

「これまでの学長選では考えられないような大差がついたようです。やはり、村田さんの安保法案に関する発言は大きかった。あれで、学内の雰囲気がガラリと変わりましたから。学長も研究者として意見はあると思いますが、学内では、あの安保法案を肯定する発言をするなんて『あり得ない』という意見が大勢でした」
(同大教授)

■ 3年間の実績も問われ……
 もっとも、村田氏の落選理由は安保法案に対する言動だけではないという。
 文科省は昨年、国際社会のリーダー育成に取り組む「スーパーグローバルハイスクール」37校を指定。ライバルの立命館大や関西学院大などが選ばれる中、同志社大はこのリストから漏れている。
 受験者数が前年から4%も減るなど、経営も深刻な状況だという。

「村田さんは学長選を見据えていたのか、副学長や学長補佐などのポストを増やして“お友達”を次々に任命していました。組織としてスリム化を進めないといけないのに、あり得ないことです。学長として3年間の実績も問われたんだと思います」
(同大教授)

 周りを“お友達”で固めるのは、仲良しの安倍首相とそっくりの手法だ。
 落選は当然か。


2015年11月11日付け日刊ゲンダイ
大揺れ同志社大「安保法」賛成学長が大差落選の裏事情
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/169063/1



posted by fom_club at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民皆保険制度

「内容が日本語にもなっていない全く変なTPP、これへの参入によって危機に直面していまったwが国の農業。この問題に、鋭い視点から切り込んだ、お薦めの好著がありました」
 ヤッホー君のこのブログ、6日日曜日付け日記「安岡健一」に綴っていました。
 今日の8日火日曜日も「全く変なTPP」を俎上に乗せますので考えてみませんか、って。
 今日は、米国保険会社にかっさらわれようとして、危機に直面しているわれわれの「健康保険制度」について。
 まずは、お医者さんの声から:

 米国では、カーター元大統領が転移を生じた悪性黒色腫から生還したと大きなニュースになっている。
 肝臓と、脳に4か所腫瘍が見つかったが、治療により、スキャン上腫瘍が消失したということらしい。
 あの尊敬すべき元大統領が、90歳を過ぎて、悪性黒色腫という、ちょっと前まで絶対予後不良であった癌から生還したというのであるから、こころから喜びたいと思う。

 どのような治療を行ったのか関心があったので、ネットで調べた。
 予想通り、抗PD1抗体を製剤化した薬を用いたらしい。PD1は、リンパ系細胞に表現されており、それがあると腫瘍免疫が阻害される・・・したがって、PD1を阻害すれば、腫瘍免疫が活性化されるとして、さまざまな悪性腫瘍に使われ始めているらしい。我が国でも、悪性黒色腫の保険適応はすでにあり、近々、非小細胞性肺がんにも適用が拡大される、ということだ。

 だが、問題はその値段である。米国の商品名Keytrudaという、この薬剤の米国におけるコストは、年に15万ドル、約1800万円という。
 我が国では、ネット上の情報では、月額500万円ということだ。
 この薬剤が、悪性黒色腫のみならず、非小細胞性肺がんにまで保険適応が拡大されると、保険財政は完璧に破たんする。
 今のところ、この製剤の薬価を飛躍的に下げるという話題は聞こえてこない。
 下げたとしても、対象患者数の多さから言って、保険が財政的に成り立つとは思えない。

 実は、これ以外にも、薬剤がどんどん高騰している、というか、新しい薬剤がきわめて高価なのだ。
 C型肝炎をインターフェロン以外で治療する新たな薬剤は、月額200から300万円と聞く。
 べらぼうな価格である。

 で、政府は、これらの超高薬価の薬剤を一体どうする積りなのか。
 確たる情報はないが、健康保険での取り扱いを止める、したがって、自費扱いにするしか方法はないのではあるまいか。
 いや、それしかないと断言できる。

 TPP交渉の中身が、我々に理解しやすい形で表に出てこないが、最近号の『世界』に、元衆議院議員の首藤信彦氏が、寄稿している論文によると、次のような筋書きができているらしい。

 実質的なTPP交渉は、二国間交渉の積み重ねになっている。それら11件の対米国、二国間協定に「保険等の非関税処置に関する並行交渉」という章がある。その内容は、以下の分野の非関税障壁について取り組むこととなっている。対象分野は、保険、透明性、投資、知的財産権、規格・基準、政府調達、競争戦力、急送便および植物検疫である。これらは、1980年代以降、日米構造改革協議、年次改革要望書によって米国が、我が国に繰り返し要求してきた事項である。米国企業が、我が国で全面展開する際の制度障壁をすべて取り除くようにという要求だ。それを、この二国間交渉によって一括して我が国政府は吞んだということだ。

 透明性を確保するということから、中医協による診療報酬の決定プロセスに、製薬企業を入れることを、米国側は確実に要求してくる。
 そこで、医療保険が参入障壁になっていると、彼らは指摘し、少なくとも米国と同じように、薬剤に関してはすべて自費にすることを要求するはずである。
 それを見越して、政府は、最初に上げた高額な新薬の価格をそのままにしているのではないだろうか。
 その方が、製薬企業、医療保険民間企業の儲けが大きくなるからだ。

 米国でTPPを推進する企業の急先鋒は、製薬企業であるらしい。
 すでにロビー活動で100億円を政治家に配ったという情報もある。

 TPPは反対、農産物関税維持といっていた我が国の政府は、いつの間にかなし崩し的に、農産物関税についても大幅な譲歩を行った。
 米国がTPPによって得たいと考えている主要な領域は、医療保険分野である。
 国民皆保険は崩さないと政府は言っているが、すでに皆保険制度は風前の灯となっている。
 これからは、米国の保険資本による高額の民間保険に加入せざるを得なくなる。

(2015/12/07 22:55更新)


 ウヨクって国粋シュギ、愛国シュギと思っていましたが、日の丸を星条旗に売り渡そうとしているのか、ホントがっかり。
 郵便局にだってアメリカの民間保険会社がどうどうと「あひる」が泳いで、鳴いているもん。
 
 臨時国会を拒否し、2日間の閉会中審査でTPP審議をはぐらかした安倍政権がバラマキを始めた。
 最も反対の声が大きい農林水産業界を黙らせ、国民が売国条約の全容を知る前に承認に持ち込もうというハラなのだが、問題は農業だけじゃない。
 米国が狙う本丸は医療分野だ。
 その懸念を早くから訴えてきたこの国際ジャーナリストの堤未果氏は、「国民皆保険制度の切り崩しはすでに始まっている」と警鐘を鳴らす
。。。

■「TPPの実態は独占
―HIVや肝炎などを抱える患者にとっては死活問題ですが、日本の薬価や診療報酬は中医協や厚労省が決定権を握っています。

堤未果: TPPの「透明性の章」と関係するんですが、貿易条約で言う「透明性」は利害関係者を決定プロセスに参加させる、という意味。
 米国は小渕政権時代から中医協に民間を入れろと迫っているんです。
 TPPでそれを許せば、公共性や医療の正当性を軸にしている審査の場にビジネス論理が持ち込まれてしまう。
 グローバル製薬業界は新薬の保険適用を縮小したり、公定価格との差額を政府に穴埋めさせるなどして皆保険を残したまま高く売りつけたい。
 医療費がかさめば、民間保険に加入せざるを得なくなり、保険会社もニンマリですよ。
 TPPが発効したら、政府は医療費抑制のために3つの選択肢を示すでしょう。

 ▽ 皆保険維持のために薬価は全額自己負担
 ▽ 自己負担率を8割に引き上げ
 ▽ 診療報酬の引き下げ――。

 診療報酬が下がれば儲からない病院は潰れ、医師は米国と同じように利益を意識して患者を選ばざるを得なくなる。最終的にシワ寄せは私たちにきます

――安倍政権が取り組む国家戦略特区で、大阪は医療分野の規制緩和に向けて動き出しています。

堤未果: 大阪だけではすみません。
 特区内に本社を置けば、特区外でも同様の医療サービスを展開できる。
 事実上の自由診療解禁です。
 マスコミはTPPを自由化というスタンスで報じていますが、TPPの実態は独占。
 国内産業保護のために規制していた参加国のルールは自由化されますが、製薬会社などが持つ特許や知財権は彼らの独占状態になる。
 1%の人々にとってTPPは夢。
 ロビイストが米議会にバラまいた献金は100億円を超えましたが、その何百倍もの恩恵を未来永劫得られるのですから安い投資です。
 米国でTPPが批准されないという見通しは甘い。
 実現に向けて、彼らはさらに札束をまくでしょう。
 日本が抜ければTPPは発効しません。
 年明けの国会が最後の勝負です。

▽ つつみ・みか 1971年、東京生まれ。NY市立大学大学院修士号取得。国連、証券会社などに勤務。「報道が教えてくれないアメリカ弱者革命」で黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞。「ルポ 貧困大国アメリカ」で日本エッセイスト・クラブ賞、新書大賞。「政府は必ず嘘をつく」で早稲田大学理事長賞。近著に「沈みゆく大国 アメリカ」(2部作)。


2015年12月7日付け日刊ゲンダイ
ジャーナリスト堤未果氏 「国民皆保険の切り崩しは始まっています」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/170925/1

 ちゃんとTPP公式文書の内容を分析し、損得や問題点、結果、国益になるのか、ならないのか議論する素材提供してコクミンが「熟議」できるように政治家にお願いしたいけど、二世、三世のぼんぼん政治屋ばかりだし、頼りになるシミン団体なんてなさそうだし、そうしたらますますジコウ政権はやりたい放題、食べ呑み放題。
 なんかわれわれの生活の基盤が破壊されようとしています、壊されようとしています。
 インフラ破壊って、鉄砲、爆弾などの殺人兵器、直接的暴力と同じくらい怖い、です!
 wが国の岩盤規制の撤廃とかいって先頭立って旗振ってるのが、ヨーケいるし、
「学者」「弁護士」「先生」ってヨーク見分けないと大変なことになりまっせ。
 こりゃあ、たいへんだあ〜

 環太平洋経済連携協定(TPP)の詳細が明らかになり、批評家は心配していたよりもさらに悪い内容だと言います。
 米国と他の環太平洋諸国11ヶ国が、世界経済全体の4割を占める地域経済圏を形成する経済協定に合意してから数週間が経った11月5日、TPP協定の全文が公表されました。
 世界中の活動家がTPPに反対し、医療、環境、言論の自由、労働者の権利を犠牲にして、企業に利益をもたらすものだと、警告してきました。
 オバマ大統領が議会に対し、賛成か反対かを問う投票を求める前に、議会には協定を精査するための90日間の時間が与えられます。
 市民団体パブリック・シチズンのグローバル・トレード・ウォッチ代表でTPP批判の第一人者ロリ・ウォラックに話を聞きます。


2015/11/6、デモクラシーナウ
TPP全文公開 「思っていたよりもっと悪い内容」と批評家
http://democracynow.jp/dailynews/15/11/06/1

 ぜひ辞書を引き引きでも、アメリカ大陸の議論、問題提起を読んでみませんか:

http://www.democracynow.org/2015/11/6/full_text_of_tpp_trade_deal

★ "A Very Big Mistake": Joseph Stiglitz Slams Obama for Pushing the TPP
http://www.democracynow.org/2015/11/12/a_very_big_mistake_joseph_stiglitz

★ カナダの新聞論調です:

The intellectual-property provisions in the Trans-Pacific Partnership agreement will drive up global drug prices and make it harder to treat diseases in developing countries, Médecins sans Frontières (Doctors Without Borders) says.

A month after the final text of the TPP was released, the medical humanitarian organization has completed its analysis of the portions of the massive trade pact that will affect drug costs. Despite changes from earlier leaked versions of the text, there are still serious problems, Judit Rius, MSF’s U.S. legal policy adviser, said.

“This is catastrophic. This is very negative. The impact is going to be at multiple levels,” Ms. Rius said in an interview. “First of all, it is going to delay access to generic competition [for brand-name drugs], which is a proven intervention to reduce the price of medicines.”

For generic drug makers, she said, the TPP will create additional legal barriers that will get in the way of making new products, and that will stunt the industry.

The Trans-Pacific Partnership agreement will actually raise drug prices, especially in developing countries, Judit Rius, MSF’s U.S. legal policy adviser says...


Trans-Pacific Partnership
Drug prices expected to rise as result of TPP deal
Richard Blackwell
The Globe and Mail
Last updated Sunday, Dec. 06, 2015 11:17PM EST
http://www.theglobeandmail.com/report-on-business/drug-prices-expected-to-rise-as-result-of-trade-deal/article27627091/


posted by fom_club at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

鷹取山139m

 11月5日土曜日は浅草橋駅近くの中華屋さん「広東料理 福臨門(ふくりんもん)」(台東区柳橋1-13-4丹羽ビル1F 電話3863-0363)。
 山歩クラブの第一回目忘年会!
 浅草橋に10人が集結、新しい方も見えられ歓迎会、ヤッホー君の1ヶ月半の長期滞在を前にした送別会、さらにはいつものような「わいわい会議」でご歓談、お疲れさまでした。
 明くる11月6日日曜日、思い立ったが吉日、山が呼んでる、とばかりにいそいそと神奈川県は鷹取山へ。
 5時間、たっぷり山のなかで過ごしてまいりました。
 もう出だしから金色に輝くいちょうの大木がお出迎え、思わず足を止めてうっとりと見あげてしまいました。
 逗子中学校の奥です:

鷹取山いちょう.jpg

 僕はホタル部の部長である。
 恐らく他の学校にはない部活だ。ホタル部は「ホタルを見ることができる環境をつくり、維持していく」という指針に沿って活動している。具体的には、校舎周辺の清掃活動などである。
 活動の中で、みんなが特に楽しんでいるものがある。月に1回程度の自然観察会だ。
 僕の通う学校は緑に囲まれている。学校から裏手に3分も歩けば、山道の入り口に行きつく。
 この環境を活かして自然観察をするのだ。
 学校に集まった時はがやがやとくだらない話で盛り上がっているが、山の中に入るとそれが止む。山の
特別な雰囲気を、全員が感じとるのだ。
 空気が清らかだ。冷たく、またきれいでもある。本当に透明な空気に、体が包み込まれていくように感じる。
 これは木々のおかげだ。木々の大切さを感じる一瞬だ。昔からそこにある木々が、優しく僕たちを見守っている。
 全国から、そんな豊かな森林が失われているという。森林自体が減っていることは話題になっている。
 さらに最近では「荒れた森林」が多くなり、深刻な問題になっているという。もともと林業が盛んだった
日本だが、外国産の安い木材の流入で市場が縮小し、利益が出ずに放置された森林が多いようだ。
 森林は「緑のダム」として水をろ過し、きれいな水を生み出してくれる。
 役割はそれだけではない。
 土砂災害をも防いでいるのだ。

 そんな大切な森林が失われたり、荒れたりしているのだ。このままでは、森林という素晴らしい空間がなくなるだけではなく、土砂災害がさらに増えてしまうのではないかと危惧している。
 では、どうすればいいのか。。。

 もっと森林を愛さなければならないと思う。
 僕たちホタル部のように森林を歩き、森林のことを考えれば、土砂災害を防ぐ要、森林の大切さを実感できるはずだ。
 そうすれば、自然に森林のことを考えた行動が伴ってくると思う。
 森林は敵ではなく、味方である。
 森林を敵対視し恐れながら暮らすのではなく、森林を愛し、土砂災害などから守ってもらう安心な生活ができればと願っている。


神奈川県逗子市立逗子中学校3年・渕脇慶伍
森林を愛す −土砂災害を防ぐには−
(平成25年度「土砂災害防止に関する絵画・作文」作文中学生の部 優秀賞(国土交通省事務次官賞)
http://www.mlit.go.jp/common/001028226.pdf

 渕脇慶伍くんはイマ、県立横須賀高校に通っているのかな、陸上部なのかな、グランドで思いっきり走って、たっぷり汗を流しているのかな、
 渕脇慶伍くんの作文、最近も載っているよ、「真の言葉と向き合う」!
 本『「言葉の力」を感じる時〜第5回言の葉大賞入選作品集』(京都柿本書房、2015年4月)にも載っているのかな、
 必読、です、応援してるよってヤッホー君!
http://www.kotonoha-taisho.jp/work/vol_05/pdf/kotonoha_vol01_07.pdf

鷹取山登山口.jpg

 「皇帝ダリア」も発見!
 学名:Dahlia imperialis
 英名:ツリー・ダリア
 原産地:メキシコ
 花期:晩秋

 場所はヒ・ミ・ツ!
 きっと今年最後の秋色に、満足なされること間違いなしです。
 山歩クラブ山友のタムさんは、3回も歩いているお気に入りの山です。
 いつものように「ポイントみっつ」と:
 ひとつ目:神武寺。行基和尚さん開創。
 今年の秋、国分寺・国分尼寺を訪ねる山歩クラブの「街歩き」に参加して以来、すっかりおなじみとなったあの聖武天皇、行基のコンビです。
 ふたつ目:鷹取山。富士見はもとより、岩とクサリ場にハーケン跡(!)、イワタバコ(!)、なんじゃもんじゃ(?)をはじめとする樹相、もうたまりません。
 そう、そう、山名の由来も調べなくっちゃ。
 みっつ目:磨崖仏。

 明治から昭和の初期にかけて石材を採取したため生じた垂直に切り立った岩石が特徴の鷹取山は、その姿を群馬県の妙義山にたとえ、「湘南妙義」の別名があります。
 この奇観の中で、巨大な弥勒菩薩尊像の姿も目を引きます。
 この弥勒菩薩尊像は、逗子市在住の川口満氏に依頼により、本市在住の彫刻家藤島茂氏(1917-1973、注)が昭和40年頃に製作したものです。
 山頂からの眺めも抜群で、休日にはハイキングを楽しむ人でにぎわいます。

 鷹取山公園での岩登りは禁止です。
 但し鷹取山安全登山協議会指導員の指導に従い、決められた事項を遵守して行う場合はこの限りではありません。
 岩登りをする場合は鷹取山安全登山協議会への登録が必要です。


横須賀市公式サイト、鷹取山公園
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4130/sisetu/fc00000978.html

 打ち上げは京急田浦駅近くの中華屋さん「広東料理 隆昌(りゅうしょう)」(横須賀市船越町1-47-1 電話 046-874-8278)。
 ごちそうさまでした!

(注)映画「トイレット部長」(1961(昭和36)年8月公開、東宝)
 藤島茂が1960(昭和35)年に発表した同名随筆の映画化作品。
 藤島は国鉄本社施設局建築課課長として、駅舎の公衆トイレの設計と敷設に関わった人物。
 出演者はその藤島をイメージした主人公・笠島役に池部良、その妻役に淡路恵子。ほかに浜美枝、沢村貞子、久保明、藤木悠、森光子らが脇を固める。
 製作は金子正且、監督は筧正典、脚本は松木ひろしとサラリーマンものには定評のあるスタッフが揃う。「駅便課長」と揶揄されるもお構いなしの主人公と、家庭でもトイレの話ばかりで愛想を尽かす妻、トイレ敷設という与えられた仕事に不満を持つ新入社員など、特異な仕事をめぐって起こる珍談が作品の背骨となっている。
 筧は数々のサラリーマン喜劇で培ったテクニックで笑いとペーソスを絶妙なバランスで織り交ぜながら、実話に基づいた苦労を、ドキュメンタリー風に克明に描いている。
(キネマ写真館)
http://kinema-shashinkan.jp/cinema/detail/-/2_0294?PHPSESSID=6ddnd96lfc8f1elvdulnbhgsu2


posted by fom_club at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

階級社会建設のはじまり

「内容が日本語にもなっていない全く変なTPP」と今朝、書き付けたヤッホー君のこの日記、棄民化か愚民化、すなわちコクミン生活の基盤を破壊し、すなわちコクミン生活のインフラ破壊を、すすめているイマのジコウ政権への異議申し立てとして、ちょっとだけ補足することをお許しください。

 まずはTPPと農について:

 私は数十年間、芸術教育に関わり、退職後は金沢市郊外で一ヘクタール余の水田でコメを作る農民である。
 環太平洋連携協定(TPP)の大筋合意のニュースを聞き、日本の農が育ててきた食の安全と安心のみならず、稲作から生まれた歴史的な祭りや伝統文化の喜び、それを支える地域社会の共同性、自然から学ぶ創造性や畏怖や謙虚さという「こころの知恵」までもが危うくなったと感じる。

 私の住む土地には、長い年月にわたり祖先が開墾し、耕し、改良を重ねた「美田」が残る。
 憂えるのは将来、維持管理する従事者が絶えて農地が荒れ、国民の足が地面から離れることによるものづくりと創造力の衰退だ。

 仏英など欧州の農業国も、工業化のしわ寄せを受けているが、TPPのような農業を犠牲にする政策にくみしてこなかった。
 国の農業補助は、食料自給拡大のみではなく、農業従事者が果たす社会の安穏と国土の美化を念頭に行われてきたからである。
 伊などの老人ホームで高齢者の自立度が高いのは、農を生きがいとこころの糧として日常生活圏に取り入れているからだ。

 これからの日本で、農こそが健康管理とメンタルセラピーの場となり、いのちの根源的な価値に気づかせる情操教育の場として活用されることを提言したい。
 高度情報管理社会が生み出すストレスと膨大な医療費の国民負担は、コメ農家への政府補助金の比ではないと考えるからだ。

 子どもたちが農業体験に参加、サラリーマンは仕事後ジムで汗を流すように田畑に通う。そうした環境の整備が必要だ。
 日本の農業は食料自給が半分、あとは創造活動と精神衛生の場として解放されることが望まれる。
 
2015年12月5日付け中日新聞、北経随想、アジア随想
横川善正(金沢美術工芸大名誉教授)「TPP 抜けた視点」 
よこがわ・よしまさ:
1949年金沢市生まれ。74年金沢大大学院文学研究科修了。金沢美術工芸大講師、同大教授などをへて現在同大名誉教授、金沢市立病院顧問。専門は英国文芸史。著書に『誰も知らないイタリアの小さなホスピス』(岩波書店、2005年5月)など。
http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/economy/zuisou/CK2015120502000226.html

 横川先生の『誰も知らないイタリアの小さなホスピス』についてこんな書評があります:

「後進国」で実現した手づくりの福祉
 イタリアの特徴とその底力は、人口数万の小さくて魅力的な街が綺羅星(きらほし)のごとく点在することにある。
 どこも自然の美しさと歴史的佇(たたず)まいをもち、個性ある生活環境を誇る。
 北イタリアのヴェネツィア近郊にあるトレヴィーゾもその代表の一つ。水路が網目状に巡るこの小都市が本書の舞台だ。

 突然襲った癌(がん)で最愛の夫を失った女性アンナが、死と向き合った夫との深い交流の体験をもとに、癌末期患者の家庭介護の民間ボランティア組織を設立し、死を迎えるまでの終(つい)の棲(す)みか、ホスピスを手づくりで完成させた。
 その活動に友人として寄り添う貴重な経験をもった一人の美大教師が著したユニークなホスピス論が本書である。

 著者は医療や福祉の専門家ではない。
 偶然の出会いからホスピスの世界を知る。
 アンナも全くの素人だった。
 夫の死を契機に、人生を見つめることからこの世界に飛び込み、志を共にする人びとと一緒にホスピス建設に命をかけた。
 その過程で起こったさまざまなドラマを丁寧に調べ、書き上げたこの本は心を打つ。

 イタリアは、イギリスやドイツと比べ、ホスピスの後進国。
 自治体には頼れず、制度も不備ななか、個人の想像力に始まり、それに共鳴する人びとが真のボランティア精神で取り組んだアンナ達(たち)の活動は、福祉の原点を問い直す。
 そこにはカトリックの国らしく、他者を思う博愛の気持ち、連帯の精神がある。
 そんな社会活動家のアンナだが、公的な場に出るには服装に気遣うし、食事には手を抜かない。
 末期患者に音楽が最良の点滴になるという人間らしい発想もイタリア的だ。

 注目すべきは、彼女達の活動を支える背景に、歴史と自然に恵まれたトレヴィーゾそのものがあるという指摘だ。
 この街全体がホスピスなのだという。

 福祉は北欧がモデルだと言われてきた。
 だが、家族や地域コミュニティーを大切にする南欧型社会を見直すのも、高齢化を迎える日本の社会を再考するのに重要ではないか。
 明るく陽気なイメージばかり強調されるイタリア社会が本来もつ生真面目(きまじめ)さを、本書はよく伝えてくれる。


[評者]陣内秀信(法政大学教授=建築史)
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011072700792.html

 イタリアも母国語であるイタリア語を棄てアメリカ英語を導入し、TPPの大筋合意に加わったんだでしたっけ…

 TPP大筋合意を受けて、安倍首相は「攻めの農業に転換し商品の輸出額を1兆円にする」などと吠えているが、そんな中、とんでもない事実が明らかになった。
 合意文書の全容が日本語で公開されていないのである。
 臨時国会も開かず、議論から逃げ回っているうえに、文書も翻訳しないとは怠慢の極みというか、よほど後ろ暗いことがあるとしか思えない。
「英語化は愚民化」(集英社新書)の著者で九大准教授の施光恒氏(1971年生まれ)は、「これぞ、TPP交渉の本質」と看破した。

■ 政治家は誰も読んでいない?
 政府は11月5日にTPP合意文書の概要を公開しましたが、2000ページに及ぶ正文(英語)の翻訳は作成されていません。
 日本語に翻訳されたのはわずか97ページの「概要」だけですが、正文も100人ぐらいの翻訳者を動員すればあっという間にできるはず。
 やっていないのは、そもそも説明する気がないのでしょう。
 大筋合意した以上、いまさら覆されたくない、内容に関して突っ込まれたくないのだと思います。。。

 こうした懸念事項を政治家、マスコミ、そしてもちろん一般市民が十分に議論して、TPPという条約を批准すべきか議論するのが民主主義です。
 しかし、日本語訳がなければ始まりません。
 政治的に重要な文書を英語のまま放置するのは、英語の分かる「上級国民」だけが政治に参加する資格があり、英語の分からない「愚民」はつべこべ言うなと、安倍政権が考えているからなのでしょう。

 そもそも、大筋合意文書に日本語がない、ということもおかしいのです。
 正文は英、仏、スペイン語だけ。日本はTPP経済圏の中で、経済規模は2番目に大きいのですから、交渉過程で日本語も公用語にしろと主張するべきでした。

 TPPでは、政府調達の入札手続きにも英語での公示文書を作ることが努力義務として課せられる。
 入札だけでなく、その後の行政手続きも、すべて英語との併用を義務付けられていくのでしょう。
 こんなふうに、小さな自治体から霞が関まで日本中が英語化されれば、参入してくる外資に対して、日本人は国内でも競争や交渉に負けることになるでしょう。
 日本の国力は地に落ちます。
 言語という問題ひとつとっても、TPPが日本にとってロクでもないものであることがわかります。


2015年12月3日付け日刊ゲンダイ
許していいのか TPP合意文書「日本語訳」がない驚愕
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/170870

 え? wが国では、「大筋合意」と言っておきながら、隠したがり屋のヒ・ミ・ツ主義、官僚や政党、御用学者はさておいても、どのマスコミも、どのNGOも、だれも問題点、国益にけしてならないと思われる点、疑問点って明らかにされていないの?
 あ〜あ:

 2013年、安倍晋三首相は環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加を決断し、今月7月には、集団的自衛権を認める安全保障関連法案を衆院で強行採決した。
 この二つは根っこではつながっている。
 植民地主義を世界に広げるのに米軍単独ではあまりにも負担が大きいので、自衛隊の活動範囲を「周辺」から「全地球」に広げなければならないのだ。
 TPPと集団的自衛権は「新しい植民地主義」の先兵だ。

 しかし、より深刻な従属化政策が日本で進行している。目にみえないだけ余計に始末が悪い、「英語化」政策である。
 昨年2014年8月、内閣官房管轄下のクールジャパンムーブメント推進会議が「公用語を英語とする英語特区をつくる」という提言を発表したことに、「英語化は愚民化」著者の施光恒・九州大准教授は「背筋が寒くなった」
 施氏によれば、明治末期に「漱石は、学生の英語力低下は『日本の教育が正当な順序で発達した結果』で『当然』だと断言」した。
「漱石は、英語で行っていた明治初期の教育は『一種の屈辱』だったとまで言う」

 100年前の漱石の言葉に逆行する英語化政策は、英語を使えるかどうかで国民に分断を持ち込み、「格差社会化の進展に伴って、日本人という国民の一体感も失われていく」。
 英語化と非正規雇用の固定化は階級社会建設の表裏である。
 同書は「英語化の進展は、世界を不当な(英語圏諸国を上層に置く)『英語支配の序列構造』のもとに落とし込んでしまう」との津田幸男氏の指摘も紹介する。


2015年7月23日付け毎日新聞・東京朝刊
月刊・時論フォーラム「植民地主義と英語/新国立競技場/世界文化遺産
http://mainichi.jp/articles/20150723/ddm/004/070/005000c



posted by fom_club at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安岡健一

 内容が日本語にもなっていない全く変なTPP、これへの参入によって危機に直面していまったwが国の農業。
 この問題に、鋭い視点から切り込んだ、お薦めの好著がありました:

 農業は、近代世界において単なる産業の一つではありませんでした。
 それは人びとが生き延びてゆくための、商品生産にとどまらない多様な活動が複合する営みでした。
 近代における社会統合において、農村共同体というイメージが国民や民族といった集団の歴史的根源としてしばしば引用され、「われわれ意識」の基礎を提供してきたという過程は、農業が生きるための根源的な営みであったことに依っているといってよいでしょう。

 本書では、長い蓄積を持つ農業史研究と、過去20年間で飛躍的に発展した移民研究の成果を参照しつつ、在日朝鮮人、疎開者、引揚者や海外移民といった農業にかかわる少数者を、日本社会における「他者」という枠組みでとらえました。
 そしてこれらの人びとが、アジア・太平洋戦争期から農地改革を経た高度成長期の過程において、地域のなかで移動し、定着してゆく様子を、これまで利用されてこなかった歴史資料をもとに描き出すことを試みています。

 終章では、本書で明らかにした事実を基に、近代日本社会に内在する民族的秩序が人の移動と土地所有における階層性に反映していたが、それは帝国日本の解体に伴って断絶し、再編されたという見方を提起しました。
 一冊の本として編みなおすうえで心掛けたのは、少数者を独立した存在として扱わず、絶えず多数者という存在と、時代の変化と結びつけるかたちで複眼的に把握することで、それが本書の特徴と言えます。

 今日「移民」の問題はあらゆる国や地域で課題となっています。
 この現象は新たな「グローバリゼーション」の展開と結び付けて考えられることが多いですが、近代世界は19世紀以来ずっとこの問題に直面し、試行錯誤を繰り返してきました。
 体系性や網羅性を備えているとは言い難い本書ですが、自分の提起した過去の時代像から、あるいは本書に盛り込んだ個々の断片からでも、現代につながる歴史をとらえ返すための新たな議論がはじまるなら、それに勝る喜びはありません。


2014.08.13 上智大学「20世紀東アジアをめぐる人の移動と社会統合」
研究協力者 安岡健一さん(1979年 神戸市生まれ、飯田市歴史研究所)による著書の紹介です。
『「他者」たちの農業史』(京都大学学術出版会、2014年2月)

http://dept.sophia.ac.jp/pj/asianmigration/result/

 もうひとつ書評を紹介します:

 日本の村に暮らしているのは「日本人」だけではない。
 現在、中国人をはじめとする外国人労働者や農家に嫁いだ外国人女性も暮らす。
 関東地方のある農家の方がリンゴを箱につめこみながら私にこう漏らしたことがある。
「中国人はよく働くから最低賃金が適用されても雇うが、それでも食料自給なのかと疑問に思うこともある。日本の野菜は日本人の手で作ってこそ自給ではないか」
 本書を読みながら、この農家の言葉が頭をよぎった。

 これまでの日本の村にも「日本人」だけが暮らしてきたわけではない。
 著者の安岡は、とくに戦中・戦後の京都の農村における「他者」たちに焦点を絞り、その位置づけを明らかにする。
 単一民族神話に陥りやすい農業史や農村史に対する真正面からの挑戦である。
 しかも、ユニークなのは、生活者であるとともに政治的存在としても他者を描いていることだ。

 では、他者とは誰か。。。


評者:藤原辰史(1976年北海道生まれ、京都大学准教授、農業史)
『「他者」たちの農業史』〜つかみ所なき「日本国民」
単一民族神話に陥りやすい農業・農村史に対する真正面からの挑戦
http://www1.e-hon.ne.jp/content/toshoshimbun_3169_3-1.html

 著者、安岡さんの所属しているのは「飯田市歴史研究所」です。
 2007年12月、”平和と協同のための日本版ピューリッツァー賞”、「平和・協同ジャーナリスト基金」賞を受賞しております。
 どのような研究機関かと申しますと:

★ 奨励賞
◆飯田市歴史研究所(長野県飯田市上郷飯沼3145 電話0265-53-4670)

 このたび飯田市歴史研究所編『「満州移民―飯田下伊那からのメッセージ』(現代史料出版)に対して名誉ある賞を与えていただき、たいへんうれしく思います。
 編者となった飯田歴史研究所とは、地域の歴史・文化を調査研究して、市民にその成果を伝え、地域の人材の育成と活力ある地域社会の創造を行うことを目的に、2003年12月、飯田市によって設立されました。

 今回の『満州移民…』の刊行は、同研究所の所員が中心になって執筆したものです。
 本書の課題は、満州移民の全国一多い長野県のなかでも、もっとも多くの移民数を送出した飯田下伊那地域を対象に、満州移民の歴史を語ることでした。
 とくに留意したことは、満州移民前史から、移民送出とソ連参戦による逃避行、そして敗戦からの移民の戦後史を、飯田下伊那地域に即してトータルに叙述することでした。
 
 とりわけ、飯田下伊那では近年『満蒙開拓を語り継ぐ』市民運動の成果が5集まで刊行されており、それらオーラルヒストリーを生かして、高校生以上の市民にわかりやすく、地域の歴史、地域の記憶を伝えていくことが目標でした。

 本書を読んで、若い人たちに平和の大切さを考えてもらえれば、これ以上の喜びはありません。
(編集責任者 森武麿)



 『「他者」たちの農業史』、著者の安岡さん、こんなことをおっしゃっておられます。
 戦争はしない、非戦、反戦をこの国の独立国としての外交方針として、きちんと旗印を鮮明に掲げて、国際世論に訴えていく、
 国内的には、今年2015年の戦争法を無理押しして国会通過させたジコウ政権の対米従属を否定するという旗印もきちんと鮮明に掲げる、
 そんな思いをかみしめながら読んでみたいと思います:

 戦後における大規模な人の移動として「引揚げ」と「復員」という二つの大きな形がしばしばとりあげられます。
 「復員」は戦争終結に係る条件に明確に規定されているという点で、「引揚げ」とは全く異なります
 ポツダム宣言では復員についてこのように記されています。

「日本国軍隊ハ完全ニ武装ヲ解除セラレタル後各自ノ家庭ニ復帰シ平和的且生産的ノ生活ヲ営ムノ機会ヲ得シメラルヘシ」。
 
 連合国より日本政府に提示されたこの条件に即して、当時動員されていた兵士たちは武装を解除され、それぞれのいた場所に復帰していきます。
 内地では約720万人、および内地外に駐留していた360万人の軍人,合計1000万人以上の軍人が故郷へ復員しました
 その過程ではシベリア抑留をはじめとするさまざまな問題が出てくるわけですが、ともかく兵士たちは各々の戦争体験を胸に「家庭」に戻っていったわけです。

 「復員」と「引揚げ」は、様相を大きく異にします。
 敗戦時点で外地にどれほどの「日本人」がいたのかについては統計が複数あって、確かなことを言うのはなかなか難しいのですが、およそ320万人以上という数字をさしあたって提示しておきたいと思います。
 これらの人をどのように扱うべきか、ポツダム宣言では特段の規定がありませんでした。
 そして近年、改めて注目されているのは、引揚げは決して必然的な過程ではなかったということ、すなわち日本政府は当初「現地定着方針」、つまり在留者はそのまま現地に止まるべきだという方針を打ち出していたということです
 ここに引用するのは8月31日の終戦処理会議における決定です。

出来得る限り、現地に於て共存親和の実を挙ぐべく忍苦努力すべし

 これが敗戦直後に外地・外国居留者に向けられた決定事項だったのです。
 ところが、ここから大きく方針が変わっていきます。
 その転換も、日本政府やGHQの側にイニシアティブがあったのではなく,アメリカ本国にイニシアティブがあったことが,加藤聖文氏の研究により明らかにされました。
 1945年末にアメリカ本国の政府の方針が転換し,それを受けてGHQも日本人の「早期全面引揚」を実施していくわけです。
 この要因としてさまざまな点が挙げられていますが、特に重要なのは中国大陸に日本人が存在し続けることへの警戒感があったのではないかという加藤氏の指摘です。
 こうした国際政治の問題と同時に重要であるのは、日本政府は決定がなされる最後の段階まで受入れに向
けて自発的に行動せず、外地居住者の現地定着方針を維持していたということです。
 外地に在留した一般人の総引揚げという対応は敗戦直後の錯綜する複雑な政治的な状況の中で複数の選択肢から選びとられていった結果でした。
 最終的に「外地」からの復員と引揚げを合計すると、当時の日本の人口の1割弱に相当する人びとが一挙に帰還してきたことになります。

 引揚げは近現代日本における最大の人の移動だといわれることもあるのですが、規模だけをみると必ずしも、そうとはいえないというのが私の考えです。
 戦時末期の無差別的な空襲に代表される戦災、それに対応した疎開政策によって、大都市だけに限ってみ
ても900万人以上の人が、それまでの暮らしを抜本的に変えて移動することになりました。
 とりわけ広島に原子爆弾。。。


2013年11月3日同志社大学人文科学研究所国際学術シンポジウム
安岡健一「引揚者と戦後日本社会」
『社会科学』第44巻第3号「日本の<戦後史>と東アジア」所収
https://doors.doshisha.ac.jp/duar/repository/ir/16731/007001040007.pdf


posted by fom_club at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

土井敏邦

 ヤッホー君は昨日12月4日金曜日、明治大学和泉キャンパスへ。 
 和泉図書館1階ホールであったトークセッション、ドキュメンタリー上映と講演「ガザの現在」に出席しておりました。
 ジャーナリスト、土井敏邦さん(1953年佐賀県生まれ)と日本女子大学大学院文学研究科教授、臼杵陽さん(1956年大分県生まれ)を迎えて、ドキュメンタリー『ガザ攻撃2014夏』の上映と、パレスチナの現在についてのトークセッションがありました。

 ヤッホー君のこのブログ、次の日付けの日記を再度、読んでくださいますよう。
 今日もマスゴミは一般の民間人の目をシリア、そして過激派組織「イスラム国(IS)」に目を向けさせようとして、そればっか。
 でも、すくなくともヤッホー君、忘れてはいません、イスラエルのガザ空爆による女性や、子どもが無差別殺戮の対象となった悲劇を。

★ 2014年8月2日付け「Massacre or Genocide」
★ 2014年8月7日付け「Lessons from Hiroshima for Gaza」
★ 2014年8月8日付け「No McDonald’s Day」

 今年になっても、例えば2015年6月23日付け日記:
★ 「永井隆博士」
★ 「Malaysia in UNSC seat」
★ 「Angelina Jolie」

 私は“パレスチナ”と出会って31年、取材のため現地へ通い始めて24年になります。
 パレスチナ・イスラエル問題は私のライフワークとなりました。
 そんな私は、周囲の日本人や現地のパレスチナ人から、「日本人のあなたが、なぜ遠いパレスチナのことを延々と追い続けるのか。なぜ日本人としてもっと身近な問題を追わないのか」と問われ続けてきました。
 それは何よりも、私自身の自問でもあったのです。

 私はまったく日本の問題に関心を持たなかったわけではありません。
 長年、広島に住んでいた私は、カタカナの「ヒロシマ」に象徴される「日本の被害」を強調することに疑問と反発を抱いてきました。
 だからこそ私は、その後、在韓被爆者や韓国の元日本軍「慰安婦」、そして南京など“日本の加害歴史”を取材するようになったのです。
 それは日本人のジャーナリストとしての責務だと思いました


 ただ“パレスチナ”というライフワークと“日本の加害歴史”というもう一つのテーマの接点を、私は長年、見出すことはできませんでした。
 それが初めて、私の中で重なりあったのが、この『沈黙を破る』だったのです。

 元イスラエル軍将兵の青年たちの証言を初めて聞いたとき、私はその“深さ”と“普遍性”に驚き、強い衝撃を受けました。彼らはまだ20代半ばの青年たちなのです。

 彼らの証言を聞きながら、私は中国大陸での旧日本軍の姿を思い浮かべていました。
 それは10年ほど前に読んだ精神科医・野田正彰氏(1944年高知県生まれ)の著書『戦争と罪責』(岩波書店、1998年)に登場する旧日本軍将兵たちの証言でした。
 この元イスラエル軍将兵たちと元日本軍将兵たちのどこが共通し、どこが違うのか、それを追求したい──そう思った私は、京都の野田氏に、文章化した元イスラエル軍将兵たちの証言を送りました。
 そして2度にわたって野田氏宅を訪ね、7時間にわたってその共通点と相違点をインタビューしました。
 それは映画公開の前年に出版した同名の本『沈黙を破る』(岩波書店、2008年5月)に収録しています。

 『沈黙を破る』の執筆と映画製作は私にとって、元イスラエル軍将兵の加害証言を“鏡”にして、元日本軍将兵、つまり日本の加害歴史の実態を映し出す作業でした。
 それによって初めて“パレスチナ”と“日本の加害歴史”というまったく異質に見えた2つのテーマが私の中で重なりあったのです。
 日本人である私が、遠いイスラエルの元将兵たちの証言を日本に伝える意義はまさにそこにあると思いました。

 映画を観てくださった方々の中には、私がそこに込めたそういう思いをきちんと受け止めてくださった人も少なくありません。
「この映画のイスラエル人青年たちに、私はアジアの日本軍兵士たちの姿を観る思いがしました」という声です。
 またある若い男性は、「会社員である私は、映画を観ながら、会社の論理と個人の倫理のジレンマを想っていました」という感想を語ってくれました。
 観る人それぞれが自分の姿を映し出す“鏡”となっていれば、この映画は“普遍性”をもっていると思います。

 この映画を「パレスチナ・イスラエル問題の映画」として見られたら失敗作だと言えるかもしれません。
 私が目指したのは、パレスチナ・イスラエルを舞台にはしているが、それを突き抜けた“深さ”と“普遍性”をもった作品でした。
 そんなふうに観てもらえれば本望です。

 もしそのような映画に仕上がったとすれば、それは「取材、撮影、編集をした私の力だ」と自慢したいところですが、実は私の力によるものではありません。
 この映画の持つ力の多くは、元イスラエル軍将兵たちの力、彼らの言葉の力によるものです。
 ジャーナリストである私は“黒子”に徹して、彼らの言葉を観る人たちの前にそっと差し出せばよかったのです
。。。

 この賞は、私個人というよりも、映画に登場する元イスラエル軍将兵、パレスチナの人びと、そして山上さん、西さんたちシグロの方々、編集の秦さん、そして連れ合いなど、この映画のために力を尽くしてくれた人たち全員に対しいただいた賞だと思います。
 ほんとうにありがとうございました。


2009年11月6日「石橋湛山記念・早稲田ジャーナリズム大賞」授賞式(於リーガロイヤルホテル)でのスピーチ
土井邦敏 Web コラム
http://www.doi-toshikuni.net/j/column/20091106.html

 いっしょに登壇した臼杵陽さんって、別の所でこんなことを:

■「積極的平和主義」の覚悟問う
 発生するのは時間の問題だったと人質事件発生にあたって感じました。
「イスラム国」は日本について「十字軍への参加を志願した」としましたが、それは小泉純一郎政権による自衛隊のイラク派遣以来の行動を指していると私は考えます。
 安倍晋三首相が掲げる「積極的平和主義」は、こうした日本の動きのはっきりした延長線上にあると「イスラム国」はみなしています。

 今回の中東訪問で「イスラム国」に対抗し、中東諸国への人道支援を発表しました。
 こうした支援策は「イスラム国」からすると自分たちを明確に敵対視したものとなる。

 先制攻撃にも出るアルカイダと違って、「イスラム国」の行動の大きな特徴は「攻撃された場合の防御」という点です。
 昨年来のアメリカ人ジャーナリストたちの「処刑」も、空爆行動に対抗したものでした。

 映像公開や身代金要求は、日本政府が中東外交で新たなプレゼンスを国際的に誇示したこのタイミングを計って打ち出したものに違いないとみられ、日本の動きに対応するために、人質の「処刑」などの行為に踏み切っても、日本が責任をとらねばならないという理屈となります。

 よく指摘されるように、中東を植民地統治した西欧と違って中東の対日感情は良好で、その土台の上にエネルギー外交を重ねる形で日本はアラブとイスラエルとの間でバランスをとった中東外交を進めてきました。
 その中東世界が特に2000年代に入って大きく様変わりしています。

「アラブの春」以降、その変化はさらに大きくなっており、アルカイダから離れた「イスラム国」の台頭は、こうした変化を象徴するものといえます。
 それにもかかわらず、日本外交には「日米同盟」以外のはっきりした旗印は、見当たらないままです

 今回の人質事件は、中東世界が液状化しているといえる新たな時代に対応する中東外交政策を、日本が打ち立てる必要性を示しています。
 と同時に、集団的自衛権行使の問題も含め、中東関与のあり方を再検討する局面に来たことを改めてつきつけています。

 日米同盟の名の下に中東まで踏み込む「積極的平和主義」を続けるなら、テロ勢力を敵に回す可能性はそれだけ増していきます。
 その点について政権も国民も、本当にその覚悟はあるでしょうか。
 それこそが問われています。


2015年1月22日05時00分更新、朝日新聞
(オピニオン)「イスラム国」邦人人質の衝撃
http://digital.asahi.com/articles/DA3S11563327.html?rm=150

 実はこのドキュメンタリーは今年2015年7月20日(月・祝日)に東京大学本郷キャンパス(経済学部研究科棟第1教室)でも午後の半日をまるごと使って、開かれていたんですぅ。
 
 昨年2014年夏、「テロの殲滅」を名目にイスラエル軍はガザ地区を猛攻撃し、パレスチナ人2100人が殺害され、負傷者は1万人を超えました。
 犠牲者のうち一般住民は1460人、子供が520人、女性は260人でした。
 一方、約2万戸の家屋が破壊され、数十万人の住民が避難民となりました。

 あれから1年になろうとする現在、停戦の条件だった「検問所の開放」は履行されず、ガザ地区は今なお厳しい封鎖下にあります。
 そのため建設資材も手に入らず、甚大な破壊からの復興はほとんど進んでいません。
 多くの住民が今なお学校などでの避難生活を余儀なくされています。

 しかし中東情勢は今やイラク・シリア情勢、「イスラム国」問題に世界の注目が集まり、ガザ地区の現状については、日本のメディアでもほとんど伝えられません。

 あのガザ攻撃はなぜ起こったのか。
 パレスチナ情勢に何をもたらしたのか。
 そして住民たちは今、どう暮らしているのか。
 ガザ攻撃の1周年を機に、改めて日本社会に伝え、訴えるために、ドキュメンタリー映画上映とシンポジウムの集いをもちます。


日本・アジアに関する教育研究ネットワーク(通称、ASNET)
【映画とシンポジウム】ガザは今どうなっているのか:ガザ攻撃1周年
http://www.asnet.u-tokyo.ac.jp/node/7897



posted by fom_club at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

中国残留邦人

 「引き揚げ」、と並んでもうひとつ、ヤッホー君、戦争が産んだ悲劇として、「日記」につけたいのが「中国残留邦人」の方々!
 戦後70年、まだ戦争は終わっていません。
 サイキン、今年2015年の9月のことです:

 終戦直後に中国で生まれた男性を「中国残留邦人」と認める判決が、今年2015年5月に東京地裁であった。
 国が残留邦人と認めなかった判断が、訴訟で覆されたのは初めて。
 決め手となったのは、男性の出生をめぐり、亡き母が20年前に書き残した手紙。
 時代に翻弄(ほんろう)されながらも、懸命に生き抜いた母の人生がつづられていた。
 男性は、埼玉県羽生市の増岡孝さん(69)。
 母親の美津以(みつい)さんは1996年に79歳で亡くなった。

 増岡さんは1946年1月、中国東北部で美津以さんと日本人男性の間に生まれた。
 1991年に日本に永住帰国。
 65歳まで食品加工場で働いたが、定年後の生活が苦しくなり、2012年、厚生労働省に残留邦人向けの支援を申請した。
 支援は、両親が日本人であることが条件だが、国は増岡さんの父が日本人か明らかではないとして申請を却下。
 このため、増岡さんが却下処分の取り消しを求めて提訴していた。

 裁判では、美津以さんが亡くなる前に書き残した手紙を提出した。そこにつづられていた内容は――。

 美津以さんは埼玉県で生まれ、1934年に17歳で結婚したが、翌年に夫が結核で死亡した。面倒を見てくれた長兄も日中戦争で戦死。居場所がなくなり、1939年に次兄を頼って中国東北部に渡った。
 看護師の勉強をしながら病院に勤務。鉄道建設に携わっていた日本人男性と親しくなって同居し、増岡さんの姉を出産した。男性に結婚を持ちかけると、男性から「日本に妻がいる」と打ち明けられた。男性は1945年5月に召集され、8月の終戦を迎えた。おなかには増岡さんがいた。
 中国人らが日本人の家を打ち壊す中、美津以さんは、神社の床下に隠れて男性の帰りを待ったが、男性は戻らなかった。勤務先の病院で働いていた中国人の男性事務員を頼って身を寄せ、増岡さんを出産した。
 帰国しようとしたが引き留められ、事務員と結婚。増岡さんと姉を夫婦の子として届けた。だが次第に、夫は美津以さんらに暴力を振るうようになる。中国で資本主義を批判する文化大革命が始まると、日本人を妻にしている「反革命分子」として迫害され、美津以さんらへの暴力がさらに激しくなった。
 1979年、一時帰国を経て故郷が恋しくなった美津以さんは、日本に永住帰国した。すでに独立して家を出ていた増岡さんもその後、日本に永住帰国した。
 美津以さんは生前、戸籍の記載を正す手続きをしていたが、認められなかった。亡くなる1年前の1995年、手紙をしたため、法務局に提出。「今度こそ恥も外聞もかまわず、本当のことをお話しします」と書き出し、妻のある男性と同居したことを強く後悔して隠していた、と明かした。

 増岡さんは、自身の残留邦人認定をめぐる訴訟にこの手紙を提出。
 地裁の谷口豊裁判長は「過去の事実のすべてを第三者に明らかにしたもので信用できる」と判断し、増岡さんの父を日本人と認めた。国は控訴せず確定した。
 
 手紙を書いていた時、美津以さんは「これ以上、あなたたちがいじめられないように」と増岡さんに言ったという。
 増岡さんは「自らの死期を悟って、手紙を残してくれたんでしょう。責任感の強かった母らしい。大変な人生だったと思うが、すごく強くて、優しい母だった」と語った。
     ◇
中国残留邦人
 戦前に中国東北部に開拓団などとして渡り、終戦前後の混乱で、やむなく中国に残った日本人やその子どもたち。
 帰国後、国は、敗戦時の年齢などから「残留孤児」「残留婦人」として支援をしているが、日本語が十分に話せずに苦労する人も多い。
 残留邦人らによる国賠訴訟などを経て、国は2008年、老齢基礎年金の満額支給など支援を拡充した。
 厚生労働省によると、残留邦人の正確な総数は不明で、日本に永住帰国したのは6713人
 残留邦人にあたるかが訴訟で争われた例は4件ある。


2015年9月26日5時8分更新、朝日新聞デジタル(千葉雄高)
中国残留邦人認定で勝訴 母が残した手紙、出生の証しに
http://digital.asahi.com/articles/ASH9R7JK5H9RUTIL01V.html?rm=760

 そして2015年も暮れようとしているのに先月11月にも:

 終戦直後に中国で生まれた東京都足立区の女性(69)が、中国残留邦人と認めるよう国に求めた訴訟の控訴審判決が2015年11月11日、東京高裁であった。
 奥田正昭裁判長は、請求を退けた一審・東京地裁判決を取り消し、女性を残留邦人と認定。女性の申請を却下した国の処分を取り消した。

 厚生労働省によると、残留邦人と認めなかった国の判断が、訴訟で覆るのは2件目で、高裁では初めて。

 判決によると、女性の母親は開拓団として中国東北部に渡ったが、同居していた日本人の婚約者が戦争に召集されたまま1945年の終戦を迎えた。
 その後、女性を妊娠中に母親は中国籍の男性と出会い、1946年6月に出産。翌月、男性と結婚した。

 残留邦人の認定は、両親が日本人であることが条件。
 このため、訴訟では女性の父親が日本人かどうかが争われた。
 一審は「客観的証拠がない」としたが、高裁は、当時を知る女性の親族の証言などから、「女性の父親は婚約者だった」と判断した。


2015年11月12日05時00分更新、朝日新聞デジタル
中国残留邦人、一審覆し認定 東京高裁判決
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12062652.html?rm=150

 先月の信濃毎日新聞はこんなふうに綴っています。
 wが国の「棄民政策」をみてとることができます:

 日本は世界恐慌の打撃を受けた農村の立て直しや人減らし、かいらい国家「満州国」の辺境警備を目的に1936(昭和11)年、満州移民を国策として決定。
 敗戦までに約27万人(長野県からは都道府県別で最多の約3万3千人)を送り出した。

 ソ連軍が1945年8月9日に満州に侵攻した時点で、開拓団にいたのは約22万3千人。
 団員はソ連軍や暴徒の襲撃を避けて避難したが、翌春までに約8万人が死亡。うち約7万人は栄養失調や病で死亡したとされる。

 日本政府は敗戦前日の1945年8月14日、在外邦人について「出来得る限り(現地に)定着の方針を執(と)る」と決定。帰国に消極的だった。

 ソ連軍の撤退後、米軍との協定で1946年5月から1948年8月までに100万人余、中国政府の帰国援助方針や日中両国の赤十字社などによる北京協定で1953年3月から1958年7月までに3万2千人余の集団引き揚げが実現した。

 一方、餓死を免れるために中国人に預けられたり、集団自決やソ連軍による殺りくから生き残って中国人に救出されたりした残留孤児、夫と離別し生きるため中国人家庭に入った残留婦人の多くは、集団引き揚げに加われなかった。

 日本は1959年に未帰還者特別措置法を施行。残留孤児、残留婦人は戦時死亡宣告の対象となり、戸籍が抹消された。

 残留孤児の肉親捜しのため、日本は1981年3月から1999年11月まで30回にわたり集団訪日調査を実施。これまでに計2818人が孤児と認められたが、身元が判明したのは1284人。
 今年2015年10月末までに2556人の残留孤児が永住帰国している。厚生労働省は現在、職員が訪中して証言や物証で孤児と認定し、情報公開後に訪日調査する方式で肉親捜しを継続。本年度は、新たに孤児と認定された人はいない。


2015/11/21 信濃毎日新聞
中国残留日本人の救済 満州移民の経過 敗戦までに27万人 長野県は全国最多

 むごい、なんという非人道的な人間の使い捨て!
 国を挙げての戦争だったのだから、コクミンは等しく耐え忍べ、当然だろ(俺らはお前らと違う、戦争でもうければいいんだから…)っていうのは許せません!
 いったい何があったのでしょうか、ね、1960年アンポのころ、誰がwが国の指導者でしたっけ…


posted by fom_club at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月03日

38度線をめざして

 今朝の河北新報です:

 東日本大震災の津波で園児5人が亡くなった石巻市の私立日和幼稚園(休園中)の訴訟で、園児4人の遺族側と園側が和解してから3日で1年となる。
 園側からいまだに直接的な謝罪はなく、遺族側は一層、苦悩を深める。
 遺族らは園側に血の通った対話を求める一方、語り部として命の大切さを伝える。
 和解後の遺族の日々を追った。

拒否された手紙
 長女愛梨ちゃん=当時(6)=を失った佐藤美香さん(40)の自宅に11月中旬、園側の関係者に出した手紙が返送されてきた。
 未開封の封筒には、直筆の文字があった。
 「受取拒否」
 佐藤さんがしたためた手紙はA4判1枚。
 「園側が法的責任を認め、心からの謝罪をする」という訴訟の協議内容を胸に納め、和解を決心したいきさつを記した。和解成立後、園側から連絡がなく、手紙を送らざるを得なかった心境もつづった。
 佐藤さんは感情を押し殺して語る。
 「法的なしがらみはありません。園側には一人の人間として、私たちと向き合ってほしいだけです。せめて、未来を奪われた愛梨たちに真実を伝え、心から謝ってほしい」
 2014年12月3日、仙台高裁。津波犠牲者をめぐり、初の賠償命令が出た訴訟は提訴から3年4カ月で幕を閉じた。
 和解調書は「園側は被災園児らと遺族側を含む家族に心から謝罪する」との文言を明記する。園側は「司法の勧告を厳粛に受け止め、幼くして失われた尊い命に思いを致し、冥福を祈る」との談話を出した。
 ことし3月と夏、一部の遺族宅に花が郵送された。差出人は園側の関係者。手紙や文書は添えられておらず、遺族は真意を測りかねた。

踏み出せぬまま
 遺族は9月、文部科学省の学校事故対応に関する有識者会議のヒアリングに臨んだ。次女春音ちゃん=当時(6)=を亡くした西城靖之さん(47)が研究者ら委員10人に訴えた。
 「判決では園側の謝罪を得られないだろうと考えて和解を選んだ。裁判の出口は出たけれど、そこから一歩を踏み出せずにいる」
 いまだに心の整理がつかない真情を吐露した。
 被告が原告の遺族に面会し、直接謝罪する。日和幼稚園の遺族が対話の一歩として望むことが、震災関連の犠牲者をめぐる別の訴訟では実現した。その遺族は匿名を条件に胸の内を明かす。
 「訴訟で一番求めていたのは謝罪です。亡くなった家族は帰ってこないけれど、位牌の前で手を合わせ、頭を下げてもらったことには納得している。人として最低限のことはしてもらいました」
 民事訴訟の和解に詳しい東北の元裁判官は「日和幼稚園のケースは気持ちの面で解決を望む遺族と、法的な問題を解決する裁判との間に大きな落差がある」と指摘する。
 「心からの謝罪」は目に見えない。どうすれば、それがなされたといえるのか。
 元裁判官は「捉え方は難しい。和解項目は任意であって強制執行はできない。園側が亡くなった園児や遺族とどう向き合うかが社会的、倫理的に問われている」と話す。

日和幼稚園訴訟
 東日本大震災の津波で亡くなった園児4人の遺族が2011年8月、園側は安全配慮義務を怠ったとして、園側に損害賠償を求め仙台地裁に提訴。地裁は2013年9月、法的な責任を認め、園側に賠償を命令。園側が仙台高裁に控訴し、控訴審では園側が和解金計6000万円を支払うことなどで和解した。
 訴えによると、園児を乗せた送迎バスは11年3月11日午後3時ごろ、園のある高台から海側の低地に向けて出発。約45分後に津波に巻き込まれ、提訴した遺族の子ども4人を含む園児5人が死亡した。
(*)

2015年12月3日木曜日付け河北新報(石巻総局・水野良将)
<津波訴訟和解1年>「心から」思い見えず
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201512/20151203_13028.html

 一人ひとりの、一つひとつの「いのちの尊さ」について考えさせられます。
 この例は
 生きていきたい、お父さん、お母さんと会いたいと思った幼い「いのち」があったこと、
 それが、津波にまきこまれて「いのち」を落とすそんな不条理があっていいんだろうか、
 まずはごめんなさいと謝ってほしい、そして亡くなった「いのち」に頭を下げてほしい、
 「いのち」をまもり育むはずの園側には何の落ち度もなかった、と言えるんだろうか、
を問うた事案でしたね。

 親と子のあいだの「いのち」のやりとりを藤原ていは『新版 流れる星は生きている』でこんなふうに表現しています:

 わたしは咲子を背中におうときに、よく顔を見てやった。
 顔はやせて小さくて、うつろな目をあけていた。
 わたしはリュックの中から、赤いひもをだして腰にしっかりむすんだ。
 わたしは、最後のときがきたら、このひもで子どもたちを殺し、じぶんも死のうと考えていた。
 目の前に大きな山が見える。
 道はその山に向かってつづいている。
「あの山、あの山を?」
 わたしにはその力がない。
 どうせ死ぬなら死ぬところまで行って死ねばよい。
 わたしは勇気をだして立ちあがった。
「おかあちゃん、歩けない」
 正彦がはだしのままで立ち上がって泣きだした…

(偕成社文庫、154−155頁)


 「こころ」が「生きること」と向きあい、立ち上がる瞬間の描写です。
 「目の前に大きな山が見え」た、と言います。山が、呼んでいました。
 「山」は力を与えてくれると信じて疑わないヤッホー君、喜んでます!

 「生きること」が押さえつけられたら、生きようと「こころ」はこう叫ばせます。
 下痢をした子どもがすし詰めの貨車でパンツを汚した時、くさいので迷惑だ、と
 「公衆道徳」を持ち出され、軽蔑されたときです。お母さんははっきり叫びます:

 わたしたちははじめからこんなにみじめではなかったんです。
 わたしが、いまこんなにこまっているところを見て、みんなで軽蔑して、みんなでいじめつけて、それがあなたの公衆道徳ですか。
 わたしはこの子のよごれたパンツをまるめてすてて、新しいかわいたものにとりかえてやりたのはやまやまです。
 わたしだって、殺されるようにくるしい思いをしているんですよ。
 みなさんに気がねして、ごらんなさい。
 この子も、こんなに小さくなっているじゃありませんか。
 どうしたらよいの?
 どうしたらよいか、わたしにおしえてください。

(偕成社文庫、220−221頁)

 「わたし」という主語をはっきりおしだしてつぎからつぎへと言葉が、とびだしてきていままね。
 どうしたらよいか、誰にもわからないなか、
 何がどうなっているのか、わからないなか、
 唯一の手掛かりは「わたし」だったという、
 「わたし」「いのち」「生きる」…、これこそ一番に大切にしなければならない、大事なことです。

 もうお一方、「女優が見た戦争〜女優 赤木春恵さん(1924年生まれ)に聞く戦争のリアル」から:

 とにかく、あの頃は民間人には情報がほとんど伝わっていませんでした。
 だから、日中戦争がどうして起きたのか、その理由もわからない。
「とにかく戦争だからこうしろ」
「戦意高揚だから、皆楽しく軍歌を歌え」
 そんな状態です。
 情報がないから、民間人は自分で考えることも一切できませんでした。
「戦争をしているんだ」ということしかわからなかった。
 もちろん、情報がないから議論なんてものもできない。
 当時は、なんとか日々を切り抜けることばかりに一生懸命で、「なぜ」なんて考える暇もなかったですね。


雨宮処凛(あまみや かりん、1975年北海道生まれ)『14歳からの戦争のリアル』(河出書房新社、2015年7月)所収、236頁

(*)
 東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県山元町の常磐山元自動車学校の教習生25人とアルバイト従業員の女性=当時(27)=の遺族が、教習所側に約19億7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で仙台地裁は2015年1月13日、全員に対する教習所側の責任を認め、計約19億1千万円の賠償を命じた。遺族側の全面勝訴の内容。地裁は「教習所側が津波を予見し、教習生らを安全に送迎する安全配慮義務に違反した」と指摘した。教習生は当時18〜19歳。
 震災で津波犠牲者の遺族が学校側や勤め先など管理者を相手取った訴訟の一審判決は四件目で、損害賠償が認められたのは、園児5人が死亡した宮城県石巻市の日和(ひより)幼稚園の訴訟に続き2件目。従業員に対する責任を認めたのは初めて。

2015年1月13日付け東京新聞
津波犠牲、教習所に責任「安全送迎の義務」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2015011302100009.html

 東日本大震災の津波で支店屋上に避難して犠牲になった七十七銀行女川支店(宮城県女川町)従業員3人の遺族が、同行に計約2億3500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、仙台地裁は2014年2月25日、請求を棄却した。遺族側は判決を不服として控訴した。 
 争点だった屋上(2階建て、高さ約10メートル)への避難の是非について斉木教朗(のりお)裁判長は「屋上を超えるような巨大津波の予見は困難だった」と指摘。屋上避難には合理性があり、銀行側の安全配慮義務違反には当たらないとした。震災で企業の安全管理が争われた訴訟で初の司法判断。昨年2013年9月に原告が勝訴した宮城県石巻市の日和(ひより)幼稚園訴訟と判断が分かれた。今後、ほかの同種訴訟に影響を与えそうだ。
 女川支店では2011年3月11日の地震直後、支店長の指示で屋上に避難したが13人全員が津波にのまれ、支店長を含む12人が犠牲になった。

2014年2月25日付け東京新聞
七十七銀訴訟 津波犠牲 賠償認めず
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/tohokujisin/list/CK2014022502100012.html


posted by fom_club at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

藤原てい

 引き揚げた人の数、630万人…
 ヤッホー君、そんなにぃ〜、ちっとも知らなかったねぇ〜、と。
 630万もの物語があるってことでしょ、これってすごいことですよね。
 活字になったもの、本になったもの、語られたもの、あるいは秘して黙したまんま逝ったもの、
 人の数だけあるんでしょうがヤッホー君、そんなベストセラーがあったってことも知らなかったねぇ〜と嘆いたのが、今日の日記!
 でもね、「知ること」って大事なこと、何も学校教育の中だけではないんですよ。
 なんでもヒ・ミ・ツにしたがるでしょ、とくにジコウ政権をとりまく政治屋とか富裕層は。
 ですから、「知ること」っていまからでもちっとも遅くはありません。

 新田次郎と藤原ていの長女が赤裸々に綴った半生記。
 中国東北部で終戦を迎え、母は生まれたばかりの著者を背負い、二人の男児の手をひき、北緯38度線を越え帰国した。
 引き揚げの壮絶な体験記『流れる星は生きている』は、幼子を守り抜いた母親の強靭な精神と愛情を記したとしてベストセラーになった。
 しかしこの本を12歳のときに読んだ著者は、衝撃を受ける。
 「背中の咲子を犠牲にして二人の兄を生かす」の表現などから、「私は愛されていなかった」と母への不信感を募らせる。
 先年、同書の初版本を偶然書庫で見つけ、著者に宛てた「ほんとうによく大きくなってくれました」の母の温かい言葉に、凍えた心は一気に溶けた。
 今は認知症に侵された母に著者は絶叫する。
逝ってはダメ。やっと戻ってきた咲子だよ。もう少しそばにいたいの
 母との確執を克服するまでの魂の軌跡は、読む者を浄化するだろう。


2005年7月31日付け朝日新聞掲載
藤原咲子『母への詫び状〜新田次郎、藤原ていの娘に生まれて〜』(山と渓谷社、2005年5月)
[評者]多賀幹子
(フリージャーナリスト、1949年東京生まれ)
http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2011072700753.html

 このあたりの様子をもうすこしだけ、読んでみたいのです。
 「戦争を二度と起こさぬように」誓いを新たにする意味で:
 
 3年前の平成15年、私は整理をしていた書庫から、偶然にも『流れる……』の初版本を見つけました。
 約50年ぶりに茶色の木皮の紋様のカバーを開くと、そこには「咲子へ」という見慣れた母の字体がありました。

お前はほんとうに赤ちゃんでした。早く大きくなってこの本を読んで頂戴、ほんとうによく大きくなってくれました。母

 現在と変わらぬ美しい字体で書かれたこの一行は、強く閉ざした私の心をひと突きにし、私の中の何かが崩れ落ちるのを感じました。

 12歳の時に目に留まった「まだ咲子は生きていた」の一文は母の落胆ではなく、劣悪な状況下で健気に生きていた私への感動だったのだとこの時ようやく気付いたのです。

 母に対する気持ちが和らぎ始めたのはそれからです。
 そんな母もいま米寿を迎え、数年前から認知症に侵されています。
 病状が進むにつれて母は穏やかになり、反発していた私にも優しく接するようになりました。

 病が進み始めた頃、伊豆の別荘に母と何度も行きました。
 駿河湾と富士山が見渡せる場所に車を停め、漁船の走る海を母と眺めました。
 私は一歩後ろへ下がり、母の病状を観察するかのように
「ほら、イカ釣り漁船が行くねぇ」
と話しかけました。すると母は、
「バカだねぇ、お前は。あれは引き揚げ船だよ」
と力強い眼差しで海を見ているのです。
 この時の母の横顔に思わず私は息をのみこんで、涙を抑えることができませんでした。
 たった一人で幼子3人と日本に引き揚げた時の母の孤独感、人に言えない苦労が刻まれた横顔に強い寂寥感を感じたのです。
 その寂寥感は私の中のそれと重なり合い、気がつくと私は母をこの上なくいとおしく思うようになっていました。

 人が人を許し、人に優しくすることを知った時、初めて人は心の静まりの中に真実が見えてくる――。

 母はそれを身をもって私に伝えてくれた気がします。
 認知症は私にじっくり母と向き合うきっかけを与えてくれました。
 私を一人前にするために厳しく育ててくれた母に、いま心から感謝しています。


2013年7月27日 at 11:17投稿、まほろばBlog
藤原咲子(高校教師・エッセイスト)「母との葛藤」(『致知』2007年2月号致知随想より)
http://www.mahoroba-jp.net/newblog/?p=8828

 ところでこのベストセラー、藤原てい(1918年長野県生まれ)『流れる星は生きている』は今夏、新版がでました。
 偕成社文庫、2015年8月。
 必読の「解説」は、加藤聖文(かとう きよふみ、1966年愛知県生まれ、現在国文学研究資料館・准教授)。
 イマの中東の「難民」が国を出る人の流れとすれば、「引き揚げ」はその逆に、ふるさとの国に帰る人の動きです。
 さて、藤原咲子の上の兄は、藤原正彦でした。
 
 数学者でありエッセイストでもある藤原正彦さんの著書の愛読者には改めての説明は不要かと思いますが、藤原さんは直木賞作家・新田次郎氏の次男です。
 そして、藤原さんのお母様は、1949(昭和24)年に刊行され戦後空前の大ベストセラーになった『流れる星は生きている』の著者・藤原てい氏。ある世代以上の方には、『流れる星は生きている』は知らない人のない本ですが、若い読者にはあるいは馴染みのない書名になりつつあるのかもしれません。
 現在は「中公文庫BIBLIO20世紀」の一冊として刊行されていますので、未読の方にはぜひご一読をおすすめしたいと思いますが、ここに少し内容を紹介させていただきます。

 1918年長野県生まれのていさんは、1939年に同郷の新田次郎氏(本名藤原寛人)と結婚。1943年に新京(現・長春)の気象台に赴任する夫とともに満州に渡ります。三児に恵まれ幸せに暮らす一家にとっての運命の日は、1945年の8月9日ソ連参戦の日でした。深夜突如の引き揚げを敢行することになった日本人街の混乱の中で、夫はまだ仕事が残っている、必ず追いつくから、といって、ていさんと、5歳の長男、2歳の次男、生後まもない長女の四人を先に行かせます。その後夫と合流することなく、三人の幼子を連れた一人の小さな母は、想像を絶する困難の中、三児を守り抜き、朝鮮半島を陸路縦断というコースで、翌秋に郷里に辿りつきました。精根使い果たして病の床についたていさんは、愛する幼子たちへの遺言の覚悟で、その奇跡の引き揚げ記を驚異的な記憶力で書き上げました。それが『流れる星は生きている』でした。

 その後遅れて帰郷した新田氏が、一躍ベストセラー作家になった妻の姿に発奮して作家になったことは、正彦さんのエッセイでも何度か紹介されていることです。
 当時、藤原正彦さんは2歳。凄絶な体験の記憶はほとんど残っていません。
 ていさんは一度テレビの取材で満州を訪ねたことはありましたが、正彦さんは生まれ故郷でもある満州を訪ねたことはありませんでした。
 そして去年の夏、奥様と三人の子息とともにお母様を連れて、満州を再訪しました。
 正彦さんにとっては実に56年ぶりの再訪でした。
「考える人」創刊2号(秋号)で、藤原さんはこの特別な旅の一部始終を書いてくださることになりました。
 56年という時の流れは、中国の街も激変させたはずです。
 その見慣れない光景の前で、お母様の記憶はどのように甦ったのでしょうか。
 そして藤原さんは、自分の生まれた場所を確認することはできたのでしょうか。
 どうぞご期待ください。


http://www.shinchosha.co.jp/kangaeruhito/high/high04.html

http://www.shinchosha.co.jp/book/124808/

 『流れる……』を「私の一冊」とされている方もおられます:

 10年前、隣家の人に薦められ、満州(現中国東北部)からの1年以上にわたる苦難の引き揚げを記した本書を読んだとき、大きな衝撃を受けた。

「これは、俺と家族のことを書いているのではないか」

 自身も満州・奉天(現瀋陽)生まれの引き揚げ者だ。第2次大戦の敗戦時(1945年)は5歳だった。当時の記憶はほとんどないが、祖母と父母、3人の幼い兄弟での日本への引き揚げは、本書と同様にかなり厳しいものだったらしい。8歳の兄と自分、2歳の妹という兄弟の年齢構成まで、著者の家族と酷似していた。

 母のせつ子さん(故人)が1968年に書いた手記「牡丹江を後にして」が、今も手元にある。ソ連の参戦で、奉天よりはるか北の牡丹江を逃げ出すとき、列車がソ連軍の戦闘機の機銃掃射を受けたことや、引き揚げを待って約1年間過ごした奉天で、ソ連兵から逃れるため、せつ子さんが頭をボウズ刈りにしたり、兄がたばこの行商に出たりした話が記されている。帰国の願いがかなわず亡くなった人が、身の回りに数え切れないほどいたことも。

「日本人の子は賢いからと、中国人の養子にもらわれる幼い子が多かった」

 1980年代に盛んに行われた中国残留孤児の肉親捜しの際、ニュースを見て、自分もあの中の一人になっていたかもしれない、と思った。実際、自分を養子に欲しがった知り合いの中国人がいたことが、せつ子さんの手記にも書いてある。
 「好きなことを自由にやっていい」両親は戦後、自分たち兄弟を、そう言って育ててくれた。父を手伝い、八王子市を中心にしたレストランや食堂、結婚式場などの経営に携わった。その事業の大半は大過なく幕引きをし、今は商店街組織の代表者として、地域の活性化を願って活動を続けている。
 両親の言葉通りの半生を送れたのは、無事に連れて帰ってくれたからだと思う。

「中国からの引き揚げは、私の人生の原点。戦争が引き起こしたその厳しい体験を、この手記は改めて教えてくれるんです」


2013年07月23日12時22分更新、読売新聞地域版(小沢克也)
三多摩商店街連合会長 深沢靖彦さん(73)
私の一冊:藤原てい『流れる星は生きている』(中公文庫)
満州引き揚げ 人生の原点

http://www.yomiuri.co.jp/local/tokyotama/feature/CO003926/20130817-OYT8T00493.html


posted by fom_club at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

630万人

 ね、知ってましたか?この数、630万
 どれ、どれ?

満州からの引き揚げ
 ソ連軍管理地区であった満州からの引き揚げは、同軍撤退後ようやく始まり、1946(昭和21)年5月、最初の引揚船がコロ島(現在の中華人民共和国遼寧省南西部の葫芦島市)を出航しました。
 収容所などでひと冬を越した引揚者は、着のみ着のままで、まことに気の毒な姿でした。
 集団引き揚げは中国の内戦や建国などで一時期、中断されましたが、1948(昭和28)年にも一部再開され、1958(昭和33)年7月白山丸の真鶴入港をもって終了しました。
 海外からの引揚者は約630万人、そのうち満州からの引揚者は20%、約127万人となっています。


 ぼくのおやじも満州にいて、ほら、ここ佳木斯(三江省)で死にました、ここ、ここの場所です。
 えっ、それは、それは…ところで、お墓詣りには行かれたんですか?
 ぼくは今度、やっと退職できましたので、念願だったおやじが呼吸していたその地を自分の足で踏んでみたいと思っているのです。
 それは、一日も早く、そうしてあげたらお父様、きっと喜ぶはずです。
 ぼくの知り合いは早期退職して満州はハルピンに行き、住みついてしまって、料理屋をやってるんだそうです。中国人にも料理が評判になって日本語を教えてくれってことになり、教室も開いているそうで、そのとき寄って来ようかなって思っています。
 へぇ〜、地元に溶け込んでねぇ〜、そんな方もいらっしゃるんだ!
 日本人は苦労してますね、おやじもさぞや寒かっただろうな、ってこの年になると不図思い出すことがあるんです。
 今日は、この深谷さんのお話しを聞きに?
 そうなんです、ラジオの深夜便で知って…
 あっ、そうですか、同じです!

と立川市柴崎学習館パネル展「中国帰国者とその支援に関するパネル展」での見知らぬ方とのヤッホー君の会話。
 ヤッホー君「まわりにはこんなに大ぜい人間がいるのに、こちらから働きかけないと、そう、何もしないと、物と同んなじ、何んにもおこらない。
 だけど、ちょっと言葉を交わすだけで、相手が生きて、自分のかたわらに「存在」するんだな、
 それが手にとるように分かる」って言ってます。
 大事なことですよね。
 自分もね、生きている、という確かな証しがつかみとれるって、
 そんな感覚がひょいと、あたまをもちあげてくるんですよって、ヤッホー君。
 
私の半生流転の記 宮城県 高橋武 
 北満州国三江省樺川県佳木斯、野戦郵便局気付、永豊鎮屯墾軍第一大隊第二中隊宮城小隊長というあて名に、私は限りないあこがれを抱いていた。
 農業には全然縁もない私は、北海道で牧場経営をする知人のもとに渡道するつもりでいたが、にわかに満州移住に変えた。
 いとこの安藤さんに度々連絡していたが、危険だからしばらく様子を見るので、待つように言われた…

 哈爾浜(ハルピン)浜江から松花江を船で下った。佳木斯上陸後、開拓団出張所で約一週間滞在し、永豊鎮へ1934(昭和9)年5月19日に到着した…

 1939(昭和14)年には、建設を完了し個人分身となったので、やっと妻子を呼び寄せることができて、いよいよ本格的に文字通りの開拓者となった。
 開拓者の使命、「五族協和」の実現に向かって一生懸命に働いた…

 馬橇を飛ばして満人が「伊藤さん、兵隊で仕事だ」と赤紙を振りかざして飛んできた。
 いよいよきたかと覚悟を新たにしたが、そのときの召集令状の色が、今に至るまで目から離れない。
 召集令状には、1月23日、佳木斯第4392部隊に午前10時までに入隊すべしとあった…

 衛生教程、歩兵操典、戦陣訓、軍人勅諭、五カ条の御誓文など、頭に叩き込まねばならず、寝ても覚めても暗唱することに明け暮れた…

 ハバロフスクでも、あっちこっちの分所を回されて、やっと待望のダモイ(帰国)名簿に名前が載った。
 スターリンに感謝文を贈呈、これで共産教育ともお別れだ。
 1949(昭和24)年11月27日、ナホトカへ。
 久し振りに見る灰色の日本海だ…。
 29日に帰国船恵山丸が接岸、ソ連係官から名前を呼ばれ名簿と照合、所持品の検査などがあったが、いつ出発停止になるやも知れず、びくびくしていた。
 やがて乗船しタラップから上がる。
 だがまだ安心はならない。
 出港合図が鳴り響く。
 一日千秋の思いで待った引揚げ、しかし異国の地に散った同胞の悔しい思い出に、ただ涙、涙。

 1949(昭和24)年12月1日、舞鶴の松の緑を見て日本に帰ってきた感激でいっぱいだ。
 翌2日、上陸。
 DDTの見舞いを受け、各県窓口で事務手続きをして、帰郷旅費千円を受け取り、すし詰め列車で仙台へ向かう。
 福島駅に兄弟が迎えにきてくれたが、栄養失調で顔が変わっていたのにびっくりしたとのこと。
 満州に残った家族が全滅したことを聞かされた。
 覚悟はしていたが涙も出ない。
 さぞつらかっただろうと思う。
 生き長らえた私は、
「戦争はもういやだ。悲惨なものだ、二度と再び起こさぬようにしなければ」と考えた。
 足掛け5年の捕虜生活もこれで終わりだ。

 引揚げ後は、町内の世話役をしばらくやり、その間に再婚し一女を授かった。
 納税貯蓄組合設立時、初代の会計係をやった。
 弥栄時代の経験が役に立ち、帳簿の作成など何とかやり遂げたが、シベリア帰り、赤だと言われ種々苦労した。
 その後、転々と職が変わったし、シベリアでの悪食が原因で胃潰瘍が悪化し大手術をしたりした。
 1963(昭和38)年8月から衣料市場の事務を手伝い、簿記の面白さに懸命に勉強して頑張って20年も勤めた。
 この間、妻子の支えもあり、何とかやり通したことに感謝している。
 52回目の終戦記念日を迎えて、同胞の御霊の冥福を祈りつつ、この文を書いた。

平和祈念展示資料館(新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル48階)公式サイト
http://www.heiwakinen.jp/shiryokan/heiwa/09hikiage/H_09_259_1.pdf

■ 樺太から一家で海を越え
 荒れ狂う日本海を引き揚げ船が進んでいた。1946年12月。
 千人を超える人たちであふれかえる船内に、当時14歳の橋本玲子(83)=札幌市厚別区=の姿もあった。家族6人で身を寄せ合い、じっと到着の時を待っていた。
 船は南樺太(現サハリン)の真岡を出港、函館に向かっていた。南樺太は日本領だったが、対日参戦したソ連軍が占領。米ソが協定を結んで正式な引き揚げが始まり、橋本の船はその第一陣だった。
 函館港への引き揚げはその後も続き、1949年7月までに延べ約200の船が、計31万人超を運んだ。
 このうち北海道にとどまったのは約17万人。
 引き揚げ者の大量流入は北海道の人口を押し上げた。終戦からの5年間で北海道の人口は約78万人増加。稚内では計5千人近くの引き揚げ者が移住し、町から市になった。
 だが、引き揚げ者たちの生活は苦労の連続だった。
 道内各地で炭鉱労働や農地開拓、漁業などに従事したが、とりわけ大変な思いをしたのは、「無縁故者」と呼ばれる人たちだった。国内に身寄りがない人たちで、道内に残った引き揚げ者のうち約4万人にのぼった。
    *
 橋本一家もそうだった。
 父は3歳のころ樺太に移住。留多加(るうたか)町の助役を務めた後は、豊原で暮らした。一家は比較的裕福で、終戦直前でも食べ物に困らなかった。だが、引き揚げ後の生活は一変する。
 一家は、引き揚げ者の対応を担っていた函館引揚援護局から小樽市の古い遊郭の1室をあてがわれた。幼い子どもを連れた別の家族との同居で、毛布で家庭ごとの境界を作った。その後、小樽市が最上町に設けた引き揚げ者住宅へ。4世帯が入居できる長屋で、1年あまり暮らした。
 父は事業を興しては失敗を重ねた。一家の生計を支えたのは継母だった。路上でもちを売るところから始め、小樽駅近くに雑貨店を構えた。一家は店の屋根裏に移り住んだ。橋本らは近所のキャバレーへの菓子の配達を手伝った。
 それでも貧しい暮らしは続いた。
 橋本は女学校の制服が買えず、継母の手作りスーツ。
 弟の克久(77)=小樽市=も高校の修学旅行に行けなかった。
 橋本は「話したくないくらいひどかった」。
 克久は「貧乏という言葉がずっとつきまとった」と話す。
    *
 「縁」があって北海道に住んだ引き揚げ者もいた。
 渡辺良洪(よしひろ)(70)=江別市=が樺太・恵須取(えすとる)町から函館に引き揚げたのは1948年8月。両親と兄、弟と一緒だった。
 函館に到着後、いったん岩内町の叔父宅に身を寄せたが、叔父の家族は8人。
 食べ物がまかなえず、すぐに母の両親が住む新潟に引っ越した。翌年、父親は職探しに再び函館へ。樺太で勤めていた王子製紙の元同僚に誘われ、江別市の北日本製紙に入り、渡辺ら家族も1952年に引っ越した。
 引き揚げまもなく、弟は亡くなったが、その後弟2人と妹が相次いで生まれ、家族は両親ときょうだい計7人になっていた。当初住んだ共同住宅の一室も、その後引っ越した長屋も一家には狭かった。
 家計は苦しく、入学時に学用品を買ったり、修学旅行費を捻出したりするため、父親は労働金庫から金を借りた。
 橋本姉弟や渡辺は大人になり、それぞれの生活を安定させていく。
 橋本は東京や小樽でキャバレーで勤務。41歳のとき、移り住んだ札幌で自分のスナックを開いた。克久は高校卒業後、小樽のニューギンザ百貨店に就職。その後上京して東大病院の事務員となり、定年まで勤めた後、1999年に小樽に戻った。渡辺も高校卒業後、札幌の百貨店に勤め、江別市役所に転職した。
 橋本は
「もう一度樺太の地を踏みたい」
と全国樺太連盟に所属し、1979年には墓参に出かけた。
「苦しい思いもしたけれど、今となっては運の良さで切り開いてきたかな」
 樺太の地図を懐かしげにながめながら、人生を振り返った。

 
2015年07月02日付け朝日新聞デジタル(円山史、関根和弘)
戦後70年 北海道【第1部 ひと・まち】(3)引き揚げ者
http://www.asahi.com/area/hokkaido/articles/MTW20150702011440001.html

 戦争はもういやだ。
 悲惨なものだ。
 二度と再び起こさぬようにしなければ。
 しかし、
こんなイカサマ師がイマのwが国のトップ、
 ジコウ政権は一日もはやく消えてください、とヤッホー君:

 テロを批判し、テロとの戦いへの連帯を叫び続ける安倍首相は、本当に愚かだ。
 日仏首脳会談でも真っ先にそれを繰り返している。
 その言葉が、仏の空爆を支持する事は明瞭だ。
 軍事力を使ってイスラム国を壊滅しようとしている仏の側に立つと言っているのだ。
 イスラム国との戦いに何の関係もない日本が、なぜそこまで言わなければいけないのか。
 そういう言うことが日本のためになるなら理解できる。
 イスラム国問題に貢献できるのなら意味がある。
 しかし、そのいずれでもない。
 日本がイスラム国問題の解決に役立つことはあり得ず、イスラム国の標的の危険に日本をさらすだけだ。

 これと対照的なのが習近平の中国だ。
 11月29日の産経が書いている。
 「中国政府はいかなるテロにも断固として打撃を加える」(習近平主席)と強い口調で非難するものの、空爆などの軍事行動に踏み切る気配はない、と。
 「問題は政治的に解決すべきだ。対話によって国際社会の人道主義支援を強化し、国際的な反テロ協力を強化する」と報道官が定例の記者会見で語ったと。
 日本よりもはるかにテロの犠牲者を出し、イスラム問題を内部に抱えている中国であるというのに、である。

 産経新聞のその記事は、中国は弱腰だと批判的に書いている。
 安倍首相も愚かなら、安倍首相を応援する産経も愚かだ。
 中国の国際広報誌である「環球時報」が書いている。
 「中国は長年対外戦争をしておらず、中国の土地勘もない。複雑な情勢に自ら入る必要はなく、実際にできる貢献をしていくべきだ」と。
 この言葉こそ、日本の首相が世界に発信すべき言葉である。
 安倍首相が習近平主席に外交で勝てないことが、対テロ問題についても見事に証明されたということである。


天木直人のブルグ Posted on 2015年12月1日
対テロ対策でも明らになった安倍と習近平の外交力の違い
http://new-party-9.net/archives/2984



posted by fom_club at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする