2014年03月31日

エイプリルフール

 今日はもう弥生を締めくくる日、早いものです。
 明日からは卯月!
 明日からいよいよ5%が8%に!
 買いだめしようにも、もともとの原資がないヤッホー君、肥溜めに身を落とすしかありません…

 こうした消費税率引上げ否定論に対し、引上げ支持論者は、消費税のメリットとして社会保険制度における負担と受益に関する世代間格差の是正効果を指摘する。
 今日、高齢者牡帯ほど過去の社会保険料の支払いに対して受益が上回り、それとは逆に若年世帯ほど負担に対して将来の受益が下回る。
 そのため、社会保険料の上昇を抑制し、その分、社会保障財源を高齢者も負担する消費税に代替すれば、支出と受益の世代間アンバランスの解消につながるというわけである。
 しかし、この談論は、今日国民生活にとって不可欠となっている社会保障を保険制度として扱い、しかも保険料財源問題を家計部門内の世代間問題として扱うという二重の慈恵的前提・土俵の上でのものにすぎない。
 この二重の前提を取り払い、問題を国民所得の分配として捉えれば、社会保険料の引上げか、消費税の引上げか、あるいは高齢者世帯を重視するか、若年世帯を重視するか、こうした二者択一の議論に陥ることなく、すべての世帯にとって必要な社会保障のメニューとその充実化が可能となる。
 北欧を初めとする先進国と日本との間での社会保障格差の原因は、世代間の負担率、受益率格差にあるのではなく、家計、および中小企業と大手企業との間の所得分配の歪みにある。
 消費税率の引上げはこの歪みをさらに拡大することになる。


 また、消費税率引上げ論者は、所得税に比べた消費税の税収として安定性をメリットとして指摘する。
 しかし、景気変動に伴う税収変動は財政歳出制度ともからみ、しかも景気変動に伴う歳入変動問題を消費税としてすべて家計および中小零細業者が負わなければならないのか、疑問が残る。

(2011-07一橋大学教授福田泰雄「所得分配構造の変化と租税負担:消費税vs法人税」)
http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/bitstream/10086/22150/1/0101105601.pdf

 民主党が政権をにぎった総選挙のときの公約、「シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしい」と反対のことをしたのが、「市民運動」あがりと称した当時のトップ、空き缶でした。おかげで民主党はすっからかん!
 いまやアベノリスクが堂々と暴走し、99%を無視して決めてかかっています。
 安定は希望、だそうですがこれほど不安と絶望が飛び交うときはない、といっていいでしょう。
 あ〜ぁ、明日はエイプリルフールだい!
 ここで問題、次の文はホントかウソか?

Japanese long-distance runner Kimo Nakajimi entered the London Marathon in 1983 but got confused by a translation of the rules and thought he had to run for 26 days, not 26 miles. He was discovered, after the race was well over, out running in the English countryside.
http://www.theguardian.com/quiz/questions/0,5961,1449501,00.html

 次が迷答です。
 そうそう、英語で OMG って Oh My God! の略、LOLって Laugh Out Loud の略ですね。

OMG that is a good one. Once my friends and I had to run the 12 mile run for a charity anyway we ran for 12 hours around the city. No wonder we didn't see anyone else from our clas. We were in 7th grade! LOL!
Posted by Nicole in Washington, USA on Thu Apr 01, 2004 at 12:43 AM

Nakajimi isn't even a name in Japanese. Nakajima, however, is.
Posted by Yumi in California via Nihon on Fri Apr 02, 2004 at 04:05 PM
(The 26-Day Marathon-April Fool's Day, 1981)
http://www.museumofhoaxes.com/hoax/af_database/permalink/the_26-day_marathon/

 マレーシアのペナンでは、本土と島を結ぶ二番目の橋ができ、この地域最長の橋となりましたが、無料開放は1ヶ月間だけで、明日から有料になります。
 地域最長の橋の様子はぜひ下の新聞記事の写真でご覧になってくださいね:

The toll rate for cars for the Sultan Abdul Halim Mu’adzam Shah bridge has been set at RM8.50.

The collection will start from 6am tomorrow.

Toll charges for other vehicles will range from RM1.70 to RM70.10…

The 24km second link, which is the longest in South-East Asia and spans 16.9km over the sea, was launched by Prime Minister Datuk Seri Najib Tun Razak on March 2 and it has been toll-free for a month.


Updated: Monday March 31, 2014 MYT 7:54:40 AM The Star
http://www.thestar.com.my/News/Nation/2014/03/31/RM850-for-cars-using-second-bridge-Malaysian-Highway-Authority-Collection-of-toll-rates-to-start-fro/
posted by fom_club at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

坂本りえ

 今日3月30日は、山歩クラブの第12回「爽快」を江東区芭蕉記念館2F(研修室)で開いておりました。
 出席者は雨のなか傘をさして会員数37名のうち、17名にお集まりいただきました。
 プリントは15部しか用意してませんでした、シツレイ…
 窓からは春雨に煙る大川端、そしてそこに咲くソメイヨシノの花びらが目に飛び込んできまして、大いに歌心をそそられたのですが、今日は1年間を振り返って、新しい年度をどう活動するか展望する大事な「快疑」。
 あのぉ〜、山歩クラブでは「総会」とか「会議」とか、「臨時総会」を過去に一度もったことがあるだけで、いっさい開いたことはありませんで、スミマセン。
 さ、終わって向かったのが「カラオケ高橋」(江東区高橋14-23)!
 そこに、なんと、プロの歌手が見えました、「春の珍事」

 坂本理恵(クラウン)『おんなの酔い語り』お聞き下さい:
http://www.youtube.com/watch?v=b4j0xtB7-ao
http://crowntokuma-shop.com/products/detail/CTM00004K1

 民謡を歌いこんだ基礎のある方、とてものびやかな、はりのあるお声。

 民謡酒場よさこい・坂本理恵・民謡メドレーも:
http://www.youtube.com/watch?v=iXJUZnAgooQ

 民謡酒場よさこい・坂本理恵・青森県民謡「南部俵積み唄」はぜひ:
http://www.youtube.com/watch?v=AXeutHSWM4k

 早く、流行歌手に育って、香西かおりの「南部俵積み唄」のようになっていただきたいもの、ヤッホー君、さっそく今日から、応援することにしました。
 が・ん・ば・っ・てモータースポーツ
http://www.youtube.com/watch?v=iiUFgFcRS0c

 両親が南部町(旧福地村)出身で、自分も同町生まれの歌手坂本りえさん=千葉県市川市=が今年2013年5月、日本クラウンから念願のCDデビューを果たした。曲名は「おんなの酔い語り」。
 「やっと自分の歌が歌える。すごくうれしい」と喜ぶ。

 10歳のころから民謡教室に通い、成人してからもアルバイトをしながら、ずっとデビューの機会を狙っていた。
 「つらい体験もあったからこの曲に巡り合えた」と話し、作曲した沢しげと氏ら関係者に感謝する。

 歌詞には「三味線」や「じょんから」といった青森を連想させる言葉も。
 悲恋の内容ながら「曲調は明るくてノリがいい」という。
 「元気になる曲なので、ぜひ覚えて愛唱歌にしていただければ」

(2013年9月27日(金)東奥日報「念願のCDデビュー/坂本りえさん(南部町生まれ)」)
http://www.toonippo.co.jp/kikaku/aomorinow/2013/0927b.html

 いつか自分のオリジナル曲でCDデビューする〜
 1997(平成9)年に民謡の歌手としてデビューしてから16年、今年この夢をついにかなえた。
 曲は『おんなの酔い語り』(日本クラウン)。
 レコーディングでは感極まった。
 「これまで夢中で頑張ってきた。すべては人との縁。この縁を大切にしてきた」と周囲に感謝する。
 
 青森で幼少時から親しんできた民謡と三味線を、10歳の時に市川市に越してから本格的に習う。
 民謡の全国大会(郷土民謡協会主催)では、小学生の部と中学生の部で優勝し、高校1年で一般の部の総合優勝。
 また、白浜音頭全国大会の優勝や千葉テレビカラオケトライアルの10週勝ち抜きチャンピオンなど数多くの賞を獲得。
 民謡歌手になった後は、イベントや民謡酒場で歌い、歌のボランティアサークル・歌一筋メンバーとして高齢者施設を訪問するなど、さまざまな機会を得て研さんを重ねた。
 
 華やかな着物を着てスポットライトを浴びたい〜
 歌を習い始めたころの憧れの第一歩を迎え
 「大変なのはこれから。責任をもち歌っていきたい」と気持ちを引き締める。
 紅白歌合戦出場が新たな夢。

(2013年12月7日号「人」リスト〜2013年、市川よみうり新聞社、坂本理恵さん歌謡曲歌手として今年CDデビュー「『私のための曲』責任もち歌う」)
http://www.ichiyomi.co.jp/hito/hito2013.html#38

 夢は願うこと、
 叶った日を想うこと、
 夢を信ずること、
 さ、紅白歌合戦目指して明日も大ぜいのお客さんに会いに行きましょう!
posted by fom_club at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食材表示ガイドライン

Although some giants such as General Mills have recently taken timid steps toward being more upfront with consumers, the United States, unlike some 60 other countries, lacks a legal requirement to do so.
Still, in the world's largest economy, where almost all soy, sugar beet, corn and canola crops are genetically engineered, bills requiring labeling for GMO foods were introduced in 26 states last year.
But only Maine and Connecticut approved such measures and have yet to implement them.
Alaska adopted a law in 2005 requiring labeling of genetically engineered salmon, whose safety for human consumption is still being studied by the US Food and Drug Administration (FDA).
Elsewhere measures have been defeated, notably in the state of Washington, where voters narrowly rejected GMO labeling. Other proposals are near death or languishing in legislative committees.
But supporters of GMO labeling of food insist they are unfazed and determined to shore up more support.


 TPPがまとまったら、あるいは多国間は無理があるからと、アメリカにこの国の市場を無血開城しかねないアベノリスク。だって「経済特区」とかいってある朝、目が覚めたら「熟議をおトモダチだけで重ね、国民向けにていねいな説明をします」とか言って、なんのことはない岩盤規制をぼろぼろに崩壊させて、1%の富裕者のため、グローバリスムという名のネオリベ、多国籍企業に、はい、どうぞ、おもてなしの国へようこそどうぞ、なんてなるんでしょ。
 なんとかしてみましょうよ、そしてわれわれが口にする食料のことだから、この国のメディアもきちんと情報を伝えてほしいんですぅ。
 上の記事は、マレーシア紙なんだもん:

A GMO labeling battle is rumbling in the United States, with those demanding full disclosure of genetically modified organisms in food products pitted against big companies.

Read more: Battle over GMO labeling rumbling in US - World - New Straits Times http://www.nst.com.my/world/battle-over-gmo-labeling-rumbling-in-us-1.538574#ixzz2xL1Rc3D0

 この国には知る権利が先進国では低くって(注1)、パソコンを操れる人が情報を探しにいかないと辿りつけないようです:

 2012/10/20に中野ゼロで行われた「モンサントの不自然な食べ物」上映会後の-安田美絵さん(サルでも分かるTPP著者)によるアフタートークです。司会は安部芳裕-さん。
 「TPPを止めるため、モンサントの暴走を止める為、私達に何が出来るのか。具体的な方-法をお伝えします」(安田美絵)

http://www.youtube.com/watch?v=JgwTsovdqmU

 レストランなどの食材の虚偽表示問題で、消費者庁は3月28日、景品表示法に基づく、メニューなどの適正表示ガイドラインを公表した。
 同法が禁止する、実際よりも著しく良いと誤認させる「優良誤認」かどうかは、「社会常識や他の法令などを考慮し、表示全体から個別に判断する」とし、具体例三十数項目を挙げ判断を示した…

 ガイドラインでは、「表示と実際の食材が異なることを消費者が知ったら、その料理に魅力を感じない」場合、優良誤認に当たるとの基本的な考え方を提示。
 例えば、
  ▽ 生肉や脂身などを張り合わせた「成形肉」をステーキ
  ▽ ブラックタイガーをクルマエビ−−
などの表示は「問題」で、同法違反とした。
 一方、
  ▽ 解凍魚を「鮮魚」
  ▽ 合鴨(あいがも)肉を「鴨南蛮」
は「問題にならない」と判断。
 サーモントラウト(ニジマス)の「サケ弁当」は「一般的名称として確立し、直ちに問題にならない」と結論づけた。

 主婦連合会の佐野真理子事務局長は「優良誤認を理解するのにこれだけの事例では少ない。使った食材の名前を正しく表示させることを基本とすべきだ」と注文をつけた。
 一方、食の安全・安心財団の中村啓一事務局長は「料理やメニュー表示で、ウソやごまかしは許されないが、『サケ弁当』のように社会に定着しているものを厳密に生物学的に区別する必要はなく、より現実的、実態を反映している」と一定の評価をした。
 ガイドラインは昨年2013年12月に原案が公表され、事業者などから515件の意見が寄せられた。

(2014年03月28日11時41分最終更新、毎日新聞、江口一・小島正美「食材表示:ガイドライン公表「成形肉」をステーキは違反)
http://mainichi.jp/select/news/20140328k0000e040276000c.html

 「成形肉」って知ってました?無学文盲無知なヤッホー君、はじめて聞いてびっくり…あの日、食べた980円のランチ「サーロインステーキ焼肉」ってもんも、整形手術した肉だったのかな…業者側に立つメディアの記事をここで、削除される前に…

 牛脂注入肉。
 食肉業界では「インジェクションビーフ」とも呼んでいる。
 インジェクションとは英語で「注入」「注射」という意味だ。
 その名の通り、牛のかたまり肉に注射針のような針を刺して調味液を注入する。

 注射するのは、牛脂そのものではない。ピックル液という液体だ。乳化作用のある添加物を使って水と牛脂を混ぜ合わせ、これに様々な添加物を加える。

 インジェクションビーフを手掛けるA社では、ピックル液の材料として水、国産の牛脂、水あめ、食塩、寒天、乳たんぱく加水分解物、複合エキス、発酵調味料、調味料(アミノ酸等)、安定剤(加工デンプン)、増粘多糖類、pH調整剤などを使用している。
 どれも加工食品ではよく使われる。
 ハムやソーセージでは定番だ。市販の中濃ソースやステーキソースにも同じような添加物が入っていた…

 インジェクションビーフを一時期手掛けていた別の業者(B社)によると、ピックルインジェクターと呼ばれる針は、通常の注射針のように先端から真っすぐ液が出るのではなく、針先の横から水平に出るようになっている。目詰まりを防ぐためだ。
 ピックル液は牛脂が溶ける温度である40〜50度前後にしたうえで注入し、菌が増殖しないよう急速に冷やす。このとき短時間で3度前後まで冷やすことが肝心だという。

 こうした加工によって、硬い赤身肉であっても軟らかくなる。牛脂を注入することでサシが入り、霜降り状の肉に生まれ変わるのだ

(2013/11/12 6:30 日経Web版「牛脂注入肉って何? 似た技法フランス料理にも」)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0805T_Y3A101C1000000/

 ガイドライン案はロブスターを伊勢エビと表示するのも景表法上問題があるとした。
 これに対し、水産物輸入商社の代表者は「輸入ロブスターにはイセエビ類とザリガニ類の2種類がある。イセエビ類のロブスターを『イセエビ』と表示するのは認めるべきだ」と訴えた。

 ガイドライン案で、牛の成形肉を用いた料理は「ビーフ(成形肉使用)」と表示するとされた。
 外食店のコンサルタント会社の担当者は「豚肉や鶏肉についてもガイドラインで説明すべきだ」と要求。同社によると「とんかつ」でも成形肉を使っている場合があるという。

(2014/1/27 21:26 日経Web版「シャケ弁当はニジマス弁当?食材表示案に困惑の声、消費者庁が意見交換会)」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2703H_X20C14A1CR8000/

 GMOだの、「成形肉」だの、だんだんと口に入るものがますます分かんなくなってきているイマ、いや、それだけ商品社会になったイマ、持っているものはどんなもんでも(労働力ですら)売って、換金にしたいのだろうし、おう、こわこわ、皆んながわれわれの財布を狙っています。
 お国だって、冷たいウソのつけるお方(注2)をトップにすえて、消費税をまた余分に吸いとろうとしているもん。


(注1)
 パリに本部を構える国際NGO「国境なき記者団(RSF)」による「報道の自由度インデックス」が発表された。
 世界180国における報道の自由度を順位付けした報告書だ…
 46位に落ちたアメリカより更に「報道後進国」の烙印を強く押されているのがここ日本だ。
 2011年に11位だった順位は原発事故の翌年22位に下がり、2013年はそこから大幅に急落し53位、そして今回そこからさらに59位にまで落した。
 今では「主要先進国で唯一、<顕著な問題>のある国カテゴリーに相当、東アジアでは韓国・台湾を下回る自由度とされている。
(週刊現代2014年3月8日号連載記事「ジャーナリストの目」に掲載、ジャーナリスト堤未果「何が<報道の自由>に価値をつけるのか?」)

(注2)
『フクシマの嘘』
http://www.youtube.com/watch?v=8MZKxWLruZQ
『フクシマの嘘 其の弐』
http://www.youtube.com/watch?v=8wCehe0iaKc           
posted by fom_club at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月29日

うさぎとかめ

 ぽかぽか春の陽気の下町、江東区。
 昨日のお昼、横十間川親水公園のお散歩でヤッホー君、かめが何匹も何十匹もかたまって浮き石に揃い、実に気持ちよさそうに甲羅干しをしている風景と出会いました。

カメの甲羅干し.jpg

 そうそう、「春の使者」はこんなところにも…
 だった無学無知文盲のヤッホー君、カメが冬眠するなんて知りませんでした:

 カメは水生生物で、生活の大半を水中ですごすため、濁った水中にいる姿を確認するのは困難である。
 さらに、夜間に活動する傾向が強いので、カメを直接目で見つけて捕まえるのは難しい。
 カメがいる川かどうかは、春先に川の土手を歩いて確かめる
 水温が低いこの時期には、カメたちは川岸でよく日光浴をする。
 1匹でも日光浴を行っている個体が見つかれば、その川にはかなりのカメがいると判断できる。
 しかし、日光浴をしているカメを捕まえるのは至難の業である。
 素早く、川岸をすべり下りて、水中に姿を隠してしまうからだ…

 カメの種類を同定することは簡単なようで難しい。
 もともと日本本土に生息する淡水性のカメは3種類しかいないので、この3種類(ニホンイシガメ、クサガメ、スッポン)の見分け方は図鑑で容易に学ぶことができる。
 難しい点は、ニホンイシガメとクサガメの間に雑種が生じたり、ペットとして飼育されていたカメが野外に放たれるため、外国産のカメが見つかることが多くなっている点である。

 カメは外形的特徴から年齢査定を行うことの出来る希有な動物である。
 カメの甲羅に形成される年輪が非活動期に形成される成長停止線とみなすことができるため、この年輪の数を数えることによって、カメが何度成長を止めたかが分かるのである。
 一般に成長が止まるのは水温が下がってカメが冬眠する冬であるとみなすことができる。
 つまり、年輪の数はカメが冬を越した回数を示すとされている。

(2010年7月30日(金)〜8月1日(日)東邦大学理学部生物学科「カメに学ぶ野外生態学 Field Ecology of Freshwater Turtles」)
…http://www.lab.toho-u.ac.jp/sci/cst/schedule/tjoimi0000001dof-att/tjoimi0000001fl4.pdf

 ツルは千年、カメは万年はうそかホントか…

 亀は長命の象徴として人の長寿によく喩えられる。
 例えば、『抱朴子』の論仙に「謂生必死、而龜鶴長存焉」とあり、郭樸の遊仙詩にも「借問蜉蝣輩、寧知龜鶴年」とみえる。
 白居易の「效陶潛體詩十六首」に「松柏與龜鶴、其壽皆千年」と詠われるように、しばしば亀と鶴のイメージを利用し、長寿を表現する。
 このように亀と鶴の両者は合わせて用いられる例がしばしば見られる。
 中国だけではなく、日本においても亀と鶴は長寿の象徴とされた。
 例えば、『御伽草子』の「浦島太郎」に「生あるものの中にも、鶴は千年、亀は万年とて、命久しきものなり」と述べている如きがそれである。

(顔詩育(がん・しいく)台湾大学日本語学科大学院大学院生「浦島伝説における亀と女性を結ぶことについて」、2008-03-31お茶の水女子大大学院教育改革支援プログラム「日本文化研究の国際的情報伝達スキルの育成」活動報告書)
http://teapot.lib.ocha.ac.jp/ocha/bitstream/10083/35180/1/80_363-365.pdf

 そうか、そりゃそうだよね、1万年も人間は生きられりゃしませんしその間、天変地異もあるし、ヤッホー君が昨日の金曜日にあったカメちゃんが1万年生きてきた、なんてありえない話でしょうが、あのじっとして日光浴しているカメをみているだけで、時間がとまってしまいます。

 1万年前、氷期が終わり、地球全体が暖かくなる間氷期が始まりました。
 その頃の関東平野の想像図です。
 氷期の間、草原だったとっころは、ブナやナラなどの広葉樹に覆われるようになります。

(NHK、1万年前の日本人)
http://www2.nhk.or.jp/school/movie/clipbox.cgi?das_id=D0005402810_00000&keepThis=true&TB_iframe=true&width=920&height=480

 そうか、じゃあ、110年以上も前の童謡でも聴いてみませんか:
 「うさぎとかめ」(童謡の父「石原和三郎」作詞)
http://www.youtube.com/watch?v=R1CXdeZ_I70&index=2&list=PL206A4336988EA721

 石原和三郎氏は現在の群馬県みどり市の出身で、あの「わたらせ渓谷鐵道(株)」花輪駅には、童謡「うさぎとかめ」の石像、そして「旧花輪小学校記念館」もあります:

 1873(明治6)年5月に開校し、廃校後の2001(平成13)年に国の登録有形文化財に指定されました。
 日本鋼管鰍フ創立者である今泉嘉一郎の寄付により建てられ、卒業生として、童謡「うさぎとかめ」の作詞をした石原和三郎がいます。

http://www.watetsu.com/
http://www.watetsu.com/ensen/hanawa.html

 群馬県師範学校の卒業生のなかで最も有名な人物は誰か?という問いには、人によりさまざまな回答があると思うが、私は石原和三郎と答えたい。
 彼の名前を知らなくとも彼が歌詞を書いた「もしもし亀よ、亀さんよ」で始まる童謡(唱歌)を歌った経験のない日本人を探すのは極めて困難であろう。

(群馬大学工学部准教授高橋浩「明治中期の群馬県師範学校の物理教師たち」、2009年8月1日群馬県教育史研究懇談会会報所収)
https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/4839/1/MeijiButsuri.pdf
posted by fom_club at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月28日

小高中学校音楽教諭小田美樹先生

 学校はどこも春休み、そして来月からは、入学や進学や就職なのかな、いや、浪人する人もいるでしょうが、とっても大事な「あわい」の時。
 空港のトランジットラウンジで待つ間。
 いま、とってもこころにしみる歌があります。
 それは学校の先生、小田美樹先生が作曲した「群青」!
http://www.youtube.com/watch?v=E_SUQMoifXs

 maruyamasw さんが昨年2013年12月13日07:50に投稿した「TV:こころの時代〜歌声は生きる力」で報告しております。
 ヤッホー君のこのブログ、昨日の日記「春の使者」で「卒業式にフクジュソウ」なんて書き込んだら、どうしても記帳、情報の拡散をしたくってたまらなくなったんだそうです。
 どうぞお許しください、ね。

 福島第一原子力発電所から半径20km圏内に位置する福島県南相馬市小高(おだか)区は、東日本大震災による原発事故のため全住民が今なお避難生活を余儀なくされており、小高中学校も市内の別の学校に間借りをして授業を行なっています。
 「群青」は、その小高中学校の生徒たちが、離ればなれになってしまった仲間を思って、つぶやいたり、書き留めた言葉の数々を同校の小田美樹教諭が綴って曲をつけた作品です。

  ああ あの町で生まれて 君と出会い
  たくさんの思い出抱いて
   一緒に 時間(とき)を過ごしたね
  今 旅立つ日 見える景色は違っても
  遠い場所で 君も同じ空
   きっと見上げているはず
  「またね」と 手を振るけど
   明日も会えるのかな
  遠ざかる君の笑顔 今でも忘れない
  あの日見た夕陽 あの日見た花火
  いつでも 君がいたね
  あたりまえが 幸せと知った
  自転車をこいで 君と行った海
  鮮やかな記憶が
  目を閉じれば 群青に染まる

  あれから 2年の日が
   僕らの中を過ぎて 
  3月の風に吹かれ 君を今でも思う

  響け この歌声 響け 遠くまでも
  あの空の彼方へも 大切な
   すべてに届け
  涙のあとにも 見上げた夜空に
  希望が光ってるよ  僕らを待つ
   群青の町で
  きっと また会おう あの町で会おう
  僕らの約束は  消えはしない
   群青の絆

  また 会おう  群青の町で・・・・

http://maruyamaxx.exblog.jp/19139557    

 このとは、2013年12月8日(日)午前5:00〜午前6:00(60分)、Eテレ放送の「こころの時代〜宗教・人生〜「歌声は生きる力」。

【出演】大阪音楽大学教授・短期大学部副学長…本山秀毅
【きき手】品田公明
【詳細】「一堂に集まり、声を合わせて歌うことで人々が結ばれる」というのは大阪音楽大学教授・本山秀毅さん(53歳)。
 大学などで合唱を教えるだけでなく、「信仰に生きた作曲家」J.S.バッハの声楽曲の全曲演奏に四半世紀にわたって取り組んでいる。
 本山さんは、東北の被災地の中学生の歌声に、合唱の力を改めて思い知らされた。
 「心の絆を、聞く人たちにも広げることができる」という合唱にかける思いを聞く。

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20131208-31-29601

 3年生のクラス合唱を一心同体に育んでこられた小田美樹先生が遠慮がちに
「もう1曲歌ってもよろしいでしょうか?」
と尋ねてこられた結果、披露された「群青」その曲であったのである。
 これらの曲を渾身の力を込めて歌う彼らの演奏に、会場は目頭を押さえる人やすすり泣く声が響くほどの大きな感動の渦に包まれた。
 卒業式を数日後に控えて歌う生徒らの、このメンバーによる一生忘れることの出来ないまさに最後の合唱だった。
 卒業後は自分の意思とは別に故郷を離れる生徒もいる。
 理不尽な別離もそこにはあったのだ。

 歌詞も配布していない会場だったが、特に「群青」のメッセージはその旋律と共に多くの人の心に沁み入った。
 反響は想像を超えるもので、多くの人から問い合わせを受けた。そして自作の管弦楽版演奏に居合わせておられた信長貴富氏をして、アレンジを申し出させるエネルギーをこの音楽と歌詞は持っていた。

(パナムジカ「いつか会おう!ふるさとでの再会を誓った希望の歌〜群青」)
http://www.panamusica.co.jp/ja/appeal/gunjo/

 原発事故により、今なお避難区域に指定されている南相馬市小高区。
 区内にあった小高中学校は、現在、およそ20キロ離れた仮設校舎に移り授業を行っています。
 去年2013年3月、卒業生たちが歌った合唱曲「群青(ぐんじょう)」。
 学校生活の中で生徒たちがつぶやいた言葉や、日記に書かれた言葉を拾い集めて小高中学校音楽教諭の小田美樹さんが、作詞、作曲しました。
 「群青」は今、西日本の学校をはじめ、海を越えて台湾でも歌い継がれようとしています。
 小田さんに、歌に込めた思いなどを聞きました。
 お話を伺った、小高中学校音楽教諭の小田美樹さん(写真)。

(2014年3月6日(木)に放送した内容です。木曜夕方!ふくみみラジオ第36回「ピックアップ福島 南相馬市立小高中学校のふるさとを思う歌・群青」
http://www.nhk.or.jp/fukushima-blog/2014/03/06/
posted by fom_club at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月27日

春の使者

 「春の使者」じゃなかったね、「春の妖精」かぁ〜 Spring ephemeral
 あれはいつごろの春だっけ、神奈川県相模原市の山まで山歩クラブでは、「春の妖精」とのめぐりあいを求めて、歩きにでかけたことがあるのですよ、もっともお目にかかることはかないませんでしたが…
 「春の妖精」…うん、逢いたいなぁ〜
 「春の妖精」でなく「春の使者」…うん、ヤッホー君によりますとその代表格は、なんといってもフクジュソウ!
 カタクリではないのです、よ。
 と言いますのも、ヤッホー君の育った山形の片田舎では、卒業式シーズンになると、黄色のフクジュソウが、庭の雪解けがすすみますようにと祈らんばかりに、白い雪の間から黒い土を従えて姿を現すのです。
 中学校で、卒業生を贈ることばを言わされる役を仰せ付けられたとき、選んだイメージと単語は、フクジュソウ!
 そうそう、この間おじゃました向島百花園でも「春の使者」にお目にかかりました。
 だけど30p四方の囲いに護られて、まあ、寂しそう、可哀そう、悲しそうに見えました。
 そうそう、この間歩いた外秩父でもお目にかかりましたね。
 皆谷バス停から萩平にさしかかって「さぁ〜笠山へ」という登山道入り口近く。
 日の当たる草むらの斜面に。
 その時は、きれいでしたよ、可愛かった、嬉しそうでしたよ。

 春を告げる花として知られるフクジュソウが山梨市牧丘町倉科の間瀬信茂さん(72)宅の竹林や庭先で見頃を迎えている。
(2014年02月14日(金)山梨日日新聞「雪中に“春の使者”牧丘」)
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2014/02/14/4.html 

 花だけではありません。「春の使者」は、春を告げる青い空にも:

 冬を南の暖かい国々で過ごしたツバメたちが岡山県内に飛来するようになり、岡山市中区祇園地区では3月22日、電線で羽を休めたり、愛らしく鳴く姿が見られた。
(2014/3/23 9:10 山陽新聞「“春の使者”飛来 岡山にツバメ」)
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2014032309103761/

 ではここで3月23日、春を探しに歩いた山歩クラブにとっての「春の使者」をご紹介:

 その一、「みつまた」:

きぶし.jpg

 みつまたって「お札の紙」の原料って知っていましたか?

 紙の材料であるパルプを裁刻機で細かく刻みます。お札の紙は、「みつまた」などを原料としています。
(独立行政法人 国立印刷局公式サイト、キッズコーナー「お札ができるまで」)
http://www.npb.go.jp/ja/kids/index.html

 その二、「きぶし」:

きぶし.jpg

 「きぶし」って三つの音だけど、漢字で書くと四つの文字になります、さてな〜んだって江戸さんが一緒に歩いてくれた大学生のお嬢さんに質問。
 帰ったら調べてみて、とヤッホー君。
 そしたら大学生、ポケットから機械をとりだして、「あっ、ホントだぁ!」と。
 それって「アイフォン」っていうの、「アイパッド」かぁ〜、「スマホ」っていうの、いや「タブレット」っていうのって時代遅れのヤッホー君。
 説明聴いてもちんぷんかんぷん、分かりません、ただ「へぇ〜」とへりくだっていました。

 その三、「こぶし」:

こぶし.jpg

 「こぶし」と「はくもくれん」の違いは、と言いますと、ヤッホー君が家に帰って調べた結果:

 ハクモクレンとの違いは、コブシの花の下には小さな葉っぱがついていることです。
 これで、区別は百発百中です。

(群馬大学社会情報学部教授青木繁伸「植物園」)
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/

 ハクモクレン(モクレン科)。中国原産で、庭木として植えられている。コブシと同じように、つぼみのときは、毛の生えた2枚の苞葉に包まれていて、花が咲くときに、苞葉はぽろりと取れる。ただ、コブシと違って萼片と花びらは区別できず、白いぽってりとした花被片が9枚(3枚×三重)についている。
(福岡教育大学教育学部准教授福原達人(理科・生物学分野)
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/mokurenka.html
posted by fom_club at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

早春賦

 3月26日水曜日。
 まずは「早春賦」から:
http://www.youtube.com/watch?v=lZawuVwTxvo

 歌声は、と言いますと、由紀さおり&安田祥子でしょうね:
http://www.youtube.com/watch?v=1ucn5p19NAw

 でも、ダークダックスの懐かしい声もぜひ:
http://www.youtube.com/watch?v=B2F4qqn-RG8

 ダークダックスの喜早さんと、遠山さんは、共に1930(昭和5)年生まれ。
 慶応義塾大学在学中に男声合唱団で出会い、1951(昭和26)年にボーカルグループを結成しました。
 夏は海、冬はスキー三昧で、肌が白くなる暇が無く、ガーガーとアヒルのようににぎやかだったので、「ダークダックス」と呼ばれるようになりました。

 ロシア民謡の「ともしび」がヒットして、1958(昭和33)年にNHK紅白歌合戦に初出場を果たしたほか、当時のソ連などへの海外公演も行うなど、積極的な活動を続けてきました。

 1997(平成9)年に、リードテナーの佐々木行(ささきとうる)さんが病気で歌えなくなり、ことし2011年、トップテナーの高見澤宏(たかみざわひろむ)さんが亡くなったため、ダークダックスとしての活動に終止符をうちました。
 喜早さんと遠山さんに、およそ60年にわたる「ダークダックス」での活動を振り返っていただきます。

(投稿者:NHKラジオ第1スタッフ 投稿時間:2011/11/13(日)04:05「僕らダークダックスの60年〜ラジオ深夜便、11月17日(木)、18日(金)それぞれ午前4時台」)
http://www.nhk.or.jp/r1-blog/050/100423.html

 この喜早さん、こんなことを書き留めていらっしゃいました:

 早春賦(大正2年2月「新作唱歌(3)」
 詞も、春を待つ心をよく描いているが何ともむずかしい。
 「葦は角(つの)ぐむ」とか、「さては時ぞと 思うあやにく」など、今になってもわからない!…
 作詞の吉丸一昌は東大国文出身。
 東京音楽学校では国語の教授を勤めた。
 「浦のあけくれ」のように外国曲に詩をつけた作品が多いのは音楽への理解度が深かったのであろう。
 
 作曲の中田章はオルガン奏者。
 東京音楽学校教授を勤めた。
 現在の抒情歌の代表的作曲家、中田喜直の父親である。

 大正時代の童謡運動のさきがけとして位置づけられている。

…喜早哲『日本の抒情歌』(誠光堂新光社、1983)75-76頁

 「浦のあけくれ」ってどんな歌?

 吉丸一昌作詞 マッジンギ作曲「浦のあけくれ」ですね。
 今は亡き私の祖母もこの歌を口ずさんでいたのを記憶しており、懐かしいです。
 大正から昭和の終戦前までは女学校でよく歌われ、戦後何年かの間は新制中学校の音楽の教科書にも掲載されていたようです。
 後、マッジンギについてはどのような作曲家だったかネットで調べましたが、全く手がかりが無く、何も分かりません。
 一方作詞を携わった吉丸一昌は作曲のみならず、外国の曲に日本人の感性を感じさせる歌詞をつけ、数多くの作品を生みました。
 また学生たちのために出資を惜しまない吉丸だったが、本人の生活は極めて質素だったという。
 また、非常に豪放磊落な人物として知られ、大酒呑みであったとされている。
 そのような生活が災いしてか、1916年3月7日、心臓発作により43歳の若さでこの世を去りました。
 吉丸の音楽家としての活動は、唱歌の成立やその後の日本の童謡などに多大な影響を与えています。
 アップロードした画像は閲覧者も少なく、寂しい限りですが、私個人としては、祖母の想い出と相まって感無量で、コーラスも伴奏もきれいです。

http://www.youtube.com/watch?v=XCmg7DOjDFY

 いったい、どうして早春賦?
 3月15日土曜日が残雪深い外秩父。
 そして一週間もしない3月23日日曜日にしだれ桜が咲き始めた入生田駅、長興山紹太寺を歩いたから、季節のあわいを行ったり来たり。
 そこへ北海道の仲間より春のごあいさつ。
 ヤッホー君のこのブログ、昨年2013年10月6日「駒ヶ岳牛乳」をお読みください。
 仲間からその北海道駒ヶ岳の美しい写真をいただきました:

P3190098.JPG
posted by fom_club at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月25日

いんげんまめ

 江戸時代になって、隠元禅師が持ってきた豆が「いんげんまめ」!
 得意になって仲間たちに話しているヤッホー君!

 諸外国では最も日常的に食べられている豆の一つで、世界中で1000を超える品種があり、その形質は多様である。
 原産地は中米(メキシコ周辺)で、日本には17世紀の中頃に中国から隠元禅師によってもたらされ、その名に因んで「隠元豆」と呼ばれるようになったと伝えられている。
 しかし、隠元禅師が持ち込んだ豆は、実は「ふじまめ」という別種の豆であったという説もある。

 日本での本格的な栽培は北海道の開拓が始まる明治時代に入ってからで、米国産の種子が輸入されて栽培が始まった。
 現在、日本のいんげんまめの主産地は北海道で、国内生産の9割以上を占めている。
 一方、輸入は、カナダ、米国、中国などから行なわれている。

(2011年3月日本豆類基金協会『豆の調理特性データブック』)
http://www.mame.or.jp/cooking/pdf/mamedatabook_all.pdf

 豆はからだにいいのです。
 糖尿病など生活習慣病予防にもなるし、もっと食べていいお豆。
 しかし、この豆の調理で注意することがあります。
 いまは何をするにも簡単便利が好まれていて、「面倒くさい」のは嫌われますが、しかし、山行もそうですが、何事も「準備」を怠ることなきように。
 といっても、簡単なこと、「うるかす」「火をよく通す」だけなんですけど…(「うるかす」って通じますかね、英語でsoak)。
 まずは下ごしらえの大切さについて:

The first method is to boil the beans for two minutes, take pan off the heat, cover and allow to stand for two hours. The alternative method is to simply soak the beans in water for eight hours or overnight, placing the pan in the refrigerator, so the beans will not ferment.

Before cooking the beans, regardless of pre-soaking method, drain the soaking liquid and rinse the beans with clean water.

http://www.whfoods.com/genpage.php?tname=foodspice&dbid=87

 次に十分な加熱処理について:

 先日(2006年)5月6日に白インゲン豆ダイエット法がTBS番組で紹介されたのち、調理して食べた視聴者が多数、嘔吐や下痢の症状を発症し、この原因について専門家や厚生労働省は、加熱不足によって白インゲン豆の含有レクチンが残り、これが胃や腸の粘膜の炎症を引き起こした可能性が高いとの見方を示しました。
 本学人間文化研究科の小川温子教授は、TBS社からこの見方の検証のために、第三者機関として、レクチン活性の残存についてのデータ収集と原因究明の調査を依頼されました。
 小川教授は、研究室の坂上ひろみ研究員と大学院生の吉田奈央さん、旭美穂さんらの協力によって、複数の種類の白インゲン豆について、いくつかの加熱処理に分けて詳細な実験をおこない、加熱処理が不十分な場合のレクチン活性を証明しました。
 そのおりの実験状況や結果の総括などが、6月25日の報道検証番組「TBSレビュー」にて放送されました。
 ちなみにレクチンとは、糖鎖に結合するタンパク質であり、加熱不十分な調理法によって活性の状態のまま人体に摂取されると、上記の症状を起こすことがあると小川教授は語っています。

 小川温子教授の第三者としての検証は、TV放送という公的メディアにとって、科学的知識がいかに重要であるかを再確認する機会になりましたし、またダイエットや調理といった日常的な事柄に、科学的研究が直結していることを、あらためて知る機会にもなりました。

 巷では理科離れが囁かれていますが、むしろ痩身願望や食の多様化が進行している現代こそ、市民一人一人が、物質や健康に関する正確な知識や理科的思考をもつ必要があることが、浮き彫りになりました。

(06.06.28付けお茶の水女子大学News&Info、小川温子教授の第三者専門家としての検証が放映、TBS白インゲン豆事件)
http://www.ocha.ac.jp/news/archive/h180628.html

 豆は豆でも、はっちゃんがカレーに添える豆はなんという豆かな、とおうかがしたところ、これはまた「いんげんまめ」とは違う種の「ひよこまめ」だって…

Chickpeas (Cicer arietinum or garbanzo beans) are large roundish legumes, that look rather like a large round pea with an interesting bumpy surface. A staple of Middle Eastern, African and Indian cuisines, the chickpea is the world's second most widely grown legume after the soybean. Chickpeas store really well, and are high in nutritive value, although they are not very disease resistant, compared to other legumes.
http://archaeology.about.com/od/domestications/qt/chickpeas.htm

 「ひよこまめ」は英語で chickpea、スペイン語も有名で garbanzo bean と呼ばれ、インド人が大好きな豆でした。
 これも一晩水にうるかし、鍋に移して弱火でことこと1〜2時間煮ると柔らかくなる豆。
 そうでしたか…

Garbanzo beans were grown by the ancient Egyptians, Greeks and Romans and were very popular among these cultures.

During the 16th century, garbanzo beans were brought to other subtropical regions of the world by both Spanish and Portuguese explorers as well as Indians who emigrated to other countries.

Today, the main commercial producers of garbanzos are India, Pakistan, Turkey, Ethiopia and Mexico.

http://www.whfoods.com/genpage.php?tname=foodspice&dbid=87
posted by fom_club at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

しだれ桜

 永い時の流れにじっと耐え、2000年もの間、ただ一度さえ休むことなく花を咲かせてきた「山高神代桜」(やまたかじんだいざくら)
 日本三大桜のひとつである。日本武尊が東夷征定の折りにこの地に留まり、記念にこの桜を植えたのだという。
 その後、日蓮聖人がこの木の衰えを見て、回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」ともいわれている。
 神代桜は、村の小高い山高地区にある実相寺で生きてきた。根回り13.5mは、日本一、エドヒガンの古木である。

(山梨県実相寺公式サイト)
http://park8.wakwak.com/~matsunaga/

 樹齢1500余年、樹高16.3m、幹囲9.9mの名桜。
 満開はつややかな白、散り際には淡墨色になることから淡墨桜と名付けられました。
 開花シーズンには、1日8,000人近く訪れます。

(岐阜県本巣市公式サイト、根尾谷淡墨ザクラ(ねおだにうすずみざくら)
http://www.city.motosu.lg.jp/sight/usuzumi/tokucho/

 エドヒガン系の紅枝垂桜(ベニシダレザクラ)で、1923(大正11)年10月12日、根尾谷の淡墨ザクラ・山高神代ザクラなどとともに国の天然記念物の指定を受けた名木です。
 日本を代表する桜の巨木で、日本三大桜の一つに数えられ、岐阜県の淡墨桜とともに東西の横綱に位置づけられています。
 樹齢は1000年以上といわれ、樹高は13.5m、根回りは11.3m、枝張りは幹から北へ5.5m、東へ11.0m、南へ14.5m、西へ14.0mの巨木で、近くから見た姿は圧巻です。

(福島県三春町公式サイト、三春滝桜とは)
http://www.town.miharu.fukushima.jp/soshiki/7/02-0101setumei.html

 昨日の3月23日の日曜日、山歩クラブが出会った「入生田のしだれ桜」。
 もう上記の古木、老木、巨木に比べれば、まだまだ赤ちゃんです。
 なおさら大事に、大事に、皆んなで育てていきたいものですよね。
 まして先輩、先生、先達を差し置いて、「三大桜」とか「五大桜」とかの域にはまだまだ達しません。
 が、しかし、でもね、風格、気品、たたずまいにおいて、決して負けていません。

しだれ桜.jpg

 山歩クラブの歴史散歩、続けて春日局の墓を探しに長興山紹太寺七堂伽藍跡のさらに上、稲葉氏一族の奥津城へ。
 春日局は仲間が発見してくれました。
 平和に眠って、われわれを見守っていてください、とピースサインで、記念の集合写真!

春日局.jpg

 長い石段を下って、長興山紹太寺の称号を継いだ子院、清雲院境内に入ります。
 もう「しだれ桜」が開花しておりましたので、ここでもにこやかに記念写真:

招太寺のしだれ桜.jpg
posted by fom_club at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入生田のしだれ桜

 ヤッホー君たち山歩クラブの面々が、箱根登山鉄道「入生田」駅から向かった先が、長興山紹太寺。
 黄檗宗のお寺さまで、鉄牛和尚さま(1628-1700)が開祖。
 山歩クラブは、しだれ桜の先にある「開山鉄牛の寿塔」に行きました。

 寿塔とは人の生存中に、その人の長寿や功績をたたえて建てられた塔をいいます。
 この寿塔の裏側にこれが1687(貞享4)年、長興山二世超宗らによって建てられたという銘文があります。
 この年、鉄牛は60歳で、つまり還暦を祝った寿塔でした。
 1923(大正12)年の関東大震災にこの寿塔も倒れ、塔心から青銅の二重の筒が出たことがあります。
 内側の筒には60歳の鉄牛の髪と爪が納められ、外側の筒には長文の文字が彫られ、それは鉄牛が1700(元禄13)年に無くなった後の文章でした。

(長興山紹太寺、紹太寺の文化財)
http://www.choukouzan.com/bunkazai.html

 黄檗宗、紹太寺、鉄牛和尚との時系列を整理したいと思います。
 ヤッホー君が言ったのは、「いずれもこれから行く石垣山、一夜城の後、江戸時代になってからの物語の場所です」ということだけ。
 江戸さんからさっそく質問、黄檗宗をもたらした隠元和尚さま(1592-1673)と鉄牛和尚さまとの関係は?
 ヤッホー君、急に黙ってもぐもぐ、…

 現代生活の中では、惣菜に用いる豆の名として知られる「隠元」。
 しかしこの名は、日本仏教史において、否、日本の文化にとって、忘れてはならぬ禅の高僧の名である。
 豆の名は、彼が中国からもたらした、という伝えに由来する。
 名は隆g(りゅうき)、隠元はその字である。
 中国福建省の黄檗山萬福寺の住持として、臨済の正脈を伝えた。

 1654(承応3)年、長崎興福寺の逸然の請によって錫(しゃく)を長崎に移し、次いで摂津普門寺、江戸天沢寺へと移った。
 1660(万治3)年、将軍家綱、隠元のために寺地を山城宇治に寄進、以て一寺を興さしめた。
 中国の本寺に擬して、1663(寛文3)年に開堂されたこの寺が、現存する宇治黄檗山萬福寺である。
 以後長く萬福寺は、中国から来日した僧によってその宗が伝えられた。

 因みに黄檗は、薬用植物「黄膚」(きはだ)の漢名である。
 本寺山中にこの木の多い故に山の名となったと伝える。

 宇治黄檗山萬福寺開創によって、明の文化が日本に流入した。標題の豆もその一つである…
 一方、宇治は古くから茶の産地であったが、萬福寺開創以後はその栽培が盛となり、庶民の中に煎茶を楽しむ風習が広まった…

…沙加戸弘教授、国文学「隠元」『文藝春秋』2010年12月号所収
(大谷大学公式サイト、生活の中の仏教用語、隠元)
http://www.otani.ac.jp/yomu_page/b_yougo/nab3mq0000011463.html

 その宇治黄檗山萬福寺で隠元和尚さまに師事していたのが、鉄牛和尚だったのです。

 江戸時代の初期(寛永、寛文、万治の頃)、小田原藩主であった稲葉一族の菩提寺で、宇治万福寺から招かれた鉄牛和尚が開山しました
(小田原市の公式サイト、小田原の観光)
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/Leisure/aruku/Historicsite/tyoukouzan.html ですので、

長興山.jpg

 普茶料理で知られる長興山紹太寺は、本道ののきに「長興山」の三字を刻んだ扁額がかけられ、まずその字の気はくに圧倒されるでしょう。
 宇治万福寺開山隠元の書で…、

(紹太寺の文化財、長興山紹太寺(旧清雲院)
http://www.choukouzan.com/bunkazai.html
 
 では、いつごろ長興山紹太寺が創建されたのか、ですよね。

 稲葉正則は、1669(寛文9)年、当時城下の山角町(南町)にあった菩提寺を入生田に移転拡大し、長興山紹太寺と名付け、父母と春日局の霊を弔いました。
 往時は七堂伽藍の整った大寺院で、黄檗宗独特の広大な庭園をもち、その美しさは旅人の足をとどめずにはいられなかったと伝えらています。

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/Leisure/aruku/Historicsite/tyoukouzan.html
 ですので、「入生田のしだれ桜」(高さ:13m、枝張りの範囲:直径13m、かながわの名木100選)の樹齢が想定されるのです。

 エドヒガンという彼岸桜の一種に枝の垂れる品種があり、それをしだれざくらまたはいとざくらとも呼んでいます。
 仮に植えられた年を紹太寺が移転してきた1669(寛文9)年とすれば、樹齢は320年以上になります。
 花の見頃は4月上旬の年が多いようです。

(紹太寺の文化財、長興山のしだれ桜)
http://www.choukouzan.com/bunkazai.html
posted by fom_club at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

入生田駅〜早川駅

 皆さん、こんばんは。
 今日3月23日日曜日は山歩クラブのタウンウオークの日でした。
 小田急線新宿駅7時半集合で集まった12人の仲間たち!(ひとり、風邪で欠席になりました、ザンネン)
 箱根登山鉄道「入生田」駅からJR「早川」駅まで歩きます。
 途中寄ったところ:

  (1)「入生田のしだれ桜」(長興山紹太寺のしだれ桜)

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/kanko/Leisure/aruku/Flower/sidaresakura.html

  (2) 太閤一夜城(石垣山、本丸跡241.3m)

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/park/park-etc/ishigaki-p.html

  (3) 小田原漁港


http://www.city.odawara.kanagawa.jp/municipality/industry/fisher/gyokou.html

 ブラ〜リ寄り道、道草、迷い道などしながら「浅き春」を歩いてきました。
 桜の開花にはもうしばらくの春爛漫直前でしたが、午前9時45分から午後4時まできっちり歩き通してきましたのでご報告いたします。
 お昼は、ぽっかぽっか春の陽が差す「神奈川県立生命の星・地球博物館」(小田原市入生田499 Tel 0465-21-1515)前庭にて。
http://nh.kanagawa-museum.jp/information/traffic.html

 なお、4月から大学2年生になる仲間のお嬢さまが、山歩クラブにて山デヴュウ!
 高札の都度、美声、きれいなお声でお読みいただいたり、とてもお世話になりました。
 これを末尾ながら特記事項として付け加えて、どちらさまも。おやすみなさい。
 参加された12名の仲間の皆さん、そして企画立案の江戸さま、大変おつかれさまでした!
posted by fom_club at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

ボルシチ

 昨日は麹町の一元屋さんの「きんつば」のお話でした。
 今日は、ロシア料理の「ボルシチ」のお話です。
 なぜって、これはロシア料理というより、ウクライナの郷土料理なのです。
 つまり「ウクライナ情勢」は他人事じゃないってヤッホー君が叫んでいるのです!

What happens to the food that defines a world when that world vanishes? What happened, in particular, to the dish that was once the common denominator of the Soviet kitchen, the dish that tied together the peasant and the cosmonaut, the high table of the Kremlin and the meanest canteen in the boondocks of the Urals? What happened to the beetroot soup that pumped like a main artery through the kitchens of the east Slav lands? What happened to borshch?

Any quest for the origin of a quintessentially Russian dish such as borshch must begin with Pokhlebkin's culinary masterwork, The Cuisine Of Our Peoples ("Our" meaning "Soviet"). Pokhlebkin immediately acquaints you with a crucial detail: borshch isn't Russian. It's Ukrainian. "One could understand and forgive foreigners for calling borshch a Russian national dish," Pokhlebkin writes, "but when it turns out that they gleaned the information from Soviet cookbooks or from restaurant menus, one is embarrassed."

Pokhlebkin and the Soviet Union are dead, yet Borshchland lives on. Recipes, like birds, ignore political boundaries. Just as the British empire still has a culinary pulse, beating in a curry in Scotland or in the mug of builder's tea with sugar and milk you are handed in some roadhouse on the Karakorum Highway; just as the Ottoman empire breathes phantom breaths in little cups of muddy coffee from Thessaloniki to Basra; so the faint outline of the Tsarist-Soviet imperium still glimmers in the collective steam off bowls of beetroot and cabbage in meat stock, and the soft sound of dollops of sour cream slipping into soup, from the Black Sea to the Sea of Japan and, in emigration, from Brooklyn to Berlin.

…The story of borshch
It's just a bowl of beetroot and cabbage in meat stock. But it was the common denominator of the Soviet kitchen. So what happened to the dish after the collapse of the Union?
(The Guardian, Saturday 15 March 2008)
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2008/mar/15/foodanddrink.travelfoodanddrink

 このボルシチを美味しく食べさせてくれるお店が渋谷にあります。
 「ロゴスキー」です。
 ヤッホー君、お気に入りのロシア料理屋さんで、渋谷に用事があるときはいつも寄ります。

 ボルシチはロシアの最も代表的な料理で、肉と野菜をたっぷり入れた栄養満点のシチューです。
 ボルシチは酸味を加えるためのトマトとビーツによって真っ赤になるのが特徴です。
 当店ではボルシチのベースとなるスープを作るだけで丸1日、お客様にお出しするまで3日間をかけて肉、野菜を煮込むことにより素材の糖質や脂肪、タンパク質といった栄養分をたっぷり抽出していますが、ここでは30分で出来るボルシチの作り方を紹介いたします。
 ちなみにボルシチは正確にはボルシーと言います、ロシア語でスープのことをシーと言い、ビーツで真っ赤にしたスープのことをボルシー(ボル+シー)といいます。

http://www.rogovski.co.jp/

 動画も貼ってある、とてもおしゃれで、とても食欲をそそるサイトでしょ、
 この「ロゴスキー」もパックスアメリカーナ大統領のオサマ氏の発動する経済制裁でボルシチが食べられなくなるのかな、この国のアベノリスクにはもちろん命令し、中国にも行ってタベルナってお願いするのかな、ザンネンだなって思っていたころ、経営者はなんと、日本人でした。

 「渋谷ロゴスキー物語」をお読みください。
 あっ、この記事が投稿されているのは、「渋谷ロゴスキー」の姉妹店「ロゴスキー深沢カフェ」の公式サイト(ブログ)からの引用です。
 いただきに行ってこなくっちゃ、とヤッホー君:

 「オリンピックの今こそ食べておきたい“ソチ料理”」として、肉と野菜の串焼き「シャシリク」と、なすの前菜「クリーミーチーズペーストの焼きなすロール」、ソチのお隣、グルジアのワイン「ムクザニ」と「キンズマラウリ」をご紹介していただきました!(・∀・)
http://ameblo.jp/rogovski-fukasawa/entry-11754693190.html

 じゃ、ないって、こっちでしょ!
 
 2011-03-31 12:01:01
 テーマ:渋谷ロゴスキー物語
 昭和20年代の戦後間もない頃の渋谷。
 焼け野原だったこの渋谷の一角に、曽祖父と曾祖母二人が、始めは生きるため、しかし、結果的には生涯を捧げることとなった渋谷ロゴスキーを開店しました。
 そして、この二人の意思を受け継いで、創業より59年間(東急プラザ店をオープンから40年間)支え、ロシア料理を世に広めた息子夫婦である僕の祖父と祖母。
 渋谷ロゴスキーは今年で創業64周年を迎えました。
 これから、このブログという場をお借りして、戦後間もない頃から今日までの64年間の渋谷ロゴスキーの歴史について、お話をさせていただきたいと思います。
 
http://ameblo.jp/rogovski-fukasawa/entry-10846774094.html
posted by fom_club at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時のとまった町

 昨日のお彼岸、空は晴れてても風が強いし、おまけにヤッホー君のパソコンがまた悲鳴をあげていたんですぅ、実は。
 そこに現れたのが救世主。
 午後の小一時間、パソコンの前でなにやら、パソコンとお話していい子ね、いい子だよってなでなでしてたら、もう復旧したよって、救世主はあっという間に消えていってしまいました。
 お昼寝のうたた寝の間に夢でもをみてたよう、すご〜い。
 実はほかにも6人もの山歩クラブの仲間たちに「パソコン教室」って誘ったけど、祝祭日でも仕事日って方おひとり、ほかはご先祖さまの「お墓参り」で、とお断りされちゃってたんです、すご〜い。
 でも皆んな返事をくれました、すご〜い。
 救世主がパソコンの前にお座りになっている作業中はコーヒー(マレーシア産)とお茶うけに「きんつば」(東京一美味しいとヤッホー君が太鼓判押している江戸銘菓「一元屋」千代田区麹町1-6-6 Tel 3261-9127)、お礼に冷蔵庫からはっちゃんの姉上君の手作りとか探して一袋、皆さんでどうぞってあげただけで、すみません&ありがたい!
 山歩クラブの仲間同士の絆、つながり、助け合いってこうだよね、こうでなくっちゃ。
 良かった良かった、これで時がとまらずに済んだし、一安堵…

 ぐっすり寝た翌朝、つまり3月22日土曜日の早朝、6時のことです。
 今日は、第89回NHK放送記念日。
 いつものようにラジオのスイッチを入れたら「復興へのメッセージ」!
 「“時の止まったふるさとの町”をマンガに」(文星芸術大学学生・鈴木貴久)

http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2014-03-22&ch=05&eid=79322&f=578

 いいお話でしたので日記につけておきます;

 福島県浪江町出身の文星芸術大美術学科マンガ専攻3年、鈴木貴久さん(21)が、東日本大震災で被災した古里をテーマに漫画を描いた。
 タイトルは「はじまらない町」(仮称)。
 東京電力福島第1原発事故の影響で復興が進んでいない現状と向き合った思いを表現した。
 鈴木さんは「福島の復興はこれから。多くの人に今の浪江の姿を知ってほしい」と話している。
 鈴木さんは大学入学を控えた3月11日、自宅で被災。原発事故の影響で、翌日、自宅を離れた。今も居住制限区域に指定され、家族は福島県いわき市での避難生活を余儀なくされている。
 古里を漫画の舞台に選んだのは、所属ゼミ田中誠一准教授(56)の勧めがきっかけだった。田中准教授は「浪江町で生まれ、育った人にしか描けないものがある。鈴木君の使命だ」と提案。大学生活を送る宇都宮市から、報道を通じて浪江を見続けてきた鈴木さんの背中を押した。
 鈴木さんは11月20日、許可を得て田中准教授と2年8ヶ月ぶりに古里を訪ねた。
 母校に行くと、グラウンドの野球のスコアボードに書かれた数字や、倒れた自転車は震災発生時のまま。崩れた家や打ち上げられた船も手付かず状態で残り、鉄道の線路は草で覆われていた。
 漫画はこの体験を元に描いた。
 全24ページの3部構成で、第1部は「時のとまった町」、第2部は「音の消えた町」、第3部は「爪跡の残る町」。
 主人公は鈴木さん自身で、背景には現地で撮影してきた写真を使用。その場所で鈴木さんが感じたことがつづられている。
 第1部は12月20日にも「小学館集英社プロダクション」が運営するマンガを投稿するホームページの Dream Tribe に掲載される。第2部、第3部は年明けの完成を目指し作業を進め、順次、同HPに掲載される予定だ。

(2013年12月13日付け下野新聞朝刊)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20131213/1441045

 中学、高校とも美術部に所属。浪江中時代は週刊少年ジャンプの人気漫画 NARUTO に夢中になった。「こんな漫画を描きたい」漠然とした思いは双葉高に進学してから強くなった。そんな夢の「素地」を作った母校にも足を踏み入れた。
 JR浪江駅前のロータリー、中学正門前の駄菓子屋…。どこに行っても人の気配はない。「生活の『音』が聞こえない。町がまるごと映画のセットみたいだった」中学や高校の校庭もまるで野原のよう。「手入れをしないと草は伸びるんだな」変わり果てた姿があまりにも衝撃的で、カメラを向けた時、そんな言葉が口をついて出た。

(2013年12月14日毎日新聞 東京版夕刊)
http://mainichi.jp/shimen/news/20131214dde041040032000c.html

 ス・ズ・キ・くん、がんばれぇ〜モータースポーツ
 【福島第一原発20キロ圏内へ】第一章 時のとまった町
http://www.dreamtribe.jp/work/work.php?id=18165&t=1

 ちなみに NARUTO って日本だけの人気マンガではありません。ヤッホー君の愛読紙、ガーディアンでもとりあげられています: 

Walk into any large bookshop and you are sure to find colourful shelves packed full of "backwards" stories. For those who don't already know, they're manga comics, and one of their features is that - in keeping with the Japanese originals - they are printed backwards.

So why is manga so popular? We talked to some of the experts to find out more about this booming genre…

Top manga series for teens
1. Fullmetal Alchemist
2. Naruto
Originally a one-shot comic this series is now on it's 64th release and still has a way to go. Naruto is a teenage ninja in training. As a child he was orphaned when his village was attacked by the powerful fox, Nine-Tails and a number of people, including his parents, were killed. Although he doesn't know it to begin with, the fox demon has been trapped within Naruto and he continues his training unaware. The series showcases his training, exams and missions as he grows up.

…theguardian.com, Monday 3 February 2014 11.35 GMT
Cara Fielder
Manga comics: where to start
With manga becoming more popular than ever we take a look at some of the most popular series and recommend top choices for teens
http://www.theguardian.com/childrens-books-site/2014/feb/03/manga-top-ten-teens
posted by fom_club at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

protect mountains, rivers

 どっちがどっち…?!?…シリーズ再開。
 イマ気になる「ウクライナ情勢」。

 米国のロシアへの経済制裁は今月3月6日、17日に続く第3弾。17日にはプーチン大統領側近を含むロシア政府高官らを対象に資産凍結や米企業との取引停止などを科した。
 今回は、この対象に新たな政府高官とプーチン政権中枢を支える個人計20人、政府高官の資金を抱えるロシア銀行も加えた。ロシア銀行は100億ドルの資金を持っているとされる。また、ロシア経済の中心的な金融、エネルギーなどの部門も制裁対象にする新たな大統領令に署名した。

(2014年03月21日01時20分更新毎日新聞【ワシントン西田進一郎】「オバマ米大統領:ロシア高官や銀行、経済制裁第3弾対象に」)
http://mainichi.jp/select/news/20140321k0000m030172000c.html

 ウクライナを口実にしたオバマ・アメリカ派とプーチン・ロシア派とのけんか。
 その上っ面の上澄みだけみて、うわついているととんでもハップン!

 その底にはなにがあるんだろう、と疑問を感ぜざるをえないヤッホー君にこんな現地からの生の声も:
 2014/03/18「ウクライナから現地リポート−戦場ジャーナリスト常岡浩介さんに訊く」
http://8bitnews.org/?p=1819

 このメディアは、ヤッホー君のこのブログ、2013年12月7日付け日記「堀潤」でも取り上げた、あのNHKを退職した堀潤の "8bitnews" にありました。これは:

 オープンジャーナリズム、パブリックアクセスの実現を目指し、1次情報を持った本人が自分自身の手でより多くの人たちに情報を届けるプロジェクトです。
 新聞やテレビ、ラジオの取材がやってくるのを待つのではなく、発信したい情報を自らの手で簡単に発信できる時代です。
 8bitNewsはその手伝いをするプロジェクトです…
  自らが直面した課題や問題。
  多くの人に伝えたい地域の魅力や自分たちの新たな挑戦。
  これは絶対に伝えなくては行けない!と感じた様々なテーマ。
  少しでも現状が良くなればと願う、内部告発。
 ぜひ、皆様の発信の場に利用して下さい!
 当事者一人一人の発信がメディアを変えます。

(堀潤のアメブロ)
http://ameblo.jp/hori-jun-blog/

 ウクライナとクリミアっていっしょになっているけど言葉は違うし、奥が深い地域だよね、だから「米-ロ」という簡単すぎる二項対立で戦争を煽り立てようとする報道にだまされないよう気をつけないと…おぉ〜コワ、コワ〜
 民意も国会も憲法も簡単にスルーして、閣議とか諮問機関とか有識者会議とかで大事な未来が、何でも決められかねない、そんな時代ですよ…おぉ〜コワ、コワ〜

 ここウクライナってチェルノブイリって地獄がなかったっけえ〜 

 「チェルノブイリ」
http://www.youtube.com/watch?v=5WGUbfzr31s

 いまや、といっても10年のことですが、地獄めぐりもできるようになっているらしい、だってキエフから 70Km だから日帰りツアーなんだって…

Mariana Kushnir was just a little girl when reactor four exploded. As with everyone else in Ukraine, it was days before her family had any idea what had happened. She remembers coming home after playing outside with her brother and being caught in the rain, and her mother insisting that they strip and wash all their clothes immediately. She also remembers that for weeks afterwards, not allowed to go outside, they looked longingly through the window at the spring sunshine.

Eighteen years later, Kushnir is PR manager for the Ukrainian tourist board…

The road to Chernobyl, which lies around 70km north of Kiev, winds through a set of country scenes as pretty as they are unexpected.

(The Guardian, Monday 18 October 2004”Postcard from hell”)
http://www.theguardian.com/world/2004/oct/18/nuclear.russia

 この「チェルノブイリ」のあとは「フクシマ」…
http://www.youtube.com/watch?v=fyIBlygNlcc

 山歩クラブが外秩父を歩いていた3月15日土曜日、ロンドンでは…

More than 100 protesters rallied in London on Saturday against nuclear power following the third anniversary of the Fukushima disaster in Japan.

Protesters held placards and banners calling for "no nuclear power", "protect mountains, rivers" and "no new nukes" with signs in English, French and Japanese. As the march progressed through central London, the crowd chanted "no more nuclear" and "no more Fukushima"…

The protesters gathered at Hyde Park Corner in central London before marching past the Japanese embassy and one of the buildings housing the Tokyo Electric Company.

The Green party leader Natalie Bennett spoke of her fears about the impact of nuclear energy in the UK.

"Since the anniversary, I have been reflecting on realities," she said.

"The disaster made 340,000 nuclear refugees. We don't want to see the same thing happening to British cities like Bristol or Cardiff."

The clothes designer Katharine Hamnett called on the crowd to change the current political system.

She said: "I'm calling for a devolution where we have everything decided by referendum and a government like the government of Switzerland. We can do it, and we can do it quite simply."

(Protesters held placards and banners calling for 'no nuclear power', 'protect mountains, rivers' and 'no new nukes')
theguardian.com, Tuesday 18 March 2014 22.16 GMT
http://www.theguardian.com/environment/2014/mar/18/fukushima-disaster-london-rally-anniversary
posted by fom_club at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

北国の春

 3月15日土曜日のチャレンジ山行。
 堂平山頂で朝、小川町駅から白石車庫行きイーグルバスに乗り合わせた別のグループのご一行さまと出会いました。
 山歩クラブは、皆谷バス停から歩きだしましたが、このご一行さまは白石車庫バス停から歩き出し、われわれとは逆のコース、でも午後のこの時分に、堂平山の頂上でお会いするとは思いもよらず、びっくりしたヤッホー君。
 これから笠山に向かって皆谷バス停に向かうのは、もう遅いので避けたほうがよろしいですよ、ここから笠山に向かって下ると笠山峠にでます、峠の林道を越えさらに下ると「白石」の標識があるので、それを下ったほうがいいですよ、とご忠告申し上げました!
 なんでも白石峠で標識を見落とし、「堂平天文台」への山路を間違って逆のほう、「定峰峠」のほうに登っていってしまい、1時間以上のロスをした、とお聞きし、いくらなんでも、さすがのヤッホー君もびっくり。

 平地タウンウオークではしばしば「道迷い」しても、山路での「道迷い」だけは避けるべし、これだけは山歩クラブ創設以来、自分に誓ってきたヤッホー君でした。
 思いだします。あれは何年前のことか、男体山2484m山行でのリーダー、がんちゃんのこと!
 奥日光は湯ノ湖の湖畔の温泉宿に前泊し、寝る前、朝食後、ミーティングでコース説明の確認も徹底したのに、当日、がんちゃんは志津乗越から、裏男体林道を志津小屋、二荒山神社志津宮の祠に入る標識を見落とし、直進してしまったのです。
 あげくのはてに林道は下り坂になります。
 気付いたヤッホー君、すぐにおかしいぞ、どうしてあの標識を分け入らなかったのかと強く詰問し、元来た道を戻ったので事なきを得ました。
 志津から目を凝らして見ていたという地図を見せたので、ヤッホー君、
 「目を凝らして見るのはいいか、周りの標識、踏み跡、行き交うハイカーだろ。
 地図や行程表はアタマに入れておけ、いいか、それと実際に目で見た風景と照合させるのだ。
 確認するにはハイカーに聞け。いいか、五感を総動員させなければリーダーはつとまらないんだよ。
 リーダーはな、いいか、仲間のいのちをあずかってんだからな

 あのときほど、叱り飛ばしたことはありませんでした。
 がんちゃんは、ムカシとった杵柄、あるいはご自分の経験をどっか鼻にかけ、自慢するお方でした。

 また、中高年の場合は救助後、若い頃に大きな山を登った経験や、豊富な知識を披露する人が多く「その割に計画がいいかげんで、酒を飲んでいる人もいた」という
 一方、ファッション性の高い服装の「山ガール」の遭難は「ほとんど扱ったことがない」。
 隊員の一人は「彼女たちはグループで行動し、山の情報収集にも熱心と、山岳用品会社に聞いたことがある。経験が少なくても慎重に行動するから遭難しないのではないか」と話した。

(2014年02月12日付け毎日新聞、都内版【柴田朗】「山岳遭難:奥多摩、過去最悪に。昨年54件63人…先月も5件、目立つ中高年の単独登山事故」)
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20140212ddlk13040135000c2.html

 ま、今日も無事に全員、無事に恙なくお山歩会を終えることができました。
 そんなとき、皆さんの労をねぎらい、自分の疲れをいやすのに湯上がりのビールでの乾杯がサイコウ!
 ですが、今日はバスでなく電車!おがわ温泉・花和楽の湯と小川町駅は離れているので、乾杯は駅で、と相成りました。
 その写真を仲間が送ってくれました:

 こんばんは。
 土曜日は、大変おつかれさまでした。
 残雪が多く、しかし好天で、とても印象深い山歩きでした。
 遅くなりました、巧く写ってるか分かりませんが、清々しいお顔で皆さん、乾杯してらっしゃる写真をお送り致します。
 思い出の1ページにして下さればと。
 またの機会に是非参加させて下さい。


車中.jpg

 今日3月20日木曜日、冷たい雨が降りやまず、寒の戻り?

 前線を伴った低気圧が発達しながら太平洋側の沿岸を進みます。
 雨の中心は西日本から東日本へと移り、大気の状態が不安定な太平洋側では雷雨となる所があるでしょう。
 全国的に風も強まります。
 低気圧が遠ざかると上空には次第に真冬並みの寒気が流れ込みます。
 あすは冬のような天気分布で、日本海側は広く雪や雨が降るでしょう。
 北日本は発達した低気圧の影響が続くため、太平洋側も含め、引き続き暴風や猛吹雪に警戒して下さい。

(2014年3月20日8時16分「不安定な空模様、東北は嵐に」)
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/kimutaka1003/2014/03/20/9221.html

 木五倍子(きぶし)、ハクモクレン、コブシ、マンサクと、春を告げる花果が山郷に咲きだす浅き春が待ち遠しい今日この頃です。
 コブシ…、千昌夫の「北国の春」を3.11前の画像、陸前高田の思い出と合わせてご覧ください:
http://www.youtube.com/watch?v=H-LQEo75tjE
http://www.youtube.com/watch?v=2UmJn7Lv7Zg
posted by fom_club at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

堂平天文台

 かくして残雪のなか、笠山を下り、笠山峠から堂平山目指して登りつめると、スキー場のような広い平原にでます。
 ここで撮った写真は山歩クラブのホームページに載せましたが、ここでもう一枚:

パラグライダー草原.jpg

 そうなんです、ひょこり現れたのが「堂平天文台」(埼玉県ときがわ町大字大野1853 Tel 0493-67-0130 080-2373-8682)!
 われわれの歩いたのは3月15日の土曜日、翌日曜日はな〜んも予定もないし、こんばんはここに泊まって星でも眺めようかな、なんて御仁もおられましたが、この大雪の影響で、ただ今休業中、ザンネン!
 今日3月19日水曜日より営業再開のようなんです!

 堂平天文台「星と緑の創造センター」は毎年3月1日から12月下旬まで営業しておりますが、2月14日(金)の降雪以降、県道大野東松山線及び白石峠から堂平天文台の間の車両通行が難しい状況です。
 このため次の期間中、宿泊施設の利用を休業します。
 同期間中に実施を予定していた星空観望会も中止しますので併せてお知らせします。
 皆様のご理解ご協力をお願いいたします。
 ■ 休業期間 2014(平成26)年3月1日(土)〜18日(火)

http://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=11574
 
 まずは、日本の天文台の歴史を紐解いておきましょう:

 日本では暦の編さんは古くから国家事業で、江戸時代には浅草に幕府の天文台が置かれ、ここで暦が作られていました。

 明治時代に入ると、何度かの変遷を経て暦の作成は内務省地理局の、天体観測は海軍の管轄になります。
 1874(明治7)年、港区の飯倉町3丁目(現在の麻布台2丁目付近)に海軍の観象台(天体や地磁気などの観測を行っていた施設)がつくられました。
 1878(明治11)年には本郷の東京大学でも学生の実習用に観象台が置かれました。
 やがて暦の作成と天体観測は再び統合されることになり、これらを担う機関として、1888(明治21)年、麻布の海軍観象台の跡に「東京天文台」が誕生しました。 明治後期になると麻布周辺の市街化が進み、天文台の観測環境は次第に悪くなっていきます。
 設備が増えて土地が足りなくなったこともあり、「東京天文台」は10年計画で三鷹に移転をすることになりました

 移転中の1923(大正12)年、関東大震災で麻布の施設は大きな被害を受けてしまい、1925(大正14)年に「東京天文台」の観測拠点は完全に三鷹に移りました。

 戦後、日本の天文学は大きく発展し、研究範囲も広がったことから東京大学付属の研究施設を国内外の研究者が共同利用することになります。
 1988(昭和63)年に「東京天文台」は国内のいくつかの研究機関と合併し、現在の「国立天文台」になりました

(公益財団法人 港区スポーツふれあい文化健康財団)
http://www.kissport.or.jp/spot/tanbou/0705/

 ではわれわれのであった「堂平天文台」は、といいますと:

 三鷹の東京天文台では可視光での星や銀河の観測がしにくくなったため、1962(昭和37)年につくられました。
 堂平観測所のある堂平山の空は東京から近いために、岡山天体物理観測所よりは明るいですが、関東平野は冬の天候がよいため、観測には非常に条件がよい場所です。

(埼玉県ときがわ町)
http://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=11574

 そして、

 1962(昭和37)年11月に「東京天文台堂平観測所」としてスタートしたこの施設は、「堂平天文台 星と緑の創造センター」として高原のキャンプ・宿泊ができる施設として生まれ変わりました。
http://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/menutop/menutop.aspx?menu_id=1220

 ところが、なんとわれわれの下町、江東区に「天体観測ドーム付きマンション」ができるんですって、もうビックリ!
 ヤッホー君の両の目からは星が…

 「スカイズタワー&ガーデン」(東京都江東区)は、総合ディベロッパー6社が結集した「東京ワンダフルプロジェクト」の開発エリアに誕生する。
 新交通ゆりかもめ「新豊洲」駅から徒歩5分の緑豊な敷地内に位置する、総戸数1110 戸、地上44 階、高さ約150メートルの超高層マンションだ…
 共用施設は、1階と上層階に集められている。
 1階エントランスを入るとエントランスホールや2層吹き抜けのガーデンラウンジがあり、毎日の生活に便利なコンシェルジュデスクやコンビニエンスストア、さらにキッズルーム、コモンラウンジ、フィットネス&スパ、スタディルームが並ぶ。
 別棟には、パーティールームとカルチャールームを設けたコミュニティハウスがあり、その脇にはバーベキューテラスを備えている。
 眺望が素晴らしい上層階に上がると、43階にはインテリアテイストの異なる4つのゲストルーム、44階にはレインボーブリッジや東京湾などを一望できる2つのビューラウンジ、屋上には広さ800平方メートルのスカイラウンジ、さらに天体望遠鏡を設置した天体観測ドームが用意される
 天体観測ドームの設置はマンションでは極めて稀で、子どもたちの好奇心に応え、親子や住民同士のコミュニケーションを育むことを目指している。

(2013年6月21日付け読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/report/house/20130619-OYT8T00412.htm
posted by fom_club at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月18日

大願成就碑

 土曜日、笠山神社の軒下でドカベンを大急ぎで平らげたあと、ヤッホー君がメモ帳とボールペン持って向かった石碑。
 ひとつは小川町立大河小学校の校歌の刻まれた石碑でした。
 もうひとつは「大願成就碑」。
 これにもびっくりしてしまいました!こんなことが刻まれていました:

 昭和48年10月29日以降中央気象台創設以来の異常旱魃続き農作物は勿論飲料水にさえ事欠き稀有の天災に直面するも尚降雨の気配なき快晴の日々が続いた。
 茲に於いて止むにやまれず18会員相図り古来より信仰厚き笠山神社に雨乞祈願を修業す。
 時に翌年1月20日未明5時登山御来光を拝し慈雨を恵み給わんと救民救済御加護祈願を「雨が立った龍王」と絶叫三唱に及ぶ。
 折しも歳寒の松柏俄かに起り翌21日に大雪となり森羅万象悉く一息の期を得た。
 この霊験顕かなるを感謝と一同連署大願成就の建碑依って件の如し。
 昭和49年5月1日 松本繁夫 田口茂 他9名計11名…


 昭和48年というと、1973年!
 いえ、ほら、その、年齢不詳のヤッホー君がまだ生まれていなかった、とか、もうあの年に隠居生活に突入していたのだ、とかの巷の噂の詮索でなくって、笠山が地域住民にとってはそれほど信仰のお山だったってことの証し!

 つまり笠山神社で絶叫三唱したのです。
 ヤッホー君が山で「ヤッホー!」とご挨拶申し上げているときも、神羅万象に「救民救済御加護祈願」をしているってホント?

 昭和48年というと、1973年!

 この干ばつによる農作物被害は野菜を筆頭に水陸稲、果樹、工芸農作物、飼料作物などに及んだ。
 水稲は一部で干害が発生したが、作柄は作況指数106の「良」であった。
 陸稲は作付面積の多い関東地方および東北地方で干害が発生し作柄が「不良」であったため、全国の作柄は「不良」になった。
 ムギの作柄は全般に「やや不良」であった。
 広島県の日本鋼管福山製鉄所は水不足のため設備を保安する最少規模の操業しか続けられず、神奈川県川崎から船で水を運んだ。
 高松では県の内場ダムが干上がり、市内の一部では終日断水に追い込まれた。
 宇和島では炎天続きで水温が異常に上がり、養殖ハマチが80万匹も熱死した。
 東北地方では仙台以南で干ばつが続き、山形県の上郷発電所をはじめ13発電所が止まり、東北電力の出力が低落した。
 また、福島県ではリンゴの落果が多かった。
 農作物被害:894億円
 算出期間:6月下旬〜9月上旬
 被害地域:北海道〜九州地方(特に東北・関東甲信地方、中国・四国地方)

(農林水産省統計部資料)
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/kanman/1973/1973.html

 それとヤッホー君、ノートしておかなくっちゃ、とぶつぶつ言っていますので…
 
 この先も、ぜひお読みください。
 イマも騒がれているように、そうか、ガッカイもカネ、理研じゃない利権、栄達(地位を得て昇進し名誉を得て表彰される)の亡者たちがうごめくムラ社会、だということが分かります。

http://www.aesj.or.jp/awards/2008/2008-057-058.pdf

 原子力歴史構築賞は、原子力平和利用の進展と定着に、歴史的に重要な意味を持ち、あるいは多大な貢献をしてきた原子力関連施設や事績、資料を対象とし、その果たしてきた歴史的役割を広く学会内外に周知し顕彰するものです。
 日本原子力学会創立50周年を記念し、2008年に設けられました。


 その「原子力歴史構築賞」の栄えある第一回目の受賞者はイマ…

 さいたま市にある三菱マテリアル大宮総合整備センターでは、200リットルのドラム缶換算で3万910本の放射性廃棄物を抱えている。放射線量にすると38ギガベクレル。1秒間に380億本の放射線が出ている計算になる。
 同社の清水正夫所長補佐が説明する。
 「以前、研究開発用に使用したもので、廃棄物の中身は、ウランやトリウムで汚染された土壌が7割で、残り3割は解体撤去した際の設備や作業服、靴などいずれも放射性物質で汚染されているものです。捨て場所がないので、2003年に地下2階建ての保管庫を造り、厚さ4ミリの鉄板でできたコンテナ状の容器に詰めた上で保存しています」
 同社は安全性をPRするため、保管状態を公開する見学会を実施している。
 なぜ、これほどまでに、放射性物質が私たちの身近な場所に"放置"され続けているのか。
 答えは、捨て場所がないから、だ。
 病院などから出る「RI」と呼ばれる放射性同位元素のゴミ以外は、引き受け手がいない。
 放射性廃棄物を保管する事業者は、
「こんなもの持っていたくないが、どうすることもできない」
 と悲鳴を上げている。
 2008年に原子力機構法を改正し、日本原子力研究開発機構が低レベル放射性物質の埋設処分をすることになった。
 日本原子力研究開発機構埋設事業推進センターはこう説明する。
 「埋設処分の方法には、鉄筋コンクリート製の施設の中に埋めるピット型と、浅地中に埋めるトレンチ方式がある。これからドラム缶53万本の埋設処分場を造る計画ですが、場所がまだ決まっていない」
 稼働は早くても2020年。
 まだまだ、核のゴミの増殖スパイラルは終わりそうにない。

(週刊朝日2011年9月2日号(8月23日発売)スクープ!「新しい放射能危機」放置された劣化ウラン、全国195ヶ所に1545万6600リットル分の放射性物質)
http://www16.plala.or.jp/chemicaldays/jishin/110823rekkauran.html

 この「企業」は1973(昭和48)年12月27日に「諸般の事情」で「三菱臨界実験装置」の解体届を提出し、翌1974年3月11日に廃止完了報告を提出したってありますが、「諸般の事情」ってなんだろう?
 「大願成就」した記念の年でしょ!
 それは、《三菱原子炉撤去闘争》のこと?ヒ・ミ・ツ…

 ここいらで植木等(1926-2007)「無責任一大男」(1962年発売、映画『ニッポン無責任時代』も1962年7月公開)にご登場いただいて、皆んなで声合わせて歌ってみましょう:
http://www.youtube.com/watch?v=Dna-edAuFGg


(注)
 三菱原子力工業(株)は、1961(昭和36)年9月、米国WH社(ウエスティングハウス社)と技術提携を結び、加圧水型原子力発電プラント及び同燃料製造の技術開発を進めてきた。
…1966(昭和41)年6月25日付け「原子力産業新聞」第358号
posted by fom_club at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

小川町立大河小学校

 土曜日の小川町、笠山から堂平山へ抜ける残雪のなかのチャレンジ山行。
 まずは皆谷バス停から、笠山西峰へ。

笠山.jpg

 お昼はこの先、東峰は笠山神社で。
 ヤッホー君の弁当は相変わらずのドカベンでしたが、さっさとかきこんでしまって、ボールペンとメモ帳もって石碑に向かっています。
 
 ひとつは、「もえる緑の笠山を…」からはじまる小川町立大河小学校の校歌!
 そうなんです、笠山は麓に暮らす地域住民にとっては、信仰の対象ともいえるのです。

 だって、イマだって、中山間地として厳しい日常生活があるわけですから。
 そんな集落に若者が入っていって、共に艱難辛苦を味わいながら学習する「ふるさと支援隊」が活動しています。
 山、川、森、そうした自然と向き合うことで、若者たちも自然に成長していく、という物語です。
 この大河小学校の通学エリアは腰越地区ですが、その地区の一番奥に腰上(こしかみ)集落があります。
 この集落に入った十文字学園女子大学(狩野ゼミ)の皆さんです:

・ “自然”そのものが私たちの学舎
 都市生活しか経験したことのない私たち学生にとっては、豊かな自然環境を残している埼玉県比企郡小川町に訪ねるということ自体が、大きな意味のあることであった。
 腰上は、中山間地域であり、かつての共同体的な生活を残しているし、住民の結びつきも強い。“生きられた歴史”を学ぶということ以前に、都市部では全く失われてしまった“自然”の価値を否応なく味わうこととなった。
 地域には、北西にそびえる笠山があり、そこから東南方向に注ぐ槻川がある。
 この川は、腰上地域の生活を支えてきたいわばライフラインの一つである。
 ここには蛍が生息し、初夏には蛍の群舞を見ることができる。
 これ一つをとってみても、都市生活者には贅沢なことである。
 春には山菜が採れ、秋にはキノコが採れる。かつてはイノシシが貴重な動物性タンパクをとるための狩猟対象であった。
 こうした中山間地域に存在する“自然”そのものを、その負の側面(自然災害)をも含めて実感できたことが、私たちにとっての財産となっている。

・ 心のふるさととして普及
 腰上で教わったそばづくりを実際に自分の家庭で行なったことで、家族に腰上の文化を知ってもらい、興味を持ってもらうことができた。
 腰上で得た知識・文化や経験を話したり、文字にしたりして伝えることで、多くの人に腰上を広く認知してもらうことができる。
 これからも経験を生かした活動や腰上を語り継ぐことで、腰上を“心のふるさと”として親しみを持ってもらえるように活動していきたい。

…2012(平成24)年3月、2011(平成23)年度中山間地域ふるさと事業調査研究業務(小川町腰越地区ふるさと支援隊)活動調査報告書

 この報告書は次のような「まとめ」かたで終わっています。
 終わりですが閉じられてはいません。
 たすき掛けで次の若者たちに託されていきます:  

・ 地元における生活価値の再認識―「励まし合いの連環」
 地域に生活している皆さんは、意外なほどに謙虚であり、故郷であるこの地域についても、何も自慢することはないとおっしゃっていた。
 しかし、私たち学生から見れば、たとえば、厄払いの行事で竹製の駕籠(かご)を作り、子どもたちがそれを担いで村の境(道祖神)まで捨てに行った話や家を建てるのに地域の人たちが共同で山から木を切り出した話などは、本当に驚くことばかりであり、こうした事実を次世代へ伝えていく必要を強く感じた。
 そして、こうして地域の皆さんにとっては、当たり前の、ごく普通の歴史が、私たち学生を驚かせたり、感動させたりする事実に、地域の人たちが興味を持ち、そして、話すうちに、次から次へと過去のことを、まるで糸を紡ぐかのように語り出す。
 私たちが通うにつれて、私たちの訪問を心待ちにしてくださるようになり、また、話すうちに元気になっていかれる皆さんの姿は、本当にこの活動をやってよかったなあと私たちを励ます。
 いわば、励まし合いの連環のようなものが、腰上と私たち学生との間に生じている。

http://www1.pref.saitama.jp/uploaded/attachment/491278.pdf

 十文字学園女子大学のあとには、独協大学の学生30人が…:

 2月18日火曜日、小川町腰中地区
 同地区が大雪に見舞われたのを受けて、日常生活をいち早く取り戻していただくため、小川町総合福祉センター(パトリアおがわ)から腰中集落農業センターまでの歩道(800メートル)の除雪を行ないました。

(埼玉県公式サイト、中山間「ふるさと支援隊」が除雪活動を実施)
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/shientai/josetsushientai.html
posted by fom_club at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

比企三山

 2002年秋に山歩きを開始した山歩クラブ。
 会として公式の第一回山行は、山梨県北杜市にある標高1660mの日向山。
 八つと甲斐駒の展望台の山を山歩クラブ・デヴューの山としてありますが、実はすでに奥武蔵の山歩きからはじめていたのです。
 奥多摩より空が広く明るく、のどかな田園がひろがり、住民のおもてなしの心が行き届いた暖ったかそうな奥武蔵。
 ふるさととの絆を断ち切られてしまったヤッホー君を、とても落ち着く風景が、いつも待っていてくれていました。
 クルマで行っても電車で行っても、その起点は小川町駅でした。
 駅前に観光案内所があったはず。
 懐かしき小川町。
 だって、大峰山293mも、物見山286mも、仙元山298mも、官ノ倉山344mも、大霧山767mも歩いているのです。
 大霧山への粥新田(かいにた)峠の茶店は、ヤッホー君の寒いこころをいつも照らしてくれている灯りなのです。
 小川町ではうわさの「忠七めし」(日本五大名飯のひとつ、なんですよ)もいただきました。

 「忠七めし」は気骨ある料理人だった当家八代目館主・八木忠七と明治の偉傑・山岡鉄舟居士との出会いから生まれました。
 鉄舟居士は父の知行地・小川町竹沢を訪れる折々、必ず当館に立ち寄られ忠七の調理する料理を食べながら酒を飲まれるのが常だったということです。
 ある日、忠七に向って居士は「調理に禅味を盛れ」と示唆され、それを受けた忠七が苦心に苦心を重ねた上創始致しましたものが「忠七めし」でございます。  
 鉄舟居士が極意を極めた「剣・禅・書」三道の意を取り入れ、日本料理の神髄である「風味と清淡」とを合致させたものでこれを居士に差し上げました。
 ところが、「我が意を得たり」と喜ばれて、「忠七めし」と名付けられました。

(割烹旅館「二葉」)
http://www.ogawa-futaba.jp/index.htm

 「パトリアおがわ」の立ち寄り湯にも寄りました。

 介護予防サービスをはじめとする地域支援事業や高齢者の在宅福祉事業など行なうとともに、健康づくりを推進するため、健康増進センターを設置し、母子健康手帳の交付、乳幼児健康相談などの母子保健事業や各種がん検診や健康相談などの相談事業を行ないます。
 また、社会福祉協議会や高齢者の生活を総合的に支えていくための拠点となる地域包括センター、生活介護事業所「けやき」、児童館などの福祉施設の機能と、プール(20m×8m)・浴室(男女共35名程度)・貸館として生きがいホール(300席、注)・会議室などを備えた総合福祉施設です。
 また、食事や交流室でのカラオケなども楽しめますので、のんびり出かけてみてはいかがですか。

(小川町公式サイト)
http://www.town.ogawa.saitama.jp/info/shisetsu/shisetsu01.html

 今月3月3日の清洲城「雛まつり」の振る舞い酒は「帝松」だったのを覚えていらっしゃいますか(ヤッホー君のこのブログ、3月4日付け日記「命ありがとう」をご参照ください)。
 はるちゃんと山歩きして駅にたどり着いて、「おがわ温泉・花和楽の湯」への行き方を聞いた町の方が、ご親切にもわれわれをクルマで案内してくださったときもありました。
 
 今年3月の番外編チャレンジ山行は、笠山、堂平山のコースでした。
 今年は春の残雪が多く、足を延ばすことは避けましたが、これに大霧山を加えると、「比企三山」チャレンジ山行、もしくは山歩クラブはじまって以来のトレランにチャレンジ山行することも夢ではないな、と実感して帰ったのです。

 だってヤマレコには、こんな記録が…

 皆谷バス停 7:20 → 8:30 笠山山頂 →
 8:45 笠山峠 → 9:10 堂平山山頂 9:40 →
 9:50 剣ヶ峰 → 10:00 白石峠 →
 10:45 定峰峠 → 11:20 旧定峰峠 →
 11:45 大霧山山頂 → 12:20 粥仁田峠 →
 12:55 橋場バス停

http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-52496.html

 あのぉ、ヤッホー君、あのね、ヤッホー君、昨日の山行の出だしは皆谷バス停9時40分だったでしょ。
 ということはこのハイカーのように歩けたとして、橋場バス停着は、3時20分。
 つまり、昨日は白石峠から定峰峠に向かわずに峠を降りて白石バス停に向かいました。
 で、着は同じく3時20分(バスは満員で立ちっぱなし)。
 ということは、白石峠からもうひとつ山を上り下りして、橋場バス停に3時20分に着いて、白石車庫バス停発3時半のバスに乗るってこと、大丈夫かな…


(注)
 おがわ町九条の会主催、小川町・小川町教育委員会後援「第8回町民コンサート」が、来月の4月5日土曜日に開催されます。
 この主催団体は、「武蔵の小京都」の意地をみせてくれております:

 「おがわ町九条の会」が、大江健三郎・三木睦子さんたち9人の呼びかけに応え、皆さんの賛同を得て2005年8月発足してから三年半余がたちました。
 この間、ニュース(九条の会だより)は66回発行され、新聞折込や手配りで小川町内に配布し、会員にお届けしてきました。
 会員は430名と人口比で見れば全国有数の「会」になっています。
 あらためて思うのは、町には、素晴らしい人がいっぱいいるということです。

「平和の世界を孫・子の代まで」そう願う大ぜいの人たちに支えられて活動が続けられてきました

http://www.ogawa9jo.com/
posted by fom_club at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

笠山・堂平山コース

 こんばんは。
 今日3月15日の土曜日は山歩クラブのチャレンジ山行の日。
 天候晴れ、空は春の近いことをしめしてくれるような青い色。
 朝7時半の東武東上線池袋駅集合です。
 さすが、7人の侍、時間前には集まりましたので、7時半発の小川町行き快速急行電車に乗車することができました。

 今日はもともと、「正調・笹尾根」企画。
 原案ではJR五日市線武蔵五日市駅から上川乗バス停へ。
 そこから歩き出し、土俵山、丸山、槇寄山1188mと縦走して、仲の平から温泉センター・数馬の湯で汗を流してJR武蔵五日市駅に戻るコースを考えていましたが、2月の大雪で、われわれには無理と判断して、山域を変えたのです。

 そこで東武東上線小川町駅からの「外秩父は笠山・堂平山コース」を歩いてきた、とこういうわけでございました。
 小川町駅で下車してバスで皆谷バス停まで乗ってそこから歩き出しです。
 今年の春は遅く、山路は雪で覆われ、かなり難儀しました。
 でも幸いなことに、アイゼンをつけるまでにはいたりませんでした。

P1000414 (2).jpg

 笠山837m、笠山神社で昼食、堂平山875.8m(上の写真)、そして白石峠から白石車庫バス停まで。
 3時半のバスに乗車してから、立ち寄り湯を「おがわ温泉・花和楽の湯」にして池袋に戻ってきました。

 参加された仲間の皆さん、大変おつかれさまでした。


 参加できなかった仲間からは、こんなメッセージがさっそくはいりました:

 おつかれさまでした。
 山道、大変の様子、おつかれさん。
 ゆっくり疲れを取ってください。
 私の方も朝から、孫の応援。
 おかげさまで、2連勝し、次のステップに進められるようです。
 声をからし、応援して来ました。
 娘の時とは、一味違う応援でした。
 ほぼ1日がかりの応援でした。
 お互いに、おつかれさまでした。
 今日は良い天気に恵まれました。次回もお天気にめぐまれますように。
 次回もお気をつけて、行ってきてください。
posted by fom_club at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

Tribute to MH370

 いったい、どこに飛んで行ったんでしょうか。
 空を飛ぶ鳥たちに聞いても分からない。
 海を泳ぐ魚たちに聞いても教えてくれない。
 あの雲も消えてしまった。
 あの星たちももういない。
 このまま天使のナビにしたがって飛び続けていってくださいね。
 大空を駆けてゆく銀色の翼よ、
 大きく広げて、思いっきり羽ばたいて:

PUTRAJAYA:
"Colourful birds expanding your wings to fly, tell us if you have seen our flight in the sky?"

That was a translation of the opening for a touching two-minute Tamil song that embodied hope for the safe return of the missing MH370.

The song titled Pray for Hope: MH370 was written and composed by Malaysian artistes Jay and Arulselvan Selvasamy, and uploaded onto YouTube on March 13. As of 4pm Friday, the video has garnered 90 Likes.

The lyrics by Arulselvan call on the missing passengers to "come to clear the tears of your loved ones", and for God to "show your mercy for their safe return."
YouTube user Sivakami Cassandra said the song was very touching and a great effort by the musical duo. "We live by faith and not by sight," she added.

Another user, Kar Lee said "very touching song and beautiful video. Love to everyone who has missing family and friends."

(Updated: Friday March 14, 2014 MYT 4:54:03 PM The Star, Missing MH370: Message of hope on YouTube video clip)
http://www.thestar.com.my/News/Nation/2014/03/14/Missing-MH370-Tamil-song-embodies-message-of-hope-on-YouTube-video-clip/

 皆んな、無事に帰ってくることを祈っています。一人でも祈ると希望がひとつ増えますって。
 生還を祈る歌を聴いてください:

Tribute MH370 "Come Back Home" cover version
http://www.youtube.com/watch?v=YmLMNwXBX6U

Tribute to MH370
http://www.youtube.com/watch?v=5B4AYOe25oQ

Wings of Grace
A song to help us mourn and give us hope regardless of nationality, race or religion
http://www.youtube.com/watch?v=aIZM3IKLZlo

MH370 Please Come Home, We Wish To See You Again

CRIED EVERY DAY BECAUSE I WANT THEM TO BE SAFE... BUT WE CAN'T CONTROL THEM... LET'S HOPE MH370 WILL BE FOUND. EVEN THOUGH PEOPLE SAID THEY HAVE DIED, THE RESCUERS DID NOT FIND ANY BODY OR WRECKAGE, THEY DID NOT EVEN CONFIRM THE WRECKAGE...

WE HOPE YOU ARE SAFE AND PLEASE COME BACK.
WE MUST NOT LOSE HOPE WHEN OTHER PEOPLE LOSE HOPE! KEEP ON SEARCHING!!!

http://www.youtube.com/watch?v=Lk-iPfAo1Kc

 カナダ紙グローブ&メール紙のビデオをぜひご覧ください:

Missing flight 370: A look at how planes are tracked mid-air
http://www.theglobeandmail.com/news/news-video/video-the-science-behind-tracking-a-missing-plane/article17476835/

 カタールの非営利の衛星放送、アルジャジーラ紙のビデオもご参考ください:

The US navy has ordered a ship to the Indian Ocean to search for a missing Malaysian airliner amid reports the plane kept "pinging" a satellite after losing radar contact.

The focus of search efforts shifted on Thursday from the South China Sea after the White House said "new information" indicated that Malaysia Airlines Flight MH370, with 239 on board, may have gone down to the west in the Indian Ocean.

Malaysian authorities expanded their search for the plane westward towards India, based on reports that it could have flown for hours after it last made contact.
US navy ships join search for Malaysian jet.

Focus of efforts shifts from South China Sea to Indian Ocean as authorities expand search amid conflicting information.

Last updated: 14 Mar 2014 03:42
http://www.aljazeera.com/news/asia-pacific/2014/03/us-navy-ships-join-search-malaysian-jet-201431424642950660.html
posted by fom_club at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊方原発

 そうか、千葉県・伊予が岳の「伊予」は、7世紀には成立していたという四国の古い行政区、伊予国の「伊予」とも関連してたのか、と思いつつ、昨夜はいつものようにもう10時には眠りについたヤッホー君、消し忘れたNHKラジオから「緊急地震速報」が流れ、安眠を破られてびっくり!

 3月14日午前2時6分ごろ、伊予灘を震源とする地震があり、愛媛県西予市で震度5強の強い揺れを観測しました。
 また、県と四国電力は、伊方原子力発電所の設備に異常がないことを確認したということです。

(3月14日07時13分NHK松山放送局、愛媛県のニュース「西予市で震度5強の地震」)
http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsuyama/8005965511.html?t=1394752777943

 そうなんです。ここには伊方原発があります。
 地震と言えばムカシは震源地は、震度は、津波は、だったのに、イマは、原発は、ともうひとつ心配の種が増えてしまいました。
 福島原発であのメルトダウンした燃料の塊りがどこまで地中深く、もぐり込んでしまったのか行方不明、
 さらに汚染水を貯蔵する地上タンクが漏れたり、満水であふれたりするあっちゃならないミステーク、
 そのタンクを設置する場所が手狭、
 県内、国内がタンクでいっぱい溢れるみたいなマンガチックな事態だって想定内、
 高レベル放射性廃棄物処分場も定まっていない、
 トイレのない家に住まわせておきっぱなし…
 なのに、再稼働に動く「原子力ムラ」のボス共、良い加減にしてほしいのですけど…

 そうなんです、ここには伊方原発があるのです。

 原発の安全性に四国の多くの住民が不安を抱き、「脱原発」を求める世論の強さがあらためて裏付けられた。
 四国4県の新聞社と共同通信社が合同で行った世論調査で、四国電力の伊方原発(愛媛県伊方町)の再稼働に6割以上が反対した。本県は最も反対が多く7割近くに上った。
 四電は昨年2013年7月、原子力規制委員会に伊方3号機の安全審査を申請している。審査中の9原発の中では、進行が「先頭集団」に入っているとされる。
 福島第1原発事故後、四国全体の住民の思いを集約した調査は初めてだ。住民の6割超が伊方再稼働に反対した事実は重い。政府や四電は、この民意をしっかり受け止める必要がある…
 安倍首相は民主党政権が掲げた「2030年代に原発ゼロ」政策を転換した。ただ、原発依存度を減らすとしながら、その道筋を示していない。調査では、半数以上がこの政策転換を評価しないとしている。国のエネルギー政策はどこへ向かっているのか。国民に示す義務を忘れてもらっては困る。

(2014年2月4日8時8分高知新聞【伊方原発再稼働】反対6割超の民意は重い)
http://www.kochinews.co.jp/?nwSrl=315056&nwIW=1&nwVt=knd

 愛媛県は2月17日、四国電力伊方原発で重大事故が起きた際、原発から半径30キロの「緊急時防護措置準備区域(UPZ)」内の住民13が避難するのに、最短でも6時間15分かかるとするシミュレーション結果を盛り込み、広域避難計画を修正した。
 シミュレーション結果はこれまで東北電力女川原発のある宮城県など、4道県が公表しているが、避難計画に反映させたのは愛媛県が初めて。
 試算は国のガイドラインに基づき、平日の日中に事故が起き、半径5キロ圏と5〜30キロ圏に段階的に避難指示が出されたと想定。圏内の住民40%が自主避難し、全住民が自家用車を使用すると仮定した。/ins> 

(2014年2月17日17時39分高知新聞「13万人避難に最短でも6時間/伊方原発の事故想定」)
http://www.kochinews.co.jp/?nwSrl=446579&nwVt=npd

 全住民が自家用車を使用するって、じゃあ、
 クルマを運転できない高齢者、乳幼児、
 お父さんが働きにでてて、おなかに赤ちゃんがいたり、乳飲み子を抱えたお母さんとか、
 まるで眼中にないのかな、お役人さまのアタマには…
 それに、この3号機ってプルサーマル…?!?…

 四国電力が伊方原発3号機で計画しているプルサーマル発電に使うウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料がフランスから間もなく到着する。来年2010年2月にも始まる発電を前に、プルサーマルの背景をさぐった。
 原発で使うウラン燃料のうち、95〜97%を占める燃えにくいウラン238は、燃焼中に1%程度が燃料として利用できるプルトニウムに変わる。プルトニウムは核兵器の材料にもなることから、国は「余剰分は保有しない」と国際公約しており、燃料の製造、再処理、廃棄の「核燃料サイクル」を策定した。
 使用済み燃料を再処理すると1〜2割のウラン資源節約となり、高レベル放射性廃棄物も減らすことができる。高速増殖炉でのプルトニウム利用を目指していたが、原型炉「もんじゅ」(福井県)が14年前のナトリウム漏れ事故以降、運転を停止。脚光を浴びたのが“傍流”だったプルサーマル発電だった。
 プルサーマルは、プルトニウムとウランを混ぜ、通常の軽水炉(サーマルリアクター)で使うことから造語された和製英語。軽水炉でのMOX燃料使用は、世界で計57基、6018体の実績がある。エネルギーの国内自給率は4%にとどまり、伊方原発の柿木一高所長は「核燃料の有効活用は不可欠。プルサーマルは実績もあり、安全性は十分確保できる」と力を込める。
 また、地元の伊方町は、プルサーマル導入に同意した地域を対象に創設された核燃料サイクル交付金に熱い視線を注ぐ。
 原発関連施設の固定資産税などで潤った旧伊方町は県内唯一の地方交付税不交付自治体だったが、税収は年々減り、合併で新町となった2005年度には交付団体となった。運転開始後の5年間に、国から県に交付されるのは計60億円。分配は県が采配を振るうため、町幹部は「どこまで当てにできるのか」とつぶやきながら、その行方に注目する。

(2009年5月23日読売新聞「安全性確保第一に、プルサーマル来年2月にも始動<上>」)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/feature/matuyama1242997887515_02/news/20090522-OYT8T01004.htm

 おお、コワ、コワ、クワバラ、クワバラ…

 「目の前を走る中央構造線の巨大な活断層が、伊方原発にどういう地震をもたらすのか。福島第1原発の事故を教訓として、見直しの必要性がクローズアップされている」
 2011年5月7日、愛媛県砥部町であった講演会。原発の危険性を訴えてきた元京都大原子炉実験所講師の小林圭二さんが警告を発した。
  中央構造線とは関東から九州まで全長1000キロ以上も続く日本最大級の断層だ。そのうち紀伊半島から伊予灘に至る断層は350キロに及ぶ。伊方原発から北側を望んだ海域では、沖合数キロの海底を佐田岬半島と平行して走っている。
  伊方原発を襲う地震で最も怖いのは、東南海・南海地震ではなく、この伊方沖を走る中央構造線の断層による地震。阪神淡路大震災のように、直下型の強烈な揺れが伊方原発を突き上げることになる。…

 【伊方原発】
 愛媛県伊方町に立地する四国唯一の原子力発電所。
 1977年に1号機、1982年に2号機、1994年に3号機が運転を開始、現在は四国の電力の約4割をまかなう。
 合計出力は202万2000キロワット。
  国内の商業炉は、原子炉内の水を直接沸騰させてタービンを回す「沸騰水型」と、原子炉内で熱した高温高圧水で放射能を含まない別系統の水を沸騰させる「加圧水型」がある。
 伊方は加圧水型。福島第1は沸騰水型。

(2011年6月12日付け四国新聞掲載、取材:八塚正太、福岡茂樹、山田明広)
http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/555/
posted by fom_club at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

房総に春を探して山行

iyo-2.jpg

iyo-1.jpg

iyo-4.jpg

iyo-3.jpg

 月例山行で千葉県・南房総市の伊予ヶ岳3366m、お疲れさまでした。
 山歩きの後は、おまけで、大型観光バスと行く先々でいっしょになり、われわれも観光ツアーご一行さまでしたね。
 房総地域は、高い山がないので、どうしても観光気分の山行になってしまうのは致し方のないことかもしれませんね。
 そして、われわれの心強い守護人、武田大神様!
 私も飲み比べで違いの分かる男になれれば、GOODなのですが、まだまだその域に達していません。
 酒蔵での試飲を通してそれも改めて感じている自分がいました。
 山歩クラブに入会して以来、会長さんのお陰で(酒の美味しさを身をもって知らされる)、だいぶ酒量と強さが相乗効果で倍加する気分の良いお酒の飲み方を教えて貰いましたよ。
 毎月、われわれ仲間のために、楽しい山行を企画して頂き有難う御座います。
 私もこれから、可能な限り参加し、手助け出来れば嬉しい限りです。

(2014年3月11日 火曜日 午後8:17)

 北峰から南峰をふりかったとき。
 岩肌からせり出した、大きな岩が今にも、転げ落ちそうな姿が目に飛び込んできました。
 圧巻でした。
 クサリを伝ってやっとの思いで頂上、思わずバンザーイ。
 達成感を味わいました。
 心地よい汗を流した後のにぎり寿司は、これまた格別、新企画、大成功でした!

(2014年3月12日 水曜日 午後7:59)
posted by fom_club at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

農村公園

 お役人さまが「農業振興」とお題目を唱えるとこんなふうになりますという事例を3題ご報告します。

 「島内のコメや野菜の販売促進にもつながる」
 建設費4億2000万円。1995年、能登島(石川県七尾市)にオープンしたレストラン併設の2階建て観光物産館「交流市場」(道の駅)も、農林水産省の予算獲得の常とう句「農業振興」が名目だった。
 館内。北陸地方の民芸品や海産物などをかき集めた売り場の隅っこに、農産物産直コーナーはあった。面積は売り場の10分の1程度で「販売促進にもつながる」というには無理がある。
 建設時を知る旧能登島町農林課職員(60)は「観光に使える国の補助事業を探していたら、農業予算が利用できた」と振り返る。
 能登島では1982年に「能登島大橋」が開通して島と陸続きになると、観光開発に力を入れ始めた。ガラス美術館、水族館、ゴルフ場などを次々と誘致。島が衰退する農業から観光へとかじを切ったにもかかわらず、国の農業予算はさまざまな名目で漫然と流れ続けた。
 旧能登島町幹部は「農業予算はいろいろ使えてメニューが豊富だった」と打ち明ける。
 大橋完成で、島は国の補助金が手厚い離島振興法の適用対象から外れた。とって代わったのが農業予算。過疎の農村の要望をかなえてくれる新たな“打ち出の小づち”となった。
 農水省の事業といえども地元負担分があるが、それも国の支援がある過疎債の発行でまかない、「元手が必要ないからタダ同然。どんどん申請できた」と元幹部は話す。
 農水省が地方で推進した「農村公園」は島内に5カ所。そのうち3つが「美しい村作りモデル地区整備事業」で、残り2つは「農村総合整備モデル事業」として建設された
 北陸農政局の担当者も「事業の名目は違ったが、結果的には同じものができてしまった」と認める。集会所もキャンプ場も農業予算。先行きの見通しがたたない島の現実に目をつぶり、「農業振興」を名目に事業を乱発した結果だった。

(2009年3月23日付け中日新聞【農は国の本なり】「第3部・バラマキの果て(3)農業予算で事業乱発」)
http://www.chunichi.co.jp/hold/2009/ntok0083/list/200903/CK2009032302000195.html

 富士吉田にある農村公園は、周りを田んぼでかこまれたのどかな自然のなかにあります。
 大きな東屋があるので、ゆっくりとお弁当を食べてもいいですね。
 公園をさらさらと流れる小川は水車小屋まで流れ込み、昔ながらの原風景を楽しむことが出来ます。
 晴れている日は富士山も綺麗に顔をだし、絶好のビューポイント。
 家族そろってのんびりと充実した時間をお過ごしください。

(富士の国やまなし観光ネット、農村公園)
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/spot/p2_3640.html

 山歩クラブは依然よく栃木県宇都宮市近郊に足を延ばしていたことがありました。
 宇都宮餃子を食するのが目的だったのかも…
 でも、宇都宮アルプスの帰りにも、古賀志山の帰りにも寄った温泉がありました:

 宇都宮市農林公園ろまんちっく村」は、市制100周年記念事業として、1996(平成8)年9月にオープンしました。
 2012(平成24)年9月には、市内初の「道の駅」としてリニューアルオープンし、市外からもたくさんの方々にご来園いただいております。
 総面積41ヘクタールの広大な敷地の中に、地元産の農産物や土産品などが揃う「あおぞら館」、地元産食材をふんだんに使った料理や園内で醸造された地ビールを味わえる「麦の楽園」、熱帯温室がありイベントも行われるガラス張りの「ローズハット」、園内で湧出する温泉と屋内プールが楽しめ、10室の客室を備えた「ヴィラ・デ・アグリ」など楽しめる施設がたくさんございます。
 また、さつきアンド花フェアや農林業祭、ろまんちっく村花火イリュージョンなど、年間を通して楽しいイベントがたくさん行われています。

(道の駅うつのみや・ろまんちっく村)
http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kanko/kankou/spot/028061.html
posted by fom_club at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

河津桜は頼朝桜

 房総の伊予ヶ岳お山歩会。
 ヤッホー君、この企画を引き継いだ時に、登山後の散策を「農村公園」にしましたが、実はあの桜を見て失敗、失敗、大失敗と思っていたのだそうです。
 皆んなは道の駅に行ってお買いもの(なばな、かな?)、とはしゃいでいたのでしたが、なんか、「農村公園」にこだわっていました。
 水車があって(まわっていませんでした)、池があって鯉が泳いでいて、立派なトイレがあって、とま、農水省のお役人が机の上で考え設計し、予算をばらまいた定型、典型的な「農村の原風景」。
 絵本から飛び出してきたような公園でしたが、足元を見ると…
 散策路も草原も見分けがつかないように雑草が生い茂っている原っぱに変わり果て、集落が草刈りや保全活動、情報活動などに汗を流しているというより、作りっぱなし、やりっぱなしのような印象がしました。
 その意味では良い視察を行なうことができました。

 それに比べるとやはり、足をのばすべきだったかな、早咲きの桜の里。
 ね、房総では、「河津桜」のことを「頼朝桜」と呼びならわしておりましたよ。

 日本一の桜の里づくりを目指している鋸南町で、役場玄関前の河津(かわづ)桜が五分咲きとなり、ライトアップが始まった。3月9日まで。
 河津桜は2002年、静岡県河津町から寄贈された。鋸南町ではこの桜を伊豆の戦いで敗れて安房に逃れ、再起を図った源頼朝にちなんで「頼朝桜」の愛称で大事に育てている。
 町では現在、寄贈された原木から苗木を育て、町内に約1万4千本を植栽している。町職員によると「日中の天気がよいと淡紅色の花のミツや花を求めて鳥がよく来ます。ライトアップは午後6〜8時まで。今後の開花状況次第では3月9日以降も続けるかもしれません」と話す。
 また、保田川の権現橋周辺では3月8日、竹灯籠で河津桜をライトアップする催しも計画されている。

(2014年2月28日付け東京新聞・福原康哲、鋸南「頼朝桜」ライトアップ)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20140228/CK2014022802000118.html

 なんですって、竹灯籠で河津桜をライトアップする催し?

 第7回竹灯篭まつりを実施しました。 極上の夜に感謝。
 2014-03-08 23:51:48活動ほうこく
 本日、竹灯篭まつりを開催しました。

 満開の桜、お天気もよく、風もなく、無事に開催できました。
 こんな3拍子揃った夜は私たちにとって最高の夜です。
 皆様、ご来場ありがとうございました。また点灯式やイベントにご参加いただき、重ねてお礼申し上げます。
 今晩はメンバー一同、片づけのあとに極上のお酒をいただくことができましたよ。
 たくさんのみなさんに感謝申し上げます。

(保田川・頼朝桜の里づくり実行委員会、ひと夜限りの『保田川頼朝桜の里 竹灯篭まつり』を開催!)

 頼朝桜の愛称の鋸南町のカワヅザクラ。
http://blog.goo.ne.jp/yume-hiraki

 挿入歌は『恋桜(こいざくら)』作詞作曲歌 とも風さん
http://www.youtube.com/watch?v=a-uHx3le0MU

 鋸南には、ほかにもこんなラップの歌も:
 鋸南乃風2011「水仙花」
http://www.youtube.com/watch?v=MFKLNz-0zJE&feature=mr_meh&list=FLWZPtOb1Y4jo&index=13&playnext=0

 山歩クラブの山歩きが3月9日(日)でしたから、一日前のことですが、まだまだありますよ:

 きょなん町観光協会、新着情報「桜・桜まつり」
http://www.awa.or.jp/home/kyonankk/

『頼朝桜』(河津桜)早咲き桜/鋸南町役場・保田川・佐久間ダム公園
http://www.youtube.com/watch?v=SM7HLZnnDPQ

 アクセスはこちらで:
http://www.okuzure.com/access/
posted by fom_club at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

福島原発事故3年

 どっちがどっち…?!?…

 政府は、東日本大震災の発生から3月11日で3年になるのを前に10日、総理大臣官邸で、安倍総理大臣とすべての閣僚が出席して、復興推進会議と原子力災害対策本部の合同会議を開きました。
 この中で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、福島県田村市の一部に出されている避難指示を、来月4月1日付けで解除することを決めました。
 避難指示が解除されるのは、事故後、初めてとなります。

(3月10日18時58分更新NHKニュース「首相 閣僚に復興の加速化指示」)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140310/t10015867661000.html

 どっかの国の格調高い朗読調のような大本営発表となりさがってしまったこの国の公共放送。
 それとはちがって、はりぼてのアベノリスクが虎の威を借りているアメリカさん。
 あちらのメディアはこんなことを:

Fukushima evacuees don't want to return to areas declared safe

On the eve of the third anniversary of the Fukushima nuclear disaster Japan's PM says its time to leave the past behind and turn the country's reactors back on.

Next month, hundreds of Fukushima's evacuees will be moved home, and while the government says some areas are now safe, most do not want to return.

http://www.abc.net.au/news/2014-03-10/fukushima-evacuees-dont-want-to-return-home/5310148

Okuma residents are being asked to come back but many remain fearful of the nearby crippled Fukushima Daiichi plant.

Japan's prime minister has been visiting the area around the crippled Fukushima Daiichi nuclear power plant.

(Last updated: 09 Mar 2014 02:53 Al Jazeera "Japan attempts to revive nuclear ghost town")
http://www.aljazeera.com/video/asia-pacific/2014/03/japan-attempts-revive-nuclear-ghost-town-20143820923122411.html

 昨日の反原発への意志表現活動については、ワシントンポスト紙です:

Ahead of Fukushima anniversary, thousands protest Japan's nuclear power policies
Protestors gathered in front of the Japanese parliament days ahead of the third anniversary of the earthquake and tsunami that caused meltdowns at Fukushima nuclear plant.

(5:50 AM ET Reuters)
http://www.washingtonpost.com/posttv/national/ahead-of-fukushima-anniversary-thousands-protest-japans-nuclear-power-policies/2014/03/09/51fc0ed8-a789-11e3-8a7b-c1c684e2671f_video.html

 カナダ紙です:

Ahead of Fukushima anniversary, thousands protest Japan's nuclear power policies Add to ...
http://www.theglobeandmail.com/news/news-video/video-ahead-of-fukushima-anniversary-thousands-protest-japans-nuclear-power-policies/article17384903/

 ニューヨークタイムス紙です:

Lessons From Fukushima

Three years after a meltdown at the Fukushima Daiichi power plant, the crisis is still unfolding. In the United States, the disaster served as a warning to the nuclear industry.

After Fukushima, Utilities Prepare for Worst
By MATTHEW L. WALDMARCH 9, 2014
http://www.nytimes.com/2014/03/10/business/after-fukushima-utilities-prepare-for-worst.html
posted by fom_club at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山歩クラブ慰霊祭

 昨日の山歩クラブは月例のお山歩会を21人で。
 伊予ヶ岳山頂に全員、ロープを頼りによじ登り、しかし何事もなく到着したわれわれは、皆んなで、北のほうに向かって手を合わせました。

  60年も前、1954(昭和29)年3月1日のビキニ事件での第五福竜丸の悲劇に倒れた人柱に。
  69年も前、1945(昭和20)年3月10日の一夜の東京大空襲で焼け死んだ10万人もの死者に。
  たった3年前なのに忘れさられようとしている2011(平成23)年3月11日の東日本大震災の犠牲者に。

黙とう2.jpg黙とう1.jpg


 高知県西部の港町・宿毛市片島出身の太平洋核実験被災支援センター事務局長の山下正寿さん(69)は、地元で高校教諭となり、1983年に「足元から平和と青春を見つめよう」と学習サークル「幡多(はた)高校生ゼミナール」を結成した。
 1985年、ゼミで地域の被爆者を調査した際、長崎とビキニで二重被ばくして29歳で自殺した青年の母から「被ばくさえなければ息子は死ななかった」との訴えを聞いた。
 「第五福竜丸以外にも被ばくしていた船が、高知にあったなんて……。幸せな生涯を送ることができた人が原因もはっきりせず死んでいく。こんな理不尽は許されない」

 ビキニ事件は1955年、日本政府が慰謝料200万ドルを米国から受け取り強引な幕引きがなされた。
 ゼミで「ビキニの被害は第五福竜丸に矮小化されている」と、東京から静岡、沖縄、韓国まで追跡し、延べ1000隻以上の漁船が被ばくした可能性があり、元船員らががんなど放射線障害に多い症状で苦しんでいたことを突き止めた。
 だが、被ばくを立証するため事件の真相究明を求めた第五福竜丸以外の元船員に、国は「問題は解決済み」と門戸を閉ざした。

(2014年03月01日毎日新聞大阪朝刊「第五福竜丸事件:ビキニ水爆実験<1000隻以上被害>暴く、隠された被ばく、高知の元高校教諭、元船員ら健康調査」)
http://mainichi.jp/area/news/20140301ddn012040005000c.html

 約10万人が犠牲になったとされる東京大空襲から69年となる3月10日、東京都墨田区の都慰霊堂で、大空襲と関東大震災の犠牲者を悼む「春季慰霊大法要」(東京都慰霊協会主催)が営まれ、遺族ら約320人が参列した…

 1945年3月10日未明にあった東京大空襲では、約300機の米爆撃機B29が焼夷(しょうい)弾を無差別に投下し、隅田川両岸の下町一帯に大きな被害が出た。
 約26万戸の家屋が焼失、100万人以上が被災し、原爆を除く通常の空襲としては史上最大規模の犠牲者が出たとされる。

(2014年03月10日11時42分更新毎日新聞・木村敦彦「東京大空襲:69年「二度とおきないように」慰霊の法要)
http://mainichi.jp/select/news/20140310k0000e040141000c.html

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から3年を前に、大規模な脱原発デモが3月9日、国会周辺であった。
 毎週金曜日に首相官邸前で脱原発を訴え続ける首都圏反原発連合など3団体が主催。
 約3万2000人(主催者発表)が「事故を忘れるな」との声を上げた。 

 デモに先立ち開かれた日比谷野外音楽堂の集会では「福島県内の全原発の廃炉を求める会」の呼び掛け人、名木(なぎ)昭さんが「2011年3月11日から時計は止まったまま。故郷を追われた人が自宅に戻れる保証はない。家族がばらばらになっているのが現状だ」と報告。
 3年を迎えても約14万人が地元に戻れないことに危機感を募らせた。

 脱原発運動に取り組む音楽家の坂本龍一さんはゲストとして参加し、東日本大震災の1ヶ月後に作ったという曲を披露。
 坂本さんは「福島、関東、東北の人たちが手を取り合って脱原発の運動をやらないと絶対に成功しない。一番困っていても声を上げられない人の声を届けていかなければいけない」とスピーチした…

(2014年3月10日東京新聞朝刊「3万2000人《忘れるな》国会周辺デモ」)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014031002000143.html
posted by fom_club at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

伊予ヶ岳3366m

 3月9日日曜日は山歩クラブのお山歩会。
 向かった山域は、日本のマッターホルン、千葉県・伊予が岳3366m。

 伊予ヶ岳は標高336.6mで富山(とみさん)・御殿山(ごてんやま)とともに富山(とみやま)三山の一つで、“岳”と呼ばれるその山容は、高く険しく奇岩がそびえ立つ南房総の名山である…
 山名の由来は、阿渡斉部氏のふるさと四国の最高峰石鎚山・別名「伊予の大岳」からでていて、頂上の小平坦地には、少彦名命をまつる石祠が安置されていた。
 県立自然公園の指定をうけ、割れた岩峰からの眺望はすばらしく、全方位におよぶ登山所要時間は、4〜50分「山歩きには県下最適」というお墨付きをもらっている…

(千葉県南房総市平群天神社祭礼、山田区青年会公式ホームページ)
http://山田区青年会.jp/tenjinja.html

 朝6時半すぎに、専用バスで清澄白河を出発。
 富津館山自動車道鋸南富山料金所を出たところの信号はそのまま直進、道の駅「富楽里とみやま」の手前の信号を左折し、県道89号に入りしばらく進み、左手に学校(平群小学校)のグラウンドが見えてきたら、「平久里中」信号にあたります。
 この信号を左折すると左側に鳥居があり、ここを入っていくと平群天神社に駐車場がありました。

 室町時代1353(文和2)年、細川相模守が霊夢により京都北野天神をこの地に勧請し平群九邑の鎮守として信仰を集めていた。
 1588(天正14)年、里見義頼公の命で大工飛騨守家助により本殿が改築され、1678(貞享4)年幣殿拝殿が改築され、更に1808(文化5)、神照寺法印宥弘により再建された。
 1873(明治6)年、郷社に列せられた。
 特に学問の神として広く信仰されている。

(前掲、山田区青年会公式ホームページ)

 8時20分登山開始。
 伊予ヶ岳南峰、北峰と回り、10時40分には平群天神社に戻っていました。
 11時から30分「吉井の大井戸」(南房総市吉沢1761) から「吉井農村公園」を散策してきました。

 吉井の大井戸は、富山のふもとの地下水が湧泉で吉井地区の生活用水や農業用水として利用されています。
 どんなに利用しても、どんな大日照りでも決して涸れることがないと言われています。
 ゆるやかに流れる水の近くに水車小屋がありのどかさを感じます。

(千葉の観光まるごと紹介、南房総エリア、吉井の大井戸(南房総市)
http://www.kanko.chuo.chiba.jp/kanko/2558/

 12時から「だるま寿司」(千葉県君津市南子安3-6-5 Tel 0439-54- 5355)でランチをとりました。
 食事後、JAきみつ農産物直売所「味楽囲さだもと店」(君津市貞元133-1 Tel 0439-52-8311)が、2周年記念感謝祭!
 その餅投げの群れに入り、餅をゲット。

「味楽囲さだもと店」は、地元生産者の農畜産物を地域の皆様に提供する場として設けられました。
 そして、JAきみつ女性部有志「きみつ味彩だより」によるフードコートを設け、その場で地域の食材を召し上がっていただくことができ、食材を使用した惣菜の販売も行っております。
 みなさまの台所のような場になればと考えています。

http://www.ja-kimitu.or.jp/safe_farm_products/direct_sale_market/miraisadamoto_obitu.html

 それから和蔵酒造(株)の「酒菜館」(君津市下湯江240 Tel 0439-52-0461)で蔵本見学。
 14:30-16:00「湯の郷かずさ」(木更津市潮見5-7-1 Tel 0438-30- 2345)で立ち寄り湯。
 とまあ、山歩きにお買い物ツアーと満足、満腹、ご満悦の一日でした。
 バスの車窓からは水仙も、河津桜も、梅も咲き誇り、房総には、春がもうすぐそこまで来ていましたァー。
posted by fom_club at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

ブロッサム・フィルハーモニック・オーケストラ

 昨日の金曜日の午後、ヤッホー君は森下文化センターへ。
 「ブロッサムフィル公開リハーサル」があったのです。
 で、またまたびっくりしたのがヤッホー君。
 ブロッサムはご近所だったのです。
 「ブロッサム音楽事務所」(江東区清澄2-12-4 MMビル1F)

 このリハーサルは明日、3月9日(日)「ティアラこうとう・大ホール」で開かれる「第8回定期演奏会〜東日本大震災復興祈念〜」べートーベン交響曲第9番ニ短調作品125「合唱付き」のための総仕上げの練習だったのでした。
 2月最終日曜日に墨田区で両国国技館を会場に第九をおなかのそこからうなってきた山歩クラブのメンバーもいたのですが、聞き逃した方は、ぜひ明日、恩賜公園内「ティアラこうとう」(江東公会堂、江東区住吉2-28-36 Tel 3635-5500)へおでかけください。

 山歩クラブがこの時期、東京大空襲、東日本大震災の犠牲者(そして今年からはビキニ水爆実験の被災者も)の霊を鎮めようと手を合わせているように、このブロッサムも定期演奏会で、東日本の復興を祈念していたんですね。

http://www.youtube.com/watch?v=nZFFyWho6Q0

 上のこのサイトで、2012年3月11日(日)「ティアラこうとう大ホール」の演奏を聴いてみましょう:

 〜『音楽の花束』で東北を支えよう〜
 ブロッサム・フィルハーモニック・オーケストラ
 「東日本大震災復興支援 チャリティコンサート」
 演奏曲:
 J.S.バッハ
  管弦楽組曲第3番よりAir(G線上のアリア)「演奏風景のみの映像版」
  指揮:西谷亮
  ヴァイオリン独奏:宮川正雪
  管弦楽:ブロッサムフィルハーモニックオーケストラ
 2008年に設立・活動を開始したプロフェッショナルオーケストラ「ブロッサム・フィ¬ル」による震災復興支援チャリティコンサートからの一場面の映像です。
 ご招待をした被災者・避難者の方々をはじめ、約800名のお客様とともに、追悼の想いを共有させていただき、黙とうをいたしました。
 また、その後、追悼曲としてバッハのG線上のアリア(管弦楽組曲第3番より)を演奏いたしました。
 公演の詳細レポートも掲載しております。

http://www.blossom-music.co.jp/report...

 これはパラマウントベッドの特別協賛もあったのですね:
http://www.paramountbed-hd.co.jp/files/holdings/pdf/201202/official2012020602.pdf

 身近にあったクラシック、ヤッホー君も応援することにしたそうです:

 「街なかに事務所があるオーケストラはうちぐらいかなと思います」
 ブロッサム・フィルハーモニック・オーケストラは、2008年4月に設立された江東区が拠点のプロのオーケストラ。
 同フィルの公演を主催する「株式会社ブロッサム音楽事務所」は、昨年2011年1月に同区新大橋から新小名木川水門近くの同区清澄に移転した。
 地域に根ざした個性的な活動の根底には「クラシックを身近に」との思いがある。
 同フィル音楽監督・常任指揮者で同社社長の西谷亮さん(36)は、プロ活動前はサラリーマン経験もあり、「ずっと聴いてきた立場なのでお客さんの視点に立って活動したい」と話す。
 企画運営担当は妻の望さん(37)。
 事務所内のスタジオ(24席)では、毎月最終日曜日にプロの演奏を間近で楽しむ「ティータイムコンサート」を開催。
 飲み物と菓子付きで900円(小学生500円)と安く、次回2月26日で38回を数える。
 奇数月には子供がスタッフ体験し、300円分の券がお給金≠ナもらえる「キッズプログラム」(800円)も。
 また、弦楽四重奏による年4回の「季節の音楽会」は、2月11日に第4回を開催(2000円)。
 毎月第3金、土曜はBGMで音楽家を特集するカフェとなり、各種音楽書籍も読める。
 2月17、18日はバッハ特集、500円。
 一方、70人規模となるオーケストラの定期演奏会はティアラこうとう(同区住吉)で開催。
 昨年2011年9月の第6回公演では、観客が演奏会の体験を俳句で詠む「深川クラシッ句」も実施。
 子供の絵や作文など演奏会に関わる作品は随時募集し、刊行物で紹介している。
 そのほか、音楽教室や音楽家派遣、音楽雑貨販売、ピアノ調律見学会、マタニティーコンサートなどクラシックの裾野を広げる活動を展開中。
 「小学生の時に初めて聴いたオーケストラに衝撃を受けた」西谷さんは、特に子供たちにクラシックと出会う機会を作りたいそうで、「同じ思いしてくれたら」と笑顔で語る。

(2012/02/17掲載、東都よみうり新聞社、3・11公演に被災者無料招待、江東・清澄拠点のオーケストラ「ブロッサム・フィル」)
http://www.t-yomiuri.co.jp/bin/db/profile.cgi?_v=1329295980&tpl=detail

 地元応援団にはお寿司屋さんも:

 恒例になりましたブロッサム音楽事務所の第8回定期演奏会が 今年2014年は3月9日(日)になりました。
 千代勢のお客様で指揮者でもあり、このコンサート主催の西谷亮さんを私たちは応援しています。
 昨年2013年は大作の「白鳥の湖」。
 期せずして感動・感動の中、長時間でも聞きごたえありました。
 今年も千代勢の常連さんもたくさん行きますので、良かったら、又見てみたい方、ぜひご一緒しませんか?

(鮨 千代勢ブログ: 10月18日で営業28年目に入りました深川森下の鮨店です。森下駅から3分の立地で毎日「おいしいお寿司」をモットーに明るく人にやさしいお店をめざしてます。皆様お近くへいらしたらぜひお寄りください。お待ちしております)
http://chiyose.seesaa.net/article/387669678.html

 西谷亮、望ご夫妻の今年午年の元旦のご挨拶でしめましょうか…:

 2013年は、ブロッサム・フィルへ新しい仲間を迎え、9月23日の定期演奏会にて「白鳥の湖」全曲演奏会を成功させ、多くのお客さまより好評を得ました。
 また、毎月開催している「音楽の花束シリーズ」ティータイムコンサートは、12月に60公演目を終え、今年6年目に突入します。
 5年間たくさんのお客さまにお越しいただきまして、本当にありがとうございました。
 「生の音楽」を少しでも身近に感じていただけたら嬉しく思います。
 また、この「ティータイムコンサート」へ快くご協力いただきました演奏家の皆さまへ心より感謝いたします。

 2014年も、お客さまからのご意見を取り入れながら、より多くの皆さまへ「生の音楽」を気軽に楽しんでいただけるよう工夫し企画していきたいと思います。
 本年もブロッサム音楽事務所/ブロッサム・フィルハーモニック・オーケストラをどうぞよろしくお願い致します。
 皆さまにとって「音楽」と「笑顔」あふれる幸せな一年となりますように…♪

http://www.blossom-music.co.jp/report/index.html#20120316
posted by fom_club at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビキニ

 ヤッホー君のこのブログ、2014年2月5日付け日記「エゴイスト入門」をご参照ください。
 そのなかで「不登校新聞」を紹介しましたが、この新聞、大石又七さんも取り上げていました:

◎ 第五福竜丸と引き替えに
 アメリカは200万ドルの見舞金だけで謝罪をせず、日本から責任追及をされなかったこと。
 事件の翌年に平行線をたどっていた原子力協定が急に日米間で結ばれ、東海村に日本初の原子力発電所が建ったこと。
 これらを見ると、日本政府が第五福竜丸事件を原子力技術と原子炉を早急に導入するための恰好の取引材料としたと考えられます。
 ですから、日本の原子力発電は、第五福竜丸事件の被災者が人柱になっているのです。

――48年間をふり返って、どのような思いを抱かれてますか?
 第五福竜丸事件は自然発生で起きた事故ではなく、人の手による加害の事件です。
 しかし、加害者であるアメリカの、被害者への対応は非常に矛盾しており、大きな不満を持ちます。
 現状では、第五福竜丸事件が終わったとは思えません。
 私は、最終的には、地球上から核をなくすことが第五福竜丸事件の終わりだと思っています。
 核が地球上にあるかぎり、かならず同じ問題が起きてくると思います。
――ありがとうございました(聞き手・石井志昂)

(2002年6月15日不登校新聞掲載「第五福竜丸・元乗組員大石又七さんインタビュー」)
http://www.futoko.org/special/special-17/page0810-515.html

 終わらない第五福竜丸…

 「被爆」したのが1954年3月1日。
 3月28日、乗組員は米軍の輸送機で羽田へ。東大病院と国立東京第一病院(ヤッホー君も尿管結石で入院しましたね、いまの国立国際医療研究センター)の二手に分かれ入院。
 4月、この国初の原子力予算成立。2億5,000万円が計上。
 7月1日、自衛隊法が施行、警備隊は海上自衛隊に、新たに領空警備を行う航空自衛隊も新設。陸海空の各自衛隊が成立した。
 9月21日、父の安倍晋太郎(当時毎日新聞記者、元外務大臣)、母の森永製菓第5代社長・松崎昭雄の長女・昭恵の間に安倍晋三が生まれる(本籍は山口県長門市)。
 この年の9月23日、第五福竜丸久保山愛吉無線長死亡、享年40歳。
 年末、放射能に汚染されたマグロの調査が打ち切られた。
 1955年1月4日、アメリカから慰謝料(ex gratia)200万ドル支払われ、事件は完全決着(full settlement)。アメリカは議会に諮らずに、国際開発局(FOA 注、現USAID)より支出。
 同月11日、アメリカから日本政府に濃縮ウランの受け入れを打診する書類が届く。
 5月20日、22人の乗組員は1年2ヶ月の入院生活を終えて揃って退院。
 11月、大石又七さん、見舞金を元手にクリーニング店を開こうと上京。その後2004年まで50年間、故郷に戻らず(戻れず)。
 11月14日、日米原子力協定調印、翌12月発効。
 1956(昭和31)年「読売新聞」元旦号で原子力をほめちぎる高村光太郎(1883-1956)の詩『生命の大河』(ヤッホー君のこのブログ、2013年5月21日、2014年2月15日参照)
 1958年、大石又七さん、生家の鰹節業時代の屋号から名をとって「丸大クリーニング店」開業。
 同年、福島県庁、原発の調査研究を始める(松坂清作『只見川電源開発完成記念 電力 県ふくしま 県民総参加の記録』福島民友新聞社、1973年3月)
…!?!…

 政府も、アメリカの核実験は国際法に違反している、と最初は外交機密文書の中で言っている。
 にもかかわらず賠償請求もしないで政治決着を結んでしまった。
 NHKの東野ディレクターのインタヴューに、当時の日米外交官たちが「あれは円満で理想的な解決だった」と口をそろえたという。
 とんでもない、正反対である。
 その言葉の裏には、やはりわれわれには見えない何か政治の裏があって、その言葉になったのだと思う。

…大石又七、前掲書『ビキニ事件の表と裏』、93頁。

 いったい、どっちがどっち…?!?…
 いったい、いつまでこんなこと続くんだろう…!?!…
 Bikini そして/もしくは bikini …

 Jusqu’à quand?
(Ecologie & Démocratie, 1946. Bikini et la séduction atomique)
http://ecodemo.hypotheses.org/anthropocene/1946-2
(注)
In 1953 at the end of the Korean War, the incoming Eisenhower Administration established the Foreign Operations Administration (FOA) as an independent government agency outside the Department of State to consolidate economic and technical assistance.
posted by fom_club at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

いのちの岐路で

 3月7日金曜日。
 大石又七の航跡をめぐって小沢節子さんがこんなことを:

 大石さんが「俺」という一人称の語り(自称詞)を手に入れたことに注目したい。
…小沢節子、前掲書、37頁

 「被爆とは関係ない」という者たちに俺は言いたい(注)。
 何がどれだけ分かっているというのだ。
 悩みは俺だけにとどまらず、家族にもつながっていく…
 隠したいという気持ちと、被爆者の本当の悩み、苦しみを知ってほしいという気持ちが、いつもいつも俺のなかで葛藤する。

…大石又七『真実』(引用は小沢節子、前掲書、37頁から)。

 ヤッホー君は、この小沢さんのご指摘は、すごいことに着目したね、すごい着眼点だ、と思いました。
 うん、目が、眼がいいんだね、きっと(と、代々木病院の眼科医・山城博子先生に定期検査を受けているヤッホー君は妙に感心!)。
 私(わたし、わたくし)、僕(ぼく)、自分、おいら、わし、わて、わい、わたい、…とたくさんある日本語の自称詞から「俺」を選び取ってはじめて、世界と、そして社会と同等・対等に、同列に向き合ってみることができ、積極的・前向きに発信することができる、ふ〜ぅん、うん、うん。
 大石さんが被爆者として自ら航路を開いていけることを実感して、旅路を歩き出した瞬間でした。

 小沢さんが引用しているのは、大石さんの『ビキニ事件の真実-いのちの帰路で』(みすず書房、2003年)ですが、大石さんが初めての著作を世に問うのは、1991年、新潮社から出版された『死の灰を背負って〜「私」の人生を変えた第五福竜丸〜』です。
 <被爆>から37年も経っていました。
 大石さんにこの出版を強くencourageしてくれた触媒があったのです。

 工藤さんは大石さんに、「何度も何度も<書く>とはどういうことか教えてくれた」(『死の灰』)という。
 私は、大石さんは「書くこと」によって自らの過去をとりもどし、「書き言葉」という自由を手に入れ、被爆体験に深く向き合うようになったのだと考える。

…小沢節子、前掲書、36頁

 工藤さんは、工藤敏樹さん(1933年東京生まれ、1992年死去、享年58歳)。
 NHKのテレビ・ドキュメンタリーのディレクターで、1969年、36歳で特集『廃船』(モノクロ、80分)を作っています。
 この工藤さんの表現は、自称から事象へとさらに高められていたのでした。
 だからこそ、大石さん自ら自称詞を獲得するよう促し続けたのだ、とも言えるかもしれません。
 事象そのものに語らせること、それは表現されていない<何か>も含み、表現できない<何か>にも接近していく語り、表現です。
 是枝裕和(1963年東京生まれ)さんは、工藤さんをこんなふうに論じております:

 彼は目の前の対象に対してそれほど単純には一喜一憂していない。
 達観とも諦観とも違う。
 しかし、回っているカメラの脇に立って彼は目の前の対象ではなく、その奥に存在している何かと向き合っていたのではないだろうか。
 それを何と名付けてよいか?
 僕には今適当な言葉が見つからないが。

 (「私」の排除について、96頁)

 そんな工藤が恐らく唯一『われわれ』という主語をコメントの中で繰り返し使った番組がある。
 『廃船』だ。
 …果たして『われわれ』とは本当に「われわれ取材スタッフ」なのだろうか。
 少なくとも、この『われわれ』は、取材者である工藤の主観をよりどころとした主語ではない。
 文脈上はやはり「取材者」であることは間違いないのだが、もしかするとこの『われわれ』は「第五福竜丸」それ自身なのではないか?
 いや、もしかすると「時代」そのものなんではないか?
などといった想像が働きだす…

(集合離散というモチーフ、100頁)

…2012年3月号『放送研究と調査』NHK放送文化研究所、制作者研究(テレビ・ドキュメンタリーを創った人びと)第2回、工藤敏樹〜語らない「作家」の語りを読み解く〜


(注)
 「被曝」という字がビキニ被爆者に使われているが、原爆医療法が制定されるとき(1957年3月31日布、同年4月1日施行)、広島・長崎の被爆者と区別するために使うようにしたと聞く。
 俺は原爆も水爆も同じ「核兵器による災害」だと思っているので、「被爆」を使うようにしている。
…大石又七『これだけは伝えておきたい〜ビキニ事件の表と裏〜第五福竜丸・乗組員が語る』(かもがわ出版、2007)8頁
posted by fom_club at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

小沢節子

 3月6日木曜日、啓蟄。
 どっちもどっち?
 まずは、中国とこの国の軍備拡張構想(?)競争!
 仏紙ルモンドによりますと、アベノリスクのお友達が、この国は軍事予算を膨らませていっても、軍国化への道ではなく、先の大戦以来、「自由」と「平和」と「民主主義」の道を歩いてきています、と言ってたって:

Signe de la montée des tensions régionales, le gouvernement japonais avait lui aussi décidé, à la mi-décembre, d'augmenter de 5 % ses dépenses militaires sur les cinq ans à venir, avec un budget de 175 milliards d'euros pour la période 2014-2019. Tokyo s'était alors attiré les foudres de Pékin : la décision du Japon ≪ ne peut que provoquer de vives inquiétudes parmi les pays riverains en Asie et dans la communauté internationale ≫, avait réagi le ministère de la défense chinois.

M. Suga en a profité mercredi pour répéter que le Japon n'avait aucune intention ≪ militariste ≫, comme l'en accuse régulièrement Pékin, et qu'au contraire, il ≪ marche sur le chemin de la liberté, la paix et la démocratie ≫ depuis la fin de la deuxième guerre mondiale.

http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2014/03/05/la-hausse-des-depenses-militaires-en-chine-preoccupe-le-japon_4377652_3216.html

 そうかな、…?!?…

 集団的自衛権の行使容認をめぐり、安倍首相は政府の有識者懇談会の結論が出た後、国会が開いていなければ、閉会中審査を行うなどして議論を深めていくとの考えを示した。
…日本テレビ系(NNN)3月6日(木)2時47分配信

 集団的自衛権に関しては、安倍首相が第1次安倍内閣のときに、内閣総理大臣の私的諮問機関である「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」を設置し、日本の集団的自衛権の問題と憲法の関係整理および研究を行っています。この懇談会は5回の会議が開かれて報告書が作成されましたが、安倍首相の辞任により手渡されないままとなっていました。
 安倍首相は第2次安倍内閣において、この安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会を復活。2013年2月8日に第1回目の会合が開かれ、その際に、2008年にまとめられた報告書が、安倍首相に手渡されています。

…The Huffington Post 2013年07月19日 08時12分

 集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈見直しへの熱意を、この懸案の処理にこそ傾けてはどうか… 少子高齢化が進展し、財政が厳しさを増す中、政治が国民に不利益を強いる局面は多い。国政に民意がまっとうに反映されないのであれば、政策への支持を得られまい。是正へ、各党の覚悟が問われている。
…2014年03月06日木曜日、河北新報社説

 新聞労連は3月4日、「報道への弾圧であり、極めて不当で許しがたい」とする声明を発表、安倍政権と防衛省に抗議の撤回と謝罪を求めた。
 琉球新報社は2月23日付朝刊で、同県石垣市の2ヶ所が陸上自衛隊の部隊配備先として絞り込まれていると報道。防衛省は事実と異なるとして翌24日に抗議した。琉球新報社には訂正も求めた。
 新聞労連は声明で「琉球新報社は独自の取材で現状を報じた。『事実と異なる』ならば政府として配備計画の現状や詳細を明らかにすればいいだけだ」と指摘した。

…2014年3月4日 19時38分 東京新聞

 当事者の一方側からの情報しか配信されない現状に、もう片方からの情報を集めて広く公開するのは自由と平和と民主主義、と思うのですが…これも「従軍慰安婦」についての英国紙からの情報です:

Yi Ok-seon was a 15-year-old hotel employee in Ulsan, South Korea, when a Japanese official and a Korean accomplice came to put her to work in a military brothel in occupied north-west China.

For three years until the end of the second world war, Yi was forced to have sex with countless Japanese soldiers.

(Wartime sex slaves urge Japan's PM to drop plans to re-examine 1993 apology
〜Outrage at Shinzo Abe's review of statement recognising country's role in ordeal of 'comfort women'〜)
…theguardian.com, Wednesday 5 March 2014 12.30 GMT

 で、ヤッホー君、ボランティアガイドさんの説明を聞きながら歩いた昨日の「第五福竜丸展示館」を思っていました。
 学校の教科書では、ビキニ事件って記述され、学校で教えているんだろうかな…?!?…
 帰りに買い求めた「お土産」、じゃない、ない「資料」を読んでいます。
 もちろんの街の本屋さんでも注文できます。
 ワンコインの薄い冊子ですが、中身は濃いので、ぜひおすすめします:
 小沢節子『第五福竜丸から「3.11」後へ〜被爆者 大石又七の旅路〜』
 (岩波ブックレット No.820、2011年)
 小沢さんは、加藤周一(1919-2008)のことばも引用して、こんなことを述べています:

 思うに、特定の状況に対して怒ることのできる能力は、人間の能力のなかでも大切なものの一つであろう。老いてその感情の衰えないことを、私は願う。
(加藤周一「怒る事の大切さまたは『金芝河詩集』の事」(1975)『加藤周一自選集5』)
*****
 加藤周一は生前、「怒りにひきさかれた」男が今は静かにここに眠っているというスウィフトの墓碑銘を好んで引用した。
 「明鏡止水。怒らず、よろこばず、悲しまず―― 私はそういうことを好まない」と述べつつ。
 私は怒ることが得意ではない。
 それでも、震災の記憶の「風化」がささやかれ、「収束」もおぼつかない原発事故の人為的な忘却さえ企てられているかのような今、怒ることの大切さを改めて思う。
 不得手であっても怒りの火種を絶やしてはいけないと教えてくれたのは、第五福竜丸の乗組員だった大石又七さんだ。

(2013年11月11日更新、岩波書店「3.11を心に刻んで」)
http://www.iwanami.co.jp/311/
posted by fom_club at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

第五福竜丸

 3月5日水曜日10時半、雨。
 はっちゃんとヤッホー君は清澄白河駅から地下鉄に乗り、都営新宿線で西大島駅下車、都営ラピットバス(錦糸町駅前〜日本科学未来館)に乗り換え、「夢の島」下車。
 埼玉の友人、トミーちゃんと都立夢の島公園内第五福竜丸展示館での待ち合わせがあったのです。

 武藤宏一さん(1941-1982)が会社員で26歳のとき、1968年3月10日付け「朝日新聞」の「声」欄に投書した「沈めてよいか、第五福竜丸」がいきなり展示館に飛び込んできました:

 第五福竜丸。
 それは私たち日本人にとって忘れることのできない船。
 決して忘れてはいけないあかし。
 知らない人には、心から告げよう。
 忘れかけている人には、そっと思い起こさせよう。
 いまから14年前の3月1日。
 太平洋のビキニ環礁。
 そこで何が起きたのかを。
 そして沈痛な気持ちで告げよう。
 いま、このあかしがどこにあるかを。
 東京湾にあるゴミ捨て場。
 人呼んで「夢の島」に、このあかしはある。
 それは白一色に塗りつぶされ、船名も変えられ、廃船としての運命にたえている。
 しかも、それは、夢の島に隣接した15号地埋立地に、やがて沈められようとしている。
 だれもがこのあかしを忘れかけている間に。


 「のど元過ぎれば熱さ忘れる」のが大得意のこの国の人びと…

「私が大人になるころに核兵器が無くなるよう、活動を続けていきたい」
 ビキニ環礁で第五福竜丸が被ばくしてから60年の3月1日、静岡市葵区の常磐公園で開かれた原水爆禁止日本国民会議(原水禁)の集会。
 静岡サレジオ高校2年の渥美真央さん(17)は声を張り上げた。
「私たちの力は小さいかもしれないが、続けることで絶対世界を変えられる」
 昨年、長崎市の平和団体が選ぶ「高校生平和大使」の一人として核廃絶の署名を集め、スイス・ジュネーブの国連欧州本部に提出。
 軍縮会議のサレバ事務局次長を前に、核実験に巻き込まれた第五福竜丸の悲劇を英語でスピーチした。
 だが大使になる直前まで、第五福竜丸のことをよく知らなかった。実際、事件は風化しかけており、焼津市が市民約1900人を対象に昨年実施した調査で、「ビキニ事件を人に説明できるほどよく知っている」と答えたのは、70代以上が27%だった半面、10代は5%にとどまった。

(2014年3月3日付け毎日新聞静岡版「語り継ぐ被ばく:ビキニ事件60年《継続が世界変える》現実を前に若者ら発信/静岡)
http://mainichi.jp/area/shizuoka/news/20140303ddlk22040089000c.html

 なにごとがあったのか、ここいらで映像記録をチェックしておきましょう!

☆ 第五福竜丸
http://www.youtube.com/watch?v=__vm9JrEWaE

☆ 大石又七氏(第五福竜丸元乗組員)インタビュー by 山本太郎さん
http://www.youtube.com/watch?v=N_YUfEnCiXA

☆ ビキニ水爆実験60年 式典で大石又七さん訴え NHKニュース
http://www.youtube.com/watch?v=2JADpvjqx8c
 公開日: 2014/03/01
 アメリカが太平洋のマーシャル諸島のビキニ環礁で行った水爆実験で、日本のマグロ漁船「第五福竜丸」の乗組員が被爆してから3月1日で60年となり、現地で開かれた式典で元乗組員が核兵器の廃絶を訴えました。
 1954年3月1日にアメリカが太平洋のビキニ環礁で行なった水爆実験では、広い範囲に放射性物質を含んだいわゆる「死の灰」が降り注ぎ、静岡県焼津市のマグロ漁船第五福竜丸の乗組員23人や島民も数多く被爆しました。
 水爆実験から60年となる3月1日、マーシャル諸島の首都マジュロでは、被爆した島民などおよそ100人が参加した式典が開かれ、日本からは第五福竜丸の元乗組員、大石又七さん(80)が参加しました。 壇上に立った大石さんが
「核兵器を作るために多くのマーシャルの人たちが犠牲になった。指導者たちに猛省を促したい」
と述べ、核廃絶と平和への願いを訴えると、会場からは大きな拍手が起こりました。
 そしてマーシャル諸島のロヤック大統領が
「島の被爆者と第五福竜丸の被爆者は同じ悲劇の経験を共有する仲間だ」
と述べ、核兵器の廃絶に向け、日本とマーシャル諸島が連携することの重要性を強調しました。
 大石さんの演説を聞いた地元の女性は、
「大石さんの演説に感銘を受けました。この問題に対して、日本の多くの方が関わってくれていることに感謝しています」
と話していました。

 広島市の代表や福島の学生も出席
 
 式典には、広島市の代表として広島平和文化センターの小溝泰義理事長が出席しました。
 小溝理事長は式典で
「私たちは核兵器の非人道性がもたらす、ことばにできないほどの恐怖について、記憶を共有しています。核兵器のない平和な未来の実現に向けた取り組みを続けていきましょう」
と呼びかけました。
 また、福島県の大学院生と福島市出身の大学生も式典に出席しました。
 学生らは放射能の影響で、多くの島民が水爆実験から半世紀以上たった今も、ふるさとを離れ、避難生活を続けている現状などを調べるため現地を訪れています。
 このうち福島大学の大学院に通う佐藤甲斐さん(25)は
「実験から60年がたっても島民が心をひとつにして、この日を迎えていることに驚きました。20年後、40年後の福島で放射能の問題にどう向き合うべきか考えさせられました」
と話していました。

 米政府高官は補償や謝罪に言及せず

 式典にはアメリカのゴッテモラー国務次官代行も出席してスピーチを行いましたが、
「マーシャル諸島の人々が世界の平和と安定のために果たした歴史的貢献をアメリカは忘れていない」
と述べるにとどめ、マーシャル諸島政府が求めている追加補償や住民が求めている謝罪については一切、言及しませんでした。
 これに対して、60年前のアメリカによる水爆実験で被爆したマーシャル諸島の女性は、
「非常に怒りを感じました。すぐに壇上に上がって反論したい気持ちです」
と話していました。
posted by fom_club at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

命ありがとう

 昨夜は三武将の勢揃いにはっちゃん、はるちゃん、マツダと7人で「ひな祭り」。
 お酒は、「帝松」(1851(嘉永4)年創業の松岡醸造(株)埼玉県比企郡小川町下古寺7-2 Tel 0493-72-1234)。
 蔵元は、武蔵の小京都、小川町比企丘陵自然公園の景勝地、小川町に位置します。

 小川町は、めぐりを秩父山系の山々に囲まれ、和紙・日本酒・絹織物・木工等で栄えた歴史ある伝統文化の町である。
http://www.mikadomatsu.com/index.html

 なんとなく朝早く起きてラジオのスイッチを入れたら「ラジオ深夜便・明日へのことば」。
 今朝は、創作人形作家大滝博子「人形に託した復興へのこころ」でとても感動しました。
 大滝博子さんは、1958年山形県天童市生まれ、いま山形市に住んでいます。
 25歳のとき独学で粘土制作を始め、日本手工芸美術展で新人賞を受賞するのは49歳のときです。
 以後、2009年から3年連続で金賞を受賞しています。
 公式サイトもあります。
http://meruhennendo.web.fc2.com/

 これは3年前のこと:

 希望の光を

 大地震の後 東京にいる3人の子供や孫達の事が心配で…
 携帯やメールをしても全く通じず、また向こうも同様に心配し、ようやくメールが来たのは夜中12時。
 幸いなことに、広島にいる親戚の人とは比較的スムーズに通じたので、広島を仲介して、東京と連絡できたので大変助かりました。
 今は福島原発の事が心配でテレビのニュースにくぎづけの毎日です。
 被災している全ての県は全部隣県です。
 福島からもたくさんの方たちが毎日避難しており、人事ではありません。
 日々不安な毎日です。
 大都市東京の皆も心配であり、計画停電で不自由な生活を送っているでしょう。
 でも……大都市の電気供給をするために地方につくられ、地方が犠牲になる。
 胸が痛い…

(2011年03月21日創作日記)
http://meruhennendo.blog17.fc2.com/blog-date-201103.html

 いま日本の各地で展覧会を開いて発表されております:

 家族の絆や日常の一こまを題材に人形を制作する大滝博子さん(55)=山形市=の特別展「創作人形の世界展―家族 いのち、つなげて」が2013年8月8日、岡山県新見市西方の新見美術館で開幕した。
 9月29日までで、心温まる作品の数々に来館者が見入っている。
 大滝さんは結婚後、子ども向けの粘土製の人形を独学で制作。
 「日本手工芸美術展覧会」で金賞を受賞するなど活躍している。
 会場に並ぶ約160点は、おむつ替えの乳児を囲む家族、老老介護、子育てに奮闘する母親など日常の風景を切り取った作品ばかり。
 「子育てはとまどいの連続。育児は育自とも言うんだよ」など、大滝さんの思いを込めた詩も添えられている。
 東日本大震災の発生を受け、復興への祈りを込めた16体も並ぶ。

(2013/8/9 8:53更新、山陽新聞「家族の絆、心温まる人形 新見で大滝博子展」)
http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013080908531736

 さきの年末年始、013年12月26日(木)〜2014年1月6日(月)も今度は千葉市で:

 家族の絆、人と人とのつながり、子どもたちの笑顔

 表情豊かな人形たちが描き出す、日常の中にある心打つ情景。
 ほほえましく、温かみのある160余点の人形たちに作家自筆の詩を添えて展示いたします。

http://www.mitsukoshi.co.jp/pc/store/8310/pdf/131226u.pdf

 この先、東京は目黒雅叙園でも:

 大滝博子(1958〜)氏の創り出す人形の世界は、家族の何気ない日常の一場面を、石塑粘土と古布、縮緬などを使い表情豊かな人形たちで表現しています。
 描かれる情景は、人々がささえあい思いやる心や、連綿と続く家族の繋がりの素晴らしさを表現し、そこに醸し出される「日常の幸せ」を素直に感じさせ、見る人たちに安らぎや元気を与えてくれます。  
 本展では、家族の絆、人と人とのつながり、子供たちの笑顔など、ほほえましく、温かみのある人形たちを通して、作品に込められた作者の想いを届けます。
 大滝博子 創作人形の世界 at 百段階段 〜作者の言葉と書で綴る〜
 2014年5月30日(金)〜6月22日(日)
 目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」

https://www.megurogajoen.co.jp/event/sousaku_ningyo/index.html/
posted by fom_club at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月03日

children's rights

 モース先生が、この国の赤ン坊ほど幸せそうな国はほかにない、とまで褒めそやしたあの頃に比べますと、イマはどうなってしまったのでしょうか(注)。
 世界的にみてみましょうか。
 この問題に取り組んでいるのは、国際組織のユニセフです:

Core resources to realize all rights, for every child
http://www.youtube.com/watch?v=o3A0KPiyKd0&feature=youtube_gdata_player

 会社等事業所向けにも社会的責任としていっしょに活動を担っていこうと10項目を作っています:

 The principles
 1. Meet their responsibility to respect children's rights and commit to supporting the human rights of children
 2. Contribute to the elimination of child labour, including in all business activities and business relationships
 3. Provide decent work for young workers, parents and caregivers
 4. Ensure the protection and safety of children in all business activities and facilities
 5. Ensure that products and services are safe, and seek to support children's rights through them
 6. Use marketing and advertising that respect and support children's rights
 7. Respect and support children's rights in relation to the environment and to land acquisition and use
 8. Respect and support children's rights in security arrangements
 9. Help protect children affected by emergencies
 10. Reinforce community and government efforts to protect and fulfill children's rights

In March 2012, Unicef launched the children's rights and business principles - a set of 10 action points to help companies assess their impact on children. One year later, and to coincide with the World Child and Youth Forum, Unicef has released research findings into how UK companies now view children's rights. And it isn't too pretty.

Across a representative sample of sectors and company sizes (excluding companies with fewer than 250 employees), 39% say there are no issues around responsibilities to children relevant to their company. Quite a statement, considering all the companies surveyed will employ parents of children, or sell goods and services to markets with children in them.

(By Tim Smedley, Guardian Professional, Friday 22 March 2013 11.31 GMT)
http://www.theguardian.com/sustainable-business/child-rights-csr-unicef-research

日本にもユニセフがあり、東京発として2014年2月24日には次のようなビデオを公開しております:

日本ユニセフ協会 東日本大震災 緊急・復興支援活動3年レポート

3年前の「あの日」、ユニセフ本部の全面的なサポートを受け、ユニセフとしては先の東京オリンピックの年以来約半世紀ぶりとなる日本への支援を担った当協会は、
「緊急支援物資の提供」
「保健・栄養」
「教育」
「心理社会的ケア(心のケア)」
「子どもの保護」
「子どもにやさしい復興計画」の6つの分野での活動を続けてきました。

子どもたちがつくる未来、求められる心のケア
 昨年は、各地で盛り土などの工事が本格化し始めました。
 しかし“槌音”を響かせる機械だけが復興の主役ではありません。
 私たちが現在も取り組んでいる「子どもにやさしい復興計画」の諸活動の中でも、以前よりも積極的に“役割”を担い、より具体的な“未来”を語る子どもたちの姿がありました。

http://www.unicef.or.jp/kinkyu/japan/2014_0224.html

 一方で、マレーシア人の夫妻が赴任先のストックホルムで児童虐待の罪で拘束されてしまい、マレーシアではイマ大きな社会問題となっています。スエーデンでは子どもを叩いてはいけないのです:

STOCKHOLM: A letter sent by her 12 year-old son apologising and professing his love, moved many people, especially Shalwati Norshal, to tears.

Azizul Raheem Awalludin, who is Tourism Malaysia officer in Sweden, and his wife, Shalwati, were charged separately at the Solna district court yesterday with multiple counts of assaulting their four children, aged between seven and 14.


Read more: Emotional day for couple detained in Sweden - General - New Straits Times http://www.nst.com.my/nation/general/emotional-day-for-couple-detained-in-sweden-1.487552#ixzz2urOb39AG

 1979年に世界で初めて体罰禁止を法定したスウェーデンでは、児童虐待および配偶者からの暴力への法的対応として、刑事法的対応、家族法的対応そして社会福祉法制による対応が行われている。
 とくに1990年代以降は、被害者の迅速かつ適切な保護と家族そのものへの支援のため、社会福祉法制における発展がみられる。

http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp:8080/bitstream/123456789/22489/1/No86p097.pdf


(注)
 東日本大震災で保護者が仕事を失ったり死亡したりして経済的に困窮し、国が学費などを支援した子どもは、昨年度5万8300人余りに上ることが文部科学省のまとめで分かりました…
 この制度は、来年度までの臨時的な措置とされていますが、被災地の自治体によりますと、支援を受ける子どもの数はほとんど減っていないということで、制度の延長を求める声が上がっています。
 被災地で就学支援に取り組むNPO法人「キッズドア」の片貝英行事務局長は、「通学や部活動、家庭での学習など、震災前には当たり前だったことがまだまだ回復していない。子どもが安心して学べる環境と、生活を支える金銭的な保障が必要だ」と話しています。
(NHK「震災で困窮の子ども 全国で5.8万人」3月1日4時43分)
http://kidsdoor-fukko.net/?p=2903
posted by fom_club at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

袖井孝子

 3月2日日曜日、またもや山行を雨天中止!
 ヤッホー君、あきらめてブログの引っ越し作業(伏して、このアドレスに変更をお願いいたします)。
 そして夕方、いまだ降りやまない冷たい小雨を眺めやりながら昨日の集いを思いやっています。
 あれは、曳舟文化センター(墨田区京島1-38-11 Tel 03-3616-3951)でのこと、ヤッホー君は道を聞きながら地下鉄半蔵門線押上駅から歩いて向かいました。
 講師は、お茶の水女子大学名誉教授、シニア社会学会会長袖井孝子先生(1938年生まれ)。

  1960年 生産年齢人口11.2人で一人の高齢者を支えるおみこし型
  2010年 2.8人弱で一人を支える騎馬戦型
  2060年 1.3人で一人を支える肩車型


 そうなんです、「少子高齢化」。
 先生は「日本の出生数の推移」について、国会でも報告されています:

 第一の低下がベビーブームの直後から1950年代前半ぐらいまでに起こって、これはもうすごい下がり方で、合計特殊出生率が二分の一になったんですね。
 でも、このときは日本が経済的に大変で、第二次大戦で本当にダメージを受けまして、そして生活も苦しい、食料もない。食べていかれないということで、夫婦が出産を抑制した。
 政府としても、保健所を中心にして家族計画を推進したり、あるいは優生保護法を改正して経済条項を入れて中絶をしやすくしたというようなことで物すごい勢いで下がって、一番ピークのときが1950年代前半なんですけれども、生まれる赤ちゃんと中絶される赤ちゃんとがほぼ同じぐらいというすごいことだったんです。
 これ、やみ中絶を入れると中絶される赤ちゃんの方が多いんではないかと言われたぐらいだったんですね。
 ただ、そのころはもう本当に出生率の低下はウエルカムだったんで別に大騒ぎもしなくて、ああ結構ですという感じだったんですね。
 その後、ずっと1950年代半ばから1970年代半ばまでほぼ合計特殊出生率が2ぐらいで安定していて、非常に安定していたということですね。
 夫婦に子供2人という、俗に言う標準世帯というのがこの辺で確立したんですけれども、そういういい時代が20年ぐらい続きまして、1970年代の後半あるいは末ごろからじりじりと出生率が下がり始めた。
 このころからちょっと日本経済も低迷期に入ってくるわけなんですが、この1970年代終わりから1980年代ぐらいまでは未婚化、晩婚化が原因と言われたんですね。
 ですから、いずれは結婚するだろうと。
 この時代は、結婚した夫婦について見ると大体2人産んでいましたので、いずれ結婚するだろうと、今ちょっと遅れているだけだというようなことが言われていて、余りまだ危機感なかったんですね。
 ところが、…

(2005(平成17)年2月16日水曜日第162回国会「少子高齢社会に関する調査会 第2号」午後1時開会)
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/162/0083/16202160083002c.html

 あとはお読みいただくことにして、会場では、最後に鋭いご意見が…
 いまの政権の旧来型の景気刺激策である公共事業への予算付け、海外に出かけてはアフリカ等の後進国にばらまいてくる旧来型の国際支援へのあり方含めて、「政治の問題」ということも言えますが、「高齢者も応分の負担を」せざるを得ない時代状況にあるのだ、という「解説」で講義を締めくくることに対して、会場から挙手があがったわけです。
 票田として高齢者の票が欲しい立候補者が猫なで声でおだててきた、他方で赤字国債の無責任な発行、軍事費の予算は前年比プラスなのに、福祉予算は削られ、年金を所得とみなして課税される、目的税であるはずの消費税も何に使われるかはトップのさじ加減みたいな風潮、すなわち政治が国民の生活に目を配ることをしない機能不全に陥っている。そのさなかにあるのに、われわれは、
 《「しかたがないね、厳しい状況にあるんだから協力しないとね、のような今日の勉強の結論には納得いかない、
 「高齢者が応分の負担をしなくともすむ」社会の青写真はこうなんじゃないか、と提案し、皆で考えていく、それが「老若男女共同参画社会」を目指す哲学なのではないか》と。

 ヤッホー君もアタマを抱えていました。
 先の都知事選でも、若者、女性が日の丸を手に持って、右翼候補者のまわりに集まっていること、若者が正規の職を見つけられないのも、結婚して子どもをつくることができなくしたのも、高齢者の無策無能のせいだ、と疎ましく思っていること、政治家はこの動きに乗って、ヘイトスピーチ、東アジアの他国蔑視、軍国主義化して、さらに金儲けしようとたくらんでいることからも、もはや一刻の猶予もないのです。
 金儲け、費用対効果、成果主義だけの『社会』にならないような『世界観』をもつことにしよう、決っして雨でなく、戦場に行かねばならないから山歩きなんて何事か、なんて怒られることのないようにしよう、生きていて良かったねという『社会』を、身近なできるところから換えていきましょうね。

In a smart and expensive neighbourhood of Tokyo, Toshiko Horikoshi relaxes by playing her grand piano. She's a successful eye surgeon, with a private clinic, a stylish apartment, a Porsche and two pet pooches: Tinkerbell, a chihuahua, and Ginger, a poodle. "Japanese dog owners think a dog is like a child," says Horikoshi. "I have no children, so I really love my two dogs."
Many Japanese women like Horikoshi prefer pets to parenthood. Startlingly, in a country panicking over its plummeting birthrate, there are now many more pets than children. While the birthrate has been falling dramatically and the average age of Japan's population has been steadily climbing, Japan has become a pet superpower. Official estimates put the pet population at 22 million or more, but there are only 16.6 million children under 15.
Japan's population fell by a record number last year and in the wake of the earthquake and nuclear disasters, the National Institute of Population Research is expecting there to be a further decline in births this year, says deputy director Ryuichi Kaneko. "We realised that we are living in dangerous times," he says. "Many young people are even more hesitant to have children now."
Akiba says that although the government has tried to encourage young couples to have babies, many of the incentives, such as child benefit, are too inconsistent and subject to frequent political change. Japan's population has the longest life expectancy in the world, which – coupled with the falling birth rate – means a pensions timebomb looms. "We all – companies, the government, people young and old - need to think seriously about this problem," says Kaneko, "or Japan will have a very hard time."

(Why Japan prefers pets to parenthood
As Japan's birthrate plummets, the estimated worth of its pet industry has risen to $10bn, with pampered pooches enjoying holidays at hot spring resorts, yoga classes and designer clothes)
Ruth Evans and Roland Buerk
theguardian.com, Friday 8 June 2012 11.57 BST
http://www.theguardian.com/lifeandstyle/2012/jun/08/why-japan-prefers-pets-to-parenthood
posted by fom_club at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月01日

エドワード・モース

 早いもので今日からもう弥生です。
 まだ江の島から離れられないヤッホー君、またまたびっくりしたのは、モース。
 大森貝塚だけでなく、江の島とも縁があったのでございます。

 大政奉還から10年後の1877年6月、ひとりの米国人が横浜港浜港に到着した。
 ボードイン大学で動物学を教えていた39才のエドワード・モース(Edward Sylvester Morse, 1838-1925)である。
 ハーバード大学の著名な海洋動物学者ルイス・アガッシイ教授の助手をしたことのあるモースは、古生代から干潟に棲む腕足動物(シャミセンガイなど)を研究対象にしていたので、来日のそもそもの動機は日本に多い腕足類の採集だった。
 来日して2日後、彼は文部省に採集の了解を求めるため横浜駅から新橋駅へ向かう汽車の窓から、貝塚を発見した。
 これが、後に、彼自身によって日本初の発掘調査が行われた大森貝塚である。
 貝塚から掘り出された先史時代の土器を、その表面の特徴的な模様から、モースは cord marked pottery としたが、これが日本語の「縄文式土器」となった。

 モースは江ノ島(神奈川県)の漁師小屋を研究室に改造し、若手の研究者や地元の漁師たちの協力を得て、腕足類の採集を8月末まで続けた。
 江ノ島の入江で初めてミドリシャミセンガイを採集した時の感動が、彼の日記に記されている。
 これが日本最初の臨海実験所の誕生であった。


(阿嘉島臨海研究所所長・大森信「パトリシア・モース博士の来日とエドワード・モース記念日米海洋生物学研究者交流基金」)
http://www.amsl.or.jp/midoriishi/24_01.pdf

 これは「みどりいし」(2013年)からの引用ですが、「阿嘉島臨海研究所(AMSL)」って沖縄にある研究所(島尻郡座間味村字阿嘉179 Tel 098-987-2304)。
 この所長さんが大森信さんで1937年、大阪府生まれ。
 所長さん、こんなメッセージを著わしておられます:

 多様な生きものを育て、漁業と観光産業を支え、自然の防波堤として高波から人びとを護ってくれるさんご礁が今、人間活動が原因の汚染や陸地の開発や地球温暖化などによって急速に失われています。
 わずか50年ぐらいの間に世界のさんご礁の3分の1が消滅し、あと10年以内に世界のサンゴ礁の3分の2が壊滅してしまうだろうという悲観的予測もあるぐらいです。
 自国にサンゴ礁を持つ数少ない先進国として、日本がその保全のため果たすべき役割はもっと大きい筈です。
 阿嘉島臨海研究所は、そんな思いで私財を提供した保坂三郎理事長の熱意を私が手伝うかたちでスタートしました。
 豊かなサンゴ礁に囲まれた阿嘉島で、研究の場を広く内外の研究者に提供するほか、島の生活や海とのふれあいを楽しみたい人びとにも利用してもらえる、自由で、活気にあふれた研究所であってほしいと念じています。
 私自身は、屋外スポーツを好み、絵を描き、山に登り、海に潜り、花を育て、旅を愛する、ちょっと欲張りな自然愛好者です。
 海と生きものが大好きな人びととの語らいを大切にして、常に楽しく過ごしたいと思っています。

http://www.amsl.or.jp/body11a.html

 ところで、モースの日記?

 江の島は切り立ったような島で、満潮時には水の下になる長い狭い砂州で、陸地とつながっている。
 この島は突然見える……というのは、陸地を離れる直前に、我々は長い砂丘を登るので、その頂に立つと江の島が海中に浮かび、太平洋から押し寄せてる白波でへり取られた砂浜と共に人の目に入る。


…エドワード・S・モース『日本その日その日』(石川欣一訳、講談社学術文庫、2013年)90頁

 イマは、クルマ用の橋、ヒト用の橋と、橋で島がつながっています。
 モースは、この江の島、「横浜の南18哩(マイルでカイリではありませんでした)の江ノ島に実験所を設けた」(87頁)のです。

 この文庫はとても興味深いものです:

 赤ン坊が泣き叫ぶのを聞くことは滅多になく、又私は今までのところ、お母さんが赤ン坊に対して癇癪をおこしているのを一度も見ていない。
 私は世界中に日本ほど赤ン坊のために尽くす国はなく、また日本の赤ン坊ほどよい赤ン坊は世界中にないと確信する。


…モース、同書、17頁

 へ〜、これは130年、140年ほどムカシの情景ですね、いまは少子化とか言われてるけど赤ン坊をもうけるのも、赤ン坊にも生きにくい社会になってしまったから雲泥の差ですね。

 訳者の石川欣一(1895-1959)についても書き添えておかないと:

 国際的なジャーナリストとして著名な筆者の若き日の山への賛歌である。
 「山の秋」「山へ入る日・山を出る日」などの登山随想をはじめ、やわらかな筆致の作品40編が納められている…
 「針の木のいけにえ」は、1927(昭和2)年12月31日、針の木谷で雪崩により4人を亡くした早大山岳部の遭難の話である。
 信濃大町駅に彼らが到着するところから、雪崩で遭難し、ついに4名を発見できずむなしく引き上げるまでを、悼みをこめて分りやすく述べる。
 最後に、早大山岳部が毎年末に来るのを楽しみに待つ大町の人々を次のように描く。

「大町はもとの静けさにかへった。人々は炬燵にもぐりこんで、あれやこれやと早稲田の人々を惜んだ。八日、九日、見事に晴れ渡った山々を仰いでは、あの美しい、あの気高い山が、何故こんなむごいことをしたのだろう、といぶかり合うのであった」


(Academic Alpine Club of Hokkaido 北海道大学山岳部)
http://aach.ees.hokudai.ac.jp/xc/modules/Center/Review/syowa1/yamahe.html

 これは石川欣一『山へ入る日』(中央公論社、1929(昭和4)年)の紹介エッセーですが、この本所収の「可愛い山」は、近藤信行編『山の旅〜大正・昭和篇〜』(岩波書店、2003年)で読むことができるんですよ。
 そういえば、とヤッホー君、確認しておりました。
 そうなんです、次の文句がヤッホー君のカラダにしみこんでおりました:

 だが私は、一度登って見たいと思っている。
 信越の空が桔梗色に澄み渡る秋の日に、登って見たいと思っている。
 もし、案に相違していやな山だったら、下りて来るまでの話である。
 山には登って面白い山と、見て美しい山とがあるのだから…

…208頁

posted by fom_club at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする