2012年07月31日

雲取山2017m

 あれは何年前のことになるのでしょうか。
「ヤッホー山荘」の玄関あがりぶちのところに、いまだに一枚の写真が額縁に飾られて展示されています。
 これは雲取山2017m山頂での朝焼けのワンカットです。
 朝焼けの富士山がくっきり写し出されています。
 イマはもう会に誰も残っていません。
 ばらばら、ちりじりになった8人衆ですが、懐かしい記念の揃い踏みですね:
☆下ちゃん(現役の会社員で、はっきり言わなくっとも音痴、社長からそれでも「人生の並木道」が聞きたい、とリクエストあり)
☆すーさん(山歩クラブに入ってパソコン習得!、この雲取山山行で足をつり、雲取山荘までの距離を測るために下ちゃんとヤッホー君が走って往復、すーさんの歩行は笹っささんと花博士に介助をお願いする)
☆笹っさの親分(元損保会社の社員、自称「山歩クラブ事務局長」)
☆花博士(まだ請われて勤められてるって、人呼んで花博士)
☆久保っちゃん(イマは亡き警察署職員、山歩クラブ山行の帰りの車中、恒例のカラオケ大会ではうちやまだひろしとクール・ファイブの物まねNO.1、「噂の女」、「長崎は今日も雨だった」、「ぞじて神戸」の三部作はさすがでした、定番ですね、でもお酒は一滴も口にしませんでした)
☆ドージー(「まだ〜?もう帰ろう」って、歩き出しから10分も経っていないのに、もう何度も何度も愚図っていましたねぇ〜)
☆ヤナさん(はっちゃんのお友達の才女でしたが、すっかり音信不通)
の集合写真で、2003年のころですかねぇ。

 あのときは三峰神社から入って、雲取山荘に泊まり、鴨沢に下るコースでした。
 確かにとっても歩きが長かったような、でも山荘のご主人、新井信太郎さんがわれわれ山歩クラブのために一室8人を確保してくださり、チョウ満員でしたが、他のビジターにじゃまされることなく一晩過ごすことができました。いまでも感謝しております!

 ヤッホー君が大忙しだったこの前の週末、28日、29日に、夏本番の南アルプスは聖、光縦走の訓練として、テントを担いで雲取山に入った友人よりリポートが届きましたのでご紹介:

7月28日土曜日は13:00過ぎ、夕立が来そうだったので、テントを張って避難したので、土曜日は雲取山頂には行きませんでした。
 翌29日日曜日の早朝(夜中は雷雨がすごく、多分山頂は無理かなとも思ったほどの激しい雨!)、テン場を空身で出て、雲取山の頂上から日の出を拝んできました。
 しかし、仲間の一人が体調が思わしくなく、鷹ノ巣〜六ツ石山を諦め、七ツ石小屋経由で鴨沢に降りました。
 降りた後は、「小菅の湯」に入ってのんびりして帰りました。
 しかし、奥多摩小屋から雲取山の頂上まで虫が沢山いて、ノンビリ景色なんか楽しめる雰囲気じゃなかったですよ。
 夏には行く山ではないですね。
 行くんだったら頭からかぶるネットを持参した方がいいですよ。
 虫除けスプレーは効かないし、蚊取り線香も駄目でした。
 そのためか分かりませんが、カミさんは両まぶたが腫れてしまい(お岩さん状態)、まったく散々な山行でした。
 そのため、南アルプスは中止かもしれません

 
 ね、すごいでしょう。どうしたんでしょう、いったい何が山に起こっているのか、シカ、ダニ、山ビル、の次は「虫」です。
 どうしたんでしょう、今度は雲取山ですって。
 ヤッホー君はびっくり。
 そうしたら、知らなかったのはヤッホー君だけ、イマの時期、雲取山はすっかり虫で有名になっていたんですね:

☆ 2012年6月11日(月)[日帰り]雲取山(小袖乗越〜雲取山〜雲取山荘〜七つ石山)
 全般的にミストな感じで途中から雨に変わる。この時期に多い虫はこの天候で殆どいなかったのが救いか。雲取山で虫に悩まされず登れたのは天候は悪かったが却って良かったです。
☆ 2012年06月23日(土)〜2012年06月24日(日)雲取山
 しばらくはスギやヒノキの林を進み、霧藻ヶ峰へ。わりと沢山の人が休憩していました。雲で残念ながら景色は何も見えず。我々もここで昼食。しかし虫が多い。まわりをブンブン飛び回ってとにかく邪魔。気にしないようにしながらご飯をたべ(しかしラーメンに虫が浮かぶ…)再び出発。
 途中沢山シカがおりました。すでにくたくたなので白岩山はあっさり通過。虫の大群から逃れるようにガスの中へ。ガスの中はどうやら虫も少ないようだね。助かった…
 翌日は天気は相変わらずの曇り、ガスですが、6月の山らしくみずみずしく涼しい。虫さえいなけりゃ最高なのに。
 結局虫とともに無事下山。二日目はわりと楽だったけど、やはり重量による疲労は大きいと実感。結局テント全開だった先輩はブヨの虫さされまみれ。。。僕も数カ所を刺され、痒い思いをしています。次回こそは絶対に虫対策を万全にと心に決めるのでした。
☆ 2012年06月23日(土)〜2012年06月24日(日)雲取山(小屋ハク)
 今回は…とにかく虫がすごかった。休憩したいけど、とまると虫が寄ってくる。。。全然休まらない。次からは虫対策は万全にしていきたいね!!
☆ 2012年06月24日(日)[日帰り]雲取山(小袖からピストン)
 二日前の大雨のせいか(?)ぬかるむ箇所が多かったです。尾根筋の道にむらがる虫が多くいました。頭の上に20匹が群がる箇所もあり(何匹かは口の中へ!!!!!!!!!)”ハッカ液”をスプレーしたら少し利いたみたい。耳がギョウザみたいになりました


 以上、ヤマレコからのリポートだけでもこれだけあります。

 こんなこと、10年前にはなかったです!

『雲取山荘 の山岳情報:鷹ノ巣山〜七ツ石間でマルバダケブキなど夏の花が咲き始めました。
(雲取山荘 の12年07月31日火曜日の情報)
虫除けスプレーがあると良いでしょう
http://www.yamakei-online.com/mt_info/info_detail.php?info_id=1014

posted by fom_club at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

なないろの空・続編

 あれは2011年3月24日のことです。
 ヤッホー君のこのブログの日記で、「飯館村・なないろの空」を紹介したことがありました。
 いまも元気でご活躍のご様子!安堵すると同時に、一度おじゃましたいような気がしております。

3月11日の朝は晴れていた。
 この日は農家民宿につかうバンガローの棟上3日目で、研修生の坂田さんと屋根の「棟」を上げる日であった。
 去年1年間の農業研修を12月で終えた坂田さんが、家作りも学びたいということで、1月から木材の「墨付けと刻み」という構造材の加工、準備を一緒にやってきた。
 その作業の仕上げであり、晴れ舞台である「棟上」の日であった。
 作業は順調で、午前中に屋根の母屋(もや)と棟を無事に組み上げることができた。
 妻と子供たちは福島市の友人のところに出かけていたので、子供たちが帰ってきたら「餅まき」をしよう、と言いながら昼食にささやかなお祝いをした。

 午後になって、雪が降ってきたので、予定していた作業は取りやめ、坂田さんは作業場で材木加工、僕は棟上した小屋の最終チェックをするために屋根に上り作業を始めた。
 その時、その地震はやってきた。
 ゴゴゴゴーという凄まじい地響きと共に、大きな揺れが襲ってきた

(村上真平「3月11日」)
http://www.nanaironosora.sakura.ne.jp/3.11.pdf

私たち(村上真平、日苗、美月、空美、日那)は現在、下記の住所に避難しています。
 三重県伊賀市高尾床並861
 Tel: 080-1619-3862 (真平)
 Tel: 080-1619-3803 (日苗)

 地震があった日の深夜(12日午前2時)、福島第1原発の1号機の炉心が2度目の露出したことを知ったとき、避難を決めました。
 12日山形、14日浜松、16日三重県伊賀市にある、真平の母校、愛農学園へ。
 そこで、福島から、避難してきた人たちを受け入れる責任を負うことになりました

http://www.nanaironosora.sakura.ne.jp/

 でもこのサイトの住所はきちんとムカシのまま:

〒960-1636 福島県相馬郡飯舘村前田字豊栄36 Tel/fax 0244-42-0337

と500日経ったイマでも、誇らしげに記載されたいます。

 「愛農高校」とは…

三重県の伊賀市にある全校生徒60名の小さな私立の農業高校です(ウイキ;独立の農業高校としては全国唯一の私立高校である)。
 全寮制で、男女共学、聖書に基づいた教育を土台としています。
 先生も学校の敷地内に住んでおり、みんな仲良く和気あいあいと生活しています。
 
 愛農学園農業高等学校 〒518-0221 三重県伊賀市別府690 Tel 0595-52-0327

http://www.ainou.or.jp/gakuen/

3回目の開催となる今年2011年は、全国から1025件の応募があり、大賞には学校法人愛農学園農業高等学校(三重県伊賀市)が選ばれた。全寮制の農業高校で、若い担い手を育て、卒業生の45%が就農していることなどが高く評価された。
 4つある部門別の最優秀賞には、プロダクト部門でエースコック(株)、製造・流通・システム部門で(株)セブン・ミールサービス、コミュニケーション・啓発部門で和田浦くじら食文化研究会おかみさんの会、研究開発・新技術部門で東京海洋大学が選ばれた。
 また新設された東日本大震災の復興への取り組みを表彰する「食べて応援しよう!賞」には、生活協同組合連合会コープネット事業連合など10社・団体・学校が選ばれた

(農業協同組合新聞: 食料自給率向上に取り組む企業・団体などを表彰する「フード・アクション・ニッポン アワード2011」は2011年12月14日に都内で表彰式を開いた)
http://www.jacom.or.jp/news/2011/12/news111216-15682.php

posted by fom_club at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

肩の小屋

 エッ、なに、なに。「標高3000mに建つ山小屋は、夜遅くまで笑い声が上がり、深い霧に包まれていきました」ってさ、多分、小屋の外のベンチでの酒盛りでしょうね。
 あるいは貸切り状態ゆえ、小屋番が特別に許可して、中でおやりになったのかな?

 ヤッホー君がはじめて、山小屋泊の山行に連れて行ってもらったのが、北岳3000mにある「肩の小屋」です。
 山先輩の松木さんから寝酒用に強いお酒を持っていけばいい、と薦められて持参したのがブランディ。
 それを小屋の中、一階のストーブのところで、ストーブにあたりながらちびり、ちびり、やっていたのを思い出します。

北岳肩の小屋:
 北岳山頂の北方、標高3000メートルにある山小屋。収容人員は150人。キャンプ指定地で50張りが可能。南アルプス北部では最も高い場所にある。稜線上に建っていて東は大樺沢、西は野呂川が見下ろせる。展望もいい

(南アルプス市観光協会)
http://www.minami-alpskankou.jp/yamagoya.html

夏山シーズン到来!!
 頂上に一番近い山小屋、肩の小屋に泊まり南アルプス北岳登山をおおいに満喫しよう。
 360度のパノラマの絶景は圧巻! 花と富士山の展望は太鼓判です。
 当小屋の前庭から感動的なご来光や富士山の絶景が見られます

●広河原より大樺沢二俣コースは橋が架かり通行できます。二俣より右俣へコースをとり小太郎尾根より肩の小屋へ。または御池小屋経由で肩の小屋へお越しください。
二俣より八本歯ノコルへの登山道は残雪がありますのでアイゼン、ピッケルが必要となります。
●ただいま夏の高山植物満載のシーズンを迎えています

http://www2.ocn.ne.jp/~kitadake/

標高3千mの小屋.jpg

 なお山歩クラブでは、7月8日日曜日の月例山行のとき、高峰山からの下山をランプのお宿、高峰温泉方面にして下りました。
 そして今冬、スノウシュウかクロカンか、両方か(やっぱり)、再度訪れることにした宿です。
 それが標高2000メートル。

標高2000m 雲上の野天風呂 天然温泉・かけ流し・飲泉可
 ご宿泊者専用となります。最大 4名様程度迄の小さなお風呂です。
 眼下に高峯渓谷を見下ろしアルプスの山々を望む絶景野天。
 薬効高い源泉かけ流し風呂につかり、身も心もゆっくりと解きほぐしてくれる、自然の恵みと高峰の自然を肌で感じながら自然と一体感になれる絶景野天風呂

http://www.takamine.co.jp/nb/n_onsen.html

標高2千mの小屋.jpg

 縁起も良く、これで7月には、1000メートル刻みで宿の記念写真がとれました。
 エッ、なに、なに。4000mの小屋はないけど、海抜ゼロメートルのお宿がないってさ、…
 えっ、何、何、やっぱり「ヤッホー山荘」なの?

posted by fom_club at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

北岳の標高値

 今回の北岳の山旅、想うところ数白根ども、一つびっくりしたのは、三等三角点でした。前に来たときにもあったのかな…? 想い出せません。 

国土地理院(院長 渡邊茂樹]は、北岳(山梨県南アルプス市)の山頂部の標高を現地で測量しました。
 その結果、この地点の標高が3193mであることを確認しました。
 北岳は、南アルプス、赤石山脈北部の白根山系の主峰で、日本では、富士山(剣が峰3776m)に次いで二番目に高い山です。
 これまで国土地理院が公表している「日本の山岳標高一覧(1003山)」では、三等三角点「白根岳」の高さ3192mを北岳の最高地点としてきましたが、今回の測量で三角点より南南西の方向約28m離れた岩盤上に、約80cm高い地点があることを確認し、この地点を最高標高値とすることとしました。
 また、国土地理院ホームページ上の「日本の主な山岳標高−日本の山岳標高一覧(1003山)−」において、北岳の標高値を3193mに改定し、今後、2万5千分1地形図「仙丈ヶ岳」にこの地点と最高値を表示します

(発表日時2004年10月15日(金)14時00分 国土地理院 報道発表資料「日本第二の高山「北岳」を詳細に測量 標高3193mに改定します」)
http://www.gsi.go.jp/WNEW/PRESS-RELEASE/2004-1015.html

夜の交流の場で、旧柱石と盤石を「肩の小屋」に下ろすことが、登るより大変であったと聞きました。
 達成感に満ちた杯を酌み交わしながら、これほどまでに三角点にロマンを感じている方々がいることを目の当たりにし、国土地理院を取り巻く多くのファンがいることに思いを致しました。
 標高3000mに建つ山小屋は、夜遅くまで笑い声が上がり、深い霧に包まれていきました

…これはどこの山岳会のサイトなのか、と想われるでしょう。またいつのときだったのでしょうか?

 見事、正解されたのはよほどの北岳ファンであるか、ですよね、思わず脱帽したくなるヤッホー君、というよりお近づきになりたいヤッホー君、です。

 国土地理院 関東地方測量部 の文責になる「北岳3193m三角点を102年ぶりに一新」の記事からなのでございます(「国土地理院広報 2006年8月」)。
http://www.gsi.go.jp/WNEW/koohou/458-2.htm

 どういうことか、と言いますと、山頂に終に立った山歩クラブの面々、ひとり不思議がっていた人物がいたのです。
 おかしいな、おっかしいな、と例によって鳩ぽっぽのように首を盛んに振りながら、呟いているのでございます。
 その名は、相変わらずヤッホー君!

 まず、肩の小屋から北岳アタックするときは、最後の登頂のときに胸突き八丁のような急勾配の岩肌があったけど、今回、そんな岩肌を気にせず、危険箇所とも思わず、すいっと登って山頂だったよね。この廃道かな、と下を覗きこみます。

 それと、こんな三角点はなかったなぁ〜、それにカッシー、この三角点、しかも一等でなく三等三角点なんだけど、3012mとあるよね、でも標識見てごらん、3013mとあるじゃん、なんか変だよねえ。
 カッシーはおもむろに、冷静沈着に答えます、皆で小石ひとつづつ持って登山して登頂記念にケルンのように積み上げると1メートルなんてすぐ高くなります!
 
 そうか、帰宅したヤッホー君、いろいろ文献にあたりました。
☆ 中西俊明『花の山旅H北岳』(山と渓谷社)…2000年6月初版第1刷
☆ 深田久弥『日本百名山』…ヤッホー君は2000年12月44刷の新潮文庫版をいまだに持っております。
☆ 2001年版『山と高原地図 43 甲斐駒、南アルプス北岳』(昭文社)

 以上、いずれも3192mとなって表示されております。

 さらに2002年8月3〜5日の行程表がでてまいりました。これは2度目の北岳への山旅のはず。
 1日目は7時ちょうどの新宿発あずさ1号で甲府に向かい、甲府発9時の山梨交通発広河原ロッジ行きバスに乗り11時着。3時間かけて白根御池小屋着、泊。
 2日目は、7時に草すべりを直登、11時半小太郎尾根経由、3000mの肩の小屋着。12時半北岳山頂3192mでお昼。2時2900m北岳山荘着。
 3日目は、7時に小屋をでて、トラバースルート、梯子、八本歯のコル、二俣、広河原ロッジ前12時半。帰りは1時45分のバスに乗り、芦安温泉で汗を流し、16時発の甲府行きバスに乗り、17時42分甲府着、特急あずさで帰京
、との行程だったようで。

 芦安温泉とは、「ヘルシーハウス山渓園(南アルプス市芦安芦倉409 Tel 055-288-2600)」でしたね。

 でも、ね、でも、ね、ぼくたち、お父さんお母さんにおねだりして、国土地理院(地図と測量の科学館)に連れて行ってもらいなさい、ヤッホー君も自由研究で何度か夏休みに訪れたことがあって、勉強のできるとてもよいところだよ。
 夏休みイベントもあるし…。ここは茨城県つくば市北郷1番 Tel 029-864-1111.

posted by fom_club at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

女性寿命、世界一から転落

 エッ、なに、なに。「熱中症による死者数は、台風などの自然災害(東日本大震災を除く)による死者数を大幅に上回っています」ってさ、じゃあ、3.11を考慮すると、どうなるの?

 これも深刻な問題です!

Japanese women lose life expectancy lead after tsunami

Average lifespan fell to 85.9 years in 2011, putting it behind that of Hong Kong, after 26 years at top of global chart

The massive loss of life in last year's tsunami disaster in Japan has trimmed the average life expectancy of the country's women, knocking them off the top of the global longevity chart for the first time in 26 years, according to government data.
The health and labour ministry said the average lifespan of Japanese women fell by 0.4 years to 85.9 years in 2011, putting it behind that of women in Hong Kong who average 86.7 years.
The large number of elderly victims was a defining characteristic of the disaster in March 2011, which killed almost 16,000 people and left about 3,000 unaccounted for. National police agency statistics show that more than 56% of those who died were aged 65 or older, and almost three-quarters of those missing were over 60.
More than 90% of the victims drowned or died from injuries sustained in the tsunami, compared with a tiny number who perished in the magnitude-9 earthquake that preceded it. In small towns and fishing communities with ageing populations, many victims were unable to flee quickly enough before being swept away by the waves. Others were stranded at home and could not be reached in time by younger neighbours.
The high number of suicides also played a role in the drop in women's longevity, the ministry said. Suicide rates have fallen slightly among men in recent years but have risen among women. The number of suicides in Japan exceeded 30,000 last year for the 14th consecutive year.
The average life expectancy among Japanese men fell slightly to 79.44 years, leaving them level with Italians in the global rankings. Swiss men head the chart with an average life expectancy of 80.2 years.
Experts attribute Japan's impressive longevity statistics to a diet low in fat – though high in salt – and to strong relationships with neighbours, universal access to healthcare and a comfortable standard of living after retirement.
Despite the slight drop in life expectancy, the ministry figures show that a large proportion of Japanese will live well into old age, with more than 45% of women and 20% of men expected to celebrate their 90th birthday.
(…Justin McCurry in Tokyo, guardian.co.uk, Thursday 26 July 2012 15.27 BST)

震災から500日がたった。死者1万5867人、行方不明者2906人(7月18日現在)。
 犠牲者の数を書き写しながら、その多さに今更ながらおののく。
 ストレスによる病気の悪化や自殺などの「震災関連死」も3月末で1600人を超えた
 周囲でも、小学校時代の同級生が震災の影響で仕事に行き詰まり、自ら命を絶ったとの知らせを受けた

(2012年07月23日月曜日 河北新報 河北抄)
http://www.kahoku.co.jp/column/khksyou/20120723_01.htm

 ね。こうしたなかでびっくり発言も飛び出すのです!中部電力の課長さんだそうです:

エネルギー・環境政策に関する意見聴取会で、電力会社社員が原発推進の意見を表明し反発を招いた。政府は関連会社を含めて意見表明を認めないなど改善を決めたが、原発政策に対する不信感を募らせる結果となった。
 政府のお粗末な運営が招いた事態だ。一方で、電力会社・社員側の姿勢にも疑問がある。抽選方式の応募には「当事者」は遠慮すべきだった。電力会社には他にも意見表明の場があるはずだ。
 もとより、エネルギー政策については電力会社の意向が強く働いてきたことが指摘されている。原子力ムラの弊害は東京電力福島第1原発事故で顕著に示された。だからこそ、電力各社は今、国とともに国民の声に謙虚に耳を傾ける必要がある。
 意見聴取会は、2030年の原発比率について、「0%」「15%」「20〜25%」の3選択肢に国民が意見を述べる場として7月14日に始まった。
 しかし開催地は全国11都市と少なく、発言時間や人数も制限。特に人数は各選択肢3人ずつと設定された。このため「政府のアリバイづくりにされかねない」と疑問も出ていた。そのような中での電力社員の登場だ。
 仙台会場では東北電力企画部長が「会社の考えをまとめて話す」として20〜25%案支持を主張。名古屋会場では中部電力の課長が「個人として」と前置きしながらも「福島原発事故で、放射能の直接的影響で亡くなった人は一人もいない」と述べた。
 反発が生じるのは当然だ。いくら「個人的意見」と言っても、受け止める側はそうは思わない。意見される側の「意見表明」は、違和感が強すぎる

(2012.7.19付け岩手日報 電力社員の「意見」 聴取会にはなじまない)
http://www.iwate-np.co.jp/ronsetu/y2012/m07/r0719.htm

 そして、『少なくとも、意見を言いたいと申し出た人の7割以上が0%を選んでいるのだから、9人なら6〜7人は0%の人から意見を聞くのが公正・公平な抽選というものでしょう』という異見を述べる人の選出方法に対する疑義はあるし、この『事故死ゼロ』を平気で言えるこの電力会社の課長にも、『あなた、ほんとうに日本人ですか?』と問いただしたくなります。

2011年3月31日午後2時2分に共同通信から配信された情報によると、警察当局は、原発から10キロメートル以内に震災、凍死、あるいは放射線の打撃で亡くなり収容できないご遺体が数100から数1000あると推定していると報じた。
 その頃、上杉さん達の事実を伝えたいというジャーナリストは必死になって現場に入る許可を政府に求めていた。「少しでも情報があれば、まだ救われる人がいる」と叫んだが、政府は許可を与えなかった

(平成24年7月18日 武田邦彦 ブログ 「無念の死を遂げた人たち」)
http://takedanet.com/2012/07/post_5ff5.html

posted by fom_club at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

heat dome

 エッ、なに、なに。「地球温暖化などの影響でシカの生息域が拡大した」ってさ、なんのこと?
 これは深刻な問題です!

 今日7月26日木曜日は、『猛暑日が110地点を超え、今年一番の暑さとなりました。このあとも暑い空気が残って、熱帯夜になる所が多いでしょう』(ヤフーの全国お天気概況から)。そしてその下にカーソルを下していくと出てくる「チーム森田の天気で斬る」のコーナーでは、こんなことも:
『ここ数年の6〜9月の熱中症による死者数は、台風などの自然災害(東日本大震災を除く)による死者数を大幅に上回っています』って。

 実は昨日、ヤッホー君の愛読紙、ガーディアン紙には、グリーンランドのことが載っていました。

Greenland ice sheet melted at unprecedented rate during July - Scientists at Nasa admitted they thought satellite readings were a mistake after images showed 97% surface melt over four days -(Suzanne Goldenberg, US environment correspondent, guardian.co.uk, Tuesday 24 July 2012 22.48 BST)
http://www.guardian.co.uk/environment/2012/jul/24/greenland-ice-sheet-thaw-nasa

 そうしたらNHKが取り上げてくれていました:

北極圏のグリーンランドを覆う氷の表面が、今月中旬にほぼ全域でとけたことが、NASA=アメリカ航空宇宙局などによる観測で分かり、NASAでは、暖かい空気の塊が上空にとどまり、前例のない規模で氷がとけだしたものとみて、観測を続けています。
 これは、NASAが24日、アメリカの大学の研究チームなどとともに人工衛星による観測データを分析して発表したものです。
 それによりますと、グリーンランドを覆う氷の表面がとけた割合は、今月8日の時点で、全面積の40%ほどだったのが、その後、急速に氷がとけ出し、4日後の12日には、97%にまで達し、ほぼ全域で氷の表面がとけたことが分かりました。
 グリーンランドを覆う氷の表面は毎年夏に全面積のおよそ半分がとけるものの、これほどの規模で氷がとけたのは、30年余りの観測史上、例がないということです。
 また、島の中心部に位置する標高およそ3200メートルの山の頂上付近の氷も、およそ120年ぶりにとけ出したことが確認されたということです。
 その原因について、NASAでは、暖かい空気の塊がグリーンランドの上空にとどまったためとみていて、海面上昇などにつながるおそれがないか注意深く観測を続ける必要があるとしています

(7月25日 17時46分 NHK 「グリーンランドほぼ全域氷とける」)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120725/t10013849321000.html

 このグリーンランド、実はムカシ:

中世には今よりずっと暖かくバイキングが定住したグリーンランド。
 地球温暖化が進んで当時の気候がよみがえりつつある。
 グリーンランドの人びとは、緑の大地がよみがえり、これまで氷に閉ざされていた石油資源で豊かな生活を送ることを夢見ている

http://nationalgeographic.jp/nng/magazine/1006/feature03/

 これはナシジオ、『ナショナルジオグラフィック日本』版からのグリーンランド紹介でした。
 ≪グリーンランド≫ってどこにあるの - お子さまに聞くか、一度、世界地図を開いてご確認くださいませ。 

 ま、そんなわけで、シカの方でも(カモシカでなくニホンシカ!)、ムカシ、オオカミが天敵でそれを畏れなければ、北岳の山頂にだってシカ仲間で高山植物をおなかいっぱい食べた後、皆して寝そべっていた豊かなムカシの生活の記憶があるわけだから、ヤッホー君、別に驚くことはないんですよ、だって…!?! しかし…!?!

 だからヤッホー君が冷暖房器具を使用しないのは、ケチだからでも節約しているわけでも貧しいからでもなくって、エコライフでもロハス(lifestyles of health and sustainability)なんて流行りを追っかけしているんじゃなくって、そんな器具がなかったムカシの生活の記憶があるから、保守本流の暮らしができるんでしょう、と(ホントかな?)。

 ところで、このナシジオの『読者プロフィール調査』って面白いですので、ぜひクリックしてみてくださいね。

ナショナルジオグラフィック協会は、世界最大級の科学・教育関係のNPO団体であり、1888年にアメリカでグラハム・ベルや科学者によって創設されました。
 以来、約120年にわたり全世界の人びとに向けて、地球上の森羅万象への関心を喚起する情報を発信してきました

http://adweb.nikkeibp.co.jp/adweb/mad/doc/nng_md_prf.pdf

posted by fom_club at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

北岳にもシカ柵が!

 エッ、なに、なに。「1日目はお花畑でシカ柵の設置活動を体験し」ってさ、なんのこと? だってここは、御前山1405mでも櫛形山2052mでもない、冨士山の次に高いお山、北岳3193mなんでしょ、そこに、シカ?

南アルプス・芦安中は、南アルプス・北岳への全校登山で、ニホンジカの食害防止ネットの設置活動を行なった。北岳では近年、希少な高山植物の食害が深刻化していて、生徒らは活動を通して、地元の山の環境保護対策について学んだ。
 同校は自然体験教育の一環として、1977年から南アルプスへの全校登山を実施。今年は生徒たちに現在の北岳の自然環境を知ってもらおうと、食害防止ネットの設置活動を行うことにした。
 ネットの設置活動は、環境省の事業の一環。
 今回設置したのは北岳の北東に位置する、標高約2700〜2750メートル地点の約2千平方メートルの範囲で、周辺にはシナノキンバイやハクサンチドリなどの高山植物が群生している。
 生徒たちは、ネットをつないでいるロープを地面にくいで固定したり、針金でネットを止めたりして、設置の一部を手伝った。
 2年の五十嵐直斗君(14)は「自然環境について考えるよい機会になった。今回の経験を生かして、今後も北岳周辺の環境について考えていきたい」と話していた。
 近年、北岳周辺ではニホンジカの群れが標高1500メートル以上の高い地点で確認され、高山植物の食害が問題となっていることから、同省が自然保護活動を進めている。同行した同省の宮沢泰子自然保護官は、「ネットの設置を通じ、南アルプスの自然環境について知ってもらえたと思う。今後も環境問題に興味をもってほしい」と期待していた

(2011年7月27日付け山梨日日新聞)

 櫛形山を歩いたときのヤッホー君の報告記にもあったように、もう一度、この山梨日日新聞のおなじみキャスト、しんちゃん、ぶんちゃん、ニュータンの3人に登場してもらってさ、北岳などの南アルプスにいったい何が起こっているのか、基本的なことを学習してもみませんか:

しんちゃん: 外に出掛けるのに心地良い季節になってきたわね。今度ハイキングに行きましょうよ。
ぶんちゃん: 新緑がきれいな山に行ってみたいな。標高の高いところには普段目にすることができない植物もあるよね。
ニュータン: でもね、県内ではここ数年、高山植物がニホンジカの食害を受け、減少が心配されているんだ。
ぶんちゃん: 食害って何?
ニュータン: 動物が山に生えている植物を食い荒らしてしまうことだよ。最近ではハクサンイチゲやシナノキンバイ、シシウドといった南アルプスの高山植物にも被害が出ていることが、山小屋の人の話などで分かったんだ。
しんちゃん: なぜ最近になって高山植物など被害が深刻化してきたの。昔からシカは生息していたんでしょ?
ニュータン: シカが生息しているエリアは標高1500メートル程度までといわれているのに、最近では3000メートル付近で行動が確認されているんだよ。猟をするハンターが減ってシカが増加したことに加え、地球温暖化などの影響で生息域が拡大したことが原因と見られているようだよ。
ぶんちゃん: このままでは貴重な高山植物が絶滅してしまう可能性もあるってことか。
ニュータン: 問題はそれだけじゃない。草が食べられて踏み荒らされれば、地面に砂や石がむき出しになり、植物が育たなくなってしまう。
しんちゃん: 山が砂漠みたいになってしまうのね。そういえば、実際に丹波山村では、ニホンジカの食害で山の斜面が砂漠化して、民家の庭などに土砂が流れ込む被害が出たって、聞いたことがあるわ。
ニュータン: 県は「管理捕獲」などシカの数を調整する対策をとっているけれど、すぐに効果があるものではないんだ。関係機関が協力して、有効な対策を探ることが求められている。
ぶんちゃん: 温暖化の影響はこんなところにまで被害をもたらしているなんて知らなかった。
しんちゃん: 環境問題をもっと身近なものとして考える必要があるわね

(紙面掲載日2007/5/29 南アルプスでシカの食害)
http://www.sannichi.co.jp/WAKUWAKU/20070529.php

ぶんちゃん: このところ、シカやイノシシが植物や農作物を食べ荒らすという被害がいろんな所で報告されているよね。
しんちゃん: そうね。甲府市の武田の杜では、自生するヤマユリの球根がイノシシに食べられる被害にあったそうよ。
ニュータン: 県によると、昨年度のニホンジカとイノシシによる農作物被害は約1億3900万円。木の皮がはがされ食べられるといった森林被害は約1億700万円以上になったそうだ。
ぶんちゃん: えーっ、一億円以上にもなるの?
ニュータン: 捕獲された数は、ニホンジカが2552頭、イノシシが3903頭にも上るんだ。
しんちゃん: 県外でも、同様の被害は深刻化していると聞いたことがあるわ。
ニュータン: そこで、被害を逆手に取った地域おこしが始まろうとしているよ。県内では先月末、食害を防ぐために捕獲した後のシカやイノシシの肉を加工して観光振興につなげようと、「ジビエ活用連絡協議会」が立ち上がったよ。
ぶんちゃん: ジビエ? 何だか聞き慣れない言葉だね。
ニュータン: ジビエはフランス語で狩猟肉のこと。協議会では、ジビエを特産化するため、来年度までに衛生管理のガイドラインを決めたり、ジビエのモデル販売を行うそうだ。
しんちゃん: 特産として販売することで、観光振興にもつながるのね。
ぶんちゃん: 狩猟肉のことなら、島根県三郷町では生産者組合が町と協力して、イノシシ肉を精肉やシューマイとして販売したりしているよね。宮崎県ではシカ肉のハムやソーセージを販売しているんだよね。
ニュータン: さすがぶんちゃん。食べ物のこととなったら目がないんだから。
しんちゃん: シカ肉は繊維質が多くて脂身が少なく、あっさりとしているのよね。高タンパクでカロリーが低いから、女性に喜ばれるんじゃない? イノシシも夏に捕獲される肉は冬場より脂肪分が少ないそうよ。
ぶんちゃん: しんちゃんもちゃんとチェックしているんじゃないか。被害対策と地域おこしで“一石二鳥”だね。新たな山梨のブランドとなるといいな

紙面掲載日2007/8/7 シカ、イノシシの食害防止で県が新方策)
http://www.sannichi.co.jp/WAKUWAKU/20070807.php

 そうなんですう、山歩クラブの面々、シカ除け柵を北岳でも目にしたんですう!
 北岳から下町への帰路の車中、皆んなで「鹿肉を食べに行ってみる会」をやろうね、と相成りましたが、こんなシカ除け柵が北岳のお花畑に登場して出てくるんですよ、まったく、ビックリしたなあ、もう。

鹿柵.jpg

 しかし、シカ連中、カミナリにであったりする真夏の北岳、どう連中は教わってるんだろうね、ハイマツの下に隠れろって? 決して岩とかシカ柵とか高い木のそばに近づくなって? その場にうずくまれって? 身につけた金属は外して放り投げろってかい?
 だって、だってさ、この柵は通電性があるんだよ!

雷注意.jpg

posted by fom_club at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

芦安中学校

 高妻潤一郎さんといえば、昨年の平成23年9月27日(火)には、「写真家 高妻潤一郎氏と行く撮影トレッキング、仙水峠(2264m)」が企画、実施されていたようですね:

深田久弥が日本百名山で「甲斐駒ヶ岳は名峰である。もし日本の十名山を選べといわれたとしても私はこの山を落とさないだろう」と書いたように、甲斐駒ヶ岳は日本アルプス屈指の名峰。
 山梨県と長野県境の北沢峠からの登山コースにあるのが仙水峠です…
 同行する写真家は高妻潤一郎氏。
 山岳写真の会「白い峰」に所属。山岳写真家白旗史朗氏に師事し活動を続けています。
 高妻氏は北岳「白根御池小屋」の管理人です。
 20代で本格的に登山を始め、キリマンジャロをはじめ、世界の山々を巡りツアー客を安全に山頂へ導いています

(南アルプス市と山梨観光推進機構のツアー企画)
http://www.yamanashi-kankou.jp/y-tabi/eco/syuryou/h23sennsuitouge.html

 山歩クラブの甲斐駒への山旅では、南アルプス市芦安地区からではなく、仙流荘(伊那市長谷黒河内1847-2)をベースに北沢峠に入って、歩いてきましたが、山の先達と歩いて、いろんなことを教わるのも一興です。
 
 ちなみに仙流荘の指定管理者は、「伊那市観光株式会社」です。
 そして白根御池小屋の指定管理者は、特定非営利活動法人「芦安ファンクラブ(代表は花岡利幸山梨大学名誉教授、事務局は、南アルプス市芦安芦倉1589-8 大滝要造方 Tel 055-288-2531)」です。
http://www.nus.ne.jp/~afc3193/
 
 「芦安ファンクラブ」の事務局長は、清水准一さんです。この方は、芦安中学校の登山講師も勤められています。
 実は、実は、昨年の平成23年7月15-17日のことですう、2泊3日で全校生徒職員北岳登山を実施しておりましたあ。すご〜い!!

体調不良等で2名の生徒が欠席となって残念でしたが、12名の生徒と教職員7名と、案内やサポートをしてくださる指導者の清水准一さん、事前学習でご指導いただいた環境省自然保護官宮澤さん、市みどり自然課の廣瀬さん、市教委文化財課斎藤さん、昨年に引き続いての仏像ガールの廣瀬さん、前教頭の齊藤先生など支援者9名、保護者2名、合計31名で行ってきました。
 天候に恵まれ、だいたい予定通りの行程で行動できました。
 1日目はお花畑でシカ柵の設置活動を体験し、2日目はキタダケソウをはじめ高山植物の観察、元気な生徒は間ノ岳まで足をのばし、3日目の帰路ではライチョウの姿を見ることができました。
 また、1日目の夜体調をくずした生徒も肩の小屋のご配慮と支援者の方の励まし等で復調し、2日目の午後には本隊に追いつくなど絶好調になり、みんなを驚かせるほどの回復ぶりでした。
 どの生徒も苦しさに負けず頑張って登り、生き生きとした表情で山の素晴らしさを十分味わい、環境問題にも目を向けることができました。
 素晴らしい体験ができた3日間でした

(更新日2011年10月11日、北岳登山(2泊3日)
http://www.ashiyasu.m-alps.ed.jp/?page_id=6180

《生徒作文より》
〔前略〕ついていけない私のために、何回も止まってみんなで待っていてくれていたことは、すごくうれしかったし、自然にチームワークみたいなものが感じられてきて、なんだかホッとしました。
 「あっ、芦中生はやっぱり仲が良いんだな」と改めて実感することができました。
〔中略〕今回の登山が楽しかったと思えるのは、このチームだったからというのもすごく大きな理由だと思います。
〔中略〕不安はたくさんでしたが、そういったもの全て「できた」や「良かった」に変えられ、またそれが今後のための大きな自信になりました

(山梨県南アルプス市立芦安中学校「仲間と学ぶ宿泊体験活動」)
http://www.ypec.ed.jp/gimukyo/taiken/words/nakamatomanabu/ashiyasutyuHP.pdf

 そして今年は、と言いますと…

7月2日より、全校登山(今年は仙丈ケ岳)に向け、早朝トレーニングを開始しました。
 7:40に準備体操をして、登山のグループごとに、日替わりで3つの山道コースを歩きます。
 登山靴をはき、砂袋を入れたザックを背負って歩きます。
 体力づくりが一番の目的ですが、チームワークづくり、登山靴やザックの扱い方になれることも目標として歩きます。
 1日目は、準備に時間がかかってしまいました

(H24登山事前トレーニング)
http://www.ashiyasu.m-alps.ed.jp/?page_id=7072

 しかし、7月11日〜14日はあの九州北部豪雨だったのです。

7月13日・14日予定の仙丈ケ岳登山ですが、明日はまだ荒天の予報がでていますので延期し、7月16日・17日に実施することにしました。
 今回は、生徒それぞれが感動した、気に入った場面を写真に撮り、詩で表現する活動を予定していますので、荒天をさけることにしました。
 16日・17日が良い天気になることを期待したいと思います

(明日の登山は延期です (2012年7月12日)
http://www.ashiyasu.m-alps.ed.jp/?p=7128

 果たして晴天のなかで全校登山は実施されたのでしょうか、次回をお楽しみに。

posted by fom_club at 21:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

夏山へGO!

『登頂よかったですね。いつか私も登頂します!
 8月定例山行(霧が峰)のため、今日7月22日は夫と久しぶりに高尾山(北岳とは比較になりませんけど)を歩いてきました。
 どんな山でも山は山、山は素敵です。
 北岳のお話たくさん聞かせてくださいね』
(2012年7月22日 20:52)
 
 ありがとう!

『NHK録画予約しました。8月はお山歩に行けると思います。
 まだ、足の故障が回復していませんが、出発までには治ると思います。
 よろしくお願いいたします』
(2012年7月18日 22:22)

『北岳登山はTVで見ました。
 自分が登っているような気分でした。
 いい山ですね。
 でも厳しそうで、私にはもう登れませんが』
(2012年7月22日 18:25)

 TV? んっ? 何事があったのかな?

『今日7月16日月曜日は海の日、朝から猛暑ですよね。
 ヤッホー君はせっかくいただいた休みの日、朝から7月20〜22日2泊3日の北岳、8月夏合宿の行程表づくりに汗を流しております(冷たいものの差し入れ大歓迎)。
 7月北岳は初日、白根御池小屋に3名の予約を入れたのですが、小屋からこんな情報がありましたのでご紹介:
≪7月20日NHK総合(関東圏)にて、19時半から「夏山にGO」という番組が放送されます。
 平岳大さんが北岳に登られました。
 御池小屋も映るかもとのことです、是非ご覧ください≫』
 
 たしかに…

『2012年7月20日(金)午後7時30分〜午後8時43分「夏山へGO!-達人と楽しむ日本の名峰-』
 山の達人の案内で、関東甲信越各地の名峰を訪ねる首都圏スペシャル。
 今回は、間もなく本格的な登山シーズンを迎える夏山の魅力を紹介します。
 平岳大さんが登るのは南アルプス北岳(標高3193m)。
 山好きで知られるKIKIさんは谷川岳の麓の沢遊びに挑戦します。
 新潟県は苗場山の山麓にある秘湯を訪ねる山旅。
 そして、クライマックスは上高地を起点に穂高を縦走し、槍ヶ岳を目指します。
 都会では味わえない絶景や遥かなる頂を目指す感動が満載のVTRに加えて、スタジオでは山道具の正しい使い方や快適な山小屋の過ごし方など、安全な夏山の楽しみ方を実践トーク。
 視聴者のみなさんからの写真やツイッターなどによる夏山の体験談や情報もまじえ、家族そろって楽しめる番組です;
【出演】平岳大(俳優)、KIKI(モデル・女優)、田部井淳子(登山家)、江本悠滋(山岳ガイド)
【VTR出演】高妻(こうづま)潤一郎(山小屋管理人)、永井拓三(山岳ガイド)、マイク・ハリス(キャニオニングガイド)』
(首都圏スぺシャル【総合テレビ】関東甲信越金曜午後7時30分〜午後8時43分)
http://www.nhk.or.jp/shutoken/special/

 そうか、もしかして白根御池小屋がこれほど「観てね」メッセージを発信するということは、高妻潤一郎(山小屋管理人)のことかな?

南アルプスの標高2200m地点にある白根御池小屋。
 開山した6月26日は雨となり、山小屋のロビーには、テレビに映る天気図を食い入るように見つめる登山者たちの姿があった。
 「この様子じゃ明日は荒れるかもしれませんね」「稜線に出ると強風が心配されるので気をつけてください」
 管理人を務める高妻潤一郎さん(46)は、登山者たちに丁寧に助言する。
 長年の山とのつきあいで、登山者の死を目の当たりにした経験を持つ山小屋の人々にとって、登山者の安全確保への思いは人一倍強い。高妻さんもその一人だ。
 20代で本格的に登山を始めた。山岳ツアーのリーダーなどとして、アフリカの最高峰・キリマンジャロ(標高5895m)など世界の山々を巡り、ツアー客を安全に山頂へと導いた。南アルプスの山小屋で働き始めたのは2005年。昨年からは管理人となり、登山者の安全に心を砕いてきた。
 「登山者への助言も(山小屋の)仕事です」と高妻さん。
 山の怖さを知るからこそ、どんなに忙しいときでも、真剣にアドバイスを送る。
 雲行きや風、天気図などに加えて、山での豊富な経験が助言に生きてくる。
 ただ、「あくまで助言は最良の選択肢を提示することで、最後の選択は登山者自身です」とも言う高妻さん。
 1シーズンに延べ4000人が利用するという白根御池小屋。
 「無事に戻ってきて、また元気な顔を見せてください」−。そんな願いを秘め、登山者を見送る日々が今年も続く
』 
(2010年7月3日付け山梨日日新聞掲載 連載・南アルプス 自然と人[5]安全祈る山小屋管理人)
http://www.minamialps-net.jp/MUSEUM/NEWS/news_2010070301.html

posted by fom_club at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

北岳3193m

 無事、北岳3193mから下山、帰館しましたので、ご報告:

北岳山頂.jpg

7月22日「大暑」の日曜日、今朝は北岳山荘にて朝3時起床しました。
 朝食は4時半。
 5時に小屋を出て(雲で冨士山は見えず)、トラバース(ちょっと青空ものぞくなどして北岳山荘も白根三山の稜線も見えました)、八本歯のコル(地蔵岳のオベリスク、八ヶ岳も見えました)、アイゼンを装着して雪渓を下り、大樺沢を経て(そのころは小雨が降り止まず)、広河原(雨でした)に10時半下山、11時半の乗り合いタクシーで駐車場へ。
 南アルプス温泉ロッジ(南アルプス市芦安安倉1570 Tel 055-288-2321)にて三日間の汗を流し、歯を磨き、頭を洗って昼食、2時に現地をでました。
 途中は、まあスムーズな中央道のクルマの流れにのって、さほど渋滞にもあわず、5時には無事に帰着しておりました


 梅雨明けで満を持しての北岳でしたが、お天気は雨模様!でもかえってそのおかげで、ガスのなかに妖艶に浮かび上がる高山植物の花園は、幻想的、こわく的、夢幻の世界への誘いかと思えるほど。
 無事に現実の世界に戻っていま、ヤッホー君はほっとしているところです。

 北岳への山旅の前から、お話ししていきましょうか。
 土用の日前後、北岳登攀組と交わしていた確認事項のいくつかです。

山旅の予算は一日一万円、ですので2泊3日ですから三万円持っていれば良いでしょうか。
 あのぉ〜、カードは使えないので現金のご用意を…、では明日からよろしくお願いします


山旅の心得その二は荷を1グラムでも軽くすることです。
 切り詰めて切り詰めて、最後にはヘアカットショップに行って髪の毛を切ってもらった仲間もいましたが…。あと忘れやすいのがヘッドランプですね


山旅の心得その壱は「早立ち早着き」です。
 夏山での雷雨と驟雨は午後に多いので、リスク回避のために、天気の安定している午前中で山歩きを終えることです。
 たとえ余裕があって、もう一尾根、もう一山と思うところでブレーキ。
 登山は、踏み留まる勇気を持つことと背中合わせ--ヤッホー君の恩師、岩崎元郎先生、山の先輩、松木祥一さんに教えてもらいました。
 その代わり、山小屋に着いたら、小屋の周りの山歩、雷鳥と遊ぶ、高山植物を愛でること、そして山小屋の本棚にある珍しい本、雑誌の読書!

posted by fom_club at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

土用の日

 今日は7月19日木曜日「土用」です。
 このヤッホー君のブログ、お休みです。明日から2泊3日で北岳への山旅なのです。

こんにちは、明日は山行ですねぇー。大いに楽しんできてください。充分に気をつけて。また、土産話を期待しております。いってらっしゃい
今日7月20日は終業式と昼食会です。雪渓は気をつけて

 仲間よりエールももらいました。

 この間の16日「海の日」、ヤッホー君が没頭していたのは、北岳行程表です。こんなメッセージを思わず書き込んでおりました:

ヤッホー君が山を初めて3年目、大学の山岳部だったらもう立派なリーダーだ、リーダー研修で連れてってやる、と山の先輩、松木祥一さんに連れられて早朝、暗いうちに江東区をクルマででました。
 当時は広河原までクルマが行けたのでございます。
 夜叉神峠でゲートが開くのを待って林道に入りました。
 そのときは肩ノ小屋泊でした。
 山小屋に泊まるのも初めて、先輩からはブランディを持ってこい、と言われ、イタリアでお土産に買った水筒にブランディを詰めなおして持っていきました。
 翌朝、小屋から見た朝焼けの冨士山には感動してこころに焼きつき、いまだに忘れることはできなく、あれから何度、北岳に向かったことでしょう。
 北岳は、ヤッホー君の一番好きな日本の名峰なのです

posted by fom_club at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

築地市場

1935(昭和10)年2月、海軍省跡地を使って築地に東京都中央卸売市場が開設されました。
 現在、築地市場は広さ約23haに約15000人が従事し、約36000人/日の買出人が訪れ、安全で安定した食材の供給が行われる文字通り「東京の台所」としての役割を果たしています。
 その名は世界にもとどろき、水産国日本の象徴的施設となっています。
 また隣接して、約500店舗が集積する場外市場では新鮮で品数豊富な商品を提供しており、市場と一体となって「にぎわいと食文化」の拠点を形成しています。
 さらに周辺には、市場とほぼ同面積の規模を誇る浜離宮庭園や世界に誇る銀座ショッピングストリート、歌舞伎座・新橋演舞場・数々のホールなどの文化施設、東京の名橋の一つである勝鬨橋や隅田川など多くの観光資源が存在し、東京の一大都市観光エリアを形成しています。
 しかしながら、近年、東京都により築地市場の豊洲移転計画が着々と進められています

(2004(平成16)年12月 中央区「築地市場地区の活気とにぎわいビジョンづくり委員会」中間まとめ)
http://www.city.chuo.lg.jp/kusei/kuseizyoho/kakkitonigiwaibizyon/files/019117.pdf

 ♪るんるん 一度決めたら 二度とは変えぬ これが自分の 生きる道るんるん

 そう、官僚とかってのは、どういうかたちでも一度決めたら、たとえその道が敗戦に向かおうとも「進め! 一億火の玉」なんですね、ムカシもイマも。

 で今日もびっくりしたヤッホー君。
 じつはこの<アプレ築地市場・青写真>まであったのでもうびっくりしたわけです。
 まずは、墨田川に架かるもういっぽんの新しい橋ができるんだって。

隅田川には数多くの橋が架けられていますが、その多くは関東大震災後の復興事業により架替え、または新設されたもので、さまざまな構造形式の橋りょう群が織り成す景観は、隅田川を行き交う観光船からも眺めることができ、多くの人たちの目を楽しませています。
 「隅田川橋りょう(仮称)」も、これら橋りょう群と比べても遜色がないよう検討を重ねてきました。
 海から隅田川を遡った場合、最初に架かる橋、第1橋梁として、清洲橋、勝鬨橋の伝統を引継いだ、優美なアーチ構造の橋となる予定です。
 工事については、平成23年度より下部工事に着手しました。
 周辺にお住まいの皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 環状第2号線のうち、中央区晴海五丁目から港区東新橋一丁目の間、約1.8キロメートルは、平成19年12月20日に都市計画事業認可を取得しました。
 このうち、隅田川を跨ぐ「隅田川橋りょう(仮称)」の整備を第五建設事務所橋りょう建設課が担当します

(江東区亀戸2-10-7 東京都第五建設事務所 公式サイトより)
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/goken/syuyo-jigyo/kyouryou-seibi/2-sumidagawa/hasi-kan2sumidagawa.html

 そして、環状第2号線…?!
 無知蒙昧、無知文盲のヤッホー君、ふっと思い出そうとしておりました。
 ほら、カンニってさ、あの6月5日「東京都23区内最高峰、愛宕山26mに初登頂成功!」とこのブログの日記でもご報告申し上げたあの「カンニ」では…
 そのようですねぇ〜

環状第2号線は、江東区有明を起点とし、中央区、港区などを経て千代田区神田佐久間町を終点とする全長約14qの都市計画道路です。
 1946(昭和21)年に新橋から神田佐久間町までの延長約9.2qについて、幅員100mで都市計画決定されましたが、1950(昭和25)年には、幅員が現在の計画と同じ40mに変更されました。
 その後、1993(平成5)年に臨海部との連絡強化を図るため、新橋から有明まで延伸する都市計画決定を行いました。
 道路構造については、1998(平成10)年に汐留から虎ノ門までの区間の本線を地下トンネル方式(トンネル延長約1.9q)とする都市計画変更を行いました。
 また、晴海から汐留までの区間については、2017(平成19)年に,隅田川より東側を橋梁・高架方式とする都市計画変更を行い、現在の計画となっています。
 この環状第2号線は、港区虎ノ門から千代田区神田佐久間町までの約8qが外堀通りとして供用しているほか、江東区の有明から豊洲までの区間も完成しています。
 現在、未整備となっている江東区豊洲から港区虎ノ門までの約5qについて、整備を進めています

(東京都市計画道路環状第2号線整備に伴う首都高八重洲線架替工事ホームページ)
http://www.yaesusen.jp/about/index.html

posted by fom_club at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

大田市場

 熱中行軍訓練のための山歩クラブのタウンウオーキングは、かくして「楽天市場」からはじまったわけですが、設定した目標は実は「太田市場(大田区東海3-2-1)」だったんですよ(ウソウソ、あとづけ…)。
 お目当てはもちろん「食堂」。だって欠食児童ですから。
 でも15日、16日と「大田市場」はお休み、でえ〜、しゃあないねえ〜、というわけで「東京港野鳥公園」になった、とこういうなんとま、複雑怪奇ないきさつがあったのでございますう(あ、そ)。
 だってさ、きいただけでもこんなお店があるんだもん:
☆ 「大松」事務棟2F 03-5492-5872 http://homepage3.nifty.com/fujiken-daimatsu/
☆ 「魚がし食堂 三洋食堂」 http://bistro-sanyo.com/index.htm
☆ 「寿々」事務棟2F 03-5492-2877
☆ 「山桜食堂」事務棟2F 03-5492-5870

 これは次回かな、、、ところで気を取り直して「東京港野鳥公園」の観察舎をめぐっていくと、ほら、良くサイキン街でみかけるでしょ、女性文字で、色違いのチョ−クで黒板に書いたような、レストランの前に、とくにお昼どきのランチタイム、たてかけてある板書に、ほら、シェフご自慢の今日の日替わりランチがこれこれで、ほかにも定番のメニューがこのお得な価格で、とかビックリマークかハートマークもつけて、だからてっきり、定食も食べられるんだ、とヤッホー君、弁当持っていながら、ちょっとこころが踊ったわけです。

 ちゃうちゃう、これはそれに似せた「ネイチャーセンター」の板書でございました。
 
 でも冷房の効いた中にいたお姉さんは、弁当持ってきたんですが、食べてもいいですか? とヤッホー君が聞いたら、とってもご親切に、
「ここは2階です。あのぉ、どの階で食べてもいいですよ、でも下の一階に下りればテーブルと椅子があります」
って、とてもご親切に、優しい口調でおっしゃってくださいました。

 この間の文京区坂めぐりウオーキングでは「文京ふるさと歴史館」の玄関の外で弁当を広げたのですから大違い。「東京港野鳥公園」の入場者へのアンケートに、しっかりヤッホー君、「ありがとう」メッセージを書き込んで帰りました!

 この大田市場って、「東京港野鳥公園」の正門から入って「ネイチャーセンター」のある「東淡水池」に行くためにわたる「いそしぎ橋」からも見えるのですが、とっても広いもんですう。
 ヤッホー君の認識では、都内の<やっちゃば>がこの大田市場に集積統合されたのだとばっかり思っていましたが、とんでもない: 

大田区の臨海地域で、約40万uの広大な敷地を有し、隣に野鳥公園、南側には羽田国際空港、東側には東京港、北側にはJR貨物基地、真ん中を貫くように首都高速湾岸線が通っており、物流の拠点として申し分ない環境の中で市場業務を展開してます。
 青果部・花き部では、日本一の取扱規模を誇っており、大田市場での決定価格は、水産物部における築地市場と同じように、日本全国の市場の指標となっています。
 また、東京の中央卸売市場で唯一、見学者のための展示室や見学コースが設けられ、都民が親しめる市場となっています

(東京都中央卸売市場の公式サイト)
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/info/03.html

 旧神田市場といえば、2012年5月18日金曜日に、ちいさんの後継番組として、加山有三の特選散歩「秋葉原」が放送されていました。
■ かんだ食堂(千代田区外神田4-4-9、03-3253-6255)
■ Gallery1(千代田区外神田4-7-11 03-5289-0875)※個人の模型などの作品を展示や販売するレンタルスペース
■ 東京ラジオデパート(千代田区外神田1-10-11)
■ キョードー真空管店(東京ラジオデパート2F、03-3257-0434)
■ 瀬田無線(東京ラジオデパート2F、03-3255-6425)
■ ちちぶ電気(千代田区外神田3-12-15、03-3253-3443)
■ 田中すだれ店(千代田区外神田1丁目11-3、03-3251-1411)
http://www.tv-asahi.co.jp/yuyu-sanpo/default/backnumber/120518/

 こうなったら、山歩クラブのタウンウオーク、ムカシの市場跡を追ってみるのも一興ですよね。だってさ、「築地市場」は江東区に移転するっていうんでしょう:

築地市場(東京都中央区)移転予定地の一部で土壌汚染が確認されたのに、都が汚染対策費を考慮せず購入したのは違法だとして、移転に反対する仲卸業者ら41人が5月24日、石原慎太郎都知事に土地購入費約578億円を請求するよう都に求める住民訴訟を東京地裁に起こした。
 訴状によると、都は昨年3〜4月、豊洲地区(江東区)の土地を約578億円で購入。この土地では、かつて都市ガスを製造していた影響で環境基準を超えるベンゼンなどが検出された。
 原告側は、汚染原因者の東京ガスが汚染対策費を全額負担すれば、事業への支出はもっと抑えられたはずだと主張。有害物質のあった土地に生鮮食品を扱う市場を移転すること自体が食の安全や経済合理性に反するとし「巨額の損害を都民に与えた」と指摘している。
 都側は「訴状が届いておらずコメントできない」としている

(2012年5月24日20時5分更新共同)

 大田区の武蔵新田商店街「柳カメラ」の次男として1974年に生まれ、山登り(槍ヶ岳など北アルプス縦走、富士山、丹沢が好き。息子は「岳」と名付けました)が趣味の都議会議員、やながせ裕文は、マニフェスト破りのトウ、民意無視のミッシツシュギ者のジミン党ダメナノダ派の横暴に大分悩んでいるようです:

だいぶ日にちが経ちましたので、いまさらという感じも否めないと思いますが、2012年3月末の都議会本会議にて市場会計予算に反対しました。
 新聞でも大きく取り上げられましたので、ご存知の方も多いかと思います。
 「造反」というワードが大きくでましたのでご心配をおかけしたかもしれませんが、私自身の思いとしては「一点の曇りもなく」「これまで通りブレることなく」反対の姿勢を貫いたと考えています。
 都議会民主党は「築地市場の強引な移転に反対」とマニフェストに掲げ、これまで都の動きに反対してきました。
 そのなか、市場関係者や中央区が移転容認に転じる姿勢をみせ、都議会民主党も「賛成」に意見が傾いていきました。
 長期間にわたり、ある時は夜を徹して会派内で議論を繰り返しましたが、折り合いがつかず「造反」という形で反対の姿勢をとりました

http://yanagase.org/category/blog/

posted by fom_club at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

楽天市場

 7月15日「ぼん」の日、集合場所は京急・鮫洲駅、集合時間は8時半でした。全員勢揃い、4人です。
 人の群れは警視庁鮫洲運転免許試験場のほうに。われわれは違うんだよっとばかりに、東海道旧道に入り、「おもかじ」いっぱいでなく逆、「とりかじ」いっぱい、鮫洲運動公園のほうに切り替えし。
 人工芝のグラウンドでは少年野球チームが練習に精出しておりました。カッシーのお話しでは、王貞治氏ゆかりのグランド、錦糸公園野球場も人工芝とか、そうですか…

平成23年4月より、錦糸公園野球場が区内初の人工芝野球場としてリニューアルオープンします。
 全天候型のグラウンドのため、雨天後に短時間ですぐに再開でき、ますます多くの方々が利用できる施設となります。ぜひ一度ご利用ください

http://www.city.sumida.lg.jp/kakuka/kyouikuzi/supotusinkou/info/kinshiyakyuujou.html

 その運動公園で、京浜運河を渡るべく八潮橋方面に曲がります。と、出てきました、『楽天』マーク!

1997年、インターネットショッピングモールの多くが、ただカタログをWebにしただけのようなつくりとなっていました。
 われわれは「楽天市場」を開設するにあたり、「システムに強い人間が商売をする」のではなく、「商売が上手な人が簡単に店を開ける仕組みを創る」ということをまず考え、インターネット上にマーケットプレイスを設立することを目指しました。
 そして出店者の皆様にはシステム、トラフィック、ノウハウの3つを提供し、ユーザーの皆様にはネット上での買い物の楽しさを提供してきました…。
 私たちの究極の目標は「世界一のインターネット・サービス企業」です

http://corp.rakuten.co.jp/company/message.html

 あのときわれわれが目にしたマークは、「楽天タワー2号館(品川区東品川4-13-9)」だったんですね。

 カッシーがまた、とても貴重な情報をインプットしてくれます。それは楽天の社員食堂は、タダってこと。へぇ〜、ヤッホー君、だれか親戚でも愛弟子でも、いとこはとこ、いないかな〜って考え込んじゃいました:

楽天の社員食堂は朝食もランチも無料――。
 今夏、本社機能を六本木ヒルズから品川の「楽天タワー」に移したのに伴い2007年9月から無料化した。
 毎日約2100人が自由にランチを楽しんでいる。
 社員食堂の無料化は、「従業員は家族のようなもの。家にいるような居心地の良い空間にしたい」と三木谷浩史社長が決断したという。
 同社によると、当初はコストを重視する立場から周囲の反対もあったが、社長が押し切った。
 社員らの健康や福利を考えたためという…
 今では社長や役員らも、社内にいる時はこの社員食堂で食べることが多いらしい』
(2007年11月01日更新 朝日新聞 東京/品川 楽天の社員食堂〈教えてランチ〉特別編 朝食とランチが無料)
http://www.asahi.com/komimi/TKY200711010194.html

『楽天タワーに、「楽天食堂」が2007年に開設されたときには、朝食、昼食が無料で提供される社員食堂として大きな話題を呼んだ。
 定食、ラーメン、そば・うどん、寿司、丼、カレー、パスタ、サンドイッチなどが、それぞれ日替わりメニューで味わえる。
いまでは大阪、福岡を含む全4拠点の食堂で、1日平均5000人が利用している。
 ここで1日3食とる社員もいることから、使用する食材や調理方法、栄養のバランスにも配慮しているという。
 身体にもお財布にもやさしい食堂だ…
 20112年7月から移行する社内完全英語化に向けて、すべてのメニューは英語表示になっていた

(2012/6/13 18:30 月1回「東北地方の郷土料理」が食べられる楽天の社員食堂)

 欠食児童でいつも血色の悪いヤッホー君、真剣な眼差しでカッシーの顔を見つめます。行ってみましょうか、のお言葉の沙汰がおりるんじゃないかと。

 しかし、そのおねだりの表情がありあり、分かるのか、カッシーはこうのたまったので、可能性は限りなくゼロに近づいてしまったのです:
「社食は社員のため、せいぜい会社に訪れた業者関係者限定なので、われわれ山歩クラブがいくら社長に取材申し込んでありますから、といってもshuei(秀衛)でなく守衛が入館拒否するでしょうから、社員食堂まで辿りつけないとおもいますけど」…

 うーん、楽天イーグルスのファンクラブに入ってもだめかな…

『東北楽天の嶋基宏捕手が7月14日土曜日の日本ハム戦(Kスタ宮城)に、東日本大震災で大きな被害を受けた東松島市矢本二中の生徒と教職員計約450人を招待する。
 バス10台などの費用は嶋が全て負担するという。
 嶋は「いい思い出になればいい」と話した。
 嶋は昨年2011年4月、同市の避難所を訪問し、被災者を励ました。
 ことし2012年1月には同校を訪れトークショーを行なうなど、継続的に活動している』
(2012年07月13日金曜日更新 河北新報「被災地の生徒、楽天・嶋があす招待」)

 その14日土曜日の日ハム戦は、東北楽天の勝利!
東北楽天の田中が8回無失点で6勝目を挙げた。
 スライダー、スプリットボールの切れが抜群な上、直球も回を追うごとに走り最速154キロをマーク。
 制球良く無四球だった…

 前半戦最後の6試合は2位日本ハム、1位ロッテと連戦。
 まず1勝し2位に0.5ゲーム差。
 「頭(初戦)を取ったら勝ち越さないと」と星野監督。
 一歩一歩、着実にイヌワシ軍団が上位に迫る

http://jyoho.kahoku.co.jp/member/backnum/news/2012/07/20120714t14026.htm

posted by fom_club at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

東京港野鳥公園

連休で皆さん予定があるとは思いますが、もしよろしければ明日7月15日日曜日、山歩クラブのタウンウオーキングにご出席くださいな。
 今回は大田区に出張します。
 8時半、京急・鮫洲駅集合で歩きはじめます。
 「東京港野鳥公園」で昼食。
 弁当、水、タオル、折りたたみ傘ご持参ください。
 汗をたっぷりかきます。帰りの温泉銭湯は当日、発表!
 では、お待ちしております。いつまでもこころもからだも健やかに


 ヤッホー君からの土曜日一斉送信でした。
 そして迎えた日曜日、九州ではすごいことになっているのに、「東京港野鳥公園」は晴れ、でした。

公園入口.jpg

こんにちは、増田雅昭です…
 太平洋高気圧が南東側から張り出してきていて、関東は他の地域より、晴れやすくなっています。
 少なくとも、火曜までは夏空が続きますので、このタイミングで梅雨明けか、もしくは、水〜木曜の一時的な雨を待って、その後に梅雨明けでしょうか

(2012/7/15日曜日 午後0:03更新 暑さにも大雨にも)
http://blogs.yahoo.co.jp/wth_map/61183604.html

今月11日から14日にかけて九州北部を襲った記録的な大雨について、気象庁は「平成24年7月九州北部豪雨」と名付けました。
 気象庁が気象災害に名称をつけたのは、去年の「平成23年7月新潟・福島豪雨」以来です

(7月15日 14時12分 NHK 記録的大雨「九州北部豪雨」に)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120715/k10013606281000.html

 そんな7月15日日曜日「ぼん」の日、仲間のお一人から9時58分に着信があったようでした。
 『現在、秩父御岳山1081mの登山口にいます。約6時間かけて戻って来ます。また後で』とメールがありました。

 ヤッホー君は、といえば7時半、『8時半京急・鮫洲駅集合』を目指して家を出ました!
 免許証は? と一瞬、アタマを過ぎったのは、家をでた後でした。
 駅から歩こう会だから、要らないんだ(ホッ)

posted by fom_club at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

乳母お福の方

 そんなこんな、春日通りにきて、地下鉄(都営三田線、大江戸線)春日駅をでたところ、都営文京真砂アパート(建設年:昭和42年)と申しますか、文京区民センターと申しますか、その建物の1階にある文京区設真砂市場(創設は大正9年! )でトイレ休憩しました。

 春日通り…、そんなこんな、江の子、竹千代と国千代をめぐる乳母お福と乳母お清の確執に巡りあってしまったようで:

春日通りは、豊島区東池袋二丁目ロータリーから墨田区の栗原橋に至る道路で、国道254号線の一部です。
 江戸時代に流布していた絵図をみると、この通りは江戸時代にもほぼ同じ所を通っていたことがわかります。
 通り沿いには旗本屋敷が並び、その間に町屋が点在していました。
 また、伝通院などの大きな寺院も少なくありませんでした。
 明治時代に入り武家地が廃止されると、春日通り沿いも市街地化され、1908(明治41)年には本郷三丁目交差点と伝通院前の間に市電が開通しました。2年後には大塚仲町まで軌道が伸びました。この路面電車は、1971(昭和46)年に廃止されるまで多くの人びとに利用されました

(文京ふるさと歴史館 春日通り周辺 「春日通り」)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/rekishikan/history/machi_d/index3.html

 平成24年
 フジテレビのドラマシリーズ「大奥」が舞台化され、「大奥〜第一章〜」として2012(平成24)年秋から全国ツアーが予定されています。
 江戸幕府初期、春日局とお江与という壮絶な人生を送ってきた二人に焦点を当てたこの舞台の学習型予習番組として、30分の特別番組が制作されました。
 文京区では、春日局のゆかりの場所などで、5月8日にロケ撮影が行われました。

 区では、事前の打ち合わせで「春日局像」などの主要な撮影場所の紹介を行うとともに、観光担当の職員が番組に出演して、それらの場所を実際に案内しました。

 番組のナビゲーターは、坂下千里子さんと春日俊彰さん(オードリー)。
 春日局ゆかりの場所を巡りながら、お二人のやりとりを通して、春日局を理解するための「春日のツボ」を紹介していくという内容です。

 主な撮影場所は、春日町交差点付近、出世稲荷神社、春日塗料店、礫川公園入口付近、春日局像(礫川公園内)付近でした

(平成24年6月〜8月放送 FNS系列地方各局 『春日のツボね?』)

 平成23年
 NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」のラストに、ドラマの舞台となったゆかりの地を紹介する「江紀行」というコーナーがあります。

 ドラマも終盤にさしかかり、徳川2代将軍秀忠の嫡子、竹千代(後の3代将軍家光)の乳母として斎藤福が登場していますが、彼女こそ後に「春日局」として大きな権力を握った、近世初期の女性政治家として極めて重要なキャラクターです。
 その春日局ゆかりの地として、文京区でも平成23年8月に「江紀行」のロケ撮影が行われました。

 区では、「春日局像」などの主要な撮影候補場所の紹介や、現地確認への立ち合いなどを行ないました。
☆ 春日局像(文京区春日1-15):
区立礫川公園の春日通り側出口付近にある銅像です。「春日」の地名は、春日局が乳母として仕えた3代将軍徳川家光より拝領した土地に由来し、昔は春日殿町と呼ばれていました。このように、文京区は春日局と歴史的に深い縁があり、町名や「春日通り」(道路名)など、春日局にちなんだ地名が今も残っています。

【文京区内のその他の主な春日局ゆかりの地】
☆ 出世稲荷神社(文京区本郷1-33-17)
かつて野原だった地を、お付きの御下男たちの住まいとするため、寛永7(1630)年、春日局が幕府に願い拝領した際に、その鎮守のために稲荷神社が祭られました。春日局の出世にあやかり「出世稲荷」と呼ばれ、現在も町の人にあがめられています。

☆ 麟祥院(文京区湯島4-1-8)
功なり名をとげた春日局は、幕府の恩恵に報いるために、本郷湯島に寺院を建立しようと思い立ました。これを知った将軍家光が、願いをかなえさせるために本郷湯島の土地を寺地として贈り、春日局は「報恩山天沢寺」と名づけました。後に春日局自身の菩提寺となり、春日局の法号をもって「天沢山麟祥院」と号するようになりました


(2012年06月18日更新 文京区 ロケ撮影協力実績)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_academy_kanko_location_jisseki.html

東大キャンパスを出て、再び本郷通りに出ます。春日通りまで歩いてみましょう。春日通りを東に向かって、5分ほど歩いていくと、左手に門が見えます。春日通りの名前の由来となった春日局が葬られている寺院・麟祥院です。その法名を取って寺号が付けられました。

 春日局は家光の乳母として知られていますが、明智光秀の家老として光秀の信任が厚かった、斎藤利三という武将の娘として生まれたことはあまり知られていないかも知れません。

 光秀のために本能寺で命を落としたのは、言うまでもなく織田信長です。その姪にあたるのが秀忠の正室であるお江与の方で、その息子である家光の乳母が春日局ということになりますから、まさに奇縁と言えるでしょう。

 境内に入ってみると、奥の方に春日局の墓所があります。四方に穴があいている墓石として知られています。春日局が逝去したのは、1643(寛永20)年のことでした


(安藤優一郎「春日局ゆかりの寺院」)
安藤優一郎さんは、1965(昭和40)年、千葉県生まれ。歴史家。文学博士(早稲田大学)。江戸をテーマとする執筆や講演活動を続けている。
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/kenkou/caramel_090724_4.html

安藤優一郎さんによると、
本郷通りは国道17号線、つまり中山道ということになります。
 この道を北に進んでいくと、江戸近郊最初の宿場である板橋宿に入ることになります。

 当時は、本郷ぐらいまでが江戸の町でした。
 本郷は江戸と近郊の境目だったわけですが、それを表現する時にフレーズとして使われたのが、「本郷もかねやすまでは江戸のうち」という言い回しだったのです


 まただから本郷通りから春日通りに入る坂に標識があって、「見返り坂、見送り坂」の坂名がでてくるのかな?

 でも乳母お福から、春日局となり、大奥ナンバーワンの存在にまで「出世」したわけでして、家康、秀忠、家光という幕藩体制の基礎作りをした三世代は、どういう御方だったのでしょうかね。
 あっ、山歩クラブには、信長、秀吉、家康という三武将がおられますけど。

posted by fom_club at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

神田上水

 2012年第1四半期、山歩クラブのタウンウオーク企画は、「玉川上水」を見ながら歩いてきたような。
☆ 2012年06月07日、津田塾大学におじゃました折り、玉川上水の上流を眺め、日記≪西武国分寺線「鷹の台」≫に書き留めました。
☆ 2012年06月20日、なんといっても桜桃忌でした。禅林寺から三鷹駅に戻って、「風の散歩道」を山本有三館に行くまでの途中、玉川上水を歩き、日記≪山本有三記念館≫でご報告しました。
☆ 2012年04月29日では、日記≪みどりフェスタ≫でお伝えしましたように、会場を新宿御苑にして開催されましたが、ここにも玉川上水がありました!

 ところで、もうひとつ、上水があるのはご存知ですよね。それが「神田上水」。

 江戸時代、新しくできあがった江戸城、そこに住む人びとのための水資源の確保は幕府にとって、なんといっても喫緊の課題だったことでしょう。それが、今回7月11日水曜日のタウンウオーク≪文京区/坂めぐりウオーキング≫の始まりで思い知らされました。
 そして、6月20日の≪三鷹聞いたか知ってたか文学山歩≫のフィニッシュは井の頭公園でしたが、その井の頭池に沸きでた水を引いて、引いて水道橋までたどり着くという、いやはや、山歩クラブのウオーキングの点と点が線になって結ばれた思いなんです。
 昨日、申し上げました、悲劇の将軍候補だった徳川忠長。この短い生涯を辿ると、小諸市の懐古園と文京区と墨田区がひとつに結ばれました。
 今日もそうした土地の精霊に導かれるままに、歩き直してみたいのです。

 水道橋の由来が、だんだんと明らかになっていきます。
☆ まず、駅東口から白山通りに架かる橋の北詰たもとに書かれてありますので見落とさないでください。
☆ そして「お茶の水坂」にも。外堀通りを東に上る長い坂道を登ると、建部坂の坂下の分岐。この北側に、「文京区立本町元町公園」があります。この公園の入口前にも文京区教育委員会設置の由来を示す標識があります:
『この神田川の外堀工事は元和年間(1615-1626)に行われた。
 それ以前に、ここにあった高林寺(現向丘二丁目)の境内に湧き水があり“お茶の水”として将軍に献上したことから、「お茶の水」の地名がおこった。
 「御府内備考」によれば「御茶ノ水は聖堂の西にあり、この井名水にして御茶ノ水に召し上げられしと…」とある。
 この坂は神田川(仙台堀)に沿って、お茶の水の上の坂で「お茶の水坂」という。
 坂の下の神田川に、かって神田上水の大樋(水道橋)が懸けられていたが、明治34年(1901)取りはずされた。
    お茶の水橋低きに見ゆる水のいろ
     寒む夜はふけてわれは行くなり
            島木赤彦(1876-1926)』

☆ さらに、「神田上水懸樋(掛樋)跡」(文京区設置)の碑も:
『江戸時代、神田川に木製の樋を架け、神田上水の水を通し、神田、日本橋方面に給水していました。
 1901(明治34)年まで、江戸・東京市民に飲み水を供給し続け、日本最古の都市水道として、大き
な役割を果たしました。
 この樋は、懸樋(架樋)と呼ばれ、この辺りに架けられていました。
 この絵は、江戸時に描かれたもので、この辺りののどかな風情が感じられます。
 平成八年三月 東京都 文京区』


 「水道橋」について詳しくは、やはり…:

神田上水:
 1590(天正18)年、徳川家康は江戸入府に先だち、家臣大久保藤五郎に水道の見立てを命じました。
 藤五郎は現在の東京都文京区小石川に水源を求め、神田方面に通水する「小石川上水」を作り上げられたと伝えられています。
 江戸の発展に応じて、井の頭池や善福寺池・妙正寺池等の湧水を水源とする「神田上水」が完成したのは1629(寛永6)年頃とされています。
 一方、江戸の南西部は赤坂溜池を水源として利用していました。
 1609(慶長14)年頃の江戸の人口は約15万人(スペイン人ドン・ロドリゴの見聞録による)でしたが、3代将軍家光のとき参勤交代の制度が確立すると、大名やその家族、家臣が江戸に住むようになり、人口増加に拍車がかかりました。
 もはや既存の上水だけでは足りなくなり、新しい水道の開発が迫られるようになったのです。

 玉川上水:
 1652(承応元)年、幕府は多摩川の水を江戸に引き入れる壮大な計画を立てました。
 設計書の検討及び実地調査の結果、工事請負人を庄右衛門、清右衛門兄弟に決定し、工事の総奉行に老中松平伊豆守信綱、水道奉行に伊奈半十郎忠治が命ぜられました。
 工事は、1653(承応2)年4月4日に着工し、わずか8か月後の11月15日(この年は閏年で6月が2度あるため8か月となります)。
 羽村取水口から四谷大木戸までの素掘り(崩れの補強を行わずに掘削すること)による水路が完成しました。
 全長約43キロメートル、標高差はわずか約92メートルの緩勾配(緩い傾斜)です。
 羽村からいくつかの段丘を這い上がるようにして武蔵野台地の稜線(尾根:谷に挟まれた山頂など高い部分の連なり)に至り、そこから尾根筋を巧みに引き回して四谷大木戸まで到達する、自然流下方式による導水路です。
 翌年6月には虎の門まで地下に石樋、木樋による配水管を布設し、江戸城をはじめ、四谷、麹町、赤坂の大地や芝、京橋方面に至る市内の南西部一帯に給水しました

(東京都水道局 水道歴史観)
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/pp/tamagawa/tama01.html

 そうだ!子どもの今年の夏休みの自由研究は、「東京都水道歴史館」に行って学習してこよう!
 所在地 文京区本郷2-7-1 Tel 03-5802-9040
 入館料 無料
 休館日 毎月第4月曜日
 詳しくは、次のウエブサイトを;
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/water/pp/rekisi/pdf/event_20120709.pdf

 そして、お父さんお母さんにお願いして、水源の山、水源の森へ連れてってもらいなさい。笠取山(1953m)です:

6月上旬頃、笠取山の登山道でしゃくなげの花が見頃となります。
 笠取山は、「富士川」「荒川」「多摩川」の3つの川の水源地で、頂上からの富士山や大菩薩峠の眺めは絶景です。
 気品あるピンクのしゃくなげの花を愛でながら、源流のみちをたどってみるのもおすすめです

(山梨県甲州市観光協会 ぐるり甲州市)
http://www.koshu-kankou.jp/flower/rhododendron.html

posted by fom_club at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

乳母お清の方

 7月8日は高峰山2092mを歩きました。
 帰りに立ち寄ったのが「懐古園」です。

懐古園.jpg
 
1590(天正18)年、豊臣秀吉が天下統一を果たすと、小田原攻めの軍功により再起を果たした仙石秀久が5万石で小諸に封ぜられる。
 秀久は城の大改修と城下町の整備に取り掛かり、今日遺構の残る天下に類のない堅固な城とした。
 世は徳川による天下泰平の時代となり、仙石氏は秀久の子忠政のとき上田城に移り、小諸城は徳川家光の弟の忠長の領有するところとなり、城代が置かれた。
 その後もめまぐるしく城主が変わり、石高も5万石から2万石へと減らされてきたが、極めて要衝な藩領のため、歴代藩主には徳川譜代が配されていた

(小諸市 懐古園の歴史 「小諸城址懐古園の歴史」)
http://www.city.komoro.nagano.jp/www/contents/1253255939800/index.html

 立ち寄り湯の前ゆえ、あまり時間がなかったこと、入園料500円也をお支払いしてじっくり見学するときは山歩きが危険と思われる他の機会に譲ろう、と全員協議の結論となりまして、結局は支払いブースのあたりをうろうろして、苔むした石垣や大手門の立派さに感嘆してバスに戻ったわけです。

 それが昨日の11日水曜日の文京区タウンウオークとどう関係するの?

 まずは、墨田区NPOすみだ学習ガーデン「墨田区内の大名屋敷一覧」第47回より:

錦糸町もちょっと外れると、人通りがあまり無くなります。
 大横川親水公園に沿った親不孝通り(中之橋通り)も、いささか殺風景な感じです。
 …中の橋通りの今の総武線の高架がある辺りが信濃小諸藩の下屋敷でした。 
 明治28年に総武鉄道がこの錦糸町に「本所」駅として開業した時の駅舎がちょうど信濃小諸藩のあたりにあったのです。
 …信濃小諸藩跡地は、中之橋通りの東側で総武線を挟んだ一帯。
 ガードの後ろに見えるのが墨田区営住宅の「アルカファイブ」その後ろが「アルカウェスト」
 中之橋通りという名は初めて知りましたが、通称「親不孝通り」とか「大門通り」と言いますよ

(すみだ あれこれ「信濃小諸藩 1万5千石下屋敷」)
http://www.sumida-gg.or.jp/arekore/SUMIDA024/guide/g-47.html

 このサイトは読み応え十分、なんで小諸の中心街はこんなにシャッター街となってしまったのか…、ヤッホー君はきっと新幹線のルートからはずれたことに原因があるんじゃないか、だから田中角栄のように、銅像が駅前に建つほどにその地域を豊かにすることに情熱を燃やす政治家(地元選出の国政への代議員)がいないと、なかなか中央と地方の格差って埋まらないんじゃないのかな、なんてぼそっと呟いていたことが、見事に書かれていますのでぜひご一読を。

 ところで、その小諸城は徳川家光の弟の忠長の領有するところとなりとありました。

 この忠長の乳母のお墓があったんです、文京区に。われわれはビックリして思わず目を合わせました。そのお寺さまは浄土宗「昌清寺(文京区本郷1-8-3)」です:

当寺は浄土宗嶺松山弘願院昌清寺と称され、1615年(元和元年)の創建である。
 開祖は朝倉きよ(お清の方)、駿河大納言忠長(家光の弟)の乳母である。
 父二代将軍秀忠と母お江は、忠長を寵愛し、忠長に次期将軍職を譲ろうと考えた。
 しかし兄、家光の乳母、春日局が家康に直訴するに及んで、将軍は家光に決まった。
 忠長は駿河城主となったが、なお大坂城主を要請したため家光の怒りにふれ、領地は没収され、高崎城に幽閉され自害した。
 1633(寛永10)年、忠長28歳であった。
 忠長死後、忠長夫人お昌の方(信長の曾孫)は剃髪し、松孝院と号した。
 乳母のお清も剃髪し、お昌の一字をもらい、昌清尼と称した。
 松孝院は忠長の菩提を弔うにあたり公儀に配慮し、自分に代わって乳母のお清に昌清寺で忠長の供養をさせた

(文京区教育委員会)

昌清寺.jpg

 合掌…

posted by fom_club at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

一葉ゆかりの井戸

 7月11日水曜日は梅雨の晴れ間。
 今日は「三鷹 きいたか 知ってたか 山歩」の続編、水道橋から御徒町まで「文京区・坂道めぐり」お山歩会だったのです。
 10時水道橋駅、お茶の水駅寄り改札口、西口改札口待ち合わせとしました。
 17505歩を数えて、終了は3時過ぎでした。
 御徒町駅近くアメ横にある飲み屋「けんちゃん」で打ち上げ式。

『無事、戻れましたか?
 こちら、帰ってすぐシャワーあびてNHK BS を点けたら、大好きな歌番組で「BS日本のうた」(再放送は今週14日土曜日の午後0:00〜1:29)。
 あの福島県は、郡山市の市民文化センターからでした。
 スペシャルステージは、小柳ルミ子と川中美幸!
 ふたりで最後に歌ったデユエット曲は、郡山高校合唱部といっしょに中島みゆきの「時代(1975年、昭和50年発表)」でした。
、ぼくもふたりに負けずに涙を流しておりました。
 行き倒れても旅人、おきあがれる旅人は歩みつづける、あるいは生まれ変わっても歩みつづける、そんな意思をお持ちなさい、ということなんでしょうね。
 今日は、素晴らしい、収穫いっぱい、豊作ウオーキングでした!ありがとうございました。
 これからもいっぱい歩いて行きましょう!』


 そう、『時代』は良い歌ですね。ヤッホー君のこのブログでは、一青窈がカバーしている歌声で聴いてみましょう。
 「自然エネルギーフォーラム」で歌ったものだそうです。
 原発事故を繰り返さないために、原発事故のない時代を望んで、ちょこっと歌詞-を変えたと言われています。
http://www.youtube.com/watch?v=Q5JFxzeb6vo&feature=related

今日は暑かったですね、
 でも暑いときは汗をいっぱいかいて、その分、水分をとって新陳代謝をよくしておけば、こころもからだもきっと喜んでくれるはず、と思うのです。
 人間といえど自然に逆らっては生きて行けない生物だから、というか、自然の摂理に従って生きていくのが自然な生の営みなのだ、と思っています。
 今日はこんな写真を撮ることができました。
 千葉からわざわざいらっしゃって水彩画を描いていた、おばさんたちの名画にはかなうことができないかも知れませんが


 写真は樋口一葉ゆかりの井戸。

P7116108.jpg

P7116109.JPG

菊坂下道の路地にある掘抜井戸である。
 樋口一葉は、父の死後、母と兄との折り合いが悪く、兄の家から、母と妹の3人でこの井戸の近くに移ってきたといわれる。
 18歳のときであった… 
 一家の戸主として、針仕事や洗い張りをして生活を立てながら、「闇桜」などの小説を書いた。
 しかし物心両面に行きづまり、2年6ヶ月後、下谷竜泉寺町に引っ越していく

(文京区教育委員会『ぶんきょうの坂道』1980年、500円)

 この冊子は「文京ふるさと歴史館(文京区本郷4-9-29 Tel 3818-7221)]にて販売していますので、ぜひお求めください。

posted by fom_club at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

希少高山植物保護

 そうなんです。
 すずらんの可愛く俯いて咲く白い花にあこがれて山歩クラブはこれまで何度かすずらんとの出会い旅をしてきたのでした。
 もう一度、現地調査に訪れてもいいな、というのが、少なくとも2ヶ所あります。

 その山域のひとつは、もちろん入笠山1955m。 

すずらん祭り
 平成24年6月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)に入笠山すずらん公園において、綿あめ、ポップコーンの振る舞い、23日は豚汁の振る舞いをします。すずらん、釜無アツモりソウも見頃を迎えていますので、是非遊びに来て下さい。
 6月23日は、すずらん入笠山ガイドツアー参加者を募集しています。
 すずらん、釜無アツモリソウ、山野草を見ながら入笠山頂に登ってみませんか!
 申し込みお待ちしております

(信州富士見町観光協会が運営するサイト)
http://www.fujimikankou.com/

 もうひとつは笛吹市芦川から登る釈迦ヶ岳1641m。

すずらんの開花情報は、芦川源流域に自生する日本すずらん群生地を永年にわたり守り続けてきた故・藤本義晴氏に敬意を表すとともに、「君影草」の別名を持ちひっそりと咲く可憐なすずらんの開花の様子や貴重な生息環境を守り伝えることを目的としています。
 トイレ・駐車場あり(標高約1300メートル)

 すずらんの里祭り 2012年6月1日(金)〜6月3日(日)。
 山梨県の自然記念物にも指定されているすずらん群生地で、今年も「すずらんの里祭り」が行なわれます。
 まつり期間中はさまざまなイベントが行なわれ、上芦川から群生地までの無料送迎バスが運行されます

(ふえふき旬感ネット)
http://www.fuefuki-syunkan.net/2009/hike_syaka.html

 でももちろん2ヶ所とも知る人ぞ知る観光地ゆえ、ハイカーで大混雑。
 群生地には鹿除け柵ではなく、人避け用、うん、人が勝手に入り込まないようにロープがはられ、かろうじて保護されているのが実態でした。
 そうなんです。鹿、鹿と叫んできましたが、登山愛好者といえど善人ばかりではないようなんですね。
 カネですよ、カネ!カネ!
 儲けになるから盗掘して売る、しかしそんなの、もってのほか。
 美しい日本に暮らす日本人皆んなの公共財のはず!
 山歩クラブはそういう商業主義、脱法行為を許しません!

 人間界のことは人間でできることから何かしようと、登山家兼カメラマンの新井和也を今日は紹介します:

〜社会のために 残したい種の多様性の将来〜〜 
 全国各地の山やフィールドで撮影、取材活動を続けていると、野生植物のなかにはなかなか見られない珍しい種、分布が限られた希少植物が多くあることも分かります。
 そして、その中には絶滅の危機に瀕した絶滅危惧種(環境省レッドデータブック(2002)に記載されている植物種)も多くあります。
 それらの要因には開発や温暖化など環境の変化、植生の遷移などもありますが、花の美しさや、高い希少性ゆえに、盗掘されて個体数が減って絶滅の危機に瀕している種が多くあります。
 仕事柄「盗掘」は多くのケースを見てきました。
 多くの自生地で悲痛な嘆きを聞いてきました。
 この種の問題は違法と分かっていても、事件として明るみに出すと、さらなる盗掘を招く恐れもあるなどの理由でほとんどは隠されたままです。
 問題が顕在化しにくい陰で、多くの種が個体数を減らし、絶滅の危機に瀕しています。
 またはその危険が増大しています。
 植物写真家の中にはあえてこの問題を目をそらしている人もいるかとは思いますが、私は取材撮影をすると同時に、見てきた問題は問題として発表することが、一つの社会性を帯びた意義であると考えています。
 2006年4月から『山と渓谷』誌上で私が構成役として希少高山植物保護の連載を担当しています。
 アポイ岳、礼文島、三ッ峠など自生地で保護活動をしている人たちと連携をとりながら、希少植物保護の気運を高めるべく地道に活動をしています

(新井和也〜希少高山植物保護活動)
http://members2.jcom.home.ne.jp/kaz-arai/kisyoukouzannsyokubutuhogo/kisyoukouzansyokubutuhogo.html

 新井和也は、1971年生まれ。
 高校から登山を始め、大学で冬山や岩登りと同時に、植物社会学を学びます。
 編集プロダクション、植生調査などを経て2000年ごろから山岳、自然科学分野で撮影、取材活動を続けています。
 山岳、自然科学系で記事、作品発表など、多数。
 取材のかたわら稀少高山植物の保護啓蒙も行っています。
 著書に、小学館101ビジュアル新書『高山植物ハンディ図鑑』『週末ハイキングが楽しくなる花の図鑑』などがあります。
 
 本を買って、脱原発を実践している若手登山家を応援してあげましょう!

山や自然に関わり生きて、その最前線を見きた私は、美しい自然と平行して、その状況や問題を伝えることも一つの使命であると同時に、自分でできる可能なことは実践していこうと思いました。
 KAZ写真事務所では再生可能エネルギー・太陽光発電システムを導入してCo2を削減しています。

 この夏全国で原発が止まるなか、いきなり太陽光発電が原発の代替にはなるとはKAZも思っていませんが、代替というより、発想の転換で、「省エネの先を行くもの」と思っています。
 大規模集約型の発電所から、小規模分散型のマイクログリッドへ。

 個人の住宅や、商業施設、事業所などの太陽光発電は土地の有効利用、送電ロスなど考えてもこれからはもっともっと大きな役割を担う時代になりそうです。

 原発への固執は国の停滞と分断を招くだけ。
 再生可能エネルギー社会の構築こそ日本の新たな躍進の原動力になると思います

http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-988.html

posted by fom_club at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月09日

すずらん

 過日7月7日土曜日、ヤッホー君は「あさま山荘事件」(1972年2月19日に始まる長野県北佐久郡軽井沢町にある河合楽器の保養所「浅間山荘」において連合赤軍が起こした事件)について記しました。
 翌日7月8日の山歩クラブお山歩会のコースは、浅間山荘から浅間山火口原、湯の平までのハイキングでした。
 カッシーの見事な行程表には、わざわざ注釈がついておりました:

『浅間山荘は、1972年の浅間山荘事件とは関係ありません。事件があったのは軽井沢駅の南にあるレイクニュータウンの別荘地にあった某楽器メーカーの保養所「浅間山荘」です』

 そうですか…、そうだったんですか。
 ところで「湯の平」の手前にあるのが、「火山館」:

『マイズルソウとスズランが満開になりました。湯の平は白い花の甘い香りで充ちています』
(2012年7月5日木曜日 火山館だより 「すずらん」)
http://tokkosan.cocolog-nifty.com/kazankan/

 ヤッホー君が「花の薫り」に飢え、期待していたのが分かるでしょう。
 ですので、湯の平へのお山歩会を諦め(ざるをえなかっ)たとき、ザンネンだったことは間違いありません。
 それが、しかし高峰山への山路で出会えるとは…

スズラン.jpg




posted by fom_club at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

高峰山2092m

 皆さん、良い七夕休暇をお過ごしだったことと存じます。
 山歩クラブは、今日7月8日日曜日は、月例お山歩会の日でした。
 今月も間際になり、風邪、外遊から帰国したばかり、膝故障とドタキャン続出でしたが、9人で歩いてまいりましたので、ご報告。
 当初は浅間山荘から火山館を目指し、湯の平高原まで、としておりましたが、雨はやんだものの、濃い霧が、あたり一面たちこめております。
 カッシーとヤッホー君はさっそく車中で仲間の皆さん全員と協議を開始、今日の山行計画の最終実施歩程の決定をしました。
 第一案、予定鳥通り浅間山荘に向かう。
 第二案、保障のかぎりではありませんが、このまま直進し、高峰高原に向かう。もしかすると霧の上にでるかもしれない。
 第三案、名誉ある撤退。小諸市に下りて、懐古園等の観光コースに切り替える。

…結局、浅間山荘の登山口は1411m、湯の平は2016m、標高差は単純計算で605m。
 その間に、雨だから、濃霧だから、と途中で撤退することになるやもしれず。
 しかしこのままバスを走らせれば、車坂峠1973mまで行けば、霧の上、雲の上に出るかもしれない。

…われわれはこの後者に命運を託し、バスは右手、浅間山荘まであと4Kmのコースに分け入らず、車坂峠へと直進するルートに急遽変更したのでございます。

 結果、当りましたね。
 そして峠からは、高峰山2092mの高山、高峰山に登りました。
 仲間のおひとかたは、池まで、とか湖一周とか、山歩クラブで山を目指して歩いたことがなく、とてもザンネンだったのに、今日は山に登れた、しかも2000m超の名峰!と大感激されておられました。
 さらに言うならば、花の山でした。
 しゃくなげ、すずらん、うらじろようらく、まいづるそう、ともうヤッホー君なんか写真撮影に忙しく、なかなか先にすすみませんでした。

高峰山頂.jpg
 

posted by fom_club at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

七夕

 7月7日土曜日七夕。
 仕事に出かけながら考えていたことは、apathy(=feeling of not being interested or not caring, either about a particular thing or about life)。

『オイルショックが起きて高度経済成長が終わり、あさま山荘事件が起きて学生運動が急速に衰えると、一つの時代の終わった無力感と学生運動への失望を背景に、「シラケ」という言葉が若者の間で流行し、「無気力・無関心・無責任」の三無主義(後に「無感動・無作法」を加えて五無主義ともいわれた)を中心とする風潮が見られた。何をしても言っても「しらける」「しらけた」を連発し、冷めており、政治的な議論には無関心になり、一種の個人主義に徹する傾向が強くなった』

 この国はしたがってどの現象をとっても、どこの国よりも先に行っている「先進国」なんでしょうね、きっと。相変わらず新聞はガーディアン紙。
 "marxism 2012"の紹介記事があったと思えば、今朝は、こんな記事が載っておりましたのでご紹介:

A study into the state of democracy in Britain over the last decade warns it is in "long-term terminal decline" as the power of corporations keeps growing, politicians become less representative of their constituencies and disillusioned citizens stop voting or even discussing current affairs.(British democracy in terminal decline, warns report: Corporate power, unrepresentative politicians and apathetic voters leave UK 'increasingly unstable', says study)
Juliette Jowit, political correspondent
guardian.co.uk, Friday 6 July 2012 17.42 BST
http://www.guardian.co.uk/uk/2012/jul/06/british-democracy-decline-report

 でも、でも、こんふうに一般化されてお仕舞いにはしたくない、させたくない。
 だって、だって、生きてるんだもん!
 叫び続けよう、声をあげていこう、その息遣いを子ども達に伝えていこう、引き継いでもらおう。
 試行錯誤あって平気、道なき道に迷い込んで平気、道草くったって平気。
 大事なことは歩み続けること、周りに語り継いでいくこと、隣に愛を注ぎ続けていくこと。

 五月蝿いって言われるくらいがちょうど良い。うざったいって言われるくらいでちょうど良い。
 
 われわれの山本有三だって、ただものではありませんでしたね。たとえ路傍の石に過ぎないかも知れないが、言うことは言う、言うべきことはきちんと言う、を態度で実践してみせたお方でした。

昭和20年、終戦となったので、9月に疎開先から三鷹にもどった。
 そして、12月15日には友人後藤隆之助とともに自殺前夜の近衛文麿と会っている。
 そうした中にあって、同月、前台北帝国大学総長安藤正次を所長に迎えて三鷹国語研究所を私邸内に設けた。
 その研究所にGHQのホール少佐が日本語のローマ字化を目指す言語政策案を携えて訪れた。
 有三は、
<日本語の問題は自分たち日本人の手で解決するから口を出さないでもらいたい>
と理路整然と反論した。
 ホールは旗を巻いて帰った。
 昭和21年1月、三鷹国語研究所が母胎となって「国民の国語運動連盟」が結成された

(新潮日本文学アルバム『山本有三』)

 『あさま山荘事件』は、1972年2月19日に始まる、長野県北佐久郡軽井沢町にある河合楽器の保養所「浅間山荘」において連合赤軍が起こした事件である、とウイキ。
 それから40年経ちました。2011年3月11日の福島第一原発事故は、どういう「流行」を若者のなかに生み出すのでしょうか?
 新生日本らしく、生まれ変わった日本をつくりあげてほしいもんだ、とヤッホー君。
 上野動物園のジャイアントパンダの雌、シンシンは7月5日に赤ちゃんを出産しました。母親に大切そうに抱かれ、まだ目も開いていないのに乳首に吸い付く赤ちゃんは、体長約15センチ、体重約150グラムと推定しているそうです。親のシンシンは出産後、丸一日以上たっても飲まず食わずで、約15分おきに授乳しているって。
(2012年7月7日 東京新聞朝刊「パンダ授乳画像公開」)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012070702000096.html

 上野から渋谷まで東京メトロ銀座線で一本:

国際ハッカー集団「アノニマス」のメンバーと支援者ら約70人が7日、トレードマークの仮面に黒色スーツ姿などで東京・渋谷に現れ、無言で公園や路上のゴミを拾った。
 違法な映像や音楽ファイルをダウンロードすると罰せられる「改正著作権法」が成立したことへの抗議行動だが、異様な光景に買い物客らが驚きの表情で見つめていた

(2012年7月7日11時23分朝日新聞 渋谷の街に仮面集団 「アノニマス」が抗議のゴミ拾い)
http://www.asahi.com/national/update/0707/TKY201207070134.html

posted by fom_club at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

marxism 2012

 アメリカでは各地で7月4日水曜日、独立記念の祝賀イベントがありました。
 この国ではニュース報道がまったくありませんでしたが、猛暑などで花火の打ち上げが中止になったところもあったようですが、代わりにガンががんがん火を噴いて、地面には赤い血が流れたようです:

Chicago, New York, Philadelphia and Washington all see violence spike, but one criminologist, Andrew Karmen, professor of sociology at John Jay college of criminal justice and author of New York Murder Mystery warns not to blame the heat.

"I believe that a lot of the violence and crime in our society and in the United States is due to various social problems that just keep festering," he said. "Every now and then an outburst of violence might call our attention to the problems, and then our gaze is averted and we're distracted to some other issues, but the problems obviously are poverty, unemployment, discrimination, failing schools, dysfunctional families, and of course guns, drugs, gangs."

(Deadly shootings in US cities mar Independence Day celebrations, Ryan Devereaux in New York、guardian.co.uk, Thursday 5 July 2012 21.56 BST)
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jul/05/shootings-us-cities-independence-day

 この国ではイマ、ミッシツシュギと自虐によるジンシンジコ、それが遅かれ早かれ、ミッシツシュギと他虐によるハッポウジケンにとって代わるかも知れませんね。

「どうせエライ人だけで決めんだべ」…この言葉は、「プロメテウスの罠」でご紹介した朝日新聞の木村英昭記者の著書、ルポ『国立公園はだれのものか』(彩流社)の広告記事のなかに出てきます。

「どうせエライ人だけで決めんだべ」。

社会保障制度改革推進法案は、新設する社会保障制度改革国民会議の審議を経て社会保障制度改革を具体化する立法措置を講じるものとしているが、社会保障制度改革をめぐる国民的議論は、全国民の代表である国会において、全ての政党・会派が参加し、審議の全過程を国民に公開すべきであり、内閣総理大臣が任命する僅か20名の委員による審議に委ねることは民主主義の観点から不適切である
(2012年6月25日 日弁連「社会保障制度改革推進法案に反対する会長声明」)
http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2012/120625.html

 遅すぎましたね! この推進法案は6月26日午後の衆議院本会議で、民主、自民、公明など与野党の賛成多数でもう可決されています。記名投票となったひとつがこの推進法案で、賛成378票、反対84票(ちなみに消費増税を含む税制抜本改革法案は賛成363票、反対96票)で可決されてしまっているのです。

 弁護士徳岡宏一朗先生はご自身のブログでこうはっきりおしゃっておられます。昨日、2012-07-05 21:36:13の記事です:

国民の生活を破壊し、ひいては日本経済を破滅させる消費税増税はまだ参議院で審議中です。まだ、廃案の希望はあります。原発再稼働反対と同じくらいの声を上げるべきだと考えます。
 野田首相と消費税増税に賛成するすべての国会議員、財界、財務省、マスコミを心から心から心から軽蔑する

http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/cb54869e118039a1a0bf5b56c8733b39

 家計は火のクルマ、赤字をどうださないようにするか、だしてしまうときどうするか、たいへんなんですう、国は赤字国債なんてお気楽に言ってられるけど、一般庶民と申しますか、貧民は。レンゴウは代理人じゃないし、味方じゃないし、当てにならんし… そこへ、アカが…。

 アカというとキョウサンシュギの象徴的色になっています、どうしてでしょうかね、アカに染まる。とかアカにかぶれるとか。

 しかし、キョウサンシュギなんてミンシュシュギやミッシツシュギとどう違うのか、よく分かりません、そんな≪シュギ≫でなく、いまヨーロッパでは、特に若者を中心に、マルクスの再稼動がはじまっています。原文にあたっていまどきのヨーロッパ思潮に触れてみませんか:

I ask Jaswinder Blackwell-Pal, a 22 year-old English and drama student at Goldsmiths College, London, who has just finished her BA course in English and Drama, why she considers Marxist thought still relevant. "The point is that younger people weren't around when Thatcher was in power or when Marxism was associated with the Soviet Union," she says. "We tend to see it more as a way of understanding what we're going through now. Think of what's happening in Egypt. When Mubarak fell it was so inspiring. It broke so many stereotypes – democracy wasn't supposed to be something that people would fight for in the Muslim world. It vindicates revolution as a process, not as an event. So there was a revolution in Egypt, and a counter-revolution and a counter-counter revolution. What we learned from it was the importance of organisation."

This, surely is the key to understanding Marxism's renaissance in the west: for younger people, it is untainted by association with Stalinist gulags. For younger people too, Francis Fukuyama's triumphalism in his 1992 book The End of History – in which capitalism seemed incontrovertible, its overthrow impossible to imagine – exercises less of a choke-hold on their imaginations than it does on those of their elders.

But class is back in our reality because the economic crisis affects people in different ways and because the Coalition mantra that 'We're all in this together' is offensive and ludicrous. It's impossible to argue now as was argued in the 1990s that we're all middle class. This government's reforms are class-based. VAT rises affect working people disproportionately, for instance.


(Why Marxism is on the rise again.
Capitalism is in crisis across the globe – but what on earth is the alternative? Well, what about the musings of a certain 19th-century German philosopher? Yes, Karl Marx is going mainstream – and goodness knows where it will end)
Stuart Jeffries, guardian.co.uk, Wednesday 4 July 2012 20.00 BST
http://www.guardian.co.uk/world/2012/jul/04/the-return-of-marxism

posted by fom_club at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

期限切れの電車広告

 今朝、地下鉄半蔵門線の電車トビラに連合の「男女平等月間」の電車広告、ステッカーを見つけびっくり。

『東京メトロ(日比谷線、東西線、千代田線、半蔵門線、有楽・副都心線)の一部女性専用車両・手すりに連合“男女平等月間”の電車広告を掲示中(6月のみ)』
http://www.jtuc-rengo.or.jp/gender/info/data/sankaku_news_no128.pdf

 なぜ野駄目さんが、消費税をあげるのにいのちをかけたか、なぜ野駄目さんが自分で責任を負うからといって、おおい原発再稼動を進め、薦めたのか、なぜTPPにもハンタイしないのか、なぜ政権交代をした初心を忘却のかなたに置き去りにして、野党と数合わせをしてまで政権運営をしているのか、国民から批難されても避難しようとしないのか…、今日になってようやく分かったことなのですが(相変わらず、のろのろ歩き、亀さん歩きのヤッホー君ですね)、それは「強い支持基盤からの強いエールがあるから」なのでしょうね。
 ミンシュシュギは、圧力団体と政党との利害調整によるわけでしょうから。
 でも、じゃあ、ヤッホー君のような庶民と言いますか、貧民の声を、政治や政策に反映してまっとうな生活が送れるようにしてくれる団体や政党はっていうと、いったいどこにあるのでしょうか、ね… きょろきょろあたりを見渡そうとしても、満員電車のなか、首が回りません。
 いたたまれず、途中駅で降りて、しばらくホームに佇んでいた今朝のヤッホー君…(えっ、パニック症候群、もしかして)

7月2日、民主党の衆議院議員38名、参議院議員12名が離党届を提出した。
 …今国会での社会保障・税一体改革関連法案の速やかな成立を期待するものである

(2012年7月3日付け日本労働組合総連合会 事務局長 南雲弘行 「民主党議員の離党届提出に関する談話」)
http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/danwa/2012/20120703_1341298257.html

 電車トビラに貼られたレンゴウの上のステッカーには、キリンの「100万人でつくろう元気のうた」キャンぺーンのステッカーも貼られていました:
http://www.100mangenki.jp/

 どこの大手広告会社の制作になるものでしょうか、いかほどの金額で発注したビッグなプロジェクトなんでしょうか。

 イマ、どこでも「数」がさかんに言われています。
 ミンシュシュギの原則は多数決、でも少数意見を大切に、とか小さいころガッコウで教わったような気がしてなりませんが、ヤッホー君、公教育で教わったことと現実とのギャップに、サイキン、これってミンシュシュギでなく、どこか奥の院で物事が決まってしまうミッシツシュギなんじゃない? と自信がなくなってきています。

日本に住むひとびとの8割以上が、「原発は嫌だ」と考えています。
 世界のひとたちも不安を感じています。
 しかしその思いを目に見える形で表現しなければ、原発を護持・存続させようとする暴力に勝つことはできません。
 私たちはいまこそ、日本の指導者たちにはっきりと、「原発はいらない」という抗議の声を突きつけましょう


 8割以上の人びとの声、すご〜い、でも届かないんです。無視されています。都民の声も議会で無視、無視。
 この「数」が、この国にすむ同じ日本人である、指導者のこころに届くことを願っています。
 この「原発いらない キャンペーン」は、人づて、口から口への口コミで、手渡しでひろがっていますが、「さようなら原発1000万人アクション」のサイトです:

(普通だったらここに引用先のURLを載せ、クリックすればそのサイトに飛んでいけるようにするところですが、マカフィーさんより「脅威が発見」とのことで、リンクをしないことにしました。多分、このサイトに、敵はウイルス攻撃をはじめたとようですね。おう、恐い、恐い…)

 7月16日(月・休)12時15分から東京・代々木公園B地区全体(サッカー場、イベント広場、ケヤキ並木周辺)を会場に10万人集会が開かれようとしています。レンゴウの組合員さんは参加するのかな? 無視するのかな? 原発に反対する議員は選挙で落としてやるとまで発言した組合幹部まであらわれる始末だ、というから、弁当代とか足代とか、カネでもばら撒かれない限り来ないでしょうね… でも動員されてやってくるような集会じゃあなさそう…

 そういえば、キリンの前、サントリーは赤い花でキャンペーンをはっていたようですね:

『2012年春、サントリーフラワーズは「赤」で元気をお届けします!

 「赤」は元気や活力を象徴する情熱の色。
 見る人のこころを前向きにする、ふしぎなパワーをもつ色です。
 2012年春、サントリーフラワーズは、赤いサフィニアをはじめとする生命力あふれる「赤い花」をたくさん咲かせることで、日本をもっと元気にしたいと思っています!』

http://www.suntory.co.jp/flower/camp/120213.html

posted by fom_club at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

紅い百合の花

 7月4日水曜日夜、満月のお月さまがぼんやりもやったまんま空にぶらさがり、生暖かい風が吹きわたってきます。
 そんな夜、ヤッホー君は、と言いますと、狭い山荘から、さらに狭い一畳敷のベランダに出て、ぼんやり、ゆらゆら、手にしたコップいっぱいのお酒に酔いしれています。
 コップに浮かぶは果たして、月影か、青雲の志か、過ぎ去りし面影か。
 お酒の銘柄は北海道でなく、兵庫県姫路市の「男山」(名城酒造)。

 暑気払いならぬ梅雨払い…。

 室内でさきほど聞いた、ちあきなおみ(1947-)の最後の唄、last song がまだ耳に残っています。 

http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B4%85%E3%81%84%E8%8A%B1&tid=8b63c42cc6c11409605cacd87eacd8ac&ei=UTF-8&rkf=2

♪ 昨日の夢を 追いかけて
今夜もひとり…
紅い花
闇の中 むなしい恋唄
あの日あの頃は 今どこに
今日も消える 夢ひとつ
…いつか消えた 影ひとつ
 ♪

 
 そうなんです。半夏生の日、ベランダに百合の花が咲きました。
 ヤッホー君のこのブログ、2010年6月19日付け日記で「黄色い百合の花」と題し、2011年6月17日には「2011黄色い百合の花」とそれぞれ題して、認めておりましたが、2012年は≪紅い百合の花≫!

紅い百合の花.jpg

 アヤメ平を一面の紫に染めるアヤメの大群落、は幻想、夢ん中。

 ヤッホー山荘の、一鉢に咲いたたった二輪の紅い花。
 闇の中に浮かび上がった紅い百合も夢(ゆめ)、幻(まぼろし)か。

posted by fom_club at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

Flower, Now!

 7月1日半夏生、山が大好き人間、それぞれ、いろいろあったようで…

 まずは山歩クラブの仲間が川苔山1364mを目指しました:

こんばんは、午後6時過ぎに戻って来ました。報告です。「奥多摩」駅に今朝7時17分に到着。バスにて7時25分発、大沢行。その後川乗橋からの往路を間違えて別な道を行き、急いで戻る。しばらくして雨が降りだして来ました。小雨模様。この辺りでは山紫陽花がとても多く、雨にひかり、とても趣きがある。細倉橋を渡ったところが登山口になる。午前9時10分。ひたすら登山道を登る。午前9時50分に百尋の滝。先を急ぐが行けども行けども、本山はまだ先である。どうにか川苔山頂上の下までたどり着いた。空は明るいが雨は降り続いている。山道は雨でひかり滑りそうである。頂上には二人いた、挨拶を交わしたら急に空腹感を覚える。また、会長へのメールも不通。午前11時55分下山。
 復路は赤杭尾根より赤杭山924m経由「古里」駅。午後3時20分。雨の山行としては初めてです。歩行には大分注意しました。雨の日でも優しく迎え入れてくれる、そんな感じの山行でした


 次いでヤッホー君のお友だち。

『7月1日日曜日の天気が午後から崩れる予報だったので、6月30日土曜日に、金峰山2599mに登りました。大日岩2201mあたりからは「石楠花」がまだ咲いていました。カミさん感激していましたよ。
富士見平でのテント泊まりも良かったです。
 瑞牆山(みずがきやま、2230m)は先月登っているから、雨が降る前に下山して瑞牆山荘でコーヒー飲んで帰りました(瑞牆山荘のオヤジやスタッフの態度が悪く頭にきました)。
 今月末の土日は雲取山へテント泊で行きます(夏山訓練と称して)』


 ヤッホー君もこのお友だちにごあいさつ:

そうでしたか。昨日の7月1日日曜日、急遽、櫛形山にアヤメ絶滅の現地調査に入りました。
 やっぱり。。。もうありませんでした。いや、あったのです、あやめ平に。一畳間だけ鹿防御柵のとても頑丈な鉄格子で囲われたなかに、たった4本だけ、つぼみをつけたアヤメを発見。

鉄格子.jpg

 囲われの身となってしか命を永らえぬ哀れさにヤッホー君、大泣きして帰りました。
 今春の御前山1405mのカタクリも柵のなか。丹沢の裏山の鐘が嶽561mの山ビルといい、いやあ、荒れる山の実態は深刻ですね


 鉄格子のなかのアヤメなんて、しかもあれがそう、と3本か4本の蕾が見分けられたのがせいぜいで、どうしたのでしょう、いったい。裸山にぼお〜っと浮かび上がったのはむらさき色のアヤメでなく、黄色いミヤマキンポウゲ。

P7016038.jpg

 アヤメ平にあった歌の文句;
≪手折られし あやめの花のあわれさよ 君にも命のあるものを≫

P7016040.jpg

posted by fom_club at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

櫛形山アヤメ保全対策調査検討会

 はい、現地調査の報告書第一弾!
 経過を示しますと、櫛形山はもちろん山の愛好者にはアヤメで知られていました。
 しかし、どうも、おかしい、絶滅が危惧されているっていうんで、山歩クラブも月例の山行企画に入れる、入れないで2002年来、逡巡し続けてきておりました。
 以下はもう6年も前、2006年8月8日付け山梨日日新聞・子どもウイークリー紙面に掲載された記事「櫛形山でアヤメの実態調査開始」の引用です:

『しんちゃん 南アルプス市の櫛形山などに自生するアヤメが減っている話を聞いたんだけど。
 ぶんちゃん 櫛形山に、アヤメがたくさんあるの?
 しんちゃん 櫛形山のアヤメといえば有名よ。東洋一の規模といわれる大群落があって県の自然記念物にも指定されているわ。
 ニュータン 群落は櫛形山アヤメ平(標高1900〜1920m)が9.13ヘクタールと、隣接する裸山(1950〜2000m)が2,2ヘクタールの広さに及んでいるよ。
ぶんちゃん 実際にアヤメは減っているの?
ニュータン 確かに近年、登山客から「数が減っているのではないか」と指摘する声が市などに頻繁に寄せられるようになっているんだ。
しんちゃん 特に今年は、長雨の影響もあり、どちらの山も、花がほとんど見られないのよね。
ニュータン そんな状況や声を受け、両方の山のふもとにある県民の森・森林科学館を管理、運営する県林業公社が6月下旬から、実態調査を始めた。群落のデータは、約20年前、地元の巨摩高自然科学部が実施した調査結果によるものしかないんだ。
ぶんちゃん 何を調査するの? 数の推移とか別の植物との関係、シカなど動物による食害の影響とか…。
ニュータン その通り。約5年間かけて行う本格的な調査だ
ぶんちゃん それにしても、減少しているとみられる原因って何だろう。
しんちゃん 専門家によると、気象、土壌の変化、動物の食害のほか、群落内での、高さ1〜2mのハンゴンソウの増加がアヤメの成長を妨げていることも考えられるそうよ。
ぶんちゃん 群落の保護か、自然の流れに従い、そのままにしておくべきか、いろいろな考え方があるよね。
ニュータン 調査結果が、そんな議論の土台になると思うよ。
http://www.sannichi.co.jp/WAKUWAKU/20060808.php

 5年後、というと2011年、はたして≪調査書≫ってどなたが、あるいはどの機関がどういう形で発表され、公開され、対策に生かされようとしているのか、それをどう報道されたのか、興味深深です。
 また、地元の巨摩高自然科学部が実施した調査結果との比較研究とか対比とか、すご〜い面白いテーマだとヤッホー君は思いました。

 でも、調査結果が発表され、経過、分析、展望をまとめた報道の前に、2011年には、南アルプス市 みどり自然課の広瀬和弘さんが、誇らしげにもう「櫛形山にアヤメ戻る…今夏200花以上が」と、高らかに宣言なさっておりました:

山梨県自然記念物に指定されている櫛形山のアヤメ保全対策を始めて3年目の昨夏、ネットの保守点検で現場を訪れたところ、ネット越しにちらほら紫色の花が見えたことを今も鮮明に記憶している。
 1年目、2年目と葉高を伸ばし体力を回復してきたアヤメに対して開花の期待は検討会メンバー一同高まっていた矢先のことだった。
 ようやく櫛形山に紫紺の花が戻ってきたのである。
 2010(平成22)年では、約40花咲いたアヤメが今夏一気に200花以上が咲いた。
 前年比5倍強の成果があがったわけである。
 本市では2007(平成19)年、山梨県の自然記念物である櫛形山のアヤメの急激な開花減少を受けて櫛形山アヤメ保全対策調査検討会を設置し、その減少要因について植生調査、過去の資料調査、野生動物の出現調査等さまざまな角度から調査を行ってきた。
 今だからニホンジカの短期的集中的な摂食がアヤメの開花に影響を与えていたことが判明したわけだが、当時は全く手探りの状態で保全対策を始めた。
 外的要因を除去しながら植生調査を実施し、その推移を見守ったのである。
 現在、裸山、アヤメ平には最大で60m×60mの食害防止ネットを設置したほか、小規模ながらもいくつかのネットを設置している。
 総設置面積は約4600u。
 今年度は新たに県森林総合研究所による研究課題による新設が予定されている。
 今後はネット内の植生環境をどう復元していくのかが大きな課題である。
 明確な目的と目標。なぜ復元しなければならないのか、仮にニホンジカが急増したことが一因であれば、その背景はなにか、私たちは単純な動機でひとつひとつの現象に対処するのではなく、私たち人間、そして社会が自然にどんな影響を及ぼしてきたのか、改めて確認して作業を進めなければならないだろう

(2011年9月1日 No.66 NPO日本高山植物保護協会(JAFPA、会長白はた史朗、甲府市富士見1-3-28 Tel 055-251-6180)
http://www.jafpa.gr.jp/pdf/jafpa66.pdf

 報告書…、ありました:

南アルプス市は、消滅の恐れがある櫛形山のアヤメ群落の保全に取り組んでいる「櫛形山アヤメ保全対策調査検討会」(大久保栄治会長)の活動成果を報告書にまとめた。同検討会は「これまでの調査結果を分析して、さらにアヤメの保全対策に力を入れていきたい」としている。
 同市は、アヤメの保護に向けて2007年に検討会を設立し、野生動物の侵入を食い止める防護ネットの設置を開始。ニホンジカやイノシシの食害や踏み荒らしによってほとんどのアヤメが咲かなくなっていたが、昨年7月に行った植生調査では約250本の開花を確認するまでに回復した。
 報告書では、アヤメの開花数の減少が指摘され始めた1960年代後半からの変化を踏まえ、現在のアヤメの生育状況を説明。ニホンジカなどの野生動物の出現状況を、定点カメラで撮影した写真を交えて掲載している。また、櫛形山周辺で確認されているチョウ類の今後の保全対策についても言及している。
 検討会は、アヤメの保全に向けて、本年度も引き続き裸山エリアとアヤメ平の2カ所を中心に、防護ネットの設置を進めていくという。
 事務局を務める同市みどり自然課は「自然環境の変化などを注視しながら、櫛形山の今後の利用と保護についてより良い方法を検討していきたい」としている

(2012年4月24日付け山梨日日新聞)
http://sannichi.typepad.jp/ashiyasu/2012/04/24ayam.html

posted by fom_club at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

櫛形山2050m

 今日から暦一枚めくって7月。2012年も半分が過ぎたんですよ、あっと言う間でしたね。いかがお過ごしでしたか。
 ヤッホー君は思い立つ日が吉日、とばかりに、朝の5時には車庫を出ていました、ところがどうしたことでしょう。ETCカードが読めません、メッセージが。どっきり、びっくり。
 しゃあ、ない。にこにこ現金払い対応とし、ナビに入れた行き先は、増穂町役場。
 そうなんです、アヤメが絶滅した、と聞いた噂の櫛形山2050m!

 「平成の大合併」とやらで、山梨県の行政区についてはなにがなんだか分からなくなってきているヤッホー君、ETCカードの次は、「増穂町役場」ってのがなくなっていることに気づきました。どっきり、びっくり。
 電話番号でナビを設定しました。
 「え〜、なんで? 町の名前が消えても町民って愛着とか執着とか故郷愛とかってあんまりないのかな、土地の名前に精霊が宿っているなんてのは古い考えで、平成の民はそんなこと気にしていたら生きていけなくなってきているのかな? でもフシギ?」

 ヤッホー君が参考にした資料はもちろん、山歩クラブのリンク先、佐知子さん&タムさんによります「私達の山旅日記」。
 「池の茶屋林道」終点の登山口から歩き始めが8時半。

 山路には、シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺、学名 Fragaria nipponica)は、バラ科オランダイチゴ属の多年草。キンポウゲ、ニリンソウの花々。コバイケイソウ、マルバタケブキ、シダ類が林床をあざやかな緑色に染め、ときどきぽつぽつ雨だれが落ちる湿気の多い山の空気が頬をなでていきます。

ヘビイチゴ.jpg

 そしてコメツガの巨樹、ダケカンバ、オオカメノキなどの樹木が生い茂っており原生林という雰囲気を醸し出しています。アヤメにまだ早いから? アヤメはもうないから登山客がもう来ないから? 駐車場もさることながら、山路をいきかう人も日曜日と言うのに人影まばら、静かな山歩きがたのしめます。

巨樹.jpg

 群馬県から来たという単独行のおじさんは、ひとり感激していました。いや、もうシロバナノヘビイチゴの群生と、巨樹をはじめとした原生林の奥深さに感激して、最初はもちろん、アヤメがほんとうに絶滅したのか現地調査をと、咲き始めの今日をねらったきたのに(次週からは混みあうと思う)、もう、どうでも良い、この植物達と木々たちと時間の許す限り、遊ぶことにしますって。

夢幻.jpg

 ヤッホー君のアヤメ現地調査の報告は、明日の日記でまた。おやすみなさい眠い(睡眠)

posted by fom_club at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする